2024/02/20 更新

写真a

テツナガ トモノリ
鉄永 智紀
TETSUNAGA Tomonori
所属
医歯薬学域 准教授(特任)
職名
准教授(特任)
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2010年3月   岡山大学 )

  • 医学博士 ( 2010年3月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Medical School   Faculty of Medicine

    1997年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学学術研究院 医歯薬学域   運動器知能化システム開発講座   准教授   Associate Professor

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   整形外科   助教

    2015年9月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   整形外科

    2015年4月 - 2015年8月

      詳細を見る

  • 岡山医療センター   整形外科

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 長谷川紀念病院   整形外科

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   整形外科

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 香川県立中央病院   リハビリテーション科   医師

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山市立市民病院   医師

    2003年5月 - 2005年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 中部日本整形外科災害外科学会

      詳細を見る

  • 中国・四国整形外科学会

      詳細を見る

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

      詳細を見る

  • 日本四肢再建・創外固定学会

      詳細を見る

  • 日本関節病学会

      詳細を見る

  • 日本運動器疼痛学会

      詳細を見る

  • 日本リハビリテーション医学会

      詳細を見る

  • 日本リウマチ学会

      詳細を見る

  • 日本人工関節学会

      詳細を見る

  • 日本股関節学会

      詳細を見る

  • 日本整形外科学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本小児整形外科学会   国際委員  

    2020年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • Floating Hip術後に対してTHAを行い感染した1例

    福岡 史朗, 依光 正則, 上原 健敬, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   46回   186 - 186   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨・関節感染症学会  

    researchmap

  • Elevated Expression of CCN3 in Articular Cartilage Induces Osteoarthritis in Hip Joints Irrespective of Age and Weight Bearing. 国際誌

    Kazuki Hirose, Miho Kuwahara, Eiji Nakata, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Kenta Saiga, Masaharu Takigawa, Toshifumi Ozaki, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    International journal of molecular sciences   23 ( 23 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoarthritis (OA) occurs not only in the knee but also in peripheral joints throughout the whole body. Previously, we have shown that the expression of cellular communication network factor 3 (CCN3), a matricellular protein, increases with age in knee articular cartilage, and the misexpression of CCN3 in cartilage induces senescence-associated secretory phenotype (SASP) factors, indicating that CCN3 promotes cartilage senescence. Here, we investigated the correlation between CCN3 expression and OA degenerative changes, principally in human femoral head cartilage. Human femoral heads obtained from patients who received total hip arthroplasty were categorized into OA and femoral neck fracture (normal) groups without significant age differences. Gene expression analysis of RNA obtained from femoral head cartilage revealed that CCN3 and MMP-13 expression in the non-weight-bearing part was significantly higher in the OA group than in the normal group, whereas the weight-bearing OA parts and normal cartilage showed no significant differences in the expression of these genes. The expression of COL10A1, however, was significantly higher in weight-bearing OA parts compared with normal weight-bearing parts, and was also higher in weight-bearing parts compared with non-weight-bearing parts in the OA group. In contrast, OA primary chondrocytes from weight-bearing parts showed higher expression of CCN3, p16, ADAMTS4, and IL-1β than chondrocytes from the corresponding normal group, and higher ADAMTS4 and IL-1β in the non-weight-bearing part compared with the corresponding normal group. Acan expression was significantly lower in the non-weight-bearing group in OA primary chondrocytes than in the corresponding normal chondrocytes. The expression level of CCN3 did not show significant differences between the weight-bearing part and non-weight-bearing part in both OA and normal primary chondrocytes. Immunohistochemical analysis showed accumulated CCN3 and aggrecan neoepitope staining in both the weight-bearing part and non-weight-bearing part in the OA group compared with the normal group. The CCN3 expression level in cartilage had a positive correlation with the Mankin score. X-ray analysis of cartilage-specific CCN3 overexpression mice (Tg) revealed deformation of the femoral and humeral head in the early stage, and immunohistochemical analysis showed accumulated aggrecan neoepitope staining as well as CCN3 staining and the roughening of the joint surface in Tg femoral and humeral heads. Primary chondrocytes from the Tg femoral head showed enhanced expression of Ccn3, Adamts5, p16, Il-6, and Tnfα, and decreased expression of Col2a1 and -an. These findings indicate a correlation between OA degenerative changes and the expression of CCN3, irrespective of age and mechanical loading. Furthermore, the Mankin score indicates that the expression level of Ccn3 correlates with the progression of OA.

    DOI: 10.3390/ijms232315311

    PubMed

    researchmap

  • The importance of renal function in anemic patients treated with edoxaban after orthopedic surgery in a real-world clinical setting: A retrospective study. 国際誌

    Yasuhisa Izushi, Yoichiro Takami, Soichiro Ushio, Tomonori Tetsunaga, Naofumi Shiota, Hiroshi Yamamoto, Toru Sato, Yoshihisa Kitamura

    Medicine   101 ( 47 )   e31298   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Edoxaban (Edx) has been approved to prevent venous thromboembolism after total knee and/or hip arthroplasty in Japan. However, the risk of anemia with Edx treatment remains elusive. No risk factors for Edx-associated anemia after orthopedic surgery have been reported. This study aimed to clarify the risk of anemia associated with Edx treatment and determine the risk factors for Edx-associated anemia after orthopedic surgery with a high risk for bleeding. First, the association between Edx treatment and the incidence of anemia-related events was retrospectively investigated by pharmacovigilance analyses using data from 5769,866 reports between the first quarters of 2016 and 2020 in the Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System and 2752,050 reports between the fourth quarters of 2011 and 2019 in the Japanese Adverse Drug Event Report. Second, 221 patients who underwent Edx treatment after total knee and/or hip arthroplasty between July 2011 and June 2012 at a single center were included in a case-control study to clarify the risk factors for anemia. Edx treatment was associated with an increased risk of anemia-related events in orthopedic patients. Reduced renal function was identified as a critical risk factor for Edx-associated anemia after orthopedic surgery. The present study indicates that renal function should be considered in the risk management of increased Edx-associated anemia after orthopedic surgery.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000031298

    PubMed

    researchmap

  • THA後の腸腰筋障害に対する股関節鏡下腸腰筋腱部分切離術の治療経験

    安藤 輝彦, 山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 井上 智博, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   392 - 392   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • THA後の腸腰筋障害とその対策

    廣瀬 一樹, 山田 和希, 鉄永 智紀, 小浦 卓, 井上 智博, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   392 - 392   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるAR Hip Navigation Systemのカップアライメント精度

    井上 智博, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   388 - 388   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術における軟部組織保護に対する取り組み

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 井上 智博, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   389 - 389   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 運動器慢性疼痛患者において生理的インピーダンス法における位相角はサルコペニア検出に有用である

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 高尾 真一郎, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   14 ( 4 )   S49 - S49   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    researchmap

  • 生理的インピーダンス法におけるPhase angleは運動器慢性疼痛患者においてサルコペニア検出に有用である

    辻 寛謙, 三澤 治夫, 鉄永 智紀, 濱田 全紀, 堅山 佳美, 小田 孔明, 西田 圭一朗, 千田 益生, 尾崎 敏文

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   59 ( 秋季特別号 )   S343 - S343   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • Factors influencing caregiver burden in chronic pain patients: A retrospective study. 国際誌

    Hironori Tsuji, Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Haruo Misawa, Yoshiaki Oda, Shinichiro Takao, Keiichiro Nishida, Toshifumi Ozaki

    Medicine   101 ( 39 )   e30802   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Chronic pain coexists with disability, anxiety, depression, and sleep disturbances, which are factors of pain chronicity in the fear-avoidance model. Self-efficacy for managing pain plays a protective role against pain chronicity. For chronic pain sufferers, social support from caregivers is important. However, such caregivers face enormous physical and mental burdens. This study aimed to assess how self-efficacy and factors related to the fear-avoidance model affect caregiver burden. Participants were 135 chronic pain patients and their caregivers who visited our outpatient pain special clinic. In clinical assessments, numeric rating scale (NRS), pain catastrophizing scale (PCS), hospital anxiety and depression scale (HADS), Athens insomnia scale (AIS), pain disability assessment scale (PDAS), pain self-efficacy questionnaire (PSEQ) for the patients and Zarit Burden Interview (ZBI) for their caregivers were evaluated. Participants were divided into 2 groups (L group ZBI < 24 points and H group ZBI ≥ 24 points) and compared. Regression analyses were conducted to identify factors correlated with the ZBI scores. Compared to L group, H group showed significantly higher NRS and HADs depression scores, and lower PSEQ scores. In univariate regression analysis, ZBI scores were significantly correlated with NRS, PCS, HADS anxiety, HADS depression, PDAS and PSEQ. Multiple linear regression analysis revealed that ZBI scores were significantly correlated with PSEQ. The caregivers who perceived high caregiver burden had significantly higher patients' pain intensity, depression, and lower self-efficacy than those who perceived low caregiver burden. Caregiver burden correlated with the pain intensity, pain catastrophizing, anxiety, depression, disability, and self-efficacy of chronic pain patients. Among these factors, self-efficacy was the most negatively correlated with caregiver burden. Treatments focused on increasing self-efficacy for managing pain have the potential to reduce caregiver burden.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000030802

    PubMed

    researchmap

  • 大腿骨延長後骨折の変形治癒に対して3次元骨切り術を施行した片側肥大の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 井上 智博, 尾崎 敏文, 赤澤 啓史, 青木 清, 寺本 亜留美, 田中 千晴

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 2 )   325 - 325   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるAR Hip Navigation Systemを用いたカップ設置の精度の検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 8 )   S1711 - S1711   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 服部 高子, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 8 )   S1583 - S1583   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術の術後鎮痛としての腰方形筋ブロックの検討

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    Hip Joint   48   534 - 537   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 滑膜骨軟骨腫症に対する股関節鏡手術の成績

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 遠藤 裕介, 尾崎 敏文

    Hip Joint   48   506 - 510   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 変形性股関節症における大腿骨の大転子と小転子の位置についての検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    Hip Joint   48   484 - 488   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • Evaluation of SARC-F and SARC-CalF for sarcopenia screening in patients with chronic musculoskeletal pain: A prospective cross-sectional study. 国際誌

    Hironori Tsuji, Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Haruo Misawa, Yoshiaki Oda, Shinichiro Takao, Keiichiro Nishida, Toshifumi Ozaki

    Medicine   101 ( 29 )   e29568   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Early sarcopenia detection using screening tools, such as SARC-F and SARC-CalF, has been proven reliable. However, the relationship between chronic musculoskeletal pain with sarcopenia is unknown. This study assessed sarcopenia morbidity as well as the reliability of sarcopenia screening with SARC-F and SARC-CalF in patients with chronic musculoskeletal pain. METHODS: Overall, 172 patients with chronic musculoskeletal pain were included in this cross-sectional study. All participants completed the SARC-F, SARC-CalF, numeric rating scale (NRS), and pain disability assessment scale (PDAS) assessments. Sarcopenia was diagnosed using the Asian Working Group for Sarcopenia criteria 2019. Correlations between SARC-F and SARC-CalF scores and each measured variable were evaluated using univariate and multiple linear regression analyses. A receiver operating characteristic curve analysis was conducted, and reliabilities of SARC-F and SARC-CalF scores for diagnosing sarcopenia were compared. RESULTS: Thirty-nine patients were diagnosed with sarcopenia. Among these, 10 patients were <65 years old, and 29 were >65 years old. Both SARC-F and SARC-CalF scores significantly correlated with grip power, gait speed, skeletal mass index, numeric rating scale score, and PDAS score. In multiple linear regression analysis, SALC-F and SALC-CalF scores significantly correlated with PDAS score, skeletal mass index, and gait speed. The area under the curve were 0.70 for SARC-F and 0.88 for SARC-CalF; SARC-CalF had a significantly higher area under the curve than SARC-F. DISCUSSION: Sarcopenia was diagnosed in patients aged <65 years with chronic musculoskeletal pain. SALC-F and SARC-CalF scores showed a significant correlation with disability due to pain and were reliable sarcopenia screening tools for chronic musculoskeletal pain. SARC-CalF was more reliable than SARC-F.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000029568

    PubMed

    researchmap

  • 小児化膿性股関節炎に対するα-ディフェンシン検出キットの使用経験

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   45回   224 - 224   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨・関節感染症学会  

    researchmap

  • 術前術後CTと術中に計測した骨盤傾斜の角度の差についての比較検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 1 )   1 - 5   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    Zimmer Biomet社Augmented Reality Hip Navigation System(AR Hip Navi)を用いてTHAを施行した11例11股を対象に検討した。骨盤傾斜角の計測方法は、術前・術後はCTデータをもとに三次元術前計画ソフトZedHipを用いて計測し、術中はAR Hip Naviを用いて計測した。結果、術前CTでの計測値は平均3.8度、術中AR Hip Naviでの計測値は平均-2.6度、術後CTでの計測値は平均4.1度であった。術前計測値と術中計測値との差の絶対値(術前-術中)は10.1度、術中計測値と術後計測値との差の絶対値(術中-術後)は9.9度、術前計測値と術後計測値との差の絶対値(術前-術後)は2.3度であり、術前-術後の計測値差に比べて術前-術中の計測値差と術中-術後の計測値差は有意に大きかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2022&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20220608080001&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2022%2F003401%2F001%2F0001-0005%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2022%2F003401%2F001%2F0001-0005%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 術前術後CTと術中に計測した骨盤傾斜の角度の差についての比較検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 1 )   1 - 5   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Grade of Subchondral Insufficiency Fracture of the Knee and the Presence of a Posterior Shiny-Corner Lesion are Correlated with Duration of Medial Meniscus Posterior Root Tear in Women.

    Yuki Okazaki, Takayuki Furumatsu, Takaaki Hiranaka, Yusuke Kamatsuki, Eiji Nakata, Tomonori Tetsunaga, Kentaro Yamane, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   76 ( 2 )   121 - 127   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bone marrow edema (BME) after meniscus injury and risk factors for subchondral insufficiency fracture of the knee (SIFK) have been reported. However, their association with medial meniscus posterior root tear (MMPRT) remains unknown. We investigated the association of BME volume (BME-V), posterior shinycorner lesion (PSCL), and SIFK with MMPRT to examine the correlations between BME-V and medial meniscus extrusion (MME), PSCL and duration from injury to the time of magnetic resonance imaging (duration), and SIFK and duration. Twenty-nine patients who underwent surgery for MMPRT were included (mean age, 59.2; range, 39-84). The presence of PSCL, femoral BME-V (cm3), and SIFK grade (1-4) were evaluated. Preoperative factors, such as MME (mm) and duration (weeks), were investigated using multivariate linear/ logistic regression analyses. Multivariate linear regression analysis revealed duration as a significant factor for high-grade SIFK (p<0.01). Multivariate logistic regression analysis revealed duration as a significant factor for the presence of PSCL (odds ratio=0.94, p<0.05). A long duration of MMPRT leads to severe MME and highgrade SIFK (3 and 4), often resulting in knee arthroplasty. Early diagnosis of MMPRT and pullout repair can prevent severe MME and high-grade SIFK.

    DOI: 10.18926/AMO/63405

    PubMed

    researchmap

  • DDH加療後のColonna手術後症例と保存的cast加療後の症例に対するTHAの手術成績比較 半世紀の経過観察

    遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 難波 良文, 三谷 茂, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 3 )   S788 - S788   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する広範囲展開法術後の三次元動態解析

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 遠藤 裕介, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 2 )   S312 - S312   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 慢性疼痛はコロナ禍における身体機能低下に与える影響は少ない

    鉄永 智紀, 鉄永 倫子, 三澤 治夫, 魚谷 弘二, 小田 孔明, 高尾 真一郎, 梶木 裕矢, 井上 忠俊, 尾崎 敏文, 田淵 貴大

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 3 )   S781 - S781   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 慢性疼痛はコロナ禍における身体機能低下に与える影響は少ない

    鉄永 智紀, 鉄永 倫子, 三澤 治夫, 魚谷 弘二, 小田 孔明, 高尾 真一郎, 梶木 裕矢, 井上 忠俊, 尾崎 敏文, 田淵 貴大

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 3 )   S781 - S781   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    移植   56 ( 4 )   455 - 455   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 当院で施行したACTISを用いたTHAのZed Hipによる術後評価

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   51   481 - 482   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    ACTISステムを用いて人工股関節全置換術(THA)を行った症例の初期固定様式について、3D計測ソフトのZed Hipを用いて三次元的に解析した。対象は2018年4月〜12月の間にTHAを施行した18例20股(男3例、女17例、年齢49〜85歳)であった。日本整形外科学会股関節機能判定基準は術前49点が、術後平均15ヵ月の最終評価時84点と有意に改善した。術後に大腿部痛、骨折、脱臼、感染等の合併症はなく、再置換を要した症例はなかった。術後X線学的評価では2mm以上のステム沈下を認めた症例はなかった。初期固定様式の解析では多くの症例がzone2、3、7で皮質と接触しており、良好な初期固定が得られていた。

    researchmap

  • 当院でのαディフェンシン検出キットの使用経験

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   51   181 - 182   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    過去3年間に人工股関節周囲感染(PJI)或いは感染疑いで人工股関節再置換術中にαディフェンシン検出キットを使用した17例17股(男性7股、女性10股、手術時年齢29〜91歳、平均67.3歳)を対象に、αディフェンシン検出キットとPJI診断基準との関連について検討を行った。その結果、αディフェンシン検出キット陽性は5股で、PJI基準を満たしたのは4股、満たさなかったのは1股であった。陰性は12股で、PJI基準を満たしたのは1股、満たさなかったのは11股であった。感度80%、特異度92%で、偽陽性と偽陰性は各1股であった。以上より、感度、特異度は過去の報告と同等で、αディフェンシン検出キットのPIJ診断ツールとしての有用性が示唆された。

    researchmap

  • 股関節痛を契機に診断された強直性脊椎炎の1例

    山田 和希, 那須 義久, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   166 - 170   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    股関節痛を契機に診断に至った、強直性脊椎炎:ankylosing spondylitis(以下、AS)の1例を経験したので報告する。症例は16歳男子で、右股関節痛のため近医を受診した。大腿骨寛骨臼インピンジメントの診断で当科に紹介された。当科初診時、右股関節痛は安静時と夜間に強く、運動時には感じなかった。右股関節の可動域制限を認め疼痛誘発テストは陽性であった。詳細に問診したところ、過去に腰臀部痛と両股関節痛を繰り返していた。単純X線では左仙腸関節に硬化像を認め、MRIでは右股関節水腫と両仙腸関節周囲の骨髄浮腫像を認めた。血液検査では炎症反応が上昇し、HLA-B27は陽性であった。ASと診断し、疾患活動性が高かったため、Infliximabの適応とした。治療は奏効し、現在も継続している。詳細な病歴聴取により早期の診断と治療が行えたため、短期の成績ではあるが経過良好であった。(著者抄録)

    researchmap

  • Medial meniscus posterior root repair prevents the progression of subchondral insufficiency fracture of the knee 査読 国際誌

    Yuki Okazaki, Takayuki Furumatsu, Takaaki Hiranaka, Keisuke Kintaka, Shota Takihira, Yusuke Kamatsuki, Tomonori Tetsunaga, Toshifumi Ozaki

    Journal of Orthopaedic Science   26 ( 6 )   1051 - 1055   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.10.008

    researchmap

  • Acetabular depth, an early predictive factor of acetabular development: MRI in patients with developmental dysplasia of the hip after open reduction 査読 国際誌

    Yoshi Kawamura, Tomonori Tetsunaga, Hirofumi Akazawa, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Yoshihiro Sato, Eiji Nakata, Toshifumi Ozaki

    Journal of Pediatric Orthopaedics B   30 ( 6 )   509 - 514   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    DOI: 10.1097/bpb.0000000000000799

    researchmap

  • 腰仙椎の癒合がpincer lesionの原因と考えられた若年アスリートに発症した大腿骨寛骨臼インピンジメントの1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 3 )   S131 - S131   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対するSalter innominate osteotomyの短期成績

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 3 )   S84 - S84   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症モデルとしてのCCN3過剰発現マウス

    廣瀬 一樹, 服部 高子, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 尾崎 敏文, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   151 - 151   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Mechanical stretching induces calcification and cartilage matrix metabolism, causing degeneration of the acetabular labrum 査読 国際誌

    Yoshi Kawamura, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Yoshihiro Sato, Aki Yoshida, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki

    HIP International   11207000211044675 - 11207000211044675   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Purpose:</title> The acetabular labrum plays an important role in joint lubrication, and damage to this structure leads to osteoarthritis. This study aimed to histologically classify the degree of degeneration of the acetabular labrum and to investigate the changes in gene expression induced by mechanical stretching.

    </sec><sec><title>Methods:</title> We obtained acetabular labrum cells from patients with hip osteoarthritis during total hip arthroplasty ( n?=?25). The labrum was stained with safranin O, and images were histologically evaluated using a new parameter, the red/blue (R/B) value. The samples were divided into the degenerated group (D group: n?=?18) and the healthy group (H group: n?=?7) in accordance with the Kellgren-Lawrence (KL) grade. The cultured acetabular labral cells were subjected to loaded uniaxial cyclic tensile strain (CTS). After CTS, changes in gene expression were examined in both groups.

    </sec><sec><title>Results:</title> Spearman’s correlation analysis revealed that the R/B value was significantly correlated with the KL grade and the Krenn score. The expression levels of genes related to cartilage metabolism, osteogenesis and angiogenesis significantly increased after CTS in the H group, while gene expression in the D group showed weaker changes after CTS than that in the H group compared to the nonstretched control group.

    </sec><sec><title>Conclusions:</title> The degree of labral degeneration could be classified histologically using the R/B value and the KL grade. Mechanical stretching caused changes in gene expression that support the pathological features of labral degeneration.

    </sec>

    DOI: 10.1177/11207000211044675

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/11207000211044675

  • Cognitive factors associated with locomotive syndrome in chronic pain patients: A retrospective study 査読 国際誌

    Hironori Tsuji, Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Haruo Misawa, Keiichiro Nishida, Toshifumi Ozaki

    Journal of Orthopaedic Science   26 ( 5 )   896 - 901   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.08.007

    researchmap

  • Comparison of the accuracy of CT- and accelerometer-based navigation systems for cup orientation in total hip arthroplasty 査読 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoko Tetsunaga, Takayuki Furumatsu, Tomoaki Sanki, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    HIP International   31 ( 5 )   603 - 608   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Background:</title> The accuracies of various navigation systems in total hip arthroplasty (THA) have been described; however, the accuracy of cup orientation with an accelerometer-based navigation system has not been reported. The purpose of this study was to compare the accuracies of computed tomography (CT)- and accelerometer-based navigation systems for cup orientation in THA.

    </sec><sec><title>Methods:</title> In this prospective study, 30 patients who underwent cementless THA via anterolateral approach in the lateral decubitus position were analysed. A CT-based navigation system (30 hips) and an accelerometer-based navigation system (30 hips) were used simultaneously. The accuracy of cup orientation (absolute difference between intraoperative vs. postoperative measurements) was compared between the navigation systems using postoperative CT.

    </sec><sec><title>Results:</title> The accuracy of cup inclination was 3.2?±?2.4° in the CT-based navigation group and 4.1?±?3.7° in the accelerometer-based navigation group ( p?=?0.3035). The accuracy of cup anteversion was 3.0°?±?2.5° in the CT-based navigation group and 6.8°?±?4.8° in the accelerometer-based navigation group. Cup anteversion was significantly more accurate with the CT-based navigation system than with accelerometer-based navigation ( p?=?0.0009). Multiple regression analysis demonstrated that the malposition in cup anteversion was positively correlated with the change in pelvic tilt and loosening of the reference antenna.

    </sec><sec><title>Conclusions:</title> Although, these results are only true for this specific accelerometer system, cup positioning was significantly more accurate with the CT-based navigation system than an accelerometer-based navigation in the lateral decubitus position. This is because of considerable discrepancies in the sagittal pelvic tilt, resulting in variability in cup anteversion angle with the use of an accelerometer-based navigation system.

    </sec>

    DOI: 10.1177/1120700020904940

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/1120700020904940

  • 当院で施行したキアリ骨盤骨切り術の術後成績 査読

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   47 ( 1 )   365 - 369   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 股関節唇の Safranin O 染色性の局在と影響を与える因子 査読

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   47 ( 2 )   737 - 739   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 - 恥骨骨切り面の接触面積は恥骨偽関節発生に関与する - 査読

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   47 ( 1 )   386 - 390   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Recombinant human FGF-2 for the treatment of early-stage osteonecrosis of the femoral head: TRION, a single-arm, multicenter, Phase II trial 査読 国際誌

    Yutaka Kuroda, Takeyuki Tanaka, Takaki Miyagawa, Hidetoshi Hamada, Hiroyasu Abe, Toshiko Ito-Ihara, Ryuta Asada, Yusuke Fujimoto, Daisuke Takahashi, Tomonori Tetsunaga, Ayumi Kaneuji, Michiaki Takagi, Yutaka Inaba, Satoshi Morita, Nobuhiko Sugano, Sakae Tanaka, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama, Tsuyoshi Asano, Juji Ito, Hirofumi Oshima, Taizo Kaneko, Yoko Fukasawa, Hyonmin Choe, Shusuke Ueda, Kayoko Enomoto, Harue Tada, Akiko Kuroda, Yasuhiko Tabata, Yaichiro Okuzu, Toshiyuki Kawai, Koji Goto, Manabu Nankaku, Masaki Takao, Wataru Ando, Kazuki Yamada, Michio Yamamoto, Takashi Sakai, Yasuhiro Ishidou, Shigeru Yamada, Hidetsugu Ohara, Hiroshi Fujita, Hirotsugu Ohashi, Hirokazu Iida, Takashi Nakamura

    Regenerative Medicine   16 ( 6 )   535 - 548   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Future Medicine Ltd  

    Aim: This study aimed to evaluate the 2-year outcomes from a clinical trial of recombinant human FGF-2 (rhFGF-2) for osteonecrosis of the femoral head (ONFH). Patients &amp; methods: Sixty-four patients with nontraumatic, precollapse?and large ONFHs were percutaneously administered with 800 μg rhFGF-2 contained in gelatin hydrogel. Setting the end point of radiological collapse, we analyzed the joint preservation period of the historical control. Changes in two validated clinical scores, bone regeneration?and safety were evaluated. Results: Radiological joint preservation time was significantly higher in the rhFGF-2 group than in the control group. The ONFHs tended to improve to smaller ONFHs. The postoperative clinical scores significantly improved. Thirteen serious adverse events showed recovery. Conclusion: rhFGF-2 treatment increases joint preservation time with clinical efficacy, radiological bone regeneration and safety.

    DOI: 10.2217/rme-2021-0049

    researchmap

  • DDH治療後の腸腰筋断面積の検討 査読

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 1 )   44 - 46   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    発育性股関節形成不全(以下、DDH)に対して、当院では観血的整復術(広範囲展開法:田邊法、以下、OR)の適応を保存的整復不成功例や歩行開始後の診断遅延例とし、ORで腸腰筋前方移行を行っている。本研究の目的は、腸腰筋の断面積をOR群とRiemenbuegel装具による保存的整復(以下、CR)群で比較し、ORにおける腸腰筋前方移行の影響を明らかにすることである。対象はDDH症例26例26股(女:男23:3)。OR群13例、CR群13例、CT axial viewで、S2椎間孔、臼蓋上縁、恥骨結合の各高位で腸腰筋断面積の健側に対する患側の割合(以下、%Area)を求め、OR群とCR群で比較した。結果、各高位の%Area(%)はOR群で有意に小さく、腸腰筋前方移行により長期的には腸腰筋のボリュームが低下していた。腸腰筋の機能として股関節屈曲、腰椎屈曲、側屈に加え姿勢制御がある。最終観察時に症状はなかったが、長期的には腰痛等生じる可能性はあり、注意深い経過観察が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Femoral head collapse rate among Japanese patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head 査読 国際誌

    Ryuta Asada, Hiroyasu Abe, Hidetoshi Hamada, Yusuke Fujimoto, Hyonmin Choe, Daisuke Takahashi, Shusuke Ueda, Yutaka Kuroda, Takaki Miyagawa, Kazuki Yamada, Takeyuki Tanaka, Juji Ito, Satoshi Morita, Michiaki Takagi, Tomonori Tetsunaga, Ayumi Kaneuji, Yutaka Inaba, Sakae Tanaka, Shuichi Matsuda, Nobuhiko Sugano, Haruhiko Akiyama

    Journal of International Medical Research   49 ( 6 )   3000605211023336. - 3000605211023336.   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Objective</title> In this study, we aimed to elucidate the relationship between the duration from diagnosis to femoral head collapse and the collapse rate among patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head (ONFH).

    </sec><sec><title>Methods</title> In this retrospective, observational, multicenter study, we analyzed 268 patients diagnosed with ONFH and classified them using the Japanese Investigation Committee classification. The primary endpoint was duration from the time of diagnosis to femoral head collapse for each type of ONFH.

    </sec><sec><title>Results</title> The 12-, 24-, and 36-month collapse rates among participants were 0%, 0%, and 0% for type A, respectively; 0%, 2.0%, and 10.8% for type B, respectively; 25.5%, 40.8%, and 48.5% for type C-1, respectively; and 57.4%, 70.3%, and 76.7% for type C-2 ONFH, respectively. A comparison of unilateral and bilateral ONFH, using Kaplan?Meier survival curves demonstrated similar collapse rates.

    </sec><sec><title>Conclusions</title> The lowest collapse rate was observed for ONFH type A, followed by types B, C-1, and C-2. Additionally, a direct association was observed between the collapse rate and location of the osteonecrotic lesion on the weight-bearing surface.

    </sec>

    DOI: 10.1177/03000605211023336

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/03000605211023336

  • DDH治療後の腸腰筋断面積の検討

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 1 )   44 - 46   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    発育性股関節形成不全(以下、DDH)に対して、当院では観血的整復術(広範囲展開法:田邊法、以下、OR)の適応を保存的整復不成功例や歩行開始後の診断遅延例とし、ORで腸腰筋前方移行を行っている。本研究の目的は、腸腰筋の断面積をOR群とRiemenbuegel装具による保存的整復(以下、CR)群で比較し、ORにおける腸腰筋前方移行の影響を明らかにすることである。対象はDDH症例26例26股(女:男23:3)。OR群13例、CR群13例、CT axial viewで、S2椎間孔、臼蓋上縁、恥骨結合の各高位で腸腰筋断面積の健側に対する患側の割合(以下、%Area)を求め、OR群とCR群で比較した。結果、各高位の%Area(%)はOR群で有意に小さく、腸腰筋前方移行により長期的には腸腰筋のボリュームが低下していた。腸腰筋の機能として股関節屈曲、腰椎屈曲、側屈に加え姿勢制御がある。最終観察時に症状はなかったが、長期的には腰痛等生じる可能性はあり、注意深い経過観察が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 運動器疼痛を対象とした医療体制 腰痛に対するチームアプローチ 査読

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎

    ペインクリニック   42 ( 別冊春 )   247 - 254   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者に対するロコモティブシンドローム診断における診断時の特徴及び注意点

    辻 寛謙, 三澤 治夫, 千田 益生, 西田 圭一郎, 濱田 全紀, 堅山 佳美, 鉄永 智紀, 小田 孔明, 伊勢 真人, 梶木 裕矢, 尾崎 敏文

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58 ( 特別号 )   2 - 6   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者に対するロコモティブシンドローム診断における診断時の特徴及び注意点

    辻 寛謙, 三澤 治夫, 千田 益生, 西田 圭一郎, 濱田 全紀, 堅山 佳美, 鉄永 智紀, 小田 孔明, 伊勢 真人, 梶木 裕矢, 尾崎 敏文

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58 ( 特別号 )   2 - 6   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • 65歳以下の慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドロームと体組成及び運動機能評価

    辻 寛謙, 三澤 治夫, 千田 益生, 西田 圭一郎, 濱田 全紀, 堅山 佳美, 鉄永 智紀, 小田 孔明, 伊勢 真人, 梶木 裕矢, 尾崎 敏文

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58 ( 特別号 )   2 - 7   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • 65歳以下の慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドロームと体組成及び運動機能評価

    辻 寛謙, 三澤 治夫, 千田 益生, 西田 圭一郎, 濱田 全紀, 堅山 佳美, 鉄永 智紀, 小田 孔明, 伊勢 真人, 梶木 裕矢, 尾崎 敏文

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58 ( 特別号 )   2 - 7   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    researchmap

  • Evaluation of the labrum on postoperative magnetic resonance images: a predictor of acetabular development in developmental dysplasia of the hip 査読 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Tomoko Tetsunaga, Hirofumi Akazawa, Kazuki Yamada, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki

    HIP International   11207000211004917 - 11207000211004917   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Introduction:</title> Residual acetabular dysplasia of the hip after open reduction can complicate the treatment of developmental dysplasia of the hip (DDH) due to the potential need for corrective surgery. This retrospective study aimed to determine the predictive factors for acetabular development using postoperative radiographs and magnetic resonance imaging (MRI).

    </sec><sec><title>Methods:</title> We retrospectively investigated 74 hips of patients with DDH who underwent open reduction after reaching walking age and were followed up radiologically until skeletal maturity. We evaluated the cartilaginous acetabulum and labrum using a new method that measures the cartilaginous and labral landmarks on coronal and axial MR T2*-weighted images in patients aged 5?years. The mean age at the time of surgery was 22?months and that at the final survey was 20?years. Severin classification was determined at the final follow-up. Groups with good (53 hips) and poor (21 hips) outcomes were compared using the postoperative radiographic and MRI parameters recorded at 5?years of age. Factors predicting acetabular development were identified using univariate and multiple logistic analyses.

    </sec><sec><title>Results:</title> There were no significant differences in the bony-acetabular index (AI) and centre-edge (CE) angle between the good and poor outcome groups. However, the poor outcome group had significantly larger cartilaginous- and labral-AIs but significantly smaller cartilaginous- and labral-CE angles than the good outcome group (both p?&lt;?0.05). Multiple logistic regression analysis showed that labral-AI and labral-CE angle were predictors of acetabular development after open reduction for DDH, and their optimal cut-offs were 4° (77% sensitivity, 76% specificity) and 37° (68% sensitivity, 85% specificity), respectively.

    </sec><sec><title>Discussion:</title> Normal cartilaginous acetabulum development occurs in childhood, and evaluation using only radiographs is difficult. However, labral-AI ?4° and labral-CE angle &lt;37° on MRI at 5?years of age offer useful indications for corrective surgery in patients with DDH.

    </sec>

    DOI: 10.1177/11207000211004917

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/11207000211004917

  • Osteosynthesis for Geriatric Acetabular Fractures: An Epidemiological and Clinico-Radiological Study Related to Marginal or Roof Impaction. 査読 国際誌

    Madoka Inoue, Tomoyuki Noda, Takenori Uehara, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Taichi Saito, Yasunori Shimamura, Yasuaki Yamakawa, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   75 ( 2 )   177 - 185   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This retrospective study sought to elucidate the incidence rates of roof impaction (RI) and marginal impaction (MI) and radiological and clinical outcomes of open reduction and internal fixation (ORIF) for RI and MI in geriatric acetabular fractures. The cases of 68 patients aged ? 65 years (mean 71 years) treated with ORIF were analyzed. MI was present in 12 fractures (67%) and an RI of the weight-bearing surface was present in 24 (46%) of the potential fracture types. Regarding the reduction quality, 54% of the reductions were graded as anatomical, 37% as imperfect, and 9% as poor. In the clinical evaluations of the 45 patients who had > 1-year follow-up (follow-up rate: 66.2%), 18% were graded as excellent, 53% as good, 16% as fair, and 13% as poor. An anatomic reduction was strongly associated with good or excellent clinical and radiological outcomes. CT was superior to radiographs for detecting the residual displacement postoperatively. Postoperative deep infection occurred in four patients. Three patients (6.7%) underwent a total hip arthroplasty conversion due to secondary osteoarthritis of the hip. We recommend ORIF as the preferred surgical treatment option for displaced acetabular fractures in elderly patients.

    DOI: 10.18926/AMO/61895

    PubMed

    researchmap

  • 当院で施行した ACTIS を用いた THA の術後1年の成績 査読

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   50 ( 追補版 )   879 - 880   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    当院でACTISを用いてTHAを行った20例20股(男性1股、女性19股、手術時平均年齢66.9歳)を対象に、術後1年の成績を検討した。その結果、X線学的評価ではステム沈下、骨折はなく、良好な初期固定性が得られていた。zone 1、7に8例(40%)のstress shieldingが認められたが、II度以上のstress shieldingはみられなかった。また、術後合併症や再置換を要した症例はなく、JOAスコアは術前平均49.7点から最終調査時平均88.6点へ有意に改善していた。

    researchmap

  • 慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドローム有病率とその特徴

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S934 - S934   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での三次元的大腿骨頭移動はADLに影響するか

    鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 鉄永 倫子, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S972 - S972   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者の自己効力感は介護者の介護負担度に影響を与える

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S919 - S919   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Bipolar Hip Arthroplasty Using a Conjoined Tendon-preserving Posterior Approach in Geriatric Patients. 査読 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Tomoko Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   25 - 30   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In bipolar hemiarthroplasty (BHA), it is important to preserve soft tissue to reduce the risk of postoperative dislocation. A variety of surgical approaches for BHA are available, but extra care is needed with muscle- and tendon-preserving approaches in geriatric patients. We investigated the usefulness of BHA using a conjoined tendon-preserving posterior (CPP) approach, in which only the external obturator muscle is dissected, in geri-atric patients. We retrospectively analyzed the cases of 40 femoral neck fracture patients (10 men, 30 women) aged ? 80 years who underwent BHA using the CPP approach. The patients' average age was 85.8 years (80-94 years). We examined the operation time, bleeding, preservation of short external rotator muscles, complica-tions, and stem alignment and subsidence from postoperative radiographs. Although gemellus inferior muscle injury was detected in 4 patients (10%), the hip joint stability was very excellent in all cases. There was no intraoperative fracture or postoperative dislocation. On postoperative radiographs, all femoral stems were in a neutral position. There was no stem subsidence in all 40 patients. BHA using the CPP approach appeared to be useful even in geriatric patients.

    DOI: 10.18926/AMO/61430

    PubMed

    researchmap

  • The Thickness of the Medial Wall of the Acetabulum Prevents Acetabular Fracture during the Insertion of a Cementless Cup in Total Hip Arthroplasty: A Biomechanical Study. 査読 国際誌

    Tomoaki Sanki, Tomonori Tetsunaga, Takayuki Furumatsu, Kazuki Yamada, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   71 - 77   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Intra-operative acetabular fracture is a total hip arthroplasty complication that can occur during cementless cup insertion, especially in osteoporotic patients. We conducted this biomechanical study to investigate the impact resistance of the acetabulum with simulated bones of different density by drop-weight impact testing. Low- and high-density polyurethane foam blocks were used as osteoporotic and healthy bone models, respectively. Polyurethane blocks were used as the acetabular cancellous bone. Composite sheets were used as the acetabu-lum's medial cortex. The testing revealed that the osteoporotic bone model's impact resistance was significantly lower than that the healthy bone model'. In the healthy bone model, even thin acetabular cancellous bone with ? 1 mm acetabulum medial cortex was less likely to fracture. In the osteoporotic bone model, fracture was pos-sible without ? 1 mm medial cortex of the acetabulum and thick acetabular cancellous bone. Although impac-tion resistance differs due to bone quality, the impaction resistance in this osteoporotic bone model was equiv-alent to that healthy bone model's when a thick medial wall was present. To avoid intra-operative acetabulum fracture, surgeons should consider both the bone quality and the thicknesses of the medial cortex and acetabu-lar cancellous bone.

    DOI: 10.18926/AMO/61437

    PubMed

    researchmap

  • Chronic Pain Has Little Effect on Physical Condition During the COVID-19 Pandemic in Japan: A Web-based Cross-Sectional Survey

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Haruo Misawa, Hironori Tsuji, Toshifumi Ozaki, Takahiro Tabuchi

    2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Research Square Platform LLC  

    <title>Abstract</title>
    <bold><italic>Background</italic></bold> Chronic pain affects people negatively, both mentally and physically. It is unclear how chronic pain affects people during social isolation and remote work due to the COVID-19 pandemic. The aim of this study was to analyze the effect of chronic pain on life during the COVID-19 pandemic.<bold><italic>Methods</italic></bold> This retrospective study included 4,972 matched-participants with or without chronic pain (2,311 males, 2,661 females; mean age, 53.8 years). The participants were divided into a chronic pain group (<italic>n</italic>=2,486) and a control group (<italic>n</italic>=2,486). Participants with chronic pain for three months or more were classified into the chronic pain group. All participants completed self-reported questionnaires. Factors related to physical condition during the COVID-19 pandemic were identified by univariate and multivariate analyses.<bold><italic>Results</italic></bold> Significant differences were found between participants with and without chronic pain for the pain that developed during the COVID-19 pandemic, lifestyle, interpersonal relationships, psychological factors related to COVID-19, and deterioration of physical condition. Multiple logistic regression analysis identified insomnia, poor work/study/housework performance, and anxiety/depression as factors related to deterioration of physical condition. Chronic pain was not identified as factor related to deterioration of physical condition.<bold><italic>Conclusions </italic></bold>The effect of chronic pain on lifestyle and physical condition during the COVID-19 pandemic was limited. The factors related to deterioration of the physical condition were insomnia, poor work/study/housework performance, and anxiety/depression.

    DOI: 10.21203/rs.3.rs-138931/v1

    researchmap

    その他リンク: https://www.researchsquare.com/article/rs-138931/v1.html

  • Steep posterior slope and shallow concave shape of the medial tibial plateau are risk factors for medial meniscus posterior root tears 査読 国際誌

    Yuki Okazaki, Takayuki Furumatsu, Yuya Kodama, Yusuke Kamatsuki, Yoshiki Okazaki, Takaaki Hiranaka, Shota Takihira, Tomonori Tetsunaga, Kenta Saiga, Toshifumi Ozaki

    Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy   29 ( 1 )   44 - 50   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05590-4

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s00167-019-05590-4.pdf

  • 初回THA術後に頻回脱臼となったシャルコー関節と考えられる1例 査読

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   50   515 - 516   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    68歳女性。両側の高度変形性股関節症に対しTHAを施行した。術後は両股とも頻回脱臼を生じたため再置換術を繰り返しており、シャルコー関節と考えられた。本症例では拘束型ライナーを使用しても再脱臼を認め、QOL維持のために慎重な経過観察と人工関節の維持に努める必要があると考えられた。

    researchmap

  • アナトミカルショートモジュラーネックステムの初期固定様式に関する3次元的解析 査読

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   50   727 - 728   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    アナトミカルショートモジュラーネックステム(Mainstayステム)を用いて人工股関節全置換術を施行した12股(男性3股、女性9股)を対象に、ステムの初期固定様式を3次元的に解析した。その結果、全例でステム近位においては皮質骨との良好な接触が獲得されていたが、遠位においては内側・前方での接触が少ないことが明らかになった。

    researchmap

  • セメントレスインプラント挿入時におけるナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討 査読

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   50   697 - 698   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    模擬骨を用いてセメントレスインプラント挿入時におけるナイロンハンマー(Nハンマー)とステンレスハンマー(Sハンマー)の打ち込み力の差を比較検討した。その結果、打ち込み力はSハンマーがNハンマーよりも有意に大きいことが明らかになった。また、術者間では打ち込み力にばらつきが示されたものの、同一術者内ではNハンマーがSハンマーの打ち込み力を上回ることはなかった。以上、今回の検討から術中骨折を回避するためには、打ち込み力の差を念頭に入れた上でハンマーを選択することが重要であると考えられた。

    researchmap

  • Preserve αステムを用いた人工股関節全置換術の1年以上経過した短期成績 査読

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   50   505 - 506   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    当院でPreserve αステムを用いて人工股関節全置換術を行い、1年以上経過した20例(男性2例、女性18例、手術時平均年齢69歳)の短期成績を検討した。その結果、術中・術後の合併症はなく、JOAスコアは術前平均44.0±11.3点が術後1年時には平均79.3±6.8点へと改善が認められた。3度以上の内外反挿入例はなく、2mm以上のsubsidenceを認めた症例もみられなかった。SSは95%と高率に認められたものの、不安定性を生じた症例はなかった。また、ステム挿入時のcortical ring温存と近位部移植により、RLLの発生率は20%に抑えることが可能であった。

    researchmap

  • 外反膝変形を伴う臀筋内脱臼に対するTHAの1例 査読

    遠藤 裕介, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   50   767 - 768   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    80歳女性。5歳時に左先天性股関節脱臼を指摘されるも未治療であった。今回、右股痛と左膝痛による歩行困難が出現し、当院へ紹介となった。歩行レベルは屋内が4点杖と伝い歩きで、屋外は車椅子を使用していた。X線像により著明な外反膝変形を伴う臀筋内脱臼と診断され、短縮骨切り術とLCPを併用した人工股関節全置換術を行い、術後2ヵ月目に人工膝関節置換術(TKA)を予定した。経過中に再脱臼を認め、再置換術を要したが、その1週後にTKAを予定通り施行することができた。その結果、術後1年経過で左膝の可動域は15〜100度で、再脱臼や疼痛はみられず、20分程度の杖歩行が可能である。

    researchmap

  • 当院で施行した創外固定を用いた骨延長術の短期成績 査読

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   29 ( 2 )   238 - 242   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    当院の小児対象の創外固定を用いた下肢骨延長術の治療成績を報告する。対象は2008年から2018年に当院で手術加療を行った20症例34肢である。大腿骨延長15肢に単支柱型創外固定を、下腿骨延長19肢にリング型創外固定器を用いた。検討項目は骨延長距離、創外固定指数(EFI)、プレート固定追加の有無、術後合併症とした。大腿の骨延長は平均6.0cm、EFIは平均39.0日/cm、7肢でplate conversionを行った。3肢で創外固定抜去後骨折、plate conversion後1肢でプレート折損、プレート抜釘後1肢で骨折を生じた。下腿の骨延長は平均5.6cm、EFIは平均54.6日/cm、4肢でplate conversionを行った。1肢で創外固定抜去後骨折、1肢で偽関節、plate conversion後1肢で感染を生じた。当院では長期の創外固定装着を避けるためplate conversionを行っている。軟部組織の厚い大腿に比べ、軟部組織の薄い下腿のplate conversionは軟部組織トラブルを生じる危険性がある。本シリーズでも1肢で感染を生じ、また、手術回数を増やす弊害もあり、適応は慎重にすべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 【運動器の痛み:どこから来るのか?どこへ行くのか?】(Part2)運動器の痛み どこへ行くのか? 疼痛の集学的治療 査読

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎

    Bone Joint Nerve   10 ( 4 )   643 - 650   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)アークメディア  

    researchmap

  • 当院で施行した Prime-N を用いた THA の術後3年の成績. 査読

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    中・四整会誌   32 ( 2 )   339 - 342   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    当院でPrime-Nを用いてTHAを行った29例31股を対象に、術後3年の成績を検討した。その結果、最終観察時に合併症、再置換を要した症例はなく、良好な固定性が得られていた。JOAスコアは術前平均49点が最終調査時には88点へ有意な改善を認めた。原疾患、ステムの挿入方向、ステムの髄腔占拠率により、術後JOAスコアに有意差はみられなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20201001180024&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2020%2F003202%2F024%2F0339-0342%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2020%2F003202%2F024%2F0339-0342%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Early response of bone metastases can predict tumor response in patients with non-small-cell lung cancer with bone metastases in the treatment with nivolumab. 査読 国際誌

    Nakata E, Sugihara S, Sugawara Y, Kozuki T, Harada D, Nogami N, Nakahara R, Furumatsu T, Tetsunaga Tomonori, Kunisada T, Ozaki T

    Oncol Lett   20 ( 3 )   2977 - 2986   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.11856

    PubMed

    researchmap

  • 運動器慢性痛を診る 身体と心をサポート

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 9 )   593 - 600   2020年9月

  • 運動器慢性痛に対する多面的アプローチ

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   12 ( 3 )   248 - 250   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    運動器慢性痛に対しては,多職種連携のチームアプローチ,多面的なアプローチが有用であることが認識されつつある。運動器慢性痛の患者さんのゴールは生活であること,その目的を共有し実践するためには,いろいろな因子を多面的に評価し,食事,睡眠,運動,生活リズム,生活習慣に目を向けた多職種によるトータルマネージメントが重要である。そして,暗くなりがちな痛み診療を明るい医療を目指し,臨んでいきたいと考えている。(著者抄録)

    researchmap

  • Cam type FAI に対する骨軟骨形成術において cam 切除量を定量化した1例. 査読

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   428 - 430   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    cam type femoroacetabular impingementの診断で股関節鏡視下骨軟骨形成術を行った45歳男性を対象として、三次元術前計画ソフトを用いcam切除体積の定量化を試みた。術前後の単純CT像から再構成した大腿骨3Dモデルを重ね合わせ、術前3Dモデルが術後3Dモデルからはみ出した部位をcam切除部位として、その体積を計測したところ、cam切除量は1150.78mm3であり、単純X線Dunn viewを用いて計測したα angleは術前71°から術後41°に改善していた。また、Yosifらの報告を参考に切除体積を計測した場合、本症例の推定切除量は850mm3であり、camが過剰に切除されていた可能性がある。

    researchmap

  • 6歳で発見された両側股関節脱臼の1例. 査読

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   46 ( 2 )   993 - 998   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    6歳女児。幼稚園の運動会で跳び箱をした際に股関節痛が出現した。X線所見より両側股関節脱臼と診断し、広範囲展開法による観血的整復術と二期的にSalter骨盤骨切り術による治療を行う方針とした。術前X線、CT評価より臼蓋形成不全と頸部捻転が強い左側より手術を行い、すべての手術(4回)を1年2ヵ月かけて終了した。1年8ヵ月後には自由歩行も安定し、小学2年生の2学期より体育も制限なく通常の学校生活へと復学することができた。

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股における骨頭被覆と X 線学的指標の比較検討. 査読

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   46 ( 2 )   1031 - 1034   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    当院で寛骨臼形成不全股に対し寛骨臼回転骨切り術を施行した35関節を対象に、CTによる骨頭被覆率と二次元的X線学的指標の比較検討を行った。その結果、骨頭被覆率に対してCE角とAHIは強い正の相関、AROは強い負の相関を認めた。

    researchmap

  • 股関節の関節裂隙開大距離と関節弛緩性および X 線学的指標についての検討. 査読

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   566 - 570   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    2016年8月〜2018年12月に股関節鏡手術を施行した20例21関節(男4関節、女17関節、平均年齢30.8歳)を対象に、術前ベイトンスコア、X線学的指標、牽引時の補正関節裂隙開大距離についてそれぞれの相関を検討した。疾患の内訳は発育性股関節形成不全14関節、境界型寛骨臼形成不全1関節、寛骨臼大腿骨インピンジメント3関節、股関節唇損傷3股であった。術前ベイトンスコアは平均3.8点、牽引力は平均37kgであった。ベイトンスコアとX線学的指標、ベイトンスコアと補正開大距離、X線学的指標と補正開大距離との間では有意な相関は認めなかった。補正開大距離が3mm未満の関節弛緩性なし群10関節と3mm以上の関節弛緩性あり群11関節との比較では、後者においてcenter edge角とacetabular head indexが有意に低値であった。

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性関節症との関連. 査読

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   46 ( 2 )   866 - 869   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    人工股関節全置換術(THA)を行った変形性股関節症(OA)12例12検体及び特発性大腿骨頭壊死症(ONFH)3例3検体を対象に、股関節唇のSafranin Oと染色性股関節唇変性との関連を検討した。対象は男性5例、女性10例、27〜85歳(平均61歳)であった。その結果、OAが進行するほどSafranin Oで関節唇が赤く染色され、Safranin Oの赤染性とOAの変性の程度との相関が明らかとなった。Safranin O染色は硝子軟骨基質を赤染することより、線維軟骨から成る股関節唇の変性によって硝子軟骨基質が産生されたと推察した。

    researchmap

  • Cam type FAIに対する骨軟骨形成術においてcam切除量を定量化した1例

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   428 - 430   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 股関節の関節裂隙開大距離と関節弛緩性およびX線学的指標についての検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   566 - 570   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • Short-term outcomes of mirogabalin in patients with peripheral neuropathic pain : a retrospective study. 査読 国際誌

    Tetsunaga Tomoko, Tetsunaga Tomonori, Nishida K, Misawa H, Takigawa T, Yamane K, Tsuji H, Takei Y, Ozaki T

    J Orthop Surg Res   15 ( 1 )   191 - 191   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-020-01709-3

    PubMed

    researchmap

  • 運動器疼痛患者における食事が及ぼす影響. 査読

    廣瀬 一樹, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    中・四整会誌   32 ( 1 )   143 - 145   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An accelerometer-based navigation system provides acetabular cup orientation accuracy comparable to that of comuputed tomography-based navigation during total hip arthroplasty in the supine position. 査読 国際誌

    Tetsunaga Tomonori, Yamada K, Tetsunaga Tomoko, Sanki T, Kawamura Y, Ozaki T

    J Orthop Surg Res   15 ( 1 )   147 - 147   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-020-01673-y

    PubMed

    researchmap

  • Multidisciplinary treatment system for bone metastases for early diagnosis, treatment and prevention of malignant spinal cord compression. 査読 国際誌

    Nakata E, Sugihara S, Sugawara Y, Nakahara R, Furumatsu T, Tetsunaga Tomonori, Kunisada T, Nakanishi K, Akezaki Y, Ozaki T

    Oncol Lett   19 ( 4 )   3137 - 3144   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.11415

    PubMed

    researchmap

  • Idiopathic chondrolysis of the hip treated by immunosuppressive therapy and arthroscopic intervention. 査読 国際誌

    Endo H, Akazawa H, Yashiro M, Yamada K, Sanki T, Tetsunaga Tomonori, Nishida K, Furumatsu T, Ozaki T

    Acta Med Okayama   74 ( 1 )   77 - 81   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/57957

    PubMed

    researchmap

  • Ten-year outcomes of total hip arthroplasty using fit-and-fill type cementless collared straight stem implants : relationship between the initial contact status and stress shielding. 査読 国際誌

    Sanki T, Endo H, Tetsunaga Tomonori, Furumatsu T, Yamada K, Ozaki T

    Acta Med Okayama   74 ( 1 )   7 - 15   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/57947

    PubMed

    researchmap

  • Medial meniscus posterior root repair decreases posteromedial extrusion of the medial meniscus during knee flexion. 査読 国際誌

    Okazaki Y, Furumatsu T, Okazaki Y, Masuda S, Hiranaka T, Kodama Y, Kamatsuki Y, Miyazawa S, Tetsunaga Tomonori, Ozaki T

    Knee   27 ( 1 )   132 - 139   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2019.09.005

    PubMed

    researchmap

  • The factors driving self-efficacy in intractable chronic pain patients: a retrospective study 査読 国際誌

    Tsuji H, Tetsunaga T, Tetsunaga T, Nishida K, Misawa H, Ozaki T

    Journal of Orthopaedic Surgery and Research   14 ( 1 )   473 - 473   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The factors driving self-efficacy in intractable chronic pain patients: a retrospective study. 国際誌

    Hironori Tsuji, Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Keiichiro Nishida, Haruo Misawa, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic surgery and research   14 ( 1 )   473 - 473   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The fear-avoidance model is a theoretical paradigm for explaining acute and chronic pain. In this model, pain catastrophizing plays an important role. On the other hand, self-efficacy influences whether patients view their pain optimistically, ultimately preventing the conversion of pain into intractable pain. The aim of the present study was to evaluate the factors that influence self-efficacy in patients with chronic pain. METHODS: Study participants included 147 outpatients (35 men, 112 women) with intractable chronic pain who visited our hospital between September 2014 and July 2015. Their mean age was 71.0 (range 32-92) years. Pain sites were as follows: low back, 97 patients; knee, 71 patients; shoulder, 34 patients; and hip, 15 patients. All patients were assessed using the following measures: Numeric Rating Scale (NRS), Pain Catastrophizing Scale (PCS), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS), Pain Disability Assessment Scale (PDAS), and Pain Self-Efficacy Questionnaire (PSEQ). All participants were further divided into two groups based on median PSEQ scores (group L: PSEQ of 35 points or less, n = 74; group H: PSEQ greater than 35 points, n = 73). The factors that influenced self-efficacy in these patients were analyzed using univariate and multiple linear regression analyses. RESULTS: Significant differences were observed in gender; pain duration; and NRS, PDAS, HADS, and PCS scores between group L and group H. Multiple linear regression analysis revealed that self-efficacy was correlated with PDAS score, HADS depression score, and pain duration. CONCLUSIONS: Patients with longer pain duration indicated greater self-efficacy and patients with higher pain disability and depression exhibited lower self-efficacy.

    DOI: 10.1186/s13018-019-1535-9

    PubMed

    researchmap

  • Metal-on-Poly 摺動面人工股関節置換術後に生じた ARMD の1例 査読

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   49   173 - 174   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    84歳女性。80歳時に変形性股関節症に対しCo-Cr-MoヘッドとMetal-on Poly摺動面を使用した人工股関節置換術を施行した。術後3年6ヵ月に両鼠径部の腫瘤と左股関節の違和感が出現し、単純CTで両鼠径部に液体貯留を伴う嚢胞形成を認めた。左股のMRIでは関節内と骨盤内壁に連続した液体貯留を伴う単房性嚢胞性腫瘤を認めた。両鼠径部をエコーガイド下に穿刺し、右股は黄色透明、左股は黒色透明の排液があった。細菌監視培養は両側とも陰性であった。遅延性金属アレルギーと診断し、骨頭置換術を施行した。術中、ライナーに破損部位はなく、ヘッドとネックの嵌合部に穿刺液と同性状の黒色漿液を認めた。メタルヘッドをセラミックヘッドに置換し、病理検査でaseptic lymphocyte-dominated vasculitis-associated lesion(ALVAL)を示唆する所見を認めた。術後、症状が改善し、術後2ヵ月の現在まで再発を認めていない。

    researchmap

  • THA 術後エドキサバン内服例の VTE 予測因子について 査読

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   49   185 - 186   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    過去2年間の人工股関節全置換術(THA)後のエドキサバン内服症例210例(男性38例、女性172例、18〜93歳、平均年齢65歳)をエドキサバン30mg群78例(A群)、15mg群44例(B群)、非投与群88例(C群)に分類し、静脈血栓塞栓症(VTE)発生率および予測因子について比較検討した。その結果、多重比較法では3群で年齢、体重、出血量、手術時間に有意差を認めたが、VTE発生率に有意差は認めなかった。多重ロジスティック回帰分析によるVTE発生予測因子は、A群は有意でなかったが、B群、C群はD-dimer値が有意な予測因子であった。

    researchmap

  • THA 後の骨盤骨折に対して一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例 査読

    遠藤 裕介, 山田 和希, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    日本人工関節学会誌   49   277 - 278   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    症例1は93歳女で、76歳時に右変股症に対してmetal backed cup THAを施行された。91歳頃から歩行時の右股痛があり、前医でカップmigrationを認められ、当科に紹介された。CTで寛骨臼横骨折を認め、AAOS Type IVのpelvic discontinuityと診断した。再置換術の方法は、側臥位でKocher-Langenbeckアプローチにより進入し、先に後柱をプレート固定した後にインプラントを抜去し、同種骨とKTプレートを用いて寛骨臼を再建した。ステムはセメントインセメントで固定し、術後経過良好であった。症例2は78歳女で、両変股症に対し前医で右股のセメントレスTHAを施行され、原臼位から3cmを越える高位にカップが設置されていた。術後数日で歩行時痛が増悪し、X線でカップの脱転、CTで骨盤骨折を認められた。術後2週時に全インプラントを抜去され、同時に同種骨を留置された。当院へ転院となり、CTでAAOS Type IIIと診断した。手術は、まず仰臥位でStoppa-Hoffaアプローチにより進入し、リコンプレート2枚で骨接合術を行った。続いて側臥位へ体位変換し、後方アプローチで同種骨とKTプレートを用いて寛骨臼を再建し、術後経過良好であった。

    researchmap

  • IBG によるステム再置換の治療経験 査読

    遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文, 浅海 浩二, 真鍋 博規, 三谷 茂, 難波 良文, 三宅 由晃, 河本 豊広, 古市 州郎

    日本人工関節学会誌   49   71 - 72   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    2011〜2017年にIBG(Impaction bone grafting)によるステム再置換を行った14例について報告した。男性4例、女性10例、手術時年齢は58〜79歳であった。術前のX線評価でEndo-Klinik分類grade Iが4例、IIが8例、IIIが2例、AAOS分類Type IIが12例、IIIが2例、Paprosky分類Type 1が8例、2Aが4例、2Bが1例、3Aが1例であった。手術でメッシュを併用したものが3例、骨折予防目的にプレート固定を行ったものが7例あった。手術時間は平均4.3時間、出血量は平均1000mlで、術後1〜7年の経過観察中に再置換を要したものが2例(14%)あった。代表例5例を提示した。

    researchmap

  • 私の処方 運動器慢性痛患者に対するセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀

    Modern Physician   39 ( 12 )   1166 - 1166   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)新興医学出版社  

    researchmap

  • 成人後に骨軟化症(くる病)の大腿骨不全骨折に対して手術加療した1例 査読

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 5 )   863 - 864   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    44歳女。主訴は右膝痛で、小児期にくる病の下肢変形により10回以上手術を施行されていた。単純X線像と3D-CT像で右大腿骨の外彎および前彎変形と骨切り部の外側骨皮質の不連続性を認め、骨シンチで同部位に異常集積があることから骨切り部の不全骨折と診断し、血液検査でFGF23関連低リン性くる病・骨軟化症と診断された。リンとビタミンD補充療法では改善せず、3ヵ月後に右大腿骨不全骨折部の矯正骨切り術を施行し、Synthes Curved Broad Plate 12穴を併用し固定した。術後3ヵ月で独歩可能となり、X線上骨癒合が得られ、3年4ヵ月時にプレート抜釘を施行した。術後3年10ヵ月時にはX線上で骨折部はリモデリングし、痛みもなく、骨シンチでの異常集積も改善していた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20191121010033&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2019.863&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2019.863&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Changes in acetabular component alignment due to screw fixation in patients with hip dysplasia 査読 国際誌

    Tetsunaga T, Fujiwara K, Endo H, Tetsunaga T, Miyake T, Yamada K, Sanki T, Ozaki T

    Hip International   29 ( 5 )   535 - 542   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1120700019828708

    PubMed

    researchmap

  • 過去60年間における筋性斜頸手術件数の推移 査読

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   28 ( 1 )   44 - 47   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 8歳以上で発症したペルテス病の治療成績 査読

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   28 ( 1 )   107 - 110   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】8歳以上で発症したペルテス病の単純X線の経過を検討すること。【方法】8歳以上でペルテス病を発症し、1990年6月から2018年6月の間に岡山大学病院を受診し、定期的に単純X線を撮影できた15例(男児13例、女児2例)を対象とした。治療法は保存療法7例、手術療法8例であった。以上の症例に対しCatterall分類(Ca)、保存療法での%Lateral pillarの推移、Stulberg分類(St)を評価した。【結果】保存療法でCaI・II型(4例)が最終調査時StI型3例、II型1例であり、CaIII・IV型(3例)はStII型2例、III型1例であった。手術療法ではCaII型(3例)が最終調査時StI型2例、II型1例であり、CaIII・IV型(5例)はStI型1例、III型1例、IV型3例であった。【結語】保存療法ではおおむね治療成績は良好であったが、手術を行ったとしても発症年齢が高齢になるほど成績不良であった。治療法にかかわらず、経過中の%LPの低下が成績不良につながるため、十分な入院免荷が重要と考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 若年者における歩行困難を訴えた股関節唇単独損傷の2例 査読

    遠藤 裕介, 三喜 知明, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   45 ( 2 )   850 - 855   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    症例1は33歳女性で、歩行困難を主訴とした。X線、3D-CT、MRIで異常を認めず、初診後1ヵ月に診断と治療を兼ねて鏡視下手術を施行した。前上方の関節唇基部の一部に断裂所見を認めたが、断裂部の基部は安定していた。シュリンケージのみ行い、周囲の滑膜増生を焼灼した。術直後に疼痛が改善し、通常の座位が可能となった。5日後に独歩可能となり、術後3ヵ月に看護師に仕事復帰した。術後3年にJOAスコアは術前47点が100点に改善していた。症例2は24歳女性で、歩行困難を主訴とした。X線、3D-CT、MRIで異常を認めず、初診後1ヵ月に鏡視下手術を施行した。関節唇が膨化し、基部が断裂していた。関節内への嵌頓を認め、アンカー2本を用いて関節唇縫合術を行った。術後早期に疼痛が軽減し、術後3週に独歩可能となった。術後3ヵ月にスポーツジムのインストラクターに仕事復帰し、術後1年にJOAスコアは術前42点が100点に改善していた。

    researchmap

  • 若年者における外傷性広範囲大腿骨頭壊死の1例 査読

    遠藤 裕介, 河村 涌志, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   45 ( 2 )   805 - 810   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    12歳男児。自転車走行中に自動車と衝突し前医に救急搬送された。Delbet-Colonna分類Type IIIの左大腿骨頸部骨折の診断で骨接合術が施行され、骨接合が得られた。術後3ヵ月に大腿骨頭壊死はないと判断され、荷重が許可された。術後約1年に疼痛が出現し、MRIで広範囲壊死が認められ、免荷が指示された。しかし、免荷は守られず、14歳時に当院紹介受診となった。著明な跛行を認め、X線像はType C2、Stage IIIBで、骨頭は二段頂に変形し嚢胞状であった。体重管理と免荷の指示を徹底し、外来経過観察を行った。長期免荷で嚢胞状の骨頭に再血行による骨硬化像が見られる様になり、疼痛も軽快したが、外転不可能で関節適合性も不良であった。社会的事情により手術困難となっていたが、骨頭内側部のリモデリングが得られ、16歳時に大腿骨外反骨切り術とbumpectomyを施行した。関節温存や除痛、可動域の改善が得られ、独歩可能となった。

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失の検討 査読

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 浅海 浩二, 梶谷 充, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   45 ( 1 )   39 - 43   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 80歳以上の人工股関節全置換術後における周術期経過に関する検討 査読

    多田 恵, 栗阪 美奈, 佐藤 成美, 真鍋 郁美, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀

    Hip Joint   45 ( 2 )   S44 - S47   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    当科で2016〜2017年にTHAを受けた患者のうち、手術時年齢が80歳以上の群19例と69歳以下の群38例を対象とし、「術後1日目のヘモグロビン値」「術後1日目の疼痛(NRS)」「術後の鎮痛薬使用量」「歩行器歩行自立までに要した期間」「術後せん妄の発症率」について群間比較を行った。結果、「ヘモグロビン値」は80歳以上群9.6±1.2mg/dl、69歳以下群10.4±1.2mg/dlであり、80歳以上群が有意に低かった。「疼痛NRS」はそれぞれ6.2±2.6、4.7±2.2であり、80歳以上群が有意に高かった。「鎮痛薬使用量」はそれぞれ平均26.6ml、27.3mlであり、有意差は認めなかった。「歩行器歩行自立までの期間」はそれぞれ7.4±3.1日、5.1±2.6日であり、80歳以上群が有意に長かった。「術後せん妄の発症率」は80歳以上群21%、65歳以下群0%であった。

    researchmap

  • 広範囲展開法後の DDH 症例に対する RAO の治療経験 査読

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    Hip Joint   45 ( 2 )   839 - 845   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本股関節学会  

    小児片側脱臼に対し広範囲展開法(田邊法)で観血的整復術後(OR)を行った後に形成不全股となった女性3例を対象に、寛骨臼回転骨切り術(RAO)を行った。これらの症例のRAO前後のX線像、手術時間、出血量、合併症、杖なし歩行が可能になった時期、JOAスコアを調査した。OR時は平均3.2歳、RAO時は平均19歳で、RAO後の平均経過観察期間は19ヵ月であった。その結果、RAO前のX線像におけるCE角は平均7°、VCA角は平均0.3°、Sharp角は平均48°であった。最終観察時のCE角は平均33°、VCA角は平均45°、Sharp角は平均38°であった。手術時間は平均3.5時間、出血量は平均585mlであり、1例で坐骨神経領域の知覚障害が生じた。JOAスコアは術前平均60点が術後平均83点に改善した。杖なし歩行が可能になった時期はそれぞれ3ヵ月、5ヵ月、1年6ヵ月であった。OR後の形成不全股に対しRAOは有用と考えられた。

    researchmap

  • 整形外科を牽引する女性医師たち - 男女共同参画 脊椎外科医から医療安全へ そして未来へ 査読

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀

    臨床整形外科   54 ( 5 )   473 - 475   2019年5月

  • 【"ナゾ"の痛み診療ストラテジー OPQRSTで読み解く】診断と治療のストラテジー「頭の先から足の先まで」痛みのcase file 腰も足も痛いんです! 査読

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    総合診療   29 ( 4 )   450 - 454   2019年4月

  • 【長引く痛みに向き合う】《それぞれの痛みにどうつきあうか》 リウマチの痛み 査読

    鉄永 倫子, 神崎 浩孝, 鉄永 智紀

    Modern Physician   39 ( 3 )   293 - 295   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)新興医学出版社  

    <ポイント>●関節リウマチ(RA)の好発年齢は30〜50歳前後であるが近年高齢化によってEORAが増加している。●新しい薬の開発によって、active RAはコントロールできるようになったが、高齢化や高額薬価によって、新たな問題(治療上の制約)も生じている。●RA治療の目的は、臨床症状の緩和と関節破壊や身体機能障害の防止であり、疾患活動性の制御と寛解を目標とした治療(Treat to Target:T2T)が勧奨されている。●RAの痛みは侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、非身体器質的疼痛(心因性疼痛)が複雑に関連した複合型疼痛である。●RAの痛み治療には、身体所見のみならず精神心理面、患者背景の多面的な評価が重要であり、そのうえで手術の適応やタイミング、薬剤の調整を行う必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • Predicting acetabular growth in developmental dysplasia of the hip following open reduction after walking age 査読 国際誌

    Miyake T, Tetsunaga T, Endo H, Yamada K, Sanki T, Fujiwara K, Nakata E, Ozaki T

    Journal of Orthopaedic Science   24 ( 2 )   326 - 331   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.09.015

    PubMed

    researchmap

  • Transtibial pullout repair of medial meniscus posterior root tear restores physiological rotation of the tibia in the knee-flexed position 査読 国際誌

    Okazaki Y, Furumatsu T, Kodama Y, Hino T, Kamatsuki Y, Okazaki Y, Masuda S, Miyazawa S, Endo H, Tetsunaga T, Yamada K, Ozaki T

    Orthopaedics & Traumatology: Surgery & Research   105 ( 1 )   113 - 117   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.otsr.2018.10.005

    PubMed

    researchmap

  • Avulsion fracture of the ischial tuberosity treated with the suture bridge technique: a case report 査読 国際誌

    Tetsunaga T, Endo H, Tetsunaga T, Yamada K, Furumatsu T, Ozaki T

    BMC Musculoskeletal Disorders   20 ( 1 )   9 - 9   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-018-2377-z

    PubMed

    researchmap

  • 当科における股関節鏡の合併症 査読

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   153 - 154   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    股関節鏡手術を施行した127例(男性27例、女性100例・手術時平均37歳)を対象に、周術期合併症、1年以内の人工股関節全置換術(THA)移行について調査した。その結果、周術期合併症は11例(8.7%)に認め、陰部神経麻痺1例、外側大腿皮神経麻痺5例、器具破損4例、下腿静脈血栓症1例であった。THA移行例は3例(2.4%)で、術後平均10ヵ月で施行していた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20190412110071&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2019.153&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2019.153&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 【腰痛治療の最前線】腰痛の治療 腰痛のリエゾン療法

    鉄永 倫子, 西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    関節外科   37 ( 12 )   1350 - 1356   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    腰痛に対する保存療法、薬物療法、手術療法が進歩するなかで、認知行動学的な集学的治療の重要性も昨今認識されてきている。そこで、腰痛のリエゾン療法についての効果・限界・今後の展望について紹介する。(著者抄録)

    researchmap

  • Mega prosthesisによるステム再置換の治療経験

    遠藤 裕介, 三喜 知明, 三宅 孝昌, 鉄永 智紀, 山田 和希, 尾崎 敏文, 高木 徹, 伊達 宏和

    日本人工関節学会誌   48   111 - 112   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    KLS(Kyocera limb salvage system)を使用してTHA再置換術を施行した5例(男性2例、女性3例、平均年齢77歳)を対象に、その治療成績について検討した。術後観察期間は平均20ヵ月であった。ステムはセメントレス1例、セメント4例で、カップ側再置換は2例がライナー置換のみ、3例はセメントレスカップで再置換した。当院での再置換術までの手術回数は他院での初回THAを含めて2例で2回、3例で3回の手術加療歴があり、全例が無菌性のゆるみであった。手術時間は平均180分、出血量は平均570mlで、神経血管損傷、感染の合併症はなかった。術後の離床は車椅子もしくは歩行器で平均5日であった。2例で術後脱臼を生じ、症例2は術後10日目で脱臼しギプスと外転装具で保存的に加療し、症例3は術後9週で脱臼し拘束型ライナーに再置換を行った。

    researchmap

  • Tapered wedge stem(Initia)の使用経験

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 井上 博登, 山脇 正, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   48   87 - 88   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    Tapered wedge stemであるInitiaを使用した症例における大腿骨骨皮質との接触とステム設置状態について検討した。primary THA 70例のうち、適応を選んで使用した9例(全例女性、平均年齢70.8歳)10股を対象とした。アプローチはPosterolateralが8股、Anterior Lateral Supineが2股であった。正面像においてzone 2、7の接触が60%と最も多く認められた。zone 4を除く六つすべてのzoneに接触していた症例はなかった。側面像でもすべてのzoneに接触する症例は存在せず、zone 5の接触が90%と最も多く、接触zone数は二つが7例、一つが2例で、まったく接触していない症例が1例存在した。CT上のステム固定様式はMediolateral Fitが6例、Flare Witが4例、Diaphyseal Fit、Multi-Points Fitの症例はなかった。ステム挿入角度は平均内反0.2°、平均屈曲3.4°であり、術後にステム沈下やゆるみを生じた症例はなかった。

    researchmap

  • 若年者の脳性麻痺患者に対してTHAを行った1例

    遠藤 裕介, 鈴木 美穂, 井上 博登, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   48   285 - 286   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    35歳女。1歳時に脳性麻痺を指摘された。今回、左股関節痛が増悪して歩行困難となり当科紹介受診された。初診時、JOAスコアは右53点、左4点で、左股関節の可動域は外転不可能で20°内転15°内旋での拘縮を認め、疼痛により屈曲30°程度であった。股関節正面X線像はCE角が-38°、AHI 24%、MP 76%、Sharp角56°と左股関節は亜脱臼の状態であり、関節裂隙は消失し末期股関節症の状態で約3cmの脚長差を認めた。CTでは左大腿骨の頸部前捻角は63°と過前捻を認めた。Dual mobility cupを用いた人工股関節全置換術を施行し、術後2週で歩行器歩行自立し、3週でリハビリ転院した。長期間の屈曲拘縮により患側のアキレス腱拘縮が存在し、尖足のため踵接地での歩行ができず、術後5週でアキレス腱延長術を要したが、術後3ヵ月でT字杖2本歩行可能となり自宅退院した。以後も脱臼等の合併症はなく、股関節痛は消失し、術後1年の最終経過観察時にはJOAスコアは58点に改善し、杖なし歩行もわずかではあるが可能であった。

    researchmap

  • セメントステム周囲骨折に対するセメントロングステムによる治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文, 高木 徹, 伊達 宏和

    日本人工関節学会誌   48   113 - 114   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    症例1は46歳男性で、45歳時に一次性股関節症でTHAを施行後、自転車走行中に自動車にはねられ受傷し救急搬送された。術前CTで粉砕を認め、ステムを除去しロングステムを挿入、プレートで追加固定を行った。症例2は79歳女性で、THA後11年目に自宅で転倒し受傷した。近位の骨片を整復して内側と前側を自家腓骨プレートで補強し、さらにLCPプレートで追加固定を行った。症例3は67歳女性で、THA後11年月に大転子偽関節のため頻回脱臼となり、再置換施行後1年時に自宅で転倒し受傷した。SCロングステムを挿入し、近位内側の骨片をネスプロンで締結のみ行った。症例4は74歳女性で、THA後12年目に自宅で転倒し受傷した。SCロングステムを挿入し、近位内側の骨片をネスプロンで締結のみ行った。

    researchmap

  • 骨形成不全症 大腿骨骨折を繰り返し治療に難渋している骨形成不全症の1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 野田 知之, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 高橋 欣吾, 武田 健

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 11 )   918 - 921   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    症例は13歳男児で、出生時に多発骨折(左上腕骨、左腓骨、第2〜4肋骨)を認め、骨形成不全症(Sillence分類IV型)と診断された。8歳時に転倒し、右大腿骨骨幹部骨折に対し当院でギプス加療を行った。左大腿骨は骨幹部骨折を生後3ヵ月時と6歳時に生じ、10歳時に転倒し左大腿骨顆上骨折を受傷したが、転位は軽度でギプス固定による保存的加療により骨癒合が得られていた。その後も骨折を繰り返し、13歳時に車いすで転倒しそうになった際に左股関節に違和感があり左大腿骨頸部不全骨折を生じ、LCPプレート孔より4.5mm CCSと5.0mmロッキングスクリューを挿入し、前方より6.5mm CCS1本の計3本で追加固定を施行されている。最終術後2ヵ月時の単純X線像では骨折転位は認めておらず、移動は車いすで自立している。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01133&link_issn=&doc_id=20181204100016&doc_link_id=%2Ffj2ortho%2F2018%2F009211%2F018%2F0918-0921%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffj2ortho%2F2018%2F009211%2F018%2F0918-0921%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • プレガバリンの処方実態調査 腎機能と用法・用量を基にした適正使用に関する考察

    神崎 浩孝, 鉄永 倫子, 田中 雄太, 槇田 崇志, 西原 茂樹, 鉄永 智紀, 北村 佳久, 西田 圭一郎, 千堂 年昭

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   10 ( 3 )   S153 - S153   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における運動器慢性痛患者に対する復職支援の取り組み

    鉄永 倫子, 西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 井上 真一郎, 松崎 孝, 太田 晴之, 神崎 浩孝, 大倉 和代, 石橋 京子, 宮本 和子

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   10 ( 3 )   S74 - S74   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    researchmap

  • 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】薬物療法 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の使用方法 効果は抑うつの有無により影響するか

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    別冊整形外科   ( 74 )   23 - 26   2018年10月

  • Drug dependence in patients with chronic pain: A retrospective study. 国際誌

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Keiichiro Nishida, Hirotaka Kanzaki, Haruo Misawa, Tomoyuki Takigawa, Yasuyuki Shiozaki, Toshifumi Ozaki

    Medicine   97 ( 40 )   e12748   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Drug dependence, which can exist concurrently with chronic pain, is seen as one of the major causes of rapidly increasing medical expenses. However, drug dependence in patients with chronic pain has not been evaluated. The aim of this study was to identify the risk factors for drug dependence in patients with chronic noncancer pain.This retrospective study included 151 patients with chronic noncancer pain (43 males, 108 females; mean age, 72 years). Low back pain (LBP) occurred in 96 patients, whereas 22 had shoulder pain, 8 had hip pain, and 77 had knee pain. Patients were divided into drug dependence and nondrug dependence groups based on the Severity of Dependence Scale (SDS) scores. Patients with SDS scores ≥5 and <5 were classified into drug dependence and nondrug dependence groups, respectively. All patients completed self-report questionnaires. Factors that predict drug dependence were identified by performing univariate and multivariate analyses.Sixty (40%) of the 151 patients met the SDS criteria for drug dependence. Significant differences were found between patients with and without drug dependence for the LBP, hip pain, number of medications, and for the Numerical Rating Scale, Pain Disability Assessment Scale (PDAS), Hospital Anxiety and Depression Scale, and Pain Catastrophizing Scale (PCS) scores. Multiple regression analysis identified LBP, hip pain, PCS, and PDAS scores as factors related to drug dependence in patients with chronic noncancer pain.Drug dependence tends to differ in patients based on the location of their chronic pain. Pain catastrophizing and disability indicated a greater tendency for drug dependence. Thus, PCS and PDAS scores are useful screening tools for predicting drug dependence in patients with chronic pain.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000012748

    PubMed

    researchmap

  • 【小児股関節に対する治療】小児股関節疾患に対する治療の実際 発育性股関節形成不全(脱臼)の手術療法(観血的整復術)の実際

    鉄永 智紀, 青木 清, 赤澤 啓史

    関節外科   37 ( 10月増刊 )   139 - 144   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    発育性股関節形成不全(脱臼)に対する観血的整復術は、牽引治療などの保存療法で良好な治療経過が得られるため徐々に適応が限られてきているが、保存療法不成功例や歩行開始後の症例では必要な治療法である。さまざまな観血的整復術のなかから、筆者らが現在行っている広範囲展開法(田辺法)を中心に、その適応、手術手技、ポイントについて解説する。(著者抄録)

    researchmap

  • The clinical impact of edoxaban for the patients with postoperative anemia after total hip arthroplasty. 国際誌

    Yasuhisa Izushi, Naofumi Shiota, Tomonori Tetsunaga, Kenichi Shimada, Takashi Egawa, Tsukasa Kiuchi, Toru Sato, Ritsugi Takuma, Yoichiro Takami

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   28 ( 7 )   1349 - 1358   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Postoperative anemia is a common complication after total hip arthroplasty (THA). However, the effect of edoxaban on postoperative anemia after THA remains unclear. Here, we retrospectively evaluated the clinical assessment of postoperative anemia and the associated changes of coagulation parameters in patients undergoing thromboprophylaxis with edoxaban compared with fondaparinux as a conventional anticoagulant thromboprophylactic agent after THA. METHODS: One hundred and forty-nine patients who underwent THA from July 2010 to June 2012 were divided into two groups, according to whether they were operated on before or after the approval of edoxaban: the fondaparinux group (Group F: 86 patients) and the edoxaban group (Group E: 63 patients). The frequency of postoperative anemia and blood coagulation values were investigated. RESULTS: Postoperative anemia developed more frequently in Group E than in Group F after surgery. However, the degree of postoperative anemia showed no significant difference between the groups. Meanwhile, prothrombin time (PT), prothrombin time-international normalized ratio (PT-INR), and activated partial thromboplastin time were markedly higher in patients with edoxaban-associated postoperative anemia, which showed an increased potential to predict the occurrence of postoperative anemia. Additionally, both PT and PT-INR in Group E were also correlated with the volume of estimated blood loss. CONCLUSION: The frequency of postoperative anemia was increased in patients treated with edoxaban, compared to fondaparinux, after THA. Edoxaban thromboprophylaxis might, therefore, require more careful monitoring to prevent postoperative anemia. Additionally, particular prolongation of PT and PT-INR induced by edoxaban treatment might predict postoperative anemia.

    DOI: 10.1007/s00590-018-2212-0

    PubMed

    researchmap

  • THAのcup設置におけるCT based navigationとCT free navigationの有用性の比較検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   189 - 194   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    当科で初回THA(人工股関節全置換術)を行った72例(男性12例、女性60例、手術時平均年齢62歳)を対象に、CT based navigationとCT free navigationにおけるcup設置精度を比較検討した。CT based naviは無作為にFluoro navi(fluoro群36例)とLandmark navi(landmark群36例)に割り当てて使用し、CT free navi(CT free群72例)はCT based naviと同時に併用した。その結果、cup設置精度はfluoro群がlandmark群、CT free群に比べ外方開角、前方開角ともに精度が高かった。また、サブグループ解析の結果からFluoro naviは患者因子の影響を受けていなかったが、Landmark naviは骨盤傾斜の大きな症例で前方開角の精度が低下し、骨棘のある症例では外方開角の精度が低下する傾向が示された。CT free naviでは、骨棘のある症例で外方開角および前方開角ともに精度の低下がみられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20181019080004&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2018%2F003002%2F005%2F0189-0194%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2018%2F003002%2F005%2F0189-0194%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当科における股関節鏡の合併症

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 ( 秋季学会 )   112 - 112   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 新体操選手に生じた股関節症の1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    Hip Joint   44 ( 2 )   7 - 7   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • A Multidisciplinary Approach to the Management of Chronic Pain through a Self-managed Behavioral Exercise Program : A Pilot Study in Japan.

    Hiroyuki Nishie, Tomoko Tetsunaga, Hirotaka Kanzaki, Koji Oda, Shinichiro Inoue, Yuta Ryuo, Haruyuki Ota, Takuya Miyawaki, Kyosuke Arakawa, Tomonori Tetsunaga, Yoshihisa Kitamura, Toshiaki Sendo, Hiroshi Morimatsu, Toshifumi Ozaki, Keiichiro Nishida

    Acta medica Okayama   72 ( 4 )   343 - 350   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We conducted this study to determine the short-term treatment outcomes of multidisciplinary approaches to chronic pain management for outpatients in Japan. We evaluated pain reduction and improvement in quality of life (QOL) after treatment. We analyzed 32 patients who had experienced intractable chronic pain for > 3 months. The patients received multidisciplinary therapeutic self-managed exercise instructions and then underwent evaluations 1 and 3 months after the treatment. We used the Pain Disability Short Form-36 (SF-36), Pain Catastrophizing Scale (PCS), and Pain Disability Assessment Scale (PDAS) to evaluate QOL. Although the pain levels were the same before and after the physical exercise program, the patients showed significant improvements in physical function on the SF-36 (48.5 vs. 54.5, 3 months vs. 1 month; p=0.0124), the magnification subscale on the PCS (6.8 vs. 5.9, 1 month vs. before; p=0.0164) and the PDAS (29.2 vs. 23.4, 3 months vs. before; p=0.0055). Chronic pain should be treated with a biopsychosocial approach, but time constraints and costs have limited the implementation of multidisciplinary and behavioral approaches to chronic pain management. Our findings demonstrate that clinical improvements are possible for patients with chronic pain, using multidisciplinary team resources widely available in Japanese clinical practice.

    DOI: 10.18926/AMO/56169

    PubMed

    researchmap

  • Schanz骨切り術後に行ったTHAの1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 ( 4 )   779 - 780   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    64歳女。左股関節痛を主訴とした。12歳時に左股関節脱臼に対しSchanz骨切り術、47歳時に右THAを受けていた。X線でCrowe分類IIIで、脚長差4cmを認めた。跛行があり、JOA scoreは55点、Harris hip scoreは59点であった。3Dテンプレートソフトで髄腔がストレートとなっている部位からのセメントステム挿入が可能であることを確認した。また、石膏モデルから大腿骨のステム挿入部を確認し、転子下短縮骨切り術を併用しないTHAを施行した。術翌日より荷重制限はなく、歩行器で離床した。術後合併症は認めず、術後2週に杖歩行が可能となり、リハビリテーション病院に転院となった。術後8ヵ月の最終観察時は独歩可能で、脚長差もなく、JOA scoreが81点、Harris hip scoreが82点に改善した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20181112240061&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2018.779&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2018.779&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 【整形外科周術期感染の予防と対策】周術期感染と術中因子

    鉄永 智紀, 藤原 一夫

    関節外科   37 ( 4 )   369 - 376   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    整形外科関連の手術ではインプラントを用いる手術も多く、ひとたび手術部位感染を起こすと非常に治療に難渋する。術中因子としては、長時間の手術では落下細菌量が増加するため、できる限り手術時間の短縮に努める必要がある。また、現在使用可能な縫合糸には抗菌薬を含むものなどさまざまなものがあり、その特性に習熟しておく必要がある。そのほか、整形外科関連の手術における周術期感染に影響する術中因子について述べる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00282&link_issn=&doc_id=20180328180006&doc_link_id=10.18885%2FJ00282.2018191104&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18885%2FJ00282.2018191104&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • La R?paration en ?pull out? transtibial des l?sions de la racine post?rieure du m?nisque m?dial restaure la rotation physiologique du m?nisque m?dial sur un genou fl?chi 査読 国際誌

    Okazaki Y, Furumatsu T, Kodama Y, Hino T, Kamatsuki Y, Masuda S, Miyazawa S, Endo H, Tetsunaga Tomonori, Yamada K, Ozaki T

    Revue de Chirurgie Orthopedique et Traumatologique, Revue de Chirurgie Orthopedique et Reparatrice de l'Appareil Moteur, Revue d'orthope?die et de chirurgie de l'appareil moteur   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rcot.2018.11.005

    researchmap

  • Accuracy of Cup Positioning With the Computed Tomography-Based Two-dimensional to Three-Dimensional Matched Navigation System: A Prospective, Randomized Controlled Study. 国際誌

    Kazuki Yamada, Hirosuke Endo, Tomonori Tetsunaga, Takamasa Miyake, Tomoaki Sanki, Toshifumi Ozaki

    The Journal of arthroplasty   33 ( 1 )   136 - 143   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The accuracy of various navigation systems used for total hip arthroplasty has been described, but no publications reported the accuracy of cup orientation in computed tomography (CT)-based 2D-3D (two-dimensional to three-dimensional) matched navigation. METHODS: In a prospective, randomized controlled study, 80 hips including 44 with developmental dysplasia of the hips were divided into a CT-based 2D-3D matched navigation group (2D-3D group) and a paired-point matched navigation group (PPM group). The accuracy of cup orientation (absolute difference between the intraoperative record and the postoperative measurement) was compared between groups. Additionally, multiple logistic regression analysis was performed to evaluate patient factors affecting the accuracy of cup orientation in each navigation. RESULTS: The accuracy of cup inclination was 2.5° ± 2.2° in the 2D-3D group and 4.6° ± 3.3° in the PPM group (P = .0016). The accuracy of cup anteversion was 2.3° ± 1.7° in the 2D-3D group and 4.4° ± 3.3° in the PPM group (P = .0009). In the PPM group, the presence of roof osteophytes decreased the accuracy of cup inclination (odds ratio 8.27, P = .0140) and the absolute value of pelvic tilt had a negative influence on the accuracy of cup anteversion (odds ratio 1.27, P = .0222). In the 2D-3D group, patient factors had no effect on the accuracy of cup orientation. CONCLUSION: The accuracy of cup positioning in CT-based 2D-3D matched navigation was better than in paired-point matched navigation, and was not affected by patient factors. It is a useful system for even severely deformed pelvises such as developmental dysplasia of the hips.

    DOI: 10.1016/j.arth.2017.08.001

    PubMed

    researchmap

  • Calcar Femorale in Patients with Osteoarthritis of the Hip Secondary to Developmental Dysplasia. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Kazuo Fujiwara, Hirosuke Endo, Tomoko Tetsunaga, Naofumi Shiota, Toru Sato, Toshifumi Ozaki

    Clinics in orthopedic surgery   9 ( 4 )   413 - 419   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: We investigated whether the calcar femorale, a cortical septum in the region of the lesser trochanter of the femur, correlates with results of femoral stem implantation in patients with osteoarthritis of the hip secondary to developmental dysplasia using computed tomography. Methods: This retrospective study included 277 hips (41 males and 236 females; age, 37 to 92 years) of patients who had presented to Okayama Medical Center with hip pain. Of these, a total of 219 hips (31 males and 188 females) had previously undergone total hip arthroplasty. According to the Crowe classification, 147 hips were classified as Crowe grade I, 72 hips as Crowe grade II-IV, and 58 hips as normal. Results: The calcar femorale was identified in 267 hips (96.4%). The calcar femorale was significantly shorter and more anteverted in Crowe grade II-IV hips than in Crowe grade I or normal hips. Significant differences in the shape of the calcar femorale were found according to the severity of hip deformity. Three stem designs were analyzed: single-wedge (59 hips), double-wedge metaphyseal filling (147 hips), and modular (13 hips). Single-wedge stems were inserted more parallel to the calcar femorale rather than femoral neck anteversion, while other types of stems scraped the calcar femorale. Conclusions: The angle of the calcar femorale differs according to the severity of hip deformity, and the calcar femorale might thus serve as a more useful reference for stem insertion than femoral neck anteversion in total hip arthroplasty using a single-wedge stem.

    DOI: 10.4055/cios.2017.9.4.413

    PubMed

    researchmap

  • THA再置換術後に遅発性Bacteroides感染を生じた1例

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 山田 和希, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   47   735 - 736   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    59歳男性。右THA再置換術後1年の時点でBacteroides fragillisによる人工関節周囲感染を生じた。メロペネム投与では感染の鎮静化が得られず、セムーバーを用いて大腿骨側のセメントを除去し、インプラント除去、抗菌薬含有セメントスペーサー留置を行った。術後はイミペネムの点滴を6週間行い、感染の鎮静化が得られたため、インプラント抜去後3ヵ月で再々置換術を施行した。しかし、再々置換術後4ヵ月で関節内に膿瘍形成を認め、緊急手術で切開洗浄を行い、インプラントは温存し、ヒックマンカテーテルを留置し、メロペネム、過酸化水素水の注入を術後2週まで行った。その後、イミペネムの点滴を4週間行い、リファンピシン、クラブラン酸カリウム・アモキシシリン、レボフロキサシン、シプロフロキサシンの内服を継続しているが感染の鎮静化には至らず、治療に難渋している。

    researchmap

  • 強直股に対する人工股関節全置換術の治療経験

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   47   675 - 676   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    強直股に対して THA(人工股関節全置換術)を行った11例12股(男性5股、女性7股、手術時平均年齢64歳)の術後成績について検討した。手術はCT basedナビゲーションシステム使用例が5例、非使用例が7例であった。術後平均観察期間35ヵ月の結果、手術に伴う合併症は異所性骨化が2例、ナビゲーションを使用しなかった1例で術中骨折、Hardingeで行った1例で中殿筋部の疼痛を認めた。隣接関節痛である腰痛や膝関節痛は術前に6例で認められていたが、最終調査時には5例で軽減していた。JOAスコアは術前平均46点から最終調査時平均79点へ改善していた。

    researchmap

  • Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 股関節の関節唇損傷の診断と治療について教えてください

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介

    Locomotive Pain Frontier   6 ( 2 )   98 - 99   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 【慢性腰痛症に対する治療法の進歩】難治性慢性腰痛症例に対する集学的治療 痛みリエゾン外来

    鉄永 倫子, 西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   9 ( 2 )   170 - 175   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    難治性慢性痛に対しては集学的治療が有効であるとされる。岡山大学病院では2012年4月より痛みの多角的集学的治療を目指した「痛みリエゾン外来」を行っている。我々は痛みリエゾン外来の診療体系を認知行動療法の一環と考え、痛みはあるが動ける、活動に繋げられることを目標としている。今回、我々の行っている痛みリエゾン外来の紹介を行うとともに、これまでの治療成績について検討した。慢性腰痛患者に対する6ヵ月間の短期間の治療では、不安、破局的思考、疼痛生活障害が改善された。また多重ロジスティック回帰分析により初診時の高度の抑うつは治療後に疼痛が軽快しない危険因子であることがわかった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05881&link_issn=&doc_id=20171024170005&doc_link_id=%2Feg5undok%2F2017%2F000902%2F008%2F0170-0175%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Feg5undok%2F2017%2F000902%2F008%2F0170-0175%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 小児股関節から成人股関節への橋渡し DDH(脱臼)

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 藤井 洋祐, 三宅 孝昌, 山田 和季, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    Hip Joint   43 ( 1 )   1 - 5   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • An Analysis of the Characteristics and Improved Use of Newly Developed CT-based Navigation System in Total Hip Arthroplasty.

    Yosuke Fujii, Kazuo Fujiwara, Tomonori Tetsunaga, Takamasa Miyake, Kazuki Yamada, Hirosuke Endo, Nobuhiro Abe, Naohiko Sugita, Mamoru Mitsuishi, Takayuki Inoue, Yoshio Nakashima, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   71 ( 4 )   279 - 289   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a surface matching-type computed tomography (CT)-based navigation system for total hip arthroplasty (the N-navi; TEIJIN NAKASHIMA MEDICAL, Okayama, Japan). In the registration step, surface matching was performed with digitizing points on the pelvic bone surface after coarse paired matching. In the present study, we made model bones from the CT data of patients whose acetabular shapes had various deformities. We measured the distances and angles after surface matching from the fiducial points and evaluated the ability to correct surface-matching registration on each pelvic form, using several areas and numbers of points. When the surface-matching points were taken on the superior area of the acetabulum, the correction was easy for the external direction, but it was difficult to correct for the anterior and proximal directions. The correction was difficult for external and proximal directions on the posterior area. Each area of surface-matching points has particular directions that are easily corrected and other directions that are difficult to correct. The shape of the pelvis also affected the correction ability. Our present findings suggest that checking the position after coarse paired matching and choosing the surface-matching area and points that are optimal to correct will improve the accuracy of total hip arthroplasty and reduce surgical times.

    DOI: 10.18926/AMO/55304

    PubMed

    researchmap

  • 骨切り術と外腹斜筋移行術を併用し治療した麻痺性股関節亜脱臼の2例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    Hip Joint   43 ( 1 )   634 - 639   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    症例1:12歳男児。出生時に二分脊椎を認め、脂肪腫摘出術、髄膜瘤修復術を施行された。10歳時に脊椎後方固定術を施行された。11歳時より歩行時の右股関節痛が出現・増悪したためコンサルトされ、麻痺レベルはL3で、短下肢装具で歩行可能であった。両股関節正面X線像で右股関節は亜脱臼位で、臼蓋形成不全を伴っていた。股関節造影では内転位で容易に脱臼し、外転位で整復された。症例2:10歳女児。1歳3ヵ月時に動脈管開存症の術後に脊髄梗塞を生じ、両下肢の不全麻痺を来した。左股関節が亜脱臼であり、長下肢装具を使用しリハビリテーションの継続で経過観察していたが、亜脱臼が継続して歩行時の鈍痛も生じてきた。知覚は両側L1以下の触覚、痛覚、温度覚の鈍麻があり、左中臀筋と母趾背屈筋がMMT4、軟性装具で歩行可能であった。両股関節正面X線像で左股関節は亜脱臼位で、臼蓋形成不全を伴っていた。なお、外転位で求心位が得られていた。2例とも弛緩性麻痺に伴う股関節亜脱臼と診断し、関節包縫縮術、Pemberton骨盤骨切り術、大腿骨内反骨切り術、大転子下降術と外腹斜筋移行術を一期的に施行した。術後hip spica固定を3週とシーネ固定を3週行い、術後6週より徐々に荷重歩行を開始した。術後5ヵ月に自宅退院し学校生活に復帰し、歩行時の股関節は消失、歩行時の動揺も軽度改善し、患者・家族の満足度は高かった。

    researchmap

  • Residual Femoral Deformity and Femoroacetabular Impingement after Intertrochanteric Osteotomy for Slipped Capital Femoral Epiphysis.

    Yosuke Fujii, Hirosuke Endo, Shigeru Mitani, Hirofumi Akazawa, Tomonori Tetsunaga, Takamasa Miyake, Kazuki Yamada, Kiyoshi Aoki, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   71 ( 4 )   315 - 323   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We retrospectively reviewed 29 hips in which intertrochanteric osteotomies were performed for severe slipped capital femoral epiphyses. Mean age at surgery: 12.6 years. Mean follow-up period: 6 years. At the final follow-up evaluation, one patient had coxalgia, and six hips showed a limited range of motion. A pistol-grip deformity was observed in 13 hips, osteoarthritis in two hips, and a bump existed in 19 hips on the latest radiographs. Gradual remodeling of the bumps was observed post-operatively in 22 hips. The mean α and β angles and offset α and β improved over time. The remodeling proceeded rapidly for 1 year post-surgery. We compared hips classified as β angles of ≥ 63° to < 63° at the final follow-up evaluation, the mean β angle 1 year post-surgery, and the mean ratio of improvement of the β angle per year from 1 year post-surgery to the final follow up, which differed significantly. Nearly all of the patients who underwent intertrochanteric osteotomies had residual morphologic abnormalities, but few had clinical symptoms. The β angle 1 year post-surgery and the ratio of remodeling of the bump from 1 year post-surgery to the final follow-up can be regarded as a potential predictor of morphologic results after intertrochanteric osteotomy.

    DOI: 10.18926/AMO/55308

    PubMed

    researchmap

  • 寛解臼形成不全におけるcyst像と関節内所見の検討

    遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾崎 敏文

    Hip Joint   43 ( 1 )   76 - 80   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    ERAOの術前に股関節鏡を施行した22例24関節(男性2例、女性20例、平均36歳)を対象に、cyst像と関節内所見について検討を行った。X線画像上でcystを認めた症例は6関節(25%)であり、全例寛骨臼側のみであった。CT水平断でcystを荷重部に認めた症例は13関節(54%)で、最大横径は平均12mmであった。関節唇断裂は前方部で22関節(91%)、上外側で15関節(62.5%)、後方で7関節(29%)に認め、後方まで断裂を認めた7関節は前方〜上外側〜後方まで広範囲に断裂を認めた症例であった。Beckの分類に基づいて点数化した関節軟骨の評価では0〜3点が12関節(50%)、4〜6点が12関節(20.5%)、7点以上が7関節(29%)であった。軟骨状態の悪い7関節と残り17関節を比較検討したところ、年齢、BMI、X線上の荷重部関節裂隙幅、cystの有無、CT上のcyst横径に有意差を認めた。

    researchmap

  • 当院におけるMIS THAの変遷

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   60 ( 4 )   743 - 744   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    当院で施行したminimally invasive surgery-total hip arthroplasty(MIS-THA)の成績を検討した。初回THAを行った412股のうちMIS-THAは119股で、このうちmodified Watson Jones approach(OCM)を行った94股(男性5股、女性89股、平均年齢62歳)を対象とした。Fit and fill typeステムを使用した82例をF群、wedged taper typeステムを使用した12例をW群とし比較検討した。手術時間は平均120分で2群間に有意差はなく、出血量は平均377mlでF群平均392ml、W群平均287mlであった。ステム挿入角度に有意差はなかったが、F群でW群よりも内反挿入の症例が多く存在した。合併症として脱臼、感染、再置換はなかったが、F群で2例にstem subsidence、大転子の不全骨折を1例に認めた。以上、OCMによるMIS-THAはwedged taper typeステムの方がfit and fill typeステムよりも合併症が少なく、短期ではあるが良好な成績であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20171017050033&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2017.743&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2017.743&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Short-term outcomes of patients being treated for chronic intractable pain at a liaison clinic and exacerbating factors of prolonged pain after treatment.

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Keiichiro Nishida, Masato Tanaka, Yoshihisa Sugimoto, Tomoyuki Takigawa, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 3 )   554 - 559   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Although a multidisciplinary approach is often recommended to treat intractable pain, this approach does not completely prevent uncontrolled pain in some patients. The aim of this retrospective study was to investigate the exacerbating factors of prolonged, intractable pain among patients being treated at a pain liaison clinic. METHODS: The participants of this study were 94 outpatients (32 men, 62 women) with chronic intractable pain who visited our hospital between April 2013 and February 2015. Demographic and clinical information was obtained from all patients at baseline. Experts in various fields, including anesthesia, orthopedic surgery, psychiatry, physical therapy, and nursing, were involved in the treatment procedures. All patients were assessed before and after a 6-month treatment period using the following measures: the Numeric Rating Scale (NRS); the Pain Catastrophizing Scale (PCS); the Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS); the Pain Disability Assessment Scale (PDAS); and the Oswestry Disability Index (ODI). All participants were then divided into two groups based on their self-reported pain after treatment: a pain relief group (n = 70) and a prolonged pain group (n = 24). The exacerbating factors of prolonged pain after treatment in the pain liaison outpatient clinic were analyzed using univariate and multiple logistic regression analysis. RESULTS: A significant improvement in NRS scores was observed after the 6-month follow-up period. After treatment, 24 (25.5%) of the 94 patients reported having prolonged pain. Significant improvements were seen in the PCS, PDAS, and ODI scores in the pain relief group, and in the HADS depression scores in the prolonged pain group. On univariate and multiple regression analysis, HADS depression scores were identified as a factor related to prolonged pain after treatment. CONCLUSIONS: The results of the present study suggest that severe depression at the initial visit to the liaison outpatient clinic was an exacerbating factor for prolonged pain after treatment.

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.01.004

    PubMed

    researchmap

  • Charcot股関節に対しTHAを施行した1例

    山田 和希, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   29 ( 1 )   145 - 145   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Denosumab and alendronate treatment in patients with back pain due to fresh osteoporotic vertebral fractures.

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Keiichiro Nishida, Masato Tanaka, Yoshihisa Sugimoto, Tomoyuki Takigawa, Yoshitaka Takei, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 2 )   230 - 236   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Denosumab specifically inhibits the receptor activator for nuclear factor-kappa B ligand (RANKL), and prevents osteoporotic fractures. Several reports have analyzed the effects of denosumab and alendronate alone on bone mineral density (BMD) or reduction of fracture risk. The objective of this study was to analyze the effects of antiresorptive osteoporosis pharmacotherapy on pain relief in patients with fresh vertebral fracture. METHODS: This retrospective, single-center study included 80 patients (10 males, 70 females) with fresh osteoporotic vertebral fractures treated using denosumab at a dose of 60 mg subcutaneously every 6 months (40 patients) or alendronate at a dose of 35 mg orally every week (40 patients) for 6 months in our hospital. The mean age of subjects was 77 years (range, 55-92 years). The primary outcome was duration of back pain. Secondary outcomes included changes in BMD, serum type 1 collagen cross-linked N-telopeptide (NTX), and serum N-terminal propeptide of type 1 collagen (P1NP) from baseline to 6 months. Pain catastrophizing due to back pain was assessed using the Pain Catastrophizing Scale (PCS). The incidences of further vertebral fracture and adverse events were also assessed. RESULTS: Pain relief was obtained at a mean of 3.3 weeks with denosumab and 5.4 weeks with alendronate. Pain relief was achieved significantly earlier with denosumab than with alendronate. At 6 months, change in BMD was higher with denosumab (6.1%) than with alendronate (0.8%). No significant differences in changes in NTX and P1NP were observed between groups. Scores for PCS were significantly lower for denosumab than for alendronate. The incidence of further vertebral fractures was 5% with denosumab and 10% with alendronate. Adverse event rates were similar between groups. CONCLUSIONS: Denosumab enabled earlier pain relief than alendronate and avoided catastrophizing in patients with osteoporotic vertebral fractures after 6 months of treatment.

    DOI: 10.1016/j.jos.2016.11.017

    PubMed

    researchmap

  • Total hip arthroplasty after failed treatment of proximal femur fracture. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Kazuo Fujiwara, Hirosuke Endo, Tomoyuki Noda, Tomoko Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Toshifumi Ozaki

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   137 ( 3 )   417 - 424   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Total hip arthroplasty (THA) is a good option as a salvage procedure after failed treatment of proximal femur fracture. The anatomy of the proximal femur, however, makes this surgery complicated and challenging. The purpose of this study was to evaluate the radiographic and clinical outcomes of THA after failed treatment of proximal femur fractures. MATERIALS AND METHODS: We retrospectively analysed 50 consecutive THAs (42 women, 8 men; mean age 77 years) after failed treatment of a proximal femur fracture. Mean postoperative follow-up was 58.1 months. Preoperative diagnoses were femoral neck fracture in 18 hips and trochanteric fracture in 32 hips, including three that were infected. Failure resulted from cutout in 22 cases, osteonecrosis in 12, non-union with failed fixation in nine, postoperative osteoarthritis in four, and infection in three. Factors compared included radiographic assessment, complication rate, visual analogue scale (VAS), and Harris Hip Scores (HHS). Radiographic variables included femoral neck anteversion and cup and stem alignment. RESULTS: Absolute values of the differences in femoral neck anteversion between the affected and healthy sides were 6.0° in the femoral neck fracture group and 19.2° in the trochanteric fracture group (p = 0.01). There were no significant differences in cup anteversion (p = 0.20) or stem anteversion (p = 0.08). The complication rate was significantly higher in the trochanteric fracture group than in the femoral neck fracture group (25 vs 0%, p < 0.0001). Postoperative complications in the trochanteric fracture group included three periprosthetic fractures (9.4%), two dislocations (6.3%), two surgical-site infections (6.3%), and one stem penetration (3.1%). Although no significant differences between groups were seen in the VAS or HHS at final follow-up (p = 0.32, 0.09, respectively), these measures were significantly improved at final follow-up in both groups (p < 0.0001 for both). CONCLUSIONS: Performing THA after failed treatment of trochanteric fractures requires consideration of complication risk and incorrect femoral neck anteversion.

    DOI: 10.1007/s00402-017-2631-0

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学病院における脊椎関連難治性疼痛に対する集学的治療ドロップアウト症例の検討

    鉄永 倫子, 田中 雅人, 鉄永 智紀, 杉本 佳久, 荒瀧 慎也, 瀧川 朋亨, 尾崎 敏文

    Journal of Spine Research   8 ( 1 )   6 - 10   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    岡山大学病院痛みリエゾン外来を受診した脊椎関連難治性疼痛患者45例(男性16例、女性29例)を対象とし、その治療成績を検討した。治療中にドロップアウトした症例は45例中14例(31.1%)であり、初診時不安の強い症例がリエゾン外来への抵抗性を規定する因子として算出された。不安の強い症例には更なるクリニカルパスの改定、患者教育や家族への指導の充実など難治性疼痛に対するチーム医療のシステム化が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • BHA後にアウターヘッドが高度に陥入した症例に対する治療経験

    遠藤 裕介, 香川 洋平, 藤井 洋佑, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   46   757 - 758   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    症例1(80歳男性)。右大腿骨頸部骨折に対するセメントレス人工骨頭置換術(BHA)後、6年目に脚短縮と股関節痛が出現し紹介となった。症例2(63歳男性)。左大腿骨頸部骨折に対するセメントレスBHA後、6年で脚短縮と股関節痛を生じ紹介となった。症例3(56歳男性)。右大腿骨頸部骨折に対するセメントレスBHA後、22年目より股関節痛を生じ紹介となった。いずれもアウターヘッドが3cm以上寛骨臼上方へ陥入していたため、症例1と3はETOによるアプローチでステム、アウターヘッドを抜去し、同種骨骨頭1個とchip同種骨骨頭2個分を充填し、KTプレートを設置した。更ににセメントカップとセメントロングステムを挿入し、整復後にETOの骨片をネスプロンテープとリコンプレートで再接合した。症例2は中臀筋前方の偽関節包を切除し、modular stemの近位パーツを抜去するとアウターヘッドの抜去が可能であり、同種骨頭を移植しKTプレートを設置しtrialで整復可能であったため、遠位パーツはそのままで再置換を行うことができた。それぞれ術後1年、術後1年、術後11ヵ月の時点で疼痛なく、可動域制限は改善した。症例1,症例2は杖なし歩行可能で、症例3は1本杖歩行可能である。

    researchmap

  • SH人工股関節システムを用いたセメント人工股関節全置換術の長期成績

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 香川 洋平, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   46   217 - 218   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    1992年5月〜1995年3月にSH人工股関節システム(MIZUHO社)を用いて初回セメント人工股関節全置換術(THA)を施行し、20年以上の経過観察を行った18例20股の長期成績を検討した。内訳は変形性股関節症15股、大腿骨頭壊死症5股であった。再置換症例の割合とその原因、ポリエチレンの線摩耗量、aseptic looseningによる再置換をend pointとしたKaplan-Meier生存率について評価した。X線学的評価としてはHodgkinson分類のType 3、Type 4をCup looseningと定義し、Harris分類のDefiniteをstem looseningの定義とした。再置換症例は13股(65%)で、カップのみの再置換2股(10%)、カップとステムの再置換11股であった。再置換の原因は、カップ側の弛み9股、ステム側の弛み1股、両側の弛み3股であった。平均線摩耗量としては全症例の平均が0.11±0.079mm/年、弛みなし症例が0.060±0.047mm/年、弛みあり症例が0.14±0.079mm/年で2群間に有意差を認めた。術後10年の累積生存率は100%であったが、15年で70%、20年で40%となっていた。

    researchmap

  • 低年齢発症ペルテス病の広範囲壊死症例の治療成績

    藤井 洋佑, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 香川 洋平, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   208 - 211   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    5歳未満発症のペルテス病でCatterall分類Group III以上の症例の治療成績について検討した。当科でペルテス病と診断され、5歳未満発症例48例52股のうち3年以上経過観察が可能で、Catterall分類Group III以上であった15例15股を対象とした。検討項目として、治療法、Catterall分類、lateral pillar分類、Combined pillar score、初療までの期間、発症年齢、Head at risk徴候を調査した。また、Stulberg分類Class I、IIを成績良好群として治療成績に関連する因子の検討を行った。最終調査時の成績良好群は66.7%で、Combined pillar score 2点以上、初療の遅延、Head at riskが成績不良因子であった。低年齢発症でも、広範囲壊死症例では予後不良となる症例が存在し、早期発見と厳重な免荷加療が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Acetabular development after open reduction to treat dislocation of the hip after walking age.

    Yohei Kagawa, Hirosuke Endo, Tomonori Tetsunaga, Yosuke Fujii, Takamasa Miyake, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   21 ( 6 )   815 - 820   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Treatment of hip dislocation diagnosed after walking age is often difficult. We report the surgical treatment of these patients by open reduction with a soft tissue surgical procedure without osteotomy. METHODS: Thirty-eight children (43 hips) diagnosed with complete dislocation of the hip after walking age were included in this study. We radiographically analysed postoperative hip joint development up to 6 years of age. To assess the predictors of acetabular development, we evaluated the radiographs, using an acetabular index of ≤35° and a centre-edge angle of >5° at 6 years of age as satisfactory outcomes, and evaluated the advance of acetabular development over time. RESULTS: AI on the affected side was improved with time after open reduction. The diameter of the capital femoral ossific nucleus on the affected side was almost equivalent to that on the unaffected side at 6-12 months after surgery, after which the centre-edge angle improved gradually from one year after surgery. We compared hips classified as satisfactory to unsatisfactory at 6 years of age, and found that the centre-edge angle at one year after open reduction was significantly associated with acetabular development (P = 0.044). The cut-off value was -2° with sensitivity of 0.909 and specificity of 0.677. CONCLUSIONS: The results of the current study suggest that initial development of the capital femoral ossific nucleus after open reduction would be followed by improved joint congruity, and that this would facilitate acetabular development. The centre-edge angle at one year after surgery could be regarded as a potential predictor of acetabular development in open reduction surgery for late-diagnosed developmental dysplasia of the hip cases.

    DOI: 10.1016/j.jos.2016.07.007

    PubMed

    researchmap

  • 当院におけるDDHに対するOR後の股関節可動域の検討

    香川 洋平, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 1 )   5 - 10   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【はじめに】難治性の発育性股関節形成不全(脱臼)に対して、当院では広範囲展開法(田邊法)による観血的整復術を行っている。当院でのOR後のギプス肢位は外転内旋位により求心位を維持するため外旋制限が遺残する症例がある。術後の可動域について調査検討した。【対象と方法】当院で観血的整復術を施行した1990〜2005年出生例62例69股のうち、10歳以上まで経過観察でき両側例を除外した43例43股を対象とした。女児35例、男児8例、右12例、左31例で、経過観察期間は平均14.5年であった。【結果】股関節屈曲角度は患側112°、健側124°、内旋角度は患側59°、健側58°、外旋角度は患側21°、健側52°であった。屈曲角度、外旋角度は健側と比較し、有意に制限されていた。外旋不可能の症例が2例あり、1例で大腿骨減捻骨切り術を施行した。本人や家族の訴えは少ないため追加手術は1例のみであったが、ADL障害となる極端な外旋制限症例には追加手術も考慮すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 人工股関節周囲感染に対する3 phase骨シンチグラフィの有用性

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 香川 洋平, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    Hip Joint   42 ( 2 )   775 - 778   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    過去8年3ヵ月間に、人工股関節全置換術後感染が疑われた7例7関節(男性2関節、女性5関節、再手術時平均年齢68.5歳)を対象に、3 phase骨シンチグラフィの有用性について検討した。骨シンチグラフィ検査陽性は動脈相、血流プール相で対側と比較して集積の亢進を認めた場合に陽性とし、感染の診断は関節液・組織培養陽性例、術中迅速病理で好中球分葉核球5個/400倍視野以上を陽性とした。その結果、非感染性の弛みと考えられた3関節に対して一期的再置換術を行い、感染と診断した4関節(コアグラーゼ陰性ブドウ球菌3関節、MRSA1関節)に二期的再置換術を行った。骨シンチグラフィは、感染例4例で動脈相と血流プール相で集積が亢進し、非感染例3例は2例で集積の亢進を認め、1例は亢進なしであった。なお、感度100%、特異度33%、陽性予測値67%、陰性予測値100%であったことより、骨シンチグラフィ陰性の場合は高い精度で感染を否定できると考えられた。

    researchmap

  • 3大小児整形外科疾患と言われた先天股脱、先天性内反足、筋性斜頸 その過去と現在 先天性筋性斜頸

    赤澤 啓史, 青木 清, 鉄永 智紀, 寺本 亜留美, 釜付 祐輔

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 7 )   497 - 500   2016年7月

  • 50歳未満でCharnley THAを施行後25年以上経過した症例の検討

    藤井 洋佑, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 4 )   729 - 730   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    過去14年5ヵ月間のCharnley THA術症例122股 のうち術後25年以上経過した20例23股(追跡調査率18.8%)について検討した。全例女性で手術時年齢27〜49歳(平均43歳)、術後経過観察期間は25〜39年6ヵ月(平均32年8ヵ月)であった。X線学的評価はソケット側はHodgkinson分類、ステム側はHarris分類を用い、累積生存率は非感染性のゆるみ、再置換術をend pointとしたKaplan-Meier法で算出した。その結果、術後30年の累積生存率はゆるみをend pointとするとソケット側61.7%、ステム側75.3%、再置換をend pointとするとソケットで70.0%、ステムで81.0%であった。再置換術は9例11股(47.8%)、手術時年齢57〜79歳(平均70歳)、術後19〜36年(平均27年)であった。

    researchmap

  • 岡山大学病院における難治性慢性痛に対する集学的治療の検討

    鉄永 倫子, 西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 西江 宏行, 太田 晴之, 井上 真一郎, 小田 幸治, 龍野 耕一, 宮脇 卓也, 神崎 浩孝

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S39 - S39   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 【運動器疼痛性疾患に対する薬物療法update】運動器疾患に対する非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使い方

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀

    整形・災害外科   59 ( 2 )   155 - 162   2016年2月

  • Clinical Assessment of Postoperative Anemia Associated with Edoxaban in Patients Undergoing Total Knee Arthroplasty Compared to Fondaparinux.

    Yasuhisa Izushi, Yoichiro Takami, Naofumi Shiota, Tomonori Tetsunaga, Yusuke Ookura, Kenichi Shimada, Takashi Egawa, Tsukasa Kiuchi, Toru Sato, Ritsugi Takuma

    Biological & pharmaceutical bulletin   39 ( 4 )   516 - 23   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Edoxaban, an oral direct factor Xa inhibitor, was developed and approved for anticoagulant thromboprophylaxis after total knee arthroplasty (TKA). We retrospectively investigated the postoperative anemia by oral administration of edoxaban 30 mg compared with fondaparinux 2.5 mg in TKA patients. Two hundred twenty nine patients who underwent TKA in National Hospital Organization Okayama Medical Center from July 2010 to June 2012 were divided into two groups; pre and post approval of edoxaban: fondaparinux-group (F-group) and edoxaban-group (E-group). As the primary endpoint, the frequency of postoperative anemia was evaluated. Blood coagulation values and relations between these parameters and postoperative anemia were also investigated. The frequency of postoperative anemia was significantly higher in E-group than F-group patients (52.7% vs. 37.8%; p<0.05). Hemoglobin (Hgb) levels were decreased with the peak at postoperative day (POD) 3 in both groups, and the change of Hgb values from POD1 (ΔHgb) was significantly increased in the E-group (p=0.04). At each POD, prothrombin time (PT) and international normalized ratio of PT (PT-INR) prolonged from the preoperative day in E-group were significantly higher than F-group. Additionally, PT and PT-INR in the E-group at POD3 were significantly prolonged in patients with postoperative anemia and the sensitivity of cut-off values to predict postoperative anemia was superior to the activated partial thromboplastin time (APTT). Thus, as the frequency of postoperative anemia tended to be higher in E-group, edoxaban 30 mg might require vigilance, and prolonged PT and PT-INR could potentially predict edoxaban-associated postoperative anemia after TKA.

    DOI: 10.1248/bpb.b15-00713

    PubMed

    researchmap

  • Combination Therapy with Continuous Three-in-One Femoral Nerve Block and Periarticular Multimodal Drug Infiltration after Total Hip Arthroplasty. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Tomoko Tetsunaga, Kazuo Fujiwara, Hirosuke Endo, Toshifumi Ozaki

    Pain research & management   2016   1425201 - 1425201   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background. Various postoperative pain relief modalities, including continuous femoral nerve block (CFNB), local infiltration analgesia (LIA), and combination therapy, have been reported for total knee arthroplasty. However, no studies have compared CFNB with LIA for total hip arthroplasty (THA). The aim of this study was to compare the efficacy of CFNB versus LIA after THA. Methods. We retrospectively reviewed the postoperative outcomes of 93 THA patients (20 men, 73 women; mean age 69.2 years). Patients were divided into three groups according to postoperative analgesic technique: CFNB, LIA, or combined CFNB+LIA. We measured the following postoperative outcome parameters: visual analog scale (VAS) for pain at rest, supplemental analgesia, side effects, mobilization, length of hospital stay, and Harris Hip Score (HHS). Results. The CFNB+LIA group had significantly lower VAS pain scores than the CFNB and LIA groups on postoperative day 1. There were no significant differences among the three groups in use of supplemental analgesia, side effects, mobilization, length of hospital stay, or HHS at 3 months after THA. Conclusions. Although there were no clinically significant differences in outcomes among the three groups, combination therapy with CFNB and LIA provided better pain relief after THA than CFNB or LIA alone, with few side effects.

    DOI: 10.1155/2016/1425201

    PubMed

    researchmap

  • Microgeodic Disease Affecting the Fingers and Toes in Childhood: A Case Report. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Hirosuke Endo, Kazuo Fujiwara, Tomoko Tetsunaga, Toshifumi Ozaki

    The open orthopaedics journal   10   500 - 504   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Microgeodic disease is a disease of unknown etiology that affects the fingers and toes of children, with ≥ 90% of cases involving the fingers alone. We present a rare case of microgeodic disease affecting an index finger and two toes simultaneously in a 7-year-old girl. X-ray and magnetic resonance imaging (MRI) showed multiple small areas of osteolysis in the middle phalanges of the left index finger, hallux, and second toe. Microgeodic disease was diagnosed from X-ray and MRI findings, and conservative therapy involving rest and avoidance of cold stimuli was provided. Although pathological fractures occurred in the course of conservative treatment, the affected finger healed under splinting without any deformity of the finger.

    PubMed

    researchmap

  • Effect of Tramadol/Acetaminophen on Motivation in Patients with Chronic Low Back Pain. 国際誌

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Masato Tanaka, Keiichiro Nishida, Yoshitaka Takei, Toshifumi Ozaki

    Pain research & management   2016   7458534 - 7458534   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background. The contribution of apathy, frequently recognized in individuals with neurodegenerative diseases, to chronic low back pain (LBP) remains unclear. Objectives. To investigate levels of apathy and clinical outcomes in patients with chronic LBP treated with tramadol-acetaminophen. Methods. A retrospective case-control study involving 73 patients with chronic LBP (23 male, 50 female; mean age 71 years) treated with tramadol-acetaminophen (n = 36) and celecoxib (n = 37) was performed. All patients were assessed using the self-reported questionnaires. A mediation model was constructed using a bootstrapping method to evaluate the mediating effects of pain relief after treatment. Results. A total of 35 (55.6%) patients met the criteria for apathy. A four-week treatment regimen in the tramadol group conferred significant improvements in the Apathy scale and numerical rating scale but not in the Rolland-Morris Disability Questionnaire, Pain Disability Assessment Scale, or Pain Catastrophizing Scale. The depression component of the Hospital Anxiety and Depression Scale was lower in the tramadol group than in the celecoxib group. The mediation analysis found that the impact of tramadol-acetaminophen on the change in apathy was not mediated by the pain relief. Conclusions. Tramadol-acetaminophen was effective at reducing chronic LBP and conferred a prophylactic motivational effect in patients with chronic LBP.

    DOI: 10.1155/2016/7458534

    PubMed

    researchmap

  • 85歳以上の超高齢者に対する人工股関節全置換術

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 金澤 智子, 内野 崇彦, 山田 晋也, 井上 洋一

    日本人工関節学会誌   45   129 - 130   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    人工股関節全置換術を施行した64例70股(男性9名、女性55名、37〜96歳)を、85歳未満の35例35膝(若年者群)と85歳以上の29例35股(超高齢者群)に分け、術後成績について検討した。手術に至った原因は、若年者群は変形性股関節症、特発性大腿骨頭壊死であったのに対し、超高齢者群は変形性股関節症に加え、人工股関節再置換術、大腿骨近位部骨折術後、感染が含まれた。術後せん妄を認めたのは超高齢者群で有意に多かった。術後合併症は若年者群で2例、超高齢者群では脱臼、感染、ステム周囲骨折、一過性脳虚血発作、脳梗塞、深部静脈血栓症をそれぞれ1例認めた。独歩もしくはT字杖歩行の割合は、若年者群で術前80%から最終調査時97.1%に、超高齢者群では22.9%から54.3%に増加した。平均JOAスコアは、若年者群で術前44点から最終調査時86点に、超高齢者群では34点から74点に有意に改善を認めた。

    researchmap

  • Four-Year Results of Summit Stems for Total Hip Arthroplasty in Japanese Patients 査読

    Tomonori Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Tomoko Tetsunaga, Yoshiki Okazaki, Kazuki Yamada

    HIP International   25 ( 6 )   553 - 556   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Purpose</title> A retrospective study to evaluate the clinical and radiographic outcome of the Summit primary total hip arthroplasty (THA) at a minimum follow-up of 4 years.

    </sec><sec><title>Methods</title> 87 hips in 84 Japanese patients underwent THA using Summit stems. 3 patients were lost to follow-up, and 4 patients were excluded because a Summit stem was judged to be inappropriate for their narrow femoral canals. The remaining 80 hips in 77 patients were evaluated. Mean age was 66 years (range, 33-86 y). Mean postoperative follow-up period was 52 months (range, 48-66 m).

    </sec><sec><title>Results</title> There was no early stem subsidence after surgery. Of the 80 hips, 60 (75%) showed radiographic signs of stem osseointegration including zones 3 and 5 at final follow-up. Stress shielding occurred in 50 hips (62.5%), and third-degree stress shielding was observed in 12 hips (15%). 3 patients experienced postoperative thigh pain due to distal fixation.

    </sec><sec><title>Conclusions</title> These short-term results indicate that the Summit stem achieved good initial fixation, although there were some cases of distal fixation. Careful long-term follow-up and observation will be necessary for hips in which stress shielding occurs.

    </sec>

    DOI: 10.5301/hipint.5000287

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.5301/hipint.5000287

  • 【決定版!もう苦手とは言わせない まるごと股関節 これ1冊】(第5章)術前・術後看護 術前・術後によく使う薬剤とナースが知っておくべきポイント

    鉄永 智紀, 藤原 一夫

    整形外科看護   ( 2015秋季増刊 )   186 - 189   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 岡山大学病院における難治性慢性痛に対する薬剤師の介入意義について

    神崎 浩孝, 北村 佳久, 千堂 年昭, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 西江 宏行, 太田 晴之, 井上 真一郎, 小田 幸治, 流王 雄太, 宮脇 卓也, 西田 圭一郎

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   7 ( 3 )   S71 - S71   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    researchmap

  • 仙骨形態CT評価に基づいたtranssacral screw刺入安全域の検討

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀

    骨折   37 ( 4 )   966 - 969   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    当院にて骨盤寛骨臼骨折に対する加療を行った患者のCT画像評価を行い、仙骨S1、S2におけるtranssacral screwの刺入安全域を評価した。対象は当院にて2008〜14年まで骨盤、寛骨臼骨折の加療を行った56名であり、CT axial像にてS1、S2における刺入安全域(safe zone)を計測した。S1のsafe zoneは平均10.6mmであったが、S1においてはsafe zoneが全く存在しない症例を7例で認めた。対してS2のsafe zoneは平均11.6mmであったが、S2においては全症例でsafe zoneが存在した。Transsacral screwの刺入においてはS1よりもS2の方が安全に刺入できる可能性が高いことが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Establishment of a liaison clinic for patients with intractable chronic pain.

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Hiroyuki Nishie, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   20 ( 5 )   907 - 13   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: A multidisciplinary approach has been shown to be effective for the treatment of intractable pain. However, few hospitals in Japan have established liaison clinics for such patients. In this study, we investigated the short-term results of a liaison clinic for patients with intractable chronic pain. METHODS: Study participants comprised 53 outpatients (20 men, 33 women) with intractable chronic pain who visited our hospital between April 2012 and March 2013. At baseline, patients completed a self-reported questionnaire and provided demographic and clinical information. Experts in various fields (anesthesia, orthopedic surgery, psychiatry, physical therapy, and nursing) conducted examinations of patients and attended a weekly conference during which patients' physical, psychological, and social problems were discussed and courses of treatment were determined. All patients were assessed using the Numerical Rating Scale (NRS), Pain Catastrophizing Scale (PCS), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS), and Pain Disability Assessment Scale (PDAS). Eligibility for the pain liaison outpatient clinic was evaluated using multiple logistic regression analysis. RESULTS: After a 6-month follow-up period, no significant changes were seen in scores for the NRS, PDAS, or HADS for depression. In contrast, scores for both the PCS and HADS for anxiety were significantly reduced after 6 months of treatment (p < 0.05). HADS for anxiety was identified as a factor related to patient resistance to attending the pain liaison outpatient clinic (p < 0.05). CONCLUSIONS: This liaison clinic for patients with intractable chronic pain was able to improve patient anxiety. Severe anxiety at the initial visit represented a risk factor for dropout from the clinic.

    DOI: 10.1007/s00776-015-0748-y

    PubMed

    researchmap

  • 後十字靱帯付着部裂離骨折に対する術中3D-imageを用いた低侵襲内固定法

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 井上 洋一, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   27 ( 2 )   373 - 373   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 処方エキスパートへの道(第2回) プレガバリン

    鉄永 智紀, 鉄永 倫子

    Loco Cure   1 ( 2 )   150 - 154   2015年8月

  • Apathy scaleを用いた変形性股関節症患者と慢性腰痛患者の意欲低下の比較検討

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 倫子

    Hip Joint   41   65 - 68   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    当院整形外科を受診した慢性腰痛患者63例(以下A群)と末期変股症患者25例(B群)および健常対照群30例(C群)についてApathy scaleの測定を行い、群間比較した。また、疼痛の程度をNumerical rating scale(NRS)で測定するとともに、神経障害性疼痛スクリーニング質問票による調査、疼痛生活障害評価(Pain disability assessment scale:PDAS)、不安抑うつ評価(Hospital anxiety and depression scale:HADS)、破局的思考評価(Pain catastrophizing scale:PCS)を行い、群間比較した。結果、Apathy scaleの点数はA群とB群がC群に比べて有意に高く、A群とB群の間に有意差はなかった。NRSはA群>B群>C群の順に高く各群間に有意差を認め、神経障害性疼痛も同様であった。PDAS、HADS、PCSはA群とB群がC群に比べて有意に高値で、A群とB群の間に有意差はなかった。

    researchmap

  • 【ぜんぶ説明できるようになろう! 大腿骨頸部/転子部骨折 病気のこと 手術のこと 患者さんにそのまま渡せる患者説明シートつき】人工股関節全置換術 患者パンフレット編

    佐藤 徹, 鉄永 智紀

    整形外科看護   20 ( 6 )   542 - 543   2015年6月

  • Comparison of Continuous Epidural Analgesia, Patient-Controlled Analgesia with Morphine, and Continuous Three-in-One Femoral Nerve Block on Postoperative Outcomes after Total Hip Arthroplasty. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Tomoko Tetsunaga, Masahiro Yoshida, Yoshiki Okazaki, Kazuki Yamada

    Clinics in orthopedic surgery   7 ( 2 )   164 - 70   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Postoperative pain relief can be achieved with various modalities. However, there are only few reports that have analyzed postoperative analgesic techniques in total hip arthroplasty patients. The aim of this retrospective study was to compare the postoperative outcomes of three different analgesic techniques after total hip arthroplasty. METHODS: We retrospectively reviewed the influence of three analgesic techniques on postoperative rehabilitation after total hip arthroplasty in 90 patients divided into three groups (n = 30 patients per group). Postoperative analgesia consisted of continuous epidural analgesia (Epi group), patient-controlled analgesia with morphine (PCA group), or a continuous femoral nerve block (CFNB group). We measured the following parameters relating to postoperative outcome: visual analog scale scores, the use of supplemental analgesia, side effects, length of the hospital stay, plasma D-dimer levels, and the Harris hip score. RESULTS: Each group had low pain scores with no significant differences between the groups. The PCA group had a lower frequency of supplemental analgesia use compared to the Epi and CFNB groups. Side effects (nausea/vomiting, inappetence) and day 7 D-dimer levels were significantly lower in the CFNB group (p < 0.05). There were no significant differences between the groups in terms of the length of the hospital stay or the Harris hip score. CONCLUSIONS: Although there were no clinically significant differences in outcomes between the three groups, the CFNB provided good pain relief which was equal to that of the other analgesics with fewer side effects and lower D-dimer levels in hospitalized patients following total hip arthroplasty.

    DOI: 10.4055/cios.2015.7.2.164

    PubMed

    researchmap

  • 【ぜんぶ説明できるようになろう! 大腿骨頸部/転子部骨折 病気のこと 手術のこと 患者さんにそのまま渡せる患者説明シートつき】人工股関節全置換術 ナース資料編

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 西川 梨沙, 秋平 詩織

    整形外科看護   20 ( 6 )   544 - 549   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 大腿骨転子部骨折 Sliding hip screwによる治療

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀

    骨折   37 ( 2 )   252 - 256   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Sliding hip screwはlag screwのsliding機構を有することから、骨片間圧迫がかかり、骨癒を得るために有利なインプラントである。当院では122例中81例(66.3%)をSHSにて治療を行った。術中整復操作は、2-frag.、3-frag.(G)、(L)は主骨片の骨性コンタクトを得る整復が必要である。うち髄内型29例全例で主骨片間の組み替えが行われた。31-A1.1、-A2.1の髄内型21例中18例(85.7%)では、腸骨大腿靱帯の一部を剥離することで、整復が容易となる。3-frag.(GL)、4-frag.の一部は主骨片の骨性コンタクトに加えてtrochanteric stabilizing plateによる後外側支持が重要である。術中2方向透視だけでは整復位判断が不十分であり、直視下もしくは術者の指先で骨性コンタクトを確認すべきである。経過観察期間が6ヵ月以上の98.0%で骨癒合が得られ、平均telescoping量は3.2mmであった。(著者抄録)

    researchmap

  • 全人工関節置換術後において予防的抗凝固療法開始までに静脈血栓症は発生しているのか

    井上 洋一, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 金澤 智子, 山田 晋也

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 2 )   333 - 334   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    2013年10月〜2014年3月の間に施行された人工膝関節全置換術(TKA)52例(男性10例、女性42例、年齢59〜91歳、平均年齢74.2歳)を対象に、術後、抗凝固療法開始前までの静脈血栓症(VTE)の発生頻度を検討した。方法は造影CTにより深部静脈血栓症(DVT)と肺血栓塞栓症(PTE)の調査を行い、DVTあり群となし群の2群間で術後1日目と7日目のD-ダイマー値、手術時間、駆血時間についてサブグループ解析を行った。その結果、1)VTEは52例中14例(26.9%)に認められ、うちDVTは14例、PTEは2例に認められ、PTEでは全例DVTを合併していた。2)PTEおよびDVT症例はいずれも無症候性であった。DVTについては遠位型13例、近位型1例、患側に11例、健側に3例に認められた。3)サブグループ解析ではDVTなし群のD-ダイマー平均値は7.8μg/ml、あり群は11μg/mlであり、術後7日目でのDVTなし群は5.9μg/dl、あり群は6.8μg/dlであり、いずれも有意差は認められなかった。4)手術時間はDVTなし群は118分、あり群は117分で、駆血時間はDVTなし群で48分、あり群で46分で有意差は認められなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20150529040061&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2015.333&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2015.333&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Efficacy of tramadol-acetaminophen tablets in low back pain patients with depression.

    Tomoko Tetsunaga, Tomonori Tetsunaga, Masato Tanaka, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   20 ( 2 )   281 - 6   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Tramadol-acetaminophen tablets are currently used to treat pain, including that of degenerative lumbar disease. Although there are many reports on tramadol-acetaminophen tablets, treatment outcomes in low back pain (LBP) patients with depression remain uncertain. This study investigated the outcomes of LBP patients with depression treated with tramadol-acetaminophen tablets. METHODS: Of 95 patients with chronic LBP, 70 (26 men, 44 women; mean age 64 years) who were judged as having depression by the Self-Rating Depression Scale (SDS) were included in this study. In this trial, patients received one of two randomly assigned 8-week treatment regimes: tramadol-acetaminophen (Tramadol group, n = 35) and non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) (NSAID group, n = 35). In addition to completing self-report questionnaires, patients provided demographic and clinical information. All patients were assessed using a Numerical Rating Scale (NRS), Oswestry Disability Index (ODI), Pain Disability Assessment Scale (PDAS), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS), SDS, and Pain Catastrophizing Scale (PCS). RESULTS: After 8 weeks' treatment, the NRS and SDS scores were lower in the Tramadol group than in the NSAID group (p < 0.05). There were no significant differences in the ODI, PDAS, and PCS scores between the groups (p = 0.47, 0.09, 0.47). Although there was no difference in the anxiety component of the HADS between the groups (p = 0.36), the depression component was lower in the Tramadol group than in the NSAID group (p < 0.05). There was no significant difference between groups in the percentage of patients with treatment-associated adverse events. CONCLUSIONS: This investigation found that tramadol-acetaminophen is effective for reducing LBP and provided a prophylactic antidepressant effect in chronic LBP patients with depression.

    DOI: 10.1007/s00776-014-0674-4

    PubMed

    researchmap

  • Venous thromboembolism after total hip arthroplasty diagnosed by enhanced computed tomography:comparison of selective thromboprophylaxis and no thromboprophylaxis.

    Yoshiki Okada, Hirosuke Endo, Shigeru Mitani, Kazuo Fujiwara, Tomonori Tetsunaga, Yohei Kagawa, Yosuke Fujii, Toshiyuki Kunisada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   69 ( 4 )   205 - 12   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Total hip arthroplasty (THA) is the most effective treatment for advanced or end-stage hip osteoarthritis. However, venous thromboembolism (VTE) remains one of its unresolved complications. We reviewed the records of 322 patients undergoing primary THA and investigated the efficacy of anticoagulant prophylaxis for VTE. Our study cohort consisted of 60 patients who received no anticoagulants, 100 patients who received a factor Xa inhibitor (fondaparinux), 100 patients who received low molecular weight heparin (enoxaparin), and 62 patients who selectively received no anticoagulant prophylaxis due to perioperative bleeding, weight, and/or hemoglobin concentration. Enhanced 64-slice multidetector row computed tomography was performed postoperatively for 7 days in all cases. The incidence of VTE in the four groups was 15%, 9.0%, 6.0%, and 6.4%, respectively. The incidence of VTE was significantly lower in the groups receiving anticoagulant prophylaxis and the group selectively receiving no anticoagulant prophylaxis than in the group receiving no anticoagulants. Complications of fondaparinux therapy included hepatic dysfunction in 4 cases (4.0%), minor bleeding in 2 cases (2.0%), persistent wound drainage in 3 cases (3.0%), and eruption in 1 case (1.0%). The complications of enoxaparin therapy were persistent wound drainage in 1 case (1.0%) and progression of anemia in 1 case (1.0%). The incidence of VTE was low in patients who selectively received no anticoagulant prophylaxis, so we conclude that anticoagulant prophylaxis should be used selectively in THA cases.

    PubMed

    researchmap

  • Erratum. Venous Thromboembolism after Total Hip Arthroplasty Diagnosed by Enhanced Computed Tomography:Comparison of Selective Thromboprophylaxis and No Thromboprophylaxis.

    Yoshiki Okada, Hirosuke Endo, Takehiro Tanaka, Shigeru Mitani, Kazuo Fujiwara, Tomonori Tetsunaga, Yohei Kagawa, Yosuke Fujii, Toshiyuki Kunisada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   69 ( 5 )   325 - 325   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Total hip arthroplasty (THA) is the most effective treatment for advanced or end-stage hip osteoarthritis. However, venous thromboembolism (VTE) remains one of its unresolved complications. We reviewed the records of 322 patients undergoing primary THA and investigated the efficacy of anticoagulant prophylaxis for VTE. Our study cohort consisted of 60 patients who received no anticoagulants, 100 patients who received a factor Xa inhibitor (fondaparinux), 100 patients who received low molecular weight heparin (enoxaparin), and 62 patients who selectively received no anticoagulant prophylaxis due to perioperative bleeding, weight, and/or hemoglobin concentration. Enhanced 64-slice multidetector row computed tomography was performed postoperatively for 7 days in all cases. The incidence of VTE in the four groups was 15%, 9.0%, 6.0%, and 6.4%, respectively. The incidence of VTE was significantly lower in the groups receiving anticoagulant prophylaxis and the group selectively receiving no anticoagulant prophylaxis than in the group receiving no anticoagulants. Complications of fondaparinux therapy included hepatic dysfunction in 4 cases (4.0%), minor bleeding in 2 cases (2.0%), persistent wound drainage in 3 cases (3.0%), and eruption in 1 case (1.0%). The complications of enoxaparin therapy were persistent wound drainage in 1 case (1.0%) and progression of anemia in 1 case (1.0%). The incidence of VTE was low in patients who selectively received no anticoagulant prophylaxis, so we conclude that anticoagulant prophylaxis should be used selectively in THA cases.

    PubMed

    researchmap

  • 腋窩動脈損傷を合併した上腕骨近位部骨折の2例

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美

    整形・災害外科   57 ( 13 )   1773 - 1777   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    腋窩動脈損傷を合併した上腕骨近位部骨折2例を経験した。症例1は80歳女で、転倒して右肩関節脱臼骨折を受傷し、徒手整復術後に末梢動脈触知不能となり、CT-angiographyで腋窩動脈から上腕動脈の閉塞を認めた。症例2は75歳女で、自転車運転中に転倒して右上腕骨近位部骨折(AO分類11-C2)を受傷、橈骨動脈の拍動の強さが健側よりも弱くCT-angiographyにて右腋窩動脈閉塞を認めた。2例とも緊急で外科的血行再建術と観血的整復内固定術を行い、血行再建までに12時間以上を要した症例1は阻血性麻痺のために術後機能は不良であったが、約8時間で血行再建を行い得た症例2は軽度の手指の拘縮が残存するのみで機能予後は良好であった。動脈損傷の早期診断と迅速な治療が機能予後に大きな影響を与えることを実感した。

    researchmap

  • 【運動器を評価する-現場で使える最新評価法活用術-】希少重要疾患の評価法 深部静脈血栓塞栓症の評価

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀

    関節外科   33 ( 10月増刊 )   220 - 226   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • Image free navigation TKAにおける異なる機種間でのインプラント適合性の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 岡崎 良紀

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 5 )   1161 - 1162   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    内反型変形性膝関節症に対してnavigation TKAを施行した43膝を使用機種別にPFC Σ RPF 21膝(D群)とNexGen 22膝(Z群)に分け、術後gapとインプラント適合性に与える影響をnavigation systemを用いて比較検討した。その結果、両群とも中間可動域においてgap差が開大する傾向を示したが、術後1年における平均可動域およびJOAスコアは両群間で有意差を認めなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20141216150097&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.1161&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.1161&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 新開発した上肢骨折手術用手台の有用性

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 5 )   1071 - 1072   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    新開発した上肢骨折手術用手台の有用性について検討した。肩関節鏡手術で使用するアームコントローラーの前腕支持部を新設計し、上肢用手台とすることで開発した。新手台を実際の手術で使用し、体位保持のしやすさ・術中の安定性・透視のしやすさについて、従来型の手台と比較した。整形外科医師5例が評価した。保持のしやすさは、明らかに新しい手台の評価が高く、安定性も問題のないレベルであった。透視のしやすく、従来の手台ではほぼ行わなかった手台を含めた透視でも、詳細できれいな画像が得られた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20141216150052&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.1071&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.1071&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • TKA感染例に対する二期的再置換術の短期成績

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 井上 洋一, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 2 )   355 - 355   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 脛骨高原後顆骨折に対する鏡視下併用骨接合術

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 井上 洋一, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 2 )   367 - 367   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折の長期手術成績 5年以上経過症例の検討

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 松田 和実, 野田 知之

    Hip Joint   40   18 - 24   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    寛骨臼骨折の長期手術成績について5年以上経過症例で検討した。観血的整復術を行い、5年以上追跡調査が可能であった43例を対象とした。骨折型別治療成績は、後壁+(後柱)骨折は11例中5例がfair以下の成績不良であった。横成分骨折は8例中4例が成績不良で、特にT字状骨折は4例中3例が成績不良で、治療成績が劣る傾向がみられた。成績不良例は全例整復位不良による外傷後関節症であった。両柱&前壁/前柱+後方半横骨折は22例中5例が成績不良であった。術後の整復度と治療成績について後壁骨折を除く32例で検討し、roofのstep offが2mm未満であれば治療成績は良好、2mm以上で治療成績が劣る傾向がみられた。同様にgapについて検討し、3mmを超えると治療成績は劣る傾向がみられた。

    researchmap

  • 非定型大腿骨骨折の治療経過の検討

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 岡崎 良紀, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 4 )   705 - 706   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    非定型大腿骨骨折12例を対象に、ビスフォスフォネート内服の有無、骨折部位、対側骨皮質肥厚の有無、骨癒合期間について検討した。対象は全例女性で、軽微な外傷に関連して発症していた。平均年齢は73.4歳で、ビスフォスフォネート内服は5例(42%)で認めた。対側骨皮質肥厚所見は6例で認め、うち1例は対側も完全骨折を生じていた。骨折部位は骨幹部が6例、infraisthmusが5例、転子下が1例であった。Primaryの手術で骨癒合を得たのは9例(75%)で、初療より当科で加療開始した症例においては10例中9例(90%)で骨癒合を得た。平均骨癒合期間は7.3ヵ月であった。以上、非定型大腿骨骨折はPrimaryでの髄内釘固定を適切に行えば比較的予後は良好であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20141002180003&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.705&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.705&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 足関節果部骨折(AO 44-C type)における術後脛腓間開大の予測因子の検討

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   36 ( 3 )   725 - 728   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】足関節果部骨折type Cの受傷時の足関節CT axial像に注目し、後果骨片の形状と術後脛腓間開大の関連性を検討した。【対象と方法】対象は2008〜13年までに手術を施行した足関節果部骨折(AO 44-C type)21例。男性15例、女性6例、平均年齢は47.3歳であり全例足関節CT axial像を健側と比較し脛腓間の開大を測定した。【結果】平均脛腓間距離が2mm以上開大した症例は4例で全例type C3であった。今回脛腓間開大を認めた症例4例のうち、2例が後果小骨片の裂離を伴うパターンであり、受傷時MRIにてinterosseous tibio-fibular ligament(以下、IOL)断裂を疑う所見を認めた。【考察】今回認めた後果小骨片裂離を認めるパターンではMRI上、後果裂離骨片とIOLの連続性を疑う所見を認めた。このケースの場合、AITFは基本的に直視下に断裂確認後縫合していることと、後果骨片の存在からIOL損傷が脛腓間開大に関与している可能性が示唆される。また後果骨片を伴わず、受傷時axial CTにて明らかに腓骨切痕全範囲において腓骨が離開している場合はAITF、IOL、PITFLすべての靱帯性損傷が疑われ、この損傷パターンにおいてもスクリュー抜去後脛腓間開大の可能性は高くなるものと思われる。以上2つの損傷パターン(three ligaments rupture pattern、IOL injury associated with posterior fragment pattern)において脛腓間スクリューの長期留置を要する可能性があると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨脆弱性骨盤輪骨折に対する観血的治療

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   36 ( 3 )   576 - 580   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    骨脆弱性骨盤輪骨折を生じ、強力な骨粗鬆症治療薬も併用して保存治療を3ヵ月以上行っても遷延癒合となり歩行困難を呈した症例、もしくは骨折部が転位して神経症状を呈した合計6例に手術治療を行った。骨癒合が遷延した症例では、骨密度は年齢相応であるが、血清NTX値が異常高値を示し手術治療の判断材料の1つとなる可能性がある。仙骨H型やU型骨折と骨破壊が強く圧安定性がある場合は早期に手術治療への切り替えが必要である。手術治療を行う場合は、ロッキングプレートやspinal instrument、長いrim screw等を用い強固な内固定が必要であるが、併せて小侵襲も求められる。骨欠損部が大きい場合、ある程度の骨盤輪全体の変形を許容して骨性コンタクトを求め、それでも残る骨欠損部には十分な自家骨移植を行い治療する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 【骨折の診断と治療 最新update】新しい骨折診断法 CT(MPR像)法による骨癒合評価

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀

    整形・災害外科   57 ( 6 )   619 - 627   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 観血的矯正を行った足関節外果部疲労骨折の1例

    井上 洋一, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   145 - 148   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    41歳女。1日5kmのジョギングを始めてから約1ヵ月後に右足関節の歩行時痛が出現したため受診した。足関節X線で右腓骨遠位部に疲労骨折と思われる横方向の骨硬化像を認めた。3D-CTを施行したところ、外果先端から2cm近位部に外側から内側に向かう骨折線が認められ、外果先端部は骨折により外反変形をきたしていた。治療は観血的整復内固定術を選択した。まず、骨折部の外反陥入を矯正する目的で、骨折線に沿ってノミを入れopen wedge osteotomyを行った。矯正後、骨切り部に外側部からオスフェリオンを充填し、整復位を術中X線で確認後、1/3円プレート6穴を用いて内固定を行った。術後2日目から足関節可動域訓練を開始し、部分荷重は術後1ヵ月から許可、全荷重は術後2ヵ月から許可した。術後6ヵ月で良好な骨癒合と整復位が得られ、また良好な外側アライメントが得られた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20140626110025&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2014%2F002601%2F025%2F0145-0148%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2014%2F002601%2F025%2F0145-0148%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 脆弱性骨折に対するロッキングプレートの問題点と今後の課題

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   36 ( 2 )   410 - 413   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    著明な骨粗鬆を合併した骨折に対し、ロッキングプレートを用いて内固定を行った症例を検討し、その問題点と対策について、最新治験を明らかにすることを目的にした。上腕骨近位端骨折は内側皮質骨のコンタクトが得られない場合、内反変形を生じ易いためcalcar support screwの挿入を考慮すべきであり、骨幹部間に大きな欠損を認める症例では骨移植あるいは短縮固定が考慮される。上腕骨遠位部および橈骨遠位部骨折ではプレート形状が高齢者の小さな骨格に合わない場合も多く、インプラントの選択には注意する必要がある。人工関節周囲骨折では骨折型に応じた内固定法の選択、すなわち単純骨折では絶対的安定性を、粉砕骨折では相対的安定性を目指した内固定法を選択すべきである。骨癒合が獲得できなければインプラントは生理的負荷で破損する可能性が高くなることを念頭に、早期対策がなされるべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • Outcomes of pregabalin in lumbar-disease patients with depression.

    Tomoko Tetsunaga, Masato Tanaka, Yoshihisa Sugimoto, Tomoyuki Takigawa, Toshifumi Ozaki, Tomonori Tetsunaga

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   19 ( 2 )   229 - 234   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The anti-seizure drug pregabalin is currently used for peripheral neuropathic pain, including degenerative lumbar disease with a neuropathic component. Although there are many reports associated with pregabalin, treatment outcome in low back pain (LBP) patients with depression remains uncertain. This study investigated the outcomes of pregabalin in LBP patients with depression. METHODS: We assessed 64 patients (29 men and 35 women) using a Visual Analogue Scale, a Self-Rating Depression Scale (SDS) and the Oswestry Disability Index (ODI). Mean age was 63.3 years (range 20-81), and mean duration of disease was 69.8 months (range 3-576). The patients were divided into two groups according to SDS: normal (n = 37) and depressed group (n = 27). RESULTS: Pregabalin significantly reduced both SDS and ODI in the depressed group (p < 0.05). Effect size was larger for both SDS and ODI in the depressed group than in the normal group. Pain was significantly relieved, even in the depressed group (p < 0.01). Pain reduction was achieved by the direct effect of pregabalin, as well as indirect effects attributed to change in depressive symptoms. Although both somnolence and dizziness were detected, the use of hypnotic agents was decreased in half of cases. Somnolence did not influence the analgesic effects of the drug or psychotic state. CONCLUSIONS: This investigation indicated that pregabalin is safe and effective for reducing both LBP and mood disturbance in patients with depression.

    DOI: 10.1007/s00776-013-0529-4

    PubMed

    researchmap

  • navigation TKAにおける異なる機種間でのインプラント適合性の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 春季学会 )   224 - 224   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 後外側骨片を有した大腿骨転子部骨折に対するtrochanteric stabilizing plateの使用経験

    岡崎 良紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希

    骨折   36 ( 1 )   85 - 89   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    後外側骨片を有する大腿骨転子部骨折に対して、sliding hip screw(SHS)にtrochanteric stabilizing plate(TSP)を併用した症例の治療成績を検討した。症例は全22例で、性別は、男性10例、女性12例、平均年齢は81.6歳、観察期間は平均27.9週であった。骨折型は、後外側骨片を有するもので、AO分類ではA2.1:9例、A2.2:13例であった。手術は、SHSで内固定した後、TSP先端を後方へベンディングを行い、後外側骨片に対しバットレスプレートとして用いて整復した。術後3D-CTで、大腿骨前縁から骨片後縁までの距離を計測することで後外側骨片の整復位を評価した。後外側骨片は平均11.8mm整復されており全例再転位なく骨癒合が得られた。またラグスクリューのsliding量は最終観察時平均5.2mmであり良好な成績が得られていた。したがって、後外側骨片対し、TSPで支持を行うことは転位防止手段となり、後外側骨片を有する大腿骨転子部骨折に対してTSPを併用したSHS固定は有用であると考察した。(著者抄録)

    researchmap

  • Intra-articular loose body caused by avascular necrosis of the femoral head in children. 国際誌

    Tomoko Tetsunaga, Hirofumi Akazawa, Tomonori Tetsunaga

    Journal of pediatric orthopedics. Part B   23 ( 1 )   44 - 8   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In children, avascular necrosis of the femoral head occurs easily because of the difference in the domination of blood flow compared with that in adults. Here we report a rare case of a 12-year-old girl who sustained a femoral neck fracture. The femoral head collapsed after open reduction and internal fixation. The hip developed into subluxation because of the gradually enlarged loose body in association with avascular necrosis. These results might be explained by the fact that blood circulation from the ligamentum teres temporarily increases during the ages of 8-12 years.

    DOI: 10.1097/01.bpb.0000434244.41569.6b

    PubMed

    researchmap

  • THAセメントレスステム Trabecular Metal Stemの短期成績

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    日本人工関節学会誌   43   111 - 112   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    人工股関節全置換術(THA)40例40股(女性34例34股、男性6例6股、手術時平均71歳)を対象として、Trabecular Metal Primary Femoral Stem(TM stem)の術後短期成績についてX線学的に検討した。VerSys Hip System Fiver Metal Taperを使用したVerSys群20例20股と、Trabecular Metal Primary Hip Prosthesisを使用したTM群20例20股に分け、両群で術後成績について比較検討した。その結果、Subsidenceは両群間に有意差を認めなかった。Spot weldsは、有意にTM群で多かった。Stress shieldingは、有意にTM群で少なかった。Cortical hypertrophyはVerSys群で10%認め、TM群では認めなかったが、両群間に有意差を認めなかった。Reactive lineは両群とも認めなかった。ステムの固定性は、VerSys群は19例がfixation by bone ingrowthであり、1例がstable fibrous ingrowthであった。TM群は全例fixation by bone ingrowthであった。また、JOAスコアは両群間に有意差を認めなかった。術後合併症はVerSys群で2例、TM群で1例認められた。

    researchmap

  • DVT 人工関節全置換術術後のFondaparinuxとEdoxabanの比較と適正使用範囲の考察

    望月 雄介, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀

    日本人工関節学会誌   43   177 - 178   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    人工膝関節全置換術(TKA)を行った234例234膝と、人工股関節全置換術(THA)を行った151例151股を対象に、静脈血栓塞栓症(VTE)予防にfondaparinuxを投与したTKA 88例(男性13例、女性75例、平均76.6歳)、THA 60例(男性4例、女性56例、平均71.5歳)と、edoxabanを投与したTKA 146例(男性27例、女性119例、平均74.9歳)、THA 91例(男性20例、女性71例、平均69.2歳)に分け、術後VTE、出血性合併症などについて検討した。術後VTE発生はfondaparinux群でTKA:深部静脈血栓症(DVT)1例、THA:0例、edoxaban群ではTKA、THAとも肺塞栓症、DVT各1例を認めた。出血性合併症はfondaparinux群でTKA:小出血7例、THA:小出血3例、edoxaban群でTKA:大出血1例、小出血8例、THA:大出血1例、小出血7例を認めた。術後の平均推定出血量(ml)はfondaparinux群でTKA:382、THA:345、edoxaban群でTKA:352、THA:399であり、いずれも有意差はなかった。

    researchmap

  • Posterior buttress plate with locking compression plate for Hoffa fracture.

    Tomonori Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Masahiro Yoshida, Yusuke Mochizuki, Tomoko Tetsunaga, Arubi Teramoto, Yoshiki Okazaki, Kazuki Yamada

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18 ( 5 )   798 - 802   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Many difficulties are associated with treating fractures of the posterior condyle of the femur (Hoffa fractures). Anatomical reduction and internal fixation are optimum for such intra-articular fractures. Some surgeons use anteroposterior screws to achieve direct stability. However, screw fixation is not adequate in some cases. To increase stability, we treat Hoffa fractures with a posterior buttress plate; we use a twisted, 1/3 tubular plate at the posterior surface and a supplementary, locking compression plate (LCP) for additional stability. METHODS: Patients who had sustained Hoffa fractures between January 2006 and March 2009 were included in this study. Patients comprised three males and two females with a mean age of 73.6 years at the time of surgery. A 3.5-mm 1/3 tubular plate was twisted and applied to the posterolateral aspect of the distal femur. This was combined with an LCP on the distal femur to achieve a rafting effect. RESULTS: All fractures were healed within 15 weeks. There were no instances of nonunion, infection, or implant removal. The mean range of motion was -3° to 121°. Four patients had no pain in the treated limb and one had mild pain on weight bearing. The average Oxford Knee Score was 44.6 points. All patients achieved satisfactory joint function and regained their walking ability with good clinical results. CONCLUSIONS: Improved stability associated with this technique enables patients to begin range-of-motion training and return to their normal activities sooner; this resulted in good outcome.

    DOI: 10.1007/s00776-013-0410-5

    PubMed

    researchmap

  • 上腕骨骨幹部骨折後癒合不全の治療経験

    岡崎 良紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 5 )   1115 - 1116   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    上腕骨骨幹部骨折の観血的治療後に生じた癒合不全5例について報告した。男性3例、女性2例であった。癒合不全の原因は3.5mmプレートによる固定力不足が3例、髄内釘による骨片間の離開が1例、広範囲熱傷による軟部組織損傷が1例であった。癒合不全の形態は全例atrophic typeであった。治療は、全例interlocking nailと自家骨移植を用いた再固定術を施行した結果、骨癒合は順調に進み、平均5.2ヵ月で治癒が得られた。

    researchmap

  • 大腿骨後顆骨折(Hoffa骨折)に対してバットレスプレートを用いた治療経験

    望月 雄介, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山脇 正, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   247 - 249   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    大腿骨後顆骨折(Hoffa骨折)に対し、後方からバットレスプレートを用いた固定法を行った5例5肢を対象に、後顆部関節面の整復状況、整復位の推移、膝関節可動域を検討した。手術は後顆骨片の整復、内固定を直視下に施行した。固定は近位外側から遠位後方へと90°捻った3.5mmプレートと、rafting effectを狙ったlocking plateを併用した。受傷時年齢は平均73.6(52〜98)歳であった。その結果、臨床成績はNeerの評価基準でexcellentが4例、satisfactoryが1例であった。平均膝関節可動域は伸展-3°(-10〜0°)、屈曲121°(40〜150°)となった。全例が受傷前の歩行能力を維持できていた。側面像からみた後顆関節の整復位をstep-offとgapについて検討したところ、step-offを1例に認めたのみであった。治療経過中にstep-off或いはgapの増大をきたした症例はなかった。全例が術後3ヵ月で骨折線が無くなり、骨折部の再転位も認めなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20131015110001&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2013%2F002502%2F001%2F0247-0249%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2013%2F002502%2F001%2F0247-0249%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 脛骨高原骨折術後の関節軟骨と半月板の関節鏡による評価

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 望月 雄介, 岡崎 良紀, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   450 - 451   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Dome impaction・marginal impactionを伴った寛骨臼骨折の診断と治療成績

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    Hip Joint   39   517 - 522   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    観血的治療を行った寛骨臼骨折36例中、ドーム・インパクション(DI)6例、マージナル・インパクション(MI)3例、計9例(男性6例、女性3例、19〜80歳、平均52.3歳)を対象に、後方視的に調査し、臨床成績について検討した。平均観察期間は2.4年(1〜5.5年)であった。術前に見落とされていたのはいずれもDIで、術中に1例、術後に2例が分かった。骨折型はDIは後柱に1例、前柱+ヘミトランスバース2例、T-shaped1例、両柱2例が存在した。一方、MIは後柱+後壁1例、後壁2例が認められた。術後X線評価ではステップオフが0mmと考えられたのが5例、1〜2mmが4例、3〜4mmはなかった。術後CT評価では0mmが3例、1〜2mmが5例、3〜4mmが1例であった。最終調査時の臨床成績は、JOAスコアで100点5例、90〜99点2例、80〜89点1例、70〜79点2例で、平均92.5点であった。

    researchmap

  • 人工股関節全置換術における肥満度の影響についての検討

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    Hip Joint   39   680 - 683   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    人工股関節全置換術を行った100股を対象に、BMIが25kg/m2未満の正常群72股と25kg/m2以上の肥満群28股に分け、術後成績を比較検討した。その結果、手術時間は肥満群で有意に長かった。皮膚切開の長さは両群間で有意差はなかった。インプラント設置について、外方開角は両群間で有意差はなかったが、前方開角は肥満群で有意に小さかった。なお、術後脱臼、深部静脈血栓症などの合併症発症率は両群間で有意差がなく、JOAスコアはいずれの群も術後有意に改善し、両群間で有意差がなかった。

    researchmap

  • 人工股関節全置換術(THA)術後の出血量と合併症に対するfondaparinuxとedoxabanの比較

    望月 雄介, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀

    Hip Joint   39   981 - 984   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    人工股関節全置換術(THA)術後の出血量と合併症に対するフォンダパリヌクスとエドキサバンについて比較検討した。THA 107例107関節を対象とし、フォンダパリヌクス45例45関節、エドキサバン62例62関節であった。術後静脈血栓塞栓症において、エドキサバンで肺塞栓症と深部静脈血栓症を各1例認めた。出血合併症で、大出血をエドキサバンで1例認め、小出血はフォンダパリヌクス3例、エドキサバン7例であった。大出血、小出血とも有意差は認めなかった。術後推定出血量は、フォンダパリヌクスは平均309ml、エドキサバンは417mlとなった。輸血量は、フォンダパリヌクスは平均80ml、エドキサバンは143mlとなった。推定出血量、輸血量共にフォンダパリヌクスよりもエドキサバンで多かったが、有意差は認めなかった。

    researchmap

  • 後十字靱帯付着部裂離骨折に対する術中3D-imageを用いた低侵襲内固定法

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 山田 晋也

    JOSKAS   38 ( 4 )   525 - 525   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • Image-free navigationを用いたTKAにおける脛骨コンポーネント設置角度の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 3 )   701 - 702   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    2010年にImage-free navigation(Navi)を用いず人工膝関節置換術(TKA)を行った従来群34関節(男性5膝、女性28膝、平均年齢73.8歳)とNaviを用いてTKAを行ったNavi群33関節(男性5膝、女性28膝、74.8歳)の2群間における脛骨コンポーネントの設置角度について比較検討した。その結果、手術時間は両群間に有意差は認められなかったが、下肢機能軸に対する脛骨コンポーネント設置角度は従来群で平均0.76°外反(5°外反〜3°内反)、Navi群で平均0.29°内反(2.5°外反〜2.6°内反)と有意差を認められた。また、設置角度が3°を超えるoutlierの割合も従来群17.6%、Navi群0%で有意差が認められた。以上、Navi使用により冠状面において従来法と比べ、正確な脛骨コンポーネントの設置が可能であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20130726120082&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2013.701&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2013.701&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 大腿骨転子部骨折における術中整復位の評価と成績 ほんとうに良好な整復位が得られているのか

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   35 ( 2 )   345 - 348   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Sliding hip screwを使用して大腿骨転子部骨折に対する手術を行った23例について、術中単純イメージ像で正確に整復位が確認できるかどうかを後ろ向きに検証し、術中単純イメージを使用しても確認できる"良好な整復位"を獲得する方法を検討した。術中単純イメージのみで"良好な整復位の獲得"を判断することは26.1%で困難だった。改善するには、転位のある31-A1では内側皮質部over腹側anatomicalに整復し、転位のある31-A1もしくは-A2において内側皮質部over腹側overに整復するべきである。加えて術中3D imageを使用して整復位の確認を行うこと、もしくは使用しないのであれば骨折部を直接指でさわり主骨片同士の骨性コンタクトを確認する方法をとることで"良好な整復位を獲得"することが可能であると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • The clinical manifestations of lumbar disease are correlated with self-rating depression scale scores.

    Tomoko Tetsunaga, Haruo Misawa, Masato Tanaka, Yoshihisa Sugimoto, Tomonori Tetsunaga, Tomoyuki Takigawa, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18 ( 3 )   374 - 9   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Depression can exacerbate symptoms of chronic pain and worsen disability. The symptoms of lumbar disease may be particularly sensitive to psychological state, but statistical associations between low back pain (LBP) severity and mental health status have not been established. METHODS: Of the 151 patients with LBP, 122 completed questionnaires probing depressive symptoms, LBP severity, and degree of disability. In addition to completing self-report questionnaires, patients provided demographic and clinical information. A self-rating depression scale (SDS) was used to screen for depression. Pain and disability were assessed by the visual analog scale (VAS) and the Roland-Morris disability questionnaire (RDQ), respectively. Overall clinical severity was assessed using the Japanese Orthopaedic Association (JOA) score. Kendall's tau correlation coefficients were calculated to examine the relationships among these variables. RESULTS: Ninety-four patients (77 %) were in a depressive state as indicated by SDS score ≥40, including mild depression group (47 patients, SDS score from 40 to 49) and depression group (47 patients, SDS score ≥50). There were only 28 patients in the no depression group (SDS score ≤39). There was no significant difference in both age and pain duration among the three groups. The mean VAS score in the depression group (70 ± 19 mm) was higher than both no depression (41 ± 24 mm) and mild depression groups (52 ± 21 mm). The mean JOA score in the no depression group (14 ± 5.0 points) was higher than both mild depression (12 ± 4.0 points) and depression groups (10 ± 6.0 points). The mean RDQ in the depression group (15.1 ± 6.0 points) was higher than both no depression (6.4 ± 5.0 points) and mild depression groups (10.9 ± 5.4 points). Factors significantly correlated with SDS score included VAS, JOA score, and RDQ score. In contrast, SDS did not correlate with patient age or pain duration. CONCLUSIONS: The majority of chronic LBP patients examined were in a depressed state and the severity of depression correlated with pain severity, degree of self-rated disability, and clinical severity.

    DOI: 10.1007/s00776-013-0363-8

    PubMed

    researchmap

  • 股関節骨折手術後の静脈血栓塞栓症予防におけるエドキサバンとフォンダパリヌクスの無作為化比較試験

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 2 )   S301 - S301   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 遠位脛腓靱帯間結合が離開している足関節果部骨折の治療経験

    岡崎 良紀, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 山田 和希

    骨折   35 ( 1 )   186 - 189   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    遠位脛腓靱帯間結合が離開している足関節果部骨折において、positioning screw固定し6週で抜去した後の脛腓間距離と臨床成績に関して検討した。対象は、追跡調査が6ヵ月以上可能であった8例とした。男性5例、女性3例、平均年齢は51.2歳。骨折型はAO分類44-B3:1例、C1:1例、C2:4例、C3:2例であった。整復、内固定を行った後、positioning screwを挿入し、術後6週で抜去を行い荷重開始した。抜去後の単純X線より脛腓間距離を測定し、臨床成績を調査した。脛腓間距離は、抜去後から3ヵ月目までに離開する傾向がみられた。臨床成績は、good:6例、fair:2例であり、脛腓間離開が2mm以上の症例において、足関節部疼痛が残存した。2mm以上の離開例は、靱帯主体の損傷であった。固定期間は、6週間では不十分であることが示唆され、症例別に固定期間を選別・再考する必要があると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 足関節果部骨折(AO 44-C type)に対する治療法の検討 腓骨の正確な整復位の獲得法について

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   35 ( 1 )   190 - 193   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】腓骨の短縮や外旋転位固定は距腿関節における接触面積の減少あるいは関節の不安定性を引き起こし、高率に外傷後関節症の発生を引き起こすことが知られている。特にtypeC骨折は、術中に腓骨の整復位を正確に評価することは難しい。今回、我々は当院で治療した足関節果部骨折(AO44-C type)を評価し腓骨の正確な整復位の獲得法について検討した。【対象および方法】対象は2009年より当院で治療された足関節果部骨折(AO44-C type)8症例であり平均年齢51.5歳、C2 4例、C3 4例であった。健側のCT所見と比較することで、術後の腓骨の整復位の垂直転位、回旋角度、脛腓間距離、前後移動について検討した。【結果】8症例のうち健側のCT所見と比較した結果、腓骨の回旋角度は平均5.02°の外旋、腓骨の前後移動は平均0.06mmの後方移動、脛腓間は平均0.87mmの短縮、腓骨の垂直方向転移に関しては明らかな症例は認めなかった。【考察】今回の検討の結果、足関節果部骨折(AO44-C type)の治療において健側と比較すると腓骨の軽度外旋位、後方移動、脛腓間短縮固定が確認された。腓骨の正確な整復位を確認するには、特に回旋に関しては術前に健側のCT所見にて脛骨の腓骨切痕と腓骨の前後軸のなす角度を計測しておき、これを参考にすることで正確な回旋位を獲得することができると思われる。(著者抄録)

    researchmap

  • 烏口突起骨折における術中3D-CT navigation system使用の有用性について

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 望月 雄介, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   211 - 212   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • ステム周囲評価他 SUMMIT stemのX線学的短期成績

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 吉田 昌弘, 山脇 正, 望月 雄介

    日本人工関節学会誌   42   719 - 720   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    近位固定髄腔占拠型のSUMMIT stemを用いて人工股関節全置換術を行った40股について、短期術後X線学的変化を検討した。平均術後経過観察期間は14.7ヵ月であり、近位大腿骨の形態、ステムのsubsidence、ステム周囲の骨反応、大腿骨周囲のstress shielding、ステム固定性、臨床的評価、術中・術後の合併症を調査した。その結果、術後の単純X線像上、57.5%にspot weldsを認め、47.5%に軽度のstress shieldingを認めたものの、高度のstress shieldingは認めず、ステムの固定性は82.5%がfixation by bone ingrowthで、2mm以上の有意な沈下は認めなかった。また、術中・術後に重篤な合併症を認めた症例はなく、良好な短期術後成績であった。

    researchmap

  • TKA周術期 Edoxaban投与による人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症の発生率と予防について

    望月 雄介, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀

    日本人工関節学会誌   42   699 - 700   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    エドキサバン(E)投与による人工膝関節全置換術(TKA)後の深部静脈血栓症(VTE)の発生率と予防について検討した。TKAを施行した72例72膝を対象とした。36例36膝は術後にフォンダパリヌクス(F)を14日間1日1回皮下注し、36例36膝はEを14日間1日1錠内服した。FとEともに肺塞栓症、DVTともに1例ずつ認め、差は認めなかった。術後の推定出血量は、Fでは平均367ml、Eは456mlとなり有意差は認めなかった。出血合併症は、FとEともに大出血はみられなかったが、小出血はFが1例、Eが5例で、有意差は認めなかった。Eの小出血5例は75歳以上の高齢で、45kg以下の低体重である症例は3例であった。

    researchmap

  • 関節内骨折における局所転移の整復にNavigation system、3D imageを利用した手術の有用性

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 6 )   1411 - 1412   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    平成18年12月から手術した寛骨臼骨折2例と脛骨外顆骨折3例の計5例(男性2例、女性3例、30〜60歳、平均49歳)を対象に、関節内骨折における局所転位の整復にナビゲーションシステム、3Dイメージを利用した手術の有用性について検討した。骨折は寛骨臼後壁骨折に辺縁嵌入を伴ったものが1例、寛骨臼後柱骨折に中心部のドーム嵌入を伴ったものが1例、脛骨外顆骨折の局所圧迫が3例であった。関節面の転位は、寛骨臼後壁骨折の1例に約1mm残存したが、その他4例はほぼ正確に1mm未満の誤差で整復できていた。また、同様の手術でナビを使用していないものと比べ、手術時間は平均約30分延長、イメージ照射時間は約半分の平均4.3分と思われた。現段階では透視時間はある程度短縮できるが手術時間は遷延する。ナビゲーションと3Dイメージを組み合わせて使用すると、骨開窓部位、整復操作、骨移植の確認、スクリュー挿入まで行うことが可能で、容易で、被曝が少ない正確な手術を行うことが可能となった。

    researchmap

  • 下肢長管骨骨折後変形癒合に対する一期的矯正骨切り術の治療成績

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 6 )   1299 - 1300   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    下肢長管骨骨折後変形癒合に対し一期的矯正骨切り術を施行した10例の治療成績について検討した。その結果、全例、一次的に骨癒合が得られていた。Z状骨切り術を行った大腿骨骨幹部骨折後変形癒合の2例中1例は骨癒合までに6ヵ月を要したが、その他の症例では3ヵ月以内で骨癒合が得られ、全荷重歩行が可能であった。だが、Sangeorzanの3次元一期的変形矯正術を脛骨骨幹部に行った1例ではプレートの露出が認められ、術後10ヵ月でプレートの抜去となった。

    researchmap

  • 上腕動脈損傷を併った上腕骨近位部骨折の2例

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 3 )   522 - 522   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • SUMMIT stemの短期成績

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 吉田 昌弘, 山脇 正, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 2 )   227 - 230   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    著者らがSUMMIT stemを用いて人工股関節全置換術を行った30例(男性8例、女性22例、平均手術時年齢68歳)の短期成績について検討した。平均術後経過観察期間は15.8ヵ月、原疾患は変形性股関節症27例、特発性大腿骨頭壊死2例、大腿骨頸部骨折1例であった。その結果、1)術後X線ではspot weldsを20例(66%)に認められたが、高度のstress shieldingはなかった。2)ステム固定性はfixation by bone ingrowthが26例(87%)、stable fibrous ingrowthが4例(13%)であった。またステムのsubsidenceは平均0.2mmであり、2mm以上の有意な沈下は認められなかった。3)JOAスコアは術前平均42点が術後平均93点へ有意に改善した。尚、術後に合併症を来した症例はみられず、良好な短期術後成績が得られた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20121003210004&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2012%2F002402%2F004%2F0227-0230%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2012%2F002402%2F004%2F0227-0230%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Image-free navigationを用いたTKAにおける脛骨コンポーネントの設置角度の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 秋季学会 )   74 - 74   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折後に行った人工股関節全置換術の治療成績

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 吉田 昌弘

    Hip Joint   38   45 - 49   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    寛骨臼骨折後に最終的に人工股関節全置換術(THA)となった11例(男6例、女5例、平均54歳)について報告した。寛骨臼骨折受傷からTHAまでの期間は平均49.8ヵ月(0〜396ヵ月)で、骨折型はJudet-Letournel分類の後壁骨折が8例、T字状骨折が2例、両柱骨折が1例であった。初回手術時に使用したインプラントは3.5mm AO reconstruction plateが6例、3.5mm screwが1例、spring plateが4例、K-wireが2例であった。THAに至った原因は、spring plateの大腿骨頭への接触が3例、外傷後大腿骨頭壊死が3例、二次性変形性股関節症が2例、骨折部の整復不良が2例であった。THAの臼蓋側の固定方法は、セメントTHAが2例、セメントレスTHAが7例、Kerboull plate併用が2例であった。X線上のカップの外方開角は平均40°、前捻は10°であった。日本整形外科学会股関節機能評価基準では、THA術前平均26点から術後77点に改善した。

    researchmap

  • 人工股関節周囲骨折に対する観血的治療

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 山脇 正, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   34 ( 2 )   345 - 348   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    全人工股関節置換術(THA)後骨折の骨折型と治療法の関連性および問題点を検討し、治療のプロトコールを作成することを目的にした。20例中18例で骨接合術が選択された。骨折部の粉砕のない症例は骨折部にギャップを生じない整復位を得ることが骨癒合の遷延化を予防する。近位骨片の固定性を得るためにケーブルワイヤープレートの使用は必須であり、プレートのcontourの必要性はロッキングプレートで軽減した。人工股関節・膝関節周囲骨折例合併例は2例とも著明な骨粗鬆を合併した関節リウマチ例で、粉砕骨折となり、最小侵襲プレート骨接合法(MIPO法)で良好な骨癒合が得られた。治療上のキーポイントは応力集中を避けることと、どのような安定性を獲得するのか、ということを術前に計画し、インプラントの長さ、種類を選択することである。Revision THAが2例で選択されたが、いずれも骨癒合は遷延化した。(著者抄録)

    researchmap

  • 上腕骨骨幹遠位部骨折に対する髄内釘治療の工夫

    岡崎 良紀, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 1 )   97 - 101   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    上腕骨骨幹遠位部骨折9例(男性3例、女性6例、平均年齢80.2歳)に対する髄内釘治療に際し、順行性髄内釘を上腕骨外顆に挿入する工夫を行った。その結果、1)半年以上を要した遷延癒合が3例あったが、骨癒合は全例で一期的に認められた。2)肩関節過度域は屈曲、外転とも最終的に制限を認めなかったが、肘関節可動域は偽関節症例の1例で伸展15°の制限が認められた。尚、Carrying angleは最終調査時に平均176°であった。3)外観上の変形、疼痛などの自覚症状が残存した症例はなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20120608280018&doc_link_id=10.11360%2Fjcsoa.24.97&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11360%2Fjcsoa.24.97&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 臼蓋再置換術THA後に早期破綻した1例

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤原 智洋, 藤原 一夫, 三宅 由晃, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   41   700 - 701   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    61歳女性。52歳時に他院で左変形性股関節症に対してセメントカップとセメントレスステムによる初回全人工股関節置換術(THA)が施行された。しかし、術後9年で左股関節痛を生じ、著明な跛行が認められた。また、単純X線像とCT像にてカップのゆるみとmigrationによる巨大骨欠損を認め、AAOS分類はtype III、術前のJOAスコアは56点であった。以後、再置換術として後方アプローチにてステムを抜去せずに行われたが、内側臼底部は骨性組織は消失しており、荷重部および骨欠損部にハイドロキシアパタイト(HA)顆粒をインパクションし充填した後、KTプレートを設置しカップをセメント固定した。術後3ヵ月時より杖無しで生活していたが、経過観察中に荷重部移植骨の厚みが減少し、術後8ヵ月目に膝をつき込んで転倒、急激な左股関節痛が出現した。X線上、KTプレートのmigrationとフック部の破損が認められ、再々置換術が行われた。手術は後方アプローチにて行われ、プレートはセメントカップごと容易に抜去し、HA顆粒も容易に除去された。そして同種骨大腿骨頭6個を使用し、block boneを移植した後にKTプレートを設置しカップをセメント固定した。その結果、術後は合併症として無症候性のPEが認められたが、術後2ヵ月時には自由歩行可能となり、JOAスコアは86点へと改善した。

    researchmap

  • 当科における鎖骨遠位端骨折に対するtension band wiring法の治療成績

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山脇 正

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 秋季学会 )   43 - 43   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 【若年者(40歳未満)の進行期・末期股関節症の病態と治療】保存療法 若年者の進行期・末期股関節症に対する保存療法

    三谷 茂, 鉄永 智紀, 藤原 一夫

    関節外科   30 ( 9 )   1038 - 1044   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • Charnley式THAの長期成績

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 藤原 一夫, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 ( 5 )   1017 - 1018   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    著者らの施設において1972年6月〜1985年10月に施行されたCharnley式全人工股関節置換術122股のうち、術後25年以上にわたり追跡が可能であった19例23股(全例女性、平均手術時年齢49歳、原疾患:変形性股関節症が17例21股、突発性大腿骨壊死症が2例2股)を対象に長期成績について検討した。X線学的にソケット側とステム側についてlooseningの評価を行った結果、累積生存率はソケット側がlooseningをend-pointとすると63.6%、再置換術は72.7%であり、一方、ステム側ではlooseningをend-pointとすると68.2%、再置換術は86.4%であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20111031040057&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2011.1017&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2011.1017&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 臼蓋形成不全股のX線学的評価とCross-over signの検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 藤原 一夫, 三宅 由晃, 尾崎 敏文

    Hip Joint   37   840 - 843   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    2004〜2010年に寛骨臼回転骨切り術を施行した臼蓋形成不全51例について、術前後に撮影した両股関節正面X線から恥骨結合近位と仙尾骨関節の距離を計測し、Siebenrockらの報告に基づいて「骨盤前傾群」「後傾群」「正常群」の3群に分け、cross-over sign(COS)の頻度を群間比較した。結果、術前X線像からは前傾群に分類されたものが15例、後傾群が17例、正常群が18例であり、各群においてCOSを認めた症例の割合は前傾群40.0%、後傾群5.9%、正常群5.6%であった。術後X線像からは前傾群が8例、後傾群16例、正常群27例であり、COSを認めた割合は前傾群87.5%、後傾群43.8%、正常群29.6%であった。COSを評価する上で正確に撮像できていない症例が半数程度存在し、前傾群ではCOS陽性となる症例が高率に存在した。COSを正しく評価するためには骨盤傾斜が正常かつ左右対称な両股関節正面X線像が必須であると考えられた。

    researchmap

  • メカニカルストレス下におけるヒストン脱アセチル化酵素阻害薬による軟骨破壊抑制効果

    齋藤 太一, 西田 圭一郎, 小澤 正嗣, 古松 毅之, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   85 ( 8 )   S1158 - S1158   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Regulation of mechanical stress-induced MMP-13 and ADAMTS-5 expression by RUNX-2 transcriptional factor in SW1353 chondrocyte-like cells. 査読

    Tetsunaga T, Nishida K, Furumatsu T, Naruse K, Hirohata S, Yoshida A, Saito T, Ozaki T

    Osteoarthritis Cartilage   19 ( 2 )   222 - 232   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joca.2010.11.004

    Web of Science

    researchmap

  • セメントレス人工股関節全置換術におけるCT-based navigation systemのステム設置精度評価

    藤原 一夫, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 遠藤 裕介, 三谷 茂

    整形外科   62 ( 1 )   13 - 17   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    セメントレス人工股関節全置換術をCT-based navigation system併用で施行した10例10股(男1例・女9例・平均65歳)を対象に、ステム設置精度を評価した。疾患内訳は変形性股関節症7例7股、特発性大腿骨頭壊死症3例3股で、使用したインプラントはPerFix910(JMM社)、ナビゲーションはVectorVision Hip(BrainLAB社)をCTベースで使用した。術後CT情報と術中のナビゲーション画像を比較した結果、内外反では7例が1°以内(平均誤差0.9°)、前後傾も7例が1°以内(平均誤差1.2°)であった。前後捻誤差は前捻6°〜後捻8°(平均3.5°)で、ばらつきが大きかったが、7例は4°以内に収まっていた。ステム挿入深度は2.1mm浅〜2.7mm深(平均1.6mm)の誤差であった。なお、レジストレーション残差は平均1.2±0.4mmであった。合併症として大腿骨遠位トラッカー部の1週間以上持続する疼痛を7例に認めたが、感染や骨折はなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00764&link_issn=&doc_id=20110107390003&doc_link_id=issn%3D0030-5901%26volume%3D62%26issue%3D1%26spage%3D13&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0030-5901%26volume%3D62%26issue%3D1%26spage%3D13&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Centpillar stemで著明なゆるみを生じた1例

    長谷井 嬢, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 三谷 茂, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   40   724 - 725   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    54歳女。変形性股関節症で、10年前に右股関節に対しセメントTHAを施行し、今回、左股関節に対しTHAを施行した。Cup挿入にはnavigationを使用し、Stemは術前CTプランニングと同サイズをnavigation非使用で術中骨折等の合併症なく挿入した。術後2日で荷重歩行を開始し、術後1週のCTで骨折などは認めず経過良好であったが、術後2週で2mmのsubsidenceを認めた。荷重制限は行わず、術後3週でT字杖一本歩行で自宅退院し経過観察していたところ、徐々に骨萎縮が進行し、術後1年では著明な跛行およびX線上約4mmのsubsidenceと大腿骨の膨化を認めた。再置換術は希望されず、更に術後2年では約2cmのsubsidenceが生じ、術後2年6ヵ月にはステム遠位部での骨形成がみられた。術後2年以降、subsidenceの進行は認めていない。

    researchmap

  • パルス洗浄が人工股関節全置換術術後成績に与える影響についての検討

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 三宅 由晃, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   40   234 - 235   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    セメントレスTHAの術中にパルス洗浄を行った群(25例)と行わなかった群(25例)とで手術成績を比較検討した。評価項目は「手術時間」「術中出血量」「術後合併症」「術後の血液検査所見」「JOAスコア」とした。検討の結果、いずれの項目にも有意な群間差は認められなかった。

    researchmap

  • ケルブールプレートと人工骨を併用した臼蓋再置換術THAの短期成績の検討

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 藤原 一夫, 三宅 由晃, 鉄永 智紀, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   40   102 - 103   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    2000年〜2007年に人工骨とケルブールプレート併用の臼蓋側再置換術(THA)を施行した骨欠損症37例中2年以上経過観察できた30例30関節(男性5例、女性25例、44〜78歳・平均66歳)を対象に、短期成績について検討した。前回手術は人工骨頭置換術(BHA)2例、人工股関節置換術(THA)28例で前回手術からの経過観察期間は平均15年(2〜26年)、再置換の理由は無菌性のゆるみ27例、感染2例、脱臼1例、平均追跡期間は4年6ヵ月(2〜9年)であった。術前のAAOS分類はIが5股、IIが2股、IIIが20股、IVが3股であった。術直後のX線像におけるケルブールプレートのフックの設置位置は14股(46%)に外側設置を認め、荷重部の移植骨の厚みは平均15mm(0〜27mm)であった。最終調査時迄に遅発性感染を2例に認め、スクリューのゆるみ・破損を6股(20%)に認めた。カップの内方への移動を7股(23%)に認め移動距離は平均7.2mm(1〜20mm)であった。JOAスコアは術前平均50点から最終観察時平均77点と改善した。感染例2例を除く28股においてカップの移動を生じた5股と問題のなかった23股を比較検討したが両群に術前の平均年齢、BMIに差はなく成績不良群には術前AAOS分類でタイプIVが2股存在した。成績不良群は全例荷重部にブロックを使用せずに人工骨顆粒のみを使用していた。荷重部の移植骨の厚みには有意差は認めず、プレートの設置状態が良好であった15股中2股に成績不良を認めた。

    researchmap

  • 大腿骨頸部外骨腫にともなう変形性股関節症の1例

    金澤 智子, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 三谷 茂

    日本人工関節学会誌   40   726 - 727   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    47歳男。44歳時より誘因なく右股関節痛が出現し、前医でのX線で右大腿骨頭の変形を指摘されたが、臼蓋側の変形は軽度で、関節裂隙の狭小化も僅かであった。MRIでは正常骨皮質と連続した有茎性の腫瘤を認め、周囲組織の信号変化はなかった。大腿骨頸部に発生した外骨腫の診断で保存加療を受けたが、右股関節痛が増悪し、腫瘍増大も疑われたため当科紹介受診した。受診時には歩行時痛、著明な可動域制限を認め、X線で関節裂隙は狭小化し、臼蓋側にも骨硬化と骨嚢胞を認めた。CT・MRIでは大腿骨頸部前外側に有茎性の骨性隆起を認め、周囲組織との信号変化は認めなかった。タリウムシンチグラムでは、early phase、delayed phase共に集積の亢進は認めなかった。以上より変形性股関節症と診断し、人工股関節置換術を施行した。組織学的所見では大腿骨頸部に認めた骨性隆起に軟骨様の組織を認め、軟骨帽の一部であったと考えられた。術後経過は良好で、術後4ヵ月時でJOA scoreは34点から83点に改善しており、ROMも著明改善し、1時間程度の独歩が可能であった。

    researchmap

  • 先天性内反足に対するアキレス腱切腱術の短期治療成績の検討

    金澤 智子, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   53 ( 6 )   1249 - 1250   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    アキレス腱切腱術を施行した先天性内反足7例9足(男児4例・女児3例・初診時日齢平均38.7日)の治療成績を検討した。適応は脛踵角90°以上の先天性内反足とし、長下肢ギプス矯正を3週間行った後に切腱術を行い、術後3週間のギプス固定を経てDenis-Browne装具を装着した。寝返りを始めた時期に短下肢装具へ変更し、歩行開始後は夜間装具とした。最終調査時(平均2歳1ヵ月)において、X線側面像での距踵角は初診時平均5.8°から30.3°に、脛踵角は120°から78°に改善した。臨床評価のPiraniスコアは初診時平均4.7点、最終時0.9点となり、中足部は2.1点から0.6点に、後足部は2.5点から0.3点に改善した。経過中特に合併症は認めず、最終時の足関節平均可動域は背屈28°、底屈43°で、追加手術を要した症例もなかった。

    researchmap

  • Chiari骨盤骨切り術における短期成績と適応の検討

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 三宅 由晃, 尾崎 敏文

    Hip Joint   36   54 - 59   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    Chiari骨盤骨切り術を行った32例36股(男性4例、女性28例・平均39歳)を対象に、短期成績と適応について検討した。経過観察期間は平均5年であった。手術はChiari単独10股、大腿骨外反骨切り術併用21股、同内反骨切り術併用5股、平均手術時間はそれぞれ76分、133分、92分、平均術中出血量は276ml、529ml、635ml、合併症は外側大腿皮神経不全麻痺2股、坐骨神経不全麻痺1股、無症候性PE 1股であった。JOA疼痛スコアは術前15点→最終時30点、総スコアは61点→78点と改善したが、スコアの悪化を4股に認めた。X線計測でCE角は0.3°→39°、Sharp角は50°→41°、AHIは50%→88%、臼蓋内方下指数は130%→120%といずれも有意な改善を認めた。病期の進行を5股に認め、術前の骨頭円形指数が60%未満で病期悪化例が多く、外反骨切り術併用は内反骨切り術併用より不安定であった。

    researchmap

  • 遺残性股関節亜脱臼の治療 先天性股関節脱臼における遺残亜脱に対する広範囲展開法の治療成績

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 三宅 由晃, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   367 - 373   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】奇形性および麻痺性脱臼を除く先天股脱加療後の遺残亜脱に対して広範囲展開法を施行し14歳以上まで経過観察可能であった28例28股を調査、検討した。【対象】性別は男性2例女性26例で、手術時年齢は平均2歳6ヵ月、最終調査時年齢は平均19歳(14〜28歳)であった。【結果】9股に平均18歳(14〜24歳)時に追加手術が施行されており、それ以前までを最終検討時として評価した。X線評価ではSeverin分類I、II群が61%であった。術前に骨頭壊死のない12股では最終検討時Severin分類I、II群が83%であったが、術前に骨頭壊死を認めた16股ではSeverin分類I、II群は44%であった。【考察】広範囲展開法による遺残亜脱に対する補正手術は骨頭壊死のない症例では良好な成績をえられる。しかしながら高度の骨頭壊死症例に対しては限界がある。(著者抄録)

    researchmap

  • CentPillarの短期成績に関する検討

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 藤原 一夫, 尾崎 敏文, 遠藤 裕介

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 2 )   449 - 453   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    CentPillar GB HA stem(以下GB HA)は日本人の大腿骨解剖に合わせたステムとして開発され、良好な成績の報告もあるが、ステムの沈下・移動をきたす症例を経験することがある。最近、同ステムの改良型として、プラズマスプレーによる粗面加工の近位部にPureFix HAを溶射し、より強固な近位固定を可能としたTMZF HA stem(以下TMZF HA)が開発された。今回、当科で2005〜2009年にセメントレス人工股関節全置換術を行った31例をGB HA使用群(18例)とTMZF HA使用群(13例)に分けて治療成績を比較検討した。その結果、TMZF HA群のほうが正確にステム挿入されており、沈下・移動をきたす症例が少なかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20101006220032&doc_link_id=10.11360%2Fjcsoa.22.449&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11360%2Fjcsoa.22.449&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • ヒト軟骨細胞様細胞においてADAMTS-5はRUNX-2を介してメカノセンシティブに機能するアグリカナーゼである

    鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 古松 毅之, 斎藤 太一, 成瀬 恵治, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   84 ( 8 )   S1230 - S1230   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Operative treatment for pincer type femoroacetabular impingement:a case report.

    Hirosuke Endo, Tomoyuki Noda, Shigeru Mitani, Ryuichi Nakahara, Tomonori Tetsunaga, Toshiyuki Kunisada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   64 ( 2 )   149 - 54   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Femoroacetabular impingement (FAI) is a condition characterized by the impingement of the femur and acetabulum. In Japan, this disorder has become recognized gradually. Here we report a rare case of surgically treated FAI, associated with an osseous protrusion on the acetabulum of a 30-year-old female. Plain computed tomography (CT) and reconstructive 3D-CT images clearly demonstrated an anterolateral bony protrusion. Hip arthroscopy showed no degeneration of the cartilage on either the femoral or acetabular side, but degeneration at the edge of labrum was observed in the region of the bony protrusion. The complete removal of the bony protrusion under hip arthroscopy was thus considered impracticable, and a small skin incision was therefore made anteriorly to approach the acetabulum. The Short-Form 36-Item Health Survey (SF-36) revealed improvement in all scores.

    PubMed

    researchmap

  • 化膿性膝関節炎後の膝蓋骨脱臼を伴った大腿骨変形に対する矯正術を行った1例

    斎藤 太一, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    岡山医学会雑誌   122 ( 1 )   86 - 86   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 化膿性膝関節炎後の膝蓋骨脱臼を伴った大腿骨変形に対する矯正術を行った 1 例

    斎藤 太一, 三谷 茂, 三宅 由晃, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    中国・四国整形外科学会雑誌   22 ( 2 )   343 - 348   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Chugoku-Shikoku Orthopaedic Association  

    We report a case of valgus knee deformity with patellar dislocation caused by infantile septic arthritis. The patient, a boy, had a congenital heart malformation. He had developed infantile septic arthritis of the knee joint at 1 month of age, and the distal lateral epiphysis of the femur had been affected. At 6 years of age, valgus deformity appeared, and therefore we performed deformity correction and leg lengthening with an Ilizarov fixator. However, the deformity recurred and the patella became dislocated laterally 3 years after initial surgery. In a second operation, we performed osteotomy at two sites of the femur. Distally, we corrected the valgus deformity and reduced the patella by changing the rotation of the femur and overlapping the medial soft tissue. Proximally, we corrected the retroversion and performed lengthening on a gradual basis. In the left leg, the preoperative mLDFA was 110° and the postoperative mLDFA was improved to 90°. As the deformity will likely relapse because of the patientセs age, we plan to achieve realignment again by corrective surgery.

    DOI: 10.11360/jcsoa.22.343

    CiNii Article

    researchmap

  • CTベースナビゲーションシステムを用いたセメントレスTHAの術前計画精度とインプラント選択

    藤原 一夫, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   39   90 - 91   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    CTベースナビゲーションシステムを用いたセメントレス人工股関節全置換術の術前計画精度とインプラント選択について検討した。セメントレスTHAのうち、JMM社製AMS HAカップおよびPerFix910ステムを使用した88例90股を対象とした。変形性股関節症78例80股、関節リウマチ7例7股、大腿骨頸部骨折3例3股であった。実際に使用されたカップは術前計画と比べ+2mm、-2mm、-4mmの症例がそれぞれ、1股、5股、1股で、83股(92.2%)が計画通りであった。術後CTにてマイナスサイズの症例では偏心設置であり、計画通りのインプラント設置が可能なスペースが残存し、合計89股(98.9%)で正確な術前計画となった。ステム側は術前計画より+2サイズ、+1サイズ、-1サイズの症例がそれぞれ2股、21股、9股で、58股(64.4%)が計画通りであった。

    researchmap

  • 転子部骨折後の人工骨頭置換術施行後早期に高度の臼蓋欠損をきたした1例

    三宅 由晃, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 藤原 一夫, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   39   514 - 515   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    83歳女。81歳時に転倒して左大腿骨転子部骨折を負い、近医で髄内釘による骨接合術を施行されたが、術後6週で髄内釘のラグスクリューがカットアウトし、他院で人工骨頭置換術を施行された。術後2年経過時に臼蓋の高度欠損と破壊をきたし、亜脱臼となったため当科に紹介され、人工股関節全置換術を行った。臼蓋欠損の原因として、カットアウトしたラグスクリューにより臼蓋後上方の軟骨下骨が損傷を受けたことが考えられた。

    researchmap

  • 人工股関節再置換術における自己血貯血量に関する検討

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   39   222 - 223   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    当科では股関節手術に際し可能な限り自己血輸血を行っている。今回、人工股関節再置換術施行例の周術期出血量を調査することで、同手術における適正な自己血貯血量について検討した。対象は、2002〜2008年に同手術を行った症例のうち感染例と透析患者を除く52例とし、臼蓋側・大腿骨側とも再置換した群(22例;以下T群)、臼蓋側のみ再置換した群(24例;以下C群)、人工骨頭置換術後の再置換群(6例;以下B群)の3群に分けて検討した。その結果、周術期出血量から求めた手術血液準備量(SBOE)をもとに算出した適正自己血貯血量は、術後Hbを10g/dlと設定するとT群7.2単位、C群0.8単位、B群5.7単位であり、術後Hbを8g/dlと設定するとT群4.6単位、C群0単位、B群3.4単位であった。C群においては貯血前Hb値とSBOEとの間に弱い相関が認められ、貯血前Hb値が自己血貯血量の一指標となる可能性が示唆された。

    researchmap

  • RAO術後にPEとDVTを生じ下大静脈フィルター留置を行った1例

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 ( 6 )   1435 - 1436   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    36歳女。BMIは31であった。寛骨臼回転骨切り術直後よりcalf pumpを使用し術後2日よりベッド上のスリング運動を開始したが、離床は下腿部痛のため進まなかった。術後1週のDダイマー値は10.7μg/dl、造影CTで右大腿静脈の若干の拡大を認め、術後10日目の超音波検査にて下腿の微小血栓を認めたため、ワーファリン内服を開始した。しかし、術後14日目のフィブリノゲン分解産物値44μg/dl、Dダイマー値36.4μg/dlと急激に上昇し、造影CTにて右肺動脈と右下腿に巨大血栓を認めたため、緊急に下大静脈フィルターを留置し、ヘパリン点滴およびワーファリン増量を行った。フィルター留置後1週の造影CTにて静脈血栓塞栓の縮小を確認し、2週でフィルターを抜去し術後5週で退院した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20091222080071&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2009.1435&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2009.1435&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 寛骨臼回転骨切り術後5年以上の成績の検討

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 皆川 寛, 鉄永 智紀, 三宅 由晃, 尾崎 敏文

    Hip Joint   35   246 - 250   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    寛骨臼回転骨切り術(RAO)を施行した40例48股を対象に、5年以上の成績について調査検討した。経過観察期間は平均6年6ヵ月であった。術前の既往歴の調査では、developmental dislocation of the hipを33股、大腿骨頭すべり症を1股に認めた。手術は、田川のアプローチで行った症例がRAO単独5股、大腿骨骨切り術の併用8股で、Ollier変法にてほぼERAOと同様の術式で行った症例がRAO単独15股、大腿骨骨切り術の併用10股であった。合併症として大腿神経麻痺を2股認めたが、いずれも不全麻痺で回復した。JOAスコアは術前平均79点が最終調査時平均86点となり、5股で術前より悪化した。X線計測では、CE角、Sharp角およびarticulo-trochanter distance、obutulator foramenhead distanceの全ての項目において術前後で有意差を認めた。また、X線上の病期評価では、最終調査時に11股に病期の進行を認めた。

    researchmap

  • 杉岡式大腿骨頭回転骨切り術後に滑膜骨軟骨腫症を発症した1例

    皆川 寛, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 藤原 一夫

    Hip Joint   35   767 - 770   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    44歳男性。患者は原田病でステロイド療法中、両股関節痛が出現し、両特発性大腿骨頭壊死症の診断で両股に杉岡式大腿骨頭回転骨切り術が行なわれた。しかし、術後3年頃より右股関節痛による股関節の外旋制限が生じ、術後4年頃よりはX線上で結節像が認められ、徐々に増大、疼痛も増強して入院となった。一方、CTでは大腿骨頸部を中心に結節影が多数みられ、股関節造影では関節内に多くの斑点状の陰影欠損が認められた。以上より、全身麻酔下にHardingeのアプローチで進入し、関節包を切開すると、内部には多数の遊離体が確認され、これを摘出した。病理所見では軟骨細胞の小葉・結節状増生がみられ、滑膜骨軟骨腫症と診断されたが、摘出後、疼痛は消失して外旋制限は改善、画像上も結節影はほぼ消失していた。

    researchmap

  • CTベースナビゲーションシステムでの骨盤傾斜角を考慮した前方開角設定

    藤原 一夫, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    Hip Joint   35   578 - 582   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    著者らが人工股関節全置換術を行った39例を対象に、CTベースナビケーションシステムにより提示される術前骨盤傾斜角について検討した。その結果、1)骨盤傾斜角は年齢とともに後傾し、臥位から立位で有意な後傾が認められた。2)術前の姿勢変化による骨盤傾斜の変化は10度以内の誤差はあるが95%の症例で術後にも反映され、術前の骨盤傾斜角は98%の症例で術前と比べ10度以内に収まるため、術前APPの傾斜とPIA変化量はカップ設置の指標として有用であると考えられた。

    researchmap

  • 血液透析患者に対する人工股関節手術症例の検討

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 皆川 寛, 三宅 由晃, 尾崎 敏文, 藤原 一夫

    Hip Joint   35   836 - 839   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    血液透析患者に対する人工股関節手術症例について検討した。対象は1998年4月〜2008年3月までに股関節手術が行なわれた血液透析患者12例12股(男性7例、女性5例・平均年齢55歳)で、原疾患は変形性股関節症8股、大腿骨頭壊死3股、大腿骨頭部骨折1股であった。1)術式は人工股関節全置換術(THA)6股(セメントレスTHA:3股、Kerboull cross plate使用セメントTHA:1股、セメントTHA:2股)、revision THA 3股、人工骨頭置換術(BHP)3股であった。2)術前既往症は透析性脊髄症、ヘモクロマトーシス、糖尿病各1股で、術前透析期間は平均16年7ヵ月であった。3)術中出血量は平均676ml、手術時間は平均123分で、術後合併症は死亡1股(術後2ヵ月)、脱臼3股、高カリウム血症、肺炎各1股であった。4)X線学的にKerboull cross plate使用セメントTHAでプレートの緩み2股、BHPでcentral migrationを2股、ステムの緩み1股が認められたが、JOAスコアは術前平均52点が術後67点に改善した。

    researchmap

  • 臼蓋に骨軟骨腫を合併した臼蓋形成不全の1例

    三宅 由晃, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 皆川 寛, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 藤原 一夫

    Hip Joint   35   275 - 277   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    15歳女子。11歳時に歩容異常にて受診し、単純X線像とCT画像で臼蓋形成不全と臼蓋前方の骨性隆起を認めたが、股関節痛や可動域制限はなく経過観察されていた。15歳時に軽度の痛みが出現したため、寛骨臼回転骨切り術を行ったところ、下前腸骨棘より前方に骨性隆起を認め、腫瘍切除後に臼蓋前方の欠損が著明となったため、臼蓋の前方への移動を多めにした。病理診断は臼蓋単発性の骨軟骨腫であり、術後の単純X線像とCTでは良好な臼蓋被覆が得られていた。術後8年の最終観察時には日常生活に支障なく、画像所見上でも変形性股関節症の進行や腫瘍の再発は認めなかった。

    researchmap

  • 化膿性膝関節炎後の膝蓋骨脱臼を伴った大腿骨変形に対する矯正術を行った1例

    斎藤 太一, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   21 ( 3 )   477 - 477   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Mechanical stretch stimulates integrin alphaVbeta3-mediated collagen expression in human anterior cruciate ligament cells. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Takayuki Furumatsu, Nobuhiro Abe, Keiichiro Nishida, Keiji Naruse, Toshifumi Ozaki

    Journal of biomechanics   42 ( 13 )   2097 - 103   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Biomechanical stimuli have fundamental roles in the maintenance and remodeling of ligaments including collagen gene expressions. Mechanical stretching signals are mainly transduced by cell adhesion molecules such as integrins. However, the relationships between stress-induced collagen expressions and integrin-mediated cellular behaviors are still unclear in anterior cruciate ligament cells. Here, we focused on the stretch-related responses of different cells derived from the ligament-to-bone interface and midsubstance regions of human anterior cruciate ligaments. Chondroblastic interface cells easily lost their potential to produce collagen genes in non-stretched conditions, rather than fibroblastic midsubstance cells. Uni-axial mechanical stretches increased the type I collagen gene expression of interface and midsubstance cells up to 14- and 6-fold levels of each non-stretched control, respectively. Mechanical stretches also activated the stress fiber formation by shifting the distribution of integrin alphaVbeta3 to the peripheral edges in both interface and midsubstance cells. In addition, integrin alphaVbeta3 colocalized with phosphorylated focal adhesion kinase in stretched cells. Functional blocking analyses using anti-integrin antibodies revealed that the stretch-activated collagen gene expressions on fibronectin were dependent on integrin alphaVbeta3-mediated cellular adhesions in the interface and midsubstance cells. These findings suggest that the integrin alphaVbeta3-mediated stretch signal transduction might have a key role to stimulate collagen gene expression in human anterior cruciate ligament, especially in the ligament-to-bone interface.

    DOI: 10.1016/j.jbiomech.2009.06.016

    PubMed

    researchmap

  • 人工股関節再置換術におけるcable grip systemの短期成績

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文, 藤原 一夫

    整形・災害外科   52 ( 10 )   1223 - 1227   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    2002〜2007年にcable grip systemを使用した人工股関節再置換術を施行し、6ヵ月以上経過観察が可能であった21症例21股(手術時平均年齢68歳、平均観察期間2年2ヵ月)を対象に短期成績を検討した。1)X線では大転子の移動(偽関節を)を8股、cableの破損を3股、骨吸収像を5股に認められた。これらのX線像上の変化は、平均5ヵ月で生じていた。2)インプラント別の偽関節症例はcable grip systemで7股中4股、cable plate systemで14股中4股、cable破損はそれぞれ1股と2股であった。3)偽関節症例と骨癒合に問題のなかった症例を比較すると、前回手術での大転子切離の有無、大転子の引き下げ量、リハビリ室でのリハビリ開始時期には差は認められなかったが、術後の離床開始時期と可及的加重開始の時期が偽関節群で有意に早かった。4)本システムは初期固定目的に使用し、抜去をルーチンに行った方が潜在的なリスクが回避できると考えられた。

    researchmap

  • Radiological and clinical results of rotational acetabular osteotomy combined with femoral intertrochanteric osteotomy for avascular necrosis following treatment for developmental dysplasia of the hip.

    Hiroshi Minagawa, Ayako Aiga, Hirosuke Endo, Shigeru Mitani, Tomonori Tetsunaga, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   63 ( 4 )   169 - 75   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This retrospective study assessed the radiographic results of 16 patients with avascular necrosis following treatment for developmental dislocation of the hip (DDH) who were subsequently treated between 1991 and 2005 by rotation acetabular osteotomy (RAO) combined with femoral intertrochanteric osteotomy (FIO). Initial treatment was by Pavlik harness, cast fixation, or overhead traction. The parameters that showed consistent improvement were the index of centralization, the index of acetabular coverage, adequate reduction of the greater trochanter, and abductor sufficiency. The combined procedure appears to be effective in cases in which preoperative planning shows a reasonable expectation of congruency and osteoarthritis is limited to the early stages.

    PubMed

    researchmap

  • 【整形外科疾患におけるinterventional radiology】股関節手術時の出血と血管内止血

    藤原 一夫, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 迫間 巧将, 中原 龍一, 尾崎 敏文, 三村 秀文

    関節外科   28 ( 6 )   695 - 701   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • Radiographic prediction of the results of long-term treatment with the Pavlik harness for developmental dislocation of the hip.

    Takao Ohmori, Hirosuke Endo, Shigeru Mitani, Hiroshi Minagawa, Tomonori Tetsunaga, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   63 ( 3 )   123 - 8   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In 1957, Pavlik introduced the Pavlik harness as a useful treatment for developmental dislocation of the hip (DDH), and subsequent studies have documented favorable outcomes among patients treated with this device. However, there are only a few articles reporting how early radiographic measurements can be used to determine the prognosis after treatment with the Pavlik harness. In this study, 217 hips from 192 patients whose DDH treatment with the Pavlik harness was initiated before they were 6 months old and whose follow-up lasted at least 14 years (rate, 63.8%) were analyzed using measurements from radiographs taken immediately before and after harness treatment, and at 1, 2, and 3 years of age. Severin's classification at the final follow-up was I or II in 71.9% and III or IV in 28.1% of the hips, respectively. Avascular necrosis of the femoral head (AVN) was seen in 10% of the hips. Stepwise multiple regression analysis was performed to retrospectively determine whether any radiographic factors were related to the final classification as Severin I/II or III/IV. Receiver operating characteristic (ROC) curves were drawn for these factors, and a Wiberg OE angle (Point O was the middle point of the proximal metaphyseal border of the femur) of 2 degrees on the 3-year radiographs was found to be the most useful screening value for judging the acetabular development of DDH cases after treatment with a Pavlik harness, with a sensitivity of 71% a specificity of 93%, and a likelihood ratio of 10.1.

    PubMed

    researchmap

  • bFGFスプレーを利用し保存的に治療した広範囲皮膚欠損の1例

    戸田 一潔, 鉄永 智紀, 門田 康孝

    兵庫県医師会医学雑誌   51 ( 2 )   98 - 100   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)兵庫県医師会  

    68歳男。ベッドサイドより転落受傷した。右下肢広範囲皮膚剥離で救急来院した。局麻下に一期的皮膚縫合術を施行した。創が広範囲で、今後皮膚壊死のため、さらなる創処置が必要と考えられたため入院加療とした。創処置と抗生剤投与を行った。受傷後5日目より、創部のシャワー浴を開始した。以降、洗浄を行いながら随時debridementを加えた。受傷後10日目より、創部にbFGF噴霧を開始した。受傷後33日目より、bFGF噴霧後、塗布する軟膏をゲンタシン軟膏からプロスタンディン軟膏へ変更した。その後も洗浄、debridementおよびbFGF噴霧による創処置を繰り返しながら創傷治癒を目指した。受傷後131日目、創部も縮小したので、自宅近医に転院となった。

    researchmap

  • Z形成術を行った外側型弾発股の1例

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    整形・災害外科   52 ( 4 )   437 - 439   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    16歳女子。患者は高校入学時より運動時の両股関節痛が出現し、疼痛の増悪のためテニス部の継続が困難となり、著者らの施設へ受診となった。初診時、股関節を伸展位から徐々に内旋、屈曲していくことにより大転子部に疼痛とともに弾発現象を認めた。単純X線では両側とも内反股を認め、大転子指数も1.10と高値であった。以上より、本症例は外側型弾発股と診断され、保存的治療を4ヵ月間行ったが効果がなく、左側股関節に対しZ形成術を施行した結果、術後8ヵ月で疼痛、弾発現象ともに消失し、患者は最終的にスポーツ復帰をすることができた。

    researchmap

  • 大腿骨骨切りを併用したChiari骨盤骨切り術後に股関節鏡を行った3例

    皆川 寛, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    関節鏡   34 ( 1 )   18 - 24   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本関節鏡学会  

    症例1:32歳女。28歳時に両股関節痛が出現し、29歳時に疼痛が増強した。X線所見より進行期の両変形性股関節症と診断し、左キアリ骨盤骨切り術および大腿骨内反伸展骨切り術を施行した。翌年、右股に対し同様の手術を施行した。症例2は:46歳女。30歳時から左股痛が出現し、44歳時に疼痛が増強した。進行期の左変形性股関節症と診断し、左キアリ骨盤骨切り術および大腿骨外反伸展骨切り術を施行した。症例3:43歳女。31歳時から右股痛が出現し、38歳時に疼痛が増強した。末期の右変形性股関節症と診断し、右キアリ骨盤骨切り術および大腿骨外反伸展骨切り術を施行した。3例とも術後JOAスコアは改善し、X線所見で関節裂隙の拡大と関節リモデリングを認めた。抜釘時の股関節鏡視所見では新臼蓋に軟骨様のfibrillationを認めた。症例3に対しX線透視と鏡視を併用して臼蓋移行部の生検を施行したところ、本来軟部組織のみである部分に線維軟骨細胞を認め、線維軟骨化生が生じたと考えられた。

    researchmap

  • Traction spurを生じていた14歳の筋性斜頸の1例

    皆川 寛, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 1 )   36 - 39   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【はじめに】牽引性骨棘と考えられる骨棘を生じていた14歳の筋性斜頸の1例を経験したので報告する。【症例】14歳、女性。妊娠、分娩時に異常なし。3歳頃に家族が斜頸に気づき、6歳時に近医を受診するも放置されていた。右肩の挙上による疲れを主訴に当院紹介受診となった。初診時、右胸鎖乳突筋鎖骨枝の緊張が強く、頸部は右に屈曲、左に回旋し、可動域制限を認めた。X線、CTでは右胸鎖乳突筋鎖骨枝に骨棘を生じていた。全身麻酔下に胸鎖乳突筋部分摘出術を行い、骨棘は切除を行わなかった。術後は右肩の挙上は消失した。術後8ヵ月のX線写真では骨棘の縮小化を認めた。【考察】長期間の持続的な牽引により牽引性骨棘が生じたと考えられる。【まとめ】Traction spurと考えられる骨棘を生じていた筋性斜頸の1例に対して観血的治療を行い、良好な結果を得ることができた。(著者抄録)

    researchmap

  • 病巣切除後、創外固定にて骨延長を行った難治性下腿感染性偽関節の2例

    皆川 寛, 野田 知之, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 三谷 茂, 尾崎 敏文

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   20   61 - 66   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    症例1(28歳男性)。フォークリフト運転中に横転し、左下腿骨骨幹部開放骨折を受傷、前医で腓骨プレート固定および脛骨創外固定が行われたが、受傷9ヵ月後に下腿遠位部よりMRSA排膿を認め、感染性偽関節の診断で、著者らの施設へ紹介受診となった。全身麻酔下に病巣切除、一期的短縮とイリザロフ創外固定器で延長し、約1年で骨癒合が得られた。症例2(34歳男性)。バイク乗車中に対向車との衝突で右大腿骨骨幹部開放骨折ならびに右下腿骨骨幹部分節状開放骨折を受傷し、前医で右大腿骨に髄内釘固定、右下腿に髄内釘とプレート固定が行われたが、受傷11ヵ月後に脛骨近位部よりMSSA排膿を認め、感染性偽関節の診断で、著者らの施設へ紹介受診となった。全身麻酔下に腐骨部切除が行われたが、一期的短縮が得られず、Taylor Spatial Frame(TSF)で変形矯正と可及的短縮後に延長を行った結果、術後10ヵ月経過でTSF装着にて経過観察中である。

    researchmap

  • 当科における寛骨臼回転骨切り術の短期成績

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 皆川 寛, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 ( 1 )   13 - 14   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    1998〜2003年に寛骨臼回転骨切り術(RAO)を施行した57症例(男性5例、女性52例)72股を対象に短期成績を調査検討した。手術時平均年齢は30歳、平均観察期間は5年であった。また、術前の既往歴はdevelopment dislocation of the hip(DDH)48股、大腿骨頭すべり症1股であった。1)最終調査時にJOAスコアが術前よりも悪化した症例は6股であった。2)X線データ上、解剖学的な改善も得られており、短期成績は概ね良好であったが、特殊例を除き8股に病期の進行が認められた。3)病期が進行した群と進行していなかった群との間には、術後の臼蓋被覆や求心性に有意差はみられなかったが、成績不良例8股中5股には小児期にDDHに対する手術歴があった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20090313220002&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2009.13&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2009.13&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • CentPillar GB HA stemの短期成績

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   38   522 - 523   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    researchmap

  • 下肢人工関節置換術後の静脈血栓症の予防に対するアリクストラ(Fondaparinux Sodium)の使用経験

    皆川 寛, 三谷 茂, 阿部 信寛, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   38   652 - 653   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    researchmap

  • 股関節鏡に有用なステップアップガイドとカニューレの使用経験

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 阿部 信寛, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 藤原 一夫, 尾崎 敏文

    Hip Joint   34   712 - 714   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 股関節滑膜性軟骨腫症の1例

    雑賀 建多, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    Hip Joint   34   796 - 800   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    52歳男。主訴は右股関節痛であった。5年前より誘因なく可動域制限が出現し、2年3ヵ月前の初診時MRIでは右股関節内にT1低信号・T2高信号の異常像を認めた。股関節造影では右股関節の関節唇より遠位に異常陰影を認め、関節鏡所見では関節液の混濁・著明な滑膜組織の増生を認めため、滑膜組織の郭清と関節内洗浄を行った。以後も症状・画像上とも変化を認めなかったため、鏡視下手術から1年3ヵ月後に観血的手術により大腿骨頭を前方へ脱臼させ、関節包全周および臼底に位置する軟骨腫を可及的に摘出し、病理所見にて標記の診断を得た。術後2週時に大転子を固定していたスクリューが折損したためケーブルクリップにて大転子の再固定術を施行した。その後股関節伸展制限は消失し、術後4ヵ月のMRIでも異常像は消失していた。

    researchmap

  • 下腿コンパートメント症候群の筋膜切開後shoelace techniqueで一期的に創閉鎖した1例

    戸田 一潔, 鉄永 智紀, 門田 康孝

    整形外科   59 ( 11 )   1339 - 1342   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    44歳男性。患者は自転車でバイクと衝突し転倒、受傷し受診となった。所見では右足関節部の疼痛、腫脹が認められ、X線では右足関節骨折(Weber分類:type C、AO分類:44-C3)であった。入院の上、ベッド上で安静、患肢挙上でアイシングを行ったが、右下腿の腫脹は増大し、筋内圧は前方のコンパートメント中心に上昇を認めた。コンパートメント症候群の発症として緊急手術を行ない、前方切開で前脛骨筋の筋膜を切開したところ、内圧低下を確認、創は全長12.5cm、最大幅5cmの木の葉状となり、人工真皮で創を覆って創縁にステイプラーをかけ、ステイプラー孔に血管テープを通した。そして、術後3日目よりshoelace部を締めていき、幅1.5cmとなった7日目に一期的創閉鎖と骨折に対して観血的内固定が行なわれた。以後、骨癒合は良好で独歩可能、足趾の槌趾様所見、痺れなどもみられていない。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00764&link_issn=&doc_id=20080924150011&doc_link_id=issn%3D0030-5901%26volume%3D59%26issue%3D11%26spage%3D1339&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0030-5901%26volume%3D59%26issue%3D11%26spage%3D1339&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • The minimally invasive plate osteosynthesis (MIPO) technique with a locking compression plate for femoral lengthening.

    Hirosuke Endo, Koji Asaumi, Shigeru Mitani, Tomoyuki Noda, Hiroshi Minagawa, Tomonori Tetsunaga, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   62 ( 5 )   333 - 9   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A minimally invasive plate osteosynthesis technique using a locking compression plate (LCP) has been used widely in trauma cases. Its advantages are that the MIPO technique does not interfere with the fracture site and thus provides improved biological healing, and that the LCP has excellent angular stability. Its use in bone lengthening, however, has not been established. In such cases, it is desirable to shorten the external skeletal fixation period as much as possible. Here, the MIPO technique using an LCP was applied to femoral distraction osteogenesis in an attempt to shorten the external skeletal fixation period. For femoral lengthening, the MIPO technique was performed in 2 stages. Orthofix external fixators (Orthofix, England) were used to insert screws from the anterolateral side rather than from the lateral side of the femur for bone lengthening. When sufficient callus formation was detected postoperatively at the site of bone lengthening, and the absence of infection was ensured, limb draping was performed, including a whole external fixator, and then the MIPO technique was applied with an LCP.In 3 cases (5 limbs), the average duration of external skeletal fixation was 134 days, the average external-fixation index was 24 days/cm, and the average consolidation index was 22 days/cm. The MIPO technique using an LCP made it possible to shorten the external skeletal fixation-wearing period in femoral lengthening.

    PubMed

    researchmap

  • 両側Schanz骨切り術後の変形性股関節症に対してlocking compression plate併用セメント人工関節全置換術を行った1例

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 黒田 崇之, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    臨床整形外科   43 ( 9 )   925 - 928   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    Schanz骨切り術後の高度変形を呈した変形性股関節症に対して,大腿骨短縮および内反骨切り術を行い,骨切り部をlocking compression plate(LCP)で固定して人工股関節全置換術(THA)を施行した1例を経験したので報告する.大腿骨はCrowe 4型の高位脱臼であり,Schanz骨切り術のため小転子遠位で高度外反変形があった.また大腿骨は低形成で髄腔は非常に狭かった.転子下での大腿骨短縮および内反骨切り術を行った.近位骨片と遠位骨片間での回旋防止と,広い接触面積の獲得のため骨切り部をステップ状とした.またLCPを併用することで骨切り部の安定性が得られ,偽関節の予防と早期荷重が可能となり,本術式は有用な方法と考える.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J01554&link_issn=&doc_id=20080912140014&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1408101366&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1408101366&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 先天性内反足に対するImhaeuser法の長期成績

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 佐々木 剛, 皆川 寛, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 赤澤 啓史, 青木 清, 小田 浤

    日本小児整形外科学会雑誌   17 ( 2 )   330 - 335   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    当科において1977年より1991年にかけて当科にてImhaeuser法に従って手術治療を行った先天性内反足77例のうち、14歳以上まで経過観察できた35例54足について検討した。全例ギプス治療後に4〜6ヵ月時に後方解離術を施行されていた。そのうち4例5足が再手術を施行されていた。最終調査時の平均年齢は16歳(14〜23歳)であった。後方解離術術前のX線写真が存在した31足の背底像において立方骨が脛腓骨間の下腿軸より外側にあるものをType A、内側にあるものをType B、骨化してないものをType Cと分類した。最終調査時の足関節可動域は平均背屈9.5°、底屈35°であった。McKay評価は優14足、良27足、可13足で平均165点であった。術前Type Cの症例は全て可であった。Imhaeuser法の長期成績は概ね良好であったが、術前がType Cの症例においては成績不良であった。また足部のアライメントは見かけ上は良好でもX線上は正常足と異なっており、flat-top talusが20足(38%)にみられた。(著者抄録)

    researchmap

  • THA術前に発症した成人化膿性股関節炎の一例

    雑賀 建多, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 三谷 茂, 尾崎 敏文, 藤原 一夫

    中国・四国整形外科学会雑誌   20 ( 2 )   285 - 290   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    74歳女。関節リウマチによる右股関節変形に対しTHAを予定していたが、手術予定日の5日前に誘因なく右股関節痛が増悪し、発熱とCRPの上昇を認め入院となった。右股関節の可動域は制限され、単純X線で右股関節の関節裂間の消失と骨破壊を認めた。また、CTおよびMRIで右腸骨筋の腫脹と右股関節液の貯留を認めた。関節穿刺を行い、培養でα-Streptococcusを検出した。化膿性股関節炎と診断し、手術を施行した。後側方アプローチで関節包を切開すると、大量の関節液を認めた。関節内には中等度の滑膜増生を認め、デブリドマンを行った。骨頭軟骨は変性が高度であり、感染の波及も疑われたため、頸部で骨切りしGirdlestoneとした。入院後、抗菌薬は関節穿刺後にイミペネムを開始し、術後はクリンダマイシンを併用した。術後5ヵ月の画像所見および血液所見で異常を認めなかったためTHAを施行し、術後半年の現在、杖なしで歩行可能である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20081001070020&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2008%2F002002%2F020%2F0285-0290%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2008%2F002002%2F020%2F0285-0290%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ScleraxisとSox9による軟骨細胞分化調節

    古松 毅之, 迫間 巧将, 吉田 晶, 伊達 宏和, 鉄永 智紀, 雑賀 建多, 阿部 信寛, 宿南 知佐, 雨宮 三千代, 島野 仁, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   82 ( 8 )   S1098 - S1098   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Interleukin-4 downregulates the cyclic tensile stress-induced matrix metalloproteinases-13 and cathepsin B expression by rat normal chondrocytes.

    Hideyuki Doi, Keiichiro Nishida, Masanori Yorimitsu, Takamitsu Komiyama, Yasutaka Kadota, Tomonori Tetsunaga, Aki Yoshida, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   62 ( 2 )   119 - 26   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mechanical stress plays a key role in the pathogenesis of cartilage destruction seen in osteoarthritis (OA). We investigated the effect of cyclic tensile stress (CTS) on the anabolic and catabolic gene expression of rat cultured normal chondrocytes using the Flexercell strain unit. The effects of interleukin (IL)-4, a chondroprotective cytokine, on the changes in gene expression induced by CTS were also investigated. CTS (7% elongation at 0.5 Hz) for 24 h did not affect the expression of aggrecan and type II collagen, whereas CTS significantly upregulated matrix metalloproteinase (MMP)-13 and cathepsin B mRNA expression by chondrocytes. IL-1beta expression was also signifi cantly upregulated by CTS up to 12 h. The upregulation of MMP-13 was observed at 3 h, which was earlier than that of IL-1beta. Furthermore, pre-treatment with IL-4 (10 ng/ml) suppressed both MMP-13 and cathepsin B induction by mechanical stress, as well as CTS-induced IL-1beta expression. Our results suggest that IL-4 might have a therapeutic value in the treatment of OA by downregulation of mechanical stress-induced MMP-13 and cathepsin B expression by chondrocytes.

    PubMed

    researchmap

  • Navigation下の側臥位セメントレスMIS-THAにおける工夫

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   20 ( 1 )   101 - 107   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    著者らの施設においてCTベースナビゲーション下に施行したMIS-THAのうち、2006年1月〜8月の30例(前期群)と2007年1月〜5月の30例(後期群)を比較検討した。レジストレーションの方法と術中操作は前期群と後期群で以下の4点が変更された。1)腸骨稜のレジステーションは、前期群では腸骨稜全体を行ったが、後期群では腸骨稜の外側縁に変更した。2)臼底のレジステーションは、前期群では臼底全体に行ったが、後期群では臼底下部中心へ変更した。3)臼蓋縁のレジステーションは、前期群では骨棘の影響が少ない臼蓋縁の上方のみであったが、後期群ではなるべく広範囲に臼蓋全周に変更した。4)前期群ではナビゲーションを設置するためのピンを創外の腸骨稜に刺入していたが、後期群では創内上方に設置した。以上、これらの結果、術中verification値と術後CT計測値との誤差は後期群で有意に減少し、より正確で安全なナビゲーション手術が可能となることが示唆された。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20080509040019&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2008%2F002001%2F019%2F0101-0107%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2008%2F002001%2F019%2F0101-0107%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • THA後に臼底突出症と巨大骨欠損を生じた関節リウマチ患者に人工股関節再置換術を行った1例

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 2 )   373 - 374   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    65歳女。30歳時にムチランス型関節リウマチ(RA)を発症し、25年前にセメント使用のTHAを施行されていた。今回、X線でカップのゆるみを指摘され当科紹介受診した。RAはstage 4、class 3で、室内伝い歩きが可能な程度であった。下肢長は右66cm、左64.5cmで、左股関節の著明な可動域制限を認めた。JOAスコアは両側とも26点で、血液検査およびシンチグラフィで感染所見は認めなかった。X線で左股関節に左THA後のカップの著明な臼底突出、内壁の消失を認め、AAOS type IIIBのlooseningと判定した。側臥位で大転子を切離して再置換術を施行した。カップを除去したところ、臼蓋内壁は欠損しており、軟部組織のみであった。臼底突出部に金属メッシュを挿入し、ハイドロキシアパタイトを充填した後、Kerboull cross plateで補強し、カップをセメント固定した。術後1週より離床し、歩行訓練を開始し、術後1年経過でX線上特に問題はなく、JOAスコアは73点に改善している。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20080512070087&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2008.373&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2008.373&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 【整形外科基礎研究のUp to Date】OA軟骨破壊におけるアグリカナーゼの役割

    鉄永 智紀, 広畑 聡, 西田 圭一郎

    関節外科   27 ( 2 )   221 - 227   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 大腿骨頭すべり症で大腿骨頭壊死を生じた1例

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    整形外科   59 ( 2 )   164 - 168   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    12歳男児。患者はスキー中に転倒し、右股関節痛の出現で歩行不能となり近医を受診、右大腿骨頭すべり症と診断され、著者らの施設へ紹介となった。X線ではみかけの頸体角は右127°でTrethowan徴候が認められ、側面像では右股後方傾斜角(PTA)55°でanterior physeal separationを認めた。更に45日間の介達牽引後、X線ですべり部の線維性癒合と骨頭の輝度変化を認め、入院45日目に手術を行なうこととなった。手術内容は右側は3次元転子骨切り術でPTAを30°以下に矯正し、左側は現位置ピン固定(in situ pinning)を行った。だが、骨シンチで右大腿骨頭に集積がなく骨頭壊死が疑われ、X線で骨頭の陥凹を認めたため、術後6ヵ月間松葉杖歩行の完全免荷とした。その結果、徐々に壊死領域の修復を認め、術後7ヵ月に骨切り部と骨端線の癒合を認めた。以後、1年経過で右側のプレートを抜去して部分荷重歩行を開始、目下、術後8年経過で関節適合性は良好で、関節裂隙は保たれている。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00764&link_issn=&doc_id=20080128240014&doc_link_id=issn%3D0030-5901%26volume%3D59%26issue%3D2%26spage%3D164&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0030-5901%26volume%3D59%26issue%3D2%26spage%3D164&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • いわゆる先天股脱に対して広範囲展開法単独で観血的整復術を行った長期成績

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 黒田 崇之, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    Hip Joint   33   86 - 89   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    1973〜1986年に当科で広範囲展開法を施行された先天股脱例のうち追加手術なく20歳以上まで経過観察された21例24股の治療成績について検討した。最終観察時のX線学的評価はCE角が平均26.8°(6〜45°)、Sharp角が平均45.1°(36〜56°)であり、Mose法による評価ではgood 7股(29%)、fair 10股(42%)、poor 7股(29%)であった。最終観察時のSeverin分類はI・II群が20股(83%)、III群が4股(17%)であった。最終観察時のJOAスコアは平均90点(75〜100点)、関節可動域は屈曲が平均106°(85〜130°)、外転が平均34°(20〜50°)であった。痛みの愁訴については、疲れると鈍痛があるもの8股、運動時に鈍痛があるもの1股、歩行時痛があるもの3股であった。痛みが有る群(12股)と無い群(12股)とで諸因子の比較を行った結果、年齢、BMI、CE角、Sharp角、TDD、関節裂隙幅のいずにおいても有意差は認められなかった。最終観察時のSeverin分類は痛み無し群が全例I・II、痛み有り群はI・IIが8股、IIIが4股であった。

    researchmap

  • 大腿骨骨切り術を併用したChiari骨盤骨切り術の術前計画における股関節鏡の有用性

    三谷 茂, 遠藤 裕介, 浅海 浩二, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    Hip Joint   33   50 - 56   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    大腿骨骨切り術を併用する Chiari骨盤骨切り術において、術前股関節鏡により骨頭軟骨の状態を確認し、残存軟骨が荷重部に移動し且つ関節適合性が良好となるよう大腿骨骨切り術を計画した16例17関節の治療成績を調査し、術前股関節鏡の有用性について検討した。X線学的な病期(関節裂隙狭小度)と股関節鏡所見が乖離していたものが5関節(29%)存在した。すなわち、この5関節は鏡視で骨頭に広範囲な軟骨欠損が確認された症例であり、股関節鏡が有用であった。JOAスコアは術前平均61点(25〜93点)、最終観察時平均84点(64〜100点)で、全例改善した。

    researchmap

  • 【人工股関節置換術;Charnleyを超えたか?】Charnley式人工股関節置換術10〜33年の長期成績

    藤原 一夫, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    整形・災害外科   50 ( 11 )   1215 - 1220   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    Charnleyの低摩擦式全人工股関節置換術119例131股(男12例・女107例・平均58歳)の成績を、1981年までの第一世代手技で施行した例(A群)とそれ以降の第二世代の例(B群)に分けて報告した。経過観察期間10〜33年で、JOAスコアはA群が術前平均42.6点から76.3点に、B群は43.1点から75.2点に有意に改善し、両群間で有意差はなかった。X線学的にlooseningありと判断された時点をendpointとした累積生存率は、A群が15年63%、20年54%、25年54%、B群は15年90%、20年87%であった。ソケット側の累積生存率はA群が15年74%、20年71%、25年71%、B群は15年91%、20年88%で、ステム側ではA群が順に80%、74%、74%、B群は80%、87%であった。再置換は各群5例に認め、再置換術施行時点をendpointとした生存率は、A群が15年97%、20年90%、25年83%、B群は15年97%、20年94%であった。ソケットの線磨耗率はA群0.096mm/年、B群0.101mm/年であった。

    researchmap

  • 骨盤骨切り術における自己血貯血に関する検討

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 黒田 崇之, 尾崎 敏文

    Hip Joint   33   515 - 517   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    骨盤骨切り術における自己血貯血について検討した。対象は2000年12月〜2006年5月に骨盤骨切り術を行った変形性股関節症75例87股(男性8例、女性67例・平均年齢34.8歳)であった。術式は寛骨臼回転骨切り術50股(R群)、Chiari骨盤骨切り術8股(C群)、寛骨臼回転骨切り術+大腿骨骨切り術3個(R+F群)、Chiari骨盤骨切り術+大腿骨骨切り術26股(C+F群)で、術前貯血量は800ml:64股、400ml:15股、200ml:1股、貯血不能7股であった。1)周術期の平均Hb値はC群で術後2日目に、他の3群で術後3日目に最低値を示し、その後に回復傾向を示した。2)術式別の平均総出血量はR群1400ml、C群526ml、R+F群1636ml、C+F群1023mlであった。3)平均手術血液準備量(SBOE)は、術後期待Hb値を10g/dlに設定すると、R群3.4単位、C群0.6単位、R+F群4.7単位、C+F群1.7単位となった。また、貯血前Hb値とSBOEとの間に負の相関を認めた。尚、貯血前Hb値が14.5g/dl以上の症例では、自己貯血は必要ないと考えられた。

    researchmap

  • Charnley C-stemを使用したセメントTHAの短期成績

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 皆川 寛, 尾崎 敏文

    整形・災害外科   50 ( 8 )   921 - 924   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    C-stemは形状がtriple taperであり、大腿骨近位部への荷重が伝達されることによりstress shieldingが少ないとされている。これを踏まえ、著者らは2001年からC-stemを使用し、4年以上観察が可能であった16症例19股を対象に短期成績を検討した。方法は手術直後と最終調査時のX線両股関節正面像からstemのsubsidenceについて計測し、更にremodelingについて骨皮質の幅を小転子下縁部分とstem遠位先端部分で計測し評価した。その結果、1)近位でremodelingを認めた症例は存在しなかった。2)1股のみ8.9mmのstem subsidenceを生じ、looseningを認めたが、他の症例では2mm以上のsubsidenceはみられなかった。3)Stem先端部の挿入状態が内外反を認める症例や、自家骨プラグに陥入していない症例では、遠位の骨肥厚を認めた。また、陥入していない症例では高率に骨萎縮が認められた。

    researchmap

  • セメントレスTHAにおけるMIS導入前後の入院日数とコストの比較

    遠藤 裕介, 三谷 茂, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   50 ( 4 )   675 - 676   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    医療経済効果を知るため、10cm以下の皮膚切開による人工股関節全置換術(MIS-THA)導入前の従来型セメントレスTHAと、MIS-THAを比較した。1)対象は全例変形性股関節症で、従来型(非MIS群)は21股(平均年齢70歳)、MIS-THA(MIS群)は21股(平均年齢65歳)であった。2)クリニカルパスは非MIS群は術後4週入院のものを、MIS群は術後2週入院ものを使用していた。3)手術時間はMIS群が有意に長かったが、出血量には有意差はなかった。また術前、術後退院前の日本整形外科学会股関節機能判定基準にも有意差はなかった。4)術後入院日数はMIS群が平均19日で、非MIS群43日に比べて有意に短縮され、ばらつきが少なかった。5)総入院費はDPC導入前後の違いはあるものの、MIS群で有意に低減された。6)入院日数は有意性ありながら退院先は、自宅への退院率がMIS群71%、非MIS群76%とほぼ同じであった。7)術後合併症は、両群間で大きな違いは認められなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20071003110050&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2007.675&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2007.675&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 股関節遅発性放射線骨壊死に対しTHAを行った1例

    鉄永 智紀, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 黒田 崇之, 国定 俊之, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   19 ( 1 )   33 - 36   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    65歳女、右股関節通を主訴とした。60歳時に子宮悪性黒色腫に対して子宮全摘出術が施行され、その後は48.5Gy放射線療法を受けていた。初診時、跛行を認めたが松葉杖歩行は可能であり、脚長差、右股関節可動域制限を認めた。単純X線にて右股関節の末期股関節症、腸骨内板の骨折を認めた。手術待機期間中に保存的治療を行ったが、3ヵ月後の術前単純X線では急激な骨壊死を来し臼底突出症となっていた。術前CTでは仙腸関節の骨硬化、臼底突出症を、骨シンチでは右股関節に集積を認めた。Kerboull十字プレートを用いたセメント人工股関節全置換術を行った。病理所見では大腿骨頭に壊死骨梁、necrotic debris、脂肪壊死を認めた。術後2日目より歩行訓練を行い、術後3週間でT字杖歩行にて退院した。術後3ヵ月、日常生活に支障なく経過良好であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20070510050007&doc_link_id=10.11360%2Fjcsoa.19.33&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11360%2Fjcsoa.19.33&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 大腿骨頭回転骨切り術後のTHAの検討

    黒田 崇之, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 浅海 浩二

    中国・四国整形外科学会雑誌   19 ( 1 )   15 - 19   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    大腿骨頭壊死に対する大腿骨頭回転骨切り術(TRO)施行後、人工股関節全置換術(THA)に移行した症例を対象に、臨床成績、手術手技の注意点を検討した。対象は6例6股で、男性5例、女性1例、THA時平均年齢は40歳であった。骨切りの回転角度は全例90°前方回転であった。THA移行原因は骨頭圧潰の進行4例、感染1例、インプラントの破損による内反の進行1例であった。THA後の観察期間は平均14ヵ月であった。同時期に大腿骨頭壊死に施行したPrimary THAの5例7股と比較した。その結果、TRO後THAの方がPrimary THAより手術時間は有意に長く、術中出血量は有意に多かった。アプローチは全例で後側方アプローチで行い、2例は大転子切離を行った。周術期合併症は脱臼1例を認めたが、術中骨折、DVT、術後感染は認めなかった。手術手技ではステムが後捻に挿入されやすいので注意し、骨性のインピンジの除去を十分行うことが重要であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20070510050004&doc_link_id=10.11360%2Fjcsoa.19.15&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11360%2Fjcsoa.19.15&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 特発性股関節軟骨融解症(ICH)に対して人工股関節全置換術(THA)を施行した1例

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 黒田 崇之, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   50 ( 2 )   239 - 240   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    33歳女。4年前に左股関節痛が出現した。初診時、左股関節痛のため跛行を認め、二本松葉杖歩行であった。約17ヵ月間保存的治療を行ったが、疼痛増悪、高度の可動域制限を認めた。34ヵ月後には関節裂隙の消失、嚢胞形成、骨硬化像などの関節症性変化を認めた。人工股関節全置換術を施行したところ、臼蓋・骨頭ともに荷重部の軟骨欠損を認めた。病理所見では軟骨欠損部が線維・血管を含む組織で置換され、一部骨梁の肥厚と骨梁間の肉芽形成を認めた。特発性股関節軟骨融解症と診断した。術後12ヵ月、左股関節痛は消失し、可動域も改善した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20070619140018&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2007.239&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2007.239&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 骨形成不全症の骨折に対する治療戦略

    皆川 寛, 三谷 茂, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 黒田 崇之, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   80 ( 10 )   710 - 710   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 転移性脊椎腫瘍に対するpalliative surgeryの経験

    鉄永 智紀, 大塚 和俊, 長野 博志, 本田 透, 小瀬 靖郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   49 ( 3 )   529 - 530   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    当院で手術された転移性脊椎腫瘍8症例について検討した.罹患椎体は胸椎7例,腰椎1例で,原発巣は前立腺癌2例,肝細胞癌2例,子宮癌1例,腎癌1例,胃癌1例,尿膜管癌1例であった.手術は後方除圧および後方固定術を施行し,脊柱管内病変も出血をみながら可及的に切除した.使用したinstrumentは,AOUSSが5例,AOUSS2が1例,ISOLAが1例,Luqueが1例であった.術後は放射線療法・化学療法を原則追加した.手術時間は平均225分,術中出血は平均1771ccであった.生命予後は,術後3ヵ月以内の死亡が肝癌・胃癌の2例,1年以内の死亡が2例,1年以上生存したのが4例であった.調査時の生存例は2例で,生存期間は各々48ヵ月,20ヵ月であった.疼痛は,術前からなしが3例で,術前に疼痛があった5例中4例が改善し,患者満足度も高かった.麻痺は,術後Frankel分類1段階以上の改善が7例で,改善しなかったものは1例であった.改善した7例中,再悪化が5例,改善した状態を保っていたのは前立腺癌と子宮癌の2例であった.ADLは,術後改善したものが6例で,概ね成績良好であった

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20060629100049&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2006.529&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2006.529&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Total knee arthroplasty with a long-stemmed component for fractures adjacent to the knee in rheumatoid arthritis: a report of four cases. 国際誌

    Masaaki Usui, Tadashi Watanabe, Keiya Yamana, Kenichiro Sakata, Noriko Naito, Tomonori Tetsunaga

    Modern rheumatology   15 ( 4 )   297 - 301   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Four rheumatoid arthritis patients with fractures adjacent to the knee were treated by total knee arthroplasty with a long-stemmed component. All four fractures healed; joint reconstruction and limb realignment were achieved simultaneously. Total knee arthroplasty with a long-stemmed component was useful in stabilizing the fracture and rapidly restoring function in the joint and the limb.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 疼痛医学

    西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第IV編 痛みの評価と治療 2. 治療 6. 手術療法または外科的治療 関節外科技術の疼痛への応用.)

    医学書院  2020年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp347-352   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 慢性疼痛ケースカンファレンス

    鉄永 智紀( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Part2 慢性疼痛に対する集学的アプローチ Chapter 1. 集学的アプローチの実際 どのように集学的アプローチを構築していくか:1総論.)

    メジカルビュー社  2020年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp119-125   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Locomotive Pain Frontier

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Clinical Question 股関節の関節唇損傷の診断と治療について教えてください)

    メディカルレビュー社  2017年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:36-37   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 知っておくべき!整形外科医の関節リウマチ診療ABC

    鉄永 智紀, 西田 圭一郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章 知っておくべき薬物治療のエッセンス 3.リウマチ患者の痛みの管理 2)痛みの治療薬と使い方のコツ)

    文光堂  2016年4月  ( ISBN:9784830627354

     詳細を見る

    総ページ数:226p   担当ページ:153-157   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 神経障害性疼痛に対するアプローチ - 下肢・脊椎疾患を中心に - 招待

    鉄永 智紀

    浅口医師会研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全保存的整復不能例に対する広範囲展開法の長期成績

    鉄永 智紀、山田 和希、佐藤 嘉洋、廣瀬 一樹、小浦 卓、尾﨑 敏文、赤澤 啓史

    第32回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月2日 - 2021年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ACTIS を用いた前側方,後方アプローチと術後の短期成績 招待

    鉄永 智紀

    Actis 座談会 in 西日本 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • AR ナビゲーションシステムのカップアライメント精度

    鉄永 智紀、山田 和希、佐藤 嘉洋、廣瀬 一樹、小浦 卓、尾﨑 敏文

    第48回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 明日から使えるイメージレスナビゲーション - CT ナビゲーションに近づくために - 招待

    鉄永 智紀

    第48回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • THA 後脱臼骨折で難渋する1例

    鉄永 智紀、廣瀬 一樹、山田 和希、佐藤 嘉洋、小浦 卓、尾﨑 敏文

    第27回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA アプローチ勉強会 招待

    鉄永 智紀

    前側方アプローチによる THA 手術手技勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Actis の1年経過時臨床成績

    鉄永 智紀、山田 和希、佐藤 嘉洋、廣瀬 一樹、尾﨑 敏文

    第51回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月7日 - 2021年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 周術期の股関節痛へのアプローチ - 神経障害性疼痛を中心に - 招待

    鉄永 智紀

    Pain Live Symposium in Kochi 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 骨粗鬆症例に対する人工股関節置換術 招待

    鉄永 智紀

    旭化成社内講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での三次元的大腿骨頭移動は ADL に影響するか

    鉄永 智紀、山田 和希、佐藤 嘉洋、廣瀬 一樹、鉄永 倫子、尾﨑 敏文

    第94回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 神経障害性疼痛へのアプローチ - 股関節疾患を中心に - 招待

    鉄永 智紀

    Pain Live Symposium in 岡山 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 手術療法を知ろう! 招待

    鉄永 智紀

    慢性疼痛診療研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 著明に肥大した後方関節唇による股関節後方インピンジメントの1例

    山田 和希, 佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第12回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月17日 - 2020年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳性麻痺患者の脱臼性股関節症に対し人工股関節全置換術を行った1例

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節炎を契機に診断された強直性脊椎炎の1例

    山田 和希, 那須 義久, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DDH 治療後の腸腰筋断面積の検討

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 65歳以下の慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドローム - 有病率及び特徴について -

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 福岡 史朗, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第7回日本サルコペニア・フレイル学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月1日 - 2020年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 65歳以下の慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドローム - 体組成及び身体機能評価 -

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第7回日本サルコペニア・フレイル学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月1日 - 2020年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドロームと身体機能及び体組成評価

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 福岡 史朗, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第13回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年12月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者における排便と疼痛関連因子との関連

    福岡 史朗, 梶木 裕矢, 髙尾 真一郎, 小田 孔明, 山根 健太郎, 三澤 治夫, 尾﨑 敏文, 辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎

    第13回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年12月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者における同居者の介護負担度に与える因子の検討

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 福岡 史朗, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第13回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年12月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学における集学的治療でのこころとからだケア

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 辻 寛謙, 太田 晴之, 井上 真一郎, 松崎 孝, 三澤 治夫, 西田 圭一郎

    第13回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年12月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 65歳以下の慢性疼痛患者におけるロコモティブシンドローム有病率とその特徴

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 福岡 史朗, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第13回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年12月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前外側アプローチ THA の前方関節包修復群と切除群における術後外旋可動域の比較

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第28回岡山関節外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 後脱臼骨折で難渋する1例

    鉄永 智紀

    オンライン症例検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工関節と骨粗鬆症について 招待

    鉄永 智紀

    旭化成ファーマ株式会社 オンライン社内勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 当院で施行したキアリ骨盤骨切り術の術後成績

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節唇の Safranin O 染色性の局在と影響を与える因子

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HipAlign lateral position と supine position の精度検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 - 恥骨骨切り面の接触状態は恥骨偽関節発生に関与する -

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機械的刺激によって股関節唇の脂肪細胞分化が誘導される

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 落錘式衝撃試験による模擬骨を用いた寛骨臼の衝撃抵抗性の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ACTIS を用いた前側方, 側方, 後方アプローチと術後1年の短期成績 招待

    鉄永 智紀

    Actis 座談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での大腿骨頭移動に関する三次元的解析

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股に対する寛骨臼回転骨切り術前後における骨頭被覆とX線学的指標の比較検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 - 恥骨骨切り面の接触面積は恥骨偽関節発生に関与する -

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The use of partial thread absorbable screws is a risk factor of the correction loss following rotational acetabular osteotomy

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 運動器慢性痛患者に対する就労支援のシステム構築を目指して

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 松崎 孝, 井上 真一郎, 太田 晴之, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性腰痛患者におけるデュロキセチン塩酸塩の効果は抑うつの有無により影響するか

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 三澤 治夫, 瀧川 朋亨, 山根 健太郎, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文, 竹井 義隆

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 後方股関節唇の肥大による大腿骨頭の陥没と後方インピンジメントを来した症例に対する股関節鏡手術の経験

    佐藤 嘉洋, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第134回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月10日 - 2020年4月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院で施行した Actis を用いた THA の術後1年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アナトミカルショートモジュラーネックステムの初期固定様式に関する3次元的解析

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • セメントレスインプラント挿入時におけるナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外反膝変形を伴った殿筋内脱臼に対する THA の1例

    遠藤 裕介, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preserve αステムを用いた人工股関節全置換術の1年以上経過した短期成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HipAlign の脚延長精度の検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 初回 THA 術後に頻回脱臼となったシャルコー関節と考えられる1例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The impaction resistance of the acetabulum in relation to bone quality and the thickness of the medial wall during insertion of a cementless cup in total hip arthroplasty : A biomechanical study

    Sanki T, Tetsunaga Tomonori, Kawamura Y, Yamada K, Ozaki T, Sumasu Y, Inoue T, Nakashima Y

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanical stretch induces ossification of the acetabular labrum

    Kawamura Y, Tetsunaga Tomonori, Yamada K, Sanki T, Sato Y, Ozaki T

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Analysis of related factors for pain activities among patients with chronic musculoskeletal pain in an out-patient clinic at first visit

    Orita S, Tsuji H, Yoshida A, Tetsunaga Tomoko, Tetsunaga Tomonori, Nishida K, Ozaki T

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節手術における3D プリンター活用の試み

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 打撲後皮下血腫により皮膚壊死が生じ THA 感染に至った von Willebrand 病の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cemented Metal-Backed cup の再置換経験

    遠藤 裕介, 大森 敏規, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 殿筋内完全脱臼に対する THA の2例

    遠藤 裕介, 大森 敏規, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性疼痛外来において初診時付き添いの有無と各種疼痛スコアとの関連性

    折田 沙穂, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 辻 寛謙, 辻 暁里, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第12回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日 - 2019年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 慢性疼痛患者における活動性及び QOL はロコモ25と相関するか

    辻 暁里, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 辻 寛謙, 折田 沙穂, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第12回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日 - 2019年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性疼痛の Fear-Avoidance モデルにおける各因子とロコモ25との関連についての検討

    辻 寛謙, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 辻 暁里, 折田 沙穂, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第12回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日 - 2019年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院で施行した Prime-N を用いた THA の術後3年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食事バランスは運動器疼痛患者に影響を及ぼすか

    廣瀬 一樹, 鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 竹井 義隆

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性股関節症との関連

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 広範囲展開法術後症例に対する寛骨臼回転骨切り術の検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 赤澤 啓史, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院で施行した創外固定を用いた骨延長術の短期成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する広範囲展開法後の偽関節包の MRI 評価

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 遠藤 裕介, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リトルリーガーズショルダーに対する新しい診断法 - 抵抗下外旋テストおよび抵抗下内旋テストの有用性 -

    根津 智史, 島村 安則, 内野 崇彦, 齋藤 太一, 鉄永 智紀, 野田 知之, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DDH 治療後の骨成熟時における3次元的骨頭被覆と X 線学的指標の関連

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 大腿骨内反骨切り術後の CT による頚体角の評価

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性股関節症との関連

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後の大腿骨頭移動の検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折の治療戦略 - 外傷外科医の立場より -

    野田 知之, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 股関節の関節裂隙開大距離と関節弛緩性およびX線学的指標についての検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股における骨頭被覆とX線学的指標の比較検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cam-type FAI に対する骨軟骨形成術において cam 切除量を定量化した1例 - camの至適切除量の定量化にむけた試み -

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 6歳で発見された両側股関節脱臼の1例

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Prediction of acetabular development after open reduction in developmental dysplasia of the hip

    Yamada K, Tetsunaga T, Miyake T, Sanki T, Kawamura Y, Ozaki T

    RCOST 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月20日 - 2019年10月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節唇細胞の周期的伸長刺激に対する代謝と遺伝子発現の変化

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月17日 - 2019年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 治療に難渋している片側肥大症の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 青木 清, 寺本 亜留美

    第9回中国・四国小児整形外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節鏡手術における牽引時関節裂隙開大距離に関する検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第15回日本股関節鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科の Burch-Schneider cage の使用経験

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第25回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性腰痛に対する集学的アプローチ

    鉄永 倫子, 西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 井上 真一郎, 太田 晴之, 大倉 和代, 宮本 和子, 尾﨑 敏文

    第41回日本疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月12日 - 2019年7月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 遺伝性痙性対麻痺による尖足に対してアキレス腱延長術を行った1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第31回日本運動器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 6歳の未治療両側脱臼に対する治療経験

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第58回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MRI での発育性股関節形成不全(DDH)の予後

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第58回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 男子中学生に生じた変形性股関節症の1例

    鉄永 智紀, 河村 涌志, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 赤澤 啓史, 尾﨑 敏文

    第58回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The ultrasonic imaging of the sternocleidomastoid muscle in case of the natural healing and the residual tightness

    Aoki K, Akazawa H, Teramoto A, Yamada K, Tetsunaga T

    KJCOS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月21日 - 2019年6月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節鏡手術における関節裂隙開大距離に関する検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月13日 - 2019年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人後の股関節形成は寛骨臼の深さで小児期に予測できるか

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Anterolateral supine での portable navigation と CT based navigation のカップアライメント精度の比較検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 8歳以上で発症した Perthes 病において入院免荷療法は有用か

    鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 高橋 右彦, 青木 清, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DDH 治療後の股関節骨形態と外旋制限の検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院における運動器慢性痛患者に対する復職支援の取り組み

    鉄永 倫子, 鉄永 智紀, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失に関与する因子の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 浅海 浩二, 梶谷 充, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 成人後に骨軟化症(くる病)の大腿骨不全骨折に対して手術加療した1例

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第132回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月5日 - 2019年4月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Personality of patients with intractable chronic pain does not change after treatment in pain liaison outpatient clinics

    Tetsunaga T, Tetsunaga T, Nishida K, Ozaki T

    AAOS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月12日 - 2019年3月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高位脱臼股に対する THA の術前計画

    藤原 一夫, 鉄永 智紀, 臼井 正明

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • THA 後の骨盤骨折に対して一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Metal-on-Poly 摺動面人工股関節置換術後に生じた ARMD の1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • IBG によるステム再置換の治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文, 浅海 浩二, 真鍋 博規, 三谷 茂, 難波 良文, 三宅 由晃

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仰臥位用 HipAlign のカップアライメント精度

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • THA 術後エドキサバン内服例の VTE 予測因子について

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Investigation of the resistance of acetabulum in insertion of acetabular cup implants using drop weight impact testing

    Sanki T, Tetsunaga T, Yamada K, Kawamura Y, Sumasu Y, Inoue T, Nakashima Y, Ozaki T

    ORS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月2日 - 2019年2月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The correction loss following rotational acetabular osteotomy

    Yamada K, Endo H, Tetsunaga T, Sanki T, Kawamura Y, Ozaki T

    ORS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月2日 - 2019年2月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 対応に苦慮しているシャルコー関節と考えられる1例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第24回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 術後のステムゆるみで複数回ステム再置換となった1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第24回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 再置換術後に遅発性 Bacteroides 感染を生じ再燃を繰り返した1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 皆川 寛, 三宅 孝昌

    第24回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 8歳以上で発症したペルテス病の治療成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第29回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月14日 - 2018年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における筋性斜頚の手術件数の推移

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第29回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月14日 - 2018年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院における運動器慢性痛患者に対する復職支援の取り組み

    鉄永 倫子, 西田 圭一郎, 鉄永 智紀, 井上 真一郎, 松崎 孝, 太田 晴之, 神崎 浩孝, 大倉 和代, 石橋 京子, 宮本 和子

    第11回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月1日 - 2018年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • プレガバリンの処方実態調査 - 腎機能と用法・用量を基にした適正使用に関する考察 -

    神崎 浩孝, 鉄永 倫子, 田中 雄太, 槇田 崇志, 西原 茂樹, 鉄永 智紀, 北村 佳久, 西田 圭一郎, 千堂 年昭

    第11回日本運動器疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月1日 - 2018年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 真の最小侵襲人工股関節置換術に向けた取り組み 招待

    鉄永 智紀

    平成30年度第2回岡山県理学療法士会卒後研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • THA 後の骨盤骨折に対し一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    根津 智史, 遠藤 裕介, 山田 和希, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第51回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月24日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工股関節置換術 招待

    鉄永 智紀

    日本鋼管病院院内勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • THA における fit and fill 型 straight stem の初期骨接触状態と骨反応の関連性の検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 浅海 浩二, 梶谷 充, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歩行困難を訴えた若年性股関節唇単独損傷の2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 若年者における外傷性広範囲大腿骨頭壊死の1例

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本