2021/12/18 更新

写真a

アラオ ユウジロウ
荒尾 雄二郎
ARAO Yujiro
所属
保健学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 修士(薬学) ( 岡山大学 )

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 遺伝子発現

  • 細胞機能

  • ウイルス宿主間相互作用

  • Gene expression

  • Cellular function

  • Virus-host interaction

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • その他 / その他  / 病態検査学

  • ライフサイエンス / ウイルス学

▼全件表示

学歴

  • 岡山大学   Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences  

    - 1982年

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Faculty of Pharmaceutical Science  

    - 1980年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Pharmaceutical Sciences  

    - 1980年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - 岡山大学保健学研究科 教授

    2004年

      詳細を見る

  • - Professor,Graduate School of Health Sciences,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Faculty of Health Sciences,Medical School,Okayama University

    2000年 - 2004年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School, Faculty of Health Sciences

    2000年 - 2004年

      詳細を見る

  • Head,1998-2000 National Institute of Infectious Diseases, Department of Pathology

    1998年 - 2000年

      詳細を見る

  • 米国疾病予防センター 訪問研究員

    1998年 - 2000年

      詳細を見る

  • 国立感染症研究所感染病理部 室長

    1998年 - 2000年

      詳細を見る

  • Visiting Scientist,Centers for Disease Control and Prevention

    1998年 - 2000年

      詳細を見る

  • Senior Researcher, National Institute of Infectious Diseases, Department of Pathology

    1991年 - 1998年

      詳細を見る

  • 国立感染症研究所感染病理部 主任研究官

    1991年 - 1998年

      詳細を見る

  • Research Associate,Faculty of Medicine,Medical School,Okayama University

    1982年 - 1991年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School, Faculty of Medicine

    1982年 - 1991年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 日本ウイルス学会   評議員  

    2007年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本ウイルス学会

    researchmap

 

書籍等出版物

  • Atlas and Textbook of Pathogenic Bacteria and Viruses "jointly worked"

    Hokkaido University Press  2017年 

     詳細を見る

  • 病原細菌・ウイルス図鑑(共著)

    北海道大学出版会  2017年 

     詳細を見る

  • 平成16年度感染制御部門研修会テキスト

    (社)日本臨床衛生検査技師会  2005年 

     詳細を見る

  • ヘルペスウイルス感染症フォーラム

    トーレラザ-ル・マッキャン  2002年 

     詳細を見る

  • LIP潜伏・持続感染微生物と宿主の反応(共著)

    菜根出版  1996年 

     詳細を見る

  • Latent and persistent infection with pathogen and host responses to the infection

    1996年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Low plasma apolipoprotein E-rich high-density lipoprotein levels in patients with metabolic syndrome 査読

    Ryoko Shinohata, Yuhei Shiga, Shin-Ichiro Miura, Satoshi Hirohata, Misako Shibakura, Tomoe Ueno-Iio, Shogo Watanabe, Yujiro Arao, Shinichi Usui

    Clinica Chimica Acta   510   531 - 536   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Binimetinib, a novel MEK1/2 inhibitor, exerts anti-leukemic effects under inactive status of PI3Kinase/Akt pathway 査読

    Kanae Sakakibara, Takayuki Tsujioka, Jun-Ichiro Kida, Nami Kurozumi, Takako Nakahara, Shin-Ichiro Suemori, Akira Kitanaka, Yujiro Arao, Kaoru Tohyama

    International Journal of Hematology   110 ( 2 )   213 - 227   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Wash-free detection of C-reactive protein based on third-harmonic signal measurement of magnetic markers (共著)

    Keiji Enpuku, Misako Shibakura, Yujiro Arao, Takako Mizoguchi, Akihiko Kandori, Misato Hara, Keiji Tsukada

    Japanese Journal of Applied Physics   57 ( 9 )   090309-1-090309-4   2018年

     詳細を見る

  • Lavender essential oil and its main constituents inhibit the expression of tnf-α-induced cell adhesion molecules in endothelial cells "jointly worked"

    Michinori Aoe, Tomoe Ueno-Iio, Misako Shibakura, Ryoko Shinohata, Shinichi Usui, Yujiro Arao, Satoru Ikeda, Nobuaki Miyahara, Mitsune Tanimoto, Mikio Kataoka

    Acta Medica Okayama   71 ( 6 )   493 - 503   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • 高速凝固採血管による副甲状腺ホルモン測定値の減少

    三宅 雅之, 糸島 浩一, 岡田 健, 荒尾 雄二郎, 大塚 文男

    医学検査   66 ( 5 )   508 - 515   2017年

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone measurement using a rapid-clotting blood collection tube

    Masayuki MIYAKE, Kouichi ITOSHIMA, Ken OKADA, Yujiro ARAO, Fumio OTSUKA

    Medical examination   66 ( 5 )   508 - 515   2017年

     詳細を見る

  • Japanese family with congenital factor VII deficiency

    Kanae Sakakibara, Yoshiki Okayama, Kenji Fukushima, Shunsaku Kaji, Michiko Muraoka, Yujiro Arao, Akira Shimada

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   57 ( 5 )   1023 - 1024   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Congenital factor VII (FVII) deficiency is a rare bleeding disorder with autosomal recessive inheritance. The present female patient was diagnosed with congenital FVII deficiency because of low hepaplastin test (HPT), although vitamin K was given. Heterozygous p.A191T mutation was detected in the peripheral blood, and the same mutation was also found in the mother and sister. To the best of our knowledge, this is the fourth reported case of p.A191T mutation of FVII in the literature and the first to be reported in Japan. FVII coagulation activity (FVII:C) in asymptomatic heterozygous carriers is mildly reduced. Therefore, some patients may not be accurately diagnosed with congenital FVII deficiency. In infants with low HPT without vitamin K deficiency, congenital FVII deficiency should be considered.

    DOI: 10.1111/ped.12696

    Web of Science

    researchmap

  • Detection of Torque Teno Virus DNA in Exhaled Breath by Polymerase Chain Reaction (共著)

    Kumiko Chikasue, Miyuki Kimura, Kazuyuki Ikeda, Takuma Ohnishi, Satoshi Kawanishi, Tomoe Iio, Mikio Kataoka, Yujiro Arao

    Acta Medica Okayama   66 ( 5 )   387 - 397   2012年10月

     詳細を見る

  • Enhancive effects of D-glucose and its analogs on expression of d-glucose-unrelated transgenes in mammalian cells.(共著)

    Miyuki Kimura, Hikaru Namba, Manabu Okubo, Mai Ezumi, Nao Susumu, Masao Yamada, Yujiro Arao

    Journal of Bioscience and Bioengineering   112 ( 2 )   194 - 201   2011年8月

     詳細を見る

  • αヘルペスウイルス感染と細胞内シグナル伝達

    荒尾雄二郎

    日本臨床 増刊号 ヘルペスウイルス学   64(増刊3), 159, 162   2006年

     詳細を見る

  • Decreased expression of REIC/Dkk-3 in human renal clear cell carcinoma

    K Kurose, M Sakaguchi, Y Nasu, S Ebara, H Kaku, R Kariyama, Y Arao, M Miyazaki, T Tsushima, M Namba, H Kumon, NH Huh

    JOURNAL OF UROLOGY   171 ( 3 )   1314 - 1318   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We examined the expression of REIC/Dkk-3, a possible candidate for a tumor suppressor gene, in human renal clear cell carcinoma (RCCC) cell lines and sporadic RCCC surgical specimens.
    Materials and Methods: Human RCCC cell lines (Caki-1, Caki-2, ACHN and KPK-1) and several control cell lines were used to examine the expression of REIC/Dkk-3 mRNA and characterize a newly raised antibody specific for REIC/Dkk-3 protein. Pairs of cancerous and adjacent noncancerous tissues were obtained from 20 patients with RCCC. Of them 17 and 7 cases were analyzed by real-time quantitative reverse transcriptase-polymerase chain reaction, and by Western blot analysis and/or immunohistochemical analysis, respectively.
    Results: The decreased expression of REIC/Dkk-3 mRNA and protein in human RCCC cell lines, and the specificity of the new antibody were confirmed. In a real-time quantitative reverse transcriptase-polymerase chain reaction study using 17 pairs of RCCC and adjacent normal tissues REIC/Dkk-3 mRNA levels were significantly decreased in carcinoma tissues (by 25% to approximately 95% in 15 pairs). Western blot analysis and immunohistochemistry revealed a significant decrease in REIC/Dkk-3 protein levels in 6 of the 7 and 13 of the 14 RCCC cases analyzed, respectively.
    Conclusions: The decrease in REIC/Dkk-3 mRNA and protein levels was observed irrespective of tumor grade and stage, indicating the involvement of REIC/Dkk-3 in an initial step of malignant conversion. Consequently REIC/Dkk-3 could be a new molecular target for therapeutic measures against RCCC.

    DOI: 10.1097/01.ju.0000101047.64379.d4

    Web of Science

    researchmap

  • 単純ヘルペスウイルスやエンテロウイルス71などの神経向性ウイルスの粒子に認められるインシュリン様作用について

    荒尾雄二郎, 黒木なつ美

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   2004年

     詳細を見る

  • An endoplasmic reticulum protein, p180, is highly expressed in human cytomegalovirus-permissive cells and interacts with the tegument protein encoded by UL48

    K Ogawa-Goto, S Irie, A Omori, Y Miura, H Katano, H Hasegawa, T Kurata, T Sata, Y Arao

    JOURNAL OF VIROLOGY   76 ( 5 )   2350 - 2362   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    We have used a virus overlay assay to detect cellular proteins associated with human cytomegalovirus (HCMV) particles. The radiolabeled HCMV particles specifically bound to two host proteins with molecular sizes of 150 and 180 kDa. By a micro-ammo-acid sequencing technique, the 180-kDa protein was identified as a human homologue of the ES130/p180 ribosome receptor (p180), which is an integral endoplasmic reticulum (ER) membrane protein possessing a very unique tandem repeat domain at its N-terminal region. The virus overlay assay using truncated p180 polypeptides revealed that HCNW binding to human p180 occurred through the N-terminal region. In HCMV-permissive cells the high level of expression of the human p180 protein was clearly observed regardless of cell type. Furthermore, we showed that p180 binds to the UL48 gene product, which is one of the predominant tegument proteins of HCMV and which is considered to be tightly associated with the capsid. The interaction between the two proteins was assumed to be specific and was observed both in vitro and in vivo. During the late phase of infection, the unique relocation of human p180 was observed, that is, to the juxtanuclear region, which appeared to be in the vicinity of the area where naked virions were frequently observed in an electron-microscopic study. Thus our data suggest that p180 interacts with the HCMV tegument, at least through pUL48, during the HCMV replication process. We discuss the possible role of the interaction between p180 and pUL48 in the intracellular transport of HCMV virions.

    DOI: 10.1128/JVI.76.5.2350-2362.2002

    Web of Science

    researchmap

  • ヒトヘルペスウイルス6(HHV6) U94遺伝子のHHV6増殖に対する機能の解析

    荒尾雄二郎

    ヘルペスウイルス感染症フォーラム   2002年

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6型U94遺伝子の変異導入による機能解析(共著)

    第48回日本ウイルス学会総会   2000年

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス許容細胞におけるp180蛋白質の機能解析(共著)

    第48回日本ウイルス学会総会   2000年

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス許容細胞において高発現されるp180蛋白質の解析(共著)

    第47回日本ウイルス学会総会   1999年

     詳細を見る

  • Herpesviruses beyond HSV-1 and -2.

    Arao Y, Schmid S, Pellet PE, Inoue N

    Clinical Microbiol. Newsletter   21, 153-159   1999年

  • ヒトヘルペスウイルス6型U94遺伝子産物によるサイトメガロウイルスIEプロモーターの抑制(共著)

    第47回日本ウイルス学会総会   1999年

     詳細を見る

  • Binding of human cytomegalovirus to sulfated glucuronyl glycosphingolipids and their inhibitory effects on the infection. (共著)

    Journal of General Virology   79 ( 10 )   2533 - 2541   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • The BglII-N fragment of herpes simplex virus type 2 contains a genetic region responsible for resistance to antiviral effects of interferon.(共著)

    Journal of General Virology   79 ( 3 )   565 - 572   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Herpesviruses beyond HSV-1 and -2. (共著)

    Clinical Microbiol. Newsletter   21   153 - 159   1998年

  • In vitro selsction of variants of herpes simplex virus type 1 which differ in cytopathic changes. (共著)

    Microbiology and Immunology   41 ( 3 )   203 - 207   1997年

     詳細を見る

  • In vitro selection of variants of herpes simplex virus type 1 which differ in cytopathic changes

    Jorge Padilla, Masao Yamada, Yasushi Takahashi, Takashi Tsukazaki, Jun Nakamura, Mariko Yoshida, Fumio Uno, Yujiro Arao, Shiro Nii

    Microbiology and Immunology   41 ( 3 )   203 - 207   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Blackwell Publishing Asia  

    To analyze the mechanisms for in vitro emergence of the syncytial variants of herpes simplex virus type 1 (HSV-1), several cell lines were infected with a mixture of equal amounts of two HSV-1 variants, one syncytial and the other non-syncytial, and changes in their relative abundance were monitored during passage. With a combination of two variants of the Miyama strain of HSV-1, the syncytial variant became dominant during passage in Vero, RK-13 and FL cells. On the other hand, the ratios of the two variants remained around 1:1 during the passage in HEp-2, MGC and HEL cells. In another set of variants of the SKO strain of HSV-1, the outcomes were different from those of the Miyama strain in the FL, MGC and HEp-2 cells. The ratios of the two variants remained around 1:1 during passage in FL cells, while the non-syncytial variant became dominant during passage in MGC and HEp-2 cells. In addition, we examined the effects of a complement and interferon-β (IFN-β) on the outcome of the selection. As a result, the complement slowed the selection of a syncytial variant, whereas IFN-β facilitated it.

    DOI: 10.1111/j.1348-0421.1997.tb01191.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Enhanced cytopathic effect of human cytomegalovirus on a retinal pigment epithelium cell line, K-1034, by serum-free medium

    Y Ando, T Iwasaki, T Sata, S Soushi, T Kurata, Y Arao

    ARCHIVES OF VIROLOGY   142 ( 8 )   1645 - 1658   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG WIEN  

    Although human cytomegalovirus (HCMV) predominantly infects epithelial cells in vivo, the majority of studies of HCMV gene expression and replication have been conducted using non-epithelial cell lines in part because of the absence of a good experimental system using epithelial cells. To address the nature of epithelial cell infection, we investigated the susceptibility of an epithelial cell line (K-1034) established from the retinal pigment epithelium to HCMV infection. This cell line exhibited high susceptibility to HCMV, as evidenced by detection of one of the immediate early antigens, IE2, in the nuclei of more than 80% of K-1034 cells at 24h following inoculation at a multiplicity of infection of 3 plaque forming units per cell. However, the yield after one-step growth of HCMV in K-1034 cells was about twenty-fold less than that in human embryonic lung fibroblast cells. Cytopathic effect (CPE) on K-1034 cells was not prominent in medium supplemented with 10% fetal bovine serum and viral late antigens were detected in less than 5% of K-1034 cells. Interestingly, infected cells expressing late antigens and exhibiting CPE were markedly increased in serum-free medium, even though the yield of infectious HCMV and viral genome copy numbers were almost the same in the different serum concentrations, due to viral instability in the absence of serum. Thus, the progression of late antigens expression and the induction of CPE in infected epithelial cells is influenced by physiological conditions, and are negatively regulated by some serum factor.

    DOI: 10.1007/s007050050186

    Web of Science

    researchmap

  • Enhanced cytopathic effect of human cytomegalovirus on a retinal pigment epithelial cell line, K-1034, by serum-free medium. (共著)

    Archives of Virology   142 ( 8 )   1645 - 1658   1997年

     詳細を見る

  • Mapping of two new codon-specific suppressors in Saccharomyces cerevisiae

    B. I. Ono, Y. Arao, K. Moriyoshi

    Yeast   8 ( 8 )   669 - 672   1992年

     詳細を見る

  • Mapping of two new codon-specific suppressors in Saccharomyces cerevisiae. (共著)

    Yeast   8 ( 8 )   669 - 672   1992年

     詳細を見る

  • Detection of herpes simplex and varicella-zoster virus DNA by field-inversion gel electrophoresis from clinical materials. (共著)

    Microbiology and Immunology   36 ( 11 )   1217 - 1221   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Detection of Herpes Simplex and Varicella‐Zoster Virus DNA by Field‐Inversion Gel Electrophoresis from Clinical Materials

    Yujiro Arao, Mariko Yoshida, Tetsutaro Sata, Akihiko Nakatsukasa, Kaoru Miyoshi, Masao Yamada, Fumio Uno, Takeshi Kurata, Shiro Nii

    Microbiology and Immunology   36 ( 11 )   1217 - 1221   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A simple method using field‐inversion gel electrophoresis (FIGE) was applied to detect herpes simplex virus (HSV) and varicella‐zoster virus (VZV) genomes in clinical specimens. The whole genomes of these viruses could be detected in small vesicle tissues by the FIGE method regardless of their clinical stages of skin lesions. And the sensitivity of the FIGE method was equivalent to that of an immunofluorescent (IF) method. These data indicated usefulness of the FIGE method to detect the whole genomes of HSV and VZV in clinical specimens. © owned by Center for Academic Publications Japan (Publisher)

    DOI: 10.1111/j.1348-0421.1992.tb02125.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Reactivatable latency of three avirulent strains of herpes simplex virus type 1 after intranasalinoculation in mice. (共著)

    Acta Medica Okayama   45 ( 1 )   43 - 47   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • REPLICATING MAREKS-DISEASE VIRUS (MDV) SEROTYPE-2 DNA WITH INSERTED MDV SEROTYPE-1 DNA-SEQUENCES IN A MAREKS-DISEASE LYMPHOBLASTOID CELL-LINE MSB1-41C

    K HIRAI, M YAMADA, Y ARAO, S KATO, S NII

    ARCHIVES OF VIROLOGY   114 ( 3-4 )   153 - 165   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG WIEN  

    Web of Science

    researchmap

  • Detection of varicella-zoster virus DNA by field-inversion gel electrophoresis. (共著)

    Microbiology and Immunology   34 ( 3 )   269 - 282   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Replicating Mareks disease virus(MDV) serotype 2 DNA with inserted MDV serotype 1 DNA sequences in a Mareks disease lymphoblastoid cell line MSB1-41C. (共著)

    Archives of Virology   114 ( 3-4 )   153 - 165   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Detection of Varicella-Zoster Virus DNA by Field-Inversion Gel Electrophoresis

    Yujiro Arao, Mariko Yoshida, Zeng Liang Bai, Yoshifumi Kori, Akihiro Naicatsuicasa, Yoji Takei, Katsuya Aoji, Masao Yamada, Fumio Uno, Kaoru Miyoshi, Nii Shiro

    MICROBIOLOGY and IMMUNOLOGY   34 ( 3 )   269 - 282   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A new method for detection of varicella-zoster virus (VZV) DNA using field-inversion gel electrophoresis (FIGE) was devised. VZV-genomic DNA could. be differentiated from the host cell DNA of human embryonic lung (HEL) fibroblasts infected with VZV under electrophoretic conditions allowing resolution of linear and double-stranded DNAs in the 49–230 kilobase pairs (Kb) range. The detection of VZV-genomic DNA from infected HEL cells was successful regardless of whether the VZV was a laboratory strain, live vaccine strain, or fresh isolate. Under the same electrophoretic conditions, DNA of VZV-infected HEL cells could be clearly differentiated from DNA obtained from HEL cells infected with herpes simplex virus type 1 (HSV-1), type 2 (HSV-2), or human cytomegalovirus (HCMV). Furthermore, VZV genomic DNA could be detected from as small a sample as 1.9 x 104 VZV-infected HEL cells. Finally, we could detect VZV genomic DNA from 10 samples of vesicle tissue (blister lids, each about 1–4 mm2) and one sample of vesicle fluid (about 5 u1) obtained from patients diagnosed as having herpes-zoster. The results of this study indicate that FIGE is a simple and promising method for the detection of VZV from clinical materials as well as infected in vitro cultured cells. © 1990, Center For Academic Publications Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1111/j.1348-0421.1990.tb01009.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 単純ヘルペスウイルス1型の鼻腔内接種によるマウスに対する病原性(共著)

    日本耳鼻咽喉科学会第13回中国四国地方部会連合学会   92 ( 4 )   579 - 587   1989年

     詳細を見る

  • Effect of recombinant mouse interferon-_ on acute and latent herpes simplex infection in mice. (共著)

    Archives of Virology   99 ( 1-2 )   101 - 109   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • Mechanism of differences in pathogenicity between two variants of a laboratory strain of herpes simplex virus type 1. (共著)

    Microbiology and Immunology   30 ( 12 )   1259 - 1270   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • 細胞融合活性程度に差のあるHSV深山株由来4株について(感染細胞DNAの制限酵素切断パターンによる分析)(共著)

    第32回日本ウイルス学会   1984年

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルスの分子疫学的研究:単純ヘルペスウイルス2型中心とした性器ヘルペスの再発・伝播の研究(共著)

    第31回日本ウイルス学会   1983年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 不活性ウイルス粒子によるヒトアデノウイルス増殖の促進

    第33回中国四国ウイルス研究会  2018年 

     詳細を見る

  • Increased human adenovirus growth by inactive virus particles

    The 33th Chugoku-Shikoku virus research society  2018年 

     詳細を見る

  • エンテロウイルスD68型感染後の弛緩性麻痺発現マウスモデルの構築

    第65回日本ウイルス学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 唾液検査で判明した健常人のヒトパピローマウイルス16型高保有率

    第32回中国四国ウイルス研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 一過性睡眠不足及びストレス負荷によるヒトヘルペスウイルス6型DNA検出率の増大

    第32回中国四国ウイルス研究会  2017年 

     詳細を見る

  • Increased detection rate of human herpesvirus type 6 DNA due to transient sleep deprivation and stress

    The 32th Chugoku-Shikoku virus research society  2017年 

     詳細を見る

  • 32/5000 Enterōirusu D 68-gata kansen-go no shikanseimahi hatsugen mausu moderu no kōchiku Construction of flaccid paralysis expressing mouse model after enterovirus D68 type infection

    The 65th annual meeting of the Japanese Society for Virology  2017年 

     詳細を見る

  • High prevalence of human papilloma virus type 16 in normal persons found by saliva test

    The 32th Chugoku-Shikoku virus research society  2017年 

     詳細を見る

  • PCR法による呼気からのトルケテノウイルスDNAの検出

    第27回中国四国ウイルス研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 基礎免疫を有する個体に対する 経鼻投与型インフルエンザワクチン効果

    第60回日本ウイルス学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス前初期プロモーターからの遺伝子発現に対する糖質の促進効果:二糖とpaclitaxelの相乗効果,並びに糖鎖の促進効果

    第58回日本ウイルス学会学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルス1型粒子による宿主細胞の活性化:ウイルス表面糖鎖の関与

    第57回日本ウイルス学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • ウイルスプロモーターからの遺伝子発現に対する糖の増大効果

    第56回日本ウイルス学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス前初期遺伝子プロモーターで制御された遺伝子発現に対する糖の刺激効果

    第55回日本ウイルス学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルスの吸着・侵入による宿主細胞のエステラーゼ、並びに排出ポンプ活性の上昇

    第54回日本ウイルス学会学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルス(HSV)粒子のインシュリン(INS)様作用を制御するウイルス側因子の研究

    第52回日本ウイルス学会学術集会  2004年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルス(HSV)粒子のインシュリン(INS)様作用:1型と2型間の類似性, 並びに神経毒性との関連性

    第52回日本ウイルス学会学術集会  2004年 

     詳細を見る

  • エンテロウイルス71による宿主細胞グルコース取込み活性の亢進

    第19回中国四国ウイルス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • エンテロウイルス71感染に対する未知の宿主細胞応答:ウイルス増殖に依存しないグルコース取込み活性亢進

    日本ウイルス学会第51回学術集会・総会  2003年 

     詳細を見る

  • ヒト上皮細胞での増殖能が低下した単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)株の解析

    第18回ヘルペスウイルス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • ワクチニアウイルスに対する宿主細胞の応答:ウイルス増殖を必要としない宿主細胞のグルコース取込み活性亢進

    日本ウイルス学会第51回学術集会・総会  2003年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)接種細胞の早期グルコース取り込み活性の上昇

    第18回ヘルペスウイルス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルス2型(HSV-1)による宿主細胞グルコース取り込み活性亢進:その普遍性と株間の差異

    第18回ヘルペスウイルス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • ワクチニアウイルスによる宿主細胞グルコース取込み活性の亢進

    第19回中国四国ウイルス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • アデノウイルスによる宿主細胞グルコース取込み活性の亢進

    第19回中国四国ウイルス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルスによる宿主細胞のグルコース取込み能の上昇

    第17回中国四国ウイルス研究会  2002年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルスに誘導される宿主細胞のグルコース取込み上昇

    第17回ヘルペスウイルス研究会  2002年 

     詳細を見る

  • 単純ヘルペスウイルスに誘導されるウイルス増殖開始前の宿主細胞グルコース取込み上昇

    第50回日本ウイルス学会学術集会・総会  2002年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6U94遺伝子のウイルス増殖における役割の検討

    第17回中国四国ウイルス研究会  2001年 

     詳細を見る

  • 宿主細胞の活動状態と単純ヘルペスウイルス(HSV)の増殖に関する研究

    日本ウイルス学会第49回学術集会・総会  2001年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6(HHV6) U94遺伝子のHHV6増殖に対する機能の解析

    第8回ヘルペス感染症フォーラム  2001年 

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルステグメント蛋白質と小胞体p180蛋白質の相互作用

    日本ウイルス学会第49回学術集会・総会  2001年 

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス許容細胞におけるp180蛋白質の機能解析

    第48回日本ウイルス学会学術集会・総会  2000年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6型U94遺伝子の変異導入による機能解析

    第48回日本ウイルス学会学術集会・総会  2000年 

     詳細を見る

  • ヒトサイトメガロウイルス許容細胞において高発現されるp180蛋白質の解析

    第47回日本ウイルス学会学術集会・総会  1999年 

     詳細を見る

  • ヒトヘルペスウイルス6型U94遺伝子産物によるサイトメガロウイルスIEプロモーターの抑制

    第47回日本ウイルス学会学術集会・総会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 人生を変える小さな生き物 (2021年度) 第3学期  - 金3~4

  • 医動物学 (2021年度) 第3学期  - 水2~3

  • 医動物学実習 (2021年度) 第3学期  - 水4~7

  • 医療安全管理学 (2021年度) 第3学期  - 月7~8

  • 卒業研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 国際保健学 (2021年度) 後期  - 月7

  • 国際公衆衛生 (2021年度) 第3学期  - 月5~6

  • 国際公衆衛生 (2021年度) 第3学期  - 月5~6

  • 国際環境・衛生論 (2021年度) 第3学期  - 月3~6

  • 国際環境・衛生論 (2021年度) 第3学期  - 月3~6

  • 国際環境・衛生論 (2021年度) 第3学期  - 月3~6

  • 国際環境・衛生論 (2021年度) 第3学期  - 月3~6

  • 国際環境・衛生論 (2021年度) 第3学期  - 月3~6

  • 基礎遺伝子学 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]水6~7, [第4学期]火1~2

  • 基礎遺伝子学 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]水6~7, [第4学期]火1~2

  • 基礎遺伝子学 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]水6~7, [第4学期]火1~2

  • 基礎遺伝子学 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]水6~7, [第4学期]火1~2

  • 感染予防学 (2021年度) 第1学期  - 月2~3

  • 感染制御学演習 (2021年度) 後期  - 水1

  • 感染制御学特論 (2021年度) 前期  - 水1

  • 感染症・病原因子解析学演習 (2021年度) 後期  - 水7

  • 感染症・病原因子解析学特講 (2021年度) 前期  - 水7

  • 栄養・代謝学 (2021年度) 第1学期  - 火3~4,金5~6

  • 栄養・代謝学 (2021年度) 第1学期  - 火3~4,金5~6

  • 栄養・代謝学 (2021年度) 第1学期  - 火3~4,金5~6

  • 検査技術科学研究法 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 生物化学 (2021年度) 第2学期  - 火5~6

  • 生物化学実習 (2021年度) 第2学期  - 金5~8

  • 病態情報科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 病態情報解析科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 病院実習 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 研究方法論 (2021年度) 前期  - 木7

  • 科学研究 (2021年度) 特別  - その他

  • 臨床化学検査学実習 (2021年度) 第3学期  - 木3~8,金1~6

  • 臨床微生物学実習 (2021年度) 第4学期  - 水3~8,木3~8

  • 臨床検査科学演習 (2021年度) 2・3学期  - [第2学期]火7, [第3学期]月7

  • 高感度計測技術 (2021年度) 第2学期  - 火1~4

  • 高感度計測技術実習 (2021年度) 特別  - その他

  • 人生を変える小さな生き物 (2020年度) 第3学期  - 金3,金4

  • 医動物学 (2020年度) 第3学期  - 水2,水3

  • 医動物学実習 (2020年度) 第3学期  - 水4,水5,水6,水7

  • 医療安全管理学 (2020年度) 第3学期  - 月7,月8

  • 卒業研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 国際保健学 (2020年度) 後期  - 月7

  • 国際公衆衛生 (2020年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 国際公衆衛生 (2020年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 国際環境・衛生論 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4,月5,月6

  • 国際環境・衛生論 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4,月5,月6

  • 国際環境・衛生論 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4,月5,月6

  • 国際環境・衛生論 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4,月5,月6

  • 国際環境・衛生論 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4,月5,月6

  • 基礎遺伝子学 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]水6,水7, [第4学期]火1,火2

  • 基礎遺伝子学 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]水6,水7, [第4学期]火1,火2

  • 基礎遺伝子学 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]水6,水7, [第4学期]火1,火2

  • 基礎遺伝子学 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]水6,水7, [第4学期]火1,火2

  • 基礎遺伝子学 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]水6,水7, [第4学期]火1,火2

  • 感染予防学 (2020年度) 第2学期  - 月2,月3

  • 感染免疫学 (2020年度) 第1学期  - 水2,水3

  • 感染免疫学 (2020年度) 第1学期  - 水2,水3

  • 感染免疫学 (2020年度) 第1学期  - 水2,水3

  • 感染制御学演習 (2020年度) 後期  - 水1

  • 感染制御学特論 (2020年度) 前期  - 水1

  • 感染症・病原因子解析学演習 (2020年度) 後期  - 水7

  • 感染症・病原因子解析学特講 (2020年度) 前期  - 水7

  • 栄養・代謝学 (2020年度) 第1学期  - 火3,火4,金5,金6

  • 栄養・代謝学 (2020年度) 第1学期  - 火3,火4,金5,金6

  • 栄養・代謝学 (2020年度) 第1学期  - 火3,火4,金5,金6

  • 検査技術科学研究法 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 生物化学 (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 生物化学実習 (2020年度) 第2学期  - 金5,金6,金7,金8

  • 病態情報科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 病態情報解析科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 病院実習 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 研究方法論 (2020年度) 前期  - 木7

  • 科学研究 (2020年度) 特別  - その他

  • 臨床化学検査学実習 (2020年度) 第3学期  - 木3~8,金1~6

  • 臨床微生物学実習 (2020年度) 第4学期  - 水3~8,木3~8

  • 高感度計測技術 (2020年度) 第2学期  - 火1,火2,火3,火4

  • 高感度計測技術実習 (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示