2021/11/30 更新

写真a

フジイ ケンタロウ
藤井 謙太郎
FUJII Kentaro
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2014年3月   岡山大学医歯薬学総合研究科 )

研究キーワード

  • 神経膠腫

  • 脳腫瘍

  • 脳神経外科

  • 膠芽腫

  • 分子生物学

  • 腫瘍溶解ウイルス

研究分野

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Differentiated glioblastoma cells accelerate tumor progression by shaping the tumor microenvironment via CCN1-mediated macrophage infiltration. 国際誌

    Atsuhito Uneda, Kazuhiko Kurozumi, Atsushi Fujimura, Kentaro Fujii, Joji Ishida, Yosuke Shimazu, Yoshihiro Otani, Yusuke Tomita, Yasuhiko Hattori, Yuji Matsumoto, Nobushige Tsuboi, Keigo Makino, Shuichiro Hirano, Atsunori Kamiya, Isao Date

    Acta neuropathologica communications   9 ( 1 )   29 - 29   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Glioblastoma (GBM) is the most lethal primary brain tumor characterized by significant cellular heterogeneity, namely tumor cells, including GBM stem-like cells (GSCs) and differentiated GBM cells (DGCs), and non-tumor cells such as endothelial cells, vascular pericytes, macrophages, and other types of immune cells. GSCs are essential to drive tumor progression, whereas the biological roles of DGCs are largely unknown. In this study, we focused on the roles of DGCs in the tumor microenvironment. To this end, we extracted DGC-specific signature genes from transcriptomic profiles of matched pairs of in vitro GSC and DGC models. By evaluating the DGC signature using single cell data, we confirmed the presence of cell subpopulations emulated by in vitro culture models within a primary tumor. The DGC signature was correlated with the mesenchymal subtype and a poor prognosis in large GBM cohorts such as The Cancer Genome Atlas and Ivy Glioblastoma Atlas Project. In silico signaling pathway analysis suggested a role of DGCs in macrophage infiltration. Consistent with in silico findings, in vitro DGC models promoted macrophage migration. In vivo, coimplantation of DGCs and GSCs reduced the survival of tumor xenograft-bearing mice and increased macrophage infiltration into tumor tissue compared with transplantation of GSCs alone. DGCs exhibited a significant increase in YAP/TAZ/TEAD activity compared with GSCs. CCN1, a transcriptional target of YAP/TAZ, was selected from the DGC signature as a candidate secreted protein involved in macrophage recruitment. In fact, CCN1 was secreted abundantly from DGCs, but not GSCs. DGCs promoted macrophage migration in vitro and macrophage infiltration into tumor tissue in vivo through secretion of CCN1. Collectively, these results demonstrate that DGCs contribute to GSC-dependent tumor progression by shaping a mesenchymal microenvironment via CCN1-mediated macrophage infiltration. This study provides new insight into the complex GBM microenvironment consisting of heterogeneous cells.

    DOI: 10.1186/s40478-021-01124-7

    PubMed

    researchmap

  • Detailed Arterial Anatomy and Its Anastomoses of the Sphenoid Ridge and Olfactory Groove Meningiomas with Special Reference to the Recurrent Branches from the Ophthalmic Artery. 国際誌

    M Hiramatsu, K Sugiu, T Hishikawa, J Haruma, Y Takahashi, S Murai, K Nishi, Y Yamaoka, Y Shimazu, K Fujii, M Kameda, K Kurozumi, I Date

    AJNR. American journal of neuroradiology   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND PURPOSE: Detailed arterial anatomy of the sphenoid ridge and olfactory groove meningiomas is complicated due to the fine angioarchitecture and anastomoses between each feeder. Herein, we present details of the arterial anatomy and the relationships of feeders in these lesions. MATERIALS AND METHODS: This study included 20 patients admitted to our department between April 2015 and March 2020. Conditions of subjects consisted of 16 sphenoid ridge meningiomas and 4 olfactory groove meningiomas. We mainly analyzed arterial anatomy using 3D rotational angiography and slab MIP images of these lesions. We also analyzed the anastomoses of each feeder. RESULTS: We found that 19 (95%), 15 (75%), and 15 (75%) lesions had feeders from the ophthalmic, internal carotid, and external carotid arteries, respectively. As feeders from the ophthalmic artery, recurrent meningeal arteries were involved in 18 lesions (90%). Fifteen lesions (75%) had anastomoses between each feeder. CONCLUSIONS: Most of the meningiomas in the sphenoid ridge and olfactory groove had feeders from the ophthalmic and internal carotid arteries. There were various anastomoses between each feeder. This is the first report to demonstrate the detailed arterial anatomy and frequency of recurrent branches from the ophthalmic artery and their anastomoses using detailed imaging techniques.

    DOI: 10.3174/ajnr.A6790

    PubMed

    researchmap

  • 分化型膠芽腫細胞はCCN1の分泌を介して腫瘍微小環境を改変する

    畝田 篤仁, 黒住 和彦, 藤村 篤史, 藤井 謙太郎, 島津 洋介, 松本 悠司, 坪井 伸成, 牧野 圭悟, 神谷 厚範, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   37 ( Suppl. )   092 - 092   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • Annexin A2-STAT3-Oncostatin M receptor axis drives phenotypic and mesenchymal changes in glioblastoma. 国際誌

    Yuji Matsumoto, Tomotsugu Ichikawa, Kazuhiko Kurozumi, Yoshihiro Otani, Atsushi Fujimura, Kentaro Fujii, Yusuke Tomita, Yasuhiko Hattori, Atsuhito Uneda, Nobushige Tsuboi, Keisuke Kaneda, Keigo Makino, Isao Date

    Acta neuropathologica communications   8 ( 1 )   42 - 42   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Glioblastoma (GBM) is characterized by extensive tumor cell invasion, angiogenesis, and proliferation. We previously established subclones of GBM cells with distinct invasive phenotypes and identified annexin A2 (ANXA2) as an activator of angiogenesis and perivascular invasion. Here, we further explored the role of ANXA2 in regulating phenotypic transition in GBM. We identified oncostatin M receptor (OSMR) as a key ANXA2 target gene in GBM utilizing microarray analysis and hierarchical clustering analysis of the Ivy Glioblastoma Atlas Project and The Cancer Genome Atlas datasets. Overexpression of ANXA2 in GBM cells increased the expression of OSMR and phosphorylated signal transducer and activator of transcription 3 (STAT3) and enhanced cell invasion, angiogenesis, proliferation, and mesenchymal transition. Silencing of OSMR reversed the ANXA2-induced phenotype, and STAT3 knockdown reduced OSMR protein expression. Exposure of GBM cells to hypoxic conditions activated the ANXA2-STAT3-OSMR signaling axis. Mice bearing ANXA2-overexpressing GBM exhibited shorter survival times compared with control tumor-bearing mice, whereas OSMR knockdown increased the survival time and diminished ANXA2-mediated tumor invasion, angiogenesis, and growth. Further, we uncovered a significant relationship between ANXA2 and OSMR expression in clinical GBM specimens, and demonstrated their correlation with tumor histopathology and patient prognosis. Our results indicate that the ANXA2-STAT3-OSMR axis regulates malignant phenotypic changes and mesenchymal transition in GBM, suggesting that this axis is a promising therapeutic target to treat GBM aggressiveness.

    DOI: 10.1186/s40478-020-00916-7

    PubMed

    researchmap

  • A unique case with positive anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody presenting multiple brain lesions

    Namiko Matsumoto, Kota Sato, Nozomi Hishikawa, Yuko Kawahara, Mami Takemoto, Yasuyuki Ohta, Toru Yamashita, Kentaro Fujii, Kazuhiko Kurozumi, Isao Date, Toshiyuki Takahashi, Koji Abe

    NEUROLOGY AND CLINICAL NEUROSCIENCE   8 ( 2 )   92 - 95   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The accurate diagnosis of anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein (MOG) antibody-associated diseases is sometimes challenging due to its various central nervous system (CNS) lesions. Here, we report a 22-year-old man with positive anti-MOG antibody presenting multiple brain lesions including a brainstem tumefactive demyelinating lesion (TDL), cortical edematous lesions, and a periventricular white matter lesion. These variety of lesions made the diagnosis challenging, especially because TDL is quite rare among MOG antibody-associated disease patients. The present case suggests the importance to check anti-MOG antibody for patients presenting atypical multiple CNS lesions.

    DOI: 10.1111/ncn3.12364

    Web of Science

    researchmap

  • Study protocol of a Phase I/IIa clinical trial of Ad-SGE-REIC for treatment of recurrent malignant glioma. 国際誌

    Kazuhiko Kurozumi, Kentaro Fujii, Yosuke Shimazu, Yusuke Tomita, Tatsuya Sasaki, Takao Yasuhara, Tomohito Hishikawa, Masahiro Kameda, Hiromi Kumon, Isao Date

    Future oncology (London, England)   16 ( 6 )   151 - 159   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant glioma is one of the most common brain cancers in humans, which is very devastating. The expression of reduced expression in immortalized cells/Dickkopf-3 (REIC/Dkk-3) is decreased in various human cancers. Lately, we have developed a novel second-generation adenoviral vector that expresses REIC/Dkk-3 (Ad-SGE-REIC) and revealed its antiglioma efficacy. The present investigator-initiated clinical trial is a single-arm, prospective, nonrandomized, noncomparative, open-label, single-center trial performed at Okayama University Hospital, Okayama, Japan. The primary end points are dose-limiting toxicities and the incidence of adverse events. The secondary end points are the objective response rate and immunological assessment. Use of Ad-SGE-REIC will help to improve the prognosis of patients with malignant brain tumors.

    DOI: 10.2217/fon-2019-0743

    PubMed

    researchmap

  • Neurosurgery for brain metastasis from breast cancer 査読 国際誌

    Tomita Y, Kurozumi K, Fujii K, Shimazu Y, Date I

    Translational Cancer Research   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/tcr.2020.03.68

    researchmap

  • Oncolytic Herpes Virus Armed with Vasculostatin in Combination with Bevacizumab Abrogates Glioma Invasion via the CCN1 and AKT Signaling Pathways. 国際誌

    Yusuke Tomita, Kazuhiko Kurozumi, Ji Young Yoo, Kentaro Fujii, Tomotsugu Ichikawa, Yuji Matsumoto, Atsuhito Uneda, Yasuhiko Hattori, Toshihiko Shimizu, Yoshihiro Otani, Tetsuo Oka, Balveen Kaur, Isao Date

    Molecular cancer therapeutics   18 ( 8 )   1418 - 1429   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Anti-VEGF treatments such as bevacizumab have demonstrated convincing therapeutic advantage in patients with glioblastoma. However, bevacizumab has also been reported to induce invasiveness of glioma. In this study, we examined the effects of rapid antiangiogenesis mediated by oncolytic virus (RAMBO), an oncolytic herpes simplex virus-1 expressing vasculostatin, on bevacizumab-induced glioma invasion. The effect of the combination of RAMBO and bevacizumab in vitro was assessed by cytotoxicity, migration, and invasion assays. For in vivo experiments, glioma cells were stereotactically inoculated into the brain of mice. RAMBO was intratumorally injected 7 days after tumor inoculation, and bevacizumab was administered intraperitoneally twice a week. RAMBO significantly decreased both the migration and invasion of glioma cells treated with bevacizumab. In mice treated with bevacizumab and RAMBO combination, the survival time was significantly longer and the depth of tumor invasion was significantly smaller than those treated with bevacizumab monotherapy. Interestingly, RAMBO decreased the expression of cysteine-rich protein 61 and phosphorylation of AKT, which were increased by bevacizumab. These results suggest that RAMBO suppresses bevacizumab-induced glioma invasion, which could be a promising approach to glioma therapy.

    DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-18-0799

    PubMed

    researchmap

  • Cavernous malformation of the optic chiasm with continuous hemorrhage in a pregnant woman: A case report 査読 国際誌

    Tomita Y, Fujii K, Kurozumi K, Imoto R, Mitsui T, Mishima S, Inagaki K, Masuyama H, Date I

    Interdisciplinary Neurosurgery   18   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.inat.2019.100489

    researchmap

  • A case of aspergillotic orbital apex syndrome diagnosed by an additional intraorbital biopsy after nasal endoscopy

    Namiko Matsumoto, Kota Sato, Koh Tadokoro, Yoshiaki Takahashi, Taijun Yunoki, Mami Takemoto, Nozomi Hishikawa, Yasuyuki Ohta, Toru Yamashita, Kentaro Fujii, Tomotsugu Ichikawa, Isao Date, Koji Abe

    NEUROLOGY AND CLINICAL NEUROSCIENCE   6 ( 6 )   188 - 190   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The prompt and accurate diagnosis of orbital apex syndrome (OAS) is very important because of its fatality. Here we report an old man with aspergillotic OAS diagnosed after two biopsies by nasal endoscopy and craniotomy. Only craniotomy leads to the appropriate diagnosis, suggesting an immediate need of additional biopsy for the accurate diagnosis and saving the patient.

    DOI: 10.1111/ncn3.12226

    Web of Science

    researchmap

  • Hybrid Microscopic-Endoscopic Surgery for Craniopharyngioma in Neurosurgical Suite: Technical Notes. 国際誌

    Tomotsugu Ichikawa, Yoshihiro Otani, Joji Ishida, Kentaro Fujii, Kazuhiko Kurozumi, Shigeki Ono, Isao Date

    World neurosurgery   85   340 - 8   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: The best chance of curing craniopharyngioma is achieved by microsurgical total resection; however, its location adjacent to critical structures hinders complete resection without neurologic deterioration. Unrecognized residual tumor within microscopic blind spots might result in tumor recurrences. To improve outcomes, new techniques are necessary to visualize tissue within these blind spots. We examined the success of hybrid microscopic-endoscopic neurosurgery for craniopharyngioma in a neurosurgical suite. METHODS: Four children with craniopharyngiomas underwent microscopic resection. When the neurosurgeon was confident that most of the visible tumor was removed but was suspicious of residual tumor within the blind spot, he or she used an integrated endoscope-holder system to inspect and remove any residual tumor. Two ceiling monitors were mounted side by side in front of the surgeon to display both microscopic and endoscopic views and to view both monitors simultaneously. RESULTS: Surgery was performed in all patients via the frontobasal interhemispheric approach. Residual tumors were observed in the sella (2 patients), on the ventral surface of the chiasm and optic nerve (1 patient), and in the third ventricle (1 patient) and were resected to achieve total resection. Postoperatively, visual function was improved in 2 patients and none exhibited deterioration related to the surgery. CONCLUSIONS: Simultaneous microscopic and endoscopic observation with the use of dual monitors in a neurosurgical suite was ergonomically optimal for the surgeon to perform microsurgical procedures and to avoid traumatizing surrounding vessels or neural tissues. Hybrid microscopic-endoscopic neurosurgery may contribute to safe, less-invasive, and maximal resection to achieve better prognosis in children with craniopharyngioma.

    DOI: 10.1016/j.wneu.2015.08.058

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of extracellular matrix protein CCN1 as a prognostic factor for glioblastoma.

    Joji Ishida, Kazuhiko Kurozumi, Tomotsugu Ichikawa, Yoshihiro Otani, Manabu Onishi, Kentaro Fujii, Yosuke Shimazu, Tetsuo Oka, Toshihiko Shimizu, Isao Date

    Brain tumor pathology   32 ( 4 )   245 - 52   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recently, research efforts in identifying prognostic molecular biomarkers for malignant glioma have intensified. Cysteine-rich protein 61 (CCN1) is one of the CCN family of matricellular proteins that promotes cell growth and angiogenesis in cancers through its interaction with several integrins. In this study, we investigated the relationships among CCN1, O(6)-methylguanine-DNA methyltransferase expression, the tumor removal rate, and prognosis in 46 glioblastoma patients treated at the Okayama University Hospital. CCN1 expression was high in 31 (67 %) of these patients. The median progression-free survival (PFS) and overall survival (OS) times of patients with high CCN1 expression was significantly shorter than those of patients with low CCN1 expression (p < 0.005). In a multivariate Cox analysis, CCN1 proved to be an independent prognostic factor for patient survival [PFS, hazard ratio (HR) = 3.53 (1.55-8.01), p = 0.003 and OS, HR = 3.05 (1.35-6.87), p = 0.007]. Moreover, in the 31 patients who underwent gross total resection, the PFS and OS times of those with high CCN1 expression were significantly shorter than those with low CCN1 expression. It was concluded that CCN1 might emerge as a significant prognostic factor regarding the prognosis of glioblastoma patients.

    DOI: 10.1007/s10014-015-0227-3

    PubMed

    researchmap

  • Annexin A2 regulates angiogenesis and invasion phenotypes of malignant glioma.

    Manabu Onishi, Tomotsugu Ichikawa, Kazuhiko Kurozumi, Satoshi Inoue, Tomoko Maruo, Yoshihiro Otani, Kentaro Fujii, Joji Ishida, Yosuke Shimazu, Koichi Yoshida, Hiroyuki Michiue, E Antonio Chiocca, Isao Date

    Brain tumor pathology   32 ( 3 )   184 - 94   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have established a pair of animal models (J3T-1 and J3T-2) with different invasive and angiogenic phenotypes, and demonstrated that annexin A2 is expressed at higher levels in J3T-1 than J3T-2 cells. The function of annexin A2 in relation to angiogenesis and invasion was investigated using these models. Stable silencing or overexpression of annexin A2 in J3T-1 and J3T-2 cells (J3T-1shA and J3T-2A cells) was established and used. Thirty human glioblastoma samples were evaluated for expression of annexin A2, vascular endothelial growth factor (VEGF) and platelet-derived growth factor (PDGF). Immunohistochemical and quantitative reverse-transcription polymerase chain reaction analyses revealed higher expression of annexin A2, VEGF and PDGF in J3T-1 and J3T-2A cells. Cultured J3T-1 and J3T-2A cells exhibited higher adhesive ability to endothelial cells. Histopathological analysis of animal brain tumors revealed that J3T-1 and J3T-2A tumors displayed marked angiogenesis and invasion along the neovasculature, whereas J3T-2 and J3T-1shA tumors exhibited diffuse, infiltrative invasion without angiogenesis. Positive expression of annexin A2 was observed in tumor cells surrounding dilated vessels in 25/30 human glioblastoma specimens. Our results reveal that the phenotype of glioma invasion is closely related to angiogenesis. We identify annexin A2 as a factor regulating angiogenesis and invasion of malignant gliomas.

    DOI: 10.1007/s10014-015-0216-6

    PubMed

    researchmap

  • Integrin antagonist augments the therapeutic effect of adenovirus-mediated REIC/Dkk-3 gene therapy for malignant glioma. 国際誌

    Y Shimazu, K Kurozumi, T Ichikawa, K Fujii, M Onishi, J Ishida, T Oka, M Watanabe, Y Nasu, H Kumon, I Date

    Gene therapy   22 ( 2 )   146 - 54   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Reduced expression in immortalized cells/Dickkopf-3 (REIC/Dkk-3) was identified as a gene whose expression is reduced in many human cancers. REIC/Dkk-3 expression is also downregulated in malignant glioma and regulates cell growth through caspase-dependent apoptosis. cRGD (EMD121974), an antagonist of integrins, has demonstrated preclinical efficacy against malignant glioma. In this study, we investigated the antiglioma effect of combination therapy using an adenovirus vector carrying REIC/Dkk-3 (Ad-REIC) and cRGD. Quantitative real-time reverse-transcription PCR revealed the reduction of REIC/Dkk-3 mRNA levels in malignant glioma cell lines. The reduction of REIC/Dkk-3 protein expression in malignant glioma cell lines was also confirmed with western blot analysis. After treatment with Ad-REIC and cRGD, the proliferative rate of malignant glioma cells was significantly reduced in a time-dependent manner. In vivo, there was a statistically significant increase in the survival of mice treated with Ad-REIC and cRGD combination therapy compared with Ad-REIC monotherapy. We identified an apoptotic effect following monotherapy with Ad-REIC. Moreover, cRGD augmented the antiglioma efficacy of Ad-REIC. These results may lead to a promising new approach for the treatment of malignant glioma.

    DOI: 10.1038/gt.2014.100

    PubMed

    researchmap

  • Integrin inhibitor suppresses bevacizumab-induced glioma invasion. 国際誌

    Joji Ishida, Manabu Onishi, Kazuhiko Kurozumi, Tomotsugu Ichikawa, Kentaro Fujii, Yosuke Shimazu, Tetsuo Oka, Isao Date

    Translational oncology   7 ( 2 )   292 - 302   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Glioblastoma is known to secrete high levels of vascular endothelial growth factor (VEGF), and clinical studies with bevacizumab, a monoclonal antibody to VEGF, have demonstrated convincing therapeutic benefits in glioblastoma patients. However, its induction of invasive proliferation has also been reported. We examined the effects of treatment with cilengitide, an integrin inhibitor, on bevacizumab-induced invasive changes in glioma. U87ΔEGFR cells were stereotactically injected into the brain of nude mice or rats. Five days after tumor implantation, cilengitide and bevacizumab were administered intraperitoneally three times a week. At 18 days after tumor implantation, the brains were removed and observed histopathologically. Next, the bevacizumab and cilengitide combination group was compared to the bevacizumab monotherapy group using microarray analysis. Bevacizumab treatment led to increased cell invasion in spite of decreased angiogenesis. When the rats were treated with a combination of bevacizumab and cilengitide, the depth of tumor invasion was significantly less than with only bevacizumab. Pathway analysis demonstrated the inhibition of invasion-associated genes such as the integrin-mediated cell adhesion pathway in the combination group. This study showed that the combination of bevacizumab with cilengitide exerted its anti-invasive effect. The elucidation of this mechanism might contribute to the treatment of bevacizumab-refractory glioma.

    DOI: 10.1016/j.tranon.2014.02.016

    PubMed

    researchmap

  • Gene expression profiling of the anti-glioma effect of Cilengitide. 国際誌

    Manabu Onishi, Kazuhiko Kurozumi, Tomotsugu Ichikawa, Hiroyuki Michiue, Kentaro Fujii, Joji Ishida, Yosuke Shimazu, E Antonio Chiocca, Balveen Kaur, Isao Date

    SpringerPlus   2 ( 1 )   160 - 160   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cilengitide (EMD121974), an inhibitor of the adhesive function of integrins, demonstrated preclinical efficacy against malignant glioma. It is speculated that cilengitide can inhibit tumor growth, invasion, and angiogenesis. However, the effects of cilengitide on these processes have not been sufficiently examined. In this study, we investigated the anti-glioma effect of cilengitide using DNA microarray analysis. U87ΔEGFR cells (human malignant glioma cell line) were used for this experiment. The cells were harvested after 16 h of cilengitide treatment, and mRNA was extracted. Gene expression and pathway analyses were performed using a DNA microarray (CodeLink™Human Whole Genome Bioarray). The expression of 265 genes was changed with cilengitide treatment. The expression of 214 genes was up-regulated by more than 4-fold and the expression of 51 genes was down-regulated by more than 4-fold compared to the controls. In pathway analysis, "apoptotic cleavage of cellular proteins" and "TNF receptor signaling pathway" were over-represented. Apoptotic-associated genes such as caspase 8 were up-regulated. Gene expression profiling revealed more detailed mechanism of the anti-glioma effect of cilengitide. Genes associated with apoptosis were over-represented following cilengitide treatment.

    DOI: 10.1186/2193-1801-2-160

    PubMed

    researchmap

  • The integrin inhibitor cilengitide enhances the anti-glioma efficacy of vasculostatin-expressing oncolytic virus. 国際誌

    K Fujii, K Kurozumi, T Ichikawa, M Onishi, Y Shimazu, J Ishida, E A Chiocca, B Kaur, I Date

    Cancer gene therapy   20 ( 8 )   437 - 44   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Oncolytic viral (OV) therapy has been considered as a promising treatment modality for brain tumors. Vasculostatin, the fragment of brain-specific angiogenesis inhibitor-1, shows anti-angiogenic activity against malignant gliomas. Previously, a vasculostatin-expressing oncolytic herpes simplex virus-1, Rapid Antiangiogenesis Mediated By Oncolytic virus (RAMBO), was reported to have a potent antitumor effect. Here, we investigated the therapeutic efficacy of RAMBO and cilengitide, an integrin inhibitor, combination therapy for malignant glioma. In vitro, tube formation was significantly decreased in RAMBO and cilengitide combination treatment compared with RAMBO or cilengitide monotherapy. Moreover, combination treatment induced a synergistic suppressive effect on endothelial cell migration compared with the control virus. RAMBO, combined with cilengitide, induced synergistic cytotoxicity on glioma cells. In the caspase-8 and -9 assays, the relative absorption of U87ΔEGFR cell clusters treated with cilengitide and with RAMBO was significantly higher than that of those treated with control. In addition, the activity of caspase 3/7 was significantly increased with combination therapy. In vivo, there was a significant increase in the survival of mice treated with combination therapy compared with RAMBO or cilengitide monotherapy. These results indicate that cilengitide enhanced vasculostatin-expressing OV therapy for malignant glioma and provide a rationale for designing future clinical trials combining these two agents.

    DOI: 10.1038/cgt.2013.38

    PubMed

    researchmap

  • [III. Molecular targeting therapy for glioma-bevacizumab and cilengitide].

    Kazuhiko Kurozumi, Manabu Onishi, Tomotsugu Ichikawa, Kentaro Fujii, Jyouji Ishida, Yousuke Shimazu, Isao Date

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 6 )   718 - 22   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Bimodal anti-glioma mechanisms of cilengitide demonstrated by novel invasive glioma models. 国際誌

    Manabu Onishi, Tomotsugu Ichikawa, Kazuhiko Kurozumi, Kentaro Fujii, Koichi Yoshida, Satoshi Inoue, Hiroyuki Michiue, E Antonio Chiocca, Balveen Kaur, Isao Date

    Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   33 ( 2 )   162 - 74   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Integrins are expressed in tumor cells and tumor endothelial cells, and likely play important roles in glioma angiogenesis and invasion. We investigated the anti-glioma mechanisms of cilengitide (EMD121974), an αvβ3 integrin inhibitor, utilizing the novel invasive glioma models, J3T-1 and J3T-2. Immunohistochemical staining of cells in culture and brain tumors in rats revealed positive αvβ3 integrin expression in J3T-2 cells and tumor endothelial cells, but not in J3T-1 cells. Established J3T-1 and J3T-2 orthotopic gliomas in athymic rats were treated with cilengitide or solvent. J3T-1 gliomas showed perivascular tumor cluster formation and angiogenesis, while J3T-2 gliomas showed diffuse single-cell infiltration without obvious angiogenesis. Cilengitide treatment resulted in a significantly decreased diameter of the J3T-1 tumor vessel clusters and its core vessels when compared with controls, while an anti-invasive effect was shown in the J3T-2 glioma with a significant reduction of diffuse cell infiltration around the tumor center. The survival of cilengitide-treated mice harboring J3T-1 tumors was significantly longer than that of control animals (median survival: 57.5 days and 31.8 days, respectively, P < 0.005), while cilengitide had no effect on the survival of mice with J3T-2 tumors (median survival: 48.9 days and 48.5, P = 0.69). Our results indicate that cilengitide exerts a phenotypic anti-tumor effect by inhibiting angiogenesis and glioma cell invasion. These two mechanisms are clearly shown by the experimental treatment of two different animal invasive glioma models.

    DOI: 10.1111/j.1440-1789.2012.01344.x

    PubMed

    researchmap

  • Novel animal glioma models that separately exhibit two different invasive and angiogenic phenotypes of human glioblastomas. 国際誌

    Satoshi Inoue, Tomotsugu Ichikawa, Kazuhiko Kurozumi, Tomoko Maruo, Manabu Onishi, Koichi Yoshida, Kentaro Fujii, Hirokazu Kambara, E Antonio Chiocca, Isao Date

    World neurosurgery   78 ( 6 )   670 - 82   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Invasive behaviors of malignant gliomas are fundamental traits and major reasons for treatment failure. Delineation of invasive growth is important in establishing treatment for gliomas and experimental neuro-oncology could benefit from an invasive glioma model. In this study, we established two new cell line-based animal models of invasive glioma. METHODS: Two cell lines, J3T-1 and J3T-2, were derived from the same parental canine glioma cell line, J3T. These cells were inoculated to establish brain tumors in athymic mice and rats. Pathologic samples of these animal gliomas were examined to analyze invasive patterns in relation to angiogenesis, and were compared with human glioblastoma samples. The molecular profiles of these cell lines were also shown. RESULTS: Histologically, J3T-1 and J3T-2 tumors exhibited different invasive patterns. J3T-1 cells clustered around newly developed vessels at tumor borders, whereas J3T-2 cells showed diffuse single cell infiltration into surrounding healthy parenchyma. In human malignant glioma samples, both types of invasion were observed concomitantly. Molecular profiles of these cell lines were analyzed by immunocytochemistry and with quantitative reverse transcription polymerase chain reaction. Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinase-9, hypoxia-inducible factor-1, and platelet-derived growth factor were overexpressed in J3T-1 cells rather than in J3T-2 cells, whereas integrin αvβ3, matrix metalloproteinase-2, nestin, and secreted protein acidic and rich in cysteine were overexpressed in J3T-2 cells rather than in J3T-1 cells. CONCLUSIONS: These animal models histologically recapitulated two invasive and angiogenic phenotypes, namely angiogenesis-dependent and angiogenesis-independent invasion, also observed in human glioblastoma. These cell lines provided a reproducible in vitro and in vivo system to analyze the mechanisms of invasion and angiogenesis in glioma progression.

    DOI: 10.1016/j.wneu.2011.09.005

    PubMed

    researchmap

  • Cilengitide treatment for malignant glioma: current status and future direction.

    Kazuhiko Kurozumi, Tomotsugu Ichikawa, Manabu Onishi, Kentaro Fujii, Isao Date

    Neurologia medico-chirurgica   52 ( 8 )   539 - 47   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant glioma is the most common primary brain tumor and accounts for the majority of diagnoses. Treatment has involved a combination of surgery, radiation, and chemotherapy, yet these modalities rarely extend the life of the patient to more than one year from diagnosis. Integrins are expressed in tumor cells and tumor endothelial cells, and are important in angiogenesis and invasion in glioma. αvβ3 and αvβ5 integrins regulate cell adhesion, and inhibitors of these integrins suppress tumor growth in certain pre-clinical models. Several integrin-targeted drugs are in clinical trials as potential compounds for the treatment of cancer. Among them, cilengitide is a novel integrin antagonist for the treatment of glioblastoma. The multimodal anti-glioma effects are based on its cytotoxic, anti-angiogenic, anti-invasive, and synergetic effects. Preclinical studies showed a promising synergy between cilengitide and radiochemotherapy in order to normalize tumor vasculature and attenuate tumor invasion. Cilengitide is currently being assessed in phase III trials for patients with glioblastoma multiforme and in phase II trials for other types of cancers, demonstrating promising therapeutic outcomes to date. The results of these and other clinical studies are expected with great hope and interest. A more clear understanding of the benefits and pitfalls of each approach can then lead to the design of strategies to derive maximal benefit from these therapies.

    PubMed

    researchmap

  • Induction of angiogenic response by chemically stable prostacyclin analogs. 国際誌

    A Ohtsu, K Fujii, S Kurozumi

    Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids   33 ( 1 )   35 - 9   1988年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Angiogenic activities of several chemically stable prostacyclin analogs (isocarbacyclins and 7-fluoro prostacyclin) were evaluated by the chick embryo chorioallantoic membrane assay. These compounds showed potent angiogenic activity at very low concentration (0.1 micrograms/egg 1.0 micrograms/egg), whereas naturally occurring prostaglandins such as prostacyclin and PGE1 were almost ineffective up to 1 microgram/egg. Pretreatment of chorioallantoic membranes with dexamethasone or indomethacin inhibited the angiogenic response induced by these chemically stable prostacyclin analogs. These results indicate that these prostacyclin analogs induce the angiogenic response of chick chorioallantoic membranes via a mechanism involving activation of inflammatory cells, as well as through their direct angiogenic activity.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 【良性脳腫瘍】頭蓋内腫瘍塞栓術の役割と可能性

    杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 胡谷 侑貴, 佐藤 悠, 藤井 謙太郎, 伊達 勲

    脳神経外科ジャーナル   29 ( 8 )   543 - 552   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    脳腫瘍塞栓術は多くの場合開頭術前の補助療法であり安全性が重要である。当科での過去12年間169塞栓術で、恒久的合併症は1例(0.6%)であった。外頸動脈を主栄養血管とする髄外腫瘍(髄膜腫)の塞栓術は安全だが、血管芽腫などの髄内腫瘍では合併症の危険性は高くなる。合併症として、術後腫瘍内出血、塞栓物質の神経栄養血管への迷入による脳神経麻痺や視障害、および脳梗塞などがあるが、十分な血管機能解剖の知識と技術をもってすればその多くは回避できる。術前塞栓術の有用性は知られているが、摘出術への貢献を科学的に証明することは困難である。当科では一貫して開頭術者が術前塞栓を依頼しており、有効性の表れと感じている。(著者抄録)

    researchmap

  • 分化型膠芽腫細胞はCCN1の分泌を介して腫瘍微小環境を改変する

    畝田 篤仁, 黒住 和彦, 藤村 篤史, 藤井 謙太郎, 島津 洋介, 松本 悠司, 坪井 伸成, 牧野 圭悟, 神谷 厚範, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   37 ( Suppl. )   092 - 092   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 頭蓋内mesenchymal chondrosarcomaの1例

    牧野 圭悟, 畝田 篤仁, 黒住 和彦, 藤井 謙太郎, 島津 洋介, 松本 悠司, 坪井 伸成, 柳井 広之, 廣瀬 隆則, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   37 ( Suppl. )   139 - 139   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 脳腫瘍のPDD-これまでとこれから- 術中ナビゲーション手術における病変位置の特定不能例に対する5-アミノレブリン酸(5-ALA)の有用性

    黒住 和彦, 藤井 謙太郎, 亀田 雅博, 冨田 祐介, 島津 洋介, 伊達 勲

    日本レーザー医学会誌   40 ( Suppl. )   S68 - S68   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本レーザー医学会  

    researchmap

  • 蝶形骨縁および前頭蓋底髄膜腫の動脈解剖

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 木谷 尚哉, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 藤井 謙太郎, 黒住 和彦, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S239 - S239   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 多発性の大脳・脳幹病変を認め、診断及び治療に苦慮した抗MOG抗体関連症候群の1例

    松本 菜見子, 佐藤 恒太, 河原 由子, 武本 麻美, 菱川 望, 表 芳夫, 商 敬偉, 太田 康之, 山下 徹, 藤井 謙太郎, 黒住 和彦, 伊達 勲, 阿部 康二

    神経治療学   36 ( 6 )   S251 - S251   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経治療学会  

    researchmap

  • Annexin A2の発現変化により規定されるグリオーマ表現型シフトの分子機序解明

    松本 悠司, 市川 智継, 黒住 和彦, 大谷 理浩, 藤村 篤史, 藤井 謙太郎, 冨田 祐介, 服部 靖彦, 畝田 篤人, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   083 - 083   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • Matricellular protein CCN1による悪性神経膠腫進展の分子メカニズム

    畝田 篤仁, 黒住 和彦, 藤村 篤史, 藤井 謙太郎, 冨田 祐介, 服部 靖彦, 松本 悠司, 坪井 伸成, 神谷 厚範, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   083 - 083   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • Gliomaに対する第2世代REIC/Dkk-3遺伝子発現アデノウイルスとbevacizumabの併用効果

    服部 靖彦, 黒住 和彦, 畝田 篤仁, 松本 悠司, 坪井 伸成, 冨田 祐介, 藤井 謙太郎, 公文 裕巳, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   095 - 095   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • Vstat120を発現する腫瘍溶解ヘルペスウイルスはベバシズマブ誘発性グリオーマ浸潤を抑制する

    冨田 祐介, 黒住 和彦, 松本 悠司, 畝田 篤仁, 服部 靖彦, 清水 俊彦, 大谷 理浩, 藤井 謙太郎, Balveen Kaur, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   097 - 097   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 当院での膠芽腫長期生存症例の分子生物学的検討

    藤井 謙太郎, 黒住 一彦, 冨田 祐介, 服部 靖彦, 松本 悠司, 畝田 篤仁, 坪井 伸成, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   103 - 103   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 微小環境 神経膠腫(2) Bevacizumab治療におけるグリオーマ浸潤関連因子の検索

    黒住 和彦, 石田 穣治, 大谷 理浩, 清水 俊彦, 冨田 祐介, 松本 悠司, 畝田 篤仁, 服部 靖彦, 藤井 謙太郎, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   36 ( Suppl. )   071 - 071   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 小児脳腫瘍の手術:手術手技と合併症回避 小児脳腫瘍に対する鏡視下手術

    黒住 和彦, 亀田 雅博, 藤井 謙太郎, 冨田 祐介, 安原 隆雄, 伊達 勲

    小児の脳神経   44 ( 2 )   137 - 137   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経外科学会  

    researchmap

  • Midline gliomaの遺伝子変異と長期治療成績の検討

    服部 靖彦, 黒住 和彦, 藤井 謙太郎, 清水 俊彦, 冨田 祐介, 畝田 篤仁, 松本 悠司, 坪井 伸成, 柳井 広之, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   35 ( Suppl. )   134 - 134   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 腫瘍溶解ウイルスRAMBOはbevacizumab誘発性グリオーマ浸潤を抑制する

    冨田 祐介, 黒住 和彦, 松本 悠司, 服部 靖彦, 清水 俊彦, 大谷 理浩, 藤井 謙太郎, 市川 智継, Balveen Kaur, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   35 ( Suppl. )   138 - 138   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 悪性神経膠腫におけるYAP/TAZによるCCN1発現誘導の役割

    畝田 篤仁, 黒住 和彦, 藤村 篤史, 藤井 謙太郎, 清水 俊彦, 冨田 祐介, 服部 靖彦, 松本 悠司, 坪井 伸成, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   35 ( Suppl. )   140 - 140   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 診断に苦慮した抗MOG抗体陽性脳幹部腫瘤性病変の一例

    藤井 謙太郎, 黒住 和彦, 清水 俊彦, 松本 菜見子, 佐藤 恒太, 阿部 康二, 高橋 利幸, 金子 仁彦, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   35 ( Suppl. )   194 - 194   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

  • 結節性硬化症SEGAに対するmTOR阻害薬エベロリムスの使用経験

    市川 智継, 清水 俊彦, 黒住 和彦, 藤井 謙太郎, 伊達 勲

    小児の脳神経   43 ( 2 )   261 - 261   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経外科学会  

    researchmap

  • 小児midline gliomaに対する外科治療の役割と成績

    黒住 和彦, 亀田 雅博, 藤井 謙太郎, 清水 俊彦, 市川 智継, 伊達 勲

    小児の脳神経   43 ( 2 )   187 - 187   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経外科学会  

    researchmap

  • midline gliomaの長期治療成績の検討

    服部 靖彦, 黒住 和彦, 藤井 謙太郎, 大谷 理浩, 清水 俊彦, 冨田 祐介, 市川 智継, 柳井 広之, 伊達 勲

    Brain Tumor Pathology   34 ( Suppl. )   100 - 100   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 聴神経腫瘍における初回治療後の増大因子の検討

    牧野圭悟、大谷理浩、藤井謙太郎、石田穣治、畝田篤仁、坪井伸成、平野秀一郎、劒持直也、駿河和城、安原隆雄、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月29日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 大孔部減圧術を施行し、症状の改善が得られた脳幹部diffuse astrocytoma IDH-mutantの1例

    永瀬喬之、石田穣治、佐々田晋、佐々木達也、大谷理浩、藪野 諭、藤井謙太郎、畝田篤仁、安原隆雄、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 再発性・難治性primary central nervous system lymphomaに対するCAR-T療法

    水田 亮、藤井謙太郎、畝田篤仁、大谷理浩、石田穣治、藤井伸治、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 橋発生グリオーマに対する生検の意義について

    石田穣治、藤井謙太郎、大谷理浩、畝田篤仁、佐々木達也、永瀬喬之、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、劒持直也、駿河和城、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 当院での脳腫瘍におけるがんゲノム医療についての検討

    藤井謙太郎、島津洋介、石田穣治、大谷理浩、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、劒持直也、駿河和城、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 当院における高齢者悪性グリオーマ患者に対する集学的治療と予後の検討

    劒持直也、藤井謙太郎、駿河和城、平野秀一郎、牧野圭悟、坪井伸成、畝田篤仁、大谷理浩、石田穣治、島津洋介、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • サイバーナイフによる寡分割定位放射線治療を行なった再発高悪性度神経膠腫における予後因子の検討

    平野秀一郎、畝田篤仁、藤井謙太郎、石田穣治、大谷理浩、坪井伸成、牧野圭悟、駿河和城、劒持直也、津野和幸、島津洋介、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 膠芽腫に対する非VEGF経路を標的とした新規抗血管新生薬の開発

    坪井伸成、道上宏之、駿河和城、劒持直也、平野秀一郎、牧野圭悟、畝田篤仁、大谷理浩、石田穣治、藤井謙太郎、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 当科におけるLeksell定位脳生検術の有用性と課題

    皮居巧嗣、佐々木達也、岡崎洋介、細本 翔、石田穣治、藤井謙太郎、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 当院における毛様細胞性星細胞腫の治療検討

    駿河和城、大谷理浩、劒持直也、平野秀一郎、牧野圭悟、坪井伸成、畝田篤仁、石田穣治、藤井謙太郎、安原隆雄、古田知久、鷲尾佳奈、柳井広之、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 膠芽腫に対する非VEGF経路を標的とした新規抗血管新生療法の開発

    坪井伸成、道上宏之、駿河和城、劒持直也、平野秀一郎、牧野圭悟、畝田篤仁、大谷理浩、石田穣治、藤井謙太郎、伊達 勲

    第21回日本分子脳神経外科学会(Web開催)  2021年9月25日  京都府立医科大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月24日 - 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 自然消退によりgerminomaと鑑別困難であった松果体部悪性神経膠腫の1例

    石田穣治、藤井謙太郎、大谷理浩、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、劒持直也、駿河和城、伊達 勲

    第35回中国四国脳腫瘍研究会  2021年9月24日  鳥取大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 自然消退によりgerminomaと鑑別困難であった思春期松果体悪性神経膠腫の1例

    石田穣治、藤井謙太郎、大谷理浩、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、劒持直也、駿河和城、伊達 勲

    第26回日本脳腫瘍の外科学会(現地・Web併催)  2021年9月10日  国際医療福祉大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月9日 - 2021年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • びまん性内在性橋神経膠腫モデルに対するMRガイド下集束超音波を用いた薬剤送達強化ー低侵襲を目指した血液脳関門の克服ー

    石田穣治、藤井謙太郎、大谷理浩、畝田篤仁、ヒニネン クレーボ、ルツカ ジェームス、伊達 勲

    第49回日本小児神経外科学会(現地・Web開催)  2021年6月  福島県立医科大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月4日 - 2021年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島  

    researchmap

  • 分化型膠芽腫細胞はYAP/TAZ-TEAD-CCN1経路によってマクロファージ浸潤を促進し、間葉系微小環境を構築する(シンポジウム)

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、藤井謙太郎、石田穣治、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、神谷厚範、伊達 勲

    第39回日本脳腫瘍病理学会(Web開催)  2021年5月  宮崎大学医学部臨床神経科学講座 脳神経外科学分野

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月21日 - 2021年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:宮崎  

    researchmap

  • 診断に難渋したglioneuronal tumor with neuropil-like islandの1例

    坪井伸成、島津洋介、枝木久典、石田穣治、藤井謙太郎、黒住和彦、柳井広之、伊達 勲

    第39回日本脳腫瘍病理学会(Web開催)  2021年5月  宮崎大学医学部臨床神経科学講座 脳神経外科学分野

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月21日 - 2021年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島  

    researchmap

  • 80歳以上の超高齢者脊椎脊髄症例に対する手術をいかに安全に行うかー周術期管理センターの有用性ー(シンポジウム)

    安原隆雄、菱川朋人、藤井謙太郎、森松博史、伊達 勲

    第34回日本老年脳神経外科学会(Web開催)  2021年4月  秋田大学大学院医学系研究科 機能展開医学系 脳神経外科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • 当院におけるラトケ嚢胞手術症例についての検討

    石田穣治、島津洋介、藤井謙太郎、亀田雅博、黒住和彦、稲垣兼一、伊達 勲

    第31回(一社)日本間脳下垂体腫瘍学会(Web開催)  2021年2月  北里大学医学部 内分泌代謝内科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

    researchmap

  • 内視鏡下経蝶形骨洞手術における硬膜欠損部に対するDuraGenRを使用した鞍底閉鎖

    平野秀一郎、藤井謙太郎、胡谷侑貴、島津洋介、石田穣治、亀田雅博、伊達 勲

    第87回岡山内分泌同好会(現地・Web開催)  2021年2月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 膠芽腫におけるannexin A2-STAT3-oncostatin M receptor axisを介した表現型シフト

    平野秀一郎、松本悠司、市川智継、黒住和彦、大谷理浩、藤村篤史、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、伊達 勲

    第38回日本脳腫瘍学会学術集会(現地・Web開催)  2020年11月  広島大学病院 がん化学療法科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日 - 2020年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 腫瘍微小環境における多細胞間のパラクライン相互作用を介した分化型膠芽腫細胞の役割

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、藤井謙太郎、石田穣治、島津洋介、大谷理浩、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、神谷厚範、伊達 勲

    第38回日本脳腫瘍学会学術集会(現地・Web開催)  2020年11月  広島大学病院 がん化学療法科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日 - 2020年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Karnofsky Performance Statusの低い初発悪性神経膠腫に対するbevacizumabの使用経験

    坪井伸成、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、畝田篤仁、牧野圭悟、平野秀一郎、伊達 勲

    第38回日本脳腫瘍学会学術集会(現地・Web開催)  2020年11月  広島大学病院 がん化学療法科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日 - 2020年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 脳腫瘍溶解ヘルペスウイルスの併用によるベバシズマブ誘発性グリオーマ浸潤の抑制

    牧野圭悟、冨田祐介、黒住和彦、藤井謙太郎、平野秀一郎、坪井伸成、畝田篤仁、島津洋介、伊達 勲

    第38回日本脳腫瘍学会学術集会(現地・Web開催)  2020年11月  広島大学病院 がん化学療法科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日 - 2020年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 当院における中枢神経系原発悪性リンパ腫に対する多剤併用療法による治療成績

    藤井謙太郎、黒住和彦、島津洋介、石田穣治、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、市川智継、藤井伸治、近藤英生、正木康史、錦織桃子、池田宇次、伊達 勲

    第38回日本脳腫瘍学会学術集会(現地・Web開催)  2020年11月  広島大学病院 がん化学療法科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日 - 2020年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 小児脳室内・脳室近傍腫瘍による閉塞性水頭症に対する第3脳室底開窓術の長期成績─成人症例との比較から─(シンポジウム)

    亀田雅博、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、石田穣治、安原隆雄、市川智継、小野成紀、伊達 勲

    第27回一般社団法人日本神経内視鏡学会(現地・Web併催)  2020年11月  和歌山県立医科大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月5日 - 2020年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:和歌山  

    researchmap

  • 当院でがん遺伝子パネル検査を実施した悪性神経膠腫患者の検討

    島津洋介、黒住和彦、藤井謙太郎、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、遠西大輔、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 蝶形骨縁および嗅窩部髄膜腫の動脈解剖

    平松匡文、杉生憲志、菱川朋人、春間 純、高橋 悠、村井 智、西 和彦、山岡陽子、島津洋介、藤井謙太郎、亀田雅博、黒住和彦、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 中枢神経系原発性悪性リンパ腫に対する、メソトレキセートを中心とした多剤併用療法

    藤井謙太郎、黒住和彦、島津洋介、市川智継、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 80歳以上の超高齢者脊椎脊髄症例に対する手術─周術期の問題点と周術期管理センターの有用性─

    安原隆雄、馬越通有、菱川朋人、亀田雅博、藤井謙太郎、平松匡文、島津洋介、佐々木達也、春間 純、森松博史、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 当院での高齢者悪性グリオーマ患者における集学的治療の検討

    劒持直也、藤井謙太郎、島津洋介、黒住和彦、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 診断が困難であったglioneuronal tumorの1例

    枝木久典、島津洋介、藤井謙太郎、黒住和彦、柳井広之、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 膠芽腫におけるannexin A2-STAT3-oncostatin M receptor axisを介した表現型シフト

    平野秀一郎、松本悠司、市川智継、黒住和彦、大谷理浩、藤村篤史、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Karnofsky Performance Statusの低い初発悪性神経膠腫に対するbevacizumabの有用性

    坪井伸成、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、畝田篤仁、牧野圭悟、平野秀一郎、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 脳腫瘍溶解ヘルペスウイスルの併用はCCN1とAKT経路を阻害することによりベバシズマブ誘発性のグリオーマ浸潤を抑制する

    牧野圭悟、冨田祐介、黒住和彦、藤井謙太郎、平野秀一郎、坪井伸成、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、清水俊彦、大谷理浩、島津洋介、市川智継、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 分化型膠芽腫細胞による多細胞間のパラクライン相互作用を介した腫瘍微小環境の改変機構

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、神谷厚範、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第79回学術総会(現地・Web併催)  2020年10月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 妊娠中に視交叉海綿状血管奇形から出血をきたした1例

    外間まどか、冨田祐介、藤井謙太郎、黒住和彦、井本良二、伊達 勲

    第33回中国四国脳腫瘍研究会  2019年9月  岡山大学大学院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 85歳の高齢者に対して覚醒下開頭腫瘍摘出術を行った左前頭葉悪性グリオーマの1例

    兼田圭介、藤井謙太郎、黒住和彦、平野秀一郎、冨田祐介、伊達 勲

    第33回中国四国脳腫瘍研究会  2019年9月  岡山大学大学院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Gliomaに対する第2世代REIC/Dkk-3遺伝子発現アデノウイルスとbevacizumabの併用効果

    服部靖彦、黒住和彦、藤井謙太郎、冨田祐介、畝田篤仁、松本悠司、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、公文裕巳、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • YAZ-TAZによるmatricellular protein CCN1を介した悪性神経膠腫進展の分子メカニズム

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、兼田圭介、牧野圭悟、坪井伸成、松本悠司、服部靖彦、冨田祐介、藤井謙太郎、神谷厚範、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Bevacizumabと脳腫瘍陽会ヘルペスウイルスの併用はCCN1とAKT経路を阻害することによりbevacizumab誘発性のグリオーマ浸潤を抑制する

    兼田圭介、冨田祐介、黒住和彦、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、清水俊彦、大谷理浩、藤井謙太郎、市川智継、Balveen Kaur、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Diffuse midline gliomaの遺伝子変異と長期治療成績の検討

    坪井伸成、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、松本悠司、兼田圭介、牧野圭悟、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 新生仔マウス脳Olig2発現前駆細胞をターゲットにしたびまん性正中グリオーマモデルの検討

    島津洋介、藤井謙太郎、黒住和彦、伊達 勲、Danie Brat、Oren Becher

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 悪性グリオーマを対象としたAd-SGE-REICによる第I/IIa相試験(シンポジウム)

    藤井謙太郎、黒住和彦、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、畝田篤仁、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、公文裕巳、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 遺伝子解析による治療ターゲットの検出─NTRK1 融合遺伝子を有する高悪性度glioneuronal tumor─

    黒住和彦、中野嘉子、鷲尾佳奈、嶋田 明、吉田朗彦、河野隆志、藤井謙太郎、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、松本悠司、坪井伸成、市村幸一、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • グリオーマにおけるannexin A2-STAT3-oncostatin M receptorを介したmesenchymal transition

    松本悠司、市川智継、黒住和彦、大谷理浩、藤村篤史、藤井謙太郎、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、伊達 勲

    第20回日本分子脳神経外科学会  2019年8月  東京大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月9日 - 2019年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Vasculostatin-armed oncolytic herpes virus decreased bevacizumab-induced glioma invasion by regulating CCN1 and AKT signaling pathway

    Tomita Y, Kurozumi K, Fujii K, Ichikawa T, Matsumoto Y, Uneda A, Hattori Y, Shimizu T, Otani Y, Balveen K, Date I

    第25回日本遺伝子細胞治療学会学術集会  2019年7月  東京大学医科学研究所 先端医療研究センター 先端がん治療分野

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月21日 - 2019年7月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 大学病院脳神経外科と地域医療の連携

    安原隆雄、菱川朋人、亀田雅博、黒住和彦、藤井謙太郎、平松匡文、佐々木達也、杉生憲志、伊達 勲

    第22回日本臨床脳神経外科学会  2019年7月  岡山旭東病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月20日 - 2019年7月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 当院における脳腫瘍治療について─他科との協力による集学的治療─

    藤井謙太郎、黒住和彦、冨田陽介、鷲尾佳奈、嶋田 明、柳井広之、小西隆之、伊達 勲

    第22回日本臨床脳神経外科学会  2019年7月  岡山旭東病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月20日 - 2019年7月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • トルコ鞍部・近傍病変に対する磁場式ナビゲーション併用高解像度鏡視下手術

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、冨田祐介、安原隆雄、伊達 勲

    第31回日本頭蓋底外科学会  2019年7月  神戸大学大学院医学研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月11日 - 2019年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 頭蓋頚椎移行部腫瘍に対する治療戦略─5年間の自験例を振り返って─

    安原隆雄、菱川朋人、黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、平松匡文、佐々木達也、伊達 勲

    第31回日本頭蓋底外科学会  2019年7月  神戸大学大学院医学研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月11日 - 2019年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 小児脳腫瘍に対する鏡視下手術(シンポジウム)

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、冨田祐介、安原隆雄、伊達 勲

    第47回日本小児神経外科学会  2019年6月  新潟大学脳研究所 脳神経外科学分野

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月14日 - 2019年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • Annexin A2の発現変化により規定されるグリオーマ表現型シフトの分子機序解明

    松本悠司、市川智継、黒住和彦、大谷理浩、藤村篤史、藤井謙太郎、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍病理学会  2019年5月  藤田医科大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月31日 - 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Glioma二対する第2世代REIC/Dkk-3遺伝子発現アデノウイルスとbevacizumabの併用効果

    服部靖彦、黒住和彦、畝田篤仁、松本悠司、坪井伸成、冨田祐介、藤井謙太郎、公文裕巳、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍病理学会  2019年5月  藤田医科大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月31日 - 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Vstat120を発現する腫瘍溶解ヘルペスウイルスはベバシズマブ誘発性グリオーマ浸潤を抑制する

    冨田祐介、黒住和彦、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、清水俊彦、大谷理浩、藤井謙太郎、Kaur Balveen、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍病理学会  2019年5月  藤田医科大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月31日 - 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 当院での膠芽腫長期生存症例の分子生物学的検討

    藤井謙太郎、黒住和彦、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、畝田篤仁、坪井伸成、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍病理学会  2019年5月  藤田医科大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月31日 - 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Bevacizumab治療におけるグリオーマ浸潤関連因子の検索(シンポジウム)

    黒住和彦、石田穣治、大谷理浩、清水俊彦、冨田祐介、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、藤井謙太郎、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍病理学会  2019年5月  藤田医科大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月31日 - 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Matricellular protein CCN1による悪性神経膠腫進展のメカニズム

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、藤井謙太郎、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、坪井伸成、神谷厚範、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍病理学会  2019年5月  藤田医科大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月31日 - 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Transsphenoidal surgery by using Full HD 4K or 8K endoscope on pediatric and adult neurosurgery

    Kurozumi K, Kameda M, Fujii K, Tomita Y, Date I

    3rd Congress of Asian Australasian Society for Pediatric Neurosurgery: AASPN 2019  2019年5月  Asian Australasian Society for Pediatric Neurosurgery

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月10日 - 2019年5月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Incheon  

    researchmap

  • Full HD/4K/8Kシステムを用いた高解像度鏡視下手術(シンポジウム)

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、冨田祐介、安原隆雄、伊達 勲

    第28回脳神経外科手術と機器学会  2019年4月  岡山大学大学院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月12日 - 2019年4月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Novo TTF-A100(オプチューン)による膠芽腫治療時におけるウィッグ作成の試み

    藤井謙太郎、黒住和彦、安原隆雄、冨田祐介、伊達 勲、山岡純三

    第12回日本整容脳神経外科学会  2019年4月  岡山大学大学院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月12日 - 2019年4月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 内視鏡下経蝶形骨洞腫瘍摘出術中に広範な脳虚血をきたしたもやもや病に合併した下垂体腺腫の1例

    藤井謙太郎、黒住和彦、菱川朋人、伊達 勲

    第87回(一社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会  2019年4月  徳島大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月6日 - 2019年4月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 高齢者悪性グリオーマにおける集学的治療の検討

    藤井謙太郎、黒住和彦、冨田祐介、服部靖彦、伊達 勲

    第32回日本老年脳神経外科学会  2019年3月  久留米大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米  

    researchmap

  • トルコ鞍部・近傍病変における高解像度鏡視下手術

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、冨田祐介、安原隆雄、伊達 勲

    第29回日本間脳下垂体腫瘍学会  2019年2月  大阪大学大学院医学系研究科 脳神経機能再生学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月22日 - 2019年2月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 下垂体部腫瘍に対する、経鼻中隔法での最近の試み

    藤井謙太郎、牧原靖一郎、石田穣治、大谷理浩、畝田篤仁、伊達 勲

    第28回一般社団法人日本神経内視鏡学会(現地・Web併催)  2011年11月19日  日本赤十字社愛知医療センター 名古屋第二病院 腫瘍脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月18日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • ラトケ嚢胞手術に対する合併症、再発を減少させるための課題─自験例からの考察─

    石田穣治、藤井謙太郎、島津洋介、大谷理浩、畝田篤仁、劒持直也、伊達 勲

    第28回一般社団法人日本神経内視鏡学会(現地・Web併催)  2011年11月19日  日本赤十字社愛知医療センター 名古屋第二病院 腫瘍脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月18日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 当院でのNovo TTF-100A(オプチューン)治療における整容面に配慮し多職種間の連携

    島津洋介、藤井謙太郎、黒住和彦、安原隆雄、竹内加恵、小銭知代、山岡純三、伊達 勲

    第29回脳神経外科手術と機器学会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜(Web併催)  

    researchmap

  • フルHD・4K・8Kシステムによる内視鏡下経鼻的経蝶形骨洞手術(シンポジウム)

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、島津洋介、坪井伸成、安原隆雄、伊達 勲

    第29回脳神経外科手術と機器学会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜(Web併催)  

    researchmap

  • 血管芽腫と膠芽腫の術前鑑別診断に迷った小脳半球原発脳腫瘍の2例

    藤井謙太郎、島津洋介、黒住和彦、畝田篤仁、坪井伸成、牧野圭悟、平野秀一郎、伊達 勲

    第34回中国四国脳腫瘍研究会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知  

    researchmap

  • 小児後頭蓋窩腫瘍における水頭症管理

    亀田雅博、藤井謙太郎、島津洋介、嶋田 明、鷲尾佳奈、黒住和彦、伊達 勲

    第25回日本脳腫瘍の外科学会(Web併催)  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 分化型膠芽腫細胞はCCN1の分泌を介して腫瘍微小環境を改変する

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、藤井謙太郎、島津洋介、松本悠司、坪井伸成、牧野圭悟、神谷厚範、伊達 勲

    第38回日本脳腫瘍病理学会学術集会(Web開催)  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 80歳以上の高齢者脊椎症例に対する手術─周術期の問題点と周術期管理センターの有用性─(シンポジウム)

    安原隆雄、馬越通有、菱川朋人、黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、平松匡文、島津洋介、佐々木達也、春間 純、伊達 勲

    第33回日本老年脳神経外科学会  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:倉敷(誌上開催)  

    researchmap

  • 経鼻的経蝶形骨洞手術におけるフルHDと4K/8K内視鏡との比較

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、坪井伸成、安原隆雄、伊達 勲

    第30回日本間脳下垂体腫瘍学会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 当院で経験したラトケ嚢胞の手術症例についての検討

    島津洋介、黒住和彦、藤井謙太郎、亀田雅博、伊達 勲

    第86回岡山内分泌同好会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 頭蓋頚椎移行部腫瘍の画像診断と治療

    安原隆雄、菱川朋人、黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、平松匡文、佐々木達也、伊達 勲

    第43回日本脳神経CI学会総会  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 妊娠中に出血し画像上鑑別を要した視交叉海綿状血管奇形の1例

    外間まどか、冨田祐介、藤井謙太郎、井本良二、島津洋介、黒住和彦、伊達 勲

    第43回日本脳神経CI学会総会  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • トルコ鞍部・近傍病変に対する磁場式ナビゲーション併用高解像度鏡視下手術

    島津洋介、黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、安原隆雄、伊達 勲

    第43回日本脳神経CI学会総会  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 開頭眼窩内生検が診断に有用であったアスペルギルス感染による眼窩先端症候群の1例

    松本菜見子、田所 功、太田康之、武本麻美、菱川 望、山下 徹、藤井謙太郎、伊達 勲、阿部康二

    第43回日本脳神経CI学会総会  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 悪性神経膠腫に対するAd-SGE-REIC遺伝子治療(シンポジウム)

    黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、松本悠司、畝田篤仁、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、公文裕巳、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • 当院での高解像度3D外視鏡を用いた脳腫瘍手術の経験

    藤井謙太郎、黒住和彦、島津洋介、冨田祐介、亀田雅博、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • 脳腫瘍溶解ヘルペスウイルスの併用はベバシズマブ誘発性のグリオーマ浸潤を抑制する

    牧野圭悟、冨田祐介、黒住和彦、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、清水俊彦、大谷理浩、藤井謙太郎、市川智継、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • 85歳の高齢者に対し覚醒下開頭腫瘍摘出術を行った左前頭葉悪性神経膠腫の1例

    兼田圭介、藤井謙太郎、黒住和彦、平野秀一郎、冨田祐介、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • YAP/TAZによるmatricellular protein CCN1を介した悪性神経膠腫進展のメカニズム

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、兼田圭介、牧野圭悟、坪井伸成、松本悠司、服部靖彦、冨田祐介、島津洋介、藤井謙太郎、神谷厚範、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • Annexin A2-STAT3-oncostatin M receptorが規定するグリオーマ表現型シフト

    松本悠司、市川智継、黒住和彦、大谷理浩、藤村篤史、藤井謙太郎、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、兼田圭介、牧野圭悟、伊達 勲

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • マウス脳Olig2発現前駆細胞をターゲットにしたびまん性正中グリオーマモデルの検討(基調講演) 招待

    島津洋介、藤井謙太郎、黒住和彦、伊達 勲、Daniel Brat 、Oren Becher

    第37回日本脳腫瘍学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:七尾  

    researchmap

  • 経蝶形骨洞下垂体腫瘍手術における硬膜欠損部に対しDuraGenを使用した3例の検討(シンポジウム)

    胡谷侑貴、黒住和彦、藤井謙太郎、冨田祐介、島津洋介、亀田雅博、伊達 勲

    第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • The current status of Ad-SGE-REIC gene therapy for malignant glioma

    Kurozumi K, Fujii K, Oka T, Hattori Y, Tomita Y, Uneda A, Matsumoto Y, Tsuboi N, Kaneda K, Makino K, Kumon H, Date I

    24th Annual Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:Phenix  

    researchmap

  • 当院で経験したラトケ嚢胞の手術症例についての検討

    島津洋介、黒住和彦、藤井謙太郎、冨田祐介、亀田雅博、伊達 勲

    第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 高解像度3D外視鏡を用いた当院での手術経験

    藤井謙太郎、黒住和彦、島津洋介、冨田祐介、亀田雅博、菱川朋人、安原隆雄、佐々木達也、伊達 勲

    第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 手術介入を行った小児くも膜のう胞の症例検討(シンポジウム)

    亀田雅博、黒住和彦、藤井謙太郎、村井 智、坪井伸成、胡谷侑貴、伊達 勲

    第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 鏡視下経蝶形骨洞手術における出血・虚血性合併症例の検討(シンポジウム)

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、冨田祐介、安原隆雄、伊達 勲

    第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 脳腫瘍溶解ヘルペスウイルスの併用はCCN1とAKT経路を阻害することによりベバシズマブ誘発性グリオーマ浸潤を抑制する

    牧野圭悟、冨田祐介、黒住和彦、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、清水俊彦、大谷理浩、藤井謙太郎、市川智継、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 第2世代REIC/Dkk-3遺伝子発現アデノウイルスとbevacizumabによるanti-glioma therapy

    服部靖彦、黒住和彦、藤井謙太郎、冨田祐介、畝田篤仁、松本悠司、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、公文裕巳、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 新生仔マウス脳Olig2発現前駆細胞をターゲットにしたびまん性正中グリオーマモデルの検討

    島津洋介、藤井謙太郎、黒住和彦、伊達 勲、Daniel Brat、Oren Becher

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 当院での高解像度3D外視鏡システムによるheads up surgeryの経験

    藤井謙太郎、黒住和彦、冨田祐介、亀田雅博、菱川朋人、安原隆雄、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 再発悪性神経膠腫患者を対象としたAd-SGE-REICによる臨床第I/II a相試験

    黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、畝田篤仁、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、公文裕巳、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • YAP/TAZによるmatricellular protein CCN1を介した悪性神経膠腫進展の分子メカニズム

    畝田篤仁、黒住和彦、藤村篤史、兼田圭介、牧野圭悟、坪井伸成、松本悠司、服部靖彦、冨田祐介、島津洋介、藤井謙太郎、神谷厚範、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • グリオーマにおけるannexin A2を介したphenotypic shiftの機序解明

    松本悠司、市川智継、黒住和彦、大谷理浩、藤村篤史、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、坪井伸成、兼田圭介、牧野圭悟、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 当院での膠芽腫長期生存例の分子生物学的検討

    平野秀一郎、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、服部靖彦、松本悠司、畝田篤仁、坪井伸成、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 高度の浮腫を伴った頭蓋頚椎移行部血管芽腫に対して摘出術を施行した2症例の手術の工夫と術後経過についての検討

    菅原千明、安原隆雄、佐々木達也、平松匡文、藤井謙太郎、亀田雅博、菱川朋人、黒住和彦、杉生憲志、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • A phenotypic transition of glioma cells via the ANXA2-STAT3-OSMR axis

    Matsumoto Y, Ichikawa T, Kurozumi K, Otani Y, Fujimura A, Fujii K, Shimazu Y, Tomita Y, Hattori Y, Uneda A, Tsuboi N, Kaneda K, Makino K, Date I

    2019 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting: CNS2019  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • δ-cateninはbevacizumabによるグリオーマ浸潤の調節に関わる

    兼田圭介、清水俊彦、石田穣治、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、大谷理浩、冨田祐介、服部靖彦、畝田篤仁、松本悠司、坪井伸成、牧野圭悟、市川智継、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第78回学術総会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 膠芽腫に対するNovo TTF-A100(オプチューン)治療におけるウィッグ作製の試み

    黒住和彦、藤井謙太郎、安原隆雄、冨田祐介、山岡純三、伊達 勲

    第24回日本脳腫瘍の外科学会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 術中ナビゲーション手術における病変位置の特定不能例に対する5-アミノレブリン酸(5-ALA)の有用性(シンポジウム)

    黒住和彦、藤井謙太郎、亀田雅博、冨田祐介、島津洋介、伊達 勲

    PhotoDynamic Medicine 2019:2019年日本光線力学学会・日本脳神経外科光線力学学会合同学術講演会(第29回日本光線力学学会学術講演会・第15回日本脳神経外科光線力学学会)  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 中枢神経系histiocytic tumorに対する手術介入のタイミングの重要性

    亀田雅博、黒住和彦、藤井謙太郎、島津洋介、冨田祐介、嶋田 明、鷲尾佳奈、伊達 勲

    第24回日本脳腫瘍の外科学会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Full HD/4K/8K内視鏡による経蝶形骨洞手術(シンポジウム)

    黒住和彦、亀田雅博、藤井謙太郎、冨田祐介、安原隆雄、伊達 勲

    第24回日本脳腫瘍の外科学会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:浜松  

    researchmap

  • 妊娠中に視交叉海綿状血管奇形から出血をきたした1例

    外間まどか、冨田祐介、藤井謙太郎、黒住和彦、井本良二、伊達 勲

    第33回中国四国脳腫瘍研究会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 85歳の高齢者に対して覚醒下開頭腫瘍摘出術を行った左前頭葉悪性グリオーマの1例

    兼田圭介、藤井謙太郎、黒住和彦、平野秀一郎、冨田祐介、伊達 勲

    第33回中国四国脳腫瘍研究会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Bevacizumab治療におけるグリオーマ浸潤関連因子の検索(シンポジウム)

    黒住和彦、石田穣治、大谷理浩、清水俊彦、冨田祐介、松本悠司、畝田篤仁、服部靖彦、藤井謙太郎、伊達 勲

    第11回日本CCNファミリー研究会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 第87回優秀論文賞

    2019年12月   一般社団法人 日本脳神経外科学会 中国四国支部学術集会   内視鏡下経蝶形骨洞腫瘍摘出術中に広範な脳虚血をきたしたもやもや病に合併した下垂体腺腫の1例

    藤井謙太郎, 黒住和彦, 菱川朋人, 伊達 勲

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • グリオーマにおける免疫微小環境関連germlineバリアントの解析

    研究課題/領域番号:21K09100  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    杉生 憲志, 黒住 和彦, 畝田 篤仁, 藤井 謙太郎, 石田 穣治, 大谷 理浩

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 腫瘍幹細胞と分化型腫瘍細胞を同時標的とした膠芽腫治療戦略の開発

    研究課題/領域番号:21K16632  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    藤井 謙太郎

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 浸潤性脳腫瘍に対する分子標的薬と遺伝子治療との併用療法とその腫瘍微小環境の解明

    研究課題/領域番号:20K09325  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    黒住 和彦, 藤井 謙太郎, 安原 隆雄, 島津 洋介

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • 高齢者初発膠芽腫に対するテモゾロミド併用寡分割放射線治療の最適化に関する研究

    研究課題/領域番号:20ck0106619h0001  2020年04月 - 2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  ゲノム・データ基盤プロジェクト 革新的がん医療実用化研究事業 

    藤井謙太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    71歳以上の高齢者初発膠芽腫に対するテモゾロミド併用40 Gy/15分割放射線治療に対するテモゾロミド併用25 Gy/5分割放射線治療の非劣性をランダム化比較第III相試験JCOG1910で検証し、より高齢者に適した標準治療を確立する。プロトコールを令和2年5月までにJCOGプロトコール審査委員会での承認を得る。臨床研究法に基づき、国立がん研究センター中央病院認定臨床研究審査委員会(CRB)で承認後に、全参加施設の管理者の研究実施許可が得られた後、速やかにjRCTへの試験登録を行う。令和2年8月より患者登録を開始する。JCOGデータセンターによる年2回の中央モニタリングが行い、登録ペース、適格性の検討、プロトコール逸脱、重篤な有害事象等を検討する。

    researchmap

  • 遺伝子治療製品「Ad-SGE-REIC」の再発悪性神経膠腫対象第I/IIa相試験

    研究課題/領域番号:20lm0203095h0002  2019年04月 - 2021年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  橋渡し研究戦略的推進プログラムシーズC 

    伊達 勲, 黒住和彦, 藤井謙太郎, 石田穣治, 大谷理浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:22094000円

    Reduced Expression in Immortalized Cells/Dickkopf-3(REIC/Dkk-3)は岡山大学で発見され,様々ながんで発現が低下している“がん抑制遺伝子”であり,前立腺がん,悪性胸膜中皮腫においてERストレスを介してアポトーシスを誘導すると報告されている.また,前立腺がんにおいてはREIC/Dkk-3による免疫反応を介した抗腫瘍効果の報告もある.悪性神経膠腫細胞に関しては,REIC/Dkk-3がWnt/Dkk-3シグナル伝達経路を阻害し,caspaseを活性化することで細胞増殖を抑制することが報告されている.本研究開発の課題は,“再発悪性神経膠腫を対象とした遺伝子治療製品「Ad-SGE-REIC」の第I/IIa相試験”であり,令和2年度の目標は,症例登録を終了し,すべての症例の評価を終えることとする.

    researchmap

  • マウス脳腫瘍モデルのin vivo 環境での継代による、腫瘍溶解性ウイルスの開発

    研究課題/領域番号:18K16560  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    藤井 謙太郎

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    まずマウス脳腫瘍モデルの作成を試みた。いくつかの細胞株を候補に挙がったが、文献や当科の研究にて安定した結果がみられている細胞株である、U87d-EGFRグリオーマ細胞株と、GL261グリオーマ細胞株を用いることにした。ヌードマウス(Balbc nu/nu)にU87d-EGFRグリオーマ細胞株を、野生型マウス(C57BL6)にGL261グリオーマ細胞株を移植し、マウス脳腫瘍モデルを作成することとした。マウス脳腫瘍モデルの作成は、他の実験でも重要であり必要不可欠な実験手技であるが、開始してすぐには安定したモデルを作成することは難しかった。当初用いていた細胞株の増殖能がin vitroで弱かったことや、手技も不安定であったためと考えられた。現在用いている細胞のin vitroでの増殖能は問題なく、また細胞株の移植の手技も確立し、マウス脳腫瘍モデルが安定して作成できるようになった。脳腫瘍モデルに投与するウイルスは、単純ヘルペスウイルスを遺伝子操作して作成した腫瘍溶解性ウイルスである。当科が所有するいくつかの腫瘍溶解性ウイルスの候補の中から、in vitro実験にて比較的安定した結果が得られていたものを選択した。できるだけ同じロットで実験をすすめていけるように、これをVero細胞に感染させて増殖させ、その後精製してストックを作成した。この腫瘍溶解性ウイルスを、マウス脳腫瘍モデルの腫瘍組織に注入し、腫瘍内での増殖を図った。これは増殖したウイルスを腫瘍組織から抽出し、それを新しく作成したマウス脳腫瘍モデルに投与することによって継代することを目的としている。腫瘍へのウイルスの投与を繰り返し行い、継代に適した力価を現在検討している。

    researchmap

  • 中枢神経系疾患における神経新生とうつ症状:細胞移植、電気刺激、リハビリによる治療

    研究課題/領域番号:17H04303  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    伊達 勲, 黒住 和彦, 道上 宏之, 藤井 謙太郎, 安原 隆雄, 亀田 雅博, 菱川 朋人, 田尻 直輝, 市川 智継

      詳細を見る

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    平成30年度も順調に研究が進んだと言える。特筆すべきは、カプセル化細胞移植による、うつ病モデルラットに対する治療効果を示すことができたことである。(Kin K, et al. Mol Pshychiatry 2018) カプセル化骨髄幹細胞移植により、うつ病モデルラット脳内の神経新生が増幅され、うつ病様行動も改善を示した。そのメカニズムの一つとして、カプセル化細胞移植によって、脳内の神経栄養因子や成長因子濃度が上昇し、シグナルが活性化されたことも明らかにすることができた。また、リチウムとセロトニン再取り込み阻害剤の併用療法による治療効果メカニズムについても検討を進めた。(投稿中)パーキンソン病モデルラットに対する電気刺激研究においても、脊髄硬膜外刺激、迷走神経刺激両社によって明らかな治療効果が行動学的、組織学的に示されており、現在論文執筆中であり、次年度には掲載が見込まれる。特に、小型・持続電気刺激が可能であり、刺激調整も可能な電気刺激システムを用いており、極めて臨床での電気刺激に近似した実験系を確立したことは意義深い。一方で、脳梗塞モデルラットにおけるうつ様行動の解析は、厳しい状況にあると言える。うつ病モデルとして用いているWistar Kyoto ratは虚血耐性があり、均一な脳梗塞を作製することが難しく、そのために、うつ病様行動にも相当なばらつきが出てしまうことが明確になった。Wistar Kyoto ratにおける両側頚動脈閉塞による低灌流モデルでは明確なうつ様行動に与える影響が得られなかった。現在、Wistar ratを用いた脳梗塞モデルを用いて、うつ病様行動の解析を現在行っており、神経新生との関与を検討している。

    researchmap

  • 悪性脳腫瘍に対する分子標的薬と遺伝子治療併用の新展開

    研究課題/領域番号:17K10865  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    黒住 和彦, 市川 智継, 安原 隆雄, 藤井 謙太郎

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    グリオーマは脳に発生する悪性腫瘍で原発性脳腫瘍の約30%を占める。中でも悪性グリオーマの予後は極めて不良である。様々な治療法が試みられている中で、分子標的薬や遺伝子治療は有望な新規治療の一つである。
    本研究の目的としては、研究目的1:分子標的薬(bevacizumab、cilengitideやPD-1阻害剤)と遺伝子治療(新規OVまたはAd-SGE-REIC)との併用について検討する、研究目的2: 分子標的薬(bevacizumab、cilengitideやPD-1阻害剤)と遺伝子治療(新規OVまたはAd-SGE-REIC)との併用効果のメカニズムを調べる、である。
    昨年度、分子標的薬bevacizumab、cilengitide、PD-1阻害剤や腫瘍溶解ウイルス、Ad-SGE-REICなどについて、本研究のセットアップを行った。腫瘍はU87dEGFRなどのヒト脳腫瘍細胞系列や脳腫瘍患者から承諾を得て採取した腫瘍由来細胞を用いて、脳腫瘍マウスモデルを作製し、生存期間や腫瘍径を調べた。さまざまな脳腫瘍モデル(幹細胞、モデルも含む)を用い、同様の効果がえられるか否かを検討した。さらに、本年度は、分子標的薬bevacizumab、cilengitideまたはPD-1阻害剤との併用について生存期間などを調べた。どの組み合わせがよいか検討した。さらには遺伝子治療単独と、分子標的薬と遺伝子治療との併用における、腫瘍浸潤、血管新生などについて調べた。
    今後、Bevacizumab、cilengitide、またはPD-1阻害剤により遺伝子治療を増強するメカニズムを調べる。Microarray, プロテオミクス、次世代シークエンスをおこなう。Gene chip, プロテオミクスから選ばれた因子をターゲットとする。統計学的データ解析を行い、学会発表・論文投稿する。

    researchmap

  • グリオーマ細胞の形質転換誘導による浸潤抑制と抗腫瘍薬増感療法

    研究課題/領域番号:17K10866  2017年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    市川 智継, 黒住 和彦, 安原 隆雄, 亀田 雅博, 藤井 謙太郎

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    悪性グリオーマの治療抵抗性の最大の原因となっている「浸潤性増殖」を克服する、新しい治療法を開発することを目的として本研究を開始した。まず、腫瘍細胞の多様性と表現型シフト(形質転換)を個別に再現する、我々のオリジナルの培養細胞と動物モデルを用いて、浸潤性を規定する遺伝子の探索を行った。本研究の特色と独創的な点は、(1)浸潤能と血管新生能において表現型の異なるペアのオリジナルの培養細胞と動物モデルを用いることと、(2)腫瘍細胞の形質転換誘導によって治療効果を得るという革新的な治療ストラテジーにある。
    これまでの我々の研究結果から、腫瘍細胞におけるannexin A2 遺伝子の発現が血管新生に依存した細胞増殖に関与することを、マイクロアレイ解析の結果をもとに示しているが、本研究においては、まず同様のマイクロアレイの結果をもとに、annexin A2の発現に関連する遺伝子の解析を行った。その結果、fibroblast growth factor 13 (FGF13)遺伝子を、浸潤性を増強する遺伝子として同定し、更にグリオーマにおける機能的解析も行なうことができた。本研究の成果は誌上発表した。
    つぎに、グリオーマ細胞へのannexin A2 遺伝子導入が「血管新生-浸潤シフト」という形質転換を誘導し、(1)腫瘍細胞の浸潤能抑制、(2)腫瘍細胞の薬剤感受性上昇というふたつの機序により抗腫瘍効果を発揮することを、培養細胞、動物モデルで示すために、annexin A2 遺伝子を持つウィルスベクターを作成した。これを用いて腫瘍細胞への遺伝子導入を行い、基礎的な実験と実験的治療を行った。

    researchmap

  • 脳梗塞におけるうつ症状と神経新生

    研究課題/領域番号:16K10722  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    安原 隆雄, 市川 智継, 黒住 和彦, 道上 宏之, 亀田 雅博, 上利 崇, 菱川 朋人, 佐々木 達也, 藤井 謙太郎

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    うつ病・うつ状態は、現代のストレス社会において大きな問題であり、メカニズムの解明や新しい治療法が望まれる。私たちはうつ病モデルラットを用いた研究で、次のことを明らかにした。1.うつ病様行動を示すWistar Kyoto ratでは、海馬における神経新生が減弱していた。2.うつ病様行動を示すWistar Kyoto ratに対して、側脳室内にカプセル化骨髄幹細胞移植を行うと、うつ病様行動の改善や神経新生の増強が認められた。3.上記2の治療効果のメカニズムは、様々な神経栄養因子や成長因子がカプセル化細胞から分泌されることによると考えられた。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 臨床医歯科学概論 (2021年度) 集中  - その他