2021/07/12 更新

写真a

タカハシ アキコ
髙橋 明子
TAKAHASHI Akiko
所属
自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 学士(情報工学) ( 九州工業大学 )

  • 修士(情報工学) ( 九州工業大学 )

  • 博士(工学) ( 熊本大学 )

研究キーワード

  • エネルギーマネジメント

  • 電力システム

  • Photovoltaic generation

  • 電力系統

  • 太陽光発電

  • Power system

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電力工学

経歴

  • - 岡山大学自然科学研究科 准教授

    2020年10月 - 現在

      詳細を見る

  • Virginia Tech (USA) 客員研究員

    2020年2月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • - 岡山大学自然科学研究科 助教

    2012年 - 2020年9月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 電気学会   気象情報の利活用に基づく新しい電力系統運用調査専門委員会  

    2019年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 真庭バイオマス発電(株)を中心とした木質バイオマス・太陽光の地産発電設備を活用した真庭市マイクログリッドの構築に向けたマスタープラン等作成事業に関する検討委員会  

    2019年7月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 電気学会 中国支部   協議員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電気学会 中国支部   活動推進委員  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Experimental Verification of Reconfiguration Method for Series-parallel Connection of PV Modules under Partial Shading 査読

    K. Iida, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of International Conference on Smart Grids and Energy Systems (SGES 2020)   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 回転型柔軟アームの先端加速度による時間遅延を補償した振動抑制 査読

    西岡由恭, 大内凌華, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    計測自動制御学会論文集   56 ( 2 )   70 - 72   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Vibration Control of a Flexible Slewing Arm with a Tip Accelerometer 査読

    J. Imai, Y. Nishioka, O. Idei, A. Takahashi, S. Funabiki

    911 - 915   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 2-DOF IMC with the Tip Acceleration Feedback for a Flexible Arm 査読

    O. Idei, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of the 19th ICCAS 2019   607 - 608   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of Simple Adaptive Control for Parameter Variation of Magnetic Levitation System 査読

    K. Kimura, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of the 19th ICCAS 2019   605 - 606   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Transparency Evaluation of Passivity Based Bilateral Control Systems without Force Sensor 査読

    K. Uehara, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    1195 - 1196   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Modeling for Non-collocated Control of a Flexible Slewing Arm 査読

    J. Imai, Y. Nishioka, O. Idei, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceeding of the SICE Annual Conference 2019 (SICE 2019)   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Voltage Control Using EVs and Residential Batteries in a Low-voltage Distribution System with High-penetration of EVs and PV Systems 査読

    Tsuyoshi Iida, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    Proceedings of the ICEE Conference 2019   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Voltage Control of High-voltage Distribution System Using Distributed Electric Vehicles 査読

    Akiko Takahashi, Motohiro Shirakawa, Shigeyuki Funabiki

    Proceedings of the 3rd IEEE International Conference on DC Microgrids (ICDCM)   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Smoothing Effect and Energy Capacity in Photovoltaic Power Smoothing Control Using Spline Function 査読

    Akiko Takahashi, Tatsuya Kajitani, Shigeyuki Funabiki

    Proceedings of the 3rd IEEE ICDCM   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Power Smoothing Control Using Spline Function in Photovoltaic Generation System 査読

    Akiko Takahashi, Tatsuya Kajitani, Shigeyuki Funabiki

    Proceedings of IEEE DEAS Workshop 2019   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Power smoothing control method for a photovoltaic generation system using a water electrolyzer and its filtering characteristics 査読

    Akiko Takahashi, Akihisa Goto, Yuuki Machida, Shigeyuki Funabiki

    Electrical Engineering in Japan   206 ( 2 )   25 - 32   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/eej.23191

    researchmap

  • Reactive Power Control of Power Conditioning Systems to Avoid Voltage Deviation in High-voltage Distribution Systems Caused by Both of Photovoltaic Generation and Electric Vehicle Charging 査読

    Takayuki Shimazu, Akiko Takahashi, Keigo Shimofuji, Shigeyuki Funabiki, Takeshi Nagata

    Electrical Engineering in Japan   205 ( 3 )   3 - 10   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/eej.23146

    researchmap

  • A voltage control method using EVs in the power distribution system including a mass of PVs 査読

    Akiko Takahashi, Naoki Matsumoto, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    Proceedings of the International Conference on Power Electronics and Drive Systems   2017-   507 - 510   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    This paper proposes a method to control the distribution line voltage utilizing EVs which are connected to the power distribution system. The proposed method adjusts the amount of charge or discharge power of EVs cooperative with PCSs. As a result, the distribution line voltage was maintained within the specified voltage range and the PV opportunity loss was reduced 30.3 points compared with the P control of PCSs. This paper clarifies that EVs are useful as the equipment for maintaining the voltage in the power distribution system.

    DOI: 10.1109/PEDS.2017.8289153

    Scopus

    researchmap

  • Measuring Method for Solar Irradiance at Multi-points with Different Color Based on Image Analysis 査読

    K. Kawakami, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    Proceedings of IEEE ECCE 2018   2543 - 2548   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Energy Management of Hydrogen-Storage Photovoltaic Generation System with a Function of Suppressing Short-Period Components 査読

    Y. Machida, A. Goto, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of IPEC-ECCE Asia-   2449 - 2455   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • I-PD Control with Second-order Differential and Reference Signal Shaping for a Flexible Beam

    Y. Nishioka, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of the 18th ICCAS 2018   1068 - 1069   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 太陽光発電システムのための水電解装置を用いた電力平滑化制御法とそのフィルタリング特性 査読

    髙橋明子, 後藤哲栄, 町田祐規, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌)   138 ( 10 )   822 - 828   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.138.822

    researchmap

  • 既約分解にもとづく構造的平衡実現によるコントローラ低次元化 査読

    能宗克行, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   138 ( 3 )   263 - 268   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.138.263

    Scopus

    researchmap

  • 太陽光発電と電気自動車充電に起因する高圧配電系統の電圧逸脱を回避するPCSの無効電力制御 査読

    島津昂之, 髙橋明子, 下藤圭悟, 舩曳繁之, 永田 武

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌)   138 ( 6 )   416 - 422   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.138.416

    Scopus

    researchmap

  • Experimental verification of suppressing power fluctuation in photovoltaic generation system using water electrolyzer 査読

    Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    INTELEC, International Telecommunications Energy Conference (Proceedings)   2017-   562 - 565   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    This paper develops an emulator simulating the power smoothing control for the photovoltaic generation system with an energy storage system using a water electrolyzer and realizes experimental verification. In this system, the fluctuating components of the photovoltaic generation power are converted to hydrogen and stored. The availability of this system is evaluated by means of the suppression effect of the power fluctuating components in the load frequency control region and the amount of produced hydrogen for a day. In the emulator with the rated power of 200 W for the photovoltaic generation system, the amount of produced hydrogen was 2.11 mol. This result corresponds to 8.22×103 mol for the photovoltaic system whose rated power is 800 kW. Furthermore, the fluctuating components in the load frequency control region were reduced by 47.3%.

    DOI: 10.1109/INTLEC.2017.8214196

    Scopus

    researchmap

  • Decomposition of Fluctuating Photovoltaic Generation Power in Frequency Bands and Analysis of Chaotic Properties 査読

    Akiko Takahashi, Akihiro Yamagata, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN   201 ( 4 )   26 - 33   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    This paper discusses chaotic properties of fluctuating photovoltaic generation (PV) power and reveals that PV power can be decomposed into a chaotic component having shorter periods and a long-term fluctuation component. The first step is to decompose the PV power into three components containing a long-term fluctuation component, a load frequency control (LFC) component, and an irregular fluctuation component from normalized PV power data by using periodic regression analysis. The second step is to analyze the long-term fluctuation component and the LFC component using autocorrelation function. The third step is to clarify the chaotic properties of the LFC component using Lyapunov spectrum analysis. Finally, the simulation of predicting the LFC component and the normalized PV power data is carried out. This simulation clarifies that the LFC component has chaotic properties. (C) 2017 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/eej.23010

    Web of Science

    researchmap

  • On Mixed Galerkin Modeling for Controller Design of Boundary Control Systems

    Jun Imai, Katsuyuki Noso, Akiko Takahashi, Shigeyuki Funabiki

    IFAC-PapersOnLine   50 ( 1 )   7133 - 7138   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    A mixed Galerkin formulation for reduced-order modeling is presented for controller design of distributed parameter systems with boundary inputs. A null space approach is established to yield appropriate trial and test functions by using candidate trial functions which are free from boundary conditions. The approach is applicable, with considerably mild conditions on the candidate trial functions, on the interior domain as well as its boundaries. It is shown that this modeling technique yields a finite dimensional descriptor system of index 1, that is equivalent to a state-space representation suitable for controller design model. Effectiveness of the proposed method is demonstrated by an example of a heat conduction rod using polynomial functions which are not preprocessed to meet the boundary conditions.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2017.08.549

    Scopus

    researchmap

  • A Simple Method for Measuring Solar Radiation Intensity by Image Analyses 査読

    A. Takahashi, A. Moriki, N. Yamada, J. Imai, S. Funabiki

    Proceedings of 2017 IEEE 44th PVSC   817   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • カメラ画像解析による多地点日射量計測システムの開発 査読

    山田信行, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    太陽エネルギー   43 ( 4 )   63 - 68   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Vibration control of a flexible beam by state feedback using tip accelerometer 査読

    R. Ouchi, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of the 17th ICCAS   1843 - 1844   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On a Discrete-Time Sliding-Mode Controller for Magnetic Levitation Systems 査読

    Y. Uemura, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of the 17th ICCAS   1183 - 1184   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Hydrogen-Storage Distributed Generation System Using Unitized Reversible Cells and Its Operational Scheme 査読

    Yuya Yamaguchi, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN   194 ( 3 )   11 - 19   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Environmental issues such as global warming and depletion of natural energy resources are posing problems. Photovoltaic systems have been attracting attention as a form of renewable energy. The output power of a photovoltaic system changes sharply because solar radiation intensity and temperature vary with the weather. In conventional photovoltaic systems, the surplus power, excluding the power consumed in the load, flows back to the grid. Therefore, fluctuations in the output power of a photovoltaic system may have an adverse effect on the grid. This paper proposes a novel hydrogen-storage distributed generation system using a unitized reversible cell that integrates a fuel cell and water electrolyzer to smooth reverse power flow. The hydrogen-storage distributed generation system was modeled and a computer simulation was performed. Using two evaluation methods, the proposed system is shown to be effective at leveling power flow back to the grid. (C) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/eej.22782

    Web of Science

    researchmap

  • 差分ベクトルを用いた太陽光発電システムの電力平滑化制御 査読

    髙橋明子, 槇野友久, 今井純, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   136 ( 3 )   268 - 274   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.136.268

    Scopus

    researchmap

  • 太陽光発電電力変動の分離とカオス解析 査読

    髙橋明子, 山形彰宏, 今井 純, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   136 ( 7 )   621 - 627   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.136.621

    Scopus

    researchmap

  • Bounding Truncation Errors of a Flexible Slewing Beam Using DC Gain for Controller Design

    Jun Imai, Kaito Miyake, Akiko Takahashi, Shigeyuki Funabiki

    2016 EUROPEAN CONTROL CONFERENCE (ECC)   1976 - 1981   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We develop a method of uncertainty modeling of a flexible stewing beam for robust controller design. The obtained uncertainty model consists of a finite dimensional nominal model and an uncertainty bound in the frequency domain. First, we review the conventional method by which a steady state solution to the original system is extensively utilized for bounding the error between the nominal truncated modal model and the original beam. Then as a main result, we establish a new error bound for the modal truncated model whose DC error is compensated. Numerical study demonstrates that, the error bound of the proposed nominal model is smaller than that of the conventional model in relevant frequency range, and thus, the proposed model leads to better control performance by a standard H (infinity) controller design.

    DOI: 10.1109/ECC.2016.7810581

    Web of Science

    researchmap

  • A State-Space Modeling via the Galerkin Approximation for a Boundary Control System 査読

    Jun Imai, Katsuyuki Noso, Akiko Takahashi, Shigeyuki Funabiki

    IFAC PAPERSONLINE   49 ( 8 )   7 - 12   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    For linear distributed parameter systems with a finite number of boundary inputs, we propose a framework to implement the method of weighted residuals using candidate trial functions without boundary homogenization. Proposed scheme utilizes inner product matrix, or Grammian, of the trial functions to separate appropriate homogenized basis functions and the other trial functions matching inhomogeneous boundary conditions. The finite-dimensional approximate model by using the proposed scheme is represented in descriptor form and it is proved to be straightforwardly transformed into state space form. Feasibility of the method is illustrated by a brief controller design example using the approximate model of a heat conduction rod with Dirichlet boundary input. (C) 2016, IFAC (International federation of Automatic Control) Hosting by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2016.07.41

    Web of Science

    researchmap

  • A Novel Method of Estimating Solar Radiation Intensity Based on Camera Image Analysis by Sequentially Switching Models 査読

    A. Moriki, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    Proceedings of ICEE 2016   90031   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Decision Method for the Control Command of SVC to Reduce Reactive Power in High-Voltage Distribution Systems with a Large Number of Photovoltaics 査読

    K. Shimofuji, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    Proceedings of ICEE 2016   90029   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Individual representation for optimizing allocation of SVCs in high-voltage distribution systems 査読

    Yuto Aoki, Akiko Takahashi, Shigeyuki Funabiki

    2016 19TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL MACHINES AND SYSTEMS (ICEMS 2016)   DS4G-4-1   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes an individual representation for optimizing allocation of static var compensators (SVCs). Generally, the individuals indicate the capacities of the devices in the optimal allocation of SVCs. In the proposed representation, capacities and installation places of SVCs are expressed in separate variables. The effectiveness of the proposed representation is verified by computer simulation in the 25-bus high-voltage distribution system. As a result, the type B is superior to the type A from the viewpoints of the convergence and the evaluation value. The SVC of 30 kVar is installed at node 24 using the proposed representation. The voltages at all nodes are maintained within the specified voltage range by installing the SVC at the optimal node.

    Web of Science

    researchmap

  • A Controller Reduction via Structurally Balanced Truncation using Coprime Factorization 査読

    K. Noso, J. Imai, A. Takahashi, S. Funabiki

    Proceedings of the 16th ICCAS   757 - 760   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • PV電力平滑化のためのANNを用いた制御指令値の導出 査読

    髙橋明子, 青木公佑, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   136 ( 8 )   698 - 704   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.136.698

    Scopus

    researchmap

  • A Comparison of Electric Power Smoothing Control Methods for Distributed Generation Systems 査読

    Tomoyuki Kanehira, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN   193 ( 4 )   49 - 57   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Renewable forms of energy such as solar energy have attracted attention as alternative sources of fossil fuel. The output power of photovoltaic generation systems changes steeply. Changes in output power have an effect on the electric power quality of the power system. For that reason, a system which can smooth fluctuations of output power is required. In this paper, the moving average, modified moving average, single exponential smoothing, and double exponential smoothing methods are applied to electric power smoothing control schemes for distributed generation systems with photovoltaic generation. The reduction rate of power fluctuations and the maximum stored energy of electric double layer capacitors are adopted as system evaluation measures. To confirm the effectiveness of the power smoothing control methods, a distributed generation power system with photovoltaic generation systems is simulated with the power electronics circuit simulation software PSIM. The methods are then compared by evaluating the reduction in the capacity of electric double layer capacitors without loss in the power smoothing effect.

    DOI: 10.1002/eej.22767

    Web of Science

    researchmap

  • A Hydrogen Management Method in Residential Distributed Generation Systems with Photovoltaic Cells and Hydrogen-Storage Type Fuel Cells 査読

    Ryosuke Takubo, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN   193 ( 3 )   8 - 16   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Recently, renewable energy has been attracting attention as a result of global warming and the depletion of fossil fuels. Photovoltaic (PV) systems have spread rapidly around the world because they generate electric power quietly and can be installed in many places. The output power generated in a PV system fluctuates with changes in solar irradiance and panel temperature. The reverse flow of surplus power in output spikes may have a negative effect on electric power quality, such as on the frequency and voltage in a power system. A residential distributed generation (DG) system composed of a fuel cell (FC) unit, an electrolyzer (EL) unit, and a PV system has been proposed in order to resolve these problems. In order to operate this system without interruption, the hydrogen storage volume must be managed. This paper proposes a novel hydrogen management method for a residential DG system with PV cells and hydrogen-storage type FCs. The hydrogen storage volume is maintained at the preset frequency by operating the FC unit and the EL unit. Models of the PV, FC, and EL were constructed for a simulation. In the simulation, we showed that the proposed management method is viable for a residential DG system with PV cells and hydrogen-storage FCs.

    DOI: 10.1002/eej.22757

    Web of Science

    researchmap

  • Capacities of photovoltaic generation system and electrolyzer for residential distributed generation system with fuel cell vehicle 査読

    Shunsuke Sakae, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    IEEJ Transactions on Power and Energy   135 ( 10 )   591 - 597   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical Engineers of Japan  

    This paper investigates capacities of a photovoltaic generation system and an electrolyzer in a proposed residential distributed generation system with a fuel cell vehicle. The evaluation is carried out in terms of the reduction rate of the power fluctuation and the operation cost in the five electricity price cases. By designing the rated capacity of the electrolyzer to be less than and near that of the photovoltaic generation system, an excessive capacity of the electrolyzer can be avoided. The operation cost of the proposed system is lower than that of the conventional system when the rated capacity of photovoltaic generation system is less than 5kW and the electricity price of sold power goes down. However, the operation cost increases as the electricity price of purchased power rises during the night. The reduction rate of 63.3% is achieved in the proposed system with a photovoltaic generation system of 5 kW and an electrolyzer of 4 kW.

    DOI: 10.1541/ieejpes.135.591

    Scopus

    researchmap

  • A Novel Voltage - Control Method in Low-Voltage Distribution Systems Cooperative - Autonomous Switching Control 査読

    Keigo Shimofuji, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    IECON 2015 - 41ST ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY   583 - 588   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a novel voltage control method for cooperative-autonomous switching control. In power systems, the presence of a large number of photovoltaic (PV) systems in a small district leads to deviations in voltage from the upper limit of the specified voltage range. Autonomous active power control leads to inequalities of the PV generation power on the same distribution line. Cooperative active power control improves the inequality, whereas the power is significantly curtailed. In this paper, the proposed method is based on the setting of a reference value to decrease the curtailment power of cooperative active power control, which will decrease the curtailment power. The control method will be changed to autonomous active power control when the curtailment power reaches a predetermined reference value. Several computer simulations have been performed on the distribution line in order to test the performance of cooperative-autonomous switching control. The total energy of the proposed method increases to 13.71 kWh compared to cooperative active power and cooperative reactive power control. The maximum PV energy disparity decreases to 1.38 kWh compared to that of autonomous active power and cooperative reactive power control.

    Web of Science

    researchmap

  • Power smoothing control methods using moving average and FIR filters in distributed generation systems 査読

    Yuichi Yoshida, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   94 ( 9 )   1051 - 1056   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Institute of Energy  

    Photovoltaic (PV) generation has attracted much attention as a new electric-power generation system. However, the output power of PV generation systems experiences significant fluctuations, which negatively affect the electric-power reliability of the grid. It is therefore necessary to smoothen it using power-smoothing control methods. This paper evaluates different power-smoothing control methods using a moving average filter and finite impulse response filters for distributed generation systems with energy storage devices. We analyze the gain and phase characteristics of these filters, and we perform computer simulations to evaluate the effectiveness of the smoothed electric power generated by PV generation systems.

    DOI: 10.3775/jie.94.1051

    Scopus

    researchmap

  • An estimation method for solar radiation intensity using a web camera 査読

    Akiko Takahashi, Hiroaki Morio, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   94 ( 11 )   1330 - 1336   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Institute of Energy  

    This paper proposes an estimation method for solar radiation intensity, using pictures taken by a web camera. This approach makes use of the relationship between solar radiation intensity and the color properties of pictures. A clear day model and a cloudy day model are introduced as fourth-order polynomial expressions consisting of the brightness value and saturation as color properties. Furthermore, a hybrid model that can be switched to either the clear day model or the cloudy day model, according to the weather as determined by Japan Meteorological Agency, is developed. The validity of the proposed method is examined using the mean absolute error. Based on the study results, the proposed method can effectively measure solar radiation intensity.

    DOI: 10.3775/jie.94.1330

    Scopus

    researchmap

  • Energy management method for residential distributed generation system using photovoltaic cells and fuel cell vehicle 査読

    Shunsuke Sakae, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    2014 IEEE Industry Application Society Annual Meeting, IAS 2014   2014-ESC-0244   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    This paper proposes a novel energy management method for distributed generation systems using a fuel cell vehicle and photovoltaic cells and validates the usefulness of the proposed energy management method. The proposed method can be used not only in normal daily operation but also in emergency operation. In the normal daily operation, the utility grid can supply power to the domestic power load. The proposed method is evaluated on the basis of the reduction rate in power fluctuation and operating cost per day. On the other hand, the utility grid cannot supply power to the domestic power load during the emergency operation. Thus, the proposed method is evaluated by the number of operative days. As a result, the proposed method reduces 40% of the power fluctuation, and the operating cost in the normal daily operation become cheaper. In the emergency operation, the proposed system can operate until electricity is restored.

    DOI: 10.1109/IAS.2014.6978372

    Scopus

    researchmap

  • Cooperative control of power conditioners in high-voltage distribution systems comprising a large number of PV systems 査読

    Kazuya Fukunaga, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    2014 IEEE Industry Application Society Annual Meeting, IAS 2014   2014-PSEC-0348   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    Recently, a large number of photovoltaic systems have been installed in the distribution system. Reverse power flow through the distribution line caused by photovoltaic generation results in the voltage deviation from the specified range. Usually, the photovoltaic system is controlled autonomously using an individual power conditioner. Autonomous control causes inequality of the photovoltaic generation power on the same distribution line. This paper proposes three new cooperative control methods by communicating the information between power conditioners to overcome this problem. This paper discusses five control methods: conventional active power control, conventional active and reactive power control, the proposed cooperative active power control, and two proposed active and reactive cooperative controls. The study evaluates these control methods by the amount of PV generation power and the power loss in one day.

    DOI: 10.1109/IAS.2014.6978486

    Scopus

    researchmap

  • Estimation method for solar radiation intensity using web camera 査読

    A. Takahashi, H. Morio, J. Imai, S. Funabiki

    Proceedings of Grand Renewable Energy 2014 International Conference and Exhibition   O-Pv-2-1   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 可逆セルを用いた水素貯蔵分散型電源システムとその運転方法 査読

    山口雄也, 高橋明子, 今井純, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   134 ( 5 )   386 - 392   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.134.386

    Scopus

    researchmap

  • 分散型電源システムにおける電力平滑化制御法の比較 査読

    金平知之, 髙橋明子, 今井純, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   134 ( 7 )   596 - 603   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.134.596

    Scopus

    researchmap

  • Power smoothing control methods using moving average and FIR filter in distributed generation systems 査読

    Y. Yoshida, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    Proceedings of Grand Renewable Energy 2014 International Conference and Exhibition   O-Pv-1-4   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Force sensorless bilateral control using a dynamical asymmetric compensator 査読

    Ryota Hama, Jun Imai, Akiko Takahashi, Shigeyuki Funabiki

    2014 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE (IPEC-HIROSHIMA 2014 - ECCE-ASIA)   2470 - 2475   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Among other bilateral control systems, those of symmetric type have advantage of simple structure, force sensorless and readiness to stabilize. However, a symmetric type bilateral system is known to have poor haptic performance. In this paper, we propose a bilateral system design without force sensor, based on a generalized system structure of master slave systems. Force feedback and position tracking performance are taken into account by H2 performance at frequency range of the desired haptic transfer, and influence of the measurement noise is suppressed by H-infinity condition. Such a multi-objective controller is designed by solving a semidefinite programming problem. The derived controller tends to have large condition number; we truncate balanced realization of the controller to obtain feasible feedback systems. Effectiveness of the proposed approach is illustrated by numerical studies in time as well as frequency domains, and also experiments.

    Web of Science

    researchmap

  • 太陽電池と水素貯蔵型燃料電池を用いた家庭用分散型電源システムの水素管理方法 査読

    田窪良亮, 高橋明子, 今井純, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   133 ( 9 )   700 - 706   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.133.700

    Scopus

    researchmap

  • A Comparison of Electric Power Smoothing Control Methods for the Distributed Generation 査読

    Tomoyuki Kanehira, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    2013 IEEE 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON POWER ELECTRONICS AND DRIVE SYSTEMS (IEEE PEDS 2013)   311 - 316   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Renewable energy such as solar light has attracted attention as an alternative energy source to fossil fuel. The output power in photovoltaic generation systems changes steeply. The change in the output power influences the electric power quality of the power system. Therefore, a system that can smoothen the fluctuation of the output power is desired. In this study, we applied the methods of moving average and exponential smoothing to the electric power smoothing control schemes for distributed generation systems and compared their effects. The reduction rate of the power fluctuation and the maximum stored energy of electric double layer capacitors are adopted as the basis for the evaluation methods

    Web of Science

    researchmap

  • 変動係数を終了条件とするPSOと電力平準化制御への適用 査読

    槇野洋平, 高橋明子, 今井純, 舩曳繁之

    電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌)   133 ( 5 )   11 - 494   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.133.488

    Scopus

    researchmap

  • A Comparative Study of Performance in Particle Swarm Optimization Methods with Reflection 査読

    Takamasa Ohba, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    2013 IEEE POWER AND ENERGY SOCIETY GENERAL MEETING (PES)   659   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, two kinds of Reflectance-Adjusting PSO (RAPSO) methods that improve the adjustment of the reflectance in the vector reflection PSO are proposed. One is RAPSO using the standard deviation of optimal evaluation values for the latest steps, called RAPSO-OE. The other is RAPSO using the standard deviation of particles' evaluation values in the present step, called RAPSO-PE. The proposed methods are compared with Simple PSO and Taper-off-Reflectance PSO (TRPSO). The validity is shown by benchmark tests, and the proposed method is applied to the optimization problem of electric power leveling systems in rolling mills. The simulation result shows that adjusting reflectance is effective for reducing search time, especially when the optimal solution exists in the edge of problem domain.

    Web of Science

    researchmap

  • Short-Term Prediction of Power Fluctuations in Photovoltaic Systems Using Chaos Theory 査読

    Kohei Shibata, Akiko Takahashi, Jun Imai, Shigeyuki Funabiki

    2013 IEEE POWER AND ENERGY SOCIETY GENERAL MEETING (PES)   660   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a novel short-term prediction method for power fluctuations in a photovoltaic (PV) system based on chaos theory. A data vector composed of n data points is embedded in an n-dimensional vector space by Takens' embedding theorem. The time delay is determined at 300 s by autocorrelation analysis, and the embedding dimension is determined to be 5 by the Grassberger-Procaccia algorithm. Next, the PV power in the near feature is predicted by using the local fuzzy reconstruction method. A simulation of the smoothing control of power in a PV system with an energy storage device consisting of electric double layer capacitors (EDLCs) is carried out. The largest reduction in the EDLCs' capacity is 3.81 kJ, which can be achieved on a clear day.

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • むだ時間を考慮した先端角度推定による柔軟アームの先端追従制御

    出射 治, 今井 純, 高橋明子, 竹本真紹

    第22回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 受動性を考慮した対称型マスタスレーブにおける力覚呈示性向上のための外乱フィーフォワードの適用

    遠藤裕太, 今井 純, 高橋明子, 竹本真紹

    第29回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 並列型制御方式によるマスタスレーブシステムの設計

    角井建太, 今井 純, 高橋明子, 竹本真紹

    第29回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EVを用いた系統電圧制御におけるPV発電機会損失低減のためのEV導入率と充電率の検討

    白川元寛, 髙橋明子, 舩曳繁之

    日本太陽エネルギー学会研究発表会  2020年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月5日 - 2020年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スプライン関数を用いたPV電力平滑化制御におけるESS容量低減のためのパラメータの決定

    髙橋明子, 梶谷達也, 舩曳繁之

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PV大量導入時の高圧配電系統における電圧制御のためのSVCとELYの経済性評価

    西村純也, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    電気学会研究会新エネルギー・環境研究会  2020年1月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 部分陰を有するPVシステムの出力を最大化するストリングの直並列接

    林 楽人, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    2019年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会シンポジウム  2020年1月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 先端加速度を用いた2自由度内部モデル制御による柔軟アームの多モード振動制御

    出射 治, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    2019年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会シンポジウム  2020年1月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 回転型柔軟アームの極と零点にもとづくモデルの低次元化

    今井 純, 西岡由恭, 出射 治, 高橋明子, 舩曳繁之

    電気学会研究会制御研究会(スマートシステムと制御技術シンポジウム2020)  2020年1月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月4日 - 2020年1月5日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 部分陰を有するPVシステムに対応したMPP推定法

    飯田健登, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    令和2年電気学会全国大会  2020年3月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先端加速度計をもつ回転型柔軟アームの有理型伝達関数にもとづくモード近似

    今井 純, 出射 治, 高橋明子, 舩曳繁之

    第7回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2020年3月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PV大量導入時のELYシステムを用いた高圧配電系統の運用

    西村純也, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    第21回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2019年11月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 加速度センサを用いた柔軟アームの振動制御

    西岡由恭, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    第28回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2019年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 位置による色情報の変化を考慮した複数地点の日射量推定手法

    黒田涼平, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    第28回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2019年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外乱フィードフォワードを適用した対称型マスタスレーブにおける回路合成論を用いた受動化の検討

    遠藤裕太, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    第28回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2019年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PVシステム大量導入時の走行パターンを考慮したEVによる高圧配電系統の電圧制御

    白川元寛, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    第28回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2019年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スプライン関数を用いたPV電力平滑化制御における電力変動率制限時の電力貯蔵容量

    梶谷達也, 髙橋明子, 舩曳繁之

    2019年度(第70回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2019年10月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Energy Control Functions for PV Power Smoothing System

    K. Tamura, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    IEE Japan -International Workshop on Power Engineering in Remote Islands (IWPI2019-Kaohsiung)-  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Improvement method of reducing reflectance in RAPSO-ME and its application to optimal allocation of SVCs

    J. Nishimura, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    IEE Japan -International Workshop on Power Engineering in Remote Islands (IWPI2019-Kaohsiung)-  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 構造的減衰をもつ回転型柔軟アームの伝達関数と内部モデル制御

    今井 純, 出射治, 髙橋明子, 舩曳繁之

    第6回計測自動制御学会制御部門大会  2019年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁気浮上システムに対する単純適応制御の外乱特性の評価

    木村啓介, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    平成30年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会  2019年1月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外乱フィードフォワードによる力センサレス対称型マスタスレーブシステムの力覚呈示性向上

    法吉明博, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    平成30年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会  2019年1月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 受動性にもとづいた力センサを用いないバイラテラル制御系の透明性評価

    上原國也, 今井 純, 高橋明子, 舩曳繁之

    平成30年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会  2019年1月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 最適化手法の電力分野での応用事例

    髙橋明子

    日本OR学会中国・四国支部平成30年度支部定例シンポジウム  2018年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 空間ベクトルを用いた明度のチーク時刻の導出

    黒田涼平, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    平成30年度太陽/風力エネルギー合同研究発表会  2018年11月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 画像解析に基づいた異なる色を持つ屋根材における日射量推定モデルの評価

    川上賢人, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    平成30年度太陽/風力エネルギー合同研究発表会  2018年11月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水電解システムによる高圧配電系統の電圧抑制制御

    楊雪飛, 西村純也, 髙橋明子, 今井 純, 舩曳繁之

    平成30年度太陽/風力エネルギー合同研究発表会  2018年11月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Optimal allocation of Electrolyzer Systems for Reducing Opportunity Loss of PV and Producing CO2-free Hydrogen

    J. Nishimura, A. Takahashi, Y. Xuefei, J. Imai, S. Funabiki

    IEE Japan -International Workshop on Power Engineering in Remote Islands (IWPI2018-Jeju)-  2018年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Decision of Energy Storage Capacity in PV Power Smoothing Control System Using AR Model

    K. Tamura, A. Takahashi, J. Imai, S. Funabiki

    IEE Japan -International Workshop on Power Engineering in Remote Islands (IWPI2018-Jeju)-  2018年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日射量に基づいたPVシステムの直並列接続切替法

    平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会  2018年 

     詳細を見る

  • ARモデルを用いたPV電力平滑化制御法

    平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会  2018年 

     詳細を見る

  • 日射量に基づいたPVストリング直並列切替法

    次世代産業に関わる大学・高専シーズ発信会  2018年 

     詳細を見る

  • 回転型柔軟ビームの非同置なセンサを用いた制御系設計について

    第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2018年 

     詳細を見る

  • むだ時間を考慮した先端加速度フィードバックによる柔軟ビームの振動制御

    第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2018年 

     詳細を見る

  • 水電解装置と徳電池を用いたメガソーラーシステムの電力変動率緩和法

    平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会  2018年 

     詳細を見る

  • PVを導入した配電変電所下流域の電圧制御のためのSVC最適配置

    第4回制御部門マルチシンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • カメラの向きと計測対象のなす角度が画像解析による日射量推定に及ぼす影響

    第26回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2017年 

     詳細を見る

  • 対称型マスタスレーブシステムにおける完全モデルマッチングによる外乱フィードフォワード

    第26回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2017年 

     詳細を見る

  • 太陽電池モジュールの直並列接続切替問題に用いる最適化手法の改良

    平成29年電気関係学会関西連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • 無効電力プライシング法による配電線電圧制御-配電系統末端部へのPV集中分布-

    平成29年電気関係学会関西連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • PV大量導入時における配電用変電所下流域の電圧制御のための気象条件を考慮したSVC最適配置

    第26回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2017年 

     詳細を見る

  • 一般化双一次変換を用いたH∞制御器による柔軟ビームのサーボ系設計

    第26回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2017年 

     詳細を見る

  • 日照時間を利用した推定モデルによる画像解析に基づいた日射量計測

    平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • 水電解装置を用いたメガソーラシステムの電力変動低減の評価

    平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • 無効電力プライシング法における電圧降下式を用いた力率指令値の決定法

    平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会  2017年 

     詳細を見る

  • 日射量ランキングに基づいたPVモジュールの直並列接続切替

    平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • リアプノ フ指数とサロゲート法を用いた太陽光発電電力変動成分の分離

    平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • 無効電力プライシング法における料金テーブルの提示タイミングの検討

    第4回制御部門マルチシンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電電力変動のカオス性成分抽出のための境界周波数の決定

    第4回制御部門マルチシンポジウム  2017年 

     詳細を見る

  • 電圧降下式を用いた高圧配電系統におけるPCSの無効電力制御法

    平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会  2017年 

     詳細を見る

  • 水電解装置を用いたメガソーラーの発電電力変動成分の低減

    平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会  2017年 

     詳細を見る

  • ARIMA モデルを用いたPV 電力平滑化制御のESS 容量削減

    平成28年度(第67回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • PV 電力予測に用いる差分ベクトル法の探索条件の提案

    平成28年度日本太陽エネルギー学会/日本風力エネルギー学会 合同研究発表会  2016年 

     詳細を見る

  • 最適化手法を用いた太陽電池モジュールの直並列接続切替による PV 発電電力の改善

    平成28年電気関係学会関西支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 電流駆動による磁気浮上系のスライディングモード制御

    第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2016年 

     詳細を見る

  • カメラ画像解析による多地点日射量計測システムの開発

    平成28年度日本太陽エネルギー学会/日本風力エネルギー学会 合同研究発表会  2016年 

     詳細を見る

  • 水素生成型太陽光発電の電力平滑化制御における時間窓の検討

    平成28年電気関係学会関西支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • PCSから進相無効電力を出力する協調無効電力制御

    平成28年電気関係学会関西支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 高圧配電系統におけるSVC・PCS協調制御方式の性能比較

    平成28年電気関係学会関西支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 柔軟ビームに対する既約分解を用いた構造的平衡実現によるコントローラ低次元化

    第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2016年 

     詳細を見る

  • 磁気浮上系に対するILQサーボ系の設計と周期外乱の抑制

    第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2016年 

     詳細を見る

  • 2自由度を考慮したH∞制御器による柔軟ビームの位置制御

    第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2016年 

     詳細を見る

  • パワーコンディショナ容量の増加にインセンティブを与える無効電力プライシング手法

    平成28年電気学会全国大会  2016年 

     詳細を見る

  • 水素生成型太陽光発電システムの電力平滑化制御における時間窓とLFC成分

    平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会  2016年 

     詳細を見る

  • 高圧配電系統におけるPCSからの進相無効電力出力による電圧制御

    平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会  2016年 

     詳細を見る

  • 水素生成型太陽光発電システムの水素生成量

    平成28年度(第67回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • PV 集中連系時の高圧配電系統におけるSVC 制御情報を用いたSVR・LRT タップ切換制御

    平成28年度(第67回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 水素ステーションのためのPV システムのエネルギー管理手法

    平成28年度(第67回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電電力量向上のための最適化手法を用いたモジュールの直並列接続切替

    平成27年電気関係学会関西連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 低圧配電系統における電圧感度を用いた集中型電圧制御

    平成27年電気関係学会関西連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 水素生成型太陽光発電の電力平滑化制御における時間窓の検討

    平成27年電気関係学会関西連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 電力平滑化制御に用いるディジタルフィルタの比較

    平成27年電気関係学会関西連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • PV システムの発電機会損失低減を目的としたGA を用いた高圧配電系統におけるSVC の最適配置

    平成27年電気関係学会関西連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 柔軟ビームにおける不確かさを考慮した制御機設計

    第24回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 理論日射量を用いた推定モデルによる日射量推定

    第17回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 有機ハイドライド水素貯蔵を用いた分散型電源システム

    第17回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 閉ループ伝達関数のH∞ノムル誤差の低減を目的とした低次元制御器の設計

    第24回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • PV の発電機会損失低減のためのPSO による高圧配電系統へのSVC 最適配置

    第17回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 高圧配電系統における無効電力制御の協調制御方式の性能比較

    平成27年電気関係学会関西連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 水電解装置を用いた大規模太陽光発電システムにおける発電電力平滑化制御法

    平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会  2015年 

     詳細を見る

  • 回転型柔軟ビームのモード打ち切りによる不確かさのモデリングと制御系設計

    計測自動制御学会第2回制御部門マルチシンポジウム  2015年 

     詳細を見る

  • 低圧配電系統における電圧感度を用いた電圧制御法の提案

    平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会  2015年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電電力分析のための日射強度を用いた変動評価の検討

    平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会  2015年 

     詳細を見る

  • 磁気浮上系における極配置制約条件付き状態フィードバック制御機の設計

    第24回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • スミス補償型バイラテラル遠隔操作システムのファジィ理論を用いた設計

    第24回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 勾配法を用いたハンドリング装置のモデル予測制御

    第24回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2015年 

     詳細を見る

  • 周波数重み付き構造的平衡実現によるコントローラの低次元化

    平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会  2014年 

     詳細を見る

  • 指数平滑法を用いた水素貯蔵分散型電源システムの電力平滑化手法の改良

    平成26年電気学会全国大会  2014年 

     詳細を見る

  • クリギング法を用いた日射量分布推定におけるバリオグラム関数のパラメータの検討

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • 夜間高負荷時における無効電力プライシング法

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • PV導入時の高圧配電系統における力率を考慮した協調有効・無効電力制御

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • ABCの電力平滑化システム最適化への適用

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • クラスタリングを用いたGAにおける参照操作の有効性

    平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会  2014年 

     詳細を見る

  • 離散変数問題に対するArtificial Bee Colony(ABC)アルゴリズムの最適化性能

    平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会  2014年 

     詳細を見る

  • 水素貯蔵分散型電源システムにおける太陽光発電電力の短周期成分平滑化制御法

    平成26年電気学会電力・エネルギー部門大会  2014年 

     詳細を見る

  • 遺伝的アルゴリズムを用いた太陽光発電電力予測法のパラメータ最適化

    平成26年電気学会電力・エネルギー部門大会  2014年 

     詳細を見る

  • 複数の一致点を考慮したハンドリング装置のモデル予測制御

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • スライディングモード制御を用いた磁気浮上系の安定化に関する研究

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • Elite Groupと速度判定に基づく再加速法を導入したParticle Swam Optimizationの検討

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • ハンドリング装置に対するパラメトリック同定モデルを用いたモデル予測制御

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • クリーンなエネルギー社会を目指して-太陽光発電システム-

    おかやま電池関連技術研究会第5回技術セミナー  2014年 

     詳細を見る

  • PV大量導入時の配電系統における無効電力プライシング計画法

    平成26年電気学会全国大会  2014年 

     詳細を見る

  • 高次元最適化問題におけるArtificial Bee Colony アルゴリズムの改良

    平成26年電気学会全国大会  2014年 

     詳細を見る

  • Reduction of Energy Storage Capacity in a Large-scale Photovoltaic Generation System

    The 6th World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC6)  2014年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電電力の気象変動成分の周期に関する検討

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • n-Dimensional Cauchy分布を用いたASD-FSAによる最適化

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • 蓄電池併設によるPV発電機会損失の低減

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • 加法的・乗法的誤差を考慮したH∞制御機における柔軟ビームの振動抑制

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • 加法的誤差を考慮したH∞制御器による柔軟ビームの振動抑制

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • スミス補償器を用いたロバストなバイラテラル制御系設計

    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2014年 

     詳細を見る

  • Pricing Method of Reactive Power for Distribution System with a large number of PV Systems -consideration of the area difference in profit-

    The 6th World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC6)  2014年 

     詳細を見る

  • ニューラルネットワークを用いた太陽光発電電力予測法の実験的検証

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • Estimation of the Output from the Photovoltaic Systems Using the Estimated Solar Radiation Distribution

    The 6th World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC6)  2014年 

     詳細を見る

  • 周波数応答を利用した2次元熱反応炉の温度分布制御

    平成25年電気学会電子・情報・システム部門大会  2013年 

     詳細を見る

  • 分布定数系に対する出力静特性の保証による低次元制御器の設計

    平成25年電気学会電子・情報・システム部門大会  2013年 

     詳細を見る

  • PV大量導入時の高圧配電系統における有効・無効電力協調電圧制御

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 家庭用分散電源システムにおける太陽電池と燃料電池車を用いたエネルギー管理

    平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会  2013年 

     詳細を見る

  • 直列リアクトルとオートタップチェンジャー付柱上変圧器の導入による太陽光発電出力抑制の回避

    平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会  2013年 

     詳細を見る

  • 探索領域調整型Fast Simulated Annealingへの改良

    平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会  2013年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電システム大量導入時の高圧配電系統における電圧制御法

    平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会  2013年 

     詳細を見る

  • 大規模太陽光発電システムの発電電力予測

    平成25年電気学会全国大会  2013年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電電力のカオス短期間予測法の実験的検証

    平成25年電気学会全国大会  2013年 

     詳細を見る

  • 家庭用分散型電源システム検討のための燃料電池シミュレータの開発

    第15回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • DDモータに対する制約下におけるモデル予測制御

    第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 磁気浮上系の位相面解析による制御方式の比較・検討

    第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 磁気浮上系のコイル抵抗の変動に対する制御系設計

    第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会  2013年 

     詳細を見る

  • 太陽光発電システムを用いた発電電力予測法の検証

    第15回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • PSO を用いた PID ゲイン調整の一手法

    第15回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • H2/H∞制御器による柔軟ビームの振動抑制

    第15回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • Adjusting Search Domain - Fast Simulated Annealing における温度パラメータの影響

    第15回IEEE 広島支部 学生シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • 非対称型制御器を用いた力センサレス・バイラテラル制御系の検討

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • RAPSO-MEにおける最適なパラメータの決定

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 発電電力予測による大規模太陽光発電システムの電力貯蔵装置容量の低減効果

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 分散型電源システムにおける電力平準化制御法の比較

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • クリギング法を用いた日射量分布推定におけるバリオグラム関数の改善

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 有効電力・無効電力制御の太陽光発電電力損失と配電線の電力損失への影響

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 燃料電池車を活用した分散型電源システムのエネルギー管理における運用コスト評価

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 逆セルを用いた水素貯蔵分散型電源システムのLFC領域内周波数成分の低減効果

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 地上画像を用いた日射強度推定手法の検討

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • カオス短期間予測を用いた太陽光発電電力の長期予測不能性の検証

    平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 極座標表示CSHAを用いた電力平準化システムの最適化における最適化範囲調整の効果

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • PV導入時のオートタップチェンジャー付柱上変圧器による電力損失改善

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 分散型電源システムにおける移動平均法と指数平滑法を用いた電力平準化制御法の比較

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • PAPSO-MEを用いた電力平準化システムの最適化

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 可逆セルの切り替え時間を考慮した水素貯蔵分散型電源システム

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 双方向昇圧・降圧DC/DCコンバータのリアクトル電流ピーク値

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 家庭用分散電源システムにおける水素貯蔵量のリアルタイム制御

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • カオス短時間予測における遅れ時間の太陽光発電電力予測精度への影響

    平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 岡山県産業振興財団科学技術賞

    2020年7月   岡山工学振興会  

    髙橋明子

     詳細を見る

  • 岡山県産業振興財団科学技術賞

    2018年7月   岡山工学振興会  

    髙橋 明子

     詳細を見る

  • 学術奨励賞(研究奨励賞)

    2010年2月   計測自動制御学会  

    髙橋 明子

     詳細を見る

  • 九州支部長表彰(成績優秀賞)

    2007年3月   電子情報通信学会  

    髙橋 明子

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 数値モデルを用いた太陽光発電電力の平滑化制御法に関する研究

    2018年

    (公財)岡山工学振興会  平成30年度学術研究助成 

    髙橋 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • IEEE PEDS 2017 (The 12th IEEE International Conference on Power Electronics and Drive Systems)

    2017年

    (公財)岡山工学振興会  平成29年度国際研究集会等派遣助成 

    髙橋 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 広範囲な日射量計測のためのカメラを用いた汎用的な技術に関する研究

    2016年 - 2018年

    科学研究費助成金(若手研究(B)) 

    髙橋 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • カオスを用いた太陽光発電電力予測と電力平準化制御法に関する研究

    2012年 - 2017年

    科学研究費助成金(基盤研究(C)) 

    舩曳 繁之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • SDGs:自然エネルギー利用技術 (2021年度) 第4学期  - 木7~8

  • 先端エネルギーネットワーク工学 (2021年度) 後期  - その他

  • 電力エネルギーシステム特論 (2021年度) 前期  - 木3~4

  • 電力エネルギーネットワーク工学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • 電力系統工学B (2021年度) 第4学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電力系統工学Ⅱ (2021年度) 第4学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電力系統工学A (2021年度) 第3学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電力系統工学I (2021年度) 第3学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電子情報システム工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 表現技法1 (2020年度) 前期  - その他

  • 表現技法2 (2020年度) 後期  - その他

  • 電力系統工学B (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電力系統工学Ⅱ (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電力系統工学A (2020年度) 第3学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電力系統工学I (2020年度) 第3学期  - 火1,火2,金1,金2

  • 電子情報システム工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 電気通信系実験A (2020年度) 1・2学期  - 水2,水3,水4,水5,水6

  • 電気通信系実験B (2020年度) 3・4学期  - 水2,水3,水4,水5,水6

  • 電気通信系実験Ⅱ (2020年度) 3・4学期  - 水2,水3,水4,水5,水6

  • 電気通信系実験I (2020年度) 1・2学期  - 水2,水3,水4,水5,水6

▼全件表示