2022/04/15 更新

写真a

ヒシカワ トモヒト
菱川 朋人
HISHIKAWA Tomohito
所属
医歯薬学域 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2008年9月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学

 

論文

  • Incidence and clinical characteristics of spinal arteriovenous shunts: hospital-based surveillance in Okayama, Japan. 国際誌

    Masafumi Hiramatsu, Ryota Ishibashi, Etsuji Suzuki, Yuko Miyazaki, Satoshi Murai, Hiroki Takai, Yuji Takasugi, Yoko Yamaoka, Kazuhiko Nishi, Yu Takahashi, Jun Haruma, Tomohito Hishikawa, Takao Yasuhara, Masaki Chin, Shunji Matsubara, Masaaki Uno, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    Journal of neurosurgery. Spine   1 - 8   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: There have been no accurate surveillance data regarding the incidence rate of spinal arteriovenous shunts (SAVSs). Here, the authors investigate the epidemiology and clinical characteristics of SAVSs. METHODS: The authors conducted multicenter hospital-based surveillance as an inventory survey at 8 core hospitals in Okayama Prefecture between April 1, 2009, and March 31, 2019. Consecutive patients who lived in Okayama and were diagnosed with SAVSs on angiographic studies were enrolled. The clinical characteristics and the incidence rates of each form of SAVS and the differences between SAVSs at different spinal levels were analyzed. RESULTS: The authors identified a total of 45 patients with SAVSs, including 2 cases of spinal arteriovenous malformation, 5 cases of perimedullary arteriovenous fistula (AVF), 31 cases of spinal dural AVF (SDAVF), and 7 cases of spinal epidural AVF (SEAVF). The crude incidence rate was 0.234 per 100,000 person-years for all SAVSs including those at the craniocervical junction (CCJ) level. The incidence rate of SDAVF and SEAVF combined increased with advancing age in men only. In a comparative analysis between upper and lower spinal SDAVF/SEAVF, hemorrhage occurred in 7/14 cases (50%) at the CCJ/cervical level and in 0/24 cases (0%) at the thoracolumbar level (p = 0.0003). Venous congestion appeared in 1/14 cases (7%) at the CCJ/cervical level and in 23/24 cases (96%) at the thoracolumbar level (p < 0.0001). CONCLUSIONS: The authors reported detailed incidence rates of SAVSs in Japan. There were some differences in clinical characteristics of SAVSs in the upper spinal levels and those in the lower spinal levels.

    DOI: 10.3171/2021.7.SPINE21233

    PubMed

    researchmap

  • Genetic and nongenetic factors for contralateral progression of unilateral moyamoya disease: the first report from the SUPRA Japan Study Group. 国際誌

    Yohei Mineharu, Yasushi Takagi, Akio Koizumi, Takaaki Morimoto, Takeshi Funaki, Tomohito Hishikawa, Yoshio Araki, Hitoshi Hasegawa, Jun C Takahashi, Satoshi Kuroda, Kiyohiro Houkin, Susumu Miyamoto

    Journal of neurosurgery   1 - 10   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Although many studies have analyzed risk factors for contralateral progression in unilateral moyamoya disease, they have not been fully elucidated. The aim of this study was to examine whether genetic factors as well as nongenetic factors are involved in the contralateral progression. METHODS: The authors performed a multicenter cohort study in which 93 cases with unilateral moyamoya disease were retrospectively reviewed. The demographic features, RNF213 R4810K mutation, lifestyle factors such as smoking and drinking, past medical history, and angiographic findings were analyzed. A Cox proportional hazards model was used to find risk factors for contralateral progression. RESULTS: Contralateral progression was observed in 24.7% of cases during a mean follow-up period of 72.2 months. Clinical characteristics were not significantly different between 67 patients with the R4810K mutation and those without it. Cox regression analysis showed that the R4810K mutation (hazard ratio [HR] 4.64, p = 0.044), childhood onset (HR 7.21, p < 0.001), male sex (HR 2.85, p = 0.023), and daily alcohol drinking (HR 4.25, p = 0.034) were independent risk factors for contralateral progression. CONCLUSIONS: These results indicate that both genetic and nongenetic factors are associated with contralateral progression of unilateral moyamoya disease. The findings would serve to help us better understand the pathophysiology of moyamoya disease and to manage patients more appropriately.

    DOI: 10.3171/2021.3.JNS203913

    PubMed

    researchmap

  • An Evaluation of the Safety and Feasibility of Adenosine-assisted Clipping Surgery for Unruptured Cerebral Aneurysms: Study Protocol.

    Tomohito Hishikawa, Satoshi Murai, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Kazuhiko Nishi, Yuki Ebisudani, Yu Sato, Takao Yasuhara, Kenji Sugiu, Kazuyoshi Shimizu, Motomu Kobayashi, Koji Nakagawa, Aya Kimura-Ono, Katsuyuki Hotta, Hiroshi Morimatsu, Isao Date

    Neurologia medico-chirurgica   61 ( 7 )   393 - 396   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effectiveness of adenosine-induced flow arrest in surgical clipping for the cerebral aneurysms with difficulties in temporary clip placement to the proximal main trunk has been reported. This is the first clinical trial to evaluate the safety and feasibility of adenosine-assisted clipping surgery for unruptured cerebral aneurysms (UCAs) in Japan. The inclusion criteria are as follows: patients over 20 years old, patients who agree to be enrolled in this study after providing informed consent, patients who undergo clipping surgery for UCA in our institute, and patients in whom the surgeons (T.H. or I.D.) judge that decompression of the aneurysm is effective. The primary endpoint is a modified Rankin Scale (mRS) score 30 days after surgery. We plan to enroll 10 patients in this study. The original protocol of adenosine administration was established in this trial. Herein, we present the study protocol.

    DOI: 10.2176/nmc.st.2021-0018

    PubMed

    researchmap

  • Mobile endovascular therapy for acute treatment of ruptured vertebral artery dissecting aneurysm in multiple hospitals. 国際誌

    Naoya Kidani, Kenji Sugiu, Kaoru Terasaka, Hiroyuki Nakashima, Koji Tokunaga, Kazuki Kobayashi, Hirokazu Kambara, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Isao Date

    Acta neurochirurgica   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The patients with ruptured vertebral artery dissecting aneurysm (rVADA) should be treated as early as possible because VADA carries extremely high risk of rebleeding in the acute phase. We have established a mobile endovascular strategy for the patients with rVADA between our flagship center and its affiliated local hospitals. We introduced and reviewed our mobile endovascular therapy in this study. METHODS: We retrospectively evaluated 98 consecutive patients who underwent endovascular surgery for rVADA from 2000 to 2018 at our institution or five affiliated hospitals. When each patient was initially transported to the local affiliated hospitals, neuroendovascular surgeons traveled directly to the affiliated hospital from the flagship center in order to treat the patient there. Clinical outcomes using modified Rankin Scale at 6 months after treatment, radiological results, and procedure-related complications were reviewed to justify our mobile endovascular strategy. RESULTS: All aneurysms were cured successfully by internal trapping. Favorable outcome was achieved in 61 patients (62.2%) even though 53 patients (54.1%) had presented with severe subarachnoid hemorrhage. Overall mortality rate, treatment-related mortality rate, and treatment related complication rate were 18.4% (18/98), 0%, and 16% (16/98), respectively. There were no differences in clinical and radiological outcomes between the patients treated in the flagship center and those who treated in the affiliated hospitals. Treatment in the affiliated hospital was not a predictive factor of unfavorable outcome in our multivariate analysis, and elderly age (≥ 60) was negatively associated with favorable outcome. CONCLUSIONS: Our results prove the efficacy and safety of mobile endovascular therapy for the treatment of rVADA in the ultra-acute stage. Mobile endovascular therapy may work well in the acute treatment of rVADAs in the certain circumstance.

    DOI: 10.1007/s00701-021-04885-1

    PubMed

    researchmap

  • Trends in Incidence of Intracranial and Spinal Arteriovenous Shunts: Hospital-Based Surveillance in Okayama, Japan. 国際誌

    Satoshi Murai, Masafumi Hiramatsu, Etsuji Suzuki, Ryota Ishibashi, Hiroki Takai, Yuko Miyazaki, Yuji Takasugi, Yoko Yamaoka, Kazuhiko Nishi, Yu Takahashi, Jun Haruma, Tomohito Hishikawa, Takao Yasuhara, Masaki Chin, Shunji Matsubara, Masaaki Uno, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    Stroke   52 ( 4 )   1455 - 1459   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND PURPOSE: To date, the incidence of intracranial and spinal arteriovenous shunts has not been thoroughly investigated. We aimed to clarify recent trends in the rates of intracranial and spinal arteriovenous shunts in Japan. METHODS: We conducted multicenter hospital-based surveillance at 8 core hospitals in Okayama Prefecture between April 1, 2009 and March 31, 2019. Patients who lived in Okayama and were diagnosed with cerebral arteriovenous malformations, dural arteriovenous fistulas (DAVFs), or spinal arteriovenous shunts (SAVSs) were enrolled. The incidence and temporal trends of each disease were calculated. RESULTS: Among a total of 393 cranial and spinal arteriovenous shunts, 201 (51.1%) cases of DAVF, 155 (39.4%) cases of cerebral arteriovenous malformation, and 34 (8.7%) cases of SAVS were identified. The crude incidence rates between 2009 and 2019 were 2.040 per 100 000 person-years for all arteriovenous shunts, 0.805 for cerebral arteriovenous malformation, 1.044 for DAVF, and 0.177 for SAVS. The incidence of all types tended to increase over the decade, with a notable increase in incidence starting in 2012. Even after adjusting for population aging, the incidence of nonaggressive DAVF increased 6.0-fold while that of SAVS increased 4.4-fold from 2010 to 2018. CONCLUSIONS: In contrast to previous studies, we found that the incidence of DAVF is higher than that of cerebral arteriovenous malformation. Even after adjusting for population aging, all of the disease types tended to increase in incidence over the last decade, with an especially prominent increase in SAVSs and nonaggressive DAVFs. Various factors including population aging may affect an increase in DAVF and SAVS.

    DOI: 10.1161/STROKEAHA.120.032052

    PubMed

    researchmap

  • 小児もやもや病におけるribbon手技の有用性

    菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 杉生 憲志, 伊達 勲

    小児の脳神経   46 ( 2 )   200 - 200   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脳出血 招待

    平松匡文、春間 純、菱川朋人、杉生憲志、伊達 勲

    脳神経外科   49 ( 2 )   284 - 292   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 脳神経画像Critical Findings-おさえておきたい症状とCT/MRI画像所見 II おさえておきたいCT/MRI所見からの鑑別 脳出血

    平松匡文, 春間純, 菱川朋人, 杉生憲志, 伊達勲

    Neurological Surgery   49 ( 2 )   284 - 292   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1436204390

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【脳神経画像Critical Findings-おさえておきたい症状とCT/MRI画像所見】おさえておきたいCT/MRI所見からの鑑別 脳出血

    平松 匡文, 春間 純, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    Neurological Surgery   49 ( 2 )   284 - 292   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>Point ・脳出血急性期にCTAを撮影する意義は大きい.・CTAで二次的な脳出血を鑑別し,出血源が明らかであれば外科的治療を検討する.・単純CTやCTAで,血腫増大・再出血の危険因子となる所見を検出する必要がある.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20210406190012&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436204390&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436204390&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • くも膜下出血後の早期脳障害における皮質脱分極と細胞外グルタミン酸濃度の関係

    村井 智, 菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 史, 伊達 勲

    脳血管攣縮   36   133 - 133   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Osseous arteriovenous fistulas in the dorsum sellae, clivus, and condyle. 国際誌

    Masafumi Hiramatsu, Kenji Sugiu, Jun Haruma, Tomohito Hishikawa, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Kazuhiko Nishi, Yoko Yamaoka, Isao Date

    Neuroradiology   63 ( 1 )   133 - 140   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Arteriovenous fistulas (AVFs) located in the cavernous sinus (CS), clivus, and condyle can be osseous shunts in nature. Here, we reviewed the angioarchitecture, clinical characteristics, and treatment results of AVFs in these lesions. METHODS: Twenty-five patients with 27 lesions who underwent rotational angiography in our department between May 2013 and December 2019 were reviewed. We examined 20 CS AVFs, 2 clival AVFs, and 5 condylar AVFs. We divided the anatomical shunted pouches into five locations: the dorsum sellae (posteromedial of the CS), posterolateral wall of the CS, lateral wall of the CS, clivus, and condyle. We divided the AVFs into three categories: intraosseous, transitional, and nonosseous shunts. We analyzed the characteristics and treatment results. RESULTS: A total of 33 shunted pouches or points were identified in 27 lesions. The dorsum sellae (n = 16) was the most frequent location. Fourteen AVFs (88%) in the dorsum sellae were osseous (intraosseous or transitional) shunts. All AVFs in the clivus or condyle were also osseous shunts. Eleven lesions (92%) of intraosseous and all lesions of transitional shunts exhibited bilateral external carotid artery involvement as feeders. Ten lesions (83%) of intraosseous shunts were treated with selective transvenous embolization of the shunted pouch with or without additional partial embolization of the sinus. Eleven (92%) intraosseous shunts were completely occluded, and symptom resolution was achieved in all intraosseous shunts. CONCLUSION: Most of the CS AVFs with shunted pouches in the dorsum sellae and all of the AVFs in the clivus and condyle share similar characteristics.

    DOI: 10.1007/s00234-020-02506-9

    PubMed

    researchmap

  • 当院における80歳以上高齢者における未破裂脳動脈瘤治療の検討

    春間純, 杉生憲志, 胡谷佑貴, 佐藤悠, 西和彦, 山岡陽子, 村井智, 高橋悠, 平松匡文, 菱川朋人, 伊達勲

    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集   34th (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

  • Slab MIP画像を用いた蝶形骨縁・嗅窩部髄膜腫動脈解剖の解析

    平松匡文, 杉生憲志, 菱川朋人, 春間純, 高橋悠, 村井智, 藤井謙太郎, 亀田雅博, 黒住和彦, 伊達勲

    日本脳神経CI学会総会プログラム・抄録集(Web)   44th   2021年

     詳細を見る

  • 80歳以上の超高齢者脊椎脊髄症例に対する手術をいかに安全に行うか:周術期管理センターの有用性

    安原隆雄, 菱川朋人, 藤井謙太郎, 森松博史, 伊達勲

    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集   34th (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

  • Dural arteriovenous fistulas in the parasellar region other than the cavernous sinus 査読 国際誌

    Hiramatsu M, Sugiu K, Haruma J, Hishikawa T, Takahashi Y, Murai S, Nishi K, Yamaoka Y, Date I

    Journal of Neuroendovascular Therapy   14 ( 12 )   593 - 604   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Detailed arterial anatomy and its anastomoses of the sphenoid ridge and olfactory groove meningiomas with special reference to the recurrent branches from the ophthalmic artery

    M. Hiramatsu, K. Sugiu, T. Hishikawa, J. Haruma, Y. Takahashi, S. Murai, K. Nishi, Y. Yamaoka, Y. Shimazu, K. Fujii, M. Kameda, K. Kurozumi, I. Date

    American Journal of Neuroradiology   41 ( 11 )   2082 - 2087   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and Purpose: Detailed arterial anatomy of the sphenoid ridge and olfactory groove meningiomas is complicated due to the fine angioarchitecture and anastomoses between each feeder. Herein, we present details of the arterial anatomy and the relationships of feeders in these lesions. Materials and Methods: This study included 20 patients admitted to our department between April 2015 and March 2020. Conditions of subjects consisted of 16 sphenoid ridge meningiomas and 4 olfactory groove meningiomas. We mainly analyzed arterial anatomy using 3D rotational angiography and slab MIP images of these lesions. We also analyzed the anastomoses of each feeder. Results: We found that 19 (95%), 15 (75%), and 15 (75%) lesions had feeders from the ophthalmic, internal carotid, and external carotid arteries, respectively. As feeders from the ophthalmic artery, recurrent meningeal arteries were involved in 18 lesions (90%). Fifteen lesions (75%) had anastomoses between each feeder. Conclusions: Most of the meningiomas in the sphenoid ridge and olfactory groove had feeders from the ophthalmic and internal carotid arteries. There were various anastomoses between each feeder. This is the first report to demonstrate the detailed arterial anatomy and frequency of recurrent branches from the ophthalmic artery and their anastomoses using detailed imaging techniques.

    DOI: 10.3174/ajnr.A6790

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ラット中大脳動脈閉塞モデルにおけるcrossed cerebellar diaschisis

    西 和彦, 木谷 尚哉, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 安原 隆雄, 平松 匡文, 西廣 真吾, 高橋 悠, 村井 智, 山岡 陽子, 佐藤 悠, 胡谷 侑貴, 伊達 勲

    脳循環代謝   32 ( 1 )   125 - 125   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 破裂解離性動脈瘤の母血管温存治療の中長期成績

    杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高橋 悠, 村井 智, 山岡 陽子, 西 和彦, 胡谷 侑貴, 佐藤 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   16 - 16   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • くも膜下出血後の早期脳障害においてspreading depolarizationと細胞外グルタミン酸濃度が与える影響

    佐藤 悠, 村井 智, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高橋 悠, 西 和彦, 山岡 陽子, 胡谷 侑貴, 杉生 憲志, 武田 吉正, 伊達 勲

    脳循環代謝   32 ( 1 )   127 - 127   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • Posterior Condylar Canal硬膜動静脈瘻に対して経静脈的塞栓術を行った1例

    河内 哲, 平松 匡文, 杉生 憲志, 山岡 陽子, 西 和彦, 村井 智, 高橋 悠, 春間 純, 菱川 朋人, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( 4 )   155 - 160   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    【目的】経静脈的塞栓術にて治療したposterior condylar canal(PCC)近傍の硬膜動静脈瘻を経験したので報告する.【症例】60代男性.持続的な拍動性耳鳴を主訴に受診.脳血管撮影にて上行咽頭動脈,後頭動脈からのfeederがPCC前方の骨内shunted pouchに流入し,左posterior condylar vein(PCV)に流出していた.局所麻酔下にshunted pouchからPCV内を経静脈的に塞栓し,術後に合併症は認めなかった.【結語】PCC近傍の硬膜動静脈瘻は稀であるが,その診断および治療には解剖学的理解および3次元回転撮影の再構成が非常に有用であった.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J06751&link_issn=&doc_id=20201127220001&doc_link_id=%2Fcf5nokec%2F2020%2F000504%2F001%2F0155-0160%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcf5nokec%2F2020%2F000504%2F001%2F0155-0160%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 頸部内頸動脈のfenestrationと頸部内頸動脈解離を併発した一例

    枝木 久典, 春間 純, 西 和彦, 山岡 陽子, 高橋 悠, 平松 匡文, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   120 - 120   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 右上腕動脈アプローチでの左内頸動脈選択可否の検討

    佐藤 悠, 春間 純, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 胡谷 侑貴, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   123 - 123   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Cone-beam CT fusion画像を用いたflow diverter留置後の経時的変化の検討

    胡谷 侑貴, 春間 純, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 佐藤 悠

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   51 - 51   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 硬膜動静脈瘻の経静脈的塞栓術に対する内頸静脈直接穿刺の有用性

    木村 颯, 春間 純, 菱川 朋人, 胡谷 侑貴, 佐藤 悠, 西 和彦, 村井 智, 高橋 悠, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   87 - 87   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂前大脳動脈-副中大脳動脈分岐部動脈瘤に対しコイル塞栓術を施行した1例

    西 和彦, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高橋 悠, 村井 智, 山岡 陽子, 佐藤 悠, 胡谷 侑貴, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   46 - 46   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当院でのFlow diverterを用いた血管内治療成績の検討

    春間 純, 杉生 憲志, 胡谷 侑貴, 佐藤 悠, 西 和彦, 山岡 陽子, 村井 智, 高橋 悠, 平松 匡文, 菱川 朋人, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   47 - 47   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 軟骨性骨に発生したosseous arteriovenous fistulaの特徴と治療

    平松 匡文, 杉生 憲志, 春間 純, 菱川 朋人, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   52 - 52   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Terminal type動脈瘤に対するsingle neck-bridging techniqueの適応と限界

    村井 智, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高橋 悠, 西 和彦, 山岡 陽子, 佐藤 悠, 胡谷 侑貴, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   42 - 42   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 複雑な中大脳動脈瘤に対する血管内治療の有用性

    菱川 朋人, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   5 ( Suppl. )   25 - 25   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Detection of the common origin of the radiculomedullary artery with the feeder of spinal dural arteriovenous fistula using slab maximum intensity projection image. 国際誌

    Masafumi Hiramatsu, Kenji Sugiu, Takao Yasuhara, Tomohito Hishikawa, Jun Haruma, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Kazuhiko Nishi, Yoko Yamaoka, Isao Date

    Neuroradiology   62 ( 10 )   1285 - 1292   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Endovascular therapy to the spinal dural arteriovenous fistula (SDAVF) with a common origin of the radiculomedullary artery and the feeder of the shunt has the risk of spinal cord infarction. This study aimed to retrospectively assess the detection rate of normal spinal arteries from the feeder of SDAVF. METHODS: We retrospectively collected the angiographic and clinical data of SDAVFs. This study included 19 patients with 20 SDAVF lesions admitted to our department between January 2007 and December 2018. We assessed the detection rate of normal radiculomedullary artery branched from the feeder of SDAVF between the period using the image intensifier (II) and flat panel detector (FPD) and evaluated the treatment results. RESULTS: The detection rates of the radiculomedullary artery branched from the feeder of SDAVF were 10% (1/10 lesions) during the II period and 30% (3/10 lesions) during the FPD period. During the FPD period, all normal radiculomedullary arteries branched from the feeder were only detected on slab maximum intensity projection (MIP) images of rotational angiography, and we could not detect them in 2D or 3D digital subtraction angiography. All lesions that had a common origin of a normal radiculomedullary artery and the feeder were completely obliterated without complications. There was no recurrence during the follow-up period. CONCLUSIONS: The flat panel detector and slab MIP images seem to show the common origin of the normal radiculomedullary arteries from the feeder more accurately. With detailed analyses, SDAVF can be safety treated.

    DOI: 10.1007/s00234-020-02466-0

    PubMed

    researchmap

  • 【良性脳腫瘍】頭蓋内腫瘍塞栓術の役割と可能性

    杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 胡谷 侑貴, 佐藤 悠, 藤井 謙太郎, 伊達 勲

    脳神経外科ジャーナル   29 ( 8 )   543 - 552   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    脳腫瘍塞栓術は多くの場合開頭術前の補助療法であり安全性が重要である。当科での過去12年間169塞栓術で、恒久的合併症は1例(0.6%)であった。外頸動脈を主栄養血管とする髄外腫瘍(髄膜腫)の塞栓術は安全だが、血管芽腫などの髄内腫瘍では合併症の危険性は高くなる。合併症として、術後腫瘍内出血、塞栓物質の神経栄養血管への迷入による脳神経麻痺や視障害、および脳梗塞などがあるが、十分な血管機能解剖の知識と技術をもってすればその多くは回避できる。術前塞栓術の有用性は知られているが、摘出術への貢献を科学的に証明することは困難である。当科では一貫して開頭術者が術前塞栓を依頼しており、有効性の表れと感じている。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J02632&link_issn=&doc_id=20200803230002&doc_link_id=130007890362&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007890362&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Cerebellar Blood Flow and Gene Expression in Crossed Cerebellar Diaschisis after Transient Middle Cerebral Artery Occlusion in Rats. 国際誌

    Naoya Kidani, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Shingo Nishihiro, Kyohei Kin, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Takao Yasuhara, Ikuko Miyazaki, Masato Asanuma, Isao Date

    International journal of molecular sciences   21 ( 11 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Crossed cerebellar diaschisis (CCD) is a state of hypoperfusion and hypometabolism in the contralesional cerebellar hemisphere caused by a supratentorial lesion, but its pathophysiology is not fully understood. We evaluated chronological changes in cerebellar blood flow (CbBF) and gene expressions in the cerebellum using a rat model of transient middle cerebral artery occlusion (MCAO). CbBF was analyzed at two and seven days after MCAO using single photon emission computed tomography (SPECT). DNA microarray analysis and western blotting of the cerebellar cortex were performed and apoptotic cells in the cerebellar cortex were stained. CbBF in the contralesional hemisphere was significantly decreased and this lateral imbalance recovered over one week. Gene set enrichment analysis revealed that a gene set for "oxidative phosphorylation" was significantly upregulated while fourteen other gene sets including "apoptosis", "hypoxia" and "reactive oxygen species" showed a tendency toward upregulation in the contralesional cerebellum. MCAO upregulated the expressions of nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (Nrf2) and heme oxygenase-1 (HO-1) in the contralesional cerebellar cortex. The number of apoptotic cells increased in the molecular layer of the contralesional cerebellum. Focal cerebral ischemia in our rat MCAO model caused CCD along with enhanced expression of genes related to oxidative stress and apoptosis.

    DOI: 10.3390/ijms21114137

    PubMed

    researchmap

  • Correction to: High‑Mobility Group Box‑1‑Induced Angiogenesis After Indirect Bypass Surgery in a Chronic Cerebral Hypoperfusion Model. 国際誌

    Shingo Nishihiro, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Yusuke Higaki, Takao Yasuhara, Cesario V Borlongan, Isao Date

    Neuromolecular medicine   22 ( 2 )   332 - 333   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The original version of this article unfortunately contained a mistake. Figure 5a, b were incorrect. The correct figures are given below.

    DOI: 10.1007/s12017-020-08594-3

    PubMed

    researchmap

  • 医局長クラスが語る、脳神経外科医の「働き方改革」(後編)(Case Study編)

    大宅 宗一, 荒川 芳輝, 榎本 由貴子, 遠藤 英徳, 菱川 朋人, 安田 宗義

    脳神経外科速報   30 ( 5 )   490 - 497   2020年5月

  • Safety and efficacy of staged angioplasty for patients at risk of hyperperfusion syndrome: a single-center retrospective study. 国際誌

    Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Shingo Nishihiro, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Kazuhiko Nishi, Yoko Yamaoka, Isao Date

    Neuroradiology   62 ( 4 )   503 - 510   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Intracranial hemorrhage following hyperperfusion syndrome (HPS) is a rare but potentially fatal complication after carotid artery stenting (CAS). Staged angioplasty (SAP) is a two-stage form of CAS that can prevent the abrupt increase of cerebral blood flow. In this study, we investigated the safety and efficacy of SAP. METHODS: One hundred thirty-four patients who underwent CAS for high-grade carotid artery stenosis between January 2010 and December 2018 were enrolled. Patients who showed severe impairment of hemodynamic reserve in 123I-IMP SPECT with acetazolamide received SAP (SAP group), while the others received regular CAS (RS group). RESULTS: Twenty-six (19.4%) patients at risk for HPS received SAP. HPS was not observed in either group. Diffusion-weighted image (DWI)-positive lesions on postoperative MRI were observed in 56 (52.3%) cases in the RS group and 16 (64.0%) cases in the SAP group. Symptomatic procedure-related complications occurred in 5 (4.6%) cases in the RS group and 1 (3.8%) case in the SAP group. These differences were not statistically significant. Modified Rankin Scale score had declined 30 days after discharge in 4 (3.0%) cases. Distal filter protection was significantly correlated to the occurrence of new DWI-positive lesions. CONCLUSIONS: For patients at high risk of HPS, SAP was a reasonable treatment strategy to prevent HPS. SAP did not increase the rate of DWI-positive lesions or procedure-related complications compared with regular CAS.

    DOI: 10.1007/s00234-019-02343-5

    PubMed

    researchmap

  • 【本音で語ろう、脳神経外科のリアルワールド-これからの生き方、学び方、働き方を考える】医局長クラスが語る、脳神経外科医の「働き方改革」(前編:Q&A編)

    大宅 宗一, 荒川 芳輝, 榎本 由貴子, 遠藤 英徳, 菱川 朋人, 安田 宗義

    脳神経外科速報   30 ( 4 )   342 - 353   2020年4月

  • 【本音で語ろう、脳神経外科のリアルワールド-これからの生き方、学び方、働き方を考える】より良く生き、学び、働くための処方箋 英語論文の着眼点と書き方

    菱川 朋人

    脳神経外科速報   30 ( 4 )   358 - 361   2020年4月

  • Precise MEP monitoring with a reduced interval is safe and useful for detecting permissive duration for temporary clipping. 国際誌

    Masahiro Kameda, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Takao Yasuhara, Kazuhiko Kurozumi, Isao Date

    Scientific reports   10 ( 1 )   3507 - 3507   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although temporary clipping of the parent artery is an indispensable technique in clipping surgery for intracranial aneurysms, the permissive duration of temporary clipping is still not well known. The aim of this study is to confirm the safety of precise motor evoked potential (MEP) monitoring and to estimate the permissive duration of temporary clipping for middle cerebral artery (MCA) aneurysm based on precise MEP monitoring results. Under precise MEP monitoring via direct cortical stimulation every 30 seconds to 1 minute, surgeons released a temporary clip and waited for MEP amplitude to recover following severe (>50%) reduction of MEP amplitude during temporary clipping. Precise MEP monitoring was safely performed. Twenty-eight instances of temporary clipping were performed in 42 MCA aneurysm clipping surgeries. Because precise MEP monitoring could be used to determine when to release a temporary clip even with a severe reduction in MEP amplitude due to lengthy temporary clipping, no patients experienced permanent postoperative hemiparesis. Based on logistic regression analysis, if a temporary clip is applied for 312 seconds or more, there is a higher probability of a severe reduction in MEP amplitude. We should therefore release temporary clips after 5 minutes in order to avoid permanent postoperative hemiparesis.

    DOI: 10.1038/s41598-020-60377-9

    PubMed

    researchmap

  • Study protocol of a Phase I/IIa clinical trial of Ad-SGE-REIC for treatment of recurrent malignant glioma. 国際誌

    Kazuhiko Kurozumi, Kentaro Fujii, Yosuke Shimazu, Yusuke Tomita, Tatsuya Sasaki, Takao Yasuhara, Tomohito Hishikawa, Masahiro Kameda, Hiromi Kumon, Isao Date

    Future oncology (London, England)   16 ( 6 )   151 - 159   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant glioma is one of the most common brain cancers in humans, which is very devastating. The expression of reduced expression in immortalized cells/Dickkopf-3 (REIC/Dkk-3) is decreased in various human cancers. Lately, we have developed a novel second-generation adenoviral vector that expresses REIC/Dkk-3 (Ad-SGE-REIC) and revealed its antiglioma efficacy. The present investigator-initiated clinical trial is a single-arm, prospective, nonrandomized, noncomparative, open-label, single-center trial performed at Okayama University Hospital, Okayama, Japan. The primary end points are dose-limiting toxicities and the incidence of adverse events. The secondary end points are the objective response rate and immunological assessment. Use of Ad-SGE-REIC will help to improve the prognosis of patients with malignant brain tumors.

    DOI: 10.2217/fon-2019-0743

    PubMed

    researchmap

  • 【ナースが知りたい 脳神経外科手術とケアのポイント】(chapter1)開頭手術とケアのポイント クリッピング術

    菱川 朋人

    Brain Nursing   ( 2020春季増刊 )   32 - 41   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 高脂肪食投与ラットにおける脳組織及び頭蓋内血管とHMGB1との関連

    高橋 悠, 劉 克約, 村井 智, 木谷 尚哉, 西廣 真吾, 平松 匡文, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲, 西堀 正洋

    脳血管攣縮   35   96 - 96   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • 破裂椎骨動脈解離性動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術

    西 和彦, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高橋 悠, 村井 智, 山岡 陽子, 伊達 勲

    Neurosurgical Emergency   24 ( 3 )   365 - 365   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経外科救急学会  

    researchmap

  • 脳血管攣縮に対する薬物療法と髄液管理の治療成績

    菱川 朋人, 村井 智, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   35   16 - 19   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    2003年1月〜2018年9月に発症72時間以内に外科治療を行った脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血115例(男48例、女67例、年齢中央値65歳)を対象とした。2003〜2009年の53例(前期)は動脈瘤の部位・重症度・年齢でクリップとコイルを選択していたが、2010〜2018年の62例(後期)はコイルファーストの治療を行った。症候性脳血管攣縮を27例(24%)に、脳血管攣縮による脳梗塞を14例(12%)に認めた。症候性脳血管攣縮のリスク評価を多変量解析した結果、75歳以上が有意なリスク因子であり、腰椎ドレナージは有意に症候性脳血管攣縮の発生を抑制した。症候性脳血管攣縮の頻度は前期38%、後期11%であり、後期で有意に少なかった。各期の多変量解析で前期では75歳以上が有意なリスクであり、後期は腰椎ドレナージが有意に症候性脳血管攣縮の発生を抑制していた。脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対する外科治療の基本管理は腰椎ドレナージが推奨されることが示唆された。

    researchmap

  • くも膜下出血超急性期における皮質脱分極と細胞外グルタミン酸濃度が脳障害に与える影響

    村井 智, 菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳血管攣縮   35   97 - 97   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • 経時的3DDSA fusion画像で仮性動脈瘤の位置を同定しtarget embolizationを行い得た破裂AVMの1例 査読

    村井 智、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、西廣真吾、木谷尚哉、高橋 悠、伊達 勲

    脳神経外科速報   48 ( 1 )   39 - 45   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • [A Case of Ruptured Arteriovenous Malformation Successfully Treated with Target Embolization for Pseudoaneurysm Detected Using Chronological Three-dimensional Digital Subtraction Angiography Fusion Images].

    Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Shingo Nishihiro, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   48 ( 1 )   39 - 45   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We herein report a case of ruptured arterio-venous malformation(AVM)detected using three-dimensional digital subtraction angiography(3DDSA)fusion images and successfully treated with target embolization for pseudoaneurysm. A 50-year-old man with a history of AVM was admitted to our department for the treatment of ruptured high-grade AVM in the right parietal lobe. Although a bleeding point was not evident on DSA, the patient had re-rupture in the right ventricle, one month after admission. Chronological 3DDSA fusion images generated from 3DDSA images taken on admission and after re-rupture revealed a newly visualized intranidal pseudoaneurysm near a hematoma. Contrast-enhanced magnetic resonance imaging showed vessel wall enhancement along the posterior horn of the right ventricle;this enhancement corresponded to the location of the pseudoaneurysm. We planned target embolization for the intranidal pseudoaneurysm to prevent re-bleeding. The origin of the feeder was so steep that a microcatheter could not be advanced deeply, and embolization with 20% n-butyl-2-cyanoacrylate resulted in proximal occlusion. Follow-up angiography 1 week after embolization showed complete disappearance of the pseudoaneurysm, and the patient had no recurrence of aneurysm until one year.

    DOI: 10.11477/mf.1436204131

    PubMed

    researchmap

  • Metal artifact reduction algorithm for image quality improvement of cone-beam CT images of medium or large cerebral aneurysms treated with stent-assisted coil embolization. 国際誌

    Satoshi Murai, Masafumi Hiramatsu, Yuji Takasugi, Yu Takahashi, Naoya Kidani, Shingo Nishihiro, Yukei Shinji, Jun Haruma, Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Isao Date

    Neuroradiology   62 ( 1 )   89 - 96   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The aim of the present study was to assess image quality improvement using a metal artifact reduction (MAR) algorithm in cases of medium or large cerebral aneurysms treated with stent-assisted coil embolization (SAC), and to analyze factors associated with the usefulness of the MAR algorithm. METHODS: We retrospectively evaluated the cone-beam computed tomography (CBCT) data sets of 18 patients with cerebral aneurysms treated with SAC. For subjective analysis, images of all cases with and without MAR processing were evaluated by five neurosurgeons based on four criteria using a five-point scale. For objective analysis, the CT values of all cases with and without MAR processing were calculated. In addition, we assessed factors associated with the usefulness of the MAR by analyzing the nine cases in which the median score for criterion 1 improved by more than two points. RESULTS: MAR processing improved the median scores for all four criteria in 17/18 cases (94.4%). Mean CT values of the region of interest at the site influenced by metal artifacts were significantly reduced after MAR processing. The maximum diameter of the coil mass (< 17 mm; odds ratio [OR], 4.0; 95% confidence interval [CI], 1.2-13.9; p = 0.02) and vessel length covered by metal artifacts (< 24 mm; OR, 2.3; 95% CI, 1.1-4.7; p = 0.03) was significantly associated with the usefulness of the MAR. CONCLUSIONS: This study suggests the feasibility of a MAR algorithm to improve the image quality of CBCT images in patients who have undergone SAC for medium or large aneurysms.

    DOI: 10.1007/s00234-019-02297-8

    PubMed

    researchmap

  • 経時的3DDSA fusion画像で仮性動脈瘤の位置を同定しtarget embolizationを行い得た破裂AVMの1例

    村井 智, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 伊達 勲

    Neurological Surgery   48 ( 1 )   39 - 45   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例は50歳男性で、脳室内出血にて紹介搬送された。頭部CTで右側脳室内出血、右頭頂葉に5cm大のdiffuseなnidusを伴うSpetzler-Martin Grade IVの脳動静脈奇形を認め、MRIでは右側脳室後角近傍の血腫を確認した。塞栓術1週間前(発症1ヵ月後)に右側脳室内に再出血を生じたため、1ヵ月前と術直前のthree-dimensional digital subtraction angiography(3DDSA)とMRIの画像から、経時的3DDSA fusion画像を作成したところ、MRIでの破裂部と3DDSAでの仮性動脈瘤の位置が一致していた。新規に発生した仮性動脈瘤が出血源と考えてtarget embolizationを行い、仮性動脈瘤は消失した。diffuseで複雑な血管構造の変化を時間的・空間的に鋭敏に捉えられる点で、fusion画像は非常に有用であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20200128040008&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436204131&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436204131&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 未破裂前大脳動脈-副中大脳動脈分岐部動脈瘤に対しコイル塞栓術を施行した1例

    西和彦, 杉生憲志, 菱川朋人, 平松匡文, 春間純, 高橋悠, 村井智, 山岡陽子, 佐藤悠, 胡谷侑貴, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • 硬膜動静脈瘻の経静脈的塞栓術に対する内頚静脈直接穿刺の有用性

    木村颯, 春間純, 菱川朋人, 胡谷侑貴, 佐藤悠, 西和彦, 村井智, 高橋悠, 平松匡文, 杉生憲志, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • Cone-beam CT fusion画像を用いたflow diverter留置後の経時的変化の検討

    胡谷侑貴, 春間純, 杉生憲志, 菱川朋人, 平松匡文, 高橋悠, 村井智, 西和彦, 山岡陽子, 佐藤悠

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • 当院でのFlow diverterを用いた血管内治療成績の検討

    春間純, 杉生憲志, 胡谷侑貴, 佐藤悠, 西和彦, 山岡陽子, 村井智, 高橋悠, 平松匡文, 菱川朋人, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • Terminal type動脈瘤に対するsingle neck-bridging techniqueの適応と限界

    村井智, 杉生憲志, 菱川朋人, 平松匡文, 春間純, 高橋悠, 西和彦, 山岡陽子, 佐藤悠, 胡谷侑貴, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • Important role and future perspective of embolization for intra‒cranial tumors

    Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Shingo Nishihiro, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Kazuhiko Nishi, Yoko Yamaoka, Yuki Ebisudani, Yu Sato, Kentarou Fujii, Isao Date

    Japanese Journal of Neurosurgery   29 ( 8 )   543 - 552   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose:Embolization for intracranial tumors currently plays a supporting role to open surgery. The reasons for embo-lization include:1)tumor necrosis resulting in a safer operation and more aggressive surgery, 2)reduction in intraoperative bleeding and avoidance of blood transfusion, and 3)decrease in operative time. Functional vascular anatomy and endovascular technique are the most important issues for safe embolization. Herein we report our standard techniques for tumor emboliza-tion and compare our results with those of the Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy(JR‒NET). Methods:Our standard procedure is as follows:1)embolization is performed several days before open surgery, 2)in cases with strong peritumoral edema, steroid administration or embolization may be performed immediately before surgery, 3)patients undergo the procedure under local anesthesia, 4)insertion of the microcatheter is as close as possible to the tumor, 5)particulate emboli are the first line material, 6)embolization is occasionally performed with N‒butyl cyanoacrylate (NBCA)glue, and 7)if possible, additional proximal feeder occlusion with coils is performed. Results:During the past 12 years, 169 intra‒cranial tumor embolization procedures were performed in our department. Meningioma was the main target of embolization(154 of 169 patients, 91.1%). Seven procedure‒related complications were observed, with one permanent complication(0.6%)of hearing loss after anterior inferior cerebellar artery embolization for hemangioblastoma with NBCA. Transient complications included three middle meningeal arterio‒venous fistulas, two cranial nerve paresis, and a pseudoaneurysm of the femoral artery(puncture site). We conducted the JR‒NET 2(2007‒2009)and JR‒NET 3(2010‒2014)in Japan. Complications of tumor embolization occurred in 57 of 1,544 JR‒NET 3 patients(3.69%), although the complication rate for JR‒NET 2 was only 1.48%(15 of 1,012 patients). Tumors other than meningioma were a significant risk factor for the occurrence of JR‒NET 2 complications. Further, embolization of vessels other than the external carotid artery(ECA)and use of liquid embolic material were significantly associated with the development of JR‒NET 3 complications. We suggest that more aggressive embolization targeted to vessels other than the ECA and increased applica-tion of liquid embolic materials might worsen the risk of complications. Conclusions:Although embolization was safe for extra‒axial tumors such as meningiomas fed by the ECA, embolization of vessels other than the ECA as occurs in hemangioblastomas was a significant risk factor for complications. Use of liquid embolic material increased the risk for complications. Endovascular neurosurgeons should fully discuss the indications and strategies for preoperative embolization with tumor neurosurgeons to perform safe and effective procedures.

    DOI: 10.7887/jcns.29.543

    Scopus

    researchmap

  • 右上腕動脈アプローチでの左内頚動脈選択可否の検討

    佐藤悠, 春間純, 杉生憲志, 菱川朋人, 平松匡文, 高橋悠, 村井智, 西和彦, 山岡陽子, 胡谷侑貴, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • 軟骨性骨に発生したosseous arteriovenous fistulaの特徴と治療

    平松匡文, 杉生憲志, 春間純, 菱川朋人, 高橋悠, 村井智, 西和彦, 山岡陽子, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • 頚部内頚動脈のfenestrationと頚部内頚動脈解離を併発した一例

    枝木久典, 春間純, 西和彦, 山岡陽子, 高橋悠, 平松匡文, 菱川朋人, 杉生憲志, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • 複雑な中大脳動脈瘤に対する血管内治療の有用性

    菱川朋人, 春間純, 平松匡文, 杉生憲志, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • 破裂解離性動脈瘤の母血管温存治療の中長期成績

    杉生憲志, 菱川朋人, 平松匡文, 春間純, 高橋悠, 村井智, 山岡陽子, 西和彦, 胡谷侑貴, 佐藤悠, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   5 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  • High-Mobility Group Box-1-Induced Angiogenesis After Indirect Bypass Surgery in a Chronic Cerebral Hypoperfusion Model. 国際誌

    Shingo Nishihiro, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Yusuke Higaki, Takao Yasuhara, Cesario V Borlongan, Isao Date

    Neuromolecular medicine   21 ( 4 )   391 - 400   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-mobility group box-1 (HMGB1) is a nuclear protein that promotes inflammation during the acute phase post-stroke, and enhances angiogenesis during the delayed phase. Here, we evaluated whether indirect revascularization surgery with HMGB1 accelerates brain angiogenesis in a chronic cerebral hypoperfusion model. Seven days after hypoperfusion induction, encephalo-myo-synangiosis (EMS) was performed with or without HMGB1 treatment into the temporal muscle. We detected significant increments in cortical vasculature (p < 0.01), vascular endothelial growth factor (VEGF) expression in the temporal muscle (p < 0.05), and ratio of radiation intensity on the operated side compared with the non-operated side after EMS in the HMGB1-treated group than in the control group (p < 0.01). Altogether, HMGB1 with EMS in a chronic hypoperfusion model promoted brain angiogenesis in a VEGF-dependent manner, resulting in cerebral blood flow improvement. This treatment may be an effective therapy for patients with moyamoya disease.

    DOI: 10.1007/s12017-019-08541-x

    PubMed

    researchmap

  • 岡山県における脳脊髄動静脈シャント疾患の悉皆調査

    村井 智, 平松 匡文, 石橋 良太, 高井 洋樹, 鈴木 越治, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 菱川 朋人, 安原 隆雄, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S153 - S153   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 多発脊髄硬膜動静脈瘻診断にfusion imagingが有用であった1例

    胡谷 侑貴, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S368 - S368   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Cortical spreading depolarizationがくも膜下出血後のearly brain injuryに与える影響

    村井 智, 菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳循環代謝   31 ( 1 )   111 - 111   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 内頸動脈結紮術後に再増大した海綿静脈洞部内頸動脈瘤に対し、後交通動脈経由でinternal trappingを行った1例

    菅原 千明, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S271 - S271   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 結節性硬化症に合併した海綿静脈洞部巨大内頸動脈瘤に対してflow diverter stentを留置した一例

    川上 真人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S350 - S350   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 上腕動脈アプローチによる頸動脈ステント留置術の治療成績

    西 和彦, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 山岡 陽子, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S234 - S234   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 蝶形骨縁および前頭蓋底髄膜腫の動脈解剖

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 木谷 尚哉, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子, 藤井 謙太郎, 黒住 和彦, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S239 - S239   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頭蓋底腫瘍に対する術前塞栓術の治療成績

    菱川 朋人, 村井 智, 山岡 陽子, 西 和彦, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S227 - S227   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 岡山県における脊椎脊髄動静脈シャント疾患の悉皆調査

    平松 匡文, 石橋 良太, 高井 洋樹, 村井 智, 鈴木 越治, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 菱川 朋人, 安原 隆雄, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S161 - S161   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈-眼動脈分岐部周辺の動脈瘤に対する眼動脈の側副血行評価

    山岡 陽子, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 西 和彦, 伊達 勲

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S207 - S207   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Flow diverter時代における75歳以上の内頸動脈海綿静脈洞部未破裂脳動脈瘤に対する治療成績

    高橋 悠, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 木谷 尚哉, 村井 智, 西 和彦, 山岡 陽子

    脳血管内治療   4 ( Suppl. )   S94 - S94   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • A comparison of the prevalence and risk factors of complications in intracranial tumor embolization between the Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy 2 (JR-NET2) and JR-NET3. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Satoshi Murai, Yu Takahashi, Naoya Kidani, Shingo Nishihiro, Masafumi Hiramatsu, Isao Date, Tetsu Satow, Koji Iihara, Nobuyuki Sakai

    Acta neurochirurgica   161 ( 8 )   1675 - 1682   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy 2 (JR-NET2) and 3 (JR-NET3) were nationwide surveys that evaluated clinical outcomes after neuroendovascular therapy in Japan. The aim of this study was to compare the prevalence and risk factors of complications of intracranial tumor embolization between JR-NET2 and JR-NET3. METHODS: A total of 1018 and 1545 consecutive patients with intracranial tumors treated with embolization were enrolled in JR-NET2 and JR-NET3, respectively. The prevalence of complications in intracranial tumor embolization and related risk factors were compared between JR-NET2 and JR-NET3. RESULTS: The prevalence of complications in JR-NET3 (3.69%) was significantly higher than that in JR-NET2 (1.48%) (p = 0.002). The multivariate analysis in JR-NET2 showed that embolization for tumors other than meningioma was the only significant risk factor for complication (odds ratio [OR], 3.88; 95% confidence interval [CI], 1.13-12.10; p = 0.032), and that in JR-NET3 revealed that embolization for feeders other than external carotid artery (ECA) (OR, 3.56; 95% CI, 2.03-6.25; p < 0.001) and use of liquid materials (OR, 2.65; 95% CI, 1.50-4.68; p < 0.001) were significant risks for complications. The frequency of embolization for feeders other than ECA in JR-NET3 (15.3%) was significantly higher than that in JR-NET2 (9.2%) (p < 0.001). Also, there was a significant difference in the frequency of use of liquid materials between JR-NET2 (21.2%) and JR-NET3 (41.2%) (p < 0.001). CONCLUSIONS: Embolization for feeders other than ECA and use of liquid materials could increase the complication rate in intracranial tumor embolization.

    DOI: 10.1007/s00701-019-03970-w

    PubMed

    researchmap

  • 専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 脳動脈瘤コイリング・クリッピング治療後のネック・ドームの新しい画像評価 Silent MRAとFSE MRCの3D融合画像の応用

    佐藤 透, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 伊達 勲

    脳神経外科速報   29 ( 7 )   762 - 772   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    脳動脈瘤に対する脳血管内コイリング治療後や開頭ネック・クリッピング手術後のネックやドームの解剖学的形態の描出に、Silent MRAとfast spin-echo(FSE)MR cisternography(MRC)の3D融合画像を新しく考案した。これまでのtime-of-flight(TOF)MRAでは、金属による磁化率アーチファクトやRF遮断効果の影響で、コイルやクリップ近傍のネック形態を描出することは困難であった。Silent MRAでは、金属による磁化率アーチファクトの影響を受け難く、コイリング治療後やクリッピング手術後のネックや母血管の形態が良好に描出された。また、FSE MRCでは、コイリング治療後のドームやネック部の形態、クリッピング処理されたネックの形態が詳細に描出された。Silent MRAとFSE MRC、それぞれの3D画像を重量描画する、Silent MRAとFSE MRCの3D融合画像を、コイリング治療後の15例、クリッピング手術後の19例に応用した結果、脳動脈瘤治療後のネック・ドームの画像評価に有用であった。本稿では、Silent MRAとFSE MRCの3D融合画像の作成技術と臨床応用につき報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J03120&link_issn=&doc_id=20190703140011&doc_link_id=issn%3D0917-1495%26volume%3D29%26issue%3D7%26spage%3D762&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0917-1495%26volume%3D29%26issue%3D7%26spage%3D762&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Results of 1940 embolizations for dural arteriovenous fistulas: Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET3). 国際誌

    Masafumi Hiramatsu, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Shingo Nishihiro, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Satoshi Murai, Isao Date, Naoya Kuwayama, Tetsu Satow, Koji Iihara, Nobuyuki Sakai

    Journal of neurosurgery   1 - 8   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Embolization is the most common treatment for dural arteriovenous fistulas (dAVFs). A retrospective, multicenter observational study was conducted in Japan to clarify the nature, frequency, and risk factors for complications of dAVF embolization. METHODS: Patient data were derived from the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy 3 (JR-NET3). A total of 40,169 procedures were registered in JR-NET3, including 2121 procedures (5.28%) in which dAVFs were treated with embolization. After data extraction, the authors analyzed complication details and risk factors in 1940 procedures performed in 1458 patients with cranial dAVFs treated with successful or attempted embolization. RESULTS: Transarterial embolization (TAE) alone was performed in 858 cases (44%), and transvenous embolization (TVE) alone was performed in 910 cases (47%). Both TAE and TVE were performed in one session in 172 cases (9%). Complications occurred in 149 cases (7.7%). Thirty-day morbidity and mortality occurred in 55 cases (2.8%) and 16 cases (0.8%), respectively. Non-sinus-type locations, radical embolization as the strategy, procedure done at a hospital that performed dAVF embolization in fewer than 10 cases during the study period, and emergency procedures were independent risk factors for overall complications. CONCLUSIONS: Complication rates of dAVF embolization in Japan were acceptable. For better results, the risk factors identified in this study should be considered in treatment decisions.

    DOI: 10.3171/2019.4.JNS183458

    PubMed

    researchmap

  • 【内頸動脈後交通動脈瘤】内頸動脈後交通動脈分岐部瘤に対する後交通動脈を温存した塞栓術後の再発リスク

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳卒中の外科   47 ( 3 )   167 - 173   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中の外科学会  

    当院でIC-PC AN(未破裂内頸動脈後交通動脈分岐部瘤)に対し初回塞栓術を行った42例を対象に、後交通動脈(Pcom A)の発達程度に基づきfetal type(F群)17例、adult type(A群)9例、hypoplastic type(H群)16例に分け、検討した。その結果、再発率はF群18%、A群11%、H群19%で、再治療率はF群6%、A群0%、H群13%であった。再発に関わる因子を検討すると、単変量解析では7mm以上の最大径と高難度瘤で有意差を認めたが、Pcom Aの有無では有意差を認められなかった。今回の検討から、Pcom Aが描出される症例でPcom Aの温存を重視してコイル塞栓術を行っても再発や再治療には影響しないことが判明した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02079&link_issn=&doc_id=20190617210003&doc_link_id=%2Fcp4strok%2F2019%2F004703%2F003%2F0167-0173%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcp4strok%2F2019%2F004703%2F003%2F0167-0173%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Comparison between spinal dural arteriovenous fistula and spinal epidural arteriovenous fistula 査読 国際誌

    Hiramatsu M, Sugiu K, Yasuhara T, Hishikawa T, Nishihiro S, Kidani N, Takahashi Y, Murai S, Date I

    Journal of Neuroendovascular Therapy   13 ( 3 )   114 - 119   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 【出血性脳血管障害】未破裂脳動脈瘤の自然歴 最新の知識と臨床判断へのフィードバック

    菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳神経外科ジャーナル   28 ( 3 )   120 - 126   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    未破裂脳動脈瘤における自然歴、リスクスコア、治療成績、高齢者未破裂脳動脈瘤に関する最新の知見を紹介する。本邦の自然歴の理解はUCAS Japanが基本となる。UCAS Japanのデータから構築された3年間の破裂リスク予測スコアは信頼性が高く有用である。本邦の未破裂脳動脈瘤の治療成績はクリッピング術、コイル塞栓術ともに良好である。本邦での高齢者未破裂脳動脈瘤は年間破裂率1.6%で年齢、サイズ、部位が破裂に関与する。当科の治療成績はクリッピング術とコイル塞栓術でほぼ同等であったが、海外からの報告ではコイル塞栓術がより良好とするものが多い。本邦独自の治療リスクスコアの確立や高齢者未破裂脳動脈瘤に対するガイドライン策定が望ましい。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02632&link_issn=&doc_id=20190524170001&doc_link_id=130007618622&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007618622&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Treatment Outcome of Intracranial Tumor Embolization in Japan: Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy 3 (JR-NET3).

    Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Satoshi Murai, Yu Takahashi, Naoya Kidani, Shingo Nishihiro, Masafumi Hiramatsu, Isao Date, Tetsu Satow, Koji Iihara, Nobuyuki Sakai

    Neurologia medico-chirurgica   59 ( 2 )   41 - 47   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Embolization for intracranial tumor is performed as a standard endovascular treatment. A retrospective, multicenter, observational study was conducted to clarify the nature, frequency, and risk factors of complications in intracranial tumor embolization. Patients were derived from the Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy (JR-NET3) using data taken from January 2010 through December 2014 in Japan. A total of 40,169 patients were enrolled in JR-NET3, of which, 1,545 patients (3.85%) with intracranial tumors underwent embolization. The primary end point was the proportion of patients with a modified Rankin scale (mRS) score of 0-2 (independency) at 30 days after embolization. The secondary end point was the occurrence of complications related to the procedures. The risk factors of the development of complications were analyzed. The proportion of patients with mRS scores ≤2 at 30 days after procedure was 89.5%. Complications occurred in 57 of the 1544 patients (3.7%). Multivariate analysis showed that target vessels other than external carotid artery (ECA) (OR, 3.56; 95% CI, 2.03-6.25; P <0.001) and use of liquid material (OR, 2.65; 95% CI, 1.50-4.68; P <0.001) were significantly associated with the development of complications. In JR-NET3, the primary end point was 89.5%, and the procedure-related complication rate was 3.7%. Embolization from other than ECA was significant risk factor of the complications. In addition, increasing usage of liquid embolic material worsened the risk of complications.

    DOI: 10.2176/nmc.st.2018-0220

    PubMed

    researchmap

  • Anti-High Mobility Group Box 1 Antibody Therapy May Prevent Cognitive Dysfunction After Traumatic Brain Injury. 国際誌

    Yu Okuma, Hidenori Wake, Kiyoshi Teshigawara, Yu Takahashi, Tomohito Hishikawa, Takao Yasuhara, Shuji Mori, Hideo K Takahashi, Isao Date, Masahiro Nishibori

    World neurosurgery   122   e864-e871   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: High mobility group box 1 (HMGB1) protein plays a key role in triggering inflammatory responses in many diseases. Our previous study showed that HMGB1 is found upstream of secondary damage in traumatic brain injury (TBI). We found that anti-HMGB1 monoclonal antibody (mAb) effectively decreased acute brain damage, including the disruption of the blood-brain barrier, brain edema, and neurologic dysfunction. This effect of anti-HMGB1 mAb lasts for at least 1 week. In this study, we explored subacute effects of anti-HMGB1 mAb after TBI. METHODS: TBI was induced in rats by fluid percussion. Anti-HMGB1 mAb or control mAb was given intravenously after TBI. Histochemical staining, plasma levels of HMGB1, motor activity and memory, and video electroencephalography monitoring were evaluated 2 weeks after fluid percussion injury. RESULTS: Anti-HMGB1 mAb remarkably attenuated accumulation of activated microglia in the rat cortex in the ipsilateral hemisphere after TBI. Anti-HMGB1 mAb also prevented neuronal death in the hippocampus in the ipsilateral hemisphere after TBI. Treatment of rats with anti-HMGB1 mAb inhibited HMGB1 translocation and suppressed impairment of motor function. The beneficial effects of anti-HMGB1 mAb on motor and cognitive function persisted for 14 days after injury. Treatment with anti-HMGB1 mAb also had positive effects on electroencephalography activity. CONCLUSIONS: The beneficial effects of anti-HMGB1 mAb continued during the subacute postinjury phase, suggesting that anti-HMGB1 mAb may prevent cognitive dysfunction after TBI.

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.10.164

    PubMed

    researchmap

  • 脊髄血管奇形の新知見 脊髄硬膜・硬膜外動静脈瘻と脳神経外科救急

    安原 隆雄, 平松 匡文, 菱川 朋人, 守本 純, 杉生 憲志, 伊達 勲

    Neurosurgical Emergency   23 ( 3 )   247 - 247   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経外科救急学会  

    researchmap

  • Endovascular treatment for unruptured aneurysm associated with persistent primitive trigeminal artery: a case report and literature review. 国際誌

    Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Shingo Nishihiro, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Isao Date

    Acta neurochirurgica   161 ( 2 )   407 - 411   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The persistent primitive trigeminal artery (PPTA) is the most common carotid-basilar anastomosis, and the incidence of cerebral aneurysms associated with the PPTA is approximately 4%. Since PPTA aneurysms often have a wide neck and other vascular anomalies, endovascular treatment using an adjunctive technique is the current first-line therapy. Here, we report a case of PPTA aneurysm treated by coil embolization with a stent-assisted technique. A detailed evaluation of the size and course of all vessels and collateral flow, including the Allcock test and balloon test occlusion, is necessary when deciding on the treatment strategy.

    DOI: 10.1007/s00701-018-3767-6

    PubMed

    researchmap

  • Effectiveness of staged angioplasty for avoidance of cerebral hyperperfusion syndrome after carotid revascularization. 国際誌

    Mikito Hayakawa, Kenji Sugiu, Shinichi Yoshimura, Tomohito Hishikawa, Hiroshi Yamagami, Mayumi Fukuda-Doi, Nobuyuki Sakai, Koji Iihara, Kuniaki Ogasawara, Hidenori Oishi, Yasushi Ito, Yuji Matsumaru

    Journal of neurosurgery   1 - 11   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVECerebral hyperperfusion syndrome (CHS) is a serious complication after carotid artery stenting (CAS). Staged angioplasty (SAP)-i.e., angioplasty followed by delayed CAS-has been reported as a potential CHS-avoiding procedure. The purpose of this study was to clarify the effectiveness of SAP in avoiding CHS after carotid revascularization for patients at high risk for this complication.METHODSThe authors retrospectively studied cases involving patients at high risk for CHS from 44 Japanese centers who were scheduled for SAP, regular CAS, angioplasty, or staged procedures other than SAP between October 2007 and March 2014. They investigated the rate of CHS in the population scheduled for SAP or regular CAS, and for safety analysis, the composite rate of transient ischemic attack (TIA) and ischemic stroke in the population eventually receiving SAP or regular CAS.RESULTSData from a total of 525 patients (532 lesions, mean age 72.5 ± 7.5 years, 74 women ) were analyzed. Scheduled procedures included SAP for 113 lesions and regular CAS for 419 lesions. The rate of CHS was lower in the SAP group than in the regular CAS group (4.4% vs 10.5%, p = 0.047). Multivariate analysis showed that SAP was negatively related to CHS (OR 0.315; 95% CI 0.120-0.828). In the population eventually receiving SAP (102 lesions) or regular CAS (428 lesions), the composite rate of TIA and ischemic stroke was comparable between the SAP group and the regular CAS group (9.8% vs 9.3%).CONCLUSIONSSAP may be an effective and safe carotid revascularization procedure to avoid CHS.

    DOI: 10.3171/2018.8.JNS18887

    PubMed

    researchmap

  • 臨床・脳血管障害

    菱川 朋人

    ブレイン・ファンクション・イメージング・カンファレンス記録集   ( 34 )   10 - 10   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本メジフィジックス(株)  

    researchmap

  • Natural course of unruptured cerebral aneurysms: Cutting-edge knowledge and clinical decision feedback

    Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Kenji Sugiu, Isao Date

    Japanese Journal of Neurosurgery   28 ( 3 )   120 - 126   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this article, we present cutting-edge knowledge on the natural course, risk scores, treatment results of unruptured cerebral aneurysms (UCAs), and characteristics of UCAs in elderly patients. Data from the Unruptured Cerebral Aneurysm Study of Japan (UCAS Japan) are important for understanding the natural course of UCAs in Japanese patients. The prediction model for 3-year rupture risk of UCAs based on UCAS Japan data is reliable and useful in the clinical setting. Both surgical clipping and coil embolization for UCAs have favorable outcomes in Japan. The annual rupture rate of UCAs in elderly patients in Japan has been reported to be 1.6%. Age, size and location of aneurysms are significant risks for UCA rupture in elderly patients. The outcomes of surgical clipping and coil embolization for UCAs in elderly patients were equal in Okayama University Hospital. Numerous foreign studies have, however, demonstrated that the results of coil embolization are superior to those of surgical clipping in elderly patients. In the future, the establishment of treatment risk scores for UCAs and guidelines for UCAs in elderly patients in Japan are warranted.

    DOI: 10.7887/jcns.28.120

    Scopus

    researchmap

  • Visualization of aneurysmal neck and dome after coiling with 3d multifusion imaging of silent MRA and FSE-MR cisternography

    T. Satoh, T. Hishikawa, M. Hiramatsu, K. Sugiu, I. Date

    American Journal of Neuroradiology   40 ( 5 )   802 - 807   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND PURPOSE: Our aim was to visualize the precise configuration of the aneurysmal neck and dome with/without remnants combined with a coiled dome after coiling treatment for cerebral aneurysms. We developed 3D multifusion imaging of silent MRA and FSE-MR cisternography. MATERIALS AND METHODS: We examined 12 patients with 3D multifusion imaging by composing 3D images reconstructed from TOF-MRA, silent MRA, and FSE-MR cisternography. The influence of magnetic susceptibility artifacts caused by metal materials affecting the configuration of the aneurysmal complex with coiling was assessed in a single 3D image. RESULTS: In all cases, TOF-MRA failed to depict the aneurysmal neck complex precisely due to metal artifacts, whereas silent MRA delineated the neck and parent arteries at the coiled regions without serious metal artifacts. FSE-MR cisternography depicted the shape of the coiled aneurysmal dome and parent artery complex together with the brain parenchyma. With the 3D multifusion images of silent MRA and FSE-MR cisternography, the morphologic status of the coiled neck and parent arteries was clearly visualized with the shape of the dome in a single 3D image. CONCLUSIONS: Silent MRA is a non-contrast-enhanced form of MRA. It depicts the coiled neck complex without serious metal artifacts. FSE-MR cisternography can delineate the shape of the coiled dome. In this small feasibility study, 3D multifusion imaging of silent MRA and FSE-MR cisternography allowed good visualization of key features of coiled aneurysms. This technique may be useful in the follow-up of coiled aneurysms.

    DOI: 10.3174/ajnr.A6026

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Endovascular treatment for craniofacial arteriovenous fistula/malformation 査読 国際誌

    Sugiu K, Hishikawa T, Hiramatsu M, Nishihiro S, Kidani N, Takahashi Y, Murai S, Date I

    Journal of Neuroendovascular Therapy   13 ( 5 )   206 - 215   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 脳神経外科学 くも膜下出血後脳血管攣縮に対する治療の現況

    菱川 朋人

    医学のあゆみ   267 ( 7 )   534 - 535   2018年11月

  • 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 神経・筋疾患 非外傷性頭蓋内出血

    菱川 朋人

    小児内科   50 ( 増刊 )   736 - 737   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    researchmap

  • バルーン派術者によるバルーンリモデリングテクニック下コイル塞栓術の長期治療成績

    村井 智, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   3 ( Suppl. )   S157 - S157   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 前頭蓋底硬膜動静脈瘻に対する血管内治療 4症例の報告

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   3 ( Suppl. )   S213 - S213   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • JR-NET3解析における硬膜動静脈瘻に対する塞栓術の合併症と危険因子の解析

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲, 桑山 直也, 佐藤 徹, 飯原 弘二, 坂井 信幸

    脳血管内治療   3 ( Suppl. )   S48 - S48   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 本邦における頭蓋内腫瘍に対する塞栓術の治療成績 JR-NET2とJR-NET3の比較検討

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 村井 智, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 西廣 真吾, 平松 匡文, 佐藤 徹, 飯原 弘二, 伊達 勲, 坂井 信幸

    脳血管内治療   3 ( Suppl. )   S91 - S91   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 幼児もやもや病の手術成績と長期予後

    菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   30 ( 1 )   105 - 105   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ラット中大脳動脈閉塞モデルにおけるcrossed cerebellar diaschisis

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 安原 隆雄, 平松 匡文, 西廣 真吾, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳循環代謝   30 ( 1 )   135 - 135   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • Ex vivo release of pipeline embolization device polytetrafluoroethylene sleeves: a technical note 査読 国際誌

    Takahashi Y, Sugiu K, Haruma J, Murai S, Kidani N, Nishihiro S, Hiramatsu M, Hishikawa T, Date I

    Journal of Neuroendovascular Therapy   12 ( 9 )   463 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 【Hybrid Neurosurgeonのための疾患別臨床脳血管解剖テキスト】(第1章)開頭手術と血管内治療の選択 脳動脈瘤 Acom Acomの開頭手術

    菱川 朋人

    脳神経外科速報   ( 2018増刊 )   50,52,54,56,58 - 50,52,54,56,58   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    <開頭手術のポイント(まとめ)>(1)シミュレーション画像による問題点の抽出とアプローチ側の決定(2)MRIによる動脈瘤と視神経の関係の評価(3)血管の可動性を利用したAcom complexの露出(4)視神経に癒着したブレブへの対応(5)複雑な形状の動脈瘤に対する複数のクリップを使用したクリッピング(著者抄録)

    researchmap

  • 高度救命救急センター発足後5年間で、救急搬送され開頭血腫除去術を受けた頭部外傷症例 予後良好群の特徴

    安原 隆雄, 菱川 朋人, 亀田 雅博, 黒住 和彦, 伊達 勲

    神経外傷   41 ( 1 )   33 - 35   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外傷学会  

    過去5年間に当院センターへ救急搬送され、開頭血腫除去術を受けた頭部外傷症例26例(男14例、女12例、年齢中央値65歳)を対象に、予後良好群の特徴について検討した。その結果、予後良好群は10例、予後不良群は16例であった。予後良好群では主病変が急性硬膜外血腫であること、術前意識レベルがJCS IあるいはIIであることが特徴であった。

    researchmap

  • Coil Embolization through Collateral Pathway for Ruptured Vertebral Artery Dissecting Aneurysm with Bilateral Vertebral Artery Occlusion. 国際誌

    Satoshi Murai, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Shingo Nishihiro, Naoya Kidani, Yu Takahashi, Isao Date

    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   27 ( 9 )   e215-e218   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.04.036

    PubMed

    researchmap

  • Outcome of coil embolization for symptomatic unruptured cerebral aneurysms 査読 国際誌

    Nishihiro S, Sugiu K, Hishikawa T, Hiramatsu M, Kidani N, Takahashi Y, Date I

    Journal of Neuroendovascular Therapy   12 ( 4 )   169 - 174   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高齢者未破裂脳動脈瘤の自然歴と治療成績 査読

    菱川朋人、伊達 勲

    Geriatric Neurosurgery   30   41 - 44   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血モデルにおける皮質脱分極、脳波、脳組織障害の評価

    高杉 祐二, 菱川 朋人, 清水 智久, 新治 有径, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳血管攣縮   33   56 - 56   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • 高度救命救急センター発足後5年間で、救急搬送され開頭血腫除去術を受けた頭部外傷症例 予後良好好群の特徴

    安原 隆雄, 菱川 朋人, 亀田 雅博, 黒住 和彦, 伊達 勲

    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集   41回   78 - 78   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外傷学会  

    researchmap

  • 脳血管外科における脳血流SPECTの役割 手術適応と周術期管理への活用法

    菱川 朋人

    ブレイン・ファンクション・イメージング・カンファレンス記録集   ( 33 )   4 - 4   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本メジフィジックス(株)  

    researchmap

  • NADH fluorescence imaging and the histological impact of cortical spreading depolarization during the acute phase of subarachnoid hemorrhage in rats. 国際誌

    Tomohisa Shimizu, Tomohito Hishikawa, Shingo Nishihiro, Yukei Shinji, Yuji Takasugi, Jun Haruma, Masafumi Hiramatsu, Hirokazu Kawase, Sachiko Sato, Ryoichi Mizoue, Yoshimasa Takeda, Kenji Sugiu, Hiroshi Morimatsu, Isao Date

    Journal of neurosurgery   128 ( 1 )   137 - 143   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE Although cortical spreading depolarization (CSD) has been observed during the early phase of subarachnoid hemorrhage (SAH) in clinical settings, the pathogenicity of CSD is unclear. The aim of this study is to elucidate the effects of loss of membrane potential on neuronal damage during the acute phase of SAH. METHODS Twenty-four rats were subjected to SAH by the perforation method. The propagation of depolarization in the brain cortex was examined by using electrodes to monitor 2 direct-current (DC) potentials and obtaining NADH (reduced nicotinamide adenine dinucleotide) fluorescence images while exposing the parietal-temporal cortex to ultraviolet light. Cerebral blood flow (CBF) was monitored in the vicinity of the lateral electrode. Twenty-four hours after onset of SAH, histological damage was evaluated at the DC potential recording sites. RESULTS Changes in DC potentials (n = 48 in total) were sorted into 3 types according to the appearance of ischemic depolarization in the entire hemisphere following induction of SAH. In Type 1 changes (n = 21), ischemic depolarization was not observed during a 1-hour observation period. In Type 2 changes (n = 13), the DC potential demonstrated ischemic depolarization on initiation of SAH and recovered 80% from the maximal DC deflection during a 1-hour observation period (33.3 ± 15.8 minutes). In Type 3 changes (n = 14), the DC potential displayed ischemic depolarization and did not recover during a 1-hour observation period. Histological evaluations at DC potential recording sites showed intact tissue at all sites in the Type 1 group, whereas in the Type 2 and Type 3 groups neuronal damage of varying severity was observed depending on the duration of ischemic depolarization. The duration of depolarization that causes injury to 50% of neurons (P50) was estimated to be 22.4 minutes (95% confidence intervals 17.0-30.3 minutes). CSD was observed in 3 rats at 6 sites in the Type 1 group 5.1 ± 2.2 minutes after initiation of SAH. On NADH fluorescence images CSD was initially observed in the anterior cortex; it propagated through the entire hemisphere in the direction of the occipital cortex at a rate of 3 mm/minute, with repolarization in 2.3 ± 1.2 minutes. DC potential recording sites that had undergone CSD were found to have intact tissue 24 hours later. Compared with depolarization that caused 50% neuronal damage, the duration of CSD was too short to cause histological damage. CONCLUSIONS CSD was successfully visualized using NADH fluorescence. It propagated from the anterior to the posterior cortex along with an increase in CBF. The duration of depolarization in CSD (2.3 ± 1.2 minutes) was far shorter than that causing 50% neuronal damage (22.4 minutes) and was not associated with histological damage in the current experimental setting.

    DOI: 10.3171/2016.9.JNS161385

    PubMed

    researchmap

  • 専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 もやもや病手術モデルに対する血管新生増強療法 臨床応用を目指して

    平松 匡文, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳神経外科速報   27 ( 12 )   1251 - 1255   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    もやもや病(Moyamoya disease)に対する間接血行再建術の有効性は多く報告されている一方、効果が不十分な症例も存在する。われわれは慢性脳虚血モデル(両側総頸動脈結紮ラット)に間接血行再建術(encephalo-myo-synangiosis:EMS)を加えることにより、もやもや病手術モデルとし、さらに血管新生を促進させるような遺伝子治療を加える血管新生増強療法の研究を行ってきた。最近ではapelinという新規血管新生因子とvascular endothelial growth factor(VEGF)を併用することで成熟した血管新生を生じ得ることを報告した。今後は血管新生増強療法として蛋白製剤を用い、さらに脳血流の評価も行っていくことにより、臨床応用につなげていきたいと考えている。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J03120&link_issn=&doc_id=20171204180003&doc_link_id=issn%3D0917-1495%26volume%3D27%26issue%3D12%26spage%3D1251&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0917-1495%26volume%3D27%26issue%3D12%26spage%3D1251&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • "バルーン派"の術者が用いるLVISステントの適応と有用性の検討

    村井 智, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S140 - S140   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 成人虚血型もやもや病の手術成績と長期予後

    菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   29 ( 1 )   153 - 153   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 3D-DSA fusion画像で仮性動脈瘤の位置を同定しtarget embolizationを行い得た破裂AVMの1例

    村井 智, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S324 - S324   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 顔面痙攣を呈した椎骨動脈瘤に対して血管内治療を行った一例

    坪井 伸成, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S283 - S283   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Lvisステントを4本留置して治療したserpentine basilar aneurysmの1例

    高橋 悠, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S285 - S285   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 外傷性脳動脈瘤に対してステント併用コイル塞栓術を施行した一例

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 安原 隆雄, 春間 純, 久壽米木 亮, 平松 匡文, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S251 - S251   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Flow Diverter留置にて根治が得られた外傷性内頸動脈瘤の1例

    春間 純, 杉生 憲志, 岡 哲生, 有澤 正, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 西廣 真吾, 平松 匡文, 菱川 朋人, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S252 - S252   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 顔面頭頸部動静脈奇形・血管腫に対する血管内治療

    杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S151 - S151   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Posterior condylar canal近傍のdural AVFに対し経静脈的塞栓術を施行した一例

    河内 哲, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S205 - S205   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈閉塞試験(balloon test occlusion:BTO)における合併症と妥当性の検討

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳循環代謝   29 ( 1 )   168 - 168   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 脊髄硬膜動静脈瘻と脊髄硬膜外動静脈瘻の比較

    平松 匡文, 杉生 憲志, 安原 隆雄, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S109 - S109   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後方循環の症候性未破裂脳動脈瘤に対する血管内治療の長期成績

    高橋 悠, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S122 - S122   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 75歳以上の破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 村井 智, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 西廣 真吾, 平松 匡文, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S92 - S92   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈閉塞試験(balloon test occlusion:BTO)における合併症と妥当性の検討

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S105 - S105   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 椎骨動脈解離性動脈瘤に対する血管内治療

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 西廣 真吾, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S51 - S51   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頭蓋内腫瘍に対する術前塞栓術の治療成績

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S84 - S84   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳動静脈奇形に対する塞栓術

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 村井 智, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 西廣 真吾, 平松 匡文, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S31 - S31   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 硬膜動静脈瘻に対する経静脈塞栓術の治療成績

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳血管内治療   2 ( Suppl. )   S47 - S47   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ラット慢性脳虚血モデルに対するHMGB1投与を併用した間接バイパス術の治療効果の検討

    西廣 真吾, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 村井 智, 伊達 勲

    脳循環代謝   29 ( 1 )   178 - 178   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 非もやもや病小児脳梗塞・脳虚血症例の治療におけるチーム医療の重要性

    安原 隆雄, 菱川 朋人, 亀田 雅博, 平松 匡文, 杉生 憲志, 野坂 宜之, 塚原 紘平, 八代 将登, 林 裕美子, 伊達 勲

    脳卒中の外科   45 ( 6 )   476 - 482   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中の外科学会  

    症例1:9歳女児。左片麻痺で発症し、右内包後脚脳梗塞と診断された。aspirin内服を行い、24ヵ月再発なく外来加療中である。症例2:13歳男児。けいれん発作、意識障害、左片麻痺が生じ、動脈炎として加療開始された。右中大脳動脈領域に脳梗塞を認めたため外減圧術を施行したが、第62病日に頭蓋骨形成術を施行後に意識障害が生じ、けいれん重積状態となった。barbitalを用いた2週間にわたる鎮静・呼吸循環管理にて徐々に改善したが、左不全麻痺の悪化、右不全麻痺を生じた。17ヵ月経過現在、両杖をついた歩行訓練を行っている。症例3:10ヵ月女児。左不全片麻痺で発症し、3日後に意識障害が生じた。右側の血栓性脳梗塞と考えaspirin内服を開始したが、脳梗塞の再発、左側に新規の脳梗塞を来たした。warfarinとaspirinの内科加療を開始し、16ヵ月再発なく経過している。症例4:2歳女児。Klippel-Trenaunay症候群として経過観察されていた。繰り返す左片麻痺とけいれん発作が生じ、右内頸動脈の閉塞ないし狭窄に伴う脳虚血と診断し、aspirin内服加療を開始した。16ヵ月間再発なく経過している。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J02079&link_issn=&doc_id=20171211180009&doc_link_id=%2Fcp4strok%2F2017%2F004506%2F009%2F0476-0482%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcp4strok%2F2017%2F004506%2F009%2F0476-0482%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【中枢神経系の血管奇形-最新情報】頭部の硬膜動静脈瘻(dAVF) dAVFの治療(横S状静脈洞部)

    平松 匡文, 菱川 朋人, 杉生 憲志

    Clinical Neuroscience   35 ( 10 )   1222 - 1225   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)中外医学社  

    researchmap

  • Combined gene therapy with vascular endothelial growth factor plus apelin in a chronic cerebral hypoperfusion model in rats. 国際誌

    Masafumi Hiramatsu, Tomohito Hishikawa, Koji Tokunaga, Hiroyasu Kidoya, Shingo Nishihiro, Jun Haruma, Tomohisa Shimizu, Yuji Takasugi, Yukei Shinji, Kenji Sugiu, Nobuyuki Takakura, Isao Date

    Journal of neurosurgery   127 ( 3 )   679 - 686   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE The aim of this study was to evaluate whether combined gene therapy with vascular endothelial growth factor (VEGF) plus apelin during indirect vasoreconstructive surgery enhances brain angiogenesis in a chronic cerebral hypoperfusion model in rats. METHODS A chronic cerebral hypoperfusion model induced by the permanent ligation of bilateral common carotid arteries (CCAs; a procedure herein referred to as "CCA occlusion" [CCAO]) in rats was employed in this study. Seven days after the CCAO procedure, the authors performed encephalo-myo-synangiosis (EMS) and injected plasmid(s) into each rat's temporal muscle. Rats were divided into 4 groups based on which plasmid was received (i.e., LacZ group, VEGF group, apelin group, and VEGF+apelin group). Protein levels in the cortex and attached muscle were assessed with enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) on Day 7 after EMS, while immunofluorescent analysis of cortical vessels was performed on Day 14 after EMS. RESULTS The total number of blood vessels in the cortex on Day 14 after EMS was significantly larger in the VEGF group and the VEGF+apelin group than in the LacZ group (p < 0.05, respectively). Larger vessels appeared in the VEGF+apelin group than in the other groups (p < 0.05, respectively). Apelin protein on Day 7 after EMS was not detected in the cortex for any of the groups. In the attached muscle, apelin protein was detected only in the apelin group and the VEGF+apelin group. Immunofluorescent analysis revealed that apelin and its receptor, APJ, were expressed on endothelial cells (ECs) 7 days after the CCAO. CONCLUSIONS Combined gene therapy (VEGF plus apelin) during EMS in a chronic cerebral hypoperfusion model can enhance angiogenesis in rats. This treatment has the potential to be a feasible option in a clinical setting for patients with moyamoya disease.

    DOI: 10.3171/2016.8.JNS16366

    PubMed

    researchmap

  • リハビリテーションが神経保護・神経新生を増幅する

    安原 隆雄, 亀田 雅博, 菱川 朋人, 伊達 勲

    脳卒中   39 ( 5 )   396 - 399   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    リハビリテーションは脳卒中患者が良好な機能回復から社会復帰に至るまで、不可欠な治療の一つであると言える。このミニレビューでは、我々の研究室における2つのリハビリに関連した研究、すなわち、パーキンソン病モデルラットにおけるリハビリテーションの神経保護効果と後肢懸垂による廃用症候群モデルラットにおける神経新生について成果を報告し、脳卒中患者に対するリハビリテーションの意義について、再生医療の観点から将来展望を交えて述べる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01786&link_issn=&doc_id=20171012320013&doc_link_id=%2Fdh3strok%2F2017%2F003905%2F013%2F0396-0399%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdh3strok%2F2017%2F003905%2F013%2F0396-0399%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 医学と医療の最前線 急性期脳梗塞の血管内治療最前線

    杉生 憲志, 平松 匡文, 菱川 朋人, 伊達 勲

    日本内科学会雑誌   106 ( 8 )   1646 - 1651   2017年8月

  • [Preoperative Embolization for Solid Cerebellar Hemangioblastoma on the Day of Surgery:Two Case Reports].

    Ken Kuwahara, Tomotsugu Ichikawa, Jun Haruma, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Kenji Sugiu, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   45 ( 7 )   615 - 622   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Surgical resection of solid cerebellar hemangioblastomas can be challenging because of the profuse blood supply and tight space. We report two cases of solid cerebellar hemangioblastomas treated via surgical resection with the aid of preoperative endovascular embolization on the day of surgery. Case 1: A 36-year-old woman presented with a two-month history of headache and vomiting. Magnetic resonance imaging(MRI)revealed a right cerebellar solid mass, mild hydrocephalus, and apparent peritumoral edema. Angiogram showed a highly vascularized mass, three feeding arteries from the superior cerebellar artery(SCA), and a dilated vein draining into the confluence. We performed preoperative embolization of the three feeders with 15% n-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA). Final angiogram showed an absence of tumor staining. Tumor resection was performed on the same day, and gross total resection was achieved with no complications. Case 2: A 36-year-old man presented with a four-month history of headache and numbness in the left upper extremity. MRI revealed a right cerebellar solid mass with peritumoral edema. Angiogram showed a highly vascularized mass with two feeding arteries from the right SCA, one from the left posterior inferior cerebellar artery(PICA), and a dilated vein draining into the confluence. Preoperative embolization was performed with 15% NBCA, and complete devascularization was achieved. Tumor resection was performed on the same day, and gross total resection was achieved with no complications. In conclusion, preoperative embolization with NBCA on the day of surgery is a safe and effective adjunctive treatment for solid cerebellar hemangioblastoma.

    DOI: 10.11477/mf.1436203560

    PubMed

    researchmap

  • 【動脈・静脈の疾患(下)-最新の診断・治療動向-】動脈・静脈の疾患(臓器別) 脳血管疾患 硬膜動静脈瘻

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    日本臨床   75 ( 増刊5 動脈・静脈の疾患(下) )   715 - 718   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • De novo vertebral artery dissecting aneurysm after internal trapping of the contralateral vertebral artery. 国際誌

    Naoya Kidani, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Shingo Nishihiro, Yu Takahashi, Isao Date

    Acta neurochirurgica   159 ( 7 )   1329 - 1333   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present the case of a de novo vertebral artery dissecting aneurysm (VADA) after endovascular trapping of a ruptured VADA on the contralateral side. The first ruptured VADA involved the posterior inferior cerebellar artery, which was successfully treated by endovascular internal trapping using a stent. A follow-up study at 3 months revealed a de novo VADA on the contralateral side. The second VADA was successfully embolized using coils while normal arterial flow in the vertebral artery was preserved using a stent. Increased hemodynamic stress may cause the development of a de novo VADA on the contralateral side.

    DOI: 10.1007/s00701-017-3204-2

    PubMed

    researchmap

  • 手術当日術前塞栓術が有用であった充実性小脳血管芽腫の2例

    桑原 研, 市川 智継, 春間 純, 菱川 朋人, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    Neurological Surgery   45 ( 7 )   615 - 622   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例1は36歳女性で、2ヵ月前から頭痛と嘔吐があり、右小脳半球腫瘍を指摘された。MRIでは右小脳半球にT1強調画像で等信号、FLAIR画像で高信号、拡散強調画像で低信号を呈し、ガドリニウム造影ではほぼ均一に造影される最大径30mmの境界明瞭な腫瘍を認めた。嚢胞を伴わない充実性腫瘍で、また強い浮腫を伴っていることから、手術リスク軽減のために術前塞栓術を施行し、その後開頭腫瘍摘出術の方針とした。術後も神経学的脱落所見なく経過し、MRIで腫瘍の全摘出を確認し、術後8日に独歩退院した。症例2は36歳男性で、4ヵ月前より頭痛があり、しばらくして左上肢の異常感覚を自覚した。MRIで右小脳半球にT1強調画像でやや高信号、T2強調画像でやや高信号、拡散強調画像では低信号を呈する最大径35mmの境界明瞭な腫瘍を認め、ガドリニウム造影によりほぼ均一に造影された。嚢胞を伴わない充実性腫瘍で、また強い浮腫を伴っていることから、摘出術リスク軽減のために術前塞栓術を施行し、同日に開頭腫瘍摘出術の方針とした。術後も神経学的脱落所見なく経過した。MRIでは腫瘍は全摘出されていた。術後15日目に独歩退院した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20170727030009&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436203560&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436203560&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 3DDSA-MRI fusion画像を用いた脳血管障害に対する開頭手術術前シミュレーション

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 新治 有径, 伊達 勲

    脳卒中の外科   45 ( 4 )   270 - 275   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中の外科学会  

    2013年9月〜2015年10月に脳血管障害に対する開頭手術術前に3DDSA-MRI fusion画像を作成した3例を対象に、画像作成法を紹介し、脳血管障害に対する手術の術前シミュレーションとして有用か検討した。fusion画像は10〜15分程度で、全例問題なく作成できた。全例、fusion画像の有用性が認められ、手術戦略や手術アプローチに影響を与えていた。血管位置の最大誤差は平均2.5±0.1mmであったが、実際の術野での脳表上の血管構造物の同定には全例支障がなかった。頭蓋内血管病変に対する3DDSA-MRI fusionを活用することで、脳血管障害に対する術前シミュレーションとして有効と思われた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J02079&link_issn=&doc_id=20170810180005&doc_link_id=%2Fcp4strok%2F2017%2F004504%2F005%2F0270-0275%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcp4strok%2F2017%2F004504%2F005%2F0270-0275%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 血管内治療シミュレーターを用いたシミュレーション教育

    新治 有径, 杉生 憲志, 村井 智, 春間 純, 菱川 朋人, 平松 匡文, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 西廣 真吾, 伊野 英男, 伊達 勲

    脳神経外科速報   27 ( 7 )   751 - 754   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    当科では医学生やメディカルスタッフに対して、血管内治療シミュレーターVascular Intervention Simulator Trainer(VIST)を用いたシミュレーション教育を行っており、その有効性について検討した。実習は3名1組となり、VISTを用いてデバイスの選択、血管造影、カテーテル操作、コイル塞栓術の手技を行った。実習終了後に行った筆記試験やアンケートでは血管内治療への理解度向上の効果が得られた。VISTを用いた血管内治療シミュレーション教育は血管内治療や血管解剖の理解度向上に効果があり、医学生に対して脳神経外科や脳血管内治療への興味喚起につながり、メディカルスタッフに対してより良いチーム医療の形成に役立つと考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J03120&link_issn=&doc_id=20170705170012&doc_link_id=issn%3D0917-1495%26volume%3D27%26issue%3D7%26spage%3D751&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0917-1495%26volume%3D27%26issue%3D7%26spage%3D751&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Unruptured Cerebral Aneurysms in Elderly Patients.

    Tomohito Hishikawa, Isao Date

    Neurologia medico-chirurgica   57 ( 6 )   247 - 252   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The prevalence of unruptured cerebral aneurysms (UCAs) in elderly patients is increasing in our aging population. UCA management in elderly patients has some difficulties, such as reduced life expectancy, increased comorbidities and treatment risks, and poor prognosis in case of rupture. In this review article, we summarize the most recent findings on the natural history, therapeutic options and treatment results for UCAs exclusively in elderly patients, and describe possible medical treatments for patients with UCAs.

    DOI: 10.2176/nmc.ra.2016-0286

    PubMed

    researchmap

  • 脳神経外科診療に役立つ薬物療法の知識 脳血管攣縮に対する薬物療法

    菱川 朋人, 伊達 勲

    Neurological Surgery   45 ( 3 )   265 - 270   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血に対する抗HMGB-1抗体の有効性の評価

    春間 純, 菱川 朋人, 劉 克約, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 祐二, 平松 匡文, 杉生 憲志, 西堀 正洋, 伊達 勲

    脳血管攣縮   32   74 - 74   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • ラットSAH single injection modelにおいて超急性期の頭蓋内圧が皮質電位と脳波に及ぼす影響

    高杉 祐二, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 新治 有径, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳血管攣縮   32   77 - 77   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • Efficacy of Staged Angioplasty to Prevent Cerebral Hyperperfusion Syndrome After Endovascular Revascularization for Carotid Artery Stenosis

    Mikito Hayakawa, Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Hiroshi Yamagami, Nobuyuki Sakai, Koji Iihara, Kuniaki Ogasawara, Hidenori Oishi, Yasushi Ito, Yuji Matsumaru, Shinichi Yoshimura

    STROKE   48   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Anti-high mobility group box-1 (HMGB1) antibody attenuates delayed cerebral vasospasm and brain injury after subarachnoid hemorrhage in rats. 国際誌

    Jun Haruma, Kiyoshi Teshigawara, Tomohito Hishikawa, Dengli Wang, Keyue Liu, Hidenori Wake, Shuji Mori, Hideo Kohka Takahashi, Kenji Sugiu, Isao Date, Masahiro Nishibori

    Scientific reports   6   37755 - 37755   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although delayed cerebral vasospasm (DCV) following subarachnoid hemorrhage (SAH) is closely related to the progression of brain damage, little is known about the molecular mechanism underlying its development. High mobility group box-1 (HMGB1) plays an important role as an initial inflammatory mediator in SAH. In this study, an SAH rat model was employed to evaluate the effects of anti-HMGB1 monoclonal antibody (mAb) on DCV after SAH. A vasoconstriction of the basilar artery (BA) associated with a reduction of nuclear HMGB1 and its translocation in vascular smooth muscle cells were observed in SAH rats, and anti-HMGB1 mAb administration significantly suppressed these effects. Up-regulations of inflammation-related molecules and vasoconstriction-mediating receptors in the BA of SAH rats were inhibited by anti-HMGB1 mAb treatment. Anti-HMGB1 mAb attenuated the enhanced vasocontractile response to thrombin of the isolated BA from SAH rats and prevented activation of cerebrocortical microglia. Moreover, locomotor activity and weight loss recovery were also enhanced by anti-HMGB1 mAb administration. The vasocontractile response of the BA under SAH may be induced by events that are downstream of responses to HMGB1-induced inflammation and inhibited by anti-HMGB1 mAb. Anti-HMGB1 mAb treatment may provide a novel therapeutic strategy for DCV and early brain injury after SAH.

    DOI: 10.1038/srep37755

    PubMed

    researchmap

  • 脳血行再建と次世代型治療 過灌流症候群高リスクの頸動脈ステント留置術施行例における術前SPECT所見の検討 STOP CHS後ろ向き研究

    早川 幹人, 梶本 勝文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 山上 宏, 坂井 信幸, 飯原 弘二, 小笠原 邦昭, 大石 英則, 伊藤 靖, 松丸 祐司, 吉村 紳一

    脳循環代謝   28 ( 1 )   106 - 106   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】神経疾患 非外傷性頭蓋内出血

    菱川 朋人

    小児内科   48 ( 増刊 )   320 - 325   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    researchmap

  • 開頭術当日のNBCAによる術前塞栓術が有用であった充実性小脳血管芽腫の2例

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 市川 智継, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 高橋 悠, 桑原 研, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S295 - S295   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈ステント留置術後の急性期ステント内血症に対してステント留置術を追加した2例

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 木谷 尚樹, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S229 - S229   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 血管内治療における術中経頭蓋MEP(motor-evoked potential)モニタリングの有用性

    高橋 悠, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 大西 巧真, 亀田 雅博, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S293 - S293   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • パーキンソン症候群を呈した静脈洞交会部硬膜動静脈瘻の一例

    高杉 祐二, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 新治 有径, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 本倉 恵美, 山下 徹, 阿部 康二, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S170 - S170   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ステント併用コイル塞栓術後の画像における"metal artifact reduction(MAR)"softwareの有用性

    高杉 祐二, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 新治 有径, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S203 - S203   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈分岐部未破裂脳動脈瘤に同側内頸動脈低形成を伴いアプローチの選択に迷った1例

    高橋 悠, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 木谷 尚哉, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S164 - S164   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Pipelineの初期使用経験

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 平松 匡文, 菱川 朋人, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S113 - S113   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 症候性未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S129 - S129   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 高齢者頸動脈狭窄症に対するstaged angioplastyの有効性

    菱川 朋人, 西廣 真吾, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 新治 有径, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S103 - S103   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • テント部硬膜動静脈瘻の血管構築と治療

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 新治 有径, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S104 - S104   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 「過灌流症候群高リスク例に対する頸動脈ステント留置術に関する後ろ向き研究」最終結果報告

    早川 幹人, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 山上 宏, 坂井 信幸, 飯原 弘二, 小笠原 邦昭, 大石 英則, 伊藤 靖, 松丸 祐司, 吉村 紳一

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S25 - S25   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後交通動脈を温存した内頸動脈後交通動脈分岐部瘤の塞栓術後の再発リスク

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 新治 有径, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 伊達 勲

    脳血管内治療   1 ( Suppl. )   S85 - S85   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 高齢者頸動脈ステント留置術における頭蓋内血行動態の特徴と対応

    菱川 朋人, 西廣 真吾, 高橋 悠, 木谷 尚哉, 新治 有径, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   28 ( 1 )   174 - 174   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ラット慢性脳虚血モデルに対するHMGB1を用いた間接バイパス術の治療効果の検討

    西廣 真吾, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 木谷 尚哉, 高橋 悠, 檜垣 佑輔, 伊達 勲

    脳循環代謝   28 ( 1 )   236 - 236   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血injection modelでは脱分極時間、脳波抑制時間、脳組織障害に密接な関係がある

    高杉 祐二, 武田 吉正, 菱川 朋人, 清水 智久, 新治 有径, 森松 博史, 伊達 勲

    蘇生   35 ( 3 )   222 - 222   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本蘇生学会  

    researchmap

  • Perioperative Management Center (PERIO) for Neurosurgical Patients.

    Takao Yasuhara, Tomohito Hishikawa, Takashi Agari, Kazuhiko Kurozumi, Tomotsugu Ichikawa, Masahiro Kameda, Aiko Shinko, Joji Ishida, Masafumi Hiramatsu, Motomu Kobayashi, Yoshikazu Matsuoka, Toshihiro Sasaki, Yoshihiko Soga, Reiko Yamanaka, Takako Ashiwa, Akemi Arioka, Yasuko Hashimoto, Ayasa Misaki, Yuriko Ishihara, Machiko Sato, Hiroshi Morimatsu, Isao Date

    Neurologia medico-chirurgica   56 ( 9 )   574 - 9   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Perioperative management is critical for positive neurosurgical outcomes. In order to maintain safe and authentic perioperative management, a perioperative management center (PERIO) was introduced to patients of our Neurosurgery Department beginning in June 2014. PERIO involves a multidisciplinary team consisting of anesthesiologists, dentists/dental hygienists/technicians, nurses, physical therapists, pharmacists, and nutritionists. After neurosurgeons decide on the course of surgery, a preoperative evaluation consisting of blood sampling, electrocardiogram, chest X-ray, and lung function test was performed. The patients then visited the PERIO clinic 7-14 days before surgery. One or two days before surgery, the patients without particular issues enter the hospital and receive a mouth cleaning one day before surgery. After surgery, postoperative support involving eating/swallowing evaluation, rehabilitation, and pain control is provided. The differences in duration from admission to surgery, cancellation of surgery, and postoperative complications between PERIO and non-PERIO groups were examined. Eighty-five patients were enrolled in the PERIO group and 131 patients in the non-PERIO group. The duration from admission to surgery was significantly decreased in the PERIO group (3.6 ± 0.3 days), compared to that in the non-PERIO group (4.7 ± 0.2 days). There was one cancelled surgery in the PERIO group and six in the non-PERIO group. Postoperative complications and the overall hospital stay did not differ between the two groups. The PERIO system decreased the duration from admission to surgery, and it is useful in providing high-quality medical service, although the system should be improved so as not to increase the burden on medical staff.

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2016-0085

    PubMed

    researchmap

  • Moyamoya Disease: A Review of Clinical Research

    Hishikawa Tomohito, Sugiu Kenji, Date Isao

    Acta Medica Okayama   70 ( 4 )   229 - 36   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Okayama University Medical School  

    About 5 decades have passed since the concept of moyamoya disease (MMD) was established in Japan. In that time, many clinical MMD studies have been performed from several different points of view, such as epidemiology, pathophysiology, surgical procedures, and prognosis. In addition, rapid developments in MMD genetic analysis have occurred. In light of all this activity, clinicians must continually update their knowledge of MMD in order to improve the prognosis of MMD patients. In this review article, we summarize the clinical MMD studies and introduce cutting-edge findings regarding MMD.

    DOI: 10.18926/AMO/54497

    PubMed

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード もやもや病に対する血行再建術と周術期管理

    菱川 朋人

    脳神経外科速報   26 ( 8 )   788 - 797   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    <POINT 1>精神(集中力)と技術のバランスが吻合を成功させる。<POINT 2>快適に吻合できる環境を作ることは吻合操作と同程度に重要である。<POINT 3>周術期管理に精通する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J03120&link_issn=&doc_id=20160808240001&doc_link_id=issn%3D0917-1495%26volume%3D26%26issue%3D8%26spage%3D788&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0917-1495%26volume%3D26%26issue%3D8%26spage%3D788&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • 術中画像支援・モニタリングを用いた頭蓋内海綿状血管腫に対する摘出術

    黒住 和彦, 菱川 朋人, 亀田 雅博, 上利 崇, 市川 智継, 伊達 勲

    脳卒中の外科   44 ( 4 )   295 - 301   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中の外科学会  

    術中画像支援・モニタリングを用いて頭蓋内海綿状血管腫摘出術を行った25例(男性15例、女性10例、平均年齢35.6歳)について検討した。その結果、1)海綿状血管腫はテント上が18例、テント下が7例であった。follow up期間は平均34.4ヵ月で、術後の再出血は2例で認められた。2)mRS値は術前平均1.4から術後退院時1.0と改善傾向を示していた。術前のmRSについてテント上とテント下を比べると、テント下の方が有意にmRS値が高かった。また、術前後のRSではテント上はほぼ不変、テント下は改善傾向を示していた。3)てんかん発作については、10例中9例が退院時にseizure freeの状態であった。テント上では右片麻痺、失語が悪化した症例が1例、テント下では顔面麻痺が新たに出現した症例が1例みられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J02079&link_issn=&doc_id=20160812260009&doc_link_id=%2Fcp4strok%2F2016%2F004404%2F009%2F0295-0301%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcp4strok%2F2016%2F004404%2F009%2F0295-0301%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Risk of rupture of unruptured cerebral aneurysms in elderly patients. 国際誌

    Tomoyuki Kawada, Tomohito Hishikawa, Isao Date, Shinjiro Tominari, Akio Morita

    Neurology   86 ( 17 )   1650 - 1650   2016年4月

     詳細を見る

  • 岡山大学におけるHybrid ORでの手術

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 安原 隆雄, 伊達 勲

    脳卒中の外科   44 ( 2 )   125 - 131   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中の外科学会  

    当院のHybrid operating room(Hybrid OR)の特徴や具体的な使用方法について検討した。手術室の敷地面積の広さを最大の特徴とする当院のHybrid ORで治療を行った連続14症例(男6例、女8例、平均年齢51.1歳)における各支援機器の使用頻度は術中血管撮影79%、indocyanine green蛍光血管撮影86%、Doppeler血流検査86%、motor evoked potential 75%、navigation 21%であった。血管撮影装置は診断目的にのみ使用したが、術中血管撮影は安全に反復して施行でき、他の手術支援機器との併用も可能で、小型病変のarteriovenous malformation(AVM)の局在把握やAVM摘出後の微細な残存病変の評価に有用であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J02079&link_issn=&doc_id=20160408210007&doc_link_id=%2Fcp4strok%2F2016%2F004402%2F007%2F0125-0131%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcp4strok%2F2016%2F004402%2F007%2F0125-0131%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 小児の脳血管障害

    菱川 朋人, 伊達 勲

    小児の脳神経   40 ( 3 )   211 - 218   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経外科学会  

    小児の脳血管障害には小児に特異的に発症する疾患と小児と成人の両者で認められる疾患が存在する。その特徴として(1)小児特有の病態が存在すること、(2)原因が多岐にわたること、(3)臨床家一人あたりの経験できる症例数に限りがあることが挙げられる。本稿では特に重要と思われる新生児の出血性脳血管障害、小児に特異的な脳動静脈シャント疾患、脳動静脈奇形、もやもや病、脳動脈解離、脳動脈瘤について解説する。(著者抄録)

    researchmap

  • [A Case of Traumatic Vertebral Arteriovenous Fistula Treated by Internal Trapping of the Vertebral Artery].

    Shingo Nishihiro, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Yukei Shinji, Yuji Takasugi, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   44 ( 2 )   135 - 41   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Traumatic vertebral arteriovenous fistula (TVAVF) is an uncommon disease that occurs after traumatic injury. Here we report a case of TVAVF presenting with cervical bruit successfully treated by internal trapping using coils. CASE PRESENTATION: A 66-year-old man was transferred to our hospital after falling into a ditch. Initial CT revealed a C2 fracture into the right transverse foramen, and the patient had been treated with conservative management. A vascular abnormality was suspected because the patient exhibited cervical bruit on admission. CT angiography revealed right TVAVF at the V2 segment of the right vertebral artery (VA) near the C2 fracture. Digital subtraction angiography also revealed right TVAVF between the V2 segment of the right VA and the vertebral venous plexus, draining into the right internal jugular vein and the deep cervical vein as well as the intracranial venous system. The fistula was also opacified by retrograde flow from the contralateral VA through the union, while the flow in the basilar artery was antegrade. The patient was diagnosed with TVAVF with large transection of the right VA, and underwent endovascular treatment with internal trapping of the right VA using coils starting distal to the transection and proceeding in a proximal direction. After treatment, the right VAVF and right VA were completely occluded. The patient achieved clinical symptom resolution with no neurological deficits. CONCLUSION: Endovascular treatment with internal trapping of the VA using coils is safe and effective against TVAVF.

    DOI: 10.11477/mf.1436203245

    PubMed

    researchmap

  • 外傷性椎骨動静脈瘻に対してinternal trappingで治療した1例

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 新治 有径, 高杉 祐二, 伊達 勲

    Neurological Surgery   44 ( 2 )   135 - 141   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    66歳男。岩場で伐採作業中に誤って5m下の溝に滑落して前額部を打撲受傷し、直ちにドクターヘリで当院へ搬送された。頭部CTでは頭蓋内出血は認めず、頸椎CTにてC2椎体骨折、C6頸椎の右外側塊に骨折線を認めたため、頸椎カラーを装着して保存的加療となった。入院後に頸部雑音が出現したため頭頸部MRA・CTAを行ったところ、C2椎体骨折に伴う外傷性椎骨動静脈瘻が確認されたため、血管内治療によるinternal trappingを行った。治療後に頸部雑音は消失し、神経症状なく受傷後17日目にリハビリテーション目的に転院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20160219080011&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436203245&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436203245&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Single injectionによるラットくも膜下出血モデルの急性期におけるspreading depressionの可視化

    高杉 祐二, 菱川 朋人, 清水 智久, 西廣 真吾, 新治 有径, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   31   55 - 55   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血後脳血管攣縮に対する抗HMGB-1抗体の攣縮抑制効果 造影CTと血中HMGB-1濃度

    春間 純, 菱川 朋人, 劉 克約, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 佑二, 平松 匡文, 杉生 憲志, 西堀 正洋, 伊達 勲

    脳血管攣縮   31   64 - 64   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • 脳神経外傷のBasic Research リハビリテーションが神経保護・神経新生に与える影響

    安原 隆雄, 田尻 直輝, 亀田 雅博, 大熊 佑, 豊嶋 敦彦, 竹内 勇人, 守本 純, 金 恭平, 上 利崇, 菱川 朋人, 伊達 勲

    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集   39回   71 - 71   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外傷学会  

    researchmap

  • Transient Middle Cerebral Artery Occlusion Model in the Macaca fuscata Using a Novel Intravascular Technique

    Okuma Yu, Liu Keyue, Hishikawa Tomohito, Hirotsune Nobuyuki, Sugiu Kenji, Nishino Shigeki, Nishibori Masahiro, Date Isao

    脳神経血管内治療   10 ( 3 )   121 - 126   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会  

    Objective: The preparation of transient ischemic stroke models in monkeys has been highly invasive, and consistent preparation of an infarct area has been difficult. We attempted the preparation of a model by applying a neuroendovascular technique for humans.Methods: Using the Macaca fuscate, a 5 Fr sheath was placed in the right femoral artery under general anesthesia, a 5 Fr catheter was placed in the right internal carotid artery (ICA) via a bovine arch, a 4 Fr catheter was concentrically placed distally to the bifurcation of the posterior communicating artery (Pcom A), and a balloon catheter conventionally used for the prevention of distal embolism was guided to the origin of the M1 segment of the middle cerebral artery in a triple co-axial manner. Under antithrombotic treatment by heparinization, balloon occlusion was performed for 2 h, and neurological and histological evaluations were carried out 48 h after reperfusion.Results: Left hemiplegia was observed after the procedure, and ischemic changes were histopathologically confirmed around the head of the caudate nucleus located in the border zone of the territory of the occluded vessel.Conclusion: Less invasive and highly consistent transient ischemic stroke models may be prepared by an endovascular approach.

    DOI: 10.5797/jnet.oa.2016-0044

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017039204

  • 高齢者頚動脈狭窄症に対するstaged angioplastyの有効性

    菱川朋人, 西廣真吾, 高橋悠, 木谷尚哉, 新治有径, 高杉祐二, 春間純, 平松匡文, 杉生憲志, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   1 ( Supplement )   2016年

     詳細を見る

  • 頚動脈ステント留置術後の急性期ステント内血栓症に対してステント留置術を追加した2例

    西廣真吾, 杉生憲志, 菱川朋人, 平松匡文, 春間純, 高杉祐二, 新治有径, 木谷尚哉, 高橋悠, 伊達勲

    脳血管内治療(Web)   1 ( Supplement )   2016年

     詳細を見る

  • 「過灌流症候群高リスク例に対する頚動脈ステント留置術に関する後ろ向き研究」最終結果報告

    早川幹人, 菱川朋人, 杉生憲志, 早川幹人, 菱川朋人, 杉生憲志, 山上宏, 坂井信幸, 飯原弘二, 小笠原邦昭, 大石英則, 伊藤靖, 松丸祐司, 吉村紳一, 松丸祐司, 吉村紳一

    脳血管内治療(Web)   1 ( Supplement )   2016年

     詳細を見る

  • Risk of rupture of unruptured cerebral aneurysms in elderly patients. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Isao Date, Koji Tokunaga, Shinjiro Tominari, Kazuhiko Nozaki, Yoshiaki Shiokawa, Kiyohiro Houkin, Yuichi Murayama, Toshihiro Ishibashi, Hiroyuki Takao, Toshikazu Kimura, Takeo Nakayama, Akio Morita

    Neurology   85 ( 21 )   1879 - 85   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: The aim of this study was to identify risk factors for rupture of unruptured cerebral aneurysms (UCAs) in elderly Japanese patients aged 70 years or older. METHODS: The participants included all patients 70 years of age or older in 3 prospective studies in Japan (the Unruptured Cerebral Aneurysm Study of Japan [UCAS Japan], UCAS II, and the prospective study at the Jikei University School of Medicine). A total of 1,896 patients aged 70 years or older with 2,227 UCAs were investigated. The median and mean follow-up periods were 990 and 802.7 days, respectively. RESULTS: The mean aneurysm size was 6.2 ± 3.9 mm. Sixty-eight patients (3.6%) experienced subarachnoid hemorrhage during the follow-up period. Multivariable analysis per patient revealed that in patients aged 80 years or older (hazard ratio [HR], 2.02; 95% confidence interval [CI], 1.16-3.49, p = 0.012), aneurysms 7 mm or larger (HR, 3.08; 95% CI, 1.35-7.03, p = 0.007 for 7-9 mm; HR, 7.82; 95% CI, 3.60-16.98, p < 0.001 for 10-24 mm; and HR, 43.31; 95% CI, 12.55-149.42, p < 0.001 for ≥25 mm) and internal carotid-posterior communicating artery aneurysms (HR, 2.45; 95% CI, 1.23-4.88, p = 0.011) were independent predictors for UCA rupture in elderly patients. CONCLUSIONS: In our pooled analysis of prospective cohorts in Japan, patient age and aneurysm size and location were significant risk factors for UCA rupture in elderly patients.

    DOI: 10.1212/WNL.0000000000002149

    PubMed

    researchmap

  • Cone-Beam CTにおける新たなプロトコルの検討 画像特性

    山口 卓也, 山内 崇嗣, 大西 治彦, 田原 誠司, 高杉 祐二, 平松 匡文, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 小嶋 巌

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S455 - S455   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Cone-Beam CTにおける新たなプロトコルの検討 水晶体被ばく線量

    山内 崇嗣, 山口 卓也, 大西 治彦, 田原 誠司, 高杉 祐二, 平松 匡文, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 小嶋 巌

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S457 - S457   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ステント併用コイル塞栓術後の画像におけるMARの有用性

    高杉 祐二, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S308 - S308   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • CAS 二刀流術者からの提言 二刀流術者のCASとCEAによる頸動脈狭窄症治療の有用性と限界

    徳永 浩司, 渡邊 恭一, 河内 哲, 大谷 理浩, 井上 智, 桐山 英樹, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 松本 健五

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S193 - S193   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後に出現する発熱、頭痛、消化器症状"post coiling syndrome"の検討と長期追跡結果

    大熊 佑, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 廣常 信之, 目黒 俊成, 西田 あゆみ, 菱川 朋人, 村岡 賢一郎, 伊丹 尚多, 平松 匡文, 西野 繁樹, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S302 - S302   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • コイル塊の三次元的評価によるコイル塞栓術後動脈瘤再発のスクリーニング

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S307 - S307   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 硬膜動静脈瘻に対する経動脈的ONYX塞栓術の初期使用成績

    春間 純, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S251 - S251   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 血管内治療シミュレーターを用いたシミュレーション教育

    新治 有径, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 西廣 真吾, 伊野 英男, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S294 - S294   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ONYX塞栓術はdAVFの治療を変えるか? 硬膜静脈瘻に対するOnyxを用いた経動脈的塞栓術の文献レビュー

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S210 - S210   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Embosphere時代の腫瘍塞栓術 本邦における頭蓋内腫瘍塞栓術の変遷と現状

    春間 純, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲, 坂井 信幸

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S205 - S205   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Embosphere時代の腫瘍塞栓術 エンボスフィアを使用した髄膜腫に対する術前塞栓術の有用性

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 新治 有径, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S207 - S207   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • HPへのstaged CASは有効か? 日本からの発信 過灌流症候群高リスクの頸動脈ステント留置術施行例におけるリスク判定術前画像検査の検討 STOP CHS retrospective study

    早川 幹人, 梶本 勝文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 山上 宏, 坂井 信幸, 飯原 弘二, 小笠原 邦昭, 大石 英則, 伊藤 靖, 松丸 祐司, 吉村 紳一, STOP CHS研究班

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S199 - S199   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • HPへのstaged CASは有効か? 日本からの発信 「過灌流症候群高リスク例に対する頸動脈ステント留置術に関する後ろ向き研究」結果報告

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 三橋 利晴, 早川 幹人, 山上 宏, 坂井 信幸, 飯原 弘二, 小笠原 邦昭, 大石 英則, 伊藤 靖, 松丸 祐司, 吉村 紳一, STOP CHS研究班

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S200 - S200   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • CASが第一選択となる日が来るのか? CASのエビデンスと本邦の現状

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   9 ( 6 )   S178 - S178   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈に対するバルン閉塞試験の合併症と妥当性の検討

    菱川 朋人, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   27 ( 1 )   156 - 156   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ラット慢性脳虚血モデルに対する血行再建術後の脳血流評価

    西廣 真吾, 菱川 朋人, 新治 有径, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 檜垣 佑輔, 伊達 勲

    脳循環代謝   27 ( 1 )   176 - 176   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • Combined Transarterial and Transvenous Approach for Curative Obliteration of Klippel-Trenaunay-Weber Syndrome-Associated Spinal Perimedullary Arteriovenous Fistulas

    K. Tokunaga, T. Hishikawa, K. Sugiu, I. Date

    Clinical Neuroradiology   25 ( 3 )   291 - 294   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00062-014-0319-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 私の脳循環代謝研究への取り組み

    菱川 朋人, 飯原 弘二, 宮本 享, 伊達 勲

    脳循環代謝   26 ( 2 )   207 - 212   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    私の脳循環代謝研究はくも膜下出血後脳血管攣縮の基礎研究,頸動脈プラークイメージングに関する研究,もやもや病に対する臨床研究に大別される.脳血管攣縮ではhypoxia-inducible factor-1に,プラークイメージングでは病理組織との比較検討に,もやもや病では後方循環障害に焦点を当てて研究を行った.本論文ではこれらの研究を概説し,現在大学院生と行っている研究について紹介する.脳神経外科手術や日常診療と臨床および基礎研究のバランスを維持しながら,科学的視点を持った外科医としてこれらも邁進していく所存である.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J02631&link_issn=&doc_id=20150928450035&doc_link_id=10.16977%2Fcbfm.26.2_207&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.16977%2Fcbfm.26.2_207&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • もやもや病の小児患者と成人患者の間における、後方循環の関与に関する相違点の評価(Assessment of the difference in posterior circulation involvement between pediatric and adult patients with moyamoya disease)

    菱川 朋人

    岡山医学会雑誌   127 ( 2 )   172 - 173   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 小児の血管障害

    菱川 朋人, 伊達 勲

    小児神経外科教育セミナー   2015   65 - 73   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経外科学会  

    researchmap

  • 80歳以上の破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 新治 有径, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 徳永 浩司, 伊達 勲

    日本血管内治療学会誌   16 ( 1 )   18 - 22   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血管内治療学会  

    コイル塞栓術を施行した破裂脳動脈瘤の連続46例を80歳以上(A群)と80歳未満(B群)に分類し、治療成績と予後に関する因子について検討した。その結果、A群は12例、B群は34例であった。A群はB群に比べ症候性脳血管攣縮の発生頻度が有意に高く、腰椎ドレナージ挿入の頻度が有意に低かった。退院時のmodified Rankin Scaleが0-2を予後良好例、3-6を予後不良例としたところ、予後良好例は10例、予後不良例は36例であった。予後良好例はA群0/12例(0%)、B群10/34例(29%)で、A群で有意に少なかった。症候性脳血管攣縮が予後不良に関与する割合はA群4/12例(33%)、B群1/24例(4%)で、A群で有意に高かった。

    researchmap

  • 【虚血性脳血管障害の病態と診断・治療】もやもや病の病態解析

    菱川 朋人, 平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳神経外科ジャーナル   24 ( 4 )   239 - 243   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    もやもや病の病態解析において血管構築と遺伝子の観点から最新の知見を紹介する。血管構築においては前方循環と外頸動脈系、前方循環と後方循環の間にそれぞれinteractionが存在する。前者のinteractionは「鈴木の分類」に代表され、病態解析の中心的役割を担ってきた。後者のinteractionは虚血重症化に関与し、小児と成人で異なるパターンが存在する。遺伝的要因においてはRNF213を中心とした遺伝子解析はもやもや病の病態解析に新たな局面を提供しており、予後や治療効果の予測に応用できる可能性がある。遺伝子治療は基礎実験の段階であるが、血行再建術を補助する方法として期待される。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J02632&link_issn=&doc_id=20150519230004&doc_link_id=10.7887%2Fjcns.24.239&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.7887%2Fjcns.24.239&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 摘出術前の腫瘍栄養血管塞栓術が有用であった馬尾血管芽腫の1例

    馬越 通有, 安原 隆雄, 三好 康之, 平松 匡文, 豊島 敦彦, 佐々田 晋, 守本 純, 菱川 朋人, 眞鍋 博明, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脊髄外科   29 ( 1 )   53 - 58   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊髄外科学会  

    49歳女。既往歴に左・右小脳、馬尾、胸髄の血管芽腫に対し摘出術、γ-ナイフ治療があり、von Hippel-Lindau病と診断されていた。今回、当院関連病院で馬尾血管芽腫の再発に対し手術が試みられたが、著明な高流量の血流のため腫瘍内圧が高く、剥離摘出困難と判断され当院紹介となった。造影CTではL4-S1レベルの脊柱管外側部まで膨隆する境界明瞭な腫瘍性病変を認め、腫瘍内は動脈相早期から均一で強く造影された。MRIではL4-S1にかけてT1強調像で等信号、T2強調像で高信号、ガドリニウムで強く造影効果を示す腫瘍性病変を認めた。術前に腫瘍栄養血管塞栓術を施行し、計4本全ての腫瘍栄養血管の消失を確認後、塞栓術後2日に腫瘍の全摘出術を施行した。術後は術前に認めた両下腿後面や右臀部の疼痛は消失し、独歩可能となり、術後14日目にリハビリ目的で転院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J02943&link_issn=&doc_id=20150430380008&doc_link_id=10.2531%2Fspinalsurg.29.53&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2531%2Fspinalsurg.29.53&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • NADH蛍光によるラットくも膜下出血急性期におけるspreading depressionの可視化及びその組織学的検討

    清水 智久, 菱川 朋人, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳血管攣縮   30   54 - 54   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • ラットsingle injection modelを用いたくも膜下出血急性期におけるspreading depressionの可視化の試み

    高杉 祐二, 菱川 朋人, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳血管攣縮   30   50 - 50   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • 症候性海綿状血管奇形の自然歴と外科治療の成績

    木田 義久, 長谷川 俊典, 加藤 丈典, 佐藤 拓, 永井 秀政, 菱川 朋人, 浅野 研一郎, 鬼頭 晃

    脳神経外科ジャーナル   24 ( 2 )   108 - 119   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    脳海綿状血管奇形は従来、良性の疾患と理解されているが、いったん出血あるいは痙攣発作にて発症すると、同様の出血、発作を反復することが知られている。しかしながら、これらの症候性病変の自然歴についてはいまだ明らかでなく、このため手術、放射線外科治療等の治療成績との対比が困難である。今回日本各地の大病院を中心にアンケート調査を実施して、症候性病変の自然歴と手術成績を調査検討した。症例は保存的治療の49例と、手術が施行された29例の合計78例であり、年齢、性別と病変局在について差異を認めなかったが、病変のサイズは手術群が有意に大きかった。Kaplan-Meier法でみたProgression-free-survival(PFS)は手術群が明らかに良好な結果を示した。生下時から初回eventを含む年間出血率は両群に差異は認めなかったが、初回event後の再出血は保存的治療群において明らかに多く年間出血率10.2%/year/caseであり、2回目の出血後では19.7%/year/caseとなった。一方手術群においては治療後の出血率は2.7%/year/caseとなったが、部分摘出の場合は10.8%/year/caseとなり、保存的治療群とは変わらなかった。一方、臨床的outcomeを最終経過観察時点で比較してみると、両群にはほとんど差異を認めなかった。その主な理由は手術群における脳幹、大脳基底核への手術侵襲が関与すると考えられた。結論として海綿状血管奇形は初回、あるいは2回目のevent後に、明瞭な活動性の亢進を示し、それぞれの年間出血率は約10%、20%/year/caseを示した。この出血率の結果を手術群と比較すると、再出血の予防のためには明らかに手術的摘出が有効である一方、部分摘出では出血率において保存的治療と変わらないことが判明した。また手術による侵襲があるため、経過観察の最終時点において臨床的なoutcomeについては両群にはほとんど差異は認められなかった。(著者抄録)

    researchmap

  • Pathophysiology of moyamoya disease

    Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    Japanese Journal of Neurosurgery   24 ( 4 )   239 - 243   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this article, we introduce cutting-edge knowledge pertaining to the pathophysiology of moyamoya disease from the viewpoint of angioarchitecture and genetic analysis. A complementary relationship among the anterior circulation(AC), the posterior circulation(PC)and the external carotid artery(ECA)system is involved in the pathophysiology of moyamoya disease. Suzuki’s grading is representative of the interaction between the AC and ECA, and it has traditionally played a leading role in evaluating disease progression. The interaction between the AC and PC is related to hemodynamic ischemia. There is a difference between pediatric and adult moyamoya patients in the interaction between the AC and PC. The analysis of the RNF213 gene is noteworthy as a new approach to understanding the pathophysiology of moyamoya disease. The prognosis and responsiveness to revascularization surgery can be predicted on the basis of genetic analysis. Although gene therapy for moyamoya disease is only now just in the basic experimental studies stage, it can be expected to emerge as an assisting modality for indirect revascularization surgery.

    DOI: 10.7887/jcns.24.239

    Scopus

    researchmap

  • バルーン閉塞試験 その判定方法とバイパス術の適応 内頸動脈閉塞試験(balloon test occlusion:BTO)における合併症と妥当性の検討

    清水 智久, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 冨田 祐介, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   184 - 184   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • JR-NET 2解析における硬膜動静脈瘻に対する血管内治療の有害事象と短期予後 経動脈及び経静脈塞栓術の比較

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 伊達 勲, 徳永 浩司, 桑山 直也, 坂井 信幸

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   284 - 284   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頭蓋内血管病変に対する3次元回転画像を用いたfusion imageの活用法

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 新治 有径, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   308 - 308   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脊髄硬膜動静脈瘻の治療時期と予後の相関

    新治 有径, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   281 - 281   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈-上下垂体動脈瘤(IC-SHA動脈瘤)に対する血管内治療 100例の検討

    春間 純, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 祐二, 清水 智久, 平松 匡文, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   272 - 272   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 新治 有径, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   273 - 273   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳動脈瘤コイル塞栓術後の再発評価における頭部単純X線検査の有用性

    冨田 祐介, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   264 - 264   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 前交通動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 新治 有径, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   272 - 272   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 止血デバイスAngiosealとExosealの比較検討

    冨田 祐介, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   245 - 245   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術におけるVerifyNow使用の有用性

    新治 有径, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   252 - 252   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 症候性海綿静脈洞部内頸動脈瘤に対するコイル塞栓術と直達術の比較検討

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   211 - 211   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当院におけるStaged carotid artery stenting(Staged-CAS)の検討

    春間 純, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 清水 智久, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   218 - 218   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 大型・巨大脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績

    高杉 祐二, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   210 - 210   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • コイル塞栓術後再発脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   206 - 206   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 椎骨動脈解離性動脈瘤に対する血管内治療(internal trapping)後の延髄梗塞は高率に発生するのか?

    清水 智久, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 冨田 祐介, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   210 - 210   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • dAVFに対するTVEとTAE OnyxによるTAEは有効か? 硬膜動静脈瘻(dAVF)に対する経動脈的塞栓術(TAE) 液体塞栓物質の有用性と問題点

    杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   180 - 180   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • FDPによるCT like images CBCT最新のトレンドは? ステント描出を目的としたコーンビームCT造影剤濃度の検討

    大西 治彦, 市川 大樹, 山口 卓也, 山内 崇嗣, 松浦 龍太郎, 森光 祐介, 氏福 亜矢子, 田原 誠司, 平松 匡文, 菱川 朋人, 杉生 憲志

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   436 - 436   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 血管造影室にて全身麻酔で初めて未破裂脳動脈瘤塞栓術を受けた患者の思い

    臂 香代子, 藤澤 芳基, 野込 真由美, 眞鍋 佳子, 祇園 由美, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   449 - 449   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • IVRセンターにおけるパートナーシップの有用性

    祇園 由美, 青井 淑恵, 沼本 千誉, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   463 - 463   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳底動脈解離性動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績

    高杉 祐二, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 新治 有径, 西廣 真吾, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   8 ( 6 )   335 - 335   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血後脳血管攣縮に対する抗HMGB-1抗体の攣縮抑制効果の検討

    春間 純, 菱川 朋人, 劉 克約, 西廣 真吾, 新治 有径, 高杉 佑二, 清水 智久, 平松 匡文, 杉生 憲志, 西堀 正洋, 伊達 勲

    脳循環代謝   26 ( 1 )   178 - 178   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 再灌流障害と急性期血管内治療 急性期脳梗塞に対する血管内再開通療法の現状

    杉生 憲志, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 西廣 真吾, 新治 有径, 伊達 勲

    脳循環代謝   26 ( 1 )   118 - 118   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ADH蛍光によるラットくも膜下出血急性期におけるspreading depressionの可視化及びその組織学的検討

    清水 智久, 菱川 朋人, 高杉 祐二, 新治 有径, 西廣 真吾, 春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳循環代謝   26 ( 1 )   183 - 183   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ラット慢性脳虚血モデルに対する血行再建術におけるVEGFおよびapelin遺伝子の血管新生効果についての検討

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 西廣 真吾, 春間 純, 清水 智久, 高杉 祐二, 新治 有径, 伊達 勲, 徳永 浩司, 木戸屋 浩康, 高倉 伸幸

    脳循環代謝   26 ( 1 )   225 - 225   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 【最新臨床脳卒中学[下]-最新の診断と治療-】特殊な脳卒中 小児の脳卒中

    菱川 朋人, 伊達 勲

    日本臨床   72 ( 増刊7 最新臨床脳卒中学(下) )   675 - 678   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • Long-term outcomes in adult patients with ischemic-type moyamoya disease involving posterior circulation. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    Acta neurochirurgica   156 ( 9 )   1745 - 51   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The object of this study was to compare the long-term outcomes in adult patients with moyamoya disease (MMD) with posterior circulation involvement (PCi) treated through surgical revascularization with those in adult patients without PCi. METHODS: The records of 32 consecutive adult patients with ischemic-type MMD who were treated with revascularization were reviewed. Twelve of these patients (38 %) had PCi at initial onset. Clinical characteristics of the patients with PCi were compared to those without PCi. Neurological outcomes were assessed using the modified Rankin Scale (mRS) in the preoperative and postoperative follow-up periods. A five-year Kaplan-Meier stroke risk was calculated. RESULTS: The frequency of presenting with infarction was significantly higher among patients with PCi than among those without PCi (p = 0.006). mRS scores in the preoperative period were significantly higher in patients with PCi than in patients without PCi (p = 0.0004). There were no significant differences in mRS scores between the preoperative and postoperative follow-up period in patients with PCi (p = 0.3), nor were there any between the preoperative and postoperative follow-up periods in patients without PCi (p = 0.2). The five-year Kaplan-Meier risk of surgical morbidity and ipsilateral stroke was 14.3 % in surgically treated hemispheres with PCi versus 14.9 % in surgically treated hemispheres without PCi (p = 0.96). CONCLUSIONS: PCi at initial onset was significantly correlated with poor outcome. Revascularization for the middle cerebral artery territory in patients with PCi was effective at preventing recurrent ischemic stroke.

    DOI: 10.1007/s00701-014-2136-3

    PubMed

    researchmap

  • 過呼吸賦活脳波のre-buildupにより発見されたもやもや病の1例

    石井 和嘉子, 岡 牧郎, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 大塚 頌子

    日本小児科学会雑誌   118 ( 5 )   842 - 842   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • Posterior circulation in moyamoya RESPONSE

    Tomohito Hishikawa, Isao Date

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   120 ( 5 )   1240 - 1241   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS  

    Web of Science

    researchmap

  • 当施設における症候性脳血管攣縮 岡山大学における症候性脳血管攣縮への対策と現状 過去10年間の治療成績の検討

    菱川 朋人, 清水 智久, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 小野 成紀, 伊達 勲

    脳血管攣縮   29   23 - 26   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    過去10年間に外科治療を行った脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血88例(男40例、女48例、平均65.4歳)の成績を報告した。治療方法はclip 42例、coil 46例で、2007年以前(前期)の52例ではclip 34例、coil 18例、2008年以降(後期)の36例ではそれぞれ8例、28例とcoilが有意に増加していた。治療直前のHunt and Kosnik gradeは前期と後期で有意差はなく、clipとcoilの比較では前期がcoilで有意にgradeが高かったが、後期は有意差がなかった。症候性血管攣縮は25例に認め、前期35%、後期19%で有意差はなかった。退院時modified Rankin Scaleで0〜2の予後良好は前期32.7%、後期33.3%、3〜6の予後不良例のうち症候性血管攣縮が主な予後規定因子となったのはそれぞれ20%、16.7%と有意差はなかった。

    researchmap

  • Nationwide survey of the nature and risk factors of complications in embolization of meningiomas and other intracranial tumors: Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy 2 (JR-NET2). 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Koji Tokunaga, Isao Date, Nobuyuki Sakai

    Neuroradiology   56 ( 2 )   139 - 44   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Embolization of intracranial tumor is widely performed in Japan, mainly before neurosurgical resection. A retrospective, multicenter, observational study in Japan was conducted to clarify the nature, frequency, and risk factors of complications in intracranial tumor embolization. METHODS: Patients were derived from the Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy 2 (JR-NET2). A total of 20,854 patients were enrolled in JR-NET2, of which 1,018 patients (4.88 %) with intracranial tumors underwent embolization. The primary end point was the proportion of patients with a modified Rankin scale (mRS) score of 0-2 (independency) at 30 days. The secondary end point was the occurrence of complications related to the procedures. The risk factors of the occurrence of complications were studied. RESULTS: The proportion of patients with mRS scores ≤2 at 30 days after procedure was 91.3 %. Complications occurred in 15 of the 1,012 patients (1.48 %). Multivariate analysis showed that embolization for tumors other than meningioma (OR, 4.626; 95 % CI, 1.347-14.59; p = 0.0105) was significantly associated with the development of complications. CONCLUSION: The frequency of complications after intracranial tumor embolization was relatively low in this large Japanese cohort. Embolization for tumors other than meningioma was the only significant risk factor for the occurrence of complications.

    DOI: 10.1007/s00234-013-1300-4

    PubMed

    researchmap

  • 教訓的症例に学ぶシリーズ 閉塞した橈骨動脈バイパスグラフトに間接的な側副血行の発達を認め治療完遂に至った海綿静脈洞部巨大内頚動脈瘤の1例

    徳永 浩司, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    Neurological Surgery   42 ( 1 )   59 - 64   2014年1月

  • [Spontaneous indirect revascularization through the failed radial artery bypass in a patient with a giant intracavernous internal carotid artery aneurysm].

    Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   42 ( 1 )   59 - 64   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Cerebral vasospasm in patients over 80 years treated by coil embolization for ruptured cerebral aneurysms. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Yuji Takasugi, Tomohisa Shimizu, Jun Haruma, Masafumi Hiramatsu, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    BioMed research international   2014   253867 - 253867   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECT: The effect on clinical outcomes of symptomatic vasospasm after aneurysmal subarachnoid hemorrhage (SAH) in patients over 80 years who underwent coil embolization was evaluated. METHODS: Forty-four cases were reviewed and divided into two groups according to patient age: Group A, 79 years or younger, and Group B, 80 or older. Patient characteristics, prevalence of symptomatic vasospasm, modified Rankin Scale (mRS) scores at discharge and frequency of symptomatic vasospasm in patients with mRS scores of 3-6 were analyzed. RESULTS: Thirty-two (73%) of the 44 cases were categorized as Group A and 12 (27%) as Group B. Group B had a significantly higher prevalence of symptomatic vasospasm compared to Group A (P=0.0040). mRS scores at discharge were significantly higher in Group B than in Group A (P=0.0494). Among cases with mRS scores of 3-6, there was a significantly higher frequency of symptomatic vasospasm in Group B than in Group A (P=0.0223). CONCLUSIONS: In our cohort of aneurysmal SAH patients treated by coil embolization, patients over 80 years of age were more likely to suffer symptomatic vasospasm, which significantly correlated with worse clinical outcomes, than those 79 years and under.

    DOI: 10.1155/2014/253867

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Epidemiology of Dural Arteriovenous Fistula in Japan: Analysis of Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET2).

    Masafuni Hiramatsu, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Jun Haruma, Koji Tokunaga, Isao Date, Naoya Kuwayama, Nobuyuki Sakai

    Neurologia medico-chirurgica   54 Suppl 2   63 - 71   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy 2 (JR-NET2) database and used the information for a retrospective, nation-wide multicenter, observational study to clarify the clinical characteristics, current status of procedures, and outcome of patients treated by neuroendovascular therapy in Japan. In this report, we analyzed the clinical characteristics of dural arteriovenous fistulas (dAVFs) in the JR-NET2 database. All patients with dAVFs treated with endovascular therapy in 150 Japanese hospitals were included. Patient characteristics, clinical presentations, and imaging characteristics were analyzed. A total of 1,075 patients with dAVFs underwent 1,520 endovascular procedures. Of 1,075 patients, 45% were men and 55% were women. The mean age was 65±13 years. The most frequent location of dAVFs was the cavernous sinus (43.6%), followed by the transverse-sigmoid sinus (TSS) (33.4%). Twelve percent of the patients had intracranial hemorrhage, 9% had venous infarction, and 3% had convulsion. The statistically significant independent risk factors of intracranial hemorrhage were TSS, superior sagittal sinus (SSS), tentorium, anterior cranial fossa, cranio-cervical junction, cortical venous reflux (CVR), and varix. Risk factors of venous infarction were age older than 60 years, male sex, TSS, SSS, and CVR. Risk factors of convulsion were male sex, SSS, and CVR. This is the largest nationwide report, to date, of the clinical characteristics of dAVFs treated by neuroendovascular therapy. CVR was a major risk factor of aggressive symptoms.

    PubMed

    researchmap

  • 海綿静脈洞部大型・巨大内頚動脈瘤に対する頭蓋外内バイパス術とそのピットフォール

    徳永 浩司, 菱川 朋人, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳卒中の外科   42 ( 3 )   189 - 195   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳卒中の外科学会  

    Our treatment modalities and techniques for intracavernous large or giant internal carotid artery (ICA) aneurysms have been changed based on past clinical experience. We report clinical results and pitfalls of bypass surgery for intracavernous ICA aneurysms. <br>This study included unruptured symptomatic 37 intracavernous ICA aneurysms in 36 patients. Treatment methods were selected based on the anatomical features of the aneurysm and neurological/hemodynamic conditions during balloon test occlusion (BTO).<br>Eleven aneurysms were treated without bypass surgery. Low flow bypass (STA-MCA anastomosis) was performed for 18 aneurysms, and eight aneurysms were treated with high flow bypass. A saphenous vein graft was originally used for high flow bypass, but it was changed with a radial artery because of the problem of long-term patency. ICA occlusion was accomplished by ligation of the cervical ICA alone in the early cases until we encountered a case with brain infarction due to emboli from the aneurysm after ICA ligation. Accordingly, ICA occlusion was performed by endovascular internal trapping two days after bypass surgery. There was, however, a case of graft thrombosis before ICA occlusion. We now occlude ICA by surgical trapping between the neck and the intracranial ICA immediately after revascularization. No patients had permanent ischemic neurological deficits due to cerebral hypoperfusion after ICA occlusion.<br>Our treatment algorithm based on BTO was reliable. When the patients undergo bypass surgery, we perform ICA occlusion by surgical trapping between the neck and the intracranial portion. <br>

    DOI: 10.2335/scs.42.189

    CiNii Article

    researchmap

  • 小児によく見られる脳卒中:特徴と原因疾患

    菱川 朋人, 伊達 勲

    脳卒中   36 ( 2 )   96 - 98   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳卒中学会  

    要旨:小児の脳卒中には小児にのみ見られる疾患と小児成人両者に見られる疾患が存在する.成人と比較して遥かに頻度は少ないが,成人とは異なる病態を有し,その原因が多岐にわたることが小児の脳卒中の最大の特徴である.米国のデータによれば虚血性脳卒中が57%,出血性脳卒中が43%を占める.小児の脳卒中の原因の中でも特に重要と思われる新生児の出血性脳卒中,急性小児片麻痺,もやもや病,動脈解離,脳動静脈奇形に焦点を当て解説を行う.最後に小児の脳卒中の課題についても言及する.

    DOI: 10.3995/jstroke.36.96

    CiNii Article

    researchmap

  • Epidemiology of dural arteriovenous fistula in Japan: Analysis of Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET2).

    Masafumi Hiramatsu, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Jun Haruma, Koji Tokunaga, Isao Date, Naoya Kuwayama, Nobuyuki Sakai

    Neurologia medico-chirurgica   54 ( 1 )   63 - 71   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy 2 (JR-NET2) database and used the information for a retrospective, nation-wide multicenter, observational study to clarify the clinical characteristics, current status of procedures, and outcome of patients treated by neuroendovascular therapy in Japan. In this report, we analyzed the clinical characteristics of dural arteriovenous fistulas (dAVFs) in the JR-NET2 database. All patients with dAVFs treated with endovascular therapy in 150 Japanese hospitals were included. Patient characteristics, clinical presentations, and imaging characteristics were analyzed. A total of 1,075 patients with dAVFs underwent 1,520 endovascular procedures. Of 1,075 patients, 45% were men and 55% were women. The mean age was 65 ± 13 years. The most frequent location of dAVFs was the cavernous sinus (43.6%), followed by the transverse-sigmoid sinus (TSS) (33.4%). Twelve percent of the patients had intracranial hemorrhage, 9% had venous infarction, and 3% had convulsion. The statistically significant independent risk factors of intracranial hemorrhage were TSS, superior sagittal sinus (SSS), tentorium, anterior cranial fossa, cranio-cervical junction, cortical venous reflux (CVR), and varix. Risk factors of venous infarction were age older than 60 years, male sex, TSS, SSS, and CVR. Risk factors of convulsion were male sex, SSS, and CVR. This is the largest nationwide report, to date, of the clinical characteristics of dAVFs treated by neuroendovascular therapy. CVR was a major risk factor of aggressive symptoms.

    PubMed

    researchmap

  • 【血管新生阻害薬の展開】脳神経外科疾患における血管新生促進と血管新生抑制 もやもや病とグリオーマに関して

    伊達 勲, 菱川 朋人, 黒住 和彦

    最新医学   68 ( 12 )   2672 - 2678   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)最新医学社  

    脳神経外科疾患の治療に関しては,血管新生を促進することが有利に働く場合と,血管新生を抑制することが有利に働く場合とがある.前者の代表的疾患がもやもや病であり,後者の代表的疾患がグリオーマである.両者について,関連する基礎研究,臨床研究を解説し,血管新生の促進・抑制がどのように治療にかかわっているかを考察する.両者に共通のキーワードがありながら,一方では善玉として,一方では悪玉として扱われる点は興味深いところである.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00516&link_issn=&doc_id=20131209040013&doc_link_id=%2Fap7saisa%2F2013%2F006812%2F014%2F2672-2678%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fap7saisa%2F2013%2F006812%2F014%2F2672-2678%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Surgical Outcomes and Predictors of Stroke in a North American White and African American Moyamoya Population COMMENTS

    R. Michael Scott, Tomohito Hishikawa, Isao Date, Miki Fujimura

    NEUROSURGERY   73 ( 6 )   991 - 992   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 小児もやもや病における年齢別虚血病態の検討

    菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   25 ( 1 )   144 - 144   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 対側頸動脈閉塞を伴う頸動脈狭窄症に対するCarotid artery stentingの有用性の検討

    清水 智久, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   326 - 326   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 80歳以上の破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術

    新治 有径, 菱川 朋人, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   297 - 297   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • middle temporal veinアプローチによる経静脈塞栓術を施行した硬膜動静脈瘻の2症例

    西廣 真吾, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 清水 智久, 春間 純, 高杉 祐二, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   324 - 324   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤に合併した脳底動脈閉塞の1例

    守本 純, 杉生 憲志, 豊嶋 敦彦, 清水 智久, 春間 純, 大熊 佑, 平松 匡文, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   279 - 279   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • コイルのaccidental detachmentに対する対処法 症例報告

    豊嶋 敦彦, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 菱川 朋人, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   292 - 292   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 本邦における硬膜動静脈瘻に対する治療成績の検討 JR-NET2の解析より

    春間 純, 平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 伊達 勲, 桑山 直也, 坂井 信幸

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   182 - 182   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 複合テクニックを駆使した脳動脈瘤塞栓術の治療成績

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 清水 智久, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   193 - 193   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 本邦における硬膜動静脈瘻の臨床的特徴 JR-NET2の解析より

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 徳永 浩司, 伊達 勲, 桑山 直也, 坂井 信幸

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   182 - 182   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈狭窄症に対するtailored CASの治療成績と臨床研究

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 高杉 祐二, 春間 純, 清水 智久, 平松 匡文, 菱川 朋人, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   172 - 172   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 本邦における頭蓋内腫瘍に対する塞栓術の治療成績(JR-NET2解析)

    菱川 朋人, 杉生 憲志, 平松 匡文, 春間 純, 高杉 祐二, 徳永 浩司, 伊達 勲, 坂井 信幸

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   180 - 180   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 症候性脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療効果の検討

    高杉 祐二, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   165 - 165   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後大脳動脈瘤に対する血管内治療

    春間 純, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 清水 智久, 高杉 祐二, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   169 - 169   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血急性期におけるspreading depressionの新しい観察方法

    清水 智久, 菱川 朋人, 高杉 祐二, 春間 純, 平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 武田 吉正, 森松 博史, 伊達 勲

    脳循環代謝   25 ( 1 )   184 - 184   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • Angio machineを使いこなせ 血管撮影装置の多面的活用 画質向上、血行動態評価、データ管理の視点から

    平松 匡文, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 高杉 祐二, 清水 智久, 春間 純, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   7 ( 6 )   156 - 156   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 外科治療と循環代謝 ラット慢性脳虚血モデルに対する血行再建術におけるVEGFおよびapelin遺伝子の血管新生効果についての検討

    平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 春間 純, 清水 智人, 高杉 祐二, 伊達 勲, 木戸屋 浩康, 高倉 伸幸

    脳循環代謝   25 ( 1 )   113 - 113   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • Incidence and risk factors of chronic subdural hematoma after aneurysmal clipping. 国際誌

    Takayuki Ohno, Koji Iihara, Jun C Takahashi, Norio Nakajima, Tetsu Satow, Tomohito Hishikawa, Izumi Nagata, Kazuo Yamada, Susumu Miyamoto

    World neurosurgery   80 ( 5 )   534 - 7   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Chronic subdural hematoma (CSDH) after aneurysmal clipping is a rare complication, but its incidence and risk factors are not known in detail. We retrospectively reviewed our cases requiring surgery for CSDH after clipping. METHODS: In our hospital, between January 2000 and December 2006, 794 patients (unruptured, 58.0%) underwent clipping surgery for aneurysm of the anterior circulation. We reviewed incidence and risk factors of CSDH after clipping. For the past 2 years, we reviewed all computed tomography scans for 163 unruptured aneurysms, and examined the relationship between an increase of subdural fluid collection (SFC) and development of CSDH. RESULTS: Fifteen patients (1.9%) developed CSDH after clipping, which required evacuation. Among those, 13 had unruptured aneurysms (2.8%), a much higher percentage than for ruptured aneurysms (0.9%). On univariate statistical analysis, risk factors of CSDH were associated with advanced age (P = 0.0005), male gender (P = 0.04), and unruptured aneurysms (P = 0.02). Aneurysmal location was not related to the development of postoperative CSDH. Contralateral CSDH occurred in 3 patients, but no middle cerebral artery aneurysm developed contralateral CSDH. An increase in postoperative SFC during 1 week was a significant risk factor for CSDH (P = 0.001). CONCLUSIONS: In addition to the classic risk factors, this study showed that clipping for unruptured aneurysms carries a higher risk for CSDH compared to ruptured aneurysms. We suggest that an increase of SFC during 1 week postoperatively can be a factor in predicting CSDH after clipping.

    DOI: 10.1016/j.wneu.2012.09.025

    PubMed

    researchmap

  • Mannitol enhances therapeutic effects of intra-arterial transplantation of mesenchymal stem cells into the brain after traumatic brain injury. 国際誌

    Yu Okuma, Feifei Wang, Atsuhiko Toyoshima, Masahiro Kameda, Tomohito Hishikawa, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Keyue Liu, Jun Haruma, Masahiro Nishibori, Takao Yasuhara, Isao Date

    Neuroscience letters   554   156 - 61   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Traumatic brain injury (TBI) sustained in a traffic accident or a fall is a major cause of death that affects a broad range of ages. The aim of this study was to investigate the therapeutic effects of intra-arterial transplantation of mesenchymal stem cells (MSCs) combined with hypertonic glycerol (25%) or mannitol (25%) in a TBI model of rats. TBI models were produced with a fluid percussion device. At 24h after TBI, MSCs (1×10(6)cells/100μl) with glycerol or mannitol were administered via the right internal carotid artery. Rats were evaluated behaviorally and immunohistochemically, and hyperpermeability of the blood-brain barrier (BBB) induced by hypertonic solutions was explored. Compared to PBS or glycerol, the administration of mannitol resulted in increased BBB disruption. The mannitol-treated rats showed significant improvement in motor function. Intra-arterial transplantation of MSCs caused no thromboembolic ischemia. Immunohistochemically, more MSCs were observed in the injured brain tissues of mannitol-treated rats than in glycerol or PBS-treated rats at 24h after transplantation. Intra-arterial transplantation of MSCs combined with mannitol is an effective treatment in a TBI model of rats. This technique might be used for patients with diseases of the central nervous system including TBI.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2013.08.058

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of the difference in posterior circulation involvement between pediatric and adult patients with moyamoya disease. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    Journal of neurosurgery   119 ( 4 )   961 - 5   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECT: There is no description of the change in the posterior cerebral artery (PCA) in the diagnostic criteria of moyamoya disease (MMD). However, PCAs are often involved in the clinical setting, and an understanding of the significance of PCA lesions is therefore of great importance when evaluating the disease progression and predicting prognosis. The aim of this study was to assess the difference in posterior circulation involvement in pediatric and adult patients with MMD. METHODS: The records of 120 consecutive patients with MMD were reviewed. The clinical manifestations at diagnosis were evaluated on the basis of symptoms and CT and MRI findings. The degree of steno-occlusive internal carotid artery (ICA) lesions and the existence of steno-occlusive PCA lesions were evaluated by observing a total of 240 ICAs and PCAs on angiography. Angiographic correlation between anterior and posterior circulation was assessed in pediatric and adult patients with MMD. RESULTS: Seventeen (26%) of 66 pediatric patients and 18 (33%) of 54 adult patients exhibited steno-occlusive PCA lesions. There was no significant difference in the prevalence of PCA lesions between pediatric and adult patients with MMD (p = 0.36). The prevalence of infarction in pediatric and adult patients with PCA involvement was significantly higher than that in pediatric and adult patients without PCA involvement (p = 0.0003 and p = 0.003, respectively). There was no significant difference in the distribution of infarction areas between pediatric and adult patients with PCA involvement (p = 0.62). On the basis of the staging system used, steno-occlusive lesions in ICAs ipsilateral to PCAs with lesions were in significantly advanced stages compared with lesions in ICAs ipsilateral to PCAs without lesions in both pediatric and adult cases (p < 0.0001 and p = 0.0008, respectively). Pediatric patients had less advanced steno-occlusive lesions in ICAs ipsilateral to PCAs with lesions compared with adults (p < 0.05). CONCLUSIONS: The clinical significance of posterior circulation involvement in MMD was similar between pediatric and adult patients. The only significant difference was that less advanced ICA lesions could complicate posterior circulation involvement in pediatric patients.

    DOI: 10.3171/2013.6.JNS122099

    PubMed

    researchmap

  • Novel 3D-CT evaluation of carotid stent volume: greater chronological expansion of stents in patients with vulnerable plaques. 国際誌

    Hisakazu Itami, Koji Tokunaga, Yu Okuma, Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Kentaro Ida, Isao Date

    Neuroradiology   55 ( 9 )   1153 - 60   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Although self-expanding carotid stents may dilate gradually, the degrees of residual stenosis have been quantified by the NASCET criteria, which is too simple to reflect the configuration of the stented artery. We measured the volumes of the stent lumens chronologically by 3D-CT in patients after carotid artery stenting (CAS), and analyzed the correlations between the volume change and medical factors. METHODS: Fourteen patients with carotid artery stenosis were treated using self-expanding, open-cell stents. All patients underwent preoperative plaque MRI (magnetization-prepared rapid acquisition gradient-echo, MPRAGE) and chronological 3D-CT examinations of their stents immediately after their placement and 1 day, 1 week, and 1 month after the procedure. The volume of the stent lumen was measured using a 3D workstation. The correlations between stent volume and various factors including the presence of underlying diseases, plaque characteristics, and the results of the CAS procedure were analyzed. RESULTS: Stent volume gradually increased in each case and had increased by 1.04-1.55 (mean, 1.25)-fold at 1 postoperative month. The presence of underlying medical diseases, plaque length, the degree of residual stenosis immediately after CAS, and plaque calcification did not have an impact on the change in stent volume. On the other hand, the stent volume increase was significantly larger in the patients with vulnerable plaques that demonstrated high MPRAGE signal intensity (P < 0.05). CONCLUSIONS: A 3D-CT examination is useful for precisely measuring stent volume. Self-expanding stents in carotid arteries containing vulnerable plaques expand significantly more than those without such plaques in a follow-up period.

    DOI: 10.1007/s00234-013-1223-0

    PubMed

    researchmap

  • [Endovascular treatment of basilar artery aneurysms associated with fenestration].

    Hisakazu Itami, Kenji Sugiu, Masafumi Hiramatsu, Koji Tokunaga, Jun Haruma, Yu Okuma, Tomohito Hishikawa, Ayumi Nishida, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   41 ( 7 )   583 - 92   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aneurysms at the vertebrobasilar junction are often found with basilar artery(BA)fenestration. We encountered 10 consecutive cases of aneurysms associated with BA fenestration. The purpose of this study is to describe the frequency, clinical features, and outcome of these aneurysms treated by endovascular procedure. The incidence of these aneurysms in our series was 1.9%. All aneurysms were successfully treated by coil embolization. Half of them were treated by using simple technique, and the other half were treated by using adjunctive techniques such as balloon remodeling technique. 70% of these cases were ruptured, and all except one case showed good recovery at the time of discharge. We found 63 reported cases of this aneurysm in the literature between 2000 and 2012. 57 out of 63 aneurysms were treated by endovascular means with good clinical results. The usefulness of endovascular procedure is reported to be superior to surgical clipping because of their anatomical complexity and the difficulty of surgical exposure for clipping. We conclude that outcome of these aneurysms is favorable and endovascular procedure has become their standard treatment for these aneurysms.

    PubMed

    researchmap

  • 脳底動脈窓形成部動脈瘤に対する血管内治療の有用性

    伊丹 尚多, 杉生 憲志, 平松 匡文, 徳永 浩司, 春間 純, 大熊 佑, 菱川 朋人, 西田 あゆみ, 伊達 勲

    Neurological Surgery   41 ( 7 )   583 - 592   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    血管内治療を行った脳動脈瘤539例中脳底動脈窓形成部動脈瘤10例(男性2例、女性8例、平均51.6歳)について検討した。発症頻度は1.9%、動脈瘤の最大径は平均4.6cmで、動脈瘤破裂が7例(平均47.7歳)であった。窓形成は9例で、椎骨脳底動脈(VA-BA)合流部に認め、全例で動脈瘤は窓形成部の近位側から発生していた。血管内治療方法は、5例でsimple technique、4例でballoon remodeling technique、1例でdouble-catheter techniqueによるコイル塞栓術を行った。画像上の塞栓結果は、8例がcomplete occlusion、2例がneck remnantであった。手技に伴う合併症は認めず、Glasgow Outcome Scaleによる退院時転帰は9例がgood recoveryであり、転帰不良の1例はクモ膜下出血による一次脳損傷のため、重篤な後遺症が残存したものであった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20130712110003&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436102031&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436102031&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • [Endovascular treatment for cervical carotid artery aneurysm: a case report].

    Yasuhiko Hattori, Kenji Sugiu, Tomohito Hishikawa, Koji Tokunaga, Kazuya Takahashi, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   41 ( 6 )   515 - 23   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report here a case of cervical carotid artery aneurysm. This 37-year-old male suffered from acute neck swelling when he was taking lunch after physical work. Ultrasonography demonstrated a cervical pseudoaneurysm and a jet flow, which was blowing into the dome from the carotid artery. Angiogram revealed an aneurysm with a diameter of 3 cm at the bifurcation of the common carotid artery. Coil embolization using double-catheter technique was performed and complete occlusion of the aneurysm was obtained without any complications. The patient returned to his normal life. Cervical carotid artery aneurysms are rare and they induce pain by swelling in the neck, hoarseness, swallowing disturbance, hemorrhage, and cerebral ischemia due to embolism. In case of a cervical carotid artery aneurysm, safe and effective treatments are required and endovascular treatment should be considered. Although stent-assisted coil embolization or covered-stent placement were reported as an effective treatment for cervical aneurysms, coil embolization without using a stent was performed in this particular patient who is a young, blue-collar worker because the avoidance of long-term anti-platelet therapy was desirable. Preoperative evaluation is important to select adequate treatment.

    PubMed

    researchmap

  • 頸部頸動脈瘤に対し血管内治療を行った1例

    服部 靖彦, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 高橋 和也, 伊達 勲

    Neurological Surgery   41 ( 6 )   515 - 523   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    37歳男。激痛を伴う突然の頸部腫脹をきたし嚥下・呼吸困難となり、頸動脈瘤と診断され紹介となった。頸部MRIでは、左頸動脈分岐部内側にT1WIでisoからhigh、T2WIでhigh intensityの腫瘤を認め、このため気道は圧排されていた。MRAとCTAも同様の所見であったが、MRAでは瘤内への血液流入はslowであった。超音波では左頸動脈分岐部内側の約1.1mmのsmall orificeから瘤内へ拍動性に血液がジェット流入し、動脈解離による仮性動脈瘤が疑われた。発症後55日目の左総頸動脈撮影では、頸動脈分岐部内部内側にorificeをもち、内側に突出する動脈瘤を認め、エコー所見と同様に瘤内へ拍動性に造影剤がジェット流入していた。また、瘤の大きさに比較してorificeは小さく、瘤全体が造影されるのは毛細血管相で、静脈相以降も瘤内に造影剤が停滞していた。BTOを施行したところ、約4分後に左眼のblurred visionが出現した。血流遮断中のECD-SPECTでは左内頸動脈領域の血流低下を認めた。以上から、内頸動脈を温存しての瘤内コイル塞栓術、必要があればステント留置術を追加する予定とした。発症後80日目に施行したがステント留置は行わず、クロピドグレルは術後1週間で中止した。退院後も経過良好で、X線、MRI上coil massの縮小傾向を認め、術後3ヵ月でアスピリンも内服中止とした。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20130613140007&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436102015&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436102015&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 後腹膜出血で発症し,経動脈的および経静脈的塞栓術により根治に至ったparaspinal arteriovenous fistulaの1例

    豊嶋 敦彦, 徳永 浩司, 眞鍋 博明, 杉生 憲志, 平松 匡文, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 伊達 勲

    Neurological Surgery   41 ( 5 )   429 - 435   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    72歳女。幼少期に脊椎疾患で手術加療を受けた既往があった。自転車走行中に乗用車にはねられ救急搬送され、左肘関節骨折・左腓骨骨折・骨盤輪部分不安定型骨折を認めた。また、造影CTでL3、L4レベルの右腸腰筋内に上下2個の静脈瘤と思われる血管拡張と、それに流入する多数のfeeder、右L3/4椎間孔から脊柱管内に入り硬膜外を下行するdrainerを認め、paraspinal arteriovenous fistula(AVF)と診断した。AVFからの出血はなく、脊髄や神経根の症状もなかったが、入院後5日に右鼠径部痛が出現し、造影CTで静脈瘤のうち下方のものが著明に拡大して、一部の血栓化と後腹膜腔への出血も認めた。静脈瘤の破裂による後腹膜出血と診断し、経動脈的コイル塞栓術を行った。術後再出血は認めなかったが、術後約4ヵ月の造影CTでシャント血流の再増大を認め、経静脈的コイル塞栓術を行い、AVFの消失を確認し手術を終了した。術後5日に軽快退院し、術後3ヵ月の造影CTで静脈瘤とdrainerの消失を確認した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20130517090008&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436101995&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436101995&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • [A case of a paraspinal arteriovenous fistula presenting with retroperitoneal hemorrhage treated by staged transarterial and transvenous embolization].

    Atsuhiko Toyoshima, Koji Tokunaga, Hiroaki Manabe, Kenji Sugiu, Masafumi Hiramatsu, Hisakazu Itami, Tomohito Hishikawa, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   41 ( 5 )   429 - 35   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a rare case of a paraspinal arteriovenous fistula(AVF)treated by combined transarterial and transvenous embolization(TAE/TVE). A 72-year-old woman was admitted after a traffic accident. Abdominal enhanced CT disclosed pre-existing large varices at the L3-L4 level in the right retroperitoneum with multiple feeding arteries and veins draining into the extradural venous plexus in the spinal canal. The lesion was diagnosed as a paraspinal AVF. Four days later, the patient went into a state of shock. Emergency abdominal CT showed retroperitoneal hemorrhage due to rupture of the varix. TAE of the feeders from the right L1-L4 arteries was performed, and rebleeding from the varix was prevented. Three months later, follow-up CTA showed regrowth of the AVF, and TVE was performed. Two microcatheters were navigated transvenously into the varix, and detachable coils were delivered into the small compartment just downstream to the shunts, leading to complete obliteration. We conclude that transarterial flow reduction followed by occlusion of the venous side of the shunts is effective to achieve cure of a complex and high-flow paraspinal AVF.

    PubMed

    researchmap

  • Clinical and radiographic features of moyamoya disease in patients with both cerebral ischaemia and haemorrhage. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    British journal of neurosurgery   27 ( 2 )   198 - 201   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Patients with moyamoya disease (MMD) very rarely develop both cerebral ischaemia and haemorrhage. The aim of this study was to clarify the clinical and radiographic features of MMD in patients who presented with both ischaemia and haemorrhage, compared with MMD patients who presented with one or the other. MATERIALS AND METHODS: The records of 92 consecutive patients with MMD were reviewed. These patients were divided into three groups, according to the type of presentation: ischaemic presentation (Group I); haemorrhagic presentation (Group H); and haemorrhagic-ischaemic presentation (Group H-I). The patient characteristics, areas of infarction, and angiographic findings were evaluated. RESULTS: Seventy-six (82%) of the 92 patients were categorised as Group I, 7 (8%) as Group H, and 9 (10%) as Group H-I. Median follow-up periods for Group H-I was 55 months (IQR, 36-116 months). There were eight females in Group H-I, in which the median age was 30 years. Of the nine cases in Group H-I, six presented with cerebral haemorrhage as the precedent event and three had complications during the acute phase. In Group H-I, the prevalence of posterior cerebral artery (PCA) lesions was high (42%) and infarctions were most frequently found in PCA-related areas. CONCLUSIONS: The presence of steno-occlusive PCA lesions may be of pathogenic importance in MMD patients who develop both cerebral ischaemia and haemorrhage. The prevalence of this type of stroke in MMD patients is higher than expected, and further investigation in clinical settings is thus warranted.

    DOI: 10.3109/02688697.2012.717983

    PubMed

    researchmap

  • 胸腰椎部硬膜動静脈瘻の術中所見と治療結果の検討

    三好 康之, 安原 隆雄, 眞鍋 博明, 服部 靖彦, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脊髄外科   27 ( 1 )   45 - 51   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊髄外科学会  

    胸腰椎部硬膜動静脈瘻19例(男16例、女3例、平均63.8歳)の治療成績を報告した。栄養動脈は中下位肋間動脈14例、腰動脈5例であった。塞栓術は15例に施行し、provocation test陽性の6例中4例でコイルを用いたが非治癒または再発となった。NBCAを用いた11例は8例で治癒が得られ、3例は再発した。直達手術は10例に施行し、全例治癒が得られた。術後観察期間平均72.2ヵ月で、脊髄梗塞を来たした1例で神経症状の悪化を認め、術前症状が重度で脊髄の萎縮が認められた2例は改善がなかったが、他の15例は改善がみられ、下肢運動症状は13例中10例、下肢感覚障害は14例中8例、直腸・膀胱障害は7例中4例で改善した。術中所見では、瘻孔に連なる導出静脈は全例1本で、部位は椎間孔背側が8例、歯状靱帯レベルの椎間孔尾側、椎間孔内各1例であった。異常血管叢の部位は硬膜外4例、硬膜内3例、硬膜内外2例、不明1例であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J02943&link_issn=&doc_id=20130510160007&doc_link_id=10.2531%2Fspinalsurg.27.45&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2531%2Fspinalsurg.27.45&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Fatal outcomes of pediatric patients with moyamoya disease associated with pulmonary arterial hypertension. Report of two cases. 国際誌

    Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Isao Date

    Clinical neurology and neurosurgery   115 ( 3 )   335 - 8   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clineuro.2012.05.002

    PubMed

    researchmap

  • Safety and Efficacy of Endovasucular Treatment of Superior Hypophyeal Artery Aneurysms: A Review of 86 Cases

    Jun Haruma, Kenji Sugiu, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Kyouhei Kin, Naoya Kidani, Tomohisa Shimizu, Yu Ohkuma, Masafumi Hiramatsu, Isao Date

    STROKE   44 ( 2 )   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Stereotactic Radiosurgery For Dural Arteriovenous Fistula Reflactory To Endovascular Treatment

    Tomohisa Shimizu, Kenji Sugiu, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Yu Okuma, Isao Date, Kengo Sato, Yoshimi Baba

    STROKE   44 ( 2 )   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Usefulness of Staged Angioplasty for Carotid Artery Stenting

    Naoya Kidani, Kenji Sugiu, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Masafumi Hiramatsu, Atsuhiko Toyoshima, Yu Okuma, Tomohisa Shimizu, Jun Haruma, Isao Date

    STROKE   44 ( 2 )   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Transvenous Approach Of Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistula

    Kyohei Kin, Kenji Sugiu, Kouji Tokunaga, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Yu Ohkuma, Tomohisa Shimizu, Tomohito Hishikawa, Isao Date

    STROKE   44 ( 2 )   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 【血管奇形の基礎と臨床】頭蓋内硬膜動静脈瘻の分類と治療

    杉生 憲志, 平松 匡文, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 大熊 佑, 春間 純, 清水 智久, 伊達 勲

    脳神経外科ジャーナル   22 ( 1 )   37 - 43   2013年1月

  • 頚動脈内膜剥離術あるいは頚動脈ステント留置術施行後の患者固有データに基づく頚動脈血流の流体力学的シミュレーション

    早瀬 仁志, 伊達 勲, 徳永 浩司, 中山 敏男, 杉生 憲志, 西田 あゆみ, 有光 帥二, 菱川 朋人, 小野 成紀, 太田 信

    岡山医学会雑誌   125 ( 1 )   5 - 7   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    DOI: 10.4044/joma.125.5

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/49377

  • Intra-cranial dural arteriovenous fistula: Classification and treatment

    Kenji Sugiu, Masafumi Hiramatsu, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Yu Ohkuma, Jun Haruma, Tomohisa Shimizu, Isao Date

    Japanese Journal of Neurosurgery   22 ( 1 )   37 - 43   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Intracranial dural arteriovenous fistulas (dAVFs) are pathologic dural-based shunts and distinguished from parenchymal AVM by the presence of a dural arterial supply and the absence of a parenchymal nidus. Their symptoms and prognosis are strongly related to the pattern of their venous drainage system. The presence of cortical venous reflux (CVR) is an aggressive feature indicating that there is a high risk of cerebral bleeding or progressive neurological deficits. Endovascular treatment has become the mainstream dAVF therapy. In general, trans-venous coil embolization is adapted to sinusal type dAVFs (i.e. cavernous sinus or transverse-sigmoid dAVFs) and trans-arterial glue embolization is applied to non-sinusal type dAVFs (i.e. anterior skull base or tentorial dAVFs). Direct surgery and stereotactic radiosurgery are indicated in cases in which endovascular approaches have failed or are not feasible.

    DOI: 10.7887/jcns.22.37

    Scopus

    researchmap

  • 脳動脈瘤塞栓術における"sheep technique"の有用性

    豊嶋 敦彦, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 清水 智久, 春間 純, 平松 匡文, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 伊達 勲

    脳神経血管内治療   7 ( 1 )   3 - 10   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会  

    【緒言】脳動脈瘤塞栓術において,血管分岐が急峻でバルーンカテーテルの挿入が困難な場合,他のカテーテルを先行させバルーンカテーテルを追随させる"sheep technique"が知られている.【症例1】70歳,男性.未破裂中大脳動脈瘤で,右M2の分岐が急峻でバルーンカテーテル挿入が困難であり,sheep techniqueを用いてバルーン併用塞栓術を行い完全閉塞を得た.【症例2】71歳男性.破裂左内頚動脈分岐部瘤で,同様にsheep techniqueを用いてACAにバルーンカテーテルを誘導し良好な塞栓を得た.【結論】脳動脈瘤塞栓術において"sheep technique"が有用であった2例を報告した.

    DOI: 10.5797/jnet.7.3

    CiNii Article

    researchmap

  • 高難度動脈瘤塞栓術における複合補助テクニック

    杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 春間 純, 平松 匡文, 大熊 佑, 清水 智久, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   207 - 207   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸部内頸動脈瘤に対して血管内治療を行った1例

    服部 靖彦, 平松 匡文, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   299 - 299   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • バルーンによる圧着でコイルループの親動脈への突出を改善することができた脳動脈瘤コイル塞栓術

    平松 匡文, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 春間 純, 大熊 祐, 清水 智久, 菱川 朋人, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   301 - 301   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 血管内アプローチを用いた低侵襲サル中大脳動脈閉塞モデルの作製法

    大熊 佑, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 西堀 正洋, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   281 - 281   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 破裂動脈瘤コイル塞栓術後、脳内出血とDVT合併のHITに対しダナパロイドナトリウムが有効であった1例

    早瀬 仁志, 木下 公久, 遠部 英昭, 海野 正俊, 大西 学, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   282 - 282   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈ステント留置術 安全に行うための工夫 頸動脈狭窄症に対する我々のtailored CAS手技のupdates

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 平松 匡文, 春間 純, 清水 智久, 大熊 佑, 菱川 朋人, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   189 - 189   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 内頸動脈-上下垂体動脈瘤に対する血管内治療 86例の検討

    春間 純, 杉生 憲志, 清水 智久, 大熊 佑, 平松 匡文, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   316 - 316   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳血管内治療医にできるのはコイルを入れることだけか? dural AVFの新たな展開 硬膜動静脈瘻に対する集学的治療

    杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 大熊 佑, 春間 純, 清水 智久, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   178 - 178   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳血管内治療医にできるのはコイルを入れることだけか? dural AVFの新たな展開 難治性硬膜動静脈瘻に対するサイバーナイフ治療の有効性の検討

    清水 智久, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 大熊 佑, 伊達 勲, 佐藤 健吾, 馬場 義美

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   180 - 180   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳底動脈先端部血栓化動脈瘤に対してYステント併用コイル塞栓術を施行した1例

    大谷 理浩, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 伊丹 尚多, 平松 匡文, 大熊 佑, 伊達 勲

    Neurological Surgery   40 ( 11 )   1005 - 1012   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例は40歳女性で、突然の激しい頭痛後の意識障害で近医に救急搬送された。CTでクモ膜下出血と診断され、CTAで脳底動脈(BA)先端部に軽度膨隆が認められた。day1より意識清明となったが、左外転神経麻痺が出現した。CT・MRIでBA先端部に血栓化したmassを認め、破裂部分血栓化動脈瘤と診断され、day29に血管内治療のため当院に転院した。DSAでBA先端部にneck 4mm、高さ2mmの扁平型動脈瘤(血流腔)を認め、その上方の血栓内に火焔状に造影剤流入が認められた。両側後大脳動脈(PCA)にわたるwide-neck部分血栓化動脈瘤と判断し、抗血小板薬投与後のday36に全身麻酔科でコイル塞栓術を行った。瘤内火焔状の内部にHydroCoil、MicroPlex COSMOSを挿入・充填し、造影剤流入の消失を確認した。両側PCAから左右対称のYステントとして留置し、Neck近傍の血流腔を塞栓した。術後経過は良好でday47に独歩退院し、術後9ヵ月経過で元気に外来通院中である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20121112040013&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436101864&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436101864&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 後大脳動脈病変を有する虚血型もやもや病における長期予後の検証 小児例と成人例の比較

    菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   24 ( 1 )   171 - 171   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 胸椎硬膜外動静脈瘻に対する血管内塞栓術の1例

    木谷 尚哉, 杉生 憲志, 清水 智久, 春間 純, 大熊 佑, 豊嶋 敦彦, 平松 匡文, 菱川 朋人, 眞鍋 博明, 三好 康之, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   421 - 421   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脊髄硬膜動静脈瘻における外科治療介入のタイミングと予後との相関

    大熊 佑, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 三好 康之, 眞鍋 博明, 菱川 朋人, 平松 匡文, 豊嶋 敦彦, 春間 純, 清水 智久, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   423 - 423   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 経動脈的および経静脈的根治的塞栓術を行ったKlippel-Trenaunay-Weber症候群に合併する脊髄辺縁部動静脈瘻の1例

    金 恭平, 徳永 浩司, 春間 純, 菱川 朋人, 眞鍋 博明, 三好 康之, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   417 - 417   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後腹膜出血で発症したSpinal extradural AVFの1例

    豊嶋 敦彦, 杉生 憲志, 清水 智久, 春間 純, 大熊 祐, 平松 匡文, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   418 - 418   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する経静脈的アプローチ法の検討

    平松 匡文, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 春間 純, 大熊 祐, 清水 智久, 菱川 朋人, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   413 - 413   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 解離性椎骨動脈瘤に対するinternal trapping後の対側椎骨動脈の長期的形態変化

    清水 智久, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 平松 匡文, 大熊 佑, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   342 - 342   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当院における急性期血行再建術の検討

    春間 純, 杉生 憲志, 高橋 悠, 清水 智久, 大熊 佑, 平松 匡文, 菱川 朋人, 小林 和樹, 河田 幸波, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   391 - 391   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 前脈絡叢動脈瘤に対するコイル塞栓術の長期治療成績

    菱川 朋人, 大熊 佑, 春間 純, 平松 匡文, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   6 ( 5 )   314 - 314   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • [Endovascular coiling of thrombosed basilar tip aneurysm using double stents in a y-configuration].

    Yoshihiro Otani, Kenji Sugiu, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Hisakazu Itami, Masafumi Hiramatsu, Yu Okuma, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   40 ( 11 )   1005 - 12   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recent advances in endovascular techniques greatly improved the ability to treat complex cerebral aneurysms. However, patients with wide-necked cerebral aneurysms have posed a special challenge to conventional endovascular therapy. We report a novel method of embolizing wide-necked basilar apex aneurysms by employing a Y-configuration, double stent technique. A 40-year-old woman with a partially thrombosed basilar apex aneurysm transferred to our hospital after diagnosis of subarachnoid hemorrhage. Cerebral angiography revealed a wide-necked aneurysm which neck was incorporating the origins of both the posterior cerebral arteries. In treatment procedure, a microcatheter was inserted into the aneurysm followed by coiling of the upper half of the dome. Next, the first stent was deployed in the right P2 segment extending down to the mid basilar artery and the second stent was then deployed with half of the stent in the left P2 and the other half within the lumen of the previously placed stent. Finally, the microcatheter was withdrawn near the neck, and the rest of the aneurysmal dome was packed by additional coils. The result was favorable. Successful coil embolization of a wide-necked bifurcation aneurysm can be achieved by using the double stenting Y-configuration in this case. This result continues to provide highly encouraging support of this novel technique to treat a subset of complex, wide-necked aneurysms that until recently were considered poor candidates for endovascular therapies.

    PubMed

    researchmap

  • [Endovascular treatment for basilar tip aneurysms].

    Kenji Sugiu, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Hisakazu Itami, Yu Okuma, Masafumi Hiramatsu, Jun Haruma, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   40 ( 9 )   765 - 74   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to analyze the effect of endovascular treatment of basilar (BA) tip aneurysms. The authors performed a retrospective analysis of 79 aneurysms of the BA tip that had been treated using endovascular coil embolization for the last 11 years. Fifty-six patients were women, and 23 were men. The average age of the patients was 63.7 years (range, 35-83 year). The average maximum diameter of the aneurysms was 8.0 mm (range, 2-30 mm). Forty-seven patients (60%) presented with acute subarachnoid hemorrhage (SAH), 1 patient (1%) had an unruptured aneurysm with mass effect, and 31 patients (39%) had incidental aneurysms. Immediate anatomic outcomes demonstrated complete occlusion (CO) in 53 aneurysms (67%), residual neck (RN) in 22 aneurysms (28%), and residual aneurysm (RA) in 4 aneurysms (5%). One patient died from rebleeding 6 hours after the embolization. Another patient suffered from rebleeding 6 years after the initial embolization, and was successfully treated with re-embolization. Four patients suffered from asymptomatic P1 occlusion. No symptomatic complication was observed in the unruptured group. Retreatment was performed in 5 patients, including 4 broad-neck large ruptured aneurysms and 1 giant thrombosed aneurysm. Angiographic and clinical results have been improving in recent cases in this study. Technical advances such as highly compliant balloon remodeling microcatheter and 3D-reconstructed digital angiography contributed to this improvement. Our results indicate that endovascular treatment of BA tip aneurysm is safe and effective. The long-term stability after coil embolization is still a matter of concern. Further improvement is expected.

    PubMed

    researchmap

  • 脳底動脈先端部動脈瘤に対するコイル塞栓術

    杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 伊丹 尚多, 大熊 佑, 平松 匡文, 春間 純, 伊達 勲

    Neurological Surgery   40 ( 9 )   765 - 774   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    血管内治療(コイル塞栓術)を行った脳底動脈先端部動脈瘤79例(男性23例、女性56例、平均63.7歳)を対象に、その成績について検討した。破裂瘤は47例、瘤の最大径は平均7.9mmであり、未破裂瘤は32例、瘤の最大径は平均8.2mmであった。1例(grade Iで治療当日に再出血にて死亡)を除き、破裂瘤の術前Hunt & Kosnik gradeと転帰(Glasgow Outcome Scale)は良く相関していた。破裂瘤47例の塞栓結果はcomplete obliteration(CO):27例、residual neck(RN):16例、residual aneurysm(RA):4例、未破裂瘤32例ではCO:26例、RN:6例と成績が良かった。合併症は無症候性後大脳動脈P1部閉塞4例(破裂瘤3例、未破裂瘤1例)が認められた。破裂瘤2例で治療後再出血を認め、4例で経過観察中に再発をきたしコイル塞栓術を追加した。未破裂瘤に出血は認めなかったが、3cm大の部分血栓化巨大動脈瘤の1例で再発し再治療を要した。全体で再出血2例(2.5%)、再発で再治療5例(6.3%)であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20120828100005&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436101812&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436101812&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Onyxによる術前塞栓術を併用した脳動静脈奇形の外科的摘出術

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 菱川 朋人, 黒住 和彦, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 小野 成紀, 伊達 勲

    脳卒中の外科   40 ( 4 )   217 - 222   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中の外科学会  

    症例1は40歳代男で、右側頭葉脳動静脈奇形(AVM)が発見され、塞栓術後の摘出術を予定した。Marathon microcatheterを右中大脳動脈に進めてシャント直前に置き、Onyx-34を38分間で計2.8ml注入しnidusの6割を閉鎖した。5日後の開頭術でnidusを摘出し、脱落症状なく退院した。症例2は60歳代男で、AVM破裂による右脳内出血で血腫除去術を受け、2ヵ月後に塞栓術を施行した。microcatheterは多数のfeederのうち1本に数mm誘導でき、Onyx-18を0.33ml注入し部分的なnidus閉塞を得た。33日後に開頭術でnidusを摘出し、術前と同症状で転院した。症例3は10歳代男で、左小脳出血、硬膜下血腫に対して開頭血腫除去術を施行した。2ヵ月後AVMに対し左後下小脳動脈にmicrocatheterを進めたがnidus近傍までは到達できず、3本のfeederに0.07〜0.3mlのOnyx-18を注入しfeeder occlusionとなった。直ちに開頭術を行い、nidusを全摘出でき、リハビリ目的で転院した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02079&link_issn=&doc_id=20120810270001&doc_link_id=%2Fcp4strok%2F2012%2F004004%2F001%2F0217-0222%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcp4strok%2F2012%2F004004%2F001%2F0217-0222%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • [Usefulness of endovascular treatment for delayed massive epistaxis following endoscopic endonasal transsphenoidal surgery: a case report].

    Tetsuo Oka, Kenji Sugiu, Joji Ishida, Tomohito Hishikawa, Shigeki Ono, Koji Tokunaga, Isao Date

    No shinkei geka. Neurological surgery   40 ( 1 )   55 - 60   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report here a case of massive nasal bleeding from the sphenopalatine artery three weeks after endonasal transsphenoidal surgery. This 66-year-old male suffered from massive nasal bleeding with the status of hypovolemic shock. Under general anesthesia, an emergent angiography revealed an extravasation from the sphenopalatine artery. Trans-arterial embolization using coil and n-butyl-cyanoacrylate (NBCA) was performed following the diagnostic angiography. Complete occlusion of the injured artery was achieved. The patient showed good recovery from general anesthesia. Delayed nasal bleeding after endonasal transsphenoidal surgery is a rare but important complication. The sphenopalatine artery and its branch are located in the hidden inferior lateral corner of the sphenoid sinus and may be injured during enlargement of the sphenoid opening. When massive delayed nasal bleeding follows transsphenoidal surgery and damage of the internal carotid artery has been ruled out, endovascular treatment of the external carotid artery should be considered.

    PubMed

    researchmap

  • 内視鏡下経鼻的経蝶形骨洞手術後の遅発性鼻出血に対し塞栓術が有効であった1例

    岡 哲生, 杉生 憲志, 石田 穣治, 菱川 朋人, 小野 成紀, 徳永 浩司, 伊達 勲

    Neurological Surgery   40 ( 1 )   55 - 60   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    66歳男。頭部MRIで下垂体腺腫を指摘された。半年後のMRIで増大傾向を示し、手術目的で入院した。手術は右鼻腔から神経内視鏡を使用してアプローチした、腫瘍を肉眼的にほぼ全摘出した。動脈性の出血を含めmassiveな出血は術中に認めなかった。術後経過は良好で、術後10日目に自宅に退院した。退院14日後、自宅で突然鼻出血を来し、止血困難であった。耳鼻咽喉科医によりボスミンガーゼを挿入され、いったん止血した。自宅で経過をみていたが、再度鼻出血を来し緊急入院した。左外頸動脈造影にて左顎動脈末梢のsphenopalatine arteryより鼻咽頭への血液の流出を確認し、出血点と診断した。塞栓術を施行した。sphenopalatine arteryを血管損傷部とともに完全に閉塞した。再度外頸動脈撮影で完全止血を確認し、手技を終了とした。術後経過は良好で再出血もなく、塞栓術後2週間で退院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20120124070013&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436101628&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436101628&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 頚動脈ステント内血栓症に対し緊急ステント留置術を追加した1例

    高杉 祐二, 杉生 憲志, 平松 匡文, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 伊達 勲

    脳神経血管内治療   6 ( 3 )   181 - 188   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会  

    【目的】頚動脈ステント留置術(CAS)後のステント内血栓症に対してstent-in-stent留置術を行い良好な結果が得られた1例を報告する.【症例】72歳男性.症候性左内頚動脈狭窄症に対しopen-cell stentを使用してCASを施行した.術後急性期に症候性進行性ステント内血栓症をきたしたため,closed-cell stentで追加CASを行い良好な結果を得た.【結論】CAS後のステント内血栓症に対して,血栓を壁側に抑え込むことのできるstent-in-stent留置術は,有効な治療となり得る.

    DOI: 10.5797/jnet.6.181

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脳動脈瘤治療における"Sheep technique"の有用性

    伊丹 尚多, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 大熊 佑, 菱川 朋人, 眞鍋 博明, 小野 成紀, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   249 - 249   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • CASの治療成績向上のために MRIによるプラーク診断とSPECTによる過灌流リスク判定

    杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   171 - 171   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Onyxを用いた脳動静脈奇形の塞栓術 臨床的および組織学的検討

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 黒住 和彦, 眞鍋 博明, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   182 - 182   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤 アシストテクニックの功罪 Adjunctive techniqueを併用した未破裂脳動脈瘤の血管内治療

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 眞鍋 博明, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   149 - 149   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈ステント留置術におけるdebrisの組織学的評価

    伊丹 尚多, 菱川 朋人, 大熊 佑, 眞鍋 博明, 小野 成紀, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   171 - 171   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 両側椎骨動脈起始部閉塞に合併した破裂右椎骨動脈解離性動脈瘤

    豊嶋 敦彦, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   391 - 391   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • プラーク性状と頭蓋内血行動態評価に基づいたCAS手技の選択

    菱川 朋人, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳循環代謝   23 ( 1 )   119 - 119   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • Carotid artery stenting(CAS)におけるstaged angioplastyの有用性

    大熊 佑, 杉生 憲志, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 小野 成紀, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   310 - 310   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Davidoff and Schechter動脈に対する術前塞栓術が有用であったhemangiopericytomaの1例

    春間 純, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   387 - 387   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後に出現する発熱、頭痛、消化器症状"post coiling syndrome"の検討

    大熊 佑, 杉生 憲志, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 小野 成紀, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   301 - 301   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳動脈瘤に対するENTERPRISE stentを併用したコイル塞栓術の治療成績

    菱川 朋人, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   251 - 251   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 神経線維腫症に合併した椎骨動静脈瘻の1例

    大谷 理浩, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   289 - 289   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 無バルーン時代のhigh flow CCFの治療 皆さん、どうしています?

    杉生 憲志, 徳永 浩司, 菱川 朋人, 伊丹 尚多, 大熊 佑, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   5 ( 4 )   185 - 185   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳梗塞に対する再生医療 凍結保存細胞移植について

    安原 隆雄, 亀田 雅博, 門田 知倫, 王 飛霏, 田尻 直輝, 菊池 陽一郎, 上利 崇, 菱川 朋人, 三好 康之, 馬場 胤典, 伊達 勲

    Neurosurgical Emergency   16 ( 1 )   23 - 25   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経外科救急学会  

    再生医療と救急医療は現時点で大きなOverlapはないが、今後、急性期に治療効果を有する再生医療が救急医療の現場で行われる可能性は十分ある。凍結保存細胞移植はその有望な候補であり、その概念ならびに我々の基礎研究結果を示し、今後の展望を述べた。(著者抄録)

    researchmap

  • Computational fluid dynamics of carotid arteries after carotid endarterectomy or carotid artery stenting based on postoperative patient-specific computed tomography angiography and ultrasound flow data. 国際誌

    Hitoshi Hayase, Koji Tokunaga, Toshio Nakayama, Kenji Sugiu, Ayumi Nishida, Seiji Arimitsu, Tomohito Hishikawa, Shigeki Ono, Makoto Ohta, Isao Date

    Neurosurgery   68 ( 4 )   1096 - 101   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: There are significant differences in the postoperative morphological and hemodynamic conditions of the carotid arteries between carotid artery stenting (CAS) and endarterectomy (CEA). OBJECTIVE: To compare the postoperative rheological conditions after CAS with those after CEA with patch angioplasty (patch CEA) through the use of computational fluid dynamics (CFD) based on patient-specific data. METHODS: The rheological conditions in the carotid arteries were simulated in 2 patients after CAS and in 2 patients after patch CEA by CFD calculations. Three-dimensional reconstruction of the carotid arteries was performed with the images obtained with computed tomography angiography. The streamlines and wall shear stress (WSS) were calculated by a supercomputer. Adequate boundary conditions were determined by comparing the simulation results with ultrasound flow data. RESULTS: CFD was successfully calculated for all patients. The differences between the flow velocities of ultrasound data and those of the simulation results were limited. In the streamline analysis, the maximum flow velocities in the internal carotid artery after patch CEA were around two-thirds of those after CAS. Rotational slow flow was observed in the internal carotid artery bulb after patch CEA. WSS analysis found regional low WSS near the outer wall of the bulb. High WSS was observed at the distal end of the arteriotomy after patch CEA and at the residual stenosis after CAS. CONCLUSION: CFD of postoperative carotid arteries disclosed the differences in streamlines and WSS between CAS and patch CEA. CFD may allow us to obtain adequate rheological conditions conducive to achieving the best clinical results.

    DOI: 10.1227/NEU.0b013e318208f1a0

    PubMed

    researchmap

  • Histologic characterization of mobile and nonmobile carotid plaques detected with ultrasound imaging. 国際誌

    Takeshi Funaki, Koji Iihara, Susumu Miyamoto, Kazuyuki Nagatsuka, Tomohito Hishikawa, Hatsue Ishibashi-Ueda

    Journal of vascular surgery   53 ( 4 )   977 - 83   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Although mobile plaques in the carotid arteries detected by duplex ultrasound imaging are considered to cause unstable neurologic symptoms such as crescendo transient ischemic attack or progressive stroke, the histology of mobile plaques has not been sufficiently documented. This study examined the histopathologic features of mobile plaques of the carotid artery and compared the histopathology between mobile and nonmobile plaques. METHODS: Of 228 carotid plaques assessed by preoperative carotid ultrasound imaging, 21 (9.3%) were diagnosed as mobile symptomatic plaques. Of these, 18 were intact after excision by endarterectomy and enrolled for histologic examination. From the remaining 207 nonmobile plaque specimens, 17 nonmobile but symptomatic plaque specimens were extracted for histologic comparison. An investigator blinded to the ultrasound findings assessed both plaque specimens for fibrous cap thickness, fibrous cap rupture, fibrous cap area, necrotic core size, inflammatory cells, intraplaque hemorrhage, and mural thrombus. Clinical data, including progressive ischemic symptoms after admission, were also examined. RESULTS: Progressive ischemic symptoms were more frequently seen in patients with mobile plaques than in those with nonmobile plaques (33.3% vs 0%, P = .02). The ratio of the cross-sectional area of the necrotic core to that of the entire plaque was significantly larger for mobile plaques than for nonmobile plaques (mean, 0.660 vs 0.417, P < .0001). Mural thrombus was more prevalent among mobile plaques (89%) than among nonmobile plaques (59%), but the difference was not significant (P = .06). The median minimum thickness of the fibrous cap was extremely small in both groups (80 μm in mobile plaques and 100 μm in nonmobile plaques, P = .33). CONCLUSIONS: The histologic characteristics of mobile carotid plaques are different from those of nonmobile symptomatic plaques, especially in the area of the necrotic core. This histologic difference may partly explain the unstable neurologic presentations of patients with mobile carotid plaques.

    DOI: 10.1016/j.jvs.2010.10.105

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Posterior reversible encephalopathy syndrome. 国際誌

    Takao Yasuhara, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Shigeki Ono, Yasuyuki Miyoshi, Kenji Sugiu, Isao Date

    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   18 ( 3 )   406 - 9   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Posterior reversible encephalopathy syndrome (PRES) is a clinico-neuroradiological entity with typical symptoms and symmetric high-signal intensity lesions in the bilateral parieto-occipital lobes on T2-weighted or fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) MRI. We described three patients with PRES of varied etiologies. Patient 1 was a young man with severe hypertension who presented with headache and visual disturbance. Patient 2 had leukemia and was receiving umbilical cord blood cell transplantation with immunosuppressant, and developed PRES with convulsions. Patient 3 was a pregnant woman with renal failure, who repeatedly developed PRES with convulsions. FLAIR and apparent diffusion coefficient mapping were useful in detecting PRES lesions in our patients, although diffusion-weighted imaging and CT scans had limited use in the diagnosis. Adequate and prompt treatment with antihypertensive medication immediately ameliorated the symptoms, with improvement of abnormal MRI findings. In previous reports, delayed diagnosis might have affected the prognosis. Further work on the clinical manifestations of PRES and its therapy is required.

    DOI: 10.1016/j.jocn.2010.06.011

    PubMed

    researchmap

  • 脳血管攣縮に対する全身管理の意義 くも膜下出血後脳血管攣縮に対する集学的治療困難症例の検討

    小野 成紀, 菱川 朋人, 西田 あゆみ, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   26   34 - 37   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    過去5年間にくも膜下出血発症48時間以内にクリッピングまたはコイル塞栓術を施行し、術後シルビウス裂末梢部に血腫が残存した92例のうち、World Federation Neurological Surgery(WFNS) grade 1〜3で、脳血管攣縮(VS)治療プロトコールに沿った治療においても治療困難であった5症例について検討した。その結果、2例はINVOSによるVS検知が不十分で、局所の攣縮や末梢性の攣縮を来たした。2例は循環器、呼吸器合併例で、VSの治療とは相反する脱水の是正、昇圧等を優先しなければならず、脳梗塞を引き起こしていた。1例は腹壁出血例であった。脳槽ドレーン脱落等によって、早期にくも膜下血腫線溶治療が行えず、結果としてVSを来した症例も散見された。

    researchmap

  • 脳神経救急と再生医療 脳梗塞に対する再生医療

    安原 隆雄, 亀田 雅博, 門田 知倫, 王 飛霏, 田尻 直輝, 菊池 陽一郎, 上利 崇, 菱川 朋人, 三好 康之, 伊達 勲

    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集   16回   198 - 198   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経外科救急学会  

    researchmap

  • Endovascular coil embolization of a ruptured distal anterior choroidal artery aneurysm associated with ipsilateral middle cerebral artery occlusion--case report.

    Ayumi Nishida, Koji Tokunaga, Tomohito Hishikawa, Kenji Sugiu, Isao Date

    Neurologia medico-chirurgica   51 ( 10 )   716 - 9   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An 84-year-old woman with a history of hypertension and a brain infarction presented with a rare distal anterior choroidal artery (AChoA) aneurysm not associated with moyamoya disease manifesting as sudden onset of headache caused by intraventricular hemorrhage. Digital subtraction angiography revealed a peripheral aneurysm in the left AChoA located distal to the plexal point and steno-occlusive changes of the proximal left middle cerebral artery (MCA) and the left posterior cerebral artery (PCA). Collateral arterial channels to the left MCA and left PCA territories were observed along the left AChoA. No neuroimaging findings were compatible with moyamoya disease. Since the aneurysm did not shrink at 2 months after the onset, endovascular treatment was indicated. Under local anesthesia, a microcatheter was placed into the AChoA proximal to the aneurysm with the aid of a 0.008-inch microguidewire. After a provocation test, three detachable platinum coils were delivered into the aneurysm and the parent artery. Complete obliteration of the aneurysm was achieved without additional neurological sequelae. Successful treatment of a ruptured distal AChoA aneurysm associated with atherosclerotic changes of the intracranial arteries was achieved using a meticulous endovascular technique.

    PubMed

    researchmap

  • Carotid artery plaque imaging: Present status and new perspectives

    Tomohito Hishikawa, Koji Iihara, Naoaki Yamada, Hatsue Ueda, Kazuyuki Nagatsuka, Susumu Miyamoto, Isao Date

    Japanese Journal of Neurosurgery   19 ( 11 )   836 - 843   2010年11月

     詳細を見る

    At present, the management of carotid artery (CA) stenosis depends largely on the degree of stenosis. CA plaque imaging is a modality, which assesses the nature of CA plaques objectively and less invasively, that has developed remarkably in recent years. The use of CA plaque imaging in the management of CA stenosis not only reveals the degree of stenosis but it can make the selection of treatment more appropriate by taking the plaque character into consideration. In this manuscript, we introduce ultrasound, intravascular ultrasound, angiography, magnetic resonance imaging (MRI), positron emission tomography (PET) and computed tomography (CT) and describe the present situation and new perspectives of CA plaque imaging.

    DOI: 10.7887/jcns.19.836

    Scopus

    researchmap

  • バルーン保護下の頸動脈ステント留置術におけるdebrisの組織学的評価

    伊丹 尚多, 菱川 朋人, 大熊 佑, 小野 成紀, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   4 ( 4 )   282 - 282   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • MRIプラーク診断のCAS protection device選択への介入

    菱川 朋人, 伊丹 尚多, 大熊 佑, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 飯原 弘二, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   4 ( 4 )   220 - 220   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後に出現する発熱、頭痛、消化器症状の検討 "postcoiling syndrome"の検討

    大熊 佑, 杉生 憲志, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 小野 成紀, 徳永 浩司, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   4 ( 4 )   255 - 255   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈プラークイメージングの現状と展望

    菱川 朋人, 飯原 弘二, 山田 直明, 植田 初江, 長束 一行, 宮本 享, 伊達 勲

    脳神経外科ジャーナル   19 ( 11 )   836 - 844   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    初めに病理学的な脆弱プラークについて概説し、超音波検査、血管内超音波、脳血管造影、MRI、PET、CTによる頸動脈プラークイメージングの現状と展望について述べた。頸動脈プラークイメージングにより症候学的な危険性が予知できれば、本来内科治療適応である中等度、軽症狭窄例が外科治療へシフトする可能性がある。一方で、無症候性高度狭窄例において症候学的に危険性の少ない例はスタチンなどの薬物治療を積極的に行うことができる。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J02632&link_issn=&doc_id=20101104370005&doc_link_id=10.7887%2Fjcns.19.836&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.7887%2Fjcns.19.836&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 新世代のCAS 治療適応とデバイス選択 頸動脈狭窄症に対する治療法およびデバイスの選択と治療成績

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 小野 成紀, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   4 ( 4 )   151 - 151   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • MRIによる頸動脈プラークイメージング 至適撮像条件と臨床的意義 頸動脈プラークにおけるMPRAGE法と病理組織の比較検討

    菱川 朋人, 飯原 弘二, 山田 直明, 植田 初江, 伊達 勲

    脳卒中   32 ( 6 )   611 - 613   2010年11月

  • Assessment of necrotic core with intraplaque hemorrhage in atherosclerotic carotid artery plaque by MR imaging with 3D gradient-echo sequence in patients with high-grade stenosis. Clinical article. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Koji Iihara, Naoaki Yamada, Hatsue Ishibashi-Ueda, Susumu Miyamoto

    Journal of neurosurgery   113 ( 4 )   890 - 6   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECT: The aim of this study was to assess the histopathological differences between advanced atherosclerotic carotid artery (CA) plaques with signal hyperintensity on T1-weighted MR images and those without, focusing on necrotic core size and intraplaque hemorrhage (IPH). METHODS: Thirty-five patients scheduled for carotid endarterectomy underwent preoperative CA MR imaging using 3D inversion-recovery-based T1-weighted imaging (magnetization-prepared rapid acquisition gradient-echo [MPRAGE]). The signal intensity of the CA plaque on MPRAGE sequences was classified as "high" when the intensity was more than 200% that of adjacent muscle. A total of 96 axial MR images obtained in 35 patients were compared with corresponding histological sections from 36 excised specimens. The area of the necrotic core in histological sections was compared between specimens with and without high signal intensity on MPRAGE sequences. The IPH was histopathologically graded according to the size of the area positive for glycophorin A as revealed by immunohistochemical staining. The difference between plaques with and without high signal intensity was investigated with respect to the degree of IPH. The relationship of the severity of IPH to size of the necrotic core was also evaluated. RESULTS: The area of the necrotic core in plaques with high signal intensity on MPRAGE sequences was significantly larger than that in plaques without high signal intensity (median 51.2% [interquartile range 43.3-66.8%] vs 49.0% [33.2-57.6%], p = 0.029). Carotid artery plaques with high signal intensity had significantly more severe IPH than plaques with lower signal intensity (p < 0.0001). The severity of IPH was significantly associated with the size of the necrotic core (p < 0.0001). CONCLUSIONS: Atherosclerotic CA plaques with high signal intensity on MPRAGE sequences had large necrotic cores with IPH in patients with high-grade stenosis; MPRAGE is useful for the evaluation of CA plaque progression.

    DOI: 10.3171/2010.3.JNS091057

    PubMed

    researchmap

  • Plaque imaging for stroke prevention and treatment: An update and future perspective

    Koji Iihara, Tomohito Hishikawa, Kimitoshi Sato, Naoaki Yamada, Hatsue Ishibashi-Ueda

    Japanese Journal of Neurosurgery   19 ( 8 )   594 - 601   2010年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Critical decision-making regarding the mode and timing of surgical treatment is mandatory for proper management of occlusive cerebrovascular diseases, especially in Japan's aging society. Recently, in addition to B-mode duplex ultrasound, various modes of plaque characterization such as magnetic resonance imaging (MRI) and positron emission tomography (PET) have been introduced to clinical practice mainly for carotid stenosis. At present, understanding of plaque vulnerability as well as degree of stenosis is important for critical judgement of surgical treatment. Here the recent progress of the various plaque characterization techniques is reviewed in relation to their clinical significance and future perspective.

    DOI: 10.7887/jcns.19.594

    Scopus

    researchmap

  • 【内頸動脈狭窄症】プラーク診断最前線 今後の治療を変えるか

    飯原 弘二, 菱川 朋人, 佐藤 公俊, 山田 直明, 植田 初江

    脳神経外科ジャーナル   19 ( 8 )   594 - 601   2010年8月

  • Slowly progressive neuronal death associated with postischemic hyperperfusion in cortical laminar necrosis after high-flow bypass for a carotid intracavernous aneurysm. 国際誌

    Koji Iihara, Masakazu Okawa, Tomohito Hishikawa, Naoaki Yamada, Kazuhito Fukushima, Hidehiro Iida, Susumu Miyamoto

    Journal of neurosurgery   112 ( 6 )   1254 - 9   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The authors report a rare case of slowly progressive neuronal death associated with postischemic hyperperfusion in cortical laminar necrosis after radial artery/external carotid artery-middle cerebral artery bypass graft surgery for an intracavernous carotid artery aneurysm. Under barbiturate protection, a 69-year-old man underwent high-flow bypass surgery combined with carotid artery sacrifice for a symptomatic intracavernous aneurysm. The patient became restless postoperatively, and this restlessness peaked on postoperative Day (POD) 7. Diffusion-weighted and FLAIR MR images obtained on PODs 1 and 7 revealed subtle cortical hyperintensity in the temporal cortex subjected to temporary occlusion. On POD 13, (123)I-iomazenil ((123)I-IMZ) SPECT clearly showed increased distribution on the early image and mildly decreased binding on the delayed image with count ratios of the affected-unaffected corresponding regions of interest of 1.23 and 0.84, respectively, suggesting postischemic hyperperfusion. This was consistent with the finding on (123)I-iodoamphetamine SPECT. Of note, neuronal density in the affected cortex on the delayed (123)I-IMZ image further decreased to the affected/unaffected ratio of 0.44 on POD 55 during the subacute stage when characteristic cortical hyperintensity on T1-weighted MR imaging, typical of cortical laminar necrosis, was emerging. The affected cortex showed marked atrophy 8 months after the operation despite complete neurological recovery. This report illustrates, for the first time, dynamic neuroradiological correlations between slowly progressive neuronal death shown by (123)I-IMZ SPECT and cortical laminar necrosis on MR imaging in human stroke.

    DOI: 10.3171/2009.9.JNS09345

    PubMed

    researchmap

  • 脳血管攣縮と脳保護 くも膜下出血後脳血管攣縮の基礎

    小野 成紀, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    Neurosonology   23 ( 増刊 )   44 - 44   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経超音波学会  

    researchmap

  • 脳血管攣縮検出のための簡易型脳内酸素飽和度監視装置INVOSの長所・短所

    小野 成紀, 有光 帥二, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   25   43 - 46   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    脳血管攣縮(CV)検出のための簡易型脳内酸素飽和度監視装置(INVOS)をくも膜下出血(SAH)術後に頭皮上に装着することにより、CV期における脳血流変化の検知の可能性について検討した。その結果、他の目的におけるINVOSの有用性と同様にCV検知でもINVOSモニターの有用性が示された。また、経時的にASH発症初期・CV期・CV回復期でのそれぞれの脳血流状態がリアルタイムに示されたことは特記すべきことであった。一方、SAH発症期では脳にうっ血性の変化を生じ、回復するに従って局所血流も低下、CV期には更に局所血流が低下して、回復期にはCVの程度、神経学所見と一致したINVOS値の上昇が認められた。一部症例ではSPECTとの比較を行うことができ、INVOS値と実際の脳血流の整合性も確認可能であったが、INVOSセンサー自体が貼付できない、うまくdetectできないなど技術的な問題と、ごく局所のCVや末梢性CVではdetect困難な場合があるなどCVの性質による問題点も挙げられた。以上、これらのことより、INVOSは簡便で非侵襲的な検査法であり、リアルタイムに脳内酸素飽和度の測定が可能で、脳血流モニターとして有用であると考えられた。

    researchmap

  • 【動脈硬化治療】外科的治療とそのEBM エビデンスに基づいた脳血管障害の外科治療

    菱川 朋人, 伊達 勲

    最新医学   65 ( 2 )   214 - 218   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)最新医学社  

    エビデンスに基づいた脳血管障害に対する外科治療の中で,中心的な疾患(内頸動脈狭窄症・閉塞症,未破裂・破裂脳動脈瘤)について概説する.再発予防,発症予防,救命と,目的は異なるがおのおのに高いレベルのエビデンスが存在する.これらが脳神経外科領域にどのように活用されているかをまとめ,今後の課題について言及する.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00516&link_issn=&doc_id=20100218130007&doc_link_id=%2Fap7saisa%2F2010%2F006502%2F008%2F0214-0218%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fap7saisa%2F2010%2F006502%2F008%2F0214-0218%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Effect of vasodilation by milrinone, a phosphodiesterase III inhibitor, on vasospastic arteries after a subarachnoid hemorrhage in vitro and in vivo: effectiveness of cisternal injection of milrinone. 国際誌

    Mitsuhisa Nishiguchi, Shigeki Ono, Keiichi Iseda, Hiroaki Manabe, Tomohito Hishikawa, Isao Date

    Neurosurgery   66 ( 1 )   158 - 64   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Cerebral vasospasm remains a major cause of morbidity and mortality. Milrinone, a bipyridine phosphodiesterase III inhibitor, is a potent member of the inodilator class of cardiac agents for vasospasm and is injected intra-arterially or intracisternally. There have been no studies investigating the duration of action (context-sensitive half-life) of milrinone for vasospasm or the most effective route of administration (intra-arterial versus intracisternal). We examined the effects of intracisternal and intra-arterial injection of milrinone on chronic cerebral vasospasm in dogs. METHODS: A double-hemorrhage canine model was used. In a preliminary isometric tension study of canine vasospastic basilar arteries, the vasodilatory effects of milrinone were examined 7 days after an initial injection of blood. Milrinone was injected intracisternally (0.1 mg, 0.47 mmol/L) or intra-arterially (0.3 mg/kg, 1.2 mmol/L), and angiograms were performed 30, 60, 120, 180, 240, 300, and 360 minutes later on day 7. RESULTS: Milrinone produced concentration-dependent vasodilation and was effective intracisternally, resulting in significant dilation until 180 minutes after injection and a tendency for dilation until 240 minutes. The effect of intra-arterial injection was not as significant compared with an intracisternal injection, resulting in significant dilation only at 180 minutes after intra-arterial injection. CONCLUSION: Intracisternal injection of milrinone was more effective than intra-arterial injection for chronic cerebral vasospasm in dogs because intracisternal injection produced a higher concentration in vasospastic arteries (0.034-0.068 mmol/L intracisternally versus 0.016 mmol/L intra-arterially).

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000363153.62579.FF

    PubMed

    researchmap

  • 脳梗塞に対する電気刺激療法

    安原 隆雄, 伊達 勲, 亀田 雅博, 馬場 胤典, 森本 尊雅, 菱川 朋人, 小野 成紀, 徳永 浩司, 三好 康之, 上利 崇

    脳卒中   32 ( 6 )   563 - 565   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳卒中学会  

    脳梗塞患者に対する電気刺激療法によって運動機能改善が得られるケースがあることは報告されてきたが,作用機序についてはほとんど解明されていなかった.われわれは急性期・慢性期脳梗塞モデル動物を用いて電気刺激療法の治療効果ならびに作用機序について検討した.急性期実験では,脳梗塞体積の減少と行動学的改善が得られ,特に抗アポトーシス効果や血管新生・グリア増生抑制効果が関与していることが明らかになった.慢性期実験では,同様の治療効果が得られたが,特に新生神経の遊走が電気刺激により著しく増強されることが明らかになった.さらなる研究が必要であるが,電気刺激療法は脳梗塞も含めた様々な中枢神経疾患に対して治療効果を有する可能性があり,期待がもたれる.

    DOI: 10.3995/jstroke.32.563

    CiNii Article

    researchmap

  • Bioactive coilの中期成績 Cerecyte coilあるいはMatrix2 coilを用いた脳動脈瘤塞栓術の手術手技と治療成績

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 西田 あゆみ, 大熊 佑, 伊丹 尚多, 菱川 朋人, 小野 成紀, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   3 ( 4 )   145 - 145   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈ステント留置術において回収されたdebrisの組織学的検討

    伊丹 尚多, 大熊 佑, 菱川 朋人, 西田 あゆみ, 小野 成紀, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   3 ( 4 )   292 - 292   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Virtual histology-intravascular ultrasound in assessment of carotid plaques: ex vivo study. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Koji Iihara, Hatsue Ishibashi-Ueda, Kazuyuki Nagatsuka, Naoaki Yamada, Susumu Miyamoto

    Neurosurgery   65 ( 1 )   146 - 52   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Virtual histology-intravascular ultrasound (VH-IVUS) has been reported to be useful in detecting the components of coronary plaques in vivo. Recently, the application of VH-IVUS to peripheral interventions has been evaluated. The aim of this study was to examine the extent to which the necrotic core of carotid plaques could be assessed accurately by VH-IVUS compared with histopathology. METHODS: A total of 37 carotid plaques underwent ex vivo VH-IVUS within 24 hours after endarterectomy. Ninety-five segments of virtual histological images were matched to histological sections. The area of the necrotic core on histological sections was compared with that on virtual histological images. Intraplaque hemorrhage (IPH) was histopathologically graded by its severity using immunohistochemical staining for glycophorin A as a marker. The relationship of the severity of the IPH to the necrotic core was histopathologically evaluated. The correlation between the necrotic core or IPH with symptomatology was also evaluated. RESULTS: The area of the necrotic core on virtual histological images (median, 8.0%; interquartile range, 5.0%-13%) was significantly smaller compared with that of the histological sections (median, 50%; interquartile range, 40%-63%) (P < 0.0001). The Bland-Altman analysis showed poor agreement in the necrotic core measurement between virtual histological images and histological sections (mean difference, 39.8%; 95% confidence interval, 35.8%-43.8%). Severe IPH was significantly associated with a larger necrotic core and symptomatology (P < 0.0001 and P = 0.0039, respectively). The area of necrotic core on the virtual histological analysis did not correlate with symptomatology (P = 0.70), but that on pathological analysis tended to correlate with symptomatology (P = 0.059). CONCLUSION: In the present virtual histological algorithm, the underestimation of the necrotic core was revealed. The lack of a hemorrhage component in the virtual histological algorithm is a leading cause of its underestimation.

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000346271.31050.AF

    PubMed

    researchmap

  • 内頸動脈前壁破裂動脈瘤に対する当院での治療戦略

    大野 貴之, 飯原 弘二, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 佐藤 徹, 高田 英和, 菱川 朋人, 舟木 健史, 大川 将和, 江頭 裕介, 桝田 宏輔, 永田 泉, 宮本 享

    脳神経外科ジャーナル   18 ( 6 )   450 - 457   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経外科コングレス  

    過去5年間に加療した内頸動脈前壁動脈瘤破裂症例8例の治療方針について検討した。全例、発症急性期(day 0-3)に根治術を行った。発症3ヵ月後のmodified Rankin Scale(mRS)は1:2例、2:3例、4:2例、5:1例であった。初期の症例(2例)は、可能な限りクリッピングでの動脈瘤の処理を第一選択としていた。しかし、動脈瘤にクリッピングを試みた際に破裂し、以降の症例は、最初からトラッピング術に血行再建術を併用することとした。血行再建の方法に関しては、周術期の側副血行路に血管攣縮が発生する可能性を考慮し、バイパス手術を選択した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J02632&link_issn=&doc_id=20090610320006&doc_link_id=10.7887%2Fjcns.18.450&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.7887%2Fjcns.18.450&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Identification of the distal dural ring with use of fusion images with 3D-MR cisternography and MR angiography: Application to paraclinoid aneurysms

    Y. Watanabe, T. Nakazawa, N. Yamada, M. Higashi, T. Hishikawa, S. Miyamoto, H. Naito

    American Journal of Neuroradiology   30 ( 4 )   845 - 850   2009年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and Purpose: The distal dural ring (DDR) represents the anatomic border between the extradural and intradural internal carotid arteries (ICAs). The purpose of this study was to examine whether 3D-MR cisternography and MR angiography (MRA) fusion images can identify the boundary between the CSF and the cavernous sinus, which might represent the DDR. MATERIALS AND METHODS: Thirty-six consecutive patients with 39 ICA aneurysms were examined with use of MR fusion images with 3D-cisternography and MRA on a 1.5T unit. Two neuroradiologists evaluated the configuration of the carotid cave and the location of the aneurysms on fusion images and classified them as intradural, transdural, and extradural aneurysms. Results: The borderline between the CSF and the cavernous sinus was visualized on fusion images in all patients. The carotid cave configuration in 72 ICAs was classified as having no dent (n = 31), a shallow dent (n = 27), and a deep dent (n = 14). The MR fusion images led to the classification of 39 ICA aneurysms as 21 intradural, 6 transdural, and 12 extradural. The interobserver agreement of MR fusion images was excellent (κ = 0.80). Conclusions: Fusion images with 3D-cisternography and MRA yielded clear visualization of the boundary between the suprasellar cistern and cavernous sinus indicating the DDR. This imaging technique may provide additional information in consideration of a treatment option for paraclinoid aneurysms.

    DOI: 10.3174/ajnr.A1440

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 簡易型脳内酸素飽和度監視装置INVOSによるくも膜下出血後脳血管攣縮の検出

    小野 成紀, 有光 帥二, 小川 智之, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   24   67 - 69   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • スパズムへの新しいアプローチ 基礎から臨床まで 11Rを用いた新しいタンパク質導入法 脳血管障害治療への効果的な新しい薬物導入システムの確立

    小野 成紀, 小川 智之, 市川 智継, 有光 帥二, 菱川 朋人, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 富澤 一仁, 松井 秀樹, 伊達 勲

    脳血管攣縮   24   11 - 14   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • PICA‐involved typeの破裂椎骨解離性動脈瘤に対する急性期治療―PICA灌流領域からの検討―:―PICA灌流領域からの検討―

    毛利 正直, 飯原 弘二, 村尾 健一, 佐藤 徹, 高橋 淳, 森 久恵, 菱川 朋人, 宮本 享

    脳卒中の外科   37 ( 2 )   87 - 92   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳卒中の外科学会  

    Urgent treatment of ruptured vertebral artery dissecting aneurysm (VADA) is imperative because of the high incidence of rebleeding and high mortality of recurrent bleeding. Especially, ruptured posterior inferior cerebellar artery (PICA)-involved VADA requires both prevention of rebleeding and revascularization of the PICA. Since 2001, we have treated 8 patients with ruptured PICA-involved type VADA during the acute stage, within 3 days after the hemorrhage. The treatment strategy included endovascular proximal occlusion followed by occipital artery-PICA bypass and PICA origin clipping (3 cases), proximal occlusion followed by internal trapping of the aneurysm after successful balloon test occlusion (1 case), only proximal occlusion (1 case), coil embolization of the aneurysmal dilatation followed by OA-PICA bypass and PICA origin clipping (1 case), internal trapping of the aneurysm (1 case), OA-PICA bypass, proximal clipping and proximal clipping (1 case). Aneurysmal shape change after acute treatment was observed in 5 cases. In 1 case to which the aneurysm decreased in size, PICA supplied only vermis branches. In 2 cases in which the size of the aneurysm did not change, PICA supplied vermis, tonsilar and hemispheric branches in 2. In 2 cases in which the size of the aneurysm increased, PICA supplied vermis, tonsilar and hemispheric branches in 1 and PICA supplied vermis, tonsilar, hemispheric and meningeal branches in 1. Because the possibility is high that the aneurysm will remain cases in which PICA supplied vermis, tonsilar and hemispheric branches, it is necessary to plan additional treatment with PICA revascularization.<br>

    DOI: 10.2335/scs.37.87

    CiNii Article

    researchmap

  • Treatment strategy for ruptured aneurysms originating from the anterior wall of the internal carotid artery

    Takayuki Oono, Koji Iihara, Jun C. Takahashi, Norio Nakajima, Tetsu Satow, Hidekazu Takada, Tomohito Hishikawa, Takeshi Funaki, Masakazu Okawa, Yusuke Egashira, Kosuke Masuda, Izumi Nagata, Susumu Miyamoto

    Japanese Journal of Neurosurgery   18 ( 6 )   450 - 457   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The authors retrospectively reviewed their experience treating ruptured aneurysms originating from the anterior wall of the internal carotid artery in the acute stage after subarachnoid hemorrhage. Since 2002, there were 8 cases (mean age : 52 years old, three males) treated at our institution. Early in the study period, clipping was attempted in two cases, which were associated with intra- and post-operative rebleeding. Later, their strategy changed such that trapping of the aneurysms was the first choice of treatment, combined with STA-MCA bypass (4 cases) or high flow bypass using a radial artery graft (3 cases). Recently, the authors prefer to use high flow bypass more frequently, considering the possible occurrence of vasospasm on the collateral route shown at the initial angiograms. Specifically, vasospasm of the radial artery graft is another important issue to consider, even if pressure distension techniques are applied. If such vasospasm causes ischemic symptoms, percutaneous transluminal angioplasty should be performed in a timely fashion. Technical issues of surgical treatment of the anterior wall of the Internal carotid artery were discussed.

    DOI: 10.7887/jcns.18.450

    Scopus

    researchmap

  • 頚動脈狭窄症に対するAngioguard XPを用いた頚動脈ステント留置術の治療成績:-PercuSurge GuardWireによる治療成績との比較-

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 西田 あゆみ, 平松 匡文, 菱川 朋人, 小野 成紀, 伊達 勲

    脳神経血管内治療   3 ( 2 )   79 - 85   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会  

    【目的】Angioguard XPを用いた頚動脈ステント留置術(CAS)の治療成績を,それ以前のPercuSurge GuardWire(以下GuardWire)によるCASの成績と比較した.【方法】2002年9月以降遠位塞栓防止デバイスを用いてCASを行った138例を対象とした.GuardWireによるCAS導入直後に治療を行った前期施行例(GW前期群)と手技の確立した時期に治療を行った後期施行例(GW後期群)の2群に分けた.85例のGuardWire使用例はGW前期群42例とGW後期群43例であった.2007年11月以降のAngioguard XPを使用した症例はAG群とし,53例あった.これらの治療成績について,特に発生した合併症に注目して分析した.【結果】全例でステント留置に成功した.GW前期群では1例が治療5日後の脳出血で死亡し,GW後期群では1例が腹腔内出血による多臓器不全から3ヵ月後に死亡し,他の1例が脳出血により片麻痺を残した.GW前期群と後期群の間にlearning curveの影響は示されなかった.AG群では治療後のMRI拡散強調画像で7例に同側頚動脈領域の梗塞を認め,2例が神経症状の悪化するstrokeとなった.【結論】GW期には出血性合併症が予後不良の原因であった.Angioguard XPを用いたCASでは虚血性合併症が認められ,その低減に努める必要があった.

    DOI: 10.5797/jnet.3.79

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 脳梗塞に対するgene therapy―ex vivo gene therapyを中心に―

    安原 隆雄, 亀田 雅博, 上利 崇, 近藤 聡彦, 菱川 朋人, 小野 成紀, 三好 康之, 徳永 浩司, 伊達 勲, 田尻 直輝, 王 飛霏, 馬場 胤典, 門田 知倫, 梁 晗柏, Judith Thomas Tayra, 菊池 陽一郎, 村岡 賢一郎

    脳卒中   31 ( 6 )   420 - 424   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳卒中学会  

    New therapeutic strategies are explored for patients suffering from cerebral infarct. Gene therapy is one of the hopeful strategies and we have studied ex vivo gene therapy for stroke using animal models of cerebral infarct over a decade. In this review, we describe encapsulated cell transplantation using neurotrophic factor-producing cells and neurotrophic factor-producing neural stem/progenitor cells for cerebral infarct model of animals. Furthermore, the perspectives of gene therapy for cerebral infarct are reviewed.

    DOI: 10.3995/jstroke.31.420

    CiNii Article

    researchmap

  • 頸動脈ステント留置術と抗血小板療法

    平松 匡文, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 西田 あゆみ, 早瀬 仁志, 菱川 朋人, 小野 成紀, 三好 康之, 伊達 勲

    新薬と臨牀   57 ( 12 )   1987 - 1993   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬情報研究所  

    頸動脈ステント留置術(CAS)の初期治療成績と、周術期の抗血小板療法の実際について報告した。頸動脈狭窄症に対して、脳保護フィルターを使用して自己拡張型ステントを留置した50例を対象とした。術前狭窄率はNASCET法で60〜95(平均83)%であったが、術後狭窄率は0〜30(平均8)%に改善した。mRSは、術直後に悪化した症例は5例あったが、24時間後も悪化した状態が継続した症例は1例のみであった。CASの周術期における抗血小板剤の投与については、アスピリン、クロピドグレル、チクロピジン、シロスタゾールの中から、複数の抗血小板剤をCAS施行3日以上前から投与された。

    researchmap

  • Growth potential and response to multimodality treatment of partially thrombosed large or giant aneurysms in the posterior circulation. 国際誌

    Koji Iihara, Kenichi Murao, Naoaki Yamada, Jun C Takahashi, Norio Nakajima, Tetsu Satow, Tomohito Hishikawa, Izumi Nagata, Susumu Miyamoto

    Neurosurgery   63 ( 5 )   832 - 42   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: This study examined the growth potential and response to multimodality treatment of partially thrombosed large or giant aneurysms in the posterior circulation. METHODS: The 17 aneurysms arose from nonbranching sites of the vertebral artery (VA) in 6 patients and from branching sites in 11 patients (the VA-posteroinferior cerebellar artery [PICA], 3 cases; basilar artery [BA] fenestration, 1 case; BA-superior cerebellar artery [SCA], 5 cases; and BA tip, 2 cases). RESULTS: Endovascular trapping was performed in 5 VA aneurysms at nonbranching sites, 2 VA-PICA cases with or without revascularization of the PICA, and 1 BA fenestration case. Endosaccular embolization was performed in 2 BA-SCA aneurysms as the sole treatment or after superficial temporal artery-SCA bypass for a broad-necked lesion. Surgical proximal occlusion (PO) with or without revascularization of the PICA was performed in 2 VA cases. Endovascular treatment failed to prevent growth in 1 VA-PICA case and the broad-necked BA-SCA case. Simple flow alteration by PO of 3 BA aneurysms, with gadolinium enhancement on T1-weighted images, did not prevent growth. Maximum flow reduction by various combinations of bypass (superficial temporal artery-posterior cerebral artery or superficial temporal artery-SCA) and BA PO, aimed at reducing hemodynamic stress on the neck, was tailored to 5 cases, including those refractory to PO; it achieved marked shrinkage in 2 cases and stabilization of the aneurysms in 3 cases. The aneurysms harboring neither gadolinium enhancement nor hyperintensity on fluid-attenuated inversion recovery images showed significantly lower growth potential before treatment and a lesser degree of shrinkage after tailored treatment than the remaining cases (P = 0.03 and P = 0.01, respectively). Overall, marked shrinkage was achieved in 27%, moderate shrinkage in 20%, stabilization in 47%, enlargement in 7%, and favorable outcome in 71%. Maximum flow reduction strategy for BA aneurysms tended to show higher shrinking efficacy than endovascular trapping for VA and BA aneurysms (P = 0.08). CONCLUSION: For aneurysms at nonbranching sites, endovascular trapping may be effective, although its shrinking efficacy may be moderate. For the most formidable BA aneurysms at branching sites, maximum flow reduction may cause marked shrinkage, even of aggressive lesions.

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000313625.15571.1B

    PubMed

    researchmap

  • 内頸動脈窩部動脈瘤に対する血管内治療

    西田 あゆみ, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 早瀬 仁志, 菱川 朋人, 小野 成紀, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   2 ( 4 )   154 - 154   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸部内頸動脈狭窄症におけるCEAとCAS術後の医用画像を用いた患者特異的モデルと仮想モデルの流体力学シミュレーション

    早瀬 仁志, 中山 敏男, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 西田 あゆみ, 有光 帥二, 菱川 朋人, 小野 成紀, 太田 信, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   2 ( 4 )   297 - 297   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 頸動脈狭窄症に対するAngioguard XPを用いた頸動脈ステント留置術(CAS)の周術期神経学的合併症 GuardWire使用CASの前期および後期の成績と比較して

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 西田 あゆみ, 平松 匡文, 早瀬 仁志, 有光 帥二, 菱川 朋人, 小野 成紀, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   2 ( 4 )   160 - 160   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 経皮的後頭部皮下静脈穿刺による硬膜動静脈動瘻の塞栓術を施行した一例

    平松 匡文, 杉生 憲志, 徳永 浩司, 早瀬 仁志, 西田 あゆみ, 菱川 朋人, 小野 成紀, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   2 ( 4 )   277 - 277   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 無症候性病変の安全な血管内治療はどうあるべきか? 無症候性病変に対する脳神経血管内治療

    杉生 憲志, 徳永 浩司, 西田 あゆみ, 早瀬 仁志, 平松 匡文, 小野 成紀, 菱川 朋人, 伊達 勲

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   2 ( 4 )   133 - 133   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • クリッピング術後に発症した慢性硬膜下血腫の検討

    大野 貴之, 飯原 弘二, 高橋 淳, 菱川 朋人, 舟木 健史, 永田 泉, 山田 和雄, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回   3J - 02   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 頸部頸動脈狭窄症 CEA vs CAS ハイリスクCEA 真実またはフィクション(High risk CEA: fact or fiction)

    飯原 弘二, 菱川 朋人, 高橋 淳, 佐藤 公俊, 福田 健治, 岡崎 貴仁, 山田 直明, 長束 一行, 永田 泉, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回   2E - 03   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 頸部頸動脈狭窄症 CEA vs CAS 頸動脈狭窄症に対するステント留置術と内膜剥離術 治療成績、術後の頸動脈形状、血流速度およびcomputational flow dynamicsの比較検討

    徳永 浩司, 杉生 憲志, 早瀬 仁志, 有光 帥二, 菱川 朋人, 西田 あゆみ, 小野 成紀, 中山 敏男, 太田 信, 伊達 勲

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回   2E - 08   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • MRIによる頸動脈プラーク内出血評価の意義

    菱川 朋人, 飯原 弘二, 山田 直明, 植田 初江, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回   2H - 01   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 頸部内頸動脈狭窄症におけるCEAとCAS術後の医用画像を用いた患者特異的モデルと仮想モデルの流体力学シミュレーション

    早瀬 仁志, 中山 敏男, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 西田 あゆみ, 有光 帥二, 菱川 朋人, 小野 成紀, 太田 信, 伊達 勲

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回   2J - 01   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 【全身脈管病としての脳卒中】頸動脈狭窄症ハイリスク症例への対応 著しい不安定プラークを有する症候性内頸動脈狭窄症に対する急性期CEA 術中TCD、SEPによるDual monitoringの有用性

    飯原 弘二, 菱川 朋人, 長束 一行, 山田 直明, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 江頭 裕介, 豊田 一則, 玄 富翰, 植田 初江, 永田 泉, 宮本 享

    The Mt. Fuji Workshop on CVD   26   26 - 31   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    researchmap

  • 補助人工心臓(Ventricular assist system)を装着中に脳出血を起こした症例における凝固能是正の検討

    山尾 幸広, 高橋 淳, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久忠, 佐藤 徹, 毛利 正直, 飯原 弘二, 中谷 武嗣, 宮本 享

    The Mt. Fuji Workshop on CVD   26   93 - 93   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    researchmap

  • 血管エコー他の診断法とのコラボレーション 症候性内頸動脈狭窄症に対する外科治療における超音波診断とMRIプラークイメージングの意義

    飯原 弘二, 長束 一行, 菱川 朋人, 山田 直明, 宮本 享

    超音波医学   35 ( Suppl. )   S187 - S187   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • CEA施行例における対側内頸動脈狭窄の自然歴

    福田 健治, 飯原 弘二, 菱川 朋人, 佐藤 徹, 森 久恵, 毛利 正直, 高橋 淳, 長束 一行, 宮本 享

    脳卒中   30 ( 2 )   376 - 376   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • 頸部頸動脈狭窄症に対する治療戦略 不安定プラークを有する内頸動脈狭窄症に対する急性期頸動脈内膜剥離術(CEA)

    飯原 弘二, 菱川 朋人, 長束 一行, 豊田 一則, 山田 直明, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 下出 淳子, 永田 泉, 宮本 享

    脈管学   48 ( 1 )   61 - 65   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    著者らは頸部エコー上で著しい不安定プラークを示し、急性期再発のリスクが高いと想定される内頸動脈狭窄症に対して、主に急性期頸動脈内膜剥離術(CEA)を施行してきた。そこで、1998年以降に最終発作から2週間以内にCEAを施行した17症例(平均年齢69.1歳)を対象に、治療成績を検討し、術前診断、術中、術後の管理のポイントを報告した。その結果、1)頸動脈エコーでは可動性プラーク、または浮遊血栓が41%に認められた。2)MRIによる頸動脈プラーク評価はmagnetization prepared rapid acquisition gradient echo法を用いたところ、10例(83%)で不安定プラークを示すhigh intensityを認めた。3)術後は塞栓性の神経学的合併症はなかったが、術後4日目に1例が網膜塞栓症を生じた。4)術後の拡散強調画像では新規病巣を11.8%に、過灌流症候群を5.3%に認められたが、出血性合併症は認めなかった。5)顕微鏡下に慎重に剥離を行えば、塞栓性合併症を最小限に減らすことが可能であることが明らかになった。

    researchmap

  • Effects of deferoxamine-activated hypoxia-inducible factor-1 on the brainstem after subarachnoid hemorrhage in rats. 国際誌

    Tomohito Hishikawa, Shigeki Ono, Tomoyuki Ogawa, Koji Tokunaga, Kenji Sugiu, Isao Date

    Neurosurgery   62 ( 1 )   232 - 40   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Hypoxia-inducible factor (HIF)-1 is a transcription factor that regulates the expression of various neuroprotective genes. The goal of this study was to clarify the relationship between HIF-1 expression and subarachnoid hemorrhage (SAH) and to characterize the effects of deferoxamine (DFO)-induced increases in HIF-1 protein levels on the brainstem and the basilar artery (BA) after experimental SAH. METHODS: Rat single- and double-hemorrhage models (injected on Days 0 and 2) of SAH were used. We assessed the time courses for HIF-1 protein levels in the brainstems and the BA diameters within 10 minutes and 6 hours on Days 1 and 2 in the single-SAH model, and also on Day 7 in the double-SAH model. After induction of double hemorrhage in rats, DFO was injected intraperitoneally. We then evaluated HIF-1 protein expression and brainstem activity, BA diameter, and brainstem blood flow. RESULTS: After the rats experienced SAH, HIF-1 protein expression was significantly greater at 10 minutes in the single-injection model and at 7 days in the double-injection model than at similar time points in the control group, and these increases correlated with degrees of cerebral vasospasm. DFO injection resulted in significant increases in HIF-1 protein expression and activity in the brainstems of rats with SAH, compared with the rats with SAH that were given placebos, and the rats without SAH in the double-hemorrhage model. Cerebral vasospasm and reduction of brainstem blood flow were significantly attenuated in the rats that were administered DFO. CONCLUSION: These results show that a DFO-induced increase in HIF-1 protein level and activity exerts significant attenuation of BA vasospasm and reduction of brainstem blood flow in the rat model of SAH. DFO may be a promising agent for treating clinical SAH.

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000311082.88766.33

    PubMed

    researchmap

  • Effect of deferoxamine-activated hypoxia inducible factor-1 on the brainstem following subarachnoid haemorrhage

    S. Ono, Tomohito Hishikawa, T. Ogawa, M. Nishiguchi, K. Onoda, K. Tokunaga, K. Sugiu, I. Date

    Acta Neurochirurgica, Supplementum   ( 104 )   69 - 73   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Hypoxia inducible factor-1 (HIF-1) is a transcription factor that regulates the expression of various neuroprotective genes. The goal of this study was to clarify the relationship between HIF-1α expression and subarachnoid haemorrhage (SAH) and to determine the effects of the deferoxamine (DFO)-induced increase in HIF-1α protein levels on the brainstem and the basilar artery (BA) following experimental SAH. Rat single- (10min, 6 h, Day 1, Day 2) and double-haemorrhage (Day 7) models of SAH were used. The time course of HIF-1α protein levels of the brainstems and the diameter of the BA was assessed. After an induction of double-haemorrhage in rats, DFO was injected intraperitoneally and HIF-1α protein expression, activity in the brainstems, the diameter of the BA and the brainstem blood flow were assessed. The expression of HIF-1α protein was significantly greater at 10 min and 7 days after SAH. The increase of HIF-1α protein correlated with the degree of cerebral vasospasm. An injection of DFO resulted in significant increases in HIF-1α protein expression and activity in the brainstem of rats with SAH. These results indicate that DFO-induced increase in HIF-1α protein levels and activity exerts neuroprotective and antivasospastic effects. DFO may be a potential therapeutic tool for cerebral vasospasm after SAH. © 2008 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-211-75718-5_13

    Scopus

    researchmap

  • 高齢者の未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術における合併症の検討

    佐藤 徹, 村尾 健一, 大川 将和, 西田 武生, 江頭 裕介, 大西 宏之, 菱川 朋人, 高橋 淳, 飯原 弘二, 宮本 享

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   1 ( 2 )   253 - 253   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤クリッピング術後のneck remnantの頻度、自然歴

    高田 英和, 飯原 弘二, 高橋 淳, 毛利 正直, 佐藤 徹, 森 久恵, 菱川 朋人, 佐藤 公俊, 舟木 健史, 大野 貴之, 大川 将和, 福田 健治, 西田 武生, 江頭 裕介, 大西 宏之, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   1B - 4   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • くも膜下出血急性期内頸動脈トラッピング術におけるバイパスの選択と周術期虚血性合併症

    大野 貴之, 飯原 弘二, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 毛利 正直, 佐藤 徹, 森 久恵, 高田 英和, 菱川 朋人, 舟木 健史, 西田 武生, 大川 将和, 江頭 裕介, 大西 宏之, 永田 泉, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   2K - 19   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • CEA施行例における対側内頸動脈狭窄の自然歴

    福田 健治, 飯原 弘二, 菱川 朋人, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 毛利 正直, 佐藤 徹, 森 久恵, 高田 英和, 舟木 健史, 大野 貴之, 大川 将和, 西田 武生, 江頭 裕介, 長束 一行, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   2K - 22   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 脳循環及びplaque性状より考察する頭蓋内内頸動脈狭窄症の自然歴

    江頭 裕介, 飯原 弘二, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久恵, 佐藤 徹, 毛利 正直, 高橋 淳, 山田 直明, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   2K - 8   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 著しい不安定プラークを有する内頸動脈狭窄症に対する急性期CEA 術中TCD、SEPのdual monitoringの有用性

    飯原 弘二, 菱川 朋人, 長束 一行, 山田 直明, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 毛利 正直, 佐藤 徹, 高田 英和, 森 久恵, 舟木 健史, 大野 貴之, 西田 武生, 江頭 裕介, 永田 泉, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   2E - 4   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 高齢者の未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術における塞栓性合併症の検討

    大西 宏之, 佐藤 徹, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久恵, 毛利 正直, 高橋 淳, 飯原 弘二, 村尾 健一, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   2G - 7   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 抗血栓療法が慢性硬膜下血腫の再発に与える影響

    桝田 宏輔, 江頭 裕介, 西田 武生, 福田 健治, 大川 将和, 大野 貴之, 舟木 健史, 佐藤 公俊, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久恵, 佐藤 徹, 毛利 正直, 高橋 淳, 飯原 弘二, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   1H - 2   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 内頸動脈海綿静脈洞部大型・巨大動脈瘤の中長期治療成績

    舟木 健史, 高橋 淳, 飯原 弘二, 毛利 正直, 佐藤 徹, 森 久恵, 高田 英和, 菱川 朋人, 中嶌 教夫, 永田 泉, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   1K - 3   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • もやもや病に対するbypass後一過性神経症状は何を意味するのか?

    高橋 淳, 飯原 弘, 毛利 正直, 佐藤 徹, 森 久恵, 高田 英和, 菱川 朋人, 舟木 健史, 大野 貴之, 西田 武生, 江頭 裕介, 大川 将和, 大西 宏之, 山尾 幸広, 桝田 宏輔, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   1F - 3   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • virtual histology IVUS及びMRIによるcarotid plaque imaging

    菱川 朋人, 飯原 弘二, 山田 直明, 植田 初江, 長束 一行, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   1G - 1   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 破裂椎骨動脈解離性動脈瘤に対する急性期治療の検討

    毛利 正直, 飯原 弘二, 村尾 健一, 佐藤 徹, 高橋 淳, 森 久恵, 高田 英和, 菱川 朋人, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   3H - 2   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 補助人工心臓(Ventricular assist system)を装着中に脳出血を起こした症例における凝固能是正の検討

    山尾 幸広, 高橋 淳, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久恵, 佐藤 徹, 毛利 正直, 飯原 弘二, 中谷 武嗣, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   3J - 5   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • くも膜下出血患者における周術期感染症の検討

    森 久恵, 宮本 享, 飯原 弘二, 高橋 淳, 毛利 正直, 佐藤 徹, 高田 英和, 菱川 朋人, 佐藤 公俊, 舟木 健史, 大野 貴之, 大川 将和, 福田 健治, 西田 武生, 江頭 裕介, 大西 宏之

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   3K - 3   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 血管内治療を活用したAVMに対するmultimodality therapy

    佐藤 徹, 村尾 健一, 森 久恵, 大川 将和, 西田 武生, 江頭 裕介, 大西 宏之, 菱川 朋人, 高田 英和, 毛利 正直, 高橋 淳, 飯原 弘二, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   3G - 6   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 脊髄硬膜動静脈瘻10例の治療経験feederのパターンと外科的治療の有用性

    大川 将和, 菱川 朋人, 飯原 弘二, 宮本 享

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回   3K - 11   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 【脳梗塞急性期治療の最前線 血栓溶解療法の新たな展開】急性期外科的血行再建の現況 不安定プラークを有する症候性内頸動脈狭窄症に対する急性期CEA

    飯原 弘二, 菱川 朋人, 高橋 淳, 中嶌 教夫, 高田 英和, 工藤 琢巳, 長束 一行, 豊田 一則, 下出 淳子, 山田 直明, 植田 初江, 永田 泉, 宮本 享

    The Mt. Fuji Workshop on CVD   25   101 - 105   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    内科治療に抵抗する症候性内頸動脈狭窄症に対して最終発作から2週間以内にCEA(頸動脈内膜剥離術)を行った17例について術前の画像所見と術後合併症を中心に報告した。術前の頸動脈エコーで可動性プラークを7例(41%)に認め、MRIによるプラーク評価で高信号域を14例(83%)に認めた。術後合併症は遅発性網膜塞栓症を1例(6%)、症候性過灌流症候群を1例に認め、神経学的合併症は1例も認めなかった。代表例2例を提示した。

    researchmap

  • 用語解説診断基準編 脊髄動静脈奇形の分類

    菱川 朋人, 宮本 享

    脊椎脊髄ジャーナル   20 ( 6 )   745 - 746   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)三輪書店  

    researchmap

  • warfarin投与および再開時期が慢性硬膜下血腫の再発に与える影響

    桝田 宏輔, 菱川 朋人, 西田 武生, 高田 英和, 森 久恵, 佐藤 徹, 中嶌 教夫, 高橋 淳, 飯原 弘二, 宮本 享

    脳卒中   29 ( 2 )   275 - 275   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • VAS(補助人工心臓)装着中に脳出血を起こした症例における凝固能是正の検討

    山尾 幸広, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久恵, 佐藤 徹, 中嶌 教夫, 高橋 淳, 飯原 弘二, 中谷 武嗣, 宮本 享

    脳卒中   29 ( 2 )   394 - 394   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • 心電図同期MRAによる未破裂脳動脈瘤壁の性状判断

    中嶌 教夫, 飯原 弘二, 高橋 淳, 佐藤 徹, 森 久恵, 高田 英和, 菱川 朋人, 宮本 享, 中川 善雄, 松岡 謙二

    脳卒中   29 ( 2 )   294 - 294   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • CBF及びplaque性状評価より考察する頭蓋内内頸動脈狭窄症の自然歴

    江頭 裕介, 飯原 弘二, 菱川 朋人, 高田 英和, 森 久恵, 佐藤 徹, 中嶌 教夫, 高橋 淳, 山田 直明, 宮本 享

    脳卒中   29 ( 2 )   296 - 296   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • [Multi-modality treatment for the giant cerebral aneurysms].

    Tomohito Hishikawa, Susumu Miyamoto

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 8   599 - 605   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 【インターベンション時代の脳卒中学(改訂第2版) 超急性期から再発予防まで】脳血管障害各論 くも膜下出血と脳動脈瘤 脳動脈瘤 巨大脳動脈瘤に対するmulti-modality treatment

    菱川 朋人, 宮本 享

    日本臨床   64 ( 増刊8 インターベンション時代の脳卒中学(下) )   599 - 605   2006年11月

  • 【脊髄と疼痛】各疾患における疼痛に対する"私の治療法" 脊髄動静脈奇形の周術期における「痛み」への対応

    菱川 朋人, 宮本 享

    脊椎脊髄ジャーナル   19 ( 9 )   971 - 973   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)三輪書店  

    researchmap

  • 【循環器疾患の早期発見の最前線】脳血管障害 クモ膜下出血

    菱川 朋人, 宮本 享

    Modern Physician   26 ( 5 )   723 - 727   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)新興医学出版社  

    researchmap

  • The stenting to internal carotid artery stenosis (ICS) in petrous portion. The evaluation of plaque figures in magnetic resonance image

    K. Hayashi, H. Seyama, N. Yamada, K. Murao, K. Iihara, J. C. Takahashi, N. Nakajima, T. Sayama, M. Morimoto, H. Mori, M. Yamamoto, T. Hishikawa, Y. Nonaka, J. Ayabe, T. Kikuchi, M. Hyuga, M. Ookawa, T. Kudo, S. Miyamoto

    Interventional Neuroradiology   12 ( SUPPL. 1 )   193 - 196   2006年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the safety stenting, it is important to get to know the characteristics of a plaque. In petrous carotid artery stenosis, it is difficult to know the characteristics of the plaque. We paid our attention to the MPRAGE (Magnetization Prepared Rapid Acquisition with Gradient Echo) method on high resolving power MRI. By the MPRAGE method, low intensity was observed in these lesions of all cases. This result suggested that the plaque in petrous portion was a fibrous plaque. This method is useful to get to know the characteristics of a plaque in petrous portion before endovascular treatment.

    Scopus

    researchmap

  • 高次脳機能障害で発症したMCA giant serpentine aneurysmの一手術例

    菱川 朋人, 高橋 淳, 飯原 弘二, 村尾 健一, 宮本 享

    北野病院紀要   49-50   76 - 82   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)田附興風会医学研究所北野病院  

    researchmap

  • くも膜下出血患者髄液におけるMCP-1,MIP-1α濃度の経時的変化について

    小野 成紀, 小川 智之, 菱川 朋人, 西口 充久, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   20   83 - 85   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    破裂脳動脈瘤でくも膜下出血を来たした患者15例(男5例,女10例)を対象に,髄液中monocyte chemoattractant protein-1(MCP-1),macrophage inflammatory protein-1(MIP-1)α濃度を経時的に測定した.症候性血管攣縮を来たしたのは8例(A群),来たさなかったのは7例(B群)であった.髄液中MCP-1濃度はDay 3まで有意に高濃度であったが,A群とB群との間に有意差はなかった.MIP-1α濃度はDay 7以降で濃度の上昇傾向を認めたが,両群間に有意差はなかった.一方,これらの蛋白濃度をDay 3以前とDay 4以降で比較すると,A群ではDay 3以前で有意にMCP-1が上昇し,かつDay 4以降でMIP-1αが上昇した.これに対しB群では,Day 3以前で有意にMCP-1が上昇したが,MIP-1αの有意な上昇は認めなかった.単球,マクロファージ走化因子の経時的変化は,脳血管攣縮予知のモニターとなる可能性があると考えられた

    researchmap

  • DeferoxamineによるHypoxia inducible factor-1を介したラットくも膜下出血後脳血管攣縮時における脳保護効果の検討

    菱川 朋人, 小野 成紀, 小川 智之, 西口 充久, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳血管攣縮   20   60 - 62   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    ラットの大槽内に自己動脈血を2回注入してSAHモデルを作製し,day 4にdeferoxamine(DFO) 300mg/kgを腹腔内投与したものをA群,生食投与をB群とした.また,生食を大槽内に注入したものをC群とし,day 7に脳幹を摘出して各群におけるhypoxia inducible factor(HIF)-1αのmRNA量および蛋白量を各々RT-PCR,Western blot法で測定した.その結果,mRNAの発現量は3群間で有意差を認めなかったが,蛋白はC群に比較してB群で有意に多く発現しており,A群は更に有意に発現量が増加していた.また,laser Doppler flowmetryを用いて脳幹の脳血流量を測定したところ,B群はC群に比較して有意に低下していたが,A群はB群よりも有意に増加しており,C群との有意差はなかった.DFOは脳血管攣縮に対し臨床効果が期待できると考えられた

    researchmap

  • サル脳動脈瘤モデルへのアデノウイルスによるTGF-b-1遺伝子治療の試み

    小野 成紀, 菱川 朋人, 西口 充久, 西尾 晋作, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳卒中   26 ( 1 )   208 - 208   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • TGF-b-1遺伝子導入による血管反応性の変化:脳血管への遺伝子導入を目指して

    小野 成紀, 菱川 朋人, 西口 充久, 西尾 晋作, 徳永 浩司, 杉生 憲志, 伊達 勲

    脳卒中   26 ( 1 )   209 - 209   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • ラットくも膜下出血モデルにおけるhypoxia inducible factor-1(HIF-1)mRNAおよび蛋白の経時的発現変化の検討

    菱川 朋人, 小野 成紀, 西口 充久, 伊達 勲

    脳血管攣縮   19   43 - 46   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • サル脳血管に対するアデノウイルスによる遺伝子導入の試み マイクロバルンカテーテルによる脳血管内アプローチの有効性について

    小野 成紀, 伊達 勲, 菱川 朋人, 西口 充久, 真鍋 博明, 大本 尭史

    脳血管攣縮   18   16 - 19   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スパズム・シンポジウム事務局  

    researchmap

  • 高齢で発症したクモ膜嚢胞の2例 小児例との比較検討

    菱川 朋人, 近間 正典, 坪井 雅弘, 薮野 信美

    Neurological Surgery   30 ( 9 )   959 - 965   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    高齢で発症したクモ膜嚢胞の2例を経験した.症例1は73歳女.微熱,咳嗽を認め受診した.言葉がはっきり喋れない状態であったため,CTを行い,左頭頂葉に嚢胞性病変を認め入院した.左頭頂開頭により嚢胞切除術を行った.術後,症状は著明に改善し,独歩退院した.病理所見により,クモ膜嚢胞と診断した.症例2は64歳女.物忘れが強くなり,言葉も出にくくなった.右上下肢の脱力を認め,CTで左中頭蓋窩に嚢胞性病変を指摘され入院した.左前頭側頭開頭により嚢胞切除術を行った.術後症状は改善し,独歩退院した.病理所見により,クモ膜嚢胞と診断した

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2002&ichushi_jid=J01228&link_issn=&doc_id=20020829560005&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1436902268&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1436902268&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • [Two cases of symptomatic arachnoid cysts in elderly patients--a comparison and analysis with child cases].

    Tomohito Hishikawa, Masanori Chikama, Masahiro Tsuboi, Nobuyoshi Yabuno

    No shinkei geka. Neurological surgery   30 ( 9 )   959 - 65   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A symptomatic arachnoid cyst in an elderly patient is rare. We report two cases of symptomatic arachnoid cysts in elderly patients. The first case is that of a 73-year-old woman complaining of headache and speech disturbance. She had an arachnoid cyst in the left interhemispheric fissure. This is rare. Only two interhemispheric arachnoid cysts in the elderly have ever been reported. The other case is that of a 64-year-old woman, having right hemiparesis and dementia and a cyst is shown in her left temporal lobe. Both patients underwent a cystectomy which resulted in the disappearance of their symptoms. Only 56 cases of symptomatic arachnoid cyst over the age of 60 years have ever been reported. We made an analysis of 58 cases, including our two cases, and compared it with child cases. In cases of the elderly, the symptoms are usually headache, hemiparesis, gait disturbance and dementia, which are similar to symptoms of chronic subdural hematoma and normal pressure hydrocephalus. On the other hand, child cases usually reveal signs of intracranial hypertension. Several authors have reported their therapeutic method for child symptomatic arachnoid cysts. However, it is difficult to determine the best method for treating child cases at this time. We think a cystectomy is the first choice of operative procedure for symptomatic arachnoid cyst in the elderly.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 脳出血における出血源としての脳動静脈奇形の重要性

    薮野 信美, 近間 正典, 菱川 朋人, 坪井 雅弘, 能勢 聡一郎, 古田 知久

    脳卒中   24 ( 1 )   156 - 156   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • 術中に致命的腫瘍内出血をきたした下垂体腺腫の1例

    菱川 朋人, 近間 正典, 藪野 信美

    岡山医学会雑誌   113 ( 1 )   47 - 47   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 外傷性頸動脈閉塞の1例

    菱川 朋人, 近間 正典, 藪野 信美, 浜家 一雄

    岡山医学会雑誌   112 ( 9〜12 )   234 - 234   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 皮質下出血における出血源としての脳動静脈奇形の重要性

    薮野 信美, 近間 正典, 菱川 朋人, 能勢 聡一郎, 古田 知久

    日本脳神経外科学会総会抄録集   59回   160 - 160   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • 頭部外傷により急性悪化した慢性硬膜下血腫の2例

    菱川 朋人, 近間 正典, 薮野 信美

    岡山医学会雑誌   ( 111(9〜12)112(1〜2) )   17 - 17   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 被殻出血における出血源の検討

    薮野 信美, 近間 正典, 菱川 朋人, 能勢 聡一郎

    日本脳神経外科学会総会抄録集   58回   245 - 245   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • クリニカルガイド小児科 専門医の診断・治療

    水口 雅、山形崇倫 編集( 担当: 共著 ,  範囲: もやもや病ー神経・筋疾患ー)

    南山堂  2021年 

     詳細を見る

    総ページ数:912   担当ページ:853-856   記述言語:日本語

    researchmap

  • 改訂2版 脳脊髄血管撮影 超実践マニュアル─セッティングと撮影のコツがよく分かる解説Web動画付き─

    杉生憲志 編集( 範囲: バルーン閉塞試験(BOT)─脳脊髄血管撮影アドバンスト─)

    メディカ出版  2021年  ( ISBN:9784840475532

     詳細を見る

    総ページ数:239   担当ページ:155-161   記述言語:日本語

    researchmap

  • 改訂2版 脳脊髄血管撮影 超実践マニュアル─セッティングと撮影のコツがよく分かる解説Web動画付き─

    杉生憲志 編集( 範囲: もやもや病─疾患別血管撮影のコツ─)

    メディカ出版  2021年  ( ISBN:9784840475532

     詳細を見る

    総ページ数:239   担当ページ:200-206   記述言語:日本語

    researchmap

  • 改訂2版 脳脊髄血管撮影 超実践マニュアル─セッティングと撮影のコツがよく分かる解説Web動画付き─

    杉生憲志 編集( 範囲: 小児の脳血管撮影─脳脊髄血管撮影アドバンスト─)

    メディカ出版  2021年  ( ISBN:9784840475532

     詳細を見る

    総ページ数:239   担当ページ:134-137   記述言語:日本語

    researchmap

  • 改訂2版 脳脊髄血管撮影 超実践マニュアル─セッティングと撮影のコツがよく分かる解説Web動画付き─

    杉生憲志 編集( 範囲: 使用デバイスの基礎知識─脳脊髄血管撮影の基礎知識─)

    メディカ出版  2021年  ( ISBN:9784840475532

     詳細を見る

    総ページ数:239   担当ページ:42-47   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナースが知りたい脳神経外科手術とケアのポイント─術後の危険なサインも原因から対応までしっかり解説─ブレインナーシング2020年春季増刊

    菊田健一郎 監修、志智可奈子、託間大悟、鈴木陽子、山川賢治 編集( 担当: 共著 ,  範囲: クリッピング術─開頭手術とケアのポイント─)

    メディカ出版  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:32-41   記述言語:日本語

    researchmap

  • 新NS NOW No.17 脳動脈瘤─専門医になるための基本ポイント─

    菊田健一郎 担当編集員、森田明夫、伊達 勲、菊田健一郎 編集( 担当: 共著 ,  範囲: 大型・巨大内頚動脈瘤の外科的治療)

    メジカルビュー社  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:173   担当ページ:116-128   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳動脈瘤に対する血管内治療 知行合一

    大石英則 編( 担当: 共著 ,  範囲: 脳底動脈上小脳動脈分岐部動脈瘤─脳動脈瘤塞栓術の知行合一─)

    メジカルビュー  2018年  ( ISBN:9784758315791

     詳細を見る

    総ページ数:319   担当ページ:230-243   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第32回微小脳神経外科解剖研究会 講演集

    香川大学医学部脳神経外科 編集( 担当: 共著 ,  範囲: 脳動脈瘤と動眼神経)

    メッド  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:70   担当ページ:13-15   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第32回微小脳神経外科解剖研究会 講演集

    香川大学医学部脳神経外科 編集( 担当: 共著 ,  範囲: 微小脳神経外科解剖をリアルに理解する─臨床応用解剖の意義─)

    メッド  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:70   担当ページ:35-37   記述言語:日本語

    researchmap

  • 小児疾患の診断治療基準─第5版─

    小児内科編集委員会、小児外科編集委員会 編集( 担当: 共著 ,  範囲: 非外傷性頭蓋内出血─疾患 XVII. 神経・筋疾患─)

    東京医学社  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:988   担当ページ:736-737   記述言語:日本語

    researchmap

  • 完全版 脳血管内治療学─病態・治療法の本質的理解と臨床・研究発展のために─

    滝 和郎 監修、宮地 茂、松丸祐司、田中美千裕 編集( 担当: 共著 ,  範囲: 止血①Angioseal、その他─治療技術学 治療に必要な技術革新と新治験 reconstruction─)

    メディカ出版  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:511   担当ページ:438-440   記述言語:日本語

    researchmap

  • Hybrid Neurosurgeonのための疾患別臨床脳血管解剖テキスト─脳神経外科速報 2018年増刊─

    大宅宗一 監修、遠藤英徳 編集( 担当: 共著 ,  範囲: Acomの開頭手術─脳動脈瘤 Acom─)

    メディカ出版  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:269   担当ページ:50-58   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳神経外科ビデオジャーナル─日本脳神経外科 卒後研修用ビデオ─

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 脳動脈瘤コイル塞栓術の基本と注意点─Balloon Remodeling Techniqueの実際─)

    メディカルリサーチセンター  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳血管外科 手術器具&機器─必ず知っておきたい─脳神経外科速報2017年臨時増刊

    飯原弘二 監修、菱川朋人 編集( 担当: 共著 ,  範囲: ハイブリッド手術室─東芝─)

    メディカ出版  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:235-249   記述言語:日本語

    researchmap

  • 新NS NOW No.10 脳動静脈奇形治療のこれまでとこれから─脳神経外科のエベレスト登山─

    菊田健一郎 担当編集委員 森田明夫、伊達 勲、菊田健一郎 編集( 担当: 共著 ,  範囲: テント上深部AVM─側頭葉、特に海馬、内側型─)

    メジカルビュー社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:114-125   記述言語:日本語

    researchmap

  • 前大脳動脈瘤・椎骨脳底動脈瘤(ACA・VBA Aneurysm)のすべて─シミュレーションで経験する手術・IVR/130本のWEB動画付き─(脳神経外科速報EX 部位別に学ぶ脳動脈瘤シリーズ)

    宝金清博 監修、井川房夫、宮地 茂 編( 担当: 共著 ,  範囲: 脳底動脈瘤─本幹─)

    メディカ出版  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:303-308   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳静脈エッセンス─脳静脈の歩き方 ─

    波出石弘、石川達哉、田中美千裕 編( 担当: 共著 ,  範囲: Infratentorial supracerebellar approach─脳静脈と各手術アプローチ─)

    中外医学社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:119-124   記述言語:日本語

    researchmap

  • 小児疾患診療のための病態生理3─改定第5版─

    小児内科編集委員会、小児外科編集委員会 編( 担当: 共著 ,  範囲: 非外傷性頭蓋内出血─神経疾患─)

    東京医学社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:320-325   記述言語:日本語

    researchmap

  • 新NS NOW No.5:IからXIIまで 脳神経からみた脳神経外科手術

    森田明夫、伊達 勲、菊田健一郎 編( 担当: 共著 ,  範囲: 動眼神経─脳動脈瘤手術と動眼神経─)

    メジカルビュー社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:50-61   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳神経外科診療プラクティス5 無症候性脳血管障害を解く

    飯原弘二 編( 担当: 共著 ,  範囲: OCT、VH-IVUS (III.無症候性脳血管障害のイメージング─症候化のメカニズムを解く─))

    文光堂  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:134-137   記述言語:日本語

    researchmap

  • 内頚動脈瘤(ICA Aneurysm)のすべて 近位部(cavernous-paraclinoid)─シミュレーションで経験する手術・IVR 92本のWEB動画付き─(脳神経外科速報EX 部位別に学ぶ脳動脈瘤シリーズ)

    宝金清博 監修、井川房夫、宮地 茂 編( 担当: 共著 ,  範囲: シミュレーションと手術の実際─IC cavernous大型、巨大2─)

    メディカ出版  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:114-120   記述言語:日本語

    researchmap

  • 中大脳動脈瘤(MCA Aneurysm)のすべて─シミュレーションで経験する手術・IVR 50本のWEB動画付き─(脳神経外科速報EX 部位別に学ぶ動脈瘤シリーズ)

    宝金清博監修、井川房夫、宮地 茂 編( 担当: 共著 ,  範囲: シミュレーションと手術の実際─広頚/血栓化/巨大(3)─)

    メディカ出版  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:123-126   記述言語:日本語

    researchmap

  • Geriatric Neurosurgery Vol.26

    小林 秀 監修、松岡浩司 編( 担当: 共著 ,  範囲: 80歳以上の高齢者に対する頚動脈ステント留置術の検討)

    日本老年脳神経外科学会事務局  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:11-15   記述言語:日本語

    researchmap

  • Geriatric Neurosurgery Vol.24

    日本老年脳神経外科学会事務局( 担当: 共著 ,  範囲: 頚動脈狭窄症に対する内膜剥離術とステント留置術の治療成績に関する年齢群別検討)

    日本老年脳神経外科学会事務局  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:43-46   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳血管攣縮26(脳卒中の外科 第38巻増刊号)

    遠藤俊郎 編( 担当: 共著 ,  範囲: くも膜下出血後脳血管攣縮に対する集学的治療困難症例の検討)

    にゅーろん社  2011年 

     詳細を見る

    担当ページ:34-37   記述言語:日本語

    researchmap

  • Geriatric Neurosurgery Vol.22

    日本老年脳神経外科学会事務局( 担当: 共著 ,  範囲: 頸動脈狭窄症に対するステント留置術(CAS)─高齢者に対する有用性の検討─)

    日本老年脳神経外科学会事務局  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:37-39   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳血管攣縮25

    鈴木倫保編( 担当: 共著 ,  範囲: 脳血管攣縮検出のための簡易型脳内酸素飽和度監視装置INVOSの長所・短所)

    にゅーろん社  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:43-46   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳血管攣縮24

    伊達 勲編( 担当: 共著 ,  範囲: 11Rを用いた新しいタンパク質導入法─脳血管障害治療への効果的な新しい薬物導入システムの確立─)

    にゅーろん社  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:11-14   記述言語:日本語

    researchmap

  • 最新循環器診療マニュアル

    友池仁暢( 担当: 共著 ,  範囲: 疾患別診療方針 閉塞性血管障害 内頸動脈狭窄症)

    中山書店  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:621-624   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳血管攣縮24

    伊達 勲編( 担当: 共著 ,  範囲: 簡易型脳内酸素飽和度監視装置INVOS&#174;によるくも膜下出血後脳血管攣縮の検出)

    にゅーろん社  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:67-69   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳卒中の再発を防ぐ 知っておきたいQ&A 76

    橋本洋一郎、岡田靖、矢坂正弘、宮本享( 担当: 共著 ,  範囲: アテローム血栓性脳梗塞)

    南山堂  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:14-15   記述言語:日本語

    researchmap

  • 脳神経外科エキスパート 前頭葉・側頭葉

    伊達勲( 担当: 共著 ,  範囲: 手術アプローチ subtemporal approach)

    中外医学社  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:128-134   記述言語:日本語

    researchmap

  • The Mt. Fuji Workshop on CVD 全身脈管病としての脳卒中

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 頸動脈狭窄症ハイリスク症例への対応 著しい不安定プラークを有する症候性内頸動脈狭窄症に対する急性期CEA 術中TCD、SEPによるDual monitoringの有用性)

    にゅーろん社  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:26-31   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第20回微小脳神経外科解剖セミナー 講演集

    井上亨( 担当: 共著 ,  範囲: subtemporal approach - 安全に手術を行うための基本手技と外科解剖-)

    サイメッドパブリケーションズ  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:127-133   記述言語:日本語

    researchmap

  • The Mt. Fuji Workshop on CVD 脳梗塞急性期治療の最前線 血栓溶解療法の新たな展開

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 急性期外科的血行再建の現況 不安定プラークを有する症候性内頸動脈狭窄症に対する急性期CEA)

    にゅーろん社  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:101-105   記述言語:日本語

    researchmap

  • インターベンション時代の脳卒中学(下)

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 巨大脳動脈瘤に対するmulti-modality treatment)

    日本臨床社  2006年 

     詳細を見る

    担当ページ:599-605   記述言語:日本語

    researchmap

  • Modern Physician

    友池仁暢( 担当: 共著 ,  範囲: 循環器疾患の早期発見の最前線 脳血管障害 クモ膜下出血)

    新興医学出版社  2006年 

     詳細を見る

    担当ページ:723-727   記述言語:日本語

    researchmap

  • SCUルールブック

    峰松一夫( 担当: 共著 ,  範囲: SCUにおけるくも膜下出血の治療 薬物療法(出血源不明例の対応を含む))

    中外医学社  2006年 

     詳細を見る

    担当ページ:198-199   記述言語:日本語

    researchmap

  • SCUルールブック

    峰松一夫( 担当: 共著 ,  範囲: SCUにおけるくも膜下出血の治療 脳血管攣縮の治療)

    中外医学社  2006年 

     詳細を見る

    担当ページ:209-210   記述言語:日本語

    researchmap

  • 北野病院紀要

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 高次脳機能障害で発症したMCA giant serpentine aneurysmの一手術例)

    2005年 

     詳細を見る

    担当ページ:76-82   記述言語:日本語

    researchmap

  • Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment

    R.Loch Macdonald ed( 担当: 共著 ,  範囲: What is the key factor expressed in human spastic arteries after SAH?)

    Thieme Medical Publishers,Inc.  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:129-133   記述言語:英語

    researchmap

  • Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment

    R.Loch Macdonald ed( 担当: 共著 ,  範囲: Therapeutic strategies for cerebral vasospasm after SAH:efficacy of a combination of intraventricular urokinase and intra-arterial fasudil)

    Thieme Medical Publishers,Inc.  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:296-299   記述言語:英語

    researchmap

  • Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment

    R.Loch Macdonald ed( 担当: 共著 ,  範囲: Expression of hypoxia inducible factor-1 in a rat subarachnoid hemorrhage model)

    Thieme Medical Publishers,Inc.  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:134-137   記述言語:英語

    researchmap

  • Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment

    R.Loch Macdonald ed( 担当: 共著 ,  範囲: Phosphodiesterase III inhibitor for the treatment of chronic cerebral vasospasm in dogs)

    Thieme Medical Publishers,Inc.  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:160-163   記述言語:英語

    researchmap

  • Cerebral Vasospasm Advances in Research and Treatment

    R.Loch Macdonald ed( 担当: 共著 ,  範囲: Intravascular adenoviral gene transfection of monkey cerebral arteries using micro-balloon catheters)

    Thieme Medical Publishers,Inc.  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:112-115   記述言語:英語

    researchmap

  • 脳血管攣縮18

    ( 担当: 共著 ,  範囲: サル脳血管に対するアデノウイルスによる遺伝子導入の試み-マイクロバルーンカテーテルによる血管内アプローチの有効性について-)

    中外医学社  2002年 

     詳細を見る

    担当ページ:16-19   記述言語:日本語

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Cone-beam CTを用いたlateral spinal arteryの正常解剖と頭蓋頚椎移行部動静脈瘻の血管解剖の解析(シンポジウム)

    平松匡文、杉生憲志、安原隆雄、菱川朋人、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月27日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 光造形3Dプリンターによる脳動脈瘤モデル作成法の確立とその応用

    木村 颯、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、佐藤 悠、山岡陽子、胡谷侑貴、枝木久典、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月27日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 中型動脈瘤にはflow diverterよりもstent-assisted coilingが薦められる

    春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月27日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 国内研修施設を対象とした脳血管治療のシミュレーショントレーニングに関するアンケート調査の報告(シンポジウム)

    胡谷侑貴、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月26日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 当院での高精度テーラーメード脳動脈瘤モデルを利用した脳血管内治療トレーニング(シンポジウム)

    春間 純、杉生憲志、木村 颯、胡谷侑貴、佐藤 悠、枝木久典、山岡陽子、西 和彦、村井 智、平松匡文、菱川朋人、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月26日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 備えあれば憂いなし、ランダムループのG3三兄弟活用術(アフタヌーンセミナー) 招待

    菱川朋人

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 部分血栓化中大脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の有用性

    菱川朋人、春間 純、平松匡文、杉生憲志、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • げっ歯類を用いた虚血再灌流障害の機序研究

    大熊 佑、篠崎広一郎、林田 敬、トレイシー ケビン、菱川朋人、安原隆雄、大同 茂、伊達 勲、ベッカー ランス

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • Hybrid Neurosurgeryに求められるチームワーク─当院における診療放射線技師としての経験─(シンポジウム)

    氏福亜矢子、平松匡文、菱川朋人、杉生憲志、春間 純、市川大樹、大西治彦、本田 貢、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 動脈瘤破裂による内頚動脈海綿静脈洞瘻に対してpterygoid plexus経由で経静脈的塞栓術を行った1例

    松田勇輝、平松匡文、杉生憲志、木村 颯、山岡陽子、胡谷侑貴、佐藤 悠、西 和彦、村井 智、春間 純、菱川朋人、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 脳脊髄動静脈シャント疾患の罹患率に対して地域性が与える影響

    村井 智、 高杉祐二、平松匡文、鈴木越治、石橋良太、宮崎裕子、春間 純、菱川朋人、安原隆雄、杉生憲志、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 当院における頭蓋内腫瘍塞栓術の治療成績─JR-NET3との比較─

    西 和彦、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、春間 純、村井 智、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、枝木久典、木村 颯、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 当院におけるCASのprotection deviceによる治療成績の検討

    枝木久典、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 視神経菅部硬膜動静脈瘻の2例報告

    佐藤 悠、平松匡文、杉生憲志、中嶋裕之、菱川朋人、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、胡谷侑貴、枝木久典、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 経時的CBCT fusion画像を用いたPipeline embolization device留置術後の脳動脈瘤閉塞率の検討

    胡谷侑貴、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月25日  福岡大学筑紫病院 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • Bypass surgery and perioperative management for pediatric patients with moyamoya disease 招待

    Hishikawa T, Date I

    ACNS Webinar  2021年11月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Web  

    researchmap

  • 血行再建術における脳血流SPECTの正しい解釈と病態に応じた活用法(特別講演) 招待

    菱川朋人

    長崎ニューロイメージングカンファレンス(Web開催)  2021年11月15日  長崎ニューロイメージングカンファレンス(長崎大学医学部 脳神経外科)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • 高脂血症ラットにおけるくも膜下出血後脳血管攣縮

    西 和彦、菱川朋人、 橋 悠、劉 克約、枝木久典、木村 颯、胡谷侑貴、佐藤 悠、山岡陽子、村井 智、春間 純、平松匡文、杉生憲志、西堀正洋、伊達 勲

    第64回日本脳循環代謝学会学術集会(現地・Web併催)  2021年11月12日  岐阜薬科大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月12日 - 2021年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜  

    researchmap

  • 脳神経外科の働き方改革─健全な働き方と適切な医療提供の両立を目指して─ 招待

    伊達 勲、菱川朋人

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月30日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 高脂血症ラットにおけるくも膜下出血後脳血管攣縮

    西 和彦、菱川朋人、高橋 悠、劉 克約、枝木久典、木村 颯、胡谷侑貴、佐藤 悠、山岡陽子、村井 智、春間 純、平松匡文、杉生憲志、西堀正洋、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月29日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 経時的CBCT fusion画像を用いたPipeline embolization deviceの短縮、拡張の検討

    胡谷侑貴、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月28日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 高難度中型動脈瘤にはflow diverterよりもstent-assisted coilingが薦められる

    杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 片側もやもや病のPCA狭窄とRNF213遺伝子変異および転帰との関連

    峰晴陽平、高木康志、小泉昭夫、森本貴昭、船木健史、菱川朋人、荒木芳生、長谷川仁、高橋 淳、黒田 敏、寶金清博、宮本 享

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 虚血再灌流障害急性期におけるnear-infrared spectroscopyでのモニタリングの有用性 国際共著

    大熊 佑、篠崎光一郎、林田 敬、J Kevin Traccy、菱川朋人、安原隆雄、大同 茂、伊達 勲、B Lance Becker

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 瘤周囲脳の接触による脳動脈瘤のブレブ形成

    佐藤 透、八木高伸、澤田陽一、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、春間 純、佐藤 悠、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 当施設での椎骨動脈紡錘状動脈瘤に対するステント留置単独治療の成績

    小橋藍子、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • Ziostation2を用いた光造形型3Dプリンタ用血管中空化モデル作成方法の試み

    木村 颯、春間 純、枝木久典、胡谷侑貴、山岡陽子、佐藤 悠、西 和彦、村井 智、平松匡文、菱川朋人、杉生憲志、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 3DDSA arterial & venous phase fusionを用いた中大脳動脈瘤術前シミュレーションの有用性

    枝木久典、平松匡文、杉生憲志、菱川朋人、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 右上肢アプローチ脳血管撮影検査における左内頚動脈選択撮影可否に関わる因子の検討

    佐藤 悠、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、胡谷侑貴、枝木久典、木村 颯、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • Form3 3Dプリンタを用いた新しい脳動脈瘤モデル作成と脳血管内治療術前シミュレーションの試み

    春間 純、杉生憲志、木村 颯、枝木久典、胡谷侑貴、佐藤 悠、西 和彦、山岡陽子、村井 智、平松匡文、菱川朋人、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 軟骨性骨に発生したosseous arteriovenous fistulaの特徴と治療

    平松匡文、杉生憲志、春間 純、菱川朋人、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 小児もやもや病におけるribbon主義の有用性

    菱川朋人、平松匡文、Jun Haruma、杉生憲志、伊達 勲

    (一社)日本脳神経外科学会第80回学術総会(現地・Web併催)  2021年10月27日  山梨大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • マルチモダリティを用いた術前シミュレーションが有用であった開頭クリッピング術の1例

    佐藤 悠、春間 純、木村 颯、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、胡谷侑貴、枝木久典、伊達 勲

    第23回中国四国脳卒中研究会  2021年9月25日  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 内頚動脈海綿静脈洞瘻に対してpterygoid plexus経由で経静脈的塞栓術を行った1例

    木村 颯、平松匡文、杉生憲志、菱川朋人、春間 純、村井 智、西 和彦、佐藤 悠、山岡陽子、胡谷侑貴、伊達 勲、枝木久典

    第30回NPO法人日本脳神経血管内治療学会中国四国地方会  2021年9月25日  島根大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 経時的cone-beam CT fusion画像を用いたFREDの短縮、形態変化の検討

    胡谷侑貴、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、木村 颯、伊達 勲

    第30回NPO法人日本脳神経血管内治療学会中国四国地方会  2021年9月25日  島根大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Vitreaの脳灌流画像解析が有用であった急性期脳梗塞の1例

    西 和彦、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、春間 純、村井 智、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、枝木久典、伊達 勲

    第30回NPO法人日本脳神経血管内治療学会中国四国地方会  2021年9月25日  島根大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 進行性脳梗塞をきたした乳児もやもや病の1例

    小橋藍子、菱川朋人、杉生憲志、平松匡文、春間 純、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、枝木久典、伊達 勲

    第23回中国四国脳卒中研究会  2021年9月25日  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 症候性carotid webに対し頚動脈ステント留置術を施行した1例

    枝木久典、春間 純、杉生憲志、菱川朋人、平松匡文、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、木村 颯、佐々木諒、山下 徹、伊達 勲

    第23回中国四国脳卒中研究会  2021年9月25日  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Combined revascularization surgery for an infantile patient with moyamoya disease (Video Symposium) 国際会議

    Hishikawa T, Date I

    The 15th Japan-Korea Joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke: JKJC 2021 (Online and Held Locally)  2021年9月10日  Korean Society of Cerebrovascular Surgeons

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Seoul  

    researchmap

  • 小児もやもや病におけるribbon手技の有用性

    菱川朋人、平松匡文、春間 純、杉生憲志、伊達 勲

    第49回日本小児神経外科学会(現地・Web開催)  2021年6月  福島県立医科大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月4日 - 2021年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島  

    researchmap

  • 血管内治療における微小脳血管解剖の最前線(第35回日本微小脳神経外科解剖研究会合同セッション) 招待

    杉生憲志、平松匡文、菱川朋人、春間 純、高橋 悠、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、伊達 勲

    第41回日本脳神経外科コングレス総会(現地・Web併催)  2021年5月  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 脳神経外科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月13日 - 2021年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 光造形型3Dプリンタを用いた新しい脳動脈瘤モデル作成と術前シミュレーションの試み(シンポジウム)

    春間 純、杉生憲志、胡谷侑貴、佐藤 悠、西 和彦、山岡陽子、村井 智、高橋 悠、平松匡文、菱川朋人、伊達 勲

    第30回脳神経外科手術と機器学会(Web開催)  2021年4月  札幌医科大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月23日 - 2021年4月24日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 80歳以上の超高齢者脊椎脊髄症例に対する手術をいかに安全に行うかー周術期管理センターの有用性ー(シンポジウム)

    安原隆雄、菱川朋人、藤井謙太郎、森松博史、伊達 勲

    第34回日本老年脳神経外科学会(Web開催)  2021年4月  秋田大学大学院医学系研究科 機能展開医学系 脳神経外科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • 当院における80歳以上高齢者における身破裂脳動脈瘤治療の検討(シンポジウム)

    春間 純、杉生憲志、胡谷侑貴、佐藤 悠、西 和彦、山岡陽子、村井 智、高橋 悠、平松匡文、菱川朋人、伊達 勲

    第34回日本老年脳神経外科学会(Web開催)  2021年4月  秋田大学大学院医学系研究科 機能展開医学系 脳神経外科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • 光造形型3Dプリンタで作成した脳動脈瘤モデルでの術前シミュレーションが有用であった新規脳動脈瘤支援ステントデバイスPulseRiderを用いた1例

    春間 純、杉生憲志、胡谷侑貴、枝木久典、佐藤 悠、西 和彦、山岡陽子、村井 智、平松匡文、菱川朋人、安原隆雄、伊達 勲

    第91回(一社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会(現地・Web併催)  2021年4月  島根大学医学部 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月3日 - 2021年4月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松江  

    researchmap

  • 高脂血症ラットにおけるくも膜下出血後脳血管攣縮の検討(シンポジウム)

    西 和彦、菱川朋人、高橋 悠、劉 克約、胡谷侑貴、佐藤 悠、山岡陽子、村井 智、春間 純、平松匡文、杉生憲志、西堀正洋、伊達 勲

    第37回スパズム・シンポジウム:STROKE 2021(現地・Web併催)  2021年3月  東邦大学医療センター 大橋病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月11日 - 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 遠位部前大脳動脈瘤に対する血管内治療の治療成績

    村井 智、胡谷侑貴、佐藤 悠、山岡陽子、西 和彦、高橋 悠、春間 純、平松匡文、菱川朋人、杉生憲志、伊達 勲

    第50回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2021(現地・Web併催)  2021年3月  富山大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月11日 - 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 光造形型3DプリンタForm3を用いた新しい脳動脈瘤モデル作成の試み

    春間 純、胡谷侑貴、佐藤 悠、西 和彦、山岡陽子、村井 智、高橋 悠、平松匡文、菱川朋人、杉生憲志、伊達 勲

    第50回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2021(現地・Web併催)  2021年3月  富山大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月11日 - 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 脳卒中の外科医の目指すべき姿(特別企画) 招待

    菱川朋人、伊達 勲

    第50回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2021(現地・Web併催)  2021年3月  富山大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月11日 - 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 硬膜動静脈瘻 画像診断の新展開(シンポジウム)

    杉生憲志、平松匡文、菱川朋人、春間 純、高橋 悠、村井 智、西 和彦、山岡陽子、佐藤 悠、胡谷侑貴、伊達 勲

    第50回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2021(現地・Web併催)  2021年3月  富山大学 脳神経外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月11日 - 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 虚血再灌流障害急性期における高酸素投与の功罪

    大熊 佑、篠崎広一郎、林田 敬、トレーシー ケビン、菱川朋人、安原隆雄、大同 茂、伊達 勲、ベッカー ランス

    第46回日本脳卒中学会学術集会:STROKE 2021(現地・Web併催)  2021年3月  九州大学大学院医学研究院病態機能内科学