2021/12/14 更新

写真a

コジマ カツヒデ
児島 克英
KOJIMA Katsuhide
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2011年6月   岡山大学 )

  • 博士(医学) ( 2011年6月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 高精細CT

  • 肺移植

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学  / 画像診断

経歴

  • 岡山大学病院   放射線科

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   放射線科

    2014年9月 - 2017年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Imaging evaluation of hereditary renal tumors: a pictorial review.

    Takashi Tanaka, Akira Kawashima, Yohei Marukawa, Takahiro Kitayama, Yoshihisa Masaoka, Katsuhide Kojima, Toshihiro Iguchi, Takao Hiraki, Susumu Kanazawa

    Japanese journal of radiology   39 ( 7 )   619 - 632   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    More than 10 hereditary renal tumor syndromes (HRTSs) and related germline mutations have been reported with HRTS-associated renal and extrarenal manifestations with benign and malignant tumors. Radiologists play an important role in detecting solitary or multiple renal masses with or without extrarenal findings on imaging and may raise the possibility of an inherited predisposition to renal cell carcinoma, providing direction for further screening, intervention and surveillance of the patients and their close family members before the development of potentially lethal renal and extrarenal tumors. Renal cell carcinomas (RCCs) associated with von Hippel-Lindau disease are typically slow growing while RCCs associated with HRTSs, such as hereditary leiomyomatosis and renal cell carcinoma syndrome, are highly aggressive. Therefore, radiologists need to be familiar with clinical and imaging findings of renal and extrarenal manifestations of HRTSs. This article reviews clinical and imaging findings for the evaluation of patients with well-established HRTSs from a radiologist's perspective to facilitate the clinical decision-making process for patient management.

    DOI: 10.1007/s11604-021-01109-5

    PubMed

    researchmap

  • まれな経過をたどった頸椎滑膜嚢胞の1例

    左村 和磨, 田中 高志, 西垣 貴美子, 丸川 洋平, 正岡 佳久, 児島 克英, 平木 隆夫, 金澤 右

    臨床放射線   66 ( 7 )   713 - 717   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    滑膜嚢胞が頸椎に生じることは稀である。また、滑膜嚢胞の典型例では慢性の経過を辿るが、稀に嚢胞が急速増大し、急性の経過を辿ることもある。今回、非感染性の両側椎間関節炎によりC7/Th1レベル頸椎に発生した滑膜嚢胞が脊柱管狭窄をきたし、急速に進行する脊髄症を呈した症例を経験した。症例は70歳代男性で、緊急除圧術を施行することで症状は速やかに改善した。

    researchmap

  • 18F-FDG-PET/CTでFDG高集積のみられた肺動脈本幹部の真菌血栓症の1例

    長尾 良太, 児島 克英, 大槻 花穂, 小河 七子, 丸川 洋平, 平木 隆夫, 金澤 右

    臨床放射線   65 ( 11 )   1231 - 1236   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    症例は60歳代男性で、骨髄異形成症候群を治療中であったが、輸血依存状態の増悪を認めたため同種骨髄移植目的に当院紹介となった。入院時のCT所見から、右主肺動脈塞栓症の疑いとして入院直後より抗凝固療法を開始した。入院4日後に18F-FDG-PET/CTを撮影したところ、CTで認められた腫瘤へ一致してSUVmax=6.12のFDG集積が認められた。縦隔や右肺門部リンパ節でもSUVmax=6.62のFDG集積亢進を認めた。入院14日目に撮影された造影MRIでは、脂肪抑制T1強調像で病変は低信号を示し、造影後では腫瘤に造影効果は認められなかった。入院時CTと比較して病変に縮小は認められなかった。FDGの高集積や腫瘤の縮小が認められなかったことから腫瘍性病変の可能性が疑われ、確定診断のためカテーテル吸入生検が行われた。吸引組織は血栓であったが、内部に真菌菌糸が認められ、真菌血栓症と診断された。このため、抗凝固療法は継続のうえで抗真菌薬を投与したが、その後も炎症反応高値が遷延した。同種骨髄移植の適応はないものと判断されたため、紹介元の病院へ転院となったが、抗真菌薬による治療開始後約2ヵ月で永眠された。

    researchmap

  • Differentiation of Small (≤ 4 cm) Renal Masses on Multiphase Contrast-Enhanced CT by Deep Learning. 国際誌

    Takashi Tanaka, Yong Huang, Yohei Marukawa, Yuka Tsuboi, Yoshihisa Masaoka, Katsuhide Kojima, Toshihiro Iguchi, Takao Hiraki, Hideo Gobara, Hiroyuki Yanai, Yasutomo Nasu, Susumu Kanazawa

    AJR. American journal of roentgenology   214 ( 3 )   605 - 612   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE. This study evaluated the utility of a deep learning method for determining whether a small (≤ 4 cm) solid renal mass was benign or malignant on multiphase contrast-enhanced CT. MATERIALS AND METHODS. This retrospective study included 1807 image sets from 168 pathologically diagnosed small (≤ 4 cm) solid renal masses with four CT phases (unenhanced, corticomedullary, nephrogenic, and excretory) in 159 patients between 2012 and 2016. Masses were classified as malignant (n = 136) or benign (n = 32). The dataset was randomly divided into five subsets: four were used for augmentation and supervised training (48,832 images), and one was used for testing (281 images). The Inception-v3 architecture convolutional neural network (CNN) model was used. The AUC for malignancy and accuracy at optimal cutoff values of output data were evaluated in six different CNN models. Multivariate logistic regression analysis was also performed. RESULTS. Malignant and benign lesions showed no significant difference of size. The AUC value of corticomedullary phase was higher than that of other phases (corticomedullary vs excretory, p = 0.022). The highest accuracy (88%) was achieved in corticomedullary phase images. Multivariate analysis revealed that the CNN model of corticomedullary phase was a significant predictor for malignancy compared with other CNN models, age, sex, and lesion size. CONCLUSION. A deep learning method with a CNN allowed acceptable differentiation of small (≤ 4 cm) solid renal masses in dynamic CT images, especially in the corticomedullary image model.

    DOI: 10.2214/AJR.19.22074

    PubMed

    researchmap

  • 多彩な画像所見を呈した脾臓原発血管肉腫の1例

    浅野 雄大, 児島 克英, 小田 晋輔, 兒島 聡一, 坪井 有加, 多田 明博, 佐藤 修平, 金澤 右

    臨床放射線   62 ( 9 )   1179 - 1184   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    61歳女。左季肋部痛を自覚し、前医で脾腫瘤と多発肝腫瘤を指摘され当院紹介入院となった。各種画像所見より脾血管肉腫と多発肝転移、骨転移が第一に疑われたが、USガイド下肝生検では異形細胞は認めなかった。組織診断のため腹腔鏡下肝部分切除術を施行したが、multiple hemangiomatosisの診断であった。画像上は悪性が疑われ増大傾向であり、良悪性いずれにしても脾破裂が予後規定因子と考えられたため、脾臓摘出術を施行した。病理組織所見より血管肉腫と診断し、化学療法としてw-PTXを開始したところ病変の縮小を認めた。しかし、その後PDとなり、2nd lineとしてIFO+EPI、3rd lineとしてPazopanibを開始したが、肝転移病変の増大、多量の腫瘍内出血および腹腔内出血が出現したため緩和療法となった。発見から15ヵ月で死亡した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01565&link_issn=&doc_id=20170927200009&doc_link_id=10.18888%2Frp.0000000107&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18888%2Frp.0000000107&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • A case of autoimmune pulmonary alveolar proteinosis appearing as a localized ground-glass opacity.

    Katsuhide Kojima, Katsuya Kato, Takuya Fukazawa, Ichiro Morita, Nagio Takigawa, Yasumasa Monobe, Kentaro Shibamoto, Yuko Soda, Hidefumi Mimura

    Japanese journal of radiology   32 ( 11 )   657 - 60   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pulmonary alveolar proteinosis (PAP) is a rare diffuse lung disease caused by abnormal intra-alveolar surfactant accumulation; it commonly appears as a "crazy-paving" pattern on high-resolution computed tomography. Here, we report a rare case of autoimmune PAP appearing as localized ground-glass opacity. An 82-year-old woman underwent chest computed tomography (CT) at another facility for cough, and a 2-cm localized ground-glass opacity was detected at the bottom of the right upper lung lobe. When she presented for follow-up at our hospital 6 months later, she was asymptomatic. The CT examinations performed at that point and 2 months thereafter did not reveal any changes. However, a CT examination performed after 5 months revealed slight increases in size and concentration. Adenocarcinoma in situ or minimally invasive adenocarcinoma was suspected. Incomplete lobulation between the upper and middle lobes of the right lung was detected, and video-assisted thoracoscopic lobectomy of the upper lobe and partial resection of the middle lobe of the right lung were performed. Histological examination revealed alveoli and terminal bronchioles filled with eosinophilic proteinaceous material positive for periodic acid-Schiff stain. The histopathological diagnosis was PAP and positive serum anti-GM-CSF antibody findings confirmed autoimmune PAP.

    DOI: 10.1007/s11604-014-0348-3

    PubMed

    researchmap

  • 【血管腫・血管奇形2014:診断からIVR・治療まで】IVR各論 軟部動静脈奇形の塞栓術

    三村 秀文, 芝本 健太郎, 宗田 由子, 児島 克英, 松井 裕輔, 藤原 寛康, 平木 隆夫, 郷原 英夫, 金澤 右

    臨床画像   30 ( 5 )   516 - 523   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 【Interventional Radiology-最近の話題-】静脈奇形の硬化療法

    三村 秀文, 芝本 健太郎, 宗田 由子, 児島 克英, 松井 裕輔, 藤原 寛康, 平木 隆夫, 郷原 英夫, 金澤 右

    臨床放射線   59 ( 4 )   524 - 532   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • Preoperative graft volume assessment with 3D-CT volumetry in living-donor lobar lung transplantations.

    Katsuhide Kojima, Katsuya Kato, Takahiro Oto, Toshiharu Mitsuhashi, Takayoshi Shinya, Tetsuro Sei, Yoshihiro Okumura, Shuhei Sato, Shinichiro Miyoshi, Susumu Kanazawa

    Acta medica Okayama   65 ( 4 )   265 - 8   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To determine the effectiveness of living-donor lobar lung transplantation (LDLLT), it is necessary to predict the recipient's postoperative lung function. Traditionally, Date's formula, also called the segmental ratio, has used the number of lung segments to estimate the forced vital capacity (FVC) of grafts in LDLLT. To provide a more precise estimate of graft FVC, we calculated the volumes of the lower lobe and total lung using three-dimensional computed tomography (3D-CT) and the volume ratio between them. We calculated the volume ratio in 52 donors and tested the difference between the segmental volume ratios with a one-tailed t-test. We also calculated the predicted graft FVC in 21 LDLLTs using the segmental ratio pFVC(c) and the volume ratio pFVC(v), and then found the Pearson's correlation coefficients for both pFVC(c) and pFVC(v) with the recipients' actual FVC (rFVC) measured spirometrically 6 months after surgery. Significant differences were found between the segmental ratio and the average volume ratio for both sides (right, p=0.03;left, p=0.0003). Both pFVC(c) and pFVC(v) correlated significantly with rFVC at 6 months after surgery (p=0.007 and 0.006). Both the conventional and the volumetric methods provided FVC predictions that correlated significantly with measured postoperative FVC.

    PubMed

    researchmap

  • 脈絡膜血管腫に対する放射線治療

    原田 聡介, 武本 充広, 吉尾 浩太郎, 児島 克英, 片山 敬久, 勝井 邦彰, 黒田 昌宏, 松尾 俊彦, 金澤 右

    岡山医学会雑誌   122 ( 3 )   219 - 223   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    放射線外照射治療を行った孤立性の限局性脈絡膜血管腫4例(全例男性、平均48.0歳)について報告した。眼科的症状は視力低下2例、中心暗点、変視症各1例で、漿液性網膜剥離を3例に認めた。X線のエネルギーは4MV:3例、10MV:1例、照射方法は左右対向二門照射1例、同側一門照射3例、1回線量2Gyで総線量は20Gy、照射期間は14〜16日であった。治療効果は、漿液性網膜剥離は3例全例で改善し、全例で視力・症状の改善を認めた。観察期間は3.7〜58.5ヵ月で、最も短い1例を除き腫瘍の縮小を認めた。早期合併症は視界のゆがみを1例に認めたが経過観察中に改善し、晩期合併症はなく、全例で再発は認めていない。脈絡膜血管腫に対する20Gy外照射は安全かつ有効な治療法と考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00175&link_issn=&doc_id=20101203280006&doc_link_id=10.4044%2Fjoma.122.219&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4044%2Fjoma.122.219&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 急性呼吸促迫症候群を合併した粟粒結核症の2例

    乗金精一郎, 山本博道, 坂本秀登, 本田理, 小崎晋司, 児島克英, 加藤勝也, 金澤右

    臨床放射線   54 ( 8 )   1031 - 1035   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 限局性すりガラス影を呈した肺胞蛋白症の1例

    乗金 精一郎, 加藤 勝也, 児島 克英, 坂本 秀登, 本田 理, 鷲尾 一浩, 西 英行, 金澤 右

    臨床放射線   53 ( 5 )   660 - 663   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    70歳代男。アスベスト検診の胸部CTで異常陰影を指摘され入院となった。胸部CTで左上肺葉S1+2に30mm大のすりガラス影を認め、内部は気管支透亮像を伴っていた。高分解能CTおよび冠状断再構成画像では、小葉間隔壁で正常肺野と境されると思われる境界明瞭な部分が描出された。高分化腺癌の可能性が高く、患者希望もあったため、左上区切除術を施行した。摘出病変は肉眼的に淡黄灰白色を呈し、この部分には肺胞腔内にeosinに染まる微細顆粒状〜液状物質が充満し、周囲にこの液状物質を貪食したマクロファージが集簇していた。この物質はPAS反応陽性で、アミラーゼでは消化されず、免疫組織化学的にsurfactant apoproteinに染まったことから、病理学的に肺胞蛋白症と診断された。また、アスベスト曝露歴があることから、アスベスト小体定量を行ったところ、322902本/gと高値であったが、検体中には腫瘍性病変は認めなかった。その後のフォローで、他部位への肺胞蛋白症の出現は認めていない。

    researchmap

  • 外陰部に発生したangiomyofibroblastomaの1例

    本田 理, 児島 克英, 坂本 秀登, 山本 博道, 高橋 義雄, 田口 孝爾, 乗金 精一郎, 金澤 右

    臨床放射線   53 ( 4 )   591 - 595   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    50歳代前半女。患者は外陰部腫瘤を主訴とした。MRIでは左大陰唇に7.2×3.7×5.0cmの境界明瞭な腫瘤が認められた。この腫瘤はT1強調画像で筋肉と同程度の等信号、脂肪抑制T2強調画像で3層構造が保たれ、子宮体部外層筋層より高信号を示し、腹側よりの一部を除いて比較的均一な強い造影効果を認めた。腫瘍が増大傾向にあることから手術を施行したところ、病理所見、画像所見を合わせてangiomyofibroblastoma(AMF)と診断、目下、術後2年2ヵ月経過で再発は認められていない。尚、AMFは臨床的に高率に局所再発を認めるaggressive angiomyxoma(AAM)との鑑別が重要で、過去の報告例も含めて検討すると、MRIで不均一に造影され、特に渦巻状の造影効果を伴っている場合にはAAMが、ほぼ均一に強く造影される場合はAMFが疑われる。しかし、不均一な造影効果を示すAMFの場合にはAAMとの鑑別は困難と思われる。

    researchmap

  • 術前に診断し得た巨大子宮lipoleiomyomaの1例

    児島 克英, 本田 理, 坂本 秀登, 山本 博道, 小谷 早葉子, 友國 弘敬, 田口 孝爾, 金澤 右

    臨床放射線   52 ( 2 )   347 - 351   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    77歳女。下肢筋力低下・上肢振戦のため他院入院中、腹部CTで骨盤内の腫瘤を指摘され、当院紹介入院となった。造影CTで腫瘤は12×9×8cm、境界明瞭、表面平滑で、直腸は右後方に圧排されていた。単純CT所見とは位置関係が変化しており、可動性が示唆された。腫瘍の軟部濃度の成分は漸増型の軽度造影効果を示した。右前下方に圧排された子宮との境界部に拡張した栄養血管を認め、子宮由来の腫瘤と考えた。MRIのT1強調像では不均一な高信号を示し、脂肪抑制で信号低下部分を多く認めた。脂肪の信号を示さない部分は、T2強調像で筋肉と同程度の低信号を示した。子宮との境界部にはflow voidを認めた。漿膜下の子宮lipoleiomyomaと術前診断し、開腹術を施行した。子宮と連続する有茎性の腫瘤を認め、茎の部分を切断し、核出した。病理組織所見では単房性で核が辺縁にある成熟脂肪細胞と、筋原線維のみられる平滑筋細胞を認めた。悪性を疑う所見はなく、lipoleiomyomaと病理診断された。

    researchmap

  • 輪状に発育した巨大食道平滑筋腫の1例

    本田 理, 山本 博道, 児島 克英, 坂本 秀登, 大村 泰之, 西 英行, 清水 慎一, 金澤 右

    臨床放射線   51 ( 12 )   1771 - 1775   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    症例は33歳の男性で、胸部異常陰影を会社の検診にて指摘されたことを契機に、CT画像にて下部食道から胃との移行部に軽度分葉状の巨大な軟部濃度腫瘍を認めた。MRIにて内部均一な腫瘍であると考えられ、ガリウムシンチグラフィーでは異常集積は認めなかった。悪性リンパ腫を完全には否定できないことから胸腔鏡下生検を行い、平滑筋腫が疑われた。その後、腫瘍摘出術が行われ、病理組織学的に平滑筋腫と診断された。

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「モニターを用いたじん肺画像診断に関する研究」令和2年度総括・分担報告書

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: モニター導入状況に関する地方じん肺診査医アンケートの実施)

    2021年3月 

     詳細を見る

    著書種別:調査報告書

    researchmap

MISC

  • 有病率の低い地域における低線量胸部CTを用いた新型コロナウイルス感染症スクリーニングの有用性の検討

    児島 克英, 田中 高志, 蟹江 悠一郎, 丸川 洋平, 平木 隆夫

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   57回   S397 - S397   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 稀な経過を辿った頚椎滑膜嚢胞の1例

    左村和磨, 田中高志, 福原隆一郎, 小河七子, 坪井有加, 丸川洋平, 正岡佳久, 児島克英, 金澤右, 柳井広之

    Japanese Journal of Radiology   39 ( Supplement )   2021年

     詳細を見る

  • 眼窩内に腫瘤を形成した腺様嚢胞癌の1例

    戸田憲作, 児島克英, 福原隆一郎, 小河七子, 坪井有加, 丸川洋平, 田中高志, 正岡佳久, 平木隆夫, 金澤右, 谷口恒平

    Japanese Journal of Radiology   39 ( Supplement )   2021年

     詳細を見る

  • ループス腎炎治療中にびまん性肺胞出血の急激な増悪をきたした1例

    大槻花穂, 正岡佳久, 福原隆一郎, 小河七子, 坪井有加, 丸川洋平, 田中高志, 児島克英, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   39 ( Supplement )   2021年

     詳細を見る

  • 稀な画像所見を呈した成人型顆粒膜細胞腫の1例

    大槻花穂, 坪井有加, 福原隆一郎, 小河七子, 丸川洋平, 田中高志, 正岡佳久, 児島克英, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   39 ( Supplement )   2021年

     詳細を見る

  • 前胸部の静脈奇形に対する放射線治療後に生じた血管肉腫の1例

    福原隆一郎, 小河七子, 丸川洋平, 田中高志, 正岡佳久, 児島克英, 平木隆夫, 金澤右, 柳井広之

    Japanese Journal of Radiology   39 ( Supplement )   2021年

     詳細を見る

  • CT室時間有効利用のためのスタットセンサー導入経験

    秦康博, 野田能宏, 児島克英, 松坂聡, 高萩基仁, 大場匠, 大西伸也, 西岡明人, 森田荘二郎

    Japanese Journal of Radiology   38 ( Supplement )   73 - 73   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多発肺転移と鑑別が困難であった異型腺腫様過形成が併存した多発微小肺髄膜細胞様結節の1例

    山本眞緒, 児島克英, 高萩基仁, 大場匠, 大西伸也, 秦康博, 野田能宏, 西岡明人, 松坂聡, 森田荘二郎, 岡本卓, 松本学

    Japanese Journal of Radiology   38 ( Supplement )   67 - 67   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 孤立性腹腔動脈解離に対してBareStentを留置したが、約2ヵ月後にstentが閉塞した症例

    大西 伸也, 高萩 基仁, 大場 匠, 秦 康博, 野田 能宏, 児島 克英, 西岡 明人, 松坂 聡, 森田 荘二郎

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   34 ( Suppl. )   376 - 376   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会  

    researchmap

  • 緩和IVRとして経鼻用ダブルルーメンカテーテルを経皮経食道的に留置した症例

    大西 伸也, 高萩 基仁, 大場 匠, 秦 康博, 野田 能宏, 児島 克英, 西岡 明人, 松坂 聡, 森田 荘二郎

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   33 ( 4 )   416 - 416   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会  

    researchmap

  • <sup>18</sup>F-FDG-PET/CTでFDG高集積の見られた肺動脈本幹の真菌血栓症の一例

    児島克英, 坪井有加, 福原隆一郎, 小河七子, 丸川洋平, 田中高志, 正岡佳久, 平木隆夫, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   55th   S473 - S473   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Fitz-Hugh-Curtis症候群を合併したMulticentric Castleman Diseaseの一例

    北山貴裕, 児島克英, 田中高志, 坪井有加, 福原隆一郎, 小河七子, 丸川洋平, 正岡佳久, 平木隆夫, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   55th   S494 - S494   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 初期治療にTAEが有効であった外陰部血腫の2例

    入吉宏紀, 野田能宏, 大西伸也, 大場匠, 森田荘二郎, 児島克英, 西岡明人, 松坂聡, 秦康博, 國見祐輔, 渡邊理史

    Japanese Journal of Radiology   37 ( Supplement )   56 - 56   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺多形癌の1例

    道上怜奈, 児島克英, 秦康博, 大場匠, 大西伸也, 野田能宏, 西岡明人, 松坂聡, 森田荘二郎, 岡本卓, 中島猛, 大平咲, 松本学

    Japanese Journal of Radiology   37 ( Supplement )   48 - 48   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Embosphereを用いた切除術前塞栓術が有効であった神経線維腫の1例

    大西 伸也, 大場 匠, 秦 康博, 野田 能宏, 児島 克英, 西岡 明人, 松坂 聡, 森田 荘二郎

    IVR: Interventional Radiology   32 ( 4 )   327 - 327   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会  

    researchmap

  • 胸壁に発生したMyoepitheliomaの1例

    渡邉謙太, 児島克英, 浅野雄大, 坪井有加, 多田明博, 田中顕之, 佐藤修平, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   59 - 59   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結腸憩室出血におけるCTによる出血源予測と部位別の内視鏡止血術の完遂率,TAEの位置づけ

    大西伸也, 高萩基仁, 大場匠, 秦康博, 野田能宏, 児島克英, 西岡明人, 松坂聡, 森田荘二郎

    日本救急医学会雑誌   29 ( 10 )   527 - 527   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 経動脈的塞栓術を要した性交関連外陰部血腫の一例

    大西伸也, 大場匠, 野田能宏, 秦康博, 児島克英, 西岡明人, 松坂聡, 森田荘二郎

    日本外傷学会抄録号   32nd ( 2 )   314 - 314   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外傷学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • じん肺と鑑別が必要な疾患群:胸部単純X線写真とCTの鑑別能の比較-多施設読影実験の結果-

    西本優子, 野間惠之, 田口善夫, 芦澤和人, 林秀行, 加藤勝也, 児島克英, 新田哲久, 高橋雅士, 荒川浩明, 大塚義紀, 岸本卓巳, 本田純久

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   32 - 32   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺動静脈瘻コイル塞栓後の画像評価におけるSEMARの使用経験

    浅野雄大, 佐藤修平, 多田明博, 兒島聡一, 槇本怜子, 坪井有加, 正岡佳久, 児島克英, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   41 - 41   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人型アレキサンダー病の1例

    兒島聡一, 児島克英, 正岡佳久, 坪井有香, 多田明博, 佐藤修平, 金澤右, 清哲朗

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   43 - 43   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DWHを用いたCT実施件数の把握と待ち時間の改善

    郷原英夫, 黄勇, 赤木憲明, 佐藤修平, 平木隆夫, 生口俊浩, 藤原寛康, 櫻井淳, 児島克英, 多田明博, 松井裕輔, 正岡佳久, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   44 - 44   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 320列CTによる低線量側頭骨CT撮像の検討

    多田明博, 佐藤修平, 正岡佳久, 兒島聡一, 坪井有加, 児島克英, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   51 - 51   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺転移との鑑別に苦慮した肺ランゲルハンス細胞組織球症の1例

    児島克英, 藤原寛康, 多田明博, 佐藤修平, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Supplement )   56 - 56   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 手指腱鞘滑膜炎を呈した非結核性抗酸菌症の1例

    稲井良太, 浅野雄大, 沼真吾, 蟹江悠一郎, 坪井有加, 田中高志, 乗金精一郎, 多田明博, 児島克英, 佐藤修平, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   35 ( Supplement )   67 - 67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自然経過で外傷性脾動静脈瘻が消失した一例

    大西伸也, 大場匠, 野田能宏, 秦康博, 児島克英, 西岡明人, 松坂聡, 森田荘二郎

    日本救急医学会雑誌   28 ( 9 )   659 - 659   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性心疾患患児における320列CTの冠動脈描出能の検討

    多田明博, 佐藤修平, 蟹江悠一郎, 田中高志, 坪井有加, 稲井良太, 乗金精一郎, 児島克英, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   35 ( Supplement )   64 - 64   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脾臓原発血管肉腫の1例

    浅野雄大, 児島克英, 田中高志, 坪井有加, 稲井良太, 乗金精一郎, 多田明博, 佐藤修平, 金澤右, 小田晋輔, 伏見聡一郎

    Japanese Journal of Radiology   35 ( Supplement )   67 - 67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 側彎症を呈したゴーラム病の1例

    稲井良太, 和田敏明, 松井裕輔, 乗金精一郎, 児島克英, 多田明博, 新家崇義, 井田健太郎, 加藤勝也, 清哲朗, 佐藤修平, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   34 ( Supplement )   79 - 79   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • じん肺と鑑別すべき疾患群:胸部単純X線写真とCTの鑑別能の比較-多施設読影実験の結果-

    西本優子, 野間惠之, 芦澤和人, 林秀行, 加藤勝也, 児島克英, 新田哲久, 高橋雅士, 荒川浩明, 大塚義紀, 岸本卓巳, 本田純久, 菅剛, 北野香雪, 門場智也

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   52nd   S486 - S487   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸壁に発生したMyoepitheliomaの1例

    渡邉謙太, 児島克英, 田中顕之, 浅野雄大, 坪井有加, 多田明博, 正岡佳久, 佐藤修平, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   52nd   S554 - S554   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自己免疫性膵炎治療後に多彩な肺病変が出現したIgG4関連疾患の1例

    児島克英, 宗田由子, 芝本健太郎, 三村秀文, 山岸智子, 瀧川奈義夫, 深澤拓也, 森田一郎, 物部泰昌

    Japanese Journal of Radiology   34 ( Supplement )   61 - 61   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺類上皮血管内皮腫の1例

    福原隆一郎, 児島克英, 田中高志, 平木隆夫, 蟹江悠一郎, 丸川洋平, 稲井良太, 乗金精一郎, 多田明博, 新家崇義, 井田健太郎, 佐藤修平, 金澤右, 谷口恒平

    Japanese Journal of Radiology   34 ( Supplement )   71 - 71   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MRIが診断に有用であった静脈内平滑筋腫症の1例

    蟹江悠一郎, 乗金精一郎, 稲井良太, 児島克英, 多田明博, 新家崇義, 井田健太郎, 佐藤修平, 金澤右, 上者郁夫

    Japanese Journal of Radiology   34 ( Supplement )   72 - 72   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腎ラブドイド腫瘍の1例

    兒島聡一, 児島克英, 坪井有加, 正岡佳久, 多田明博, 佐藤修平, 金澤右

    泌尿器画像診断・治療技術研究会プログラム・抄録   4th   2016年

     詳細を見る

  • 骨転移と再赤色髄化の鑑別に111In SPECT/CTが有用であった2例

    沼 哲也, 稲井 良太, 田中 高志, 坪井 有加, 児島 克英, 乗金 精一郎, 多田 明博, 佐藤 修平, 金澤 右

    核医学   52 ( 4 )   386 - 386   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節を対側腋窩または対側乳房に認めた乳癌の3例

    田中 高志, 佐藤 修平, 稲井 良太, 児島 克英, 郷原 英夫, 金澤 右

    核医学   52 ( 3 )   276 - 276   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 脊柱起立筋内の粘液線維肉腫の1例

    児島克英, 芝本健太郎, 宗田由子, 三村秀文, 物部泰昌

    Japanese Journal of Radiology   33 ( Supplement )   93 - 93   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌癌術後で肺転移との鑑別に苦慮した肺ランゲルハンス細胞組織球症の1例

    児島克英, 田中高志, 藤原寛康, 稲井良太, 乗金精一郎, 多田明博, 佐藤修平, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   51st   S544 - S544   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非閉塞性腸管虚血症(Non Occlusive Mesenteric Ischemia;NOMI)の1例

    宗田由子, 田村卓也, 児島克英, 芝本健太郎, 三村秀文, 松井裕輔, 道下宣成

    Japanese Journal of Radiology   33 ( Supplement )   84 - 84   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Xp11.2転座型腎癌の2例

    坪井有加, 田中高志, 稲井良太, 多田明博, 乗金精一郎, 児島克英, 佐藤修平, 金澤右

    泌尿器画像診断・治療技術研究会プログラム・抄録   3rd   2015年

     詳細を見る

  • タブレット端末を用いた夜間,休日読影

    郷原英夫, 藤原寛康, 生口俊浩, 平木隆夫, 児島克秀, 多田明宏, 乗金精一郎, 櫻井潤, 佐藤修平, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   51st   2015年

     詳細を見る

  • すりガラス結節影を呈した自己免疫性肺胞蛋白症の1例

    児島克英, 加藤勝也, 深澤拓也, 瀧川奈義夫, 森田一郎, 物部泰昌, 芝本健太郎, 宗田由子, 三村秀文

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   50th   S715 - S716   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血管腫・血管奇形2014:診断からIVR・治療まで IVR各論 1)軟部動静脈奇形の塞栓術

    三村秀文, 芝本健太郎, 宗田由子, 児島克英, 松井裕輔, 藤原寛康, 平木隆夫, 郷原英夫, 金澤右

    臨床画像   30 ( 5 )   2014年

     詳細を見る

  • 脈絡膜血管腫に対する放射線治療

    原田聡介, 武本充広, 吉尾浩太郎, 児島克英, 片山敬久, 勝井邦彰, 金澤右, 松尾俊彦, 黒田昌宏

    Japanese Journal of Radiology   29 ( Supplement 1 )   60 - 60   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 甲状腺分化癌内照射療法における131I、FDGの集積パターンによる予後評価の検討

    吉尾 浩太郎, 奥村 能啓, 佐藤 修平, 原田 聡介, 児島 克英, 勝井 邦彰, 武本 充広, 金澤 右

    核医学   47 ( 1 )   50 - 50   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser syndromeの1例

    岡村淳, 佐藤修平, 宇賀麻由, 丸中三菜子, 井上大作, 児島克英, 加藤勝也, 加地充昌, 上者郁夫, 金澤右

    Japanese Journal of Radiology   28 ( Supplement 1 )   74 - 74   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急性呼吸促迫症候群を合併した粟粒結核の2例

    乗金精一郎, 山本博道, 坂本秀登, 本田理, 児島克英, 加藤勝也, 金澤右, 小崎晋司

    Japanese Journal of Radiology   28 ( Supplement 1 )   77 - 77   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 早期胸膜中皮腫と良性石綿胸水のCT画像所見についての検討

    加藤勝也, 岸本卓巳, 玄馬顕一, 藤本伸一, 井内康輝, 武島幸男, 宇賀麻由, 児島克英, 金澤右

    日本医学放射線学会総会抄録集   69th   S284 - S284   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結核性腹膜炎の2例

    児島 克英, 本田 理, 坂本 秀登, 山本 博道, 田口 孝爾, 金澤 右

    Japanese Journal of Radiology   27 ( Suppl. )   64 - 64   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 限局性すりガラス影を呈した肺胞蛋白症の1例

    乗金 精一郎, 加藤 勝也, 金澤 右, 児島 克英, 坂本 秀登, 本田 理, 山本 博道, 西 英行

    Japanese Journal of Radiology   27 ( Suppl. )   65 - 65   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 肺脂肪塞栓症候群の一例

    坂本 秀登, 児島 克英, 本田 理, 山本 博道, 小崎 晋司, 有森 勧, 金澤 右

    Japanese Journal of Radiology   27 ( Suppl. )   74 - 74   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 123I-IMPで高集積を認めた多発性硬化症の一例

    児島 克英, 山本 博道, 坂本 秀登, 本田 理, 片山 伸二, 田口 孝爾, 金澤 右

    Japanese Journal of Radiology   27 ( Suppl. )   82 - 82   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 生体部分肺移植における術後呼吸機能予測のCTボリュームメトリーによる検討

    児島克英, 加藤勝也, 宇賀麻由, 郷原英夫, 金澤右

    日本呼吸器学会雑誌   47 ( 増刊 )   150 - 150   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生体部分肺移植における術後呼吸機能予測のCTボリュームメトリーによる検討

    児島克英, 加藤勝也, 金澤右, 三橋利晴, 大藤剛宏

    日本医学放射線学会総会抄録集   68th   S188 - S189   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脈絡膜血管腫に対する放射線治療

    原田聡介, 武本充広, 吉尾浩太郎, 児島克英, 片山敬久, 勝井邦彰, 金澤右, 松尾俊彦, 黒田昌宏

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   45th   S498 - S498   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 嚢胞性腫瘤の形態を呈し,PET-CTが有用であった,コロイド腺癌の一例

    加藤勝也, 宇賀麻由, 児島克英, 奥村能啓, 柳井広之, 佐野由文

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   45th   S555 - S555   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生体部分肺移植における術後呼吸機能予測のCTボリュームメトリーによる検討

    児島克英, 加藤勝也, 金澤右, 大藤剛宏, 山根正修, 佐野由文, 三橋利晴

    移植   44 ( 3 )   267 - 267   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺ラジオ波焼灼術後の肺病変に対するステロイド投与併用群についての検討

    宇賀麻由, 加藤勝也, 郷原英夫, 児島克英, 三村秀文, 金澤右

    日本呼吸器学会雑誌   47 ( 増刊 )   150 - 150   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結核性腹膜炎の2例

    児島克英, 本田理, 坂本秀登, 山本博道, 田口孝爾, 金澤右

    Radiation Medicine   27 ( Supplement 1 )   2009年

     詳細を見る

  • 肺脂肪塞栓症候群の一例

    坂本秀登, 児島克英, 本田理, 山本博道, 小崎晋司, 有森勧, 金澤右

    Radiation Medicine   27 ( Supplement 1 )   2009年

     詳細を見る

  • 限局性すりガラス影を呈した肺胞蛋白症の1例

    乗金精一郎, 加藤勝也, 金澤右, 児島克英, 坂本秀登, 本田理, 山本博道, 西英行

    Radiation Medicine   27 ( Supplement 1 )   2009年

     詳細を見る

  • <sup>123</sup>I-IMPで高集積を認めた多発性硬化症の一例

    児島克英, 山本博道, 坂本秀登, 本田理, 片山伸二, 田口孝爾, 金澤右

    Radiation Medicine   27 ( Supplement 1 )   2009年

     詳細を見る

  • 卵管癌の2例

    坂本 秀登, 本田 理, 児島 克英, 山本 博道, 小谷 早葉子, 友國 弘敬, 田口 孝爾, 金澤 右

    Radiation Medicine   26 ( Suppl.I )   67 - 67   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 術前に診断し得た巨大子宮lipoleiomyomaの1例

    児島 克英, 本田 理, 坂本 秀登, 山本 博道, 小谷 早葉子, 友國 弘敬, 田口 孝爾, 金澤 右

    Radiation Medicine   26 ( Suppl.I )   59 - 59   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 輪状に発育した巨大食道平滑筋腫の1例

    本田 理, 山本 博道, 児島 克英, 坂本 秀登, 大村 泰之, 西 英行, 清水 慎一, 田口 孝爾, 金澤 右

    Radiation Medicine   26 ( Suppl.I )   61 - 61   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 縦隔腫瘍の形態を呈して診断に苦慮した結核症の1例

    児島克英, 加藤勝也, 冨田晃司, 井上大作, 郷原英夫, 奥村能啓, 佐藤修平, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   44th   S549 - S549   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外陰部に発生したAngiomyofibroblastomaの1例

    本田理, 児島克英, 坂本秀登, 山本博道, 高橋義雄, 小谷早葉子, 田口孝爾, 乗金精一郎, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   43rd   2007年

     詳細を見る

  • 輪状に発育した巨大食道平滑筋腫の1例

    本田理, 山本博道, 児島克英, 坂本秀登, 大村泰之, 西英行, 清水慎一, 田口孝爾, 金澤右

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   42nd   2006年

     詳細を見る

  • すい癌との鑑別が困難であった黄色肉芽腫様すい炎の1例

    児島克英, 大村泰之, 鷲尾一浩, 西英行, 間野正之

    岡山医学会雑誌   117 ( 2 )   2005年

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 放射線医学(基本臨床実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 臨床放射線総論 (2021年度) 特別  - その他