2021/12/16 更新

写真a

ニシムラ ヒロキ
西村 大樹
NISHIMURA Hiroki
所属
教育推進機構 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 修士(教育学) ( 2009年3月   岡山大学 )

  • 修士(教育学) ( 2009年3月   岡山大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 臨床心理学

委員歴

  • 岡山県公認心理師・臨床心理士協会   事務局担当 幹事  

    2021年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山県DPAT運営協議会   委員  

    2019年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

 

論文

  • 2018年7月豪雨災害への対応~岡山県臨床心理士会として~

    塚本千秋, 西村大樹

    岡山大学臨床心理学論集   16 ( 16 )   45 - 49   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:岡山大学大学院社会文化科学研究科・心理相談室  

    researchmap

  • 医療観察法病棟退院申請時の生活機能と通院移行後の暴力行動との関連の探索 査読

    壁屋康洋, 西村大樹, 砥上恭子, 高橋昇, 松原弘泰, 小片圭子, 荒木宏文, 鈴木敬生, 今村扶美, 野村照幸, 大原薫, 前上里泰史, 天野昌太郎, 大賀礼子, 菊池安希子

    司法精神医学   11 ( 1 )   2 - 8   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 抑うつ認知モデルによる児童の登校回避感情の検討

    嶋本恵, 西村大樹, 東條光彦

    心理・教育臨床の実践研究   13 ( 13 )   23 - 29   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:岡山大学大学院社会文化科学研究科・心理相談室  

    researchmap

  • The association between clinical characteristics of pathological gamblers and suicidality: Findings from 330 treatment-seeking pathological gamblers in Japan

    Journal of Behavioral Addictions   4 ( 1 )   20   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Clozapine施設導入と薬物療法アルゴリズム運用による統合失調症に対する薬物治療の適正化 ~岡山県精神科医療センターにおける処方実態調査より~ 査読

    吉村文太, 北川航平, 馬場大樹, 西村大樹, 来住由樹

    臨床精神薬理   17 ( 11 )   1545 - 1554   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)星和書店  

    Clozapine施設導入と初回エピソード統合失調症薬物治療アルゴリズム運用が、統合失調症薬物療法の適正化に繋がっているかを検討するために、入院患者の処方調査を行った。調査時期は(1)clozapine導入患者選定前(2009年)、(2)clozapine導入後/薬物治療アルゴリズム運用前(2012年)、(3)薬物治療アルゴリズム運用後(2013年)とした。対象は主病名が統合失調症ならびに統合失調感情障害(ICD-10)の入院患者である。抗精神病薬単剤処方率は2009年20.3%から2012年38.1%を経て2013年53.1%へ有意に増加していた。抗精神病薬の平均用量(chlorpromazine換算)は、2009年1200mgから2012年1016mgを経て2013年909mgへ有意に減少していた。抗パーキンソン薬の平均用量(biperiden換算)は、2009年3.0mgから2012年1.2mg、2013年1.3mgへ有意に減少していた。Clozapine施設導入と初回エピソード統合失調症薬物治療アルゴリズム運用が、統合失調症入院患者に対する抗精神病薬と抗パーキンソン薬処方の適正化を進める可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 共通評価項目の信頼性と妥当性に関する研究(7)入院期間、退院後の再入院・問題行動との関連による予測妥当性の検討 査読

    西村大樹, 壁屋康洋, 砥上恭子, 高橋昇

    司法精神医学   9 ( 1 )   22 - 29   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本司法精神医学会  

    本研究では,医療観察法において継続的に用いられている共通評価項目の予測妥当性を検証するために,初回入院継続時の共通評価項目と入院期間の関連,さらに,退院時の共通評価項目と退院後の精神保健福祉法での入院および問題行動との関連を検討した.その結果,「精神病性症状」「非精神病性症状」「内省・洞察」「個人的支援」「現実的計画」が入院期間の長期化と関連していた.また,「共感性」と「非社会性」が退院後の問題行動と関連していた.これらの結果は予測妥当性の傍証と考えられた.入院の長期化を予測した項目と退院後の問題行動を予測した項目が異なっていたことは,興味深い結果であった.今後は,さらに予測妥当性の検証を進めるために,N数を増やし,追跡期間も延長し,Cox回帰分析や重回帰分析などの多変量解析を行う必要がある.(著者抄録)

    researchmap

  • 共通評価項目の信頼性と妥当性に関する研究(6)収束妥当性の検証 査読

    壁屋康洋, 高橋昇, 西村大樹, 砥上恭子, 野村照幸, 古村健, 箕浦由香, 前上里泰史, 朝波千尋, 宮田純平

    司法精神医学   8 ( 1 )   20 - 29   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本司法精神医学会  

    researchmap

  • 共通評価項目の信頼性と妥当性に関する研究(1)評定者間一致度の検証 査読

    高橋昇, 壁屋康洋, 西村大樹, 砥上恭子, 宮田純平, 山村卓, 西真樹子, 古村健, 前上里泰史, 大原薫, 野村照幸, 大賀礼子, 箕浦由香, 小片圭子, 今村扶美

    司法精神医学   7 ( 1 )   23 - 31   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本司法精神医学会  

    心神喪失等の状態で他害行為を行った者に対する共通評価項目の評定者間一致度の検証を行った。評定者間一致度を算出するため、まず評定用の事例を作成した。入院時15例(急性期)、回復期へのステージ移行期20例、社会復帰期へのステージ移行期10例、退院申請時16例の4つのステージの計61事例の作成を行った。共通評価項目に関する14時間のワークショップを受講した個人によって、事例を評定してもらった。17の中項目では、十分な一致度とされる0.6を超えた項目が10項目、それ以下の一致度となった項目が7項目だった。61個の小項目の級内相関係数には大きなばらつきがあり、0.6以上の項目は40項目であった。0.61以上の項目は全体の64.1%であった。0.41以上の項目は88.4%であり、ほとんどの項目は中等度以上の評定間一致度であった。評定間一致度が低い項目もあり、実証データに裏づけされた尺度として構成をし直す必要があることが示唆された。

    researchmap

  • The reliability and validity of the Japanese version of the Levels of Emotional Awareness Scale (LEAS-J) 査読

    Tetsuya Igarashi, Gen Komaki, Richard D Lane, Yoshiya Moriguchi, Hiroki Nishimura, Hiromi Arakawa, Motoharu Gondo, Yuri Terasawa, Corbet V Sullivan, Motonari Maeda

    BioPsychoSocial Medicine   5 ( 1 )   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>
    <sec>
    <title>Background</title>
    The Levels of Emotional Awareness Scale (LEAS) was developed to assess five levels of emotional awareness: bodily sensations, action tendencies, single emotions, blends of emotion, and combinations of blends. It is a paper and pencil performance questionnaire that presents 20 emotion-evoking scenes. We developed a Japanese version of the LEAS (LEAS-J), and its reliability and validity were examined.


    </sec>
    <sec>
    <title>Methods</title>
    The LEAS-J level was independently assessed by two researchers who scored each response according to the LEAS scoring manual. High inter-rater reliability and internal consistency were obtained for the LEAS-J. Measures were socioeconomic status, LEAS-J, Toronto Alexithymia Scale-20 (TAS-20), Interpersonal Reactivity Index (IRI), and NEO Five-Factor Inventory (NEO-FFI). TAS-20, IRI and NEO-FFI were the measures used to explore the construct validity of LEAS-J, as it was predicted that higher scores on the LEAS-J would be related to fewer alexithymic features, greater empathetic ability, and a greater sense of cooperation with others. Questionnaires were completed by 344 university students.


    </sec>
    <sec>
    <title>Results</title>
    The criterion-referenced validity was determined: a significant negative relationship was found with the externally-oriented thinking scores of TAS-20, and positive relationships were found with fantasy, perspective taking, and empathic concern on IRI and with extraversion, openness to experience, and agreeableness on NEO-FFI.


    </sec>
    <sec>
    <title>Conclusions</title>
    Consistent with our expectations, the findings provide evidence that the LEAS-J has good reliability and validity. In addition, women had significantly higher scores than men on LEAS-J, showing that the gender difference identified in the original LEAS was cross-culturally consistent.


    </sec>

    DOI: 10.1186/1751-0759-5-2

    researchmap

  • 日本版「たくましさ希求」尺度の作成と信頼性・妥当性の検討 査読

    五十嵐 哲也, 杉本 希映, 西村 大樹

    カウンセリング研究   44 ( 2 )   158 - 166   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本カウンセリング学会  

    本研究では,日本版「たくましさ希求」尺度の開発を目的とした。その結果,「行動」「態度」の2因子構造であることが確認され,これは男女ともにほぼ同様の構造であった。構造は原尺度と同様であるが,性差がない点は原尺度と異なっており,文化的な背景の違いがあるのではないかと考えられた。また,本尺度は十分な内的整合性を有しているものの,「行動」において得点が下限値に近く,原尺度より低い傾向にあった。日本における「行動」は,筋肉増強にかかわる具体的問題行動を指す可能性が高いと示唆された。妥当性については,性差や専攻による差から十分な併存的妥当性が得られた。収束的妥当性については,身体イメージ,自尊感情,自己愛傾向,性役割意識との関連から導き出された。弁別的妥当性については,「行動」との間にのみ,摂食障害傾向と弱い関連性が認められ,本尺度が痩せ志向とは異なる概念を測定している一方で,摂食障害傾向と行動的共通性があるという予測に一致していた。以上より,本尺度の有用性が実証された。今後,項目表現の再検証を行うこと,文化による違いを解明すること,問題傾向群の弁別に適用可能かどうかを明らかにすることが求められる。

    DOI: 10.11544/cou.44.2_158

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20021468375?from=CiNii

  • A ghrelin gene variant may predict crossover rate from restricting-type anorexia nervosa to other phenotypes of eating disorders: a retrospective survival analysis 査読

    Tetsuya Ando, Gen Komaki, Hiroki Nishimura, Tetsuro Naruo, Kenjiro Okabe, Keisuke Kawai, Masato Takii, Takakazu Oka, Naoki Kodama, Chiemi Nakamoto, Toshio Ishikawa, Mari Suzuki-Hotta, Kazunori Minatozaki, Chikara Yamaguchi, Aya Nishizono-Maher, Masaki Kono, Sohei Kajiwara, Hiroyuki Suematsu, Yuichiro Tomita, Shoichi Ebana, Yuri Okamoto, Katsutaro Nagata, Yoshikatsu Nakai, Masanori Koide, Nobuyuki Kobayashi, Nobuo Kurokawa, Toshihiko Nagata, Nobuo Kiriike, Yoshito Takenaka, Kiyohide Nagamine, Kazuyoshi Ookuma, Shiho Murata

    Psychiatric Genetics   20 ( 4 )   153 - 159   2010年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    DOI: 10.1097/ypg.0b013e32833a1f0e

    researchmap

  • Validity issues in the assessment of alexithymia related to the developmental stages of emotional cognition and language 査読

    Hiroki Nishimura, Gen Komaki, Tetsuya Igarashi, Yoshiya Moriguchi, Sohei Kajiwara, Toru Akasaka

    BioPsychoSocial Medicine   3 ( 1 )   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>
    <sec>
    <title>Objective</title>
    We examined developmental aspects of the emotional awareness of adolescents by evaluating their responses to a self-reported questionnaire based on the Toronto Alexithymia Scale-20 (TAS-20).


    </sec>
    <sec>
    <title>Methods</title>
    The items of the TAS-20 were modified to make them more understandable by adolescents, and nine new items related to a limited capacity for imagination were added. The Japanese Linguistic Ability Test and the multi-dimensional empathy scale for adolescents were administered to examine concurrent validity. Two hundred and two normative young adolescents and thirty-two adolescent patients with psychosomatic and/or behavioral problems participated in the study. Eighty junior high school students also participated in a separate examination of test-retest reliability.


    </sec>
    <sec>
    <title>Results</title>
    Thirteen items were extracted after exploratory and confirmatory factor analyses, and four core factors were identified in the resulting scale: Difficulty Identifying Feelings (DIF), Difficulty Describing Feelings (DDF), Externally-Oriented Thinking (EOT) and Constricted Imaginal Capacities (CIC). Interestingly, scores on the multi-dimensional empathy scale correlated positively with DIF and DDF, but negatively with EOT and CIC. Higher DDF scores were associated with higher Japanese linguistic abilities. DIF/DDF scores were higher for females than males, irrespective of linguistic ability. Test-retest reliability coefficients were significant. The patient group showed significantly higher DIF scores than the normative students.


    </sec>
    <sec>
    <title>Conclusion</title>
    The present findings indicated that subjective difficulties in identifying and describing feelings are associated with empathetic and linguistic abilities. The developmental aspect to emotional awareness herein described suggests that self-reported questionnaires for alexithymia must be carefully constructed and examined, even for adults.


    </sec>

    DOI: 10.1186/1751-0759-3-12

    researchmap

  • 中学生の社会的スキルと認知的評価がストレス反応に及ぼす影響

    西村大樹, 東條光彦

    岡山大学教育実践総合センター紀要   9 ( 1 )   1 - 8   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Psychological and weight-related characteristics of patients with anorexia nervosa-restricting type who later develop bulimia nervosa 査読

    Hiroki Nishimura, Gen Komaki, Tetsuya Ando, Toshihiro Nakahara, Takakazu Oka, Keisuke Kawai, Toshihiko Nagata, Aya Nishizono, Yuri Okamoto, Kenjiro Okabe, Masanori Koide, Chikara Yamaguchi, Satoshi Saito, Kazuyoshi Ohkuma, Katsutaro Nagata, Tetsuro Naruo, Masato Takii, Nobuo Kiriike, Toshio Ishikawa

    BioPsychoSocial Medicine   2 ( 1 )   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>
    <sec>
    <title>Background</title>
    Patients with anorexia nervosa-restricting type (AN-R) sometimes develop accompanying bulimic symptoms or the full syndrome of bulimia nervosa (BN). If clinicians could predict who might change into the bulimic sub-type or BN, preventative steps could be taken. Therefore, we investigated anthropometric and psychological factors possibly associated with such changes.


    </sec>
    <sec>
    <title>Method</title>
    All participants were from a study by the Japanese Genetic Research Group for Eating Disorders. Of 80 patients initially diagnosed with AN-R, 22 changed to the AN-Binge Eating/Purging Type (AN-BP) and 14 to BN for some period of time. The remaining 44 patients remained AN-R only from the onset to the investigation period. Variables compared by ANOVA included anthropometric measures, personality traits such as Multiple Perfectionism Scale scores and Temperament and Character Inventory scores, and Beck Depression Inventory-II scores.


    </sec>
    <sec>
    <title>Results</title>
    In comparison with AN-R only patients, those who developed BN had significantly higher current BMI (p &lt; 0.05) and maximum BMI in the past (p &lt; 0.05). They also scored significantly higher for the psychological characteristic of parental criticism (p &lt; 0.05) and lower in self-directedness (p &lt; 0.05), which confirms previous reports, but these differences disappeared when the depression score was used as a co-variant. No significant differences were obtained for personality traits or depression among the AN-R only patients irrespective of their duration of illness.


    </sec>
    <sec>
    <title>Conclusion</title>
    The present findings suggest a tendency toward obesity among patients who cross over from AN-R to BN. Low self-directedness and high parental criticism may be associated with the development of BN by patients with AN-R, although the differences may also be associated with depression.


    </sec>

    DOI: 10.1186/1751-0759-2-5

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/1751-0759-2-5/fulltext.html

▼全件表示

書籍等出版物

  • 事例で学ぶ統合失調症のための認知行動療法

    石垣, 琢麿菊池, 安希子松本, 和紀古村( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 症状が慢性化した触法事例へのアプローチ)

    金剛出版  2019年5月  ( ISBN:9784772416993

     詳細を見る

    担当ページ:209-223   記述言語:日本語

    researchmap

MISC

講演・口頭発表等

  • 自閉スペクトラム症者に特有の就労準備性の探索

    内田晃裕, 西村大樹, 小西菜緒

    第62回日本児童青年精神医学会総会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 平成30年7月豪雨災害における岡山県公認心理師・臨床心理士協会の取り組み~倉敷市役所との連携を中心に~

    西村大樹, 塚本千秋

    第17回日本うつ病学会総会  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月25日 - 2021年1月31日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 体重増加のない女子中学生の心理身体的特長:縦断研究

    小牧元, 西村大樹, 前田基成

    第59回日本心身医学九州地方会  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 中学生における摂食障害傾向とインターネット依存傾向の継年的変化~性別と首都圏・地方都市による比較~

    西村大樹, 前田基成, 小牧元

    第2回日本心身医学関連学会合同集会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月15日 - 2019年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 女子中学生の食行動異常発症の危険性を予測する因子を同定するためのコホート研究

    西村大樹, 前田基成, 小牧元

    第2回日本心身医学関連学会合同集会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月15日 - 2019年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 多職種協働による統合失調症への認知行動的アプローチ~医療観察法病棟での経験から一般精神医療へ~ 多職種での外来支援における統合失調症の認知行動療法の活用

    西村大樹

    第19回日本認知療法・認知行動療法学会  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月30日 - 2019年9月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 西日本豪雨被害後の自治体職員のケア〜多職種・多機関連携について考える~

    西村大樹, 塚本千秋

    第18回日本トラウマティック・ストレス学会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月15日 - 2019年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 認知行動療法を用いて再他害行為防止を目的とした介入を行ったストーカー加害者の1例

    西村大樹, 来住由樹

    第18回日本認知療法・認知行動療法学会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月23日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • CTRS評価項目による看護師の認知行動療法の検討

    黒木直美, 耕野敏樹, 西村大樹

    第18回日本認知療法・認知行動療法学会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月23日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 自閉スペクトラム症者に対する「体験-気づき-機関併走」モデルによる就労準備プログラム

    小西菜緒, 西村大樹, 土岐淑子, 内田晃裕, 藤田純嗣郎, 赤澤将文, 耕野敏樹, 来住由樹

    第6回成人発達障害支援研究会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月27日 - 2018年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山県における認知行動療法普及事業研修の取り組み

    西村大樹, 耕野敏樹, 佐藤康治郎, 野口正行, 中村有里, 新川郁太, 来住由樹

    第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会  2017年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月21日 - 2017年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 精神科病院における成人ASD患者に対する就労準備プログラムの短期的な効果ー自己評価による就労準備性の変化に焦点化してー

    西村大樹, 小西菜緒, 赤澤将文, 内田晃裕, 土岐淑子, 耕野敏樹, 来住由樹

    第57回日本児童青年精神医学会総会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月27日 - 2016年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 精神科医療機関における成人自閉症スペクトラム障害者に対する就労準備プログラムの効果ー個々の準備性への気づきはどのように促進されるか?ー

    西村大樹, 小西菜緒, 赤澤将文, 内田晃裕, 土岐淑子, 耕野敏樹, 来住由樹

    第35回日本社会精神医学会  2016年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月28日 - 2016年1月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 救急急性期入院棟から退院した患者の回復期デイケアの社会参加支援について

    近藤 大貴, 村尾 利之, 西村 大樹, 初鳥 日美, 佐藤 康治郎

    第23回日本精神科救急学会学術総会  2015年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月11日 - 2015年12月12日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 精神科医療機関における成人自閉症スペクトラム障害者に対する就労準備プログラムの効果とおとなの発達外来の意義

    西村大樹, 赤澤将文, 小西菜緒, 内田晃裕, 土岐淑子, 耕野敏樹, 来住由樹

    第56回日本児童青年精神医学会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月30日 - 2015年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ASD専門プログラムー岡山県精神科医療センターでの取り組みー

    西村大樹

    第3回成人発達障害支援研究会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 岡山県精神科医療センターにおける成人自閉症スペクトラム障害者に対する就労準備プログラムの効果

    小西菜緒, 西村大樹, 赤澤将文, 内田晃裕, 土岐淑子, 耕野敏樹, 来住由樹

    第3回成人発達障害支援研究会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 精神科医療機関における成人自閉症スペクトラム障がい者に対する就労準備プログラムの効果

    西村大樹, 赤澤将文, 内田晃裕, 土岐淑子, 耕野敏樹, 来住由樹

    第34回日本社会精神医学会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月5日 - 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 優秀演題賞

    2019年11月   第2回日本心身医学関連学会合同集会(第60回日本心身医学会)   女子中学生の食行動異常発症の危険性を予測する因子を同定するためのコホート研究

    西村 大樹, 前田 基成, 小牧 元

     詳細を見る

  • 第7回 池見賞

    2009年6月   日本心身医学会   sychological and weight-related characteristics of patients with anorexia nervosa-restricting type who later develop bulimia nervosa

    Hiroki Nishimura, Gen Komaki, Tetsuya Ando, Toshihiro Nakahara, Takakazu Oka, Keisuke Kawai, Toshihiko Nagata, Aya Nishizono, Yuri Okamoto, Kenjiro Okabe, Masanori Koide, Chikara Yamaguchi, Satoshi Saito, Kazuyoshi Ohkuma, Katsutaro Nagata, Tetsuro Naruo, Masato Takii, Nobuo Kiriike, Toshio Ishikawa, Japanese Genetic Research Group for Eating Disorders

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • ASD者に特化した就労準備性の探索と適切なアセスメント方法の開発

    研究課題/領域番号:19K14417  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    西村 大樹

      詳細を見る

    配分額:1820000円 ( 直接経費:1400000円 、 間接経費:420000円 )

    近年,自閉スペクトラム症(ASD)と診断される者が増えており,特に青年期・成人期の支援に注目が集まっている。この年代のライフステージ上の課題の一つは社会参加と就労である。しかし,ASD者の就労に関する実証的な研究は少なく,標準化されたアセスメントツールも限られている。そこで本研究では,ASD者が安定的に就労するために必要な要因を明らかにし,ASDに特化した就労準備性のアセスメントツールを開発することを目的としている。
    初年度の目的は,ASD者が安定した就労をするために必要な就労準備性を明らかにすることであった。調査協力が得られた医療機関の倫理委員会での承認後に,医療機関や福祉・労働機関での就労支援を経て,1年以上就労が継続できているASD者を対象に,半構造面接によるインタビュー調査を行った。具体的には,インタビューガイドを作成し,現在の就労状況やこれまで受けた支援の内容,仕事に就くために必要だった準備,支援を受けていく中で身に着けたこと,今仕事を続けていく上で大切だと思うこと等についての質問を行った。候補者に対するリクルートを行った結果,年度末までに9名から研究参加の同意が得られ,半構造化面接を行った。そのデータの逐語記録を作成し,質的な解析を行っている最中である。
    次年度はデータの解析を進めるとともに,予備的検討として就労を継続している者を対象とした更なる調査を行い,アセスメントツール開発のための質問項目のリストを作成する予定である。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 人間関係の心理学 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 学生支援ボランティア実習I (2021年度) 第1学期  - その他

  • 学生支援ボランティア実習II (2021年度) 第2学期  - その他

  • 学生支援ボランティア実習III (2021年度) 第3学期  - その他

  • 学生支援ボランティア実習IV (2021年度) 第4学期  - その他

  • 学生生活と人間関係 (2021年度) 春季集中  - その他

  • 人間関係の心理学 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 学生支援ボランティア実習I (2020年度) 第1学期  - その他

  • 学生支援ボランティア実習II (2020年度) 第2学期  - その他

  • 学生支援ボランティア実習III (2020年度) 第3学期  - その他

  • 学生支援ボランティア実習IV (2020年度) 第4学期  - その他

  • 学生生活と人間関係 (2020年度) 春季集中  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 認知行動療法(CBT)の魅力 ~思春期・青年期での活用に向けて~

    役割:講師

    第一回児童思春期精神医学セミナー in 岡山  2021年5月9日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 日常の臨床に活かせる認知行動療法の基礎と実践

    役割:講師

    岡山県公認心理師・臨床心理士協会  令和元年度 岡山県公認心理師・臨床心理士協会ワンアップセミナー  2019年11月24日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 問題解決技法

    役割:講師

    厚労省認知行動療法研修事業  平成30年度うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ  2018年7月20日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • ストーカー加害者に対する 精神医学的アプローチ

    役割:講師

    岡山県警  2018年2月7日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 問題解決技法 コミュニケーション・スキル(アサーション)

    役割:講師

    厚労省認知行動療法研修事業  平成29年度うつ病の認知療法・認知行動療法 一日ワークショップ  2018年1月27日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 精神科医療機関における 発達障害者への就労支援

    役割:講師

    児童精神科定例カンファレンス  2017年9月21日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 問題解決技法

    役割:講師

    厚労省認知行動療法研修事業  平成29年度うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ  2017年9月19日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 自殺予防対策~もしも「死にたい・・・」と言われたら?~

    役割:講師

    岡山市  北区中央地域愛育委員保健師合同研修  2017年7月25日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 精神科医療機関における就労準備プログラムの実践

    役割:講師

    川崎医療福祉大学  平成28年度 TEACCHトピックセミナー  2017年3月25日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 発達障害を抱えている家族(大人)の対応について

    役割:講師

    岡山市男女共同参画社会推進センター  第3回 岡山市男女共同参画相談支援センタースーパーバイズ  2017年3月24日

     詳細を見る

  • 岡山県精神科医療センターにおける自殺ハイリスク者への取り組み

    役割:講師

    岡山県臨床心理士会 医療保健部会  平成28年度 第4回部会研修会  2017年3月4日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 問題解決技法

    役割:講師

    厚労省認知行動療法研修事業  厚労省平成28年度認知行動療法研修事業費 医師向けワークショップ  2016年11月20日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 自閉症スペクトラム障害者に対する就労準備プログラムの実践

    役割:講師

    SST普及協会 近畿支部  SST近畿ワークショップ2016  2016年9月4日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 自閉症スペクトラム障害を有する成人のデイケアでの支援

    役割:講師

    岡山デイケア研究会  第8回精神科クリニックデイケアを考える会  2015年9月3日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • おとなの発達障害

    役割:講師

    岡山県臨床心理士会 発達障害部会  平成27年度 第1回部会研修会  2015年5月23日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 就労準備

    役割:講師

    岡山県精神科医療センター  平成26年度 発達障害児(者)支援医師研修会(事例検討会)  2015年2月12日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 就労準備プログラム

    役割:講師

    岡山市発達障害者支援センターひかりんく  H26年度発達障害者・児と関わる支援者のための連続講座  2014年9月3日

     詳細を見る

  • ケーススタディ

    役割:講師

    岡山県障害者職業センター  平成26年度 就業支援基礎研修  2014年9月2日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 医療観察法入院治療における 内省深化を目指したアプローチ

    役割:講師

    岡山内省研究会  2014年2月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 精神科におけるチーム医療~医療観察法病棟での実践を中心に~

    役割:講師

    岡山県臨床心理士会 医療保健部会  平成25年度第2回部会研修会  2013年8月

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

▼全件表示