2022/08/08 更新

写真a

ナカハラ リュウイチ
中原 龍一
NAKAHARA Ryuuichi
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士 ( 2014年12月   岡山大学 )

  • 医学博士 ( 2014年12月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 関節リウマチ

  • 超音波

  • マクロ解剖学

  • 人工知能

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

 

論文

  • 人工知能による骨肉腫X線読影システムの開発と骨端線認識への挑戦

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 国定 俊之, 中澤 慎二, 韓 昌煕, 藏品 豊, 木浪 陽, 藤原 一夫, 臼井 正明, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 6 )   S1333 - S1333   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • CD30-targeted therapy induces apoptosis of inflammatory cytokine-stimulated synovial fibroblasts and ameliorates collagen antibody-induced arthritis in mice. 国際誌

    Minami Matsuhashi, Keiichiro Nishida, Misa Sakamoto, Yuka Gion, Aki Yoshida, Takayuki Katsuyama, Ryuichi Nakahara, Yoshihisa Nasu, Yoshinori Matsumoto, Yasuharu Sato, Toshifumi Ozaki

    Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.]   71 ( 2 )   215 - 226   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: It has been reported that levels of soluble CD30 in serum and joint fluid are significantly elevated in patients with rheumatoid arthritis (RA). This study aimed to investigate whether CD30 could be a therapeutic target for RA. METHODS: The expression and localization of CD30 were examined by immunohistochemical and double immunofluorescence staining on synovial tissue samples obtained from patients with RA or osteoarthritis (OA) during surgery. Changes in CD30 expression of fibroblast-like synoviocytes (FLS) from RA patients with or without TNFα and IL-1β stimulation were examined by the polymerase chain reaction (PCR) and flow cytometry. Collagen antibody-induced arthritis (CAIA) was created in DBA/1 mice, and the therapeutic effect of brentuximab vedotin (BV) was examined by clinical score, histological findings and measurement of serum levels of SAA, IL-6, and TNFα. RESULTS: CD30 expression was significantly higher in samples from patients with RA than from those with OA. Double immunofluorescence showed a low rate of co-localization of CD30 with CD20 or CD90, but a high rate of co-localization of CD30 and CD138. CD30 mRNA expression was upregulated 11.7-fold in FLS following stimulation by inflammatory cytokines. The clinical scores of CAIA mice were significantly lower following both BV treatments, however, the histological scores of CAIA mice were significantly lower only following treatment with high dose BV (70 mg/kg). CONCLUSIONS: CD30 was expressed on immunocompetent cells in synovial tissue from RA patients and in cytokine-stimulated FLS in vitro. High dose BV (70 mg/kg) showed significant therapeutic effects in ameliorating inflammation and joint destruction in CAIA mice, but low dose BV (30 mg/kg) was insufficient.

    DOI: 10.1007/s00011-021-01537-z

    PubMed

    researchmap

  • Psoas muscle index predicts osteoporosis and fracture risk in individuals with degenerative spinal disease. 査読 国際誌

    Yuya Kajiki, Hironori Tsuji, Haruo Misawa, Ryuichi Nakahara, Tomoko Tetsunaga, Kentaro Yamane, Yoshiaki Oda, Shinichiro Takao, Toshifumi Ozaki

    Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   93   111428 - 111428   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Skeletal muscle loss and osteoporosis are major medical and socioeconomic concerns as the global population ages. Studies have reported that skeletal muscle mass correlates to bone mineral density (BMD). The psoas muscle index (PMI), measured as the L3 cross-sectional areas of the right and left psoas divided by the square of height, has a positive correlation with the total volume of skeletal muscle in the body. This study aimed to evaluate relationships between PMI and BMD and fracture risk estimated by the Fracture Risk Assessment Tool (FRAX). METHODS: Preoperatively acquired, plain computed tomography images at the L3 level were used to measure PMI in 87 people with degenerative spinal diseases. We evaluated the correlation between PMI and BMD and fracture risk estimated by FRAX. RESULTS: PMI was significantly correlated with BMD in the entire lumbar spine and femoral neck (r?=?0.413 and 0.525, both P < 0.001). People with osteoporosis showed significantly lower PMI than those without (P < 0.05). PMI was also significantly correlated with FRAX score (r?=?-0.545, P < 0.001). Furthermore, based on the recommendation of osteoporosis treatment, participants were divided into two groups: FRAX ?15% (R group) and FRAX <15% (C group). The R group showed significantly lower PMI than the C group (P < 0.001). Receiver operating characteristic curve analysis revealed that PMI has moderate accuracy in diagnosing osteoporosis and FRAX ?15%. CONCLUSIONS: PMI was significantly associated with BMD and fracture risk. PMI measurement is straightforward and may increase the diagnosis rate of osteoporosis and fracture risk.

    DOI: 10.1016/j.nut.2021.111428

    PubMed

    researchmap

  • Detection of muscle fatigue caused by repeated posterior tongue lift movement from neck surface EMG: a pilot study. 査読 国際誌

    Hiroshi Furutera, Shigehisa Kawakami, Naoki Kodama, Yosuke Manda, Keisuke Kitagawa, Ryuichi Nakahara, Shogo Minagi

    Journal of oral rehabilitation   48 ( 12 )   1337 - 1346   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Fatigue is an important factor for muscle strengthening in rehabilitation medicine. Frequency analysis has been regarded as the gold standard for muscle fatigue assessment in surface electromyography (EMG). However, there are no experiments quantifying fatigue with grouped discharge (GD), which is one of the historical phenomena observed in patients having fatigue, by using high sampling rate recording of EMG. OBJECTIVE: To investigate the effect of fatigue, which is induced by repeated posterior tongue lift movement (TLM), on the occurrence of GD peaks, thus, to provide possible basis as a parameter for future fatigue evaluation. METHODS: Nineteen healthy adults (9?men and 10 women) participated in this study. The muscle fatigue protocol consisted of repetitive posterior TLM and maximum voluntary contractions (MVC). Bilateral N-EMG (Neck surface EMG for measuring the muscle activity of the posterior tongue) was recorded. RESULTS: Subjective tongue fatigue at the end of the protocol was significantly higher than at beginning throughout the muscle fatigue protocol (p?<?.01). The frequency of occurrence of GD peaks was 0.9?±?1.2 (per second) at the baseline in 33 of 38?subject sides, and significantly increased depending on fatigue progression (p?<?.01). CONCLUSION: It was shown that fatigue due to repetitive posterior tongue lifting resulted in significant increase in the frequency of occurrence of GD peaks. Especially, the nature of GD, showing very few occurrences at non-fatigue condition, might work as an advantageous property for its use in future absolute evaluation of fatigue phenomena.

    DOI: 10.1111/joor.13258

    PubMed

    researchmap

  • The Japanese Version of the Patient-Rated Elbow Evaluation is a Useful Outcome Measure that Potentially Reflects Hand Function in Patients with Rheumatoid Arthritis who Underwent Total Elbow Arthroplasty. 査読 国際誌

    Ryozo Harada, Keiichiro Nishida, Yoshiyuki Matsuyama, Kenzo Hashizume, Takuro Wada, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Masahiro Horita, Masuo Senda, Toshifumi Ozaki

    Modern rheumatology   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: We examined the relationship between The Japanese version of Patient-Related Elbow Evaluation (PREE-J) and other established subjective and objective outcome measures in Japanese patients with rheumatoid arthritis (RA) who underwent total elbow arthroplasty (TEA). PATIENTS AND METHODS: This study involved 46 elbows of 40 RA patients. We collected clinical data one year after surgery, including the PREE-J, the Mayo Elbow Performance Score (MEPS), Disability of the Arm, Shoulder, and Hand (DASH), and Hand20. The correlation and responsiveness to PREE-J were evaluated compared with other outcome measures pre-and postoperatively. RESULTS: Almost all outcome measures were improved significantly after surgery. Preoperative PREE-J was significantly correlated with preoperative DASH, Hand20, and MEPS. Interestingly, postoperative PREE-J did not correlate with postoperative MEPS. Multiple regression analyses revealed that preoperative grip strength (B = -0.09; 95% CI -0.17 to -0.01, p = 0.03) and preoperative Hand20 (B = 0.31, 95% CI 0.03 - 0.58, p = 0.03) were significant factors those might influenced the postoperative PREE-J. CONCLUSIONS: The PREE-J was shown to correlate well with other preoperative outcome measures among the RA patients included in the current study. The postoperative PREE-J after TEA was influenced by the preoperative grip strength and function of the hand.

    DOI: 10.1093/mr/roab100

    PubMed

    researchmap

  • Relationship between clinical outcomes and nerve conduction studies before and after surgery in patients with carpal tunnel syndrome. 査読 国際誌

    Masato Ise, Taichi Saito, Yoshimi Katayama, Ryuichi Nakahara, Yasunori Shimamura, Masanori Hamada, Masuo Senda, Toshifumi Ozaki

    BMC musculoskeletal disorders   22 ( 1 )   882 - 882   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Nerve conduction study (NCS) is the only useful test for objective assessment of carpal tunnel syndrome (CTS). However, the relationship between pre- and postoperative NCS and clinical outcomes was unclear. This study aimed to determine whether pre- and postoperative (6?months) NCS could predict patient-oriented and motor outcomes (6 and 12?months postoperatively) in patients with CTS. METHOD: Of the 85 patients with CTS, 107 hands were analyzed from March 2011 to March 2020. All patients underwent open carpal tunnel release and were examined using the disabilities of the arm, shoulder and hand (DASH) questionnaire and grip strength (GS) preoperatively and 6 and 12?months postoperatively. Moreover, NCS was examined preoperatively and 6?months postoperatively. Distal motor latency (DML) and sensory conduction velocity (SCV) were the parameters used for NCS. The correlation coefficient between NCS and DASH or GS was calculated. A receiver operating characteristic curve was utilized to determine the NCS threshold value to predict DASH and GS improvement. RESULTS: The average scores of GS preoperatively and 6 and 12?months postoperatively were 21.3, 22.3, and 22.8, respectively. On the other hand, the average scores of DASH preoperatively and 6 and 12?months postoperatively were 28.8, 18.3, and 12.2, respectively. The average NCS scores (DML and SCV) preoperatively/6?months postoperatively were 7.3/5.4 and 27.8/36.7, respectively. Preoperative NCS did not correlate with DASH and GS. Postoperative SCV correlated with the change in grip strength (6-12?months, r?=?0.67; 0-12?months, r?=?0.60) and DASH (0-12?months, r?=?0.77). Moreover, postoperative DML correlated with the change in DASH (6-12?months, r?=?-?0.33; 0-12?months, r?=?-?0.59). The prediction for the improvement of GS/DASH achieved a sensitivity of 50.0%/66.7% and a specificity of 100%/100%, at an SCV cutoff score of 38.5/45.0 or above. The prediction for improvement of GS/DASH achieved a sensitivity of 83.3%/66.7% and a specificity of 100%/66.7% at a DML cutoff score of 4.4/4.4 or below. CONCLUSION: NCS at 6?months postoperatively can be used to predict the improvement of clinical outcome after 6?months postoperatively in patients with CTS.

    DOI: 10.1186/s12891-021-04771-y

    PubMed

    researchmap

  • カダバートレーニング 整形外科医のための手術・超音波解剖実習運営(AIを用いた試み)

    中原 龍一, 高橋 康

    中国・四国整形外科学会雑誌   33 ( 3 )   244 - 244   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Adipose-Derived Extract Suppresses IL-1β-Induced Inflammatory Signaling Pathways in Human Chondrocytes and Ameliorates the Cartilage Destruction of Experimental Osteoarthritis in Rats. 査読 国際誌

    Hideki Ohashi, Keiichiro Nishida, Aki Yoshida, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Yoshinori Matsumoto, Ayumu Takeshita, Daisuke Kaneda, Masanori Saeki, Toshifumi Ozaki

    International journal of molecular sciences   22 ( 18 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the effects of adipose-derived extract (AE) on cultured chondrocytes and in vivo cartilage destruction. AE was prepared from human adipose tissues using a nonenzymatic approach. Cultured human chondrocytes were stimulated with interleukin-1 beta (IL-1β) with or without different concentrations of AE. The effects of co-treatment with AE on intracellular signaling pathways and their downstream gene and protein expressions were examined using real-time PCR, Western blotting, and immunofluorescence staining. Rat AE prepared from inguinal adipose tissues was intra-articularly delivered to the knee joints of rats with experimental osteoarthritis (OA), and the effect of AE on cartilage destruction was evaluated histologically. In vitro, co-treatment with IL-1β combined with AE reduced activation of the p38 and ERK mitogen-activated protein kinase (MAPK) pathway and nuclear translocation of the p65 subunit of nuclear factor-kappa B (NF-κB), and subsequently downregulated the expressions of matrix metalloproteinase (MMP)-1, MMP-3, MMP-13, a disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs (ADAMTS)-4, IL-6, and IL-8, whereas it markedly upregulated the expression of IL-1 receptor type 2 (IL-1R2) in chondrocytes. Intra-articular injection of homologous AE significantly ameliorated cartilage destruction six weeks postoperatively in the rat OA model. These results suggested that AE may exert a chondroprotective effect, at least in part, through modulation of the IL-1β-induced inflammatory signaling pathway by upregulation of IL-1R2 expression.

    DOI: 10.3390/ijms22189781

    PubMed

    researchmap

  • 日本人関節リウマチ患者におけるボディイメージ・アセスメントツールの信頼性の検討 査読

    小橋 靖子, 渡辺 美紀, 菊地 真佑花, 片上 香里, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 尾崎 敏文, 那須 義久, 中原 龍一, 原田 遼三

    臨床リウマチ   33 ( 3 )   221 - 232   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本臨床リウマチ学会  

    【目的】関節リウマチ(RA)患者におけるボディイメージ・アセスメントツール(BIAT)の信頼性と有効性を検証すること。【方法】本研究は横断的観察研究である。外来通院中(非手術群)および入院中(手術群)のRA患者265例および健常人62名を対象にBIAT質問用紙への回答を依頼した。信頼性の評価として、内部一貫法にはRA患者265例のbaselineのデータを、再テスト法には健常群62名のbaseline・3週後、および非手術群76例のbaseline・半年・1年後のデータを用いた。既存の評価法としてBDI-II(Beck Depression Inventory-II、ベック抑うつ質問票)を用いてBIATの臨床評価としての妥当性を検討した。RA患者265例をDAS28-CRPに基づき、寛解、低疾患活動性、中疾患活動性、高疾患活動性に群別し、BIATとの関連を検討した。さらに非手術群と手術群でBIATに差があるかどうかを検討した。【結果】BIATは全体の評価でも各構成概念の評価でもα係数は0.8以上を示しており、高い一貫性を有していた。再テスト法ではBIAT全体平均において、健常群のbaselineと3週後で相関係数0.75、非手術群のbaselineと半年後および1年後で相関係数0.79および0.78であり、比較的高い信頼性が確認できた。BIAT全体スコアはBDI-IIと有意な負の相関(r=-0.64、P<0.001)を示した。BIATは疾患活動性が高いほど低値となる傾向があることが示された。手術群でのbaselineの平均BIATの値はいずれの構成概念においても非手術群よりも有意に低値であった。【結論】RA患者に対するBIATは、高い一貫性、安定性を有する評価ツールであることが確認された。(著者抄録)

    researchmap

  • 教師なし学習を用いたAIによる超音波画像撮像部位自動検出

    中原 龍一, 高橋 康, 西田 圭一郎, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 堀田 佳史, 品岡 玲, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1726 - S1726   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • A Novel Radiographic Measurement Method for the Evaluation of Metatarsophalangeal Joint Dislocation of the Lesser Toe in Patients with Rheumatoid Arthritis. 査読 国際誌

    Hideki Ohashi, Keiichiro Nishida, Yoshihisa Nasu, Kenta Saiga, Ryuichi Nakahara, Masahiro Horita, Shunji Okita, Toshifumi Ozaki

    International journal of environmental research and public health   18 ( 14 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Dorsal dislocation of metatarsophalangeal (MTP) joints of the lesser toe frequently occurs in patients with rheumatoid arthritis (RA), and may cause painful and uncomfortable plantar callosities and ulceration. The current study examined the reliability and clinical relevance of a novel radiographic parameter (the MTP overlap distance [MOD]) in evaluating the severity of MTP joint dislocation. The subjects of the current study were 147 RA patients (276 feet; 1104 toes). MOD, defined as the overlap distance of the metatarsal head and the proximal end of the phalanx, was measured on plain radiographs. The relationship between the MOD and clinical complaints (forefoot pain and/or callosity formation) was analyzed to create a severity grading system. As a result, toes with callosities had a significantly larger MOD. ROC analysis revealed that the MOD had a high AUC for predicting an asymptomatic foot (-0.70) and callosities (0.89). MOD grades were defined as follows: grade 1, 0 ? MOD < 5 mm; grade 2, 5 ? MOD < 10 mm; and grade 3, MOD ? 10 mm. The intra- and inter-observer reliability of the MOD grade had high reproducibility. Furthermore, the MOD and MOD grade improved significantly after joint-preserving surgeries for lesser toe deformities. Our results suggest that MOD and MOD grade might be useful tools for the evaluation of deformities of the lesser toe and the effect of surgical intervention for MTP joints in patients with RA.

    DOI: 10.3390/ijerph18147520

    PubMed

    researchmap

  • Subjective and Objective Outcomes of Surgery for Rheumatoid Forefoot Deformities Under the Current Treatment Paradigm. 査読 国際誌

    Masahiro Horita, Keiichiro Nishida, Daisuke Kaneda, Kenzo Hashizume, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Kenta Saiga, Hideki Ohashi, Masahito Watanabe, Toshifumi Ozaki

    The Journal of foot and ankle surgery : official publication of the American College of Foot and Ankle Surgeons   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the clinical outcomes of surgical procedures for the treatment of forefoot deformities in patients with rheumatoid arthritis. Twenty feet in 16 women (mean age 62.1 years) underwent corrective osteotomy of the first metatarsal bone with shortening oblique osteotomy of the lesser metatarsophalangeal joints (joint-preservation group), while 13 feet in 12 women (mean age 67.4 years) underwent arthrodesis of the first metatarsophalangeal joint with resection arthroplasty of the lesser metatarsophalangeal joints (joint-sacrifice group); mean follow-up for each group was 25.8 and 23.8 months, respectively. The mean total Japanese Society for Surgery of the Foot (JSSF) scale improved significantly from 64.2 to 89.2 in the joint-preservation group (p < .001), and from 54.2 to 74.2 in the joint-sacrifice group (p?=?.003). In the joint-preservation group, the postoperative range of motion (ROM) of the joint, walking ability, and activities of daily living scores of the JSSF scale were significantly higher than those in the joint-sacrifice group (p?=?.001, p?=?.001, and p?=?.019, respectively). There were no differences in the subscale scores of the self-administered foot evaluation questionnaire between 2 groups either pre- or postoperatively. No differences in the postoperative complications were found between 2 groups. Although the joint-sacrificing procedure resulted in lower objective outcomes than the joint-preserving procedure regarding the ROM of the joint, the walking ability, and the level of activities of daily living, both procedures resulted in similar treatment outcomes when evaluated by the subjective measures.

    DOI: 10.1053/j.jfas.2021.06.008

    PubMed

    researchmap

  • Prevalence of Psychological Distress and Its Risk Factors in Patients with Primary Bone and Soft Tissue Tumors. 査読 国際誌

    Masato Ise, Eiji Nakata, Yoshimi Katayama, Masanori Hamada, Toshiyuki Kunisada, Tomohiro Fujiwara, Ryuichi Nakahara, Shouta Takihira, Kohei Sato, Yoshiteru Akezaki, Masuo Senda, Toshifumi Ozaki

    Healthcare (Basel, Switzerland)   9 ( 5 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Psychological distress is common in patients with soft tissue and bone tumors. We first investigated its frequency and the associated risk factors in patients with pre-operative bone and soft tissue tumors. Participants included 298 patients with bone and soft tissue tumors who underwent surgery in our institution between 2015 and 2020. Psychological distress was evaluated by the Distress and Impact Thermometer (DIT) that consists of two types of questions (questions about the severity of the patient's distress (DIT-D) and its impact (DIT-I)). We used a cut-off point of 4 on the DIT-D and 3 on the DIT-I for screening patients with psychological distress. We therefore investigated: (1) the prevalence of psychological distress as assessed with DIT or distress thermometer (DT), which can be decided by DIT-D ? 4, (2) what are the risk factors for the prevalence of psychological distress, and (3) what is the number of patients who consulted a psychiatrist for psychological distress in patients with pre-operative bone and soft tissue tumors. With DIT and DT, we identified 64 patients (21%) and 95 patients (32%), respectively, with psychological distress. Multivariate logistic regression revealed that older age, sex (female), malignancy (malignant or intermediate tumor), a lower Barthel Index, and higher numeric rating scale were risk factors for psychological distress. Two patients (3%) consulted a psychiatrist after surgery. In conclusion, careful attention to psychological distress is needed, especially for female patients, older patients, and those with malignant soft or bone tissue tumors who have more than moderate pain.

    DOI: 10.3390/healthcare9050566

    PubMed

    researchmap

  • 【US Today 2021 超音波検査・診断最前線 運動器領域の最新動向を中心に】運動器領域の技術と臨床の最新動向 運動器領域の超音波画像診断におけるAIの応用 査読

    中原 龍一

    INNERVISION   36 ( 6 )   58 - 60   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)インナービジョン  

    人工知能(AI)技術は非常に速い速度で進化しており、自動翻訳や音声認識などの、日常で利用可能なAIも出現している。医療領域でもAI研究は進んでおり、2019年には医療AIソフトウエア(MRI・脳動脈瘤検出)が医薬品医療機器総合機構(PMDA)により認可され、今後さらに普及が進むと予想されている。本稿では、運動器領域における超音波画像診断のAI利用について概説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【人工知能(AI)を活用した医療の展開】整形外科領域におけるAI 査読

    中原 龍一

    岡山医学会雑誌   133 ( 1 )   58 - 61   2021年4月

  • Differences between the root and horn cells of the human medial meniscus from the osteoarthritic knee in cellular characteristics and responses to mechanical stress. 査読 国際誌

    Yuki Okazaki, Takayuki Furumatsu, Yusuke Kamatsuki, Keiichiro Nishida, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Taichi Saito, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   26 ( 2 )   230 - 236   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Many histological, mechanical, and clinical studies have been performed on the medial meniscus posterior root attachment, as it often tears in patients with osteoarthritic knee. Medial meniscal root repair is recommended in clinical situations; however, to date, no studies have examined the differences between meniscal root and horn cells. The aim of this study was, therefore, to investigate the morphology, reaction to cyclic tensile strain, and gene expression levels of medial meniscal root and horn cells. METHODS: Meniscal samples were obtained from the medial knee compartments of 10 patients with osteoarthritis who underwent total knee arthroplasty. Root and horn cells were cultured in Dulbecco's modified Eagle's medium without enzymes. The morphology, distribution, and proliferation of medial meniscal root and horn cells, as well as the gene and protein expression levels of Sry-type HMG box 9 and type II collagen, were determined after cyclic tensile strain treatment. RESULTS: Horn cells had a triangular morphology, whereas root cells were fibroblast-like. The number of horn cells positive for Sry-type HMG box 9 and type II collagen was considerably higher than that of root cells. Although root and horn cells showed similar levels of proliferation after 48, 72, or 96?h of culture, more horn cells than root cells were lost following a 2-h treatment with 5% and 10% cyclic tensile. Sry-type HMG box 9 and α1(II) collagen mRNA expression levels were significantly enhanced in both cells after 2- and 4-h cyclic tensile strain (5%) treatment. CONCLUSIONS: Medial meniscal root and horn cells have distinct morphologies, reactions to mechanical stress, and cellular phenotypes. Our results suggest that physiological tensile strain is important to activate extracellular matrix production in horn cells.

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.02.015

    PubMed

    researchmap

  • The trend of treatment and conveyance system for upper extremity replantation in Japan: A nationwide population-based study from the Japan trauma data bank. 査読 国際誌

    Taichi Saito, Satoshi Nezu, Minami Matsuhashi, Ryuichi Nakahara, Yasunori Shimamura, Tomoyuki Noda, Tetsuya Yumoto, Atsunori Nakao, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   26 ( 2 )   271 - 275   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: In Japan, microsurgical skill development and a system to transfer patients to an appropriate hospital for upper extremity amputation have been promoted; however, information about trends of replantation is limited. Therefore, the aim of this study was to clarify the trends in the treatment for upper extremity amputation using the Japan Trauma Data Bank (JTDB). METHODS: Data derived from JTDB (2004-2015) were used to quantify trends in the volume of replantation for upper extremity amputation including finger amputation. Trauma was diagnosed based on the Abbreviated Injury Scale code; a subgroup of patients who underwent replantation was delineated. We investigated patient demographics, infection rate, and characteristics of treating facilities. RESULTS: A total of 1240 patients underwent upper extremity amputation. Among these, 510 (41.1%) underwent replantation, and the rate of replantation did not change over the study period. The average age of patients who underwent or did not undergo replantation was 45.5 and 47.2 years, respectively. The proportion of the patients who were transferred to another hospital for treatment significantly decreased between 2004 (28.5%) and 2015 (16.3%) (P?<?0.01). Time taken for transfer from the accident site to hospitals increased. The rate of patients who underwent replantation differed among different hospitals; however, higher-volume hospitals were more likely to perform replantation. CONCLUSION: The rate of patients transferred to another hospital decreased between 2004 and 2015; however, the rate of patients who underwent replantation remained unchanged. This suggests that the number of patients who were transported directly from the accident site to an appropriate hospital has increased, whereas the indication for care in each hospital remains unchanged. Common criteria for amputations are needed to address the differing rates of replantation among hospitals.

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.03.006

    PubMed

    researchmap

  • 骨粗鬆症と骨代謝 ロモソズマブ治療における関節リウマチの影響

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 高杉 幸司, 江澤 和彦, 井上 貴絵, 藤田 慎一朗, 與座 未来, 金谷 麻未, 新名 早希子, 山本 渉

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   365 - 365   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • ロモソズマブ治療において骨粗鬆症の前治療が与える影響、投与1年時の効果予測因子について

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 高杉 幸司, 江澤 和彦, 井上 貴絵, 藤田 慎一朗, 與座 未来, 金谷 麻未, 新名 早希子, 山本 渉

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   610 - 610   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ超音波検査におけるデジタルカメラ画像とAIを用いたボディーマーク付与

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 堀田 佳史, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   555 - 555   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生物学的製剤と手術 当科におけるリウマチ外科手術1569例の患者背景

    那須 義久, 堀田 佳史, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   343 - 343   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【整形外科におけるAIを用いた研究】AI技術の過去と現状 査読

    中原 龍一

    関節外科   39 ( 12 )   1280 - 1286   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <文献概要>人工知能(artificial intelligence;AI)技術の発展は技術だけの問題ではなく経済も含めた複合的な現象である。AIを中心としたデータ処理が得意なGAFA企業は世界の株式時価総額のトップを占めるようになった。AIの中心技術である深層学習は画像処理能力を飛躍的に伸ばしただけでなく,言語や音声などの解析能力も伸ばした。またGPUの進歩,大規模データセットの進化などの要因がAIの発展を支えている。本稿ではこれらのAI技術の進歩にまつわる歴史を概説する。

    researchmap

  • What Are the Results of Resection of Localized Dedifferentiated Liposarcomas in the Extremities? 査読 国際誌

    Eiji Nakata, Toshiyuki Kunisada, Joe Hasei, Ryuichi Nakahara, Hiroyuki Yanai, Tomohiro Toji, Hirofumi Inoue Ct, Toshifumi Ozaki

    Clinical orthopaedics and related research   478 ( 11 )   2550 - 2561   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Dedifferentiated liposarcoma (DDLPS) is a rare malignancy that transitions from an atypical lipomatous tumor to a sarcoma with a variable morphologic appearance. The behavior of this tumor in the retroperitoneum is aggressive, but the behavior of DDLPS in the extremities is less well-defined because it is rare. Few reports have assessed the imaging features and clinical outcomes of primary DDLPS in the extremities. QUESTIONS/PURPOSES: In patients with primary DDLPS of the extremity, we asked the following questions: (1) How frequently do additional primary malignancies occur in patients with DDLPS? (2) What is the rate of overall survival, metastases, and local recurrence in DDLPS? (3) What factors are associated with metastasis-free survival and local recurrence in DDLPS? METHODS: We defined DDLPS as a biphasic neoplasm that transitions from an atypical lipomatous tumor (ALT) to a sarcoma of variable morphologic appearance and histologic grades. We retrospectively evaluated the medical records of patients with DDLPS of the extremities who underwent surgery in our institution between 2003 and 2017. During that time, 16 patients were treated for this diagnosis; one was excluded from this study because the patient did not have an MRI, leaving 15 patients (nine men, six women; their median [range] age was 67 years [42 to 87]) for evaluation. All had a minimum of 2 years follow-up (median [range] 54 months [25 to 136]); 14 of 15 have been seen in the last 5 years (one patient, who was doing well at the time, was lost after 9 years of follow-up). In 11 patients, MRI demonstrated two components: an ALT component with high intensity on both T1-weighed and T2-weighted sequences and a dedifferentiated component low-to-intermediate intensity on T1-weighed and heterogeneous hyperintensity on T2-weighted sequence. Nine patients were evaluated using 2-deoxy-2-18F-fluoro-D-glucose positron emission tomography (FDG-PET) combined with CT (PET/CT). PET/CT showed a biphasic pattern with a close relationship to MRI findings. The dedifferentiated component presented with high FDG uptake (median [range] maximum standardized uptake value 5.1 [1.9 to 22.6]), while the atypical lipomatous tumor component showed almost no FDG uptake. In all patients, immunohistochemical studies of p16 and cyclin-dependent kinase-4 (CDK4) were investigated. Positive staining for both p16 and CDK4 were seen in 13 of 15 patients.We retrospectively evaluated the electronic medical records of all patients in our institution for the presence of additional primary malignancies, local recurrence-free survival, metastasis-free survival, and overall survival. The survival rate was estimated using the Kaplan-Meier method. The Wilcoxon exact test was used to determine the prognostic importance of the following survival variables: age, sex, maximum tumor size, radiotherapy, and surgical margin. RESULTS: Seven additional primary malignancies developed in five of 15 patients (two lung cancers, two sarcomas, one renal cell cancer, one uterine cancer, and one non-Hodgkin lymphoma). The 3- and 5-year metastasis-free survival rates were 86% (95% CI 0.67 to 1.00) and 75% (95% CI 0.49 to 1.00), respectively. With the numbers available, we found no factors associated with metastasis-free survival. The 3- and 5-year overall survival rates were 100% (95% CI 1.00 to 1.00) and 88% (95% CI 0.65 to 1.00), respectively. Three of 15 patients had local recurrence. The 3- and 5-year local recurrence-free survival rates were 86% (95% CI 0.67 to 1.00) and 75% (95% CI 0.49 to 1.00), respectively. Large (> 15 cm) tumors were more likely to have a local recurrence (p = 0.04). CONCLUSIONS: In this small series, we found that the extremities are a favorable site for DDLPS compared with the retroperitoneum, although we did not directly compare the two sites. This rare tumor has a relatively high likelihood of being associated with other malignancies. We believe patients should be assessed and monitored carefully for this possibility. In the future, larger studies are needed to better define predictors of local recurrence, although the tumor's size may be associated with a greater propensity for local recurrence. LEVEL OF EVIDENCE: Level II, prognostic study.

    DOI: 10.1097/CORR.0000000000001338

    PubMed

    researchmap

  • Early response of bone metastases can predict tumor response in patients with non-small-cell lung cancer with bone metastases in the treatment with nivolumab. 査読 国際誌

    Eiji Nakata, Shinsuke Sugihara, Yoshifumi Sugawara, Toshiyuki Kozuki, Daijiro Harada, Naoyuki Nogami, Ryuichi Nakahara, Takayuki Furumatsu, Tomonori Tetsunaga, Toshiyuki Kunisada, Toshifumi Ozaki

    Oncology letters   20 ( 3 )   2977 - 2986   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effect of nivolumab and the relation between bone response and tumor control in patients with non-small-cell lung cancer (NSCLC) with bone metastases are not clear. The outcome of nivolumab monotherapy was investigated, and whether the response of bone metastases is useful as an early predictor of tumor control in patients with NSCLC with bone metastases was examined. The participants included 15 patients who received nivolumab monotherapy for NSCLC with bone metastases in our institution between 2015 and 2017. Tumor control was defined using Response Evaluation Criteria in Solid Tumors, version 1.1 (RECIST1.1). Response of bone metastases was assessed by the MD Anderson response criteria (MDA criteria). Responses according to RECIST1.1 and the MDA criteria were classified as responder (complete response or partial response) and non-responder [progressive disease (PD) or stable disease]. Progression-free survival (PFS) was investigated using the Kaplan-Meier method. With RECIST1.1, the overall response rate was 20%. Multivariate analysis showed that the MDA criteria were the only risk factor for patients with PD (RECIST1.1). Median PFS was 1.9 months, with PFS of 20% at 6 months. Univariate analysis showed that being a non-responder according to the MDA criteria was the only risk factor for PFS. In patients who were responders (MDA criteria) within 3 months, PFS was 83 and 50% at 3 and 6 months, respectively, though all non-responder (MDA criteria) patients converted to PD (RECIST1.1) within 3 months. Response according to RECIST1.1 was significantly correlated with response according to the MDA criteria (P<0.05). In patients who were both responders according to RECIST1.1 and the MDA criteria, time to response with the MDA criteria (1.4-2.0 months) was earlier than with RECIST1.1 (2.8-3.0 months) in all patients. In conclusion, application of the MDA criteria within 2 months of nivolumab monotherapy is useful for early prediction of response and prognosis in patients with NSCLC with bone metastases.

    DOI: 10.3892/ol.2020.11856

    PubMed

    researchmap

  • 【整形外科×人工知能】整形外科の画像診断領域における深層学習 査読

    中原 龍一

    臨床整形外科   55 ( 8 )   919 - 924   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>深層学習(deep learning)と呼ばれる人工知能(artificial intelligence)AI技術の発達により,AI画像診断研究が劇的に発展している.それを支えているのがAIプログラムの無料公開文化だ.AI学者が再利用可能な形でAIプログラムを公開してくれるため,公開されたAI技術を組み合わせることで医療AIの開発が可能となった.整形外科領域におけるAI開発もその例外ではなく,骨折診断領域を中心に様々なAI技術を組み合わせて開発を行われている.本稿ではAI技術の発展にフォーカスしてAI画像診断研究について概説する.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01554&link_issn=&doc_id=20200818220008&doc_link_id=40022329174&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40022329174&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 生物学的製剤治療を行った関節リウマチ患者における関節破壊の解析

    浅野 澄恵, 高杉 幸司, 江澤 和彦, 原田 遼三, 藤田 慎一朗, 山本 渉, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   561 - 561   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • バリシチニブを休薬せず行った整形外科手術の小経験

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 高杉 幸司, 浅野 澄恵, 藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 山本 渉, 與座 未来, 金谷 麻未, 新名 早希子, 江澤 和彦

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   574 - 574   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 地域包括ケア病棟における期限内退院可能な患者の特徴、予測モデルについて

    原田 遼三, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   57 ( 特別号 )   3 - 4   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • 【整形外科臨床研究の手引き-適切に行い,正しく読み解くために】最新研究紹介 AIを用いた整形外科研究 査読

    中原 龍一

    整形外科   71 ( 6 )   725 - 730   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>はじめに 近年,画像認識や自動翻訳などで人工知能(artificial intelligence:AI)が急速に発展している.その中心にあるのは深層学習(deep learning)と呼ばれるAI技術である.医療界でも爆発的な勢いでAI研究が増えており,PubMedで"deep learning"で検索される論文は2012年には12件にすぎなかったが,2019年には3,919件にまで増えている(図1).医療AI研究は放射線科の画像分野ではじまり,さまざまな領域に医療AI研究は拡大している.整形外科領域でも骨折のAI画像診断を中心にAI研究が広がりをみせている.本項ではそのようなAI論文の読み解き方とAI研究のはじめ方について概説する.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00764&link_issn=&doc_id=20200605260045&doc_link_id=issn%3D0030-5901%26volume%3D71%26issue%3D6%26spage%3D725&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0030-5901%26volume%3D71%26issue%3D6%26spage%3D725&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Multidisciplinary treatment system for bone metastases for early diagnosis, treatment and prevention of malignant spinal cord compression. 査読 国際誌

    Eiji Nakata, Shinsuke Sugihara, Yoshifumi Sugawara, Ryuichi Nakahara, Takayuki Furumatsu, Tomonori Tetsunaga, Toshiyuki Kunisada, Kazuo Nakanishi, Yoshiteru Akezaki, Toshifumi Ozaki

    Oncology letters   19 ( 4 )   3137 - 3144   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant spinal cord compression (MSCC) is a serious complication of cancers. The present study aimed to establish a multidisciplinary treatment system for urgent magnetic resonance imaging (MRI) and referral to orthopedists in order to prevent neurological deficits caused by MSCC. In the present study, the extent to which this system achieved early diagnosis and treatment and prevented MSCC-caused neurological deficits was examined. The records from patients with neurological deficits caused by MSCC before (between April 2007 and March 2012; group A) and after (between April 2012 and March 2017; group B) the establishment of the multidisciplinary system at the Shikoku Cancer Center (Ehime, Japan) were retrospectively evaluated. The numbers of patients with neurological deficits were 38 and 7 in groups A and B, respectively. All patients received radiotherapy. The incidence of neurological deficits was 13.2 and 3.4% in groups A and B, respectively (P<0.001). The proportion of patients with improvement in the severity of neurological deficits was 5.3 and 28.6% in groups A and B, respectively (P<0.001). The interval between physicians' recognition of a neurological deficit and MRI and the start of treatment, the number of cases, and the severity of neurological deficits were evaluated in groups A and B. The median interval between recognition of a neurological deficit by physicians and MRI was 3 and 0 days in groups A and B, respectively (P<0.001). The median interval between physicians' recognition of a neurological deficit and the start of treatment was 3 and 0 days in groups A and B, respectively (P<0.001). By using a multidisciplinary treatment system, the incidence and severity of neurological deficits following treatment were significantly improved. Therefore, the multidisciplinary treatment system used in the present study may be useful for early diagnosis, treatment and prevention of MSCC in patients with bone metastases.

    DOI: 10.3892/ol.2020.11415

    PubMed

    researchmap

  • 超音波ガイド下関節穿刺が診断治療に有用であった股関節偽痛風の2例 査読

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾崎 敏文, 原田 遼三

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   1 - 7   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    症例1は93歳女性で、右膝痛による体動困難を主訴とした。CT、超音波で右股関節包内前方に水腫と石灰化像を認め、超音波ガイド下に股関節穿刺吸引を施行した。関節液の検査結果は比重1.015、尿酸結晶(-)、CPPD結晶(+)、細胞数46325/μL(分画:Stab1%、Seg85%、Mono13%、Lymph1%)、糖77mg/dL、塗抹菌体(-)であり、股関節偽痛風と診断した。穿刺の際にキシロカインを投与し、症状が速やかに改善した。症例2は81歳女性で、誘因のない右股関節痛を主訴とした。CT、超音波で右股関節包内前方に水腫と石灰化像を認め、超音波ガイド下に股関節穿刺吸引を施行した。関節液の検査結果は比重1.020、尿酸結晶(-)、CPPD結晶(+)、細胞数20800/μL(分画:Stab0%、Seg82%、Mono13%、Lymph8%)、糖155mg/dL、塗抹菌体(-)であり、股関節偽痛風と診断した。穿刺の際にキシロカインを投与し、症状が速やかに改善した。以後、2例とも疼痛の再燃を認めなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20200602230001&doc_link_id=130007902762&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007902762&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 【整形外科の外傷治療-現状と課題-】その他のトピックにおける現状と課題 整形外科における人工知能 査読

    中原 龍一

    関節外科   39 ( 4月増刊 )   151 - 158   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <文献概要>・医療AIの研究が急速に発展している。さまざまな医療AI企業が生まれ,米国を中心に医療AIの臨床利用が開始された。・無料のAI開発環境が公開され誰でもAI研究が可能となったため,外傷領域でもAI研究は進んでいる。・AIはAI特有の誤認識を犯すことも分かってきたため,AIの臨床利用のためにはAIの利点だけではなく,問題点の研究も重要である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00282&link_issn=&doc_id=20200414180029&doc_link_id=10.18885%2FJJS.0000000282&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18885%2FJJS.0000000282&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 尺骨末端切除術(Darrach法)後に手指伸筋腱再断裂を生じた1例 査読

    那須 義久, 大橋 基秀, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   132 ( 1 )   48 - 48   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 【リウマチと整形外科】関節エコーの使用ポイント 査読

    中原 龍一

    関節外科   39 ( 3 )   256 - 262   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    関節エコーは単純X線画像では検出困難な滑膜炎や微小な骨びらんの検出が可能である。早期診断・薬効判定・寛解基準に有用であるだけでなく,関節穿刺にも用いることができ,安価で低侵襲であるため関節リウマチ診療においてなくてはならない検査となった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00282&link_issn=&doc_id=20200219070002&doc_link_id=10.18885%2FJJS.0000000162&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18885%2FJJS.0000000162&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Bone microarchitectural analysis using ultra-high-resolution CT in tiger vertebra and human tibia. 査読 国際誌

    Ryota Inai, Ryuichi Nakahara, Yusuke Morimitsu, Noriaki Akagi, Youhei Marukawa, Toshi Matsushita, Takashi Tanaka, Akihiro Tada, Takao Hiraki, Yoshihisa Nasu, Keiichiro Nishida, Toshifumi Ozaki, Susumu Kanazawa

    European radiology experimental   4 ( 1 )   4 - 4   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: To reveal trends in bone microarchitectural parameters with increasing spatial resolution on ultra-high-resolution computed tomography (UHRCT) in vivo and to compare its performance with that of conventional-resolution CT (CRCT) and micro-CT ex vivo. METHODS: We retrospectively assessed 5 tiger vertebrae ex vivo and 16 human tibiae in vivo. Seven-pattern and four-pattern resolution imaging were performed on tiger vertebra using CRCT, UHRCT, and micro-CT, and on human tibiae using UHRCT. We measured six microarchitectural parameters: volumetric bone mineral density (vBMD), trabecular bone volume fraction (bone volume/total volume, BV/TV), trabecular thickness (Tb.Th), trabecular number (Tb.N), trabecular separation (Tb.Sp), and connectivity density (ConnD). Comparisons between different imaging resolutions were performed using Tukey or Dunnett T3 test. RESULTS: The vBMD, BV/TV, Tb.N, and ConnD parameters showed an increasing trend, while Tb.Sp showed a decreasing trend both ex vivo and in vivo. Ex vivo, UHRCT at the two highest resolutions (1024- and 2048-matrix imaging with 0.25-mm slice thickness) and CRCT showed significant differences (p ? 0.047) in vBMD (51.4?mg/cm3 and 63.5?mg/cm3 versus 20.8?mg/cm3), BV/TV (26.5% and 29.5% versus 13.8 %), Tb.N (1.3 l/mm and 1.48 l/mm versus 0.47 l/mm), and ConnD (0.52 l/mm3 and 0.74 l/mm3 versus 0.02 l/mm3, respectively). In vivo, the 512- and 1024-matrix imaging with 0.25-mm slice thickness showed significant differences in Tb.N (0.38 l/mm versus 0.67 l/mm, respectively) and ConnD (0.06 l/mm3 versus 0.22 l/mm3, respectively). CONCLUSIONS: We observed characteristic trends in microarchitectural parameters and demonstrated the potential utility of applying UHRCT for microarchitectural analysis.

    DOI: 10.1186/s41747-019-0135-0

    PubMed

    researchmap

  • 【手外科リハビリテーション診療】RA手指変形 MCP人工関節置換術後のリハビリテーションについて 査読

    松山 宜之, 中原 龍一, 那須 義久, 岡 佳純, 千田 益生, 西田 圭一郎

    MEDICAL REHABILITATION   ( 244 )   1 - 7   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    関節リウマチ(RA)手の障害は、スワンネック変形・ボタン穴変形・尺側偏位など多彩であり、一つの手に複数の変形が混在している。その中でも、中手指節(MCP)関節は早期から罹患率が高く関節変形が生じやすく、進行例ではシリコン製インプラントによるMCP人工関節置換術での良好な成績が報告されている。当院では、MCP人工関節置換術に対しては、スタンダードパスを用いて術後療法を行っている。しかし、RA手指においては隣接関節の障害や伸筋腱皮下断裂を伴っていることも多く、進行例の変形では必要に応じて追加手術が同時に実施される。本稿では、通常のMCP人工関節置換術からスワンネック変形・ボタン穴変形・若年者の関節変形の術後リハビリテーションについて概説する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J03505&link_issn=&doc_id=20200124130001&doc_link_id=40022150926&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40022150926&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 関節リウマチに対するMCP関節人工関節置換術中に手関節部での腱剥離術を要した症例の検討 査読

    木曽 洋平, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 尾崎 敏文, 那須 義久, 中原 龍一

    日本関節病学会誌   38 ( 4 )   471 - 477   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    当院でRA(関節リウマチ)に対しMCP関節人工関節置換術を施行した72例(手術時平均年齢61.8歳±11.9歳)を対象に、術中に手関節背側部の腱剥離術を要した症例について検討した。その結果、術中に手関節背側部の腱剥離術を要した症例は12例(16.7%)であった。更に手関節部での手術歴を有している症例では、15例中6例(40.0%)で術中に腱剥離術の追加が必要であった。手関節手術歴のある例ではEDCの癒着が多い傾向にあり、手術歴のない例では全例でEDMの癒着がみられた。腱剥離(+)群、腱剥離(-)群ともにHAND20、DASHは術後改善傾向を示し、改善量は両群間で有意差は認められなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05177&link_issn=&doc_id=20191220140007&doc_link_id=130007837118&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007837118&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • チーム医療からみたRAの外科的治療 RA手のリハビリテーション 査読

    松山 宜之, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎

    臨床リウマチ   31 ( 3 )   259 - 265   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本臨床リウマチ学会  

    RA診療における外科的治療として、2006年以降より肩・肘・股・膝関節の人工関節の手術件数は減少傾向にあるなか、手・足の手術件数は増加傾向にあった。術後リハビリテーション医療を行う際には、術前・術後に執刀医と綿密な連携をとることや、病棟看護師との連携の必要性が報告されている。本稿では、当院での作業療法士の立場からみた他職種連携について紹介する。当院での外科的治療におけるリハビリテーション医療は入院から外来と長期間に渡って行われ、計画的に入院中の術前評価から外来での術後3ヵ月・6ヵ月・1年と定期的に評価を行い患者の状況把握に努めている。入院期間中は主治医と手術に対して共通認識がもてるように、整形外科手術カンファレンス・回診、症例報告、超音波検査によって連携をとっている。また、上肢・手の手術でも移動能力に問題があれば、リハ医・理学療法士と、入院中のADLに関しては、病棟看護師と連携している。また、退院後も各術式による時期別の機能回復を意識しながら、術後評価を行い主治医と連携しながらフォローアップしている。多職種間で意思疎通しやすい環境構築を意識しながら診療を行うこが重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02269&link_issn=&doc_id=20191025160012&doc_link_id=130007741420&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007741420&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Prevalence of and Risk Factors for the Progression of Upper Cervical Lesions in Patients with Rheumatoid Arthritis. 査読 国際誌

    Masahiro Horita, Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Yoshihisa Sugimoto, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Ryozo Harada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   73 ( 3 )   235 - 240   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the prevalence of and risk factors for the progression of upper cervical lesions (UCLs) in patients with rheumatoid arthritis (RA). A retrospective analysis of 49 patients with RA (4 males, 45 females) was conducted. The UCLs included atlanto-axial subluxation and vertical subluxation. We investigated the clinical factors including the Disease Activity Score 28 based on C-reactive protein (DAS28-CRP) and the modified Health Assessment Questionnaire-Disability Index as well as radiographic changes between the baseline (at May 2010 to April 2013) and final follow-up. Forty patients (81.6%) were classified as the non-progressive group, and the other 9 patients (18.4%) comprised the progressive group. The progressive group's final CRP values, baseline or final MMP-3 levels, DAS28-CRP, and rate of pre-existing lesions at baseline were all significantly higher than those of the non-progressive group (p=0.017, p=0.043, p=0.002, p=0.008, p<0.001, and p=0.008 respectively). A multivariate logistic regression analysis demonstrated that DAS28-CRP at baseline was a risk factor for radiographic progression (p=0.018, odds ratio: 2.54, 95% confidence interval: 1.17-5.51). Our findings indicate that higher disease activity might influence the progression of UCLs in patients with RA.

    DOI: 10.18926/AMO/56866

    PubMed

    researchmap

  • Rasch分析を用いたRA患者における上肢機能評価の検討

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一

    運動器リハビリテーション   30 ( 2 )   238 - 238   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本運動器科学会  

    researchmap

  • Nonunion fragility fracture of the pelvis with complication from bladder rupture: A case report. 査読 国際誌

    Yasuaki Yamakawa, Tomoyuki Noda, Taichi Saito, Kenta Saiga, Ryuichi Nakahara, Yasunori Shimamura, Toshifumi Ozaki

    Trauma case reports   20   100169 - 100169   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The incidence rate of bladder rupture associated with pelvic ring fractures is reported to be about 5-10%, mostly occurring at the time of injury. Fragility pelvic ring fractures are reported to increase fracture displacement or become nonunion if they are treated inadequately. Few case reports on bladder rupture associated with fragility pelvic ring fracture have been published. We report a rare case of delayed bladder rupture associated with a fragility fracture of the pelvis. A 65-year-old female felt right hip pain without sustaining any trauma. She was diagnosed with a right pubic rami fracture. However, her pain deteriorated, and a sacral fracture was identified one month later. She was prescribed teriparatide, but her pain worsened and she was referred to our hospital. She was diagnosed with fragility fracture of the pelvis (Rommens classification type IVb) and was treated operatively. During the surgery, her thin bladder wall, which was compressed by a displaced pubic fragment, was torn and repaired. This is the first report describing a fragility fracture of the pelvis associated with a bladder rupture. Our treatment led to a successful result.

    DOI: 10.1016/j.tcr.2019.100169

    PubMed

    researchmap

  • 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 人工知能 画像診断領域における深層学習 査読

    中原 龍一

    別冊整形外科   ( 75 )   59 - 62   2019年4月

  • サルコイドーシスの手指関節病変に対して外科的治療を行った2例

    松橋 美波, 那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    岡山医学会雑誌   131 ( 1 )   61 - 61   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 結晶誘発性関節炎・痛風 超音波ガイド下穿刺が診断治療に有用であった股関節偽痛風の2例

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 山本 渉

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   547 - 547   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • The clinical course of patients with rheumatoid arthritis who underwent orthopaedic surgeries under disease control by tofacitinib. 査読 国際誌

    Keiichiro Nishida, Ryozo Harada, Yoshihisa Nasu, Ayumu Takeshita, Ryuichi Nakahara, Masamitsu Natsumeda, Toshifumi Ozaki

    Modern rheumatology   28 ( 6 )   1063 - 1065   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14397595.2018.1427431

    PubMed

    researchmap

  • Intraoperative O-arm-navigated resection in musculoskeletal tumors. 査読 国際誌

    Tomohiro Fujiwara, Toshiyuki Kunisada, Ken Takeda, Joe Hasei, Eiji Nakata, Ryuichi Nakahara, Aki Yoshida, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   23 ( 6 )   1045 - 1050   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Although emerging evidence has suggested that computer-assisted navigation allows surgeons to plan the optimal level of resection without compromising the surgical margins, the precise accuracy of the procedures has been unclear. The aim of this study was to investigate the accuracy and safety of the musculoskeletal tumor resection using O-arm/Stealth intraoperative navigation assistance. METHODS: A retrospective study of six patients with bone and soft tissue tumors who underwent surgical resection using O-arm/Stealth navigation system was performed. The histological diagnosis was osteosarcoma, metastatic bone tumor, leiomyosarcoma, undifferentiated sarcoma, and synovial sarcoma, respectively. Tumor resection was performed according to planned osteotomy planes determined on O-arm/Stealth three-dimensional intraoperative images. The resection accuracy, length of time for the procedures, surgical margins, and perioperative complications were evaluated. RESULTS: The distances between the entry and exit points for the planned and actual cuts were 1.5?±?0.3?mm and 2.3?±?0.3?mm, respectively, and the mean discrepancy of the osteotomy angle was 2.8?±?1.2°. The mean length of time required for navigation was 14?min. A histological examination revealed clear margins in all patients. There were no complications related to navigation, and no patients developed local recurrence during a mean follow-up of 30.6 months. CONCLUSIONS: The O-arm/Stealth intraoperative CT navigation system provides safe and accurate osteotomy in musculoskeletal tumor resections. However, surgeons should keep in mind and be careful of minimal errors during osteotomy, which are around 2?mm from the planned line.

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.06.012

    PubMed

    researchmap

  • 人工肘関節全置換術(TEA)術後の肘関節機能回復のアプローチとその角度変化 査読

    松山 宜之, 中原 龍一, 鍋倉 由佳, 小川 加苗, 藤岡 晃, 岡 佳純, 那須 義久, 堅山 佳美, 西田 圭一郎, 千田 益生

    日本RAのリハビリ研究会誌   32 ( 1 )   43 - 46   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本リウマチリハビリテーション研究会  

    researchmap

  • 人工肘関節置換術施行後に隣接関節の運動機能が変化し追加にて「排泄動作自立」の目標設定が可能となった一症例 査読

    藤岡 晃, 鍋倉 由佳, 小川 加苗, 松山 宜之, 岡 佳純, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 千田 益生

    日本RAのリハビリ研究会誌   32 ( 1 )   47 - 50   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本リウマチリハビリテーション研究会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおけるPDスコアの関節破壊予測能の検討

    沖田 駿治, 中原 龍一, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   37 ( 3 )   306 - 306   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における術式別のTUGおよびJSSF-RA scaleの検討とX線学的解析

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   37 ( 3 )   226 - 226   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • RA手の障害に対する手指人工関節における角速度の術後経過

    松山 宜之, 中原 龍一, 松岡 玲衣, 藤岡 晃, 鍋倉 由佳, 小川 加苗, 岡 佳純, 那須 義久, 堅山 佳美, 西田 圭一郎, 千田 益生, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   37 ( 3 )   271 - 271   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチに対するMCP関節人工関節置換術中に手関節部での腱処置剥離術を要した症例の検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   37 ( 3 )   199 - 199   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチに対するAVANTAとAVANTA preflexによる小指MP人工指関節置換術の治療成績

    松橋 美波, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   37 ( 3 )   216 - 216   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ外側趾MTP関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S370 - S370   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 深層学習を用いた超音波画像の関節部位推定

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 沖田 駿治, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 那須 義久, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   37 ( 3 )   305 - 305   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチによる高度手関節破壊に対して人工手関節置換術を施行した2例

    那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 ( 秋季学会 )   249 - 249   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける手指・手関節の超音波PDスコアと関節破壊の関連

    沖田 駿治, 中原 龍一, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 8 )   S2052 - S2052   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • LT-α刺激による軟骨細胞由来RANKLの発現亢進と破骨細胞分化促進効果

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 大橋 秀基

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 8 )   S1659 - S1659   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 超音波診療の進歩のための基礎研究 超音波3D評価

    中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 8 )   S1712 - S1712   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 高度の緩みを有する人工肘関節周囲骨折に対して骨接合術を施行した1例

    沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   130 ( 2 )   99 - 99   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 濃縮脂肪由来抽出液によるOAモデルラットの軟骨破壊抑制とその機序の解明

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 8 )   S2018 - S2018   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における術式別のTUGおよびJSSF-RA scaleの検討とX線学的解析

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    関節の外科   45 ( 2 )   96 - 96   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • リウマチ性疾患治療中に発症し診断に難渋した手指屈筋腱腱鞘滑膜炎の3例

    沖田 駿治, 那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   41回   126 - 126   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨・関節感染症学会  

    researchmap

  • 上肢:上腕骨骨幹部骨折 上腕骨骨幹部骨折における最小侵襲プレート骨接合術(MIPO)による手術治療

    島村 安則, 野田 知之, 山川 泰明, 斎藤 太一, 内野 崇彦, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   40 ( Suppl. )   S15 - S15   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者のボディイメージに対する手術治療の影響 査読

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 林 充, 尾崎 敏文

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55 ( 特別号 )   2 - 5   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • 【運動器画像診療の最前線】部位別・疾患別画像診療の最前線 関節リウマチの画像診療 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    関節外科   37 ( 4月増刊 )   106 - 119   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <画像診療のポイント>●関節リウマチ診療においては、それぞれの画像検査の特徴と使いどころを知ることが重要である。●単純X線検査は最も基本的な画像検査であり、定期的に撮影すれば微小な変化の検出に役立つ。●MRIは骨髄浮腫や滑膜炎の診断が可能であるが、コストが高く造影剤投与が必要であるため、超音波検査との使い分けが必要である。●超音波検査は近年注目されている画像検査であり、外来で簡便に関節評価が可能であるため、使い方に習熟すべきである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00282&link_issn=&doc_id=20180406150011&doc_link_id=10.18885%2FJ00282.2018192549&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18885%2FJ00282.2018192549&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Outcomes of Resection and Joint-Preserving Arthroplasty for Forefoot Deformities for Rheumatoid Arthritis. 査読 国際誌

    Masahiro Horita, Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Yoshihisa Nasu, Kenta Saiga, Ryuichi Nakahara, Takahiro Machida, Hideki Ohashi, Toshifumi Ozaki

    Foot & ankle international   39 ( 3 )   292 - 299   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We investigated the clinical outcomes of resection and joint-preserving arthroplasty for forefoot deformities in patients with rheumatoid arthritis. METHODS: Sixteen feet of 14 women (average age, 67.1 years; range, 53-82) underwent resection arthroplasty of the metatarsal head (resection group), and 18 feet of 15 women (average age, 61.3 years; range, 40-73) underwent a metatarsophalangeal joint-preserving procedure with shortening oblique metatarsal osteotomies of the lesser toes (joint preservation group). The mean disease duration in the resection and joint preservation groups was 23.6 and 19.1 years, and the average follow-up period was 37.3 and 33.5 months, respectively. The classification of Larsen was used to assess the severity of destruction of the metatarsophalangeal (MTP) joint. Preoperative and postoperative clinical evaluation included Japanese Society for Surgery of the Foot (JSSF) score and postoperative complications. RESULTS: The number of preoperative radiographic destruction of the MTP joints (Larsen grade II, III, IV, and V) was 0, 29, 39, and 12 joints in the resection group and 13, 67, 9, and 1 joints in the joint preservation group. The mean JSSF score improved significantly from 61.3 to 83.9 points in the resection group ( P < .001) and from 62.2 to 90.8 points in the joint preservation group ( P < .001). In the resection group, recurrence of callosities and claw toe deformity was observed in 6 and 3 feet, respectively. In the joint-preserving group, recurrence of callosities and hammer toe deformity was observed in 1 foot each. CONCLUSION: The resection arthroplasty and joint-preserving procedure showed satisfactory clinical outcomes. However, whether both procedures can maintain the good clinical results without the recurrence of forefoot deformity will require longer follow-up. LEVEL OF EVIDENCE: Level III, retrospective comparative series.

    DOI: 10.1177/1071100717743996

    PubMed

    researchmap

  • 関節リウマチ患者におけるTimed UP and GO(TUG)testを用いた下肢機能、QOLの検討

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 江澤 和彦, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 山本 渉

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   710 - 710   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における術式別のTUGおよびJSSF-RA scaleの検討

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1028 - S1028   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 短母指伸筋腱の停止様式が母指ボタン穴変形発症に与える影響

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S175 - S175   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ診療における超音波多関節評価・検査時間の短縮の研究

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S313 - S313   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチに対するMCP関節人工関節置換術中に手関節部での腱剥離術を要した症例の検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   729 - 729   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ肘に対するLinked人工肘関節(PROSNAP)の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   734 - 734   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者のQOL向上を目指した薬物・手術のcombined therapy 疾患活動性からみた整形外科手術が患者Body Imageに与える影響

    西田 圭一郎, 小橋 靖子, 堀田 昌宏, 那須 義久, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   220 - 220   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • リウマチ上肢のリハビリと手術〜真の寛解を目指して〜 リウマチ上肢のリハビリと手術 人工肘関節置換術で社会的・精神的寛解をえられるか

    西田 圭一郎, 那須 義久, 小橋 靖子, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   231 - 231   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する手術加療の傾向 初回手術例の患者背景

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1041 - S1041   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 単純X線足荷重位正面像における外側趾MTP関節背側脱臼の重症度スコア

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1169 - S1169   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術4:上肢・その他 関節リウマチによる手指伸筋腱断裂症例の患者背景 近年の傾向と薬物療法との関係

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   586 - 586   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術4:上肢・その他 短母指伸筋腱の停止様式と母指ボタン穴変形との関連について

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   586 - 586   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • リウマチ性疾患の画像1:関節エコーRA 動画画像を教師画像とした深層学習を用いた関節リウマチ患者の超音波画像自動分類

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   455 - 455   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術2:下肢2 外側趾MTP関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   467 - 467   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術4:上肢・その他 関節リウマチの手術が患者のボディイメージに与える影響

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   62回   587 - 587   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 非接触三次元計測器を用いた新たな可動域計測法の考案 査読

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾崎 敏文, 堅山 佳美, 千田 益生, 中原 龍一, 那須 義久, 堀田 昌宏

    日本関節病学会誌   36 ( 4 )   481 - 487   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    健常者8名(男性6名、女性2名、20歳代)を対象とし、2種類の計測法によって関節可動域(ROM)を計測した。理学療法士(PT)により角度計を用いて徒手的にROM計測を行った(徒手計測法)。考案した新しい計測法として、3Dスキャナーによって体表の撮像を行い、そこから得られた三次元データを用いてコンピューター上でROM計測を行った(3Dスキャナー計測法)。被験者ごとのROMの標準偏差は、全ての関節肢位において3Dスキャナー計測法では徒手計測法と比較し検者間における標準偏差は有意に小さかった。平均最大測定値差は、標準偏差と同様に全ての関節肢位において3Dスキャナー計測法では徒手計測法と比較して有意に小さかった。徒手計測法、3Dスキャナー計測法の級内相関係数(ICC)は、全ての関節において3Dスキャナー計測法のほうが高く、検者間誤差は小さかった。平均計測時間は、肘関節、足関節ともに3Dスキャナー計測法のほうが有意に計測に時間を要した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05177&link_issn=&doc_id=20171221080011&doc_link_id=130007531262&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007531262&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Inhibitory effect of JAK inhibitor on mechanical stress-induced protease expression by human articular chondrocytes. 査読 国際誌

    Takahiro Machida, Keiichiro Nishida, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Masatsugu Ozawa, Ryozo Harada, Masahiro Horita, Ayumu Takeshita, Daisuke Kaneda, Aki Yoshida, Toshifumi Ozaki

    Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.]   66 ( 11 )   999 - 1009   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To investigate whether janus kinase (JAK) inhibitor exhibits a chondro-protective effect against mechanical stress-induced expression of a disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs (ADAMTS) and matrix metalloproteinase (MMPs) in human chondrocytes. MATERIALS AND METHODS: Normal human articular chondrocytes were seeded onto stretch chambers and incubated with or without tofacitinib (1000?nM) for 12?h before mechanical stimulation or cytokine stimulation. Uni-axial cyclic tensile strain (CTS) (0.5?Hz, 10% elongation, 30?min) was applied and the gene expression levels of type II collagen α1 chain (COL2A1), aggrecan (ACAN), ADAMTS4, ADAMTS5, MMP13, and runt-related transcription factor 2 (RUNX-2) were examined by real-time polymerase chain reaction. Nuclear translocation of RUNX-2 and nuclear factor-κB (NF-κB) was examined by immunocytochemistry, and phosphorylation of mitogen-activated protein kinase (MAPK) and signaling transducer and activator of transcription (STAT) 3 was examined by western blotting. The concentration of interleukin (IL)-1β, IL-6, and tumor necrosis factor-α in the supernatant was examined by enzyme-linked immunosorbent assay. RESULTS: COL2A1 and ACAN gene expression levels were decreased by CTS, but these catabolic effects were canceled by tofacitinib. Tofacitinib significantly down-regulated CTS-induced expression of ADAMTS4, ADAMTS5, MMP13, and RUNX2, and the release of IL-6 in supernatant by chondrocytes. Tofacitinib also reduced CTS-induced nuclear translocation of RUNX-2 and NF-κB, and phosphorylation of MAPK and STAT3. CONCLUSION: Tofacitinib suppressed mechanical stress-induced expression of ADAMTS4, ADAMTS5, and MMP13 by human chondrocytes through inhibition of the JAK/STAT and MAPK cascades.

    DOI: 10.1007/s00011-017-1083-x

    PubMed

    researchmap

  • 関節リウマチ新時代の手術療法 50歳未満のRA患者に対する人工肘関節全置換術

    西田 圭一郎, 沖田 駿治, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 尾崎 敏文, 橋詰 謙三

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   362 - 362   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部変形における外側趾中足骨短縮骨切りが外反母趾角に与える影響

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 基広, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   358 - 358   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における足長変化に関する検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 瞬治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 雑賀 健多, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   359 - 359   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • Rasch分析を用いたRA患者における上肢機能評価の検討

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 竹下 歩, 大橋 秀基, 木曾 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   263 - 263   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 深層学習を用いた関節リウマチ患者の超音波画像分類における動画データ利用

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 木曽 洋平, 大橋 秀樹, 兼田 大輔, 竹下 歩, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   366 - 366   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ肘に対するlinked人工肘関節(PROSNAP)の治療成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   367 - 367   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 中足骨遠位斜め骨切り短縮術を行った関節リウマチ外側趾のX線学的経時変化

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   36 ( 3 )   360 - 360   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 軟骨細胞によるIL-1β誘導性蛋白分解酵素発現に対する脂肪由来抽出液の影響

    大橋 秀基, 那須 義久, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1758 - S1758   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • RA軟骨におけるRANKL発現とその誘導因子の検討

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1515 - S1515   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 深層学習を用いた自動学習に必要な教師画像数の検討 関節リウマチ患者の単純X線画像の自動学習

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1550 - S1550   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 軟骨分化制御による骨棘形成過程へのADAM12の関与

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 長谷井 嬢, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1597 - S1597   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • メカニカルストレスによる軟骨細胞におけるRANKLの発現

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1617 - S1617   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者のボディイメージに対する手術治療の影響

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 林 充, 尾崎 敏文

    関節の外科   44 ( 2 )   67 - 67   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • 足関節・足部 最良の機能再建とQOL向上を目指して 関節リウマチ前足部手術における足長変化に関する検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 竹下 歩, 兼田 大輔, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 雑賀 健多, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    関節の外科   44 ( 2 )   36 - 36   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • 【骨折治療の最前線】上肢骨折に対するプレートによる最小侵襲骨接合術 査読

    島村 安則, 中原 龍一, 野田 知之, 尾崎 敏文

    関節外科   36 ( 4 )   338 - 347   2017年4月

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存手術の治療成績の比較

    堀田 昌宏, 雑賀 建多, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一

    中国・四国整形外科学会雑誌   29 ( 1 )   157 - 157   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • RAにおける手関節形成術の検討

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   129 ( 1 )   65 - 65   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • SAFE-Qを用いた関節リウマチ足部手術成績の評価

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S863 - S863   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • RAの手術 下肢 RA前足部手術における術式選択と治療成績の検討

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 原田 遼三, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   501 - 501   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 膠原病と妊娠 関節リウマチ(RA)の手術が患者のボディイメージ(BI)に与える影響

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   521 - 521   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • RAの手術 下肢 関節リウマチ(RA)患者における足部・足関節手術と抑うつ傾向の関係性

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 小橋 靖子, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   501 - 501   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • リウマチ性疾患の画像 深層学習を用いた関節リウマチ患者単純X線写真の骨びらん解析 教師データの最適化

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   579 - 579   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • トファシチニブ投与中に行った整形外科手術の周術期経過

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   641 - 641   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • RAの手術 上肢 50歳未満の比較的若年者に行った人工肘関節全置換術の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   538 - 538   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • RAの手術 上肢 Patient-related elbow evaluation(PREE)によるRA人工肘関節置換術の臨床評価

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 棗田 将光, 山下 美鈴, 高杉 幸司, 斎藤 大輔, 江澤 和彦, 藤田 慎一朗, 竹本 美由紀, 山本 渉

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   539 - 539   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における足部障害の評価

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S845 - S845   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • QOL向上を目指したRA薬物療法と手術療法の融合 リウマチ患者のbody imageに対する手術治療の影響

    西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 竹下 歩, 兼田 大輔, 沖田 駿治, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 2 )   S415 - S415   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの罹病期間・疾患活動性と関節破壊 modified Total Sharp ScoreとARASHI scoreの比較検討

    那須 義久, 橋詰 謙三, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌弘, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S712 - S712   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • リウマチ性疾患に合併する感染症の対策と克服 手術部位感染症とDMARDsの管理

    那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   246 - 246   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ診療における患者立脚型評価 患者立脚型評価からみたRA手術の有用性

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 小橋 靖子, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   61回   258 - 258   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ中後足部変形に対する選択的固定術の短・中期成績

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S863 - S863   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存手術の治療成績

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S860 - S860   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Results of Total Elbow Arthroplasty with Cementless Implantation of an Alumina Ceramic Elbow Prosthesis for Patients with Rheumatoid Arthritis. 査読 国際誌

    Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Masatsugu Ozawa, Ayumu Takeshita, Daisuke Kaneda, Ryuichi Nakahara, Yoshihisa Nasu, Yasunori Shimamura, Hajime Inoue, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   71 ( 1 )   41 - 47   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the long-term clinical results of total elbow arthroplasty (TEA) by cementless fixation of alumina ceramic unlinked elbow prostheses (J-alumina ceramic elbows: JACE) for the reconstruction of elbow joints with rheumatoid arthritis (RA). Seventeen elbows in 17 patients (aged 44-72 years, average 54.8) replaced by JACE TEA without bone cement were investigated. The average follow-up period was 10.7 (range, 1.0-19.3) years. Clinical conditions of each elbow before and after surgery were assessed according to the Mayo Elbow Performance Index (MEPI). Radiographic loosening was defined as a progressive radiolucent line of more than 1 mm that was completely circumferential around the intramedullary stem. The average MEPI significantly improved from 46.8 points preoperatively to 66.8 points at final follow-up (p=0.0226). However, aseptic loosening was noted in 10 of 17 elbows (58.8%) and revision surgery was required in 7 (41.2%). Most loosening was observed on the humeral side. With radiographic loosening and revision surgery defined as the end points, the likelihoods of prosthesis survival were 41.2% and 51.8%, respectively, up to 15 years by Kaplan-Meier analysis. The clinical results of JACE implantation without bone cement were disappointing, with high revision and loosening rates of the humeral component.

    DOI: 10.18926/AMO/54824

    PubMed

    researchmap

  • Shortening Oblique Osteotomy with Screw Fixation for Correction of the Lesser Metatarsophalangeal Joints of Rheumatoid Forefoot. 査読 国際誌

    Keiichiro Nishida, Takahiro Machida, Masahiro Horita, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Yoshihisa Nasu, Hideki Ohashi, Kenta Saiga, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   70 ( 6 )   477 - 483   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The metatarsophalangeal (MTP) joints are often and predominantly affected in rheumatoid arthritis. The aim of the current study was to describe surgical techniques of shortening oblique osteotomy for lesser metatarsal bone with screw fixation at the osteotomy site, and to investigate the short-term clinical outcomes of our procedure. Twenty-seven feet (78 toes) of 24 RA patients underwent the shortening oblique osteotomy for the correction of deformity at the lesser MTP joints. The average Japanese Society of Surgery of the Foot (JSSF) standard rating system for the RA foot and ankle scale improved significantly from 59.6 points preoperatively to 88.3 points postoperatively (p<0.001). Twenty-four feet (89% ) were free from metatarsalgia and symptomatic callosities at the lesser MTP joint after surgery. Our present findings showed satisfactory early clinical outcomes of the shortening oblique osteotomy of the metatarsal bone with screw fixation for RA forefoot.

    PubMed

    researchmap

  • 小児上腕骨顆上骨折後にVolkmann拘縮を来した1例 査読

    柏原 尚子, 島村 安則, 原田 遼三, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   183 - 187   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    小児上腕骨顆上骨折は、小児肘関節周囲骨折の中で最も高頻度に発生し、合併症が多い疾患である。上腕骨顆上骨折後にVolkmann拘縮を来した1例を経験したので報告する。7歳男児、ジャングルジムより墜落して受傷。前医で上腕骨顆上骨折と診断され、当日創外固定術を施行された。術後徐々に手指の屈曲傾向が進行し、当科紹介となった。Volkmann拘縮と診断し、装具加療や徹底したリハビリの後、屈筋腱解離術を施行した。手術所見としては、屈筋群深層筋線維に変性像を認め、正中・尺骨神経剥離術、屈筋群剥離・前進術を施行した。術後6ヵ月時、DIP関節の屈曲拘縮が残存するも全指伸展位保持可能となり、術後7年時生活に支障のない状態まで回復した。小児上腕骨顆上骨折の合併症であるVolkmann拘縮は、重篤な後遺症を残す。本骨折に対していかなる治療方法を選択しても、阻血性障害への注意が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Quantitative Analysis of the Effects of a Bangerter Filter on Gross Stereopsis in Experimental Models of Reduced Visual Acuity. 査読 国際誌

    Manabu Miyata, Ryuichi Nakahara, Ichiro Hamasaki, Satoshi Hasebe, Takashi Furuse, Hiroshi Ohtsuki

    Acta medica Okayama   70 ( 5 )   339 - 344   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although a 0.3 Bangerter filter, which reduces visual acuity, is frequently used for treating moderate amblyopia, the effects on gross stereopsis are not well known. This study quantitatively evaluated whether gross stereopsis is degraded by a Bangerter filter. Seven healthy subjects (median age: 29 years) participated in this psychophysical study. Targets with crossed disparities of 1°, 2°, 3°, 4°, and 5° were randomly presented on a three-dimensional television display. The subjects indicated the point at which the targets popped out from the television screen (matching method). The distance from the screen to the point was defined as the degree of stereopsis. This experiment was performed with and without a 0.3 Bangerter filter. The corrected monocular visual acuities were decreased to about 20/63 by the filter in all subjects. No significant difference was observed for any of the disparities (1°-5°), between the degree of stereopsis visualized with and without filters for either the dominant or the non-dominant eye. The degree of stereopsis was not degraded by the reduced visual acuity induced by the use of 0.3 Bangerter filters. In this regard, the use of 0.3 Bangerter filters may be considered safer than occlusion eye patches for the patients with normal binocular vision.

    PubMed

    researchmap

  • 【初期研修医・後期研修医のための必修整形外科】各種検査法 超音波検査 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    関節外科   35 ( 10月増刊 )   71 - 77   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • RA手指変形の治療 関節リウマチのボタン穴変形・スワンネック変形に対する再建術

    西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本手外科学会雑誌   33 ( 1 )   S19 - S19   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

    researchmap

  • 【3Dモデル・3Dプリンターを利用した整形外科手術】整形外科分野への応用 3D実体モデルを利用した骨・軟部腫瘍手術 査読

    武田 健, 中原 龍一, 原田 遼三, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    関節外科   35 ( 2 )   198 - 204   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 【3Dモデル・3Dプリンターを利用した整形外科手術】整形外科分野への応用 整形外科外傷治療における3Dモデル・3Dプリンターの応用 査読

    杉生 和久, 中原 龍一, 吉村 将秀, 山川 泰明, 雑賀 建多, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    関節外科   35 ( 2 )   180 - 189   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • Cobalt G-HVの使用経験 査読

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 中原 龍一, 香川 洋平, 藤井 洋佑, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   45   885 - 886   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    症例は発熱を主訴とする69歳女性で、右股関節痛が増悪、歩行困難となり前医に入院した。血液培養にて大腸菌が検出され、股関節の切開洗浄、デブリードマン、セメントビーズ留置が行われた。しかし、右股関節痛は軽快せず、X線像では末期股関節症の状態で、前医において後方アプローチから骨頭切除し、セメントビーズ留置が行われた。骨頭切除6週間後に人工股関節置換術を施行した。後方アプローチでセメントビーズを抜去して再度郭清し、ナビゲーション下に抗菌薬含有セメントCobalt G-HVを用いてセメントカップを設置、ステムを挿入した。術後は神経麻痺などの合併症はなく、術後6ヵ月には屋内は杖なし歩行可能で、X線上は問題なく、JOAスコアは術前12点から64点に改善した。

    researchmap

  • メカニカルストレスに対するJAK阻害薬tofacitinibの軟骨破壊抑制効果

    町田 崇博, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 斎藤 太一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 8 )   S1718 - S1718   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折におけるposterior column screwの安全域 3DCTによる検討

    吉村 将秀, 上原 健敬, 野田 知之, 小松原 将, 杉生 和久, 山川 泰明, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 8 )   S1424 - S1424   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 不安定型骨盤輪骨折に対するnavigation systemを利用したIliosacral screwの有用性

    上原 健敬, 野田 知之, 山川 泰明, 井上 円加, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 木浪 陽

    中国・四国整形外科学会雑誌   27 ( 1 )   173 - 174   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当科における人工肩関節置換術の治療成績の検討 査読

    金澤 智子, 橋詰 謙三, 島村 安則, 中原 龍一, 斎藤 太一, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文, 西田 圭一郎

    日本関節病学会誌   33 ( 4 )   479 - 485   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    人工肩関節置換術を行った15例16肩(全例女性、平均70.6歳)の治療成績について検討した。疾患は変形性肩関節症5肩、関節リウマチ11肩、観察期間は平均3.0年であった。平均値でJOAスコアは39.9点→80.3点、上肢障害評価表(DASH)は70.1点→56.0点、肩関節可動域は屈曲が68.7度→104度、伸展が37度→69度、外転が52度→82度、外旋が15度→36度、内旋が高位臀部→L3高位に改善した。X線学的評価では弛みやコンポーネントの脱転をきたした症例はなかった。腱板の状態はintact:5肩、thin:8肩、torn:3肩であり、腱板機能残存群(intact)と腱板機能不全群(thin・torn)に分けた成績は、JOAスコアの各項目の改善度に有意差はなく、可動域では残存群で屈曲、外転、外旋が不全群に比べ有意に改善度が高かった。Acromio-head distanceは不全群で術後に狭小化する傾向であった。術前DASHと術後JOAスコアとの間に強い負の相関を認めた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05177&link_issn=&doc_id=20150113270009&doc_link_id=130005145710&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130005145710&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 関節リウマチ(RA)に対するSwansonとAVANTAによるMP人工指関節置換術の治療成績 査読

    原田 遼三, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文, 西田 圭一郎

    日本関節病学会誌   33 ( 2 )   175 - 182   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    関節リウマチに対しSwansonおよびAVANTAインプラントを用いてMP人工指関節置換術を行い、半年以上経過観察し得た34例118指について治療成績を検討した。Swanson群は48指、AVANTA群は70指であった。治療成績として、MP関節可動域、握力、ピンチ力、health assessment questionnaire、Hand20、Disabilities of the Arm, Shoulder and Handを調査した。また、画像評価として、インプラント周囲の骨透亮像と硬化像を計測し、更に尺側偏位、破損等についても検討を行なった。その結果、術後の臨床成績においてAVANTA群が優れる傾向にあったが、明らかな有意差はなかった。インプラント破損をSwanson群の3指に認めたが、シリコンインプラントの耐久性として経過観察期間(Swanson群60.7±20.5ヵ月、AVANTA群21.3±9.1ヵ月)の影響が考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05177&link_issn=&doc_id=20140813110010&doc_link_id=130005093433&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130005093433&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 整形外科でのITの活用(第7回) 外来編 タブレット端末を用いた医療スコア入力と自動統計処理システムの開発 査読

    中原 龍一

    関節外科   33 ( 7 )   786 - 789   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • Short-term results of the PROSNAP linked elbow prosthesis with a snap-in structure and modular flange for the reconstruction of severely damaged rheumatoid elbows. 査読 国際誌

    Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Masatsugu Ozawa, Ryozo Harada, Takahiro Machida, Yoshihisa Nasu, Toshihumi Ozaki, Hajime Inoue

    Journal of shoulder and elbow surgery   23 ( 6 )   837 - 42   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We aimed to evaluate the early clinical results of the reconstruction of problematic elbow joints due to rheumatoid arthritis (RA) using a PROSNAP linked elbow prosthesis (Kyocera Medical, Osaka, Japan) for total elbow arthroplasty. METHODS: Seventeen elbows in 14 RA patients were replaced with a PROSNAP elbow with cement fixation. The patients comprised 1 man and 13 women, with a mean age of 63.9 years (range, 52-83 years) at the time of surgery. The preoperative conditions of the elbows were arthritis mutilans (n = 10), an ankylosed or stiff elbow with a preoperative range of motion of 45° or less (n = 4), and loosening of a primary total elbow arthroplasty (n = 3). The mean follow-up period was 47.7 months (range, 32-69 months), with a 100% follow-up rate. The clinical outcome of the elbows was evaluated by the Mayo Elbow Performance Index (maximum, 100 points). RESULTS: The mean postoperative Mayo Elbow Performance Index score improved from 57.6 points to 97.1 points. Preoperatively, 3 of the 17 elbows were judged as good, 7 as fair, and 7 as poor; at final follow-up, 16 elbows were judged as excellent and 1 as good. Complications were noted in 1 elbow (6%), which had undergone a postoperative fracture. CONCLUSIONS: The PROSNAP elbow prosthesis can be safely implanted through a relatively easy procedure and provides satisfactory short-term clinical outcomes for the reconstruction of severely damaged RA elbows. LEVEL OF EVIDENCE: Level IV, case series, treatment study.

    DOI: 10.1016/j.jse.2013.12.031

    PubMed

    researchmap

  • RA患者におけるTEA術前と術後の比較 査読

    松山 宜之, 中原 龍一, 岡 佳純, 西田 圭一郎, 千田 益生

    日本RAのリハビリ研究会誌   28 ( 1 )   38 - 41   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本リウマチリハビリテーション研究会  

    当院で2009年4月?2012年7月にTEA(全人工肘関節置換術)を施行したRA患者のうち術後約1年経過している24例を対象とし、術前後でROM(伸展・屈曲・arc)とDASHスコアを比較した。結果、術前のROMは伸展が-36.7±21.6°、屈曲が112.9±34.6°、arcが76.3±40.7°、術後は伸展-27.3±13.9°、屈曲130.6±13.7°、arc103±20.5°であり、3指標とも有意に改善していた。DASHスコアは術前56.9±19.7、術後44.2±24.5で有意に改善していた。術前後のROM変化率とDASH変化率との相関性について検討した結果、屈曲・arcはDASHと有意な相関を示し、伸展は有意な相関を示さなかった。

    researchmap

  • RAのMP人工指関節置換術におけるHand20、DASHの検討 査読

    泉 友紀子, 原田 遼三, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 堅山 佳美, 岡 佳純, 小川 加苗, 近藤 あい, 鍋倉 由佳, 坂口 和輝, 馬崎 哲朗, 小澤 正嗣, 町田 崇博, 上原 健介, 千田 益生, 尾崎 敏文, 西田 圭一郎

    日本RAのリハビリ研究会誌   28 ( 1 )   34 - 37   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本リウマチリハビリテーション研究会  

    当院で2009?2012年にMP人工指関節置換術を施行したRA患者のうち術後6ヵ月以上観察しえた26例を対象とし、術前後の「Hand20」「DASH」「HAQ」スコアについて調査した。結果、Hand20は術前49.4±23.2、術後42.4±18.5、DASHは術前39±18.3、術後33.3±16.9、HAQは術前0.8±0.6、術後0.9±0.6であった。Hand20の項目別にみると、術前平均値と術後平均値の変化量が1以上の項目は[両手で洗顔する][わるい方の手でコインを拾う][わるい方の手で蛇口をひねる][両手で髪を洗う][わるい方の手を人前に出しても美容的に気にならない]であった。DASHの項目別にみると、術前後の変化量が0.5以上の項目は[重労働の家事をする][ベッドメーキングまたは布団を敷く][肩・腕や手に筋力を必要とするか、それらに衝撃のかかるレクリエーション活動をする][腕を自由に動かすレクリエーション活動をする][腕・肩・手の障害のために、自分の能力に自信がないとか、使いづらいと思っている]であった。

    researchmap

  • 足関節開放脱臼骨折に対してVAF flapを用いて治療した2例

    堀田 昌宏, 雑賀 建多, 野田 知之, 井上 円加, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 木浪 陽, 斎藤 太一

    骨折   36 ( Suppl. )   S432 - S432   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • Abatacept management during the perioperative period in patients with rheumatoid arthritis: report on eight orthopaedic procedures. 査読 国際誌

    Keiichiro Nishida, Yoshihisa Nasu, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Masatsugu Ozawa, Ryozo Harada, Takahiro Machida, Toshihumi Ozaki

    Modern rheumatology   24 ( 3 )   544 - 5   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/14397595.2013.874758

    PubMed

    researchmap

  • 橈骨遠位部骨折に対するMIPO法による治療成績

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 井上 円加, 尾崎 敏文, 西田 圭一郎

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   149 - 149   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 前方プレートによる手術を行った鎖骨遠位端骨折の治療経験

    島村 好信, 島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 井上 円加, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   150 - 150   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 前方小皮切slipped planting法による上腕骨骨幹部骨折の治療経験

    金澤 智子, 島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 小澤 正嗣, 山川 泰明, 原田 遼三, 中道 亮, 井上 円加, 木浪 陽, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   154 - 154   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 大腿骨遠位骨幹部骨折偽関節(infraisthmal fracture nonunion)の治療経験

    山川 泰明, 野田 知之, 井上 円加, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 斎藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   155 - 155   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • タクロリムス使用下の整形外科手術

    町田 崇博, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文, 那須 義久

    岡山医学会雑誌   126 ( 1 )   76 - 77   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 耕耘機による両下肢開放骨折の一例

    上原 健敬, 山川 泰明, 井上 円加, 金澤 智子, 斉藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文, 木浪 陽

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   162 - 162   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 【手指の変形性関節症】Hand OAのMRI所見 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    リウマチ科   51 ( 2 )   174 - 179   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 3Dナビゲーションを用いたIS screw固定術の経験 査読

    木浪 陽, 野田 知之, 上原 健敬, 井上 円加, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   36 ( 1 )   61 - 63   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    当院では、仙腸関節脱臼骨折および仙骨骨折に対しiliosacral(IS)screwを挿入する場合、3Dナビゲーションを使用しており、その安全性について検討した。2011年4月?2012年12月の期間、IS screw手技を用いた5症例(男性2例、女性3例)・7本を対象とした。平均年齢は43歳であった。全例、術後1週以内にCTでスクリュー位置を調査した。セッティング時間を除いた挿入時間は1本につき平均20分であった。全例、脊柱管・神経管への迷入や前方骨皮質穿破はなく、スクリュー位置は良好であった。通常透視下でのIS screw挿入は、神経管への迷入や前方骨皮質穿破などの危険があり、安全性には限界がある。3DナビゲーションでのIS screw挿入は、被曝量を軽減しつつ、脊柱管・神経管を確認しながらスクリュー挿入方向と深度を決定でき、正確で安全性が高く有用であった。(著者抄録)

    researchmap

  • Orthopaedic surgical technique 股関節 寛骨臼骨折の後方アプローチによる治療 査読

    野田 知之, 中原 龍一

    整形外科Surgical Technique   3 ( 6 )   647 - 666   2013年12月

  • メカニカルストレスに対するヒアルロン酸の軟骨破壊抑制効果の機序の解析

    小澤 正嗣, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 齋藤 太一, 金澤 智子, 原田 遼三, 町田 崇博, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   32 ( 3 )   380 - 380   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 【早期関節リウマチ治療を考える】関節リウマチにおける画像診断の進歩とその役割 核磁気共鳴画像(MRI) MRIの早期診断と疾患活動性評価の有用性、その問題点について 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    Progress in Medicine   33 ( 9 )   1901 - 1904   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)ライフ・サイエンス  

    researchmap

  • 脛骨近位端の外側プレート設置に関する検討 査読

    山川 泰明, 中原 龍一, 野田 知之, 尾崎 敏文, 木浪 陽

    骨折   35 ( 3 )   711 - 714   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    CT撮影した平均年齢86.2歳の日本人解剖屍体下腿28肢のデータを、脛骨近位外側骨形状を中心に計測し、脛骨近位外側用プレートと比較検討した。脛骨近位外側カーブ形状には様々なバリエーションが存在し、その中でも典型パターンと非典型パターンが存在した。また5種類の脛骨近位外側用プレートと比較すると、どのプレートも合わない脛骨近位外側カーブ形状も存在した。脛骨近位外側カーブ形状にはバリエーションが多く、単一の脛骨近位外側用プレートですべての脛骨近位外側カーブ形状に対応することは不可能である。プレートの設置不良が予想される場合、プレートベンディングや三次元テンプレートはその対策として有用と考える。(著者抄録)

    researchmap

  • PROSNAP人工肘関節置換術の短期成績

    那須 義久, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   125 ( 2 )   183 - 184   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • メカニカルストレスに対するヒアルロン酸の軟骨破壊抑制効果の機序の解析

    小澤 正嗣, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 原田 遼三, 町田 崇博, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 8 )   S1321 - S1321   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 術中3Dナビゲーションを用いたISスクリュー固定術の経験

    木浪 陽, 野田 知之, 山川 泰明, 井上 円加, 金澤 智子, 斉藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   35 ( Suppl. )   S202 - S202   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に骨幹部骨折を合併した症例にMIPO法によるdouble plate固定を施行した一例

    原田 遼三, 島村 安則, 野田 知之, 木浪 陽, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 井上 円加, 山川 泰明, 尾崎 敏文

    骨折   35 ( Suppl. )   S192 - S192   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 脛骨骨幹部骨折に合併した腓骨骨折固定の重要性

    山川 泰明, 野田 知之, 上原 健敬, 井上 円加, 金澤 智子, 中原 龍一, 木浪 陽, 島村 安則, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    骨折   35 ( Suppl. )   S350 - S350   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • Architecture of the subendothelial elastic fibers of small blood vessels and variations in vascular type and size. 査読 国際誌

    Akira Shinaoka, Ryusuke Momota, Eri Shiratsuchi, Mitsuko Kosaka, Kanae Kumagishi, Ryuichi Nakahara, Ichiro Naito, Aiji Ohtsuka

    Microscopy and microanalysis : the official journal of Microscopy Society of America, Microbeam Analysis Society, Microscopical Society of Canada   19 ( 2 )   406 - 14   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Most blood vessels contain elastin that provides the vessels with the resilience and flexibility necessary to control hemodynamics. Pathophysiological hemodynamic changes affect the remodeling of elastic components, but little is known about their structural properties. The present study was designed to elucidate, in detail, the three-dimensional (3D) architecture of delicate elastic fibers in small vessels, and to reveal their architectural pattern in a rat model. The fine vascular elastic components were observed by a newly developed scanning electron microscopy technique using a formic acid digestion with vascular casts. This method successfully visualized the 3D architecture of elastic fibers in small blood vessels, even arterioles and venules. The subendothelial elastic fibers in such small vessels assemble into a sheet of meshwork running longitudinally, while larger vessels have a higher density of mesh and thicker mesh fibers. The quantitative analysis revealed that arterioles had a wider range of mesh density than venules; the ratio of density to vessel size was higher than that in venules. The new method was useful for evaluating the subendothelial elastic fibers of small vessels and for demonstrating differences in the architecture of different types of vessels.

    DOI: 10.1017/S1431927612014341

    PubMed

    researchmap

  • 橈骨遠位端骨折に対するMIPO法による治療成績 査読

    島村 安則, 野田 知之, 斉藤 太一, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本手外科学会雑誌   30 ( 1 )   1 - 6   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの評価法を学ぶ(第2回) 関節レントゲン写真の見方と評価法 査読

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 橋詰 謙三

    Rheumatology Clinical Research   2 ( 1 )   53 - 57   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)先端医学社  

    関節リウマチ(RA)の診断治療において、単純X線による関節病変の評価はその所見に特徴的なものが多く、また病態を反映していることなどもあり有用なツールとして広く使用されている。しかし、生物学的製剤の導入を契機に早期診断また治療効果、寛解評価のための鋭敏な検査が必須となり、単純X線のlimitationのためMRIや超音波検査など他のmodalityとの併用が提唱されている。早期診断には不向きであるが、網羅的評価に長けること、reproducibleであるなど利点も多いため単純X線の見方や評価法について熟慮しておく必要がある。多種の評価法が報告されており、どの評価法を用いるかについては各検査法の長所短所を考慮し、目的に応じた評価法の選択を検討する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J06167&link_issn=&doc_id=20130423530009&doc_link_id=40019656669&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019656669&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 再発した手関節尺側部痛の1例

    金澤 智子, 島村 安則, 大森 敏規, 篠原 健介, 原田 遼三, 山川 泰明, 小澤 正嗣, 井上 円加, 斉藤 太一, 中原 龍一, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   25 ( 1 )   245 - 245   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • RAに対するBio製剤使用中の整形外科手術 Bio使用中患者の整形外科手術の適応

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 町田 崇博, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   57回・22回   204 - 204   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 骨・軟骨・滑膜 細胞伸展装置を用いたメカニカルストレスに対するヒアルロン酸のヒト軟骨破壊抑制効果

    小澤 正嗣, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   57回・22回   317 - 317   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術 上肢 RAにおけるNalebuff type I(ボタン穴変形)の治療成績

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   57回・22回   403 - 403   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • RAに対するSwansonとAVANTAによるMP人工指関節置換術の治療成績

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 齋藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 2 )   S83 - S83   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 臨床研究支援のためのスコア入力・自動統計システムの開発

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 小澤 正嗣, 齋藤 太一, 金澤 智子, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 3 )   S910 - S910   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける生物学的製剤と各関節に対する手術の役割 Bio使用中関節リウマチ患者に対する肘関節手術の有用性

    西田 圭一郎, 金澤 智子, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 齋藤 太一, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 2 )   S251 - S251   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 三次元テンプレートを使用した脛骨近位端外側用プレート設置の検討

    山川 泰明, 中原 龍一, 野田 知之, 井上 円加, 小澤 正嗣, 金澤 智子, 齋藤 太一, 島村 安則, 木浪 陽, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 2 )   S300 - S300   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ肘に対するPROSNAP型人工肘関節の術後成績

    齋藤 太一, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 小澤 正嗣, 金澤 智子, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 3 )   S733 - S733   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • JACE型人工肘関節置換術の中期成績

    小澤 正嗣, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 那須 義久, 齋藤 太一, 金澤 智子, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 3 )   S818 - S818   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 第一楔状骨粉砕を伴うリスフラン関節脱臼骨折に対する創外固定の応用 査読

    金澤 智子, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 井上 円加, 山川 泰明, 尾崎 敏文, 木浪 陽, 皆川 寛

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   24   31 - 36   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    症例1(52歳男性)。作業中に鉄板が左足部に落ちて受傷した。X線所見より第一楔状骨粉砕を伴うリスフラン関節脱臼骨折と診断され、受傷当日に緊急手術を行い、創外固定術を施行した。だが、受傷後1ヵ月で創壊死と感染を生じたため、骨欠損部にセメントビーズを使用し感染を鎮静化した後、骨移植と有茎皮弁を行い、最終手術後6ヵ月で骨癒合が得られた。症例2(24歳男性)。交通事故にて受傷し、X線所見より第一楔状骨粉砕を伴うリスフラン関節脱臼骨折と診断され、整復徒手とシーネ固定を行い、受傷後10日で手術を施行した。術中に創外固定を併用して整復後、ロッキングプレートによる架橋プレート固定を行なったところ、術後4ヵ月で骨癒合が得られた。

    researchmap

  • 脛骨遠位部骨折に対する一時的創外固定の有用性 査読

    山川 泰明, 野田 知之, 井上 円加, 金澤 智子, 斎藤 太一, 長谷井 嬢, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 木浪 陽

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   24   91 - 96   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    脛骨遠位部骨折に対し一時的創外固定を併用してstaged operationを行った33例の治療成績について検討した。平均年齢は59歳で、骨折型はAO分類で43のAタイプが9例、Bタイプが6例、Cタイプが18例で、うち開放骨折が10例であった。その結果、受傷?最終固定までの平均期間は13.3日、最終固定までに要した軟部組織再建は有茎皮弁が2例、遊離皮弁が1例、植皮が1例であった。6ヵ月以内に31例で骨癒合が得られたが、1例は遷延癒合、1例は深部感染から足関節固定を要した。尚、staged operation終了後の合併症は術後皮膚壊死2例、minor infectionを含む感染が3例であった。

    researchmap

  • クラウドを利用した遠隔カスタムメイドインプラント作成システム 査読

    井上 円加, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( 4 )   959 - 963   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】当科では鎖骨骨幹部骨折に対し、CT画像を元にプレベンディングしたプレートを用いたMIPO法を行い、良好な結果を得ている。遠隔地の小規模施設でも同様の手術を行うため、クラウドサーバー経由でのCTの編集画像を転送し、作成したプレートを当該施設に輸送して手術を行うシステムを構築した。【方法】健側鎖骨のCT画像からプレベンディング用の画像データを作成する。手術を行う施設で画像処理を行い、クラウドサーバーに匿名化した編集画像を転送する。データを元に当院でプレートをプレベンディングし、当該施設に輸送し、手術を行った。【結果】当該施設でのデータ編集は30分で可能であった。編集後の画像データ量は大幅に削減でき、ネットワーク上での転送に支障はなかった。【結論】当科と手術を行う病院でクラウドサーバーを構築し、低コストでカスタムメイドインプラント作成ネットワークを作り、大学病院の手術方法を他院で実現できた。(著者抄録)

    researchmap

  • MIS手術におけるロッキングプレートの応用 上肢骨折における最小侵襲プレート骨接合術(MIPO)による治療成績

    島村 安則, 中原 龍一, 井上 円加, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 中道 亮, 山川 泰明, 野田 知之, 尾崎 敏文, 橋詰 博行, 島村 好信

    日本最小侵襲整形外科学会誌   12 ( 1 )   84 - 84   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本最小侵襲整形外科学会  

    researchmap

  • 【運動器疾患の画像診断】超音波診断 関節リウマチの超音波画像診断 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    別冊整形外科   ( 62 )   175 - 179   2012年10月

  • 当科における人工肩関節置換術(TSA)の治療成績の検討

    金澤 智子, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 小澤 正嗣, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   31 ( 3 )   317 - 317   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • RAにおけるSwansonとAvantaによるMP人工指関節置換術の治療成績

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   31 ( 3 )   317 - 317   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの足関節、中後足部変形に対する治療成績

    小澤 正嗣, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   31 ( 3 )   371 - 371   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 大腿骨遠位骨幹部骨折偽関節の治療経験

    山川 泰明, 野田 知之, 井上 円加, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 斎藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 木浪 陽, 皆川 寛, 高城 康師, 川上 和秀

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 3 )   503 - 503   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Dual Energy CTを用いた骨抽出性能の向上

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 金澤 智子, 原田 遼三, 小澤 正嗣, 斎藤 太一, 橋詰 謙三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   31 ( 3 )   243 - 243   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • バイオ製剤使用のストラテジー並びにバイオ製剤無効例への対応と展望 Bio製剤効果不十分例に対する整形外科手術の有効性

    西田 圭一郎, 金澤 智子, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 斎藤 太一, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   31 ( 3 )   259 - 259   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 人工関節再置換術 原因と成否のポイント<パート1.肘 TEA> 岡山大式人工肘関節再置換術例の検討

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   31 ( 3 )   314 - 314   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 外傷による足部骨髄炎の5例 査読

    岡田 芳樹, 野田 知之, 西山 武, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 2 )   209 - 214   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    著者らが経験した外傷による足部骨髄炎5例(男性4例、女性1例、平均年齢37歳)の治療成績について検討した。部位は踵骨が4例、楔状骨が1例で、治療は全例で手術治療と抗生剤投与が行われた。起因菌はMSSAが2例、MRSAが3例で、MRSAの1例は真菌との混合感染であった。感染沈静化までの期間は平均9.6ヵ月で、最終的には全例鎮静化が得られ、感染治療に続発する合併症や皮膚トラブルは特にみられなかった。尚、手術回数は平均3.2回で、自家骨移植した3例はいずれも骨癒合が得られていた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20121003210001&doc_link_id=130005127524&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130005127524&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 下腿骨幹部骨折術後非感染性偽関節の治療戦略 査読

    藤原 智洋, 野田 知之, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 寺田 忠司

    骨折   34 ( 3 )   702 - 706   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    下腿骨幹部骨折術後非感染性偽関節の治療にはインプラント選択を含めた再内固定方法、骨欠損および変形への対処法など様々な問題点が存在する。当科で経験した5例を検討した。全例男性、手術時平均年齢は46歳、偽関節タイプおよび前回手術法は肥厚型3例(プレート固定1例、血管柄付き骨移植2例)、萎縮型2例(創外固定1例、髄内釘固定1例)。偽関節手術法は、髄内釘固定および髄内釘入れ替えを2例、ロッキングプレート固定を3例に実施し、偽関節部新鮮化・骨移植を4例、部分腓骨切除を併用した変形矯正を3例に行った。全例に骨癒合が得られ、矯正位は良好であった。本偽関節に対しては、適切な手術手技による髄内釘入れ替えを第一選択とし、血管柄付き骨移植後などの髄腔狭小・閉鎖例にはロッキングプレート固定を第二選択として適応し、変形や骨欠損に対する部分腓骨切除や自家骨移植などの併用により治療成績の向上が期待できる。(著者抄録)

    researchmap

  • FAI治療に対する3Dボーンモデルの有用性 査読

    遠藤 裕介, 岡田 芳樹, 中原 龍一, 藤原 一夫, 三宅 由晃, 尾崎 敏文, 三谷 茂

    Hip Joint   38   110 - 113   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    観血的治療を施行したfemoroacetabular impingement患者2例(症例1:34歳男、症例2:22歳男)において、術前のCTデータより3Dボーンモデルを作成し、それを参考にして臼蓋側と大腿骨側のトリミングを行った。術前のボーンモデルにおける関節可動域は外転0°回旋0°における最大屈曲角度が症例1で77°、症例2が73°であり、外転0°屈曲60°における最大内旋角度はそれぞれ20°、10°であった。術後に作成したボーンモデルによる関節可動域は最大屈曲角度が症例1で80°、症例2が76°、最大内旋角度はそれぞれ28°、14°であった。術後の両症例平均角度は屈曲で3°、内旋で5°改善した。X線評価ではCE角が術前平均37°から27°、α角は69°から43°となった。両症例とも術後6週時には可動域は術前と同程度に回復しており、安静時痛は消失してインピンジメントテストは陰性であった。術後3ヵ月からの負担の軽いスポーツ活動を許可している。

    researchmap

  • Radiographic remodeling of the shoulder joint in a patient with rheumatoid arthritis after 4?years of treatment with etanercept. 査読 国際誌

    Toshifumi Ozaki, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Keiichiro Nishida

    Modern rheumatology   22 ( 4 )   635 - 7   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10165-012-0599-8

    PubMed

    researchmap

  • 関節内骨折の克服 治療成績の向上を目指して 関節内骨折の克服 治療成績の向上を目指して 足関節内骨折

    野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 齋藤 太一, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 井上 円加, 山川 泰明, 国定 俊之, 尾崎 敏文, 木浪 陽

    骨折   34 ( Suppl. )   S9 - S9   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 後内側剪断骨片を有する脛骨近位部関節内骨折に対する固定方法の検討

    小澤 正嗣, 野田 知之, 山川 泰明, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 齋藤 太一, 中原 龍一, 木浪 陽, 島村 安則, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( Suppl. )   S170 - S170   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対するMIPO法による治療成績(第2報)

    島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 井上 円加, 山川 泰明, 原田 遼三, 中道 亮, 島村 好信, 国定 俊之, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( Suppl. )   S120 - S120   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • Modified posterolateral approachによる脛骨近位部関節内骨折の治療経験

    金澤 智子, 野田 知之, 島村 安則, 木浪 陽, 中原 龍一, 斉藤 太一, 井上 円加, 小澤 正嗣, 山川 泰明, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( Suppl. )   S293 - S293   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 開放性骨盤骨折の治療経験

    斎藤 太一, 野田 知之, 島村 安則, 木浪 陽, 皆川 寛, 中原 龍一, 小澤 正嗣, 井上 円加, 金澤 智子, 山川 泰明, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( Suppl. )   S106 - S106   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • CTを使用した脛骨近位端の外側プレート設置に関する三次元的解剖

    山川 泰明, 中原 龍一, 井上 円加, 小澤 正嗣, 金澤 智子, 斎藤 太一, 木浪 陽, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( Suppl. )   S143 - S143   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 同側骨幹部骨折を伴った脛骨高原陥没骨折に対する外側MIPO法の治療経験

    木浪 陽, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 井上 円加, 山川 泰明, 山名 圭哉, 臼井 正明, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( Suppl. )   S144 - S144   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 3D-CADシステムを用いた鎖骨の三次元形状比較 査読

    中原 龍一, 野田 知之, 島村 安則, 橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    骨折   34 ( 2 )   265 - 268   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】当院では骨折症例に対してCT画像をもとに健側鏡像の立体模型か実寸大の左右反転図を作成し、プレベンディングを行っている。この方法は骨の左右差が少ないことを前提としているが、どの程度骨の左右差があるかは不明であった。そこでCADソフトを用いてCT画像を三次元的に比較するシステムを構築し、プレベンディング法を最も利用している鎖骨を対象に左右差を検討した。【方法と対象】解剖実習で摘出した屍体の左右の鎖骨16対をCTで撮影し、CADソフトを用いて三次元的な左右差を検討した。【結果】骨幹部のカーブ形状に左右差は少なかったが、径の左右差は認められた。【考察】径の左右差はあるがカーブ形状に左右差はなかったため、鎖骨に関してプレベンディングは有用であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 【関節リウマチの最新治療】(PART.1)関節リウマチの基礎 関節リウマチの画像検査の進歩 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    からだの科学   ( 273 )   31 - 35   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)日本評論社  

    researchmap

  • RA生物学的製剤治療の最前線 寛解を目指して 生物製剤の登場による手術療法の動向と適応の変化について 査読

    西田 圭一郎, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 斎藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   86 ( 5 )   394 - 400   2012年5月

  • CTを併用した脛骨遠位部関節内骨折の転位様式に関するX線学的検討 査読

    岡田 芳樹, 野田 知之, 金澤 智子, 齋藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文, 寺田 忠司

    骨折   34 ( 2 )   367 - 370   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    脛骨遠位部骨折、とりわけpilon骨折は関節内骨折の中でも治療に難渋し未解決の多い骨折である。今回我々が経験したpilon骨折を単純X線とCTにて評価し、その特徴につき検討した。症例は66例で、17?89歳(平均55歳)である。AO分類でB1が6例、B2が5例、B3が9例、C1が8例、C2が10例、C3が21例であった。腓骨骨折の形態分類が内反変形22例、外反変形25例、intact 12例であった。腓骨骨折が外反変形・intactでは、内反変形よりCTによる評価でcoronal family fracturesのY-type、V-typeに分類されるものが多くみられた。本研究により、単純X線写真と関節面の骨折型、および腓骨骨折の有無が骨折の重傷度を評価する一助となり、今後の手術治療アプローチ選択、固定法選択に有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 関節リウマチ手術の長期成績 関節リウマチ手術の長期成績人工肘関節置換術 linked vs.unlinked

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   214 - 214   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • リウマチ性疾患の画像(1) T2マッピング解析法 複数シークエンス画像を用いた軟骨半自動抽出法

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 小澤 正嗣, 斉藤 太一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   292 - 292   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • リウマチ性疾患の画像(1) 関節リウマチにおける大関節破壊の新たな画像評価基準(ARASHI status score)に関する検討

    那須 義久, 西田 圭一郎, 高杉 幸司, 山下 美鈴, 棗田 将光, 江澤 香代, 江澤 和彦, 金澤 智子, 斉藤 太一, 小澤 正嗣, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   292 - 292   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術 下肢(1) 関節リウマチ(RA)患者の外反母趾に対する切除関節形成術の治療成績

    金澤 智子, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   393 - 393   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術 下肢(1) 関節リウマチの足関節、中後足部変形に対する治療成績

    小澤 正嗣, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   393 - 393   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • メカニカルストレス下におけるヒストン脱アセチル化酵素阻害薬による軟骨破壊抑制効果

    斉藤 太一, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 小澤 正嗣, 金澤 智子

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   551 - 551   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • MTXの有効性と安全性 画像的にみたMTXの有効性と限界への対応

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   56回・21回   168 - 168   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 前方単独アプローチ(modified Stoppa+lateral window)による寛骨臼複合骨折の治療成績 査読

    野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 尾崎 敏文, 木浪 陽, 上田 泰久, 戸田 一潔, 高城 康師, 小川 健一, 依光 正則

    骨折   34 ( 1 )   66 - 69   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    寛骨臼複合骨折に対してmodified Stoppa approachにlateral windowを併用した前方単独進入(以下、MS+LW)による整復固定術の治療成績につき検討した。対象は24例で、骨折型は両柱:19例、前柱+半横:3例、T型:2型であった。全例MS+LWにて進入したが3例にmiddle windowの追加が必要であった。Quadrilateral surfaceのbuttress plate固定を20骨折、lag screw固定を4骨折に施行した。平均術中出血量は1593mlで、平均手術時間は4時間24分であった。術後X線評価は平均step offは0.9mm、平均gapは1.4mmで、anatomical:14例、imperfect:9例、poor:1例であった。6ヵ月以上経過観察しえた症例のJOA hip scoreは平均88点であった。術中合併症は外腸骨静脈損傷1例、閉鎖動脈損傷1例であった。術後合併症は閉鎖神経不全麻痺:4例、外腸骨動脈血栓形成1例、坐骨神経麻痺:1例、関節内スクリュー誤挿入1例、術後再転移1例などであった。本アプローチの利用は前方単独進入では従来整復困難であった転位の大きい後柱成分の整復固定が直視下に施行可能で有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • 次世代の画像解析ソフトウェア(No.119) AZE VirtualPlaceを用いた実体模型作製の有用性 査読

    中原 龍一

    INNERVISION   27 ( 3 )   82 - 83   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)インナービジョン  

    researchmap

  • 外傷、骨髄炎後の高度骨軟骨欠損に対する創外固定を用いた足関節固定術の治療経験 査読

    斎藤 太一, 野田 知之, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   23   131 - 136   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    症例1は33歳男で、圧挫の強い右下腿骨折に対し、創外固定術を施行した。受傷後2週に髄内釘へconversionを行ったが、受傷後2ヵ月で感染拡大により髄内釘抜去し、創外固定術を再施行した。さらに2回抗菌薬含有セメントビーズ交換を行うも感染は沈静化せず、脛骨遠位部は骨欠損状態となった。受傷後3ヵ月でデブリドマンおよび抗菌薬含有セメント髄内釘挿入、イリザロフ創外固定にて再固定した。感染が沈静化したため骨延長を行い、ドッキング部に骨移植を行った。術後2年6ヵ月、感染の再発はなく、独歩可能である。症例2は18歳女で、交通事故にて骨欠損を伴う右下腿開放骨折を受傷し、抗菌薬含有セメントビーズ充填と創外固定術を施行した。その後、軟部欠損部に対してsural flapにて被覆した。受傷後2ヵ月時、骨欠損部に腸骨より骨移植、イリザロフ創外固定を施行したところ、術後7ヵ月で骨癒合を認めた。

    researchmap

  • 当院における人工肘関節再置換術の術後成績

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 原田 遼三, 尾崎 敏文

    日本肘関節学会雑誌   19 ( 1 )   S24 - S24   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

    researchmap

  • 下肢長管骨関節近傍骨折に対する一時的創外固定の有用性

    野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 建多, 斉藤 太一, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   23   207 - 207   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ(RA)患者の外反母趾に対する切除関節形成術の治療成績

    金澤 智子, 橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 斉藤 太一, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   30 ( 3 )   264 - 264   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • タクロリムス使用下に術後感染症を生じた関節リウマチの3例

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   30 ( 3 )   374 - 374   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 前額断剪断骨折線を示す大腿骨頸基部骨折の治療経験

    山川 泰明, 木浪 陽, 井上 円加, 金澤 智子, 斎藤 太一, 中原 龍一, 遠藤 裕介, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 3 )   490 - 490   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 生物学的製剤導入とRAの手術 RA上肢の手術

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 金澤 智子, 斎藤 太一, 小澤 正嗣, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   30 ( 3 )   250 - 250   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 整形外科CT画像の三次元ディスプレー表示システムの有用性

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 斎藤 太一, 橋詰 謙三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   30 ( 3 )   368 - 368   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける大関節破壊の新たな画像評価(ARASHI status score)に関する検討

    那須 義久, 西田 圭一郎, 金澤 智子, 斎藤 太一, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   30 ( 3 )   372 - 372   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 三次元実体石膏模型を用いて、術前プレートベンディングを行った寛骨臼骨折の2例 査読

    西山 武, 野田 知之, 島村 安則, 雑賀 建多, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( 3 )   643 - 647   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    CT画像を基に作成した三次元実体石膏模型を用いて、寛骨臼骨折の術前計画を行った。使用するプレートの設定位置を決定し、術前にベンディングした。2例の寛骨臼骨折(37歳男性、左寛骨臼骨折AO分類:62-A3。53歳男性、左骨盤輪骨折および右寛骨臼骨折AO分類:61-C1+62-B2)に対し、術前にベンディングしたプレートを使用し、良好な結果を得た。三次元実体石膏模型は、術前計画において画像からの把握(視覚的情報)のみならず、立体像の把握(触覚的情報)を得ることができる。手術に有用な情報が得られ術者を助けるばかりでなく、術前にチーム間で骨盤立体構造をディスカッションすることで、立体解剖の認識が高まり、教育の面でも有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • 【最新MIPO基本手技のコツと落し穴】鎖骨骨折に対するMIPO 査読

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル   ( 60 )   2 - 10   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    保存治療が基本とされてきた鎖骨骨折であるが、現代のニーズも加わり手術治療が選択されることが増加してきた。従来より鎖骨骨折に対する様々な手術治療法が存在するが、手術侵襲や固定性などのすべてにおいて満足できる治療法は存在しなかった。我々が行っている鎖骨骨折に対するminimally invasive plate osteosynthesis(以下、MIPO法)は、健側CT撮像、プレベンディングといった術前計画・準備を要するが、小皮切からロッキングプレートを挿入・スクリュー固定することで比較的良好な解剖学的整復位ならびに固定性が獲得され、同時に骨折部のbiabilityは温存されやすいため骨癒合においても有利である。術後早期に社会復帰が可能でもある鎖骨骨折に対するMIPO法は、従来の観血的プレート固定法と保存治療のメリットを併せ持ち、かつ両者のデメリットを最小限にとどめることが可能な優れた治療法である。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨折治療への三次元実体模型の応用 査読

    中原 龍一, 野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( 3 )   738 - 742   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】CT画像から作製された三次元実体模型が手術に利用されるようになった。しかし、発注が煩雑で作製時間が長いことが問題であった。当院では作製過程に医師が加わることで作業効率を改善し、骨折などの緊急症例に対応可能な院内発注システムを構築したので報告する。【方法】当院には三次元プリンターが設置されており、歯科技工士が実体模型を作製していた。医師がCTデータから領域抽出を行いDICOMデータとして保存したものを、作製期限を設けてデータを蓄積し、作製期限に間に合うように一度にまとめて作製するシステムを構築した。【結果】作業効率が改善され緊急作製に対応可能となった。2009年度は緊急作製を必要とした骨折症例7例で48時間以内にプレベンディング用の健側骨の左右反転模型を作製した。【結語】領域抽出と作製を分離することで作製効率が向上し、緊急症例に対応可能となった。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨折部で髄腔閉鎖を認めた非定型的大腿骨骨幹部骨折の1例 査読

    尾崎 修平, 野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 ( 5 )   951 - 952   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    63歳女。転倒後に歩行困難となった。8年前よりアレンドロネート服用中で、先行する鼡径部?大腿部痛の訴えはなく、単純X線写真では左大腿骨骨幹部短斜骨折(AO32-A3)と骨皮質の肥厚、髄腔の狭小化を認めた。受傷後4日目に髄内釘挿入術を行った際、近位骨折部と遠位骨折部に皮質骨による閉鎖を認めたため、閉鎖部の骨組織を除去して髄内釘を挿入した。病理組織像に骨回転の上昇や低下を示唆する所見はなく、超音波骨折治療を行うも術後8ヵ月経過時点で骨癒合は得られていない。本症例ではビスホスホネート製剤の長期内服により骨代謝が抑制され、骨皮質の肥厚と骨質の脆弱性からmicrofractureの蓄積と髄腔の閉鎖をきたし、低エネルギー外傷により大腿骨骨幹部骨折を生じたと考えられた。

    researchmap

  • Roof impactionを伴う寛骨臼骨折の治療経験 査読

    藤原 智洋, 野田 知之, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( 3 )   637 - 642   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Roof impactionを伴う寛骨臼骨折3例の手術治療について検討した。本所見に伴う骨折型は前壁骨折1例、前柱骨折2例であった。前壁骨折に伴う1例に対してはilioinguinal approachの2nd windowから前壁骨片を翻転し陥没骨片を直視下に整復した。前柱骨折に伴う2例に対してはmodified Stoppa approachにlateral windowを併用し、1例は陥没骨片直上の骨折部から整復を、1例は骨片直上を開窓し整復した。いずれも内固定および人工骨充填によるsubchondral supportを行った。全例整復位・臨床評価ともに概ね良好な成績を得たが、うち1例はアプローチ選択に課題が残った。Roof impactionの存在は成績不良因子とされるが、個々の症例における術前の詳細な評価、アプローチ選択および整復固定法の工夫により治療成績の改善が期待できる。(著者抄録)

    researchmap

  • ガイドライン 整形外科シリーズ 上腕骨外側上顆炎の診療ガイドライン 査読

    島村 安則, 井上 円加, 小澤 正嗣, 金澤 智子, 斎藤 太一, 中原 龍一, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   123 ( 2 )   141 - 144   2011年8月

  • Recent trends in orthopedic surgery performed in Japan for rheumatoid arthritis. 査読 国際誌

    Shigeki Momohara, Sakae Tanaka, Hiroshi Nakamura, Junya Mibe, Takuji Iwamoto, Katsunori Ikari, Jinju Nishino, Yuho Kadono, Tetsuro Yasui, Kenji Takahashi, Kenji Takenouchi, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Ayako Kubota, Takashi Nakamura, Keiichiro Nishida, Toru Suguro

    Modern rheumatology   21 ( 4 )   337 - 42   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this report was to review the use of orthopedic surgeries performed to manage rheumatoid arthritis (RA). Our review of studies published in English indicates that there has been a decrease in RA-associated surgeries in Western countries. Improvements in medical treatment may partly explain the reduction in numbers of orthopedic joint surgeries, which also suggests a worldwide trend toward improved long-term outcomes. However, the results of our multicenter study in Japan indicate that the number of RA-associated operations has not decreased, and that the numbers of operations performed annually have been relatively stable from 1998 to 2008. Although there definitely has been a decline in the numbers of synovectomy surgeries, the numbers of operations on the upper limbs and foot arthroplasties have increased. With the trend toward milder disease because of improved medical treatment, we speculate that RA patients may want and need better function for the activities of daily living. The combination of medical treatment and surgical intervention is thought to improve outcomes in RA patients who will develop joint destruction. Additional studies, including analyses of RA databases containing long-term data on a variety of surgical interventions, are needed.

    DOI: 10.1007/s10165-011-0426-7

    PubMed

    researchmap

  • リウマチ手変形に対する治療 関節リウマチ手指MP関節に対する人工指関節置換術の成績

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    関節の外科   38 ( 2 )   47 - 47   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • リウマチ外科治療up-to-date(新評議員報告) PROSNAP人工肘関節の短期臨床成績

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 那須 義久, 尾崎 敏文

    関節の外科   38 ( 2 )   58 - 58   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • MRI画像表示法 カラー表示を用いて異なるシークエンス画像を同時に表示させる方法

    中原 龍一, 金澤 智子, 齋藤 太一, 橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   85 ( 8 )   S1226 - S1226   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨通顆骨折に対する内固定法の力学的比較 ONI plate対従来固定法

    島村 安則, 今谷 潤也, 野田 知之, 中原 龍一, 齋藤 太一, 金澤 智子, 井上 円加, 小澤 正嗣, 古松 毅之, 国定 俊之, 西田 圭一郎, 橋詰 博行, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   85 ( 8 )   S1338 - S1338   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 当院にて経験したWell leg compartment syndromeの1例 査読

    岡田 芳樹, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 ( 4 )   869 - 870   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    53歳男。身長172cm、体重100kgで、2型糖尿病のためインスリンコントロールを受けていた。泌尿器科で膀胱癌に対し膀胱全摘出術を施行され、体位は砕石位で、手術時間は10時間、出血量2370mlであった。硬膜外麻酔併用下であったが、抜管後より左下腿の強い疼痛と腫脹を認めたため当科紹介となった。筋区画圧を測定したところ、前方コンパートメントが43mmHgと高値で、コンパートメント症候群と診断した。直ちに筋膜減張切開術を施行し、術直後より足趾の背屈が可能となった。血液学的検査所見ではCKが術翌日6452IU/L、3日目942IU/Lと漸減した。術後3ヵ月で左下腿に軽度のしびれを残していたが、筋力は完全に回復した。

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対するMIPO法による治療成績

    島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 井上 円加, 国定 俊之, 野田 知之, 尾崎 敏文, 島村 好信

    骨折   33 ( Suppl. )   S239 - S239   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 前方プレートにより手術を行った鎖骨遠位端骨折の治療経験

    島村 好信, 島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 井上 円加, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S243 - S243   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 「多発外傷」に伴う両側floating shoulderの1例

    金澤 智子, 島村 安則, 野田 知之, 西山 武, 中原 龍一, 斉藤 太一, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S284 - S284   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する最少侵襲プレート骨接合術(MIPO)による手術成績

    島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 小澤 正嗣, 井上 円加, 国定 俊之, 野田 知之, 尾崎 敏文, 島村 好信

    骨折   33 ( Suppl. )   S80 - S80   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 脛骨近位部関節内骨折の関節面骨折形態のCTによる評価

    小澤 正嗣, 野田 知之, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 齋藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S212 - S212   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 3D-CADシステムを用いた鎖骨の三次元形状比較

    中原 龍一, 野田 知之, 金澤 智子, 斉藤 太一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S286 - S286   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折に対する観血的固定術後に外腸骨動脈急性閉塞を発症した1例

    斎藤 太一, 野田 知之, 金澤 智子, 中原 龍一, 西山 武, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S314 - S314   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • CTに併用した脛骨遠位部関節内骨折の転位様式に関するX線学的検討

    岡田 芳樹, 野田 知之, 金澤 智子, 齋藤 太一, 中原 龍一, 島村 安則, 尾崎 敏文

    骨折   33 ( Suppl. )   S88 - S88   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 生物学的製剤と外科治療 生物学的製剤使用患者の手術のタイミング

    西田 圭一郎, 金澤 智子, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 那須 義久, 斎藤 太一, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回   147 - 147   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術 上肢 関節リウマチ手指MP関節に対する人工指関節置換術の成績

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回   310 - 310   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術 上肢 RA手関節に対する部分固定術の術後成績

    斉藤 太一, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回   312 - 312   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術 上肢 関節リウマチ(RA)に対するSauve-Kapandji法の治療成績

    金澤 智子, 橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 斉藤 太一, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   55回・20回   383 - 383   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 骨盤・寛骨臼骨折におけるDVT/PE発生率の検討 査読

    馬崎 哲朗, 野田 知之, 西山 武, 島村 安則, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 ( 3 )   469 - 470   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    高エネルギー外傷に伴う骨盤・寛骨臼骨折症例20例(平均年齢45歳)を対象に、周術期に造影CTによる下肢静脈血栓症/肺塞栓症 (DVT/PE)スクリーニングを施行し、その有用性を検討した。受傷機転は交通事故9例、高所からの転落9例、その他2例、治療の内訳は観血的整復固定術14例、創外固定のみ2例、保存的治療4例であった。造影CT施行は受傷後平均9.8日であった。その結果、DVT/PEを9例認めた。DVTは6例で、5例が総腸骨静脈から膝窩静脈の近位型、1例が膝窩静脈より末梢の遠位型であった。 PEは6例で、4例が主幹肺動脈から区域動脈の中枢型、2例が亜区域動脈以降の末梢型であった。DVT/PEの治療は9例に抗凝固療法、1例にIVCフィルター挿入を施行し、重大な副作用を生じた症例はなかった。リスク因子では、DVT/PEの有無で年齢、BMI、D-dimer値等についてMann-Whitney U testによる比較を行ったが、両群間に有意差はなかった。以上より、DVT/PEの検索に造影CTが有用と考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20110622160019&doc_link_id=10029072202&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10029072202&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 【整形外科医のためのリウマチ治療 薬物療法と手術療法】手術療法 関節リウマチの上肢機能障害に対する人工関節全置換術 肩・肘 査読

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一

    関節外科   30 ( 5 )   626 - 633   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 【患者さんといっしょに読める 整形外科病態生理32 はじめてマニュアル】肩?手指 鎖骨骨折 査読

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    整形外科看護   ( 2011春季増刊 )   10 - 17   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する手術療法の進歩と今後 関節リウマチに対する上肢人工関節置換術の進歩と今後 査読

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一

    日本整形外科学会雑誌   85 ( 5 )   348 - 358   2011年5月

  • 寛骨臼骨折を伴う外傷性股関節脱臼の治療成績と問題点 査読

    野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 中原 龍一, 尾崎 敏文, 高城 康師

    骨折   33 ( 2 )   352 - 357   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    寛骨臼骨折を伴った外傷性股関節脱臼(中心性脱臼を除く)の治療成績と問題点につき検討した。対象は26例で受傷時平均年齢は47歳であった。寛骨臼骨折の骨折型は後壁18例、後柱+後壁1例、横+後壁5例、T型+後壁1例、前壁1例であった。坐骨神経麻痺合併3例であった。脱臼は1例を除き受傷当日に徒手整復した。骨頭骨折を8例に合併し、marginal impactionは13例に認めた。手術アプローチは後方単独18例(6例にtrochanteric flip osteotomy施行)、前方単独3例(うち2例は骨頭骨折のみ固定)、前方+後方3例であった。術後合併症として大腿骨頭壊死を7例(うち3例が圧潰)、異所性骨化3例、変形性関節症2例、深部感染1例に認めた。本損傷においては骨頭骨折の整復固定の要否、手術アプローチの選択、高率な合併症など未解決な問題が数多く存在する。本研究においても骨頭壊死など合併症発生率は高率であった。骨頭骨折に対しては前方アプローチあるいはtrochanteric flip osteotomyの併用を考慮すべきともされ、手術アプローチの選択が今後の検討課題である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00496&link_issn=&doc_id=20110630240028&doc_link_id=10029543494&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10029543494&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 微小血管内皮下弾性線維構造とその血行動態との関係

    品岡 玲, 百田 龍輔, 小阪 美津子, 内藤 一郎, 中原 龍一, 大塚 愛二

    日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   43回・58回   105 - 105   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会・マトリックス研究会  

    researchmap

  • 【世界のリウマチガイドラインをみわたす】診療のガイドライン 2010年ACR/EULAR RA分類基準 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    分子リウマチ治療   4 ( 2 )   58 - 61   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)先端医学社  

    関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)の早期診断・早期治療の重要性が広く認識されるようになった。しかし、米国リウマチ学会(American College of Rheumatology:ACR)による1987年のRA分類基準は、早期RAに対する感度が十分ではないという問題があった。そこで、「早期にRAを診断しメトトレキサート(MTX)を開始することで、関節破壊の進行を阻止する」ことを目的に、2010年ACR/欧州リウマチ学会(European League Against Rheumatism:EULAR)RA分類基準が発表された。1つ以上の関節腫脹を認め、原因がRA以外に認められない症例を対象としている。本稿では、この新分類基準について概説する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05220&link_issn=&doc_id=20110502350003&doc_link_id=40018823141&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40018823141&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • ハンドル外傷による舟状骨骨折の1例

    金澤 智子, 島村 安則, 西田 圭一郎, 斎藤 太一, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 1 )   253 - 253   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 掌側プレート固定を行った橈骨遠位端骨折における抜釘術の重要性

    島村 安則, 井上 円加, 小澤 正嗣, 斎藤 太一, 金澤 智子, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 1 )   258 - 258   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 橈骨遠位端骨折に対する掌側プレート固定後に生じた屈筋腱断裂の3例 査読

    金澤 智子, 島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 斎藤 太一, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 ( 2 )   385 - 386   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    症例1:63歳女。橈骨遠位端骨折(AO分類21-A3、背側転位型)に対する掌側プレート固定後2年10ヵ月で母指の屈曲障害が出現した。X線では骨折部のアライメントは良好で、プレートの浮き上がり、スクリューの突出もなかった。抜釘時、遠位列外側2穴目のscrew hole部分の露出とFPLの完全断裂を確認した。症例2:86歳女。橈骨遠位端骨折プレート固定後3年10ヵ月で示指DIP屈曲困難が出現した。CTでプレートはwatershedlineを超えない位置であった。術中所見でプレートは遠位列が露出し、FPLとII指FDSが部分断裂、II指FDPは完全断裂であった。症例3:74歳女。橈骨遠位端骨折プレート固定後7年6ヵ月で母指の屈曲障害が出現した。X線ではプレートの浮き上がりやスクリューの突出は認めなかった。抜釘時、FPLの完全断裂とII指FDPの部分断裂、断裂部直下でのプレート、screw holeの露出を認めた。全例にPLを使用した腱移植術を行った。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20110506100082&doc_link_id=10029072030&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10029072030&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 骨髄炎に対する抗菌薬含有セメント髄内釘による治療成績の検討 査読

    金澤 智子, 野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 雑賀 建多, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本骨・関節感染症学会雑誌   24   43 - 46   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨・関節感染症学会  

    骨折治療後に生じた長管骨骨髄炎に対して抗菌薬含有セメント髄内釘または抗菌薬含有セメントロッドによる治療を行った7例の成績を報告した。男性6例、女性1例、年齢16?81歳、罹患部位は大腿骨5例、脛骨2例、起因菌はMRSAが6例、不明1例であった。治療成績は6例(86%)で感染の沈静化が得られ、治療開始時に骨癒合していなかった5例中3例(60%)で骨癒合が得られた。代表例1例を提示した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J04867&link_issn=&doc_id=20110214090009&doc_link_id=40018725354&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40018725354&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Time-concentration profile of serum etanercept in Japanese patients with rheumatoid arthritis after treatment discontinuation before orthopedic surgery. 査読 国際誌

    Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Yasutaka Kadota, Masamitsu Natsumeda, Ryuichi Nakahara, Taichi Saito, Tomoko Kanazawa, Kazuhiko Ezawa, Toshihumi Ozaki

    Modern rheumatology   20 ( 6 )   637 - 9   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10165-010-0321-7

    PubMed

    researchmap

  • 長橈側手根伸筋(ECRL)腱を用いて母指手根中手骨(CM)関節形成術を行った1例

    井上 円加, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 島村 安則, 中原 龍一, 斉藤 太一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   122 ( 3 )   279 - 279   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 【肩関節・肩甲帯部疾患 病態・診断・治療の現状】治療 保存的治療と手術的治療の現状 骨折と脱臼 鎖骨骨折 鎖骨骨幹部骨折に対するプレート固定法 前下方プレート法、minimally invasive plate osteosynthesis法 査読

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西山 武, 尾崎 敏文

    別冊整形外科   ( 58 )   71 - 75   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)南江堂  

    2007年より鎖骨骨幹部骨折に対してプレート固定による手術的治療を行った症例は42例であった。そのうち、初期の32例に対してはanteroinferior plating法(AP法)を、2009年からの10例は、AP法を応用したminimally invasive plate osteosynthesis法(MIPO法)を施行した。AP法、MIPO法ともに全例において骨癒合が得られ、JOAスコア、DASHスコアともに良好な改善が得られた。MIPO法はAP法に比較して、早期に疼痛の軽減が得られている印象であった。AP法は従来の手術法に比べて早期に社会復帰が可能となる有用な方法であるが、さらにMIPO法はAP法のメリットに加えて整容面や骨折部の血流温存といった面でも有利であり、手術・保存的治療双方のメリットを併せ持つ優れた治療法であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J04037&link_issn=&doc_id=20101104480015&doc_link_id=issn%3D0287-1645%26volume%3D29%26issue%3D58%26spage%3D71&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0287-1645%26volume%3D29%26issue%3D58%26spage%3D71&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • 【関節リウマチ 明確な治療目標の達成をめざす診療】パラダイムシフト後の関節外科治療 査読

    那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    治療学   44 ( 10 )   1127 - 1130   2010年10月

  • 関節病に対する上肢人工関節置換術 関節リウマチ肘関節破壊に対するJACE型人工肘関節置換術の中期成績

    橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   29 ( 3 )   409 - 409   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 周術期の管理 エタネルセプト使用症例の周術期感染頻度の検討

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 金澤 智子, 斎藤 太一, 橋詰 謙三, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   29 ( 3 )   340 - 340   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • RA上肢変形の治療 関節リウマチ(RA)に対するSauve-Kapandji(S-K)法の治療成績

    金澤 智子, 橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 斎藤 太一, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   29 ( 3 )   398 - 398   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • ロッキングプレートによる下肢長管骨非感染性偽関節の治療成績 査読

    藤原 智洋, 野田 知之, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾崎 敏文, 加原 尚明, 宮澤 慎一, 高城 康師

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 2 )   355 - 361   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    2005?2008年に当科と関連施設で下肢長管骨非感染性偽関節に対してロッキングプレートによる治療を行った15例の成績を報告した。男性7例、女性8例、手術時年齢21?82歳、手術部位は大腿骨骨幹部2例、大腿骨遠位部3例、脛骨近位部7例、脛骨骨幹部2例、脛骨遠位部1例であった。偽関節の種類はhypertrophic non-unionが9例、atrophic non-unionが6例であった。手術では14例に自家骨移植を併施した。治療成績は全例で骨癒合が得られた。術直後から最終観察時までのアライメント変化の度合いは、単純X線正面像で平均1.13°(0?10°)、側面像で平均0.35°(0?5°)であり、ほとんどの症例で良好なアライメントが維持されていた。術後合併症として遷延治癒を5例(33%)、矯正損失を1例(7%)に認め、感染や皮膚壊死などの軟部組織合併症は認めなかった。合併症を認めた6例中4例がatrophic non-unionであった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20101006220017&doc_link_id=10.11360%2Fjcsoa.22.355&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11360%2Fjcsoa.22.355&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 肩鎖関節脱臼に合併した外傷性肩関節前方不安定症の1例

    島村 安則, 阿部 信寛, 野田 知之, 雑賀 建多, 斎藤 太一, 金澤 智子, 井上 円加, 小澤 正嗣, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    肩関節   35 ( 1 )   189 - 189   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部粉砕骨折に対するMIPOによる治療経験

    島村 安則, 野田 知之, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 建多, 斉藤 太一, 門田 康孝, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 2 )   494 - 495   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対する前下方プレート法による治療成績

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 金澤 智子, 井上 円加, 斎藤 太一, 小澤 正嗣, 雑賀 建多, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    肩関節   35 ( 1 )   75 - 75   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    researchmap

  • 三次元実体石膏模型を利用して治療した反復性肩関節脱臼の1例

    井上 円加, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 島村 安則, 小澤 正嗣, 阿部 信寛, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    肩関節   35 ( 1 )   176 - 176   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    researchmap

  • NCB Distal Femurプレートによる大腿骨遠位部骨折の治療経験

    斎藤 太一, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 健多, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   122 ( 2 )   178 - 178   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • NCB distal femurプレートによる大腿骨遠位部骨折の治療経験 査読

    齋藤 太一, 野田 知之, 島村 安則, 西山 武, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   53 ( 4 )   821 - 822   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    NCB distal femurプレートを用いて治療を行った大腿骨遠位部骨折5例の治療成績について検討した。AO分類はA1が2例、A2、A3、C2が各1例であった。その結果、1)骨癒合期間は平均22週、関節可動域は伸展平均3°、屈曲平均119°であった。2)Neerの評価基準による治療成績評価ではexcellentが1例、satisfactoryが2例、unsatisfactryが2例であった。3)術後合併症は遷延癒合を1例に認められた。尚、Femoral angleは術直後平均83.0°、最終観察時平均82.8°、Lindahl's angleは術直後平均39.4°、最終観察時平均39.8°と術後アライメントは良好に維持されていた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20100915110038&doc_link_id=10029798879&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10029798879&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • ロッキングプレートによるTKA周囲大腿骨骨折の治療経験

    斎藤 太一, 野田 知之, 島村 安則, 寺田 忠司, 西山 武, 中原 龍一, 雑賀 健多, 尾崎 敏文

    骨折   32 ( Suppl. )   S129 - S129   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対するMIPOによる治療経験

    島村 安則, 野田 知之, 中原 龍一, 斎藤 太一, 金澤 智子, 長谷井 嬢, 雑賀 建多, 井上 円加, 尾崎 敏文

    骨折   32 ( Suppl. )   S82 - S82   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • Radiographic measurements in the evaluation and classification of elbow joint destruction in patients with rheumatoid arthritis. 査読 国際誌

    Kenzo Hashizume, Keiichiro Nishida, Kazuo Fujiwara, Yasutaka Kadota, Ryuichi Nakahara, Kazuhiko Ezawa, Hajime Inoue, Toshifumi Ozaki

    Clinical rheumatology   29 ( 6 )   637 - 43   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed two new radiographic parameters-the humeral surface height ratio and ulnar surface height ratio-to precisely detect changes in the bony structure of rheumatoid elbows. Of the 59 patients with rheumatoid arthritis, 101 elbows were classified into four types (osteoarthritis, ankylosis, erosive, and resorptive) according to the radiographic appearance. Clinically, osteoarthritis type and ankylosis type were considered to be stable form, and erosive type and resorptive type were unstable form. Patients' clinical data and yearly radiographic changes in the bony structure evaluated by the humeral surface height ratio and ulnar surface height ratio were compared among the four types and between the two forms. There were significant differences between the two forms and among the three types except for the ankylosis type in yearly radiographic changes in the bony structure evaluated by the humeral surface height ratio and ulnar surface height ratio. Stable and unstable forms were distinguished by a cut-off point of 0.65 and 2.58 in yearly radiographic changes in the bony structure evaluated by the humeral surface height ratio and the ulnar surface height ratio, respectively. These parameters might be useful for monitoring the structural changes of the elbow joint in rheumatoid arthritis.

    DOI: 10.1007/s10067-010-1381-y

    PubMed

    researchmap

  • Operative treatment for pincer type femoroacetabular impingement:a case report. 査読 国際誌

    Hirosuke Endo, Tomoyuki Noda, Shigeru Mitani, Ryuichi Nakahara, Tomonori Tetsunaga, Toshiyuki Kunisada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   64 ( 2 )   149 - 54   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Femoroacetabular impingement (FAI) is a condition characterized by the impingement of the femur and acetabulum. In Japan, this disorder has become recognized gradually. Here we report a rare case of surgically treated FAI, associated with an osseous protrusion on the acetabulum of a 30-year-old female. Plain computed tomography (CT) and reconstructive 3D-CT images clearly demonstrated an anterolateral bony protrusion. Hip arthroscopy showed no degeneration of the cartilage on either the femoral or acetabular side, but degeneration at the edge of labrum was observed in the region of the bony protrusion. The complete removal of the bony protrusion under hip arthroscopy was thus considered impracticable, and a small skin incision was therefore made anteriorly to approach the acetabulum. The Short-Form 36-Item Health Survey (SF-36) revealed improvement in all scores.

    PubMed

    researchmap

  • 掌側ロッキングプレートを用いて加療した橈骨遠位部骨折における抜釘術の検討

    島村 安則, 斎藤 太一, 金澤 智子, 中原 龍一, 雑賀 建多, 野田 知之, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 1 )   199 - 199   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する手術療法の進歩と今後 関節リウマチに対する上肢手術の進歩と今後

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 門田 康孝, 中原 龍一, 斎藤 太一, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   84 ( 3 )   S231 - S231   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • NCB Distal Femurプレートによる大腿骨遠位部骨折の治療経験

    斎藤 太一, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 健多, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   53 ( 春季学会 )   103 - 103   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 生物学的製剤時代における手術の変遷 画像診断と外科的治療 画像からみた手術の適応とタイミング どの時期に手術が必要か

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 門田 康孝, 那須 義久, 斎藤 太一, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   54回・19回   219 - 219   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 生物学的製剤使用下の手術治療について 生物学的製剤の限界

    西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 門田 康孝, 中原 龍一, 斎藤 太一, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   84 ( 3 )   S228 - S228   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 【関節周辺骨折 最近の診断・治療】膝関節 ダブルプレートによる脛骨近位部骨折の治療戦略 査読

    野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 建多, 門田 康孝, 尾崎 敏文

    別冊整形外科   ( 56 )   179 - 183   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)南江堂  

    ダブルプレートで治療した脛骨近位部骨折19例(平均61歳)の成績を報告した。骨折型はAO分類41-A3が1例、C2が3例、C3が15例で、開放骨折は2例であった。初期治療として10例に膝関節架橋創外固定を施行し、ダブルプレート時の皮切は前外側と後内側に分離して作成した。術後観察期間3?30ヵ月で、骨癒合期間は平均14.2週であった。平均膝関節可動域は伸展-2.4°、屈曲133.9°で、Holh & Luckの解剖学的評価はexcellent 12例、good 6例、fair 1例、機能的評価はexcellent 15例、good 4例であった。X線学的評価でtibial angleは術直後平均91.9°から最終時92.1°に、tibial plateau angleは7.4°から7.2°となり、5°以上のアライメント変化を起こした症例はなかった。術直後の整復位不良は2例、関節面step off残存は4例、関節面再陥没は2例に認めたが、感染・創離開・創壊死などはなかった。追加手術は1例でスクリュー入れ替えを行った。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J04037&link_issn=&doc_id=20091015480030&doc_link_id=issn%3D0287-1645%26volume%3D28%26issue%3D56%26spage%3D179&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0287-1645%26volume%3D28%26issue%3D56%26spage%3D179&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • 【整形外科関節リウマチ保存治療の実際】RA診断・治療におけるMRIの有用性 査読

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    Orthopaedics   22 ( 9 )   31 - 38   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    関節リウマチ(RA)に対する治療ガイドラインが策定され、生物学的製剤の登場やメトトレキサートの積極的使用により、早期診断、薬効評価における画像診断の重要性が大きくなりつつある。MRI画像によって得られるRAに特徴的な所見としては、滑膜炎、骨びらん、骨髄浮腫、腱鞘滑膜炎などがあり、補助診断としてRAを早期に診断し、予後不良因子などをもとに治療法を決定し、寛解・薬剤中止を目指すためのツールとしてのエビデンスが蓄積されつつある。早期診断においてはfalse positiveの除外を含めた正しい評価方法を知ることが重要であり、薬効判定においては滑膜体積や最大造影速度などを用いた定量的判定が求められている。(著者抄録)

    researchmap

  • 【整形外傷 治療におけるcontroversies】骨盤輪 査読

    藤原 智洋, 野田 知之, 中原 龍一

    救急医学   33 ( 8 )   919 - 924   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 【整形外科疾患におけるinterventional radiology】股関節手術時の出血と血管内止血 査読

    藤原 一夫, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 迫間 巧将, 中原 龍一, 尾崎 敏文, 三村 秀文

    関節外科   28 ( 6 )   695 - 701   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 外側小切開による踵骨関節内骨折の治療成績 査読

    雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 門田 康孝, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   31 ( 2 )   359 - 362   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    著者らは踵骨関節内骨折に対し、後距踵関節面を外側小切開して直視下に整復固定し、関節外アライメントについては間接的に再建する観血的整復固定術を施行してきた。今回、過去4年間に経験した37症例(平均年齢56.8歳)40足を対象に治療成績を検討した。検討項目はBoehler角、Preiss角、後距踵関節面の転位で、それぞれ受傷時、手術直後、最終調査時に測定し臨床成績と比較した。観察期間平均9.3ヵ月の結果、1)臨床成績は34例が成績良好で、合併症としてはpin刺入部感染が1例に認められた。2)治療成績に相関を認めた因子は、受傷時のBoehler角と後距踵関節面の転位、および最終調査時の後距踵関節面の転位であった。3)術前評価としてBoehler角と後距踵関節面の転位は予後予測因子であり、手術においては後距踵関節面の解剖学的整復を得ることが重要であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00496&link_issn=&doc_id=20090622190037&doc_link_id=10026129463&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10026129463&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • LCPにてMIPOを施行した下腿遠位部骨折の治療成績 査読

    門田 康孝, 野田 知之, 島村 安則, 雑賀 建多, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    骨折   31 ( 1 )   59 - 62   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Locking compression plate(LCP)にてminimally invasive plate osteosynthesis(MIPO)法を施行した下腿遠位部骨折の治療成績を検討した。対象はLCPを用いてMIPO法で治療した下腿遠位部骨折19例(男性10例、女性9例、平均年齢65.3歳)で、受傷機転は転倒8例、転落5例、交通事故4例、その他2例であった。骨折型はAO分類で43-A1:2例、A2:4例、B1:2例、B3:1例、C1:3例、C2:2例、C3:5例で、全例でLCPを用いてMIPO法にて固定し、術後経過観察期間は平均11ヵ月であった。1)受傷から最終手術まで平均12.4日、骨癒合期間は平均15.4週、最終時の関節可動域は背屈平均17.0°、底屈平均41.7°であった。2)Burwellの評価基準ではgood:17例、fair:2例で、主観的評価は全例good、客観的評価はgood:16例、fair:3例であった。3)X線では関節面の2mm以上のstep offは認められなかったが、1例に5°以上のmalalignment、3例に遷延癒合がみられた。尚、術後合併症は表層感染2例、皮膚壊死1例が確認された。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00496&link_issn=&doc_id=20090406230016&doc_link_id=10026128892&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10026128892&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • M-shaped pelvic plateによる骨盤輪骨折の治療経験 査読

    土井 武, 小川 健一, 中原 龍一, 井代 愛, 林 隆宏, 宗友 和生

    骨折   30 ( 3 )   443 - 446   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    仙骨骨折を伴う骨盤輪損傷4例に対してM-shaped pelvic plateを用いた内固定術を行い、その術後成績について検討した。全例女性で、年齢は平均33.5歳、骨折型はAO分離でB2.1、B3.2、C2.3、C3.3が各1例であった。経過観察期間平均13ヵ月の結果、1)最終調査時、術後整復位の喪失を1例に認めたが、全例で骨癒合は得られた。2)術後1例にDVTを合併し抗凝固療法による加療を行ったが、感染や術後神経麻痺を生じた症例はなかった。3)Majeedスコアは96点満点で平均81点で、Anatomical gradingはexcellentが2例、fairが1例、poorが1例であった。4)患者側の因子としては臀部軟部組織の状態に注意が必要と考えられた。また、Mプレートのよい適応はC1.3、C2.3の仙骨骨折を含む骨折で、転位は少ないもしくは術前に矯正可能な症例が望ましいと考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00496&link_issn=&doc_id=20081017140014&doc_link_id=10026128157&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10026128157&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 脛骨遠位部骨折の治療戦略 査読

    雑賀 建多, 野田 知之, 島村 安則, 門田 康孝, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 4 )   683 - 684   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    脛骨遠位部骨折に対してプレート固定術を行った28例の成績を報告した。男性14例、女性14例、年齢14?85歳(平均59.3歳)、骨折型はAO分類で43-A1 4例、A2 5例、B1 2例、B2 1例、B3 2例、C1 5例、C2 2例、C3 7例であった。手術では、軟部組織状態の悪い(または悪化が予想される高エネルギー外傷)の症例に対しては2期的に施行した。2期的手術の基本的な方法は、初回手術で腓骨の再建と最小侵襲の関節面整復・固定および脛骨の創外固定を行い、最終固定術では、可能であればMIPOを施行し、関節面の整復に大きな展開が必要な場合にはMIPOにこだわらず整復・固定を行った。2期的手術は11例に施行し、そのうち初回手術で腓骨の再建を行ったのは10例であった。治療成績は、Burwellの評価基準で解剖学的評価がgood 24例、fair 4例、主観的評価がgood 24例、fair 4例、客観的評価がgood 25例、fair 2例、poor 1例であった。X線学的評価では、5?10°のmalalignmentを2例、関節面の2mm以上のstep offを2例に認めた。術後合併症として遅延性の表層感染を2例、深部感染を1例に認めた。代表例として、2期的手術を行い成績良好であった症例と不良であった症例を各1例提示した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20080924110041&doc_link_id=10024298770&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10024298770&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 【関節リウマチの新しい治療指針】関節リウマチの整形外科手術 関節リウマチでの人工肩関節置換術の適応 査読

    西田 圭一郎, 中原 龍一, 門田 康孝

    整形外科   59 ( 8 )   995 - 1001   2008年7月

  • 脛骨骨幹部骨折に対する髄内釘固定(Tightly fitted unreamed nailing) 髄腔占拠率・骨折部gapと骨癒合、合併症の検討 査読

    小川 健一, 土井 武, 中原 龍一, 井代 愛, 林 隆宏, 宗友 和生

    骨折   30 ( 1 )   164 - 167   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    脛骨骨幹部骨折に対する髄内釘固定(Tightly fitted unreamed nailing:TUN)の治療成績を報告した。対象は2004年以降にTUNを行った脛骨骨幹部骨折32例33肢(男性26肢、女性7肢、平均年齢48.7歳)であった。骨折型はAO分類でA1:3肢、A2:8肢、A3:5肢、B1:4肢、B2:9肢、B3:2肢、C2:1肢、C3:1肢で、うち開放骨折は18肢(Gustilo分類でI:2肢、II:7肢、IIIa:8肢、IIIb:1肢)であった。1)髄腔占拠率は平均88.9%、術後骨折部のgapは平均1.3mmであった。2)骨癒合の時期は全体で平均18.5週(閉鎖骨折で平均14.7週、開放骨折で平均22.6週)であった。3)偽関節は4肢(12.1%)に発生し、インプラント折損を3肢(9.1%)に認めた。以上、TUNはこれらのことからも手術手技が簡略であり、stabilityを確保し、gapを極力小さくすることで良好な成績が得られると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00496&link_issn=&doc_id=20080313100041&doc_link_id=10024560410&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10024560410&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Sacroliac Plateを用いた仙腸関節脱臼骨折の治療経験 査読

    小川 健一, 土井 武, 中原 龍一, 宗友 和生, 佐藤 徹

    骨折   29 ( 1 )   80 - 84   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Sacroiliac Plate(SI plate)を用いた仙腸関節脱臼骨折の治療成績を検討した。患者は男性5例、女性1例、平均年齢53.3歳で、骨折型はAO分類61-C1.2のa1(仙腸関節脱臼+腸骨翼骨折):4例、a3(仙腸関節脱臼+仙骨骨折):2例であった。経過観察期間は平均17.6ヵ月であった。創外固定装着までの時間は搬入1時間以内5例、搬入3時間後1例で、平均11.8日にConversionとしてSI plateによる内固定を行った。整復位とプレート設置位置に関連性を認め、回旋位設置例では骨折部のギャップが8.4mm、上方設置例では垂直方向の転位が7.8mmであった。残る4例の転位は5mm以下でプレート設置位置も良好であった。最終観察時のADLは元職復帰4例、家庭内自立1例、車椅子使用1例であった。SI plateは本症例に対して有用な治療法であるが、手術時5mm以上の転位があるとプレート設置位置が不良になりやすいと考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J00496&link_issn=&doc_id=20070309060019&doc_link_id=10018753556&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10018753556&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 軽微な症状しか示さなかったO157感染性腸炎の1例 査読

    中原 龍一, 犬飼 道雄, 内藤 稔, 村上 正和, 伊野 英男, 宗 淳一, 梶谷 伸顕, 氏家 良人

    日本腹部救急医学会雑誌   26 ( 7 )   893 - 896   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    ベロ毒素を産生するO157感染性腸炎は極めて重篤な転帰をとることがある。われわれは頻回の下痢や血便がなく,腹部超音波検査でtarget sign様の像をきたしていたため,診断に苦慮したO157感染性腸炎の1例を経験した。症例は20歳男性。腹痛と軟便を主訴に来院した。FOMと整腸剤を処方されたが症状が改善しないため翌日に再来院した。右下腹部に腫瘤を触知し同部位に限局性の筋性防御があり,腹部超音波検査でtarget sign様の像があり,腹部CT検査で上行結腸の腸管壁が著明に肥厚していた。便検査からO157表面抗原陽性,便培養でベロ毒素(VT1,VT2)産生大腸菌を検出したため,O157感染性腸炎と診断した。頻回の下痢や血便などの激しい消化器症状がない場合でも,画像検査で限局性の著明な腸管壁の肥厚像があった場合には,O157感染性腸炎を考慮した検査や治療を行う必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J02824&link_issn=&doc_id=20061214220017&doc_link_id=10019260376&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10019260376&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 高エネルギー外傷に伴う大腿骨転子下骨折に対する髄内釘固定 査読

    土井 武, 小川 健一, 中原 龍一, 宗友 和生

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   49 ( 5 )   871 - 872   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    当科で標題の髄内釘固定を行った5例の成績を報告した。男性4例、女性1例、年齢は31?56歳、受傷機転は交通事故4例、墜落事故1例、骨折型(Seinsheimer分類)はIII A型2例、III B型1例、VI型1例、V型1例であった。手術方法は全例、骨折部を最低限展開し骨性構築を得て、cerclage wireなどで仮固定してから髄内釘を挿入した。仮固定に使用したワイヤーは術後骨片が転位しないようなら抜去し、転位する場合には体内に残した。術後観察期間6?12ヵ月(平均8.4ヵ月)で股関節可動域は屈曲120?135°(平均130°)、外転25?30°(平均29°)となった。2cm以上の脚長差を認めた症例やX線上インプラントの折損、整復位の喪失を認めた症例はなかった。全体重負荷を許可するまでの期間は10?16週(平均10.4週)、最終観察時のJOAスコアは66?95点(平均84点)であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20061121290022&doc_link_id=10019367974&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10019367974&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • RANKL expression in chondrocytes and its promotion by lymphotoxin-α in the course of cartilage destruction during rheumatoid arthritis. 査読 国際誌

    Ayumu Takeshita, Keiichiro Nishida, Aki Yoshida, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Daisuke Kaneda, Hideki Ohashi, Toshifumi Ozaki

    PloS one   16 ( 7 )   e0254268   1905年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the expression and localization of the receptor activator nuclear factor κB ligand (RANKL) in cartilage from patients with rheumatoid arthritis (RA) of relevance to cartilage degeneration. We also examined the role of exogenous lymphotoxin (LT)-α on RANKL expression in human chondrocytes and its effect on in vitro osteoclast differentiation. Cartilage and synovial fluid samples were obtained from 45 patients undergoing total joint replacement surgery or joint puncture, including 24 patients with osteoarthritis (OA) and 21 patients with RA. RANKL expression in articular cartilage was examined by immunohistochemistry. LT-α concentrations in synovial fluid were measured using an enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA). Normal human chondrocytes were stimulated with LT-α, and the relative mRNA levels of RANKL, osteoprotegerin (OPG), matrix metalloproteinase-9, and vascular endothelial growth factor were examined by real-time polymerase chain reaction. Soluble RANKL protein in culture media was measured using ELISA, and membrane-bound RANKL protein in cells was examined by western blotting. Co-cultures of human chondrocytes with peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) were stimulated with macrophage-colony stimulating factor and LT-α, and osteoclast differentiation was evaluated by staining for tartrate-resistant acid phosphatase. LT-α concentrations were higher in RA synovial fluid than in OA samples. The population of RANKL-positive chondrocytes of RA cartilage was higher than that of OA cartilage, and correlated with cartilage degeneration. Stimulation of cultured human chondrocytes by LT-α increased RANKL expression, the RANKL/OPG ratio, and angiogenic factors. Membrane-bound RANKL in chondrocytes was up-regulated after stimulation of LT-α, whereas soluble RANKL in culture medium did not increase. Co-cultures of human chondrocytes and PBMCs demonstrated that LT-α stimulated human chondrocytes to produce RANKL and induced osteoclastic differentiation of PBMCs. RANKL produced by chondrocytes may contribute to cartilage destruction during RA and LT-α could promote the expression of RANKL in human chondrocytes.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0254268

    PubMed

    researchmap

  • The use of 33 MHz ultra-high-frequency ultrasonography for the evaluation of sweat glands in the axilla with osmidrosis. 査読 国際誌

    Akira Shinaoka, Ryuichi Nakahara, Masanori Saeki

    PloS one   16 ( 5 )   e0251600   1905年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study aimed to assess the use of 33 MHz ultra-high-frequency ultrasonography (33MHz-UHFUS) for evaluating axillary sweat glands with osmidrosis in comparison with histological techniques. Axillary osmidrosis is a common problem in Asian societies, and the number and size of apocrine sweat glands have a strong relationship with osmidrosis severity. Currently, there are no methods to evaluate sweat gland distribution non-invasively. METHODS: In this study, 35 skin specimens from 10 fresh human cadavers without osmidrosis and retrospective ultrasonographic images from 20 patients with osmidrosis were used. Skin specimens were embedded in paraffin, thinly sliced, and finally stained with hematoxylin and eosin. Histologically, the apocrine and eccrine glands were evaluated, and the top and bottom depths of follicles were measured from the skin surface. In 33 MHz ultrasonography images, the depths of sweat glands were measured, and the mean grey value was calculated using Image J. RESULTS: Compared to histological data, 33MHz-UHFUS could be used to identify sweat glands as a hyperechoic structure between the dermis and fat layer. Furthermore, it could evaluate sweat gland distribution but could not distinguish between types of sweat glands. CONCLUSIONS: The distribution of sweat glands in the axilla can be non-invasively evaluated via 33MHz-UHFUS.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0251600

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Risk factors for surgical site infection and delayed wound healing after orthopedic surgery in rheumatoid arthritis patients. 査読 国際誌

    Yasutaka Kadota, Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Yoshihisa Nasu, Ryuichi Nakahara, Tomoko Kanazawa, Masatsugu Ozawa, Ryozo Harada, Takahiro Machida, Toshifumi Ozaki

    Modern rheumatology   26 ( 1 )   68 - 74   1905年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To investigate the prevalence and the risk factors of surgical-site infection (SSI) and delayed wound healing (DWH) in patients with rheumatoid arthritis (RA) underwent orthopedic surgery. METHODS: We reviewed the records of 1036 elective orthopedic procedures undertaken in RA patients. Risk factors for SSI and DWH were assessed by logistic regression analysis using age, body mass index, disease duration, pre-operative laboratory data, surgical procedure, corticosteroid use, co-morbidity, and use of conventional synthetic disease-modifying anti-rheumatic drugs (csDMARDs) and biological DMARDs (bDMARDs) as variables. RESULTS: SSI and DWH were identified in 19 cases and 15 cases, respectively. One case of SSI and three cases of DWH were recorded among 196 procedures in patients using bDMARDs. Foot and ankle surgery was associated with an increased risk of SSI (odds ratio (OR), 3.167; 95% confidence interval (CI), 1.256-7.986; p?=?0.015). Total knee arthroplasty (TKA; OR, 4.044; 95% CI, 1.436-11.389; p?=?0.008) and disease duration (OR, 1.004; 95% CI, 1.000-1.007; p?=?0.029) were associated with an increased risk of DWH. CONCLUSIONS: Our results indicated foot and ankle surgery, and TKA and disease duration as risk factors for SSI and DWH, respectively. bDMARDs was not associated with an increased risk of SSI and DWH.

    DOI: 10.3109/14397595.2015.1073133

    PubMed

    researchmap

  • Clinical and radiographic study of partial arthrodesis for rheumatoid wrists. 査読 国際誌

    Taichi Saito, Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Ryuichi Nakahara, Ryozo Harada, Takahiro Machida, Masahiro Horita, Toshifumi Ozaki

    Modern rheumatology   26 ( 1 )   57 - 61   1905年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To retrospectively investigate the clinical and radiographic results of partial arthrodesis for the wrists with rheumatoid arthritis (RA). METHODS: Forty-one wrists with RA were treated by radiolunate (RL) or radiolunotriquetral (RLT) arthrodesis with ulnar head resection. The average follow-up period after surgery was 7.1 years. Preoperative radiographs of all wrists were classified according to Schulthess classification. We performed RL arthrodesis for all Type II (n = 26) and Type III wrists (n = 7), and RLT arthrodesis for Type III wrists (n = 8). Pre- and postoperative pain score (visual analog scale), grip strength, range of motion, and radiographic parameters were statistically compared. RESULTS: Pain scores in all groups were significantly improved at final follow-up (P < 0.05). Grip strength increased from 5.9 to 12.4 (kg) significantly in Type II wrists (P < 0.01), from 7.2 to 9.1 in Type III wrists after RLT arthrodesis, but decreased from 6.9 to 6.0 in Type III wrists after RL arthrodesis. In all groups, the arc of pronation and supination improved significantly (P < 0.05), and all radiographic parameters improved. CONCLUSIONS: RL arthrodesis for Type II wrists showed satisfactory clinical results. RLT arthrodesis would be a reliable method in case of unstable wrist joint.

    DOI: 10.3109/14397595.2015.1072293

    PubMed

    researchmap

  • Consensus-based identification of factors related to false-positives in ultrasound scanning of synovitis and tenosynovitis. 査読 国際誌

    Kei Ikeda, Akihiro Narita, Michihiro Ogasawara, Shigeru Ohno, Yutaka Kawahito, Atsushi Kawakami, Hiromu Ito, Isao Matsushita, Takeshi Suzuki, Kenta Misaki, Takehisa Ogura, Tamotsu Kamishima, Yohei Seto, Ryuichi Nakahara, Atsushi Kaneko, Takayuki Nakamura, Mihoko Henmi, Jun Fukae, Keiichiro Nishida, Takayuki Sumida, Takao Koike

    Modern rheumatology   26 ( 1 )   9 - 14   1905年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: We aimed to identify causes of false-positives in ultrasound scanning of synovial/tenosynovial/bursal inflammation and provide corresponding imaging examples. METHODS: We first performed systematic literature review to identify previously reported causes of false-positives. We next determined causes of false-positives and corresponding example images for educational material through Delphi exercises and discussion by 15 experts who were an instructor and/or a lecturer in the 2013 advanced course for musculoskeletal ultrasound organized by Japan College of Rheumatology Committee for the Standardization of Musculoskeletal Ultrasonography. RESULTS: Systematic literature review identified 11 articles relevant to sonographic false-positives of synovial/tenosynovial inflammation. Based on these studies, 21 candidate causes of false-positives were identified in the consensus meeting. Of these items, 11 achieved a predefined consensus (??80%) in Delphi exercise and were classified as follows: (I) Gray-scale assessment [(A) non-specific synovial findings and (B) normal anatomical structures which can mimic synovial lesions due to either their low echogenicity or anisotropy]; (II) Doppler assessment [(A) Intra-articular normal vessels and (B) reverberation)]. Twenty-four corresponding examples with 49 still and 23 video images also achieved consensus. CONCLUSIONS: Our study provides a set of representative images that can help sonographers to understand false-positives in ultrasound scanning of synovitis and tenosynovitis.

    DOI: 10.3109/14397595.2015.1091123

    PubMed

    researchmap

  • MRI of rheumatoid arthritis:comparing the outcome measures in rheumatology clinical trials (OMERACT) scoring and volume of synovitis for the assessment of biologic therapy. 査読 国際誌

    Ryuichi Nakahara, Keiichiro Nishida, Kenzo Hashizume, Ryouzou Harada, Takahiro Machida, Masahiro Horita, Aiji Ohtsuka, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   69 ( 1 )   29 - 35   1905年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The outcome measures in rheumatology clinical trials (OMERACT) scores are the most mature quantitation system for rheumatoid arthritis (RA) on magnetic resonance imaging (MRI). Direct measuring techniques of synovial volume have been reported with good reproducibility, although few reports have demonstrated the changes of these measures in response to treatment. To assess these clinical responses, we evaluated the correlation of the changes of clinical activity score 28-joints disease activity score (DAS28-CRP) with the changes of OMERACT scores and with synovial volume measurements. Eight RA patients who were treated by biologic agents were examined with MRI of the dominant affected wrist and finger joints before and one year after the treatment. The total OMERACT score was reduced from 48.0 to 41.3, and synovial volume was reduced from 15.4 to 8.8 milliliters. Positive correlations were seen between the changes of DAS28-CRP and the changes of OMERACT synovitis score (r=0.27), OMERACT total score (r=0.43) and synovial volume (r=0.30). Limited to synovium assessment, synovial volume showed a better correlation with DAS28-CRP than the OMERACT synovitis score. On the other hand, the OMERACT total score showed a higher correlation with DAS28-CRP than synovial volume, probably because the OMERACT total score includes scores for bone erosion and bone edema as well.

    PubMed

    researchmap

  • Surgical treatment for congenital kyphosis correction using both spinal navigation and a 3-dimensional model. 査読 国際誌

    Yoshihisa Sugimoto, Masato Tanaka, Ryuichi Nakahara, Haruo Misawa, Toshiyuki Kunisada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   66 ( 6 )   499 - 502   1905年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An 11 year-old girl had 66 degrees of kyphosis in the thoracolumbar junction. For the purpose of planning for kyphosis correction, we created a 3-D, full-scale model of the spine and consulted spinal navigation. Three-dimensional models are generally used as tactile guides to verify the surgical approach and portray the anatomic relations specific to a given patient. We performed posterior fusion from Th10 to L3, and vertebral column resection of Th12 and L1. Screw entry points, directions, lengths and diameters were determined by reference to navigation. Both tools were useful in the bone resection. We could easily detect the posterior element to be resected using the 3D model. During the anterior bony resection, navigation helped us to check the disc level and anterior wall of the vertebrae, which were otherwise difficult to detect due to their depth in the surgical field. Thus, the combination of navigation and 3D models helped us to safely perform surgery for a patient with complex spinal deformity.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • BAPGAN: GAN-based Bone Age Progression of Femur and Phalange X-ray Images

    Shinji Nakazawa, Changhee Han, Joe Hasei, Ryuichi Nakahara, Toshifumi Ozaki

    2021年10月

     詳細を見る

    Convolutional Neural Networks play a key role in bone age assessment for
    investigating endocrinology, genetic, and growth disorders under various
    modalities and body regions. However, no researcher has tackled bone age
    progression/regression despite its valuable potential applications:
    bone-related disease diagnosis, clinical knowledge acquisition, and museum
    education. Therefore, we propose Bone Age Progression Generative Adversarial
    Network (BAPGAN) to progress/regress both femur/phalange X-ray images while
    preserving identity and realism. We exhaustively confirm the BAPGAN's clinical
    potential via Frechet Inception Distance, Visual Turing Test by two expert
    orthopedists, and t-Distributed Stochastic Neighbor Embedding.

    arXiv

    researchmap

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2110.08509v1

  • 人工知能による骨肉腫X線像読影システム

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 板野 拓人, 沖田 駿治, 三宅 孝昌, 杉本 佳久, 木浪 陽, 藤原 一夫, 臼井 正明, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 6 )   S1250 - S1250   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨折を伴ったリウマチ肘に対するPROSNAPを用いた人工肘関節全置換術の治療成績

    堀田 佳史, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   602 - 602   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節リウマチ患者滑膜におけるCD30の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 8 )   S1655 - S1655   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生物学的製剤とJAK阻害剤使用例の手術部位感染/創治癒遅延発生率の検討

    那須 義久, 木曽 洋平, 堀田 佳史, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   39 ( 3 )   229 - 229   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • AIを用いた関節リウマチの超音波動画評価

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 堀田 佳史, 品岡 玲, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   39 ( 3 )   192 - 192   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおけるADAM12の役割

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 松橋 美波, 堀田 佳久, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   39 ( 3 )   191 - 191   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 似て非なるリウマチ手と足の手術 関節リウマチに対する手指関節手術の現状

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   239 - 239   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リウマチ性疾患の画像 AIを用いた関節リウマチ超音波検査における同一画像自動検出

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   421 - 421   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • SBi silicone人工指関節(旧AVANTA)を用いたMCP人工関節置換術の治療成績

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    関節の外科   47 ( 2 )   93 - 93   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • リウマチ外科のアイデンティティー リウマチ肘・手関節手術の変化

    那須 義久, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 堀田 佳史, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    関節の外科   47 ( 2 )   76 - 76   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの滑膜細胞増殖におけるADAM12の役割

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   630 - 630   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リウマチ性疾患の基礎研究 CD30をターゲットとした関節リウマチ新規治療の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   521 - 521   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節リウマチによる高度拘縮肘に対するPROSNAP人工肘の使用経験

    那須 義久, 中原 龍一, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   184 - 184   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • CD30をターゲットとした新規リウマチ治療の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S152 - S152   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工知能を用いた超音波画像の同一画像自動検出

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S701 - S701   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂後AO/OTA分類の検者間および検者内信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 上原 健敬, 岡崎 勇樹, 松橋 美波, 出宮 光二, 横尾 賢, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S201 - S201   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 人工知能を用いた骨肉腫X線読影システム

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, 古田 桃子, 宮本 直, Choppin Antoine, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S148 - S148   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 解剖研究を通じた超音波による長母指屈筋副頭の検出方法の改善

    坂口和輝, 坂口和輝, 中原龍一, 百田龍輔, 小阪美津子, 品岡玲, 大塚愛二

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th   2020年

     詳細を見る

  • 関節超音波画像を用いた人工知能教育システムの報告

    中原 龍一, 長谷井 嬢, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 木曽 洋平, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   396 - 396   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 人工肘関節置換術後ゆるみを生じていた上腕骨コンポーネント周囲骨折に対し内固定術を行った1例

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   348 - 348   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • DARTS人工手関節の短期成績

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   321 - 321   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 人工知能による悪性骨腫瘍のレントゲン画像診断

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, 古田 桃子, 宮本 直, ショパン・アントワン, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   320 - 320   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術に対する術式別の臨床成績の比較

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   322 - 322   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • RA外側足趾に対する治療戦略 関節リウマチによる外側趾変形に対する中足骨遠位短縮骨切り術(スクリュー固定)

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   38 ( 3 )   232 - 232   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する人工指関節置換術の臨床成績 関節リウマチのMCP関節に対するシリコンインプラント形成術の臨床成績

    西田 圭一郎, 松橋 美波, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   38 ( 3 )   169 - 169   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節超音波画像を用いた人工知能研究システムの開発

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本関節病学会誌   38 ( 3 )   156 - 156   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節病学会  

    researchmap

  • 関節リウマチモデルマウスを用いたCD30阻害療法の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1850 - S1850   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞によるIL-1β誘導性蛋白分解酵素発現に対する脂肪由来抽出液の影響とその機序

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 佐伯 正典, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1933 - S1933   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Deep learningを用いた骨肉腫レントゲン検出システムの開発

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, 古田 桃子, 宮本 直, Choppin Antoine, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1879 - S1879   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの滑膜細胞増殖におけるADAM12の役割とmiRNA-29bによる制御

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 松橋 美波, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1740 - S1740   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リウマチ肩関節外科の現状と将来展望 解剖学的人工肩関節全置換術

    西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    関節の外科   46 ( 2 )   40 - 40   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • リウマチ肘における手術適応、手術法と将来展望 Unlinked TEAの利点と限界

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    関節の外科   46 ( 2 )   51 - 51   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本リウマチの外科学会  

    researchmap

  • 人工知能による骨肉腫X線診断ツールの開発

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, Choppin Antoine, 宮本 直, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 6 )   S1397 - S1397   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂前後AO/OTA分類の検者間信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 山川 泰明, 望月 雄介, 清野 正普, 斉藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾崎 敏文

    骨折   41 ( Suppl. )   S200 - S200   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 脊椎転移に対するRT後の脊椎不安定性の経時的変化

    中田 英二, 杉原 進介, 国定 俊之, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 6 )   S1481 - S1481   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 軟骨組織に対する濃縮脂肪由来抽出液の影響

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    移植   53 ( 6 )   379 - 379   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ手術後のPRO(ボディイメージ・抑うつ・機能)の改善は術前の疾患活動性に影響される

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   659 - 659   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者に対する連結型人工肘関節全置換術(PROSNAP)の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   638 - 638   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ診断における両手足造影MRI検査の有用性の検討

    松橋 美波, 中原 龍一, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   611 - 611   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • RA手術によるQOL向上のエビデンス QOLを高める手術のエビデンス 肩・肘

    那須 義久, 原田 遼三, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 尾崎 敏文

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   223 - 223   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部変形における外側趾中足骨短縮骨切りが外反母趾角に与える影響

    那須 義久, 松橋 美波, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S1115 - S1115   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 50歳未満の関節リウマチ患者に行った人工肘関節全置換術の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 那須 義久, 尾崎 敏文

    日本肘関節学会雑誌   26 ( 1 )   S138 - S138   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

    researchmap

  • リウマチ足の治療成績を左右する因子 関節リウマチ患者の前足部変形に対する手術における術式選択と治療成績の検討

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 林 充, 尾崎 敏文

    日本足の外科学会雑誌   39 ( Suppl. )   S286 - S286   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本足の外科学会  

    researchmap

  • 短母指伸筋腱の停止様式が母指ボタン穴変形発症に与える影響

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 尾崎 敏文, 中原 龍一, 那須 義久

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   291 - 291   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • プラクティカル講座 四肢関節疾患の超音波検査(後編)「関節の聴診器」を使いこなす 構造変化を捉えやすく穿刺も安全

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    日経メディカル   41 ( 10 )   119 - 122   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日経BP社  

    四肢関節疾患の診療で急速に普及している超音波検査。超音波診断装置の特徴や運用方法などを解説した前編に続き、後編では外来で遭遇しやすい関節疾患の超音波検査方法の実際を解説してもらう。 超音波検査の基本はBモードでの観察である。まずは、Bモード像で診断が比較的容易な疾患を紹介する。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://bizboard.nikkeibp.co.jp/houjin/cgi-bin/nsearch/md_pdf.pl/0000329016.pdf?NEWS_ID=0000329016&CONTENTS=1&bt=NM&SYSTEM_ID=HO

  • プラクティカル講座 四肢関節疾患の超音波検査(前編)機器の進歩で診断が容易に 構造だけでなく炎症の確認にも有用

    中原 龍一, 西田 圭一郎

    日経メディカル   41 ( 9 )   109 - 112   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日経BP社  

    近年、四肢関節疾患の分野でも超音波診断装置の活用が進んでいる。「関節の聴診器」として超音波診断装置を活用するための方法を、装置やプローブの選択の仕方も含めて解説してもらった。 四肢関節疾患における画像診断はこれまでX線検査が主体だったが、近年、外来診療における超音波検査が注目されている。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://bizboard.nikkeibp.co.jp/houjin/cgi-bin/nsearch/md_pdf.pl/0000327388.pdf?NEWS_ID=0000327388&CONTENTS=1&bt=NM&SYSTEM_ID=HO

  • 微小血管内皮下弾性線維構造とその血行動態との関係

    品岡玲, 百田龍輔, 小阪美津子, 内藤一郎, 中原龍一, 大塚愛二

    日本結合組織学会学術大会抄録集   43rd   2011年

     詳細を見る

  • マルチスライスCTを用いた解剖実習システムの構築の試み

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 大塚 愛二

    バイオイメージング   18 ( 2 )   120 - 121   2009年7月

     詳細を見る

  • 大腿骨近位部骨折に対する即時手術療法後のDVT発生率の検討

    中原 龍一, 土井 武, 小川 健一, 林 隆宏, 井代 愛, 宗友 和生

    骨折   29   S18   2007年5月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • AI を用いた画像評価 招待

    中原 龍一

    World Arthritis Day 特別企画 - 関節炎について考える - 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 整形外科医が知っておくべきリウマチ類似疾患 - 関節リウマチと変形性関節症 - 招待

    中原 龍一

    第32回日本整形外科超音波学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月17日 - 2021年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • AI を用いた3D エコーの開発 招待

    中原 龍一

    第32回日本整形外科超音波学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月17日 - 2021年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 関節エコー - 基本編 - 招待

    中原 龍一

    第31回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月4日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • リウマチ肘に対する PROSNAP 人工肘関節の短期成績

    堀田 佳史, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第31回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月4日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科のリウマチ外科治療の傾向

    那須 義久, 堀田 佳史, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第31回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月4日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節炎を契機に診断された強直性脊椎炎の1例

    山田 和希, 那須 義久, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AI による関節画像評価 招待

    中原 龍一

    関節リウマチ WEB シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 生物学的製剤と JAK 阻害剤使用例の手術部位感染/創治癒遅延発生率の検討

    那須 義久, 木曽 洋平, 堀田 佳史, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第48回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月30日 - 2020年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける ADAM 12の役割

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 松橋 美波, 堀田 佳史, 尾﨑 敏文

    第48回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月30日 - 2020年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AI を用いた関節リウマチの超音波動画評価

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 堀田 佳史, 品岡 玲, 尾﨑 敏文

    第48回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月30日 - 2020年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者滑膜における CD 30の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 整形外科と AI 招待

    中原 龍一

    第14回日本CAOS研究会 第26回日本最小侵襲整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月21日 - 2020年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • リウマチ外科への AI の活用 招待

    中原 龍一

    第49回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月11日 - 2020年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • リウマチ外科のアイデンティティー リウマチ肘・手関節手術の変化

    那須 義久, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 堀田 佳史, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第49回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月11日 - 2020年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • SBi silicone 人工指関節(旧 AVANTA)を用いた MCP 人工関節置換術の治療成績

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第49回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月11日 - 2020年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • AI を用いた関節リウマチ超音波検査における同一画像自動検出

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチの滑膜細胞増殖における ADAM 12の役割

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • CD 30をターゲットとした関節リウマチ新規治療の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 似て非なるリウマチ手と足の手術 関節リウマチに対する手指関節手術の現状

    那須 義久, 松橋 美波, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 人工知能を用いた超音波画像の同一画像自動検出

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CD 30 をターゲットとした新規リウマチ治療の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The recent trend of orthopaedic surgeries for rheumatoid arthritis. An analysis of 1569 cases from 2004 to 2019

    Hotta Y, Nasu Y, Nishida K, Matsuhashi M, Watanabe M, Nakahara R, Ozaki T

    EULAR 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月3日 - 2020年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Power Doppler score is useful to predict joint destruction of hand and wrist joint in rheumatoid arthritis patients

    Okita S, Nakahara R, Matsuhashi M, Watanabe M, Nasu Y, Nishida K, Ozaki T

    EULAR 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月3日 - 2020年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The role of ADAM12 upregulated proliferation of synovial membrane in rheumatoid arthritis

    Watanabe M, Nishida K, Nasu Y, Nakahara R, Matsuhashi M, Hotta Y, Ozaki T

    EULAR 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月3日 - 2020年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Anti-CD30 immunotherapy ameliorates bone and cartilage destruction in experimental model of rheumatoid arthritis in mice

    Matsuhashi M, Nishida K, Nasu Y, Nakahara R, Watanabe M, Hotta Y, Ozaki T

    EULAR 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月3日 - 2020年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Discordance between objective elbow assessment and patients reported outcomes (PROs) after total elbow arthroplasty in patients with Rheumatoid arthritis

    Harada R, Nishida K, Nasu Y, Nakahara R

    EULAR 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月3日 - 2020年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The recent incidence of surgical site infection and delayed wound healing after elective orthopaedic surgeries for patients with rheumatoid arthritis who treated with b/tsDMARDs

    Hotta Y, Nasu Y, Nishida K, Matsuhashi M, Watanabe M, Nakahara R, Ozaki T

    EULAR 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月3日 - 2020年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • RA 人工指関節置換術における silastic implant の術後成績

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第11回岡山手外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of a detection system for osteosarcoma radiographs using deep learning

    Hasei J, Nakahara R, Nakata E, Kunisada T, Ozaki T, Furuta M, Miyamoto T, Choppin A

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Anti-CD30 immunotherapy ameliorates synovial inflammation and joint destruction of collagen antibody-induced arthritis in mice

    Matsuhashi M, Nishida K, Nasu Y, Nakahara R, Ozaki T

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 解剖から理解する関節リウマチの手足変形のメカニズム 招待

    中原 龍一

    第15回鹿児島リウマチの臨床とケア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の TSS 入力の効率化の検討

    山本 渉, 原田 遼三, 中原 龍一, 高杉 幸司, 浅野 澄恵, 那須 義久, 西田 圭一郎, 江澤 和彦

    第30回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日 - 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における人工肩関節置換術の治療成績 - RA 例と OA 例の比較 -

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第30回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日 - 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • RA 肘に対する人工肘関節置換術の術後満足度に影響する因子

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第30回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日 - 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における骨粗鬆症治療の解析

    高杉 幸司, 江澤 和彦, 原田 遼三, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 藤田 慎一朗, 山本 渉, 新名 早季子

    第30回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日 - 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • AI を用いた超音波画像検査時間の短縮

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第30回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日 - 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工肘関節置換術後ゆるみを生じていた上腕骨コンポーネント周囲骨折に対し内固定術を行った1例

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術に対する術式別の臨床成績の比較

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工知能による悪性骨腫瘍のレントゲン画像診断

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, 古田 桃子, 宮本 直, ショパン・アントワン, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節超音波画像を用いた人工知能教育システムの報告

    中原 龍一, 長谷井 嬢, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 木曽 洋平, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DARTS 人工手関節の短期成績

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節超音波画像を用いた人工知能研究システムの開発

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第47回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチの MCP 関節に対するシリコンインプラント形成術の臨床成績

    西田 圭一郎, 松橋 美波, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第47回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチによる外側趾変形に対する中足骨遠位短縮骨切り術(スクリュー固定)

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第47回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチによる高度拘縮肘に対する PROSNAP 人工肘の使用経験

    那須 義久, 中原 龍一, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第27回岡山関節外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟骨細胞による IL-1β 誘導性蛋白分解酵素発現に対する脂肪由来抽出液の影響とその機序

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 佐伯 正典, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月17日 - 2019年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチの滑膜細胞増殖における ADAM12 の役割と miRNA-29b による制御

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月17日 - 2019年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチモデルマウスを用いた CD30 阻害療法の検討

    松橋 美波, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月17日 - 2019年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Deep learning を用いた骨肉腫レントゲン検出システムの開発

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, 古田 桃子, 宮本 直, ショパン・アントワン, 尾﨑 敏文

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月17日 - 2019年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Unlinked TEA の利点と限界

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第48回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月13日 - 2019年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 解剖学的人工肩関節全置換術

    西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第48回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月13日 - 2019年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 脊椎転移に対する RT 後の脊椎不安定性の経時的変化

    中田 英二, 杉原 進介, 国定 俊之, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第52回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月11日 - 2019年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工知能による骨肉腫 X 線診断ツールの開発

    長谷井 嬢, 中原 龍一, 中田 英二, 国定 俊之, ショパン・アントワン, 宮本 直, 尾﨑 敏文

    第52回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月11日 - 2019年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rasch 分析を用いた RA 患者における上肢機能評価の検討

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一

    第31回日本運動器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における人工肘関節置換術後の可動域訓練プログラム

    松山 宜之, 那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第31回日本運動器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上腕骨近位端骨折に対する改訂前後 AO/OTA 分類の検者間信頼性の比較検討

    近藤 宏也, 山川 泰明, 望月 雄介, 清野 正普, 齋藤 太一, 雑賀 建多, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第45回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of 3D ultrasonography system and its clinical application in orthopaedic surgery

    Nakahara R

    ICORS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月19日 - 2019年6月22日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Power doppler score is useful to predict radiographic progression in hand and wrist joint of rheumatoid arthritis

    Okita S, Nakahara R, Nishida K, Ozaki T

    ICORS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月19日 - 2019年6月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 深層学習を用いた画像解析の開発環境と問題点

    中原 龍一

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部変形における外側趾中足骨短縮骨切りが外反母趾角に与える影響

    那須 義久, 松橋 美波, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • QOL を高める手術のエビデンス:肩・肘

    那須 義久, 原田 遼三, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ手術後の PRO (ボディイメージ・抑うつ・機能)の改善は術前の疾患活動性に影響される

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The use of biologic disease-modifying anti-rheumatic drugs does not increase surgical site infection and delayed wound healing after orthopaedic surgeries for rheumatoid arthritis

    木曽 洋平, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者に対する連結型人工肘関節全置換術(PROSNAP)の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチの手変形のメカニズム 招待

    中原 龍一

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 関節リウマチの滑膜細胞増殖における ADAM12 の役割と miRNA-29b による制御

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ診断における両手足造影 MRI 検査の有用性の検討

    松橋 美波, 中原 龍一, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波ガイド下穿刺が診断治療に有用であった股関節偽痛風の2例

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 中原 龍一, 那須 義久, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 山本 渉

    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月15日 - 2019年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 整形外科領域における AI を用いた画像研究の始め方 招待

    中原 龍一

    第132回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月5日 - 2019年4月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 尺骨末端切除後に伸筋腱断裂を再発した関節リウマチの1例

    那須 義久, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第50回岡山リウマチ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下腿骨幹部骨折後変形治癒に対する 2D-fluoro navigation 併用矯正骨切り術の2例

    横尾 賢, 野田 知之, 山川 泰明, 中原 龍一, 内野 崇彦, 尾﨑 敏文

    第13回日本 CAOS 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月7日 - 2019年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工肘関節術後のスポーツ活動の現状と課題

    橋詰 謙三, 沖田 駿治, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 松橋 美波, 大森 敏規, 壺内 貢, 西田 圭一郎

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 50歳未満の関節リウマチ患者に行った人工肘関節全置換術の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第31回日本肘関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月8日 - 2019年2月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における術式別の TUG および JSSF-RA scale の検討とX線学的解析

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第29回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における音楽療法の患者主観的評価及び血清学的影響

    井上 貴絵, 藤田 慎一朗, 原田 遼三, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 山本 渉, 西田 圭一郎, 中原 龍一

    第29回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者に対する整形外科手術後における手術部位感染と創傷治癒遅延の発生率とリスク因子の解析

    木曽 洋平, 那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第29回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチによる手指伸筋腱断裂症例の患者背景 - 近年の傾向と薬物療法との関係 -

    那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第29回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生物学的製剤における関節破壊予防に関わる因子についての検討

    高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 原田 遼三, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 藤田 慎一朗, 山本 渉, 新名 早季子

    第29回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • RA における手のリハビリテーション

    松山 宜之, 中原 龍一, 松岡 玲衣, 藤岡 晃, 鍋倉 由佳, 小川 加苗, 岡 佳純, 秋山 千絵, 倉本 恵子, 那須 義久, 堅山 佳美, 西田 圭一郎, 千田 益生

    第33回日本臨床リウマチ学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月24日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する AVANTA と AVANTA preflex による小指 MP 人工指関節置換術の治療成績

    松橋 美波, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する MCP 関節人工関節置換術中に手関節部での腱処置剥離術を要した症例の検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における術式別の TUG および JSSF-RA scale の検討とX線学的解析

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • RA 手の障害に対する手指人工関節における角速度の術後経過

    松山 宜之, 中原 龍一, 松岡 玲衣, 藤岡 晃, 鍋倉 由佳, 小川 加苗, 岡 佳純, 那須 義久, 堅山 佳美, 西田 圭一郎, 千田 益生, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深層学習を用いた超音波画像の関節部位推定

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 沖田 駿治, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 那須 義久, 野田 知之

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける PD スコアの関節破壊予測能の検討

    沖田 駿治, 中原 龍一, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ外側趾 MTP 関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する手術における術式選択と治療成績の検討

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 大橋 秀基, 林 充, 尾﨑 敏文

    第43回日本足の外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月1日 - 2018年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける手指・手関節の超音波 PD スコアと関節破壊の関連

    沖田 駿治, 中原 龍一, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月11日 - 2018年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • LT-α 刺激による軟骨細胞由来 RANKL の発現亢進と破骨細胞分化促進効果

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 大橋 秀基

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月11日 - 2018年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波 3D 評価

    中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月11日 - 2018年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 濃縮脂肪由来抽出液による OA モデルラットの軟骨破壊抑制とその機序の解明

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月11日 - 2018年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチによる高度手関節破壊に対して人工手関節置換術を施行した2例

    那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第131回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月5日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟骨組織に対する濃縮脂肪由来抽出液の影響

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第37回日本運動器移植・再生医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Power Doppler score of hands and wrists is a strong predictor of radiographic progression of rheumatoid arthritis

    Okita S, Nakahara R, Matsuhashi M, Watanabe M, Kiso Y, Ohashi H, Nasu Y, Nishida K, Ozaki T

    APLAR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月6日 - 2018年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Recent Trends in Orthopaedic Surgery for Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis in Okayama University Hospital

    Matsuhashi M, Nasu Y, Watanabe M, Kiso Y, Okita S, Ohashi H, Nakahara R, Nishida K, Ozaki T

    APLAR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月6日 - 2018年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Adipose-derived extract suppresses IL-1β-induced protease expressions in human chondrocytes and ameliorates the cartilage destruction in experimental osteoarthritis in rats

    Ohashi H, Nishida K, Nasu Y, Nakahara R, Kiso Y, Okita S, Watanabe M, Matsuhashi M, Ozaki T

    APLAR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月6日 - 2018年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Incidence and Risk factor of Surgical Site Infection and Delayed Wound Healing after Orthopaedic Surgery in Rheumatoid Arthritis

    Kiso Y, Nasu Y, Matsuhashi M, Watanabe M, Okita S, Ohashi H, Nakahara R, Nishida K, Ozaki T

    APLAR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月6日 - 2018年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外側趾MTP関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 松橋 美波, 尾﨑 敏文

    第47回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月31日 - 2018年9月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における高度拘縮肘の治療経験

    松橋 美波, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第47回日本リウマチの外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月31日 - 2018年9月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • RA に対する人工手関節の2例

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第14回上肢外科サマーセミナー in Kasaoka 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍手術での三次元模型と術中ナビゲーションの有用性

    国定 俊之, 中田 英二, 中原 龍一, 長谷井 嬢, 尾﨑 敏文

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月12日 - 2018年7月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 上腕骨骨幹部骨折における最小侵襲プレート骨接合術 (MIPO) による手術治療

    島村 安則, 野田 知之, 山川 泰明, 齋藤 太一, 内野 崇彦, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第44回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • リウマチ性疾患治療中に発症し診断に難渋した手指屈筋腱腱鞘滑膜炎の3例

    沖田 駿治, 那須 義久, 松橋 美波, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第41回日本骨・関節感染症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者のボディイメージに対する手術治療の影響

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 林 充, 尾﨑 敏文

    第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月28日 - 2018年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 我が国での関節症診療における画像検査の位置づけ 招待

    中原 龍一

    Hokkaido image forum in Reumatology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する手術加療の傾向 - 初回手術例の患者背景 -

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単純X線足荷重位正面像における外側趾 MTP 関節背側脱臼の重症度スコア

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 短母指伸筋腱の停止様式が母指ボタン穴変形発症に与える影響

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ診療における超音波関節評価・検査時間の短縮の研究

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 3D プリンターの骨・軟部腫瘍手術への応用 - 三次元立体模型 -

    国定 俊之, 中田 英二, 中原 龍一, 長谷井 嬢, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における術式別の TUG および JSSF-RA scale の検討

    渡辺 雅仁, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ肘に対する Linked 人工肘関節 (PROSNAP) の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 疾患活動性からみた整形外科手術が患者 Body Image に与える影響

    西田 圭一郎, 小橋 靖子, 堀田 昌宏, 那須 義久, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • リウマチ上肢のリハビリと手術―人工肘関節置換術で社会的・精神的寛解をえられるか

    西田 圭一郎, 那須 義久, 小橋 靖子, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における骨格筋指数に及ぼす因子の検討

    藤田 慎一朗, 原田 遼三, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 山本 渉, 新名 早希子, 棗田 将光, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 動画画像を教師画像とした深層学習を用いた関節リウマチ患者の超音波画像自動分類

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 外側趾 MTP 関節背屈変形の重症度分類

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチの手術が患者のボディイメージに与える影響

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における Timed UP and GO (TUG) test を用いた下肢機能, QOL の検討

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 江澤 和彦, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 山本 渉

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチに対する MCP 関節人工関節置換術中に手関節部での腱剥離術を要した症例の検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • サルコイドーシスの手指関節病変に対して外科的治療を行った2例

    松橋 美波, 那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第49回岡山リウマチ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 短母指伸筋腱の停止様式が母指ボタン穴変形発症に与える影響

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第9回岡山手外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多関節障害の RA 者における TEA 術後のリハビリテーション介入

    藤岡 晃, 鍋倉 由佳, 小川 加苗, 松山 宜之, 岡 佳純, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎

    第4回Rheuma-rehabilitation懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢整形RA患者における術後SSI管理

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第32回日本臨床リウマチ学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月2日 - 2017年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Lymphotoxin-α は関節軟骨細胞において RANKL と血管新生誘導因子の発現を促進する

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾﨑 敏文

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ外側趾における 関節背屈変形の重症度と足底胼胝形成の関係

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾﨑 敏文

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける Time UP and GO ( TUG ) test を用いた下肢機能評価

    原田 遼三, 中原 龍一, 那須 義久, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 藤田 慎一郎, 井上 貴絵, 笠井 明子, 山本 渉

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リウマチ性疾患治療中に発症した中指屈筋腱化膿症性腱鞘滑膜炎の2例

    沖田 駿治, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における骨格筋指数に及ぼす因子の検討

    笠井 明子, 藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 原田 遼三, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 山本 渉, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における音楽療法の効果について

    井上 貴絵, 藤田 慎一朗, 笠井 明子, 原田 遼三, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦, 山本 渉, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチの前足部変形に対する第2~5中足骨短縮骨切り術後の外反母趾角変化

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における足長変化と患者立脚評価による臨床成績の検討

    木曽 洋平, 中原 龍一, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 大理石骨病の大腿骨骨折は治療に難渋する!

    清野 正普, 野田 知之, 山川 泰明, 小松原 将, 吉村 将秀, 望月 雄介, 出宮 光二, 横尾 賢, 中原 龍一, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第23回救急整形外傷シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月23日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深層学習を用いた関節リウマチ患者の超音波画像分類における動画データ利用

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ肘に対する linked 人工肘関節( PROSNAP )の治療成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Raschの分析を用いたRA患者における上肢機能評価の検討

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 竹下 歩, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 高杉 幸司, 藤森 美鈴, 江澤 和彦

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部変形における外側趾中足骨短縮骨切りが外反母趾角に与える影響

    那須 義久, 渡辺 雅仁, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における足長変化に関する検討

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中足骨遠位斜め骨切り短縮術を行った関節リウマチ外側趾の X 線学的経時変化

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 尾﨑 敏文

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 50歳未満の RA 患者に対する人工肘関節全置換術

    西田 圭一郎, 沖田 駿治, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 木曽 洋平, 尾﨑 敏文, 橋詰 謙三

    第45回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 軟骨分化制御による骨棘形成過程への ADAM12の関与

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 長谷井 嬢, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メカニカルストレスによる軟骨細胞における RANKL の発現

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 木曽 洋平, 渡辺 雅仁, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 軟骨細胞によるIL-1β誘導性蛋白分解酵素発現に対する脂肪由来抽出液の影響

    大橋 秀基, 那須 義久, 竹下 歩, 兼田 大輔, 木曽 洋平, 沖田 駿治, 渡辺 雅仁, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 思春期特発性側弯症における体幹体表変形の三次元的評価

    小田 孔明, 瀧川 朋亨, 中原 龍一, 宇川 諒, 塩崎 泰之, 杉本 佳久, 鉄永 倫子, 田中 雅人, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • High route 創外固定ピン至適挿入のための腸骨稜の形態学的検討

    横尾 賢, 野田 知之, 吉村 将秀, 内野 崇彦, 島村 安則, 中原 龍一, 小松原 将, 清野 正普, 望月 雄介, 山川 泰明, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • RA 軟骨における RANKL 発現とその誘導因子の検討

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深層学習を用いた自動学習に必要な教師画像数の検討 : 関節リウマチ患者の単純X線画像の自動学習

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 那須 義久, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ前足部手術における足長変化

    木曽 洋平, 那須 義久, 渡辺 雅仁, 沖田 駿治, 大橋 秀基, 竹下 歩, 兼田 大輔, 中原 龍一, 雑賀 建多, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第46回日本リウマチ外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月25日 - 2017年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 実物大 3D ボーンモデルを用いてプレートプレペンディングを行った変形大腿骨骨幹部骨折の1例

    山川 泰明, 杉生 和久, 釜付 祐輔, 中原 龍一, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第43回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鎖骨骨幹部骨折に対する最小侵襲プレート骨接合術(MIPO) - 患者適合型プレペンディング法による手術手技 -

    島村 安則, 野田 知之, 山川 泰明, 吉村 将秀, 内野 崇彦, 中道 亮, 島村 好信, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第43回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存水術の治療成績

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SAFE-Q を用いた関節リウマチ足部手術成績の評価

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ中後足部変形に対する選択的固定術の短・中期成績

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • High route 創外固定ピン至適挿入のための腸骨稜の形態学的検討

    吉村 将秀, 野田 知之, 内野 崇彦, 望月 雄介, 清野 正普, 小松原 将, 山川 泰明, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cedell's fracture の治療経験

    出宮 光二, 野田 知之, 島村 安則, 中原 龍一, 雑賀 建多, 山川 泰明, 堀田 昌宏, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リウマチ患者の body image に対する手術治療の影響

    西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 中原 龍一, 大橋 秀基, 竹下 歩, 兼田 大輔, 沖田 駿治, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチの罹病期間・疾患活動性と関節破壊 - modified Total Sharp Score と ARASHI score の比較検討 -

    那須 義久, 橋詰 謙三, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨盤輪損傷に対する術中 CT/3D ナビゲーション併用した経皮スクリュー固定の有用性

    望月 雄介, 杉本 和久, 吉村 将秀, 清野 正普, 島村 安則, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文, 野田 知之, 中原 龍一, 山川 泰明

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における足部障害の評価

    吉村 将秀, 雑賀 建多, 大橋 秀基, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ (RA) の手術が患者のボディイメージ (BI) に与える影響

    小橋 靖子, 西田 圭一郎, 堀田 昌宏, 那須 義久, 橋詰 謙三, 中原 龍一, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 50歳未満の比較的若年者に行った人工肘関節全置換術の臨床成績の検討

    沖田 駿治, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Patient-related elbow evaluation (PREE)による RA 人工肘関節置換術の臨床評価

    原田 遼三, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 棗田 将光, 山下 美鈴, 高杉 幸司, 斎藤 大輔, 江澤 和彦, 藤田 慎一朗, 竹本 美由紀, 山本 渉

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深層学習を用いた関節リウマチ患者単純X線写真の骨びらん解析 - 教師データの最適化 -

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トファシチニブ投与中に行った整形外科手術の周術期経過

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 原田 遼三, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における疾患活動性の維持と骨格筋量の関連性

    藤田 慎一朗, 棗田 将光, 山下 美鈴, 高杉 幸司, 斎藤 大輔, 江澤 和彦, 原田 遼三, 中原 龍一, 竹本 美由紀, 山本 渉, 西田 圭一郎

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 手術部位感染症と DMARDs の管理

    那須 義久, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 患者立脚型評価からみた RA 手術の有用性

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 小橋 靖子, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ (RA) 患者における足部・足関節手術と抑うつ傾向の関係性

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 小橋 靖子, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • RA 前足部手術における術式選択と治療成績の検討

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 原田 遼三, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 沖田 駿治, 尾﨑 敏文

    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 思春期特発性側弯症における3次元的体表測定の試み

    小田 孔明, 瀧川 朋亨, 中原 龍一, 宇川 諒, 塩崎 泰之, 鉄永 倫子, 杉本 佳久, 田中 雅人, 尾﨑 敏文

    第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月13日 - 2017年4月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Involovement of MicroRNA-29b-ADAM12-L axis in the process of chondrocyte hypertrophy and osteophyte formation in osteoarthritis

    Horita M, Nishida K, Hasei J, Furumatsu T, Kunisada T, Fujiwara T, Sakurai M, Miyazawa S, Nasu Y, Nakahara R, Ozaki T

    ORS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月19日 - 2017年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Resection versus joint-preserving arthroplasty for forefoot deformities in patients with rheumatoid arthritis

    Horita M, Machida T, Nakahara R, Nasu Y, Nishida K, Ohashi H, Ozaki T, Saiga K

    AAOS 2017 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月14日 - 2017年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 変形性関節症における骨棘形成への miR-29b を介した ADAM12の関与

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 長谷井 嬢, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 那須 義久, 中原 龍一, 竹下 歩, 兼田 大輔, 櫻井 美和, 国定 俊之, 尾﨑 敏文

    第30回日本軟骨代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月3日 - 2017年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • JACE 型人工肘関節置換術の適応と限界

    西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者における音楽療法による疼痛の変化と背景因子の検討

    井上 貴絵, 藤田 慎一朗, 山本 渉, 棗田 将光, 高杉 幸司, 山下 美鈴, 江澤 和彦, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日 - 2016年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 患者立脚型評価SAFE-Qの用いた関節リウマチ前足部手術における治療成績評価

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 中原 龍一, 雑賀 建多, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日 - 2016年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bone marrow edema syndrome の1例

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日 - 2016年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ中後足部変形に対する選択的固定術の治療成績

    大橋 秀基, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 尾﨑 敏文

    第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日 - 2016年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ( RA )症例における疾患活動性の維持と骨格筋量の関連性

    藤田 慎一朗, 井上 貴絵, 山本 渉, 棗田 将光, 山下 美鈴, 高杉 幸司, 江澤 和彦, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日 - 2016年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の前足部変形に対する切除関節形成術と関節温存手術の治療成績

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 橋詰 謙三, 那須 義久, 雑賀 建多, 中原 龍一, 町田 崇博, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 吉村 将秀, 尾﨑 敏文

    第24回岡山関節外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深層学習を用いた関節リウマチ患者の単純 X 線画像の自動評価

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第44回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日 - 2016年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非接触三次元計測器を用いた新たな可動域計測法の考案

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第44回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日 - 2016年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 足部疾患に対する足底装具の有効性

    大橋 秀基, 雑賀 建多, 兼田 大輔, 竹下 歩, 堀田 昌宏, 中原 龍一, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第44回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日 - 2016年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • RA における人工指関節置換術( AVANTA )の治療成績

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第44回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日 - 2016年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ症例の骨格筋量と疾患活動性及び栄養状態の関連性

    藤田 慎一朗, 山本 渉, 棗田 将光, 山下 美鈴, 高杉 幸司, 江澤 和彦, 篠田 潤子, 中原 龍一, 西田 圭一郎

    第31回 日本臨床リウマチ学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月29日 - 2016年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チーム医療で共有すべき外科的治療目標とはー上肢(肩・肘)の人工関節置換術

    西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 堀田 昌宏, 尾崎 敏文, 松山 宜之, 岡 佳純, 鍋倉 由佳, 坂口 和樹, 千田 益生, 小橋 靖子

    第31回 日本臨床リウマチ学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月29日 - 2016年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 3D 超音波の DICOM 出力による医療用ワークステーション解析

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT analysis for the safe zone of screw placement in posterior acetabular column

    吉村 将秀, 野田 知之, 内野 崇彦, 山川 泰明, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 小児下肢骨折に対する flexibie nailing の治療経験

    望月 雄介, 杉生 和久, 吉村 将秀, 清野 正普, 岡崎 良紀, 横尾 賢, 島村 安則, 雑賀 建多, 尾﨑 敏文, 野田 知之, 中原 龍一, 山川 泰明

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変形性関節症における骨棘形成に対する ADAM12 の関与

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 那須 義久, 中原 龍一, 藤原 智洋, 町田 崇博, 竹下 歩, 兼田 大輔, 前原 亜美, 櫻井 美和, 国定 俊之, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ軟骨での RANKL 発現とその誘導因子について

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 思春期特発性側弯症における背部体表変形の三次元的評価の試み

    小田 孔明, 瀧川 朋亨, 中原 龍一, 杉本 佳久, 荒瀧 慎也, 鉄永 倫子, 田中 雅人, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3T MRI におけるインプラント発熱因子の解析

    野田 知之, 中原 龍一, 白木 一史, 大野 誠一郎, 濱口 裕行, 松下 利, 田原 誠司, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3T MRI におけるインプラント発熱因子の解析

    野田 知之, 中原 龍一, 白木 一史, 大野 誠一郎, 濱口 裕行, 松下 利, 田原 誠司, 那須 義久, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3D 超音波の DICOM 出力による医療用ワークステーション解析

    中原 龍一, 西田 圭一郎, 那須 義久, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変形性関節症における骨棘形成に対する ADAM12 の関与

    堀田 昌宏, 西田 圭一郎, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 那須 義久, 中原 龍一, 藤原 智洋, 町田 孝博, 竹下 歩, 兼田 大輔, 前原 亜美, 桜井 美和, 国定 俊之, 尾﨑 敏文

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチ軟骨での RANKL 発現とその誘導因子について

    竹下 歩, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 兼田 大輔, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 思春期特発性側弯症における脊部体表変形の三次元評価の試み

    小田 孔明, 瀧川 朋亨, 中原 龍一, 杉本 佳久, 荒瀧 慎也, 鉄永 倫子, 田中 雅人, 尾﨑 敏文

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 短母指伸筋腱の停止位置の解剖学的変異と臨床的意義

    沖田 駿二, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 尾﨑 敏文

    第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月30日 - 2016年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチの診断・評価における画像検査のポイント

    那須 義久, 中原 龍一, 橋詰 謙三, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月30日 - 2016年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • タクロリムスは関節リウマチ患者の周術期感染症・創傷治癒遅延を増加させるか

    兼田 大輔, 西田 圭一郎, 那須 義久, 中原 龍一, 町田 崇博, 堀田 昌宏, 竹下 歩, 大橋 秀基, 尾﨑 敏文

    第45回リウマチの外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月26日 - 2016年8月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3D-CT による鎖骨の形態計測-前下方プレートに頭尾そく側方向のペンデイングは必要か-

    杉生 和久, 小松原 将, 吉村 将秀, 山川 泰明, 中原 龍一, 島村 安則, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第42回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月1日 - 2016年7月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT 計測による足関節内果の形態学的特徴

    吉村 将秀, 野田 知之, 小松原 将, 杉生 和久, 堀田 昌宏, 山川 泰明, 中原 龍一, 雑賀 建多, 島村 安則, 尾﨑 敏文

    第42回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月1日 - 2016年7月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Patient-reported outcome of upper extremity surgery for rheumatoid arthritis

    Kaneda D, Ohashi H, Takeshita A, Horita M, Machida T, Nakahara R, Nasu Y, Hashizume K, Nishida K, Ozaki T

    EULAR 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月8日 - 2016年6月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap