2021/07/12 更新

写真a

テラニシ マサコ
寺西 雅子
TERANISHI Masako
所属
全学教育・学生支援機構 准教授
職名
准教授
通称等の別名
那須雅子
外部リンク

学位

  • 修士(文学) ( ノッティンガム大学(英国) )

  • 修士(教育学) ( 岡山大学 )

  • 博士(文学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • オーラルヒストリー研究

  • ナラティブ分析

  • 英語文体論

  • Oral History

  • 英語教育

  • モダニズム

  • Modernism

  • Stylistics

  • Narrative

  • English Education

研究分野

  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学  / 文体論、ナラティブ研究、ライフストーリー、モダニズム

経歴

  • - 岡山大学言語教育センター 准教授

    2012年

      詳細を見る

  • - Associate Professor,Foreign Language Education Center,Okayama University

    2012年

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本英文学会   大会準備委員  

    2021年   

      詳細を見る

  • 日本国際教養学会   理事・会長  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本英文学会中国四国支部   学会誌編集委員  

    2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本国際教養学会   理事・事務局長  

    2013年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本国際教養学会

    researchmap

  • 岡山英文学会   理事・事務局  

    2012年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    岡山英文学会

    researchmap

  • 日本ヴァージニア・ウルフ協会   大会運営委員・ホームページ管理委員  

    2010年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本ヴァージニア・ウルフ協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 岡山大学GTECを用いたCan-Doリストの開発

    大年順子, 剱持淑, 寺西雅子

    岡山大学教育研究紀要   ( 5 )   44 - 59   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • オーラルヒストリーによる外国語学習法に関する質的研究:アジア地域で活躍するグローバル人材のインタビューからの考察 査読

    那須雅子

    PERSICA   ( 46 )   43 - 52   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ウルフとユング: 小説に描出される「集合的無意識」 査読

    那須雅子

    JAILA Journal   ( 4 )   50 - 61   2018年3月

     詳細を見る

  • これからのグローバル社会を生きる:現役学生の視点から 査読

    那須雅子

    JAILA Journal   ( 2 )   76 - 84   2016年

     詳細を見る

  • 「達人」の外国語学習履歴に関する質的研究:外国語学習のオーラルヒストリー分析 査読

    那須雅子

    日本国際教養学会 JAILA Journal   ( 1 )   73 - 82   2015年

     詳細を見る

  • 'One must become externalised': Virginia Woolf's Creative Processes for Inner Presentation 査読

    Masako Nasu

    岡山英文学会 PERSICA   ( 40 )   25 - 36   2013年

     詳細を見る

  • The role of stylistics in Japan: A pedagogical perspective 査読

    Masayuki Teranishi, Aiko Saito, Kiyo Sakamoto, Masako Nasu

    LANGUAGE AND LITERATURE   21 ( 2 )   226 - 244   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    This article surveys the history of English studies and education in Japan, paying special attention to the role of literary texts and stylistics. Firstly, the role of literature and stylistics in Japan is discussed from a pedagogical point of view, including both English as a foreign language and Japanese as a native language. Secondly, the way in which stylistics has contributed to literary criticism in the country is examined, with reference to the history of literary stylistics since 1980. Finally, this article considers further applications of stylistics to language study in Japan, offering two examples: analysis of thought presentation in Yukio Mishima's Megami (2006[1955]), and the teaching of an English poem and a Japanese haiku to Japanese EFL students. The overall aim of this article is to demonstrate that literature as language teaching material and stylistics as a critical and teaching method are significant not only in understanding English, but also in appreciating our own native language if it is not English.

    DOI: 10.1177/0963947012444034

    Web of Science

    researchmap

  • Buds of Internal Realism in Virginia Woolf’s The Voyage Out 査読

    那須雅子

    『中国四国英文学研究』   ( 7 )   1 - 11   2011年

     詳細を見る

  • Groping for Internal Realism: Woolf’s Early Experiments in Short Fictions 査読

    那須雅子

    『ヴァージニア・ウルフ研究』   ( 27 )   52 - 68   2010年

     詳細を見る

  • The Limitation of Internal Realism: A Stylistic Analysis of Virginia Woolf's Short Fiction 査読

    Masako Nasu

    PERSICA   36   1 - 13   2009年

     詳細を見る

  • Dramatic Soliloquy における「普遍的意識」:『波』の草稿への文体論的考察 査読

    那須雅子

    英文学研究   ( 81 )   56 - 67   2005年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • Intersection of Arts, Humanities and Science: Fifteen Selected Passages for University Students.

    日本国際教養学会編

    成美堂  2020年3月 

     詳細を見る

  • From Individual to Collective: Virginia Woolf's Developing Concept of Consciousness

    Peter Lang  2017年  ( ISBN:9783034321211

     詳細を見る

  • Scientific Approaches to Literature in Learning Environments(共著)

    John Benjamins  2016年  ( ISBN:9789027234131

     詳細を見る

  • Literature and Language Learning in the EFL Classroom

    Palgrave Macmillan  2015年 

     詳細を見る

  • 『文学教材ハンドブック―英語教育を活性化する―』

    英宝社  2013年 

     詳細を見る

  • 『英語教育への新たな挑戦―英語教師の視点から』(共著)

    英宝社  2010年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Woolf and Jung: Collective Unconscious Represented in Fictions

    Masako Nasu Teranishi

    4   50 - 61   2018年

     詳細を見る

  • 英語多読のための学習環境整備ー「語学学修コーナー」の英語本と電子ブックの紹介ー

    寺西雅子

    「楷」   64 ( 64 )   4 - 4   2017年

     詳細を見る

  • 外国語学習成功者のインタビュー考察

    那須雅子

    http://jaila.org/activity/taikai20160313/proceedings20160313/jaila-proc-005-01-20160313.pdf   2016年

     詳細を見る

  • 外国語学習「達人」に学ぶ

    那須雅子

    http://jaila.org/activity/taikai20140316/proceedings20140316/jaila-proc-003-01-20140316.pdf   2014年

     詳細を見る

  • 英語新カリキュラムのスキル別科目に関するアンケート調査

    大学教育研究紀要   9   111 - 122   2013年

     詳細を見る

  • A Survey of Skills-Baced Integrated English Classws in the New Curriculum

    9   111 - 122   2013年

     詳細を見る

  • 英語学習版「オーラルヒストリー」の編纂に向けて

    日本英文学会第84回大会Proceedings   2012年

     詳細を見る

  • 多読を多角的に捉え直す-効果的な多読活動の模索:辞書使用の是非に関する一考察

    日本英文学会第83回大会Proceedings   190 - 192   2011年

     詳細を見る

  • Can We Appreciate her Moments of Being? - A Stylistic Analysis of Woolf's Short Fiction

    PALA 2010 Proceedings Online   2010年

     詳細を見る

  • From Voice to Unconsciousness: An Analysis of “Empty Centre” in Virginia Woolf's Fiction

    岡山大学大学院 『社会文化科学研究科紀要』   ( 27 )   161 - 172   2009年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • オーラルヒストリーによる英語学習法に関する質的研究:「精読本を多読」実践の考察

    那須雅子

    日本国際教養学会 第9回全国大会(オンライン)ポスター発表  2021年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日 - 2021年3月20日

    researchmap

  • 岡山大学GTECを用いたCan-Doリストの開発.

    大年順子, 剱持淑, 寺西雅子

    JAAL in JACET.  2020年12月5日 

     詳細を見る

  • 日本人の語学習得に関する質的研究:英語学習履歴のナラティブの分析と考察.

    第72回日本英文学会中国四国支部大会.  2019年10月26日 

     詳細を見る

  • オーラルヒストリー研究: アジア地域で活躍するグローバル人材に必要とされる能力について.

    那須雅子

    日本国際教養学会 第8回全国大会ポスター発表.  2019年3月16日 

     詳細を見る

  • オーラルヒストリーによる英語学習法に関する質的研究:「音読」の効果について.

    日本国際教養学会 第7回全国大会ポスター発表.  2018年3月10日 

     詳細を見る

  • 「個」から「集合体」へ:ヴァージニアウルフの描く意識世界の変遷

    日本国際教養学会第6回全国大会ポスター発表  2017年 

     詳細を見る

  • ヴァージニア・ウルフの後期作品にみられる「集合的無意識」の世界:‘empty centre’と見えない「焦点化者」

    第40回岡山英文学会  2017年 

     詳細を見る

  • 外国語学習成功者のインタビュー考察

    日本国際教養学会 第5回全国大会  2016年 

     詳細を見る

  • Reading Authentic Materials: A Qualitative Study of Highly Successful Foreign Language Learners' Interviews

    国際文体論学会 第36回大会  2016年 

     詳細を見る

  • ウルフとユング:無意識世界の描写に関する文体論的考察

    英学シンポジウムー文体論で極める文学とコミュニケーションー  2016年 

     詳細を見る

  • To develop global human resources

    国際文体論学会 第35回大会  2015年 

     詳細を見る

  • オーラルヒストリーから見る「グローバル人材」の実像

    日本国際教養学会第4回全国大会ポスター発表  2015年 

     詳細を見る

  • 近代の終焉と20世紀イギリス文学:モダニズム作家としてのヴァージニア・ウルフ

    岡山英文学会 第38回シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 外国語学習「達人」に学ぶ

    日本国際教養学会 第3回全国大会  2014年 

     詳細を見る

  • Is it disappointing 'Isabella was perfectly empty'?: A Stylistic Analysis of Virginia Woolf's The Lady in the Looking-Glass: A Reflection

    国際文体論学会, PALA 第33会国際大会  2013年 

     詳細を見る

  • ‘To be only sensibility’: Stylistic Analysis of Woolfian Internal Realism

    国際文体論学会, PALA 第32会国際大会  2012年 

     詳細を見る

  • 多読を多角的に捉え直す

    日本英文学会関東支部 「英語教育部門シンポジウム」  2011年 

     詳細を見る

  • ヴァージニア・ウルフの後期作品における内面描写の分析

    日本英文学会中国四国支部、第64回大会  2011年 

     詳細を見る

  • Can we appreciate her “Moments of Being”? – A stylistic analysis of Woolf’s short fiction

    PALA 第30回国際大会  2010年 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 外国語学習者のナラティブ研究:グローバル人材のライフストーリーから見る語学習得法

    研究課題/領域番号:21K00707  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    寺西 雅子 剱持淑 寺西雅之

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    researchmap

  • 外国語学習版オーラルヒストリー研究: アジア地域で活躍するグローバル人材を中心に

    研究課題/領域番号:18K00831  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    寺西 雅子, 剱持 淑, 寺西 雅之

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    2019年度前半は、対象とするグローバル人材のインタビュー、および本研究の成果発表を実施し、一定の成果を上げることができた。また、時間軸を取り入れた分析フレームワークを用いて、昨年度に続き複数の学習モデル図を作成した。しかし、新型コロナウィルス感染症の影響を受け、3月に活動が制限されたため、予定していたインタビュー数件の実施を2020年度に延期し、成果発表についても状況を見ながら、開催時期を改めて検討することとなった。
    研究実績としては、下記3点にまとめることができる。
    (1)日本人1名と台湾人1名のインタビューを行った。
    (2)集積したインタビューの分析状況として、複線径路等至性モデリング(Trajectory Equifinality Modeling : TEM)を応用したフレームワークを基に、学習モデル図を作成した。
    (3)成果発表として、①日本国際教養学会英語教材プロジェクトチームのメンバーとともに、『大学生のための国際教養』 Intersection of Arts, Humanities and Science: Fifteen Selected Passages for University Students.を成美堂より出版した。その中で、アジアで活躍するビジネスマンのインタビューに基づき、グローバル人材に必要とされる「教養」について述べる英文テキストを掲載し、学生による自主的活動を促すFurther Studyを提供した。 ②口頭発表「日本人の語学習得に関する質的アプローチ:英語学習履歴のナラティブ分析と考察」を行った。③本科研の成果を掲載するホームページ開設をした。

    researchmap

  • 英語学習版オーラルヒストリーの編纂:生涯的な外国語学習法に関する質的研究

    2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科研費 

    寺西 雅子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 文学作品を用いた英語教育の教授法と教材の開発に関する研究

    研究課題/領域番号:23520314  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    寺西 雅之, 奥 聡一郎, 玉井 史絵, 深谷 素子, 寺西 雅子, 西原 貴之, 小澤 緑, 藤原 知予

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    英語教育における文学作品の役割を再評価した本研究の成果として、まず教育現場での実地調査が挙げられる。特に、言語教育において評価の高いフィンランドや英国において実施した授業参観からは重要な教育的示唆を得ることができた。また、上級レベルの外国語学習者に対して行ったインタビューより、外国語習得における文学作品の具体的な役割を発見することができた。さらに、『文学教材実践ハンドブック』等の教材・授業実践集を作成し文学教材を用いた英語教育の普及に貢献できた点も大きい。最後に国際誌への論文投稿や国際学会での発表等本研究の成果を世界に向けて発信し、各国の研究者との協力体制を築いたことも大きな成果である。

    researchmap

 

担当授業科目

  • イギリス小説論演習 (2021年度) 前期  - 月3

  • 上級英語-1 (2021年度) 第1学期  - 火5~6

  • 上級英語-1 (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 上級英語-1 (2021年度) 第3学期  - 月3~4

  • 上級英語-1 (2021年度) 第1学期  - 金1~2

  • 上級英語-2 (2021年度) 第2学期  - 火5~6

  • 上級英語-2 (2021年度) 第2学期  - 金1~2

  • 上級英語-2 (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 総合英語3-1 (2021年度) 第3学期  - 火7~8

  • 総合英語3-2 (2021年度) 第4学期  - 火7~8

  • 総合英語3-2 (2021年度) 第4学期  - 火

  • 総合英語5(ライティング)-1 (2021年度) 第3学期  - 火5~6

  • 総合英語5(ライティング)-2 (2021年度) 第4学期  - 火5~6

  • 総合英語5(リーディング)-1 (2021年度) 第3学期  - 火5~6

  • 総合英語5(リーディング)-2 (2021年度) 第4学期  - 火5~6

  • 英米文化表現論 (2021年度) 特別  - その他

  • 英米文化表現論演習1 (2021年度) 前期  - その他

  • 英米文化表現論演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • 英語コミュニケーション3-1 (2021年度) 第3学期  - 火7~8

  • 英語コミュニケーション3-2 (2021年度) 第4学期  - 火7~8

  • 英語コミュニケーション3-2 (2021年度) 第4学期  - 火9~10

  • 英語コミュニケーション6-1 (2021年度) 第3学期  - 火5~6

  • 英語コミュニケーション6-2 (2021年度) 第4学期  - 火5~6

  • 英語(リスニング)-1 (2021年度) 第1学期  - 木3

  • 英語(リスニング)-1 (2021年度) 第3学期  - 木6

  • 英語(リスニング)-1 (2021年度) 第3学期  - 木5

  • 英語(リスニング)-1 (2021年度) 第1学期  - 木4

  • 英語(リスニング)-2 (2021年度) 第2学期  - 木3

  • 英語(リスニング)-2 (2021年度) 第4学期  - 木5

  • 英語(リスニング)-2 (2021年度) 第2学期  - 木4

  • 英語(リスニング)-2 (2021年度) 第4学期  - 木6

  • 英語(総合)-1 (2021年度) 第1学期  - 火3~4

  • 英語(総合)-2 (2021年度) 第2学期  - 火3~4

  • 英語(R&W)-1 (2021年度) 第1学期  - 金5~6

  • 英語(R&W)-1 (2021年度) 第3学期  - 金5~6

  • 英語(R&W)-2 (2021年度) 第2学期  - 金5~6

  • 英語(R&W)-2 (2021年度) 第4学期  - 金5~6

  • イギリス小説論 (2020年度) 前期  - 月3

  • 上級英語 (2020年度) 第4学期  - 火5~6

  • 上級英語 (2020年度) 特別  - その他

  • 上級英語-1 (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 上級英語-1 (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 上級英語-2 (2020年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 上級英語-2 (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 総合英語5(ライティング)-1 (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 総合英語5(ライティング)-2 (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 総合英語5(リーディング)-1 (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 総合英語5(リーディング)-2 (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 英米文化表現論 (2020年度) 特別  - その他

  • 英米文化表現論演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 英米文化表現論演習2 (2020年度) 前期  - その他

  • 英語コミュニケーション4-1 (2020年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 英語コミュニケーション4-2 (2020年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 英語コミュニケーション6-1 (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 英語コミュニケーション6-2 (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 英語(ライティング)-1 (2020年度) 第1学期  - 木4

  • 英語(ライティング)-1 (2020年度) 第1学期  - 木3

  • 英語(ライティング)-2 (2020年度) 第2学期  - 木4

  • 英語(ライティング)-2 (2020年度) 第2学期  - 木3

  • 英語(作文・文法)-1 (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 英語(総合)-1 (2020年度) 第1学期  - 火3,火4

  • 英語(総合)-2 (2020年度) 第2学期  - 火3,火4

  • 英語(読解)-1 (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 英語(R&W)-1 (2020年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 英語(R&W)-1 (2020年度) 第1学期  - 金3,金4

  • 英語(R&W)-1 (2020年度) 第1学期  - 金5,金6

  • 英語(R&W)-1 (2020年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 英語(R&W)-2 (2020年度) 第4学期  - 金5,金6

  • 英語(R&W)-2 (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 英語(R&W)-2 (2020年度) 第2学期  - 金5,金6

  • 英語(R&W)-2 (2020年度) 第4学期  - 金3,金4

▼全件表示