2021/12/26 更新

写真a

コタニ ヤスヒロ
小谷 恭弘
KOTANI Yasuhiro
所属
医歯薬学域 准教授
職名
准教授

学位

  • 医学 心臓血管外科学専攻 ( 2007年6月   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 )

研究キーワード

  • 先天性心疾患

  • 成人先天性心疾患

  • 心不全

  • 心臓移植

研究分野

  • ライフサイエンス / 心臓血管外科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    2003年4月 - 2007年6月

      詳細を見る

  • 香川医科大学医学部    

    1993年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学学術研究院医歯薬学域 心臓血管外科 准教授

    2019年1月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 心臓血管外科学 助教

    2014年1月 - 2018年12月

      詳細を見る

  • カナダ セントマイケル病院 (心臓外科)クリニカルフェロー

    2013年1月 - 2013年12月

      詳細を見る

  • カナダ トロント小児病院 (心臓血管外科) クリニカルフェロー

    2011年1月 - 2012年12月

      詳細を見る

  • 米国ウィスコンシン大学 心臓胸部外科   研究員

    2009年9月 - 2010年12月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部 心臓血管外科   助教

    2009年4月 - 2009年8月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部 心臓血管外科   医員

    2002年8月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 福山市民病院 心臓血管外科   医員

    2001年8月 - 2002年7月

      詳細を見る

  • 国立岡山病院 外科   研修医

    1999年8月 - 2001年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部 心臓血管外科   医員

    1999年4月 - 1999年7月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • American Association for Thoracic Surgery

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • European Association for Cardiothoracic

    2015年10月 - 現在

      詳細を見る

  • The Society of Thoracic Surgeons

    2015年1月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本成人先天性心疾患学会

    2014年11月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本循環器学会

    1999年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本小児循環器学会

    1999年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本心臓血管外科学会

    1999年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本外科学会

    1999年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本胸部外科学会

    1999年4月 - 現在

      詳細を見る

  • Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery

      詳細を見る

  • 日本心不全学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本小児循環器学会 次世代育成委員会   委員  

    2021年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本小児循環器学会 学術集会支援委員会   委員  

    2021年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本循環器学会中国支部   評議員  

    2020年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本小児循環器学会 関連学会ジョイント講演選定委員会   委員  

    2019年7月 - 2021年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山大学 病院機能改善ワーキング  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山大学 薬事委員会  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山大学 共同実験室運営委員会  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山大学 国際診療支援センター  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山大学 バイオバンクコアミーティング  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本心臓血管外科学会   評議員  

    2017年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本小児循環器学会   評議員  

    2016年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Operative Techniques in Thoracic and Cardiovascular Surgery   Associate Editor  

    2016年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Impact of decompression of the right ventricle on the sinusoidal communications in pulmonary atresia and intact ventricular septum. 国際誌

    Takahiro Eitoku, Shingo Kasahara, Kenji Baba, Yasuhiro Kotani

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   2021年9月

     詳細を見る

  • Successful Handmade Monobloc Aortomitral Valve Replacement for Extensive Aortic Root Abscess. 国際誌

    Takanori Suezawa, Masanori Hirota, Naoya Sakoda, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   112 ( 2 )   e131-e134   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Aortic root abscess is one of the most catastrophic complications of aortic valve endocarditis. Complete débridement is recommended regardless of the kind of infected lesion. A 37-year-old man with extensive aortic root abscess due to prosthetic aortic valve endocarditis was surgically treated. The main lesion was the aortomitral continuity extending to the commissure between the left and right coronary cusps. After débridement, the aortic annulus underneath the left coronary artery was reconstructed using a handmade aortomitral monobloc valve without aortic annuloplasty. This valve was required for the extensive root abscess of the left and noncoronary sinus to achieve complete débridement.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.11.046

    PubMed

    researchmap

  • Perioperative Milrinone Infusion Improves One-Year Survival After the Norwood-Sano Procedure. 国際誌

    Tomoyuki Kanazawa, Kazuyoshi Shimizu, Tatsuo Iwasaki, Kenji Baba, Shinichi Otsuki, Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara, Hiroshi Morimatsu

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia   35 ( 7 )   2073 - 2078   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: The aim of this study was to investigate whether milrinone infusion improved one-year survival in patients who underwent the Norwood-Sano procedure. DESIGN: A retrospective observational study. SETTING: A single-institution university hospital. PARTICIPANTS: Children who underwent the Norwood-Sano procedure from January 2008 to December 2014. INTERVENTIONS: Patients were categorized into two groups: group E+D, who received routine epinephrine and dopamine infusion, and group M, who received routine milrinone infusion for intra- and postoperative inotropic support. MEASUREMENTS AND MAIN RESULTS: The primary outcome of this study was one-year survival after the Norwood-Sano procedure. A total of 45 patients were included (group E+D, 22; group M, 23). One-year survival in group M was significantly higher than that in group E+D (95.7% [22/23] v 72.7% [16/22], p = 0.03). A Kaplan-Meier curve also showed that one-year survival in group M was significantly higher than that in group E+D (p = 0.04), from the result of the log-rank test. The number of patients who had any arrhythmias in the intensive care unit (ICU) was significantly lower in group M than in group E+D (21.7% [5/23] v 50% [11/22], p = 0.03). The duration of ICU stay did not have statistical difference between groups (group M 19; interquartile range [IQR], 15-28) v group E+D 19.5 (IQR, 16.3-35.5) days, p = 0.57). CONCLUSIONS: Perioperative milrinone infusion improved the mortality after the Norwood-Sano procedure. Potential advantages of milrinone compared with epinephrine are fewer arrhythmias and better systemic perfusion, which could decrease lethal cardiac events in the ICU.

    DOI: 10.1053/j.jvca.2021.02.017

    PubMed

    researchmap

  • Anatomical Risk Factors for Reintervention after Arterial Switch Operation for Taussig-Bing Anomaly 国際誌

    The Annals of Thoracic Surgery   112 ( 1 )   163 - 169   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.06.016

    PubMed

    researchmap

  • Does the size of pulmonary artery impact on recoarctation of the aorta after the Norwood procedure without patch? 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: This study aimed to evaluate whether recoarctation of the aorta (reCoA) after the Norwood procedure for hypoplastic left heart syndrome correlates with pre- and postoperative anatomic factors. METHODS: This retrospective study included 48 patients who underwent Norwood procedure with right ventricle-to-pulmonary artery conduit between 2009 and 2017. Anatomical factors such as preoperative length, diameter of the main pulmonary artery (MPA), and postoperative neoaortic arch angle stratified by arch reconstruction technique were analysed using the receiver operating characteristic analysis. RESULTS: Eleven patients needed surgical intervention for reCoA at stage 2. Out of the 30 patients who underwent direct anastomosis during arch reconstruction, 7 developed reCoA. Seven patients received the full patch augmentation (patch augmentation for both lesser and greater curvatures) and were all spared from reCoA. Among the patients who had direct anastomosis, the preoperative MPA length was correlated with the postoperative arch angle (P = 0.021) and was associated with the occurrence of reCoA (P = 0.002) and the best cutoff value for MPA length was 10 mm. The postoperative arch angle was also correlated with the incidence of reCoA (P < 0.001) and was larger in patients who underwent the full patch augmentation than in patients who had direct anastomosis (126° vs 112°, P = 0.005) despite comparable MPA length. CONCLUSIONS: ReCoA after the Norwood procedure correlates with MPA length when a direct anastomosis was used. Direct anastomosis can be considered in patients with a longer preoperative MPA. In other cases, the full patch augmentation should be considered for obtaining a large and smooth neoaortic arch.

    DOI: 10.1093/icvts/ivab170

    PubMed

    researchmap

  • Endocardial Hemangioma of the Right Ventricle: Complete Excision With Right Ventricular Restoration. 国際誌

    Masanori Hirota, Takanori Suezawa, Yasuyuki Kobayashi, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   111 ( 6 )   e411-e413   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Primary cardiac tumor can arise from any location in the right and left cardiac chamber. Complete excision is generally recommended because of uncertainty regarding malignancy; however it is important to minimize the resultant functional deterioration after surgery. We report a case of endocardial hemangioma (4 × 3 × 3 cm) on the free wall of the right ventricle, located between the anterior and posterior papillary muscles. We describe details of the procedure to preserve the right ventricular volume and competence of the tricuspid valve.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.09.078

    PubMed

    researchmap

  • Multiple Late Complications After Takeuchi Repair of Anomalous Left Coronary Artery From the Pulmonary Artery. 国際誌

    Fumi Yokohama, Norihisa Toh, Yasuhiro Kotani, Nobuhisa Watanabe, Yoichi Takaya, Teiji Akagi, Shingo Kasahara, Hiroshi Ito

    JACC. Case reports   3 ( 5 )   731 - 735   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Takeuchi repair is a unique surgical approach in anomalous left coronary artery from the pulmonary artery. We present an adult patient with anomalous left coronary artery from the pulmonary artery with multiple late structural complications after Takeuchi repair who was evaluated using multimodality imaging, including newly developed cardiac fusion imaging with computed tomography and echocardiography. (Level of Difficulty: Advanced.).

    DOI: 10.1016/j.jaccas.2021.02.035

    PubMed

    researchmap

  • Corrigendum to 'Norwood procedure with right ventricle to pulmonary artery conduit: a single-centre 20-year experience' [Eur J Cardiothorac Surg 2020;58:230-236]. 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   59 ( 4 )   931 - 931   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezaa483

    PubMed

    researchmap

  • Papillary-ventricular complex tugging for ischemic/functional mitral regurgitation. 国際誌

    Masanori Hirota, Takanori Suezawa, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Fumi Yokohama, Yoichi Takaya, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Surgical restoration of subvalvular geometry is very important to prevent recurrence of ischemic/functional mitral regurgitation (MR). We evaluated an approach to the radical repair of left ventricular (LV) remodeling for three different cases with responsible coronary lesions. Leaflet tethering was corrected by tugging of the papillary-ventricular complex, which consists of the base of papillary muscles and posterior LV wall. The main lesion of the postinfarction scar was concomitantly excluded. Restoration of LV remodeling diminished MR with minimal leaflet tethering and improved systolic LV function. This technique may be an aggressive and encouraged approach for patients with ischemic/functional MR.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.03.095

    PubMed

    researchmap

  • Ex Vivo Evaluation of the Biventricular Cardiac Function for Donation After Circulatory Death Model: An Experimental Study 国際誌

    Artificial Organs   45 ( 4 )   373 - 381   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aor.13834

    PubMed

    researchmap

  • Staged Repair of Tetralogy of Fallot: A Strategy for Optimizing Clinical and Functional Outcomes. 国際誌

    Yasuyuki Kobayashi, Yasuhiro Kotani, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Shunji Sano, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study evaluated the impact of a staged surgical strategy incorporating a modified Blalock-Taussig shunt (BTS) for tetralogy of Fallot on pulmonary valve annulus growth, the rate of valve-sparing repair at the time of intracardiac repair, and long-term functional outcomes. METHODS: This retrospective study involved 330 patients with tetralogy of Fallot who underwent intracardiac repair between 1991 and 2019 and included 57 patients (17%) who underwent BTS. The mean follow-up period was 15.0 ± 7.3 years. We compared the data of patients who underwent BTS and patients who did not undergo BTS before intracardiac repair. RESULTS: The median age before BTS was 71 days (range, 28 to 199) and the median body weight was 4.3 kg (range, 3.3 to 6.8 kg). There were no inhospital or interstage deaths after BTS. The pulmonary valve annulus Z scores of patients with BTS revealed significant growth after BTS (from -4.2 ± 1.8 to -3.0 ± 1.7, P < .001). Valve-sparing repair was eventually performed in 207 patients (63%), including 26 (46%) who underwent staged repair. The overall freedom from pulmonary regurgitation-related reintervention was 99.7%, 99.1%, and 95.8% at 1, 5, and 20 years, respectively. CONCLUSIONS: A staged surgical strategy incorporating BTS as the first palliation for symptomatic patients resulted in no mortality. Blalock-Taussig shunt may have contributed to the avoidance of primary transannular patch repair and facilitated pulmonary valve annulus growth; therefore, approximately half of the symptomatic neonates and infants were recruited for valve-sparing repair. Staged repair may have led to functionally reliable delayed transannular patch repair, thereby resulting in fewer surgical reinterventions.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.01.087

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of the right ventricle in donation after circulatory death hearts 国際誌

    Artificial Organs   45 ( 3 )   263 - 270   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aor.13823

    PubMed

    researchmap

  • Risk factors and outcomes of pediatric extracorporeal membrane oxygenation. 国際誌

    Hiroshi Taka, Yasuhiro Kotani, Yosuke Kuroko, Susumu Iwadou, Tatsuo Iwasaki, Shingo Kasahara

    Asian cardiovascular & thoracic annals   218492321997379 - 218492321997379   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Congenital heart disease (CHD) is the most common neonatal and pediatric cardiac indication for extracorporeal membrane oxygenation (ECMO). Risk factors of survival and neurologic complication were different in many centers. We sought to evaluate survival and neurological outcome after ECMO in patients with CHD. METHODS: We retrospectively reviewed the medical records of 37 patients (<16 years old) who received ECMO. Indications for ECMO were failure to wean from cardiopulmonary bypass in 18 patients, extracorporeal cardiopulmonary resuscitation (ECPR) in 13 patients, and others in 6 patients. The median cardiopulmonary resuscitation (CPR) duration in ECPR patients was 48 min (interquartile range: 38-53 min). Neurological outcomes were evaluated using the Pediatric Cerebral Performance Category (PCPC) scale one year after hospital discharge. RESULTS: The median ECMO duration was 160 (91-286) h. Twenty-nine patients (78%) were successfully weaned off ECMO. Overall survival to hospital discharge was 59%. Risk factors of mortality were as follows: ECMO duration >1 week and urine output <1 mL/kg/h in the first 24 h after ECMO induction by multivariable analysis. Of the 22 survivors, 15 (68%) patients had a favorable outcome (PCPC ≤2). Risk factors for unfavorable outcomes (PCPC ≥3) included ECPR as indication and CPR of longer than 40 min. CONCLUSIONS: Longer ECMO duration and lower urine output were associated with increased mortality. Neurologic outcomes were not satisfactory when CPR was required for a longer period before ECMO establishment.

    DOI: 10.1177/0218492321997379

    PubMed

    researchmap

  • Outcomes of Right Ventricular Outflow Tract Reconstruction in Children: Retrospective Comparison Between Bovine Jugular Vein and Expanded Polytetrafluoroethylene Conduits 国際誌

    Pediatric Cardiology   42 ( 1 )   100 - 108   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00246-020-02458-0

    PubMed

    researchmap

  • Residual Restrictive Right Ventricular Physiology after One-and-a-Half Ventricular Repair Conversion in Pulmonary Atresia with Intact Ventricular Septum. 国際誌

    Kazuki Suruga, Norihisa Toh, Yasuhiro Kotani, Hideki Onishi, Teiji Akagi, Shingo Kasahara, Hiroshi Ito

    CASE (Philadelphia, Pa.)   4 ( 6 )   523 - 525   2020年12月

     詳細を見る

  • The impact of pulmonary artery banding and cardiac resynchronization therapy for the adult patient with congenitally corrected transposition of the great arteries 査読

    Kadowaki S, Kotani Y, Toh N, Kuroko Y, Tateishi A, Akagi T, Ito H, Kasahara S

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   68 ( 9 )   1024 - 1026   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-019-01171-x

    PubMed

    researchmap

  • Norwood procedure with right ventricle to pulmonary artery conduit: a single-centre 20-year experience 国際誌

    European Journal of Cardio-Thoarcic Surgery   58 ( 2 )   230 - 236   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezaa041

    PubMed

    researchmap

  • Clinical impact of transcatheter atrial septal defect closure on new onset atrial fibrillation in adult patients: Comparison with surgical closure 国際誌

    Journal of Cardiology   76 ( 1 )   94 - 99   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.01.008

    PubMed

    researchmap

  • Bioprosthetic Pulmonary Valve Replacement 招待 査読

    Kotani Y

    Operative Techniques in Thoracic and Cardiovascular Surgery   25 ( 1 )   13 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Outcomes of Patients with Pulmonary Atresia with Intact Ventricular Septum Reaching Adulthood

    Congenital Heart Disease   15 ( 1 )   1 - 12   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.32604/CHD.2020.011579

    Web of Science

    researchmap

  • Congenital left ventricular aneurysm diagnosed with atrial septal defect 査読 国際誌

    Kobayashi Y, Kotani Y, Kuroko Y, Arai S, Kasahara S

    Asian Cardiovascular and Thoracic Annals   27 ( 5 )   404 - 406   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0218492318811557

    PubMed

    researchmap

  • Balloon atrial septostomy in hypoplastic left heart syndrome with restrictive atrial septum 査読 国際誌

    Fukushima Y, Baba K, Kondo M, Kurita Y, Eitoku T, Shigemitsu Y, Hirai K, Tsukahara H, Iwasaki T, Kasahara S, Kotani Y, Otsuki S

    Pediatrics International   61 ( 4 )   339 - 344   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.13716

    PubMed

    researchmap

  • Infective Endocarditis of Patent Foramen Ovale Closure Device Presenting as an Amoeboid-Like Mass 査読 国際誌

    Yamaoka H, Takaya Y, Watanabe N, Akagi T, Nakagawa K, Toh N, Kotani Y, Kasahara S, Itoh H

    JACC Cardiovasc Interv   11 ( 22 )   2337 - 2338   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcin.2018.06.055

    PubMed

    researchmap

  • Repair of Intramural Coronary Artery in Anomalous Aortic Origin of a Coronary Artery 招待 査読

    Kotani Y, Sano S, Kasahara S

    Operative Techniques in Thoracic and Cardiovascular Surgery   23 ( 1 )   40 - 48   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Chylothorax and pleural effusion in contemporary extracardiac fenestrated fontan completion 査読 国際誌

    Lo Rito M, Al-Radi OO, Saedi A, Kotani Y, Ben Sivarajan V, Russell JL, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    J Thorac Cardiovasc Surg   155 ( 5 )   2069 - 2077   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2017.11.046

    PubMed

    researchmap

  • Fontan Failure and Death in Contemporary Fontan Circulation: Analysis From the Last Two Decades 査読 国際誌

    Kotani Y, Chetan D, Zhu J, Saedi A, Zhao L, Mertens L, Redington AN, Coles J, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    Ann Thorac Surg   105 ( 4 )   1240 - 1247   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2017.10.047

    PubMed

    researchmap

  • Surgery for tricuspid regurgitation in a case of anomalous systemic venous return 査読 国際誌

    Eto K, Kotani Y, Kobayashi Y, Edaki D, Kasahara S, Masuda Z

    Asian Cardiovasc Thorac Ann   26 ( 3 )   227 - 230   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0218492318759153

    PubMed

    researchmap

  • Aortopexy for left pulmonary vein obstruction 査読 国際誌

    Kotani Y, Sano T, Arai S, Kasahara S

    Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery   155 ( 2 )   e69-e70   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2017.09.018

    PubMed

    researchmap

  • Nonbacterial thrombotic endocarditis involving all four cardiac valves 査読 国際誌

    Kawada S, Kuriyama M, Kotani Y, Tsushima S, Tanabe A, Kioka Y

    Asian Cardiovascular and Thoracic Surgery Annals   26 ( 1 )   44 - 46   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0218492317748091

    PubMed

    researchmap

  • Intracoronary Cardiac Progenitor Cells in Single Ventricle Physiology: The PERSEUS (Cardiac Progenitor Cell Infusion to Treat Univentricular Heart Disease) Randomized Phase 2 Trial. 査読 国際誌

    Shuta Ishigami,Shinichi Ohtsuki *,Takahiro Eitoku*,Daiki Ousaka,Maiko Kondo*,Yoshihiko Kurita*,Kenta Hirai,Yosuke Fukushima,Kenji Baba*,Takuya Goto,Naohiro Horio,Junko Kobayashi,Yosuke Kuroko*,Yasuhiro Kotani*,Sadahiko Arai*,Tatsuo Iwasaki*,Shuhei Sato*,Shingo Kasahara*,Shunji Sano*,Hidemasa Oh*

    Circulation Research   120 ( 7 )   1162 - 1173   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.116.310253

    PubMed

    researchmap

  • Delayed Diagnosis of Aortic Dissection Following Thrombolytic Therapy in a Patient with Acute Ischemic Stroke;Report of a Case 査読

    Yosuke Miyamoto,Zenichi Masuda*,Yasuhiro Kotani*,Suguru Tarui,Yosuke Kuroko,Yasuhiro Fujii*,Susumu Ozawa*,Shunji Sano*

    Japanese Journal of Thoracic Surgery, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   69 ( 12 )   1037 - 1040   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • A staged decompression of right ventricle allows growth of right ventricle and subsequent biventricular repair in patients with pulmonary atresia and intact ventricular septum 査読 国際誌

    Yasuhiro Kotani*,Shingo Kasahara*,Yasuhiro Fujii*,Takahiro Eitoku,Kenji Baba*,Shin Ichi Otsuki*,Yosuke Kuroko,Sadahiko Arai*,Shunji Sano*

    European Journal of Cardio-thoracic Surgery, European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   50 ( 2 )   298 - 303   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezw124

    PubMed

    researchmap

  • Impact of Norwood versus hybrid palliation on cardiac size and function in hypoplastic left heart syndrome. 査読 国際誌

    Grotenhuis HB, Ruijsink B, Chetan D, Dragulescu A, Friedberg MK, Kotani Y, Caldarone CA, Honjo O, Mertens LL.

    Heart   102 ( 12 )   966 - 74   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/heartjnl-2015-308787

    PubMed

    researchmap

  • A STAGED DECOMPRESSION OF RIGHT VENTRICLE ALLOWS REGRESSION OF RIGHT VENTRICLE TO CORONARY ARTERY FISTULA AND SUBSEQUENT ACHIEVEMENT OF BIVENTRICULAR REPAIR IN PATIENTS WITH PULMONARY ATRESIA AND INTACT VENTRICULAR SEPTUM

    Takahiro Eitoku, Yasuhiro Kotani, Kenji Baba, Maiko Kondou, Shingo Kasahara, Sadahiko Arai, Shinichi Ohtsuki, Shunji Sano

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   67 ( 13 )   947 - 947   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0735-1097(16)30948-2

    Web of Science

    researchmap

  • Surgical outcome of hypoplastic left heart syndrome with intact atrial septum. 査読 国際誌

    Arai S, Fujii Y, Kotani Y, Kuroko Y, Kasahara S, Sano S

    Asian Cardiovascular and Thoracic Annals   23 ( 9 )   1034 - 8   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0218492315606581

    PubMed

    researchmap

  • The Chicken or the Eggs? Examining the Causal Relationship Between the Development of Atrioventricular Valve Regurgitation and Ventricular Dysfunction in Patients With Functionally Single Ventricle Physiology

    Yasuhiro Kotani, Devin Chetan, Selvi Senthilnathan, Arezou Saedi, Christopher A. Caldarone, Glen S. Van Arsdell, Luc Mertens, Osami Honjo

    CIRCULATION   132   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Left Ventricular Myxoma Occluding the Suprarenal Abdominal Aorta in an Infant. 査読 国際誌

    Kawabata T, Kasahara S, Ohtsuki S, Kuroko Y, Kotani Y, Fujii Y, Yoshizumi K, Arai S, Sano S.

    Ann Thorac Surg   100 ( 1 )   309 - 11   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2014.08.066

    PubMed

    researchmap

  • The Utility of Aortic Blood Flow Measurements in the Prediction of Pulmonary Artery Banding Outcome. 査読 国際誌

    Kotani Y, Coles M, D Desai N, Honjo O, Caldarone CA, Coles JG, Van Arsdell GS

    Ann Thorac Surg   99 ( 6 )   2096 - 100   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2015.01.066

    PubMed

    researchmap

  • Anatomical risk factors, surgical treatment, and clinical outcomes of left-sided pulmonary vein obstruction in single-ventricle patients. 査読 国際誌

    Kotani Y, Zhu J, Grosse-Wortmann L, Honjo O, Coles JG, Van Arsdell GS, Caldarone CA

    J Thorac Cardiovasc Surg   149 ( 5 )   1332 - 8   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2014.11.089

    PubMed

    researchmap

  • Persistent fenestration may be a marker for physiologic intolerance after Fontan completion 査読 国際誌

    Kotani Y, Chetan D, Saedi A, Zhu J, Grosse-Wortmann L, Coles JG, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    J Thorac Cardiovasc Surg   148 ( 6 )   2532 - 8   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2014.06.062

    PubMed

    researchmap

  • Fate of the hypoplastic proximal aortic arch in infants undergoing repair for coarctation of the aorta through a left thoracotomy 査読 国際誌

    Kotani Y, Anggriawan S, Chetan D, Zhao L, Liyanage N, Saedi A, Mertens LL, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    Ann Thorac Surg   98 ( 4 )   1386 - 93   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2014.05.042

    PubMed

    researchmap

  • Is restrictive atrial septal defect a risk in partial anomalous pulmonary venous drainage repair? 査読 国際誌

    Zhu J, Kotani Y, Chetan D, Zhao L, Coles JG, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    Ann Thorac Surg   97 ( 5 )   1664 - 70   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2014.01.051

    PubMed

    researchmap

  • Anatomic Factors Determining Surgical Decision Making in Patients with Transposition of the Great Arteries with Left Ventricular Outflow Tract Obstruction 査読 国際誌

    Honjo O, Kotani Y, Bharucha T, Mertens L, Caldarone CA, Redington AN, Van Arsdell GS

    Eur J Cardiothorac Surg   44 ( 6 )   1085 - 94   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezt283

    PubMed

    researchmap

  • The Natural and Surgically-Modified History of Anomalous Pulmonary Veins from the Left Lung 査読 国際誌

    Kotani Y, Chetan D, Zhu J, Anand V, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Coles JG, Honjo O

    Ann Thorac Surg   96 ( 5 )   1711 - 8   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2013.05.101

    PubMed

    researchmap

  • Outcomes of Mechanical Circulatory Support for Patients With Functionally Single-Ventricle Physiology at Different Stages of Surgical Palliation

    Arezou Saedi, Devin Chetan, Yasuhiro Kotani, Nishanthi Liyanage, Lisa Zhao, Christopher Caldarone, Glen Van Arsdell, Osami Honjo

    CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Anatomical Risk Factors Associated With Left-Sided Pulmonary Vein Obstruction in Single Ventricle Patients

    Yasuhiro Kotani, Jiaquan Zhu, Lars Grosse-Wortmann, Osami Honjo, John Coles, Glen S. Van Arsdell, Christopher A. Caldarone

    CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Salvage Hybrid Palliation for Critically-Ill Infants With Functionally Single-Ventricle Physiology

    Devin Chetan, Diana Magee, Yasuhiro Kotani, Alejandro Floh, Steven Schwartz, Glen Van Arsdell, Christopher Caldarone, Osami Honjo

    CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Determinants and clinical significance of flow via the fenestration in the Fontan pathway: a multimodality study 査読 国際誌

    Grosse-Wortmann L, Dragulescu A, Drolet C, Chaturvedi R, Kotani Y, Mertens L, Taylor K, La Rotta G, van Arsdell G, Redington A, Yoo SJ

    Int J Cardiol   168 ( 2 )   811 - 7   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2012.10.008

    PubMed

    researchmap

  • Surgical palliation strategy does not affect interstage ventricular dysfunction or atrioventricular valve regurgitation in children with hypoplastic left heart syndrome and variants 査読 国際誌

    Chetan D, Kotani Y, Jacques F, Poynter JA, Benson LN, Lee KJ, Chaturvedi RR, Friedberg MK, Van Arsdell GS, Caldarone CA, Honjo O

    Circulation   128 ( 11 Suppl 1 )   S205-12 - S212   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.112.000380

    PubMed

    researchmap

  • Current Cardioplegia Practice in Pediatric Cardiac Surgery: A North American Multi Institutional Survey 査読 国際誌

    Kotani Y, Tweddell J, Gruber P, Pizarro C, Austin III EH, Woods RK, Gruenwald C, Caldarone CA

    Ann Thorac Surg   96 ( 3 )   923 - 9   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2013.05.052

    PubMed

    researchmap

  • Medical errors: The performance gap in hypoplastic left heart syndrome and physiologic equivalents? 査読 国際誌

    Jacques F, Anand V, Hickey EJ, Kotani Y, Yadava M, Alghamdi A, Caldarone CA, Redington AN, Schwartz S, Van Arsdell GS

    J Thorac Cardiovasc Surg   145 ( 6 )   1465 - 73   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2012.12.065

    PubMed

    researchmap

  • Late functional outcomes after repair of tetralogy of Fallot with atrioventricular septal defect: A double case-match control study 査読 国際誌

    Kotani Y, Chetan D, Ono N, Mertens LL, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    J Thorac Cardiovasc Surg   145 ( 6 )   1477 - 84   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2013.01.007

    PubMed

    researchmap

  • Evolution of technology, establishment of program, and clinical outcomes in pediatric extracorporeal membrane oxygenation: the "Sickkids" experience 査読 国際誌

    Kotani Y, Honjo O, Davey L, Chetan D, Guerguerian AM, Gruenwald C

    Artif Organs   37 ( 1 )   21 - 8   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aor.12032

    PubMed

    researchmap

  • Left atrial decompression during venoarterial extracorporeal membrane oxygenation for left ventricular failure in children: current strategy and clinical outcomes 査読 国際誌

    Kotani Y, Chetan D, Rodrigues W, Sivarajan VB, Gruenwald C, Guerguerian AM, Van Arsdell GS, Honjo O

    Artif Organs   37 ( 1 )   29 - 36   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1525-1594.2012.01534.x

    PubMed

    researchmap

  • Longevity and durability of atrioventricular valve repair in single-ventricle patients 査読 国際誌

    Kotani Y, Chetan D, Atlin CR, Mertens LL, Jegatheeswaran A, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    Ann Thorac Surg   94 ( 6 )   2061 - 9   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2012.04.048

    PubMed

    researchmap

  • Aortopulmonary collateral flow volume affects early postoperative outcome after Fontan completion: a multimodality study 査読 国際誌

    Grosse-Wortmann L, Drolet C, Dragulescu A, Kotani Y, Chaturvedi R, Lee KJ, Mertens L, Taylor K, La Rotta G, van Arsdell G, Redington A, Yoo SJ

    J Thorac Cardiovasc Surg   144 ( 6 )   1329 - 36   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2012.03.032

    PubMed

    researchmap

  • Is indexed preoperative superior vena cava blood flow a risk factor in patients undergoing bidirectional cavopulmonary shunt? 査読 国際誌

    Kotani Y, Honjo O, Shani K, Merklinger SL, Caldarone C, Van Arsdell GS

    Ann Thorac Surg   94 ( 5 )   1578 - 83   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2012.05.043

    PubMed

    researchmap

  • Modes of Failure and Cause of Death in Children with Functional Single Ventricle Physiology Following Contemporary Total Cavopulmonary Connection Completion

    Yasuhiro Kotani, Devin Chetan, Jiaquan Zhu, Lisa Zhao, Luc Mertens, Andrew Redinoton, John Coles, Christopher Caldarone, Glen Van Arsdell, Osami Honjo

    CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • Hybrid versus Norwood strategies for single-ventricle palliation 査読 国際誌

    Baba K, Kotani Y, Chetan D, Chaturvedi RR, Lee KJ, Benson LN, Grosse-Wortmann L, Van Arsdell GS, Caldarone CA, Honjo O

    Circulation   126 ( 11 Suppl 1 )   S123-31 - S131   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Analysis of Code Division Multiplexing Technique Using a 2 Gchip/s Parallel CCD Matched Filter for 16-Channel ECDM-PON

    Yasuhiro Kotani, Hideyuki Iwamura, Masahiro Sarashina, Hideaki Tamai, Masayuki Kashima

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 8 )   2568 - 2575   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, a novel charge coupled device matched filter (CCD-MF) for Electrical code division multiplexing (ECDM) decoder is proposed and experimentally demonstrated. Simulation results clarify the influence of low charge transfer efficiency (CTE) and the validity of a parallel CCD-MF we proposed. A 15-channel ECDM system using a 2 Gchip/s, 2-parallel CCD-MF is experimentally demonstrated.

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.2568

    Web of Science

    researchmap

  • Left main coronary artery compression long term after repair of conotruncal lesions: the bow string conduit 査読 国際誌

    Jacques F, Kotani Y, Deva DP, Moller T, Oechslin E, Horlick E, Osten M, Crean A, Benson LN, Wintersperger BJ, Caldarone CA

    Ann Thorac Surg   94 ( 1 )   283 - 5   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2011.12.048

    PubMed

    researchmap

  • The Dynamic Characteristics of LIM Using Disc-Shaped Secondary Side Converted into Linear Motion

    Yasuhiro Kotani, Toshimitsu Morizane, Kosuke Tsujikawa, Noriyuki Kimura, Hideki Omori

    2012 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL MACHINES AND SYSTEMS (ICEMS 2012)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Linear motors have many applications because of their unique characteristic which are different from rotary machines. In particular, Linear Induction Motors (LIMs) have a simple and strong structure, a flexible mechanism, and so on. The most popular application of LIMs is in transportation systems. It is important to investigate the dynamic characteristics of LIMs in order for them to be successfully applied in transportation systems. However, it is difficult to measure the dynamic characteristics of LIMs. Long enough span or large enough diameter of a cylindrical drum is necessary for the secondary side in the ordinary measurement system.In this paper, the use of a disc-shaped secondary side to measure the dynamic characteristics of LIMs are proposed. The rotating dynamic characteristics of disc-shaped LIMs are converted into linear motion.

    Web of Science

    researchmap

  • Double-barrel Damus-Kaye-Stansel operation is better than end-to-side Damus-Kaye-Stansel operation for preserving the pulmonary valve function: the importance of preserving the shape of the pulmonary sinus. 国際誌

    Yasuhiro Fujii, Shingo Kasahara, Yasuhiro Kotani, Masami Takagaki, Sadahiko Arai, Shin-ichi Otsuki, Shunji Sano

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   141 ( 1 )   193 - 9   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: The Damus-Kaye-Stansel operation sometimes results in deteriorating semilunar valve insufficiency. We verified the semilunar valve function after the Damus-Kaye-Stansel operation and compared the end-to-side Damus-Kaye-Stansel with the double-barrel Damus-Kaye-Stansel. METHODS: Forty-seven patients who underwent the Damus-Kaye-Stansel operation between June 1993 and August 2008 were retrospectively reviewed. Any patient who underwent a Norwood-type operation was excluded. The median age at operation was 19 months (range, 0-276 months). Forty-five patients were Fontan candidates. Thirty-nine patients underwent pulmonary artery banding before the Damus-Kaye-Stansel operation. Twenty-two patients had undergone an arch repair previously. The semilunar valve function was evaluated by echocardiography. RESULTS: Thirteen patients underwent the end-to-side Damus-Kaye-Stansel operation, and 34 patients underwent the double-barrel Damus-Kaye-Stansel operation. The mean follow-up period was 71 ± 50 months (range, 1-188 months). Although there were 4 deaths, no death was related to the Damus-Kaye-Stansel procedure. Two of the patients with early death could not undergo a postoperative evaluation of the semilunar valves. The semilunar valve regurgitation mildly deteriorated in 7 patients (pulmonary regurgitation in 5 patients and aortic regurgitation in 2 patients). Pulmonary regurgitation deteriorated from none to mild in 1 patient, none to trivial in 2 patients, and trivial to mild in 2 patients. Both deteriorations in aortic regurgitation ranged from none to trivial. Semilunar valve regurgitation did not affect patients' circulatory condition. The end-to-side Damus-Kaye-Stansel operation more frequently caused a deterioration in pulmonary regurgitation than the double-barrel Damus-Kaye-Stansel operation (4/11 vs 1/34, P = .001). No surgical intervention for a systemic ventricular outflow obstruction was observed in the follow-up period. CONCLUSIONS: The double-barrel Damus-Kaye-Stansel operation was found to be superior to the end-to-side Damus-Kaye-Stansel operation for the prevention of postoperative pulmonary regurgitation.

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2010.06.007

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of the appropriate root pressure for maintaining heartbeat during an aortic cross-clamp for primary repair of the aortic arch in premature infants with associated cardiac anomalies.

    Takanori Suezawa, Kozo Ishino, Osami Honjo, Satoru Osaki, Yasuhiro Kotani, Shunji Sano

    Acta medica Okayama   64 ( 6 )   391 - 7   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a new cardiopulmonary bypass (CPB) method to minimize myocardial damage during aortic arch reconstruction. In this method, coronary flow and heartbeat were stabilized by maintaining the aortic root pressure with an adjusted preload of the ventricle during aortic cross-clamping. This study was performed to determine the appropriate root pressure to maintain the heartbeat without causing deterioration of ventricular function. Study 1. Under partial CPB, the ascending aorta was cross-clamped in 6 pigs (group 1). Experimental data at various systolic aortic root pressures was analysed to determine the appropriate root pressure. Study 2. In group 2 (control, n=6), the aorta was not clamped, while in group 3 (n=6), the aorta was cross-clamped for 60 min and the systolic aortic root pressure was maintained at the pressure determined in study 1. Study 1. The diastolic coronary flow was stabilized at values comparable to that before initiation of CPB (6.6±1.4 ml/beat) when the systolic aortic root pressure was above 80 mmHg. Intracardiac pressure and the myocardial oxygen consumption (MvO2) seemed to be acceptable when the systolic aortic root pressure was below 100 mmHg. Therefore, 90 mmHg was selected for study 2. Study 2. Perioperative cardiac function did not differ between the groups. We concluded that 90 mmHg was the systolic aortic root pressure appropriate for this method.

    PubMed

    researchmap

  • Extracorporeal membrane oxygenation following Norwood stage 1 procedures at a single institution. 国際誌

    Shinya Ugaki, Shingo Kasahara, Yasuhiro Kotani, Mahito Nakakura, Takuma Douguchi, Hideshi Itoh, Sadahiko Arai, Shunji Sano

    Artificial organs   34 ( 11 )   898 - 903   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) is an important circulatory assist for children with refractory cardiopulmonary dysfunction, but its role and indications after a stage 1 Norwood procedure are controversial. We assessed outcomes and risk factors in patients who underwent a Norwood palliation and ECMO at our institution. We retrospectively reviewed all patients who underwent a Norwood procedure and were supported with ECMO between January 1998 and January 2010. Of the 91 children who underwent a Norwood procedure during the study period, there were 15 postoperative runs of ECMO in 12 patients. The diagnoses of the patients included five with hypoplastic left heart syndrome, five with a hypoplastic left heart syndrome variant, and two with critical aortic stenosis. A total of four patients underwent bilateral pulmonary artery banding, and two patients underwent aortic valvuloplasty before the stage 1 Norwood procedure. The mean age of the patients was 28±30 days, and mean body weight was 2.6±0.5kg at the induction of ECMO. The indications for ECMO were low cardiac output in six children, circulatory collapse needing cardiopulmonary resuscitation in six children, and hypoxemia in three children. Five of the 12 patients were successfully weaned from ECMO. The significant risk factors for the inability to be weaned from ECMO were a history of circulatory collapse requiring cardiopulmonary resuscitation, and the induction of ECMO in the intensive care unit. Induction of ECMO may be considered earlier when hemodynamics are unstable in impaired patients following a stage 1 Norwood procedure to avoid circulatory collapse.

    DOI: 10.1111/j.1525-1594.2010.01141.x

    PubMed

    researchmap

  • Growth of the lateral tunnel in patients who underwent a total cavopulmonary connection at less than 5 years of age. 国際誌

    Yasuhiro Fujii, Yasuhiro Kotani, Masami Takagaki, Sadahiko Arai, Shingo Kasahara, Shin-ichi Otsuki, Shunji Sano

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   38 ( 1 )   66 - 70   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: A lateral tunnel-total cavopulmonary connection (LT-TCPC) using a right atrial (RA) free wall is the first choice of treatment for patients with a small body weight in this institute. Whether the growth of the LT is appropriate or not according to the growth of the body remains controversial. In addition, the optimal initial diameter of an LT is unknown. The purpose of this study was to verify the growth of the LT. METHODS: Ninety-one patients of a total of 267 TCPC cases underwent an LT-TCPC at less than 5 years of age in this institute between March 1991 and June 2008. The data on 47 of the 91 patients, which were available to investigate the LT growth, were retrospectively reviewed. The mean age at LT-TCPC was 37+/-11 months (16-57 months). The mean body weight at TCPC was 12.4+/-2.4 kg (7.6-20.0 kg). The initial LT diameter was determined with Hegar's sizer of the estimated half-pulmonary arterial (PA) diameter, which is a diameter that results in half of the dimension of the normal pulmonary valve. The measured maximum LT diameter (mm) divided by the estimated half-PA diameter (mm) was considered as the LT index. The size of the LT was evaluated using either echocardiography or angiography. RESULTS: The mean follow-up period was 7.4+/-3.5 years (1.6-13.5 years). The LT index was initially 2.0+/-0.7 (1.3-4.5), 2.0+/-0.4 (1.3-3.2) at 1 year after operation, 2.1+/-0.5 (1.5-3.2) at 5 years after operation, 1.9+/-0.4 (1.5-2.8) at 10 years after operation and 2.1+/-0.5 (1.6-2.5) at 13 years after operation, respectively. CONCLUSIONS: LT growth suitable for the body growth can be expected. Although there was some variation in the initial LT diameter, the LT index tended to converge at 2.0 with growth.

    DOI: 10.1016/j.ejcts.2010.01.014

    PubMed

    researchmap

  • Fontan completion in patient with pulmonary artery sling associated with hypoplastic left heart syndrome. 国際誌

    Yasuhiro Kotani, Kozo Ishino, Osami Honjo, Shunji Sano

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   140 ( 1 )   e12-3   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2009.07.021

    PubMed

    researchmap

  • The impact of the length between the top of the interventricular septum and the aortic valve on the indications for a biventricular repair in patients with a transposition of the great arteries or a double outlet right ventricle. 国際誌

    Yasuhiro Fujii, Yasuhiro Kotani, Masami Takagaki, Sadahiko Arai, Shingo Kasahara, Shin-ichi Otsuki, Shunji Sano

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   10 ( 6 )   900 - 5   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to establish a useful cut-off level for performing an original Rastelli-type operation in patients with transposition of the great arteries (TGA)/ventricular septal defect (VSD) or double outlet right ventricle (DORV). A total of 43 patients with TGA/VSD or DORV who underwent an original Rastelli-type operation in this institute between March 1993 and January 2009 were reviewed retrospectively. These patients were divided into two groups using the length between the top of the interventricular septum and the aortic valve (IVS-AV length); Group A; IVS-AV length <80% of normal left ventricular end-diastolic diameter (LVDd). Group B; IVS-AV length > or =80% of normal LVDd. Group A had a significantly better survival than Group B (100% vs. 56%, P=0.001). The cardiac event-free survival were 89.1% at 7.2 years in Group A and 26.3% at 8.4 years in Group B (P<0.0001). The Group B had a higher incidence of left ventricular outflow tract obstruction (LVOTO; 3% vs. 33%, P=0.02). The IVS-AV length was found to be a significant risk factor for mortality and LVOTO. The IVS-AV length should, therefore, be taken into consideration when selecting the optimal surgical procedures for these patients.

    DOI: 10.1510/icvts.2009.223982

    PubMed

    researchmap

  • Demonstration of 1.25 Gb/s x 8-Channels ECDM Using Eight-Chip Electrical Coding

    Yasuhiro Kotani, Hideyuki Iwamura, Hideaki Tamai, Masahiro Sarashina, Masayuki Kashima

    IEEE PHOTONICS TECHNOLOGY LETTERS   22 ( 12 )   875 - 877   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    In this letter, 1.25 Gb/s x 8-channels simultaneous multiplexing using 8-chip electrical codes is experimentally demonstrated for the downlink of a 10-Gb/s electrically code-division-multiplexing passive optical network (ECDM-PON) system. For electrical encoding and decoding, 10-Gb/s multilevel signal generation and 10 Gchip/s correlator as a decoder are utilized. We demonstrate 10-Gb/s ECDM error-free optical transmission over 20 km of single-mode fiber.

    DOI: 10.1109/LPT.2010.2047010

    Web of Science

    researchmap

  • Diagnosis-based differences in response of global ventricular performance to modified ultrafiltration in children.

    Osami Honjo, Satoru Osaki, Yasuhiro Kotani, Teiji Akagi, Shunji Sano

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74 ( 1 )   86 - 92   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: To determine diagnosis-based differences in the response of global ventricular performance to modified ultrafiltration (MUF) using transesophageal echocardiography during congenital heart surgery. METHODS AND RESULTS: The study included 38 children with atrial septal defect (n=10), ventricular septal defect (VSD) (n=8), tetralogy of Fallot (TOF) (n=9), or a single ventricle (n=11). Arteriovenous MUF was performed for 10-15 min after cardiopulmonary bypass (CPB). The myocardial performance index (MPI) of the systemic ventricles and the % change in MPI before and after MUF were assessed. Impairment of MPI was noted at termination of CPB compared with baseline values in the VSD and TOF groups (P<0.05). MUF resulted in an improvement in MPI in all groups (P<0.01). There was a weak correlation between aortic cross-clamping or CPB time, and the degree of improvement in MPI (r= 0.385, P=0.019; r= 0.348, P=0.037, respectively). MUF improved fractional shortening in all groups (P<0.05) and reversed abnormal relaxation in the VSD and TOF groups. CONCLUSIONS: Modified ultrafiltration ameliorated MPI in all groups, indicating improved systemic ventricular function with MUF. The MPI recovery rate differed among the groups. MUF may be particularly useful for restoring the global ventricular performance of patients undergoing longer CPB and may have minimal advantages for simple open-heart surgery. (Circ J 2010; 74: 86 - 92).

    PubMed

    researchmap

  • Demonstration and Investigation of 1.25-Gbps per Subscriber Upstream Transmission Using 10G ECDM-PON Technology

    Yasuhiro Kotani, Hideyuki Iwamura, Hideaki Tamai, Masahiro Sarashina, Masayuki Kashima

    2010 36TH EUROPEAN CONFERENCE AND EXHIBITION ON OPTICAL COMMUNICATION (ECOC), VOLS 1 AND 2   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    First time, we have experimentally demonstrated 1.25-Gbps/subscriber 10-Gchip/s ECDM-PON upstream transmission over 20-km SSMF using WDM light sources. Additionally, optical beating induced performance degradation was investigated by varying WDM channel spacing from 100-GHz to 10-GHz.

    Web of Science

    researchmap

  • Demonstration of 8-channels Simultaneous Multiplexing Using 8-chip Electrical Codes for 10 Gbit/s ECDM-PON

    Yasuhiro Kotani, Hideyuki Iwamura, Hideaki Tamai, Masahiro Sarashina, Masayuki Kashima

    2010 CONFERENCE ON OPTICAL FIBER COMMUNICATION OFC COLLOCATED NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE OFC-NFOEC   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    First time 8-channels electrically code division multiplexing technique for optical access networks is demonstrated at a chip-rate of 10 Gchip/s. The technique enables error-free transmission of 1.25 Gbit/s x 8-channels over 20 km single-mode-fiber. (C) 2010 Optical Society of America

    Web of Science

    researchmap

  • The potential of disproportionate growth of tricuspid valve after decompression of the right ventricle in patients with pulmonary atresia and intact ventricular septa. 国際誌

    Shu-Chien Huang, Kozo Ishino, Shingo Kasahara, Ko Yoshizumi, Yasuhiro Kotani, Shunji Sano

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   138 ( 5 )   1160 - 6   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Tricuspid valve size is the major determinant of outcomes for patients with pulmonary atresia with intact ventricular septum. Lack of right ventricle-pulmonary artery continuity is associated with poor tricuspid valve growth (decrement in Z-value). However, most reports did not show evidence for disproportionate growth of the tricuspid valve after establishment of right ventricle-pulmonary artery continuity. METHODS: We studied 40 patients with pulmonary atresia with intact ventricular septum who underwent initial right ventricular decompression for planned staged repair. The initial Z-value of the tricuspid valve diameter (Zt1) was obtained from the echocardiography-derived normal value. The late Z-value (Zt2) was measured before definitive repair or the last available Z-value, if definitive repair was not yet reached. The factors associated with the changes of Z-values (Zt2 - Zt1) were analyzed. RESULTS: The mean initial tricuspid Z-value (Zt1) was -6.2 +/- 3.5. After treatment (Zt2), the mean Z-value was -6.0 +/- 3.4 (n = 34). Overall, the tricuspid Z-values did not change. Individually, the change in Z-value (Zt2 - Zt1) was larger than +2 in 11 (32%) patients and smaller than -2 in 6 (18%) patients. Increases in Z-value (Zt2 - Zt1) were significantly associated with right ventricular pressure/left ventricular pressure ratio measured after initial palliation (r = -0.54; P = .001) and the initial tricuspid valve Z-value (Zt1) (r = -0.40; P = .02). CONCLUSIONS: Disproportional growth of the tricuspid valve can occur, especially in patients with small tricuspid valves and lower right ventricular pressures after decompression. The findings support the possibility of neonates with small tricuspid valves undergoing biventricular repair after right ventricular decompression surgery.

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2009.05.015

    PubMed

    researchmap

  • Effect of a miniaturized cardiopulmonary bypass system on the inflammatory response and cardiac function in neonatal piglets. 国際誌

    Ko Yoshizumi, Kozo Ishino, Shinya Ugaki, Hironori Ebishima, Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara, Shunji Sano

    Artificial organs   33 ( 11 )   941 - 6   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The cognitive impairment and hemodynamic instability after neonatal cardiac surgery with cardiopulmonary bypass (CPB) might be exacerbated by hemodilution. Therefore, this study investigated the impact of different bloodless prime volumes on the hemodynamics and the inflammatory response by a miniaturized CPB system in neonatal piglets. The bypass circuit consisted of a Capiox RX05 (Capiox Baby RX, Terumo Corp., Tokyo, Japan) oxygenator and 3/16 internal diameter arterial and venous polyvinyl chloride tubing lines, with a minimum 75 mL prime volume. Twelve 1-week-old piglets were placed on a mild hypothermic CPB (32 degrees C) at 120 mL/kg/min for 2 h. The animals were divided into two groups, based on the volume of the prime solution. The priming volume was 75 mL in Group I and 175 mL in Group II. No blood transfusions were performed, and no inotropic or vasoactive drugs were used. The interleukin-6 (IL-6) and thrombin-antithrombin (TAT) complex levels, as well as right ventricular and pulmonary functions, were measured before and after CPB. Group I had low levels of IL-6 and TAT immediately after CPB (4370 +/- 2346 vs. 9058 +/- 2307 pg/mL, P < 0.01 and 9.9 +/- 7.7 vs. 25.1 +/- 8.8 ng/mL, P < 0.01, respectively). Group I had significantly improved cardiopulmonary function, cardiac index (0.22 +/- 0.03 vs. 0.11 +/- 0.05 L/kg/min, P < 0.001), and pulmonary vascular resistance index (7366 +/- 2860 vs. 28 620 +/- 15 552 dynes/cm(5)/kg, P < 0.01) compared with Group II. The miniaturized bloodless prime circuit for neonatal CPB demonstrated that the influence of hemodilution can reduce the subsequent inflammatory response. In addition, a low prime volume could therefore be particularly effective for attenuating pulmonary vascular resistance and right ventricular dysfunction in neonates.

    DOI: 10.1111/j.1525-1594.2009.00922.x

    PubMed

    researchmap

  • The benefits of high-flow management in children with pulmonary atresia. 国際誌

    Yasuhiro Fujii, Yasuhiro Kotani, Takuya Kawabata, Shinya Ugaki, Shigeru Sakurai, Hironori Ebishima, Hideshi Itoh, Mahito Nakakura, Sadahiko Arai, Shingo Kasahara, Shunji Sano, Tatsuo Iwasaki, Yuichiro Toda

    Artificial organs   33 ( 11 )   888 - 95   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The high-flow management of cardiopulmonary bypass (CPB; >or=2.4 L/min/m(2)) is a standard strategy used at this institute for children with pulmonary atresia (PA) due to a fear that the blood flow may be diverted by the major/minor aortopulmonary-collateral-arteries and hypervascularization due to long-term hypoxia. The purpose of this study was to describe the validity of high-flow management in children with PA. The CPB records of 23 children with PA who underwent a definitive biventricular repair between Feb 2006 and Nov 2008 were retrospectively reviewed. The mean age at the operation was 33 +/- 22 months. The blood-pressure during bypass was controlled with the same protocol. The mean cooling-temperature was 28.4 +/- 3.7 degrees C. The mean minimum hematocrit was 25.0 +/- 3.4%. The mean maximum bypass flow index at the initiation, the mean maximum flow index during aortic cross-clamping, the mean minimum flow index during aortic cross-clamping, and the mean maximum flow index after rewarming were 3.1 +/- 0.5, 3.1 +/- 0.5, 2.6 +/- 0.4, and 3.2 +/- 0.4 L/min/m(2), respectively. The higher bypass flow indexes significantly correlated with the lower serum lactate levels. The lowest oxygen delivery during CPB had significant influences on the urine output during bypass (R = 0.547, P = 0.007), the serum lactate levels at the end of CPB (R = -0.442, P = 0.035), and the postoperative thoracic effusion (R = -0.459, P = 0.028). A bypass flow index of 2.4 L/min/m(2) may not be sufficient and the maximum requirement of bypass flow index may be 3.2 L/min/m(2) or more in this patient population.

    DOI: 10.1111/j.1525-1594.2009.00895.x

    PubMed

    researchmap

  • Clinical outcome of the Fontan operation in patients with impaired ventricular function. 国際誌

    Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara, Yasuhiro Fujii, Ko Yoshizumi, Yu Oshima, Shin-Ichi Otsuki, Teiji Akagi, Shunji Sano

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   36 ( 4 )   683 - 7   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Although a staged Fontan strategy allows for an excellent outcome in high-risk patients, an impaired ventricular function remains a significant factor of early/late mortality and morbidity. This study evaluated the clinical outcome of the Fontan operation in patients with impaired ventricular function. METHODS: A retrospective review was performed on 217 patients who had undergone the Fontan operation between 1991 and 2007. RESULTS: Twenty-nine (13%) of the 217 patients had an impaired ventricular function (ejection fraction (EF) <50%). The median age at the time of the operation was 3 (range: 1-31 years) years. There were five adult patients. The ventricular morphology was right in 20 patients (including five hypoplastic left heart syndrome (HLHS)) and others (left and two-ventricle) in nine patients. Heterotaxy syndrome was present in eight patients. Previous surgical interventions included bidirectional Glenn anastomoses in 24, modified Blalock-Taussig shunts in two and pulmonary artery banding in two. The preoperative EF was 43+/-6%. Significant (moderate or severe) atrioventricular valve regurgitation was noted in four patients. The percutaneous oxygen saturation (SpO(2)) was 82+/-5%. The pulmonary artery pressure and pulmonary artery index were 11+/-3 mmHg and 296+/-102 mm(2)m(-2), respectively. All 29 patients underwent the Fontan operation without any early mortality. There were two late mortalities and two re-operations. EF was maintained at 59+/-15% at a median follow-up of 7.5 (range: 1-19) years. The percent normal systemic ventricular end-diastolic volume decreased from 174+/-95% to 124+/-39% (p<0.05). The SpO(2) increased to 92+/-2%. The mean cardiothoracic ratio in chest X-ray and B-type natriuretic peptide were 51% (range: 35-68%) and 22 pgml(-1) (range: 9-382 pgml(-1)), respectively. Three patients developed congestive heart failure, seven had arrhythmia and two developed protein-losing enteropathy. The New York Heart Association (NYHA) class functional class is I in 21 patients, II in five and III in one. CONCLUSIONS: Acceptable clinical outcomes were observed at an intermediate follow-up of the Fontan operation in patients with an impaired ventricular function.

    DOI: 10.1016/j.ejcts.2009.04.042

    PubMed

    researchmap

  • Modified low-flow ultrafiltration ameliorates hemodynamics and early graft function and reduces blood loss in living-donor lobar lung transplantation. 国際誌

    Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Keiji Goto, Yasufumi Fujita, Atsushi Ito, Mahito Nakakura, Masaaki Kawada, Shunji Sano, Kazutoshi Kotani, Hiroshi Date

    The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   28 ( 4 )   340 - 6   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study analyzed the clinical application of modified low-flow ultrafiltration (MUF) to minimize cardiopulmonary bypass (CPB)-related adverse effects in patients undergoing living-donor lobar lung transplantation (LDLLT). METHOD: The study enrolled 33 consecutive patients who underwent LDLLT from 1999 to 2004: 8 patients underwent conventional CPB without MUF (control group), and 15 underwent arteriovenous MUF (MUF-treated group). Hemodynamics, graft function, blood loss and blood transfusion requirements, and clinical outcomes were analyzed. RESULTS: There was a significant increase in systolic blood pressure and a decrease in pulmonary to systemic pressure ratio in the MUF-treated group (p < 0.05). No hemodynamic changes occurred in the control group. MUF resulted in significant improvements in arterial oxygen tension/fraction of inspired oxygen ratio (PaO(2)/FiO(2;) 411 +/- 107 vs 272 +/- 107 mm Hg, p < 0.05) and the alveolar-arterial oxygen difference (a-aDO(2); 158 +/- 84 vs 315 +/- 127 mm Hg, p < 0.05) at 15 minutes after CPB. There were no differences in PaO(2)/FiO(2) and A-aDO(2) between the groups beyond 6 hours post-operatively. Post-operative blood loss and blood transfusion requirements were lower in the MUF-treated group than in the control group (p < 0.05). There were no differences in survival, duration of ventilation, intensive care unit stay, and hospital stay between the groups. CONCLUSIONS: The low-flow MUF brought improved hemodynamics and gas exchange capacity of transplanted grafts and lowered post-operative blood loss and blood transfusion requirement. This strategy may minimize CPB-related adverse effects in patients undergoing LDLLT.

    DOI: 10.1016/j.healun.2009.01.004

    PubMed

    researchmap

  • Circulatory load during hypoxia impairs post-transplant myocardial functional recovery in donation after cardiac death. 国際誌

    Satoru Osaki, Kozo Ishino, Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Takanori Suezawa, Takushi Kohmoto, Shunji Sano

    The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   28 ( 3 )   266 - 72   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Circulatory load during hypoxia is unavoidable in donation after cardiac death (DCD) hearts, but it causes severe myocardial damage. The impact of circulatory load on donor heart function has not been investigated. The purpose of this study was to evaluate its effect on post-transplant functional recovery of DCD hearts. METHODS: Twelve donor pigs (20 kg) were used. Cardiac arrest was induced by asphyxiation (turning off the ventilator) in the load group (n = 6) and by exsanguination (dividing the vena cava) in the unload group (n = 6). Left ventricle end-diastolic volume (LDEDV) and end-systolic pressure (LVESP) were monitored until cardiac arrest. Orthotopic transplantation was performed after 30-minute warm ischemia following cardiac arrest. After weaning from cardiopulmonary bypass, left ventricular end-diastolic pressure-volume ratio (LV Emax) and creatine kinase (CK-MB) were measured while on 0.1 microg/kg/min epinephrine. RESULTS: During the agonal period, the maximum LVEDV and LVESP in the load group were 132 +/- 1% of baseline at 10 minutes and 148 +/- 16% of baseline at 4 minutes, respectively. Recovery rates of post-transplant cardiac function in the load group were worse than in the unload group (LV Emax: 64 +/- 8 vs 84 +/- 5%, p < 0.05). Levels of post-transplant CK-MB in the load group were higher than in the unload group (639 +/- 119 vs 308 +/- 70 IU/liter, p < 0.05). CONCLUSIONS: Cardiac arrest with circulatory load by asphyxiation caused more myocardial damage than unloaded arrest. This difference between the modes of death should be considered when evaluating the DCD hearts for clinical application.

    DOI: 10.1016/j.healun.2008.12.002

    PubMed

    researchmap

  • Midterm to long-term outcome of total cavopulmonary connection in high-risk adult candidates. 国際誌

    Yasuhiro Fujii, Shunji Sano, Yasuhiro Kotani, Ko Yoshizumi, Shingo Kasahara, Kozo Ishino, Teiji Akagi

    The Annals of thoracic surgery   87 ( 2 )   562 - 70   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Adult patients who do not fulfill the classical Fontan criteria now undergo total cavopulmonary connection (TCPC). However, limited information is available on the results for high-risk adult TCPC. METHODS: Twenty-five consecutive adult patients (aged 16 years or more) who underwent TCPC were retrospectively reviewed. The mean age at operation was 27 +/- 9 years (range, 16 to 52). The following items were considered as the potential risk factors according to previous reports: (1) aged more than 30 years (7 of 25); (2) heterotaxy (9 of 25); (3) systemic ventricular ejection fraction less than 50% (6 of 25); (4) atrioventricular valve regurgitation moderate or greater (6 of 25); (5) pulmonary arterial index less than 200 (7 of 25); (6) mean pulmonary arterial pressure 15 mm Hg or greater (3 of 25); (7) pulmonary arterial resistance 2.0 wood units or greater (11 of 25); (8) arrhythmias (13 of 25); (9) protein-losing enteropathy (3 of 25); (10) New York Heart Association (NYHA) functional class III or greater (9 of 25); (11) previous Fontan procedure (10 of 25); (12) systemic ventricular outflow obstruction (1 of 25); and (13) end-diastolic pressure of the systemic ventricle 11 mm Hg or higher (4 of 25). RESULTS: The mean follow-up period was 57 +/- 45 months (range, 0 to 154). All patients had at least 2 risk factors (range, 2 to 8). There was 1 early death and 2 late deaths. Comparing the late survivors and nonsurvivors, no statistical significance was identified in the above risk factors. However, the patients with 6 or more risk factors had a significantly higher mortality rate than patients with fewer than 6 risk risk factors (p < 0.01). Age (p = 0.08), NYHA class (p = 0.13), and protein-losing enteropathy (p = 0.08) may be risk factors for late death. CONCLUSIONS: The majority of the adult TCPC candidates tolerated the TCPC procedure in the early postoperative period. However, the accumulation of risk factors influences late mortality.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2008.10.040

    PubMed

    researchmap

  • Risk factors for mortality after the Norwood procedure using right ventricle to pulmonary artery shunt. 国際誌

    Shunji Sano, Shu-Chien Huang, Shingo Kasahara, Ko Yoshizumi, Yasuhiro Kotani, Kozo Ishino

    The Annals of thoracic surgery   87 ( 1 )   178 - 85   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The purpose of this study was to describe the experience with staged surgical reconstruction of the hypoplastic left heart syndrome (HLHS) with a right ventricle to pulmonary artery conduit and to identify the risk factors that influence late outcome. METHODS: Between February 1998 and June 2007, 62 patients with HLHS underwent a Norwood procedure by using right ventricle to pulmonary artery conduit (median age, 9 days [range, 1 to 57]; median body weight 2.7 kg [range, 1.6 to 3.9 kg]). The subsequent 47 patients underwent a bidirectional Glenn procedure (stage 2). Thirty-two patients underwent a modified Fontan procedure (stage 3). Follow-up was complete (median, 32 months; range, 1 to 101). RESULTS: Hospital mortality after the Norwood procedure was 8% (5 of 62 patients). Between stages, 9 patients died, 3 before stage 2 and 6 before stage 3. There was 1 late death after stage 3. Overall survival was 76% (47 of 62). The estimated 1-year and and 5-year survival rates were 80% and 73%, respectively. Using the any-mortality as the endpoint, prematurity (gestational age <37 weeks), body weight less than 2.5 kg at stage 1 operation, and tricuspid regurgitation 2+ or more were associated with mortality. Using Cox regression analysis, body weight less than 2.5 kg and tricuspid regurgitation 2+ or more were two independent factors associated with midterm survival. CONCLUSIONS: From 9 years of experience, despite good early survival after Norwood stage 1 palliation, low body weight and tricuspid valve regurgitation were still associated with worse outcome. More efforts should be made to improve the late results for patients with hypoplastic left heart syndrome.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2008.08.027

    PubMed

    researchmap

  • Effect of modified ultrafiltration on postoperative course in neonates with complete transposition of the great arteries undergoing arterial switch operation.

    Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Satoru Osaki, Takuya Kawabata, Shinya Ugaki, Yasuhiro Fujii, Ko Yoshizumi, Shingo Kasahara, Kozo Ishino, Shunji Sano

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 9 )   1476 - 80   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The purpose of the present study was to evaluate the effect of modified ultrafiltration (MUF) on neonates with transposition of the great arteries (TGA) undergoing arterial switch operation. METHODS AND RESULTS: The current study included 36 neonates who underwent an arterial switch operation between 1998 and 2006. Arterio-venous MUF was done in 15 patients (MUF-treated group) and the other 21 patients were controls. Parameters included hematocrit, hemodynamics, pulmonary function, drain loss, leak of peritoneal fluid, length of intubation, and intensive care unit (ICU) stay. The hematocrit increased from 34+/-2% to 47+/-4% in the MUF-treated group. Blood pressure in the MUF-treated group was significantly increased without any change of central venous or left atrial pressure. Post-operative oxygenation in the MUF-treated group was greater than that of the control group (P/F ratio: 258+/-92 vs 170+/-100 mmHg, p<0.05), which did not contribute to decrease in intubation time (54+/-33 vs 52+/-29 h, p=NS). Post-operative chest drain loss and peritoneal fluid leak were comparable. The ICU stay in the MUF-treated group was significantly shorter than that in the controls (101+/-34 vs 139+/-42 h, p<0.05). CONCLUSIONS: MUF brought improvement in blood pressure and gas exchange capacity and subsequent shorter ICU stay. MUF did not have significant impact on intubation time and capillary leak.

    PubMed

    researchmap

  • Clinical outcome of Fontan operation in the patients with impaired cardiac function

    Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara, Yasuhiro Fujii, Ko Yoshizumi, Yu Oshima, Shin-Ichi Otsuki, Teiji Akagi, Shunji Sano

    JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   14 ( 7 )   S151 - S151   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE INC MEDICAL PUBLISHERS  

    DOI: 10.1016/j.cardfail.2008.07.093

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical implication of early ventricular volume reduction for hypoplastic left heart syndrome with significant tricuspid valve regurgitation

    Yasuhiro Kotani, Teiji Akagi, Shingo Kasahara, Ko Yoshizumi, Yu Ohshima, Shunji Sano

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   122   73 - 73   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Tolerance of the developing cyanotic heart to ischemia-reperfusion injury: Impact of hypoxia from birth

    Yasuhiro Fujii, Kozo Ishino, Tomoko Tomii, Yasuhiro Kotani, Yoshinori Miyahara, Shingo Kasahara, Shunji Sano, Teiji Akag, Yuki Katanosaka, Satoru Mori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   122   47 - 47   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Right ventricular outflow tract reconstruction in patients with persistent truncus arteriosus: a 15-year experience in a single Japanese center.

    Osami Honjo, Yasuhiro Kotani, Teiji Akagi, Satoru Osaki, Masaaki Kawada, Kozo Ishino, Shunji Sano

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 11 )   1776 - 80   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The present study analyzes a 15-year experience of repairing persistent truncus arteriosus (PTA) with a consistent policy of right ventricular outflow tract (RVOT) reconstruction (ie, direct anastomosis). METHODS AND RESULTS: This retrospective study included 13 consecutive patients with PTA (8 type I PTA, 5 type II) who underwent primary repair from September 1992 to December 2006. Median age and body weight at surgery were 21 days and 2.9 kg, respectively. All but 1 patient underwent RVOT reconstruction by direct anastomosis with a monocusp patch. There were 2 operative deaths (12%). No patient had a pulmonary hypertensive crisis. The median duration of ventilation was 5 days. Another patient died from cardiogenic shock resulting from late cardiac tamponade 2 months after surgery. Four patients (40%) required balloon angioplasty and 5 (50%) required re-operation for branch pulmonary artery and/or conduit obstruction during the median follow-up period of 70 months (44-174 months). Freedom from all re-interventions and re-operation at 5 years was 50% (95% confidence limits, 19-81%) and 60% (95% confidence limits, 30-91%), respectively. CONCLUSIONS: Reasonable early and long-term results can be achieved with direct anastomosis. Further reduction of the re-intervention rate could be attained by refining the surgical techniques and catheter intervention strategies.

    PubMed

    researchmap

  • Impact of miniaturization of cardiopulmonary bypass circuit on blood transfusion requirement in neonatal open-heart surgery

    Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Mahito Nakakura, Shinya Ugaki, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Satoru Osaki, Ko Yoshizumi, Shingo Kasahara, Kozo Ishino, Shunji Sano

    ASAIO JOURNAL   53 ( 6 )   662 - 665   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    This study was undertaken to determine the impact of miniaturization of a cardiopulmonary bypass (CPB) circuit on blood transfusion and hemodynamics in neonatal open-heart surgery. Neonates (n = 102) undergoing open-heart surgery between 2002 and 2006 were included and divided into three groups: group 1 (n = 28), Dideco 902 oxygenator + 5/16 '' line; group 2 (n = 29), Dideco 901 oxygenator + 1/4 '' line; group3 (n = 45), Dideco 901 oxygenator + 3/16 '' arterial + 1/4 '' venous line. Amount of priming volume, blood and bicarbonate sodium use during CPB, and hemodynamics were compared. Priming volume in the groups 2 and 3 was significantly less compared with the group 1 (group 1, 575 37 ml; group 2, 328 +/- 12 ml, group 3, 326 +/- 5 ml, p < 0.05). Blood transfusion and bicarbonate sodium use during CPB in groups 2 and 3 were significantly less compared with group 1. Hemodynamics during CPB was comparable. There were no differences between groups 2 and 3 in any parameter. Miniaturization of the CPB circuit resulted in decrease in priming volume and subsequent reduction in blood and bicarbonate sodium use. Downsizing the lines had minimal impact on any of the parameters studied, and further efforts should be made to achieve neonatal open-heart surgery without blood transfusion.

    DOI: 10.1097/MAT.0b013e318158ddf6

    Web of Science

    researchmap

  • Efficacy of a miniature centrifugal rotary pump (TinyPump) for transfusion-free cardiopulmonary bypass in neonatal piglets

    Shinya Ugaki, Kozo Ishino, Satoru Osaki, Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Hideo Hoshi, Naoyuki Yokoyama, Katsuhiro Ohuchi, Setsuo Takatani, Shunji Sano

    ASAIO JOURNAL   53 ( 6 )   675 - 679   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    We have developed a miniaturized semiclosed cardiopulmonary bypass (CPB) circuit incorporating a centrifugal blood pump (TinyPump) with a volume of 5 ml. The current study was undertaken to evaluate the hemolytic performance of the TinyPump in comparison with the BioPump and to investigate the impact of different CPB circuit volumes on hemodilution, coagulation, and the inflammatory response. Twelve 1-week-old piglets (3.4 +/- 0.2 kg) were used. The circuit comprised a centrifugal pump, a membrane oxygenator, and a cardiotomy reservoir. Cardiopulmonary bypass was conducted with mild hypothermia at 150 ml/kg/min for 3 hours. Transfusion was not performed. Priming volume was 68 ml for the circuit with the TinyPump and 111 nil for the circuit with the BioPump. Although the TinyPump required higher speed, plasma free hemoglobin levels after CPB were not different between the groups. After CPB, the TinyPump group had a significantly higher hematocrit (27% +/- 3% vs. 23% +/- 3%) and lower platelet reduction rate, lower thrombin-antithrombin complex levels, and lower interleukin-6 levels. Better lung compliance with less water content was observed in the TinyPump group. The TinyPump maintained CPB with acceptable hemolysis and lower inflammatory responses. This miniaturized CPB circuit may make transfusion-free open heart surgery feasible in neonates and would help to prevent postoperative organ dysfunction.

    DOI: 10.1097/MAT.0b013e3181590719

    Web of Science

    researchmap

  • Efficacy of MCI-186, a free-radical scavenger and antioxidant, for resuscitation of nonbeating donor hearts. 国際誌

    Yasuhiro Kotani, Kozo Ishino, Satoru Osaki, Osami Honjo, Takanori Suezawa, Kazushige Kanki, Chikao Yutani, Shunji Sano

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   133 ( 6 )   1626 - 32   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Oxygen-derived free radicals are responsible in part for reperfusion injury in globally ischemic myocardium. In this study, the efficacy for resuscitation of nonbeating donor hearts of MCI-186, a free-radical scavenger and antioxidant, was investigated in a pig transplantation model. METHODS: Cardiac arrest was induced by asphyxiation. After 30 minutes of global ischemia, the hearts were excised and immediately reperfused from the aortic root with normoxemic blood cardioplegia (PO2 100 mm Hg) for 20 minutes, followed by perfusion with hyperoxemic blood (PO2 300 mm Hg). MCI-186 (3 mg/kg) was administered into the aortic root for the first 30 minutes of reperfusion in the treated group (n = 6), and untreated hearts were used as a control group (n = 6). Transplantation was performed with the heart beating. RESULTS: Posttransplantation recovery of cardiac output, end-systolic pressure-volume ratio, and first derivative of pressure of the left ventricle in the treated group were significantly better than those in the control group. The coronary sinus-aortic root difference in malondialdehyde levels remained low throughout reperfusion in the treated group but abruptly increased after initiation of oxygenated blood perfusion in the control group. The MCI-186-treated hearts showed low degree of edema and well-preserved ultrastructure with normal-appearing organelles, whereas the untreated hearts had marked swelling of mitochondria and scant glycogen granules. CONCLUSION: MCI-186 exerts a cardioprotective action at least partly by inhibition of lipid peroxidation. Antioxidant therapy at the initial reperfusion is essential to successful resuscitation of nonbeating hearts by continuous myocardial perfusion.

    PubMed

    researchmap

  • Feasibility of a tiny centrifugal blood pump (TinyPump) for pediatric extracorporeal circulatory support. 国際誌

    Katsuhiro Ohuchi, Hideo Hoshi, Yasuhiko Iwasaki, Kazuhiko Ishihara, Masaharu Yoshikawa, Shinya Ugaki, Kozo Ishino, Satoru Osaki, Yasuhiro Kotani, Shunji Sano, Setsuo Takatani

    Artificial organs   31 ( 5 )   408 - 12   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, the performances of the TinyPump (priming volume 5 mL) system including the pediatric cannulae (Stöckert Pediatric Arterial Cannulae 2.6, 3.0, and 4.0 mm, Stöckert Instruments GmbH, Munich, Germany; Polystan 20-Fr Venous Catheter, MAQUET GmbH, Rastatt, Germany) and an oxygenator (Terumo Capiox RX05 Baby-RX, Terumo Cardiovascular Systems Co., Tokyo, Japan) were studied in vitro followed with preliminary ex vivo studies in 20-kg piglets. In vitro results revealed that the TinyPump system met the requirements for pump speed, pump flow, and pressure drop as extracorporeal circulatory support during open heart surgery and extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) in pediatric patients. In 2-h ex vivo studies using 20-kg piglets where the blood contacting surface of the TinyPump was coated with a biocompatible phospholipid polymer, the plasma-free hemoglobin levels remained less than 5.0 mg/dL and no thrombus formation was observed inside the pump. The TinyPump system including the oxygenator and connecting circuits resulted in an overall priming volume of 68 mL, the smallest ever reported. The TinyPump can be a safe option for pediatric circulatory support during open heart surgery and ECMO without requiring blood transfusion.

    PubMed

    researchmap

  • Left ventricular retraining and anatomic correction in teenage patient with congenitally corrected transposition of the great arteries.

    Osami Honjo, Masaaki Kawada, Teiji Akagi, Yasuhiro Kotani, Kozo Ishino, Shunji Sano

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 4 )   613 - 6   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Left ventricular (LV) retraining followed by anatomical repair would be a superior alternative in patients with congenitally corrected transposition (ccTGA) having a deconditioned morphologically left ventricle (MLV); however, LV retraining in older children is a challenging task. A retraining process of the MLV in a teenage patient with ccTGA is reported here. Cardiac catheterization at 7 years of age revealed low pressure of the MLV (33/4 mm Hg) and a LV to right ventricular pressure ratio (LVp/RVp ratio) of 0.32. The first pulmonary artery banding (PAB) was performed at 10 years of age. Although the LVp/RVp ratio reached 0.68, there was no evidence of adequate LV hypertrophy. The second PAB was performed 2 years after the initial PAB, resulting in an increase in the LVp/RVp ratio to 0.93 and an adequate LV hypertrophy. The double switch procedure was successfully performed at 13 years of age. Although the ejection fraction of the MLV mildly decreased, the patient has been doing well during a follow-up period of 4 years. The MLV in the teenage patient with ccTGA was successfully trained using a retraining strategy and has sustained systemic circulation after anatomical repair.

    PubMed

    researchmap

  • Discrepancy between intraoperative transesophageal echocardiography and postoperative transthoracic echocardiography in assessing congenital valve surgery. 国際誌

    Osami Honjo, Yasuhiro Kotani, Satoru Osaki, Yasufumi Fujita, Takanori Suezawa, Atsushi Tateishi, Kozo Ishino, Masaaki Kawada, Teiji Akagi, Shunji Sano

    The Annals of thoracic surgery   82 ( 6 )   2240 - 6   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The purpose of this study was to investigate the discrepancy between intraoperative transesophageal and postoperative transthoracic echocardiography in assessing residual regurgitation in children undergoing valve repair. METHODS: Forty-two consecutive children (median age, 5.1 years) who underwent valve repair for valvar regurgitation from 2001 to 2004 were retrospectively analyzed. The patients were divided into two groups: atrioventricular valve group (n = 33) and aortic valve group (n = 9). Regurgitation grade, fractional shortening, and atrioventricular inflow velocity obtained by intraoperative transesophageal echocardiography were compared with those obtained by transthoracic echocardiography at discharge (median, 11 days) and at follow-up (median, 8 months). RESULTS: Intraoperative transesophageal echocardiography revealed specific residual lesions in 4 patients, leading to successful re-repair. Fractional shortening obtained by intraoperative transesophageal echocardiography was lower than that obtained by predischarge transthoracic echocardiography (p < 0.01). In the atrioventricular valve group, the regurgitation grade obtained by intraoperative transesophageal echocardiography was lower than that obtained by predischarge transthoracic echocardiography (0.7 +/- 0.8 versus 1.4 +/- 0.9; p < 0.01), and agreement between the two examinations was found in 12 patients (38%). Peak atrioventricular inflow velocity obtained by intraoperative transesophageal echocardiography was lower than that obtained by predischarge transthoracic echocardiography (p < 0.01). In the aortic valve group, there was no significant difference between the regurgitation grades in the two examinations (0.8 +/- 0.8 versus 1.1 +/- 0.9), and complete agreement in regurgitation grade was found in 5 (56%) of 9 patients. CONCLUSIONS: There were considerable discrepancies between the examinations in evaluation of residual atrioventricular valve regurgitation and potential atrioventricular valve stenosis: most of the residual regurgitations were underestimated by intraoperative transesophageal echocardiography. In contrast, reasonable agreement was found between the two examinations in evaluation of aortic valve regurgitation.

    PubMed

    researchmap

  • Advantages of temporary venoatrial shunt using centrifugal pump during bidirectional cavopulmonary shunt

    Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Kozo Ishino, Satoru Osaki, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Shinya Ugaki, Ko Yoshizumi, Shingo Kasahara, Masaaki Kawada, Shunji Sano

    ASAIO JOURNAL   52 ( 5 )   549 - 551   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Single-ventricle palliation without the use of cardiopulmonary bypass carries advantages that reduce systemic edema and inflammatory responses; however, simple clamping of the superior vena cava (SVC) without a temporary shunt leads to increase in cerebral venous pressure and subsequent decrease in cerebral blood flow during bidirectional cavopulmonary shunt (BCPS). We report our experience of BCPS, using a centrifugal pump-assisted temporary shunt.The criteria included an unrestrictive interatrial communication, the absence of atrioventricular valve regurgitation, and the existence of an antegrade pulmonary blood flow. From August 2000, 14 children with single-ventricle physiology met the criteria. The mean age was 1.0 +/- 0.9 years, and the mean weight was 8.4 +/- 2.6 kg. A temporary shunt was established between the SVC and the right atrium with right-angle cannulae, which were connected to a centrifugal pump to accelerate the blood flow from the SVC to the right atrium.All patients tolerated the procedure. Mean central venous pressure was 17 +/- 4 mm Hg, and transcutaneous oxygen saturation was maintained at 77 +/- 8% during anastomosis. No patients required blood transfusion. There were no postoperative neurological complications.The centrifugal pump-assisted temporary shunt offered safer and more effective circulatory support than other shunt systems, with excellent venous drainage in pediatric patients undergoing BCPS.

    DOI: 10.1097/01.mat.0000235454.64316.f3

    Web of Science

    researchmap

  • Continuous cerebral and myocardial perfusion during aortic arch repair in neonates and infants

    Yasuhiro Kotani, Kozo Ishino, Shingo Kasahara, Ko Yoshizumi, Osami Honjo, Masaaki Kawada, Shunji Sano

    ASAIO JOURNAL   52 ( 5 )   536 - 538   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    To minimize myocardial ischemia, we repaired aortic arch obstruction with ventricular septal defect, using two different techniques of cerebral and myocardial perfusion.Seventy-one infants, ages 3 to 137 days, underwent primary repair of coarctation of the aorta (n = 49)/interruption of the aortic arch (n = 22) with ventricular septal defect. In 65 patients, an end-to-end arch anastomosis was performed with cerebral and myocardial perfusion through the innominate or the ascending arterial cannula (non-working beating heart: NWBH). In the remaining 6 patients, an arterial cannula was placed into the innominate artery. With partial cardiopulmonary bypass, the innominate artery was snared proximal to the cannulation site and the ascending aorta was cross-clamped. An extended arch anastomosis was carried out with cerebral perfusion and a working beating heart (WBH).Ten patients (15%) undergoing aortic arch repair with the NWBH technique required cardioplegic arrest to complete a proximal anastomosis, whereas in all 6 repairs with the WBH technique, the extended anastomoses were completed without myocardial ischemia. One hospital death and late death occurred, with an overall survival of 98%.End-to-end arch reconstruction is feasible without myocardial ischemia, using the NWBH technique in patients without hypoplastic arch and using the WBH technique in patients with hypoplastic arch.

    DOI: 10.1097/01.mat.0000235276.77489.bb

    Web of Science

    researchmap

  • Resuscitation of non-beating donor hearts using continuous myocardial perfusion: the importance of controlled initial reperfusion. 国際誌

    Satoru Osaki, Kozo Ishino, Yasuhiro Kotani, Osami Honjo, Takanori Suezawa, Kazushige Kanki, Shunji Sano

    The Annals of thoracic surgery   81 ( 6 )   2167 - 71   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Warm ischemia is a major cause of cardiac allograft failure in transplants from non-heart-beating donors. To minimize myocardial ischemia, we used a continuous myocardial perfusion technique for resuscitation of donor hearts. The purpose of the present study was to investigate an optimal duration of controlled initial reperfusion. METHODS: Cardiac arrest was induced by asphyxia in 18 donor pigs. The hearts were harvested 30 minutes after global warm ischemia. Continuous myocardial reperfusion was immediately commenced from the aortic root with blood cardioplegic solution (20 degrees C, 40 mm Hg) and then with oxygenated blood (20 degrees to 37 degrees C, 40 to 60 mm Hg). Animals were divided into three groups according to the duration of the initial reperfusion: group I = 5 minutes, group II = 20 minutes, and group III = 60 minutes. Orthotopic transplantation was performed while keeping the heart beating by continuous myocardial perfusion. Cardiac function was evaluated before anoxia and after transplantation. Lactate extractions were determined during reperfusion. Myocardial edema was assessed by heart weight and posterior wall thickness of the left ventricle. RESULTS: Recovery rates of cardiac function in group II hearts after transplantation were better than in groups I and III (cardiac output, 61% +/- 9% versus 41% +/- 5% versus 44% +/- 4%, respectively; p < 0.05; left ventricular end-systolic pressure-volume ratio, 64% +/- 8% versus 36% +/- 9% versus 42% +/- 6%, respectively; p < 0.05). Lactate extractions in groups II and III returned to 0 within 20 minutes of reperfusion. Myocardial edema after transplantation in group II hearts was less than in groups I and III. CONCLUSIONS: The best recovery was observed in the non-beating donor hearts resuscitated by continuous myocardial perfusion when the initial controlled reperfusion with lukewarm blood cardioplegic solution at 40 mm Hg lasted for 20 minutes.

    PubMed

    researchmap

  • Review of coronary artery disease in patients with infrarenal abdominal aortic aneurysm.

    Yukio Kioka, Atsusi Tanabe, Yasuhiro Kotani, Nobuyuki Yamada, Makoto Nakahama, Toshiyuki Ueda, Tetsusi Seitou, Masahiko Maruyama

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66 ( 12 )   1110 - 2   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the process of establishing a less invasive assessment strategy for coronary artery disease (CAD) in patients with infrarenal abdominal aortic aneurysm (AAA), the incidence of CAD and the surgical and mid-term outcomes were reviewed. From January 1994 through September 2001, 94 elective surgical repairs of AAA were carried out. Preoperative coronary angiography showed 43 patients (45.7%) had CAD: 29 (67.4%) were asymptomatic, 23 had single-vessel disease (1VD), 12 had 2VD and 8 had 3VD. Of the 43 patients with CAD, 19 (44.2%) underwent coronary interventional therapy before aortic surgery (11 percutaneous transluminal coronary angioplasty (PTCA), 8 coronary artery bypass grafting). Eight asymptomatic patients underwent coronary interventional therapy. None of the patients died of cardiac causes or experienced a postoperative cardiac event. During the follow-up period, 10 late deaths occurred: 7 patients with CAD, and 3 cerebrovascular or cardiac deaths. There was no statistical difference in the survival rate between the groups with and without CAD. Two patients with CAD underwent PTCA during the follow-up period. The findings confirm the need for a less invasive assessment strategy of CAD that does not overlook asymptomatic myocardial ischemia, because the incidence of CAD in patients with AAA is high.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 先天性心疾患・肺動脈疾患 : 心・腎・脳の視点でとらえる循環器疾患

    赤木, 禎治, 南野, 哲男( 担当: 共著)

    学研メディカル秀潤社,学研プラス (発売)  2021年9月  ( ISBN:9784780904093

     詳細を見る

    総ページ数:359p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 心エコー 肺動脈弁閉鎖不全症(Fallot四徴症の術後)

    ( 担当: 共著)

    2018年5月 

     詳細を見る

  • 心エコー: 先天性心疾患の術式概要

    ( 担当: 共著)

    2017年5月 

     詳細を見る

  • LiSA: 成人先天性心疾患 遠隔期合併症の外科治療戦略

    ( 担当: 共著)

    2016年5月 

     詳細を見る

  • Schwartz's Principles of Surgery;hEdition

    McGraw-Hill's  2014年7月 

     詳細を見る

MISC

  • 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 : 充実した地域医療の実現を目指して (第120回日本外科学会定期学術集会) -- (外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン)

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡﨑 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society   122 ( 1 )   83 - 85   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2021220359

  • 胎児期に発見された胸腺成熟奇形腫と単房性胸腺嚢胞を合併した新生児の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷 守通, 納所 洋, 谷本 光隆, 小谷 恭弘

    日本小児外科学会雑誌   56 ( 6 )   992 - 997   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は女児。在胎28週時に前縦隔に径14mmの嚢胞性病変を指摘された。その後、大きさや性状に変化は認めなかった。在胎38週1日、体重3,036gで出生した。CTやMRIにて胸腺右葉下極に嚢胞を含む内部不均一な腫瘤を認めたが、この腫瘤は胸腺左葉下極の内部均一な嚢胞状腫瘤と正中で接していた。胸腺右葉の奇形腫と、奇形腫が胸腺左葉内に穿破して嚢胞を形成したと考えられた。出生直後は無症状であったが、日齢18頃に啼泣時の経皮動脈血酸素飽和度の低下を認めるようになったため、日齢22に手術を行った。胸骨正中切開にて開胸し、胸腺を温存して腫瘤を切除した。病理検査にて右葉の病変は成熟奇形腫であったが、左葉の病変は単房性胸腺嚢胞と診断され、奇形腫の穿破ではなかった。術後経過は良好である。前縦隔には様々な嚢胞状腫瘤が発生するが、両者ともに出生前に指摘されることはほとんどなく、さらに両者を合併した報告はなかった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20201026200047&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2020%2Fs05606%2F016%2F0992-0997%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2020%2Fs05606%2F016%2F0992-0997%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 全冠動脈孔閉鎖を合併した肺動脈閉鎖症に対するAo-RVシャントのPhysiologyを考える

    小谷 恭弘

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( 1 )   79 - 80   2020年3月

  • 当院におけるccTGAの長期予後(Long-term outcomes of congenitally corrected transposition of the great arteries: A high-volume single center experience)

    横濱 ふみ, 杜 徳尚, 赤木 禎治, 伊藤 浩, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   249 - 249   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 生体弁肺動脈弁置換術による早期効果(Short-term Outcome after Pulmonary Valve Replacement: The Effects on Anatomy, Physiology, and Clinical Outcome)

    小谷 恭弘, 朴 徳尚, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 後藤 拓弥, 堀尾 直裕, 小林 泰幸, 迫田 直也, 辻 龍典, 横田 豊, 三浦 望, 赤木 禎治, 伊藤 浩, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   208 - 208   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 成人期大動脈縮窄症(CoA)の臨床経過と治療

    迫田 直也, 黒子 洋介, 横田 豊, 辻 龍典, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 末澤 孝徳, 廣田 正規, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   217 - 217   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患における大動脈弁手術の経験

    笠原 真悟, 辻 龍典, 横田 豊, 小林 泰幸, 迫田 直也, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 小谷 恭弘

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   221 - 221   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • タンパク漏出性腸症を伴った心疾患の成人期の予後(Clinical outcomes of adult congenital heart disease patients with protein losing enteropathy)

    杜 徳尚, 小谷 恭弘, 赤木 禎治, 横濱 ふみ, 黒子 洋介, 馬場 健児, 大月 審一, 笠原 真悟, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   9 ( 1 )   248 - 248   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 進化する外科マネージメントセンター : それぞれの夢を実現するためのキャリアパス支援システム (定期学術集会特別企画記録 第120回日本外科学会定期学術集会) -- (夢を実現するためのキャリアパス・教育システム)

    菊地 覚次, 黒田 新士, 吉田 龍一, 香川 俊輔, 山根 正修, 小谷 恭弘, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society   121 ( 6 )   669 - 671   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2021096481

  • TGA術前BAS時に左心房損傷による心タンポナーデを呈し、緊急開胸手術を施行した1例

    田井 龍太, 迫田 直也, 辻 龍典, 小林 泰幸, 川田 幸子, 堀尾 直裕, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本臨床外科学会雑誌   80 ( 3 )   607 - 607   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 突然死回避のために外科的治療が必要な大動脈壁内走行を伴う左冠動脈起始異常の2症例(Two cases of anomalous aortic origin of a coronary artery with an intramural course which need surgical repair to avoid sudden death)

    辻 龍典, 小谷 恭弘, 迫田 直也, 田井 龍太, 小林 泰幸, 川田 幸子, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 杜 徳尚, 赤木 禎治, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   167 - 167   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • Lateral Tunnel TCPCに対するExtracardiac TCPC conversionの検討(Results of Extracardiac Total Cavopulmonary Connection Conversion for the adult patients performed Lateral Tunnel Total Cavopulmonary Connection)

    黒子 洋介, 新井 禎彦, 小谷 恭弘, 杜 徳尚, 笠原 真悟, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   131 - 131   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • PAVSD術後遠隔期にVT/VFを合併した1例(Cardiac arrest and ventricular fibrillation in a woman with repaired pulmonary atresia with ventricular septal defect: a case report)

    横濱 ふみ, 杜 徳尚, 赤木 貞治, 衛藤 弘城, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 笠原 真悟, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   163 - 163   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 小児心臓血管外科手術の長期成績 完全大血管転位術後の長期成績と問題点(Long-term Outcome and Complications after Surgical Repair of Complete Transposition of the Great Arteries)

    小谷 恭弘, 黒子 洋介, 立石 篤史, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   91 - 91   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • Ebstein病の中長期予後についての検討(Mid-term clinical outcomes in adult patients with surgically operated Ebstein anomaly)

    杜 徳尚, 赤木 禎治, 小谷 恭弘, 横濱 ふみ, 黒子 洋介, 馬場 健児, 大月 審一, 笠原 真悟, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   104 - 104   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • Fontan循環とその他の成人先天性心疾患での肝病変の特徴の比較(Unique features of hepatic disease in adults with Fontan circulation: A comparison with congenital heart disease patients after two-ventricular repair)

    杜 徳尚, 大西 秀樹, 赤木 禎治, 竹内 康人, 中村 進一郎, 横濱 ふみ, 高谷 陽一, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 笠原 真悟, 岡田 弘之, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   105 - 105   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患手術におけるMICSの役割(Minimally Invasive Cardiac Surgery for Simple Congenital Heart Surgery in the Adults)

    小谷 恭弘, 川田 幸子, 堀尾 直裕, 小林 泰幸, 田井 龍太, 迫田 直也, 辻 龍典, 後藤 拓弥, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   8 ( 1 )   109 - 109   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題 (定期学術集会特別企画記録 第119回日本外科学会定期学術集会) -- (新専門医制度の開始により見えてきたその現状と課題)

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡﨑 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society   120 ( 5 )   601 - 603   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2020037540

  • 心房中隔欠損症術前にて左室瘤を診断し同時手術を施行した一例

    小林 泰幸, 小谷 恭弘, 村岡 玄哉, 川田 幸子, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 6 )   1340 - 1341   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Fontan術後にVfを認め、左開胸でextracardiacにICD植込み術を施行した1例

    村岡 玄哉, 小谷 恭弘, 小林 泰幸, 川田 幸子, 堀尾 直裕, 奥山 倫弘, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 6 )   1340 - 1340   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 【そうだったんだ!心血管手術-ウチではこうしてます!】肺動脈弁閉鎖不全症(Fallot四徴症の術後) 岡山大学の流儀 外科

    小谷 恭弘

    心エコー   19 ( 5 )   500 - 503   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

    researchmap

  • 先天性大血管転位修正後の成人患者における三尖弁閉鎖不全症と右室不全に対する肺動脈banding(Pulmonary artery banding for tricuspid regurgitation and right ventricular failure in the adult patient with congenitally corrected transposition of the great arteries)

    川田 幸子, 小谷 恭弘, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 堀尾 直裕, 奥山 倫弘, 衛藤 弘城, 大澤 晋, 増田 善逸, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   7 ( 1 )   184 - 184   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • PA-IVSに対する二心室修復術後の1+1/2心室治療へのCoversion

    小谷 恭弘, 黒子 洋介, 杜 徳尚, 堀尾 直裕, 川田 幸子, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 新井 禎彦, 伊藤 浩, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   7 ( 1 )   146 - 146   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 成人期に到達した純型肺動脈閉鎖の臨床経過についての検討

    杜 徳尚, 赤木 禎治, 小谷 恭弘, 高橋 生, 黒子 洋介, 馬場 健児, 大月 審一, 笠原 真吾, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   7 ( 1 )   143 - 143   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 狭小な心房間交通を有する左心低形成症候群に対するBalloon Atrial Septostomyの検討

    福嶋 遥佑, 馬場 健児, 近藤 麻衣子, 栗田 佳彦, 栄徳 隆裕, 重光 祐輔, 平井 健太, 塚原 宏一, 岩崎 達雄, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   33 ( 6 )   423 - 430   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    背景:左心低形成症候群(HLHS)では左房容積が小さく、心房中隔の形態や心房中隔欠損(ASD)の大きさによってRashkind Balloon Atrial Septostomy(BAS)を行うことが困難な場合もある。目的:当院におけるHLHSに対するBASの有効性について検討した。対象と方法:2006年1月から2015年12月までの10年間にHLHSに対してカテーテル治療・手術を施行した患者におけるBASの有効性について検討した。またcatheter BASを施行した群についてASDの形態別に分けて有効性について両群比較検討した。結果:全HLHS70例中のGlenn手術到達は57例(81%)であり、BAS未施行群では86%(44/51)、catheter BAS群では91%(10/11)、open BAS群では25%(2/8)と統計学的有意差を認めたが(p=0.0002)、BAS未施行群とcatheter BAS群では同等の結果であった。(p=1.0)Glenn手術後にカテーテル検査を施行した56例について検討すると、BAS未施行群、catheter BAS施行群、open BAS施行群の平均肺動脈圧、肺血管抵抗、PAIいずれも3群間に差は認めなかった。次にCatheter BAS施行群をASDの位置・大きさ・atrial septumの厚さからstandard ASD(n=5)、complex ASD(n=5)に分類し、ASDの形態別にBAS施行方法を検討すると、standard ASD群では全例Rashkind BAS単独施行で効果を得たが、complex ASD群ではRashkind BAS単独施行症例は1例のみで、Static BASを先行させRashkind BASに到達した症例が4例であった(p=0.048)。BAS後のASD size、ASD flow、SpO2は2群間で統計学的有意差を認めなかった。結論:catheter BASは有効で、Glenn後のカテーテルデータではBAS未施行群と有意差は認めなかった。またcomplex ASD群の場合には、Static BASを先行し、Rashkind BASを追加することで、standard ASD群と同等の効果を得ることができた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J02003&link_issn=&doc_id=20180418180002&doc_link_id=%2Fee7shoni%2F2017%2F003306%2F003%2F0423-0430%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fee7shoni%2F2017%2F003306%2F003%2F0423-0430%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 成人フォンタン手術後カテーテル治療

    馬場 健児, 近藤 麻衣子, 栗田 佳彦, 栄徳 隆裕, 福嶋 遥佑, 重光 祐輔, 平井 健太, 川本 祐也, 小谷 恭弘, 笠原 真悟, 岩崎 達雄, 大月 審一

    日本心臓病学会学術集会抄録   65回   ACHD - 4   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • ファロー四徴症を合併したBiliar Atresia Splenic Malformation(BASM)の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 納所 洋, 谷本 光隆, 栄徳 隆裕, 馬場 健児, 大月 審一, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本小児科学会雑誌   121 ( 8 )   1445 - 1445   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 【ゼロから始める複雑先天性心疾患-小児から成人まで】成人期 先天性心疾患の術式概要

    小谷 恭弘

    心エコー   18 ( 6 )   570 - 576   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

    researchmap

  • 左肺下葉切除後に冠状動脈損傷をきたした一例

    栗原 英祐, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 小谷 恭弘, 大越 祐介, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P102 - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 急速拡張する大動脈嚢状瘤を伴ったLoeys Dietz症候群の一例

    岸 良匡, 小谷 恭弘, 川田 幸子, 枝木 大地, 小林 泰幸, 衛藤 弘城, 堀尾 直裕, 石神 修太, 後藤 拓弥, 奥山 倫弘, 小林 順子, 藤井 康宏, 新井 貞彦, 笠原 慎吾, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   129 ( 1 )   69 - 69   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 重症心奇形を合併したbiliary atresia splenic malformation(BASM)の1例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 納所 洋, 谷本 光隆, 栄徳 隆裕, 馬場 健児, 大月 審一, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁

    日本小児外科学会雑誌   53 ( 2 )   342 - 342   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    researchmap

  • 急速拡張する大動脈嚢状瘤を伴ったLoeys Dietz症候群の一例

    岸 良匡, 小谷 恭弘, 川田 幸子, 枝木 大地, 小林 泰幸, 衛藤 弘城, 堀尾 直裕, 石神 修太, 後藤 拓弥, 奥山 倫弘, 小林 順子, 藤井 康宏, 新井 貞彦, 笠原 慎吾, 佐野 俊二

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 3 )   626 - 626   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 重症肺高血圧症を伴う心室中隔欠損症に対して"treat and repair"を実施した成人3症例についての検討

    川田 幸子, 笠原 真悟, 井上 喜紀, 枝木 大治, 小林 泰幸, 堀尾 直裕, 石神 修大, 藤井 泰宏, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 大澤 晋, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   6 ( 1 )   140 - 140   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • Ebstein病の外科手術

    笠原 真悟, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   6 ( 1 )   101 - 101   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患外科医から見た三尖弁閉鎖不全症

    笠原 真悟, 枝木 大治, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   6 ( 1 )   103 - 103   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 症例 脳梗塞に対する血栓溶解療法後に診断にいたった急性大動脈解離の1例

    宮本 陽介, 増田 善逸, 小谷 恭弘, 樽井 俊, 黒子 洋介, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 佐野 俊二

    胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery   69 ( 12 )   1037 - 1040   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017078319

  • ECMOが必要であったtachycardia induced cardio-myopathyの1例

    枝木 大治, 小松 弘明, 佐野 俊和, 木村 紘爾, 堀尾 直裕, 小林 純子, 衛藤 弘城, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 7 )   1864 - 1864   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するprimary Norwood手術 手術成績向上のためのRV-PA shuntによるNorwood手術連続138例の検討

    笠原 真悟, 佐野 俊和, 堀尾 直裕, 小林 純子, 石神 修大, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 185   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Jatene術後の遠隔成績と術後合併症-肺動脈狭窄、大動脈弁逆流-に対する検討

    黒子 洋介, 笠原 真吾, 佐野 俊和, 木村 紘爾, 堀尾 直裕, 衛藤 弘樹, 小林 純子, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 243   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 学童期の修正大血管転位症に対する段階的肺動脈絞扼術による左室トレーニング後ダブルスイッチ手術の検討

    佐野 俊和, 小谷 恭弘, 枝木 大治, 小松 弘明, 木村 紘爾, 堀尾 直裕, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 244   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する両心室治療 段階的左室リハビリテーションによる治療経験

    笠原 真悟, 佐野 俊和, 堀尾 直裕, 小林 純子, 石神 修大, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 372   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 総動脈幹症に対する外科的治療成績

    堀尾 直裕, 小谷 恭弘, 佐野 俊和, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 243   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 【成人先天性心疾患】遠隔期合併症の外科的治療戦略 特にfailed Fontanについて

    小谷 恭弘

    LiSA   23 ( 5 )   428 - 431   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    先天性心疾患に対する外科治療は近年,目覚ましい成績向上がみられる一方,そうした患者が成人期を迎え,さまざまな問題を抱えるケースが増加している。特に単心室症に対するFontan手術は,従来"根治術"とされてきたが,この手術が始まってから30年が経過し,さまざまな遠隔期の合併症が顕在化するにつれ,"Fontan palliation"であることが明白になってきた。心機能低下,房室弁逆流,不整脈,蛋白漏出性胃腸症など,Fontan手術後に特有の合併症に加え,長期のFontan循環による多臓器不全も治療を進めていくうえで問題となる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J02927&link_issn=&doc_id=20160519280006&doc_link_id=10.11477%2Fmf.3101200562&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.3101200562&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • ECMOが必要であったtachycardia induced cardiomyopathyの1例

    枝木 大治, 小松 弘明, 佐野 俊和, 木村 紘爾, 堀尾 直裕, 小林 純子, 衛藤 弘城, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   128 ( 1 )   81 - 82   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 体位により著明な血行動態変化を認めた、Klippel-Trenaunay-Weber Syndromeの一例

    藤井 泰宏, 上野 洋資, 樽井 俊, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    静脈学   26 ( 2 )   135 - 135   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 下大静脈平滑筋肉腫の1例

    大澤 晋, 藤井 泰宏, 田端 雅弘, 上野 洋資, 樽井 俊, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    静脈学   26 ( 2 )   158 - 158   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 大学における血管外科医教育 シームレスな育成のために

    大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 藤井 泰宏, 赤木 禎治, 吉積 功, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   24 ( 1 )   74 - 74   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • TCPC conversionの適応と術式 Failed Fontanに対するFontan conversionの成績向上を目指して

    佐野 俊二, 新井 禎彦, 上野 洋資, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 小林 純子, 樽井 俊, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 川畑 卓也, 小谷 恭弘, 吉積 功, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   72 - 72   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 動脈管コイル塞栓術後、急性肺動脈解離を来した肺動脈瘤に対し外科治療を施行した1例

    小谷 恭弘, 樽井 俊, 更科 俊洋, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 吉積 功, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 笠原 真悟, 伊藤 浩, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   128 - 128   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 積極的な肺高血圧治療により、肺移植が回避可能となった成人心室中隔欠損症の1例

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 樽井 俊, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 吉積 功, 新井 禎彦, 更科 俊洋, 伊藤 浩, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   134 - 134   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 修正大血管転位手術 修正大血管転位症におけるダブルスイッチ手術の適応

    笠原 真悟, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   65 - 65   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 左室流出路/肺動脈弁狭窄を伴う完全大血管転位に対する治療戦略

    小谷 恭弘, 本浄 修己, Mertens Luc, Redington Andrew, Caldarone Christopher, Van Arsdell Glen

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 ( 3 )   vii - ix   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Fontan手術に対する治療戦略に変遷と長期予後

    小谷 恭弘, Chetan Devin, Mertens Luc, Redington Andrew, Caldarone Christopher, Van Arsdell Glen, 本浄 修巳

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 ( Suppl. )   448 - 448   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 経カテーテル大動脈弁置換術 トロントにおけるチームアプローチと初期成績について

    小谷 恭弘, Cheema Asim, Ahsan Muhammed, Chisholm Robert, Logghe Karey, Latter David, Peterson Mark

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 ( Suppl. )   398 - 398   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 心室中隔欠損症に先天性副腎皮質機能不全を合併した乳児に対し周術期糖質コルチコイド補充療法を施行した1手術例

    大澤 晋, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   38 ( 4 )   276 - 279   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    症例は5ヵ月女児。先天性副腎皮質機能不全にて近医で副腎皮質ホルモン補充療法を行っている。出生時より心雑音を指摘され近医転院、心室中隔欠損症の診断にて薬物療法を行っていた。生後4ヵ月までに心不全の状態は改善し、生後5ヵ月の時点で心カテーテル検査を施行した結果、肺体血流比2.9と高値であり、心不全の急性増悪をきたす恐れが強く、哺乳量が増えず体重増加があまり期待できないこと、易感染性であることから、早期に手術すべきと判断され、当院紹介となった。手術は心室中隔欠損症に対するパッチ閉鎖術を行った。周術期の糖質コルチコイド補充量は体表面積から投与ステロイド量を推定し、周術期の血中コルチゾール濃度の経時的変化を参考にしながら投与することで、良好な結果を得ることができた。乳幼児における開心術における糖質コルチコイド補充療法の報告は少なく、体表面積から投与量を推定することで良好な周術期管理を行うことができた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J01122&link_issn=&doc_id=20090724250010&doc_link_id=10.4326%2Fjjcvs.38.276&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4326%2Fjjcvs.38.276&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 右室-冠動脈瘻を伴った純型肺動脈閉鎖症に対する新術式 右室減圧を伴ったFontan手術

    川畑 拓也, 笠原 真悟, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 宮原 義典, 小谷 恭弘, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   557 - 557   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児補助循環の臨床・将来展望 小児心臓手術後にextracorporeal membrane oxygenationを導入した70例の検討

    笠原 真悟, 小谷 恭弘, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 川畑 拓也, 櫻井 茂, 海老島 宏典, 井上 陽一, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   347 - 347   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するRV-PA shuntを用いたNorwood手術の新戦略 肺血流制御目的の金属クリップを用いたハイブリッド治療

    笠原 真悟, 小谷 恭弘, 新井 禎彦, 藤井 泰宏, 海老島 宏典, 大野 直幹, 岡本 吉生, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   374 - 374   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 単心室患者における体循環流出路狭窄のmanagement 予防的Damus-Kaye-Stansel吻合は有用か?

    藤井 泰宏, 井上 陽一, 高垣 昌巳, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 赤木 禎治, 小谷 恭弘, 大野 直幹, 岡本 吉生, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   421 - 421   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • カテーテル治療のコントラバーシー カテーテル治療か手術か? 新生児、乳児期早期における重症大動脈狭窄症(critical AS)に対する治療戦略 外科治療の優位性

    佐野 俊二, 笠原 真悟, 新井 禎彦, 井上 陽一, 小谷 恭弘, 宮原 義典, 藤井 泰宏, 櫻井 茂, 岡本 吉生, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   331 - 331   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Norwood+VSD creation MS/AAを伴ったHLHSに対する新術式

    海老島 宏典, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 新井 禎彦, 高垣 昌巳, 小谷 恭弘, 藤井 泰宏

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   437 - 437   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患術後の縦隔炎の治療成績

    鵜垣 伸也, 笠原 真悟, 海老島 宏典, 櫻井 茂, 川畑 拓也, 宮原 義典, 小谷 恭弘, 徳永 宜之, 井上 陽一, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   25 ( 3 )   444 - 444   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 硫酸バリウムの特性

    前田 啓治, 前田 穣資, 小谷 恭弘, 岩根 幹能, 茂原 治

    日本消化器がん検診学会雑誌   46 ( 6 )   788 - 789   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器がん検診学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群の治療戦略と長期予後 両側肺動脈絞扼術の採用とRV-PA shuntによるNorwood手術連続70例の検討

    笠原 真悟, 小谷 恭弘, 大島 祐, 吉積 功, 赤木 禎治, 佐野 俊二, 岡本 吉生, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   24 ( 3 )   383 - 383   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Fontan手術後左心低形成症候群の中期成績の検討

    藤井 泰宏, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 大島 祐, 吉積 功, 小谷 恭弘

    日本小児循環器学会雑誌   24 ( 3 )   289 - 289   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • ファロー四徴症根治術において、肺動脈弁輪はどこまで温存可能か? 肺動脈弁輪温存術式の適応と遠隔成績

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 藤井 泰宏, 大島 祐, 吉積 功, 大月 審一, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   24 ( 3 )   329 - 329   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 内臓脂肪および皮下脂肪の蓄積と頸動脈内膜中膜複合体肥厚との関係

    岩根 幹能, 茂原 治, 渡邊 豊, 島田 里美, 久富 亜紀, 津原 多恵, 西尾 真由美, 増井 裕美, 佐々木 八恵美, 小林 千恵美, 河合 真由香, 小谷 恭弘, 前田 啓治, 前田 穣資, 前田 真也, 渡邉 実香, 麥谷 耕一, 向林 知津, 大畑 博, 湯川 修也, 今西 敏雄, 赤阪 隆史

    日本循環器病予防学会誌   43 ( 1 )   63 - 69   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器病予防学会  

    【目的】肥満は動脈硬化の独立した危険因子であるが、頸動脈エコーで評価した動脈硬化の状態と腹部脂肪分布を考慮した肥満との関係についての知見は十分でない。今回、頸動脈内膜中膜複合体厚(Intima-media thickness:IMT)の肥厚の有無に対する内臓脂肪および皮下脂肪蓄積の関係について調査した。【方法】対象は1,089人(女性278人)。日本脳神経超音波学会のガイドライン(案)に従い、頸動脈エコーによりIMT肥厚の有無(プラーク形成の有無に関わらず、max-IMT 1.1mm以上は肥厚あり)を評価した。IMT肥厚の有無と、臍レベルのCT撮影による内臓脂肪面積(visceral fat area:VFA)、皮下脂肪面積(subcutaneous fat area:SFA)との関係について、多重ロジスティック回帰分析を用いて性、年齢、収縮期血圧、脈拍数、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪、随時血糖で調整の上評価した。【結果】IMT肥厚あり群は760人、IMT肥厚なし群は335人であった。VFAはIMT肥厚あり群(110.1±51.9cm2)がIMT肥厚なし群(102.9±53.4cm2)より有意に高値であり(p=0.0368)、SFAはIMT肥厚あり群(154.3±59.1cm2)がIMT肥厚なし群(163.7±72.9cm2)より有意に低値であった(p=0.0260)。交絡要因で調整したところ、VFAの1SDあたりのオッズ比、95%信頼区間、p値は(1.23,1.03-1.47,p=0.0260)であり、SFAは(0.82,0.70-0.95,p=0.0104)であった。【結語】IMT肥厚に対して、内臓脂肪蓄積は促進的、皮下脂肪蓄積は抑制的であることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 機能的単心室症における共通房室弁逆流に対する弁形成術の検討

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 吉積 功, 大島 祐, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   37 ( Suppl. )   394 - 394   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 経右房-経肺動脈アプローチによるファロー四徴症根治術の遠隔成績

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 石野 幸三, 吉積 功, 大月 審一, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   23 ( 3 )   262 - 262   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • NKF K/DOQI guidelineに沿って肘部に一次内シャント作成した1例

    桜井 茂, 三井 秀也, 小谷 恭弘, 吉積 功, 笠原 真悟, 石野 幸三, 泉本 浩史, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   510 - 510   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • Ebstein奇形に対するTotal Right Ventricular Exclusionの中期遠隔期成績

    小谷 恭弘, 石野 幸三, 笠原 真悟, 吉積 功, 泉本 浩史, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   36 ( Suppl. )   252 - 252   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 心室-大血管の再建術 左心低形成症候群 Norwood手術による大動脈弓部再建術の検討

    吉積 功, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 石野 幸三, 泉本 浩史, 三井 秀也, 岡本 吉生, 大月 審一, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   36 ( Suppl. )   151 - 151   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 重症心不全を示すBland-White-Garland症候群の術後に機械的循環補助を用いて救命し得た1乳幼児例

    中島 真人, 笠原 真悟, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 桜井 茂, 高橋 研, 神吉 和重, 三井 秀也, 石野 幸三, 泉本 浩史, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 29 )   44 - 47   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    症例は3ヵ月女児で、高度左室機能低下・僧帽弁逆流を伴う左冠状動脈肺動脈起始異常症と診断された。胸部X線写真は、心胸比70%と右無気肺を示した。心電図で洞性頻脈、軽度ST低下、陰性T波、異常Q波、左室肥大を認めた。左冠状動脈は造影されなかった。経食道心臓超音波検査では、駆出率:測定不能、短縮率:10%、高度〜中等度僧帽弁逆流、左室中隔の壁運動低下がみられた。心房間交通を作成し、大動脈遮断解除後、約30分間の左心補助を行い、右房脱血、上行大動脈送血によるV-A extracorporeal membrane oxygenation(ECMO)へ移行継続した。カテコラミン・血管拡張剤の増量、ECMO補助流量の段階的減量により術後7日目に人工呼吸器から離脱し、短縮率・僧帽弁逆流は改善傾向となり、心胸比も縮小した。修復術後に肺うっ血や肺高血圧の可能性がある症例への心房間交通の作成とECMOを組み合わせた機械的循環補助は、有効であると思われた。

    researchmap

  • 当院における機能的単心室に伴う房室弁逆流に対する治療戦略

    笠原 真悟, 小谷 恭弘, 吉積 功, 石野 幸三, 泉本 浩史, 大月 審一, 赤木 禎治, 河田 政明, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   54 ( Suppl. )   337 - 337   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 機能的単心室に伴う三尖弁逆流の経時的変化 弁形成術回避の治療戦略としての早期BDG手術

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 石野 幸三, 吉積 功, 赤木 禎治, 大月 審一, 日置 里織, 河田 政明, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   54 ( Suppl. )   337 - 337   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 中年期に達したFallot四徴症術後例における両心室機能とclinical status

    小谷 恭弘, 本浄 修己, 板垣 晶子, 笠原 真悟, 石野 幸三, 佐野 俊二, 赤木 禎治, 河田 政明

    日本小児循環器学会雑誌   22 ( 4 )   482 - 482   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 小児開心術におけるmodified ultrafiltrationの功罪 高度で安全な心臓手術をめざして

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 中倉 真人, 本浄 修己, 吉積 功, 石野 幸三, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   22 ( 3 )   313 - 313   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 透析患者の糖・脂質代謝異常と動脈硬化・血液流動性の関係

    中村 秀也, 岡崎 智哉, 岡本 まりこ, 成田 ひとみ, 葛城 加奈, 川井 麻衣, 與田 吏香, 長井 寿子, 峯玉 哲詞, 小谷 恭弘, 本田 達朗, 鈴間 孝臣, 茂原 治

    日本透析医学会雑誌   39 ( Suppl.1 )   701 - 701   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本透析医学会  

    researchmap

  • 成人Fallot四徴症の遠隔期心室機能とclinical status 再手術の与えた因子とは

    小谷 恭弘, 赤木 禎治, 本浄 修己, 板垣 晶子, 笠原 真悟, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   22 ( 3 )   279 - 279   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Eisenmenger症候群に対する肺移植術後の、心臓の形態的及び機能的変化

    高橋 研, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 吉積 功, 三井 秀也, 神吉 和重, 石野 幸三, 赤木 禎治, 泉本 浩史, 河田 政明, 伊達 洋至, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   35 ( Suppl. )   234 - 234   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 垂直静脈をBDG channelに用いたTAPVC合併無脾症候群の1例

    黒子 洋介, 河田 政明, 末澤 孝徳, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 小泉 淳一, 大岩 博, 神吉 和重, 石野 幸三, 佐野 俊二, 片岡 功一, 大月 審一

    日本小児循環器学会雑誌   21 ( 6 )   704 - 704   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • DORV(double outlet right ventricle)及びsuperior-inferior ventriclesに合併するisolated ventricular inversionの1症例 成功した解剖学的修復

    末澤 孝徳, 河田 政明, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 小泉 淳一, 石野 幸三, 佐野 俊二, 大月 審一, 片岡 功一

    日本小児循環器学会雑誌   21 ( 6 )   704 - 705   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 補助循環の使用が有効であった周術期重症左心不全症例の経験

    中倉 真人, 神吉 和重, 小泉 淳一, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 立石 篤史, 廣田 真規, 甲元 拓志, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 28 )   45 - 46   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    49歳男.胸部圧迫感,呼吸困難が出現した.胸部X線・心電図より急性心筋梗塞による急性左心不全を疑われた.画像所見により前壁から中隔領域にわたる広範囲の陳旧性梗塞に新たな切迫心筋梗塞が加わっていると考え,緊急冠動脈バイパス手術を施行した.吻合終了後,LOSのために人工心肺離脱不能と判断し,左房脱血-大動脈送血による左心バイパスを導入し人工心肺を離脱した.IABPは上室性不整脈が頻発するため効果的に駆動せず,経食道心エコーにてARの増悪も認め,OFFした.VT,Vf等の致死性不整脈を認めるようになり,左心バイパスからPCPSへの移行を行い,ICD埋め込み術を施行した.術後13日目,カテコラミンを増量し補助循環を離脱した.術後128日目,独歩退院となった

    researchmap

  • 大動脈遮断下Working Beating Heartの実験的検討

    末澤 孝徳, 石野 幸三, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 本浄 修己, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   53 ( Suppl.II )   471 - 471   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 大動脈弓狭窄病変を伴うTaussig-Bing奇形に対する大動脈弓形成

    河田 政明, 佐野 俊二, 石野 幸三, 神吉 和重, 笠原 真悟, 小泉 淳一, 末澤 孝徳, 立石 篤史, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 大月 審一, 岡本 吉生, 竹内 護, 岩崎 達雄, 戸田 雄一郎

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   53 ( Suppl.II )   350 - 350   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 心停止ドナーからの心移植における左室と右室機能に及ぼすフリーラジカルスカベンジャーMCI-186の効果(Impact of free radical scavenger MCI-186 on both left and right ventricular performance in hearts harvested from Non-Heart-Beating Donors)

    小谷 恭弘, 石野 幸三, 大崎 悟, 本浄 修己, 末澤 孝徳, 神吉 和重, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   53 ( Suppl.II )   463 - 463   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 死体心移植においてドナーモデルの違いが移植後心機能に及ぼす影響

    小谷 恭弘, 石野 幸三, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 神吉 和重, 佐野 俊二

    移植   40 ( 3 )   281 - 281   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 周術期急性心筋梗塞による重症左心不全に対して補助循環の使用が有効であった2症例

    小谷 恭弘, 神吉 和重, 小泉 淳一, 廣田 真規, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 立石 篤史, 中倉 真人, 甲元 拓志, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    Circulation Journal   69 ( Suppl.II )   797 - 797   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群を合併したPulmonary artery slingの1例

    小谷 恭弘, 河田 政明, 石野 幸三, 大岩 博, 吉積 功, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   53 ( Suppl.I )   37 - 37   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 重症虚血肢に対する治療法の選択 単核細胞注入による血管新生療法と手術併用による重症虚血肢に対するハイブリッド治療

    三井 秀也, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 富井 泰子, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   34 ( Suppl. )   229 - 229   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 心停止ドナーにおける初期調節再灌流時間の移植後心機能に及ぼす影響

    大崎 悟, 石野 幸三, 小谷 恭弘, 本浄 修巳, 末澤 孝徳, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   34 ( Suppl. )   332 - 332   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 心停止ドナーからの心移植におけるエダラボンの心筋保護効果

    小谷 恭弘, 石野 幸三, 大崎 悟, 本浄 修己, 末澤 孝徳, 神吉 和重, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   34 ( Suppl. )   438 - 438   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 新生児、乳幼児期開心術における補助手段、管理の工夫 新生児大動脈弓部再建時補助手段の検討 ICMP/ICPの併用と動脈管送血の導入

    末澤 孝徳, 石野 幸三, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 河田 政明, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   34 ( Suppl. )   218 - 218   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 重症虚血肢の無侵襲診断法 重症虚血肢に対する拇指血圧(TBI)の意義について

    三井 秀也, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 峰 良成, 栗山 充仁, 森本 徹, 中井 幹三, 佐野 俊二

    血管外科   23 ( 1 )   175 - 175   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:血管外科症例検討会  

    researchmap

  • CABGにおけるModified ultrafiltrationの有用性

    小谷 恭弘, 甲元 拓志, 中倉 真人, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 徳永 宣之, 藤田 康文, 廣田 真規, 伊藤 篤志, 神吉 和重, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   52 ( Suppl. )   482 - 482   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 重症Ebstein奇形に対するRV(longitudinal)reductionを併用したone & a half ventricular repairの1学童例

    小泉 淳一, 佐野 俊二, 大岩 博, 河田 政明, 石野 幸三, 吉積 功, 伊藤 篤志, 末澤 孝徳, 小谷 恭弘

    日本小児循環器学会雑誌   20 ( 5 )   568 - 568   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 右室切除後, Fontan 手術に到達し得た重症 Ebstein 奇形の1例

    小谷 恭弘, 石野 幸三, 河田 政明, 吉積 功, 本浄 修己, 大崎 悟, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌 = Acta cardiologica paediatrica Japonica   20 ( 4 )   456 - 459   2004年7月

     詳細を見る

  • 死体心移植においてドナーモデルの違いが移植後心機能に及ぼす影響

    小谷 恭弘, 石野 幸三, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 佐野 俊二

    移植   39 ( 総会臨時 )   349 - 349   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 新生児・乳児に対する術中経食道心エコーの経験

    小谷 恭弘, 河田 政明, 藤田 康文, 徳永 宣之, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 大崎 悟, 岩崎 達雄, 石野 幸三, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   20 ( 3 )   295 - 295   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 非造影MR venography検査による深部静脈血栓症の診断

    三井 秀也, 峰 良成, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 佐野 俊二, 小野 敦, 佐能 量雄, 宮崎 美津恵

    日本血管外科学会雑誌   13 ( 2 )   256 - 256   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • アデノウイルスベクターによる血管壁への遺伝子導入に関する研究

    三井 秀也, 峰 良成, 栗山 充仁, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 中井 幹三, 佐野 俊二, RAMMOS Tammy K.

    脈管学   44 ( 1 )   35 - 41   2004年1月

     詳細を見る

  • 破裂性胸部大動脈瘤肺内穿破に対し高度癒着肺を温存下に超低体温循環停止法を用いて下行大動脈人工血管置換術に成功した86歳女性の1例

    小泉 淳一, 中井 幹三, 森本 徹, 三井 秀也, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   115 ( 3 )   266 - 266   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 新生児期にRoss手術を施行した先天性大動脈閉鎖不全症の1例

    大崎 悟, 河田 政明, 小谷 恭弘, 南 和, 石野 幸三, 佐野 俊二, 大月 審一, 片岡 功一, 竹内 護, 新垣 義夫

    日本小児循環器学会雑誌   19 ( 3 )   385 - 385   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院におけるマルチスライスCTの使用経験

    清藤 哲司, 山田 信行, 三好 亨, 上田 敏行, 中濱 一, 喜岡 幸央, 田邊 敦, 小谷 恭弘

    福山医学   ( 12 )   114 - 114   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:福山市医師会  

    researchmap

  • 非特異的術後経過を示した大動脈炎症候群の1例

    小谷 恭弘, 大崎 悟, 森本 徹, 高垣 昌巳, 藤田 康文, 末澤 孝徳, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   114 ( 3 )   335 - 336   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • QOLの向上を目的としたASOに対する治療

    小谷 恭弘, 喜岡 幸央, 田辺 敦

    日本血管外科学会雑誌   11 ( 7 )   723 - 723   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 体外循環症例における術後感染症 リスクファクターと抗生剤予防投与

    田邊 敦, 喜岡 幸央, 小谷 恭弘

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   50 ( Suppl. )   355 - 355   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 腹部大動脈瘤にStanford B型慢性大動脈解離を合併した1例

    小谷 恭弘, 喜岡 幸央, 田辺 敦, 山田 信行, 中濱 一, 上田 敏行, 丸山 昌彦, 清藤 哲司

    広島医学   55 ( 7 )   591 - 591   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 今年大きなストレスを感じた2例

    田邊 敦, 喜岡 幸央, 小谷 恭弘

    広島医学   55 ( 6 )   550 - 550   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 慢性呼吸不全を合併した腹部大動脈瘤の3手術例

    越智 吉樹, 小谷 恭弘, 山本 典良, 藤田 邦雄, 谷崎 眞行

    日本血管外科学会雑誌   11 ( 3 )   501 - 501   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 血管型ベーチェット病の1症例

    小谷 恭弘, 越智 吉樹, 藤田 邦雄, 山本 典良, 谷崎 眞行

    岡山医学会雑誌   113 ( 3 )   319 - 319   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 溶血性連鎖球菌による壊死性筋膜炎症例

    小谷 恭弘, 野村 修一, 最相 晋輔, 富井 邦年, 河合 俊典

    手術   55 ( 13 )   2111 - 2114   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    溶血性連鎖球菌(溶連菌)による軟部組織炎症の4症例を経験した.症例1は42歳男.右肩痛,背部痛,発熱が出現し,近医を受診したが,そこで血圧低下しプレショック状態となり,紹介入院となった.昇圧剤の投与及び抗ショック療法を行った.同時に抗菌薬としてFOM及びMINOを投与し,次いで,CEZやGCS-Fの投与も行った.後日,細菌培養よりA群溶連菌が同定された.症例2は50歳男.右足背の腫脹と発赤を認め受診した.壊死性筋膜炎と診断し,右足背の減張切開を施行した.後日,A群連鎖球菌を同定した.症例3は49歳男.左足関節外側が腫れ,痛みが出現し,壊死性筋膜炎の診断で入院となった.浮腫液の細菌培養の結果,検出されたのはA群溶連菌であった.症例4は69歳女.発熱,嘔吐により入院となった.抗ショック療法を開始した.細菌培養でC群連鎖球菌が同定された.症例1,4はTSLSと思われ,症例4は早期の診断・治療により治癒した

    researchmap

  • 人工血管感染の3症例

    小谷 恭弘, 田辺 敦, 喜岡 幸央

    広島医学   54 ( 11 )   947 - 948   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • マルチスライスCTによる冠動脈石灰化スコア測定の有用性

    三好 亨, 山田 信行, 清藤 哲司, 中濱 一, 上田 敏行, 喜岡 幸央, 田辺 敦, 小谷 恭弘

    広島医学   54 ( 11 )   949 - 949   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 甲状腺手術におけるクリティカルパス導入の経験

    小谷 恭弘, 臼井 由行, 柿下 大一, 最相 晋輔, 植田 宏治, 高畠 大典, 野村 修一

    日本臨床外科学会雑誌   62 ( 増刊 )   239 - 239   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡下甲状腺手術(吊り上げ式鎖骨下アプローチ,VANS法)の適応と問題点

    臼井 由行, 植田 宏治, 最相 晋輔, 小谷 恭弘, 高畠 大典, 藤岡 正浩, 田中 信一郎, 野村 修一

    日本臨床外科学会雑誌   62 ( 増刊 )   221 - 221   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • バセドウ病に対する内視鏡下甲状腺手術 吊り上げ式鎖骨下アプローチ,VANS法

    臼井 由行, 最相 晋輔, 小谷 恭弘, 植田 宏治, 野村 修一

    日本外科系連合学会誌   26 ( 3 )   709 - 709   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    researchmap

  • 吊り上げ式内視鏡下甲状腺手術(バセドウ病,甲状腺分化癌への応用)

    臼井 由行, 植田 宏治, 最相 晋輔, 高畠 大典, 小谷 恭弘

    日本外科学会雑誌   102 ( 臨増 )   227 - 227   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 肝炎症性偽腫瘍の2例

    小谷 恭弘, 小橋 雄一, 最相 晋輔, 木村 賢太郎, 河合 俊典, 藤岡 正浩, 田中 信一郎, 野村 修一, 山鳥 一郎

    岡山医学会雑誌   112 ( 9〜12 )   242 - 242   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • A群溶血性連鎖球菌による壊死性筋膜炎の4症例

    小谷 恭弘, 野村 修一, 河合 俊典, 清水 敏成, 最相 晋輔, 東 良平

    日本臨床外科学会雑誌   61 ( 増刊 )   482 - 482   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 吊り上げ式内視鏡下甲状腺手術(Gasless Endoscopic Thyroid Surgery)の経験

    臼井 由行, 植田 宏治, 最相 晋輔, 小谷 恭弘, 野村 修一

    医療   54 ( 増刊 )   149 - 149   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)国立医療学会  

    researchmap

  • 吊り上げ式内視鏡下甲状腺手術(Gasless Endoscopic Thyroid Surgery)の経験と工夫

    臼井 由行, 木村 賢太郎, 佐々木 奉子, 最相 晋輔, 小谷 恭弘, 高畠 大典, 野村 修一

    日本臨床外科学会雑誌   61 ( 増刊 )   300 - 300   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 原発性肺癌による小腸転移3手術例の検討

    佐々木 奉子, 河合 俊典, 小谷 恭弘, 最相 晋輔, 木村 賢太郎, 高畠 大典, 臼井 由行, 野村 修一, 東 良平

    日本臨床外科学会雑誌   61 ( 増刊 )   507 - 507   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科における成人鼠径ヘルニアの手術 腹腔鏡下ヘルニア根治術(TEPP)の適応

    木村 賢太郎, 臼井 由行, 小谷 恭弘, 最相 晋輔, 上田 宏治, 藤岡 正浩, 小橋 雄一, 野村 修一, 東 良平

    日本臨床外科学会雑誌   61 ( 増刊 )   311 - 311   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 非機能性膵内分泌腫瘍の1例

    木村 賢太郎, 小橋 雄一, 最相 晋輔, 小谷 恭弘, 佐々木 奉子, 河合 俊典, 藤岡 正浩, 田中 信一郎, 野村 修一, 佐々木 澄治

    岡山医学会雑誌   112 ( 3〜8 )   141 - 141   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 肺葉内肺分画症の1例

    小谷 恭弘, 東 良平, 高畠 大典

    岡山医学会雑誌   112 ( 3〜8 )   98 - 98   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • VANS(Video-Assisted Neck Surgery)を施行した原発性上皮小体機能亢進症例の1例

    佐々木 奉子, 臼井 由行, 田中 規幹, 最相 晋輔, 小谷 恭弘, 木村 賢太郎, 高畠 大典, 野村 修一, 清水 敏成, 佐々木 澄治

    岡山医学会雑誌   112 ( 3〜8 )   146 - 146   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 先天性心疾患姑息手術後の集中治療室におけるリハビリ

    黒子洋介, 福田智美, 鈴木浩之, 小川達也, 岸 良匡, 山内悠輔, 木佐森永理, 小松弘明, 枝木大治, 辻 龍典, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 小谷恭弘, 廣田真規, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パラガングリオーマを合併した未修復チアノーゼ性先天性心疾患の一例

    岩﨑慶一朗, 杜 徳尚, 小谷恭弘, 赤木 達, 中村一文, 赤木禎治, 笠原真悟, 伊藤 浩

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A successful repair of the neonatal dysplastic tricuspid valve and pulmonary atresia

    Kobayashi J, Kawabata T, Kuroko Y, Kotani Y, Kasahara S

    Asia-Pacific Cardiovascular Intervention & Surgery (APCIS 2021) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月11日 - 2021年11月13日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Immediate postoperative Fontan failure

    Kotani Y, Kasahara S

    Annual Congress of The Association fo Thoracic and Cardiovascular Surgeons of ASIA (ATCSA 2021)  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月6日 - 2021年11月7日

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • dTGA with LVOTO

    Kotani Y, Kasahara S

    Annual Congress of The Association fo Thoracic and Cardiovascular Surgeons of ASIA (ATCSA 2021)  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月6日 - 2021年11月7日

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Transannular patchを用いたファロー四徴症修復術の遠隔成績は良好である

    小谷恭弘, 小林泰幸, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田直也, 村岡玄哉, 衛藤弘城, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 修正大血管転位症術後の冠動脈狭窄に対して自己心膜による冠動脈形成術を行った1例

    小松弘明, 小谷恭弘, 黒子洋介, 川畑拓也, 小林純子

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ebstein病におけるCone手術とその遠隔成績

    笠原真悟, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 廣田真規

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Norwood手術後およびArterial switch手術後の遠隔期における大動脈弁・大動脈基部の手術経験

    黒子洋介, 鈴木浩之, 横山翔平, 木佐森永理, 小松弘明, 枝木大治, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 小谷恭弘, 廣田真規, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Fontan術後の末梢肺動脈狭窄への治療戦略:まずはカテーテル治療を、他の心修復が必要なら積極的な外科手術を!

    小林純子, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 横田 豊, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 村岡玄哉, 衛藤弘城, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄症に対する治療戦略と遠隔期成績

    笠原真悟, 小谷恭弘, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 小林泰幸, 辻 龍典, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 黒子洋介, 川畑拓也

    第69回日本心臓病学会学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月17日 - 2021年9月19日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • "Minimally Invasive Congenital Heart Surgery Through Right Thoracotomy"

    Kotani Y, Kasahara S

    The 8th Congress of Asia Pacific Pediatric Cardiac Society  2021年7月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月17日 - 2021年7月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 冠動脈起始異常に対する解剖学的修復術

    小谷恭弘, 小林泰幸, 横田 豊, 村岡玄哉, 迫田直也, 辻 龍典, 木佐森永理, 小松弘明, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 笠原真悟

    第26回日本冠動脈外科学会学術大会  2021年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月15日 - 2021年7月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 虚血性・機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁下手技としての乳頭筋接合術とつり上げ術

    迫田直也, 廣田真規, 衛藤弘城, 小松弘明, 木佐森永理, 横田豊, 辻龍典, 村岡玄哉, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第26回日本冠動脈外科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月15日 - 2021年7月16日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Pulmonary Valve Replacement: Indication, Techniques, and Clinical Outcome

    Kotani Y, Kasahara S

    16th Three-Country Pediatric Heart Forum with Asian-Pacific Symposium 2021  2021年7月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月10日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児・AYA期の大動脈弁狭窄に対する包括的外科治療戦略

    小谷恭弘, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 横田 豊, 小林泰幸, 迫田直也, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会  2021年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 肺静脈狭窄症に対するstent治療の効果と経過の検討

    福嶋遥佑, 大月審一, 馬場健児, 近藤麻衣子, 栄徳隆裕, 重光祐輔, 平井健太, 原真祐子, 笠原真悟, 小谷恭弘, 岩崎達雄

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児の院内発症ECPRの経験

    黒子洋介, 木佐森永理, 小松弘明, 迫田直也, 堀尾直裕, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Fenestration作成は予後を改善するか?当院におけるFontan手術の中長期成績と予後因子の検討

    小林純子, 小谷恭弘, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 当院における小児に対する開胸下CRTの有用性

    栄徳隆裕, 大月審一, 馬場健児, 近藤麻衣子, 福嶋遥佑, 重光祐輔, 平井健太, 笠原真悟, 小谷恭弘, 川畑拓也, 原真祐子

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 房室中隔欠損症の成人期の長期予後

    杜 徳尚, 小谷恭弘, 黒子洋介, 馬場健児, 大月審一, 赤木禎治, 笠原真悟, 伊藤 浩

    第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日 - 2021年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 狭小弁輪を伴った大動脈弁狭窄に対する Konno-AVR 手術

    小谷恭弘, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第2回CHSS Japan手術手技研究会  2021年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する非定型的な大動脈弓再建

    小林純子, 小谷恭弘, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 村岡玄哉, 堀尾直裕, 川畑拓也, 廣田真規, 黒子洋介, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MACに感染を伴う僧帽弁位IEに対してMVRを施行した一例

    迫田直也, 廣田真規, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟, 横濱ふみ, 高谷陽一, 赤木 達, 伊藤 浩, 大塚勇輝, 中野靖浩, 大村大輔, 萩谷英大

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 修正大血管転位症術後の冠動脈狭窄に対して自己心膜による冠動脈形成術を行なった1例

    小松弘明, 小谷恭弘, 黒子洋介, 川畑拓也, 大賀勇輝, 岸 良匡, 木佐森永理, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 堀尾直裕, 村岡玄哉, 小林純子, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症、部分肺静脈還流異常症、APCAを合併した患者に対して集学的治療が奏功した一例

    佐森永理, 小谷恭弘, 小林純子, 黒子洋介, 川畑拓也, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児患者における左冠動脈主幹部閉塞の1例

    岸 良匡, 黒子洋介, 大賀勇輝, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 堀尾直裕, 小林純子, 川畑拓也, 廣田真規, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファロー四徴症術後の肺動脈弁逆流に対する側開胸肺動脈弁置換術

    小松弘明, 黒子洋介, 小谷恭弘, 川畑拓也, 小林純子, 廣田真規, 笠原真悟

    第116回・第118回日本循環器学会 中国・四国合同地方会  2021年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月5日 - 2021年6月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Modified Blalock-Taussig shunt and concomitant pulmonary arterioplasty

    Kotani Y, Kasahara S

    The 1st AAPCHS Annual Meeting, 2021  2021年5月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Impact of Pulmonary Artery Coarctation on Pulmonary Artery Growth in Patients Undergoing Modified Blalock-Taussig Shunt 招待

    Kotani Y, Kadowaki S, Kobayashi Y, Kisamori E, Kobayashi J, Kawabata T, Kuroko Y, Kasahara S

    101st Annual meeting of American Association for Thoracic Surgery  2021年5月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月30日 - 2021年5月2日

    researchmap

  • Delayed strategy of total anomalous pulmonary venous connection repair improves survival to achieve fontan completion in right atrial isomerism

    Kisamori E, Kotani Y, Kuroko Y, Kawabata T, Kasahara S

    101st Annual meeting of American Association for Thoracic Surgery  2021年4月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月30日 - 2021年5月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Norwood手術の合併症は長期予後に影響するか?

    小谷恭弘, 小林泰幸, 堀尾直裕, 迫田直也, 辻 龍典, 横田 豊, 村岡玄哉, 小松弘明, 木佐森永理, 小林純子, 藤井泰宏, 黒子洋介, 川畑拓也, 末澤孝徳, 廣田真規, 笠原真悟

    第121回日本外科学会定期学術集会  2021年4月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    researchmap

  • Ebstein病の外科治療―新生児から高齢者までの三尖弁形成術―

    笠原真悟, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 堀尾直裕, 村岡玄哉, 小林純子, 藤井泰宏, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 末澤孝徳, 廣田真規

    2021年4月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 岡山大学外科GRAPESの活動とこれから

    竹原裕子, 吉田龍一, 溝尾妙子, 剱持礼子, 小林純子, 新田 薫, 工藤由里絵, 元木崇之, 片岡正文, 池田宏国, 菊池覚次, 黒田新士, 枝園忠彦, 山根正修, 小谷恭弘, 大澤 晋, 土井原博義, 豊岡伸一, 笠原真悟, 藤原俊義

    第121回日本外科学会定期学術集会  2021年4月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • タバコ窩内シャントファースト戦略での橈骨動脈AVFの臨床成績

    藤井泰宏, 大澤 晋, 村岡玄哉, 木佐森永理, 小松弘明, 横田 豊, 迫田直也, 辻 龍典, 小林泰幸, 堀尾直裕, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 末澤孝徳, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月20日 - 2021年2月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ReCoAとPSを回避するノルウッド手術―長期遠隔期成績向上を目指して

    佐野俊二, 小林泰幸, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月21日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 冠動脈起始異常に対する外科治療 Surgery for Anomalous Aortic Origin of Coronary Arteries 招待

    笠原真悟、後藤拓弥、堀尾直裕、小林泰幸、村岡玄哉、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、木佐森永理、藤井泰宏、川畑拓也、黒子洋介、末澤孝徳、廣田真規、小谷恭弘

    高知医療再生事業講演会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月9日

    記述言語:日本語  

    開催地:高知  

    researchmap

  • Bentall術後大動脈弁輪周囲膿瘍に対して弁輪形成を伴うredo-Bentall

    木佐森永理、廣田真規、末澤孝徳、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、藤井泰宏、笠原真悟

    第117回日本循環器学会中国地方会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月5日 - 2020年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

    researchmap

  • 先天性心疾患領域でのJICAプロジェクトによるベトナムにおける医療技術支援

    小谷恭弘

    第44回小児医療センター合同カンファレンス  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 段階的フォンタン手術におけるPulmonary coarctationの肺動脈発育への影響

    4. 小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、後藤拓弥、堀尾直裕、村岡玄哉、小林泰幸、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、笠原真悟

    第56回日本小児循環器学会総会学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 純型肺動脈閉鎖症に対する治療の変遷

    黒子洋介、横田 豊、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、堀尾直裕、後藤拓弥、川畑拓也、小谷恭弘、笠原真悟

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 両側肺動脈絞扼術後、遠隔期肺動脈狭窄病変の残存の検討

    福嶋遥佑、大月審一、馬場健児、近藤麻衣子、栄徳隆裕、重光祐輔、平井健太、笠原真悟、小谷恭弘、黒子洋介、岩崎達雄

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 段階的フォンタン手術におけるPulmonary coarctationの肺動脈発育への影響

    小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、後藤拓弥、堀尾直裕、村岡玄哉、小林泰幸、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、笠原真悟

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • ベトナムでの小児心臓血管外科臨床研修プログラム樹立に向けて-JICAプロジェクトで確立した人事交流を通して-

    笠原真悟、小谷恭弘、新井禎彦、佐野俊二

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 無脾症候群患者の房室弁逆流に対する弁形成術の長期成績

    後藤拓弥、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、堀尾直裕、川畑拓也、黒子洋介、末澤孝徳、廣田真規、笠原真悟

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 純型肺動脈閉鎖術後の成人期予後についての検討 招待

    杜 徳尚、小谷恭弘、赤木禎治、黒子洋介、馬場健児、大月審一、笠原真悟、伊藤 浩

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 総動脈幹症に対する一期的修復術と段階的修復術の手術成績の検討 招待

    川畑拓也、堀尾直裕、後藤拓弥、小林泰幸、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、村岡玄哉、黒子洋介、小谷恭弘、笠原真悟

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • 純型肺動脈閉鎖における冠動脈右室瘻の分類 招待

    栄徳隆裕、大月審一、馬場健児、近藤麻衣子、今井祐喜、福嶋遥佑、重光祐輔、平井健太、笠原真悟、小谷恭弘

    第56回日本小児循環器学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日 - 2020年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都・オンライン開催  

    researchmap

  • I型VSDに対する右腋窩縦切開でのtransaortic approachによる閉鎖術

    小谷恭弘、川畑拓也、黒子洋介、小林純子、笠原真悟

    第1回CHSS Japan手術手技研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多脾症候群に対するTCPC術式の選択とその成績

    川畑拓也、横田 豊、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、堀尾直裕、後藤拓弥、村岡玄哉、藤井泰宏、黒子洋介、小谷恭弘、末澤孝徳、廣田真規、笠原真悟

    第73回日本胸部外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋・オンライン開催  

    researchmap

  • Ischemic mitral leaftlet tethering に対する完全修復への試み?左室切開線からの papillary muscle approximation と tugging?

    廣田真規、末澤孝徳、藤井泰宏、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、後藤拓弥、堀尾直裕、小林泰幸、辻 龍典、村岡玄哉、迫田直也、横田 豊、木佐森永理、横濱ふみ、高谷陽一、伊藤 浩、笠原真悟

    第73回日本胸部外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋・オンライン開催  

    researchmap

  • ファロー四徴症においてBTシャントを用いた手術戦略は肺動脈弁に対する再介入を減らすことができるか

    小林泰幸、小谷恭弘、横田 豊、辻 龍典、迫田直也、堀尾直裕、後藤拓弥、川畑拓也、黒子洋介、笠原真悟

    第73回日本胸部外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋・オンライン開催  

    researchmap

  • 冠動脈起始異常に対する外科治療

    小谷恭弘、後藤拓弥、堀尾直裕、小林泰幸、村岡玄哉、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、木佐森永理、藤井泰宏、川畑拓也、黒子洋介、末澤孝徳、廣田真規、笠原真悟

    第73回日本胸部外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋・オンライン開催  

    researchmap

  • 小児期心臓手術時の送血管挿入に起因する嚢状大動脈瘤を術後41年目に治療した1例

    堀尾直裕、後藤拓弥、末澤孝徳、廣田真規、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、笠原真悟

    第95回中国四国外科学会総会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月8日 - 2020年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

    researchmap

  • 小児期左室流出路狭窄に対する、術式の選択を含めた包括的外科治療

    小谷恭弘、横田 豊、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、堀尾直裕、後藤拓弥、村岡玄哉、大澤 晋、末澤孝徳、廣田真規、川畑拓也、黒子洋介、笠原真悟

    第50回日本心臓血管外科学会学術総会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福島・オンライン開催  

    researchmap

  • Diamond-Like Carbon コーティングePTFE人工血管の可能性

    藤井泰宏、村岡玄哉、門脇幸子、小林泰幸、後藤拓弥、衛藤弘城、川畑拓也、黒子洋介、廣田真規、末澤孝徳、小谷恭弘、大澤 晋、笠原真悟

    第50回日本心臓血管外科学会学術総会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島・オンライン開催  

    researchmap

  • 進化する外科マネージメントセンター?それぞれの夢を実現するためのキャリアパス支援システム?

    菊池覚次、黒田新士、吉田龍一、香川俊輔、山根正修、小谷恭弘、笠原真悟、豊岡伸一、藤原俊義

    第120回日本外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月13日 - 2020年8月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜・オンライン開催  

    researchmap

  • 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方:充実した地域医療の実現を目指して 招待

    黒田新士、吉田龍一、池田宏国、岡?幹生、大澤 晋、小谷恭弘、山根正修、杉本誠一郎、菊池覚次、安井和也、野田卓男、笠原真悟、豊岡伸一、土井原博義、藤原俊義

    第120回日本外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月13日 - 2020年8月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜・オンライン開催  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するRV-PA shuntを用いたNorwood-Sano手術

    笠原真悟、辻 龍典、小林泰幸、迫田直也、横田 豊、堀尾直裕、村岡玄哉、後藤拓弥、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、大澤 晋、末澤孝徳、廣田真規

    第120回日本外科学会定期学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月13日 - 2020年8月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜・オンライン開催  

    researchmap

  • Second palliationのStrategyでフォンタン条件は変わるか?

    小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、後藤拓弥、堀尾直裕、小林泰幸、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、村岡玄哉、末澤孝徳、廣田真規、笠原真悟

    第63回関西胸部外科学会学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月3日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:オンライン開催  

    researchmap

  • Aorto-mitral continuityに破壊を伴う大動脈弁位人工弁心内膜炎に対して、外科的治療を行った一例

    迫田直也、廣田真規、末澤孝徳、三浦 望、横田 豊、辻 龍典、小林泰幸、村岡玄哉、堀尾直裕、後藤拓弥、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、笠原真悟

    第63回関西胸部外科学会学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月3日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

    researchmap

  • The impact of onset age of protein losing enteropathy on clinical outcomes in adults with and without fontan circulation

    Toh N, Kotani Y, Akagi T, Yokohama F, Kuroko Y, Baba K, Otsuki S, Kasahara S, Itoh H

    第84回日本循環器学会学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月27日 - 2020年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:オンライン開催  

    researchmap

  • How to manage tricuspid regurgitation exacerbated by recoarctation of aorta in hypoplastic left heart syndrome

    Kobayashi Y, Kotani Y, Yokota Y, Tsuji T, Sakoda N, Horio N, Goto T, Kawabata T, Kuroko Y, Kasahara S

    28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular & Thoracic Surgery  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月7日 - 2020年2月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai, Thailand  

    researchmap

  • Successful mitral valve plasty combined with papillary muscle tagging approximation plus surgical ventricular restoration for patient with ischemic mitral regurgitation

    Hirota M, Suezawa T, Kotani Y, Kuroko Y, Kawabata T, Oozawa S, Goto T, Horio N, Kobayashi Y, Muraoka G, Sakoda N, Yokota Y, Ousaka D, Kasahara S

    28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular & Thoracic Surgery  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月7日 - 2020年2月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chiang Mai, Thailand  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患における大動脈弁手術の経験

    笠原真悟、辻 龍典、横田 豊、小林泰幸、迫田直也、堀尾直裕、後藤拓弥、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘

    第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月17日 - 2020年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Short-term outcome after pulmonary valve replacement: The effects on anatomy, physiology, and clinical outcome

    小谷恭弘、杜 徳尚、黒子洋介、川畑拓也、後藤拓弥、堀尾直裕、小林泰幸、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、三浦 望、赤木禎治、伊藤 浩、笠原真悟

    第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月17日 - 2020年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 成人期大動脈縮窄症(CoA)の臨床経過と治療

    迫田直也、黒子洋介、横田 豊、辻 龍典、小林泰幸、村岡玄哉、堀尾直裕、後藤拓弥、末澤孝徳、廣田真規、川畑拓也、小谷恭弘、笠原真悟

    第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月17日 - 2020年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • タンパク漏出性腸症を伴った心疾患の成人期の予後

    杜 徳尚、小谷恭弘、赤木禎治、横濱ふみ、黒子洋介、馬場健児、大月審一、笠原真悟、伊藤 浩

    第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月17日 - 2020年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 当院におけるccTGAの長期予後

    横濱ふみ、杜 徳尚、赤木禎治、伊藤 浩、黒子洋介、小谷恭弘、笠原真悟

    第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月17日 - 2020年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Short-term Outcome after Pulmonary Valve Replacement: The Effects on Anatomy, Physiology, and Clinical Outcome

    1. Yasuhiro Kotani, Norihisa Toh, Yosuke Kuroko, Takuya Kawabata, Takuya Goto, Naohiro Horio, Yasuyuki Kobayashi, Naoya Sakoda, Tatsunori Tsuji, Yutaka Yokota, Nozomu Miura, Teiji Akagi, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara.

    第22回日本成人先天性心疾患学会 総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月17日 - 2020年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Eisenmenger症候群と診断されたVSD、CoAに対するtreat and repairの成人先天性心疾患の一例

    三浦 望、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、伊藤 浩、赤木禎治、杜 徳尚、赤木 達、岩野貴之、小林泰幸、末澤孝徳、大澤 晋、後藤拓弥、堀尾直裕、辻 龍典、迫田直也、大月審一、馬場健児、笠原真悟

    第115回日本循環器学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄症に対する治療戦略と遠隔期成績

    笠原真悟、辻 龍典、横田 豊、小林泰幸、迫田直也、門脇幸子、堀尾直裕、黒子洋介、小谷恭弘、立石篤史

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 純型肺動脈閉鎖症に対する、二心室修復を目指した段階的RV decompression戦略の遠隔成績

    小谷恭弘、杜 徳尚、黒子洋介、立石篤史、後藤拓弥、堀尾直裕、門脇幸子、小林泰幸、迫田直也、辻 龍典、横田 豊、笠原真悟

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 無脾症候群患者の房室弁逆流に対する弁形成術の長期成績

    後藤拓弥、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、門脇幸子、堀尾直裕、黒子洋介、立石篤史、大澤 晋、笠原真悟

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺動脈絞扼術の至適絞扼度決定における超音波血流計を用いた術中上行大動脈血流量モニタリングの有用性の検討

    辻 龍典、笠原真悟、小谷恭弘、迫田直也、横田 豊、小林泰幸、門脇幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群において再大動脈縮窄を有する三尖弁逆流に介入すべきか

    小林泰幸、小谷恭弘、横田 豊、辻 龍典、迫田直也、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、笠原真悟

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 川崎病冠動脈瘤破裂に対し、外科的血行再建とLVAD導入にて救命し得た3歳児例

    迫田直也、笠原真悟、小谷恭弘、黒子洋介、立石篤史、大月審一、馬場健児、栄徳隆裕、近藤麻衣子

    第39回日本川崎病学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Subpulmonary ventricular septal defect closure via right thoracotomy

    Kotani Y, Kuroko Y, Horio N, Kadowaki S, Kobayashi Y, Tateishi A, Kasahara S

    33rd European Association For Cardio-Thoracic Surgery Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月3日 - 2019年10月5日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 20-year experiencce in Norwood operation with RV-PA conduit: survival, reintervention, and Fontan completion

    Kobayashi Y, Sano S, Kotani Y, Kuroko Y, Kadowaki S, Horio N, Tateishi A, Kasahara S

    33rd European Association For Cardio-Thoracic Surgery Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月3日 - 2019年10月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fast-track protocol after open abdominal aortic surgery enables short hospital stay same as EVAR

    Oozawa S, Suezawa T, Kuroko Y, Kotani Y, Kasahara S

    33rd European Society for Vascular Surgery Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学広域外科専門研修プログラムの現状と今後の展望

    黒田新士、吉田龍一、池田宏国、岡?幹生、大澤 晋、小谷恭弘、山根正修、野田卓男、笠原真悟、豊岡伸一、土井原博義、藤原俊義

    第94回中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月19日 - 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • ハイブリット治療が奏功した無脾症候群・下心臓型総肺静脈還流異常・低出生体重児の一例

    堀尾直裕、黒子洋介、辻 龍典、迫田直也、横田 豊、小林泰幸、後藤拓弥、川畑拓也、小谷恭弘、笠原真悟

    第37回中国四国地区小児循環器談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 院内発症の川崎病冠動脈瘤破裂の1例

    小谷恭弘、迫田直也、黒子洋介、川畑拓也、後藤拓弥、堀尾直裕、小林泰幸、辻 龍典、横田 豊、馬場健児、岩崎達雄、笠原真悟

    第5回日本小児循環器集中治療研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 健診で発見された肺底動脈大動脈起始症の一例

    横濱ふみ、杜 徳尚、赤木禎治、伊藤 浩、黒子洋介、小谷恭弘、笠原真悟

    第67回日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月13日 - 2019年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人に到達した術後Ebstein病の予後と臨床経過についての検討

    杜 徳尚、赤木禎治、横濱ふみ、黒子洋介、小谷恭弘、馬場健児、大月審一、笠原真悟、伊藤 浩

    第67回日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月13日 - 2019年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The c-fos mRNA expression reveals persistent myocardial stretch in the right ventricle during asphyxiated cardiac arrest

    Kadowaki S, Yamazaki S, Kotani Y, Tuji T, Sakoda N, Kobayashi Y, Horio N, Goto T, Muraoka G, Ozawa S, Suezawa T, Kuroko Y, Tateishi A, Shimizu S, Kasahara S

    European Society of Cardiology 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月31日 - 2019年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高安動脈炎による遠位弓部大動脈の狭窄病変に対して外科的治療を行った5歳児例

    迫田直也、笠原真悟、小谷恭弘、黒子洋介、立石篤史、大澤 晋、後藤拓弥、堀尾直裕、村岡玄哉、門脇幸子、小林泰幸、辻 龍典、横田 豊

    日本血管外科学会中国四国地方会第50回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工心肺を安全に確立するためには?

    小谷恭弘

    WEP2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学広域外科専門研修プログラムの若手外科医育成の役割

    笠原真悟、小谷恭弘

    日本小児循環学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月5日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 右室流出路再建術におけるContegraとYamagishi conduitの遠隔成績比較

    平井健太、馬場健児、近藤麻衣子、栄徳隆裕、今井祐喜、福嶋遥佑、重光祐輔、原真佑子、小谷恭弘、笠原真悟、大月審一

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 総動脈幹症に対する外科的治療成績

    堀尾直裕、小谷恭弘、田井龍太、迫田直也、辻 龍典、小林泰幸、門脇幸子、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群における三尖弁逆流の意義

    小林泰幸、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、門脇幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fontan手術到達の面からみた左心低形成症候群に対する治療戦略

    笠原真悟、辻 龍典、横田 豊、小林泰幸、迫田直也、門脇幸子、堀尾直裕、黒子洋介、小谷恭弘、立石篤史

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群および類似疾患に対する両心室治療

    笠原真悟、辻 龍典、小林泰幸、迫田直也、門脇幸子、横田 豊、堀尾直裕、黒子洋介、小谷恭弘、立石篤史

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性心疾患手術におけるMICS:小児から成人まで、安全性と審美面の両立を目指して

    小谷恭弘、門脇幸子、堀尾直裕、小林泰幸、辻 龍典、迫田直也、横田 豊、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pulmonary Artery CoarctaionがModified Blalock-Taussig Shunt術後肺動脈成長に及ぼす因子の検討

    門脇幸子、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、田井龍太、小林泰幸、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先天性心疾患における大動脈弁置換術の経験

    笠原真悟、辻 龍典、横田 豊、小林泰幸、迫田直也、門脇幸子、堀尾直裕、黒子洋介、小谷恭弘、立石篤史

    第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Survival and Neurologic Outcomes of Extracorporeal Membrane Oxygenation in Patients with Congenital Heart Disease

    Taka H, Kotani Y, Douguchi T, Nishimura M, Miyamoto A, Takanami D, Itoh H, Kuroko Y, Iwasaki T, Kasahara S

    ASAIO 65th Annual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月26日 - 2019年6月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺動脈狭窄を伴う大血管転位症に対するPulmonary root translocationの中期成績

    小林泰幸、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、門脇幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第62回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月13日 - 2019年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人期大動脈縮窄症(CoA)の経過と特徴、またその術式と術後経過

    迫田直也、辻 龍典、田井龍太、小林泰幸、門脇幸子、堀尾直裕、村岡玄哉、後藤拓弥、大澤 晋、黒子洋介、小谷恭弘、末澤孝徳、立石篤史、笠原真悟

    第62回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月13日 - 2019年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Anatomic factors associated with reintervention after arterial switch operation in patients with taussig-bing anomaly

    Kobayashi Y, Kotani Y, Kuroko Y, Kasahara S

    99th American Association for Thoracic Surgery Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月4日 - 2019年5月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mid-to long-term outccome of total Cavo-Pulmonary connection in High-Risk adult candidates

    小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、門脇幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、村岡玄哉、衛藤弘城、黒子洋介、末澤孝徳、大澤 晋、新井禎彦、笠原真悟

    第119回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月18日 - 2019年4月20日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Current Practice in Myocardial Protection: Trend or Tradition?

    Kotani Y

    The 15th Korea-Japan-China Pediatric Heart Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月5日 - 2019年4月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Unique features of hepatic disease in adults with Fontan circulation: A comparison with congenital heart disease patients after two-ventricular repair

    Toh N, Akagi T, Takaya Y, Kuroko Y, Kotani Y, Kasahara S, Ito H

    第83回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月29日 - 2019年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Adults with Ebstein anomaly: Clinical course and predictors of cardiovascular events

    Toh N, Akagi T, Kotani Y, Yokohama F, Takahashi S, Kuroko Y, Baba K, Otsuki S, Kasahara S, Ito H

    第83回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月29日 - 2019年3月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Taussig-Bing奇形に対する大動脈スイッチ術後の再介入因子

    小林泰幸、小谷恭弘、田井龍太、辻 龍典、迫田直也、川田幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第33回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Clinical outcome of adult patients with decreased ventricular function undergoing Fontan operation and TCPC conversion

    Kotani Y, Kuroko Y, Tai R, Tsuji T, Sakoda N, Kobayashi Y, Kadowaki S, Horio N, Goto T, Arai S, Kasahara S

    27th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月21日 - 2019年2月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surgical outcome of repair for Tetralogy of Fallot with absent pulmonary valve syndrome

    Tsuji T, Kotani Y, Sakoda N, Tai R, Kobayashi Y, Kadowaki S, Horio N, Goto T, Tateishi A, Kuroko Y, Kasahara S

    27th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月21日 - 2019年2月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mid-term results of pulmonary root translocation for transposition of the great arteries with ventricular septal defect and pulmonary stenosis

    Kobayashi Y, Kotani Y, Kuroko Y, Kasahara S

    27th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月21日 - 2019年2月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新生児期の人工心肺を使用した心臓手術後の急性腎不全に対する検討

    黒子洋介、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、田井龍太、小林泰幸、川田幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、新井禎彦、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成人期における心室中隔欠損症に対する初回手術症例の傾向と治療戦略

    田井龍太、黒子洋介、迫田直也、辻 龍典、小林泰幸、川田幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、衛藤弘城、末澤孝徳、小谷恭弘、新井禎彦、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Taussig-Bing奇形の治療戦略と遠隔期成績

    小林泰幸、小谷恭弘、田井龍太、辻 龍典、迫田直也、川田幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二心室修復術後の1+1/2心室治療へのConversion(PA/IVSを中心に)

    迫田直也、小谷恭弘、黒子洋介、杜 徳尚、後藤拓弥、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、田井龍太、辻 龍典、新井禎彦、伊藤 浩、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するRV-PA shuntと自己組織大動脈再建法を用いたNorwood手術

    笠原真悟、辻 龍典、迫田直也、田井龍太、小林泰幸、門脇幸子、堀尾直裕、村岡玄哉、後藤拓弥、黒子洋介、小谷恭弘、大澤 晋、立石篤史、末澤孝徳

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fontan手術到達の面からみた左心低形成症候群に対する治療戦略

    小谷恭弘、黒子洋介、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、後藤拓弥、田井龍太、迫田直也、辻 龍典、新井禎彦、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EVAR時代の開腹人工血管置換術後First truck-コスト管理も含めて-

    大澤 晋、村岡玄哉、衛藤弘城、末澤孝徳、黒子洋介、小谷恭弘、小林泰幸、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄に対する直視下弁形成術の治療成績

    堀尾直裕、小谷恭弘、田井龍太、迫田直也、辻 龍典、小林泰幸、川田幸子、村岡玄哉、衛藤弘城、大澤 晋、黒子洋介、末澤孝徳、新井禎彦、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人期TCPC conversionの成績

    黒子洋介、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、田井龍太、小林泰幸、川田幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、新井禎彦、笠原真悟

    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月11日 - 2019年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Unique features of hepatic disease in adults with Fontan circulation: A comparison with congenital heart disease patients after two-ventricular repair

    Toh N, Onishi H, Akagi T, Takeuchi Y, Nakamura S, Yokohama F, Takaya Y, Kotani Y, Kuroko Y, Kasahara S, Okada H, Ito H

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Minimally invasive cardiac surgery for simple congenital heart surgery in the adults

    Kotani Y, Kawada S, Horio N, Kobayashi Y, Tai R, Sakoda N, Tsuji T, Goto T, Kuroko Y, Arai S, Kasahara S

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺動脈弁置換の最近の流れについて 招待

    小谷恭弘

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Lateral Tunnel TCPCに対するExtracardiac TCPC conversionの検討

    黒子洋介、新井禎彦、小谷恭弘、杜 徳尚、笠原真悟、伊藤 浩

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PAVSD術後遠隔期にVT/VFを合併した1例

    横濱ふみ、杜 徳尚、赤木禎治、衛藤弘城、黒子洋介、小谷恭弘、笠原真悟、伊藤 浩

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 突然死回避のために外科的治療が必要な大動脈壁内走行を伴う左冠動脈起始異常の2症例

    辻 龍典、小谷恭弘、迫田直也、田井龍太、小林泰幸、川田幸子、堀尾直裕、後藤拓弥、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟、杜 徳尚、赤木禎治、伊藤 浩

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 完全大血管転位術後の長期成績と問題点

    小谷恭弘、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Mid-term clinical outcomes in adult patients with surgically operated Ebstein anomaly

    Toh N, Akagi T, Kotani Y, Yokohama F, Kuroko Y, Baba K, Otsuki S, Kasahara S, Ito H

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先天性心疾患手術で目指すもの:外科医からみた現状と今後 招待

    小谷恭弘

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 成人期におけるTOFに対する外科治療:適応と戦略 招待

    小谷恭弘

    第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月11日 - 2019年1月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Management of ECMO for the pediatric patients after cardiac surgery

    Kuroko Y. Taka H. Doguchi T. Kobayashi Y. Kawada S. Horio N. Kotani Y. Arai S. Kasahara S.

    Annual Meeting of the International Society for Mechanical Circulatory Support (ISMCS2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo  

    researchmap

  • Taussig-Bing奇形、大動脈縮窄症術後の合併症に難渋し計7回の開心術を要した一例

    小林泰幸小谷恭弘辻 龍典迫田直也川田幸子掘尾直裕後藤拓弥黒子洋介新井禎彦笠原真悟

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:品川  

    researchmap

  • AVSDに対するmodified single patch repair

    笠原真悟辻 龍典迫田直也小林泰幸川田幸子掘尾直裕後藤拓弥村岡玄哉衛藤弘城小谷恭弘黒子洋介大澤 晋末澤孝徳新井禎彦

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:品川  

    researchmap

  • 姑息手術後に心不全をきたした大動脈縮窄複合(心室中隔欠損、動脈管開存、大動脈弁下狭窄) の1例

    後藤拓弥小谷恭弘迫田直也辻 龍典小林泰幸川田幸子掘尾直裕村岡玄哉衛藤弘城黒子洋介末澤孝徳大澤 晋新井禎彦笠原真悟

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 姑息手術後に心不全をきたした大動脈縮窄複合(心室中隔欠損、動脈管開存、大動脈弁狭窄)の1例

    小林泰幸小谷恭弘辻 龍典迫田直也川田幸子掘尾直裕後藤拓弥黒子洋介新井禎彦笠原真悟

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:品川  

    researchmap

  • Surgical experience of modified single patch repair for AVSD

    Kasahara S. Tsuji T. Sakoda N. Kobayashi Y. Kawada S. Horio N. Goto T. Muraoka G. Eto K. Kotani Y. Kuroko Y. Oozawa S. Suezawa T. Arai S.

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:品川  

    researchmap

  • 左肺高血圧症と重症右心不全を合併した右肺動脈大動脈起始症に対する治療経験

    川田幸子小谷恭弘辻龍典迫田直也小林泰幸村岡玄哉堀尾直裕佐野俊和後藤拓弥衛藤弘城大澤晋末澤孝徳黒子洋介新井禎彦笠原真悟

    中国四国地区小児循環器談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • TGA術前BAS時に左心房損傷により心タンポナーデを呈し、緊急開胸手術を施行した1例

    田井龍太迫田直也辻 龍典小林泰幸川田幸子掘尾直裕黒子洋介小谷恭弘新井禎彦笠原真悟

    岡山外科会・日本臨床外科会岡山県支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 先天性心疾患に対する右側胸部小切開による低侵襲心臓手術

    川田幸子

    日本低侵襲心臓手術学会学術集会 Japan MICS Summit 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Norwood手術の問題点:大動脈縮窄と肺動脈狭窄

    小谷恭弘、川田幸子、堀尾直裕、小林泰幸、迫田直也、辻龍典、後藤拓弥、黒子洋介、新井禎彦、佐野俊二、笠原真悟

    第54回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 術後ファロー四徴症において小児期の肺動脈弁逆流および狭窄が成人期の右室サイズに与える影響についての検討

    杜 徳尚、小谷恭弘、赤木禎治、高谷陽一、高橋 生、黒子洋介、馬場健児、大月審一、笠原真悟、伊藤 浩

    第54回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fontan手術後に挙児希望をされているが、低酸素血症が持続している1症例

    杜 徳尚、赤木禎治、黒子洋介、馬場健児、板谷慶一、牧 尉太、小谷恭弘、大月審一、増山 寿、笠原真悟、伊藤 浩

    第54回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する第一期手術はノルウッドを選択する:連続142例の経験からの結果と考察

    小谷恭弘、黒子洋介、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、村岡玄哉、佐野俊和、後藤拓弥、新井禎彦、佐野俊二、笠原真悟

    第54回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 小児先天性心臓血管外科循環器科領域でのJICA 草の根プロジェクトによりベトナム社会主義共和国における医療技術支援

    新井禎彦、小谷恭弘、黒子洋介、堀尾直裕、川田幸子、笠原真悟、大月審一、馬場健児、岩崎達雄、佐野俊二

    第54回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • フォンタン手術後遠隔期死亡および合併症の危険因子の検討

    笠原真悟、小谷恭弘

    第54回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月5日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 経皮的心房中隔欠損症閉鎖術後に感染性心内膜炎を発症した1例

    掘尾直裕、小谷恭弘

    関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 心房中隔欠損症術前に左室瘤を認め同時手術を施行した一例

    小林泰幸、小谷恭弘、村岡玄哉、川田幸子、堀尾直裕、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟

    第61回関西胸部外科学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 経皮的心房中隔欠損閉鎖術後に感染性心内膜炎を発症した1例

    堀尾直裕、小谷恭弘、小林泰幸、川田幸子、佐野俊和、村岡玄哉、衛藤弘城、大澤 晋、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟

    第61回関西胸部外科学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大血管スイッチ手術を安全に施行するために:自験の2つの冠動脈移植法からの知見

    小谷恭弘、小林泰幸、川田幸子、堀尾直裕、村岡玄哉、佐野俊和、後藤拓弥、衛藤弘城、大澤 晋、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟

    第61回関西胸部外科学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 広範囲胸部大動脈瘤に対して弓部置換+ステントグラフト内挿術施行後、type2エンドリークにより瘤拡大に対して下行置換術を施行した1例

    迫田直也、小谷恭弘

    関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 心房中隔欠損症術前に左室瘤を認め同時手術を施行した一例

    小林泰幸、小谷恭弘

    関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 卵円孔閉鎖デバイスにアメーバ状の疣贅を認めた感染性心内膜炎の1例

    山岡英功高谷陽一三好 亨赤木禎治伊藤 浩掘尾直裕村岡先生小谷恭弘笠原真悟政田賢治

    日本循環器学会中国・四国合同地方 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Rastelli術後に感染性心内膜炎を繰り返した1例

    市川啓之杜 徳尚網岡尚史大澤和宏三好 亨中村一文赤木禎治黒子洋介小谷恭弘笠原真悟伊藤 浩

    日本循環器学会中国・四国合同地方 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Risk factor for recoarctation after Norwood operation

    Kobayashi Y, Kotani Y, Kuroko Y, Horio N, Kawada S, Arai S, Sano S, Kasahara S

    26th Annual Meeting of ASCVTS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Minimally Invasive Congenital Heart Surgery through Right Thoracotomy

    Kotani Y, Kawada S, Kobayashi Y, Horio N, Muraoka G, Kuroko Y, Miyamoto A, Eto K, Ozawa S, Arai S, Kasahara S

    26th Annual Meeting of ASCVTS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Transarterial Modified Konno Procedure and Concomitant Myectomy for Hypertrophic Obstructive Cardiomyopathy

    Yasuhiro Kotani, Shunji Sano, Yosuke Kuroko, Naohiro Horio, Sachiko Kawada, Yasuyuki Kobayashi, Zenichi Masuda, Sadahiko Arai, Shingo Kasahara

    98th AATS annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月28日 - 2018年5月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における新生児開心術:26年間の変遷、工夫と治療成績

    小谷恭弘、黒子洋介、新井禎彦、小林純子、佐野俊和、後藤拓弥、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、村岡玄哉、奥山倫弘、衛藤弘城、大澤 晋、増田善逸、佐野俊二、笠原真悟

    第118回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月5日 - 2018年4月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 小児ファロー四徴症術後慢性期に発症した左室内血栓に対して内科的治療が奏功した一例

    逢坂大樹小林泰幸川田幸子佐野俊和後藤拓弥村岡玄哉奥山倫弘衛藤弘城黒子洋介大澤 晋小谷恭弘新井禎彦笠原真悟

    日本心エコー図学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡  

    researchmap

  • Fontan術後急性期合併症のリスク評価

    川田幸子小谷恭弘小林泰幸村岡玄哉掘尾直裕衛藤弘城黒子洋介大澤 晋新井禎彦笠原真悟

    日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するNorwood 手術後の大動脈弓再狭窄(re-CoA) の危険因子の検討

    小林泰幸川田幸子掘尾直裕村岡玄哉黒子洋介新井禎彦佐野俊二笠原真悟

    日本心臓血管外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月19日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:津  

    researchmap

  • 先天性心疾患における開胸、閉胸の工夫?合併症を最小限にするために?

    笠原真悟、小谷恭弘

    日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月19日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • RV-PA conduit を用いたNorwood手術

    笠原真悟、小谷恭弘

    日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月19日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 房室中隔欠損症に対する手術 -Modified one-patch 法-

    笠原真悟

    日本心臓血管外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月19日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:津  

    researchmap

  • Fontan術後遠隔期死亡および合併症の危険因子の検討

    小谷恭弘、黒子洋介、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、村岡玄哉、新井禎彦、笠原真悟

    第48回日本心臓血管外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月18日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するNorwood手術後の大動脈弓再狭窄(re-CoA)の危険因子の検討

    小林泰幸、小谷恭弘、川田幸子、堀尾直裕、村岡玄哉、黒子洋介、新井禎彦、佐野俊二、笠原真悟

    第48回日本心臓血管外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月18日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TGA/VSD/CoA症例に対するSwing back techniqueによる大動脈弓再建を用いた根治術

    小谷恭弘、黒子洋介、衛藤弘城、佐野俊和、後藤拓弥、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、村岡玄哉、奥山倫弘、大澤 晋、増田善逸、新井禎彦、笠原真悟

    第48回日本心臓血管外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月18日 - 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PA-IVSに対する二心室修復術後の1+1/2心室治療へのConversion

    小谷 恭弘,黒子 洋介,杜 徳尚,堀尾 直裕,川田 幸子,小林 泰幸,村岡 玄哉, 新井 禎彦,伊藤 浩,笠原 真悟

    第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月27日 - 2018年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pulmonary artery banding for tricuspid regurgitation and right ventricular failure in the adult patient with congenitally corrected transposition of the great arteries

    川田幸子、小谷恭弘、小林泰幸、村岡玄哉、堀尾直裕、堀尾直裕、衛藤弘城、大澤 晋、増田善逸、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟

    第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月27日 - 2018年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人期に到達した純型肺動脈閉鎖の臨床経過についての検討

    杜 徳尚,赤木 禎治,小谷 恭弘,高橋 生,黒子 洋介,馬場 健児,大月 審一, 笠原 真悟,伊藤 浩

    第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月27日 - 2018年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中心肺動脈の形態からみたPAVSD with MAPCAの外科治療成績

    小谷恭弘、新井禎彦、黒子洋介、小林純子、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、村岡玄哉、笠原真悟

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 重症三尖弁逆流に対し右室縫縮術を行った先天性重症肺動脈弁狭窄症の成人例

    笠原真悟、黒子 洋介、小谷 恭弘、増田 善逸、新井 禎彦

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 最近5年間に於ける岡山大学病院でのフォンタン手術後の急性期血栓合併症の検討

    石神修大、川田 幸子、佐野 俊和、堀尾 直裕、黒子 洋介、小谷 恭弘、新井 禎彦、笠原 真悟、佐野 俊二

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HOCMに対するTransarterial approachによるModified Konno手術を併用した左室筋切除術

    小谷恭弘、佐野俊二、新井禎彦、黒子洋介、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、増田善逸、笠原真悟

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する大動脈弓形成術の検討?RV-PA shuntと自己組織大動脈再建法を用いたNorwood手術連続141例の検討?

    笠原真悟、黒子 洋介、小谷 恭弘、増田 善逸、新井 禎彦

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Modified Blalock-Taussig shunt術後成績の検討

    川田幸子、小谷 恭弘、村岡 玄哉、小林 泰幸、堀尾 直裕、後藤 拓弥、小林 純子、佐野 俊和、衛藤 弘城、奥山 倫弘、増田 善逸、黒子 洋介、新井 禎彦、笠原 真悟

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症についての数値流体力学的検討

    堀尾直裕、笠原 真悟、川田 幸子、衛藤 弘城、小林 純子、藤井 泰宏、黒子 洋介、小谷 恭弘、増田 善逸、新井 禎彦

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月26日 - 2017年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fontan手術到達例から見たAslenia syndromeの外科治療の成績

    笠原真悟、井上善紀、川田幸子、佐野俊和、堀尾直裕、小林純子、石神修大、藤井泰宏、黒子洋介、小谷恭弘、新井禎彦

    第53回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 肺動脈瘤の外科的再建術後組織学的評価にてEP4 の発現促進を認めた2症例についての検討

    川田幸子、笠原真悟、井上善紀、小林泰幸、堀尾直裕、石神修大、黒子洋介、小谷恭弘、新井禎彦

    第53回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先天性心疾患術後の声帯麻痺の臨床像

    河本 敦、上田和利、三木康暢、荻野佳代、岡本亜希子、林 知宏、脇 研自、新垣義夫、小谷恭弘、笠原真悟

    第53回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フォンタン手術後のタンパク漏出性胃腸症に対する外科治療戦略

    笠原真悟、栗田佳彦、黒子洋介、小谷恭弘、新井禎彦、大月審一

    第53回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単心室症における自己心臓内幹細胞治療の臨床と先天性心疾患におけるiPS細胞の研究の現況と展望

    新井禎彦、石神修大、小林純子、後藤拓弥、佐野俊和、大月審一、王 英正、小谷恭弘、黒子洋介、笠原真悟、佐野俊二

    第53回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 超音波血流計を用いた術中上行大動脈血流量モニタリングによる肺動脈絞扼術の至適絞扼度の決定

    小谷恭弘、ラジャ フィザ、石神修大、堀尾直裕、川田幸子、小林泰幸、井上善紀、黒子洋介、新井禎彦、笠原真悟

    第53回日本小児循環器学会・学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月7日 - 2017年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における両側肺動脈絞扼術の適応と基準

    小谷恭弘

    第47回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月27日 - 2017年3月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 純型肺動脈閉鎖症に対する、二心室修復を目指した段階的RV decompressionの経験

    小谷恭弘

    第52回 日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月6日 - 2016年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Is Single Ventricle Still a Risk Factor for Extracorporeal Membrane Oxygenation after Pediatric Cardiac Surgery

    Y. Kotani

    62nd ASAIO Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月15日 - 2016年6月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児におけるCRTの経験

    小谷 恭弘

    第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月10日 - 2016年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患の外科治療成績と現在の問題点

    小谷恭弘

    第116回 日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月14日 - 2016年4月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Staged Decompression of Right Ventricle Allows Regression of Right Ventricle to Coronary Artery Fistula and Subsequent Achievement of Biventricular Repair in Patients with Pulmonary Atresia and Intact Ventricular Septum

    T. Eitoku, Y. Kotani

    American College of Cardiology 65th Annual Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月2日 - 2016年4月4日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 成人期Fontan手術およびTCPC conversionにおける低心機能例の検討

    小谷恭弘

    第46回日本心臓血管外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月15日 - 2016年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知  

    researchmap

  • 大動脈左室トンネルに対するtwo-patch repairの長期的有用性−20年の経験から

    木村紘爾、本淨 修己、藤井 泰宏、黒子 洋介、小谷 恭弘、笠原 真悟、新井 禎彦、佐野 俊二

    第46回日本心臓血管外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月15日 - 2016年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知  

    researchmap

  • 下大静脈内平滑筋腫の1例

    小松弘明、増田善逸、小谷恭弘、西井伸洋、黒子洋介、佐野俊二

    第107回日本循環器学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 膝窩動脈外膜嚢腫の一例

    枝木大治、大澤 晋、藤井泰宏、戸田洋伸、増田善逸、黒子洋介、小谷恭弘、小林純子、衛藤弘城、堀尾直裕、新井禎彦、笠原真悟、逢坂大樹、武本梨佳、佐野俊二

    第107回日本循環器学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 胎児診断で左心低形成症候群と診断後、段階的治療により2心室修復に到達した左室・僧房弁低形成の1症例

    佐野俊和、小谷恭弘、枝木大治、小松弘明、木村紘爾、堀尾直裕、小林純子、藤井泰宏、黒子洋介、大澤 晋、増田善逸、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第107回日本循環器学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • Pulmonary translocation may be beneficial in left ventricular outflow tract outcome in patients with transposition of the great arteries and ventricular septal defect with pulmonary stenosis

    Kotani Y

    Kyoto Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月27日 - 2015年11月28日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • Two-patch repair technique for aortico-left ventricular tunnel enables long term good outcome only by initial operation

    Kimura K, Honjo O, Fujii Y, Kuroko Y, Kotani Y, Kasahara S, Arai S, Sano S

    Kyoto Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月27日 - 2015年11月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • Mid-long-term Results of Open Surgical Aortic Valvotomy for Critical Aortic Stenosis

    Sano S, Kotani Y, Kuroko Y, Arai S, Kasahara S

    CHSS 2015Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月25日 - 2015年10月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago  

    researchmap

  • 総動脈幹症に対する至適外科治療戦略:当科における一期的と二期的治療の経験

    小谷恭弘、川畑拓也、笠原真悟、藤井泰宏、黒子洋介、新井禎彦、佐野俊二

    第68回日本胸部外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月17日 - 2015年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • A staged decompression of right ventricle allows anatomic and physiologoc frowth of right-sided heart and subsequent biventricular repair in patients with pulmonary atresia and intact ventricular septum

    Kotani Y, Fujii Y, Eitoku T, Kuroko Y, Arai S, Kasahara S, Sano S

    European Association of Cardio-Thoracic Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月3日 - 2015年10月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Amsterdam  

    researchmap

  • 重症三尖弁逆流に対し右室の縫縮を行った先天性重症肺動脈弁狭窄症根治術後の一例

    枝木大治、笠原真悟、小谷恭弘、小松弘明、佐野俊和、木村鉱爾、堀尾直裕、小林純子、黒子洋介、新井禎彦、佐野俊二

    第90回中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月11日 - 2015年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 出産後も心臓血管外科研修を継続するための要件とは何か ?育児中に学位取得、心臓外科研修をして考えたこと?

    小林純子、樽井 俊、藤井泰宏、小谷恭弘、川畑拓也、黒子洋介、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、王 英正、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Growth of Right-sided Heart Structures is An Important Predictor for Achieving Biventricular or 1+1/2 Ventricular Repair in Patients with PA/IVS

    佐野俊二、小谷恭弘、藤井泰宏、笠原真悟、小林純子、栄徳隆裕、馬場健児、大月審一、吉積 功、新井禎彦

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Midterm Result of Arrhythmia Treatment in TCPC Conversion Patients

    新井禎彦、佐野俊二、笠原真悟、小谷恭弘、黒子洋介、藤井泰宏

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Bridge to Recoveryを目指した循環補助としての小児ECMOの成績

    黒子洋介、笠原真悟、上野洋資、堀尾 直裕、小林純子、樽井 俊、川畑拓也、小谷恭弘、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ECMOが有用であったtachycardia induced cardiomyopathy3例の経験

    堀尾直裕、笠原真悟、上野洋資、樽井 俊、小林純子、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Profile of Surgically Modified History of Heterotaxy Syndrome

    小谷恭弘、笠原真悟、藤井泰宏、近藤麻衣子、馬場健児、大月審一、黒子洋介、川畑拓也、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 肺移植登録した重症肺高血圧症を伴う心室中隔欠損症例に対し肺血管拡張薬投与後に心内修復術を施行した2例

    上野洋資、小谷恭弘、川畑拓也、堀尾直裕、小林純子、樽井 俊、黒子洋介、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の大動脈狭窄症に対する治療戦略と遠隔期成績

    笠原真悟、川畑拓也、小林純子、石神修大、藤井泰宏、黒子洋介、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Fontan手術の達成率を如何に高めるか?遠隔成績症例の検討した当院の段階的手術治療?

    笠原真悟、堀尾直裕、小林純子、石神修大、藤井泰宏、黒子洋介、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • PA/IVSにおけるRV to Coronary Fistulaeは段階的RV DecompressionによりRegressする

    栄徳隆裕、大月審一、馬場健児、近藤麻衣子、栗田佳彦、福嶋遥佑、重光祐輔、平井健太、佐野俊二、笠原真悟、小谷恭弘

    第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月15日 - 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 肺高血圧を合併した左右短絡性心疾患?Eisenmenger症候群の再考と心臓手術適応の拡大?

    笠原真悟、木村紘爾、上野洋資、堀尾直裕、小林純子、樽井 俊、藤井泰宏、黒子洋介、小谷恭弘、大澤 晋、増田善逸、新井禎彦、佐野俊二

    第58回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月12日 - 2015年6月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Predictors of the incidence of acute kidney injury in neonates treated with peritoneal dialysis after surgery for congenital heart disease

    Yoshizumi K, Kasahara S, Kotani Y, Kawabata T, Kuroko Y, Arai S, Sano S

    49th Annual Meeting of the Association for European Paediatric and Congenital Cardiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月20日 - 2015年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Prague  

    researchmap

  • Atrial Fibrillation after ASD Closure in Patients ≧40 years without a History of Preoperative Atrial Fibrillation: Device Versus Surgery

    Fujii Y, Horio N, Ishigami S, Okuyama M, Tarui S, Kobayashi J, Kawabata T, Kuroko Y, Kotani Y, Yoshizumi K, Kasahara S, Nakagawa K, Kijima Y, Takaya Y, Itoh H, Sano S, Akagi T

    第79回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月24日 - 2015年4月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Hybrid手術は心房間交通を伴わない左心低形成症候群の長期手術成績を向上したか?

    藤井泰宏、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第115回日本外科学会総会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月15日 - 2015年4月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • ファロー四徴症根治術後にカテコラミン感受性心室頻拍を発症しICD埋込みと右室流出路形成術を施行した1例

    上野洋資、川畑拓也、小谷恭弘、堀尾直裕、樽井 俊、黒子洋介、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第29回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 成人期TCPC conversionの成績

    黒子洋介、新井禎彦、上野洋資、堀尾直裕、小林純子、樽井 俊、川畑拓也、小谷恭弘、吉積 功、笠原真悟、佐野俊二

    第29回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 高度進行性強皮症に対し自家静脈内シャントを行った二症例

    藤井泰宏、大澤 晋、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第20回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • PTAを繰り返す内シャントの管理。3か月ルールは適当か?

    大澤 晋、藤井泰宏、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第20回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 先天性心疾患に合併した肺動脈瘤に対し外科治療を施行した成人の3例

    樽井 俊、堀尾直裕、石神修大、後藤拓弥、藤井泰宏、大澤 晋、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、吉積 功、増田善逸、新井禎彦、赤木禎治、笠原真悟、佐野俊二

    第45回日本心臓血管外科学会学術総会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月16日 - 2015年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄症に対する直視下交連切開術の中・遠隔期成績

    川畑拓也、笠原真悟、堀尾直裕、後藤拓弥、奥山倫弘、石神修大、樽井 俊、藤井泰宏、小谷恭弘、黒子洋介、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第45回日本心臓血管外科学会学術総会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月16日 - 2015年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する心臓内幹細胞自家移植療法:第I相臨床試験18ヶ月長期成績 Intracoronary autologous cardiac progenitor cell transfer in children with hypoplastic left heart syndrome: 18-month results of the TICAP trial

    石神修大、樽井 俊、逢坂大樹、後藤拓弥、奥山倫弘、小林純子、藤井泰宏、黒子洋介、川畑拓也、小谷恭弘、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二、王 英正

    第45回日本心臓血管外科学会学術総会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月16日 - 2015年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 肺静脈還流異常を合併した左心低形成症候群に対し段階的2心室修復を行った2治験例

    後藤拓弥、笠原真悟、上野洋資、堀尾直裕、樽井 俊、藤井泰宏、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、大澤 晋、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第45回日本心臓血管外科学会学術総会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月16日 - 2015年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 先天性心疾患に対するMICSの新しいアプローチ

    新井禎彦、笠原真悟、吉積 功、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、藤井泰宏、佐野俊二

    第24回岡山心臓血管外科手術手技研究会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 積極的な肺高血圧治療により、肺移植が回避可能となった成人心室中隔欠損症の1例 Successful VSD closure with a one-way valved patch in an adult candidate for lung transplant: advanced therapy for pulmonary hypertension

    川畑拓也、笠原真悟、樽井 俊、黒子洋介、小谷恭弘、吉積 功、新井禎彦、更科俊洋、伊藤 浩、赤木 禎治、佐野俊二

    第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月17日 - 2015年1月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 修正大血管転位症におけるダブルスイッチ手術の適応

    笠原真悟、藤井泰宏、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月17日 - 2015年1月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Failed Fontanに対するFontan conversionの成績向上を目指して

    佐野俊二、新井禎彦、上野洋資、堀尾直裕、後藤拓弥、小林純子、樽井 俊、藤井泰宏、黒子洋介、川畑拓也、小谷恭弘、吉積 功、笠原真悟

    第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月17日 - 2015年1月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 動脈管コイル塞栓術後、急性肺動脈解離を来した肺動脈瘤に対し外科治療を施行した1例

    小谷恭弘、樽井 俊、更科俊洋、藤井泰宏、黒子洋介、川畑拓也、吉積 功、新井禎彦、赤木 禎治、笠原真悟、伊藤 浩、佐野俊二

    第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月17日 - 2015年1月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 脳梗塞を伴った急性大動脈解離の一例

    宮本陽介、増田善逸、樽井 俊、小谷恭弘、佐野俊二

    第105回日本循環器学会中国地方会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宇部  

    researchmap

  • 高度進行性強皮症に対し自家静脈内シャントを行った一症例

    藤井泰宏、堀尾直裕、後藤拓哉、田邊克幸、黒子洋介、川畑拓也、増田善逸、小谷恭弘、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二、大澤 晋

    第55回日本脈管学会総会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月30日 - 2014年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:倉敷  

    researchmap

  • 総動脈幹症に対する両側肺動脈絞扼術を用いた段階的根治術の成績

    川畑拓也、笠原真悟、堀尾直裕、奥山倫弘、樽井 俊、小林純子、藤井泰宏、小谷恭弘、増田善逸、新井禎彦、吉積 功、佐野俊二

    第67回日本胸部外科学会定期学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月30日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 複雑心奇形を有する成人期手術例の治療成績ならびに現状の問題点

    笠原真悟、堀尾直裕、後藤拓弥、石神修大、奥山倫弘、樽井 俊、小林純子、藤井泰宏、黒子洋介、川畑拓也、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第67回日本胸部外科学会定期学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月30日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 新生児における体外循環下手術後の急性腎機能障害に対する腹膜透析療法の検討

    吉積 功、笠原真悟、新井禎彦、川畑拓也、黒子洋介、小谷恭弘、藤井泰宏、佐野俊二

    第67回日本胸部外科学会定期学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月30日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 大学における血管外科医教育ーシームレスな育成のためにー

    大澤 晋、川畑拓也、黒子洋介、藤井泰宏、赤木禎治、吉積 功、小谷恭弘、増田善逸、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    日本血管外科学会中国四国地方会第45回総会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:防府市  

    researchmap

  • ALS様症状で発見されたCoral reef Aortaの一例

    宮本陽介、大澤 晋、戸田伸洋、堀尾直裕、樽井 俊、後藤拓弥、藤井泰宏、黒子洋介、上野洋資、川畑拓也、小谷恭弘、増田善逸、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月18日 - 2014年7月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 新生児?乳児期早期に外科治療を要する重症エブスタイン奇形の治療戦略(どこまでFontan循環を回避できるのか?)

    藤井泰宏、新井禎彦、笠原真悟、小谷恭弘、川畑拓也、黒子洋介、吉積 功、佐野俊二

    第50回日本小児循環器学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月3日 - 2014年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Heterotaxy syndrome症例における房室弁形成の治療成績

    小谷恭弘、藤井泰宏、笠原真悟、川畑拓也、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第50回日本小児循環器学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月3日 - 2014年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 新生児症例における下半身循環停止を伴った体外循環の急性腎障害に対する影響

    吉積 功、笠原真悟、小谷恭弘、川畑拓也、黒子洋介、新井禎彦、佐野俊二

    第50回日本小児循環器学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月3日 - 2014年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Failed Fontanに対するTCPC conversionの中期成績の検討

    新井禎彦、佐野俊二、藤井泰宏、笠原真悟、吉積 功、黒子洋介、川畑拓也、小谷恭弘

    第50回日本小児循環器学会総会・ シンポジウム「適応拡大の意義とFenestration, Failed Fontan」  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月3日 - 2014年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 乳児期に腫瘍塞栓による腸管虚血で発症した左室粘液腫の1例

    川畑拓也、笠原真悟、堀尾直裕、後藤拓弥、奥山倫弘、石神修大、樽井 俊、小谷恭弘、黒子洋介、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第57回関西胸部外科学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月19日 - 2014年6月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 解剖学的PAを合併した新生児Ebsteinにcone reconstructionを用いて、両心室治療を施行し得た3例

    樽井 俊、堀尾直裕、後藤拓弥、小谷恭弘、黒子洋介、川畑拓也、吉積 功、新井禎彦、笠原真悟、佐野俊二

    第57回関西胸部外科学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月19日 - 2014年6月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 総肺静脈還流異常を合併した無脾症候群に対する治療戦略

    黒子洋介、笠原真悟、堀尾直裕、後藤拓弥、樽井 俊、川畑拓也、小谷恭弘、吉積 功、新井禎彦、佐野俊二

    第57回関西胸部外科学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月19日 - 2014年6月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • Fenestration May Still be Important for Midterm Outcomes in Total Cavopulmonary Connection

    Kotani Y, Chetan D, Saedi A, Zhu A, Grosse-Wortmann L, Coles J, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    94th Annual Meeting of American Association of Thoracic Surgery  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月26日 - 2014年4月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toronto  

    researchmap

  • Fate of the Hypoplastic Proximal Aortic Arch in Infants Undergoing Repair for Coarctation of the Aorta via Left Thoracotomy

    Kotani Y, Anggriawan S, Chetan D, Zhao L, Liyanage N, Saedi A, Mertens L, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    the 50th Annual Meeting of the Society of Thoracic Surgeons  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月25日 - 2014年1月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Orlando  

    researchmap

  • Anatomical Risk Factors Associated with Left-sided Pulmonary Vein Obstruction in Single Ventricle Patients

    Kotani Y, Zhu J, Grosse-Wortmann L, Honjo O, Coles JG, Van Arsdell GS, Caldarone CA

    2013 American Heart Association Scientific Sessions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月16日 - 2013年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dallas  

    researchmap

  • The Natural and Surgically-Modified History of Anomalous Pulmonary Veins from the Left Lung

    Kotani Y, Chetan D, Zhu J, Anand V, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Coles JG, Honjo O

    the 49th Annual Meeting of the Society of Thoracic Surgeons  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月26日 - 2013年1月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles  

    researchmap

  • Modes of Failure and Cause of Death in Patients with Staged Fontan Complition

    Kotani Y, Chetan D, Zhu J, Zhao L, Mertens L, Redington AN, Coles J, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    2012 American Heart Association Scientific Sessions  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月4日 - 2012年11月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles  

    researchmap

  • Anatomic Factors Determining Surgical Decision Making in Patients with Transposition of the Great Arteries with Left Ventricular Outflow Tract Obstruction

    Kotani Y, Honjo O, Bharucha T, Mertens L, Caldarone CA, Redington AN, Van Arsdell GS

    the 26th European Association for Cardiothoracic Surgery Annual Meeting  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月27日 - 2012年10月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Barcelona  

    researchmap

  • Late functional outcomes after repair of tetralogy of Fallot with atrioventricular septal defect: A double case-match control study

    Kotani Y, Chetan D, Ono N, Mertens LL, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    the 38th Annual Meeting of Western Thoracic Surgical Association  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月27日 - 2012年6月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Maui  

    researchmap

  • Left atrial decompression during venoarterial extracorporeal membrane oxygenation for left ventricular failure in children: current strategy and clinical outcomes

    Kotani Y, Chetan D, Rodrigues W, Sivarajan VB, Gruenwald C, Guerguerian AM, Van Arsdell GS, Honjo O

    The 8th International Conference for Pediatric Mechanical Circulatory Support System and Pediatric Cardiopulmonary Perfusion  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月13日 - 2012年6月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Istanbul  

    researchmap

  • Is indexed preoperative superior vena cava blood flow a risk factor in patients undergoing bidirectional cavopulmonary shunt?

    Kotani Y, Honjo O, Shani K, Merklinger SL, Caldarone C, Van Arsdell GS

    the 48th Annual Meeting of the Society of Thoracic Surgeons  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月28日 - 2012年2月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Fort Lauderdale  

    researchmap

  • Longevity and durability of atrioventricular valve repair in single-ventricle patients

    Kotani Y, Chetan D, Atlin CR, Mertens LL, Jegatheeswaran A, Caldarone CA, Van Arsdell GS, Honjo O

    the 48th Annual Meeting of the Society of Thoracic Surgeons  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月28日 - 2012年2月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Fort Lauderdale  

    researchmap

  • 当院におけるファロー四徴症手術成績の検討-再手術症例の検討と術式選択について-

    後藤拓弥、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、田井龍太、門脇幸子、村岡玄哉、堀尾直裕、黒子洋介、末澤孝徳、立石篤史、大澤 晋、笠原真悟

    第62回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月13日 - 2019年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 内臓錯位症候群の共通房室弁逆流に対する治療戦略について

    後藤拓弥、小谷恭弘、辻 龍典、迫田直也、小林泰幸、田井龍太、門脇幸子、村岡玄哉、堀尾直裕、黒子洋介、立石篤史、笠原真悟

    第33回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月3日 - 2019年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Role of RV overhaul in the Surgical Strategy to Achieve Biventricular Repair

    Kotani Y, Kuroko Y, Tateishi A, Arai S, Kasahara S

    The 1st Asia Pacific Society for ACHD Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月12日 - 2019年1月12日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • ステントグラフトによる片側内腸骨動脈閉鎖に起因した臀筋跛行に対する集学的治療戦略

    奥山倫弘, 廣田真規, 枝木大治, 衛藤弘城, 鈴木浩之, 小松弘明, 木佐森永理, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田直也, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 24時間安全に実施できる急性大動脈解離手術を目指して

    迫田直也, 廣田真規, 衛藤弘城, 奥山倫弘, 鈴木浩之, 枝木大治, 小松弘明, 木佐森永理, 辻 龍典, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群において再大動脈縮窄で増悪した三尖弁逆流に介入すべきか

    小林泰幸, 小谷恭弘, 川畑拓也, 黒子洋介, 笠原真悟

    第35回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会  2021年3月7日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における機能的単心室小児に対するCRTの有用性

    栄徳隆裕, 馬場健児, 近藤麻衣子, 福嶋遥佑, 重光祐輔, 平井健太, 原真祐子, 大月審一, 笠原真悟, 小谷恭弘, 川畑拓也

    第35回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会  2021年3月7日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 岡山大学における純型肺動脈閉鎖症の段階的二心室治療戦略

    笠原真悟, 小谷恭弘, 辻 龍典, 木佐森永理, 小松弘明, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 堀尾直裕, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 末澤孝徳, 廣田真規

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会  2021年2月21日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 成人Ebstein病に対する外科治療

    笠原真悟,小谷恭弘,小林泰幸,伊藤 浩,赤木禎治,杜 徳尚

    JSACHD ALL STAR WEBINAR 2021  2021年1月16日 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 日本心臓血管外科学会 優秀演題

    2014年2月  

     詳細を見る

  • Yukihiko Nose Young Inverstigator Award 受賞

    2012年6月  

     詳細を見る

  • 海外リサーチフェロー奨学金

    2010年4月   上原記念財団  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • Force-Length Relationによる単離ヒト心筋細胞の機能評価

    研究課題/領域番号:21K08866  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小松 弘明, 貝原 恵子, 入部 玄太郎, 小谷 恭弘

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 単心室症における急性右心不全に対する補助循環の検討

    研究課題/領域番号:20K09266  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小谷 恭弘, 黒子 洋介, 朔 啓太, 清水 秀二, 笠原 真悟

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • 心停止ドナーの心移植を目的とした心機能評価装置を搭載した体外式搬送システムの開発

    研究課題/領域番号:20K12690  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    廣田 真規, 黒子 洋介, 清水 秀二, 笠原 真悟, 小谷 恭弘

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • 複雑心奇形のベッドサイド血行動態シミュレータの開発

    研究課題/領域番号:19K09282  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    清水 秀二, 宍戸 稔聡, 小谷 恭弘

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    シミュレーションの個別化を図る上で最も問題となるのは、患児個々人で異なる解剖学的構造と、心筋収縮性や血管抵抗などの個別のパラメタをいかに推定するかである。
    平成31年度/令和元年度は、複雑心奇形の血行動態を再現できるベットサイド・シミュレータを開発するために、①解剖学的構造の推定、②個別パラメタの推定、③非線形要素の推定に3つの要素について研究を行った。
    ①解剖学的構造の推定については、循環系を左心房・左心室・右心房・右心室・体血管・肺血管の6つのパーツに分割し、疾患に合わせて配列していくことで、複雑心奇形の解剖学的構造を再現できるモデルを構築した。
    ②個別パラメタの推定については、心筋収縮性や血管抵抗などの個別パラメタを、心臓カテーテル検査・心エコー検査などのデータから推定し、シミュレータに初期値として入力できるように検討を行った。心筋収縮性は、カテーテル検査での心室圧データと心エコーの心室容積データから推定する方法を検討した。また、血管抵抗は、動脈圧・心房圧と心エコーによる心拍出量データから算出する方法を検討した。動・静脈のキャパシタンスは測定が困難であるため、他のパラメタを設定した後に、圧波形データの近似から推定するアルゴリズムを検討中である。
    ③非線形要素の推定については、狭窄や短絡(シャント)における圧較差を心エコーでの流速データと心エコー・CTによる構造データから推定する方法を検討した。

    researchmap

  • β3受容体作動薬の心筋虚血再灌流に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:19K09417  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    黒子 洋介, 清水 秀二, 笠原 真悟, 小谷 恭弘

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    近年アドレナリン受容体の一つであるβ3受容体作動薬が心筋の虚血・再灌流障害に対して保護的に作用するとの報告がある。本研究は心臓マイクロダイアリシス法を用いてin vivoで虚血・再灌流領域における心筋間質のカテコラミンやミオグロビンを測定し、β3受容体作動薬がどのような役割を担うのかを解明するのが目的である。
    実験はラットを用いて行う。麻酔下にラットを開胸し心臓表面の冠動脈にスネアをかけて心筋の虚血領域を確認したのち、その部位へマイクロダイアリシスプローベを埋め込む。プローベに灌流液を流し、心筋の虚血再灌流を行い、それぞれの灌流液を測定する。プローベに流す灌流液にβ3受容体作動薬を含むものと含まないものを使用し、その灌流液中のミオグロビンやカテコラミンにどのような違いがみられるかを調べる。
    2019年度はミオグロビンの測定に使用するコバスh232を購入し、まずはβ3アドレナリン受容体作動薬を用いない群のラット心筋の虚血再灌流についてミオグロビン測定を行なった。カテコラミンについてはまだ十分な測定はできていないが、岡山大学に新たに高速液体クロマトグラフィーの設備を整え自前で測定できるようにした。まだ研究初年度であり設備の充実と手技の習熟に重点を置いている。

    researchmap

  • Ex-vivo Heart Perfusionを用いた心臓移植の臨床応用

    研究課題/領域番号:15K10215  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小谷 恭弘, 王 英正

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    現在、心臓移植のドナーとなりうるのは脳死に陥った患者様(脳死ドナー)であるが、その発生頻度は少なくドナー不足が問題となっている。代替として心停止を起こした患者様がドナーとなる場合(心停止ドナー)があるが、心臓は脳死や心停止になった際に同時に障害を受けてしまい、心臓が臓器移植に耐えうるかどうか不明であるという問題がある。本研究では、心停止ドナーからの心臓移植の実現を目指して、どのように心臓を保護すれば、一度心停止になった心臓が蘇生されるかを調べた。結果として、適切な心筋への血液や酸素の供給(調節再還流)を行うことで、心停止前と同等の心臓の機能まで回復することが示された。

    researchmap

  • エクスプラント心由来の自己幹細胞移植による拒絶緩和と膜組織作成法の開発

    研究課題/領域番号:15K10216  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    新井 禎彦, 王 英正

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    純系ラットを用いた異所性心移植慢性期生存モデルによる自己幹細胞移植評価を実施した。その結果細胞投与群は細胞非投与群に比較してグラフト生着期間の延長と心機能の改善傾向がみられ現在統計学的解析などの評価を行っている。さらに移植心内の細胞由来を追跡調査した。これにより、心機能の改善が幹細胞由来細胞生着と増殖によるものか、いわゆるパラクリン作用による移植心の細胞の増殖、機能改善によるものかを特定することを目指している。現状ではその混在の割合が圧倒的優位性を持っている状態とは言い難いため、作用機序特定のためには多様な内分泌、化学的伝達物質などの評価を要する可能性がある。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 心臓血管外科学(基本臨床実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学(基本臨床実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 心臓血管外科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • ベトナム医療技術支援

    JICA  2016年9月 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:研究指導

    researchmap

学術貢献活動

  • American Association for Thoracic Surgery

    役割:査読

    2021年4月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 日本心臓血管外科雑誌

    役割:査読

    2017年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • General Thoracic and Cardiovascular Surgery

    役割:査読

    2017年1月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Artificial Organ

    役割:査読

    2016年1月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap