2021/07/12 更新

写真a

サナギ ミノル
佐薙 稔
SANAGI Minoru
所属
自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 工学修士 ( 京都大学 )

  • 博士(工学) ( 京都大学 )

研究キーワード

  • マイクロ波

  • microwave

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

所属学協会

  • 米国電気電子学会(The Institute of Electrical and Electronic Engineers)

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会

      詳細を見る

委員歴

  • 電子情報通信学会   中国支部学生会顧問  

    2003年 - 2005年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    電子情報通信学会

    researchmap

 

書籍等出版物

  • 「光波利用センシング」成果報告書 : 6章3・4 光ICセンサによる電界分布の計測(共著)

    オーム社  1990年 

     詳細を見る

MISC

  • 機械的に分配比可変の小型導波管型電力分配器(共著)

    佐薙稔, 小路宗博, 野木茂次, 浜本研一, 丹羽直幹, 高木賢二

    電子情報通信学会論文誌(C)   J95-C ( 6 )   109 - 116   2012年

     詳細を見る

  • A Compact Waveguide Power Divider Mechanical-Controlling Dividing Ratio "jointly worked"

    Minoru Sanagi, Munehiro Koji, Shigeji Nogi, Ken-ichi Hamamoto, Naoki Niwa, and, Kenji Takagi

    IEICE Transactions on Electronics (Japanese Edition)   J95-C ( 6 )   109 - 116   2012年

     詳細を見る

  • Measurement of Scattering Parameters of Devices with Waveguide Ports and Coaxial Line Ports Using Unknown "Thru" Calibration "jointly worked"

    Minoru Sanagi, Kazuhiro Fujimori, Shigeji Nogi

    IEICE Transactions on Electronics (Japanese Edition)   J94-C ( 12 )   487 - 495   2011年

     詳細を見る

  • 導波管ポートと同軸線路ポートをもつ回路素子の散乱行列の未知スルー校正法を用いた測定(共著)

    佐薙稔, 藤森和博, 野木茂次

    電子情報通信学会論文誌(C)   J94-C ( 12 )   487 - 495   2011年

     詳細を見る

  • Design of Highly Efficient and Compact RF-DC Conversion Circuit at mW-class by LE-FDTD Method

    Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E93C ( 8 )   1323 - 1332   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A rectifying antenna is one of the most important components for wireless power transmission applications. In our previous papers, some RF-DC conversion circuits with high conversion efficiency at low input power are proposed. However, these RF-DC conversion circuits have some parts of which size depends on operating frequency, so the circuit size becomes large at low operating frequency. And, the composition of these RF-DC conversion circuits is complicated. Therefore, in this paper, a new RF-DC conversion circuit composed of only chip devices is proposed. This circuit has higher conversion efficiency than the previously proposed circuits. And, size reduction of the RF-DC conversion circuit is realized. Moreover, the composition of the circuit is simple, so the circuit size does not depend on operating frequency. For design of the RF-DC conversion circuits, LE-FDTD method is used. The measurement results agree with analytical results of the LE-FDTD method very well, and availability of the LE-FDTD method is discovered. It is shown that LE-FDTD method is a powerful analytical way which can give efficient design of RF-DC conversion circuit with high conversion efficiency.

    DOI: 10.1587/transele.E93.C.1323

    Web of Science

    researchmap

  • An important relation for determining a high-efficiency RF-DC conversion circuit (共著)

    Shohei Imai, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proceedings of the Asia-Pacific Microwave Conference 2010   2319 - 2322   2010年

     詳細を見る

  • The Design of mW-Class Compact Size Rectenna using Sharp Directional Antenna

    Yasuo Hiramatsu, Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    2009 EUROPEAN MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-3   1243 - 1246   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes the compact size rectenna using the open ended diamond antenna which is radiation pattern of sharp. This antenna which is fabricated at the planer has same dimension as the patch antenna. In addition,this antenna's half beamwidth is more narrow than the patch antenna. To realize the compact size rectenna,the dimension of the rectification circuit is smaller than the antenna. So the rectification circuit is constructed of the chip device has the 59.5% of conversion efficiency and the dimension of this circuit has 10mm x 10mm at 5.8GHz. The rectenna array which is composed of 2 elements is fabricated, and confirm operating. As a result the output voltage is 117mV at 0.6m, and 69mV at 1.0m.

    DOI: 10.1109/EUMC.2009.5295939

    Web of Science

    researchmap

  • A metamaterial mirror with multiple CRLH transmission lines and its imaging quality

    Takuya Tsukagoshi, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proceedings of the European Microwave Conference 2009   201 - 204   2009年

  • Development of ultrasonic wireless power transmission system for implantable electronic devices

    Yusuke Shigeta, Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi, Takuya Tsukagoshi

    Proceedings of the European Wireless Technology Conference 2009   49 - 52   2009年

     詳細を見る

  • Efficient antenna miniaturization technique by cut off of chromosome-length in genetic algorithm

    Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi, Takuya Tsukagoshi

    Proceedings of the Asia-Pacific Microwave Conference 2009   1837 - 1840   2009年

  • The Fundamental Design Approach of The RF-DC Conversion Circuit for Optimizing Its Characteristics

    Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    2008 EUROPEAN MICROWAVE INTEGRATED CIRCUITS CONFERENCE (EUMIC)   370 - 373   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    A Rectifying Antenna (Rectenna) is one of the most important components for a wireless power transmission. It has been developed for many applications such as Space Solar Power System (SSPS), Radio Frequency IDentification (RF-ID), and electric vehicle etc. The Rectenna consisting of RF-DC conversion circuits and receiving antennas needs to be designed for high conversion efficiency to achieve efficient power transmission. In this paper, we investigated the RF-DC conversion circuits by the theoretical analysis. And, we propose the theoretical formula for calculating the output DC voltage in giving the input voltage. The result that is calculated by the formula agreed with the simulator's result, so, we confirmed the validity of the formula we derived. The theory and the formula we derived are useful in order to know the basic operation of the RF-DC conversion circuit, and to design the circuit efficiently.

    DOI: 10.1109/EMICC.2008.4772306

    Web of Science

    researchmap

  • Controlling Phase Responses with Pseudoperiodic Metamaterials based on Composite Right-Left Handed Transmission Lines

    Takuya Tsukagoshi, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proceedings of the European Microwave Week 2008   1238 - 1241   2008年

  • Design of RF-DC Conversion Circuit Composed of Chip Devices

    Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proceedings of the Asia-Pacific Microwave Conference 2008   2008年

  • Dispersionless Phase Responses of Pseudoperiodic Metamaterials based on CRLH Transmission Lines

    Takuya Tsukagoshi, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proceedings of the Asia-Pacific Microwave Conference 2008   2008年

  • An efficient LE-FDTD method for the analysis of the active integrated circuit and antenna mounted non-linear devices

    Kazuhiro Fujimori, Naoto Kawashima, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E90C ( 9 )   1776 - 1783   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The trend of microwave circuits has been toward highly integrated systems. Most design tools for designing microwave circuits mounted the linear or the nonlinear devices adopt the fundamental circuit theory using the S matrix on the frequency domain. The harmonic balance method is also used to correspond to the nonlinear circuit. Therefore, the effect of the electromagnetic field, for example, a mutual coupling between sub-circuits through the, space is almost disregarded. To calculate these circuits included its surrounding electromagnetic field, the finite difference time domain method combined with the equivalent circuit simulation had been presented as the lumped element FDTD (LE-FDTD) method. In general, even if an analytical target is a linear circuit, the FDTD method requires very long analytical time. In this paper, we propose an efficient LE-FDTD method to reduce the analytical time. We investigate its efficiency to compare with the conventional LE-FDTD method or measurements, consequently, it is confirmed that the proposal method requires only at analytical time of 1/10 compared with the conventional method. We also show that the proposal method is able to analyze characteristics of the active integrated antenna (AIA) which are practicably impossible to analyze by using the conventional method.

    DOI: 10.1093/ietele/e90-c.9.1776

    Web of Science

    researchmap

  • The design of mw-class RF-DC conversion circuit using the full-wave rectification

    Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    2007 EUROPEAN MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-4   905 - 908   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    A Rectifying Antenna (Rectenna) is one of the most important components for a wireless power transmission. It has been developed for many applications such as Space Solar Power System (SSPS), and Radio Frequency Identification (RFID) etc. The Rectenna consisting of RF-DC conversion circuits and receiving antennas needs to be designed for high conversion efficiency to achieve efficient power transmission. In this paper, we try to design the mw-Class RF-DC conversion circuit using full-wave rectification.

    DOI: 10.1109/EUMC.2007.4405340

    Web of Science

    researchmap

  • The mW-class High Efficient RF-DC Conversion Circuit Using the Resonance Structure

    Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proc. 2007 Int. Symp. Antennas Propag.   660 - 663   2007年

     詳細を見る

  • Efficient Design Approach of RF-DC Conversion Circuit Including Undesirable Radiation

    Tatsuya Takagaki, Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Proc. 2006 Int. Symp. Antennas Propag.   1 - 4   2006年

     詳細を見る

  • A novel extended FDTD method for the analysis of the active integrated circuit and antenna mounted non-linear devices

    Naoto Kawashima, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC   2   953 - 956   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The trend of microwave circuits has been toward highly integrated systems. Most design tools for circuits are based on the fundamental circuit theory using the S matrix combined with the harmonic-balance method. Consequently, the electromagnetic effect is ignored or approximated at best. Therefore, the extended finite-difference time-domain(FDTD) method combined with the equivalent circuit simulation had been presented. However, it takes very long times to analyze any circuits. In this paper, we propose a novel extended FDTD method to reduce calculation resources. We investigate its efficiency to compare with the conventional extended FDTD method or measurements, consequently, it is confirmed that the proposal method is required calculation resources less than 10% compared with the conventional method. We also show that the proposal method is able to analyze characteristics of the active integrated antenna(AIA) which are practicably impossible to analyze by using the conventional method. Copyright 2006 IEICE.

    DOI: 10.1109/APMC.2006.4429570

    Scopus

    researchmap

  • 注入信号制御型能動フェイズドアレーの動作モードの単一化

    佐薙稔, 藤森和博, 野木茂次

    電子情報通信学会論文誌(C)   2006年

     詳細を見る

  • 電圧制御能動集積パッチアンテナの発振モードの単一化

    佐薙稔, 平田務, 藤森和博, 野木茂次

    電子情報通信学会論文誌(C)   2006年

     詳細を見る

  • Efficient design approach of mW-class RF-DC conversion rectenna circuits by FDTD analysis

    Tatsuya Takagaki, Tsunayuki Yamamoto, Kazuhiro Fujimori, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC   3   1945 - 1948   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    A Rectenna is one of the most important components for a wireless power transmission. It has been developed for many applications such as Space Solar Power System (SSPS), and RFID etc. The rectenna consisting of RF-DC conversion circuits and receiving antennas needs to be designed for high conversion efficiency to achieve efficient power transmission. In this paper, the extended FDTD method is proposed as a method for calculating the RF-DC conversion circuit, and the availability of this method is confirmed. Furthermore, the output power from the circuit including the radiation power is investigated. Copyright 2006 IEICE.

    DOI: 10.1109/APMC.2006.4429790

    Scopus

    researchmap

  • Active integrated antenna techniques for beam control

    S Nogi, M Sanagi, K Fujimori

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E88C ( 7 )   1358 - 1367   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Active integrated antenna techniques have high potential for giving smaller size, lighter weight, lower cost and higher efficiency, in particular to millimeter-wave circuit-antenna systems. This paper gives a review of active integrated antenna techniques with emphasis on beam steering and retrodirective antenna arrays. Various beam steering operations of integrated antenna oscillator arrays using locking phenomena are presented. Beam steering arrays of such type have the feature that phase shifters are not necessary in the arrays. Arrays with higher harmonic output radiation can enlarge the beam steering range. Arrays of locked active antennas which operate as self-oscillating mixers can be beam controllable receiving antennas.

    DOI: 10.1093/ietele/e88-c.7.1358

    Web of Science

    researchmap

  • Beam control in unilaterally coupled active antennas with self-oscillating harmonic mixers

    M Sanagi, J Fujiwara, K Fujimori, S Nogi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E88C ( 7 )   1375 - 1381   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Beam control using active antenna arrays with selfoscillating harmonic mixers has been investigated. The active antenna is composed of a patch antenna receiving RF signal and a parallel feedback type oscillator which operates as the self-oscillating harmonic mixer, and down-converts the received RF signal into IF signal. The mixer has two ports for local oscillating (LO) signal. One is an output port extracting the LO signal. The other is an input port for an injection signal to synchronize the local oscillation. The mixers can be coupled unilaterally without other nonreciprocal components by connecting the output port to the input port in the next mixer. In the unilaterally coupled array, the phase differences of the LO signals between the adjacent mixers can be varied without phase shifters in injection locking state by changing the local free-running frequencies of the self-oscillating mixers. The receiving pattern can be controlled by combining the IF signals from the individual active antennas, which have phases associated with the LO signals. The IF is difference between the RF and double of the LO frequency so that arbitrary phase differences from 0 to 2 pi radian can be provided to the output IF signals. The experiments using the two- and three-element arrays demonstrated beam control capability.

    DOI: 10.1093/ietele/e88-c.7.1375

    Web of Science

    researchmap

  • Development of high efficiency rectification circuit for mW-class rectenna

    Kazuhiro Fujimori, Kazuya Tada, Yusuke Ueda, Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    35th European Microwave Conference Proceedings   2005年

  • 誘電体内に素子を装荷した軸対称型ファブリペロー多素子発振器

    佐薙稔, 沖哲也, 中西信人, 藤森和博, 野木茂次

    電子情報通信学会論文誌(C)   2005年

     詳細を見る

  • 第2高調波を放射する能動フェーズドアレーアンテナ

    佐薙稔, 矢野健治, 藤森和博, 野木茂次

    電子情報通信学会論文誌(C)   2004年

     詳細を見る

  • Broadband Conical-Radial Line Power Divider Incorporating Coaxial Branch Probes

    Minoru Sanagi, Takuya Hayashi, Kazuhiro Fujimori, Shiegji Nogi

    2003 Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings   2003年

     詳細を見る

  • Phase Array Behavior of Unilaterally Coupled Active Antennas with Varactor Diodes

    Minoru Sanagi, Tomomichi Kagawa, Shigeji Nogi

    IEICE Transactions on Electronics   2003年

     詳細を見る

  • 第2高調波を放射する能動パッチアンテナ

    佐薙稔, 矢野健治, 野木茂次

    電子情報通信学会論文誌(B)   2002年

     詳細を見る

  • Active Phased Array Antenna with Self-Oscillating Harmonic Mixers

    Minoru Sanagi, Joji Fujiwara, Shigeji Nogi

    32nd European Microwave Conf. Proc.   2002年

     詳細を見る

  • Traveling-Wave Power Divider/Combiner with High Isolation between Coplanar Branching Ports

    Minoru Sanagi, Ryohei Omori, Shigeji Nogi

    2002 Asia-Pacific Microwave Conf. Proc.   2002年

     詳細を見る

  • Power combining by a Fabry-Perot resonator with active devices mounted on both the mirrors

    M Sanagi, S Nogi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E84C ( 10 )   1575 - 1580   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A power combining technique using a Fabry-Perot resonator with many more active devices is investigated. The Fabry-Perot power combiner consists of two mirrors with a circular groove mounted with the active devices. The power combiner has an axially symmetrical structure and operates at an axially symmetrical TEM01n mode so that uniform device-field coupling required for perfect power combining can be realized. By numerical calculation using the boundary element method, it was shown that high combining efficiency can be obtained when the active devices are mounted in the circular groove of larger radius on either of the two mirrors. In experiments at X-band, power combining efficiency over 90% was obtained for the case of twelve devices on either of the mirrors and the output powers of the twenty or twenty-four devices on both the mirrors were almost perfectly combined.

    Web of Science

    researchmap

  • Traveling-Wave Power Divider with Coplanar Waveguide Probes Inserted into Rectangular Waveguide

    Minoru Sanagi, Ryohei Omori, Shigeji Nogi

    2001 Asia-Pacific Microwave Conf. Proc.   2001年

     詳細を見る

  • Hyper NRD Guide Oscillator with Gunn Diodes Mounted in the Dielectric Strip

    Minoru Sanagi, Shigeji Nogi

    2000 Asia-Pacific Microwave Conf. Proc.   2000年

     詳細を見る

  • Unilaterally Coupled Active Antenna Array Controlled by Varactor diode

    Minoru Sanagi, Hisayoshi Yoshikawa, Takuji Hiroma, Shigeji Nogi

    Proc. 2000 Int. Symp. Antennas Propag.   2000年

     詳細を見る

  • Stable Fabry-Perot Oscillator of High Efficiency with Multiple Device Inserted in a Dielectric

    Minoru Sanagi, Hiroaki Takashima, Shigeji Nogi

    30th European Microwave Conf. Proc.   2000年

     詳細を見る

  • Wide angle phase-shifterless beam scanning in unilaterally coupled active antenna arrays

    R Ispir, S Nogi, M Sanagi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E82C ( 7 )   1188 - 1194   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In coupled oscillator arrays, it is possible to control the inter-element phase shift up to 180 degrees by free-running frequency distribution based on injection-locking phenomenon. In this paper, a new technique to control the inter-element phase shift electronically up to the maximum extent of 360 degrees is reported. Oscillators are unilaterally coupled to the preceding oscillator through one of the two paths, which differ from each other 180 degrees in electrical length and each includes an amplifier. Turning on the desired amplifier one can control the phase shift either -180 degrees to 0 degrees or 0 degrees to 180 degrees. The technique was applied in a three-element oscillator array each coupled to a patch antenna via a round aperture. The radiation beam of the array could be scanned 47 degrees in total.

    Web of Science

    researchmap

  • Spatial Power Combining and Phased Array Behavior of Circularly Polarized Active Patch Anetnnas

    Tomomichi Kagawa, Shigeji Nogi, Minoru Sanagi

    IEICE Trans. Electron.   1999年

     詳細を見る

  • Single And Multiple Gunn Diode Oscillator Using an Image NRD Guide

    Minoru Sanagi, Masataka Watanabe, Shigeji Nogi

    1999 Asia-Pacific Microwave Conf. Proc.   1999年

     詳細を見る

  • Two-dimensional unilaterally coupled active antenna arrays with wide angle beam scanning capability

    Ragip Ispir, Shigeji Nogi, Minoru Sanagi

    1999 29th European Microwave Conference, EuMC 1999   1   68 - 71   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    A unilateral coupling scheme for two-dimensional active antenna arrays was developed. Each oscillator is coupled to one of its neighbor oscillators unilaterally in a comb-like arrangement. The phase shifts along both axes of the array can be controlled by adjusting the frequency of only the back oscillators. Two paths, which are different in length and each contains an amplifier, were employed for unilateral coupling. Turning on the desired one out of two amplifiers, one can change the range in which the phase shift can be varied. In a 2×2 experimental oscillator array, the main beam could be scanned 40° in H-plane and 25° in E-plane totally. © 1999 IEEE.

    DOI: 10.1109/EUMA.1999.338342

    Scopus

    researchmap

  • Second harmonic beam scanning of active antenna array

    Minoru Sanagi, Takayuki Tsukizawa, Shigeji Nogi

    1999 29th European Microwave Conference, EuMC 1999   2   361 - 364   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    In order to not only obtain a higher frequency radiation but also scan its beam more widely, an active phased array using second harmonic generation is investigated. The active antenna consists of a FET oscillator which plays two roles in fundamental oscillation and frequency multiplying, and the patch antenna resonated at the second harmonic frequency. In the experiments, the radiated beam of the second harmonic wave from the two element active antenna array was scanned more widely than that in the case of the fundamental wave radiation. © 1999 IEEE.

    DOI: 10.1109/EUMA.1999.338375

    Scopus

    researchmap

  • FABRY-PEROT MULTIPLE-DEVICE OSCILLATOR USING AN AXIALLY-SYMMETRICAL MODE

    M SANAGI, S NOGI, K FUKUI, K WATANABE

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E78C ( 8 )   949 - 956   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    We propose an axially symmetrical Fabry-Perot multiple-device oscillator operating at an axially symmetrical TEM(01n)-mode, which has an excellent feature of uniform device-field coupling required for high efficiency power combining. By carrying out the boundary element analysis, it is shown that a plane-mirror output structure is remarkably advantageous compared with a concave-mirror output structure to obtain an adequate output coupling and to enable stable operation characteristic with respect to the axial mode number n. Experiments in X-band confirmed this excellent performance and achieved almost perfect power combining of efficiency as high as 106% and 99% for six- and eight-device case, respectively.

    Web of Science

    researchmap

  • Traveling-Wave Microwave Power Divider Composed of Reflectionless Dividing Units(共著)

    IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques   43 ( 1 )   14 - 20   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/22.363014

    Scopus

    researchmap

  • Traveling-Wave Microwave Power Divider Composed of Reflectionless Dividing Units

    Atsushi Sanada, Kiyoshi Fukui, Shigeji Nogi, Minoru Sanagi

    IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques   43 ( 1 )   14 - 20   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We propose a new waveguide type traveling-wave microwave power divider that is adequate for high power applications. The divider is composed of multiple stages of reflectionless dividing units, each having two output ports. Design formulas for reflectionless equal-power dividing are first derived. Structural parameters for wideband design of two- to six-stage dividers are then obtained by means of numerical analyses based on an equivalent circuit Comparison of experiments at X-band shows good qualitative agreement with the analyses. Typical measured bandwidth for relative divided powers deviation of less than ±0.5 dB was 2.7 GHz, and that for -20 dB return loss was more than 3.2 GHz for the four-stage (eight-way) divider. The divider presented here has excellent features
    the bandwidth for equal-power dividing decreases very little and the bandwidth for low return loss increases with increasing number of the dividing stages. It also has advantages of low insertion loss and flexibility over the number of the dividing stages. Index Terms—Microwave, power dividing, power combining, traveling-wave operation. © 1995 IEEE

    DOI: 10.1109/22.363014

    Scopus

    researchmap

  • An optical waveguide bend with enhanced curvature and the optimization of its structure

    Minoru Sanagi, Minoru Sanagi

    Fiber and Integrated Optics   9 ( 4 )   329 - 345   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We have investigated a waveguide bend having enhanced curvature with reduced loss. The waveguide width is made wider toward the inner side of the bend. The numerical analysis, by means of the beam propagation method, showed that the loss of the proposed bend is lower than that of an abrupt bend or a smooth bend of constant curvature. For a typical waveguide, we have optimized the structure of the bend and achieved one order of loss reduction in comparison with an abrupt bend of the same angle. © Taylor &amp
    Francis Group, LLC.

    DOI: 10.1080/01468039008202922

    Scopus

    researchmap

  • AN OPTICAL WAVE-GUIDE BEND WITH ENHANCED CURVATURE AND THE OPTIMIZATION OF ITS STRUCTURE

    M SANAGI, M NAKAJIMA

    FIBER AND INTEGRATED OPTICS   9 ( 4 )   329 - 345   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS  

    We have investigated a waveguide bend having enhanced curvature with reduced loss. The waveguide width is made wider toward the inner side of the bend. The numerical analysis, by means of the beam propagation method, showed that the loss of the proposed bend is lower than that of an abrupt bend or a smooth bend of constant curvature. For a typical waveguide, we have optimized the structure of the bend and achieved one order of loss reduction in comparison with an abrupt bend of the same angle.

    DOI: 10.1080/01468039008202922

    Web of Science

    researchmap

  • レーザーを利用した高周波電磁界計測

    佐薙稔, 杉原洋, 中島將光

    レーザー研究   15 ( 9 )   734 - 742   1987年

     詳細を見る

  • 準速度整合進行波型光変調電極とその解析

    佐薙稔, 中島將光

    電子通信学会論文誌(C)   J69-C ( 10 )   1291 - 1296   1986年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • マイクロストリッププローブと導体棒を持つ広帯域な進行波型導波管電力分配/合成器

    電子情報通信学会技術研究報告, 118巻61号, 講演番号MW2018-12, 13頁-18頁  2018年 

     詳細を見る

  • Microwave to DC conversion Using a Voltage-Controlled Oscillator with a Bipolar Transistor in Common-Collector Mode

    2018年 

     詳細を見る

  • Design of Broadband Traveling-Wave Power Divider with Microstrip Probe Pairs Inserted into a Rectangular Waveguide

    2018年 

     詳細を見る

  • Broadband Waveguide Chain Power Divider/Combiner with Microstrip Probe Pairs and Conductiong Posts

    IEICE Technical Report  2018年 

     詳細を見る

  • Design of a Four-Way End Launcher Waveguide Power Divider/Combiner

    2018年 

     詳細を見る

  • コレクタ接地されたバイポーラトランジスタを持つ電圧制御発振器によるマイクロ波-直流変換

    電子情報通信学会2018年総合大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-11, 25頁  2018年 

     詳細を見る

  • エンドランチャ型導波管電力4分配/合成器の設計

    電子情報通信学会2018年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-33, 48頁  2018年 

     詳細を見る

  • 方形導波管中に挿入したマイクロストリッププローブ対を持つ広帯域な進行波型電力分配器の設計

    電子情報通信学会2018年総合大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-73, 87頁  2018年 

     詳細を見る

  • Microwave to DC Conversion with a Voltage-Controlled Series Feedback Oscillator

    2017年 

     詳細を見る

  • Microwave to DC Conversion Using a Parallel Feedback Oscillator with a Bipolar Transistor

    2017年 

     詳細を見る

  • A Compact Waveguide Power Divider Controlling Dividing Ratio with Multiple Conducting Posts

    IEICE Technical Report  2017年 

     詳細を見る

  • Microwave-DC Interconversion with a Parallel Feedback Oscillator Using a Bipolar Transistor

    IEICE Technical Report  2017年 

     詳細を見る

  • Negative Resistance Characteristics of a Packaged Bipolar Transistor in Common-Collector Mode

    2017年 

     詳細を見る

  • A Variable Waveguide Power Divider Controlled with Multiple Conducting Posts

    2017年 

     詳細を見る

  • Broadband Traveling-Wave Power Divider with Microstrip Probe Pairs Inserted into a Rectangular Waveguide

    IEICE Technical Report  2017年 

     詳細を見る

  • Design of a Microwave Two-Way End Launcher Waveguide Power Divider/Combiner

    The 19th IEEE Hiroshima Student Symposium  2017年 

     詳細を見る

  • 複数の導体棒で分配比を制御する小型の導波管型電力分配器

    電子情報通信学会技術研究報告, 116巻486号, 講演番号MW2016-194, 35頁-40頁  2017年 

     詳細を見る

  • 電圧制御直列帰還形発振器によるマイクロ波-直流変換

    電子情報通信学会2017年総合大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-26, 39頁  2017年 

     詳細を見る

  • 方形導波管中に挿入したマイクロストリッププローブ対を持つ広帯域な進行波型電力分配器

    電子情報通信学会技術研究報告, 117巻34号, 講演番号MW2017-13, 31頁-36頁  2017年 

     詳細を見る

  • バイポーラトランジスタを用いた並列帰還形発振器によるマイクロ波-直流相互変換

    電子情報通信学会技術研究報告, 117巻34号, 講演番号MW2017-19, 65頁-69頁  2017年 

     詳細を見る

  • バイポーラトランジスタを用いた並列帰還形発振器によるマイクロ波-直流変換

    電子情報通信学会2017年総合大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-27, 40頁  2017年 

     詳細を見る

  • 複数の導体棒で制御された導波管型可変電力分配器

    電子情報通信学会2017年総合大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-57, 70頁  2017年 

     詳細を見る

  • コレクタ接地で用いたパッケージ化バイポーラトランジスタの負性抵抗特性

    電子情報通信学会2017年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-18, 26頁  2017年 

     詳細を見る

  • マイクロ波エンドランチャ型導波管2電力分配/合成器の設計

    第19回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, B1-6, 165頁-168頁  2017年 

     詳細を見る

  • コレクタ接地されたバイポーラトランジスタを用いた負性抵抗発振器

    電子情報通信学会2016年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-27, 37頁  2016年 

     詳細を見る

  • Microwave to DC Conversion Using a Series Feedback Oscillator with a Bipolar Transistor

    2016年 

     詳細を見る

  • Negative Resistance Oscillators with a Bipolar Transistor in Common-Collector Mode

    2016年 

     詳細を見る

  • Microwave to DC Conversion with a Series Feedback Oscillator

    IEICE Technical Report  2016年 

     詳細を見る

  • A Microwave Oscillator with a Bipolar Transistor in Common-Collector Mode and its Application to Microwave to DC Conversion

    IEICE Technical Report  2016年 

     詳細を見る

  • バイポーラトランジスタを用いた直列帰還形発振器によるマイクロ波-直流変換

    電子情報通信学会2016年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-22, 32頁  2016年 

     詳細を見る

  • 直列帰還形発振器を用いたマイクロ波-直流変換

    電子情報通信学会技術研究報告, 116巻51号, 講演番号MW2016-24, 73頁-76頁  2016年 

     詳細を見る

  • コレクタ接地されたバイポーラトランジスタを用いたマイクロ波発振器とマイクロ波-直流変換への応用

    電子情報通信学会技術研究報告, 116巻51号, 講演番号MW2016-25, 77頁-82頁  2016年 

     詳細を見る

  • 4本の導体棒で制御される導波管型可変電力分配器

    電子情報通信学会2015年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-40, 60頁  2015年 

     詳細を見る

  • A Variable Waveguide Power Divider with Four Conducting Posts

    2015年 

     詳細を見る

  • 等価回路に基づいて設計した広帯域な導波管-マイクロストリップ線路変換器

    電子情報通信学会技術研究報告, 114巻45号, 講演番号MW2014-26, 13頁-18頁  2014年 

     詳細を見る

  • Broadband Waveguide to Microstrip Line Transitions Designed with their Equivalent Circuit

    IEICE Technical Report  2014年 

     詳細を見る

  • バックショート側にプローブを持つ広帯域な導波管-マイクロストリップ線路変換器

    電子情報通信学会2014年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-93, 123頁  2014年 

     詳細を見る

  • A Broadband Waveguide to Microstrip Line Transition with a Probe on the Back Short Side

    2014 IEICE General Conference  2014年 

     詳細を見る

  • Design of Broadband Rectangular Waveguide Chain Power Divider with Microstrip Line Probe Pairs

    2013 IEICE General Conference  2013年 

     詳細を見る

  • Harmonic Mixers with High Conversion Gain by Manipulation of Harmonics of Local Oscillating Signal

    2013 IEICE General Conference  2013年 

     詳細を見る

  • Equivalent Circuit for a Microstrip Line Probe Inserted into a Rectangular Waveguide

    2013 IEICE General Conference  2013年 

     詳細を見る

  • Design of a Broadband Waveguide to Microstrip Line Transition Based on its Equivalent Circuit

    2013年 

     詳細を見る

  • 局部発振信号の高調波処理による高調波ミクサの高利得化

    電子情報通信学会2013年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-20, 51頁  2013年 

     詳細を見る

  • 方形導波管中に挿入したマイクロストリッププローブの等価回路と導波管-マイクロストリップ線路変換器への応用

    電子情報通信学会技術研究報告, 113巻70号, 講演番号MW2013-26, 95頁-100頁  2013年 

     詳細を見る

  • 等価回路に基づく広帯域な導波管-マイクロストリップ線路変換器の設計

    電子情報通信学会2013年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-69, 94頁  2013年 

     詳細を見る

  • 矩形導波管中に挿入したマイクロストリップ線路プローブの等価回路

    電子情報通信学会2013年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-67, 98頁  2013年 

     詳細を見る

  • マイクロストリップ線路プローブ対をもつ進行波型導波管電力分配器の広帯域設計

    電子情報通信学会2013年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-69, 100頁  2013年 

     詳細を見る

  • 導体棒により制御する導波管型可変電力分配器

    平成25年度電気・情報関連学会中国支部第64回連合大会講演論文集, 講演番号11-6, 388貢  2013年 

     詳細を見る

  • 逆F級増幅動作における電圧および電流波形

    電子情報通信学会2012年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-14, 40頁  2012年 

     詳細を見る

  • A Waveguide Power Dividing Switch Controlling the Dividing Ratio

    2012 IEICE General Conference  2012年 

     詳細を見る

  • 分配比を可変できる導波管型電力分配スイッチ

    電子情報通信学会2012年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-53, 94頁  2012年 

     詳細を見る

  • 高アイソレートされた分配ユニットをもつ進行波型電力分配/合成器

    平成23年度電気・情報関連学会中国支部第62回連合大会講演論文集, 講演番号13-4, 281貢  2011年 

     詳細を見る

  • Equivalent Circuit for a Coaxial Probe Pair Inserted into a Rectangular Waveguide

    2011 IEICE General Conference  2011年 

     詳細を見る

  • 矩形導波管中に挿入した同軸プローブ対の等価回路

    電子情報通信学会2011年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-65, 103頁  2011年 

     詳細を見る

  • 分配ポート間のアイソレーションが高い進行波型電力分配/合成器

    電子情報通信学会技術研究報告, 111巻351号, 講演番号MW2011-135, 53頁-58頁  2011年 

     詳細を見る

  • バランを用いた高効率な平衡形周波数2逓倍器

    電子情報通信学会2011年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-4, 28頁  2011年 

     詳細を見る

  • 導波管ポートと同軸線路ポートを持つ回路素子の散乱行列の未知スルー校正法を用いた測定

    電子情報通信学会技術研究報告, 110巻343号, 講演番号MW2010-126, 23頁-28頁  2010年 

     詳細を見る

  • 低損失化な機械的に分配比可変の導波管型電力分配器

    電子情報通信学会技術研究報告, 110巻25号, 講演番号MW2010-25, 59頁-64頁  2010年 

     詳細を見る

  • マルチフィジックス解析による無線送電システム用トランスデューサの設計

    平成22年度電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会講演論文集, 講演番号9/14-3, 167貢  2010年 

     詳細を見る

  • 建物内マイクロ波配電システムのための完全整合型電力分配スイッチ

    電子情報通信学会2010年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-94, 137頁  2010年 

     詳細を見る

  • 同軸線路ポートと導波管ポートを持つ回路素子の測定のためのネットワークアナライザの校正

    電子情報通信学会2010年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-120, 163頁  2010年 

     詳細を見る

  • 無線送電用RF-DC変換回路の変換効率におけるダイオード等価回路パラメータ依存性

    平成22年度電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会講演論文集, 講演番号11-2, 170貢  2010年 

     詳細を見る

  • 導波管に挿入した同軸プローブの等価回路について

    平成22年度電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会講演論文集, 講演番号1-2, 528貢  2010年 

     詳細を見る

  • 超高分解能到来方向推定アルゴリズムの弾性波への適用と基礎実験

    平成22年度電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会講演論文集, 講演番号9/14-4, 168貢  2010年 

     詳細を見る

  • 負荷抵抗値を初期条件としたRF-DC変換回路の高効率設計に関する検討

    平成22年度電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会講演論文集, 講演番号11-1, 169貢  2010年 

     詳細を見る

  • 機械的に分配比を可変できる導波管型電力分配器の低損失化

    電子情報通信学会2010年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-93, 136頁  2010年 

     詳細を見る

  • Measurement of scattering parameters of devices with waveguide ports and coaxial line ports using unknown "thru" caliblation

    IEICE Technical Report  2010年 

     詳細を見る

  • 処理する高調波数が有限な場合の逆C級周波数2逓倍動作

    電子情報通信学会2009年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-33, 72頁  2009年 

     詳細を見る

  • レクテナアレーにおける電力合成法が出力電力に与える影響

    第11回IEEE広島支部学生シンポジウム,A-24  2009年 

     詳細を見る

  • 同軸アダプタを用いない導波管型電力分配器から台形導波管への出力結合

    電子情報通信学会2009年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-83, 122頁  2009年 

     詳細を見る

  • 建物内マイクロ波配電システムのための機械的に分配比を可変できる導波管型電力分配器

    電子情報通信学会技術研究報告, 109巻62号, 講演番号MW2009-9, 1頁-6頁  2009年 

     詳細を見る

  • 広帯域な円筒形多分岐電力分配/合成器の分岐数に依存しない設計

    電子情報通信学会2009年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-39, 78頁  2009年 

     詳細を見る

  • 伝送線路型CRLHメタマテリアルの特性解析を目的としたLE-FDTD法におけるモデリング

    平成21年度電気・情報関連学会中国支部第60回連合大会講演論文集, 講演番号11-15, 295貢  2009年 

     詳細を見る

  • LE-FDTD法を用いた伝送線路形CRLHによる2次元構造メタマテリアルの特性解析

    第11回IEEE広島支部学生シンポジウム,A-21  2009年 

     詳細を見る

  • 建物内マイクロ波配電システムのための反射の少ない導波管型電力分配スイッチ

    電子情報通信学会2009年エレクトロニクスソサイエティ大会エレクトロニクス講演論文集1, 講演番号C-2-94, 122頁  2009年 

     詳細を見る

  • 等方性の波動伝搬を供する二次元CRLH構造の特性解析

    平成21年度電気・情報関連学会中国支部第60回連合大会講演論文集, 講演番号11-4, 283貢  2009年 

     詳細を見る

  • 分配比の可変範囲の広い導波管型可変電力分配器の設計

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会講演論文集, 講演番号11-2, 544貢  2008年 

     詳細を見る

  • 逆C級高効率逓倍回路の基本動作

    電子情報通信学会2008年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-31, 64頁  2008年 

     詳細を見る

  • 建物内マイクロ波配電システムのための可変電力分配器の特性

    電子情報通信学会2008年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-53, 86頁  2008年 

     詳細を見る

  • 第3高調波出力発振器の高出力・高効率化の検討

    電子情報通信学会2008年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-15, 48頁  2008年 

     詳細を見る

  • 高さの低いラジアル線路を用いた広帯域な12分配電力分配/合成器

    電子情報通信学会2008年エレクトロニクスソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号C-2-57, 82頁  2008年 

     詳細を見る

  • 入力信号が大きいときの逆C級高効率2逓倍回路の動作

    電子情報通信学会2008年エレクトロニクスソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号C-2-20, 45頁  2008年 

     詳細を見る

  • 逆C級動作による効率的な周波数2逓倍動作の原理

    電子情報通信学会技術研究報告, 108巻195号, 講演番号MW2008-99,113頁-118頁  2008年 

     詳細を見る

  • 素子動作の上限に近い周波数帯での第2高調波出力発振器

    電子情報通信学会2008年エレクトロニクスソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号C-2-5, 30頁  2008年 

     詳細を見る

  • 建築構造物を用いたマイクロ波無線ユビキタス電源の実現(その6)統合システムの製作と検証

    日本建築学会2008年度大会(中国)学術講演梗概集, 講演番号41617, 1257貢-1258貢  2008年 

     詳細を見る

  • 整合線路と隅切り曲がりを併用することで低反射化した同軸コニカルラジアル線路変換部

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会講演論文集, 講演番号11-1, 543貢  2008年 

     詳細を見る

  • 二次元透明マントの電気的な等価回路表現とその設計パラメータ

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会講演論文集, 講演番号11-5, 547貢  2008年 

     詳細を見る

  • 超音波による電力伝送システムの基礎実験系の開発

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会講演論文集, 講演番号15-21, 255貢  2008年 

     詳細を見る

  • 遺伝的アルゴリズムの特性を考慮したマルチバンドアンテナの自動設計法

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会講演論文集, 講演番号11-3, 545貢  2008年 

     詳細を見る

  • 拡張キャビティモード法による寄生素子を有する平面型アンテナの特性解析

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会講演論文集, 講演番号11-4, 546貢  2008年 

     詳細を見る

  • 先端開放ひし形アンテナを用いたレクテナの開発

    第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,A-11,pp.233-235  2008年 

     詳細を見る

  • 広帯域な同軸-コニカル-ラジアル線路変換部をもつ円筒型多分岐電力分配/合成器

    電子情報通信学会技術研究報告, 108巻350号, 講演番号MW2008-162,91頁-96頁  2008年 

     詳細を見る

  • マルチバンドアンテナの効率的な自動設計に関する検討

    第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,C-11,pp.99-101  2008年 

     詳細を見る

  • 高周波コンポーネント設計ツール開発を目的とした寄生素子を有する平面型アンテナの特性解析

    第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,B-23,pp.154-156  2008年 

     詳細を見る

  • レクテナにおける清流回路部受信電力が変換効率に及ぼす影響

    電子情報通信学会2007年総合大会通信講演論文集1,講演番号B-1-172, 172頁  2007年 

     詳細を見る

  • 第2高調波の効率的な生成に適したFETの入力および出力回路

    電子情報通信学会技術研究報告, 107巻49号, 講演番号MW2007-21,49頁-54頁  2007年 

     詳細を見る

  • 水平面内無指向性を有する平面型ノッチアレーアンテナ

    電子情報通信学会2007年総合大会通信講演論文集1,講演番号B-1-139, 139頁  2007年 

     詳細を見る

  • 効率的な第2高調波発生に適したFETのゲート入力回路

    電子情報通信学会2007年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-14, 47頁  2007年 

     詳細を見る

  • LE-FDTD法におけるデバイス実装部で発生する位相誤差の補正の検討

    電子情報通信学会2007年通信ソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号B-1-147, 147頁  2007年 

     詳細を見る

  • 建築構造物を用いたマイクロ波無線ユビキタス電源の実現 (その4)高性能可変分岐アダプタの開発

    日本建築学会2007年度大会(九州)学術講演梗概集, 講演番号41617, 1257貢-1258貢  2007年 

     詳細を見る

  • 機械的に分配比を可変できる導波管型電力分配器の設計

    電子情報通信学会2007年エレクトロニクスソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号C-2-51, 73頁  2007年 

     詳細を見る

  • 試作した導波管型可変電力分配器の特性

    平成19年度電気・情報関連学会中国支部第58回連合大会講演論文集, 講演番号11-2, 490貢  2007年 

     詳細を見る

  • 電圧源法を用いてSパラメータを導入する拡張FDTD法の検討

    電子情報通信学会2006年総合大会通信講演論文集1,講演番号B-1-37, 37頁  2006年 

     詳細を見る

  • 2次高調波の影響を考慮したRF-DC変換回路の特性

    電子情報通信学会技術研究報告, 講演番号SPS2005-26,11頁-16頁  2006年 

     詳細を見る

  • FETを用いた第2高調波出力発振器におけるゲートへの入力回路の検討

    電子情報通信学会技術研究報告, 106巻48号, 講演番号MW2006-12,1頁-5頁  2006年 

     詳細を見る

  • 拡張FDTD法による増幅器一体型アクティブアンテナの特性解析

    電子情報通信学会2006年総合大会通信講演論文集1,講演番号B-1-67, 67頁  2006年 

     詳細を見る

  • 高調波を考慮したレクテナ回路の変換効率の改善

    電子情報通信学会2006年総合大会通信通信講演論文集1,講演番号CBS-1-3, S-5頁-S-6頁  2006年 

     詳細を見る

  • 局部発振信号のリアクティブ終端による高調波ミクサの高効率化

    電子情報通信学会2006年エレクトロニクスソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号C-2-29, 48頁  2006年 

     詳細を見る

  • 拡張FDTD法によるRF-DC変換回路の設計

    電子情報通信学会2006年通信ソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号B-1-145, 145頁  2006年 

     詳細を見る

  • Broadband Traveling-Wave Power Divider/Combiner with Isolated Branch Port Pairs

    2006 China-Japan Joint Microw. Conf. Proc., vol.1, no.F2-2, pp.298-301  2006年 

     詳細を見る

  • 高いドレーン効率を持つ電圧制御第2高調波出力発振器

    電子情報通信学会2006年エレクトロニクスソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号C-2-21, 40頁  2006年 

     詳細を見る

  • FDTD Analysis Cinsidered Undesirable Radiation of RF-DC Conversion Circuit for Microwave Power transmission System

    2006 Korea-Japan Joint Conf. on AP/EMCJ/EMT, pp.149-152  2006年 

     詳細を見る

  • マイクロストリップ線路プローブの接地導体が短絡板側にある進行波型電力分割/合成器

    平成18年度電気・情報関連学会中国支部第57回連合大会講演論文集,講演番号11-5,551頁  2006年 

     詳細を見る

  • 4端子対等価回路を用いたFET発振器のモデル化

    電子情報通信学会2006年通信ソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号B-1-148, 148頁  2006年 

     詳細を見る

  • 高いRF-IF変換効率を持つ能動集積アンテナミキサ

    電子情報通信学会技術研究報告, 105巻486号, 講演番号MW2005-130,13頁-18頁  2005年 

     詳細を見る

  • 結合線路構造を有するマイクロ波整流回路の特性

    電子情報通信学会技術研究報告, 講演番号SPS2004-07,11頁-14頁  2005年 

     詳細を見る

  • 高さの低いラジアル線路を用いた広帯域な多分岐電力分割器

    電子情報通信学会2005年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-54, 87頁  2005年 

     詳細を見る

  • マイクロストリップ線路プローブ対を用いた進行波型導波管電力分割/合成器

    電子情報通信学会2005年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-55, 88頁  2005年 

     詳細を見る

  • 第2高調波発生に適した基本波負荷インピーダンスを持つ発振器

    電子情報通信学会2005年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-16, 49頁  2005年 

     詳細を見る

  • 空間結合を低減した線路結合4素子円偏波アクティブアンテナのフェーズドアレー動作

    電子情報通信学会2005年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-130, 163頁  2005年 

     詳細を見る

  • FDTD法による非線形デバイスが実装された回路解析の効率化に関する一検討

    電子情報通信学会2005年通信ソサイエィ大会講演論文集1, 講演番号B-1-111, 111頁  2005年 

     詳細を見る

  • マイクロ波帯無線電力伝送用整流回路のマルチキャリアシステムにおける特性

    平成17年度電気・情報関連学会中国支部第56回連合大会講演論文集,講演番号11-1,47頁  2005年 

     詳細を見る

  • 高アイソレーションなマイクロストリップ線路プローブ対を持つ進行波型導波管電力分割/合成器

    電子情報通信学会技術研究報告, 105巻60号, 講演番号MW2005-18,37頁-42頁  2005年 

     詳細を見る

  • 最適な基本波負荷を持つ第2高調波出力発振器

    電子情報通信学会技術研究報告, 105巻60号, 講演番号MW2005-19,43頁-48頁  2005年 

     詳細を見る

  • マルチパス伝搬環境エミュレータの特性に関する検討

    平成17年度電気・情報関連学会中国支部第56回連合大会講演論文集,講演番号11-2,48頁  2005年 

     詳細を見る

  • 水平面内水平偏波無指向性ノッチアンテナ

    平成17年度電気・情報関連学会中国支部第56回連合大会講演論文集,講演番号11-3,49頁  2005年 

     詳細を見る

  • プローブ対を導波管に挿入した構造の進行波型電力分割/合成器のアイソレーション特性

    平成17年度電気・情報関連学会中国支部第56回連合大会講演論文集,講演番号11-4,50頁  2005年 

     詳細を見る

  • 高いRF-IF 変換効率を持つ能動集積アンテナ

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号A-29,52頁-53頁  2005年 

     詳細を見る

  • 広帯域に渡ってアイソレーション特性の高い分岐ポート対を持つ進行波型電力分割/合成器

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号A-32,58頁-59頁  2005年 

     詳細を見る

  • 非線形デバイスの等価回路を組み込んだFDTD法の効率化に関する一検討

    平成17年度電気・情報関連学会中国支部第56回連合大会講演論文集,講演番号11-5,51頁  2005年 

     詳細を見る

  • 第2次高調波抑制によるマイクロ波整流回路の高効率化についての検討

    平成17年度電気・情報関連学会中国支部第56回連合大会講演論文集,講演番号11-6,52頁  2005年 

     詳細を見る

  • デバイスの等価回路を組み込んだFDTD 法の効率化に関する一検討

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号B-24,127頁-130頁  2005年 

     詳細を見る

  • マイクロ波整流回路における第2次高調波のRF-DC変換効率に与える影響

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号B-25,131頁-133頁  2005年 

     詳細を見る

  • マルチパス伝搬環境エミュレータの開発

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号A-34,157頁-158頁  2005年 

     詳細を見る

  • 水平偏波無指向性ノッチアンテナ

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号A-35,159頁-160頁  2005年 

     詳細を見る

  • マルチキャリア無線電力伝送システムにおけるマイクロ波帯整流回路の特性

    第7回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 講演番号B-28,137頁-138頁  2005年 

     詳細を見る

  • 電波到来方向推定システムの基礎検討

    第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 139頁-140頁  2004年 

     詳細を見る

  • 同軸-コニカル-ラジアル線路変換部を持つ多分岐電力分割器の広帯域設計

    電子情報通信学会2004年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-66, 101頁  2004年 

     詳細を見る

  • 同軸-コニカル-ラジアル線路変換部を持つ広帯域な電力分割/合成器

    電子情報通信学会技術研究報告, 104巻46号, 講演番号MW2004-27,65頁-71頁  2004年 

     詳細を見る

  • 小電力受電レクテナ用整流回路の高効率化

    電子情報通信学会2004年総合大会通信講演論文集1,講演番号SBC-1-9, S-17頁-S-18頁  2004年 

     詳細を見る

  • マイクロストリップ線路プローブを用いた進行波型電力分割器

    電子情報通信学会2004年総合大会エレクトロニクス講演論文集1,講演番号C-2-65, 100頁  2004年 

     詳細を見る

  • 小電力用レクテナのダイオード実装部構造による整流特性への影響についての基礎検討

    電子情報通信学会技術研究報告, 講演番号SPS2004-01,1頁-6頁  2004年 

     詳細を見る

  • 小電力受電レクテナ用整流回路のFDTD解析

    電子情報通信学会技術研究報告, 104巻283号, 講演番号A・P2004-125,6頁-10頁  2004年 

     詳細を見る

  • 十字型切込みによる円偏波パッチアンテナの小型化

    電子情報通信学会技術研究報告, 104巻203号, 講演番号A・P2004-110,87頁-92頁  2004年 

     詳細を見る

  • Chain Power Divider/Combiner with Microstrip Line Probes Inserted into a Rectangular Waveguide

    Proc. 2004 China-Japan Joint Meeting on Microwaves, A-1-12, pp.41-44  2004年 

     詳細を見る

  • 第2高調波出力発振器の注入同期特性の測定

    平成16年度電気・情報関連学会中国支部第55回連合大会講演論文集,講演番号071119,177頁  2004年 

     詳細を見る

  • 素子マウントが出力部に直結したFabry-Perot多素子発振器

    平成16年度電気・情報関連学会中国支部第55回連合大会講演論文集,講演番号071120,178頁  2004年 

     詳細を見る

  • 高効率な自励発振高調波ミキサを持つ能動アンテナ

    電子情報通信学会2004年エレクトロニクスソサイエティ大会講演論文集1,講演番号C-2-30,46頁  2004年 

     詳細を見る

  • 反射の少ない同軸-マイクロストリップ線路変換部

    第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 98頁-99頁  2004年 

     詳細を見る

  • 第2高調波出力発振器の最適負荷インピーダンスに関する検討

    第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 119頁-120頁  2004年 

     詳細を見る

  • 多段コニカル線路を持つ同軸-ラジアル線路変換器

    平成16年度電気・情報関連学会中国支部第55回連合大会講演論文集,講演番号071120,178頁  2004年 

     詳細を見る

  • 結合線路を有するマイクロ波帯整流回路の特性

    第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 70頁-71頁  2004年 

     詳細を見る

  • MIMOシステムのための電波伝搬特性の解析

    第6回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, 137頁-138頁  2004年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 電気学会論文発表賞B

    1998年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 1997年アジア太平洋マイクロ波会議論文賞(APMC''97 Prize)

    1997年  

     詳細を見る

 

担当授業科目

  • パルス・ディジタル回路 (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • パルス・ディジタル回路 (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 伝送線路 (2021年度) 第4学期  - 月3,月4,木7,木8

  • 波動回路学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2021年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2021年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2021年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2021年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2021年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2021年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学) (2021年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学) (2021年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学) (2021年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2021年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2021年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2021年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 表現技法1 (2021年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2021年度) 後期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 電磁波回路構成学 (2021年度) 後期  - その他

  • 電磁波回路解析学 (2021年度) 前期  - その他

  • 電磁波工学 (2021年度) 第4学期  - 月3,月4,木7,木8

  • 電磁波工学特論 (2021年度) 前期  - 金5,金6

  • パルス・ディジタル回路 (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • パルス・ディジタル回路 (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 伝送線路 (2020年度) 第4学期  - 月3,月4,木7,木8

  • 専門英語Ⅱ (2020年度) 1・2学期  - [第1学期], [第2学期]

  • 波動回路学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2020年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2020年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2020年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)1 (2020年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2020年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2020年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2020年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎(電磁気学)2 (2020年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2020年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2020年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2020年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 物理学基礎2(電磁気+電気回路(直流)) (2020年度) 3・4学期  - 金3,金4

  • 表現技法1 (2020年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2020年度) 後期  - その他

  • 電子情報システム工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 電磁波回路構成学 (2020年度) 後期  - その他

  • 電磁波回路解析学 (2020年度) 前期  - その他

  • 電磁波工学 (2020年度) 第4学期  - 月3,月4,木7,木8

  • 電磁波工学特論 (2020年度) 前期  - 金5,金6

▼全件表示