2022/01/03 更新

写真a

ヒラヤマ タカヒロ
平山 隆浩
Hirayama Takahiro
所属
医歯薬学域 助教(特任)
職名
助教(特任)
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2021年3月   岡山大学 )

  • 修士(保健学) ( 2015年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 人工呼吸器

  • ECMO

  • 急性血液浄化

  • 災害医療

  • 救急・集中治療

研究分野

  • ライフサイエンス / 救急医学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

委員歴

  • 岡山県新型コロナウイルス感染症対策室   患者搬送コーディネーター  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 日本臨床工学技士会   国際交流委員会  

    2020年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本臨床工学技士会   業務検討委員会(集中治療業務)  

    2020年11月 - 現在   

      詳細を見る

  • 特定非営利活動法人 日本集中治療教育研究会(JSEPTIC)   CE部会  

    2018年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山県クリティカルケア研究会   世話人  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山県臨床工学技士会   循環・ME委員会 委員  

    2015年4月 - 2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Luminal Administration of a Water-soluble Carbon Monoxide-releasing Molecule (CORM-3) Mitigates Ischemia/Reperfusion Injury in Rats Following Intestinal Transplantation. 査読 国際誌

    Takafumi Obara, Hirotsugu Yamamoto, Toshiyuki Aokage, Takuro Igawa, Tsuyoshi Nojima, Takahiro Hirayama, Mizuki Seya, Michiko Ishikawa-Aoyama, Atsunori Nakao, Roberto Motterlini, Hiromichi Naito

    Transplantation   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The protective effects of carbon monoxide (CO) against ischemia/reperfusion (IR) injury during organ transplantation have been extensively investigated. Likewise, CO-releasing molecules (CORMs) are known to exert a variety of pharmacological activities via liberation of controlled amounts of CO in organs. Therefore, we hypothesized that intraluminal administration of water-soluble CORM-3 during cold storage of intestinal grafts would provide protective effects against IR injury. METHODS: Orthotopic syngeneic intestinal transplantation was performed in Lewis rats following 6 h of cold preservation in Ringer solution or University of Wisconsin solution. Saline containing CORM-3 (100 µmol/L) or its inactive counterpart (iCORM-3) was intraluminally introduced in the intestinal graft before cold preservation. RESULTS: Histopathological analysis of untreated and iCORM-3-treated grafts revealed a similar erosion and blunting of the intestinal villi. These changes in the mucosa structure were significantly attenuated by intraluminal administration of CORM-3. Intestinal mucosa damage caused by IR injury led to considerable deterioration of gut barrier function 3 h postreperfusion. CORM-3 significantly inhibited upregulation of proinflammatory mRNA levels, ameliorated intestinal morphological changes, and improved graft blood flow and mucosal barrier function. Additionally, CORM-3-treated grafts increased recipient survival rates. Pharmacological blockade of soluble guanylyl cyclase activity significantly reversed the protective effects conferred by CORM-3, indicating that CO partially mediates its therapeutic actions via soluble guanylyl cyclase activation. CONCLUSION: Our study demonstrates that luminally delivered CORM-3 provides beneficial effects in cold-stored rat small intestinal grafts and could be an attractive therapeutic application of CO in the clinical setting of organ preservation and transplantation.

    DOI: 10.1097/TP.0000000000004007

    PubMed

    researchmap

  • The effects of inhaling hydrogen gas on macrophage polarization, fibrosis, and lung function in mice with bleomycin-induced lung injury 査読

    Toshiyuki Aokage, Mizuki Seya, Takahiro Hirayama, Tsuyoshi Nojima, Masumi Iketani, Michiko Ishikawa, Yasuhiro Terasaki, Akihiko Taniguchi, Nobuaki Miyahara, Atsunori Nakao, Ikuroh Ohsawa, Hiromichi Naito

    BMC Pulmonary Medicine   21 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Acute respiratory distress syndrome, which is caused by acute lung injury, is a destructive respiratory disorder caused by a systemic inflammatory response. Persistent inflammation results in irreversible alveolar fibrosis. Because hydrogen gas possesses anti-inflammatory properties, we hypothesized that daily repeated inhalation of hydrogen gas could suppress persistent lung inflammation by inducing functional changes in macrophages, and consequently inhibit lung fibrosis during late-phase lung injury.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    To test this hypothesis, lung injury was induced in mice by intratracheal administration of bleomycin (1.0 mg/kg). Mice were exposed to control gas (air) or hydrogen (3.2% in air) for 6 h every day for 7 or 21 days. Respiratory physiology, tissue pathology, markers of inflammation, and macrophage phenotypes were examined.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    Mice with bleomycin-induced lung injury that received daily hydrogen therapy for 21 days (BH group) exhibited higher static compliance (0.056 mL/cmH2O, 95% CI 0.047–0.064) than mice with bleomycin-induced lung injury exposed only to air (BA group; 0.042 mL/cmH2O, 95% CI 0.031–0.053, <italic>p</italic> = 0.02) and lower static elastance (BH 18.8 cmH2O/mL, [95% CI 15.4–22.2] vs. BA 26.7 cmH2O/mL [95% CI 19.6–33.8], <italic>p</italic> = 0.02). When the mRNA levels of pro-inflammatory cytokines were examined 7 days after bleomycin administration, interleukin (IL)-6, IL-4 and IL-13 were significantly lower in the BH group than in the BA group. There were significantly fewer M2-biased macrophages in the alveolar interstitium of the BH group than in the BA group (3.1% [95% CI 1.6–4.5%] vs. 1.1% [95% CI 0.3–1.8%], <italic>p</italic> = 0.008).


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    The results suggest that hydrogen inhalation inhibits the deterioration of respiratory physiological function and alveolar fibrosis in this model of lung injury.


    </sec>

    DOI: 10.1186/s12890-021-01712-2

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s12890-021-01712-2/fulltext.html

  • Luminal preloading with hydrogen‐rich saline ameliorates ischemia‐reperfusion injury following intestinal transplantation in rats 査読

    Hirotsugu Yamamoto, Toshiyuki Aokage, Takuro Igawa, Takahiro Hirayama, Mizuki Seya, Michiko Ishikawa‐Aoyama, Tsuyoshi Nojima, Atsunori Nakao, Hiromichi Naito

    Pediatric Transplantation   24 ( 7 )   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/petr.13848

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/petr.13848

  • 右内頸静脈穿刺による脱血での体外膜型肺を併用した心肺蘇生 脱血カニューレに関して 査読

    内藤 宏道, 平山 隆浩, 塚原 紘平

    日本集中治療医学会雑誌   25 ( 6 )   467 - 468   2018年11月

  • Portal Venous Gas Following Ingestion of Hydrogen Peroxide Successfully Treated with Hyperbaric Oxygen Therapy. 査読

    Chika Tsuboi, Hiromichi Naito, Shingo Hagioka, Hiroaki Hanafusa, Takahiro Hirayama, Yoshinori Kosaki, Atsuyoshi Iida, Tetsuya Yumoto, Kohei Tsukahara, Naoki Morimoto, Atsunori Nakao

    2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • AN69ST membranes adsorb nafamostat mesylate and affect the management of anticoagulant therapy: a retrospective study 査読

    Takahiro Hirayama, Nobuyuki Nosaka, Yasumasa Okawa, Soichiro Ushio, Yoshihisa Kitamura, Toshiaki Sendo, Toyomu Ugawa, Atsunori Nakao

    Journal of Intensive Care   5 ( 1 )   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1186/s40560-017-0244-x

    researchmap

  • 敗血症性ショック患者における動脈圧波形変化の解析による血管状態の推定

    平山 隆浩, 北脇 知己, 佐藤 圭路, 湯本 哲也, 林 久美子, 鵜川 豊世武, 廣畑 聡, 氏家 良人

    ICUとCCU   39 ( 12 )   747 - 751   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    【背景】重症敗血症/敗血症性ショックは予後不良な疾患であり、迅速な診断と治療が重要である。【目的】従来の観血的血圧測定に加えて、脈波波形を解析することで血管特性を把握し、敗血症診断の補助となりえるかを検討する。【方法】敗血症性ショック患者の脈波波形の拡張期部分より算出した血管特性値と、動脈圧心拍出量計で測定した心拍出量値を用いてウィンドケッセルモデルにて血管機械特性を定量化し血圧と血管特性の関係を示す。【結果・考察】血圧上昇時に中枢血管コンプライアンスは減少、末梢血管コンプライアンスは増加し、異なった変化が見られた。これらの特性値の変化から脈波波形に敗血症の特異性が現れていることが示唆された。また血圧変動より先に血管特性変化が起きる場合もあり、循環動態変化を事前に把握できる可能性がある。【結語】脈波波形の解析により、血管状態把握による敗血症診断の補助と循環動態変化の把握の可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00001&link_issn=&doc_id=20160107430006&doc_link_id=%2Faa6icutc%2F2015%2F003912%2F007%2F0747-0751%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa6icutc%2F2015%2F003912%2F007%2F0747-0751%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【最近の各種モニターのICUにおける有用性と問題点】Watch PAT

    難波 志穂子, 佐藤 圭路, 平山 敬浩, 林 久美子, 平山 隆浩, 氏家 良人

    ICUとCCU   39 ( 10 )   579 - 583   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    本稿では、新しい睡眠測定装置であるWatch PATについて紹介する。Watch PATは従来の標準的な睡眠測定装置であるポリソムノグラフィーに比べて、患者に装着するセンサーの数が少なく、携帯性も操作性も簡便である。Watch PATは末梢動脈波を検出する(1)PAT(Peripheral Artery Tonometry:末梢動脈波測定法)プローブに加え、血中の酸素飽和度を検出する(2)オキシメータセンサー、および(3)いびき・体位センサー(一体型)を装着し、得られたデータをパソコン上の専用ソフトウェアで複合的に解析処理を行うもので、これにより従来の携帯型睡眠評価装置で測定する1時間あたりの無呼吸低呼吸指数に加え、覚醒・睡眠(軽睡眠・深睡眠・REM睡眠)段階の情報を同時に測定できる。実際に、Watch PATを装着した症例についても紹介している。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00001&link_issn=&doc_id=20151104270002&doc_link_id=%2Faa6icutc%2F2015%2F003910%2F003%2F0579-0583%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa6icutc%2F2015%2F003910%2F003%2F0579-0583%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

▼全件表示

書籍等出版物

  • 腎代替療法における抗凝固薬のツボ

    加藤光貴, 平山隆浩, 矢田哲康, 森實雅司( 担当: 共著)

    株式会社学研メディカル秀潤社  2021年11月 

     詳細を見る

  • え?知らないの? 人工鼻と人工鼻フィルタの特徴

    平山 隆浩, 落葉 佑昌( 担当: 分担執筆)

    Intensivist 13(1) 180-186 (株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  2021年1月 

     詳細を見る

  • ECPRの費用対効果

    青景聡之, 平山隆浩, 落葉佑昌( 担当: 分担執筆)

    ECMO・PCPSバイブル  2021年 

     詳細を見る

  • 【人工呼吸ケア「超入門」呼吸リハビリテーションの前に必要な知識編】(Theme 2)超入門 人工呼吸器グラフィックモニターからわかること

    平山隆浩( 担当: 共著)

    メディカ出版, 大阪  2016年 

     詳細を見る

  • 【重症病態を診る!モニタリングの魅力-ER、ICU、OPE室での症例から学ぶ-】熱傷・外傷・体外循環 重症呼吸不全に対するECMO患者のモニタリング

    市場 晋吾, 林 久美子, 平山 隆浩, 梅井 菜央, 杉田 慎二, 竹田 晋浩( 担当: 分担執筆)

    2015年6月 

     詳細を見る

  • 人工呼吸器とその基本的設定

    林久美子, 平山隆浩( 担当: 分担執筆)

    レジデント,医学出版,東京  2015年 

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • マウス肺挫傷モデルの確立に向けて

    平山 隆浩, 青景 聡之, 山本 浩継, 藤崎 宣友, 上田 浩平, 野島 剛, 中尾 篤典

    第48回日本救急医学会総会・学術集会, 岐阜  2021年11月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水素吸入療法は間質性肺炎遠隔期の呼吸機能を温存する ブレオマイシン処理マウスを用いた研究

    青景 聡之, 平山 隆浩, 池谷 真澄, 大澤 郁朗, 内藤 宏道, 中尾 篤典

    日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 静脈-静脈体外式膜型人工肺療法(VV ECMO)ラットモデルの構築

    青景 聡之, 岡田 真澄, 平山 隆浩, 塚原 紘平, 内藤 宏道, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • mobile ECMOシステムの構築に向けての現状と問題点 臨床工学技士の立場から

    平山 隆浩, 落葉 佑昌, 堂口 琢磨, 岡田 真澄, 川田 将弘, 青景 聡之, 塚原 紘平, 小崎 吉訓, 内藤 宏道, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院の救急集中治療室における、急性腎障害の持続的腎代替療法の導入時期と予後を検討する

    岡田 真澄, 平山 隆浩, 落葉 佑昌, 塚原 紘平, 青景 聡之, 藤崎 宣友, 山田 太平, 内藤 宏道, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 急性肺傷害に対する治療開発 水素吸入療法の炎症・線維化の抑制効果 マウスを用いた検証

    青景 聡之, 池谷 真澄, 瀬谷 瑞樹, 平山 隆浩, 石川 倫子, 内藤 宏道, 大澤 郁朗, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ECMO中の輸血需要に関連した臨床的特徴と凝固管理

    青景 聡之, 平山 隆浩, 塚原 紘平, 高 寛, 清水 一好, 中川 晃志, 岩崎 達雄, 笠原 真悟, 内藤 宏道, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌  2019年2月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高度救命救急センターにおけるCRRT膜のlifetimeに関する検討

    岡田 真澄, 平山 隆浩, 末永 健二, 藤原 宏成, 落葉 佑昌, 岩藤 晋, 内藤 宏道, 中尾 篤典, 廣畑 聡

    日本急性血液浄化学会雑誌  2018年9月  (NPO)日本急性血液浄化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 揮発性麻酔薬デスフルランが麻酔管理中の一酸化窒素療法に与える影響

    落葉 佑昌, 末永 健二, 藤原 恵莉, 平山 隆浩, 上野 秀則, 岩藤 晋, 清水 一好

    日本臨床工学技士会会誌  2018年4月  (公社)日本臨床工学技士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臨床工学技士の活躍の場の開拓、発展のために ミャンマーとの関わり

    平山 隆浩, 林 久美子, 岩藤 晋, 山川 泰明, 湯本 哲也, 山田 太平, 内藤 宏道, 木股 敬裕, 岡田 茂, 氏家 良人, 中尾 篤典

    日本臨床工学技士会会誌  2018年4月  (公社)日本臨床工学技士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • AN69ST膜と各種CRRT膜(PS、PMMA、CTA)のナファモスタット吸着量の比較検討

    平山 隆浩, 大川 恭昌, 江角 悟, 牛尾 聡一朗, 野坂 宜之, 林 久美子, 北村 佳久, 千堂 年昭, 中尾 篤典, 鵜川 豊世武

    日本臨床工学技士会会誌  2017年4月  (公社)日本臨床工学技士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • AN69ST膜はナファモスタットメシル酸塩のほとんどを吸着する

    平山 隆浩, 大川 恭昌, 鵜川 豊世武, 林 久美子, 野坂 宜之, 湯本 哲也, 塚原 紘平, 内藤 宏道, 佐藤 圭路, 中尾 篤典

    日本集中治療医学会雑誌  2017年2月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ICUにおける睡眠の評価としてのWatch PATの有用性に関する検討

    平山 敬浩, 平山 隆浩, 林 久美子, 塚原 紘平, 湯本 哲也, 飯田 淳義, 佐藤 圭路

    臨床モニター  2016年4月  医学図書出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 意識障害にて交通事故を起こし当院に救急搬送となった血栓性微小血管障害症(TMA)の一例

    平山 敬浩, 平山 隆浩, 林 久美子, 塚原 紘平, 湯本 哲也, 飯田 淳義, 鵜川 豊世武, 佐藤 圭路

    日本急性血液浄化学会雑誌  2015年9月  (NPO)日本急性血液浄化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人工呼吸管理中における食道内圧測定の使用経験

    平山 隆浩, 平山 敬浩, 林 久美子, 井口 浩貴, 湯本 哲也, 塚原 紘平, 飯田 淳義, 山内 英雄, 佐藤 圭路, 鵜川 豊世武, 市場 晋吾, 氏家 良人

    日本臨床工学技士会会誌  2015年4月  (公社)日本臨床工学技士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人工呼吸アセスメント CEのミカタ グラフィックをいかに活用するか

    林 久美子, 平山 隆浩

    日本集中治療医学会雑誌  2015年1月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 敗血症性ショック患者における動脈圧波形変化の解析による血管状態の推定

    平山 隆浩, 北脇 知己, 林 久美子, 佐藤 圭路, 平山 敬浩, 湯本 哲也, 塚原 紘平, 鵜川 豊世武, 市場 晋吾, 氏家 良人

    日本集中治療医学会雑誌  2015年1月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臨床工学技士の仕事−多様化と多職種連携で新たな価値を創造する− 招待

    平山隆浩

    岡山ESDカフェ, 岡山  2021年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 海外から注目される日本の臨床工学技士制度 招待

    平山隆浩

    第31回日本臨床工学会, 熊本  2021年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 開発途上国の医療安全を向上させるために —次世代アントレプレナー育成事業への挑戦—

    平山隆浩, 稲垣大輔, 森洋子

    第31回日本臨床工学会,熊本  2021年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • COVID-19対策を通して学んだこと 招待

    平山隆浩

    岡山県臨床工学技士会Webセミナー  2020年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • CE Perspectives on HT Policy & Legislation in Japan 招待

    Takahiro Hirayama

    IFMBE CED Webinar,アメリカ  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 人工呼吸器管理における、喀痰吸引時のモニタリングデバイスの開発

    平山隆浩

    次世代医療システム産業化フォーラム, 大阪  2020年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Diversity and Development of Clinical Engineers in Japan 招待

    Takahiro Hirayama

    ACPBCM,岡山(Web)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Diverse Roles of Clinical Engineers in Japan 招待

    Takahiro Hirayama

    BES joint seminar,シンガポール(Web)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Paving the way towards active participation of Clinical Engineers. /2019

    平山隆浩, 岩藤晋, 増田瑛里, 竹田哲也, 萩谷英大, 本間崇, 川崎宗忠, 岡田茂, 木股敬裕

    The 4th Forum for Asian Clinical Engineering, 東京  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hands-on session for mechanical ventilator 招待

    Takahiro Hirayama

    Dissemination Seminar on Emergency Medicine,ミャンマー  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • AN69STの特徴を生かした集中治療戦略−多職種連携により最善の治療を目指す− 招待

    平山隆浩

    第28回日本臨床工学会, 神奈川  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • コメディカルの「価値」を高めるために−多職種連携の可能性− 招待

    平山隆浩

    岡山県病院薬剤師会定例学術講演会  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 補助循環の臨床により深く関わるために−V-V ECMO− 招待

    平山隆浩

    第8回 中四国臨床工学会  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Clinical Engineering 2.0 -持続するやる気を引き出すために- 招待

    平山隆浩

    循環セミナー 岡山県臨床工学技士会主催  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • AN69ST membrane adsorbs a large portion of the nafamostat mesilate and affect the management of anticoagulant.

    平山隆浩, 江角悟, 牛尾聡一郎, 大川恭昌, 北村佳久, 千堂年昭, 湯本哲也, 鵜川豊世武, 野坂宜之, 内藤宏道, 中尾篤典

    International Conference on Emergency Medicine,メキシコ  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Respiratory Therapy in emergency patients 招待

    Takahiro Hirayama

    Dissemination Seminar on Emergency Medicine,ミャンマー  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • IS IT POSSIBLE TO DISTINGUISH SEPTIC SHOCK FROM OTHER CAUSES OF SHOCK BY ANALYZING VARIATION OF ARTERIAL PRESSURE WAVEFORM? : A SINGLE-CENTER PILOT STUDY.

    Hirayama T, Kitawaki T, Sato K, Yumoto T, Hayashi K, Tsukahara K, Iida A, Hirayama T, Umei N, Yamanouchi H, Terado M, Uagawa T, Ichiba S, Ujike Y.

    12th World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine, Korea  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 優秀演題賞

    2017年3月   第44回日本集中治療医学会学術集会  

     詳細を見る

  • 優秀演題賞

    2015年12月   第5回中四国臨床工学技士会  

     詳細を見る

  • 優秀演題賞

    2015年2月   第42回日本集中治療医学会学術集会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 喀痰評価デバイスの共同研究開発

    2021年11月

      詳細を見る

  • 人工呼吸患者の予後の改善、医療安全を向上させる補助デバイスの開発

    2021年09月 - 2022年02月

    岡山大学  イノベーション創出環境強化事業 

    平山隆浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 安全で有効な人工呼吸管理を行うための新規喀痰評価指標の開発のための調査研究

    研究課題/領域番号:21K21190  2021年08月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    平山 隆浩

      詳細を見る

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    researchmap

  • 静脈静脈体外式膜型人工肺(VV-ECMO)治療中の肺高血圧治療の新規治療法の開発―ラットモデルを用いた一酸化炭素の効果の検討―

    2021年04月 - 2022年03月

    バイエル薬品  バイエル薬品アカデミックサポート 

    平山隆浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 開発途上国における医療機器管理教育システムの開発

    2021年

    科学技術振興機構  社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型(拠点都市環境整備型) 

    稲垣大輔;平山隆浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

 

社会貢献活動

  • 避難所対応に関する研修会

    役割:講師

    鳥取市保健所  2021年11月22日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 災害時に必要な組織づくり

    役割:講師

    おおもと病院  医療安全研修会  2021年10月28日

     詳細を見る

  • 東京大学EDGE-NEXT(次世代アントレプレナー育成事業)

    役割:調査担当

    2020年6月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:調査

    researchmap