2021/07/12 更新

写真a

ニシヤマ アキヨシ
西山 明慶
NISHIYAMA Akiyoshi
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 歯学士 ( 広島大学 )

研究キーワード

  • 口腔外科

  • 顎変形症

  • 口腔癌の転移

  • Oral and maxillofaieal Surgery

  • Dentofacial Deformity

  • Metastasis of Oral Cancer

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 社会系歯学

所属学協会

  • 日本顎変形症学会

      詳細を見る

  • Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons

      詳細を見る

  • 日本口腔科学会

      詳細を見る

  • 日本口腔外科学会

      詳細を見る

  • 国際口腔顎顔面外科学会(The International Associetion of Oraland Maxillofacial Surgeons)

      詳細を見る

  • アジア口腔顎顔面外科学会

      詳細を見る

  • 日本骨代謝学会

      詳細を見る

  • 日本顔学会

      詳細を見る

  • 日本歯科薬物療法学会

      詳細を見る

  • 日本口腔腫瘍学会

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Occlusal reconstruction of a patient with ameloblastoma ablation using alveolar distraction osteogenesis: a case report. 国際誌

    Yoshihito Ishihara, Hikaru Arakawa, Akiyoshi Nishiyama, Hiroshi Kamioka

    Head & face medicine   16 ( 1 )   12 - 12   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Ameloblastoma is one of the most common benign odontogenic neoplasms. Its surgical excision has the potential to lead to postoperative malocclusion. In this case report, we describe the successful interdisciplinary orthodontic treatment of a patient with ameloblastoma who underwent marginal mandibulectomy. CASE PRESENTATION: A woman of 20-year-old was diagnosed with ameloblastoma, and underwent marginal mandibulectomy when she was 8 years of age. She had an excessive overjet (11.5 mm) and a mild open bite (- 1.5 mm) with a severely resorbed atrophic edentulous ridge in the area around the mandibular left lateral incisor, canine and first premolar. An alveolar bone defect associated with tumor resection was regenerated by vertical distraction osteogenesis (DO). Subsequently, 3 dental implants were placed into the reconstructed mandible. Orthodontic treatment using implant-anchored mechanics provided a proper facial profile with significantly improved occlusal function. The occlusion appeared stable for a 7-year retention period. CONCLUSIONS: These results suggest that surgically assisted and implant anchored-orthodontic approaches might be effective for the correction of such malocclusions.

    DOI: 10.1186/s13005-020-00227-1

    PubMed

    researchmap

  • Severe gummy smile with class II malocclusion treated with LeFort I osteotomy combined with horseshoe osteotomy and intraoral vertical ramus osteotomy. 査読

    Tsuyoshi Shimo, Akiyoshi Nishiyama, Tokiari Jinno, Akira Sasaki

    Acta medica Okayama   67 ( 1 )   55 - 60   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this article, we report the successful surgical treatment of a patient, 34 years of age, who had a severe gummy smile and a class II malocclusion. The patient had an 11-mm gingival exposure during full smile and a convex profile. A LeFort I osteotomy combined with a horseshoe osteotomy was used for the superior repositioning of the maxilla;then, an intraoral vertical ramus osteotomy (IVRO) and genioplasty were performed for mandibular advancement. The maxilla was acceptably impacted 8mm at the first incisor and 5mm at the first molar. Both the occlusion and facial appearance were significantly improved by this surgical-orthodontic treatment. Our results suggest that the combination of a horseshoe osteotomy with a LeFort I osteotomy is a useful technique for reliable superior repositioning of the maxilla.

    PubMed

    researchmap

  • Severe facial asymmetry and unilateral lingual crossbite treated with orthodontics and 2-jaw surgery: 5-year follow-up. 国際誌

    Kiyoshi Tai, Jae Hyun Park, Kazuhisa Ikeda, Akiyoshi Nishiyama, Yasumori Sato

    American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   142 ( 4 )   509 - 23   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    A 33-year-old woman with severe facial asymmetry and unilateral lingual crossbite was treated with orthodontics combined with differential maxillary impaction and intraoral vertical ramus osteotomy. After 12 months of preoperative orthodontic treatment, 2-jaw surgery was performed. The total active treatment time was 18 months. Both her occlusion and facial appearance were significantly improved by the surgical-orthodontic treatment. The occlusion was stable after 5 years of retention. Posttreatment records after 5 years showed excellent results with good occlusion and long-term stability.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2011.01.026

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Functional improvements after orthodontic-surgical reconstruction in a patient with multiple maxillofacial fractures. 国際誌

    Yoshihito Ishihara, Shingo Kuroda, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki, Teruko Takano-Yamamoto, Takashi Yamashiro

    American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   142 ( 4 )   534 - 45   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Patients with multiple craniofacial fractures often suffer from stomatognathic problems after their primary treatment, because administering emergency care is the clinician's highest priority. Therefore, optimal bone repositioning is sometimes difficult because bone fixation is delayed. Moreover, neither an adequate radiographic examination nor an evaluation of primary occlusion is available during the repair of fractured bones. The lack of these assessments can also lead to occlusal dysfunction after bone fixation. As a result, patients with craniofacial fractures often require occlusal reconstruction. This report describes the successful occlusal reconstruction with orthodontic-surgical treatment of a patient with multiple maxillofacial bone fractures. Combined surgery, including an intraoral vertical ramus osteotomy and a mandibular body osteotomy, was performed to reposition the deviated mandible after 3 months of preoperative orthodontic treatment. The total active treatment period was 25 months. After treatment, both the facial asymmetry and the anterior open bite caused by the skeletal disharmony were significantly improved. Additionally, the range of condylar motion, maximum occlusal force, and occlusal contact area during maximum clenching were also increased. These stomatognathic functions were further enhanced by 2 years of retention. Orthodontic-surgical reconstruction appears to improve both facial esthetics and occlusal function in patients with facial asymmetry caused by severe traumatic maxillofacial fractures.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2011.02.029

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Surface-Based Registrationを利用した3次元CBCT imageの重ね合わせとその応用例(1)

    高木 雅人, 田井 規能, 佛坂 斉祉, 谷尻 豊寿, 西山 明慶, 佐藤 康守

    矯正臨床ジャーナル   26 ( 12 )   43 - 50   2010年12月

  • 平均顔を用いた顔の印象の決定要素についての検討

    志茂 剛, 西山 明慶, 栗尾 奈愛, 川辻 咲希, 草田 明美, 山内 香奈, 尾野 裕子, 江藤 司, 塚本 剛一, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   51 - 59   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    顔が集団としてもっている印象、すなわち、顔グループを形成したときにそこに生じる印象を客観的に捉えるために平均顔を用いる手法を用い、顔のパーツの形態の違いがどのように顔の印象に影響を及ぼしているか、アンケートや顔面計測により検証した。写真モデルは、歯学部3年生男性26例、女性23例、アンケート回答者は歯学部医療従事者60例を対象とした。平均顔の特徴をは、印象の良い群ではロ角が上向きで、上唇の上昇、下唇の下降および、口全体が横に引き伸ばされる変化に伴い、その頬は顔の内側に向かってよく隆起し、頬の横は緩やかな曲線を描いた形状をしていた。目元と口元に対する印象を複数回答して得られた結果をもとに対応分析を行い、座標空間上に再構成すると男女ともに印象のよい群では目元は笑い、優しい、ポジティブ、柔らかいの項目で温厚な方向性ができており、一方それ以外の印象群では厳格な方向性が示された。

    researchmap

  • 顎顔面手術におけるインクジェット法3D造型モデルの使用経験

    小山 貴弘, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 目瀬 浩, 竹内 哲男, 有地 秀裕, 皆木 省吾, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   141 - 145   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    症例1:22歳女性。顎変形症による下顎前突で、術前矯正を行い下顎枝垂直骨切り術を施行し経過良好であったが、オトガイの突出感残存があり、オトガイ部を5mm短縮させるオトガイ形成術が計画された。症例2:15歳女性。唇顎口蓋裂による歯列不正改善のため来院した。口蓋の骨欠損が大きく、骨移植ではドナーサイトの侵襲も極めて大きくなることが考えられたため、あらかじめ仮骨延長を行い骨欠損の範囲縮小を図るという治療計画が立案された。症例3:81歳女性。顎骨浸潤を示す歯肉癌で、下顎骨区域切除と同時に再建用プレートを用いた即時再建が予定された。いずれも術前にインクジェット法3D造型モデルを作製し、手術シミュレーションを行った。光造型法による3D造型モデルとの比較において、インクジェット法モデルは、モデルサージェリーを行うにあたり光造型法モデルと同等の必要十分な精度と強度を有していた。また加工性、色調、造形コスト、造形時間の点において、光造型法モデルに比し優位性を有していた。

    researchmap

  • 著しいオトガイ後退を伴う顎顔面の変形に対し、オトガイ形成術とベニアグラフトを併用した症例

    志茂 剛, 西山 明慶, 上岡 寛, 酒井 雄一, 川邉 紀章, 銅前 昇平, 小野 達生, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 山城 隆, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   147 - 151   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    17歳女性。斜頸による舌骨上筋群および下筋群の高度緊張を認めた著しいオトガイ後退を伴う顎顔面の変形をきたした症例で、オトガイ部の後退に対する形態改善の目的で受診となった。顔貌所見にて正貌で眼瞼下垂、側貌でconvex type、口腔内所見にて両側Angel class II、overjet 3.7mm、overbite -2.5mm、前歯部は開咬を示していた。セファロ分析ではオトガイの劣成長を認め、舌骨が下方へ位置していた。CTデータをOsiriX Medical Imaging Softwareを用いた3Dおよび再構築CT画像においては、両側下顎犬歯から両側第二大臼歯部にかけて舌側皮質骨に溝状の凹みと同部の骨の非薄を認めた。骨非薄部の厚みは最も薄いところで約3mmであった。下顎後退症の臨床診断で、オトガイ形成術とベニアグラフトを併用して治療を行った。術後の側貌においてはlabiomental foldが明瞭化し、オトガイから頸部にかけての審美的改善が認められた。術後経過は良好で、骨片のずれや吸収等は認められない。

    researchmap

  • Specific inhibitor of MEK-mediated cross-talk between ERK and p38 MAPK during differentiation of human osteosarcoma cells. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Shinsuke Matsumura, Soichiro Ibaragi, Sachiko Isowa, Koji Kishimoto, Hiroshi Mese, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    Journal of cell communication and signaling   1 ( 2 )   103 - 11   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Osteosarcoma is the most common primary malignant bone tumor, accounting for approximately 20% of all primary sarcomas in bone. Although treatment modalities have been improved over the past decades, it is still a tumor with a high mortality rate in children and young adults. Based on histological considerations, osteosarcoma arises from impaired differentiation of these immature cells into more mature types and that correction of this impairment may reduce malignancy and increase the efficiency of chemotherapy. The purpose of this study was to determine the effect of specific inhibitors of MAPK extracellular signaling-regulated kinase (ERK) kinase (MEK) and p38 on the differentiation of human osteosarcoma cell line SaOS-2 cells. We found that PD98059, a specific inhibitor of MEK, inhibited the serum-stimulated proliferation of SaOS-2 cells; whereas SB203580, a specific inhibitor of p38 MAPK, had little effect on it. SB203580 suppressed ALPase activity, gene expression of type I collagen, and expression of ALP and BMP-2 mRNAs; whereas PD98059 upregulated them dose dependently. In addition, immunoblot and immunostaining analysis revealed that phosphorylation of ERK was increased by treatment with SB203580; whereas PD98059 increased the phosphorylation of p38, which implies a seesaw-like balance between ERK and p38 phosphorylation. We suggest that osteosarcoma cell differentiation is regulated by the balance between the activities of the ERK and p38 pathways and that the MEK/ERK pathway negatively regulates osteosarcoma cell differentiation, whereas the p38 pathway does so positively. MEK inhibitor may thus be a good candidate for altering the expression of the osteosarcoma malignant phenotype.

    DOI: 10.1007/s12079-007-0010-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A comparative study of odontogenic keratocysts associated with and not associated with an impacted mandibular third molar. 国際誌

    Goichi Tsukamoto, Takahide Makino, Takeshi Kikuchi, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki, Tomohiro Matsumura

    Oral surgery, oral medicine, oral pathology, oral radiology, and endodontics   94 ( 2 )   272 - 5   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    OBJECTIVE: The purpose of this study was to compare odontogenic keratocysts associated with and not associated with an impacted mandibular third molar. STUDY DESIGN: Panoramic radiographs of odontogenic keratocysts associated with impacted mandibular third molars (15 cysts, associated group) were compared with radiographs of odontogenic keratocysts not associated with impacted mandibular third molars (25 cysts, nonassociated group). The radiographic images were analyzed with reference to the patients' age and sex. RESULTS: The mean age of patients in the associated group was lower than that of patients in the nonassociated group. The mean area of the cysts in the associated group was larger than that of those in the nonassociated group. The patients' ages did not significantly correlate to the areas of either kind of cyst. CONCLUSIONS: The odontogenic keratocysts in the associated group had a tendency toward rapid growth in the patients' youth.

    DOI: 10.1067/moe.2002.126888

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mandibular prognathism with transverse maxillary deficiency and skeletal asymmetry treated by segmental high Le Fort I osteotomy and IVRO.

    Miyatake E, Yamashiro T, Kamioka H, Nishiyama A, Sasaki A, Takano-Yamamoto T

    Orthodontic Waves   2002年

     詳細を見る

  • Angle Class III malocclusion with severe mandibular setback osteotomy and tongue reduction

    Shingo KURODA, Shouichi MIYAWAKI, Hiroshi KAMIOKA, Yoshiya UEYAMA, Akiyoshi NISHIYAMA, Teruko TAKANO-YAMAMOTO

    岡山歯学会雑誌   2001年

     詳細を見る

  • 硬性内視鏡下で摘出した上顎洞内異物の1症例

    奥井 達雄, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   37 ( 2 )   33 - 35   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    症例は40歳代男性で、近医歯科にて左側上顎第二小臼歯歯根破折の診断のもと、抜歯を施行されるも、術中に歯科用切削バーが歯科用タービンヘッドから逸脱し上顎洞内に迷入した。抜歯を中断し、抜歯処置後6日目に当科を紹介され受診した。パノラマX線写真にて、左側上顎洞内に長径約20mmの迷入した歯科切削バーと思われる不透過像を認めた。患者は欠損に対するインプラント治療を希望していたため、口腔内からのアプローチで抜歯と異物除去を同時に行うこととした。洗浄を行い光源下で洞内を観察するため開洞孔より硬性内視鏡を用い上顎洞内を観察し、バーが自然孔付近の上顎洞粘膜内に一部埋伏していることを確認、同孔よりマイクロ鉗子を用いて内視鏡画像上でバーを把持、除去した。さらに、残存していた左側上顎第二小臼歯歯根を抜去し、創を縫合し手術を終了した。術後経過は良好であり、術後3日目に退院とした。

    researchmap

  • Examination of Diseases Requiring Oral Surgery Treated via Medical-Dental Cooperation in the Department of Oral and Maxillofacial Surgery (Biopathology), Okayama University Hospital 査読

    Masanori Masui, Tsuyoshi Shimo, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Mayumi Yao, Shoko Yoshida, Yurika Murase, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Yoshihiko Soga, Akira Sasaki

    2 ( 115 )   1 - 7   2017年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 長期経過観察し病理組織学的評価を行った下顎骨線維性異形成症の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 奥井 達雄, 栗尾 奈愛, 柴田 茜, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   27 ( 1 )   27 - 31   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    症例は2歳男児で、左側下顎部の腫脹を主訴とした。X線で左下D番の近心部から下顎枝までの楕円形の比較的境界明瞭な透過像を認め、内部に斑紋状の不規則な不透過像がみられた。同部の骨削除により組織生検を行い、病理所見は細胞成分に富む線維性組織の増殖からなり、線維骨の骨梁を伴っていた。線維性異形成症と診断し、1ヵ月後に掻爬術を追加し、生検部位から遠心に向かって菲薄化した頬側の骨を除去した。術後6ヵ月頃より患側下顎骨下縁に骨様硬の膨隆を認め、急速に増大して顔面の非対称が著明となったが、再手術は同意が得られず、定期的な経過観察を行った。下顎骨の成長や歯の萠出には問題がなく、18歳時には内部に骨梁構造を認めた。非対称改善のため口外法により左側下顎骨下縁切除術を施行し、病理所見で緻密な皮質骨内に疎な骨組織と線維性組織を認めたが、活動性の病変はなかった。術後6年経過し、下顎骨の形態に著変はない。

    DOI: 10.15214/jsodom.27.27

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J02383&link_issn=&doc_id=20140226330006&doc_link_id=10.15214%2Fjsodom.27.27&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15214%2Fjsodom.27.27&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 津山中央病院における周術期口腔機能管理について

    小畑 協一, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   27 ( 1 )   93 - 100   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    当科では2012年2月より周術期口腔機能管理を行っている。周術期口腔機能管理は術後の全身的合併症の発生予防や、早期摂食開始に伴うQOL向上等を図ることが可能であり、実際我々も循環器科、呼吸器科等と連携をとり、良好な術後経過をみている。今回2012年2月〜2013年1月までの1年間における周術期口腔機能管理に関する患者数等のデータを集計したため、我々が体験した2症例に、若干の考察を加え報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 6歳男児に認められた両側性顎下腺管唾石症の1例

    小畑 協一, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   27 ( 1 )   161 - 165   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    唾石症は唾液腺体内もしくは導管内に結石が形成される疾患である。一般に小児には稀な疾患として扱われており、さらに両側性に顎下腺管内唾石を認めた症例は国内で数例しか報告されていない。症例は6歳男児で、臨床所見から両側性顎下腺管唾石症と診断し、口内アプローチによる摘出術を施行し、良好な結果を得たので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 幼児の上顎歯肉に発生した巣状口腔粘液症の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 片瀬 直樹, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   58 ( 9 )   546 - 549   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    1歳7ヵ月女児。左側上顎歯肉の腫瘤を主訴とした。左側上顎歯肉に弾性軟の有茎性腫瘤を認め、腫瘤の先端は分葉状で正常歯肉色であったが、腫瘤基部は血管が豊富で赤色を呈していた。デンタルX線で同部の骨吸収は認めなかった。左側上顎歯肉腫瘍と診断し、腫瘍切除術を行った。腫瘤は有茎性で基部は歯肉と歯槽粘膜の境界部に存在しており、基部から約5mmの安全域を設定し直下の骨膜も切除した。同部の骨面は正常であった。切除部は開放創にして手術を終了した。切除した腫瘍の病理診断は巣状口腔粘液症であった。術後経過は良好で、術後1年の現在、再発は認めていない。

    DOI: 10.5794/jjoms.58.546

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01073&link_issn=&doc_id=20121003390008&doc_link_id=10.5794%2Fjjoms.58.546&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5794%2Fjjoms.58.546&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 両側性顎関節前方脱臼に片側ごとの徒手的整復が有効であった1症例

    佐藤 朋美, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 西山 明慶, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    津山中央病院医学雑誌   26 ( 1 )   123 - 126   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    今回我々は習慣性の顎関節脱臼の徒手整復法において、通常Hippocrates法やBorchers法が行われるが、技術と経験のハードルは高い。今回、本院で行われている片側ごとの整復法で容易かつ迅速に両側性顎関節脱臼を整復したので、その症例と手技の紹介も含めて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 後期高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   24 ( 3 )   103 - 111   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    我が国では高齢化社会が進んでおり、それとともに高齢口腔癌患者を治療する機会の増加が予想される。本研究では、2000年から2008年に当科を受診した後期高齢者口腔扁平上皮癌症例64例(男性23例、女性41例)について、前期高齢者60例(男性32例、女性28例)および若壮年者63例(男性46例、女性17例)と比較検討した。後期高齢者は前期高齢者や若壮年者と比較してPerformance Status(PS)grade 0・1の症例の割合が有意に低かった。後期高齢者は、根治的治療45例(70.3%)、姑息的治療9例(14.1%)、無治療10例(15.6%)であった。後期高齢者は前期高齢者と比較して根治的治療を選択している割合が低い傾向を示した。また、根治的治療を選択した症例の5年疾患特異的累積生存率は後期高齢者81.3%、前期高齢者88.6%、若壮年者80.9%で後期高齢者は前期高齢者と比較して低い傾向を示した。無治療症例は、その後の経過が追えておらず、今後、対策が必要と考えられた。(著者抄録)

    DOI: 10.5843/jsot.24.103

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02382&link_issn=&doc_id=20120919280005&doc_link_id=%2Fdy8ortum%2F2012%2F002403%2F006%2F0103-0111%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy8ortum%2F2012%2F002403%2F006%2F0103-0111%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 病理組織学的にエナメル上皮線維腫との鑑別が困難であったimmature odontomaの1例 査読

    柴田 茜, 志茂 剛, 片瀬 直樹, 中妻 可奈子, 堀切 優, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   31 ( 1 )   15 - 20   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 病理組織学的にエナメル上皮線維歯牙腫との鑑別が困難であったimmature odontomaの1例

    柴田 茜, 志茂 剛, 片瀬 直樹, 中妻 可奈子, 堀切 優, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   31 ( 1 )   21 - 25   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    画像上、歯牙腫と腺腫様歯原性腫瘍との鑑別が困難で、病理組織学的にエナメル上皮線維歯牙腫との鑑別が困難であったimmature odontomaの症例を報告した。患者は14歳女、右側上顎乳犬歯部の違和感を主訴に近医受診し、X線で上顎犬歯の埋伏と同歯の歯嚢内に不透過像を認められ当科に紹介された。パノラマX線で、埋伏した上顎犬歯の歯頸部から立ち上がり歯冠部を含む嚢胞様透過像を認めた。咬合法X線では含歯性嚢胞様の透過像内部に不透過像を認めたが、明らかな歯牙様形態は呈していなかった。CTでは、歯冠周囲空隙の拡大に伴う唇側・口蓋側への軽度皮質骨膨隆と、口蓋側皮質骨の菲薄化を認め、拡大した歯冠周囲空隙内の口蓋側に高濃度な石灰化物を認めた。生検を行うために、菲薄化した皮質骨を削合して被膜を切離したところ、中に硬組織が認められた。生検の検体は、硬組織を軟組織に被包した状態で硬組織を含め採取した。硬組織周囲軟組織の病理組織所見は、細胞成分に富む幼若な線維組織の中に島状のエナメル器様の上皮が存在するエナメル上皮線維腫様の像を呈した。石灰化物様硬組織の病理組織所見は、象牙質様硬組織とエナメルマトリックス様硬組織からなる歯牙腫様構造を呈し、類象牙質の混在も認められた。腫瘍摘出術を行い、摘出標本の病理組織検査で類象牙質様硬組織と、その周囲に歯原性間葉様の幼若な線維組織および歯原性上皮の増殖が認められた。硬組織の像は歯牙腫、集合型であり、腫瘍性病変を疑わせる所見は認められなかった。

    researchmap

  • 顎関節脱臼整復後の開口抑制にフィラデルフィアカラーを装着した1症例

    竜門 幸司, 野島 鉄人, 西山 明慶, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    津山中央病院医学雑誌   25 ( 1 )   83 - 86   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    今回我々はフィラデルフィアカラーを顎関節脱臼整復後の開口抑制に使用し、良好な結果を得た症例を経験したので報告した。(著者抄録)

    researchmap

  • 顎骨露出にビスフォスフォネート製剤の関連が疑われた非侵襲的な一症例

    渡邉 美徳, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   25 ( 1 )   87 - 90   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    最近、骨粗鬆症などの代表的な治療薬であるビスフォスフォネート製剤(以下BP製剤とする)の長期服用症例において、外科的侵襲などをきっかけに顎骨露出や顎骨壊死(ビスフォスフォネート製剤関連顎骨壊死、以下BRONJとする)が発症する可能性があることが数多く報告されている。今回、BP製剤を使用している症例において外科的侵襲などがないにもかかわらず、下顎骨露出およびオトガイ部の知覚鈍麻などのBRONJ様の症状が見られた症例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法の使用経験

    伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 銅前 昇平, 志茂 剛, 中妻 可奈子, 辻本 紗代子, 栗尾 奈愛, 兒玉 真一, 武部 祐一郎, 堀切 優, 柴田 茜, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   29 ( 2 )   107 - 112   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法を用いて治療を行った4例を経験した。症例1は80歳女で、右側舌癌に対して舌部分切除術を行った。術後21日目においてほぼPGAフェルトは吸収し、舌の瘢痕拘縮は軽度であった。症例2は65歳女で、左側頬粘膜悪性黒色腫に対して頬粘膜腫瘍切除術と上顎骨部分切除術を行った。術後28日目においてPGAフェルトは吸収しており、瘢痕拘縮は軽度で開口障害もなかった。症例3は78歳女で、左側下顎歯肉癌に対して下顎骨辺縁切除術と頸部郭清術を行った。術後31日目において、骨露出は認めず肉芽で覆われている。症例4は88歳女で、左側頬粘膜癌に対して原発巣は密封小線源治療、頸部リンパ節転移は頸部郭清術を行うこととした。術後44日目において肉芽の新生は十分でなく、頬粘膜は陥凹している。

    researchmap

  • 経口ビスフォスフォネート製剤服用の関連が疑われた顎骨壊死の2症例

    保崎 留美子, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   24 ( 1 )   97 - 102   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    経口BP製剤服用の関連が疑われた顎骨壊死の2症例について、BP製剤服用を中断できた症例と中断できなかった症例の治療を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • エナメル上皮腫に対する外科療法の治療成績と再発に関する臨床的検討

    吉田 祥子, 塚本 剛一, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 岸本 晃治, 西山 明慶, 大山 和彦, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   22 ( 1 )   37 - 43   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    エナメル上皮腫の治療法については論議のあるところである。当科においては、周囲骨の穿孔がないかもしくはわずかであれば、保存的外科療法-骨面削除と凍結療法を併用した摘出術-を基本的に選択している。当論文では、当科開設の1982年から2007年までの25年間に経験したエナメル上皮腫50例、特に再発症例について検討を行った。50例の手術の内訳は、摘出術12例、摘出と骨面削除または骨面削除および凍結療法(摘出+補助療法)が21例、顎骨切除(辺縁切除と区域切除)が17例であった。再発は6例であり(再発率:12%)、摘出術に5例(再発率:42%)、摘出+補助療法に1例(再発率:5%)認めた。顎骨切除術は再発を認めなかった。摘出と顎骨切除との間および、摘出と摘出+補助療法との間に再発率に関し有意差を認めた。以上より、エナメル上皮腫の保存的外科療法において、骨面削除と凍結療法は有用であることが示唆された。(著者抄録)

    DOI: 10.5843/jsot.22.37

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J02382&link_issn=&doc_id=20100318180005&doc_link_id=%2Fdy8ortum%2F2010%2F002201%2F006%2F0037-0043%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy8ortum%2F2010%2F002201%2F006%2F0037-0043%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 顎裂骨移植後の口腔前庭狭小に対して遊離歯肉移植併用の口腔前庭拡張術を行った経験

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 銅前 昇平, 奥井 達雄, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   175 - 178   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    顎裂骨移植術後の瘢痕による口腔前庭狭小部に対して、口唇引きつりと歯周状態の改善を図る目的で2症例(症例1;18歳男性・症例2;31歳女性)に対して遊離歯肉移植を併用した口腔前庭拡張術を施行した。その結果、2症例とも骨格性の問題はなく、瘢痕拘縮による口腔前庭の狭小化と口唇の引きつり感がみられ、症例2では付着歯肉の消失による口腔衛生状態の悪化が認められた。口腔前庭拡張術では2例とも瘢痕部分が広く、術後創面が大きいことから口蓋からの遊離歯肉移植術を選択して施行、2症例とも口唇の引きつり感の改善を認め、移植した角化歯肉の生着は良好であり、症例2では付着歯肉が形成されたため食物残渣の停滞も改善した。以上より、歯肉歯槽粘膜の手術は審美的な点から患者の要望が強いが、口唇・口蓋裂手術後の瘢痕拘縮による口腔前庭狭小に対しても術後の後戻りも少なく有効な方法と考えられた。

    researchmap

  • 当科におけるインプラント患者の臨床統計的検討

    帆波 辰基, 目瀬 浩, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 銅前 昇平, 中妻 加奈子, 辻本 紗代子, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   151 - 155   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    2002〜2009年の7年間に著者等の施設でインプラント埋入を施行した162例(男性62例、女性100例、18〜78歳・平均55.3歳)を対象に受診経路、埋入インプラントの種類、埋入本数・部位などについて検討した。その結果、患者の受診経路は院内他科からの紹介141例・他院からの紹介15例・紹介なし7例で、紹介患者が96%を占めた。埋入インプラントの種類はBranemark System;382本・Steri-Oss System;54本・Replace;14本で、埋入本数は2002年(14名34本)から2007年(46名126本)にかけて増加傾向にあった。年齢別患者数とインプラント埋入本数では40〜70歳代の147名に415本と大部分を占めており、埋入部位は上顎235本・下顎215本とほぼ同じであった。前臼歯別では上顎前歯部84本・上顎臼歯部151本、下顎前歯部18本・下顎臼歯部197本であった。経過観察では全例で術後の合併症は認めず、インプラント総残存率は99.5%であった。

    researchmap

  • シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症治療の検討 セビメリン塩酸塩からピロカルピン塩酸塩への投与変更症例に関して

    目瀬 浩, 西山 明慶, 佐々木 朗

    歯科薬物療法   28 ( 3 )   124 - 129   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科薬物療法学会  

    口腔乾燥症のためセビメリン塩酸塩(CH)服用中のシェーグレン症候群患者9例(女・平均63.9歳)を対象にピロカルピン塩酸塩(PH)への変更を行い、有効性および安全性を比較した。刺激時唾液分泌量は、治療前平均4.56ml/10min、CH投与時6.07ml/10min、PH投与時6.54ml/10minで、CHおよびPH投与により有意に増加し、両剤間に有意差はなかった。副作用は、CHでは胃部不快感4例、悪心2例、下痢、便秘各1例で消化器症状が多く、PHでは多汗2例、胃部不快感、頻尿各1例でいずれも軽微であった。投与量は、CHでは9例中3例が当初90mg/日から30〜60mg/日に減量となったが、PHでは全例15mg/日が可能であった。自覚症状7項目をVASで評価したところ、治療前平均6.94、CH投与後4.28、PH投与後2.89と改善した。担当医の他覚症状4項目評価による症状改善度は、CH投与後では悪化・無効3例、やや有効3例、有効2例、著効1例、PH投与後は順に1例、2例、5例、1例でより改善していた。

    DOI: 10.11263/jsotp.28.124

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J01691&link_issn=&doc_id=20091222060003&doc_link_id=%2Fcj0hayak%2F2009%2F002803%2F003%2F0124-0129%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcj0hayak%2F2009%2F002803%2F003%2F0124-0129%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 骨髄炎が疑われた歯牙腫の1症例

    児玉 真一, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   23 ( 1 )   101 - 104   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    前医にて下顎骨骨髄炎と診断を受け、顎骨離断後骨移植の治療方針を示され、当院にセカンドオピニオンで受診し、歯牙腫摘出後、保存的に加療をすすめ快方に向っている症例について報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 小児における舌病変の臨床病理学的検討

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 村上 千明, 銅前 昇平, 吉濱 泰斗, 西山 明慶, 佐々木 朗

    小児口腔外科   19 ( 1 )   65 - 65   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 当科における口腔扁平上皮癌の治療成績(第1報)

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 塚本 剛一, 西山 明慶, 目瀬 浩, 松村 智弘, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   43 - 50   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    根治的治療を施行した口腔扁平上皮癌一次症267例において、臨床病理学的諸因子ならびに治療法別の治療成績を評価した。Stage分類、T分類、N分類、原発巣分化度、浸潤様式、再発・転移の因子が、有意に生存率に影響を及ぼした。頬粘膜癌が他の癌に比べ有意に予後不良であった。手術群、術前照射群、術前化学療法群、組織内照射群、放射線動注化学療法群、放射線療法群の5年疾患特異的累積生存率は、それぞれ74.1%、77.1%、100%、97.2%、91.7%.100%であった。根治的治療群における5年累積生存率は全症例77.4%、再発・転移群46.7%であった。N分類および分化度が独立した予後規定因子となった。治療後に評価できる因子である再発・転移(あり/なし)の項目を加え、生存率について多変量解析を行い、再発・転移の因子のみが独立した予後規定因子となった。

    researchmap

  • [Two cases of giant metastatic cervical lymphnode from oral cancer responding to concurrent chemoradiotherapy with S-1]. 査読

    Koji Kishimoto, Shoko Yoshida, Tatsuo Ono, Yasuto Yoshihama, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   35 ( 10 )   1727 - 30   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report two cases of giant metastatic cervical lymphnode from oral squamous cell carcinoma, successfully treated with concurrent chemoradiotherapy with S-1. Case 1 was a 80-year-old male who had an ipsilateral occult neck metastasis(52x46 mm mass)at level IV after surgery of the left tongue carcinoma(T2N0M0). Radiotherapy(2.0 Gy/day; 5 days/week)was given at a total dose of 66 Gy. Two courses of oral administration of S-1(61 mg/m2/day)for 2 weeks followed by 1-week rest period as one course was repeated with the concurrent radiotherapy. After the radiotherapy, the oral administration of S-1 alone was continued for 1 year under the same regimen. Case 2 was a 51-year-old male who had left tongue carcinoma(T4bN2cM0)with ipsilateral cervical lymphnode metastasis(88x44 mm mass). The same chemoradiotherapy(1.8 Gy/day; 5 days/week; a total dose of 63 Gy; S-1 53 mg/m2/day)was carried out as in case 1. These giant metastatic lymphnodes of case 1 and 2 disappeared by 3 and 6 months after radiotherapy, respectively, and achieved a complete response. This therapy may be effective not only for primary lesion of oral cancer, but also metastatic regional lymphnodes in some cases.

    PubMed

    researchmap

  • S-1と放射線同時併用療法が奏効した口腔癌からの巨大な頸部リンパ節転移の2例

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 小野 達生, 吉濱 泰斗, 西山 明慶, 佐々木 朗

    癌と化学療法   35 ( 10 )   1727 - 1730   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    口腔扁平上皮癌からの巨大な頸部リンパ節転移に対してS-1併用化学放射線療法が奏効した2例を報告する。症例1は80歳、男性。左側舌癌(T2N0M0)の術後、同側のレベルIV領域への後発リンパ節転移(52×46mm大の腫瘤形成)を来した症例である。放射線治療として、2.0Gy/日、週5日、計66Gyの分割照射を行った。また、S-1の経口投与を61mg/m2/日の用量で2週間連日経口投与1週間休薬を1コースとして、放射線と同時併用で2コース施行した。なお、放射線治療終了後もS-1の単独投与を同じ投与法で1年間継続した。症例2は51歳、男性。同側頸部リンパ節転移(88×44mm大の腫瘤形成)を伴う左側舌癌の症例(T4bN2cM0)である。症例1と同様の方法で化学放射線療法(1.8Gy/日、週5日、計63Gy,S-1 53mg/m2/日)を行った。症例1と2の巨大な転移リンパ節は、照射終了3および6ヵ月後までにそれぞれ消失し、CRと判断された。この治療法は、口腔癌の原発巣のみならず所属転移リンパ節に対しても症例によっては有効であると思われる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20081020420019&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2008%2F003510%2F020%2F1727-1730%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2008%2F003510%2F020%2F1727-1730%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 矯正ゴムを使った改良型止血用シーネの使用経験

    椋代 達典, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   22 ( 1 )   27 - 31   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    60歳女。患者は上顎左側第一大臼歯の自発痛、周囲歯肉の腫脹を主訴とした。以前の抜歯の際に止血困難の既往があった。画像所見では上顎左側第一大臼歯の全ての根尖部にそれぞれ小豆大の骨透過像が認められ、上顎洞底部との近接がみられ、上顎左側第一大臼歯の急性化膿性根尖性歯周炎と診断された。治療方針は抜歯と全顎的な補縄処置としたが、抜歯時に上顎洞穿孔の可能性を考え、自家考案型のシーネを作製した。改良シーネではレジン床にフックを埋め込み、矯正ゴムが装着できる工夫をして、ゴムの大きさや張力を変えることでシーネの維持力を調整できるようにした。その結果、穿孔することなく、通常の止血シーネとした使用することとなり、抜歯窩は順調に治癒した。

    researchmap

  • 著明な口蓋部の骨吸収を伴った粘液嚢胞の1例

    山本 大介, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   21 ( 1 )   129 - 134   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    50歳女。口蓋部の違和感を主訴とした。約4年前に左側口蓋部の腫脹が出現し、腫脹が増大したため歯科医院にて切開して粘液を排出し、腫脹は縮小した。MRI所見にて硬口蓋部から鼻腔底に及ぶ口蓋骨の骨吸収を認め、14×10×8mm大の病変を認めた。また、上咽頭後壁部に8×5mmの病変を認めた。左側口蓋部病変は粘液膿疱を強く疑い、口腔粘膜と一塊に摘出した。摘出した腫瘤は径約20mm、弾性軟で、内部は無色透明の漿液性液体で、病理組織学的に停滞型の粘液膿疱と確定診断した。上咽頭部病変は後に摘出し、リンパ上皮性膿疱と診断した。なお、今までに、口蓋部に発生した停滞型粘液膿疱の報告は自験例を含めて8例で、内6例が女性であった。

    researchmap

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)開設後24年間における入院患者の臨床統計的観察

    小山 貴弘, 西山 明慶, 立本 周司, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 志茂 剛, 中山 周子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   15 - 20   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    1982年4月〜2006年3月迄に、当口腔外科にて入院加療を行った患者のべ4521名について臨床統計的観察を行った。疾患別入院患者数は炎症21.8%、悪性腫瘍19.6%、嚢胞17.7%、変形・奇形12.1%、良性腫瘍・腫瘍類似疾患9.9%、外傷7.8%、抜釘・プレート除去のみ3.3%、唾液腺疾患2.4%、インプラント関連1.6%、腫瘍の術後再建のみを目的とした入院1.1%、その他2.8%であった。年度別の比較では、初年度入院患者は少なく、以後の10年間はほぼ横ばいであったが、1993年以降は増加に転じていた。疾患別では1995年頃より変形・奇形が増加し、また、1989年以降にそれまで減少傾向にあった炎症が増加に転じていた。性別入院患者数は男2373名、女2148名で、年度別では当初は有意に男性患者が多かったが、最近2年間は有意に女性が多くなっていた。年齢別にみると、10歳〜20歳台と50歳〜60歳台にピークがある二相性の分布を示した。全症例の平均入院日数は23.7日で、年度別でみると当初10年間は平均31.4日であったが徐々に減少し、最近10年間は平均18.9日となっていた。疾患別では悪性腫瘍の入院期間が著明に減少していた。

    researchmap

  • 岡山県における口腔がん検診(第2報)

    水川 展吉, 佐々木 朗, 大杉 篤生, 目瀬 浩, 志茂 剛, 金田 祥弘, 西山 明慶, 吉濱 泰斗, 鳩本 清美, 沢木 聖子, 山近 英樹, 植野 高章, 高木 慎, 菅原 利夫

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   21 - 24   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    岡山県において、平成17〜18年に行われた第1回から第6回までの前癌病変を含めた口腔がん検診の概要を報告した。受診人数は332名、男81名、女244名、年齢層別では男性は30歳台が多く、女性は30歳台、50-70歳台が多かった。323名中、粘膜異常、粘膜症状ありは107名、異常なし206名であった。粘膜異常としては、びらん、アフタ、歯周炎、粘膜炎の疑いが多く、前癌病変の白板症が132名、紅板症が2名、前癌状態の口腔扁平苔癬が3名で、前癌病変発見率4.3%、前癌病変前癌状態発見率5.2%であった。1名で口腔がん疑いのため生検を行ったが、悪性所見は得られなかった。異常部位別では、歯肉が最も多く、次いで舌、頬粘膜、口蓋の順であった。

    researchmap

  • 当科における口腔扁平上皮癌の術後再発および転移の頻度ならびに時期に関する検討

    岸本 晃治, 西山 明慶, 万代 とし子, 辻本 紗代子, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   24 ( 2 )   75 - 80   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口腔扁平上皮癌における術後再発,頸部後発転移,遠隔転移の頻度ならびに発現時期の検討を行った.根治手術を施行した一次症例175例中,再発,転移をきたした口腔扁平上皮癌56例を対象とした.175例中30例に一次治療終了後に原発巣再発を認めた.全原発巣再発症例の63.3%が6ヵ月以内に再発した.頸部再発は,69例中7例に認めた.頸部再発の時期は,6ヵ月以内が5例で,1年以上が2例であった.原発巣を制御し得た頸部後発転移は19例(17.9%)であった.全頸部後発転移症例の52.6%が6ヵ月以内に転移した.175例中10例(5.7%)に遠隔転移を認めた.全遠隔転移症例の60.0%が6ヵ月以内に転移した.原発巣・頸部ともに制御された遠隔転移2例では,比較的早期に遠隔転移を認めた.原発巣・頸部非制御症例では,全て頸部リンパ節転移が認められた後に遠隔転移が発見された

    researchmap

  • Trismus due to bilateral coronoid hyperplasia in a child: case report. 国際誌

    Takamitsu Mano, Yoshiya Ueyama, Takahiro Koyama, Akiyoshi Nishiyama, Tomohiro Matsumura

    Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   63 ( 3 )   399 - 401   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO  

    Hyperplasia of the bilateral coronoid processes leads to restriction of mandibular opening consequent to contact of the enlarged coronoid process with the temporal surface of the malar bone, or with the medial surface of the zygomatic arch.(1) Hyperplasia of the bilateral coronoid processes, which is rare, is difficult 2 to distinguish from temporomandibular joint disease. Furthermore, this condition is typically observed after puberty 3; consequently, few pediatric cases are detected. In children, trismus is a sign of this disorder, some of the causes of which can inhibit growth of the mandible. Moreover, trismus may interfere with mastication and dental treatment. At this juncture, surgical intervention is required. However, complications such as inhibition of jaw growth and postoperative relapse occur in patients treated at an early age. In addition, the timing of surgery is controversial. The current report describes a patient presenting with hyperplasia of the bilateral coronoid process who underwent surgery at an early age.

    DOI: 10.1016/j.joms.2004.07.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 耳前部の腫脹を来した顎関節滑膜軟骨腫症の1例

    目瀬 浩, 中山 周子, 澤田 誠司, 志茂 剛, 西山 明慶, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   23 ( 2 )   221 - 225   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    44歳女.10年程前より右側顎関節部の違和感と開閉口時のクリッキングを自覚した.右側耳前部が腫脹し徐々に増大し,X線検査で右側顎関節腔内に多数のX線不透過物を認めた.右側顎関節滑膜軟骨腫症を疑い,全身麻酔下に腫瘤摘出術を施行した.病理組織学的に,滑膜軟骨腫症と診断した.術後7日間顎間固定を行った後,積極的な開口練習を行わせた.現在,術後約9年経過した時点で開口量45mmと開口障害や開,閉口時顎の右側への偏位は認められず,また再発もなく経過良好である

    researchmap

  • Class III malocclusion with severe facial asymmetry, unilateral posterior crossbite, and temporomandibular disorders. 国際誌

    Eri Miyatake, Shouichi Miyawaki, Yasuko Morishige, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki, Teruko Takano-Yamamoto

    American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   124 ( 4 )   435 - 45   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    A 22-year-old woman had a Class III malocclusion with severe facial asymmetry, unilateral posterior crossbite, and temporomandibular disorders. A clicking sound was noted in the temporomandibular joint on the posterior crossbite side during jaw opening, and she complained of pain in the masticatory muscles on both sides. The articular disc on the crossbite side was displaced anteriorly without reduction. The patient was treated orthodontically with edgewise appliances and surgically with LeFort I and intraoral vertical ramus osteotomies. The result of the combined surgical-orthodontic treatment was facial symmetry and optimal occlusion. The displaced articular disc moved into a normal position, and most of the temporomandibular disorder symptoms improved. At the 2.5-year follow-up, the temporomandibular joint conditions had been maintained.

    DOI: 10.1016/S0889-5406(03)00562-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 出血制御のために動脈塞栓術を施行した末期口腔癌の3例

    吉濱 泰斗, 西山 明慶, 山田 庸介, 木村 卓爾, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   15 ( 1 )   13 - 19   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    原発巣や頸部転移巣からの出血を制御するため動脈塞栓術を施行した口腔癌末期の患者3例(症例1:63歳女,症例2:66歳男,症例3:73歳男)について検討した.症例1は術後の出血はみられず,全身状態が改善したため退院したが,退院2ヵ月後に肺炎により死亡した.症例2は術後の出血はみられなかったが,約4ヵ月後,腫瘍が上顎骨および左顔面から頸部の皮膚等の周囲組織に進展し,それに伴う悪液質により死亡した.症例3は術後の副作用及び出血を認めなかったが,4日後に頸部から大量出血し死亡した.塞栓術が奏効した症例1及び2の術前後のKPSと血清アルブミン値を比較検討した結果,出血直後に比べ塞栓後のKPS及び血清アルブミン値は改善しており,QOLは改善したと考えられた.口腔癌に対する血管内治療は患者のQOLの維持,改善と延命に有効な手段であると考えられた

    DOI: 10.5843/jsot.15.13

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2003&ichushi_jid=J02382&link_issn=&doc_id=20030612330003&doc_link_id=%2Fdy8ortum%2F2003%2F001501%2F003%2F0013-0019%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy8ortum%2F2003%2F001501%2F003%2F0013-0019%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 皮弁・筋皮弁による口腔癌再建手術の臨床的検討

    目瀬 浩, 吉濱 泰斗, 真野 隆充, 山田 庸介, 塚本 剛一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 木村 卓爾, 佐々木 朗, 松村 智弘

    岡山歯学会雑誌   21 ( 2 )   235 - 239   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    過去20年間に当科で皮弁・筋皮弁による再建術を行った口腔癌患者44名48例について検討した.年齢は28〜77歳(平均60.3歳),男37例,女11例であった.T分類ではT4症例が29例(65.9%)と最も多く,進行癌が殆どであった.再発例は7例で,rT2が2例,rT4が5例であった.再建部位は下顎歯肉9例,口底9例,舌17例,頬粘膜9例,顔面・頸部皮膚4例(二次再建例)であった.再建部位別皮弁・筋皮弁頻度は下顎歯肉ではD-P皮弁2例,大胸筋皮弁7例,口底ではD-P皮弁3例,大胸筋皮弁6例,舌ではD-P皮弁3例,大胸筋皮弁13例,前腕皮弁1例,頬粘膜ではD-P皮弁9例,顔面・頸部皮膚では前外側大腿皮弁3例,広背筋皮弁1例であった.皮弁・筋皮弁の生着率は生着良好は35例,生着不良は13例であった.生着良好例の平均年齢は59.0歳,生着不良例では平均63.8歳であった.生着不良例の内訳はD-P皮弁5例,大胸筋皮弁8例で,血管柄付き遊離皮弁は全例生着良好であった

    researchmap

  • 口腔悪性黒色腫4例の臨床的検討

    花村 美穂子, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 木村 卓爾, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 山田 庸介, 真野 隆充, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   14 ( 2 )   53 - 61   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    口腔悪性黒色腫4例について臨床的検討を行った.対象は男女各2例で,年齢は57〜75歳であった.原発部位は下顎歯肉1例,口蓋3例で,初診時のUICC(1997)分類はstage Ia期:1例,stage II期:1例,stage III期:2例であった.治療法は全例に外科療法を行い,その前後にダカルバジンを中心とした化学療法,および免疫療法,またはホルモン療法を併用した.局所再発,および頸部リンパ節転移,または遠隔転移を起こした2例が死亡例であった.他の2例は局所再発,および転移はなく,経過観察期間は14年11ヵ月と3年8ヵ月であった

    DOI: 10.5843/jsot.14.53

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2002&ichushi_jid=J02382&link_issn=&doc_id=20030311170003&doc_link_id=%2Fdy8ortum%2F2002%2F001402%2F003%2F0053-0061%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy8ortum%2F2002%2F001402%2F003%2F0053-0061%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当科における粘表皮癌の臨床統計的検討

    目瀬 浩, 佐々木 朗, 中妻 可奈子, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 木村 卓爾, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   14 ( 1 )   11 - 16   2002年3月

  • A radiologic analysis of dentigerous cysts and odontogenic keratocysts associated with a mandibular third molar

    G Tsukamoto, A Sasaki, T Akiyama, T Ishikawa, K Kishimoto, A Nishiyama, T Matsumura

    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTICS   91 ( 6 )   743 - 747   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    Objective. The purpose of this study was to discriminate radiographically between dentigerous cysts (DCs) and odontogenic keratocysts (OKCs) associated with a mandibular third molar.
    Study design. The material consisted of panoramic radiographs of dentigerous cysts (44 patients, 45 cysts) and odontogenic keratocysts (15 patients, 16 cysts), all of which were related to a mandibular third molar. The radiographic images were analyzed with reference to the patients' ages and symptoms.
    Results. The mean age of patients in the OKC group was less than that of patients in the DC group. The mean area of the cysts in the OKC group was larger than that of those in the DC group. The mean distance from the second to the third molar in the DC group was greater than that in the OKC group. Although there was a significant correlation between the area and distance in the DC and OKC groups, the patients' ages did not significantly correlate to the area and distance of either cyst.
    Conclusions. The OKCs had a tendency toward rapid growth in the patient's youth but short movement of a third molar compared with the DCs. The DCs and OKCs do not appear to develop gradually from the period when follicles or dental lamina were formed but arise at various periods randomly.

    DOI: 10.1067/moe.2001.114157

    Web of Science

    researchmap

  • 扁平上皮癌を疑った慢性肥厚性カンジダの2例(Two cases of chronic hyperplastic oral candidiasis suspected of oral squamous cell carcinomas)

    新谷 悟, 吉濱 泰斗, 竹下 信義, 西山 明慶, 竹林 俊明, 三原 真理子, 上山 吉哉, 松村 智弘

    岡山歯学会雑誌   19 ( 2 )   275 - 278   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    共に85歳女,臨床的に扁平上皮癌を強く疑う慢性肥厚性カンジダ症の2例を経験した.いずれも舌縁部の外向性腫瘤であったが,1例では,数回の生検を行い,もう1例では切除生検を行った.扁平上皮癌を強く疑う慢性肥厚性カンジダ症においては,切除生検が適応となると考えられた

    researchmap

  • ヒト口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状

    佐々木 朗, 横山 尚史, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 中山 周子, 西山 明慶, 石川 徹, Lim Darwin, 松村 智弘

    骨転移: 病態・診断・治療   16 ( 1 )   27 - 31   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山骨転移カンファレンス事務局  

    researchmap

  • 口腔癌患者におけるVideoflourographyを用いた嚥下機能評価

    新谷 悟, 寺門 永顕, 吉濱 泰斗, 小山 貴弘, 西山 明慶, 岸本 晃治, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   10 ( 3 )   106 - 111   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    嚥下の様相は,術前ならびに術後の摂食開始時にVF検査にて評価され,記録された.VFによる評価により臨床的な観察によって同定されない異常所見を見いだすことができた.患者と共にVF検査結果を基に嚥下訓練について話し合うことで,患者の協力が得られた

    DOI: 10.5843/jsot.10.106

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1998&ichushi_jid=J02382&link_issn=&doc_id=19981210210002&doc_link_id=10.5843%2Fjsot.10.106&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5843%2Fjsot.10.106&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 顎骨に発生した脈瘤性骨嚢胞の2例

    佐々木 朗, 西山 明慶, 三崎 昌和

    日本口腔外科学会雑誌   40 ( 12 )   1314 - 1316   1994年12月

  • 岡山大学歯学部附属病院第二口腔外科開設後10年間における入院患者の臨床統計的観察

    西山 明慶, 坂井 義春, 森田 巨樹

    岡山歯学会雑誌   13 ( 2 )   233 - 241   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    入院患者数はのべ1424名,男性808名,女性616名で男女比は約1.3:1。年齢別入院患者数は,0歳から最高齢89歳で,50歳代が最も多かった。地域別入院患者数では岡山県内が76.3%を占めていた。疾患別入院患者数では,奇形および変形症5.5%,炎症22.3%,悪性腫瘍22.7%,良性腫瘍および腫瘍類似疾患9.6%,外傷13.4%,嚢胞18.8%で,腫瘍が全体の32.3%を占めており,他施設に比べ高い比率を示した。外傷は10歳代の男性に多く,嚢胞および炎症は40歳代の男性に多かった。悪性腫瘍では70歳代が最も多く高齢化を示し,今後高齢者の悪性腫瘍患者に対する治療法の検討が重要課題と思われた

    researchmap

  • 眉毛切開と上顎口腔前庭切開を用いた頬骨骨折の治療

    上山 吉哉, 西山 明慶, 太田 洋

    日本口腔外科学会雑誌   40 ( 5 )   613 - 615   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    著作らは,頬骨骨折に対し眉毛切開に上顎口腔前庭切開を加えて整復し,前頭頬骨縫合部にはワイヤーで,頬骨縫合部にはミニプレートで固定することにより良好な結果が得られた

    DOI: 10.5794/jjoms.40.613

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1994&ichushi_jid=J01073&link_issn=&doc_id=19950035060008&doc_link_id=10.5794%2Fjjoms.40.613&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5794%2Fjjoms.40.613&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 下顎歯肉癌に対するペプロマイシン全身投与により発症した肺線維症の1例

    佐々木 朗, 三崎 昌和, 西山 明慶

    岡山歯学会雑誌   10 ( 2 )   255 - 263   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 口蓋に発生した巨大な多形性腺腫の1例

    西山 明慶, 木村 卓爾, 小林 清司

    岡山歯学会雑誌   6 ( 1 )   107 - 111   1987年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口蓋から咽頭後壁に接する,有茎性の巨大な多形性腺腫(80×45×25 mm, 60 g)の1例を経験した.1)巨大な腫瘤が有茎性であることが,CT, MRIなどの近年開発された画像診断でも明確に診断できず,臨床所見からも診断が困難であった.2)血管塞栓術は,止血に有効な手段であり,支配領域の比較的明確な口腔領域では,症例を選ぶことによって有力な方法と思われる

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 癒合不全により再固定を行ったObwegeser第II法症例の長期経過観察

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 田中 敦子, 小田垣 直弥, 川邊 紀章, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   30 ( 2 )   128 - 128   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 上下顎歯列の三次元的な変形を認める上顎前突症例に顎矯正手術を行った1例

    河野 加奈, 川邉 紀章, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    日本顎変形症学会雑誌   30 ( 2 )   177 - 177   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術における偶発骨折の要因と対応について

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 奥井 達雄, 竜門 省二, 國定 勇希, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   30 ( 2 )   136 - 136   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 最近10年間の顎矯正手術における合併症、偶発症に関する臨床的検討

    竜門 省二, 吉岡 徳枝, 國定 勇希, 岸本 晃治, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   30 ( 2 )   136 - 136   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 習慣性顎関節脱臼に対し外科的治療を行い積極的な口腔ケアが行えるようになった1例

    小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 野島 鉄人, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   38 ( 2 )   91 - 91   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 当科における著名人のマスコミへの病名公表による受診率の影響について

    柴田 茜, 岸本 晃治, 小畑 協一, 國定 勇希, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   38 ( 2 )   92 - 92   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 顎関節脱臼を繰り返す高齢患者に関節結節切除術を施行した1症例

    神尾 咲智子, 竜門 幸司, 小畑 協一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   33 ( 1 )   109 - 112   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    顎関節脱臼とは下顎頭が下顎窩から外に出て顎関節運動の範囲外にあり、元の位置に戻らない状態のことを示す。特に高齢者の顎関節脱臼の頻度は高く、今後も増加すると推定されている。今回われわれは、高齢者の習慣性顎関節脱臼に対し関節結節切除術を施行した症例を経験したので、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 顎関節脱臼を繰り返す高齢患者に関節結節切除術を施行した1症例

    神尾 咲智子, 竜門 幸司, 小畑 協一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   33 ( 1 )   109 - 112   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    顎関節脱臼とは下顎頭が下顎窩から外に出て顎関節運動の範囲外にあり、元の位置に戻らない状態のことを示す。特に高齢者の顎関節脱臼の頻度は高く、今後も増加すると推定されている。今回われわれは、高齢者の習慣性顎関節脱臼に対し関節結節切除術を施行した症例を経験したので、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 外科的矯正治療におけるオトガイ形成術の臨床的検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 國定 勇希, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   150 - 150   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術における、術者経験レベルによる手術時間と出血量の比較検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 奥井 達雄, 伊原木 聰一朗, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   169 - 169   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 三叉神経第三枝領域の帯状疱疹に合併した抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の1例

    小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 野島 鉄人, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   65 ( 5 )   371 - 375   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は87歳女性で、体温は39℃で、左側オトガイ部から頬部にかけて浮腫性腫脹があり、左側オトガイ部皮膚に紅斑を伴う多数の疱疹を認めた。顕著な開口障害を有し、左側舌縁部や左側下顎歯肉、左側下唇粘膜に偽膜を伴う多数の潰瘍性病変を認めた。臨床診断は、限局性帯状疱疹(左側三叉神経第三枝領域)であった。当科入院とし、アシクロビル750mg/日の静脈内投与、下唇およびオトガイ部皮膚へのビダラビン軟膏の塗布を開始した。6日目になってナトリウム(Na)が114mEq/Lまで低下し、同時に経口摂取量も減少した。原因を精査したところ、(1)胸部X線写真で肺野に異常を認めなかった、(2)胸腹部CTで総胆管結石による胆管炎があるもののそれ以外の部位に明らかな異常はなかった、(3)抗ウイルス薬以外の薬剤の投与を行っていない、(4)尿素窒素が15.1mg/dL、尿比重が1.017で、口腔粘膜や皮膚の乾燥はなく脱水所見がない、(5)嘔吐や下痢はなくNaの体外喪失がない、(6)尿Na排泄の抑制はなく、血清クレアチニンが0.37mg/dL、血清浸透圧が239mOsm/kg、尿浸透圧が522mOsm/kg、コルチゾールが27.6μg/dL、バゾプレシンが3.8pg/mL、尿酸が1.6mg/dLであったことから、限局性帯状疱疹に合併した抗利尿ホルモン不適合分泌症候群と診断した。水分摂取の制限と生理食塩水を中心とした補正を施行したところ、徐々にNaが上昇した。それと同時に経口摂取量が改善した。疱疹すべてが痂皮化したため入院17日目に当院退院した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01073&link_issn=&doc_id=20190607440014&doc_link_id=10.5794%2Fjjoms.65.371&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5794%2Fjjoms.65.371&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して外科的矯正治療を行った1例

    河野 加奈, 中村 政裕, 川邉 紀章, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   189 - 189   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • SARPE後に上下顎同時移動術を施行し、骨癒合不全を認めた症例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 星島 光博, 伊原木 聰一郎, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   181 - 181   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術における、術者経験レベルによる手術時間と出血量の比較検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 奥井 達雄, 伊原木 聰一朗, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   169 - 169   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 過去10年間における顎下腺唾石症の臨床的検討

    坂本 裕美, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 岸本 晃治, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   32 ( 1 )   82 - 82   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 過去10年間における顎下腺唾石症の臨床的検討

    坂本 裕美, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 岸本 晃治, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   24 ( 2 )   70 - 70   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 津山中央病院における周術期口腔機能管理の現状 過去3年間の臨床統計学的検討

    小畑 協一, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 平良 明彦

    津山中央病院医学雑誌   32 ( 1 )   9 - 13   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    周術期口腔機能管理は、手術または放射線治療、化学療法もしくは緩和ケアを実施する患者に対し口腔環境を整えることで、周術期における肺炎等の感染性合併症を予防する効果があるだけでなく、摂食嚥下機能の改善等、QOLの向上にも関与しているとされている。今回われわれは2014年4月から2017年3月までの3年を対象に統計学的な検討を行った結果、術後肺炎発症率の有意な低下を認めたため、若干の考察を加え報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • ゾレドロン酸水和物注射液によりMRONJの再発を繰り返したと思われる1症例

    井上 大基, 竜門 幸司, 小畑 協一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   32 ( 1 )   95 - 100   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    ビスフォスフォネート(Bisphosphonate:BP)製剤は、骨粗鬆症や悪性腫瘍の骨転移、多発性骨髄腫などさまざまな疾患の予防と治療に用いられるが、侵襲的歯科治療や慢性炎症の存在などによって薬剤関連顎骨壊死(Medication-related osteonecrosis of the jaws:MRONJ)が生じることが報告されている。今回われわれは、ゾレドロン酸水和物注射液投与を受け、MRONJを発症した患者の長期症例を経験したので、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科における歯原性腫瘍症例の臨床的検討

    王 碩, 岸本 晃治, 國定 勇希, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   123 - 123   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • ハイアングルを伴うSkeletal class IIIに対する下顎枝垂直骨切り術の術後安定性

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   119 - 119   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における骨格性2級症例の臨床的検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   201 - 201   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 凍結療法を併用したエナメル上皮腫摘出後の顎骨欠損部に腸骨移植と歯科インプラントにて咬合再建を行った1例

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 村瀬 友里香, 西山 明慶, 志茂 剛, 佐々木 朗

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   17 ( 1 )   33 - 37   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    凍結療法を併用したエナメル上皮腫摘出後の顎骨欠損部に腸骨移植による骨造成および歯科インプラントによる咬合再建を行い、良好に経過した1例を経験したので報告する。患者は22歳女性で、左側下顎部の腫脹と歯の動揺を主訴に来院した。エナメル上皮腫と診断し、腫瘍摘出術を施行し、また腫瘍と接していた骨面を削除し、凍結療法を行った。腫瘍摘出術後2年で腸骨移植を行い、その5ヵ月後にインプラント体を埋入した。上部構造装着から6年経過した現在、経過良好である。(著者抄録)

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携におけるMRONJ患者の調査

    坂本 裕美, 志茂 剛, 國定 勇希, 増井 正典, 小畑 協一, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 吉田 祥子, 村瀬 友里香, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   83 - 83   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 当科における重症歯性感染症の臨床統計的検討

    竜門 省二, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 國定 勇希, 吉田 祥子, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   116 - 116   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携におけるMRONJ患者の調査

    坂本 裕美, 志茂 剛, 國定 勇希, 増井 正典, 小畑 協一, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 吉田 祥子, 村瀬 友里香, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   127 - 127   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 当科における重症歯性感染症の臨床統計的検討

    竜門 省二, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 國定 勇希, 吉田 祥子, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   160 - 160   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 嗅神経芽細胞腫の陽子線治療患者に対して口腔機能管理を行った1症例

    薬師寺 翔太, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 兒玉 真一, 小畑 協一, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   31 ( 1 )   123 - 127   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    今回嗅神経芽細胞腫の陽子線治療患者の口腔機能管理を行うことで、口腔周囲組織の有害事象出現を防止し、術中、術後のQOLを向上させ、円滑に陽子線治療を進めることに寄与していることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 開咬を伴う下顎後退症に対して上下顎同時骨延長後にIVROを施行した1例の長期的観察

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 藤澤 達郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   159 - 159   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎後方移動に対する術式の選択基準に関する臨床的検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   103 - 103   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎変形症Initiative 岡山大学病院における外科的矯正治療のSustainability

    西山 明慶

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   np5 - np5   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    増井 正典, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   30 ( 1 )   150 - 150   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • Maxillofacial fractures in elderly patients

    Takakura H, Shimo T, Yoshioka N, Yao M, Obata K, Ibaragi S, Okui T, Kunisada Y, Morisawa A, Shibata A, Yoshida S, Murase Y, Kishimoto K, Nishiyama A, Mese H, Sasaki A

    Int J Surg Surgical Porced   2   2017年

     詳細を見る

  • Maxillofacial fractures in elderly patients

    Takakura H, Shimo T, Yoshioka N, Yao M, Obata K, Ibaragi S, Okui T, Kunisada Y, Morisawa A, Shibata A, Yoshida S, Murase Y, Kishimoto K, Nishiyama A, Mese H, Sasaki A

    v   2   2017年

     詳細を見る

  • Orthognathic surgery during breast cancer treatment-A case report. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Norie Yoshioka, Masahiro Nakamura, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Masanori Masui, Mayumi Yao, Koji Kishimoto, Shoko Yoshida, Akiyoshi Nishiyama, Hiroshi Kamioka, Akira Sasaki

    International journal of surgery case reports   31   30 - 34   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    INTRODUCTION: In recent years, patients with orthognathic surgery in middle-aged and elderly people have come to be a more frequent occurrence. Breast cancer is the most frequently diagnosed cancer in woman worldwide, and its prevalence rate is steadily increasing. PRESENTATION OF CASE: We report a case of a 47-year-old Japanese woman in whom left-side breast cancer (Stage 1) was unexpectedly found just before orthognathic surgery in April 2012. Breast-conserving surgery was performed (estrogen receptor+, progesterone receptor+, HER2 -, surgical margin+, sentinel lymph node +) that May. From June to August docetaxel (75mg/m2) and cyclophosphamide (600mg/m2) were administrated four times every 21days and thereafter radiotherapy (total 60Gy) was completed. The cancer surgeon declared the prognosis good and the patient had a strong desire to undergo orthognathic surgery, so in November we performed a bimaxillary osteotomy, and administration of tamoxifen began 6 weeks after the osteotomy. DISCUSSION: There are breast cancer cases in which the prognosis is sufficiently good for a planned orthognathic surgery to proceed. Good communication among surgeons and the patient is important. CONCLUSION: We experienced a case in which breast cancer was found just before the orthognathic surgery; we performed a bimaxillary osteotomy, including follow-up tamoxifen administration, during breast cancer treatment.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2016.12.014

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    増井 正典, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   22 ( 2 )   166 - 166   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 上顎歯肉癌切除後のシーネを暫間プロテーゼとして使用した1症例

    出射 明美, 竜門 幸司, 兒玉 真一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   30 ( 1 )   69 - 74   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    歯肉癌切除術の際には、切除範囲に含まれる歯牙や顎堤が失われ、上顎の場合には切除部位が広範囲に及び鼻腔や上顎洞と交通することが多いため、審美障害や咀嚼障害、嚥下障害、発音障害といった様々な障害が生じてくる。これらの問題に対処する顎骨切除術後補綴処置としては一般に顎義歯が用いられるが、術直後に装着することができないため、著者等は、術野の保護も兼ねて創傷保護用シーネを装着している。今回、創傷保護用シーネを治癒状況の変化に対応させながら暫間プローゼとして治療を進めた症例を経験したので、その経過を報告した。

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 高橋 巧, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 3 )   228 - 236   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    症例は19歳女性で、出生時に、巨舌、腹部膨満、臍ヘルニアを認め、Beckwith-Wiedemann症候群(BWS)と診断された。5歳時に右腎Wilms腫瘍と診断され、右腎摘出を施行後、ステージIIIの診断で放射線治療、化学療法を受け、腫瘍の再発を認めず、経過良好であった。12歳時に前歯の開咬を主訴に矯正歯科を受診した。正貌はほぼ対称で、下顎の前突を認めた。下顎は歯列弓過大による空隙歯列を認めた。オーバージェット-8.0mm、オーバーバイト-16.0mmで、両側第一大臼歯より前方に開咬を認め、臼歯関係は両側ともにAngleクラスIIIであった。また、舌は下顎の臼歯部咬合面を覆い巨舌を呈していた。パノラマX線では上顎切歯の歯間離開、下顎前歯部から小臼歯にかけ空隙歯列を認めた。側面頭部X線規格写真分析ではSNA 87.6°、SNB 87.1°、ANB 0.5°で骨格性の下顎前突を認め、正面頭部X線規格写真分析では顎顔面正中線に対し、上下顎前歯の正中は一致していた。下顎空隙歯列の原因と考えられる巨舌と骨格性下顎前突および開咬を改善するために舌縮小術と外科的矯正治療を行った。その後、14歳よりマルチブラケット装置を装着し、術前矯正治療が開始された。巨舌が残存し、開咬も増悪傾向にあったため17歳時に2回目の舌縮小術を施行した。舌は手術により前後径、幅径の縮小が得られ、安静位で咬合面を覆っていなかったが厚みは残存し、棍棒状の形態を示した。BWSによる巨舌に起因する骨格性開咬症と診断し、上下顎移動術を予定した。全身麻酔下に顎矯正手術を施行した。術直後から術後1年における垂直的移動量はU1、U6、B点でそれぞれ上方に1.5mm、3.5mm、2.5mm、水平移動量はそれぞれ後方に1.0mm、1.0mm、3.0mmであった。保定は上下顎に床装置を用い行い、術後2年の経過観察において良好な被蓋関係が保たれている。

    DOI: 10.5927/jjjd.26.228

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J03047&link_issn=&doc_id=20160914220006&doc_link_id=%2Fdh5jawdf%2F2016%2F002603%2F006%2F0228-0236%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdh5jawdf%2F2016%2F002603%2F006%2F0228-0236%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • スーパーフィクソーブMX改良プレートのLe Fort I型上顎骨切り術への適応

    西山 明慶

    日本口腔科学会雑誌   65 ( 2 )   113 - 113   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術における工夫と術後安定性について

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 志茂 剛, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   128 - 128   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • ガミースマイルを伴った上顎前突に対して馬蹄形骨切り併用4分割Le Fort I型上顎骨切りを行った1例

    西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 田井 規能, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   129 - 129   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術とIVROによる外科的矯正治療を行った偏位を伴う骨格性下顎前突症例

    田中 智代, 柳田 剛志, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 上岡 寛

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   149 - 149   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Detection of sonic hedgehog in patients undergoing orthognathic surgery

    Yuki Kunisada, Tsuyoshi Shimo, Masanori Masui, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Kenichi Matsumoto, Tatsuo Okui, Naito Kurio, Shohei Domae, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    International Journal of Surgery Open   5   1 - 4   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Purpose Sonic Hedgehog (SHH) is a regulatory protein involved in bone fracture healing. Orthognathic surgery involves surgical osteotomy of the mandible or maxilla to restore the proper anatomic and functional position in patients with dentofacial deformity. The purpose of this study was to analyze SHH local blood serum concentrations after osteotomy to gain further understanding of the molecular regulation of the initial stage of osteotomy healing. Methods Serum samples (local drainage and peripheral venous) of 34 patients (24 females and 10 males, mean age was 23.4 (16–42) years) who underwent orthognathic surgery were isolated from patients at different time points during the perioperative period. The levels of SHH, soluble receptor activator of nuclear factor-κB ligand (sRANKL) and osteoprotegerin (OPG) were measured using ELISA. Results SHH was detected in the local drainage immediately after osteotomy (309.5 ± 58.2 pg/ml), and decreased for 2 days after the operation (197.5 ± 43.6 pg/ml). The sRANKL local serum concentrations were at the maximum level immediately after the operation (141.4 ± 22.6 pg/ml) and decreased for 2 days (110.1 ± 23.4 pg/ml). On the other hand, the OPG concentration in the local serum was at a minimum after osteotomy (59.4 ± 4.6 pg/ml) and reached its maximum (181.5 ± 17.8 pg/ml, P &lt
     0.01) at 2 days after osteotomy. SHH and OPG local serum levels on day 2 were associated with the amount of bleeding during the operation. The local drainage serum level of SHH of maxillary/mandibular osteotomy had a tendency to be higher than that of mandible-only osteotomy at 2 days after operation. Conclusions Elevated levels of SHH in local serum after osteotomy, especially during the initial stage of healing, indicates its importance in osteotomy healing.

    DOI: 10.1016/j.ijso.2016.09.002

    Scopus

    researchmap

  • 術前診断が困難であったエナメル上皮腫の1症例

    杭ノ瀬 桃子, 竜門 幸司, 兒玉 真一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   29 ( 1 )   97 - 101   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    エナメル上皮腫は歯原性腫瘍の約30%を占める代表的な良性歯原性腫瘍であるが、典型的な病態を示さず病巣がさほど大きくない場合、術前診断は大変困難であり当初歯原性嚢胞として治療が施される場合が多い。また術前診断がエナメル上皮腫とされた場合でも患者のQOL等を考慮した結果、開窓術や腫瘍のみの摘出術を選択し長期にわたる経過観察が必要となる場合が多い。今回、当院歯科において、下顎臼歯部に発生したエナメル上皮腫の症例を経験したので今後の経過観察について検討しその概要を若干の考察と共に報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術の出血と輸血に関する検討 T&S移行後10年間の再評価

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   221 - 221   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科における多分割Le Fort I型骨切り術症例の臨床検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   120 - 120   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における馬蹄形Le Fort I型骨切り術の骨切線設計の工夫

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   131 - 131   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 達志, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 飯田 征二, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   28 ( 1 )   86 - 86   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • カルバマゼピンにより薬剤性過敏症症候群を発症した1例

    尾野 裕子, 志茂 剛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   28 ( 1 )   92 - 93   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 上顎歯肉に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例 本邦の口腔領域における発症例に関する文献的検討

    小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 吉田 祥子, 野島 鉄人, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   61 ( 1 )   20 - 24   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は80歳男性で、関節リウマチ(RA)に対し6年前よりメトトレキサート(MTX)を服用していた。左側上顎小臼歯部頬側歯肉の潰瘍形成と接触時痛を自覚し、近医歯科で歯肉癌が疑われた。同部に著明な発赤および腫脹を認め、中央部には硬結を伴う腫瘤が形成されていた。検査所見では白血球数、LDHが基準値内、CRP高値で、好中球上昇、リンパ球減少を認めた。病変部生検で、上皮下結合組織内に大小多数のリンパ球がび漫性に増殖し、細胞の多くは異型核を有し、CD20、EBER陽性であり、EBV陽性び漫性大細胞型B細胞悪性リンパ腫と病理診断された。しかし血液腫瘍内科よりMTX関連リンパ増殖性疾患の可能性を指摘され、MTX休薬としたところ、1ヵ月後には潰瘍の縮小と硬結の消失、歯肉の発赤軽減を認め、骨露出部の腐骨は脱落した。21ヵ月経過して病変再発はなく、RAの増悪もない。

    DOI: 10.5794/jjoms.61.20

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J01073&link_issn=&doc_id=20150128510004&doc_link_id=10.5794%2Fjjoms.61.20&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5794%2Fjjoms.61.20&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Installing an original sleeve for rod unaccessible pain from a distraction device in a hemifacial microsomia patient. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Akiyoshi Nishiyama, Norie Yoshioka, Akira Sasaki

    International journal of surgery case reports   12   137 - 9   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    INTRODUCTION: Lengthening of the mandible by distraction osteogenesis using an internal device is the preferred method for the treatment of hemifacial microsomia. Despite its advantages, this technique can lead to various complications after the surgery. PRESENTATION OF CASE: We report the case of an 8-yr-old Japanese girl whose case presented practical difficulties in device activation because of rod unaccessible pain after the initial mandibular distraction with an internal device, and this complication was addressed with the installation of an original sleeve. DISCUSSION: In the present patient, the region of the bend rod was located at the inferior border of the right mandible, causing rod unaccessible pain by contacting the surrounding tissue including a sensory nerve. Careful vertical ramus distractor position planning and tools to resolve complications are the key factors for accomplishing the scheduled elongation. CONCLUSION: Alternative techniques using a sleeve for safer and gentle distraction for rod unaccessible pain on activation should be considered.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2015.05.037

    PubMed

    researchmap

  • Installing an original sleeve for rod unaccessible pain from a distraction device in a hemifacial microsomia patient. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Akiyoshi Nishiyama, Norie Yoshioka, Akira Sasaki

    International journal of surgery case reports   12   137 - 9   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    INTRODUCTION: Lengthening of the mandible by distraction osteogenesis using an internal device is the preferred method for the treatment of hemifacial microsomia. Despite its advantages, this technique can lead to various complications after the surgery. PRESENTATION OF CASE: We report the case of an 8-yr-old Japanese girl whose case presented practical difficulties in device activation because of rod unaccessible pain after the initial mandibular distraction with an internal device, and this complication was addressed with the installation of an original sleeve. DISCUSSION: In the present patient, the region of the bend rod was located at the inferior border of the right mandible, causing rod unaccessible pain by contacting the surrounding tissue including a sensory nerve. Careful vertical ramus distractor position planning and tools to resolve complications are the key factors for accomplishing the scheduled elongation. CONCLUSION: Alternative techniques using a sleeve for safer and gentle distraction for rod unaccessible pain on activation should be considered.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2015.05.037

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 達志, 岡崎 景, 居樹 秀明, 毛利 行雄, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 壺内 智郎, 飯田 征二, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   47 - 47   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • カルバマゼピンにより薬剤性過敏症症候群を発症した1例

    尾野 裕子, 志茂 剛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   20 ( 2 )   101 - 102   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 達志, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 飯田 征二, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   20 ( 2 )   95 - 95   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 岡崎 景, 西山 明慶, 居樹 秀明, 松村 達志, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 壺内 智郎, 飯田 征二, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   23 - 28   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口腔癌検診研修会基礎コースを修了した歯科医師を対象に、研修会終了後にアンケート調査を行った。2013年に行われた3回の研修会の研修者の合計は46人(3人が2回研修)であった。臨床経験年数は10〜42年(平均23.6年、中央値25年)に比較的長い研修者が多かった。口腔癌症例経験ありは70%に認められ、経験症例数は1〜3例が多かった。口腔癌症例経験者の中で癌の疑いがあると診断して専門機関に紹介した症例が93%と大部分を占めた。しかし、その中で早期癌を診断できた症例は45%に過ぎず、初診時に進行していた症例も46例に認められた。また、紹介が少し遅くなった症例が9%認められたが患者が専門機関をなかなか受診してくれなかった例も1例あった。癌の部位は舌が最も多く41%認められ、下顎歯肉32%、口底13%と続いた。研修会の時間・レベルは概ね適切で、講義・実習・テキストもためになり、今後の臨床に役立つとの回答が得られた。再研修の必要性は91%と多かったが、アドバンスコースの希望者は69%に留まり、ベーシックコースの希望者も22%認められた。また、再研修までの期間は1年の35%を前後にばらつきが認められた。研修者はより実践的に役立つ研修内容を希望していた。

    researchmap

  • いま歯科衛生士に求められる全身管理とは

    西山 明慶

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   50 - 50   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 著しい骨格性下顎前突症例に対して、Obwegeser II法を適用した治療例

    住吉 久美, 川邉 紀章, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆, 上岡 寛

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   302 - 302   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療術後患者における骨代謝マーカーの検討

    國定 勇希, 志茂 剛, 増井 正典, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   63 ( 4 )   442 - 442   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 津山中央病院における術後早期口腔機能管理への取り組み

    松田 祐典, 竜門 幸司, 兒玉 真一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 小畑 協一, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   28 ( 1 )   33 - 41   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    当科では2012年2月より周術期口腔機能管理を行っている。しかし、患者数の増加に伴い術前術後の口腔内環境の変化が著しい症例も増加してきた。そこで周術期口腔機能管理を行った症例から問題点を抽出し、解決を図るべく術前後の基本的口腔ケアのパンフレットを作成し臨床で活用している。今回我々は2013年2月〜2014年1月までの1年間における周術期口腔機能管理に関する患者数等の集計と我々が問題点を抽出した症例から以下の結論を得た。1.周術期口腔機能管理を行うためには相応の人員が必要となる。2.術前口腔機能管理の効果を十分発揮するためには、できうる限り早い時期に歯科受診を行う必要がある。3.総合的な判断を行うため複数のスタッフで診断を行う。4.パンフレットやチェックシートを活用し術直前、術直後における口腔機能管理漏れに対し有効な手段を取る必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 外科的矯正治療術後患者におけるソニックヘッジホッグの検出

    國定 勇希, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 増井 正典, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   32回   315 - 315   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • NSAIDsが原因と考えられた十二指腸潰瘍穿孔の1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗

    歯科薬物療法   33 ( 2 )   107 - 107   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科薬物療法学会  

    researchmap

  • 当科における馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術施行症例の臨床検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 福島 宏明, 中村 政裕, 志茂 剛, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   130 - 130   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Detection of sonic hedgehog in a patient with orthognathic surgery 査読

    Tsuyoshi Shimo, Yuki Kunisada, Naito Kurio, Masanori Masui, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   29   S482 - S482   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察 最近10年と以前との比較

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 銅前 昇平, 志茂 剛, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   63 ( 1 )   199 - 199   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝垂直矢状分割術を併用した顔面非対称症例の術後安定性に関する検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 志茂 剛, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   132 - 132   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 前歯部空隙歯列を伴う骨格性下顎前突に対し下顎正中部骨削除と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 國定 勇希, 高木 雅人, 田井 規能, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   125 - 125   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 咽頭弁により経鼻挿管困難であった唇顎口蓋裂患者に対し経口挿管で上下顎同時移動術を行った1例

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 國定 勇希, 福島 宏明, 村上 隆, 山城 隆, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   108 - 108   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 二つの拡大装置と外科的急速拡大の組み合わせによって治療を行った顔面非対称症例

    川邉 紀章, 古森 紘基, 白賀 のり子, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   263 - 263   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • Surgically assisted rapid palatal expansion(SARPE)を併用した骨格性下顎前突症例

    早野 暁, 菅原 康代, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   178 - 178   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎変形症患者の手術前後の咀嚼機能評価に関する検討 主観的評価と客観的評価の相関性について

    尾野 裕子, 西山 明慶, 江藤 司, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   169 - 169   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 疼痛による延長不能に対し、口内型デバイスにスリーブを設置し対応を行った第一第二鰓弓症候群患者の1例

    志茂 剛, 西山 明慶, 柴田 茜, 矢尾 真弓, 栗尾 奈愛, 堀切 優, 佐藤 康守, 田井 規能, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   151 - 151   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 二つの拡大装置を用いた外科的急速拡大によって上顎歯列弓幅径の改善を行った顔面非対称症例

    川邉 紀章, 古森 紘基, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   177 - 177   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Cephalometric Norms for Orthognathic surgery japanese Adalts(共著)

    International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery   22 ( 2 )   145 - 145   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切り術(IVRO)の術後における咬合の推移に関する研究

    江藤 司, 西山 明慶, 尾野 裕子, 國定 勇希, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   147 - 147   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 包括的な治療計画のもと上下顎骨切り術を行った著しいガミースマイルを伴う下顎後退位症例

    中村 政裕, 本城 正, 片岡 伴記, 上岡 寛, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   160 - 160   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 高橋 巧, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   112 - 112   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • A case of Klippel-Feil and turner syndromes

    Jae Hyun Park, Kiyoshi Tai, Yasumori Sato, Akiyoshi Nishiyama, Je-Won Shin

    Pediatric Dentistry   34 ( 2 )   E35 - E39   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The purpose of this paper was to describe the clinical case of a 12-year-old female patient with Klippel-Feil syndrome (KFS) combined with Turner syndrome (TS) and a submucous cleft palate (CP). The patient's general appearance was characterized by KFS, a clinical triad consisting of congenital fusion of at least 2 of 7 cervical vertebrae with a short neck, limited head motion, and a low posterior hairline. Three-dimensional images from cone-beam computed tomography (CBCT) revealed cervical vertebrae anomalies and submucous CP. It was reported that the patient had TS and has been administered growth hormone (GH) therapy. Due to a skeletal Class iii pattern with a steep mandibular plane angle, facial asymmetry, and fused cervical vertebrae, GH's effects on the craniofacial complex should be considered before orthopedic/orthodontic treatment is started.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 幼児の上顎歯肉粘液腫の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 兒玉 真一, 長塚 仁, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   61 ( 1 )   182 - 182   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 癌軟骨破壊におけるInterleukin-1βの役割

    志茂 剛, 奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 帆波 辰基, 堀切 優, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   61 ( 1 )   195 - 195   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 凍結療法を併用したエナメル上皮腫摘出後の顎骨欠損部に腸骨移植と歯科インプラントにて咬合再建を行った1例

    吉田 祥子, 目瀬 浩, 西山 明慶, 岸本 晃治, 銅前 昇平, 中妻 可奈子, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   10 ( 3 )   120 - 120   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • Novel pathogenic role of fibrin as revealed by a case study on ligneous gingivitis

    Tsuyoshi Shimo, Akiyoshi Nishiyama, Satoshi Kubota, Naito Kurio, Tatsuo Okui, Naoki Katase, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tatsuki Honami, Koji Kishimoto, Hiroshi Mese, Masaharu Takigawa, Akira Sasaki

    Oral Science International   8 ( 2 )   44 - 49   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Purpose of the research: Ligneous gingivitis is a rare disease characterized by nodular gingival enlargement secondary to fibrin deposits induced by micro-injury in the gingiva, which disorder results from plasminogen (PLG) deficiency. Although none have investigated the association of wound healing factors with ligneous gingivitis. In this study, in addition to a histopathologic examination of ligneous gingivitis in a case of type I PLG deficiency, we further present data showing the effect of wound healing factors in association with fibrin in vitro to clarify the pathobiology of ligneous gingivitis in PLG-deficient patients. Principle results: Immunohistochemical analysis revealed that transforming growth factor (TGF)-β1, connective tissue growth factor/CCN2 (CCN2), and endothelin-1 (ET-1) had accumulated in the extracellular matrix around the epithelial and fibroblastic cells near the fibrin deposition. Consistent with these results, fibrin and TGF-β1 synergistically up-regulated CCN2 and ET-1 gene expression in human dermal fibroblasts. Major conclusions: Fibrin plays a vicious role in ligneous gingivitis pathobiology by up-regulating CCN2 and ET-1 expression through the TGF-β signaling pathway. © 2011 Japanese Stomatological Society.

    DOI: 10.1016/S1348-8643(11)00025-5

    Scopus

    researchmap

  • Novel pathogenic role of fibrin as revealed by a case study on ligneous gingivitis

    Tsuyoshi Shimo, Akiyoshi Nishiyama, Satoshi Kubota, Naito Kurio, Tatsuo Okui, Naoki Katase, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tatsuki Honami, Koji Kishimoto, Hiroshi Mese, Masaharu Takigawa, Akira Sasaki

    Oral Science International   8 ( 2 )   44 - 49   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Purpose of the research: Ligneous gingivitis is a rare disease characterized by nodular gingival enlargement secondary to fibrin deposits induced by micro-injury in the gingiva, which disorder results from plasminogen (PLG) deficiency. Although none have investigated the association of wound healing factors with ligneous gingivitis. In this study, in addition to a histopathologic examination of ligneous gingivitis in a case of type I PLG deficiency, we further present data showing the effect of wound healing factors in association with fibrin in vitro to clarify the pathobiology of ligneous gingivitis in PLG-deficient patients. Principle results: Immunohistochemical analysis revealed that transforming growth factor (TGF)-β1, connective tissue growth factor/CCN2 (CCN2), and endothelin-1 (ET-1) had accumulated in the extracellular matrix around the epithelial and fibroblastic cells near the fibrin deposition. Consistent with these results, fibrin and TGF-β1 synergistically up-regulated CCN2 and ET-1 gene expression in human dermal fibroblasts. Major conclusions: Fibrin plays a vicious role in ligneous gingivitis pathobiology by up-regulating CCN2 and ET-1 expression through the TGF-β signaling pathway. © 2011 Japanese Stomatological Society.

    DOI: 10.1016/S1348-8643(11)00025-5

    Scopus

    researchmap

  • 当科における中高年患者の外科的矯正治療の臨床的検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 尾野 裕子, 江藤 司, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   149 - 149   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 非定型的な像を示したOdontomaの1例

    柴田 茜, 志茂 剛, 片瀬 直樹, 中妻 可奈子, 堀切 優, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   60 ( 3 )   293 - 293   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 著しい片側性鋏状咬合を伴う下顎後退症に対して顎矯正手術を行った1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 村上 隆, 岸本 晃治, 伊原木 聰一郎, 山城 隆, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   102 - 102   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 片側下方移動によるカント修正に対し骨接触を付与する片側高位Le Fort I型上顎骨切り術の一工夫

    西山 明慶, 志茂 剛, 中妻 可奈子, 堀切 優, 川上 清一, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   146 - 146   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Le Fort I型骨切り術における鼻形態変化に関する検討

    志茂 剛, 西山 明慶, 栗尾 奈愛, 吉岡 徳枝, 中妻 可奈子, 堀切 優, 尾野 裕子, 江藤 司, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   129 - 129   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • メッケル軟骨成長過程におけるレチノイドシグナルの関わり

    志茂 剛, 岩本 容泰, 小山 英樹, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, Hassan Nur Mohammad Monsur, 帆波 辰基, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本再生歯科医学会誌   8 ( 1 )   44 - 44   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    researchmap

  • 当科におけるビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死の治療に関する臨床的検討

    吉岡 徳枝, 柴田 茜, 吉田 祥子, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( Suppl. )   305 - 305   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • プラスミノーゲンI型欠損症患者における木質様歯肉炎の病態解析

    志茂 剛, 西山 明慶, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, Hassan Nur Mohammad Monsur, 帆波 辰基, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( Suppl. )   288 - 288   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 一卵性双生児に対称性にみられた下顎小臼歯部過剰埋伏歯の1例

    辻本 紗代子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    小児口腔外科   20 ( 1 )   77 - 77   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 著しいガミースマイルに対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用い改善を行った1症例

    志茂 剛, 西山 明慶, 中妻 可奈子, 堀切 優, 尾野 裕子, 江藤 司, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   20 ( 2 )   182 - 182   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における分割Le Fort I型骨切り術症例の検討

    江藤 司, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 尾野 裕子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   20 ( 2 )   132 - 132   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 小児期より認められた舌背部神経鞘腫の1例

    村上 千明, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 帆波 辰基, 銅前 昇平, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   21 ( 4 )   349 - 349   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 口蓋に発生した筋上皮腫の1例

    帆波 辰基, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 村上 千明, 銅前 昇平, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   21 ( 4 )   352 - 353   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 顎裂骨移植後の口腔前庭狭小に対して遊離歯肉移植を併用した口腔前庭拡張術を行った経験

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 銅前 昇平, 奥井 達雄, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   92 - 92   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • われわれの施設における顎変形症治療の実態 顎変形症学会2006年度全国調査と比較して

    江藤 司, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 吉田 祥子, 尾野 裕子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   19 ( 2 )   121 - 121   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 軟骨形成不全症患者における外科手術を併用した矯正治療

    藪内 利憲, 湊 雅直, 宮本 学, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山本 照子, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   67回   237 - 237   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 梨状口より抜歯した上顎正中埋伏過剰歯の2例

    山本 大介, 西山 明慶, 岸本 晃治, 野島 鉄人, 竜門 幸司, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 4 )   482 - 482   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科で経験したエナメル上皮腫再発例についての検討

    吉田 祥子, 塚本 剛一, 中山 周子, 岸本 晃治, 大山 和彦, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   20 ( 3 )   180 - 180   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • シェーグレン症候群を伴った口蓋部MALTリンパ腫の1例

    山本 大介, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 村上 千明, 西山 明慶, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   27 ( 1 )   71 - 72   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 当科において外科的矯正治療を行った中高年患者の臨床的検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 梅原 亜矢子, 塚本 剛一, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   18 ( 2 )   116 - 116   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 開咬に対するLe Fort I型上顎骨切術、IVRO併用における術後安定性の検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 吉田 祥子, 梅原 亜矢子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   18 ( 2 )   170 - 170   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 著明な口蓋部の骨吸収を伴った粘液嚢胞の1例

    山本 大介, 岸本 晃治, 竜門 幸司, 西山 明慶, 野島 鉄人, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   54 ( 2 )   78 - 78   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 癌(臨床) 当科における悪性リンパ腫の臨床統計学的研究

    梅原 亜矢子, 中山 周子, 小山 貴弘, 塚本 剛一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 1 )   86 - 86   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切術の術後安定性に関する検討 下顎枝矢状骨切術との比較

    西山 明慶, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 梅原 亜矢子, 山本 大介, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   53 ( Suppl. )   94 - 94   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 低位癒着歯に対する矯正治療における骨延長法の応用

    西山 明慶, 岸本 晃治, 銅前 昇平, 吉田 祥子, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   53 ( Suppl. )   174 - 174   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 粉末焼結積層法による3D造形モデルの使用経験

    小山 貴弘, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 目瀬 浩, 皆木 省吾, 竹内 哲男, 有地 秀裕, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   52 - 52   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)における入院患者の臨床統計的観察

    立本 周司, 小山 貴弘, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 志茂 剛, 中山 周子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   49 - 49   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術に対する最近の輸血準備に関する検討

    西山 明慶, 磯和 幸子, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 中山 周子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   17 ( 2 )   137 - 137   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 岡山県下の前癌病変を含む口腔がん検診

    水川 展吉, 目瀬 浩, 志茂 剛, 佐々木 朗, 大杉 篤生, 西山 明慶, 金田 祥弘, 植野 高章, 吉濱 泰斗, 高木 慎, 菅原 利夫

    頭頸部癌   33 ( 2 )   121 - 121   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 顎変形症症例に対するクリニカルパスのバリアンス分析

    中山 周子, 小野 達生, 矢尾 真弓, 梅原 亜矢子, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   56 ( 1 )   165 - 165   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 長期経過観察し得た下顎骨の若年性活動性化骨性線維腫の一例

    小山 貴弘, 西山 明慶, 志茂 剛, 合田 健志, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   52 ( Suppl. )   118 - 118   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術で使用した生体内吸収性高分子材料Poly-L-lactic acid(PLLA)により惹起された非感染性膿瘍の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 小野 達生, 小野 亜希子, 吉濱 泰斗, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   55 ( 3 )   196 - 196   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科(病態系)における顎矯正手術症例の臨床統計的観察

    小野 達生, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 立本 周司, 中山 周子, 辻本 紗代子, 磯和 幸子, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   25 ( 1 )   9 - 9   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • Klippel-Feil症候群に合併した顎変形症患者に対し,上顎骨延長を行った1例

    梅原 亜矢子, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 吉濱 泰斗, 中山 周子, 佐藤 康守, 田井 規能, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   109 - 109   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴った骨格性下顎前突症に対し矯正歯科,補綴科,口腔外科が協同で顎矯正治療を行った1例

    小野 達生, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 神野 時有, 岡本 信, 皆木 省吾, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   112 - 112   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)の外科矯正治療における開業矯正医とのコラボレーション

    西山 明慶, 小野 達生, 辻本 紗代子, 岸本 晃治, 吉濱 泰斗, 塚本 剛一, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   88 - 88   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 上下顎同時移動術を行った軟骨無形成症の1例

    岸本 晃治, 西山 明慶, 銅前 昇平, 吉田 祥子, 藪内 利憲, 湊 雅直, 山本 照子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   79 - 79   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 固有鼻腔内逆生歯牙の1例

    銅前 昇平, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   24 ( 2 )   81 - 84   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    8歳女児.右鼻腔内に白色の硬固物を指摘された.パノラマ,PAにて右鼻腔内にX線不透過像を認めた.上顎咬合法では未萠出の右側上顎犬歯根尖部近心側に過剰歯を認め,鼻腔付近かつ口蓋側に位置した.右側鼻腔内萠出過剰歯と診断した.鼻内所見,X線所見より,口腔内よりも鼻腔内アプローチの方が外科的侵襲が少なく,また硬固物に可動性があったため鼻腔内アプローチでの摘出が可能と判断し,表面麻酔後,浸潤麻酔を行い,モスキート鉗子にて歯牙様硬固物を摘出した.創面は上皮化し現在術後経過は良好である

    researchmap

  • ポリ-L-乳酸製骨接合プレートを用いたLe Fort I型上顎骨骨切り術の術後安定性について

    小野 達生, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 辻本 紗代子, 塚本 剛一, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   15 ( 3 )   177 - 178   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎変形症症例に対するクリニカルパスの導入について

    中山 周子, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 秋間 織野, 堀内 幹, 鈴木 福栄, 山根 美栄子

    日本クリニカルパス学会誌   7 ( 3 )   298 - 298   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本クリニカルパス学会  

    researchmap

  • 父子2世代に認められた遺伝性歯肉線維腫症の3症例

    岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 辻本 紗代子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   51 ( Suppl. )   210 - 210   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 下顎前突症患者における中顔面の評価と審美的改善を考慮した術式に関する検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 伊原木 聰一郎, 桂野 美貴, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   54 ( 1 )   90 - 90   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 下顎前方移動術におけるSSROとIVSROの術後安定性に関する検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達夫, 銅前 昇平, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 磯和 幸子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   14 ( 3 )   246 - 247   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 新規に考案した延長装置を用いた骨延長による唇顎口蓋裂患者の顎裂閉鎖の1例

    西山 明慶, 吉濱 泰斗, 吉岡 徳枝, 小野 達夫, 山本 照子, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 13 )   930 - 930   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平苔癬に併発した食道扁平苔癬に起因すると考えられた嚥下困難を呈した1例

    小野 達生, 吉濱 泰斗, 西山 明慶, 万代 とし子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔粘膜学会雑誌   10 ( 2 )   75 - 75   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術に対する輸血準備に関する検討

    磯和 幸子, 西山 明慶, 矢尾 真弓, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 銅前 昇平, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   14 ( 3 )   224 - 224   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 固有鼻腔内逆性歯牙の1例

    銅前 昇平, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 11 )   696 - 696   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌患者の喫煙歴に関する検討(指定演題)

    目瀬 浩, 中山 周子, 吉濱 泰斗, 吉岡 徳枝, 塚本 剛一, 山田 庸介, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   16 ( 3 )   103 - 104   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 舌癌と歯・補綴物などの機械的刺激に関する臨床的観察

    伊原木 聰一郎, 吉濱 泰斗, 銅前 昇平, 山田 庸介, 塚本 剛一, 西山 明慶, 木村 卓爾, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   16 ( 3 )   151 - 151   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 蜂針により形成された舌腫瘤の1例

    万代 とし子, 西山 明慶, 志茂 剛, 菊池 剛史, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 1 )   48 - 49   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について(1) 鼻口唇形態における検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 神野 時有

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   170 - 170   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察(第三報) 出血量,輸血に関する分析

    西山 明慶, 辻本 紗代子, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 山本 照子

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   209 - 210   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察(第二報) 手術術式に関する分析

    西山 明慶, 辻本 紗代子, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 山本 照子

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   209 - 209   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察(第一報) 症例分析

    辻本 紗代子, 西山 明慶, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 山本 照子

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   209 - 209   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について(2) 頬部軟組織における検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 神野 時有

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   170 - 171   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 基底細胞母斑症候群における歯原性角化嚢胞の発生特性

    礒兼 真由美, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 万代 とし子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   52 ( 6 )   404 - 404   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 外科矯正手術と仮骨延長術 上顎歯列幅径拡大における仮骨延長術の適応基準について 上顎分割骨切術との比較から

    西山 明慶, 吉濱 泰斗, 志茂 剛, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   52 ( 6 )   306 - 306   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 著しい骨格性下顎前突にLe Fort I型骨切り術と下顎枝垂直骨切り術を併用した2症例

    本城 正, 黒田 晋吾, 山本 照子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   62回   286 - 286   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 口腔癌患者の出血に対し,動脈塞栓術を施行した3例

    吉濱 泰斗, 木村 卓爾, 西山 明慶, 山田 庸介, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   15 ( 3 )   186 - 187   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 下顎非対称症例における下顎枝垂直骨切り術(IVRO)の有用性に関する検討

    中山 周子, 西山 明慶, 塚本 剛一, 真野 隆充, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   12 ( 3 )   150 - 150   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌におけるVEGF,PD-ECGF,VEGF-C発現とその臨床病理学的意義

    岸本 晃治, 佐々木 朗, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 西山 明慶, 塚本 剛一, 真野 隆充, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   14 ( 4 )   180 - 180   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌における術前照射の効果の臨床統計学的検討

    岸本 晃治, 吉濱 泰斗, 西山 明慶, 塚本 剛一, 真野 隆充, 目瀬 浩, 木村 卓爾, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   14 ( 4 )   151 - 151   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 当科における19年間の病理組織診断の統計的検討

    春山 久美, 目瀬 浩, 澤田 誠司, 岸本 晃治, 西山 明慶, 木村 卓爾, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔科学会雑誌   51 ( 6 )   546 - 546   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科で加療した悪性黒色腫4例の臨床的検討

    花村 美穂子, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 木村 卓爾, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 山田 庸介, 真野 隆充, 松村 智弘

    日本口腔科学会雑誌   51 ( 4 )   307 - 307   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 岡山大学歯学部附属病院第二口腔外科19年間における手術症例の臨床統計的観察

    菊池 剛史, 西山 明慶, 澤田 誠司, 木村 卓爾, 佐々木 朗, 宮脇 卓也, 嶋田 昌彦, 松村 智弘

    岡山歯学会雑誌   21 ( 1 )   182 - 182   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 辺縁性歯周炎から波及したと推定された化膿性髄膜炎の1例

    竹内 志珠, 西山 明慶, 目瀬 浩, 澤田 誠司, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔外科学会雑誌   47 ( 13 )   1030 - 1031   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 下顎歯原性角化嚢胞の臨床的,X線学的検討 下顎第3大臼歯関連・非関連両群の比較検討

    塚本 剛一, 槙野 隆秀, 菊池 剛史, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔外科学会雑誌   47 ( 13 )   1038 - 1038   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 特異な治療経過を示した両側性下顎頭破壊患者の1例

    中妻 可奈子, 塚本 剛一, 佐々木 朗, 目瀬 浩, 西山 明慶, 吉濱 泰斗, 松村 智弘

    日本口腔科学会雑誌   50 ( 6 )   442 - 442   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症に対する血管新生阻害剤TNP-470の検討

    吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 目瀬 浩, 西山 明慶, 上山 義人, 大西 保行, 松村 智弘

    日本癌学会総会記事   60回   581 - 581   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 当科における粘表皮癌の臨床統計的検討

    目瀬 浩, 佐々木 朗, 西山 明慶, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 木村 卓爾, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   13 ( 3 )   139 - 139   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 非対称症例における術前術後変化に関する検討

    渡辺 裕之, 西山 明慶, 竹内 志珠, 塚本 剛一, 真野 隆充, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   11 ( 2 )   158 - 159   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 扁平上皮癌を疑った慢性肥厚性カンジダ症の2例

    新谷 悟, 吉濱泰斗, 竹下信義, 西山明慶, 竹林俊明, 三原真理子, 上山吉哉, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2001年

     詳細を見る

  • 下顎第三大臼歯を原因歯とする含歯性嚢胞および歯原性角化嚢胞のX線学的鑑別点の分析

    塚本 剛一, 佐々木 朗, 秋山 剛久, 石川 徹, 岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 智弘

    日本口腔科学会雑誌   49 ( 6 )   525 - 525   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 新規経口マトリックスメタロプロテアーゼ阻害薬MMI-166のヌードマウス骨転移モデルにおける転移抑制効果の検討

    吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 西山 明慶, 目瀬 浩, 中山 周子, 松村 智弘, 前川 隆司, 吉岡 貴幸

    日本癌治療学会誌   35 ( 2 )   417 - 417   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 上下顎移動術前後における側貌軟組織変化について(1) 鼻口唇形態における検討

    中妻 可奈子, 佐々木 朗, 西山 明慶, 塚本 剛一, 吉岡 徳枝, 神野 時有

    日本顎変形症学会雑誌   10 ( 2 )   224 - 224   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 上下顎移動術前後における側貌軟組織変化について(2) 頬部軟組織における検討

    西山 明慶, 佐々木 朗, 塚本 剛一, 中妻 可奈子, 吉岡 徳枝, 神野 時有

    日本顎変形症学会雑誌   10 ( 2 )   224 - 224   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 新規経口マトリックスメタロプロテアーゼ阻害薬MMI-166の骨転移に対する検討

    吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 横山 尚史, Darwin Lim, 西山 明慶, 松村 智弘, 前川 隆司, 吉岡 貴幸

    日本骨代謝学会雑誌   18 ( 2 )   232 - 232   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • ヒト口腔扁平上皮癌の選択的骨転移細胞株の樹立とその性状

    横山 尚史, 佐々木 朗, 吉岡 徳枝, Darwin Lim, 西山 明慶, 松村 智弘

    日本骨代謝学会雑誌   18 ( 2 )   230 - 230   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状について

    佐々木 朗, 横山尚史, 目瀬 浩, 中山周子, 西山明慶, 吉岡徳枝, 石川 徹, Lim J. Dowin, 松村智弘

    骨転移   2000年

     詳細を見る

  • Effects of surgical reduction of the tongue

    Y Ueyama, T Mano, A Nishiyama, G Tsukamoto, S Shintani, T Matsumura

    BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY   37 ( 6 )   490 - 495   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    There are still no objective diagnostic criteria for macroglossia, The aims of this study were to examine the effect of reduction of the tongue on its position, and to suggest a standard measurement point for the objective diagnosis of macroglossia, Twenty-four patients were studied. Lateral cephalometric radiographs were taken with the tongue in the rest position, and preoperative and postoperative measurements were made on cephalometric lateral roentgenograms from all 14 patients with macroglossia and the 10 control subjects. The results suggested that measurement of length of the tongue, and the tongue area: oral cavity ratio on lateral cephalometric radiographs are useful in the more accurate diagnosis of macroglossia.

    DOI: 10.1054/bjom.1999.0196

    Web of Science

    researchmap

  • 口腔癌による骨吸収・骨形成混在型骨転移モデルの樹立

    横山 尚史, 佐々木 朗, 中山 周子, 目瀬 浩, 西山 明慶, 石川 徹, 松村 智弘

    日本口腔外科学会雑誌   45 ( 13 )   969 - 969   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口唇顎口蓋裂患者の顎裂閉鎖への骨延長法の応用

    佐々木 朗, 西山 明慶, 目瀬 浩, 中村 真理子, 山本 照子, 三次 正春, 松村 智弘

    日本口腔外科学会雑誌   45 ( 13 )   907 - 908   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 歯牙腫を伴った石灰化歯原性嚢胞の1例 歯牙腫と嚢胞の位置関係に関する文献的考察

    中山 周子, 佐々木 朗, 目瀬 浩, 西山 明慶, 横山 尚史, 松村 智弘

    日本口腔外科学会雑誌   45 ( 11 )   709 - 711   1999年11月

  • 経口MMP阻害薬MMI-166のヌードマウス実験的舌癌に対する効果

    西山 明慶, 佐々木 朗, Lim Darwin, 目瀬 浩, 中山 周子, 松村 智弘, 前川 隆司, 吉岡 貴幸

    日本癌治療学会誌   34 ( 2 )   376 - 376   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • Effects of bisphosphonate on experimental jaw metastasis model in nude mice

    A. Sasaki, A. Nishiyama, R. E. Alcalde, D. J. Lim, H. Mese, S. Nakayama, S. Yokoyama, T. Matsumura

    Oral Oncology   35 ( 5 )   523 - 529   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The mechanism of osteolysis associated with metastatic cancer of the jaws is essentially osteoclast-mediated. Therefore, it is likely that potent osteoclastic bone resorption inhibitors such as bisphosphonates would be efficacious for the treatment of jaw metastasis. We examined the effects of a third generation bisphosphonate, YM175, in a nude mice jaw metastasis model with intracardiac injection of a human breast cancer cell line, MDA-MB-231. The metastatic lesions in untreated mice were radiographically observed at the body and angle of the mandible. Histology of the mandible of untreated mice revealed that most of the bone marrow cavities had been occupied by the metastatic tumor with active osteoclasts along the trabecular bone. The experimental group showed that YM175 markedly reduced the size of tumor and the number of osteoclasts. These results suggest that YM175 may suppress metastasis formation and tumor growth in jaw through inhibition of osteoclastic bone resorption.

    DOI: 10.1016/S1368-8375(99)00027-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effects of bisphosphonate on experimental jaw metastasis model in nude mice

    A. Sasaki, A. Nishiyama, R. E. Alcalde, D. J. Lim, H. Mese, S. Nakayama, S. Yokoyama, T. Matsumura

    Oral Oncology   35 ( 5 )   523 - 529   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The mechanism of osteolysis associated with metastatic cancer of the jaws is essentially osteoclast-mediated. Therefore, it is likely that potent osteoclastic bone resorption inhibitors such as bisphosphonates would be efficacious for the treatment of jaw metastasis. We examined the effects of a third generation bisphosphonate, YM175, in a nude mice jaw metastasis model with intracardiac injection of a human breast cancer cell line, MDA-MB-231. The metastatic lesions in untreated mice were radiographically observed at the body and angle of the mandible. Histology of the mandible of untreated mice revealed that most of the bone marrow cavities had been occupied by the metastatic tumor with active osteoclasts along the trabecular bone. The experimental group showed that YM175 markedly reduced the size of tumor and the number of osteoclasts. These results suggest that YM175 may suppress metastasis formation and tumor growth in jaw through inhibition of osteoclastic bone resorption.

    DOI: 10.1016/S1368-8375(99)00027-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術の臨床統計的観察

    西山 明慶, 佐々木 朗, 中山 周子, 石川 徹, 真野 隆充, 塚本 剛一, 上山 吉成

    日本顎変形症学会雑誌   9 ( 2 )   144 - 144   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 血管新生阻害剤TNP-470は高カルシウム血症を抑制する

    佐々木 朗, 横山 尚史, Lim DJ., Rafael A.E., 西山 明慶, 松村 智弘

    日本骨代謝学会雑誌   17 ( 2 )   292 - 292   1999年6月

  • 岡山大学歯学部附属病院における診療予約システムについて

    西山明慶, 松永匡司, 竹山彰宏, 柾岡令子, 山根美栄子, 寺門幹夫, 真田 明, 松村誠士, 嶋田昌彦

    国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議総会医療情報システムシンポジウム演題論文集 9   1999年

     詳細を見る

  • 舌縮小術施行患者における術後評価 アンケート調査による自己評価

    真野 隆充, 上山 吉哉, 西山 明慶, 塚本 剛一

    日本顎変形症学会雑誌   8 ( 2 )   148 - 149   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎間固定後に三叉神経第三枝領域に知覚低下を生じた下顎関節突起骨折の1例

    西山 明慶

    日本口腔外科学会雑誌   44 ( 6 )   598 - 598   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 実験的ヌードマウス顎骨転移モデルにおけるビスフォスフォネートの効果

    西山 明慶

    日本口腔外科学会雑誌   43 ( 13 )   992 - 992   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 脈瘤性骨嚢胞の2例

    西山 明慶

    日本口腔外科学会雑誌   37 ( 13 )   2304 - 2304   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口蓋に発生した巨大な多形性腺腫の1例

    西山 明慶

    日本口腔外科学会雑誌   32 ( 9 )   1724 - 1724   1986年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 岡山大学歯学部附属病院第二口腔外科開設後3年間における臨床統計的観察

    川西 三貴, 千原 直人, 西山 明慶

    岡山歯学会雑誌   5 ( 1 )   107 - 115   1986年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    昭和57年4月20日から3年間の3718例につき検討した.1)外来,入院ともに炎症性病変が第1位を占めたが,コンピューター化に便利と思われるWHOのInternational Classification of Diseases to Dentistry and Stomatology (ICDDA)コードを割り振りしたことにも起因すると考えられた.2)腫瘍,外傷は経年的に増加傾向にあったが,唇顎口蓋裂などの奇形,血液疾患は少なく,当地域の特徴かと思われた.3)観血的処置を必要とした患者の22.7%は,問診により他科の主治医とのコンサルテーションを必要とし,さらに局所麻酔薬に含有される血管収縮薬の濃度,術前鎮静薬の投与など現実に特別な配慮を必要とした患者は7.1%であった

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 癒合不全により再固定を行ったObwegeser第II法症例の長期経過観察

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 田中 敦子, 小田垣 直弥, 川邊 紀章, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術における、術者経験レベルによる手術時間と出血量の比較検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 奥井 達雄, 伊原木 聰一朗, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Orthognathic surgery in Okayama University Hospital -Indication of Le Fort I with horseshoe osteotomy-

    13th Chinese Society of Oral and Maxillofacial Surgery  2016年 

     詳細を見る

  • Orthognathic surgery in Okayama University Hospital -Indication of Le Fort I with horseshoe osteotomy-

    2016年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術における工夫と術後安定性について

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 上下顎歯列の三次元的な変形を認める上顎前突症例に顎矯正手術を行った1例

    河野 加奈, 川邉 紀章, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最近10年間の顎矯正手術における合併症、偶発症に関する臨床的検討

    竜門 省二, 吉岡 徳枝, 國定 勇希, 岸本 晃治, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術における偶発骨折の要因と対応について

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 奥井 達雄, 竜門 省二, 國定 勇希, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術における、術者経験レベルによる手術時間と出血量の比較検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 奥井 達雄, 伊原木 聰一朗, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外科的矯正治療におけるオトガイ形成術の臨床的検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 國定 勇希, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して外科的矯正治療を行った1例

    河野 加奈, 中村 政裕, 川邉 紀章, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SARPE後に上下顎同時移動術を施行し、骨癒合不全を認めた症例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 星島 光博, 伊原木 聰一郎, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ハイアングルを伴うSkeletal class IIIに対する下顎枝垂直骨切り術の術後安定性

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌  2018年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 過去10年間における顎下腺唾石症の臨床的検討

    第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会 合同学術大会  2018年 

     詳細を見る

  • 当科における骨格性2級症例の臨床的検討

    第28回日本顎変形症学会総会・学術大会  2018年 

     詳細を見る

  • ハイアングルを伴うskeletal IIIに対する下顎枝垂直骨切り術の術後安定性

    第28回日本顎変形症学会総会・学術大会  2018年 

     詳細を見る

  • 当科における歯原性腫瘍症例の臨床的検討

    第72回日本口腔科学会学術集会  2018年 

     詳細を見る

  • 下顎骨前方移動により睡眠時呼吸障害の改善を認めた骨格性下顎後退症の1例

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  2018年 

     詳細を見る

  • Postoperative stability and some tips of Horseshoe Le Fort I osteotomy

    2017年 

     詳細を見る

  • 当科を受診したインプラント治療患者の問題に対する臨床的検討

    第46回(公社)日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Postoperative stability and some tips of Horseshoe Le Fort I osteotomy

    23nd ICOMS  2017年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術とIVRO による外科的矯正治療を行った偏位を伴う 骨格性下顎前突症例

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 「顎矯正手術における吸収性骨接合材料スーパーフィクソーブ MXの臨床応用」スーパーフィクソーブMX改良プレートのLe Fort I型上顎骨切り術への適用

    第70回日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医療支援歯科治療部を介して医科歯科連携を行った口腔外科疾患の調査

    第37回岡山歯学会総会学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    第 26 回日本口腔内科学会・第 29 回日本口腔診断学会 合同学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • ガミースマイルを伴った上顎前突に対して馬蹄形骨切り併用4分割Le Fort I型上顎骨切りを行った1例

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 下顎骨関節突起骨折に対して3次元構造プレートを用いた口内法観血的整復固定術の経験

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 舌表在癌の臨床病理学的特徴から診断と治療を再考する

    第64回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2016年 

     詳細を見る

  • 歯科衛生士セッション 歯科治療のリスクマネジメントー薬剤と検査値の情報利用ー

    第37回岡山歯学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術前後に乳癌治療を行った1例

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • Clinical Study of Multiple Segmental Le Fort I Osteotomy

    22nd International conference of oral and maxillofacial surgery  2015年 

     詳細を見る

  • Modification of horseshoe LeFort I osteotomy

    22nd International conference of oral and maxillofacial surgery  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔外科医のためのモデルサージェリー

    第60回日本口腔外科学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における多分割Le Fort I型骨切り術症例の臨床検討

    第25回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における馬蹄形Le Fort I型骨切り術の骨切線設計の工夫

    第25回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術の出血と輸血に関する検討 –T&S移行後10年間の再評価-

    日本口腔科学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • Modification of horseshoe LeFort I osteotomy

    22nd International conference of oral and maxillofacial surgery  2015年 

     詳細を見る

  • Clinical Study of Multiple Segmental Le Fort I Osteotomy

    22nd International conference of oral and maxillofacial surgery  2015年 

     詳細を見る

  • Le Fort I combined with horseshoe palatal osteotomy

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry  2014年 

     詳細を見る

  • Detection of sonic hedgehog in a patient with orthognathic surgery

    ASBMR 2014 Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • Clinical evaluation of Le Fort I with horseshoe osteotomy in bimaxillary surgery

    2014 AAOMS Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • Basal cell adenoma arising in the minor salivary gland of the hard palate

    11th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2014年 

     詳細を見る

  • NSAIDsが原因と考えられた十二指腸潰瘍穿孔の1例

    第34回日本歯科薬物療法学会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術施行症例の臨床検討

    第24回日本顎変形症学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔悪性黒色腫の臨床的検討

    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Clinical evaluation of Le Fort I with horseshoe osteotomy in bimaxillary surgery

    2014 AAOMS Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • 顎骨骨切り後のSonic hedgehog血中濃度の意義の検討

    第7回日本口腔検査学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Basal cell adenoma arising in the minor salivary gland of the hard palate

    11th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2014年 

     詳細を見る

  • 外科的矯正治療術後患者におけるソニックヘッジホッグの検出

    第32回日本骨代謝学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形Le Fort I型骨切り術を用いた上下顎移動術症例の臨床検討

    第59回日本口腔外科学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会合同学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Detection of sonic hedgehog in a patient with orthognathic surgery

    ASBMR 2014 Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • いま歯科衛生士に求められている全身管理とは

    第35回岡山歯学会総会学術集会・岡山県歯科衛生士会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Le Fort I combined with horseshoe palatal osteotomy

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第35回岡山歯学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 咽頭弁により経鼻挿管困難であった唇顎口蓋裂患者に対し経口挿管で上下顎同時移動術を行った1例

    第23回日本顎変形症学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察

    第42回日本口腔科学会中国四国支部学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 前歯部空隙歯列を伴う骨格性下顎前突症に対して下顎正中部骨削除と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療例

    第23回日本顎変形症学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察 −最近10年と以前との比較—

    第67回日本口腔科学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 上顎歯肉に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例

    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における全身麻酔下での上顎正中過剰埋伏歯抜歯の臨床統計学的検討

    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝垂直矢状分割術を併用した顔面非対称症例の術後安定性に関する検討

    第23回日本顎変形症学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • Beck-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切術(IVRO)の術後の咬合の推移に関する検討

    第41回 日本口腔外科学会中・四国地方会  2012年 

     詳細を見る

  • 大臼歯の萌出遅延を伴った神経線維腫症I型の1例

    第41回 日本口腔外科学会中・四国地方会  2012年 

     詳細を見る

  • 顎変形症患者の手術前後の咀嚼機能評価に関する検討 –主観的評価と客観的評価の相関性について-

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 疼痛による延長不能に対し、口内型デバイスにスリーブを設置し対応を行った第一第二鰓弓症候群患者の1例

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り(IVRO)の術後における咬合の推移に関する研究

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • HSP90阻害薬NVP-AUY922はTemsirolimusの抗腫瘍効果を増強する

    第10回中四国口腔癌研究会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • 凍結療法を併用したエナメル上皮腫摘出後の顎骨欠損部に腸骨移植と歯科インプラントにて咬合再建を行った1例

    第15回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切術(IVRO)の術後の咬合の推移に関する検討

    第59回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2011年 

     詳細を見る

  • 木質様歯肉炎患者におけるフィブリンの役割とCCN2の関与

    日本CCNファミリー研究会第4回学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 癌軟骨破壊におけるInterleukin-1βの役割.

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 幼児の上顎歯肉粘液腫の1例.

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔扁平上皮癌の臨床病理学的検討.

    第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • Le Fort I型骨切り術における鼻形態変化に関する検討

    第21回日本顎変形症学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 片側下方移動によるカント修正に対し骨接触を付与する片側高位Le Fort I型上顎骨切り術の一工夫

    第21回日本顎変形症学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 著しい片側性鋏状咬合を伴う下顎後退症に対して顎矯正手術を行った1例

    第21回日本顎変形症学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における超高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討

    第40回日本口腔外科学会中・四国地方会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における中高年患者の外科的矯正治療の臨床的検討

    第56回日本口腔外科学会総会・学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • Up-regulation of Angiogenin is Involved in oral Tumorgenesis and cancer Progression.

    第9回アジア口腔外科学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • A clinical study of management for patients with bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • 下顎骨に発生した歯原性粘液線維腫の1例 —結合組織増殖因子の発現−

    第39回日本口腔外科学会中・四国地方会  2010年 

     詳細を見る

  • Up-regulation of Angiogenin is Involved in oral Tumorgenesis and cancer Progression.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • Immunohistochemical Study on the Expression of PRL-3 in Oral Squamous Cell Carcinoma.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • 非定型的な像を示したOdontomaの1例

    第58回NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2010年 

     詳細を見る

  • プラスミノーゲンI型欠損症患者における木質様歯肉炎の病態解析

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 当科における分割Le Fort I型骨切り術症例の検討

    第20回日本顎変形症学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • 著しいガミースマイルに対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用い改善を行った1症例

    第20回日本顎変形症学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • Immunohistochemical Study on the Expression of PRL-3 in Oral Squamous Cell Carcinoma.

    第9回アジア口腔外科学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • A clinical study of management for patients with bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw.

    第9回アジア口腔外科学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • 兄弟に発生した顎骨中心性巨細胞肉芽腫

    第58回NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2010年 

     詳細を見る

  • 開咬に対するLe Fort I型上顎骨切術、IVRO併用における術後安定性の検討.

    第18回日本顎変形症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 当科において外科的矯正治療を行った中高年患者の臨床的検討.

    第18回日本顎変形症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 下顎埋伏智歯の抜歯時に頬部から眼窩・側頭部に波及した気腫の一例.

    第37回日本口腔外科学会 中・四国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 梨状口より抜歯した上顎正中埋伏過剰歯の2例.

    第62回日本口腔科学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 当科で経験したエナメル上皮腫再発例についての検討.

    第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 顎裂骨移植後の口腔前庭狭小に対して遊離歯肉移植を併用した口腔前庭拡張術を行った経験.

    第29回岡山歯学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • Concurrent chemoradiotherapy with S-1 for advanced oral squamous cell carcinoma.

    8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery.  2008年 

     詳細を見る

  • 低位癒着歯に対する矯正治療における骨延長法の応用.

    第52回日本口腔外科学会総会.  2007年 

     詳細を見る

  • 当科における悪性リンパ腫の臨床統計学的研究.

    第61回 日本口腔科学会学術集会.  2007年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切術の術後安定性に関する検討-下顎枝矢状骨切術との比較―.

    第52回日本口腔外科学会総会.  2007年 

     詳細を見る

  • シェーグレン症候群を伴った口蓋部MALTリンパ腫の1例.

    第28回岡山歯学会総会・学術大会.  2007年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術に対する最近の輸血準備に関する検討

    日本学変形症学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 岡山県下の前癌病変を含む口腔がん検診.

    第31回 日本頭頸部癌学会.  2007年 

     詳細を見る

  • Stability Following Mandibular Setback Using Intraoral Vertical Ramus Osteotomy in Comparison of Sagittal Splitting Ramus Osteotomy

    89th AAOMS Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition  2007年 

     詳細を見る

  • Application of Alveolar Distraction Osteogenesis for Orthodontic Treatment of Severe Ankylosed Tooth

    89th AAOMS Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition  2007年 

     詳細を見る

  • 長期経過観察し得た下顎骨の若年性活動性化骨性線維腫の一例

    日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 上下顎同時移動術を行った軟骨無形成症の1例

    日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)における矯正専門医とのコラボレーション

    日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 顎変形症症例に対するクリニカル パスのバリアンス分析

    第60回 日本口腔科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 多数歯欠損を伴った骨格性下顎前突症に対し矯正歯科、補綴科、口腔外科により外科矯正治療を行った1例。

    日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • Klippel-Feil症候群に合併した顎変形症患者に対し、上顎骨延長を行った1例

    日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 睡眠時無呼吸症候群に対する医科・歯科連携 特に口腔内治療装置と顎変形症治療について

    日本病院学会  2006年 

     詳細を見る

  • 粉末焼結積層法による3D造形モデルの使用経験

    第27回岡山歯学会総会・学術総会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)における入院患者の臨床統計的観察

    第27回岡山歯学会総会・学術総会(岡山)  2006年 

     詳細を見る

  • 顎変形症症例に対するクリニカルパスの導入について.

    第6回日本クリニカルパス学会  2005年 

     詳細を見る

  • ポリ-L-乳酸製骨接合プレートを用いたLeFortI型骨切術の術後安定性について

    第15回日本学変形症学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科(病態系)における顎矯正手術症例の臨床統計的観察

    第26回 岡山歯学会  2005年 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術で使用した生体内吸収性高分子材料Poly-L-lactic acid (PLLA) により惹起された非感染性膿瘍の1例.

    第53回日本口腔科学会中国・四国地方部会[2005年11月5日 高松]  2005年 

     詳細を見る

  • 父子2世代に認められた遺伝性歯肉線維腫症の3症例.

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • Postsurgical stability of Bioabsorvable Osteosynthesis System for Orthognathic Surgery

    口腔顔面頭蓋再生研究国際シンポジウム  2005年 

     詳細を見る

  • 当科における顎変形症患者の病診連携について.

    第16 回 岡山県歯科医師会秋期学術大会.  2004年 

     詳細を見る

  • 舌癌と歯・補綴物などの機械的刺激に関する臨床的観察.

    第22回 日本口腔腫瘍学会.  2004年 

     詳細を見る

  • 下顎前方移動術におけるSSROとIVSROの術後安定性に関する検討.

    第14回 日本顎変形症学会総会.  2004年 

     詳細を見る

  • 下顎前突症患者における中顔面の評価と審美的改善を考慮した術式に関する検討.

    第58回 日本口腔科学会総会.  2004年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌患者の喫煙歴に関する検討.

    第22回 日本口腔腫瘍学会.  2004年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平苔癬に併発した食道扁平苔癬に起因すると考えられた嚥下困難を呈した1例.

    第14回 日口腔粘膜学会総会.  2004年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察ー開業矯正医との連携を中心としてー.

    第47回 中国四国矯正歯科学会大会.  2004年 

     詳細を見る

  • 固有鼻腔内逆性歯牙の1例.

    第3回 日本口腔科学会中国四国地方会.  2004年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術に対する輸血準備に関する検討.

    第14回 日本顎変形症学会総会.  2004年 

     詳細を見る

  • A case of closure of the large alveoler cleft by a distraction osteogenesis with a new device.

    第6回 Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery.  2004年 

     詳細を見る

  • 上顎歯列幅径拡大における仮骨延長術の適応基準についてー上顎分割骨切術との比較からー

    第57回日本口腔科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 蜂針により形成された舌腫瘤の1例

    第32回日本口腔外科学会 中国・四国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • 基底細胞母斑症候群における歯原性角化嚢胞の発生特性

    第57回日本口腔科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察ー第一報:症例分析ー

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化についてー2.頬部軟組織における検討ー

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化についてー1.鼻口唇形態における検討ー

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • Effects of angiogenesis inhibitor TNP-470 on osteoclastic bone resorption

    1st Joint Meeting of IBMS and JSBMR  2003年 

     詳細を見る

  • Indication of Distraction Osteogenesis for Maxillary widening- Comparison with Segmental Maxillary Osteotomy -

    International Dental Science Symposium in Seoul National University and Okayama University  2003年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察ー第三報:出血量、輸血に関する分析ー

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察ー第二報:手術術式に関する分析ー

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 口腔癌患者の出血に対し,動脈塞栓術を施行した3例

    第21回日本口腔腫瘍学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における術前照射の効果の臨床統計学的検討

    第20回日本口腔腫瘍学会  2002年 

     詳細を見る

  • 口腔癌患者の出血に対し、動脈塞栓術を施行した4例

    第21回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2002年 

     詳細を見る

  • 当科における19年間の病理組織診断の臨床的検討

    第56回日本口腔科学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 下顎非対称症例における下顎垂直骨切術(IVRO)の有用性に関する検討

    第12回日本顎変形症学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるVEGF, PD-ECGF, VEGF-C発現とその臨床病理学的意義

    第20回日本口腔腫瘍学会  2002年 

     詳細を見る

  • 岡山大学歯学部附属病院第2口腔外科19年間における手術症例の臨床統計的観察

    第22回岡山歯学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 当科で加療した悪性黒色腫4例の臨床的検討

    第49回日本口腔科学会中国四国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • Angiogenesis inhibitor TNP-470 suppresses Humoral Hypercarcemia of Malignancy

    The 3rd International Conference on Cancer-Induced Bone Diseases  2001年 

     詳細を見る

  • 辺縁性歯周炎から波及したと推定された化膿性髄膜炎の一例

    第46回日本口腔外科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 当科のおける粘表皮癌の臨床統計的検討

    第19回日本口腔腫瘍学会  2001年 

     詳細を見る

  • 特異な治療経過を示した両側性下顎頭破壊患者の一例

    第55回日本口腔科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 非対称症例における術前術後変化に関する検討

    第11回日本顎変形症学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 下顎歯原性角化嚢胞の臨床的、X線的検討-下顎第3大臼歯関連・非関連郡の比較検討-

    第46回日本口腔外科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 新規経口マトリックスメタロプロテアーゼ阻害薬MMP-166のヌードマウス骨転移モデルにおける転移抑制効果の検討

    第38回日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 上下顎移動前後における側貌軟組織変化について-1.鼻口唇形態における検討-

    第10回日本顎変形症学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 上下顎移動前後における側貌軟組織変化について-2.軟組織における検討

    第10回日本顎変形症学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 規経口マトリックスメタロプロテアーゼ阻害薬MMP-166のヌードマウス骨転移モデルにおける転移抑制効果の検討

    第38回日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 上下顎移動前後における側貌軟組織変化について-2.軟組織における検討-

    第10回日本顎変形症学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 下顎第三大臼歯を原因歯とする含歯性嚢胞および歯原性角化嚢胞のX線学的鑑別点の分析

    第54回日本口腔科学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 扁平上皮癌を疑った慢性肥厚性カンジダの2例

    第10回日本口腔粘膜学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 経口MMP阻害剤MMI-166のヌードマウス実験舌癌に対する効果

    第37回 癌治療学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 岡山大学歯学部附属病院における診療予約システムについて

    平成10年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議総会医療情報システムシンポジウム  1999年 

     詳細を見る

  • The differences of condylar position changes based on fixation appliances after mandibular set back

    12th International Conference on Dento-Maxillo-Facial Radiology  1999年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状について

    第25回 岡山骨転移カンファレンス  1999年 

     詳細を見る

  • 唇顎口蓋裂患者の顎裂閉鎖への骨延長法の応用

    第44回日本口腔外科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • Experimental Transplantation with Block Bone Grafts Incubate in Bisphosphonate

    81st Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  1999年 

     詳細を見る

  • Bisphosphonate, Osteoclastic Bone Resorption Inhibitor, Inhibits Experimental Jaw Metastasis in Nude Mice

    81st Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  1999年 

     詳細を見る

  • Effects of Matrix Metalloproteinase Inhibitor on Experimental Tongue Carcinoma in Nude Mice

    81st Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  1999年 

     詳細を見る

  • in vivo Effects of Bisphosphonate Treatment on Particulate Cancellous Bone marrow

    81st Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  1999年 

     詳細を見る

  • 口腔癌による骨吸収、骨形成混在型骨転移モデルの樹立

    第44回日本口腔外科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術の臨床統計的観察

    第9回 日本顎変形症学会  1999年 

     詳細を見る

  • 血管新生阻害剤TNP-470は高カルシウム血症を抑制する

    第16回 日本骨代謝学会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 口腔外科治療学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科治療学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔疾患の診断・検査 (2021年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔疾患の診断・検査 (2021年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔粘膜疾患・口腔領域の神経疾患 (2021年度) 第4学期  - 月1

  • 口腔腫瘍学 (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔顎顔面外科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 手術学総論・各論 (2021年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 抜歯学 (2021年度) 第4学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2021年度) 第3学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2021年度) 第3学期  - 金1

  • 口腔外科治療学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科治療学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔疾患の診断・検査 (2020年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔疾患の診断・検査 (2020年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔粘膜疾患・口腔領域の神経疾患 (2020年度) 第4学期  - 月1

  • 口腔腫瘍学 (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔顎顔面外科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 手術学総論・各論 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 抜歯学 (2020年度) 第4学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2020年度) 第3学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2020年度) 第3学期  - 金1

▼全件表示