2024/07/05 更新

写真a

タカハタ ヨウコ
髙畑 陽子
Takahata Yoko
所属
保健学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 修士(看護学) ( 大分医科大学 )

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学

学歴

  • 岡山大学    

    - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大分医科大学    

    - 2006年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

委員歴

  • 日本エンドオブライフケア学会   総務委員  

    2019年4月 - 2020年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • The relationship between eHealth literacy and the human papillomavirus vaccination request status in female university students in Japan 査読

    Ami Saito, Midori Tokuno, Momomi Matsuura, Yoko Takahata

    Preventive Medicine Research   2 ( 1 )   1 - 11   2024年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.60219/pmr.2.1_1

    researchmap

  • Relationship between oil massage of infants and maternal stress using physical and online modes (in press) 査読

    Yoko Takahata, Mio Hirai

    Journal of International Nursing Research   2024年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Associations between dietary intake and depressive symptoms modified by a feminine personality trait in Japanese female students (in Press) 査読

    Kumi Hirokawa, Yoko Takahata, Sayo Uesugi

    Preventive Medicine Research   2024年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The difference in perceptions of child abuse by a vignette survey among Japanese university students based on academic fields: a cross-sectional study (in Press) 査読

    Nae Yamada, Honoka Yonezawa, Ren Amano, Yoko Takahata

    Preventive Medicine Research   2024年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Use of comprehensive home care assessment tools for community-dwelling older adults to improve adherence, quality of life, and health outcomes: A systematic review and meta-analysis 査読

    Tomoko Kamei, Sachie Eto, Aki Kawada, Yoko Takahata, Akiko Sasaki, Yoko Uchida, Yukiko Fukuta, Sugako Kurimori, Kosuke Kimura, Setsu Shimanouchi

    Journal of International Nursing Research   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Nursing Research  

    DOI: 10.53044/jinr.2021-0018

    researchmap

  • 病院における認知症者の退院時連携と 在宅ケアプラン連動への諸問題の検討 査読

    内田恵美子, 福田由紀子, 島内 節, 内田陽子, 高畑陽子, 足立智英, 落合尚子, 杉原和子, 広川直美, 名畑目明美, 前島真優子, 斉藤綾, 山形有紀子, 沖野加奈子, 吉野玲子, 中村玉美, 田尻久美子, 菅早苗

    日本認知症ケア学会誌   20 ( 4 )   584 - 594   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Relationship between the Second to Fourth Finger Length Ratio and Calcaneus Quantitative Ultrasound. 査読 国際誌

    Yoko Takahata, Kumi Hirokawa

    Scientific reports   8 ( 1 )   14603 - 14603   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to characterize the relationship between the ratio of the length of the second and fourth fingers (2D:4D value) and the speed of sound of the calcaneus by quantitative ultrasound (QUS-SOS) in undergraduate female students. We recruited 138 young women with a mean age of 19.6 ± 1.4 years. The participants' calcaneus QUS-SOS was measured using an ultrasound bone densitometer. We also measured the participants' weight, height, and grip strength. A self-reported questionnaire was used to obtain information on participants' secondary sexual characteristics, and exercise habits. The present study showed that the 2D:4D value of both hands was significantly correlated with the calcaneus QUS-SOS. The 2D:4D value of the left hand was also positively associated with the calcaneus QUS-SOS results in several respects. These findings suggest that the 2D:4D value may be useful for the screening of risk for a low bone quality in undergraduate female students.

    DOI: 10.1038/s41598-018-33056-z

    PubMed

    researchmap

  • Usefulness of circuit training at home for improving bone mass and muscle mass while losing fat mass in undergraduate female students. 査読 国際誌

    Yoko Takahata

    Lipids in health and disease   17 ( 1 )   104 - 104   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The purpose of this study was to determine whether or not circuit training at home affects the calcaneus quantitative ultrasound status as well as other indices of body composition among undergraduate female students. METHODS: Forty-one adolescents were recruited (18.5 ± 0.6 years old). The stiffness index of the calcaneus, broadband ultrasound attenuation of the calcaneus, speed of sound of the calcaneus, and body frame index. This was a three-month intervention study, so the measurements were conducted at baseline, 2 months later, and 3 months later while the subjects underwent circuit training at home. The subjects were divided into two groups: namely, the exercising group and non-exercising group. RESULTS: In the exercising group, broadband ultrasound attenuation of the calcaneus was higher 2 months later (p = 0.033) as well as 3 months later (p = 0.036), and the speed of sound of the calcaneus was higher 3 months later (p = 0.018). In addition, the muscle mass was strongly positively correlated with the calcaneus QUS-SOS (p = 0.004), while the body fat percentage was a strongly negatively correlated with the calcaneus QUS-BUA (p = 0.043). In the non-exercising group, the stiffness index of the calcaneus was higher 2 months later (p = 0.002) as well as 3 months later (p = 0.002). Furthermore, the body percentage was strongly positively correlated with the calcaneus QUS-SI (p = 0.009). CONCLUSIONS: These findings suggest that the calcaneus quantitative ultrasound status and muscle mass while losing fat mass may be improved by means of a simple exercise regimen within a short period among undergraduate female students.

    DOI: 10.1186/s12944-018-0743-3

    PubMed

    researchmap

  • Relationship between Muscle-Building Exercises and Calcaneus Quantitative Ultrasound Results in Adolescents 査読

    Yoko Takahata

    11 ( 3 )   104 - 109   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • A大学における学士課程保健師選択選抜教育の現状と課題 選抜学生の意見を通して 査読

    三輪 眞知子, 高畑 陽子, 上田 晴美, 西内 恭子, 河村 圭子

    梅花女子大学看護保健学部紀要   ( 7 )   1 - 15   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:梅花女子大学看護保健学部  

    A大学学士課程における保健師選択選抜学生16名を対象に、選抜教育の現状と課題について質問紙調査とフォーカスグループインタビュー(FGI)を依頼した。対象者のうち、3名は調査当日に都合がつかず、最終的に13名に調査を実施することができた。選抜学生の成績は同学年平均よりやや高く、応募理由は「多くの資格が欲しい」76.9%との回答が多かった。講義等の感想は、「看護の学習と同時進行で大変」が76.9%、「学習進行や学習量が多くて興味が薄れていった」53.8%などが見られた。保健師として就職した学生はいなかった。FGIから「保健師を目指す準備の必要性」「満足感」「不満足感」「保健師の特徴への気づき」「就職への躊躇」「看護師への逃避」の6つのラベルが抽出された。「保健師専門職への興味関心の喚起」「保健師として就職する関門の突破」「保健師の質担保に向けた教育プログラムの構築」の3点が今後の課題と考えられた。

    researchmap

  • Pelvic shape of contemporary young women: Related factors and impact on daily life 査読

    Haruko Shinkawa, Yoko Takahata

    11 ( 1 )   13 - 25   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Characteristics of People Who Follow Specific Health Advice 査読

    Takahata Yoko, Wang Da-Hong, Takigawa Tomoko

    Journal of preventive medicine   8 ( 1 )   19 - 24   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:日本予防医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • The Relationship between Pelvic Size and Calcaneus Quantitative Ultrasound Speed of Sound in Adolescent Females in Japan. 査読

    Takahata Yoko, Shinkawa Haruko

    Journal of preventive medicine   8 ( 1 )   9 - 13   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:日本予防医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014095869

  • Relation of prenatal and postnatal status to calcaneus quantitative ultrasound in adolescents. 査読

    Yoko Takahata, Da-Hong Wang, Takanobu Anai, Keiki Ogino

    Acta medica Okayama   66 ( 3 )   221 - 9   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to elucidate the relationship of prenatal and/or postnatal factors, including acquired factors, with the calcaneus stiffness index as measured by quantitative ultrasound (QUS-SI) in adolescents. We recruited 1,143 adolescents with a mean age of 14.8 ± 1.8 years (501 boys and 642 girls). The subjects' calcaneus QUS-SI was measured using an ultrasound bone densitometer. We also measured the subjects' height, weight, and grip strength. Data on prenatal and postnatal factors were obtained from maternal and child health handbooks. A self-reporting questionnaire was used to obtain information on subjects' secondary sexual characteristics and lifestyle factors. We found that maternal weight gain during pregnancy was independently associated with calcaneus QUS-SI in girls, and that grip strength was also significantly associated with calcaneus QUS-SI in both sexes. The present findings suggest that excessive restriction of maternal weight gain would have a negative effect on the calcaneus QUS-SI of girls, and that exercise and strength-building activities are likely to result in a higher calcaneus QUS-SI in both sexes of adolescents.

    PubMed

    researchmap

  • Contribution of the BMI Level or the Body Fat Percentage Level to Bone-Mass Development in Young Women 査読

    Yoko Takahata, Takanobu Anai

    広島国際大学看護学ジャーナル   8 ( 1 )   3 - 11   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 離島在住高齢者の外出に影響をおよぼす要因の検討 査読

    高畑 陽子, 安武 繁, 水馬 朋子

    広島大学保健学ジャーナル   7 ( 1 )   8 - 14   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:広島大学保健学出版会  

    離島であるA町健康増進計画策定に向け実施された質問紙調査結果を基に、高齢者男女を前期高齢者、後期高齢者に分類し、それぞれの時期で、外出に影響をおよぼす要因を探った。分析対象は、前期高齢者127名(男性68名、女性59名)、後期高齢者140名(男性72名、女性68名)であった。分析にはStat View-J5.0統計ソフトを使用し、目的変数を外出の有無、説明変数を健康状態(移動方法、体力への自信、生活状況)、社会交流(外出に誘ってくれる友人の有無、外出に誘ってくれる家族の有無、子どもとの交流の有無)とした多重ロジスティック回帰分析を行った。男性の外出に影響する要因は、前期高齢者では、有意な変数が検出されなかった。後期高齢者では、体力への自信(p<0.05)、外出に誘ってくれる友人の有無(p<0.01)が有意であった。一方、女性の外出に影響する要因は、前期高齢者では、移動方法(p<0.01)が有意であった。後期高齢者では、有意な変数が検出されなかった。本分析により外出を促進する要因が、男女によって、また、年齢によって異なっていることが明らかにできた。この結果は、今後、介護予防の観点から、特に離島という隔絶された地域で、閉じこもりになりそうな高齢者を発見し支援していく上で、一指標になると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • Peak Bone Mass of the Calcaneus and the Factors Influencing It during Adolescence. 査読

    Yoko Takahata

    Osteoporosis Japan   15 ( Suppl.3 )   231 - 240   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:ライフサイエンス出版(株)  

    researchmap

  • 市町村保健福祉行政に対する大学の地域連携機能に関するアンケート解析と考察 査読

    安武 繁, 高畑 陽子, 水馬 朋子, 小山 矩, 土肥 信之

    広島医学   59 ( 6 )   541 - 547   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    県立広島大学保健福祉部が市町村保健行政に対してどのように市町村と地域的連携機能を果たしていくことが期待されているのかを知るために,地域保健の実態を知るためのアンケート調査を広島県内の全市町村を対象に行った.49市町村89.1%から回答を得た.「県行政ならびに市町村の保健福祉行政部との連携機能-業務データの分析・評価に基づいた保健福祉政策にかかる助言」を求める市町村が86.0%と最も多かった.次いで「付属診療センターにおける地域の保健医療従事者の継続教育機能-生活習慣病の保健指導や生活習慣の改善指導についての研修」や「ボランティア団体・NPOに対する研修などの育成事業の支援機能-健康福祉関連のボランティア団体・NPOに対する研修」,「市民への教育」などが70%を超える市町村が求めていた

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 対象別公衆衛生看護活動 第5版 第1刷

    中谷 芳美, 山口 忍, 加澤 佳奈, 米澤 洋美, 吉岡 京子, 石川 志麻, 小川 一枝, 高畑 陽子, 鈴木 千智, 堀口 逸子, 鎌塚 優子, 齊藤 理砂子, 中谷 淳子, 尾島 俊之, 大木 幸子, 今福 恵子( 担当: 共編者(共編著者))

    医学書院  2024年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:xv, 364p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 在宅での療養と介護を支える制度のかしこい使い方

    島内節, 栗盛須雅子, 内田恵美子, 髙畑陽子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章 『在宅療養で使える医療制度』および『在宅生活で使える介護保険制度』について,第4章 『年齢を問わない指定難病・高額医療費の公費負担制度』の中では、主に指定難病に対する医療費助成および高額医療費の公費負担制度について)

    2020年7月 

     詳細を見る

  • 対象別公衆衛生看護活動 第4版第1刷

    中谷 芳美, 山口 忍, 奥野 ひろみ, 深江 久代, 松田 正己, 川田 典子, 小川 一枝, 高畑 陽子, 鈴木 千智, 堀口 逸子, 岡田 加奈子, 鎌塚 優子, 齊藤 理砂子, 中谷 淳子, 工藤 禎子, 尾島 俊之, 大木 幸子, 今福 恵子( 担当: 共編者(共編著者))

    医学書院  2018年1月  ( ISBN:9784260031875

     詳細を見る

    総ページ数:x, 372p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 対象別公衆衛生看護活動 第3版第1刷

    中谷 芳美 / 山口 忍 / 奥野 ひろみ / 深江 久代 / 松田 正己 / 川田 典子 / 三輪 眞知子 / 高畑 陽子 / 鈴木 千智 / 堀口 逸子 / 岡田 加奈子 / 鎌塚 優子 / 齊藤 理砂子 / 土屋 沙織 / 中谷 淳子 / 工藤 禎子 / 阿彦 忠之 / 大木 幸子 / 今福 恵子( 担当: 共編者(共編著者))

    医学書院  2014年1月  ( ISBN:9784260018203

     詳細を見る

    総ページ数:xv, 364p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • 在宅ケアに携わるスタッフがやりがいを持って仕事を続けていくための内発的動機付けの探索 査読

    味田あゆみ, 平良莉恵, 荒屋敷華子, 髙畑陽子, 内田恵美子, 上野まり

    第28回日本在宅ケア学会   28   2023年11月

     詳細を見る

  • Remote care Support system vs. face-to-face support system for mothers and babies 査読

    Yoko Takahata, Mio Hirai

    6th International Conference of Global Network of Public Health Nursing   6th   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 在宅ケア成人・高齢者を対象としたアセスメントデータセット使用の有効性:システマティックレビューとメタアナリシス

    江藤祥恵, 亀井智子, 島内節, 内田陽子, 髙畑陽子, 佐々木明子, 福田由紀子, 栗盛須雅子, 宮澤真優美, 河田萌生, 猪飼やす子, 坂本みづ希, 木村光佑

    第26回 日本在宅ケア学会   26th   2021年

     詳細を見る

  • 運動継続におよぼす影響の検討

    高畑 陽子, 岡田 ゆみ

    日本公衆衛生学会総会抄録集   76回   650 - 650   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    researchmap

  • Modification effects of feminine personality trait on association between dietary intake and depressive symptoms in Japanese female students.

    2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 住民・行政・NPOが協働した子育て支援の取り組み 寄合いワークショップの試み

    三輪 眞知子, 長谷川 喜代美, 江口 晶子, 鈴木 ふみえ, 高畑 陽子

    日本公衆衛生学会総会抄録集   71回   418 - 418   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    researchmap

  • 出生前後の母子因子および思春期の生活習慣と思春期踵骨骨量との関連

    高畑 陽子, 汪 達紘, 荻野 景規

    日本衛生学雑誌   67 ( 2 )   325 - 325   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    researchmap

  • 特定保健指導を受ける人と受けない人の違い 性格特性・健康診査結果等をふまえて

    高畑 陽子, 瀧川 智子, 汪 達紘, 荻野 景規

    日本衛生学雑誌   66 ( 2 )   493 - 493   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    researchmap

  • 現代の若年女性の骨盤の形状とその関連因子との検討

    新川 治子, 高畑 陽子, 杉野 真紀, 齊藤 由香

    日本看護科学学会学術集会講演集   30回   437 - 437   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本看護科学学会  

    researchmap

  • 大学生骨量と骨盤形状との関連の検討

    高畑 陽子, 新川 治子, 齊藤 由香, 杉野 真紀

    日本看護科学学会学術集会講演集   30回   437 - 437   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本看護科学学会  

    researchmap

  • 職業性ストレスによるストレス反応への緩衝効果の研究 他者への貢献感(feelings of usefulness to others)

    高木 二郎, 箕浦 明, 入交 洋彦, 葉山 朝子, 高畑 陽子, 汪 達紘, 瀧川 智子, 坂野 紀子, 荻野 景規

    産業衛生学雑誌   51 ( 臨増 )   561 - 561   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産業衛生学会  

    researchmap

  • Neonatal weight gain can affect calcaneus bone density in adolescents.

    2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 地方分権時代における住民主体の健康な地域づくり活動システムの形成に関する研究

    水馬 朋子, 笠置 恵子, 高畑 陽子, 安武 繁, 岩永 俊博, 渡辺 志保

    日本公衆衛生学会総会抄録集   65回   397 - 397   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Modification effects of feminine personality trait on association between dietary intake and depressive symptoms in Japanese female students.

    Kumi Hirokawa, Yoko Takahata, Sayo Uesugi

    31st International Congress of Psychology  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Neonatal weight gain can affect calcaneus bone density in adolescents.

    Yoko Takahata, Takanobu Anai

    5th International Conference on Children's Bone Health  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Remote care Support system vs. face-to-face support system for mothers and babies

    Yoko Takahata, Mio Hirai

    6th International Conference of Global Network of Public Health Nursing  2022年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 独居者の在宅終末期におけるケア開始期と臨死期の利用者条件とケアアウトカムとの関連

    島内節, 福田由紀子, 髙畑陽子

    第3回日本エンドオブライフケア学会  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Usefulness of Circuit Training at Home for University Females’ Students.

    Yoko Takahata

    2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 急性期病院で看護師が行う脳卒中患者退院支援評価尺度の開発

    研究課題/領域番号:24K13796  2024年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    矢野 英樹, 齋藤 信也, 高畑 陽子, 山口 豪

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    researchmap

  • 若年女子の骨量増加に向けたプログラム開発

    研究課題/領域番号:26861997  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    高畑 陽子

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    本研究では、踵の骨量が増える可能性のある大学生女子を対象として、1.指の比率2D:4Dと踵骨骨量との関連を明らかにすることと、2.対象となった人に簡易な運動を3か月間継続してもらい、その結果が骨量や筋力、体脂肪などの体組成にどのように影響を与えるのか明らかにすることを目的に調査を行った。1については、有意な結果が得られ、現在論文投稿中である。2については、運動を継続出来た者22人と、運動を継続出来なかった者19人に分け、その特徴を明らかにすることができた。どちらも3か月後に骨量が増えていたが、運動継続出来た者は筋力が、そうでなかった者は脂質が同時に増えており、運動習慣の重要性が明らかになった。

    researchmap

  • 思春期の骨量増加へ向けた介入方法の検討-体格と骨量との関連を踏まえて-

    研究課題/領域番号:20791793  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    高畑 陽子

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    1143名の中学・高校生(男子:501人,女子:642人)を対象に、超音波骨量評価装置を使用して出生前後の要因と思春期骨量との関連について検討した。その結果、児の1ヵ月後の体重増加量が多いことと思春期の骨量が高いこととは関連があることが明らかになった(p=0.042)。

    researchmap

 

担当授業科目

  • コミュニティヘルス看護学特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • コミュニティヘルス看護学特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • チーム医療演習 (2023年度) 1・2学期  - その他

  • 公衆衛生看護学原論 (2023年度) 第1学期  - 月2~3,月5~6

  • 公衆衛生看護学実習Ⅱ (2023年度) 2・3学期  - その他

  • 公衆衛生看護学実習Ⅱ (2023年度) 2・3学期  - その他

  • 公衆衛生看護学実習I (2023年度) 1・2学期  - その他

  • 公衆衛生看護学技術Ⅱ (2023年度) 第2学期  - 水4~7

  • 公衆衛生看護学技術I (2023年度) 第1学期  - 火2~3,水4~5

  • 卒業研究 (2023年度) 1~4学期  - その他

  • 卒業研究Ⅰ (2023年度) 3・4学期  - 金5~6

  • 卒業研究Ⅱ (2023年度) 1~4学期  - その他

  • 地域公衆衛生看護学演習 (2023年度) 後期  - 土3

  • 地域公衆衛生看護学演習 (2023年度) 後期  - 土2

  • 地域公衆衛生看護学特論 (2023年度) 前期  - 土4

  • 地域公衆衛生看護学特講 (2023年度) 前期  - 月7

  • 地域母子保健演習 (2023年度) 後期  - 水1

  • 地域母子保健特論 (2023年度) 後期  - 水1

  • 地域生活支援論 (2023年度) 第4学期  - 金5~6

  • 地域看護学概論 (2023年度) 第4学期  - 金5~6

  • 基礎公衆衛生 (2023年度) 第3学期  - 月1~2

  • 基礎公衆衛生 (2023年度) 第3学期  - 月1~2

  • 基礎公衆衛生 (2023年度) 第3学期  - 月1~2

  • 研究方法論 (2023年度) 前期  - 木7

  • 統合実習 (2023年度) 2~4学期  - その他

  • 統合実習Ⅰ (2023年度) その他  - その他

  • 統合実習Ⅱ (2023年度) 2・3学期  - その他

  • コミュニティヘルス看護学特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • コミュニティヘルス看護学特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 公衆衛生看護学原論 (2022年度) 第1学期  - 月5~8

  • 公衆衛生看護学実習Ⅱ (2022年度) 2・3学期  - その他

  • 公衆衛生看護学実習I (2022年度) 1・2学期  - その他

  • 公衆衛生看護学技術Ⅱ (2022年度) 第2学期  - 水4~7

  • 公衆衛生看護学技術Ⅲ (2022年度) 春季集中  - その他

  • 公衆衛生看護学技術I (2022年度) 第1学期  - 火2~3,水4~5

  • 卒業研究 (2022年度) 1~4学期  - その他

  • 卒業研究Ⅰ (2022年度) 3・4学期  - 金5~6

  • 地域公衆衛生看護学演習 (2022年度) 後期  - 土3

  • 地域公衆衛生看護学演習 (2022年度) 後期  - 土2

  • 地域公衆衛生看護学特論 (2022年度) 前期  - 土4

  • 地域公衆衛生看護学特講 (2022年度) 前期  - 月7

  • 地域生活支援論 (2022年度) 第4学期  - 金5~6

  • 地域看護学概論 (2022年度) 第3学期  - 水1~2

  • 基礎公衆衛生 (2022年度) 第3学期  - 月1~2

  • 基礎公衆衛生 (2022年度) 第3学期  - 月1~2

  • 基礎公衆衛生 (2022年度) 第3学期  - 月1~2

  • 研究方法論 (2022年度) 前期  - 木7

  • 統合実習 (2022年度) 2~4学期  - その他

  • 統合実習Ⅰ (2022年度) その他  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 岡山市がん対策推進委員会委員

    2023年9月1日 - 現在

     詳細を見る

  • 公益社団法人 岡山県看護協会 教育委員会

    公益社団法人 岡山県看護協会  2023年4月1日 - 2024年3月31日

     詳細を見る

  • 健康市民おかやま21 推進会議委員 第2次および第3次

    2022年4月1日 - 現在

     詳細を見る

  • 東京女子医科大学学会 評議員

    2019年4月1日 - 2022年3月31日

     詳細を見る

  • 広島県大崎上島町保健増進計画策定委員会委員

    2004年4月1日 - 2006年3月31日

     詳細を見る

    種別:その他

    researchmap

学術貢献活動

  • 第40回 日本看護科学学会学術集会 English Session 座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等, 査読

    日本看護科学学会  2020年12月13日

     詳細を見る

  • 東京女子医科大学看護学会学術集会 実行委員長

    役割:企画立案・運営等, 査読

    東京女子医科大学看護学会  2019年4月1日 - 2019年10月5日

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap