2022/08/09 更新

写真a

リ ヨシユキ
李 禎之
LEE Yoshiyuki
所属
社会文化科学学域 教授
職名
教授
通称等の別名
岩本 禎之
外部リンク

学位

  • 博士(法学) ( 神戸大学 )

  • 修士(法学) ( ライデン大学(オランダ) )

  • 修士(法学) ( 神戸大学 )

研究キーワード

  • 国際法

研究分野

  • 人文・社会 / 国際法学

学歴

  • 神戸大学    

    1997年 - 2003年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • ライデン大学(オランダ)   法学研究科  

    2000年8月 - 2001年9月

      詳細を見る

    国名: オランダ王国

    researchmap

  • 神戸大学   Faculty of Law  

    1993年 - 1997年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   社会文化科学研究科   教授

    2013年 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院社会文化科学研究科   准教授

    2010年 - 2013年

      詳細を見る

  • 長崎県立大学   准教授

    2008年 - 2010年

      詳細を見る

  • 県立長崎シーボルト大学   講師

    2005年 - 2008年

      詳細を見る

  • 日本学術振興会特別研究員   神戸大学

    2003年 - 2005年

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 外務省国際法局国際法課   国際法判例研究会委員  

    2022年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 外務省国際法局国際法課   国際法政策研究会委員  

    2018年 - 2021年   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 法務省訟務局   国際裁判支援対策室調査員  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

 

論文

  • 中国を被告とする国際裁判の可能性ーIHR(2005)および/またはWHO憲章違反の観点から― 招待 査読

    李禎之

    国際法外交雑誌   120 ( 1-2 )   142 - 153   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 安全保障条項に基づく抗弁の訴訟法上の位置

    李禎之

    岡山大学法学会雑誌   70 ( 3-4 )   670 - 650   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 国際裁判の機能 招待

    李禎之

    サブテキスト国際法   199 - 212   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 管轄権判断に対する「被告国の認識」の影響―近年における国際司法裁判所の判例動向―

    李 禎之

    実証の国際法学の継承―安藤仁介先生追悼―   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 南シナ海仲裁手続の訴訟法的含意 招待 査読

    国際法外交雑誌   117 ( 2 )   30 - 49   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 安達峰一郎と国際裁判

    柳原正治・篠原初枝編『安達峰一郎―日本の外交官から世界の裁判官へ』(東京大学出版会、2017年)   2017年

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所における救済方法と紛争解決―本案判決における行為命令の意義と限界―

    李禎之

    世界法年報   35   88 - 108   2016年

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所による慣習法規則適用の今日的傾向

    国際法学の諸相一到達点と展望:村瀬信也先生古稀記念論文集   755 - 769   2015年

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所における仮保全手続の特質―本案権利の蓋然性要件の展開と限界―

    国際裁判と現代国際法の展開―杉原高嶺先生古稀記念論文集   94 - 113   2014年

     詳細を見る

  • 領域紛争における仮保全措置の新展開

    普遍的国際社会への法の挑戦   2013年

     詳細を見る

  • The Repercussions of the LaGrand Judgment 招待 査読

    Yoshiyuki Lee-Iwamoto

    Japanese Yearbook of International Law   55   237 - 262   2013年

     詳細を見る

  • The ICJ as a Guardian of Community Interests? 招待 査読

    International Law in the New Age of Globalization   2013年

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所による請求の規律

    李禎之

    国際法外交雑誌   107 ( 4 )   19 - 41   2009年

     詳細を見る

  • 核軍縮交渉義務の規範構造

    李禎之

    県立長崎シーボルト大学国際情報学部紀要   ( 7 )   99 - 107   2006年

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所における訴えの提起およびその変更

    李禎之

    県立長崎シーボルト大学国際情報学部紀要   ( 6 )   99 - 124   2005年

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所における反訴―請求の関連性を中心に― 査読

    李 禎之

    神戸法学年報   19   107 - 148   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • The Protection of Human Life Through Provisional Measures Indicated by the International Court of Justice 査読

    Yoshiyuki Iwamoto (Lee)

    Leiden Journal of International Law   15 ( 2 )   345 - 366   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recently, the ICJ appears to have been taking into account the protection of human life in its indication of provisional measures. This raises the question of how and to what extent the human life element influences the criteria for indicating provisional measures. After considering the meaning of ‘irreparability’ in the Court's jurisprudence, the author analyzes recent case law in the light of a link between irreparable harm and those rights of the parties that constitute the subject matter of the dispute in judicial proceedings. In conclusion, the author criticizes the Court's recent approach towards indicating provisional measures, as it raises some problems concerning jurisdiction, as well as the binding character and the nature of provisional measures. © 2002, Kluwer Law International. All rights reserved.

    DOI: 10.1017/S0922156502000171

    Scopus

    researchmap

  • Provisional Measures and the Loss of Human Life: An Overview of Recent Practice in the International Court of Justice 査読

    李 禎之

    Kobe University Law Review   35   29 - 46   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学大学院法学研究科 / 法学部  

    DOI: 10.24546/00316504

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 国際司法裁判所における訴えの取下げ―和解との関連で― 査読

    李 禎之

    神戸法学雑誌   49 ( 4 )   167 - 212   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 国際法判例百選[第3版]

    森川, 幸一, 兼原, 敦子, 酒井, 啓亘, 西村, 弓( 範囲: 仮保全措置―ジェノサイド条約適用事件(ガンビア対ミャンマー))

    有斐閣  2021年9月  ( ISBN:9784641115552

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 250p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ベーシック条約集2020

    薬師寺, 公夫, 坂元, 茂樹, 浅田, 正彦( 範囲: 国際司法裁判所判例一覧等)

    東信堂  2020年3月  ( ISBN:9784798916163

     詳細を見る

    総ページ数:xviii, 1377p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • コンパクト学習条約集

    芹田, 健太郎, 黒神, 直純, 林, 美香, 李, 禎之, 新井, 京, 小林, 友彦, 前田, 直子( 担当: 共編者(共編著者))

    信山社  2020年2月  ( ISBN:9784797259162

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 519p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ベーシック条約集2019

    松井, 芳郎, 田中, 則夫, 薬師寺, 公夫, 坂元, 茂樹, 浅田, 正彦( 範囲: 国際司法裁判所判例一覧等)

    東信堂  2019年3月  ( ISBN:4887136560

     詳細を見る

    総ページ数:冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ベーシック条約集2018

    松井, 芳郎, 田中, 則夫, 薬師寺, 公夫, 坂元, 茂樹, 浅田, 正彦( 範囲: 国際司法裁判所判例一覧等)

    東信堂  2018年3月  ( ISBN:4887136560

     詳細を見る

    総ページ数:冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ベーシック条約集2017

    東信堂  2017年 

     詳細を見る

  • ベーシック条約集2016

    東信堂  2016年 

     詳細を見る

  • ベーシック条約集2015

    東信堂  2015年 

     詳細を見る

  • 国際法基本判例50 第2版

    三省堂  2014年  ( ISBN:9784385323268

     詳細を見る

  • ベーシック条約集2014

    東信堂  2014年 

     詳細を見る

  • コンパクト学習条約集 第2版

    信山社  2014年  ( ISBN:9784797259117

     詳細を見る

  • ベーシック条約集2013

    東信堂  2013年 

     詳細を見る

  • 国際法判例百選[第2版]

    有斐閣  2011年 

     詳細を見る

  • 国際法基本判例50

    三省堂  2010年  ( ISBN:9784385323268

     詳細を見る

  • 国際裁判の動態

    信山社  2007年  ( ISBN:9784797210385

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 判例研究 国際司法裁判所 テロ資金供与防止条約および人種差別撤廃条約の適用事件(ウクライナ対ロシア)(暫定措置命令・2017年4月19日)

    李 禎之

    岡山大学法学会雑誌   69 ( 1 )   117 - 133   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 国際裁判の機能

    法学セミナー   ( 765 )   43 - 48   2018年

     詳細を見る

  • 紹介 中島啓『国際裁判の証拠法論』

    李 禎之

    国際法外交雑誌   115 ( 4 )   153 - 158   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Book Review: Kokusaisaiban no Shouko-hou-ron (Evidence before International Courts and Tribunals), by Kei Nakajima. Tokyo: Shinzansha, 2016. pp. xi, 401. 招待 査読

    Japanese Yearbook of International Law   59   416 - 420   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • Book Review: Kokusaisaiban no Hanketsukouron [Effets juridiques du jugement de la juridiction internationale], by Dai Tamada. Tokyo: Yuhikaku Publishing, 2012. Pp. xii, 242.

    Japanese Yearbook of International Law   57   2015年

     詳細を見る

  • 会報「第3回4学会国際会議(第2部報告要旨)」

    『国際法外交雑誌』   109 ( 4 )   175 - 176   2011年

     詳細を見る

  • Chester Brown, A Common Law of International Adjudication(紹介)

    李禎之

    国際法外交雑誌   108 ( 4 )   180 - 184   2010年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 南シナ海仲裁手続の訴訟法的含意

    国際法学会2017年度研究大会  2017年 

     詳細を見る

  • 国際司法裁判所における救済方法と紛争解決

    世界法学会2015年度研究大会  2015年 

     詳細を見る

  • The ICJ as a Guardian of Community Interests? 招待

    李禎之

    第3回4学会国際会議  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 国際司法裁判所による請求の規律

    国際法学会2008年度春季大会  2008年 

     詳細を見る

  • アメリカ大統領選挙以降の核軍縮の行方

    国連軍縮週間長崎シンポジウム  2008年 

     詳細を見る

受賞

  • 安達峰一郎記念賞(第41回)

    2008年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • 国際法総論 (2021年度) 1・2学期  - 水9

  • 国際法総論ac (2021年度) 1・2学期  - 月1~2

  • 国際法総論b (2021年度) 第1学期  - 水1~2

  • 国際裁判論 (2021年度) 前期  - 火2

  • 国際裁判論 (2021年度) 特別  - その他

  • 国際裁判論演習 (2021年度) 後期  - 火2

  • 国際裁判論演習1 (2021年度) 特別  - その他

  • 国際裁判論演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • 法政基礎演習 (2021年度) 第1学期  - 水10

  • International Law in context (2021年度) 3・4学期  - 月3~4

  • 国際法概論I (2020年度) 1・2学期  - 火10

  • 国際法概論II (2020年度) 3・4学期  - 火10

  • 国際法総論a (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 国際法総論b (2020年度) 第1学期  - 月5,月6

  • 国際法総論c (2020年度) 第2学期  - 月5,月6

  • 国際紛争処理論 (2020年度) 前期  - 火2

  • 国際紛争処理論演習 (2020年度) 後期  - 火2

  • 国際裁判論 (2020年度) 特別  - その他

  • 国際裁判論演習1 (2020年度) 特別  - その他

  • 国際裁判論演習2 (2020年度) 特別  - その他

  • 外国書講読 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 外国書講読 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 演習I (2020年度) 1・2学期  - 月2

  • 演習II (2020年度) 1~4学期  - 木3,木4

  • 課題研究 (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示