2021/11/25 更新

写真a

ミノ ミチノブ
味野 道信
MINO Michinobu
所属
グローバル人材育成院 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 学術博士 ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • カオス

  • 科学教育

  • 電子スピン共鳴

  • 磁区構造

研究分野

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系

  • 人文・社会 / 科学教育

学歴

  • 岡山大学    

    - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学    

    - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Faculty of Science   Department of Physics

    - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   グローバル人材育成院   教授

    2017年 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   次世代人材育成センター   副センター長

    2014年10月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   自然科学研究科   准教授

    2004年 - 2017年

      詳細を見る

  • 岡山大学   理学部   助教授

    2001年 - 2004年

      詳細を見る

  • 岡山大学   理学部   助手

    1993年 - 2001年

      詳細を見る

  • 神戸大学   理学部   教務職員

    1990年 - 1991年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

論文

  • Chaotic motion of a magnetic domain structure under an alternating field

    Michinobu Mino, Yousuke Yamamoto

    JOURNAL OF THE KOREAN PHYSICAL SOCIETY   63 ( 3 )   605 - 607   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KOREAN PHYSICAL SOC  

    Magnetic domains in a garnet thin film under alternating magnetic fields up to 2000 Hz have been investigated at room temperature. Domain structures and motions have been observed. When the field frequency is low, the magnetization changes periodically, and the domain pattern has a labyrinth structure. When the amplitude and the driving frequency of the field are increased, irregular oscillations of the magnetization appear, and chaotic motions of the domain are observed. In this region, domain structures have a disk-like shape. These disks grow from some crystal defects, and a growing point shows a branch-like form.

    DOI: 10.3938/jkps.63.605

    Web of Science

    researchmap

  • Microwave radiation from parametrically excited YIG

    M. Mino, M. Tsukamoto, K. Fujikawa, Y. Ono

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 ( 2 )   E549 - E551   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Microwave radiation from parametrically excited magnons was studied experimentally. Parallel pumping excitations were carried out on a ferromagnetic yttrium iron garnet (YIG). A high sensitivity microwave circuit was used to detect spectra of radiation microwave. At high pumping power, multi-frequency components are observed simultaneously. The spectra depend on static field, or magnetostatic modes. In order to characterize the timeseries of microwave radiation, a correlation dimension is estimated. These results show that a four-magnon scattering is important in a nonlinear relaxation process. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2006.10.606

    Web of Science

    researchmap

  • Magnetic domain patterns depending on the sweeping rate of magnetic fields

    Kazue Kudo, Michinobu Mino, Katsuhiro Nakamura

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 ( 1 )   013002   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The domain patterns in a thin ferromagnetic film are investigated in both experiments and numerical simulations. Magnetic domain patterns under a zero field are usually observed after an external magnetic field is removed. It is demonstrated that the characteristics of the domain patterns depend on the decreasing rate of the external field, although it can also depend on other factors. Our numerical simulations and experiments show the following properties of domain patterns: a sea-island structure appears when the field decreases rapidly from the saturating field to the zero field, while a labyrinth structure is observed for a slowly decreasing field. The mechanism of the dependence on the field sweeping rate is discussed in terms of the concepts of crystallization.

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.013002

    Web of Science

    researchmap

  • Magnetic domain structure in thin film under alternate magnetic field

    M. Mino, H. Yamazaki

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   272   E509 - E510   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Magnetic domain structures in a garnet thin film under alternate magnetic fields have been investigated. In alternate magnetic fields, a labyrinth structure approaches a parallel-stripe structure. The competition among the segment clusters, in which stripes have different directions, causes stable dynamical domain structures. With the increase of the amplitude of alternate fields, the segment clusters become small. (C) 2004 Elsevier B. V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2003.12.1298

    Web of Science

    researchmap

  • Lattice anomaly and dynamics of CuGeO<sub>3</sub>

    M. Fujita, K.Ubukata, M.Arai, T.Tonegawa, M.Mino, M.Motokawa, K.Knight, B.Forsyth, S.M.Bennington, J.Akimitsu, O.Fujita

    Physica B   219-220   95   1996年

     詳細を見る

  • Antiferromagnetic Resonance and Spin-Wave Instabilities at Spin-Flop Critical Field in (C<SUB>2</SUB>H<SUB>5</SUB>NH<SUB>3</SUB>)<SUB>2</SUB>CuCl<SUB>4</SUB> 査読

    Shi Jun, Yamazaki Hitoshi, Mino Michinobu

    Journal of the Physical Society of Japan   57 ( 10 )   3580 - 3586   1988年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN  

    Antiferromagnetic resonance and parametric excitation of spin-waves at spin-flop critical field in (C<SUB>2</SUB>H<SUB>5</SUB>NH<SUB>3</SUB>)<SUB>2</SUB>CuCl<SUB>4</SUB> are studied by perpendicular-pumping technique. Nonlinear absorption which is attributed to the first-order Suhl instability is observed at twice the frequency of the spin-flop critical field resonance. Power dependence of the imaginary part of the susceptibility, χ″, shows the existence of the second threshold which indicates unstable growth of second group of magnon modes.

    DOI: 10.1143/JPSJ.57.3580

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • Determination of molecular density distribution and formation of novel structure by SEM in mixed crystals of organic metals

    Kokichi Oshima, Michinobu Mino, Mishuku Kim

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   405 ( 11 )   S120 - S122   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The atomic distribution in organic conductors has been studied by SEM using EDX analysis It has been revealed that the distribution is affected by the electron bombardments substantially Small whiskers have been created by electron bombardments at some conditions We propose this effect as a technique to prepare a new system in organic materials using SEM/EDX apparatus (C) 2010 Elsevier B V All rights reserved

    DOI: 10.1016/j.physb.2009.12.082

    Web of Science

    researchmap

  • Direct estimation of zero-field energy gap in the nano-scale single molecular magnet V-15

    K. Kajiyoshi, T. Kambe, M. Mino, H. Nojiri, P. Koegerler, M. Luban

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 ( 2 )   1203 - 1205   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The electron spin resonance (ESR) at low frequency (0.6-3 GHz) and at low temperature (-0.5 K) was performed for the single molecular magnet V-15. Non-linear field dependence of resonance at the lowest temperature implies the existence of the zero-field gap. The angle dependence of resonance field has strong anisotropy. We directly estimate the zero-field energy gap of 30 mK and analyze the energy levels using the model with Dzyaloshinskii-Moriya interaction. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2006.10.313

    Web of Science

    researchmap

  • Observation of the antiferromagnetic resonance of multi-sublattice modes in KCuF3

    QF Shi, LS Li, M Mino, Yamada, I, H Yamazaki

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   381 ( 1-2 )   271 - 273   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We report antiferromagnetic resonance measurements of KCuF3 at various frequencies from 3.8 to 10GHz at 4.2K. A second antiferromagnetic resonance absorption mode is observed in the [100](p) direction and equivalent directions, where [](p) represents an axis in a unit cell of the perovskite structure. Using the eight-sublattice model proposed by Yamada and Kato [J. Phys. Soc. Japan 63 (1994) 289], the numerical calculation for the antiferromagnetic resonance indicates that this second absorption mode comes from one of the resonance modes of the eight-sublattice system. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.01.496

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental observation of the antiferromagnetic resonance linewidth in KCuF3

    L Li, Q Shi, M Mino, H Yamazaki, Yamada, I

    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER   17 ( 17 )   2749 - 2754   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We report the results of antiferromagnetic resonance (AFMR) measurements conducted on KCuF3 at various frequencies from 3.8 to 10.6 GHz at 4.2 K. The resonance linewidth is first found to depend on the frequency, i.e., the lower the frequency the greater the resonance linewidth, no matter whether the AFMR field is forced on the easy axis or uneasy axis. Moreover, a linewidth peak seems to exist for H 11 [100]p at about 4 GHz. Based on the model of Yamada and Kato (1994 J. Phys. Soc. Japan 63 289) and considering the Laudau-Lifshitz damping term, the result of numerical calculation for the resonance linewidth is in good agreement with the data of AFMR experiments.

    DOI: 10.1088/0953-8984/17/17/024

    Web of Science

    researchmap

  • Control of spin-wave instability threshold in YIG sphere

    M Mino, M Tsukamoto, M Yamazaki, H Yamazaki

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   329   1227 - 1228   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Spin-wave instability threshold under multiple drive excitations is studied in an yttrium iron garnet sphere at 4.2 K. Both a static magnetic field and a parallel RF field are applied along the [1 1 1] direction. Another perpendicular RF field excites magnetostatic modes through the first-order Suhl process. Interactions between spin-waves and magneostatic modes cause a change of instability thresholds. (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0921-4526(02)02162-2

    Web of Science

    researchmap

  • Relaxation time of parametrically excited magnetostatic modes in YIG

    M Tsukamoto, M Mino, H Yamazaki

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   329   1229 - 1230   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Parallel pumping experiments were conducted on a single-crystal yttrium iron garnet sphere. Microwave radiation from magnetostatic modes, which were parametrically excited through parallel pumped spin-waves, was studied experimentally at several temperatures. As excitation microwave power is turned off, it will be thought that microwave radiation decreases exponentially. Relaxation time of a magnetostatic mode, which is excited beyond thermal equilibrium level, is estimated by this method. (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0921-4526(02)02194-4

    Web of Science

    researchmap

  • Parametrically excited magnetoelastic waves in FeBO3

    K Ishihara, M Mino, M Tsukamoto, H Yamazaki

    EPR IN THE 21ST CENTURY: BASICS AND APPLICATIONS TO MATERIAL, LIFE AND EARTH SCIENCES   89 - 92   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Parametric excitation of magnetoelastic waves in the easy-plane antiferromagnet FeBO3 is studied at room temperature. Measurements were performed at X-band microwave with a perpendicular pumping configuration. As increasing the pumping power, the microwave absorption by a quasimagnon mode is saturated above the threshold level. Above this threshold, the number of quasiphonons with a half pumping frequency grows exponentially. The microwave radiation from these quasiphonons is simultaneously observed. Further increase of microwave power causes auto-oscillations in the magnetoelastic system. The radiation spectrum shows side band peaks around a half pumping frequency.

    Web of Science

    researchmap

  • Microwave radiation from magnetostatic mode in high power FMR

    M Mino, H Tsukuda, M Tsukamoto, H Yamazaki

    EPR IN THE 21ST CENTURY: BASICS AND APPLICATIONS TO MATERIAL, LIFE AND EARTH SCIENCES   85 - 88   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Microwave radiation from nonlinearly excited magnons in a ferromagnetic yttrium iron garnet (YIG) is studied. Experiments were carried out in the X-band range with a single crystal spherical YIG at liquid nitrogen temperature. Parametric resonance of magnons with a parallel punping configuration was employed. The spectrum of microwave radiation depends on a static field and the pumping power. At high pumping power, more than one frequency peak are observed simultaneously. These peaks correspond to magnetostatic modes.

    Web of Science

    researchmap

  • Relaxation of labyrinth domain structure of ferromagnetic thin film under field cycles

    S Miura, M Mino, H Yamazaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   70 ( 10 )   2821 - 2824   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The relaxation of a two-dimensional labyrinth pattern of magnetic domain structure in a uniaxial garnet thin film is studied. The usually observed domains of the labyrinth structure contain many defects. The labyrinth structure changes to a parallel-stripe structure under magnetic field cycles. In this evolution, defects of the domain pattern disappear. We have introduced a number of magnetic domain junctions as characteristic values of a domain pattern. A magnetic domain junction is defined as a point where magnetic domains in the same direction intersect like a three-forked road. This is one type of defect in the domain pattern. It is found that the number of junctions decreases with the power law as a function of the number of ac magnetic field cycles.

    DOI: 10.1143/JPSJ.70.2821

    Web of Science

    researchmap

  • Strange attractor of controlled chaos in yttrium iron garnet films

    M Mino, PE Wigen

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   70 ( 7 )   2161 - 2163   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    Parametrically excited spin waves in an yttrium iron garnet (YIG) are good model objects to study nonlinear dynamics. Chaotic oscillations of this system can be controlled with a time-delayed feedback method. The feedback perturbation was added to the static magnetic field. This controlling process has been characterized by strange attractors. With increasing feedback gain, a fractal dimension of the strange attractor decreases from 2.9 to 1.1. This means that chaotic oscillations change to periodic oscillations successively. Further increase of feedback gain eventually produces chaotic oscillations again.

    DOI: 10.1143/JPSJ.70.2161

    Web of Science

    researchmap

  • Relaxation of magnetic domain structure in garnet thin film under field cycles

    M Mino, S Miura, K Dohi, H Yamazaki

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   226   1530 - 1532   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A relaxation process of magnetic domain structure in a garnet thin film under field cycles have been investigated. Usually observed labyrinth structures contain many eddies. These labyrinth structures change to parallel-stripe structures under field cycles. In this evolution, eddy structures disappear. This process is evaluated by using a power spectrum analysis of the domain pattern. A number of magnetic domain junctions are introduced as another characteristic of complexity. These junctions are defined as a point, where magnetic domains with same direction intersect like a fork in the road. It is found that the number of junctions decrease with the power law as a function of the number of magnetic field cycles. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • Half the Pumping Frequency Radiation in YIG under the Parallel Pumping

    I.Kalinichenko, M.Mino, H.Yamazaki

    Proceedings of Th Eighth International Conference on Ferrites (ICF8)   900 - 902   2001年

     詳細を見る

  • Microwave radiation of parametrically excited quasiphonons in antiferromagnet FeBO3

    QH Zwang, M Mino, VL Safonov, H Yamazaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   69 ( 1 )   41 - 44   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOCIETY JAPAN  

    Magnetic microwave parametric excitation of magnetoelastic waves in the easy-plane antiferromagnet FeBO3 is studied at room temperature. Measurements were performed at X-band with a perpendicular pumping configuration. We observed the saturation of the microwave absorption of antiferromagnetic resonance above the pumping threshold and simultaneous microwave radiation from the sample at half pump frequency. The radiation spectrum, its intensity dependence on the pumping power and magnetic field are investigated. The obtained results are in agreement with the fact that the radiation appears due to parametrically excited transverse quasiphonons propagating along the "hard" magnetic axis of a crystal.

    DOI: 10.1143/JPSJ.69.41

    Web of Science

    researchmap

  • The Onset of Auto-Oscillations of Parametrically Excited Spin-Wave Pairs

    Michinobu Mino, Hisayuki Urakami, Vladimir L. Safonov, Keiichi Zouta, Hitoshi Yamazaki

    Journal of the Physical Society of Japan   67 ( 2 )   409 - 412   1998年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.1143/jpsj.67.409

    Scopus

    researchmap

  • Uniraty transformations in waeakly nonideal Bose gases 査読

    Q. Shi, V. L. Safonov, M. Mino, H. Yamazaki

    Physics Letters A   238 ( 4-5 )   258 - 264   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0375-9601(97)00949-3

    Scopus

    researchmap

  • Observation of nonlinear coupled photon-magnon oscillations in YIG. 査読

    Qingfan Shi, Michinobu Mino, Vladimir L. Safonov, Hitoshi Yamazaki

    Journal of the Physical Society of Japan   67 ( 9 )   3283 - 3287   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.67.3283

    Scopus

    researchmap

  • Parametric Pair of Waves as a Nonlinear Oscillator

    Safonov Vladimir L., Shi Qingfan, Mino Michinobu, Yamazaki Hitoshi

    Journal of the Physical Society of Japan   66 ( 7 )   1916 - 1919   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    We considered the process of parametric excitation of spin waves andmagnetoelastic waves in magnetoordered crystals in a microwave resonator.From our analysis it follows that for the k and - k wave pairthere is a single-mode realization (i.e. the pair can be represented as oneoscillator). The theory of parametric resonance of waves constructedin terms of these collective variables provides a new perspective onsome old spin-wave experiments and helps explain the recently obtained experimental data.

    DOI: 10.1143/JPSJ.66.1916

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00047792944?from=CiNii

  • Electromagnetic Emission by a System of Nonequilibrium Magnons in a Ferrite

    Taranenko Alexandr Yu., Mino Michinobu, Yamazaki Hitoshi, Safonov Vladimir

    Journal of the Physical Society of Japan   65 ( 12 )   4072 - 4075   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    Spectra of electromagnetic emission of frequencies $\simeq \omega_{\rm i}$,2ω i and 3ω i, where ω i is the bottom ofthe spin-wave band have been studied in yttrium iron garnetat temperatures of liquid nitrogen and liquid helium.The spin-wave system was strongly excited by parallel pumpingwith microwaves of frequency ω p > 2 ω i.Line shapes and frequency shifts of the emission depend ontemperature, static magnetic field, pump power and time durationof the pump pulse. Discussion of obtained results is given.

    DOI: 10.1143/JPSJ.65.4072

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Quantum effect in the high-field phase of CsCuCl3

    M. Motokawa, M. Arai, M. Ohta, M. Mino, H. Tanaka, K. Ubukata

    Physica B: Condensed Matter   211 ( 1-4 )   199 - 204   1995年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0921-4526(94)00985-5

    Scopus

    researchmap

  • Neutron diffraction study of DyAg in high magnetic field

    M. Motokawa, M. Arai, M. Mino, K. Ubukata, T. Bokui, M. Fujita, P. Morin

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   140-144   1107 - 1108   1995年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0304-8853(94)01004-8

    researchmap

  • Structural evolution of spin-peierls material CuGeO studied by neutron scattering

    M.Arai, M.Fujita, K.Ubukata, H.Ohta, M.Motokawa, T.Otomo, K.Ohyama, M.Mino, J.Akimitsu, O.Fujita

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   140-144   1689   1995年

     詳細を見る

  • The Lattice evolution of the spin-Peierls material CuGeO<sub>3</sub> studied by the neutron scattering

    M.Fujita, M.Arai, K.Ubukata, H.Ohta, M.Mino, M.Motokawa, K.Knight, R.Ibberson, J.B.Forsyth, S.M.Bennington, O.Akimitsu, J.Fujita

    Physica B   213-214   288   1995年

     詳細を見る

  • Magnetic structure of DyAg in high magnetic field studied by neutron diffraction 共著

    K.Ubukata, M.Arai, M.Fujita, M.Mino, T.Bokui, P.Morin, M.Motokawa

    Physica B   213-214   1022   1995年

     詳細を見る

  • Magnetic structure of DyAg in high magnetic fields

    K. Ubukata, T. Bokui, M. Arai, M. Mino, P. Morin, M. Motokawa

    Physica B: Condensed Matter   201   163 - 166   1994年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0921-4526(94)91074-x

    Scopus

    researchmap

  • Neutron diffraction of CsCuCl3 in high fields

    M. Mino, K. Ubukata, T. Bokui, M. Arai, H. Tanaka, M. Motokawa

    Physica B: Condensed Matter   201   213 - 216   1994年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0921-4526(94)91086-3

    Scopus

    researchmap

  • Neutron Scattering Studies on Spin-Peierls Material CuGeO3

    Masatoshi Arai, Masaki Fujita, Katsunori Ubukata, Takahiro Bokui, Kiyoshi Tabata, Hitoshi Ohta, Mitsuhiro Motokawa, Toshiya Otomo, Kenji Ohyama, Michinobu Mino, Jun Akimitsu, and Osamu Fujita

    Journal of the Physical Society of Japan   63 ( 5 )   1661 - 1665   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Crystal structure and phonon dynamics up to 150 meV of the spin-Peierls material CuGeO3 have been investigated by neutron scattering experiments. We found a large lattice anomaly in the a-b plane, vertical to the one-dimensional antiferromagnetic spin chain, associated with additional diffraction peaks in the b∗-axis at temperatures much higher than the spin-Peierls transition temperature. The phonon modes of the chain oxygens at 100 meV show consistent evolution with diffraction. Therefore, we conclude that the structural evolution of the chain oxygens in the a-b plane, which mediates the spin-spin interaction along the c-axis, drives the spin-Peierls transition. © 1994, THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. All rights reserved.

    DOI: 10.1143/JPSJ.63.1661

    Scopus

    researchmap

  • Neutron Diffraction of CsCuCl3 and DyAg in High Magnetic Fields

    M. Motokawa, M. Arai, M. Mino, K. Ubukata, T. Bokui, M. Fujita

    KENS REPORT-X (KEK)   175   1994年

     詳細を見る

  • Relaxation measurements of flux pinning by a double pulsed field

    M. Motokawa, H. Nojiri, M. Mino, T. Bokui

    Physica B: Condensed Matter   184 ( 1-4 )   522 - 525   1993年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/0921-4526(93)90408-x

    Scopus

    researchmap

  • Development and use of pulsed high magnetic fields for neutron diffraction experiments

    M.Motokawa, M.Arai, M.Mino, K.Ubukata, T.Bokui, M.Fujita

    Proceedings of the Twelfth Meeting of the International Collaboration Advanced Neutron Sources 24-28 May   1   260   1993年

     詳細を見る

  • Magnetic Phase Transition of CsCuCl in Pulsed Magnetic Field

    M.Mino, K.Ubukata, T.Bokui, M.Arai, H.Tanaka, M.Motokawa

    Proceedings of the Fifth International. Symposium on Advanced Nuclear Energy Research   416   1993年

     詳細を見る

  • Quasiperiodic and chaotic oscillations of magnon systems driven by modulated pumping field

    M.Mino, S.Mitsudo, H.Yamazaki

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   104-107,1055   1055   1992年

     詳細を見る

  • Influence of radiation damping on the threshold of auto-oscillations in YIG under parallel pumping

    H.Yamazaki, Y.Yunoki, M.Mino, S.Mitsudo, V.L.Safonov

    J.Magn.Magn.Mater.   104-107,1059   1059 - 1060   1992年

     詳細を見る

  • Period-doubling cascade and chaos in YIG at first-order Suhl instability

    S.Mitsudo, M.Mino, H.Yamazaki

    Journal of Magnefism and Magnetic Materials   104-107   1057 - 1058   1992年

     詳細を見る

  • Fractal Structure of Strange Attractor at the Subsidiary Resonance in Yttrium Iron Garnet

    Seitaro Mitsudo, Michinobu Mino, Hitoshi Yamazaki

    Journal of the Physical Society of Japan   59 ( 12 )   4231 - 4234   1990年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.1143/jpsj.59.4231

    Scopus

    researchmap

  • Transition to chaotic state in spin-wave turbulence

    M. Mino, S. Mitsudo, H. Yamazaki, K. Nakamura

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   90-91   781 - 782   1990年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/s0304-8853(10)80284-7

    Scopus

    researchmap

  • Strange Attractors in Parallel-Pumped Spin-Wave Instabilities : Bifurcation of Multifractals(共著)

    Michinobu Mino, Hitoshi Yamazaki, Katsuhiro Nakamura

    Physical Review B   40 ( 7 )   5279 - 5281   1989年9月

     詳細を見る

  • Chaos in Spin-Wave Instabilities : -Theory and Experiments-

    H YAMAZAKI, M MINO

    Progress of Theoretical Physics   98 ( 98 )   400 - 419   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • EXAFS study on fe-doped YBa2Cu3Oy

    Akihisa Koizumi, Hironobu Maeda, Naruhiko Bamba, Hiroshi Maruyama, Eiji Takayama-Muromachi, Jun Shi, Kazuaki Shimizu, Michinobu Mino, Hitoshi Yamazaki

    Japanese Journal of Applied Physics   28 ( 2 A )   L203 - L206   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An extended X-ray absorption fine structure (EXAFS) method was applied to YBa2Cu3-xFexOy with x=0.05, 0.1, 0.2, 0.3, 0.4 and 0.5. Fe atoms are surrounded by six oxygen atoms with a distance of about 1.85 Å, and they mainly substitute for the Cu(1) site over the whole concentration range. The local structures around Cu atoms and Y atoms are also reported. © 1989 The Japan Society of Applied Physics.

    DOI: 10.1143/JJAP.28.L203

    Scopus

    researchmap

  • Parametric Excitation of Spin-Wave Through Spin-Flop Critical Field Resonance in (C<sub>2</sub>H<sub>5</sub>NH<sub>3</sub>)<sub>2</sub>CuCl<sub>4</sub>

    H.Yamazaki, J.Shi, M.Mino

    Journal de Physique   49 ( C8 )   1607   1988年

     詳細を見る

  • Multi-Fractals of Strange Attractors in Parallel-Pumped Spin-Wave Instabilities 査読

    K.Nakamura, M.Mino, H.Yamazaki

    Journal de Physique   49-C8,1599   1988年

     詳細を見る

  • Chaos and Strange Attractor of Parallel-Pumped Magnons in YIG

    H.Yamazaki, M.Mino

    Journal de Physique   49 ( C8 )   1609   1988年

     詳細を見る

  • Strange Attractor of Chaotic Magnons Observed in Ferromagnetic (CH3NH3)2CuCl4

    Yamazaki Hitoshi, Mino Michinobu, Nagashima Hiroyuki, Warden Mike

    Journal of the Physical Society of Japan   56 ( 2 )   742 - 750   1987年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    By parallel pumping experiments in ferromagnetic (CH3NH3)2CuCl4 chaotic auto-oscillations of magnon amplitude are observed at the pumping frequency of 9.39 GHz and the temperature of 1.65 K. Strange attractors constructed in three-dimensional phase space from time series data of chaotic oscillations display properties of stretching and folding of the sheet of trajectories. Fractal dimensions of strange attractors are obtained by the method of the correlation integral as a function of driving microwave power. With increasing driving power fractal dimension increases from 1.6 to 3.4. The largest Lyapunov exponent is obtained as $0.43\pm 0.05$ by using empirical return maps. The chaotic state arises directly from period-two oscillations without cascade of period doubling bifurcations.

    DOI: 10.1143/JPSJ.56.742

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00214814813?from=CiNii

  • Characterization of Chaotic States of Parallel-Pumped Magnons in Yttrium Iron Garnet

    Michinobu Mino, Hitoshi Yamazaki

    Journal of the Physical Society of Japan   55 ( 12 )   4168 - 4171   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Parallel pumping experiments in YIG magnons have been performed at 4.2 K. Above the spin-wave instability threshold, chaotic auto-oscillations are observed. From time-series data, return maps, fractal dimensions, positive Lyapunov exponents, phase space portraits of strange attractors and two-dimensional Poincare sections are obtained. The largest Lyapunov exponent, which describes the degree of chaos, is obtained as 0.34. The Poincare sections of the phase space trajectories exhibit the stretching and holding which are characteristics of strange attractors. © 1986, THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. All rights reserved.

    DOI: 10.1143/JPSJ.55.4168

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 24pCF-11 TMTSFドナー単結晶の光誘起伝導とキャリア制御(24pCF 界面デバイス,領域7(分子性固体・有機導体))

    大嶋 孝吉, 岩間 智哉, 味野 道信

    日本物理学会講演概要集   67 ( 1 )   882 - 882   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 物理チャレンジ2008・フジックスライブ

    味野道信

    大学の物理教育   14 ( 3 )   158 - 158   2008年

     詳細を見る

  • 8aPS-106 2重励起によるスピン波系自励発振の観測(遍歴磁性,化合物磁性,スピングラス・ランダム系,量子スピン系,磁気共鳴一般,実験技術開発等,領域3)

    味野 道信, 塚本 誠之, 山嵜 比登志

    日本物理学会講演概要集   57 ( 2 )   386 - 386   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 8aPS-104 マグノン系カオスのマイクロ波変調による制御(遍歴磁性,化合物磁性,スピングラス・ランダム系,量子スピン系,磁気共鳴一般,実験技術開発等,領域3)

    松嶋 亮潤, 味野 道信, 浦上 久幸, 山嵜 比登志

    日本物理学会講演概要集   57 ( 2 )   385 - 385   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 8aPS-105 YIGにおけるパラメトリック励起された静磁モードの緩和時間 II(遍歴磁性,化合物磁性,スピングラス・ランダム系,量子スピン系,磁気共鳴一般,実験技術開発等,領域3)

    塚本 誠之, 味野 道信, 山嵜 比登志

    日本物理学会講演概要集   57 ( 2 )   385 - 385   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aPS-95 FeBO_3マイクロ波放射の励起電力依存性(25aPS 遍歴電子磁性・化合物物性,量子スピン系,フラストレーション系,f電子系,磁性一般,磁気共鳴,実験技術,領域3(磁性,磁気共鳴分野))

    味野 道信, 石原 健司, 塚本 誠之, 山嵜 比登志

    日本物理学会講演概要集   57 ( 1 )   417 - 417   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aPS-96 YIGにおけるパラメトリック励起された静磁モードの緩和時間(25aPS 遍歴電子磁性・化合物物性,量子スピン系,フラストレーション系,f電子系,磁性一般,磁気共鳴,実験技術,領域3(磁性,磁気共鳴分野))

    塚本 誠之, 味野 道信, 山嵜 比登志

    日本物理学会講演概要集   57 ( 1 )   417 - 417   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 31a-YG-8 KCuF_3のAFMR測定(磁気共鳴)

    史 慶藩, 味野 道信, 山嵜 比登志, 山田 勲

    日本物理学会講演概要集. 年会   51 ( 3 )   254 - 254   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28p-PS-26 マグノン系カオスのストレンジアトラクタとf(α)スペクトルII(統計力学・物性基礎論)

    味野 道信, 山嵜 比登志, 中村 勝弘, Warden M., Senning B.

    年会講演予稿集   44 ( 3 )   361 - 361   1989年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27p-PS-30 (CH_3NH_3)_2CuCl_4におけるマグノンカオス(磁性ポスターセッション)

    山嵜 比登志, 味野 道信

    年会講演予稿集   42 ( 3 )   46 - 46   1987年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 29a-CN-2 マグノンにおける決定論的カオスの観測II(磁性(理論・化合物))

    味野 道信, 山嵜 比登志, Warden M., Waldner F., 長島 弘幸

    年会講演予稿集   41 ( 3 )   28 - 28   1986年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 物理チャレンジ2019報告:II.第2チャレンジ実験問題

    長谷川修司, 石川真理代, 市原光太郎, 一宮彪彦, 大塚洋一, 井通暁, 海老崎功, 右近修治, 川村康文, 岸澤眞一, 毛塚博史, 小牧研一郎, 近藤泰洋, 櫻井一充, 下田正, 真梶克彦, 末元徹, 鈴木功, 瀬川勇三郎, 武士敬一, 遠山濶志, 林壮一, 深津晋, 松本益明, 松本悠, 味野道信

    日本物理学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月10日 - 2019年9月13日

    researchmap

  • 大きく変わった物理チャレンジ2020(オンライン化によるニューノーマル)

    長谷川修司, 岸澤眞一, 佐藤誠, 植田毅, 一宮彪彦, 味野道信

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月10日 

     詳細を見る

  • 物理チャレンジ2018報告:III 第2チャレンジ実験問題

    大塚洋一, 石川真理代, 市原光太郎, 一宮彪彦, 井通暁, 海老崎功, 右近修治, 川村康文, 岸澤眞一, 毛塚博史, 小牧研一郎, 近藤泰洋, 櫻井一充, 下田L, 真梶克彦, 末元徹, 鈴木功, 瀬川勇三郎, 武士敬一, 遠山濶志, 長谷川修司, 林壮一, 深津晋, 松本益明, 松本悠, 味野道信

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 異なる周波数を持つマイクロ波同時励起下での強磁性YIGスピン波の不安定化増大閾値

    阪井昂樹, 味野道信

    応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会  2018年8月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 物理チャレンジ2017報告:IV 第2チャレンジ実験問題

    大塚洋一, 石川真理代, 市原光太郎, 一宮彪彦, 井通暁, 海老崎功, 右近修治, 大嶋孝吉, 川村康文, 岸澤眞一, 毛塚博史, 小牧研一郎, 近藤泰洋, 櫻井一充, 下田正, 真梶克彦, 末元徹, 鈴木功, 瀬川勇三郎, 武士敬一, 遠山濶志, 長谷川修司, 林壮一, 深津晋, 松本益明, 松本悠, 味野道信

    日本物理学会 2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 科学研究者を目指す高校生への物理教育の試み 岡山大学での実践例

    原田勲, 味野道信, 稲田佳彦

    日本物理学会 2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 物理チャレンジ2016報告:IV. 第2チャレンジ実験問題

    松本益明, 一宮彪彦, 井通暁, 右近修治, 大嶋孝吉, 大塚洋一, 川村康文, 岸澤眞一, 毛塚博史, 小牧研一郎, 近藤泰洋, 桜井一充, 下田正, 真梶克彦, 末元徹, 鈴木功, 瀬川勇三郎, 武士敬一, 遠山濶志, 長谷川修司, 林壮一, 深津晋, 松本悠, 味野道信

    日本物理学会2016秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学における高校生を対象にしたグローバルサイエンスキャンパス物理分野の取り組み

    味野道信, 稲田佳彦, 原田勲

    日本物理学会2016秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非平衡マグノン系からの放射マイクロ波時系列観測

    日本物理学会 2015年秋季大会  2015年 

     詳細を見る

  • Microwave radiation from parametrically excited magnons

    20th International Conference on Magnetism  2015年 

     詳細を見る

  • 物理チャレンジ2015 報告:IV 第2 チャレンジ実験問題

    日本物理学会 2015年秋季大会  2015年 

     詳細を見る

  • Microwave radiation from parametrically excited magnons

    20th International Conference on Magnetism  2015年 

     詳細を見る

  • 物理チャレンジを軸にした物理才能教育における地域連携

    日本物理学会第67回年次大会  2012年 

     詳細を見る

  • 物理チャレンジを活用した物理普及活動

    日本物理会2012年秋季大会  2012年 

     詳細を見る

  • 第8回全国物理コンテスト・物理チャレンジ2012実験問題

    日本物理会2012年秋季大会  2012年 

     詳細を見る

  • Chaotic motion of magnetic domain structure under alternate field

    磁性国際会議(ICM2012)  2012年 

     詳細を見る

  • 岡山大学における学生提案型「先取り研究」の取り組み

    日本物理会2012年秋季大会  2012年 

     詳細を見る

  • 非平衡マグノン系緩和の放射マイクロ波スペクトルによる観測II

    日本物理学会第67回年次大会  2012年 

     詳細を見る

  • 第7回全国物理コンテスト・物理チャレンジ2011実験問題

    日本物理学会2011秋季大会  2011年 

     詳細を見る

  • 才能育成教育の構築 -地域に科学教育拠点を-

    日本物理学会2011秋季大会  2011年 

     詳細を見る

  • 非平衡マグノン系緩和の放射マイクロ波スペクトルによる観測

    日本物理学会2011秋季大会  2011年 

     詳細を見る

  • 振動磁場下ガーネット薄膜における磁化課程異常

    日本物理学会 第63回年次大会  2008年 

     詳細を見る

  • 岡山大学の中高生に向けた理科教育プログラムの取り組み

    日本物理学会 2008年秋季大会  2008年 

     詳細を見る

  • 第4回全国物理コンテスト・物理チャレンジ2008報告III 全体報告

    日本物理学会 2008年秋季大会  2008年 

     詳細を見る

  • 振動磁場下のYIGにおける磁壁運動

    日本物理学会 2007春期大会  2007年 

     詳細を見る

  • 非平衡マグノン系における放射マイクロ波スペクトルの励起電力変化

    日本物理学会 2007春期大会  2007年 

     詳細を見る

  • 振動磁場下のガーネット薄膜における非周期磁化課程

    日本物理学会 2007年次大会  2007年 

     詳細を見る

  • 全国物理コンテスト「物理チャレンジ」

    日本物理学会 中国・四国支部,応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会中国四国支部 2007年度支部学術講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 非平衡マグノン系における放射マイクロ波スペクトルの励起電力変化II

    日本物理学会 2007年次大会  2007年 

     詳細を見る

  • 非線形励起されたYIG 薄膜マグノン系からのマイクロ波放射

    日本物理学会第61 回年次大会  2006年 

     詳細を見る

  • 磁気共鳴による非平衡スピン波系の研究

    第45 回電子スピンサイエンス学会年会  2006年 

     詳細を見る

  • Direct estimation of zero-field energy gap in the nano-scale single molecular magnet V15

    International Conference on Magnetism (ICM2006)  2006年 

     詳細を見る

  • 非平衡マグノン系からのマイクロ波放射II

    日本物理学会2006 年秋季大会  2006年 

     詳細を見る

  • ナノスケール分子磁性体V15 における極低温低周波ESR

    日本物理学会 第61 回年次大会  2006年 

     詳細を見る

  • Microwave radiation from parametrically excited YIG

    International Conference on Magnetism (ICM2006)  2006年 

     詳細を見る

  • 磁性薄膜におけるストライプ磁区構造緩和

    日本物理学会2005年秋季大会  2005年 

     詳細を見る

  • 交番磁場下におけるストライプ磁区クラスタの緩和過程

    日本物理学会中国支部・四国支部、応用物理学会中国四国支部 2005年度学術講演会  2005年 

     詳細を見る

  • ナノスケール分子磁性体V15における低周波ESR

    日本物理学会2005年秋季大会  2005年 

     詳細を見る

  • 非線形励起されたYIG薄膜における静磁モードからのマイクロ波放射

    日本物理学会中国支部・四国支部、応用物理学会中国四国支部 2005年度学術講演会  2005年 

     詳細を見る

  • パラメトリック励起されたYIGマグノン系からの間欠的マイクロ波放射II

    日本物理学会第59回年次大会  2004年 

     詳細を見る

  • ガーネット磁区構造の交番磁場依存性

    日本物理学会応用物理学会中国四国支部例会  2004年 

     詳細を見る

  • 磁区パターンの交番磁場依存性

    日本物理学会2004年秋季大会  2004年 

     詳細を見る

  • 自然科学の楽しさを伝えたい -岡山大学サイエンススクールの試み-

    電気学会・教育フロンティア研究会  2004年 

     詳細を見る

  • Magnetic domain structure in thin film under alternate magnetic field

    International Conference on Magnetism 2003  2003年 

     詳細を見る

  • 交番磁場下ガーネット薄膜のストライプ状パターンサイズ分布

    日本物理学会第58回年次大会  2003年 

     詳細を見る

  • YIGにおけるスール1次不安定化によるマイクロ波放射

    日本物理学会第58回年次大会  2003年 

     詳細を見る

  • パラメトリック励起されたYIGからのマイクロ波の間欠的放射

    日本物理学会2003年秋期大会  2003年 

     詳細を見る

  • ガーネット薄膜ドメインパターンの交番磁場依存性

    日本物理学会2003年秋期大会  2003年 

     詳細を見る

  • パラメトリック励起されたYIGマグノン系からの間欠的マイクロ波放射

    日本物理学会中国四国支部例会  2003年 

     詳細を見る

  • スール1次不安定領域におけるスピン波系揺らぎの周波数分布

    日本物理学会2003年秋期大会  2003年 

     詳細を見る

  • 励起マイクロ波振幅変調によるYIGマグノン系カオスの制御

    日本物理学会中国支部・四国支部・応用物理学会中国四国支部2002年例会  2002年 

     詳細を見る

  • YIGにおけるパラメトリック励起された静磁モードの緩和時間II

    日本物理学会2002年秋季大会  2002年 

     詳細を見る

  • 2重励起によるスピン波系自励発振の観測

    日本物理学会2002年秋季大会  2002年 

     詳細を見る

  • Relaxation time of parametrically excited mognetostatic mode in YIG

    The 23rd International Conference on Low Temperature Physics  2002年 

     詳細を見る

  • マグノン系カオスのマイクロ波振幅変調による制御

    日本物理学会2002年秋季大会  2002年 

     詳細を見る

  • YIGにおけるパラメトリック励起された静磁モードの緩和時間

    日本物理学会第27回年次大会  2002年 

     詳細を見る

  • FeBO3マイクロ波放射の励起電力依存性

    日本物理学会第27回年次大会  2002年 

     詳細を見る

  • パラメトリック励起されたYIGマグノン系における静磁モードの緩和時間

    日本物理学会中国支部・四国支部・応用物理学会中国四国支部2002年例会  2002年 

     詳細を見る

  • Control of spin-wave instability threshold in YIG sphere

    The 23rd International Conference on Low Temperature Physics  2002年 

     詳細を見る

  • ガーネット薄膜磁区構造の交番磁場依存性

    日本物理学会中国支部・四国支部・応用物理学会中国四国支部2002年例会  2002年 

     詳細を見る

  • YIG薄膜におけるスピン波カオスの観察

    日本物理学会中国支部・四国支部,応用物理学会中国四国支部例会  2001年 

     詳細を見る

  • Parametrically excited magnetoelastic waves in FeBO3

    Third Asia-Pacific EPR/ESR Symposium  2001年 

     詳細を見る

  • 非線形励起された強磁性体における静磁モードからのマイクロ波放射

    日本物理学会中国支部・四国支部,応用物理学会中国四国支部例会  2001年 

     詳細を見る

  • Microwave radiation from magnetostatic mode in high power FMR

    Third Asia-Pacific EPR/ESR Symposium  2001年 

     詳細を見る

  • 交番磁場下における磁区構造パターンの観察

    日本物理学会中国支部・四国支部,応用物理学会中国四国支部例会  2001年 

     詳細を見る

  • FeBO3における磁気弾性波のパラメトリック励起による自励発振

    日本物理学会中国支部・四国支部,応用物理学会中国四国支部例会  2001年 

     詳細を見る

  • FeBO3におけるマグノン-フォノン結合系の自励発振

    第56回日本物理学会年次大会  2001年 

     詳細を見る

  • 交番磁場における磁区構造の緩和現象III

    第55回日本物理学会年会  2000年 

     詳細を見る

  • Half the pumping frequency radiation in YIG under the parallel pumping

    International Conference on Ferrites (ICF8)  2000年 

     詳細を見る

  • スピン波系カオスのフィードバックによる制御

    日本物理学会第55回年次大会  2000年 

     詳細を見る

  • Relaxation of magnetic domain structure in garnet thin film under field cycles

    International Conference on Magnetism (ICM2000)  2000年 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • マグノン系ボーズ凝縮を用いたマイクロ波デバイスの開発

    研究課題/領域番号:24656236  2012年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    味野 道信

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    室温でマグノン系にボーズアインシュタイン凝縮が発生する事が光散乱実験により報告されている。この非線形緩和過程を利用する新しいマイクロ波デバイスを開発する目的で、パラメトリック励起された強磁性マグノンからのマイクロ波放射を実験的に調査した。平行励起とスール1次不安定化過程による垂直励起により、強磁性体イットリウム・鉄・ガーネット(YIG)のマグノン励起を行った。大電力励起下では、多くの周波数成分を持つ放射が同時に観測される。放射スペクトルは静磁場、つまり静磁モードに強く依存していることが分かった。また、放射の時系列データからも4マグノン散乱過程が放射機構に関与している事が明らかになった。

    researchmap

  • 繰り返しパルス磁場を用いた超高精度テラヘルツESRシステムの開発

    研究課題/領域番号:13554011  2001年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    野尻 浩之, 松田 康弘, 味野 道信, 山嵜 比登志, 小山 佳一, 左近 拓男

      詳細を見る

    配分額:14100000円 ( 直接経費:14100000円 )

    本研究では、30テスラの超強磁場を2秒の繰り返しで発生できる繰り返しパルス磁場装置をテラヘルツESR装置と組み合わせて、信号の積算を行う事により飛躍的なS/N比(信号/ノイズ比率)の改善を達成した。これまで市販のESR装置が100GHz程度までに留まっていたのに対して、本装置では3THzを越える周波数範囲で超高精度の測定を可能にした。従来の単発型パルス磁場ESR装置に比べて単位測定時間あたりのS/N比の改善は50倍以上となり、極微少な信号の検出が可能になった。また定常磁場を用いた高感度装置に対しても遜色のない精度を達成した上に、単位時間に測定できるスペクトル数で定義する測定効率は格段に向上した。磁場分解能に関しては、時間スペクトル積算法において20テスラ領域で約10ガウス、ソフトウエアを用いたピークピッキング積算法により約1ガウスの分解能を達成することに成功した。この装置の応用実験として、梯子物質における極微弱な禁制遷移を2THz以上の高周波で測定することに成功した。また、ナノ分子クラスターの微少単結晶を用いて複雑なESR吸収モードを測定し、そのスピンハミルトニアンのパラメーターを精密に測定することに成功した。今回の開発研究の結果、テラヘルツ領域でのESRを物理だけでなく、生物、化学、医学、材料科学などの研究においても用いる道が開かれた。今後の発展として、繰り返しパルス磁場を用いた分光、ラマン散乱、磁化測定、放射光X線散乱などへの応用も期待される。

    researchmap

  • ガーネット薄膜における動的磁区構造の研究

    研究課題/領域番号:12740236  2000年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    味野 道信

      詳細を見る

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    膜面垂直方向に磁化容易軸を持つ,Bi置換ガーネット薄膜を試料にして磁区構造パターンに関する研究をおこなった.この組成の試料は,ファラデー効果により磁区構造が偏光顕微鏡で直接観察可能である.まず,今までに行った低周波領域での緩和に伴うパターン変化実験結果の解析を進めた.1Hz以下の交番磁場下で迷路状構造がストライプ状パターンに変化する場合のパターン全体の相関長の変化,ドメインの分岐点や終端などの欠陥分布の解析を行った.パターンの相関長は交番磁場を加えることにより最初緩やかにべき関数的に増加するが,緩和がある程度進んだ段階から速さが増加する.これは,パターンに最初含まれる小さな渦状構造の消滅に関連している.印可する交番磁場の振幅によって,この渦構造の消滅までの時間が異なるため,緩和速度が変化する時間も異なるが,速度変化点でのパターンは同様な相関長を持つことが明らかとなった.パターンの欠陥も初期状態では均一に分布しているが,緩和が進むと特定の領域に集中する.初期の緩和がゆっくりと進行している領域では,欠陥間の距離を規格化すると分布は同一であることが分かった.さらに,交番磁場の周波数及び振幅を増加させた場合,ストライプが異なる方向に平行に揃った領域間での競合が発生する.この時,ストライプが平行に揃った各ドメインサイズはは交番磁場振幅が大きくなると減少する.これは相転移点近傍の高温側で見られるのクラスターサイズの問題に関連していると思われる.より高周波および大振幅領域で,パターンの時間平均コントラストの解析から動的構造相転移の検証を試みたが,磁場強度の不足等によりその存在の確証を得るには至らなかった.しかし,時間平均後にも構造を持つことより,外部交番磁場の周期に比べて長周期な自発構造が発生していることを確認した.

    researchmap

  • 磁性薄膜における磁区パターン形成過程の観測

    研究課題/領域番号:10740191  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    味野 道信

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    強磁性体薄膜において観測される磁区構造の,交番磁場下における緩和現象に関する研究を行った.強磁性体ガーネット薄膜は膜面の垂直方向に磁化容易軸を持つため,偏光顕微鏡を用いて直接磁区構造を観察することができる.外部静磁場がゼロの場合に特定の条件下で観測される島状の磁区構造を初期状態として,これがストライプの迷路状構造に変化する過程に関して測定を行った.磁区のストライプ幅は,異方性と磁化によりほぼ一定に保たれるので,今回は,磁区の長さの逆数に相当する島状磁区の数を特徴的な量として測定を行った.島の数は,最初は加える交番磁場の回数に対して指数関数的に急速に減少する.しかし,ある程度減少した後は,交番磁場回数に対してべき関数的なゆっくりした現象過程に変化する.これは,島状の構造が磁区が平行に揃ったストライプ構造に変化する過程が,2段階に起こっていることを意味している.最初の島が繋がる過程,つまり短い帯が発生する過程は試料のいくつかの領域で独立に発生する.つまり離れた2点間には相関がなく,帯の向きは各領域でほぼランダムであると考えられる.この自発的対称性の破れが発生する初期過程は比較的短時間に急速に,つまり指数関数的に進行すると考えられる.各領域の帯の長さが有る程度発達し互いに接するようになると,試料全体に渡って帯の向きが揃い始める緩和過程に移行する.これが,後半に観測された磁区が伸びる過程であり,帯の向きが異なる各領域間の競合であると考えられる.この過程は,各領域の界面間の相互作用が緩和の駆動力となるため,比較的ゆっくりと長時間にわたって進行することになる.このためにべき関数的な特徴が現れたののではないかと考えられる.

    researchmap

  • YIGマグノンからのマイクロ波放射

    研究課題/領域番号:09640435  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山崎 比登志, 味野 道信

      詳細を見る

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    強磁性体スピン波系に対して,高電力マイクロ波による非線形励起(パラメトリック励起)を行うと,特定の波数を持ったマグノンのみが強く励起されて増大するため,マグノン非平衡状態を作り出すことが出来る.これらのマグノンが直接に,あるいは,マグノン散乱過程により別の周波数のマグノンとなり間接に,マイクロ波を放射する.すなわち放射緩和が起こることが期待される.したがってマグノン系からのマイクロ波放射を検出することにより,マグノン間相互作用あるいはマグノン凝縮状態に関するデータが得られると期待される.
    非平衡マグノンはマイクロ波共振器内に置かれたフェリ磁性体YIG(イットリウム・鉄・ガーネット)内に励起されるが,このマグノンという非線形振動子はマイクロ波フォトンと非線型結合してマグノン-フォトン非線形結合共振モードが出現する.この結合モードの特性を実験・理論の両面から解明した.実験は高電力マイクロ波により共振モードを作り出し,そこへ弱い第二のマイクロ波を加えてその周波数をスウィープしながら共振モードを観測した.
    放射マイクロ波を検出する実験はYIGの球状単結晶の磁化容易軸である[111]軸方向および単結晶薄膜の膜面内([111]軸に垂直)に静磁場と9-16GHzマイクロ波磁場を加える平行励起法で行った.放射マイクロ波は試料の周りに巻いたピックアップコイルにより検出し,マイクロ波スペクトラムアナライザでそのパワースペクトラムを解析した.また放射マイクロ波強度が減衰する時間変化の測定からスピン波緩和時間を測定した

    researchmap

  • 強磁性体における非平衡マグノンの擬縮状態の研究

    研究課題/領域番号:08454098  1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    山嵜 比登志, 味野 道信

      詳細を見る

    配分額:6900000円 ( 直接経費:6900000円 )

    強磁性体の磁気モーメントに平行に強いマイクロ波磁場を加え非線形励起(パラメトリック励起)を行うと,特定の波数を持ったマグノンのみが強く励起されて、マグノン非平衡状態を作り出すことが出来る.これらのマグノンはマグノン間散乱過程によりエネルギーを失い,やがてマグノンバンドの底に集まって凝縮状態になることが予想される.この研究ではまずこの凝縮状態のマグノンが放射するマイクロ波を探索し,その性質を明らかにしようとした.非線形励起実験はイットリウム・鉄・ガ-ネット(YIG,直径約1mmの単結晶球)の磁化容易軸である[III]軸方向に磁場を加えて行った.励起マイクロ波周波数は9.6GHzで,シンセサイザからの出力マイクロ波を進行波管増幅器により最大16Wに増幅して試料に加えた.その結果試料の周りに巻いた小さいピックアップコイルによってマイクロ波信号が検出された.そのシグナルはロ-パスフィルタ,低雑音マイクロ波増幅器を経てマイクロ波・スペクトラム・アナライザで観測された.そのマイクロ波の周波数は励起マイクロ波のそれとは異なり、スピン波バンドの底よりやや低い周波数およびその2倍,3倍の周波数であった.そのスペクトルは幅を持っているため,マグノンが単一周波数に凝縮しているという確証はまだ得られていない.また非平衡マグノン対とそれを励起するマイクロ波共振器との非線形相互作用も重要になり、それら2つの結合系として扱わなければならない.その考えの基に理論的考察も進めている.

    researchmap

  • 磁壁移動に関する非線形動力学の光学的観測

    研究課題/領域番号:08874036  1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽的研究  萌芽的研究

    山嵜 比登志, 味野 道信, 圓山 裕

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    交流磁場中におけるガ-ネット薄膜の磁壁移動による磁区構造の緩和過程に関する研究を行った.ガ-ネット薄膜では赤外および可視光の長波長領域でのファラデー効果を用いて,その磁区構造を偏光顕微鏡によって観測することができる.磁化容易軸,つまり膜面に対して垂直方向に磁場を加えて試料を単磁区化した後に磁場を急速に取り除くと,渦巻き状の磁区が複雑に組み合わさった構造が観測される.その後,数百ガウスの交流磁場(本実験では0.25Hz)を繰り返し加えることによって,この磁区構造に変化が発生する.このとき帯状の磁区がY字状に分岐する点に着目し,定量的解析を行った.このY字状分岐の数は,交流磁場を加えることによって指数関数的に減少する.これは急激な磁場変化のために凍結されていた構造が,摂動磁場によって緩和する過程であると考えられる.さらにその分岐点の空間的分布を調べるために,相関積分法を用いた解析を行った.初期状態では相関距離と相関積分の両対数プロットは傾きが約2の直線上にあり,薄膜の2次元平面上にほぼ均等に分布していることがわかる.交流磁場を加えた後には,相関距離の短い領域で傾きが1.5程度と2次元から1次元の方向に変化する傾向が読み取れた.これは,最初渦巻状に入り組んでいた磁区構造が,磁壁が平行にそろったストライプ状の構造に変化するためと思われる.つまり,磁壁が平行にそろった各領域の中ではY字状分岐が減少し,隣接するストライプ状領域との境界上に沿って1次元的に分岐が残るためである.この時,両対数プロットの傾きが変化する相関距離はストライプ状構造の特徴的長さを与えていると考えられる.

    researchmap

  • 変調励起下でのスピン波系非線形緩和の研究

    研究課題/領域番号:06740292  1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    味野 道信

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    大電力マイクロ波によって強磁性体や反強磁性体のマグノンを励起すると,その非線形緩和のためにマグノン数に自励発振さらにはカオスが発生する.この発振現象について以下の2点について研究を行った.
    1.変調励起下での引き込み現象の観測
    一般に2つの振動子系が非線形に結合されている場合に,周波数の引き込み現象や準周期ルートからのカオスが観測される.今回マグノン系の自励発振に,励起マイクロ波に振幅変調を加える方法と,外部静磁場に変調を加える2つの方法を用いて,発振の引き込み現象について研究を行った.どちらの場合も,ア-ロルドの舌と呼ばれている状態図によく似た引き込みの相図を得ることができた.このことは,励起マイクロ波及び外部静磁場が非線形なコントロールパラメータとして発振現象に関与していることを示唆している.従って今後このパラメータを精密に制御する事によって,カオス発生点近傍及びカオス-カオス転移点での普遍性などの研究が可能であると思われる.
    2.マグノンの緩和定数と自励発振の関係
    一定の励起周波数のもとで外部静磁場を変化させると,励起されるマグノンの波数が増滅し緩和定数を変化させることができる.この時,自励発振周波数がどう変化するか測定を行った.磁場を低磁場側に変化させ,励起されるマグノンの緩和時間を短くすると発振周波数は高くなる結果を得た.次にシミュレーションで同様に緩和時間を変化させたところ,自励発振周波数は高周波数側にシフトしたが,変化の様子は実験とは異なっていた.このことから,自励発振機構には波数依存性を持つ他のパラメータが重要であることがあらためて明らかとなった.

    researchmap

  • 高温酸化物超伝導体におけるフォノン異常の中性子散乱による研究

    研究課題/領域番号:05224103  1993年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 重点領域研究  重点領域研究

    新井 正敏, 遠藤 康夫, 山田 和芳, 味野 道信, 本河 光博

      詳細を見る

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    本研究では酸化物高温超伝導体の機構の解明をフォノンの異常と言う観点より研究してきた。一方スピン揺動が超伝導の発生に関与しているらしい実験事実も多くの測定手段により報告されており、両者の相互作用を解明することは、本機構解明にとって、大変重要な問題であった。折しもCuGeO_3なる一次元反強磁性体がSpin-Peierls転移を示すことが報告され、スピンと格子が直接に相互作用をする系として、高温超伝導機構の解明の立場からも非常に興味を持たれた。本研究ではこのような観点に立って、CuGeO_3のスピン相互作用異常、格子構造異常、格子のダイナミックス異常を重点的に研究した。その結果Spin-Peierls転移の生ずるc-軸方向とは直角面内で、格子の構造及びダイナミックスに非常に大きな異常が室温より成長し、転移温度(Tsp=14K)でその格子異常がスピン相互作用と競合することにより、Spin-Peierls転移が生ずることを突き止めた。つまり、銅原子を一次元鎖につないでいる酸素原子がa-b面内で、構造異常を引き起こし、それが銅原子間の超交換相互作用のc-軸方向の変化を生むことにより、スピン-スピン相互作用に変調を起こすと考えられる。しかしながら、より定量的な結果は今後のより詳しい測定、解析を待たねばならない。

    researchmap

  • マグノン系の非線形励起とカオスの研究

    研究課題/領域番号:02952070  1990年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(特別研究員)  奨励研究(特別研究員)

    味野 道信

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Basic Physics Laboratory (2021年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8

  • Research Seminar (2021年度) 第1学期  - その他

  • Research Seminar (2021年度) 第4学期  - その他

  • Research Seminar (2021年度) 第3学期  - その他

  • Research Seminar (2021年度) 第2学期  - その他

  • ミニ実験で体験する物理入門 (2021年度) 第4学期  - 月3~4

  • 物理の法則と科学技術 (2021年度) 第2学期  - 金5~6

  • 物理学への招待 (2021年度) 1・2学期  - 月9

  • 相関磁気構造物理学 (2021年度) 後期  - その他

  • 量子物質物性学 (2021年度) 後期  - 火3,火4

  • 量子物質物理学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • Basic Physics Laboratory (2020年度) 第3学期  - 火5,火6,火7,火8

  • Research Seminar I (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar II (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar III (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar IV (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar V (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar VI (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar VII (2020年度) 特別  - その他

  • Research Seminar VIII (2020年度) 特別  - その他

  • 物理学への招待 (2020年度) 1・2学期  - 月10

  • 相関磁気構造物理学 (2020年度) 後期  - その他

  • 量子物質物性学 (2020年度) 後期  - 火2,火3

  • 量子物質物理学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • MP教養ゼミ(自然科学) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示