2022/05/18 更新

写真a

オカダ シュンスケ
岡田 俊輔
OKADA Shunsuke
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 社会系歯学  / 歯科法医学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学  / 歯科放射線学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine, Dentisitry and Pharmaceutical Sciences   Oral and Maxillofacial Radiology

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Dentistry  

    - 2012年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学病院   歯科放射線・口腔診断科   助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 社会医療法人全仁会 倉敷平成病院   歯科   常勤歯科医師

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科   歯科放射線学分野   客員研究員

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   歯科放射線・口腔診断科   助教

    2017年11月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科   法医学分野   非常勤講師

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   歯科放射線・口腔診断科   医員

    2017年4月 - 2017年10月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Collision tumor of small cell carcinoma and squamous cell carcinoma of the maxillary sinus: Case report. 国際誌

    Irfan Sugianto, Yoshinobu Yanagi, Miki Hisatomi, Shunsuke Okada, Yohei Takeshita, Babatunde Olamide Bamgbose, Junichi Asaumi

    Molecular and clinical oncology   16 ( 5 )   96 - 96   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A collision tumor refers to the coexistence of two diagnostically distinct tumors in a common anatomic space. Collision tumors are rare in the oral and maxillofacial region. The present study reported on the case of an 82-year-old female with a collision tumor in the maxillary sinus consisting of small cell carcinoma (SmCC) and squamous cell carcinoma (SCC). Computed tomography (CT) imaging revealed a mass in the right maxillary sinus. The lesion exhibited heterogeneous low signal intensity (SI) on T1-weighted imaging (T1WI), high SI on short T1 inversion recovery and heterogeneous solid enhancement on contrast-enhanced T1WI. The histopathology result of a biopsy specimen confirmed SmCC. After the patient received a course of chemoradiotherapy, follow-up CT revealed a residual tumor. In a second surgery, a remaining tumor and histopathology revealed SCC with no evidence of SmCC. The final diagnosis was a collision tumor made up of SCC and SmCC.

    DOI: 10.3892/mco.2022.2529

    PubMed

    researchmap

  • Ultrasound procedure for the diagnosis of mass lesions in the oral region.

    Yohei Takeshita, Toshiyuki Kawazu, Miki Hisatomi, Shunsuke Okada, Mamiko Fujikura, Saori Yoshida, Yuri Namba, Yudai Shimizu, Yoshinobu Yanagi, Junichi Asaumi

    Oral radiology   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To examine the diagnostic usefulness and procedures of ultrasonography (US) for mass lesions in the soft tissue of the oral region. METHODS: This study involved patients with mass lesions (tumorous lesions and cysts) who had undergone US and histopathological examinations from January 2017 to December 2019. The following points were evaluated by two observers using an evaluation scale: vascularity, echo intensity level, boundary, margin shape, distribution of internal echoes, and capsule. The usefulness of each point for differential diagnosis of tumorous lesions and cysts was statistically analyzed. RESULTS: Forty-five mass lesions in the soft tissue of the oral region (33 tumorous lesions and 12 cysts) were analyzed. There were significant differences in four evaluation points between the tumorous lesions and cysts: vascularity, echo intensity level, boundary, and margin shape. Cysts were almost completely excluded diagnostically, especially when vascularity was observed. There were also significant differences in two evaluation points between nonvascular tumorous lesions and cysts: echo intensity level and boundary. CONCLUSIONS: In US examination for mass lesions in the oral region, it was possible to diagnose tumorous lesions and exclude cysts when vascularity was observed. When vascularity was not observed, however, tumorous lesions and cysts could be identified using two evaluation points: echo intensity level and boundary.

    DOI: 10.1007/s11282-022-00605-2

    PubMed

    researchmap

  • Influence of mesiodens on adjacent teeth and the timing of its safe removal. 国際誌

    Majd Barham, Shunsuke Okada, Miki Hisatomi, Abdullah Khasawneh, Nouha Tekiki, Yohei Takeshita, Toshiyuki Kawazu, Mariko Fujita, Yoshinobu Yanagi, Junichi Asaumi

    Imaging science in dentistry   52 ( 1 )   67 - 74   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: To focus on the effects of the presence of mesiodens on adjacent teeth and to investigate the timing of its safe removal. Materials and Methods: Cone-beam computed tomography examinations, obtained at Okayama University Hospital over a three-year period, were inspected. Data were recorded including the number of mesiodens; associated abnormalities; and the relationship with neighboring structures. Depending on multiple factors, the risk of developing complications due to early extraction of a mesiodens was divided into three categories: high, medium, and low risk. Results: A total of 5,958 cone-beam computed tomography exams were obtained, 460 patients aged 3-85 years were diagnosed with a total of 568 mesiodens, 382 (67.3%) of which were discovered in young patients (age <10 years), and 333 (87.2%) of these were associated with abnormalities. Regarding the risk categories, 11 (1.9%) were considered to be in the high-risk, five (0.9%) in the medium-risk and 552 (97.2%) in the low-risk categories. Moreover, eight out of 11 high-risk mesiodens were extracted and no post-operative complications have been seen. Conclusion: As the results showed that no postoperative complications were seen in all the extracted cases of high-risk mesiodens, this indicates the possibility of safe extraction at an early age which could reduce related future complications.

    DOI: 10.5624/isd.20210218

    PubMed

    researchmap

  • Dynamic contrast-enhanced MRI as a predictor of programmed death ligand-1 expression in patients with oral squamous cell carcinoma. 国際誌

    Nouha Tekiki, Mariko Fujita, Tatsuo Okui, Hotaka Kawai, May Wathone Oo, Toshiyuki Kawazu, Miki Hisatomi, Shunsuke Okada, Yohei Takeshita, Majd Barham, Hitoshi Nagatsuka, Yoshinobu Yanagi, Jun-Ichi Asaumi

    Oncology letters   22 ( 5 )   778 - 778   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Immune checkpoint inhibitors (ICIs) targeting programmed death ligand-1 (PD-L1) are highly promising therapies for oral squamous cell carcinoma (OSCC). The assessment of PD-L1 expression may help predicting the therapeutic effect of ICIs and, thus, benefit patient selection. Contrast index (CI) parameters derived from dynamic contrast-enhanced magnetic resonance imaging (DCE-MRI) have been proven as efficient to assess microvessel density (MVD) in OSCC. The present study aimed to determine the correlation between DCE-MRI parameters and MVD and between DCE-MRI parameters and PD-L1 expression to determine whether DCE-MRI could be used non-invasively to evaluate PD-L1 expression in patients with OSCC. A total of 21 patients with primary OSCC who had undergone a 3T MRI scan, including DCE-MRI, were included in the present study, and CI curve-derived parameters were examined. The MVD and PD-L1 expression in the surgically resected specimens were analyzed using immunohistochemistry (IHC) staining for CD31 and IHC staining for PD-L1, respectively. The results demonstrated that the expression levels of these markers were correlated with DCE-MRI parameters. PD-L1 expression levels were found to be significantly correlated with the maximum CI (CI-max; P=0.007), peak CI (CI-peak; P=0.007), maximum CI gain (CI-gain; P=0.006) and MVD (P=0.001) values. The mean CI-max, CI-peak, CI-gain and MVD values were significantly higher in tumors with high PD-L1 expression (P<0.05). MVD levels were also significantly correlated with the time of CI-max (T-max; P=0.003) and CI-gain (P=0.037). The mean CI-gain was significantly increased, and the mean T-max was significantly shorter in high MVD tumors (P<0.05 and P<0.01, respectively). In summary, the findings from the present study confirmed the correlation between CI parameters, derived from DCE-MRI, and MVD, and suggested that these parameters may be correlated with PD-L1 expression in OSCC tumor cells.

    DOI: 10.3892/ol.2021.13039

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of Hounsfield unit in the differential diagnosis of odontogenic cysts. 国際誌

    Kyonori Uehara, Miki Hisatomi, Luciana Munhoz, Toshiyuki Kawazu, Yoshinobu Yanagi, Shunsuke Okada, Yohei Takeshita, Emiko Arita Saito, Junichi Asaumi

    Dento maxillo facial radiology   50 ( 2 )   20200188 - 20200188   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: The purpose of this study was to evaluate the usefulness of Hounsfield unit (HU) assessment with multislice-CT in the differentiation of radicular cysts (RCs), dentigerous cysts (DCs) and odontogenic keratocysts (OKCs). METHODS: In total, 307 odontogenic cysts (RCs, DCs and OKCs) were included in this study. Cysts with lesion diameter <10 mm, cysts with artefacts affecting measurement of HU values, cysts involving infection and recurrent cysts were regarded as exclusion criteria. Images were acquired in three different types of CT scanners: Aquilion ONE, Discovery CT750 HD and SOMATOM Definition Flash. Differences in HU values among scanners and among types of odontogenic cysts were assessed using one-way analysis of variance; multiple comparisons were performed post hoc, using the Tukey-Kramer honestly significant difference test. RESULTS: In total, 164 cysts were analysed in this study (64 RCs, 57 DCs and 43 OKCs). Regardless of the type of lesion, the Aquilion ONE scanner demonstrated a significant difference in HU value, compared with the Discovery CT750 HD scanner. Regardless of CT scanner model, HU values significantly differed between DCs and OKCs (p < 0.0001), as well as between OKCs and RCs (p < 0.0001). CONCLUSIONS: HU values were found to vary among CT scanners and should always be associated with other lesion imaging features while interpreting and elaboration diagnostic hypothesis. Notably, the results suggested that OKCs might be able to be differentiated from DCs and RCs by using HU values.

    DOI: 10.1259/dmfr.20200188

    PubMed

    researchmap

  • Incidental findings in the thyroid gland on computed tomography images of the oral and maxillofacial region. 査読 国際誌

    Abdullah Khasawneh, Yohei Takeshita, Miki Hisatomi, Toshiyuki Kawazu, Mariko Fujita, Shunsuke Okada, Yuri Namba, Yudai Shimizu, Yoshinobu Yanagi, Junichi Asaumi

    Oncology letters   19 ( 3 )   2005 - 2010   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    The numbers of abnormal findings incidentally detected in adjacent regions are increasing with advances in imaging modalities. The present study aimed to examine the prevalence and characteristics of incidental findings in the thyroid gland on computed tomography (CT) images of the oral and maxillofacial region. CT scans of the oral and maxillofacial region in patients obtained between January 2012 and December 2016 were retrospectively reviewed. Images that revealed incidental findings in the thyroid gland, including nodules, were recorded, together with the sizes and characteristics of the findings. The Japan Association of Breast and Thyroid Sonology (JABTS) guidelines were used for classification. The rate of descriptions of these findings in the radiographic interpretation reports were also examined. Of the 1,135 patients examined, 326 (28.7%) had several types of incidental findings. In particular, 169 (14.9%) of the 1,135 patients had nodules >5 mm in diameter, for which further careful examination is recommended in the JABTS guideline. The description rate for nodules >5 mm in diameter in the radiographic interpretation reports was 30.8% (52/169 patients), of whom 17.3% (9/52 patients) were referred to the endocrinology department for further careful examination. Incidental findings in the thyroid gland were relatively common on CT images of the oral and maxillofacial region. Oral radiologists tend to focus specifically on the oral and maxillofacial region during diagnosis on oral and maxillofacial CT images, but should pay the same careful attention to observe adjacent regions, such as the thyroid gland.

    DOI: 10.3892/ol.2020.11298

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Oropharyngeal adenoid cystic carcinoma invading the mandibular bone through the mandibular foramen.

    Yohei Takeshita, Shunsuke Okada, Miki Hisatomi, Hidenobu Matsuzaki, Hotaka Kawai, Yohei Noda, Jun Murakami, Mariko Fujita, Hitoshi Nagatsuka, Yoshinobu Yanagi, Junichi Asaumi

    Oral radiology   35 ( 3 )   335 - 340   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Adenoid cystic carcinoma (ACC) is a rare epithelial tumor of the head and neck region, and one of the most common malignant tumors of the salivary glands. ACC is a slow-growing tumor characterized by perineural invasion and often has a high-recurrence rate. We describe a case of oropharyngeal ACC invading the mandibular bone through the mandibular foramen that showed a rare pattern of origin and invasion. A 70-year-old woman complained of noise and pain around the right temporomandibular joint. Osteomyelitis was suspected on the initial imaging examinations, although the findings were slightly atypical. However, a mass was observed in the right oropharyngeal wall on subsequent imaging examinations, and mandibular bone invasion, rather than osteomyelitis, was additionally suspected. The mass in the right oropharyngeal wall and right mandible was surgically excised. On postoperative histopathological examination, the mass was finally diagnosed as ACC. As tumor cells were also observed around the inferior alveolar nerve, mandibular bone invasion through the mandibular foramen was suspected. An oropharyngeal ACC invading the mandibular bone through the mandibular foramen is extremely rare. The present case suggests that bone invasion should be considered carefully with several imaging examinations when a malignant tumor such as ACC is observed around the jaw bone.

    DOI: 10.1007/s11282-018-0359-3

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 透明根管模型歯における根管充填の評価法に関する検討

    松崎 久美子, 大原 直子, 澁谷 和彦, 横山 章人, 岡田 俊輔, 村上 純, 久富 美紀, 浅海 淳一, 吉山 昌宏

    岡山歯学会雑誌   38 ( 1 )   11 - 18   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    歯学部学生の臨床前基礎実習において透明根管模型歯は、全ての学生が同一条件下で実習を行えることや、根管治療における各ステップを目視できる等の利点がある。今回、本学歯学部4年次生47名が象牙質歯髄複合体診断・治療学実習の実技試験で根管充填を行った透明根管模型歯について、視診による評価と、デジタルX線画像のモニタ上での視診による評価、およびデジタルX線画像を画像解析ソフト(ImageJ)により解析した評価を行い、各評価法の妥当性について比較検討した。その結果、画像解析ソフトで解析する方法は成績の過小評価を防ぐうえで有用であり、より客観的な評価が可能と考えられた。

    researchmap

  • 鼻咽腔に発生した若年性血管線維腫3例の比較検討

    清水 雄大, 村上 純, 河津 俊幸, 久富 美紀, 藤田 麻里子, 竹下 洋平, 岡田 俊輔, 難波 友里, 柳 文修, 浅海 淳一

    歯科放射線   59 ( 増刊 )   57 - 57   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    researchmap

  • Fourth molar: A retrospective study and literature review of a rare clinical entity. 査読 国際誌

    Babatunde O Bamgbose, Shunsuke Okada, Miki Hisatomi, Yoshinobu Yanagi, Yohei Takeshita, Zahrau Saleh Abdu, Edugie J Ekuase, Jun-Ichi Asaumi

    Imaging science in dentistry   49 ( 1 )   27 - 34   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KOREAN ACAD ORAL & MAXILLOFACIAL RADIOLOGY  

    Purpose: The prevalence of supernumerary teeth has been reported to be between 0.1% and 3.8%. The aim of this study was to determine the prevalence, clinical significance, and associated pathologies of fourth molars based on a retrospective study and a literature review. Materials and Methods: A 5-year retrospective prevalence study was conducted at the Department of Oral Diagnosis and Dentomaxillofacial Radiology of Okayama University Hospital, Okayama, Japan. The study involved extracting data from the digital records of patients from January 1, 2013 through December 31, 2017. The sampling frame included all patients who had panoramic radiographs, cone-beam computed tomography (CT), and multislice CT images during the period under review. Results: A total of 26,721 cases were reviewed and 87 fourth molars were identified. The prevalence of fourth molars in the 5-year study at Okayama was calculated as 0.32%. The mean age of patients with a fourth molar was 30.43 years, and the male-to-female ratio was 1:0.98. The vast majority of cases were in the maxilla (92%) and had normal shapes (89.7%); furthermore, 82.8% of cases were unerupted. Conclusion: The prevalence of fourth molars in the study population was found to be 0.32%, and fourth molars occurred with approximately equal frequency in males and females. Fourth molars were more common in the maxilla and were predominantly unerupted and small.

    DOI: 10.5624/isd.2019.49.1.27

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 相同モデル化理論を応用した口蓋形態による個人識別法

    岡田 俊輔, 柳 文修, 岡田 亜由美, 久富 美紀, 谷尻 豊寿, 飯田 征二, 宮石 智, 浅海 淳一

    Japanese Journal of Diagnostic Imaging   37 ( 1 )   89 - 89   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本画像医学会  

    researchmap

  • 口腔および顎顔面領域のCT画像で偶然発見された甲状腺の所見(Incidental Thyroid Findings in CT Images of the Oral and Maxillofacial Region)

    Khasawneh Abdullah, 竹下 洋平, 久富 美紀, 岡田 俊輔, Sugianto Irfan, 柳 文修, 村上 純, 藤田 麻里子, 浅海 淳一

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   102 - 102   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 多房性エナメル上皮腫に関するfluid-attenuated inversion recovery MRIの診断的意義(Diagnostic Value of Fluid-Attenuated Inversion Recovery Magnetic Resonance Imaging for Multilocular Ameloblastoma)

    Sugianto Irfan, 柳 文修, 久富 美紀, 村上 純, 岡田 俊輔, 竹下 洋平, Khasawneh Abdullah, 浅海 淳一

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   102 - 102   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Assessment of MRI findings and clinical symptoms in patients with temporomandibular joint disorders. 査読 国際誌

    Risa Matsubara, Yoshinobu Yanagi, Kazuhiro Oki, Miki Hisatomi, Karina Cp Santos, Babatunde O Bamgbose, Mariko Fujita, Shunsuke Okada, Shogo Minagi, Junichi Asaumi

    Dento maxillo facial radiology   47 ( 4 )   20170412 - 20170412   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BRITISH INST RADIOLOGY  

    OBJECTIVES: To investigate the correlations among various temporomandibular joint (TMJ) findings on MRI and the relationships between MRI findings and symptoms. METHODS: 425 patients (850 TMJs) with temporomandibular joint disorders (TMDs) who underwent MRI were enrolled. Oblique sagittal proton density-weighted and T2 weighted images in open- and closed-mouth positions were evaluated. MRI findings included disc configuration, disc position, condylar morphology, bone marrow pattern, and joint effusion. Symptoms included TMJ pain, TMJ noise, and limitation of mouth opening. For statistical analyses, Spearman's rank correlation coefficient and logistic regression analysis were applied. RESULTS: Folded disc, disc displacement without reduction (DDWOR), and osteophytes had significant negative correlations with other normal MRI findings (p < 0.01). DDWOR and marrow edema were associated with TMJ pain. Conversely, osteophytes [odds ratio (OR): 0.52; 95% CI (0.30-0.90)] and combination-type condylar degeneration [OR: 0.45; 95% CI (0.24-0.83)] were associated with decreased risk of TMJ pain. Condylar flattening was positively associated with TMJ noise [OR: 5.25; 95% CI (1.44-19.07)] and negatively associated with limitation of mouth opening [OR: 0.34; 95% CI (0.11-0.99)]. High-grade joint effusion was significantly associated with TMJ pain and noise. CONCLUSIONS: DDWOR and high-grade joint effusion (an indicator of inflammation in the articular cavity) were associated with TMD symptoms. This finding suggests that treatment strategy for DDWOR and decreasing inflammation might lessen clinical TMD symptoms. Condylar degeneration was not associated with indicators of inflammation or TMJ symptoms. These results suggest that patients with TMD symptoms should undergo initial MRI to allow rapid selection of appropriate therapies.

    DOI: 10.1259/dmfr.20170412

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Incidental finding of papillary thyroid carcinoma on CT examination of mandibular lesion: Case report. 査読 国際誌

    Irfan Sugianto, Yoshinobu Yanagi, Hidenobu Konouchi, Miki Hisatomi, Shunsuke Okada, Babatunde O Bamgbose, Junichi Asaumi

    Molecular and clinical oncology   8 ( 1 )   183 - 187   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    The number of significant incidental findings identified on radiographic examinations has increased. In total, 169 patients, 87 males and 82 females, with a mean age of 67.3 years (range, 17-92 years), as well as 65 patients (38.5%), 43 (66.2%) female and 22 (33.8%) male had abnormal findings in the thyroid for one year in our institution. Thyroid nodules are the most common incidental findings on oral and maxillofacial evaluations. Computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) examination are frequently used to detect thyroid abnormality. The present study reported a case of papillary thyroid carcinoma (PTC) detected following CT and MRI examination of a mandibular lesion. The CT examination of the oral and maxillofacial region included the thyroid, which must be examined carefully to detect various diseases, including PTC. Collaboration between radiologists and clinicians is important to manage these incidental findings.

    DOI: 10.3892/mco.2017.1478

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Diagnostic Value of Fluid-Attenuated Inversion Recovery Magnetic Resonance Imaging for Multilocular Ameloblastoma 査読

    Irfan Sugianto, Hironobu Konouchi, Yohei Takeshita, Shunsuke Okada, Risa Matsubara, Miki Hisatomi, Jun Murakami, Babatunde O. Bamgbose, Yoshinobu Yanagi, Junichi Asaumi

    JOURNAL OF HARD TISSUE BIOLOGY   27 ( 4 )   275 - 280   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JOURNAL HARD TISSUE BIOLOGY  

    Contrast-enhanced (CE)-MR image is useful to distinguish cystic and solid portions on multilocular lesion, however, the CE-MR examination is contraindicated in patients with kidney disease. Fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) image is one of methods which signal of fluid is suppressed. This study investigated qualitatively and quantitatively whether FLAIR images were useful for detecting and differentiating cystic and solid portions of multilocular ameloblastomas. We retrospectively reviewed 11 cases of multilocular ameloblastoma. FLAIR and short Ti inversion recovery (STIR) sequences were performed in all cases. CE-MR images in 10 cases, and T1-weighted images (T1WI) in 7 cases. FLAIR, STIR, CE-MR, and T1WI images were visually evaluated (qualitative analysis). Signal-to-noise ratio (SNR) of cystic and solid portions were measured and compared among the images of all sequences (quantitative analysis). FLAIR imaging could detect cystic portions with very low SI in all cases because cystic fluid was well suppressed on the images, and the solid portion showed intermediate SI. On some STIR images, the solid portion was masked by the markedly high SI of the cystic fluid. CE-T1WI and CE-FLAIR images showed no enhancement of the cystic portion but enhancement of the solid portion. On FLAIR image, SNR of solid was higher than cystic portion (p < 0.05). Cystic and solid portions of a lesion could be detected and distinguished on FLAIR imaging. FLAIR images are thus useful for diagnosing multilocular ameloblastoma when CE-MR cannot be performed.

    DOI: 10.2485/jhtb.27.275

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 頭頸部癌マウスモデルを用いた分子イメージングによる抗癌剤セツキシマブ感受性の評価

    岡田 俊輔

    岡山歯学会雑誌   36 ( 1 )   1 - 8   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    腫瘍の増殖能や転移能に関与する生体内分子を標的とした陽電子断層撮影法(PET)のプローブを作製し、腫瘍の機能的な病態を画像上で予測することを目的とした。実験動物には7週齢BALB/cAJcl-nu/nuヌードマウスを用いた。PETプローブの作製、PET撮像および画像解析、ガンマカウンターを用いた%ID/g tissue値の計測、上皮成長因子受容体(EGFR)発現の免疫組織学的検討を行った。その結果、頭頸部癌に用いられる抗癌剤であるセツキシマブを89Zrで標識したものをPETプローブとして用いることで、EGFRの発現を可視化し、頭頸部癌のセツキシマブ感受性の評価を画像上で非侵襲的に行うことが可能となった。放射性核種の選択によっては、診断のみならず治療に応用できる可能性が考えられた。臨床応用を考える際には、放射性核種の半減期やプローブの代謝経路を考慮し、腫瘍部位以外での被曝についても検討していく必要があると考えられた。

    researchmap

  • Diagnostic value of MR imaging for dentigerous cysts 査読

    Hironobu Konouchi, Jun-ichi Asaumi, Yoshinobu Yanagi, Miki Hisatomi, Emiko Saito Arita, Plauto Christopher Aranha Watanabe, Jun Murakami, Teruhisa Unetsubo, Mariko Fujita, Shunsuke Okada, Hidenobu Matsuzaki, Toshihiko Takenobu, Toru Wakasa

    ORAL RADIOLOGY   30 ( 1 )   13 - 19   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    It is known that the magnetic resonance (MR) imaging features of dentigerous cysts (DCs) are the same as those of other cysts. The cavities of DCs generally show low signal intensity (SI) on T1-weighted imaging (T1WI). However, in our experience, DCs often show high SI on T1WI, rendering them difficult to distinguish from keratocystic odontogenic tumors (KCOTs). In this study, we evaluated seven cases of DC and 23 cases of KCOT to assess whether MR imaging can provide additional information for the differential diagnosis of DC and KCOT.Two trials were evaluated. The first trial was an analysis of the cystic cavity SI on T1WI. To compare the SI between patients, we performed T1WI with contrast (T1c). The second trial analyzed the SI uniformity (U (I )) pound on T1WI, T2-weighted imaging (T2WI), and short inversion time inversion recovery (STIR) images of the cystic cavity, because it has been reported that an MR imaging feature of KCOT is heterogeneous SI. Statistical analyses were performed using the Mann-Whitney U test and a receiver operating characteristic (ROC) curve.The T1c values of DCs were significantly higher than those for KCOTs. The U (I ) pound values on T1WI and STIR images were significantly higher for DCs than for KCOTs. The T1c cutoff values (0.66 and 0.84) and U (I ) pound cutoff values for T1WI (82.1 %) and STIR images (79.8 %) were determined from the ROC analyses.T1c and U (I ) pound values provide useful additional information for the differential diagnosis of DC and KCOT.

    DOI: 10.1007/s11282-013-0128-2

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 相同モデル化理論を応用した個人識別法 口蓋形態を利用して

    岡田 俊輔, 宮石 智, 柳 文修

    日本法医学雑誌   73 ( 2 )   176 - 176   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本法医学会  

    researchmap

  • 顎骨に発症したランゲルハンス細胞組織球症における画像的特徴の検討

    久富 美紀, 柳 文修, 村上 純, 藤田 麻里子, 岡田 俊輔, 竹下 洋平, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗, 浅海 淳一

    日本口腔診断学会雑誌   32 ( 1 )   107 - 108   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 鼻咽腔に発生した若年性血管線維腫3例の比較検討

    清水雄大, 村上純, 河津俊幸, 久富美紀, 藤田麻里子, 竹下洋平, 岡田俊輔, 難波友里, 柳文修, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    歯科放射線   59   2019年

     詳細を見る

  • 口腔および顎顔面領域のCT画像で偶然発見された甲状腺の所見(Incidental Thyroid Findings in CT Images of the Oral and Maxillofacial Region)

    Khasawneh Abdullah, 竹下 洋平, 久富 美紀, 岡田 俊輔, Sugianto Irfan, 柳 文修, 村上 純, 藤田 麻里子, 浅海 淳一

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   102 - 102   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 多房性エナメル上皮腫に関するfluid-attenuated inversion recovery MRIの診断的意義(Diagnostic Value of Fluid-Attenuated Inversion Recovery Magnetic Resonance Imaging for Multilocular Ameloblastoma)

    Sugianto Irfan, 柳 文修, 久富 美紀, 村上 純, 岡田 俊輔, 竹下 洋平, Khasawneh Abdullah, 浅海 淳一

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   102 - 102   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 3次元CT(3D‐CT)の下顎角を用いた日本人の年齢推定の検討―第一報―

    岡田俊輔, 久富美紀, 柳文修, 柳文修, 此内浩信, 植村亜由美, 飯田征二, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    Forensic Dental Science   10 ( 1 )   12‐13 - 13   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本法歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔癌細胞株を用いたPIK3CA遺伝子変異解析とPI3K阻害剤NVP-BEZ235感受性に関する検討

    村上 純, 十川 千春, 難波 友里, 藤原 敏史, 藤田 麻里子, 久富 美紀, 苔口 進, 竹下 洋平, 岡田 俊輔, 浅海 淳一

    歯科放射線   58 ( 増刊 )   63 - 63   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    researchmap

  • 顎顔面領域に発生した血管奇形におけるDynamic MRIでの画像評価

    藤田 麻里子, 柳 文修, 久富 美紀, 村上 純, 岡田 俊輔, 竹下 洋平, 浅海 淳一

    歯科放射線   58 ( 増刊 )   53 - 53   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    researchmap

  • 相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発―第一報―

    植村亜由美, 柳文修, 森谷徳文, 岡田俊輔, 久富美紀, 浅海淳一, 浅海淳一, 飯田征二, 飯田征二, 谷尻豊寿

    Forensic Dental Science   9 ( 1 )   36 - 36   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本法歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MRIで不均一な信号強度を示した脂肪腫の1例

    久富 美紀, 柳 文修, 岡田 俊輔, 村上 純, 此内 浩信, 松原 理紗, 難波 友里, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗, 浅海 淳一

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   125 - 125   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 下顎骨下縁に発生した骨芽細胞腫の1例

    岡田 俊輔, 柳 文修, 久富 美紀, 藤田 麻里子, 竹下 洋平, 佐藤 晃子, 藤原 敏史, 栗尾 奈愛, 志茂 剛, 佐々木 朗, 浅海 淳一

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   125 - 125   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 舌縁部に生じた無色素性悪性黒色腫の1例

    岡田 亜由美, 池田 篤司, 山近 英樹, 中野 敬介, 久富 美紀, 岡田 俊輔, 森谷 徳文, 石田 展久, 仲田 直樹, 松原 正和, 飯田 征二

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   121 - 121   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 顎関節症患者におけるMR画像所見と自覚症状との関連性について

    松原 理紗, 柳 文修, 岡田 俊輔, 久富 美紀, 此内 浩信, 村上 純, 藤田 麻里子, 竹下 洋平, 難波 友里, 藤原 敏史, 浅海 純一

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   128 - 128   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 顎骨に発症したランゲルハンス細胞組織球症における画像的特徴の検討

    久富美紀, 柳文修, 村上純, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 竹下洋平, 伊原木聰一郎, 佐々木朗, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   31st   92   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌縁部に生じた無色素性悪性黒色腫の1例

    岡田亜由美, 池田篤司, 山近英樹, 中野敬介, 久富美紀, 岡田俊輔, 森谷徳文, 石田展久, 仲田直樹, 松原正和, 飯田征二

    日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   30th ( 2 )   177 - 165   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MRIで不均一な信号強度を示した脂肪腫の1例

    久富美紀, 柳文修, 岡田俊輔, 村上純, 此内浩信, 松原理紗, 難波友里, 伊原木聰一郎, 佐々木朗, 浅海淳一

    日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   30th ( 2 )   183 - 169   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨下縁に発生した骨芽細胞腫の1例

    岡田 俊輔, 柳 文修, 久富 美紀, 藤田 麻里子, 竹下 洋平, 佐藤 晃子, 藤原 敏史, 栗尾 奈愛, 志茂 剛, 佐々木 朗, 浅海 淳一

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   169 - 169   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内因性疾患発症後の交通事故事例の検討

    高野 裕太, 三浦 雅布, 岡田 俊輔, 井上 惣太, 山本 雄二, 宮石 智

    日本法医学雑誌   71 ( 2 )   153 - 154   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本法医学会  

    researchmap

  • 顎関節症患者におけるMR画像所見と自覚症状との関連性について

    松原理紗, 柳文修, 柳文修, 柳文修, 岡田俊輔, 久富美紀, 此内浩信, 村上純, 藤田麻里子, 竹下洋平, 難波友里, 藤原敏史, 浅海純一, 浅海純一, 浅海純一, 浅海純一

    日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   30th ( 2 )   186 - 172   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔領域に生じた神経鞘腫の二例

    村上純, 此内浩信, 柳文修, 久富美紀, 苔口進, 佐藤晃子, 若狭亨, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 浅海淳一

    歯科放射線   57 ( 増刊 )   69 - 69   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 法医剖検情報から得られた徘徊行動による死亡事例の特徴と徘徊の定義に関する考察

    三浦雅布, 尾地晃典, 西田康平, 山本敦史, 井澗美希, 谷口香, 山本雄二, 岡田俊輔, 宮石智

    日本法医学雑誌   70 ( 2 )   182 - 182   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本法医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 相同モデル化理論を用いた歯列石膏模型のデータ化による個人識別法

    岡田俊輔, 植村亜由美, 柳文修, 久富美紀, 森谷徳文, 飯田征二, 飯田征二, 谷尻豊寿, 浅海淳一, 浅海淳一

    日本法医学雑誌   70 ( 2 )   178 - 178   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本法医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左上葉肺癌の顎骨転移においてX線所見不顕期を経験した1例

    久富美紀, 此内浩信, 柳文修, 柳文修, 柳文修, 村上純, 佐藤晃子, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    歯科放射線   56 ( 増刊 )   74 - 74   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • X線所見不顕期を有する顎骨転移を認めた左上葉肺癌の1例

    久富美紀, 此内浩信, 柳文修, 柳文修, 村上純, 岡田俊輔, 岸本晃治, 佐々木朗, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    日本口腔診断学会雑誌   29 ( 1 )   50‐51 - 51   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頭頸部癌マウスモデルでのセツキシマブプローブを用いた分子イメージング解析

    岡田俊輔, 竹中文章, 此内浩信, 柳文修, 柳文修, 久富美紀, 村上純, 松崎秀信, 藤田麻里子, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    岡山歯学会雑誌   34 ( 2 )   73 - 73   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔癌マウスモデルでの抗EGFR療法における分子イメージング解析

    村上純, 此内浩信, 柳文修, 久富美紀, 畦坪輝寿, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 苔口進, 竹中文章, 浅海淳一

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   189‐190(J‐STAGE) - 190   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎関節部MRI検査で指摘可能であった偶発的頭蓋内病変についての臨床的検討

    藤田麻里子, 柳文修, 柳文修, 柳文修, PANELLI SANTOS, Karina Cecilia, 久富美紀, 村上純, 此内浩信, 畦坪輝寿, 岡田俊輔, 岡田俊輔, SUGIANTO Irfan, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一, 浅海淳一

    歯科放射線   55 ( 増刊 )   62 - 62   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔癌マウスモデルでのセツキシマブを用いた分子イメージング解析

    村上純, 此内浩信, 柳文修, 久富美紀, 苔口進, 竹中文章, 畦坪輝寿, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 浅海淳一

    歯科放射線   55 ( 増刊 )   70 - 70   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 静止性骨空洞のX線学的検討

    久富美紀, 此内浩信, 柳文修, 村上純, 畦坪輝寿, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 浅海淳一

    日本口腔診断学会雑誌   28 ( 1 )   104 - 104   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新規抗癌剤KNK437による抗腫瘍増大効果・転移阻害効果に関するin vivoにおける検討

    畦坪輝寿, 村上純, 此内浩信, 柳文修, 久富美紀, 藤田麻里子, 岡田俊輔, 浅海淳一

    日本口腔診断学会雑誌   28 ( 1 )   95 - 95   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MRIデータから生成した擬似セファログラムの有用性に関する研究

    柳文修, 田井尚子, 田井規能, 飯田征二, 水谷雅英, 森谷徳文, 原麻里奈, 岡田俊輔, 村上純, 久富美紀, 此内浩信, 浅海淳一

    Jpn J Diagn Imaging   33 ( 1 )   102 - 102   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本画像医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎骨病変精査中に発見された甲状腺乳頭癌の一例

    岡田俊輔, 此内浩信, 久富美紀, 畦坪輝寿, 村上純, 藤田麻里子, 南原香奈, 浅海淳一

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   47 - 48   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 静止性骨空洞のX線学的検討

    久富 美紀, 此内 浩信, 柳 文修, 村上 純, 畦坪 輝寿, 藤田 麻里子, 岡田 俊輔, 浅海 淳一

    日本口腔内科学会雑誌   20 ( 2 )   113 - 113   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 新規抗癌剤KNK437による抗腫瘍増大効果・転移阻害効果に関するin vivoにおける検討

    畦坪 輝寿, 村上 純, 此内 浩信, 柳 文修, 久富 美紀, 藤田 麻里子, 岡田 俊輔, 浅海 淳一

    日本口腔内科学会雑誌   20 ( 2 )   104 - 104   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • エナメル上皮腫と角化嚢胞性歯原性腫瘍の鑑別におけるMRIの有用性について 嚢胞様成分内のSD値の比較は鑑別に有用であるか

    藤田 麻里子, 柳 文修, 此内 浩信, 久富 美紀, 村上 純, 畦坪 輝寿, 岡田 俊輔, 若狭 亨, 浅海 淳一

    日本口腔診断学会雑誌   27 ( 1 )   105 - 105   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 顎骨病変精査中に発見された甲状腺乳頭癌の一例

    岡田 俊輔, 柳 文修, 此内 浩信, 久富 美紀, 村上 純, 畦坪 輝寿, 藤田 麻里子, 片嶋 和典, 浅海 淳一

    日本口腔診断学会雑誌   27 ( 1 )   99 - 100   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 顎骨病変精査中に発見された甲状腺乳頭癌の一例

    岡田俊輔, 柳文修, 此内浩信, 久富美紀, 村上純, 畦坪輝寿, 藤田麻里子, 片嶋和典, 浅海淳一

    日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   26th ( 2 )   90 - 99   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • エナメル上皮腫と角化嚢胞性歯原性腫瘍の鑑別におけるMRIの有用性について―嚢胞様成分内のSD値の比較は鑑別に有用であるか―

    藤田麻里子, 柳文修, 此内浩信, 久富美紀, 村上純, 畦坪輝寿, 岡田俊輔, 若狭亨, 浅海淳一

    日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集   26th ( 2 )   105 - 104   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Audience Response System(クリッカー)の活用による「歯科放射線学」における参加型講義の評価

    此内浩信, 柳文修, 久富美紀, 畦坪輝寿, 村上純, 藤田麻里子, 竹信俊彦, 若狭亨, 岡田俊輔, 浅海淳一

    岡山歯学会雑誌   32 ( 1 )   1 - 8   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    Audience Response Systemは、講演や講義において講演者の質問やアンケートにリモコンを通して聴衆者がリアルタイムに答えることができる双方向式システム(クリッカー)である。歯科放射線学分野の講義において、歯学部4年次学生52名を対象に、学習意欲と理解力を高めると共に集中力を持続させることおよび理解度の把握を目的として、クリッカーを用いた参加型講義を実施した。講義後にアンケートを行った結果、98%が「総合的にクリッカーは講義に有効であった」と回答した。クリッカーを使用した参加型講義について、「講義への出席意欲・興味が高まった」98%、「講義内容の理解に役立った」100%、「授業に集中できた」94%と、極めて高い肯定的回答率が得られた。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 「歯科放射線学講義」におけるオーディエンスシステム(クリッカー)の活用

    此内浩信, 柳 文修, 久富美紀, 畦坪輝寿, 村上 純, 藤田麻里子, 竹信俊彦, 若狭 亨, 岡田俊輔, 浅海淳一

    岡山歯学会雑誌   32 ( 1 )   1 - 8   2013年

     詳細を見る

  • 「歯科放射線学分野」の講義試験におけるe‐learning(WebClassシステム)の活用

    此内浩信, 畦坪輝寿, 久富美紀, 柳文修, 松崎秀信, 竹信俊彦, 若狭亨, 村上純, 岡田俊輔, 浅海淳一

    岡山歯学会雑誌   31 ( 2 )   73 - 79   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    「歯科放射線学分野」の講義試験としてe-learning(WebClassシステム)によるPCを用いた試験を試み、受験生56名に試験後アンケート調査を行ってその有用性について検討した。肯定的回答(大変そう思う・そう思う)の割合は、PC使用試験については「共用試験CBTの予行として役立つ」100%、「試験解説がすぐに受けられる」93%、「試験結果がすぐに公表される」78%で、低かったのは「試験に集中しやすい」46%、「システムの使用が難しい」49%であった。試験会場については「席による不公平がない」91%、「講義室からの移動が面倒」71%であった。視覚素材については、「あると問題が理解しやすい」96%、「問題が難しくなる」52%であった。試験内容(選択問題)については、「国家試験、CBTの予行になる」「採点結果が明確」100%、「理解度をアピールしにくい」72%、「楽だ」35%、「語彙力、理解力低下につながる」47%であった。共用試験CBT後のアンケートではPC使用試験が「予行として役立った」98%であった。

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 診断に苦慮した下顎骨骨肉腫の一例

    藤倉満美子, 久富美紀, 岡田俊輔, 竹下洋平, 河津俊幸, 牧野琢丸, 河合穂高, 柳井広之, 柳文修, 浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会 第2回秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月29日 - 2021年10月31日

    researchmap

  • 口腔腫瘤性病変への超音波検査の有用性の検討

    竹下 洋平, 河津 俊幸, 久富 美紀, 岡田 俊輔, 藤倉 満美子, 吉田 沙織, 難波 友里, 清水 雄大, 柳 文修, 浅海 淳一

    第24回日本歯科医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月23日 - 2021年9月25日

    researchmap

  • 上顎正中過剰埋伏歯の抜歯適正時期の検討

    岡田 俊輔, Barham Majd, 久富 美紀, Khasawneh Abdullah, Tekiki Nouha, 竹下 洋平, 河津 俊幸, 藤田 麻里子, 柳 文修, 浅海 淳一

    第24回日本歯科医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月23日 - 2021年9月25日

    researchmap

  • 美容整形手術2年後に生じた注入剤を原因とする右側頬部膿瘍の1例

    久富美紀, 河津俊幸, 岡田俊輔, 竹下洋平, 藤田麻里子, 藤倉満美子, 吉田沙織, 柳文修, 浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月21日 - 2021年5月23日

    researchmap

  • Ultrasonography diagnosis of mass-like lesions of the oral region.

    Takeshita Y, Kawazu T, Hisatomi M, Okada S, Fujikura M, Yosida S, Namba Y, Shimizu Y, Yanagi Y, Asaumi J

    The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月28日 - 2021年5月1日

    researchmap

  • Dynamic contrast-enhanced MRI assessment of the therapeutic effect of immune checkpoint inhibitors in oral squamous cell carcinoma.

    Nouha Tekiki, Mariko Fujita, Tatsuo Okui, Hotaka Kawai, Toshiyuki Kawazu, Miki Hisatomi, Shunsuke Okada, Yohei Takeshita, Yoshinobu Yanagi, Jun-ichi Asaumi

    The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月28日 - 2021年5月1日

    researchmap

  • When to extract mesiodens? identification of the optimal time and condition for safe removal of mesiodens.

    Barham M, Okada S, Hisatomi M, Khasawneh A, Tekiki N, Takeshita Y, Kawazu T, Yanagi Y, Asaumi J

    The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月28日 - 2021年5月1日

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌におけるシスプラチン-CXCR4阻害剤併用療法の有効性

    吉田 沙織, 河合 穂高, 長塚 仁, 竹下 洋平, 岡田 俊輔, 藤倉 満美子, 久富 美紀, 河津, 俊幸, 浅海 淳一, 柳 文修

    第110回日本病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 歯原性腫瘍・嚢胞のMRI診断

    河津俊幸,久富美紀,岡田俊輔,竹下洋平,藤倉満美子,吉田沙織,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第40回関西・九州合同地方会(第59回九州・第63回関西地方会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔腫瘤性病変に対する超音波検査の有用性

    竹下洋平,河津俊幸,久富美紀,岡田俊輔,藤倉満美子,吉田沙織,難波友里,清水 雄大,柳文修,浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会 第1回秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月31日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上顎正中過剰埋伏歯の抜歯適正時期および条件の検討

    Majd Barham,岡田俊輔,久富美紀,Abdullah Khasawneh,Nouha Tekiki,竹下洋平,河津俊幸,藤田麻里子,柳文修,浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会 第1回秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月31日 - 2020年11月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT値を用いた歯原性嚢胞の鑑別の有用性と適応例の検討

    久富美紀,上原京憲,河津俊幸,岡田俊輔,竹下洋平,藤倉満美子,吉田沙織,藤田 麻里子,柳文修,浅海淳一

    岡山歯学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月18日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 転移学習を応用したディープ・ラーニングによる齲蝕画像診断の実験的研究

    河津俊幸,竹下洋平,岡田俊輔,久富美紀,浅海淳一

    岡山歯学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月18日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯原性嚢胞のCT値による鑑別の有用性についての検討

    上原京憲、久富美紀、河津俊幸、藤田麻里子、竹下洋平、岡田俊輔、柳 文修、竹信 俊彦、浅海淳一

    日本歯科放射線学会第39回関西・九州合同地方会(第62回関西・第58回九州地方会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頭頚部CT撮影における甲状腺偶発的所見の検討

    竹下洋平,Abdullah Khasawneh,久富美紀,河津俊幸,藤田麻里子,岡田俊輔,難波友 里,清水雄大,柳文修,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第24回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月22日 - 2019年11月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Two cases of calcium pyrophosphate dihydrate crystal deposition disease occurred in the temporomandibular joint.

    ・Fujita M, Yanagi Y, Tekiki N, Hisatomi M, Kawazu T, Okada S, Takeshita Y, Asaumi J.

    The 22nd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月22日 - 2019年8月25日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 鼻咽腔に発生した若年性血管線維腫3例の比較検討

    清水雄大,村上純,河津俊幸,久富美紀,藤田麻里子,竹下洋平,岡田俊輔,難波友 里,柳文修,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第60回学術大会・第16回定例総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月14日 - 2019年6月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相同モデル化理論を応用した 口蓋形態による個人識別

    岡田俊輔、柳文修、岡田亜由美、久富美紀、谷尻豊寿、飯田征二、宮石智、浅海淳一

    第38回日本画像医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月8日 - 2019年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上顎における悪性リンパ腫と扁平上皮癌の画像所見の検討

    竹下洋平,久富美紀,村上 純,藤田麻里子,岡田俊輔,難波友里,藤原敏史,清水雄大,柳 文修,浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会 第38回関西・九州合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 透明根管模型を使用した根管充填の評価に関する検討

    松崎久美子, 大原直子, 澁谷和彦, 横山章人, 岡田俊輔, 村上純, 久富美紀, 浅海淳 一, 吉山昌宏

    第39回岡山歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顎関節に生じたピロリン酸カルシウム結晶沈着症の2例

    藤田麻里子,柳文修,久富美紀,岡田俊輔,竹下洋平,村上純,浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会第23回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月12日 - 2018年10月14日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相同モデル化理論を応用した個人識別法?口蓋形態を利用して?

    岡田俊輔、宮石智、柳文修

    第35回日本法医学会学術中四国地方集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顎骨に発症したランゲルハンス細胞組織球症における画像的特徴の検討

    久富美紀、柳 文修、村上 純、藤田麻里子、岡田俊輔、竹下洋平、伊原木聰一郎、 佐々木朗、浅海淳一

    第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会 合同学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月14日 - 2018年9月15日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A method for personal identification by palate morphology using homologous modeling

    Shunsuke Okada, Ayumi Okada, Miki Hisatomi, Yohei Takeshita, Risa Matsubara, Toyohisa Tanijiri, Seiji Iida, Satoru Miyaishi, Jun-ichi Asasumi, Yoshinobu Yanagi

    12th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology (ACOMFR) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月6日 - 2018年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 顎顔面領域に発生した血管奇形における Dynamic MRIでの画像評価

    藤田麻里子、柳 文修、久富美紀、岡田俊輔、竹下洋平、村上 純、浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月25日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 口腔癌細胞株を用いたPIK3CA遺伝子変異解析とPI3K阻害剤 NVP-BEZ235感受性に関する検討

    村上純、十川千春、難波友里、藤原敏史、藤田麻里子、久富美紀、苔口進、竹下洋平 、岡田俊輔、浅海淳一

    NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月25日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Incidental Thyroid Findings in CT Images of the Oral Region

    Abdullah Khasawneh、竹下洋平、久富美紀、岡田俊輔、Irfan Sugianto、柳文修、村 上純、藤田 麻里子、浅海淳一

    第72回NPO法人日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月11日 - 2018年5月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Diagnostic Value of FluidAttenuated Inversion Recovery Magnetic Resonance Imaging for Multilocular Ameloblastoma

    Irfan Sugianto、柳文修、久富美紀、村上純、岡田俊輔、竹下洋平、Abdullah Khasawneh、 浅海淳一

    第72回NPO法人日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月11日 - 2018年5月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歯科CT撮影を契機に発見される甲状腺偶発的所見の検討

    竹下洋平,Abdullah Khasawneh,久富美紀,岡田俊輔,Irfan Sugianto,柳文修,村上純,藤田麻里子,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第37回関西・九州合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A new method for human identification using homologous modeling of dental casts.

    Uemura A, Yanagi Y, Okada S, Moritani N, Asaumi J, Iida S

    Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月10日 - 2017年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 顎顔面領域に発生した血管奇形におけるMRIでの画像的特徴

    藤田麻里子,柳文修,久富美紀,村上純,岡田俊輔,竹下洋平,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第22回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月10日 - 2017年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下顎骨下縁に発生した骨芽細胞腫の1例

    岡田俊輔、柳 文修、久富美紀、藤田麻里子、竹下洋平、佐藤晃子、藤原敏史、栗尾奈愛、志茂剛、佐々木朗、浅海淳一

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月8日 - 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • MRIで不均一な信号強度を示した脂肪腫の1例

    久富美紀、柳 文修、岡田俊輔、村上 純、此内浩信、松原理紗、難波友里、伊原木聰一郎、佐々木 朗、浅海淳一

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月8日 - 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 顎関節症患者におけるMR画像所見と自覚症状との関連性について

    松原理紗、柳文修、岡田俊輔、久富美紀、此内浩信、村上純、藤田麻里子、竹下洋平、難波友里、藤原敏史、浅海淳一

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月8日 - 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 舌縁部に生じた無色素性悪性黒色腫の1例

    岡田亜由美、池田篤司、山近英樹、中野敬介、久富美紀、岡田俊輔、森谷徳文、石田展久、仲田直樹、松原正和、飯田征二

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月8日 - 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 口腔領域に生じた神経鞘腫の二例

    村上 純、此内浩信、柳 文修、久富美紀、苔口進、佐藤晃子、若狭亨、藤田麻里子、岡田俊輔、浅海淳一

    日本歯科放射線学会第58回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月2日 - 2017年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A case of vascular malformation with an extensive spread in maxilla.

    Mariko Fujita, Yoshinobu Yanagi, Miki Hisatomi, Hironobu Konouchi, Jun Murakami, Shunsuke Okada, Irfan Sugianto, Jun-ichi Asaumi

    The 21th International Congress of Dental and Maxillofacial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月26日 - 2017年4月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Assessment of magnetic resonance imaging findings and clinical symptoms in patients with temporomandibular joint disorders.

    Risa Matsubara, Karina Santos, Yoshinobu Yanagi, Shunsuke Okada, Miki Hisatomi, Mariko Fujita, Junichi Asaumi.

    The 21th International Congress of Dental and Maxillofacial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月26日 - 2017年4月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evaluation of sensitivity to Cetuximab in HNC xenograft mouse models using molecular imaging.

    Okada S, Murakami J, Konouchi H, Yanagi Y, Hisatomi M, Asaumi J.

    Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月10日 - 2016年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 3次元CT(3D-CT)の下顎角を用 いた日本人の年齢推定の検討?第一報?

    岡田俊輔,久富美紀,柳文修,此内浩信,植村亜由美,飯田征二,浅海淳一

    日本法歯科医学会第10回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯科診療情報の2次利用について

    柳文修,岡田俊輔,久富美紀,浅海淳一,植村亜由美,森谷徳文,飯田征二,谷尻豊寿

    第1回西日本顎顔面形態計測勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上顎骨内に広範囲に進展し、診断に苦慮した血管奇形の1例

    藤田麻里子,柳文修,久富美紀,此内浩信,村上純,岡田俊輔,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第21回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 翼口蓋窩に生じた神経鞘腫の一例

    村上純,此内浩信,柳文修,久富美紀,苔口進,佐藤晃子,若狭亨,藤田麻里子,岡田俊輔,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第21回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 左上葉肺癌の顎骨転移に おいてX線不顕期を経験した1例

    久富美紀,此内浩信,柳文修,村上純,佐藤晃子,藤田麻里子,岡田俊輔,浅海淳一

    日本放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 顎骨中心性に発生し、多発骨転移を認めた腺様嚢胞癌の1例

    原麻里奈,柳文修,松原理紗,岡田俊輔,此内浩信,久富美紀,村上純,藤田麻里子,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第20回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相同モデル化理論を 用いた歯列石膏模型のデータ化による個人識別法

    岡田俊輔,植村亜由美,柳文修,久富美紀,森谷徳文,飯田征二,谷尻豊寿,浅海淳一

    日本法医学会第32回学術中・四国地方集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相同モデル化理論を 用いた歯列石膏模型のデータ化による個人識別法

    岡田俊輔,植村亜由美,柳文修,久富美紀,森谷徳文,飯田征二,谷尻豊寿,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第35回関西・九州合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 耳下腺と上唇に発生したBasal cell adenomaの2症例

    松原理紗,原麻里奈,柳文修,此内浩信,村上純,岡田俊輔,久富美紀,藤田麻里子,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第20回臨床画像大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • X線所見不顕期を有する顎骨転移を認めた左上葉肺癌の1例

    久富美紀,此内浩信,柳文修,村上純,岡田俊輔,佐々木朗,浅海淳一

    第28回日本口腔診断学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯列石膏模型を 利用した個人識別法の開発

    柳文修,植村亜由美,久富美紀,岡田俊輔,森谷徳文,飯田征二,谷尻豊寿,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第221回関東地方会・第35回北日本地方会・第23回合同 地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発?第一報?

    植村亜由美,柳文修,森谷徳文,岡田俊輔,久富美紀,浅海淳一,飯田征二,谷尻豊寿

    日本法歯科医学会第9回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 口腔癌マウスモデルでのセツキシマブを用いた分子イメージング解析

    村上純,此内浩信,柳文修,久富美紀,苔口進,竹中文章,畦坪輝寿,藤田麻里子,岡田俊輔,浅海淳一

    日本歯科放射線学会第56回学術大会・ 第12回定例総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Diagnostic value of MR imaging for dentigerous cysts.

    Konouchi H, Hisatomi M, Yanagi Y, Murakami J, Unetsubo T, Okada S, Takenobu t, Saito E, Asaumi J

    International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月24日 - 2013年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 会長賞

    2019年3月   日本画像医学会  

     詳細を見る

  • 優秀ポスター賞

    2018年9月   アジア歯科放射線学会  

    岡田 俊輔

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • Gumbel法を用いた遠隔で運用可能な新規歯科的個人識別法の開発

    研究課題/領域番号:19K19329  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    岡田 俊輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    researchmap

  • 口蓋形態の個体差を利用した新規個人識別法の開発

    研究課題/領域番号:19K10443  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    柳 文修, 岡田 俊輔, 岡田 亜由美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • エクソソームを指標とする体液診断型口腔癌予後予測法の開発

    研究課題/領域番号:16K11722  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村上 純, 岡田 俊輔, 竹中 文章, 江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    抗EGFRモノクローナル抗体であるセツキシマブは、癌細胞のEGFRと結合することで抗癌作用を示す有用な抗癌薬であるが、セツキシマブ耐性症例が報告されている。近年、癌細胞が放出する細胞外小胞(EV)が抗癌剤耐性に関与することが明らかとなってきたが、口腔癌の放出するEGFR含有細胞外小胞(EGFR-EV)とセツキシマブの関連性についての報告はほとんどない。そこで、口腔癌細胞株HSC-3が放出するEGFR-EVがセツキシマブ排出に関与している可能性を考え、HSC-3が放出するEVとセツキシマブの関連性について研究を行った。
    HSC-3を無血清培地で培養し、EGFおよびセツキシマブを添加した条件で行った。上記の培養上清からEV抽出試薬を用いてEVを回収し、回収したEVを粒子径分布解析、電子顕微鏡解析およびウェスタンブロッティング(WB)解析により評価した。セツキシマブの抗癌作用に関しては細胞形態変化および悪性性質変化を検討した。粒子径解析では、160nmの範囲に粒子が存在し、電子顕微鏡解析では脂質二重膜に囲まれた球形の粒子が確認でき、EVの定義と一致した。HSC-3ではEGF刺激によりEGFR-EVの放出が促進された。セツキシマブを投与すると、EV放出量に変化は見られず、EV画分にセツキシマブが検出された。細胞形態変化および悪性性質変化が誘導されたHSC-3にセツキシマブを投与すると、細胞形態変化および性質変化は認めず、効果は不完全であった。同条件の上清からEVを回収し、WB解析を行ったところ、EV画分にセツキシマブが検出された。
    上記の結果から、HSC-3はEVを介してセツキシマブを排出する可能性が示唆された。本研究は、口腔癌細胞のセツキシマブ排出機序の一部を解明した初めての報告であり、今後の癌治療における臨床応用への手がかりとなる重要な知見を含んだ内容である。

    researchmap

  • 相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発

    研究課題/領域番号:15K11447  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    柳 文修, 河合 泰輔, 谷尻 豊寿, 岡田 俊輔, 岡田 亜由美

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究課題は身元確認時の照合資料として、歯科医院にて大量に作製・廃棄される歯列石膏模型を使用し、照合方法として、数値的に形状比較を可能にする相同モデル化理論を応用することで、個人識別における新たな一手法を開発し、その可能性と有用性を検討したものである。データの各加工段階において、至適条件を検討・設定し、照合作業を行った結果、本手法は良好な識別精度を有することが確認された。社会実装に向けての課題はあるものの、国内外の学会でも高い評価を受けた。

    researchmap

  • 3次元CT(3D-CT)の下顎角を用いた日本人の年齢推定の検討

    研究課題/領域番号:15K11446  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    久富 美紀, 浅海 淳一, 村上 純, 柳 文修, 岡田 俊輔

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    法医学的に個人識別は大規模災害時に重要である。われわれは歯科的な個人識別として、下顎角に着目し、医療用に撮影されたCTを3次元構築することにより得られる下顎角と年齢との相関を調査することを目的とした。
    下顎底と下顎枝後縁のなす下顎角の角度は、新生児において鈍角であるが徐々に鋭角化し、成人で110°~125°を示し、その後は加齢とともに再度鈍角化していくと予想であったが、明らかな結果は得られなかった。個人差があまりに大きいことが一因と推測された。

    researchmap

  • 口腔癌のBRAF変異スクリーニングに基づくセツキシマブ・BRAF阻害療法の開発

    研究課題/領域番号:26463069  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    此内 浩信, 村上 純, 岡田 俊輔, 竹中 文章, 畦坪 輝寿, 久富 美紀

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    セツキシマブは、頭頸部癌のEGFR標的抗癌剤である。申請者は、EGFR伝達経路のBRAF阻害によるセツキシマブの抗腫瘍増強効果を計画し、ヒト口腔癌由来細胞株9株を対象に、BRAF,KRAS,NRAS,PIK3CA遺伝子変異解析した。BRAF変異はなく、2株にてPIK3CA変異を認めた。PIK3CA変異を有し、PET にてEGFR著高発現株担癌マウスはセツキシマブ奏効しなかった。これはPIK3CA 遺伝子E542K変異に由来すると考えられた。今回、口腔癌におけるセツキシマブ奏効を妨げるEGFR伝達経路としてPI3K/Akt経路を対象とすればセツキシマブ感受性増強を期待できることを示唆した。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 歯科法医学 (2021年度) 第4学期  - 月2,火1

  • 歯科法医学 (2021年度) 第4学期  - 月2,火1

  • 病態エックス線像実習 (2021年度) 第1学期  - 火5,火6,火7

  • 歯科法医学 (2020年度) 第4学期  - 月2,火1

  • 歯科法医学 (2020年度) 第4学期  - 月2,火1

  • 病態エックス線像実習 (2020年度) 第1学期  - 火5,火6,火7

▼全件表示