2021/12/13 更新

写真a

アリアス マルティネス スレマ
ARIASMARTINEZ ZULEMA
ARIAS MARTINEZ ZULEMA ROSALIA
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
Arias Zulema
外部リンク

学位

  • 歯学博士 ( 2007年9月   岡山大学 )

研究キーワード

  • Conservative Dentistry. Endodontics

  • Education in Endodontics

研究分野

  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学  / Resolvin D2. Resolution of Inflammation. Direct Pulp Capping. Apical Periodontitis

学歴

  • 岡山大学   Pathophysiology and Periodontal Science   PhD Degree

    2003年10月 - 2007年10月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • University of Valley (La Paz, Bolivia)    

    2002年2月 - 2002年10月

      詳細を見る

    国名: ボリビア多民族国

    researchmap

  • University of Concepcion. Chile    

    1997年1月 - 1998年1月

      詳細を見る

    国名: チリ共和国

    researchmap

  • University Mayor of San Andres   Dental School   Dentistry

    1989年2月 - 1996年9月

      詳細を見る

    国名: ボリビア多民族国

    researchmap

経歴

  • 大学院医学歯学薬学研究科   歯周病学   Assistant professor

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

所属学協会

委員歴

  • 大学院医学歯薬学綜合研究科病   国際担当部会  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

 

論文

  • Microbiome composition comparison in oral and atherosclerotic plaque from patients with and without periodontitis.

    Daichi Isoshima, Keisuke Yamashiro, Kazuyuki Matsunaga, Makoto Taniguchi, Takehiro Matsubara, Shuta Tomida, Shinzo Ota, Michiyoshi Sato, Yutaka Shimoe, Tatsuo Kohriyama, Zulema Arias, Kazuhiro Omori, Tadashi Yamamoto, Shogo Takashiba

    Odontology   109 ( 1 )   239 - 249   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There is no conclusive evidence regarding a causal relationship between periodontitis and atherosclerosis. In this study, we examined the microbiome in the oral cavity and atheromatous plaques from atherosclerosis patients with or without periodontitis to investigate the role of oral bacteria in the formation of atheromatous plaques. We chose four patients with and without periodontitis, who had undergone carotid endarterectomy. Bacterial samples were extracted from the tongue surface, from periodontal pocket (during the oral examination), and from the atheromatous plaques (APs). We investigated the general and oral conditions from each patient and performed next-generation sequencing (NGS) analysis for all bacterial samples. There were no significant differences between both groups concerning general conditions. However, the microbiome patterns of the gingival pocket showed differences depending on the absence or presence of periodontitis, while those of the tongue surface were relatively similar. The microbiome pattern of the atheromatous plaques was entirely different from that on the tongue surface and gingival pocket, and oral bacteria were seldom detected. However, the microbiome pattern in atheromatous plaques was different in the presence or absence of periodontitis. These results suggested that oral bacteria did not affect the formation of atheromatous plaques directly.

    添付ファイル: Microbiome composition comparison in oral and atherosclerotic plaque from patients with and without periodontitis .pdf

    DOI: 10.1007/s10266-020-00524-w

    PubMed

    researchmap

  • Allergic Reaction to Zirconia Ceramic Bridge Cementation Using a Dental Adhesive Resin Cement: a Case Report

    Keisuke Yamashiro, Haruna Miki, Masae Kitagawa, Hiroko Oka, Zulema Arias, Shogo Takashiba

    SN Comprehensive Clinical Medicine   3 ( 1 )   327 - 330   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    添付ファイル: Yamashiro2021_Article_AllergicReactionToZirconiaCera.pdf

    DOI: 10.1007/s42399-020-00671-9

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s42399-020-00671-9/fulltext.html

  • Use of Highly Accurate Devices for a First Lower Premolar Endodontic Treatment with Multiple Root Canals. 査読

    Zulema Rosalia Arias Martinez, Jorge Luis Lopez Videla Montano, Keisuke Yamashiro, Yuki Shinoda-Ito, Tadashi Yamamoto, Shogo Takashiba

    Acta medica Okayama   75 ( 5 )   641 - 645   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    This case report highlights the importance of using a dental operating microscope (DOM) and ultrasonic endodontic tips (UETs) to locate all root canals in the lower first premolar. A 53-year-old woman presented to our clinic with pain in the lower right first premolar. After a detailed search using a DOM and UETs, three root canals were found, prepared with rotary HyFlex endodontic files, and obturated using the lateral condensation technique. At the five-year follow-up after treatment, the tooth was completely restored and fulfilling its function, with no signs or symptoms of any post-treatment flare-up.

    添付ファイル: Use of Highy Devices AMO.pdf

    DOI: 10.18926/AMO/62778

    PubMed

    researchmap

  • Endodontic management of a bucco accessory root canal on a central incisor 査読

    26 ( 6 )   510 - 512   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    添付ファイル: Accesory RC incisor_IMJ DEC2019 510-42Arias.pdf

    researchmap

  • Gene profiles during root canal treatment in experimental rat periapical lesions. 査読 国際誌

    Zulema Rosalia Arias Martinez, Koji Naruishi, Keisuke Yamashiro, Fumio Myokai, Teruo Yamada, Kaori Matsuura, Naoko Namba, Hideo Arai, Junzo Sasaki, Yoshimitsu Abiko, Shogo Takashiba

    Journal of endodontics   33 ( 8 )   936 - 943   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    The purpose of this study was to profile gene expression in periapical lesions during root canal treatment (RCT). Periapical lesions were induced experimentally by exposing the pulp in Sprague-Dawley rats. After 3 wk, the animals received root canal filling (RCF) and were sacrificed 1 or 4 wk later. From the periapical tissues, total RNA was extracted and processed for cDNA-microarray analysis. The lesions were histologically and radiographically confirmed to expand 4 wk after pulp exposure (inflammation phase) and to stabilize 4 wk after RCF (healing phase). In approximately 30,000 genes on the microarray, 203 genes were up-regulated to more than 5-fold (e.g., IL-1beta), and 864 genes were down-regulated to less than 20% of baseline level (e.g., caspase 8) in inflammation phase. Compared with inflammation phase, we found that 133 genes were up-regulated (e.g., IL-1alpha) and 50 genes were down-regulated (e.g., defensin alpha5) in healing phase. Corresponding to the gene expression profiles, accumulation of IL-1alpha and IL-1beta was observed in the periapical lesions by immunohistochemistry. These gene profiles might be useful in diagnosing the healing process of periapical lesions.

    添付ファイル: Gene Profiles JOE.pdf

    PubMed

    researchmap

書籍等出版物

  • Histological and Clinic Atlas of Dental Pulp Calcifications

    ( 担当: 共著 ,  範囲: Clinical Endodontics management of pulp calcifications)

    2011年11月 

     詳細を見る

MISC

  • MTA for the re-treatment of a mature tooth with no apical closure

    Falu Hinojosa, Zulema Arias

    INSIGNE   2 ( 2 )   45 - 48   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:スペイン語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • Endontics Resolution of a chronic apical lesion 招待

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    INSIGNE   1 ( 1 )   27 - 34   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:スペイン語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • Resolvin D2 Promotes the Formation of Calcified Tissue on Pulp 国際会議

    Mitsuhiro Yoneda, Zulema Arias

    International Association of Dental Research  2021年7月21日  International Association of Dental Research (IADR)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月21日 - 2021年7月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston. Online   国名:アメリカ合衆国  

  • Rubber dam isolation: To use it or TO USE IT. Blocking the SARS-CoV-2 in the Dental Practice 招待

    Zulema Arias

    Scientific meeting. Endodontics Society of Concepcion, Chile  2022年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月19日

    記述言語:スペイン語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Resolution of Endodontics complex cases with available modern materials 招待 国際会議

    Zulema R. Arias Martinez

    Latest generation materials to solve complex clinical problems in dentistry  2022年2月25日  Liiver House (Dental Products Distributor). La Paz, Bolivia

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月22日 - 2022年2月25日

    記述言語:スペイン語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:La Paz. Bolivia. Webinar  

    researchmap

  • Basic Fundamentals for Success in Endodontics 招待 国際共著 国際会議

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    4th International Congress of Oral Public Health. Online (Zoom)  2020年11月19日  Bolivian oral health public Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月20日

    記述言語:スペイン語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:La Paz  

    researchmap

  • Basic Fundamentals for Success in Endodontics 招待

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    4th International Congress of Oral Public Health. Online (Zoom)  Oral Public Health Bolivian Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月20日

    記述言語:スペイン語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Apical periodontitis block it or solve it, there is the dilemma 招待 国際共著 国際会議

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    International Congress of Dentistry 2020. Online  2020年11月12日  Santa Cruz, Bolivia Dentistry Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:スペイン語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Santa Cruz de la Sierra  

    researchmap

  • How covid-19 pandemic changed education in dentistry 招待

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    Meeting of the Latin American and Caribbean Dental Schools  2020年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月12日

    記述言語:スペイン語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • New Bio Active agents to solve Apical Periodontitis 招待 国際共著 国際会議

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    Meeting of the Bolivian Clinical Journal  2020年9月25日  Meeting of the Bolivian Clinical Journal

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:スペイン語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Cochabamba  

    researchmap

  • Endodontic Management of an Accessory Root Canal on an Upper Central Incisor

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    The 4th International Symposium of Medical and Dental Education in Okayama  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Endodontic management of a bucco accessory root canal on a central incisor

    151 日本保存歯科学会  2019年11月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日 - 2019年11月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

Works(作品等)

  • Curriculum of advance course of Endodontics as a Specialty. University Mayor of San Andres

    Zulema Rosalia Arias Martinez

    2014年10月1日
    -
    2016年9月30日

     詳細を見る

    作品分類:教材  

    researchmap

受賞

  • IADR student's travel award

    2007年3月  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • APPLICATION OF RvD2 AS A REGENERATIVE DIRECT PULP CAPPING MATERIAL

    2020年04月 - 2023年03月

    Zulema Arias. Kazuhiro Omori. Shogo Takashiba

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • APPLICATION OF RvD2 AS A REGENERATIVE DIRECT PULP CAPPING MATERIAL

    研究課題/領域番号:20K09938  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    アリアス・マルティネス ズレマ・ロサリア, 大森 一弘, 山城 圭介, 高柴 正悟

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 抗炎症性脂質レゾルビンD2の直接覆髄剤としての有効性の検討(断髄モデル)(IVIS ANALYSIS)

    2020年04月 - 2023年03月

    Zulema Arias, Kazuhiro Omori, Kentaro Okamoto, Matsuhiro Yoneda, Hidetaka Ideguchi

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 自己集合性ペプチドゲルの歯科領域への応用

    2018年09月 - 2020年12月

    Menicom  Animal model

    畑中加珠, 中村心, Martinez Zulema, Siddiqui Yasir, 田村和也, 米田光宏, 岡本憲太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

その他研究活動

  • 自己集合性ペプチドゲルの歯科領域への応用

    2018年09月
    -
    2020年12月

     詳細を見る

    歯科診療において,歯周組織検査(ポケットプロービング)時や印象採得(型取り)時に歯肉からの出血を経験する。また,外科的手術時にも歯槽骨からの出血を止血する場面がある。これまで我々は,歯肉出血に対して自己集合性ペプチドゲルを塗布し,ヒト口腔内における安全性,止血効果,使用感を調べ,肯定的な結果を得ている。
    そこで次の研究計画として,歯内疾患に対する外科的手術の一つである歯根端切除術における止血の場面を想定した。歯根端切除術は,歯肉を切開して外科的に明視野で,根尖病巣の除去と同時に歯根の先端を切除する方法である。歯槽骨内にて歯根端切除部位の周囲からの出血をしっかりと止血できない場合は,細菌感染防止のために歯根端部に充填するセメントが十分に接着できない。本ペプチドゲルによって止血がスムーズにできれば,手術時間の短縮および操作性の向上につながる。
    今回,歯科領域での手術時において,歯槽骨内の止血に関する自己集合性ペプチドゲルの有用性を評価することを目的とした。

 

担当授業科目

  • 口腔感染・炎症制御学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔感染・炎症制御学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病態学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔感染・炎症制御学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔感染・炎症制御学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯周病治療専門学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯髄・歯内病変治療専門学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • Research in Dentistry from Basic to Clinical Approaches

    役割:パネリスト, 企画, 運営参加・支援

    Dental School. Valley University La Paz, Bolivia  Research in Dentistry. How, when and where.  La Paz, Bolivia. Online  2022年3月25日 - 2022年3月26日

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    The aim of this webinar is to explain to undergraduate University students about research in Dentistry

    researchmap

  • The challenges of Working abroad from the point of view of a Dentist

    役割:パネリスト, 企画, 運営参加・支援

    Los Pinos Educational Institute. La Paz Bolivia  Online vocational guidance for Bolivian High School Students  La Paz. Bolivia (ONLINE)  2022年2月18日 - 2022年2月20日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    The speakers will share their experience as Latin Americans who have studied and are currently working abroad. The aim of this seminar is to open the mind of Bolivian High Schools so they can understand and learn about abroad opportunities for studying and working

    researchmap

  • Japan from Ancient to Modern Times

    役割:パネリスト

    Malaya University  Virtual Health Village. Caring for elderly in the era of the COVID-19 pandemic  Kuala-Lumpur  2021年8月7日 - 2021年8月8日

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    The dental School of the University of Malaya organized this seminar for undergraduate, graduate, and academic staff from many universities around the world. Okayama University Dental School was invited so I made the presentation introducing Japanese culture from the ancients to modern times.

    researchmap

  • ODAPUS program (Okayama Dental Stay-Abroad Program for Undergraduate Students)

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    Dental School. Okayama University  ONLINE ODAPUS program. Challenges of working abroad as a researcher  Okayama. Japan  2021年7月1日 - 2021年10月31日

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    A group of Japanese researchers who live abroad share their living and research experience with 1st and 2nd-grade undergraduate Dental School students

    researchmap

  • Introduction video for ODAPUS (Okayama Dental study- abroad program for Undergraduate students)

    役割:取材協力, 運営参加・支援

    Dental School Okayama University  Video- Introduction for the dental school and ODAPUS program  2021年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:会誌・広報誌

    A video-introduction of Okayama University Dental School and ODAPUS, short-term exchange program for undergraduate students with our partner universities

    researchmap

メディア報道