2021/10/21 更新

写真a

ササキ アキラ
佐々木 朗
SASAKI Akira
所属
医歯薬学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 歯学博士 ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • Oral and Maxillofacial Surgery

  • 口腔外科学

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

経歴

  • 北海道医療大学

    2018年 - 現在

      詳細を見る

  • 徳島大学歯学部 非常勤講師   Faculty of Dentistry

    2016年 - 現在

      詳細を見る

  • - Professor

    2016年

      詳細を見る

  • 山口大学医学部 非常勤講師   School of Medicine

    2012年 - 2017年

      詳細を見る

  • Senior Assistant Professor

    2011年 - 2016年

      詳細を見る

  • 大阪大学歯学部 非常勤講師   School of Dentistry

    2011年 - 2016年

      詳細を見る

  • 広島大学歯学部 非常勤講師   Faculty of Dentistry

    2008年 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 口腔顎顔面外科学分野 教授

    2003年4月 - 現在

      詳細を見る

  • - Professor,Biopathological Sciences,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University

    2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences

    2001年1月 - 2003年4月

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部附属病院第二口腔外科 講師   Dental School

    1994年4月 - 2000年12月

      詳細を見る

  • 米国テキサス大学サンアントニオ校ヘルスサイエンスセンター内分泌/代謝部門 博士研究員

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部口腔外科学第2講座 助教   Dental School

    1984年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

  • 慶応義塾大学病院歯科口腔外科

    1981年5月 - 1983年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本口腔外科学会   理事  

    2009年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   口腔外科研修施設資格認定審査会・委員長  

    2009年 - 2013年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   学術用語委員会・委員長  

    2009年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   口腔外科疾患調査委員会・副委員長  

    2009年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   評議員  

    2009年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 岡山歯学会   理事・副会長  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    岡山歯学会

    researchmap

  • 岡山歯学会   第29回岡山歯学会総会・学術大会担当  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    岡山歯学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   雑誌編集査読委員会・委員  

    2008年 - 2013年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔腫瘍学会   ワーキング・グループ2『口腔癌治療ガイドライン』  

    2008年 - 2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔腫瘍学会

    researchmap

  • 日本口腔科学会   倫理委員会委員  

    2008年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   4学会合同教育研究会 ・開催  

    2008年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔科学会   学会選考委員  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   専門医制度委員会・委員  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   専門医制度研修カリキュラム委員会・委員  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   選挙管理委員会  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔外科学会   関連医療連携委員会・委員  

    2007年 - 2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔外科学会

    researchmap

  • 日本口腔腫瘍学会   評議員  

    2004年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔腫瘍学会

    researchmap

  • 日本口腔科学会   評議員  

    2003年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本口腔科学会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 顎骨に発症したランゲルハンス細胞組織球症における画像的特徴の検討

    久富 美紀, 柳 文修, 村上 純, 藤田 麻里子, 岡田 俊輔, 竹下 洋平, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗, 浅海 淳一

    日本口腔診断学会雑誌   32 ( 1 )   107 - 108   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • Low-intensity pulsed ultrasound stimulation promotes osteoblast differentiation through hedgehog signaling. 国際誌

    Kenichi Matsumoto, Tsuyoshi Shimo, Naito Kurio, Tatsuo Okui, Soichiro Ibaragi, Yuki Kunisada, Kyoichi Obata, Masanori Masui, Pang Pai, Yuu Horikiri, Nobuyuki Yamanaka, Masaharu Takigawa, Akira Sasaki

    Journal of cellular biochemistry   119 ( 6 )   4352 - 4360   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) has been used as an adjunct to fracture healing therapies, but the mechanisms underlying its action are not known. We reported that sonic hedgehog (SHH) signaling was activated in osteoblasts at the dynamic remodeling site of a bone fracture. Mechanical stimulation is a crucial factor in bone remodeling, and it is related to the primary cilia as a sensor of hedgehog signaling. Here we observed that LIPUS promoted callus formation in accord with Gli2-positive cells after 14 days at the mouse femur fractured site compared with a control group. An immunofluorescence analysis showed that the numbers of primary cilia and cilia/osterix double-positive osteoblasts were increased at the fracture site by LIPUS. LIPUS stimulated not only the number and the length of primary cilia, but also the levels of ciliated protein, Ift88 mRNA, and SHH, Gli1, and Gli2 in MC3T3-E1 cells. Further experiments revealed that LIPUS stimulated osteogenic differentiation in the presence of smoothened agonist (SAG) treatment. These results indicate that LIPUS stimulates osteogenic differentiation and the maturation of osteoblasts by a primary cilium-mediated activation of hedgehog signaling.

    DOI: 10.1002/jcb.26418

    PubMed

    researchmap

  • Replacing zoledronic acid with denosumab is a risk factor for developing osteonecrosis of the jaw.

    Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   125 ( 6 )   547 - 551   2018年

     詳細を見る

  • Palonosetron Prevents Highly Emetogenic Chemotherapy-induced Nausea and Vomiting in Oral Cancer Patients

    Shinya Sento, Naoya Kitamura, Tetsuya Yamamoto, Koichi Nakashiro, Hiroyuki Hamakawa, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki, Natsumi Takamaru, Yoji Miyamoto, Isamu Kodani, Kazuo Ryoke, Katsuaki Mishima, Yoshiya Ueyama

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 12 )   6977 - 6981   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: To evaluate the efficacy of palonosetron in preventing acute and delayed nausea and vomiting in patients receiving highly emetogenic chemotherapy (HEC) in oral cancer patients. Patients and Methods: Oral cancer patients receiving HEC were enrolled; among the 40 patients, 87 courses of chemotherapy were administered. On day 1, 0.75 mg palonosetron was intravenously administrated just before chemotherapy. Results: The primary endpoint was the proportion of patients with a complete response (CR) and the secondary endpoint was the proportion of patients with complete control (CC) during the acute and delayed phase. During the acute phase, 86 of 87 courses (98.9%) had CR and 84 of 87 courses (96.6%) had CC. During the delayed phase, 84 of 87 courses (96.6%) had CR and 70 of 87 courses (80.5%) had CC. Conclusion: Palonosetron is effective at preventing HEC-induced chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) in oral cancer chemotherapeutic regimens in the acute and delayed phases.

    DOI: 10.21873/anticanres.12165

    Web of Science

    researchmap

  • Oral Squamous Cell Carcinoma-derived Sonic Hedgehog Promotes Angiogenesis

    Hiromasa Kuroda, Naito Kurio, Tsuyoshi Shimo, Kenichi Matsumoto, Masanori Masui, Kiyofumi Takabatake, Tatsuo Okui, Soichiro Ibaragi, Yuki Kunisada, Kyoichi Obata, Norie Yoshioka, Koji Kishimoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 12 )   6731 - 6737   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Sonic hedgehog (SHH) signaling is related to the pathogenesis of oral squamous cell carcinoma (OSCC), but its role in OSCC is not yet well understood. In this study, we analyzed the role of SHH signaling in OSCC. Materials and Methods: We examined the expression pattern of SHH and its signal proteins in clinically resected OSCC samples by immunohistochemistry. We also evaluated the function of SHH signaling using the hedgehog signaling inhibitor cyclopamine in vivo and in vitro by proliferation, migration and angiogenesis analyses. Results: We found that SHH was highly expressed in human tongue OSCC, whereas patched (PTCH1), glioma-associated oncogene 1 (GLI1) and GLI2 proteins were expressed in the microvascular cells in the tumor invasive front. Administration of cyclopamine to mice suppressed the growth and angiogenesis of OSCC xenografts in vivo. Moreover, cyclopamine inhibited endothelial cell proliferation and migration, and reduced aorta vascular length in the rat. Conclusion: These findings suggest that OSCC-derived SHH stimulates angiogenesis at the tumor invasive front.

    DOI: 10.21873/anticanres.12132

    Web of Science

    researchmap

  • Attenuation of CD4(+) CD25(+) Regulatory T Cells in the Tumor Microenvironment by Metformin, a Type 2 Diabetes Drug

    Yuki Kunisada, Shingo Eikawa, Nahoko Tomonobu, Shohei Domae, Takenori Uehara, Shohei Hori, Yukihiro Furusawa, Koji Hase, Akira Sasaki, Heiichiro Udono

    EBIOMEDICINE   25   154 - 164   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    CD4(+) CD25(+) regulatory T cells (Treg), an essential subset for preventing autoimmune diseases, is implicated as a negative regulator in anti-tumor immunity. Wefound thatmetformin (Met) reduced tumor-infiltrating Treg (Ti-Treg), particularly the terminally-differentiated CD103(+) KLRG1(+) population, and also decreased effector molecules such as CTLA4 and IL-10. Met inhibits the differentiation of naive CD4(+) T cells into inducible Treg (iTreg) by reducing forkhead box P3 (Foxp3) protein, caused by mTORC1 activation that was determined by the elevation of phosphorylated S6 (pS6), a downstream molecule of mTORC1. Rapamycin and compound C, an inhibitor of AMP-activated protein kinase (AMPK) restored the iTreg generation, further indicating the involvement of mTORC1 and AMPK. The metabolic profile of iTreg, increased Glut1-expression, and reduced mitochondrial membrane-potential and ROS production of Ti-Treg aided in identifying enhanced glycolysis upon Met-treatment. The negative impact of Met on Ti-Treg may help generation of the sustained antitumor immunity. (C) 2017 The Author(s). Published by Elsevier B.V. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.10.009

    Web of Science

    researchmap

  • Role of Neurokinin 3 Receptor Signaling in Oral Squamous Cell Carcinoma

    Kyoichi Obata, Tsuyoshi Shimo, Tatsuo Okui, Kenichi Matsumoto, Hiroyuki Takada, Kiyofumi Takabatake, Yuki Kunisada, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Koji Kishimoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 11 )   6119 - 6123   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: The neurokinin 3 receptor (NK-3R) is differentially expressed in the central nervous system including cases of human oral squamous cell carcinoma. However, the role of NK-3R signaling in oral squamous cell carcinoma is not well known. Materials and Methods: NK-3R expression in surgically resected oral squamous cell carcinoma was examined immunohistochemically and the strength of the expression was quantified. We evaluated the function of NK-3R signaling using NK-3R antagonist in human oral squamous cell carcinoma bone invasion mouse model. Results: NK-3R was significantly expressed in tumor cells that had invaded the bone matrix compared to the oral side tumor cells. SB222200, a selective antagonist of NK-3R, significantly suppressed the radiographic osteolytic lesion and tumorigenesis. Conclusion: NK-3R signaling is a potential target for the treatment of oral squamous cell carcinoma in cases of bone destruction.

    DOI: 10.21873/anticanres.12060

    Web of Science

    researchmap

  • Semaphorin 4D promotes bone invasion in head and neck squamous cell carcinoma

    Hiroyuki Takada, Soichiro Ibaragi, Takanori Eguchi, Tatsuo Okui, Kyoichi Obata, Masanori Masui, Ayaka Morisawa, Kiyofumi Takabatake, Hotaka Kawai, Norie Yoshioka, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tsuyoshi Shimo, Guo-Fu Hu, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   51 ( 2 )   625 - 632   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Head and neck squamous cell carcinomas (HNSCCs) frequently invade the bones of the facial skeleton. Semaphorin 4D (Sema4D) is an axon guidance molecule produced by oligodendrocytes. Sema4D was also identified in the bone microenvironment and many cancer tissues including HNSCC. To date, however, the role of Sema4D in cancer-associated bone disease is still unknown. This is the first study to demonstrate the role of Sema4D in bone invasion of cancer. In the clinical tissue samples of bone lesion of HNSCC, Sema4D was detected at high levels, and its expression was correlated with insulin-like growth factor-I (IGF-I) expression. In vitro experiments showed that IGF-I regulates Sema4D expression and Sema4D increased proliferation, migration and invasion in HNSCC cells. Sema4D also regulated the expression of receptor activator of nuclear factor kappa beta ligand (RANKL) in osteoblasts, and this stimulated osteoclastgenesis. Furthermore, knockdown of Sema4D in HNSCC cells inhibited tumor growth and decreased the number of osteoclasts in a mouse xenograft model. Taken together, IGF-I-driven production of Sema4D in HNSCCs promotes osteoclastogenesis and bone invasion.

    DOI: 10.3892/ijo.2017.4050

    Web of Science

    researchmap

  • Examination of Diseases Requiring Oral Surgery Treated via Medical-Dental Cooperation in the Department of Oral and Maxillofacial Surgery (Biopathology), Okayama University Hospital.

    Masui M, Shimo T, Yoshioka N, Ibaragi S, Okui T, Kunisada Y, Yao M, Yoshida S, Murase Y, Kishimoto K, Nishiyama A, Soga Y, Sasaki A

    International Journal of Surgery & Surgical Procedures   2   1 - 7   2017年

     詳細を見る

  • Analysis of Pathological Activities of CCN Proteins in Bone Metastasis. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Norie Yoshioka, Masaharu Takigawa, Akira Sasaki

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1489   505 - 512   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Bone metastasis is a common occurrence in human malignancies, including breast, prostate, and lung cancer, and is associated with a high morbidity rate because of intractable bone pain, pathological fractures, hypercalcemia, and nerve compression. Animal models of bone metastasis are important tools to investigate the pathogenesis and develop treatment strategies. However, there are few models of spontaneous bone metastasis despite the fact that animals often spontaneously develop cancer. Here, we describe methods for developing a mouse model of breast cancer bone metastasis achieved by injection of MDA-MB-231 breast cancer cells into the heart. This assay can be applied to studies on roles of CCN proteins in tumor metastasis and development of treatment strategies targeting CCN proteins.

    PubMed

    researchmap

  • Orthognathic surgery during breast cancer treatment-A case report. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Norie Yoshioka, Masahiro Nakamura, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Masanori Masui, Mayumi Yao, Koji Kishimoto, Shoko Yoshida, Akiyoshi Nishiyama, Hiroshi Kamioka, Akira Sasaki

    International journal of surgery case reports   31   30 - 34   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    INTRODUCTION: In recent years, patients with orthognathic surgery in middle-aged and elderly people have come to be a more frequent occurrence. Breast cancer is the most frequently diagnosed cancer in woman worldwide, and its prevalence rate is steadily increasing. PRESENTATION OF CASE: We report a case of a 47-year-old Japanese woman in whom left-side breast cancer (Stage 1) was unexpectedly found just before orthognathic surgery in April 2012. Breast-conserving surgery was performed (estrogen receptor+, progesterone receptor+, HER2 -, surgical margin+, sentinel lymph node +) that May. From June to August docetaxel (75mg/m2) and cyclophosphamide (600mg/m2) were administrated four times every 21days and thereafter radiotherapy (total 60Gy) was completed. The cancer surgeon declared the prognosis good and the patient had a strong desire to undergo orthognathic surgery, so in November we performed a bimaxillary osteotomy, and administration of tamoxifen began 6 weeks after the osteotomy. DISCUSSION: There are breast cancer cases in which the prognosis is sufficiently good for a planned orthognathic surgery to proceed. Good communication among surgeons and the patient is important. CONCLUSION: We experienced a case in which breast cancer was found just before the orthognathic surgery; we performed a bimaxillary osteotomy, including follow-up tamoxifen administration, during breast cancer treatment.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2016.12.014

    PubMed

    researchmap

  • Endoscope- assisted Transoral Reduction and Internal Fixation of a Mandibular Subcondylar Fracture with a 3D-shaped Plate: Report of a Case.

    Ibaragi S, Yoshioka N, Kishimoto K, Sasaki A

    International Journal of Contemporary Medical Research   4 ( 2 )   575 - 577   2017年

     詳細を見る

  • Maxillofacial fractures in elderly patients

    Takakura H, Shimo T, Yoshioka N, Yao M, Obata K, Ibaragi S, Okui T, Kunisada Y, Morisawa A, Shibata A, Yoshida S, Murase Y, Kishimoto K, Nishiyama A, Mese H, Sasaki A

    International Journal of Surgery & Surgical Procedures   2   1 - 5   2017年

     詳細を見る

  • The Immunological Impact of Chemotherapy on the Tumor Microenvironment of Oral Squamous Cell Carcinoma

    Hiroaki Takakura, Shohei Domae, Toshiro Ono, Akira Sasaki

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 3 )   219 - 226   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Anticancer drugs induce cell-cycle arrest and apoptosis not only in tumor cells, but also in immune cells. However, many preclinical and clinical findings show that some chemotherapeutic agents can improve the antitumor efficacy of immunotherapy. We immunohistochemically analyzed the degree of immune cell infiltration and the relevance of programmed cell death 1 ligand-1 (PD-L1) expression in surgically resected oral squamous cell carcinoma (OSCC) specimens from patients who had undergone pretreatment with certain chemotherapies and other patients without pretreatment. We divided the patients into the group of neoadjuvant chemotherapy (NAC) patients (n=8) and the nNAC (without NAC) patient group (n= 10). We observed that NAC induced infiltrations of CD4, CD8 T cells and CD56 NK cells into the tumor microenvironment. Decreased numbers of Tregs and PD-1-positive cells were observed in the NAC group. No significant difference was observed in the degree of immune-cell infiltration between the patient groups except for CD56 NK cells in the stroma and PD-1 cells in cancer nests. Eighty percent of the nNAC specimens showed intermediate-to-strong PD-L1 protein expression, whereas 75% of the NAC specimens showed down-regulation of the PD-L1 protein, indicating the effectiveness of the chemotherapeutic treatment before surgery.

    Web of Science

    researchmap

  • Tachykinin Receptor 3 Distribution in Human Oral Squamous Cell Carcinoma

    Kyoichi Obata, Tsuyoshi Shimo, Tatsuo Okui, Kenichi Matsumoto, Hiroyuki Takada, Kiyofumi Takabatake, Yuki Kunisada, Soichiro Ibaragi, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 12 )   6335 - 6341   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Tachykinin 3 (TAC3) and its preferred tachykinin receptor 3 (TACR3) that are prominently detected in the central nervous system, play significant roles in physiological development and specifically in the human reproductive system. The roles of TAC3/TACR3 in oral squamous cell carcinoma are unknown. Materials and Methods: We examined the expression pattern of TAC3/TACR3 in clinically-resected oral squamous cell carcinoma samples using immunohistochemistry and immunofluorescence analysis. Results: We found that even though the expression level of TACR3 was negative in the normal epithelium, it was highly elevated in tumor cells. A more intense signal was observed in the invasive front of tumor cells that had migrated into the mandible bone matrix. TAC3 was not detected in tumor cells, but was expressed in PGP-9.5-positive sensory nerves in the mandible. Conclusion: Our results suggest that peripheral sensory nerve-derived TAC3 may affect gingival oral squamous cell carcinoma cells through TACR3 in the bone matrix.

    DOI: 10.21873/anticanres.11230

    Web of Science

    researchmap

  • Autologous Blood Injection for the Treatment of Recurrent Temporomandibular Joint Dislocation

    Norie Yoshioka, Tsuyoshi Shimo, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki

    ACTA MEDICA OKAYAMA   70 ( 4 )   291 - 294   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Temporomandibular joint (TMJ) dislocation can occur during daily activities and negatively affect a patient's quality of life. Although both nonsurgical and surgical techniques have been used to treat recurrent TMJ dislocation, the former is not always successful and the latter, although having a high success rate, is invasive and requires hospitalization. Recently, autologous blood injection has been used to treat recurrent TMJ dislocation. However, this technique is not yet widely used in clinical practice. We designed this study to obtain further information as to efficacy, safety and stability of autologous blood injection for recurrent TMJ dislocation.

    DOI: 10.18926/AMO/54506

    Web of Science

    researchmap

  • Novel Midkine Inhibitor iMDK Inhibits Tumor Growth and Angiogenesis in Oral Squamous Cell Carcinoma

    Masanori Masui, Tatsuo Okui, Tsuyoshi Shimo, Kiyofumi Takabatake, Takuya Fukazawa, Kenichi Matsumoto, Naito Kurio, Soichiro Ibaragi, Yoshio Naomoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 6 )   2775 - 2781   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Midkine is a heparin-binding growth factor highly expressed in various human malignant tumors. However, its role in the growth of oral squamous cell carcinoma is not well understood. In this study, we analyzed the antitumor effect of a novel midkine inhibitor (iMDK) against oral squamous cell carcinoma. Administration of iMDK induced a robust antitumor response and suppressed cluster of differentiation 31 (CD31) expression in oral squamous cell carcinoma HSC-2 cells and SAS cells xenograft models. iMDK inhibited the proliferation of these cells dose-dependently, as well as the expression of midkine and phospho-extracellular signal-regulated kinase in HSC-2 and SAS cells. Moreover, iMDK significantly inhibited vascular endothelial growth factor and induced tube growth of human umbilical vein endothelial cells in a dose-dependent fashion. These findings suggest that midkine is critically involved in oral squamous cell carcinoma and iMDK can be effectively used for the treatment of oral squamous cell carcinoma.

    Web of Science

    researchmap

  • Synthetic Terrein Inhibits Progression of Head and Neck Cancer by Suppressing Angiogenin Production

    Akane Shibata, Soichiro Ibaragi, Hiroki Mandai, Toki Tsumura, Koji Kishimoto, Tatsuo Okui, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tsuyoshi Shimo, Kazuhiro Omori, Guo-Fu Hu, Shogo Takashiba, Seiji Suga, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 5 )   2161 - 2168   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: Head and neck cancers are the fifth most common cancer type worldwide, affecting more than half a million patients annually. Development of effective therapeutic drugs is, therefore, required for this type of disease. This study assessed the effects of synthetic terrein on head and neck cancer. Materials and Methods: Synthetic terrein was prepared by using the modified Altenhach's procedure. The effect of synthetic terrein on cell proliferation of head and neck cancer cells and HUVECs was assessed. Angiogenin secretion and ribosome biogenesis were examined by ELISA and silver staining of the nucleolar organizer region. A mouse xenograft model was prepared by inoculating mice with suspensions of cells of the human head and neck cancer cell line OSC-19 subcutaneously into the dorsal region of each mouse. Ki-67, CD31 and angiogenin expression in xenografted tumors was examined by immunohistochemistry. Results: Synthetic terrein inhibited the growth of various head and neck cancer cells. In addition, an in vivo experiment revealed that synthetic terrein inhibited a xenograft tumor growth in athymic mice. Immunohistochemical analysis revealed that expression of Ki-67, CD31 and ANG was down-regulated in synthetic terrein-treated tumors, compared to controls. Synthetic terrein suppressed the ANG secretion and ribosome biogenesis in cancer cells, and cell proliferation in vascular endothelial cells. Conclusion: The mechanism underlying the anti-tumor effects of synthetic terrein against head and neck cancer consists of the inhibition of both tumor cell proliferation and angiogenesis via the suppression of ANG production.

    Web of Science

    researchmap

  • Role of CCN2 in Amino Acid Metabolism of Chondrocytes

    Yurika Murase, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Aya Maeda-Uematsu, Harumi Kawaki, Karen M. Lyons, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   117 ( 4 )   927 - 937   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) is a multi-functional molecule that promotes harmonized development and regeneration of cartilage through its matricellular interaction with a variety of extracellular biomolecules. Thus, deficiency in CCN2 supply profoundly affects a variety of cellular activities including basic metabolism. A previous study showed that the expression of a number of ribosomal protein genes was markedly enhanced in Ccn2-null chondrocytes. Therefore, in this study, we analyzed the impact of CCN2 on amino acid and protein metabolism in chondrocytes. Comparative metabolome analysis of the amino acids in Ccn2-null and wild-type mouse chondrocytes revealed stable decreases in the cellular levels of all of the essential amino acids. Unexpectedly, uptake of such amino acids was rather enhanced in Ccn2-null chondrocytes, and the addition of exogenous CCN2 to human chondrocytic cells resulted in decreased amino acid uptake. However, as expected, amino acid consumption by protein synthesis was also accelerated in Ccn2-null chondrocytes. Furthermore, we newly found that expression of two genes encoding two glycolytic enzymes, as well as the previously reported Eno1 gene, was repressed in those cells. Considering the impaired glycolysis and retained mitochondrial membrane potential in Ccn2-null chondrocytes, these findings suggest that Ccn2 deficiency induces amino acid shortage in chondrocytes by accelerated amino acid consumption through protein synthesis and acquisition of aerobic energy. Interestingly, CCN2 was found to capture such free amino acids in vitro. Under physiological conditions, CCN2 may be regulating the levels of free amino acids in the extracellular matrix of cartilage. J. Cell. Biochem. 117: 927-937, 2016. (c) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcb.25377

    Web of Science

    researchmap

  • Expression and Role of Sonic Hedgehog in the Process of Fracture Healing with Aging

    Kenichi Matsumoto, Tsuyoshi Shimo, Naito Kurio, Tatsuo Okui, Kyoichi Obata, Masanori Masui, Pai Pang, Yuu Horikiri, Akira Sasaki

    IN VIVO   30 ( 2 )   99 - 105   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Aging is one of the risk factors for delayed fracture healing. Sonic hedgehog (SHH) protein, an inducer of embryonic development, has been demonstrated to be activated in osteoblasts at the dynamic remodeling site of a bone fracture. Herein, we compared and examined the distribution patterns of SHH and the functional effect of SHH signaling on osteogenesis and osteoclastogenesis between young (5-week-old) and aged (60-week-old) mice during fracture healing. We found that SHH was expressed in bone marrow cells from the fractured site of the rib of young mice on day 5, but was barely detectable in the corresponding cells from the rib of aged mice. SHH was also detected in osteoblasts and bone marrow cells at the callus remodeling stage on days 14 and 28 in both young and aged mice. The number of alkaline phosphatase (ALP)-positive osteoblasts was significantly higher in young mice on days 5 and 14, whereas the number of tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP)-positive osteoclasts was significantly higher in aged mice. SHH stimulated significantly more osteoblast formation in the young compared to old mice. SHH stimulated the osteoclast formation directly in the aged mice and suppressed the formation indirectly through osteoprotegerin expression in the young mice. Results indicate that an aged-related delay of fracture healing may contribute to the unbalanced bone formation and resorption, regulated by hedgehog signaling.

    Web of Science

    researchmap

  • The Role of Sonic Hedgehog Signaling in Osteoclastogenesis and Jaw Bone Destruction

    Tsuyoshi Shimo, Kenichi Matsumoto, Kiyofumi Takabatake, Eriko Aoyama, Yuichiro Takebe, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Naito Kurio, Hiroyuki Takada, Kyoichi Obata, Pai Pang, Masahiro Iwamoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    PLOS ONE   11 ( 3 )   e0151731-e0151731   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Sonic hedgehog (SHH) and its signaling have been identified in several human cancers, and increased levels of its expression appear to correlate with disease progression and metastasis. However, the role of SHH in bone destruction associated with oral squamous cell carcinomas is still unclear. In this study we analyzed SHH expression and the role played by SHH signaling in gingival carcinoma-induced jawbone destruction. From an analysis of surgically resected lower gingival squamous cell carcinoma mandible samples, we found that SHH was highly expressed in tumor cells that had invaded the bone matrix. On the other hand, the hedgehog receptor Patched and the signaling molecule Gli-2 were highly expressed in the osteoclasts and the progenitor cells. SHH stimulated osteoclast formation and pit formation in the presence of the receptor activator for nuclear factor-kappa B ligand (RANKL) in CD11b(+) mouse bone marrow cells. SHH upregulated phosphorylation of ERK1/2 and p38 MAPK, NFATc1, tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP), and Cathepsin K expression in RAW264.7 cells. Our results suggest that tumor-derived SHH stimulated the osteoclast formation and bone resorption in the tumor jawbone microenvironment.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0151731

    Web of Science

    researchmap

  • Drug-Induced Hypersensitivity Syndrome Caused by Carbamazepine Used for the Treatment of Trigeminal Neuralgia. 国際誌

    Yuko Ono, Tsuyoshi Shimo, Yoshinori Shirafuji, Toshihisa Hamada, Masanori Masui, Kyoichi Obata, Mayumi Yao, Koji Kishimoto, Akira Sasaki

    Case reports in dentistry   2016   4605231 - 4605231   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    An 88-year-old man was diagnosed with trigeminal neuralgia, and treatment of carbamazepine 200 mg/day was initiated. About 6 weeks later, the patient developed a skin rash accompanied by fever. He was admitted to hospital and diagnosed with drug-induced hypersensitivity syndrome (DIHS) caused by carbamazepine. Oral carbamazepine treatment was stopped, but blood tests showed acute liver and acute renal failure. Drug-induced lymphocyte stimulation test (DLST) for carbamazepine, human herpes virus-6 (HHV-6) IgG, and CMV-HRP were negative. Oral prednisolone therapy was begun 18 days later. The titer of HHV-6 IgG antibodies was then detected (640 times). Following treatment, liver and renal function improved and the erythema disappeared.

    DOI: 10.1155/2016/4605231

    PubMed

    researchmap

  • Detection of sonic hedgehog in patients undergoing orthognathic surgery

    Yuki Kunisada, Tsuyoshi Shimo, Masanori Masui, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Kenichi Matsumoto, Tatsuo Okui, Naito Kurio, Shohei Domae, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    International Journal of Surgery Open   5   1 - 4   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Purpose Sonic Hedgehog (SHH) is a regulatory protein involved in bone fracture healing. Orthognathic surgery involves surgical osteotomy of the mandible or maxilla to restore the proper anatomic and functional position in patients with dentofacial deformity. The purpose of this study was to analyze SHH local blood serum concentrations after osteotomy to gain further understanding of the molecular regulation of the initial stage of osteotomy healing. Methods Serum samples (local drainage and peripheral venous) of 34 patients (24 females and 10 males, mean age was 23.4 (16–42) years) who underwent orthognathic surgery were isolated from patients at different time points during the perioperative period. The levels of SHH, soluble receptor activator of nuclear factor-κB ligand (sRANKL) and osteoprotegerin (OPG) were measured using ELISA. Results SHH was detected in the local drainage immediately after osteotomy (309.5 ± 58.2 pg/ml), and decreased for 2 days after the operation (197.5 ± 43.6 pg/ml). The sRANKL local serum concentrations were at the maximum level immediately after the operation (141.4 ± 22.6 pg/ml) and decreased for 2 days (110.1 ± 23.4 pg/ml). On the other hand, the OPG concentration in the local serum was at a minimum after osteotomy (59.4 ± 4.6 pg/ml) and reached its maximum (181.5 ± 17.8 pg/ml, P &lt
     0.01) at 2 days after osteotomy. SHH and OPG local serum levels on day 2 were associated with the amount of bleeding during the operation. The local drainage serum level of SHH of maxillary/mandibular osteotomy had a tendency to be higher than that of mandible-only osteotomy at 2 days after operation. Conclusions Elevated levels of SHH in local serum after osteotomy, especially during the initial stage of healing, indicates its importance in osteotomy healing.

    DOI: 10.1016/j.ijso.2016.09.002

    Scopus

    researchmap

  • Successful treatment of osteonecrosis-induced fractured mandible with teriparatide therapy: A case report. 国際誌

    Mayumi Yao, Tsuyoshi Shimo, Yuko Ono, Kyoichi Obata, Norie Yoshioka, Akira Sasaki

    International journal of surgery case reports   21   151 - 3   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    INTRODUCTION: The management of medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ) is controversial. To date, there is no established treatment for cases of advanced stage 3 MRONJ osteoporosis in elderly patients. PRESENTATION: An 87-year-old osteoporotic woman with osteonecrosis-induced left mandible fracture related to minodronate therapy was referred to us for treatment. She had a vertebral compression fracture concurrently and had started subcutaneous injection of teriparatide. After 18 months of treatment with teriparatide the pathological mandible fracture was healed and functional recovery of the occlusion was obtained by complete dentures. DISCUSSION: Teriparatide may have a powerful anabolic effect on bone, and promote bone regeneration against pathologic mandible fracture induced by MRONJ. CONCLUSION: Based upon these findings, teriparatide might be beneficial for advanced stage 3 MRONJ osteoporosis in elderly patients.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2016.02.028

    PubMed

    researchmap

  • Expression and roles of CCN2 in dental epithelial cells,

    Tsuyoshi Shimo, Eiki Koyama, Naito Kurio, Kenichi Matsumoto, Tatsuo Okui, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Akira Sasaki

    In Vivo   29 ( 2 )   18 - 195   2015年

     詳細を見る

  • Installing an original sleeve for rod unaccessible pain from a distraction device in a hemifacial microsomia patient.

    Tsuyoshi Shimo, Akiyoshi Nishiyama, Norie Yoshioka, Akira Sasaki

    Int J Surg Case Rep   12   91 - 99   2015年

  • A case of adenoid cystic carcinoma associated with IgG4-related disease.

    Tsuyoshi Shimo, Mayumi Yao, Yuichiro Takebe, Yuko Ono, Kyoichi Obata, Naito Kurio, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Koji Kishimoto, Yoshinobu Yanagi, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    Int J Surg Case Rep   10   8 - 14   2015年

  • Familial adenoid cystic carcinoma of sablingual salivary glands.

    Yoshioka N, Mese H, Okui T, Ibaragi S, Sasaki A

    J Oral Maxillofac Surg Med Pathol   27 ( 3 )   132 - 136   2015年

  • Role of CCN2 in Amino Acid Metabolism of Chondrocytes.

    Murase Y, Hattori T, Aoyama E, Nishida T, Maeda-Uematsu A, Kawaki H, Lyons KM, Sasaki A, Takigawa M, Kubota S

    J Cell Biochem   151 - 155   2015年

     詳細を見る

  • Expression Pattern of Sonic Hedgehog Signaling and Calcitonin Gene Related Peptide in the Socket Healing Process after Tooth Extraction

    Pai Pang, Tsuyoshi Shimo, Hiroyuki Takada, Kenichi Matsumoto, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki

    Biochem Biophys Res Commun   467 ( 1 )   27 - 31   2015年

  • Cancer/testis antigens: A prospective reagent as diagnostic and immunotherapeutic targets for squamous cell carcinoma of the head and neck

    Shohei Domae, Toshiro Ono, Akira Sasaki

    Japanese Dental Science Review   50 ( 4 )   91 - 99   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Numerous tumor antigens have so far been identified from various tumors using the serological identification of antigens by recombinant expression cloning (SEREX) method. Among them, cancer/testis (CT) antigens are considered promising target molecules for immunotherapy for patients with various cancers. We performed several SEREX analyses of various cancers to identify CT antigens, including gastric adenocarcinoma, lung adenocarcinoma, and colon cancer, and consequently identified additional CT antigens, such as XAGE-1, CCDC62-2, GKAP1, and TEKT5. However, although SEREX analysis of squamous cell carcinoma of the head and neck (HNSCC) has been performed several times, only a few CT or HNSCC specific antigens have yet been isolated. Compared with other tumors, a small number of studies have been reported on the antigen proteins specific to HNSCC. We here reported the expression of selected CT antigens and their immunogenicity in patients with HNSCC. The results obtained suggested that CCDC62-2, GKAP1, and TEKT5 are immunogenic in HNSCC and also demonstrated their potencies as diagnostic markers for patients with HNSCC in combination with other CT antigens such as NY-ESO-1, MAGE-A3, and MAGE-A4.

    DOI: 10.1016/j.jdsr.2014.06.001

    Scopus

    researchmap

  • Synthetic (+)-terrein suppresses interleukin-6/soluble interleukin-6 receptor induced-secretion of vascular endothelial growth factor in human gingival fibroblasts

    Hiroki Mandai, Kazuhiro Omori, Daisuke Yamamoto, Toki Tsumura, Kyouta Murota, Satoshi Yamamoto, Koichi Mitsudo, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki, Hiroshi Maeda, Shogo Takashiba, Seiji Suga

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   22 ( 19 )   5338 - 5344   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Interleukin (IL)-6 is a proinflammatory cytokine that performs a wide variety of biological functions, including important roles in the progression of chronic inflammatory diseases such as periodontal disease. (+)-Terrein, a secondary bioactive fungal metabolite isolated from Aspergillus terreus, has various biological activities; however, its anti-inflammatory effects are still unknown. The purpose of this study was to examine the effect of synthetic (+)-terrein on IL-6 signaling and related protein production in human gingival fibroblasts. To our knowledge, this study is the first to report that synthetic (+)-terrein is not cytotoxic at concentrations less than 20 mu M and suppresses IL-6/soluble IL-6 receptor (sIL-6R)-induced phosphorylation of signal transducer and activator of transcription-3, extracellular signal-regulated kinase 1/2, and c-jun N-terminal kinase 1/2-signaling proteins that are downstream of IL-6 signaling. In addition, synthetic (+)-terrein suppresses IL-6/sIL-6R-induced vascular endothelial growth factor (VEGF) secretion in a concentration-dependent manner (p < 0.01). These data suggest that synthetic (+)-terrein has potential anti-IL-6 signaling activity and suppresses VEGF-associated inflammatory disease progression. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bmc.2014.07.047

    Web of Science

    researchmap

  • Neamine Inhibits Oral Cancer Progression by Suppressing Angiogenin-mediated Angiogenesis and Cancer Cell Proliferation

    Koji Kishimoto, Shoko Yoshida, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Guo-Fu Hu, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 5 )   2113 - 2121   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Angiogenin undergoes nuclear translocation and stimulates ribosomal RNA transcription in both endothelial and cancer cells. Consequently, angiogenin has a dual effect on cancer progression by inducing both angiogenesis and cancer cell proliferation. The aim of this study was to assess whether neamine, a blocker of nuclear translocation of angiogenin, possesses antitumor activity toward oral cancer. Materials and Methods: The antitumor effect of neamine on oral cancer cells was examined both in vitro and in vivo. Results: Neamine inhibited the proliferation of HSC-2, but not that of SAS oral cancer cells in vitro. Treatment with neamine effectively inhibited growth of HSC-2 and SAS cell xenografts in athymic mice. Neamine treatment resulted in a significant decrease in tumor angio genesis, accompanied by a decrease in angiogenin- and proliferating cell nuclear antigen-positive cancer cells, especially of HSC-2 tumors. Conclusion: Neamine effectively inhibits oral cancer progression through inhibition of tumor angiogenesis. Neamine also directly inhibits proliferation of certain types of oral cancer cells. Therefore, neamine has potential as a lead compound for oral cancer therapy.

    Web of Science

    researchmap

  • Expression and roles of CCN2 in dental mesenchymal cells in primary culture – with findings in a case of odontogenic myxofibroma,

    Tsuyoshi Shimo, Eiki Koyama, Yuu Horikiri, Tatsuo Okui, Naito Kurio, Naoki Katase, Shoko Yoshida, Yuichiro Takebe, Koji Kishimoto, Norie Yoshioka, Hitoshi Nagatsuka

    Oral Science International   11 ( 1 )   8 - 14   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1348-8643(13)00008-6

    Scopus

    researchmap

  • Novel HSP90 inhibitor NVP-AUY922 enhances the anti-tumor effect of temsirolimus against oral squamous cell carcinoma.

    Curr Cancer Drug Targets   13 ( 3 )   289 - 299   2013年

  • Anti-tumor effect of a novel FAK inhibitor TAE226 against human oral squamous cell carcinoma

    Naito Kurio, Tsuyoshi Shimo, Takuya Fukazawa, Tatsuo Okui, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tatsuki Honami, Yuu Horikiri, Shinji Hatakeyama, Munenori Takaoka, Yoshio Naomoto, Akira Sasaki

    ORAL ONCOLOGY   48 ( 11 )   1159 - 1170   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: Focal adhesion kinase (FAK) overexpression is frequently found in invasive and metastatic cancers, but its role in oral squamous cell carcinoma is not yet well understood. In order to seek therapies targeting oral squamous cell carcinoma, we developed the novel FAK Tyr(397) inhibitor TAE226 and investigated its anti-tumor effects and mechanisms.
    Materials and Methods: Expression of phosphorylated FAK Tyr(397) was examined by immunohistochemical and immunoblot analysis. The effect of TAE226 on in vitro and in vivo studies were confirmed by proliferation, cell cycle, apoptosis and angiogenesis analysis.
    Results: We found that phosphorylated FAK was highly expressed in human tongue oral squamous cell carcinoma in patients. Importantly, TAE226 greatly suppressed the proliferation, migration and invasion of human oral squamous cell carcinoma SAS cells with an apparent structural change of actin fiber and a loss of cell adhesion. In addition, TAE226 inhibited the expression of phospho-FAK Tyr(397) and phospho AKT Ser(473), resulting in caspase-mediated apoptosis. Furthermore, oral administration of TAE226 in mice suppressed the growth and angiogenesis of oral squamous cell carcinoma xenografts in vivo.
    Conclusions: Our results provide compelling evidence that FAK is critically involved in oral squamous cell carcinoma and that the FAK inhibitor TAE226 can potentially be effectively used for the treatment of oral squamous cell carcinoma. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2012.05.019

    Web of Science

    researchmap

  • Hypoxia-induced up-regulation of angiogenin, besides VEGF, is related to progression of oral cancer

    Koji Kishimoto, Shoko Yoshida, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Tatsuo Okui, Guo-fu Hu, Akira Sasaki

    ORAL ONCOLOGY   48 ( 11 )   1120 - 1127   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: Angiogenin (ANG) is a prominent angiogenic factor that has been shown to have a dual effect on tumor progression by inducing both angiogenesis and cancer cell proliferation through stimulating ribosomal RNA transcription in both endothelial cells and cancer cells. In the present study, we investigated the expression profiles of ANG and vascular endothelial growth factor (VEGF) in oral cancer and their correlation with hypoxia and evaluated the possible value of ANG as a therapeutic target for oral cancer.
    Materials and Methods: Immunohistochemistry (IHC), ELISA, real-time RT-PCR and Western blotting were used to examine the expression of ANG, VEGF, and hypoxia-inducible factor 1 alpha (HIF-1 alpha) in oral squamous cell carcinoma (OSCC) specimens and human OSCC cell lines. In order to examine the role of ANG, we knocked down ANG expression in HSC-2 cells by means of plasmid-mediated RNA interference.
    Results: IHC showed that the expression of ANG was significantly correlated with that of HIF-1 alpha in 50 OSCC specimens (P = 0.031). However, no significant correlation between VEGF and HIF-1 alpha expression was found (P = 0.243). Consistently, ANG secretion increased under hypoxia in all of the 10 OSCC cell lines tested; and a significant increase was observed in 6 of them. In contrast, there was no noticeable increase in VEGF secretion under hypoxia in any of these cell lines. In HSC-2 and SAS OSCC cells, the increase in ANG mRNA expression correlated very well with that of HIF-1 alpha protein expression after hypoxia onset. However, no noticeable increase in VEGF mRNA expression was observed even after 12 h of hypoxia. Down-regulation of ANG expression in HSC-2 cells highly expressing and secreting VEGF inhibited ribosome biogenesis, cell proliferation, tumor angiogenesis, and xenograft growth in athymic mice.
    Conclusion: These results suggest that ANG is up-regulated in the hypoxic environment of oral cancers and that its inhibition can have a therapeutic implication. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2012.05.009

    Web of Science

    researchmap

  • Functional improvements after orthodontic-surgical reconstruction in a patient with multiple maxillofacial fractures

    Yoshihito Ishihara, Shingo Kuroda, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki, Teruko Takano-Yamamoto, Takashi Yamashiro

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   142 ( 4 )   534 - 545   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Patients with multiple craniofacial fractures often suffer from stomatognathic problems after their primary treatment, because administering emergency care is the clinician's highest priority. Therefore, optimal bone repositioning is sometimes difficult because bone fixation is delayed. Moreover, neither an adequate radiographic examination nor an evaluation of primary occlusion is available during the repair of fractured bones. The lack of these assessments can also lead to occlusal dysfunction after bone fixation. As a result, patients with craniofacial fractures often require occlusal reconstruction. This report describes the successful occlusal reconstruction with orthodontic-surgical treatment of a patient with multiple maxillofacial bone fractures. Combined surgery, including an intraoral vertical ramus osteotomy and a mandibular body osteotomy, was performed to reposition the deviated mandible after 3 months of preoperative orthodontic treatment. The total active treatment period was 25 months. After treatment, both the facial asymmetry and the anterior open bite caused by the skeletal disharmony were significantly improved. Additionally, the range of condylar motion, maximum occlusal force, and occlusal contact area during maximum clenching were also increased. These stomatognathic functions were further enhanced by 2 years of retention. Orthodontic-surgical reconstruction appears to improve both facial esthetics and occlusal function in patients with facial asymmetry caused by severe traumatic maxillofacial fractures. (Am J Orthod Dentofacial Orthop 2012;142:534-45)

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2011.02.029

    Web of Science

    researchmap

  • 二つの拡大装置と外科的急速拡大の組み合わせによって治療を行った顔面非対称症例

    川邉 紀章, 古森 紘基, 白賀 のり子, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   263 - 263   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • Bone-Derived IGF Mediates Crosstalk between Bone and Breast Cancer Cells in Bony Metastases

    Toru Hiraga, Akira Myoui, Nobuyuki Hashimoto, Akira Sasaki, Kenji Hata, Yoshihiro Morita, Hideki Yoshikawa, Clifford J. Rosen, Gregory R. Mundy, Toshiyuki Yoneda

    CANCER RESEARCH   72 ( 16 )   4238 - 4249   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    The continuous release of bone-stored growth factors after bone resorption promotes the colonization of circulating cancer cells. However, the precise role of each of the various growth factors remains unclear. In this study, we investigated the role of bone-derived insulin-like growth factor (IGF) in the development of bone metastases in an animal model of breast cancer. We found that local stimulation of calvarial bone resorption before cell inoculation stimulated subsequent bone metastases to that site in vivo, although inhibition of bone resorption inhibited bone metastases. Anchorage-independent growth of cancer cells was stimulated by the culture supernatants from resorbed bones, which contained elevated levels of IGF-I. This stimulation was blocked by IGF type I receptor (IGF-IR) neutralizing antibody, but not antibody targeting other bone-stored growth factors including TGF-beta, fibroblast growth factors, and platelet-derived growth factors. Although recombinant human IGF-I caused IGF-IR tyrosine autophosphorylation, followed by activation of Akt and NF-kappa B in cancer cells, dominant-negative inhibition of IGF-IR, Akt, or NF-kappa B significantly reduced bone metastases with increased apoptosis and decreased mitosis in metastatic cells. Together, our findings suggest that bone-derived IGF-I bridges the crosstalk between bone and metastasized cancer cells via activation of the IGF-IR/Akt/NF-kappa B pathway. Disruption of this pathway therefore may represent a promising therapeutic intervention for bone metastasis. Cancer Res; 72(16); 4238-49. (c) 2012 AACR.

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-11-3061

    Web of Science

    researchmap

  • 二つの拡大装置を用いた外科的急速拡大によって上顎歯列弓幅径の改善を行った顔面非対称症例

    川邉 紀章, 古森 紘基, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   177 - 177   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Surgically assisted rapid palatal expansion(SARPE)を併用した骨格性下顎前突症例

    早野 暁, 菅原 康代, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   178 - 178   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Sonic hedgehog signaling promotes growth of oral squamous cell carcinoma cells associated with bone destruction

    Tatsuki Honami, Tsuyoshi Shimo, Tatsuo Okui, Naito Kurio, Nur Mohammad Monsur Hassan, Masahiro Iwamoto, Akira Sasaki

    ORAL ONCOLOGY   48 ( 1 )   49 - 55   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Sonic hedgehog (Shh) and its signaling have been identified in several human cancers, and increased levels of its expression appear to correlate with disease progression and metastasis. However, the role of Shh in bone destruction associated with oral squamous cell carcinomas, which frequently invade the maxilla or the mandible, is still unclear. In this study we show that the use of siRNA for Shh to block SHH secreted by SAS oral squamous cell carcinoma cells suppressed the tumor growth and tumor angiogenesis of subcutaneous SAS xenografts in vivo. Moreover, blockade of Shh in SAS cells decreased tumor growth and osteoclast number in a tibial metaphysis mouse model. Significantly, we clearly show that SHH stimulated osteoclast formation in a co-culture system consisting of murine bone stromal ST2 cells and murine CD11b(+) bone marrow cells. These findings suggest that Shh signaling is a potential target for the treatment of oral squamous cell carcinoma associated with bone destruction. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2011.08.026

    Web of Science

    researchmap

  • 幼児の上顎歯肉粘液腫の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 兒玉 真一, 長塚 仁, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   61 ( 1 )   182 - 182   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Association of the metastatic phenotype with CCN family members among breast and oral cancer cells

    Toshihiro Ohgawara, Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Naito Kurio, Tarek Abd El Kader, Mitsuhiro Hoshijima, Danilo Janune, Tsuyoshi Shimo, Bernard Perbal, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   5 ( 4 )   291 - 299   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The CCN family of proteins consists of six members with conserved structural features. These proteins play several roles in the physiology and pathology of cells. Among the pathological roles of the CCN family, one of the most important and controversial ones is their role in the expansion and metastasis of cancer. Up to now a number of reports have described the possible role of each CCN family member independently. In this study, we comprehensively analyzed the roles of all six CCN family members in cell growth, migration and invasion of breast cancer cells in vitro and in vivo. As a result, we found the CCN2/CCN3 ratio to be a parameter that is associated with the metastatic phenotype of breast cancer cells that are highly metastatic to the bone. The same analysis with cell lines from oral squamous carcinomas that are not metastatic to the bone further supported our notion. These results suggest the functional significance of the interplay between CCN family members in regulating the phenotype of cancer cells.

    DOI: 10.1007/s12079-011-0133-3

    Web of Science

    researchmap

  • Novel pathogenic role of fibrin as revealed by a case study on ligneous gingivitis.

    Shimo T, Nishiyama A, Kubota S, Kurio N, Okui T, Hassan NMM, Honami T, Kishimoto K, Mese H, Takigawa M, Sasaki A

    Oral Science International   8 ( 2 )   44 - 49   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1348-8643(11)00025-5

    Scopus

    researchmap

  • Effects of a concurrent chemoradiotherapy with S-1 for locally advanced oral cancer

    Satoshi Hino, Hiroyuki Hamakawa, Youji Miyamoto, Kazuo Ryoke, Jyouji Sekine, Akira Sasaki, Tetsuya Yamamoto

    ONCOLOGY LETTERS   2 ( 5 )   839 - 843   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    A number of regimens composed of concurrent chemoradiotherapy (CCRT) have been attempted as radical or adjuvant therapies for locally advanced oral cancer. CCRT with S-1 is considered promising due to its efficacy and simplicity of application. Patients (n=16) with locally advanced squamous cell carcinoma of the oral cavity were enrolled. Chemotherapy consisted of oral administration of S-I (65 mg/m(2)) for 14 consecutive days followed by a 1-week rest. Radiation treatment at a dose of 30 Gy in 15 fractions was administered concomitantly with S-1. A course schedule of 3 weeks of treatment was applied twice. The overall response rate was 87.5%. Median progression-free survival and median overall survival were 6.3 and 42.5 months, respectively. Although no grade 4 adverse events were observed, grade 3 adverse events, such as anemia (12.5%), stomatitis (25%) and anorexia (18.8%) were present. Thus, CCRT with S-1 is an effective modality that can be safely conducted with minimal burden on patients.

    DOI: 10.3892/ol.2011.347

    Web of Science

    researchmap

  • Anti-tumor effect in human breast cancer by TAE226, a dual inhibitor for FAX and IGF-IR in vitro and in vivo

    Naito Kurio, Tsuyoshi Shimo, Takuya Fukazawa, Munenori Takaoka, Tatsuo Okui, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tatsuki Honami, Shinji Hatakeyama, Masahiko Ikeda, Yoshio Naomoto, Akira Sasaki

    EXPERIMENTAL CELL RESEARCH   317 ( 8 )   1134 - 1146   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER INC  

    Focal adhesion kinase (FAR) is a 125-kDa non-receptor type tyrosine kinase that localizes to focal adhesions. FAR overexpression is frequently found in invasive and metastatic cancers of the breast. colon, thyroid, and prostate, but its role in osteolytic metastasis is not well understood. In this study, we have analyzed anti-tumor effects of the novel FAR Tyr(397) inhibitor TAE226 against bone metastasis in breast cancer by using TAE226. Oral administration of TAE226 in mice significantly decreased bone metastasis and osteoclasts involved which were induced by MDA-MB-231 breast cancer cells and increased the survival rate of the mouse models of bone metastasis. TAE226 also suppressed the growth of subcutaneous tumors in vivo and the proliferation and migration of MDA-MB-231 cells in vitro. Significantly, TAE226 inhibited the osteoclast formation in murine pre-osteoclastic RAW264.7 cells, and actin ring and pit formation in mature osteoclasts. Moreover, TAE226 inhibited the receptor activator for nuclear factor kappa B Ligand (RANKL) gene expression induced by parathyroid hormone-related protein (PTHrP) in bone stromal ST2 cells and blood free calcium concentration induced by PTHrP administration in vivo. These findings suggest that FAR was critically involved in osteolytic metastasis and activated in tumors, pre-osteoclasts, mature osteoclasts, and bone stromal cells and TAE226 can be effectively used for the treatment of cancer induced bone metastasis and other bone diseases. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.yexcr.2011.02.008

    Web of Science

    researchmap

  • Antitumor Effect of Novel HSP90 Inhibitor NVP-AUY922 against Oral Squamous Cell Carcinoma

    Tatsuo Okui, Tsuyoshi Shimo, Nur Mohammad Monsur Hassan, Takuya Fukazawa, Naito Kurio, Munenori Takaoka, Yoshio Naomoto, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   31 ( 4 )   1197 - 1204   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Heat-shock protein 90 (HSP90) is a major cellular chaperone protein. HSP90 supports the correct conformation, stabilization, activation, and localization of 'client' oncoproteins, many of which are involved in tumor progression. Therefore, the use of HSP90 inhibitors has become a new strategy in antitumor therapy. However, the effects of an HSP90 inhibitor on oral squamous cell carcinoma are still unclear. NVP-AUY922 (Novartis) is a novel 4,5-diaryloxazole adenosine triphosphate-binding site HSP90 inhibitor. In this study, we investigated the antitumor effect of novel HSP90 inhibitor NVP-AUY922 against oral squamous cell carcinoma. NVP-AUY922 inhibited the proliferation of oral squamous cell carcinoma cells in vitro. NVP-AUY922 caused degradation of client protein inducing ErbB2, p-Akt, p-S6, hypoxia-inducible factor 1-alpha (HIF1-alpha) and vascular endothelial growth factor (VEGF) and up-regulation of HSP70 in HSC-2 oral squamous cell carcinoma. NVP-AUY922 increased the expression of cleaved caspase-3 and induced apoptosis in HSC-2 cells. Treatment of NVP-AUY922 induced a robust antitumor response and suppressed p-Akt and VEGF expression in an HSC-2 xenograft model. In summary, NVP-AUY922 exhibits in vitro and in vivo efficiency against oral squamous cell carcinoma, representing a promising therapeutic approach for oral squamous cell carcinoma.

    Web of Science

    researchmap

  • Induction of MMP-13 expression in bone-metastasizing cancer cells by type I collagen through integrin α1β1 and α2β1-p38 MAPK signaling

    Ibaragi S, Shimo T, Hassan NM, Isowa S, Kurio N, Mandai H, Kodama S, Sasaki A

    Anticancer Res   31 ( 4 )   1304 - 1341   2011年

     詳細を見る

  • Parathyroid Hormone-related Peptide Regulates Matrix Metalloproteinase-13 Gene Expression in Bone Metastatic Breast Cancer Cells

    Soichiro Ibaragi, Tsuyoshi Shimo, Masahiro Iwamoto, Nur Mohammad Monsur Hassan, Shinichi Kodama, Sachiko Isowa, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 12 )   5029 - 5036   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Breast cancer (BC) cells often metastasize to bone where they express large amounts of parathyroid hormone-related protein (PTHrP). In this study, we investigated the possibility that PTHrP may have roles in breast cancer bone metastasis independently of or in addition to, its roles in osteoclastic function. Materials and Methods: A mouse model of bone metastasis was prepared by inoculating mice with suspensions of the human BC cell line MDA-MB-231 tumor cells via the left cardiac ventricle. Matrix metalloproteinase-13 (MMP-13) expression in the bone microenvironment was examined by Western blot and Real-time RT-PCR (RT-PCR) analysis, as well as by confocal microscopy. Results: The invading MDA-MB-231 cells contained conspicuous amounts of both PTHrP and MMP-13, an important matrix-degrading enzyme; and treatment of the cells in culture with exogenous PTHrP markedly stimulated MMP13 gene expression. Analysis of signaling mechanisms showed that PTHrP treatment led to rapid increases in the levels of phosphorylated protein kinase C (PKC alpha) and extracellular signal-regulated kinase (ERK1/2). Pharmacologic inhibition of ERK1/2 and PKC as well as of PKA activities counteracted the PTHrP-dependent stimulation of MMPI 3 expression. Indeed, pharmacologic activation of PKA or PKC was sufficient for stimulation of MMP13 expression. Conclusion: Consistent with these findings, the inhibition of PKC prevented PTHrP-induced activation of ERK1/2, whereas 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate (TPA), a stimulator of PKC, up-regulated the PTHrP-induced activation of ERK1/2. Taken together, our data indicate that the MDA-MB-231 breast cancer cells may carry out bone destruction and favor their own metastatic behavior by producing MMP-13. Given that the cells expressed PTHrP and that this factor stimulated MMP-13 expression, metastatic bone destruction may result from a PTHrP autocrine loop involving a PKC-ERK1/2 signaling pathway.

    Web of Science

    researchmap

  • A Multiple Primary Carcinoma Consisting of Leukoplakia and SCC: A Case Report with p53 Mutation Analysis

    Nur Mohammad Monsur Hassan, Mitsuhiro Tada, Masanobu Shindoh, Jun-Ichi Hamada, Haruhiko Kashiwazaki, Tsuyoshi Shimo, Yuichi Ashikaga, Yutaka Yamazaki, Akira Sasaki, Tetsuya Moriuchi, Nobuo Inoue

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 11 )   4773 - 4778   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Patients with an oral squamous cell carcinoma (OSCC) often develop multiple malignant lesions. This report examined whether individual tumours developed in a patient show the same genetic alteration, such as p53 mutations. This case study describes three SCCs and three leukoplakias which developed simultaneously in a single 67-year-old Japanese man. A p53 mutation was detected in two of the three SCCs and one of the three leukoplakias. One SCC had a missense mutation at codon 285 (GAG>AAG, Glu>Lys) and the other a nonsense mutation at codon 336, and the leukoplakia had a missense mutation at codon 273 (CGT>CAT, Arg>His). This case showed that individual oral tumours may have different genetic changes even when they develop in a single patient. Therefore, this report provided strong evidence that in cases of multiple tumours it is necessary to design tailor-made therapies for each individual tumour rather than a single standardised therapy for all multiple tumours.

    Web of Science

    researchmap

  • Antitumor Effect of Temsirolimus against Oral Squamous Cell Carcinoma Associated with Bone Destruction

    Tatsuo Okui, Tsuyoshi Shimo, Takuya Fukazawa, Naito Kurio, Nur Mohammad Monsur Hassan, Tatsuki Honami, Munenori Takaoka, Yoshio Naomoto, Akira Sasaki

    MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS   9 ( 11 )   2960 - 2969   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    The mammalian target of rapamycin (mTOR) is engaged in the molecular pathogenesis of oral squamous cell carcinoma, which frequently invades the maxilla or the mandible. However, the effects of a mTOR inhibitor on bone destruction associated with oral squamous cell carcinoma are still unclear. In this study, we investigated the antitumor effect of temsirolimus-mediated mTOR inhibition against advanced oral squamous cell carcinoma. Temsirolimus inhibited the proliferation and migration of HSC-2 oral squamous cell carcinoma cells in vitro and suppressed the growth of oral squamous cell carcinoma xenografts in vivo. Significantly, we clearly show that temsirolimus inhibited osteoclast formation both in vitro and in vivo. Reverse transcriptase-PCR analysis showed that temsirolimus decreased the mRNA expression of receptor activator for nuclear factor-kappa B ligand, known as an osteoclast differentiation factor in bone stromal ST2 cells. Moreover, temsirolimus normalized blood-free calcium concentration in mouse models for humoral hypercalcemia. These findings suggest that mTOR signaling is a potential target of oral squamous cell carcinoma associated with bone destruction, and hence we describe the efficacy of temsirolimus for the treatment of advanced oral squamous carcinoma. Mol Cancer Ther; 9(11); 2960-9. (C) 2010 AACR.

    DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-10-0489

    Web of Science

    researchmap

  • Ornithine Decarboxylase Antizyme Induces Hypomethylation of Genome DNA and Histone H3 Lysine 9 Dimethylation (H3K9me2) in Human Oral Cancer Cell Line

    Daisuke Yamamoto, Kaori Shima, Kou Matsuo, Takashi Nishioka, Chang Yan Chen, Guo-fu Hu, Akira Sasaki, Takanori Tsuji

    PLOS ONE   5 ( 9 )   1 - 9   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Background: Methylation of CpG islands of genome DNA and lysine residues of histone H3 and H4 tails regulates gene transcription. Inhibition of polyamine synthesis by ornithine decarboxylase antizyme-1 (OAZ) in human oral cancer cell line resulted in accumulation of decarboxylated S-adenosylmethionine (dcSAM), which acts as a competitive inhibitor of methylation reactions. We anticipated that accumulation of dcSAM impaired methylation reactions and resulted in hypomethylation of genome DNA and histone tails.
    Methodology/Principal Findings: Global methylation state of genome DNA and lysine residues of histone H3 and H4 tails were assayed by Methylation by Isoschizomers (MIAMI) method and western blotting, respectively, in the presence or absence of OAZ expression. Ectopic expression of OAZ mediated hypomethylation of CpG islands of genome DNA and histone H3 lysine 9 dimethylation (H3K9me2). Protein level of DNA methyltransferase 3B (DNMT3B) and histone H3K9me specific methyltransferase G9a were down-regulated in OAZ transfectant.
    Conclusions/Significance: OAZ induced hypomethylation of CpG islands of global genome DNA and H3K9me2 by down-regulating DNMT3B and G9a protein level. Hypomethylation of CpG islands of genome DNA and histone H3K9me2 is a potent mechanism of induction of the genes related to tumor suppression and DNA double strand break repair.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0012554

    Web of Science

    researchmap

  • PTHrP Regulates Angiogenesis and Bone Resorption via VEGF Expression

    Sachiko Isowa, Tsuyoshi Shimo, Soichiro Ibaragi, Naito Kurio, Tatsuo Okui, Kiminori Matsubara, Nur Mohammad Monsur Hassan, Koji Kishimoto, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 7 )   2755 - 2767   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Parathyroid hormone-related protein (PTHrP) is a key regulator of osteolytic metastasis of breast cancer (BC) cells, but its targets and mechanisms of action are not fully understood. This study investigated whether/how PTHrP (1-34) signaling regulates expression of vascular endothelial growth factor (VEGF) produced by BC cells. Materials and Methods: A mouse model of bone metastasis was prepared by inoculating mice with tumour cell suspensions of the human BC cell line MDA-MB-231 via the left cardiac ventricle. VEGF expression was examined by Western blot and real-time RT-PCR analysis, as well as by confocal microscopy in the bone microenviromnent. Results: PTHrP was expressed in cancer cells producing PTH/PTHrP receptor and VEGF that had invaded the bone marrow, and PTHrP was up-regulated VEGF in MDA-MB-231 in vitro. The culture medium conditioned by PTHrP-treated MDA-MB-231 cells stimulated angiogenesi.s- and osteoclastogenesis compared with control medium, giving a response that was inhibited by VEGF-neutralizing antibody treatment. Inhibition of protein kinase C (PKC) prevented PTHrP-induced extracelhdar signal-regulated kinase (ERK1/2) and p38 activation, and PTHrP-induced VEGF expression. Conclusion: PTHrP plays an important role in modulating the angiogenic and bone osteolytic actions of VEGF through PKC-dependent activation of an ERK1/2 and p38 signaling pathway during bone metastasis by breast cancer cells.

    Web of Science

    researchmap

  • Bone Destruction by Invading Oral Squamous Carcinoma Cells Mediated by the Transforming Growth Factor-β Signaling Pathway

    Goda T, Shimo T, Yoshihama Y, Hassan NMM, Ibaragi S, Kurio N, Okui T, Honami T, Kishimoto K, Sasaki A

    Anticancer Res   30 ( 7 )   2615 - 2623   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • 一卵性双生児に対称性にみられた下顎小臼歯部過剰埋伏歯の1例

    辻本 紗代子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    小児口腔外科   20 ( 1 )   77 - 77   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • Increased Expression of the PRL-3 Gene in Human Oral Squamous Cell Carcinoma and Dysplasia Tissues

    Hassan NM, Hamada J, Kameyama T, Tada M, Nakagawa K, Yoshida S, Kashiwazaki H, Yamazaki Y, Suzuki Y, Sasaki A, Nagatsuka H, Inoue N, Moriuchi T

    Asian pacific J Cancer Rev   17   947 - 951   2010年

     詳細を見る

  • Allelic Loss of the ING Gene Family Loci Is a Frequent Event in Ameloblastoma

    Silvia S. Borkosky, Mehmet Gunduz, Levent Beder, Hidetsugu Tsujigiwa, Ryo Tamamura, Esra Gunduz, Naoki Katase, Andrea P. Rodriguez, Akira Sasaki, Noriyuki Nagai, Hitoshi Nagatsuka

    ONCOLOGY RESEARCH   18 ( 10 )   509 - 518   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:COGNIZANT COMMUNICATION CORP  

    Ameloblastoma is the most frequently encountered odontogenic tumor, characterized by a locally invasive behavior, frequent recurrences, and. although rare. metastatic capacity Loss or inactivation of tumor suppressor genes (TSGs) allows cells to acquire neoplasm growth The ING family proteins are tumor suppressors that physically and functionally interact with p53 to perform important roles in apoptosis. DNA repair, cell cycle regulation, and senescence TP53 genetic alterations were reported to infrequently occur in ameloblastoma Considering that other TSGs related to TP53 could be altered in this tumor, we focused our study on the ING family genes We analyzed the loss of heterozygosity (LOH) status of the ING family (ING1-ING5) chromosomal loci in a group of ameloblastomas by microsatellite analysis, and correlated the ING LOH status with clinicopathological characteristics By using specific microsatellite markers, high frequency of LOH was found at the loci of each ING gene family member (33 3-72.2%) A significant relationship was shown between LOH of D2S140 (ING5 locus) and solid tumor type (p = 0.02) LOH of ING3MS (ING3 locus) was also high in solid type tumors, showing a near significant association In addition, a notable tendency toward higher LOH for half of the markers was observed in recurrent cases LOH of ING family genes appears as a common genetic alteration in solid ameloblastoma The current study provides interesting novel information regarding the potential prognostic significance of the allelic loss of the ING gene family loci in ameloblastoma tumorigenesis

    DOI: 10.3727/096504010X12704916124864

    Web of Science

    researchmap

  • Identification of CCDC62-2 as a novel cancer/testis antigen and its immunogenicity

    Shohei Domae, Yoichi Nakamura, Yurika Nakamura, Akiko Uenaka, Hisashi Wada, Masao Nakata, Mikio Oka, Koji Kishimoto, Goichi Tsukamoto, Yasuto Yoshihama, Junji Matsuoka, Akira Gochi, Shigeru Kohno, Takashi Saika, Akira Sasaki, Eiichi Nakayama, Toshiro Ono

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   124 ( 10 )   2347 - 2352   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Cancer/testis (CT) antigens are expressed in normal germ line tissues and various cancers. They are considered promising target molecules for immnnotherapy for patients with various cancers. To identify CT antigens, we performed serological identification of antigens by recombinant expression cloning. The humoral immune response of cancer patients against a newly defined antigen was analyzed. A testicular cDNA library was immunoscreened with serum obtained from a gastric adenocarcinoma patient whose primary cancer had regressed once and most liver metastasies had disappeared transiently. We isolated 55 positive cDNA clones comprising 23 different genes. They included 4 genes with testis-specific expression profiles in the Unigene database, including coiled-coil domain containing 62 (CCDC62). RT-PCR analysis showed that the expression of 2 splice variants of CCDC62 was restricted to the testis in normal adult tissues. In malignant tissues, CCDC62 variant 2 (CCDC62-2) was aberrantly expressed in a variety of cancers, including stomach cancer. A serological survey of 191 cancer patients with a range of different cancers by ELISA revealed antibodies to CCDC62-2 in 13 patients, including stomach cancer. None of the 41 healthy donor serum samples were reactive in the same test. The serum reaction against CCDC62-2 was confirmed by western blot. CCDC62-2 is a cT antigen that is immunogenic in cancer patients. (C) 2008 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/ijc.24220

    Web of Science

    researchmap

  • われわれの施設における顎変形症治療の実態 顎変形症学会2006年度全国調査と比較して

    江藤 司, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 吉田 祥子, 尾野 裕子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   19 ( 2 )   121 - 121   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Regulation of chondrocytic phenotype by micro RNA 18a: Involvement of Ccn2/Ctgf as a major target gene

    Toshihiro Ohgawara, Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Seiji Kondo, Takanori Eguchi, Naito Kurio, Eriko Aoyama, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa

    FEBS LETTERS   583 ( 6 )   1006 - 1010   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We searched for miRNAs that were down-regulated in chondrocytic cells and predicted to target CCN2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) that promotes endochondral ossification. Among them, expression of miR-18a was most strongly repressed in chondrocytic cells. Reporter gene analysis confirmed the functionality of an miR-18a target in the 3'-untranslated region of Ccn2 mRNA, which was predicted in silico. Indeed, introduction of miR-18a efficiently repressed the CCN2 production from chondrocytic cells. Finally, transfected miR-18a significantly repressed the mature chondrocytic phenotype. Our present study revealed a regulatory role for miR-18a in chondrocytic differentiation through CCN2. (C) 2009 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier B. V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.febslet.2009.02.025

    Web of Science

    researchmap

  • Sonic Hedgehog Positively Regulates Odontblast Differentiation by a BMP2/4 dependent mechanism

    Shimo T, Koyama E, kanyama M, Kurio N, Okui T, Yamamoto D, Hassan NMM, Sasaki A

    J Oral Tissue Engineering   7   26 - 37   2009年

     詳細を見る

  • Epithelial-Mesenchymal Transition Induced by Growth Suppressor p12(CDK2-AP1) Promotes Tumor Cell Local Invasion but Suppresses Distant Colony Growth

    Takanori Tsuji, Soichiro Ibaragi, Kaori Shima, Miaofen G. Hu, Miki Katsurano, Akira Sasaki, Guo-fu Hui

    CANCER RESEARCH   68 ( 24 )   10377 - 10386   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Epithelial-mesenchymal transition (EMT) has been considered essential for metastasis, a multistep process including local invasion, intravasation, extravasation, and proliferation at distant sites. However, controversy remains as to whether EMT truly happens and how important it is to metastasis. We studied the involvement of EMT in individual steps of metastasis and found that p12(CDK2-AP1), a down-stream effector of transforming growth factor beta, induced EMT of hamster cheek pouch carcinoma-1 cells by promoting the expression of Twist2. EMT cells have an increased invasive but decreased metastatic phenotype. When s.c. inoculated, both EMT and non-EMT cells established primary tumors, but only EMT cells invaded into the adjacent tissues and blood vessels; however, neither cells formed lung metastases. When i.v. inoculated, only non-EMT cells established lung metastases. Moreover, s.c. inoculation of a mixture of the two cell types resulted in intravasation of both cell types and formation of lung metastasis from non-EMT cells. Our results allowed us to propose a novel model for the role of EMT in cancer metastasis. We showed that EMT and non-EMT cells cooperate to complete the spontaneous metastasis process. We thus hypothesize that EMT cells are responsible for degrading the surrounding matrix to lead the way of invasion and intravasation. Non-EMT cells then enter the blood stream and reestablish colonies in the secondary sites. [Cancer Res 2008;68(24):10377-86]

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-08-1444

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical significance and pathogenic function of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in osteolytic mandibular squamous cell carcinoma

    Tsuyoshi Shimo, Satoshi Kubota, Takeshi Goda, Yasuto Yoshihama, Naito Kurio, Takashi Nishida, Poh-Sing Ng, Koki Endo, Masaharu Takigawa, Akira Sasaki

    ANTICANCER RESEARCH   28 ( 4C )   2343 - 2348   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Mandibular bone destruction is a frequent occurrence in oral squamous cell carcinoma. However, the relationship between the bone destruction and associated factors is unclear. Here, the role and diagnostic utility of connective tissue growth factor (CCN2) in bone destruction of the mandible was investigated. Patients and Methods: The production of CCN2 was explored by using immunohistochemistry on paraffin-embedded tissues from 20 cases of mandibular squamous cell carcinoma. The effect of CCN2 on osteoclastogenesis was examined in vitro by using total bone marrow cell populations from male mice. Results: Immunohistochemical analysis showed that CCN2-positive signals were closely associated with destructive invasion of the mandible by oral squamous cell carcinomas. Consistent with these results, recombinant human CCN2 (rCCN2) stimulated tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP)-positive osteoclast-like cell formation in vitro. Conclusion: CCN2 can be considered a diagnostic marker and target for treatment in oral osteolytic mandibular squamous cell carcinoma.

    Web of Science

    researchmap

  • 当科において外科的矯正治療を行った中高年患者の臨床的検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 梅原 亜矢子, 塚本 剛一, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   18 ( 2 )   116 - 116   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 開咬に対するLe Fort I型上顎骨切術、IVRO併用における術後安定性の検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 吉田 祥子, 梅原 亜矢子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   18 ( 2 )   170 - 170   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Novel transcription factor-like function of human matrix metalloproteinase 3 regulating the CTGF/CCN2 gene

    Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Kazumi Kawata, Yoshiki Mukudai, Junji Uehara, Toshihiro Ohgawara, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki, Takuo Kuboki, Masaharu Takigawa

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY   28 ( 7 )   2391 - 2413   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Matrix metalloproteinase 3 (MMP3) is well known as a secretory endopeptidase that degrades extracellular matrices. Recent reports indicated the presence of MMPs in the nucleus (A. J. Kwon et al., FASEB J. 18:690-692, 2004); however, its function has not been well investigated. Here, we report a novel function of human nuclear MMP3 as a trans regulator of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF). Initially, we cloned MMP3 cDNA as a DNA-binding factor for the CCN2/CTGF gene. An interaction between MMP3 and transcription enhancer dominant in chondrocytes (TRENDIC) in the CCN2/CTGF promoter was confirmed by a gel shift assay and chromatin immunoprecipitation. The CCN2/CTGF promoter was activated by overexpressed MMP3, whereas a TRENDIC mutant promoter lost the response. Also, the knocking down of MMP3 suppressed CCN2/CTGF expression. By cytochemical and histochemical analyses, MMP3 was detected in the nuclei of chondrocytic cells in culture and also in the nuclei of normal and osteoarthritic chondrocytes in vivo. The nuclear translocation of externally added recombinant MMP3 and six putative nuclear localization signals in MMP3 also were shown. Furthermore, we determined that heterochromatin protein gamma coordinately regulates CCN2/CTGF by interacting with MMP3. The involvement of this novel role of MMP3 in the development, tissue remodeling, and pathology of arthritic diseases through CCN2/CTGF regulation thus is suggested.

    DOI: 10.1128/MCB.01288-07

    Web of Science

    researchmap

  • A spindle cell carcinoma presenting with osseous metaplasia in the gingiva: A case report with immunohistochemical analysis

    Naoki Katase, Ryo Tamamura, Mehmet Gunduz, Jun Murakami, Jun-Ichi Asaumi, Goichi Tsukamoto, Akira Sasaki, Hitoshi Nagatsuka

    Head and Face Medicine   4 ( 1 )   1 - 6   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background. Spindle cell carcinoma (SpCC) is a rare, high malignant variant of squamous cell carcinoma (SCC), which shows biphasic proliferation of conventional SCC component and malignant spindle shape cells with sarcomatous appearance. Methods. A case of Spindle cell carcinoma with bone-like calcified materials, occurring at the mandibular molar region of 71-years-old Japanese male patient was presented with gross finding, histological findings and MRI image. To identify the characteristics of the bone-like materials, immunohistochemistry were performed. Results. Histologically, the cancer cells were composed of spindle cells and epithelial cells which form nests with prominent keratinization. Histological findings showed typical histology of the SpCC, however, as an uncommon finding, spatters of calcified, bone-like materials were observed in between the cancer cells. Immunohistochemistry revealed that cancer cells were positive for cytokeratins and vimentin to a varying degree and negative for Desmin, S-100, Osteopontin, BMP-2 or BMP-4. These findings implied that the calcified materials were formed by metaplasia of the stromal cells. Discussion. Bone-like materials formation by osseous and/or cartilaginous metaplasia of the stroma in the carcinoma has been reported. However, the detailed mechanism of these metaplasia and affection on the clinical feature, prognosis and therapies are not well established. In summary, we presented an unique case of SpCC, which has not been described in the literature. © 2008 Katase et al
    licensee BioMed Central Ltd.

    DOI: 10.1186/1746-160X-4-28

    Scopus

    researchmap

  • Possible Involvement of p38 MAP Kinase in Retinoidstimulated Expression of Indian Hedgehog in Prehypertrophic Chondrocytes

    Tsuyoshi Shimo, Eiki Koyama, Soichiro Ibaragi, Naito Kurio, Daisuke Yamamoto, Tatsuo Okui, Koji Kishimoto, Hiroshi Mese, Akira Sasaki

    Oral Science International   5 ( 1 )   1 - 14   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The mandibular condyle formation during temporomandibular joint (TMJ) development exhibits endochondral bone formation, and the elongation process is dependent on the normal cartilage proliferation and differentiation. Retinoids are important for maturation of growth-plate chondrocytes, but the identity of their downstream effectors remains unclear. In this study, we carried out a series of studies at the cellular, biochemical, and molecular levels to determine whether, and if so how, retinoid signaling is related to the expression and function of Indian hedgehog (Ihh) in chondrocyte proliferation. First we analyzed the RA receptor (RAR) and Ihh expression pattern in E18 mandibular condyle. RAR α and RAR β mRNA were characterized in the per-ichondrium around the condyle, whereas RARy mRNA was expressed in the immature and prehypertrophic chondrocytes and the expression was overlapped with Ihh gene expression. Next we established a high-density culture model of chick cephalic chondrocytes in the prehypertrophic stage. We found that all-trans retinoic acid (RA) induced Ihh mRNA gene expression in this system. The RA pan-antagonist Ro 41-5253 inhibited both endogenous and RA-induced Ihh mRNA in a dose-dependent manner. The Ihh mRNA expression induced by RA required de novo protein synthesis, and was mediated by RARy. Immunoblots showed that the prehypertrophic chondrocytes contained sizable levels of phosphorylated p38 mitogen-activated protein (MAP) kinase that were time- and dose-dependently increased by the RA treatment. Experimental p38 inhibition led to a severe drop in baseline and RA-stimulated Ihh expression. Exogenous recombinant Ihh stimulated the proliferation of proliferating chondrocytes, whereas RA inhibited the proliferation of these chondrocytes through p38 MAPK. Retinoids appear to play a primary role in controlling both the expression and function of Ihh in prehypertrophic chondrocytes and do so via p38 MAP kinase. © 2008, Japanese Stomatological Society. All rights reserved.

    DOI: 10.11277/osi.5.1

    Scopus

    researchmap

  • Specific inhibitor of MEK-mediated cross-talk between ERK and p38 MAPK during differentiation of human osteosarcoma cells

    Tsuyoshi Shimo, Shinsuke Matsumura, Soichiro Ibaragi, Sachiko Isowa, Koji Kishimoto, Hiroshi Mese, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   1 ( 2 )   103 - 111   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Osteosarcoma is the most common primary malignant bone tumor, accounting for approximately 20% of all primary sarcomas in bone. Although treatment modalities have been improved over the past decades, it is still a tumor with a high mortality rate in children and young adults. Based on histological considerations, osteosarcoma arises from impaired differentiation of these immature cells into more mature types and that correction of this impairment may reduce malignancy and increase the efficiency of chemotherapy. The purpose of this study was to determine the effect of specific inhibitors of MAPK extracellular signaling-regulated kinase (ERK) kinase (MEK) and p38 on the differentiation of human osteosarcoma cell line SaOS-2 cells. We found that PD98059, a specific inhibitor of MEK, inhibited the serum-stimulated proliferation of SaOS-2 cells; whereas SB203580, a specific inhibitor of p38 MAPK, had little effect on it. SB203580 suppressed ALPase activity, gene expression of type I collagen, and expression of ALP and BMP-2 mRNAs; whereas PD98059 upregulated them dose dependently. In addition, immunoblot and immunostaining analysis revealed that phosphorylation of ERK was increased by treatment with SB203580; whereas PD98059 increased the phosphorylation of p38, which implies a seesaw-like balance between ERK and p38 phosphorylation. We suggest that osteosarcoma cell differentiation is regulated by the balance between the activities of the ERK and p38 pathways and that the MEK/ERK pathway negatively regulates osteosarcoma cell differentiation, whereas the p38 pathway does so positively. MEK inhibitor may thus be a good candidate for altering the expression of the osteosarcoma malignant phenotype.

    DOI: 10.1007/s12079-007-0010-2

    Web of Science

    researchmap

  • Cisplatin-induced long-term dynorphin A-immunoreactivity in cell somata of rat area postrema neurons

    Goichi Tsukamoto, Hiroyuki Ichikawa, Motoi Kobashi, Yosuke Yamada, Takeshi Kikuchi, Hiroshi Mese, Akira Sasaki

    NEUROSCIENCE LETTERS   424 ( 2 )   122 - 126   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    We evaluated long-term dynorphin A-immunoreactivity in the rat area postrema (AP) after the administration of cisplatin. First, rats were given 1, 5 and 10 mg/kg body weight cisplatin (i.p.) and their behavior was monitored for 72 h. We observed a delayed increase in pica 24-72 h after injection, compared to the 24 h before injection. We attributed this to the cisplatin injection. Pica was defined as an increase in the intake of non-nutritional matter such as kaolin. Administration of 1, 5 and 10 mg/kg cisplatin led to an increase in kaolin intake on day 1. Administration of 5 and 10 mg/kg of cisplatin led to decreased intake of laboratory chow (MF) on days 1-3, but 10 mg/kg cisplatin causes an excessive aggravation of their condition. Following this behavioral experiment, we immunohistochemically examined the induction of dynorphin A in the AP at 24, 48 and 72 h post-administration of 1 and 5 mg/kg cisplatin. Administration of 5 mg/kg cisplatin caused dynorphin A to accumulate gradually in the neurosoma of the AP neurons, and the numbers of positive AP neurosomata at 48 and 72 h post-administration were higher than following an equal dosage of 0.9% NaCl. These findings suggest that dynorphin A increases in the central nervous system for a long time following administration, and causes certain behavioral and clinical changes, including those related to appetite and nausea. (C) 2007 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2007.07.044

    Web of Science

    researchmap

  • Ornithine decarboxylase antizyme upregulates DNA-dependent protein kinase and enhances the nonhomologous end-joining repair of DNA double-strand breaks in human oral cancer cells

    Takanori Tsuji, Miki Katsurano, Soichiro Ibaragi, Kaori Shima, Akira Sasaki, Guo-fu Hu

    BIOCHEMISTRY   46 ( 31 )   8920 - 8932   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Ornithine decarboxylase (ODC) antizyme targets ODC for ubiquitin-independent proteosome degradation, thereby inhibiting polyamine synthesis. It has been shown to regulate DNA methylation and has tumor suppressor activity. Increasing evidence suggested that antizyme may also have ODC-independent functions. Here, we report that antizyme plays a role in DNA double-strand break repairs. A zinc-inducible human antizyme gene expression vector was transfected into UM1 human oral squamous cancer cells that do not express endogenous antizyme. The resultant upregulated genes were screened by cDNA arrays and confirmed by quantitative real-time polymerase chain reaction. DNA-dependent protein kinase including its catalytic subunit DNA-PKcs and regulatory subunit Ku70, two key proteins of the DNA damage repair machinery, was significantly upregulated after ectopic expression of antizyme. Consistently, we found that UM1 cells are sensitive to gamma irradiation and deficient in DNA damage repairs, as shown by radio-sensitivity and Comet assays. Ectopic expression of antizyme increased radio-resistance of UM1 cells and restored their capacity of DNA damage repairs to the level of UM2 cells that have an identical genetic background but express endogenous antizyme. Plasmid end-joining assays confirmed that antizyme enhances the ability of UM1 cells to repair DNA double-strand breaks by the nonhomologous end-joining pathway.

    DOI: 10.1021/bi7000328

    Web of Science

    researchmap

  • An immunohistochemical evaluation of BMP-2,-4, osteopontin, osteocalcin and PCNA between ossifying fibromas of the jaws and peripheral cemento-ossifying fibromas on the gingiva

    Akiko Ono, Goichi Tsukamoto, Hitoshi Nagatsuka, Yasuto Yoshihama, Rosario Santos Rivera, Miki Katsurano, Mayumi Yao, Akira Sasaki

    ORAL ONCOLOGY   43 ( 4 )   339 - 344   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The present study examined histological difference between ossifying fibromas (OF, n = 5) and peripheral cemento-ossifying fibromas (PCOF, n = 7). Bone morphogenetic proteins (BMP)-2 and -4, osteopontin (OPN), osteocalcin (OCN) and proliferating cell nuclear antigen (PCNA) were used for the immunohistochemical examinations. Oxytatan fibers present at the periodontal tissue were stained to determine the tumor cell origin. Many OFs showed high immunohistochemical reactions for BMP-2, -4 and OPN compared to those of PCOFs. PCNA index (IP) of OFs was significantly higher than that of PCOFs. All the PCOFs showed a high expression of oxytalan fibers. Only two OFs exhibited a small number of oxytalan fibers. These results suggest that PCOF has only little ability to form hard tissue and seems to be a reactive lesion. The expression of oxytalan fibers reveals that OF does not only originate from periodontat tissue. (c) 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2006.03.017

    Web of Science

    researchmap

  • 顎変形症症例に対するクリニカルパスのバリアンス分析

    中山 周子, 小野 達生, 矢尾 真弓, 梅原 亜矢子, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   56 ( 1 )   165 - 165   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Angiogenic factors predicting prognosis and metastasis in oral squamous cell carcinoma

    Kishimoto K, Mandai T, Sasaki A

    Dentistry in Japan   43   1 - 4   2007年

     詳細を見る

  • Pathogenic role of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in osteolytic metastasis of breast cancer

    T Shimo, S Kubota, N Yoshioka, S Ibaragi, S Isowa, T Eguchi, A Sasaki, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   21 ( 7 )   1045 - 1059   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Introduction: Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) is a mediator of local angiogenesis induced by breast cancer, but its role in osteolytic metastasis has not been evaluated. PTH-related peptide (PTHrP) is another critical factor in the development of the osteolytic metastasis. Using both in vivo and in vitro approaches, we studied whether/how neutralization of CCN2 prevented bone metastasis and how PTHrP signaling is related.
    Materials and Methods: A mouse model of bone metastasis by human breast cancer cell line MDA231 was treated with a CCN2-neutralizing antibody, and osteolytic bone metastases were assessed on radiographs and immunohistochemistry. Ccn2 gene expression and transcription were examined by Northern blot and luciferase analysis. Immunoblot analysis and kinase inhibitors were used to identify the signaling pathways implicated. Anti-angiogenic/osteoclastogenic effects of ccn2 downregulation were also evaluated.
    Results: Treatment of mice with a CCN2-neutralizing antibody greatly decreased osteolytic bone metastasis, microvasculature, and osteoclasts involved. The antibody also suppressed the growth of subcutaneous tumor in vivo and proliferation and migration of human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) in vitro. Downregulation of ccn2 also repressed osteoclastogenesis. CCN2 expression was specifically observed in cancer cells producing PTHrP and type I PTH/PTHrP receptor (PTH1R) invaded the bone marrow, and PTHrP strongly upregulated ccn2 in MDA231 cells in vitro. Activation of protein kinase C (PKC) and protein kinase A (PKA) was necessary and sufficient for the stimulation of ccn2 by PTHrP. Indeed, inhibition of the extracellular signal-regulated kinase (ERK1/2), PKC, or PKA by specific inhibitors counteracted the stimulation of ccn2 expression. Incubation of MDA231 cells with PTHrP induced the activation of ERK1/2. Consistent with these findings, inhibition of PKC prevented PTHrP-induced ERK1/2 activation, whereas 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate (TPA), a stimulator of PKC, upregulated it.
    Conclusions: CCN2 was critically involved in osteolytic metastasis and was induced by PKA- and PKC-dependent activation of ERK1/2 signaling by PTHrP. Thus, CCN2 may be a new molecular target for anti-osteolytic therapy to shut off the PTHrP-CCN2 signaling pathway.

    DOI: 10.1359/JBMR.060416

    Web of Science

    researchmap

  • 顎矯正手術で使用した生体内吸収性高分子材料Poly-L-lactic acid(PLLA)により惹起された非感染性膿瘍の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 小野 達生, 小野 亜希子, 吉濱 泰斗, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   55 ( 3 )   196 - 196   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科(病態系)における顎矯正手術症例の臨床統計的観察

    小野 達生, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 立本 周司, 中山 周子, 辻本 紗代子, 磯和 幸子, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   25 ( 1 )   9 - 9   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • Klippel-Feil症候群に合併した顎変形症患者に対し,上顎骨延長を行った1例

    梅原 亜矢子, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 吉濱 泰斗, 中山 周子, 佐藤 康守, 田井 規能, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   109 - 109   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴った骨格性下顎前突症に対し矯正歯科,補綴科,口腔外科が協同で顎矯正治療を行った1例

    小野 達生, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 神野 時有, 岡本 信, 皆木 省吾, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   112 - 112   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • ポリ-L-乳酸製骨接合プレートを用いたLe Fort I型上顎骨骨切り術の術後安定性について

    小野 達生, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 辻本 紗代子, 塚本 剛一, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   15 ( 3 )   177 - 178   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎変形症症例に対するクリニカルパスの導入について

    中山 周子, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 秋間 織野, 堀内 幹, 鈴木 福栄, 山根 美栄子

    日本クリニカルパス学会誌   7 ( 3 )   298 - 298   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本クリニカルパス学会  

    researchmap

  • Heparanase gene and protein expression in ameloblastoma: possible role in local invasion of tumor cells

    H Nagatsuka, PP Han, H Tsujigiwa, CH Siar, M Gunduz, T Sugahara, A Sasaki, M Nakajima, Y Naomoto, N Nagai

    ORAL ONCOLOGY   41 ( 5 )   542 - 548   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Ametoblastoma is the most common odontogenic neoplasm, particularized by its local invasiveness. Heparanase is the endo-glucuronidase enzyme that specifically cleaves heparan sulfate, the important modulator of extracellular matrix, and related to invasion of tumor cells. In this study, we addressed to show the gene expression and localization of heparanase in ametoblastoma. Immunohistochemistry and in situ hybridization of heparanase were carried out in 23 ameloblastomas. Strong expression of heparanase at both mRNA and protein levels was detected in all ameloblastomas studied. Small tumor nests and budding epithelial. branches showed stronger staining pattern and the stromal tissues at the immediate vicinity of the tumor nests with strong heparanase expression were loose and edematous. Cystic areas and squamous metaplastic areas of the tumor showed intense staining with heparanase antibody proposing the implication of heparanase in these processes. These results suggest the possible contribution of heparanase in the local invasiveness and secondary morphologic changes of ameloblastoma. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2005.01.004

    Web of Science

    researchmap

  • 下顎前突症患者における中顔面の評価と審美的改善を考慮した術式に関する検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 伊原木 聰一郎, 桂野 美貴, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   54 ( 1 )   90 - 90   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Various immunostaining patterns of CD31, CD34 and endoglin and their relationship with lymph node metastasis in oral squamous cell carcinomas.

    Nagatsuka H, Hibi K, Gunduz M, Tsujigiwa H, Tamamura R, Sugahara T, Sasaki A, Nagai N

    Jouranal of Oral Pathol Med   2005年

  • 新規に考案した延長装置を用いた骨延長による唇顎口蓋裂患者の顎裂閉鎖の1例

    西山 明慶, 吉濱 泰斗, 吉岡 徳枝, 小野 達夫, 山本 照子, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 13 )   930 - 930   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平苔癬に併発した食道扁平苔癬に起因すると考えられた嚥下困難を呈した1例

    小野 達生, 吉濱 泰斗, 西山 明慶, 万代 とし子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔粘膜学会雑誌   10 ( 2 )   75 - 75   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術に対する輸血準備に関する検討

    磯和 幸子, 西山 明慶, 矢尾 真弓, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 銅前 昇平, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   14 ( 3 )   224 - 224   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎前方移動術におけるSSROとIVSROの術後安定性に関する検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達夫, 銅前 昇平, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 磯和 幸子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   14 ( 3 )   246 - 247   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 固有鼻腔内逆性歯牙の1例

    銅前 昇平, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 小野 達生, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 11 )   696 - 696   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌患者の喫煙歴に関する検討(指定演題)

    目瀬 浩, 中山 周子, 吉濱 泰斗, 吉岡 徳枝, 塚本 剛一, 山田 庸介, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   16 ( 3 )   103 - 104   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 舌癌と歯・補綴物などの機械的刺激に関する臨床的観察

    伊原木 聰一郎, 吉濱 泰斗, 銅前 昇平, 山田 庸介, 塚本 剛一, 西山 明慶, 木村 卓爾, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   16 ( 3 )   151 - 151   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察(第二報) 手術術式に関する分析

    西山 明慶, 辻本 紗代子, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 山本 照子

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   209 - 209   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察(第一報) 症例分析

    辻本 紗代子, 西山 明慶, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 山本 照子

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   209 - 209   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について(2) 頬部軟組織における検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 神野 時有

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   170 - 171   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について(1) 鼻口唇形態における検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 神野 時有

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   170 - 170   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察(第三報) 出血量,輸血に関する分析

    西山 明慶, 辻本 紗代子, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 山本 照子

    日本顎変形症学会雑誌   13 ( 3 )   209 - 210   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 基底細胞母斑症候群における歯原性角化嚢胞の発生特性

    礒兼 真由美, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 万代 とし子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   52 ( 6 )   404 - 404   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Class III malocclusion with severe facial asymmetry, unilateral posterior crossbite, and temporomandibular disorders

    E Miyatake, S Miyawaki, Y Morishige, A Nishiyama, A Sasaki, T Takano-Yamamoto

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   124 ( 4 )   435 - 445   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    A 22-year-old woman had a Class III malocclusion with severe facial asymmetry, unilateral posterior crossbite, and temporomandibular disorders. A clicking sound was noted in the temporomandibular joint on the posterior crossbite side during jaw opening, and she complained of pain in the masticatory muscles on both sides. The articular disc on the crossbite side was displaced anteriorly without reduction. The patient was treated orthodontically with edgewise appliances and surgically with LeFort I and intraoral vertical ramus osteotomies. The result of the combined surgical-orthodontic treatment was facial symmetry and optimal occlusion. The displaced articular disc moved into a normal position, and most of the temporomandibular disorder symptoms improved. At the 2.5-year follow-up, the temporomandibular joint conditions had been maintained.

    DOI: 10.1016/S0889-5406(03)00562-6

    Web of Science

    researchmap

  • 著しい骨格性下顎前突にLe Fort I型骨切り術と下顎枝垂直骨切り術を併用した2症例

    本城 正, 黒田 晋吾, 山本 照子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   62回   286 - 286   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 口腔癌患者の出血に対し,動脈塞栓術を施行した3例

    吉濱 泰斗, 木村 卓爾, 西山 明慶, 山田 庸介, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 松村 智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   15 ( 3 )   186 - 187   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • Expression of vascular endothelial growth factor-C predicts regional lymph node metastasis in early oral squamous cell carcinoma

    K Kishimoto, A Sasaki, Y Yoshihama, H Mese, G Tsukamoto, T Matsumura

    ORAL ONCOLOGY   39 ( 4 )   391 - 396   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The purpose of this study was to investigate the association of the expression of vascular endothelial growth factor-C (VEGF-C) with regional lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma (OSCC). The expression of VEGF-C in biopsy specimens obtained from 62 patients with OSCC was examined by immunohistochemistry. In the early stages of T1 and T2 (38 cases), VEGF-C expression strongly correlated with lymph node metastasis (P<0.001), and the percentage of VEGF-C-positive staining was 88.2% for patients with lymph node metastasis (15 of 17 cases) and 28.6% for those without lymph node metastasis (6 of 21 cases). However. in the advanced stages of T3 and T4, no significant correlation between VEGF-C expression and lymph node metastasis was observed. These results indicate that VEGF-C expression in biopsy specimens can be used as a reliable predictor of regional lymph node metastasis, particularly in early OSCC, and may become an important factor in the selection of appropriate treatment. (C) 2003 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1368-8375(02)00143-4

    Web of Science

    researchmap

  • Atypical simple bone cyst of the jaws - multiple cysts snd repeated recurrence.

    Tsukamoto, G, Sasaki, A, Mese, H, Matsumura, T

    Asian J Oral Maxillofac Surg   2003年

     詳細を見る

  • Combination chemotherapy of paclitaxel and cisplatin induces apoptosis with Bcl-2 phosphorylation in a cisplatin-resisitant human epidermoid carcinoma cell line.

    Sawada S, Mese H, Sasaki A, Yoshioka N, Matsumura T

    Cancer Chemother Pharmacol   2003年

     詳細を見る

  • 下顎非対称症例における下顎枝垂直骨切り術(IVRO)の有用性に関する検討

    中山 周子, 西山 明慶, 塚本 剛一, 真野 隆充, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   12 ( 3 )   150 - 150   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • A comparative study of odontogenic keratocysts associated with and not associated with an impacted mandibular third molar

    G Tsukamoto, T Makino, T Kikuchi, K Kishimoto, A Nishiyama, A Sasaki, T Matsumura

    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTICS   94 ( 2 )   272 - 275   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    Objective. The purpose of this study was to compare odontogenic keratocysts associated with and not associated with an impacted mandibular third molar.
    Study design. Panoramic radiographs of odontogenic keratocysts associated with impacted mandibular third molars (15 cysts, associated group) were compared with radiographs of odontogenic keratocysts not associated with impacted mandibular third molars (25 cysts, nonassociated group). The radiographic images were analyzed with reference to the patients' age and sex.
    Results. The mean age of patients in the associated group was lower than that of patients in the nonassociated group. The mean area of the cysts in the associated group was larger than that of those in the nonassociated group. The patients' ages did not significantly correlate to the areas of either kind of cyst.
    Conclusions. The odontogenic keratocysts in the associated group had a tendency toward rapid growth in the patients' youth.

    DOI: 10.1067/moe.2002.126888

    Web of Science

    researchmap

  • A case of Kimura's disease of the hard palate

    N Terakado, A Sasaki, T Takebayashi, T Matsumura, T Kojou

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   31 ( 2 )   222 - 224   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    A 33-year-old man presented with Kimura's disease of the hard palate. Serological examination showed no elevation in the number of eosinophils or in IgE level. but histological examination revealed well-developed lymph follicles with increased numbers of eosinophils. In addition. immunohistochemical examination revealed that the IgE concentrations were shown in the lymphoid follicles with germinal centers, a finding topical of Kimura's disease. The patient underwent surgical resection followed by treatment with non-steroidal anti-inflammator drugs (NSAIDs). Throughout the 2-year follow-up period. the patient's condition has remained satisfactory.

    DOI: 10.1054/ijom.2001.0142

    Web of Science

    researchmap

  • Mandibular prognathism with transverse maxillary deficiency and skeletal asymmetry treated by segmental high Le Fort I osteotomy and IVRO.

    Miyatake E, Yamashiro T, Kamioka H, Nishiyama A, Sasaki A, Takano-Yamamoto T

    Orthodontic Waves   2002年

     詳細を見る

  • Prognostic significance of heat shock protein 27(HSP27) in patients with oral squamous cell carcinoma.

    Mese H, Sasaki A, Nakayama S, Yoshioka N, Yoshihama Y, Kishimoto K, Matsumura T

    Oncololgy Report   2002年

     詳細を見る

  • Involvement of CTGF, a Hypertrophic Chondrocyte-specific Gene Product, in Tumor Angiogenesis

    Tsuyoshi Shimo, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Masahiro Asano, Akira Sasaki, Manabu Kanyama, Takuo Kuboki, Tomohiro Matsumura, Masaharu Takigawa

    Oncology   2001年

     詳細を見る

  • Induction of epithelial differantiation and DNA demethylation in hamster malignant oral keratinocyte by ornithine decarboxylase antizyme.

    Takanori Tsuji, Satomi Usui, Tadateru Aida, Tetsuhiko Tachikawa, Akira Sasaki, Tomohiro Matsumura, Randy Todd, David T, W. Wong

    Oncogene   2001年

     詳細を見る

  • The E-cadherin gene is silenced by CpG methylation in Human Oral Squamous-Cell Carcinomas.

    Shuko Nakayama, Akira Sasaki, Hiroshi Mese, Rafael E Alcalde, Takanori Tsuji, Tomohiro Matsumura

    Int. J. Cancer   2001年

     詳細を見る

  • Analysis of cellular sensitization with cisplatin-induced apoptposis by glucose-starved stress in cisplatin-sensitive and -resistant A431 cell line.

    Hiroshi Mese, Akira Sasaki, Shuko Nakayama, Shoji Yokoyama, Seiji Sawada, Tohru Ishikawa, Tomohiro Matsumura

    Anticancer Research   2001年

     詳細を見る

  • A radiographic analysis of dentigerous cysts and odontogenic keratocysts associated with a mandibular third molar. Oral Surgery Oral medicine and oral pathology

    Goichi Tsukamoto, Akira Sasaki, Takehisa Akiyama, Tohru Ishikwa, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Tomohiro Matsumura

    Oral Surgery Oral medicine and oral pathology   2001年

  • Inhibition of Telomerase Activity as a Measure of Tumor Cell Killing by Cisplatin in Squamous Cell Carcinoma Cell Line.

    Hiroshi Mese, Yoshiya Ueyama, Atsushi Suzuki, Shuko Nakayama, Akira Sasaki, Hiroyuki Hamakawa, Tomohiro Matsumura

    Chemotherapy   2001年

     詳細を見る

  • Connective tissue growth factor as a major angiogeneic agent that is induced by hypoxia in a human breast cancer cell line

    Tsuyoshi Shimo, Satoshi Kubota, Seiji Kondo, Tohru Nakanishi, Akira Sasaki, Hiroshi Mese, Tomohiro Matsumura, Masaharu Takigawa

    Cancer letter   2001年

  • Soft tissue cephalometric norms in Japanese adults

    RE Alcalde, T Jinno, MG Orsini, A Sasaki, RM Sugiyama, T Matsumura

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   118 ( 1 )   84 - 89   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    Lateral soft tissue cephalometric standards of Japanese normal adults were developed with the use of Ricketts, Epker, Holdaway, and Legan cephalometric analyses. Cephalometric radiographs of 211 Japanese normal adults were analyzed, and the soft tissue measurements were compared with those of an esthetically pleasant Japanese subgroup and while adult sample. Statistically significant differences were found in the Japanese sample when compared with the white norms. On the other hand, the soft tissue mean values of the Japanese supernormal group were similar to the white norms, with the exception of the nasolabial angle and the lip prominence. Soft tissue cephalometric norms are specific for ethnic groups, but these values should not be interpreted as treatment goals. Normative data represent an aid for the diagnosis and planning of orthodontic treatment and orthognathic surgery.

    DOI: 10.1067/mod.2000.104411

    Web of Science

    researchmap

  • The role of Caspase family Protease, CPP32 on Cisplatin-induced apoptosis in Cisplatin-resistant A431 cell line.

    Hiroshi Mese, Akira Sasaki, Shuko Nakayama, Rafael E. Alcalde, Tomohiro Matsumura

    Cancer Chemotherapy and Pharmacology   46   241 - 245   2000年

     詳細を見る

  • Regulation of apoptosis reduction in cisplatin-registant A431 cell line by the Bcl-2 and CPP32.

    Hiroshi Mese, Akira Sasaki, Rafael E. Alcalde, Shuko Nakayama, Tomohiro Matsumura

    Chemotherapy   46   69 - 76   2000年

     詳細を見る

  • Florid Cemento-Osseous Dysplasia with Concomitant Simple Bone Cyst.

    Sasaki, A, Rafael, A.E, Tsukamoto, G, Nagatsuka, H, Mese, H, Yoshioka, N, Matsumura, T

    Asian J Oral and Maxillofacial Surgery   2000年

     詳細を見る

  • Abdominal vagi mediate c-Fos expression induced by X-ray irradiation in the nucleus tractus solitarii of the rat.

    Yosuke Yamada, Goichi Tsukamoto, Mtoi Kobashi, Akira Sasaki, Tomohiro Matsumura

    J Autonomic Nervous System   2000年

  • Effects of bisphosphonate on experimental jaw metastasis model in nude mice

    A Sasaki, A Nishiyama, RE Alcalde, DJ Lim, H Mese, S Nakayama, S Yokoyama, T Matsumura

    ORAL ONCOLOGY   35 ( 5 )   523 - 529   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The mechanism of osteolysis associated with metastatic cancer of the jaws is essentially osteoclast-mediated. Therefore, it is likely that potent osteoclastic bone resorption inhibitors such as bisphosphonates would be efficacious for the treatment of jaw metastasis. We examined the effects of a third generation bisphosphonate, YM175, in a nude mice jaw metastasis model with intracardiac injection of a human breast cancer cell line, MDA-MB-231. The metastatic lesions in untreated mice were radiographically observed at the body and angle of the mandible. Histology of the mandible of untreated mice revealed that most of the bone marrow cavities had been occupied by the metastatic tumor with active osteoclasts along the trabecular bone. The experimental group showed that YM175 markedly reduced the size of tumor and the number of osteoclasts. These results suggest that YM175 may suppress metastasis formation and tumor growth in jaw through inhibition of osteoclastic bone resorption. (C) 1999 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1368-8375(99)00027-5

    Web of Science

    researchmap

  • Establishment of High and Low Metastasis Cell Lines derived from a Human Tongue Squamous Cell Carcinoma.

    Syuko Nakayama, Akira Sasaki, Hiroshi Mese, Matsumura

    Invasion and Metastasis   1999年

     詳細を見る

  • Cloning, mapping, expression, function and mutation analysis of the human ortholog of the hamster putative tumor suppressor gene doc-1. (共著)

    J. Biol. Chem.   273 ( 12 )   6704 - 6709   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.273.12.6704

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effect of a newly developed bisphosphonate, YH529, on osteolytic bone metastases in nude mice. (共著)

    Int. Cancer   77 ( 2 )   279 - 285   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/(SICI)1097-0215(19980717)77:2<279::AID-IJC18>3.0.CO;2-6

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Establishment of high and low metastasis cell lines derived from a human tongue squamous cell carcinoma(共著)

    Invasion and Metastasis   18 ( 5-6 )   219 - 228   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000024515

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • NG-Nitro-L-arginine Methyl Ester Inhibits Bone Metastasis after Modified Intracardiac Injection of Human Breast Cancer Cells in Nude Mouse Model. (共著)

    Jpn. J. Cancer Research   88 ( 9 )   861 - 866   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.1997.tb00462.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Odontogenic Ghost Cell Carcinoma. Report of a case and review of the Literature(共著)

    Journal of Oraland Maxillofacial Surgery   54 ( 1 )   108 - 111   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0278-2391(96)90317-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • OSTEOLYTIC BONE METASTASIS IN BREAST-CANCER

    T YONEDA, A SASAKI, GR MUNDY

    BREAST CANCER RESEARCH AND TREATMENT   32 ( 1 )   73 - 84   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    Metastasis of breast cancer cells to bone consists of multiple sequential steps. To accomplish the process of metastasis to bone, breast cancer cells are required to intrinsically possess or acquire the capacities that are necessary for them to proliferate, invade, migrate, survive, and ultimately arrest in bone. These capacities are essential for any cancer cells to develop distant metastases in organs such as lungs and liver as well as bone. Once breast cancer cells arrest in bone, bone is a storehouse of a variety of cytokines and growth factors and thus provides an extremely fertile environment for the cells to grow. However, breast cancer cells are unable to progress in bone unless they destroy bone with the assistance of bone-resorbing osteoclasts. Thus, the capacity of breast cancer cells to collaborate with osteoclasts is likely to be specific and is likely critical for them to cause osteolytic bone metastases. Evidence to support the concept that there is an intimate relationship between breast cancer cells and osteoclasts is described using an in vivo bone metastasis model in which human breast cancer cells are inoculated into the left ventricle of nude mice. The roles of cell adhesion molecules including cadherins and laminin and matrix metalloproteinases in the development of osteolytic bone metastases by breast cancer are also discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • (Statistical Analysis on Oral Cancer Patients related to Radiotherapy. )(共著)

    (Oral Radiology)   5 ( 1 )   55 - 61   1989年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02350103

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • がん口腔支持療法 多職種連携によるがん患者の口腔内管理

    永末書店  2017年  ( ISBN:9784816013287

     詳細を見る

  • 薬’17/’18 歯科,白板症

    クイッテセンス出版株式会社  2016年 

     詳細を見る

  • 2. 口腔内科学 第四章,4.運動麻痺をきたす神経疾患 4-1顔面神経麻痺,4-2三叉神経麻痺,4-3舌下神経麻痺,4-4舌咽神経麻痺

    永末書店  2016年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊病変の癌関連線維芽細胞の血管新生・骨吸収調節機構の解析と治療標的の探索

    その他  2015年 

     詳細を見る

  • ニコチンのEGFR発現促進作用が口腔癌のリンパ節転移に果たす役割

    その他  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔外科ハンドマニュアル15

    クイッテセンス出版株式会社  2015年 

     詳細を見る

  • 薬‘15/’16疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本

    クインテッセンス出版  2014年 

     詳細を見る

  • 薬‘12/’13疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本

    クインテッセンス出版  2012年 

     詳細を見る

  • Squamous Cell Carcinoma

    InTech  2012年 

     詳細を見る

  • Oral Cancer

    InTech  2012年 

     詳細を見る

  • Squamous Cell Carcinoma

    InTech  2012年 

     詳細を見る

  • Oral Cancer

    InTech  2012年 

     詳細を見る

  • ヘルペス性口内炎 水疱性疾患(ウイルス疾患) 症状からみた疾患.

    デンタルダイヤモンド社  2010年 

     詳細を見る

  • 帯状疱疹 水疱性疾患(ウイルス疾患) 症状からみた疾患.

    デンタルダイヤモンド社  2010年 

     詳細を見る

  • 第一章 口腔・顎の異常を訴える患者が来院したら?2節 舌の疾患Q19 舌に潰瘍のある患者が来院したら?

    金原出版  2010年 

     詳細を見る

  • 薬物性口内炎 口腔粘膜疾患.

    クイッテセンス出版株式会社  2010年 

     詳細を見る

  • 異常出血 その他/口腔外科疾患.

    クイッテセンス出版株式会社  2010年 

     詳細を見る

  • がん転移研究の実験手法

    金芳堂(京都)  2008年 

     詳細を見る

  • 実力医の履歴書(外科系Ⅲ)

    ライフ企画  2008年 

     詳細を見る

  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた

    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた

    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた

    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた

    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた

    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた

    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 薬‘06/’07-口腔疾患からみる治療薬と処方例

    クイッテセンス(東京)  2005年 

     詳細を見る

  • 薬‘06/’07-口腔疾患からみる治療薬と処方例

    クイッテセンス(東京)  2005年 

     詳細を見る

  • 乳癌およびメラノーマの骨転移モデル

    [続]がんの浸潤・転移研究マニュアル(共著)  1997年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 総会・学術大会 報告「第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会を終えて」

    佐々木朗

    日本口腔外科学会雑誌   64 ( 9 )   554 - 555   2018年

     詳細を見る

  • 女性口腔外科医のキャリアに対する自覚と意思に関するアンケート調査

    吉岡德枝, 佐々木朗, 柴田敏之, 栗田賢一, 古郷幹彦

    日本口腔外科学会雑誌   64 ( 9 )   516 - 527   2018年

     詳細を見る

  • セツキシマブ投与にてアナフィラキシー様のinfusion reactionを発症したマダニ咬傷既往のある口腔癌患者の1例

    矢尾 真弓, 志茂 剛, 柴田 茜, 小畑 協一, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 藤井 由起子, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   36 ( 1 )   1 - 6   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    症例は69歳男性で、左側口底癌にて顎下部を含めた口底部分切除術を施行したが、その後、左側上内頸静脈リンパ節の後発転移と節外浸潤を認めた。左側根治的頸部郭清術変法と術後化学放射線療法で頸部腫瘍は一旦縮小したものの再度増大し、さらに右肺下葉に転移を認めたため、多剤併用化学療法の施行目的で入院した。セツキシマブ・シスプラチン・5-FUの多剤併用化学療法を計画した。しかし、セツキシマブ投与開始5分後より意識消失と全身の浮腫が出現し、infusion reaction(IR)と判断して即座にセツキシマブの投与を中止した。IR発症から30分後には循環動態と呼吸状態が安定したため、集中治療室に搬入となった。約8時間後には全身皮膚に皮疹と四肢の浮腫および皮膚そう痒感を認めており、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩の静脈内注射を施行した。発症翌日には四肢の浮腫と皮疹は改善し、意識障害等の有害事象もなく一般病棟に帰室した。発症翌日に再度既往歴を問診したところ、マダニ咬傷の既往があることが判明し、IRの原因としてマダニとの関連があることが疑われた。

    researchmap

  • 下顎に発生した顎放線菌症の1例 本邦における顎放線菌症の過去集計と現状との比較検討

    小畑 協一, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 1 )   23 - 27   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    顎放線菌症は開口障害や板状硬結、多発性膿瘍といった特徴的な症状を有する特異性炎である。しかし近年典型的な症状を示す症例が減少していることから診断が困難となっている。症例は85歳の女性で、左側頬部の腫脹と開口障害で当院を受診した。X線写真検査で下顎骨の破壊と融解を認めた。悪性腫瘍を疑ったが、病理組織学的診断は放線菌症であった。外科的掻爬を行い、ベンジルペニシリンとアモキシシリンの投与を行った。(著者抄録)

    researchmap

  • 岡山大学病院高度救命救急センターにおける頭部,顎顔面外傷患者の検討.

    奥井達雄, 伊原木聰一郎, 志茂剛, 森澤綾香, 藤井由起子, 佐々木朗

    岡山歯学会雑誌   36 ( 1 )   13 - 16   2017年

     詳細を見る

  • 口角瘻を合併した先天性下唇瘻の1例

    村瀬 友里香, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 銅前 昇平, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 10 )   534 - 538   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は15歳男児で、出生時より下唇部の瘻孔、及び同部からの粘液流出を時折自覚した。下唇の形態異常を主訴に受診した。下唇は全体的にやや肥大し、赤唇部の両側にそれぞれ1ヶ所ずつ、計2ヶ所の瘻孔を認め、瘻孔下方にはいずれも丘状の膨隆を認めた。下唇瘻に対して全身麻酔下で瘻孔切除術を施行した。術後1ヵ月で、右側下唇創部の粘膜下に少量の粘液貯留を認め、数回の穿刺吸引を試みたが、粘液貯留は残存した。術後9ヵ月では、径7mm大の弾性軟可動性腫瘤の形成を認めた。臨床的に粘液嚢胞と診断し、局所麻酔下で周囲の小唾液腺を含めて嚢胞摘出術を施行した。病理組織学的にも粘液嚢胞の診断であった。術後1年半、再発なく経過良好で、下唇形態の改善を認めた。病理組織学的所見で先天性口唇瘻と診断した。

    DOI: 10.5794/jjoms.62.534

    researchmap

  • 福山市民病院歯科口腔外科でのインプラント治療における病診連携の状況について

    目瀬 浩, 山本 大介, 木村 周子, 大月 要, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   35 ( 1 )   19 - 22   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    2013年5月〜2015年12月の病診連携にてインプラント治療を行った16例(男5例、女11例)の診療録と手術記録を参照し、合併症の有無とその種類、インプラント手術およびその関連手術の内容を検討した。年齢別では50〜60歳代が12例と大部分を占めていた。合併症を有していたのは8例(50%)、骨増生を施行したのは10例(63%)であり、一般歯科診療所では対応が困難な部分を担っていた。患者・紹介医との情報共有には国際インプラント手帳を使用し、紹介医と綿密に連携を行うことにより患者・紹介医との間にトラブルは生じなかった。

    researchmap

  • 口腔疾患に続発した内頸静脈血栓症の2例

    銅前 昇平, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 栗尾 奈愛, 松本 憲一, 村瀬 友里香, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   35 ( 1 )   23 - 28   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    症例1は68歳女で、左側頬部から頸部の腫脹と開口障害を主訴とした。左側扁桃周囲膿瘍および両側頸部蜂窩織炎の診断で、両側深頸部膿瘍切開ドレナージを2回施行した。再ドレナージの3日後の造影CTにて壊死組織・膿瘍は減少傾向を認めたが、左側内頸静脈内が血栓により頭蓋底付近で閉塞していたためヘパリン点滴静脈内投与を開始した。11日後の造影CTにて血栓は消失し、その後ワルファリン経口投与を退院後4ヵ月間継続投与した。症例2は74歳男で、左側上顎歯肉の疼痛を主訴とした。左側上顎悪性黒色腫・両側頸部リンパ節転移の診断で、左側上顎骨部分切除術を施行後、両側機能的頸部郭清術を施行した。郭清後23日目の造影CTにて左側内頸静脈内に血栓を認めたため、ヘパリン点滴静脈内投与とワルファリン投与を開始し、20日後に血栓は消失した。郭清後28日目より化学療法を1コース施行して退院したが、転倒により硬膜下血腫を発症しワルファリン投与を中止した。

    researchmap

  • Gardner症候群患者に認められた巨大な下顎骨骨腫の1例

    吉田祥子, 岸本晃治, 村瀬友里香, 高倉裕明, 銅前昇平, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 9 )   466 - 470   2016年

     詳細を見る

  • Beckwith-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著名な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    吉岡徳枝, 高橋巧, 西山明慶, 伊原木聰一郎, 銅前昇平, 志茂 剛, 佐々木朗

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 3 )   228 - 236   2016年

     詳細を見る

  • 当科における舌扁平上皮癌StageⅠ・Ⅱ症例の頸部リンパ節後発転移に関する臨床的検討

    吉田祥子, 岸本晃治, 村瀬友里香, 銅前昇平, 伊原木聰一郎, 柳 文修, 松崎秀信, 志茂 剛, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   35 ( 1 )   13 - 18   2016年

     詳細を見る

  • 矯正歯科医のための顎矯正手術術式解説

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 4 )   265 - 271   2015年

     詳細を見る

  • 上顎歯肉に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例−本邦の口腔領域における発症例に関する文献的検討−

    小畑協一, 岸本晃治, 西山明慶, 吉田祥子, 野島鉄人, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   61 ( 1 )   20 - 24   2015年

     詳細を見る

  • 骨髄移植後の慢性GVHD患者に発生した多発性口腔扁平上皮癌の1例

    奥井 達雄, 目瀬 浩, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   60 ( 3 )   151 - 155   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は42歳男性で、全身倦怠感を主訴に受診し、慢性骨髄性白血病と診断された。HLAが一致する弟をドナーとした骨髄移植を受け、移植直後に移植片対宿主病(GVHD)を発症し、慢性GVHDによる肝機能低下、GVHDに対するプレドニゾロン長期投与による軽度の腎機能低下を認めた。骨髄移植直後より口内炎を自覚していたが、右側頬粘膜に腫瘤を自覚するようになり、血液腫瘍内科より紹介受診した。体格中等度、栄養状態良好で、顔面、四肢皮膚に慢性GVHDによる色素逸脱を認めた。右側頬粘膜に22×16mmの弾性軟、周囲に硬結を触知する腫瘤を認めた。MR画像で右側頬粘膜に前後径20mm、厚み4mmの境界明瞭なSTIR高信号域を認め、左側下顎小臼歯部舌側歯肉に前後径10mmの境界明瞭なSTIR高信号域を認めた。骨髄移植によるGVHDを伴った二次性多発性口腔癌、白板症の疑いと臨床診断し、全身麻酔下に腫瘍切除術を施行した。左側下顎生検を行い、舌背中央部は軽度上皮異形成、左側下顎大臼歯歯肉頬移行部は高分化扁平上皮癌と病理組織学的に診断され、左側下顎歯肉癌に対し腫瘍切除術を施行した。術後12ヵ月再発を認めず、厳重な経過観察を行っている。

    DOI: 10.5794/jjoms.60.151

    researchmap

  • 長期経過観察し病理組織学的評価を行った下顎骨線維性異形成症の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 奥井 達雄, 栗尾 奈愛, 柴田 茜, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   27 ( 1 )   27 - 31   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    症例は2歳男児で、左側下顎部の腫脹を主訴とした。X線で左下D番の近心部から下顎枝までの楕円形の比較的境界明瞭な透過像を認め、内部に斑紋状の不規則な不透過像がみられた。同部の骨削除により組織生検を行い、病理所見は細胞成分に富む線維性組織の増殖からなり、線維骨の骨梁を伴っていた。線維性異形成症と診断し、1ヵ月後に掻爬術を追加し、生検部位から遠心に向かって菲薄化した頬側の骨を除去した。術後6ヵ月頃より患側下顎骨下縁に骨様硬の膨隆を認め、急速に増大して顔面の非対称が著明となったが、再手術は同意が得られず、定期的な経過観察を行った。下顎骨の成長や歯の萠出には問題がなく、18歳時には内部に骨梁構造を認めた。非対称改善のため口外法により左側下顎骨下縁切除術を施行し、病理所見で緻密な皮質骨内に疎な骨組織と線維性組織を認めたが、活動性の病変はなかった。術後6年経過し、下顎骨の形態に著変はない。

    DOI: 10.15214/jsodom.27.27

    researchmap

  • 口腔外科手術における偶発症・合併症とその管理

    歯科薬物療法学会雑誌   33 ( 3 )   149 - 154   2014年

     詳細を見る

  • 上顎歯肉に転移した頭部血管肉腫の1例

    矢尾真弓, 岸本晃治, 吉田祥子, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   60 ( 3 )   132 - 136   2014年

     詳細を見る

  • 津山中央病院における術後早期口腔機能管理への取り組み

    松田祐典, 竜門幸司, 兒玉真一, 野島鉄人, 西山明慶, 野島靖子

    津山中病医誌   28 ( 1 )   33 - 41   2014年

     詳細を見る

  • 幼児の上顎歯肉に発生した巣状口腔粘液症の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 片瀬 直樹, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   58 ( 9 )   546 - 549   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    1歳7ヵ月女児。左側上顎歯肉の腫瘤を主訴とした。左側上顎歯肉に弾性軟の有茎性腫瘤を認め、腫瘤の先端は分葉状で正常歯肉色であったが、腫瘤基部は血管が豊富で赤色を呈していた。デンタルX線で同部の骨吸収は認めなかった。左側上顎歯肉腫瘍と診断し、腫瘍切除術を行った。腫瘤は有茎性で基部は歯肉と歯槽粘膜の境界部に存在しており、基部から約5mmの安全域を設定し直下の骨膜も切除した。同部の骨面は正常であった。切除部は開放創にして手術を終了した。切除した腫瘍の病理診断は巣状口腔粘液症であった。術後経過は良好で、術後1年の現在、再発は認めていない。

    DOI: 10.5794/jjoms.58.546

    researchmap

  • 下顎骨腫瘍摘出後の骨折および顔貌変形防止に対するプレートの応用

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 銅前 昇平, 帆波 辰基, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 栗尾 奈愛, 中妻 可奈子, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   31 ( 1 )   15 - 19   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    下顎エナメル上皮腫摘出後の骨折・顔貌変形を防止するために、口腔内から下顎骨に比較的大型のチタンプレート(ストライカー社製マンディブラルフラクチャープレート 14穴)を装着し、良好な結果が得られた症例(59歳男性例)を報告した。下顎骨腫瘍に対して摘出術や下顎骨辺縁切除術を施行後、残存骨が少なく顎骨骨折や顔貌変形が懸念される症例に対して本法は治療オプションの一つになりうると考えられた。

    researchmap

  • 病理組織学的にエナメル上皮線維歯牙腫との鑑別が困難であったimmature odontomaの1例

    柴田 茜, 志茂 剛, 片瀬 直樹, 中妻 可奈子, 堀切 優, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   31 ( 1 )   21 - 25   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    画像上、歯牙腫と腺腫様歯原性腫瘍との鑑別が困難で、病理組織学的にエナメル上皮線維歯牙腫との鑑別が困難であったimmature odontomaの症例を報告した。患者は14歳女、右側上顎乳犬歯部の違和感を主訴に近医受診し、X線で上顎犬歯の埋伏と同歯の歯嚢内に不透過像を認められ当科に紹介された。パノラマX線で、埋伏した上顎犬歯の歯頸部から立ち上がり歯冠部を含む嚢胞様透過像を認めた。咬合法X線では含歯性嚢胞様の透過像内部に不透過像を認めたが、明らかな歯牙様形態は呈していなかった。CTでは、歯冠周囲空隙の拡大に伴う唇側・口蓋側への軽度皮質骨膨隆と、口蓋側皮質骨の菲薄化を認め、拡大した歯冠周囲空隙内の口蓋側に高濃度な石灰化物を認めた。生検を行うために、菲薄化した皮質骨を削合して被膜を切離したところ、中に硬組織が認められた。生検の検体は、硬組織を軟組織に被包した状態で硬組織を含め採取した。硬組織周囲軟組織の病理組織所見は、細胞成分に富む幼若な線維組織の中に島状のエナメル器様の上皮が存在するエナメル上皮線維腫様の像を呈した。石灰化物様硬組織の病理組織所見は、象牙質様硬組織とエナメルマトリックス様硬組織からなる歯牙腫様構造を呈し、類象牙質の混在も認められた。腫瘍摘出術を行い、摘出標本の病理組織検査で類象牙質様硬組織と、その周囲に歯原性間葉様の幼若な線維組織および歯原性上皮の増殖が認められた。硬組織の像は歯牙腫、集合型であり、腫瘍性病変を疑わせる所見は認められなかった。

    researchmap

  • 診断力テスト 口腔粘膜のびらん

    伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    DENTAL DIAMOND   37 ( 1 )   143 - 144   2012年

     詳細を見る

  • 後期高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討

    吉田祥子, 岸本晃治, 伊原木聰一郎, 銅前昇平, 吉岡徳枝, 志茂 剛, 西山明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   24 ( 3 )   103 - 111   2012年

     詳細を見る

  • 両側上顎洞粘液嚢胞を有する患者に上顎洞底挙上術を行った1例

    中妻可奈子, 目瀬浩, 塚本剛一, 佐々木 朗

    日本顎顔面インプラント学会誌.   11 ( 2 )   81 - 85   2012年

     詳細を見る

  • 両側性顎関節前方脱臼に片側ごとの徒手的整復が有効であった1症例

    佐藤朋美, 竜門幸司, 野島鉄人, 西山明慶, 岸本晃治, 佐々木 朗

    津山中央病院医学雑誌   26 ( 1 )   123 - 126   2012年

     詳細を見る

  • 新規がん抗原GKAP1の同定と口腔扁平上皮癌での発現解析

    銅前昇平, 小野俊朗, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( 10 )   542 - 547   2011年

     詳細を見る

  • 顎関節脱臼整復後の開口抑制にフィラデルフィアカラーを装着した1症例

    龍門幸司, 野島鉄人, 西山明慶, 岸本晃治, 佐々木朗

    津山中央病院医学誌   25 ( 1 )   83 - 86   2011年

     詳細を見る

  • 顎骨露出にビスフォスフォネート製剤の関連が疑われた非侵襲的な一症例

    渡邉美徳, 龍門幸司, 野島鉄人, 岸本晃治, 佐々木朗, 西山明慶

    津山中央病院医学誌   25 ( 1 )   87 - 90   2011年

     詳細を見る

  • 口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法の使用経験

    伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 銅前 昇平, 志茂 剛, 中妻 可奈子, 辻本 紗代子, 栗尾 奈愛, 兒玉 真一, 武部 祐一郎, 堀切 優, 柴田 茜, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   29 ( 2 )   107 - 112   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法を用いて治療を行った4例を経験した。症例1は80歳女で、右側舌癌に対して舌部分切除術を行った。術後21日目においてほぼPGAフェルトは吸収し、舌の瘢痕拘縮は軽度であった。症例2は65歳女で、左側頬粘膜悪性黒色腫に対して頬粘膜腫瘍切除術と上顎骨部分切除術を行った。術後28日目においてPGAフェルトは吸収しており、瘢痕拘縮は軽度で開口障害もなかった。症例3は78歳女で、左側下顎歯肉癌に対して下顎骨辺縁切除術と頸部郭清術を行った。術後31日目において、骨露出は認めず肉芽で覆われている。症例4は88歳女で、左側頬粘膜癌に対して原発巣は密封小線源治療、頸部リンパ節転移は頸部郭清術を行うこととした。術後44日目において肉芽の新生は十分でなく、頬粘膜は陥凹している。

    researchmap

  • 臼後部に発生した嚢胞腺癌の1例

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( 12 )   720 - 724   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は90歳男性で、右側下顎臼後部歯肉の違和感、義歯による痛みが出現し、近医の義歯調節で痛みは消失したが、同部に腫瘤を指摘され紹介受診した。右側下顎臼後部に弾性硬、表面がカリフラワー状の境界明瞭な18×16mm大の外向性腫瘤を認めた。CTで同部に12×11×14mm大の類円形病巣と骨髄に達する下掘れ状の骨吸収像を認めた。生検で腫瘍細胞の増殖による嚢胞腔形成と乳頭状構造、一部に細胞異型や分裂像を認め、低悪性の嚢胞腺癌を疑って下顎骨辺縁切除術を行った。病理所見では腫瘍は大小の嚢胞腔を形成して外向性に増殖し、一方で下顎骨内に嚢胞腔を形成して下掘れ状の骨吸収像を認めた。腫瘍は嚢胞腔内に乳頭状増殖を示し、間質に線維性結合組織の増生と硝子化を認め、嚢胞を裏層する腫瘍細胞は円形の核と好酸性の細胞質を有する円柱状細胞からなり、一部に異型や分裂像を認めた。病理診断は低悪性嚢胞腺癌であった。術後2年経過で再発や転移は認めていない。

    DOI: 10.5794/jjoms.56.720

    researchmap

  • エナメル上皮腫に対する外科療法の治療成績と再発に関する臨床的検討

    吉田祥子, 塚本剛一, 吉岡徳枝, 志茂 剛, 岸本晃治, 西山明慶, 大山和彦, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   22 ( 1 )   37 - 41   2010年

     詳細を見る

  • 経口ビスフォスフォネート製剤服用の関連が疑われた顎骨壊死の2症例

    保崎留美子, 竜門幸司, 野島鉄人, 岸本晃治, 佐々木 朗, 西山明慶

    津山中央病院医学雑誌   21 ( 1 )   97 - 102   2010年

     詳細を見る

  • 鼻腔および上顎洞穿孔を伴う重度の上顎骨吸収をきたした骨膜下インプラントの1例

    吉田祥子, 岸本晃治, 銅前昇平, 矢尾真弓, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   59 ( 3 )   128 - 132   2010年

  • 平均顔を用いた顔の印象の決定要素についての検討

    志茂 剛, 西山 明慶, 栗尾 奈愛, 川辻 咲希, 草田 明美, 山内 香奈, 尾野 裕子, 江藤 司, 塚本 剛一, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   51 - 59   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    顔が集団としてもっている印象、すなわち、顔グループを形成したときにそこに生じる印象を客観的に捉えるために平均顔を用いる手法を用い、顔のパーツの形態の違いがどのように顔の印象に影響を及ぼしているか、アンケートや顔面計測により検証した。写真モデルは、歯学部3年生男性26例、女性23例、アンケート回答者は歯学部医療従事者60例を対象とした。平均顔の特徴をは、印象の良い群ではロ角が上向きで、上唇の上昇、下唇の下降および、口全体が横に引き伸ばされる変化に伴い、その頬は顔の内側に向かってよく隆起し、頬の横は緩やかな曲線を描いた形状をしていた。目元と口元に対する印象を複数回答して得られた結果をもとに対応分析を行い、座標空間上に再構成すると男女ともに印象のよい群では目元は笑い、優しい、ポジティブ、柔らかいの項目で温厚な方向性ができており、一方それ以外の印象群では厳格な方向性が示された。

    researchmap

  • 当科における口腔扁平上皮癌の治療成績(第1報)

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 塚本 剛一, 西山 明慶, 目瀬 浩, 松村 智弘, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   43 - 50   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    根治的治療を施行した口腔扁平上皮癌一次症267例において、臨床病理学的諸因子ならびに治療法別の治療成績を評価した。Stage分類、T分類、N分類、原発巣分化度、浸潤様式、再発・転移の因子が、有意に生存率に影響を及ぼした。頬粘膜癌が他の癌に比べ有意に予後不良であった。手術群、術前照射群、術前化学療法群、組織内照射群、放射線動注化学療法群、放射線療法群の5年疾患特異的累積生存率は、それぞれ74.1%、77.1%、100%、97.2%、91.7%.100%であった。根治的治療群における5年累積生存率は全症例77.4%、再発・転移群46.7%であった。N分類および分化度が独立した予後規定因子となった。治療後に評価できる因子である再発・転移(あり/なし)の項目を加え、生存率について多変量解析を行い、再発・転移の因子のみが独立した予後規定因子となった。

    researchmap

  • 口腔進行癌に対するTS-1と放射線同時併用療法 合併症をもつ高齢患者への適応、問題点と対策

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 銅前 昇平, 小野 達生, 中山 周子, 志茂 剛, 吉濱 泰斗, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   55 ( 4 )   177 - 183   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    高齢者の進行口腔扁平上皮癌一次症例5例と再発症例3例の計8例(平均75.8歳)を対象に、TS-1と放射線同時併用療法を施行した。全例が合併症を有し、一人あたり平均3疾患を有していた。放射線治療では、原発巣又は頸部にX-ray、2Gy/日、5回/週、計60〜66Gyを分割照射した。TS-1は、推奨投与量65mg/m2/日を基準として、2週間連日経口投与1週間休薬を1コースとして、放射線と同時併用で2コース施行した。治療効果と再発、転移の確認は、40Gy照射時、放射線治療終了1ヵ月後、3ヵ月後、以後3ヵ月ごとに画像検査にて行った。その結果、予定治療は6例が完遂され、2例が未完遂であった。服薬コンプライアンスは良好であった。治療効果は、CRが6例、PRが1例、早期他病死のため評価不能が1例で、奏効率87.5%、CR率75%であった。転帰は、観察期間2.2〜40.9ヵ月で、原病死が1例、他病死が1例、担癌生存が1例、非担癌生存が5例であった。有害事象は、全症例で皮膚の発赤と口腔粘膜のびらん、潰瘍を照射30Gy前後から認め始め、照射終了時にはGrade 3の皮膚または粘膜炎を認めた。7例において、照射終了時の口腔から咽頭の疼痛、口渇、味覚消失の程度を10段階VAS scaleを用いて調査した結果、平均±標準偏差はそれぞれ8.3±1.7、9.3±1.0、9.0±1.7であった。皮膚・粘膜炎は照射終了1ヵ月には軽快したが、口内疼痛・口渇・味覚障害は程度の差はあるが退院後も継続した。治療終了後から退院までの日数は平均36.1日であった。

    DOI: 10.5794/jjoms.55.177

    researchmap

  • 顎裂骨移植後の口腔前庭狭小に対して遊離歯肉移植併用の口腔前庭拡張術を行った経験

    吉田祥子, 岸本晃治, 銅前昇平, 奥井達雄, 西山明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   175 - 178   2009年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院周術期管理センター(歯科部門)設立5ヶ月間の活動内容および今後の展開

    山中玲子, 曽我賢彦, 縄稚久美子, 柳 文修, 兒玉直紀, 田中 貴, 三浦留美, 羽川 操, 竹内哲男, 山根美栄子, 森田 学, 高柴正悟, 浅海淳一, 皆木省吾, 吉山昌宏, 下野 勉, 窪木拓男, 佐々木朗, 森田 潔

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   37 - 42   2009年

     詳細を見る

  • シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症治療の検討 (セビメリン塩酸塩からピロカルピン塩酸塩への投与変更症例に関して)

    目瀬 浩, 西山明慶, 佐々木 朗

    歯科薬物療法   28 ( 3 )   124 - 129   2009年

     詳細を見る

  • 当科におけるインプラント患者の臨床統計的検討

    帆波辰基, 目瀬 浩, 西山明慶, 岸本晃治, 塚本剛一, 志茂 剛, 吉岡徳枝, 銅前昇平, 中妻加奈子, 辻本紗代子, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   151 - 155   2009年

     詳細を見る

  • 萎縮下顎歯槽堤に水平的歯槽骨延長術を併用してインプラント治療を行った1症例

    青木香澄, 目瀬 浩, 中山周子, 塚本剛一, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   179 - 184   2009年

     詳細を見る

  • 自動草刈り機の刈刃片迷入による頬部異物肉芽腫の1症例

    塚本剛一, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日口外傷誌   8 ( 2 )   57 - 60   2009年

     詳細を見る

  • 歯性感染症より肺膿瘍,化膿性髄膜炎を発症した1例.

    目瀬 浩, 塚本剛一, 中山周子, 合田健志, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   21 ( 1 )   122 - 126   2008年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における術前放射線化学療法の効果の臨床病理学的検討.

    岸本晃治, 万代とし子, 矢尾真弓, 小野達生, 銅前昇平, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 1 )   47 - 53   2008年

  • 経口ビスフォスフォネート製剤が関連したと考えられた顎骨壊死の2例 .

    吉田祥子, 岸本晃治, 山本大介, 村上千明, 銅前昇平, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   27 ( 2 )   139 - 144   2008年

     詳細を見る

  • TS-1と放射線同時併用療法が奏功した口腔癌からの巨大な頸部リンパ節転移の2例.

    岸本晃治, 吉田祥子, 小野達生, 吉濱泰斗, 西山明慶, 佐々木 朗

    癌と化学療法   35 ( 10 )   1727 - 1730   2008年

     詳細を見る

  • 入院加療を要した歯性感染症の臨床統計的検討

    目瀬 浩, 中山 周子, 小山 貴弘, 小野 達生, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   97 - 101   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    1982年4月〜2001年3月までの19年間に岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)を受診し入院加療を要した歯性感染症318例(男性185例、女性133例、平均44.9歳)を対象として、その発生原因、背景因子、処置方法などを検討した。入院時の臨床診断は膿瘍231例(72.7%)、蜂窩織炎38例(11.9%)、急性骨髄炎35例(11.0%)、急性歯性上顎洞炎14例(4.4%)で、原因疾患は根尖性歯周炎178例(56.0%)が最多、次いで智歯周囲炎65例(20.4%)、歯根嚢胞11例(3.5%)であった。また318例中81例(25.5%)が糖尿病、肝障害、腎障害など炎症に関連する基礎疾患を有していた。局所的な炎症の増悪要因を分析すると、患者本人が歯性および関連性炎症病変を放置したものが、基礎疾患を有するもので93例(39.2%)、基礎疾患の無いもので28例(34.5%)を占めていた。また基礎疾患を有しておらず、他の局所的な要因も明らかではなかった症例が72例(22.6%)認められた。入院期間は274例(86.2%)が20日以内で、消炎処置のみを行ったものが133例(41.8%)、原因疾患に対する処置まで行ったものが185例(58.2%)であった。

    researchmap

  • 著しいオトガイ後退を伴う顎顔面の変形に対し、オトガイ形成術とベニアグラフトを併用した症例

    志茂 剛, 西山 明慶, 上岡 寛, 酒井 雄一, 川邉 紀章, 銅前 昇平, 小野 達生, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 山城 隆, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   147 - 151   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    17歳女性。斜頸による舌骨上筋群および下筋群の高度緊張を認めた著しいオトガイ後退を伴う顎顔面の変形をきたした症例で、オトガイ部の後退に対する形態改善の目的で受診となった。顔貌所見にて正貌で眼瞼下垂、側貌でconvex type、口腔内所見にて両側Angel class II、overjet 3.7mm、overbite -2.5mm、前歯部は開咬を示していた。セファロ分析ではオトガイの劣成長を認め、舌骨が下方へ位置していた。CTデータをOsiriX Medical Imaging Softwareを用いた3Dおよび再構築CT画像においては、両側下顎犬歯から両側第二大臼歯部にかけて舌側皮質骨に溝状の凹みと同部の骨の非薄を認めた。骨非薄部の厚みは最も薄いところで約3mmであった。下顎後退症の臨床診断で、オトガイ形成術とベニアグラフトを併用して治療を行った。術後の側貌においてはlabiomental foldが明瞭化し、オトガイから頸部にかけての審美的改善が認められた。術後経過は良好で、骨片のずれや吸収等は認められない。

    researchmap

  • 岡山県における口腔がん検診(第2報)

    水川 展吉, 佐々木 朗, 大杉 篤生, 目瀬 浩, 志茂 剛, 金田 祥弘, 西山 明慶, 吉濱 泰斗, 鳩本 清美, 沢木 聖子, 山近 英樹, 植野 高章, 高木 慎, 菅原 利夫

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   21 - 24   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    岡山県において、平成17〜18年に行われた第1回から第6回までの前癌病変を含めた口腔がん検診の概要を報告した。受診人数は332名、男81名、女244名、年齢層別では男性は30歳台が多く、女性は30歳台、50-70歳台が多かった。323名中、粘膜異常、粘膜症状ありは107名、異常なし206名であった。粘膜異常としては、びらん、アフタ、歯周炎、粘膜炎の疑いが多く、前癌病変の白板症が132名、紅板症が2名、前癌状態の口腔扁平苔癬が3名で、前癌病変発見率4.3%、前癌病変前癌状態発見率5.2%であった。1名で口腔がん疑いのため生検を行ったが、悪性所見は得られなかった。異常部位別では、歯肉が最も多く、次いで舌、頬粘膜、口蓋の順であった。

    researchmap

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)開設後24年間における入院患者の臨床統計的観察

    小山 貴弘, 西山 明慶, 立本 周司, 岸本 晃治, 塚本 剛一, 吉濱 泰斗, 志茂 剛, 中山 周子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   15 - 20   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    1982年4月〜2006年3月迄に、当口腔外科にて入院加療を行った患者のべ4521名について臨床統計的観察を行った。疾患別入院患者数は炎症21.8%、悪性腫瘍19.6%、嚢胞17.7%、変形・奇形12.1%、良性腫瘍・腫瘍類似疾患9.9%、外傷7.8%、抜釘・プレート除去のみ3.3%、唾液腺疾患2.4%、インプラント関連1.6%、腫瘍の術後再建のみを目的とした入院1.1%、その他2.8%であった。年度別の比較では、初年度入院患者は少なく、以後の10年間はほぼ横ばいであったが、1993年以降は増加に転じていた。疾患別では1995年頃より変形・奇形が増加し、また、1989年以降にそれまで減少傾向にあった炎症が増加に転じていた。性別入院患者数は男2373名、女2148名で、年度別では当初は有意に男性患者が多かったが、最近2年間は有意に女性が多くなっていた。年齢別にみると、10歳〜20歳台と50歳〜60歳台にピークがある二相性の分布を示した。全症例の平均入院日数は23.7日で、年度別でみると当初10年間は平均31.4日であったが徐々に減少し、最近10年間は平均18.9日となっていた。疾患別では悪性腫瘍の入院期間が著明に減少していた。

    researchmap

  • 外科的治療とPaclitaxel,Cisplatin,5-FluorouracilによるAdjuvant Chemotherapyが奏効した下顎歯肉癌肺転移症例

    塚本 剛一, 伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 大山 和彦, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 青江 基, 木浦 勝行, 佐々木 朗

    癌と化学療法   34 ( 4 )   597 - 600   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    今回われわれは下顎歯肉癌患者の肺転移に対し、外科的治療とadjuvant chemotherapyとしてpaclitaxel(PTX),cisplatin(CDDP),5-fluorouracil(5-FU)の全身投与4コースが有効であった症例を経験したので報告する。症例は47歳、女性。下顎歯肉扁平上皮癌の頸部リンパ節転移症例に対し、外科療法後CDDPと5-FUの化学療法を行った。4ヵ月後肺転移を認め、video-assisted thoracoscopic surgery(VATS)による肺部分切除術を施行した。14ヵ月後肺転移を再び認め、VATSによる肺部分切除術が再施行され、引き続いてadjuvant chemotherapyを施行した(1日目PTX 35mg/m2 3時間点滴静注、2日目CDDP 75mg/m2点滴静注、2〜5日目5-FU 350mg/m2/day持続点滴静注)。終了後、6年以上経過しているが再発は認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • ドセタキセルにより急性呼吸窮迫症候群(ARDS)が生じた口腔癌肺転移症例

    目瀬 浩, 吉濱泰斗, 中山周子, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    癌と化学療法   34 ( 8 )   1267 - 1269   2007年

     詳細を見る

  • アンケート調査よりみた舌扁平上皮癌治療の現状と問題点

    前田顕之, 大関 悟, 有地榮一郎, 出雲俊之, 大鶴洋, 岡部貞夫, 小村 健, 川辺良一, 桐田忠昭, 草間幹夫, 迫田隅男, 佐々木 朗, 篠原正徳, 田中陽一, 中村太保, 野口 誠, 又賀 泉, 山城正司

    日本口腔腫瘍学会雑誌   19 ( 3 )   163 - 175   2007年

     詳細を見る

  • 頬粘膜下に発生した血管平滑筋腫の1例

    中山周子, 目瀬 浩, 小野達生, 銅前昇平, 辻本紗代子, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   53 ( 4 )   228 - 232   2007年

     詳細を見る

  • 末期口腔癌患者の褥瘡に対しチーム医療で取り組んだ1症例

    梅原亜矢子, 中山周子, 塚本剛一, 矢尾真弓, 伊原木聰一郎, 岸本晃治, 目瀬 浩, 佐々木朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   37 - 40   2007年

     詳細を見る

  • 顎顔面手術におけるインクジェット法3D造型モデルの使用経験

    小山貴弘, 西山明慶, 岸本晃治, 塚本剛一, 目瀬 浩, 竹内哲男, 有地秀裕, 皆木省吾, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   141 - 145   2007年

     詳細を見る

  • 硬口蓋全体に進展した扁平上皮癌に対してマイクロセレクトロンHDRを用いたモールド治療法により良好な局所制御が得られた一例

    浅海淳一, 松崎秀信, 武本充広, 木村卓爾, 佐々木 朗, 金澤右

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   129 - 133   2007年

     詳細を見る

  • 上顎切歯の位置異常を伴った小児の鼻口蓋管嚢胞の1例

    塚本剛一, 小山貴弘, 銅前昇平, 小野達生, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   53 ( 8 )   495 - 498   2007年

     詳細を見る

  • 陳旧性顎関節脱臼に対する非観血的整復法の一例ー辺縁性歯周炎が進行した患者に対しての工夫ー

    矢尾真弓, 中山周子, 吉濱泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎関節学会雑誌   19 ( 2 )   171 - 176   2007年

  • 口腔癌治療ガイドライン-舌癌-

    有地榮一郎, 出雲俊之, 大関 悟, 大鶴 洋, 岡部貞夫, 小村 健, 川辺良一, 桐田忠昭, 草間幹夫, 迫田隅男, 佐々木 朗, 篠原正徳, 田中陽一, 中村太保, 野口 誠, 又賀 泉, 山城正司

    日本口腔腫瘍学会雑誌   19 ( 3 )   139 - 161   2007年

     詳細を見る

  • 岡山県下初の口腔がん検診.

    水川展吉, 吉濱泰斗, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 大杉篤生, 金田祥弘, 鳩本清美, フレデリックマックケビン, 山近英樹, 福永城司, 植野高章, 高木 慎, 菅原利夫

    岡山歯学会雑誌   2006年

     詳細を見る

  • 結合組織増殖因子CTGF/CCN2が歯胚間葉細胞の象牙芽細胞分化に与える影響.

    志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   2006年

     詳細を見る

  • 基底細胞母斑症候群患者における角化嚢胞性歯原性腫瘍の臨床統計的観察.

    塚本剛一, 吉濱泰斗, 小野達生, 銅前昇平, 万代とし子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   2006年

  • 破骨細胞性骨吸収を標的とした癌の骨浸潤・骨破壊制御に関する基礎的検討.

    佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   2006年

  • 固有鼻腔内逆生歯牙の1例.

    銅前昇平, 西山明慶, 吉岡徳枝, 小野達生, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   2005年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるVEGF、PD-ECGF、VEGF-Cの発現とその臨床病理学的意義.

    岸本晃治, 吉濱泰斗, 万代とし子, 大山和彦, 吉岡徳枝, 中山周子, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   2005年

     詳細を見る

  • 口腔癌治療ガイドライン -下顎歯肉癌-.

    大関 悟, 池村邦男, 大鶴 洋, 川辺良一, 佐々木 朗, 中村太保, 野口 誠, 前田顕之, 山城正司

    日本口腔腫瘍学会雑誌   17,1,87-104   2005年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の術後再発および転移の頻度ならびに時期に関する検討.

    岸本晃治, 西山明慶, 万代とし子, 辻本紗代子, 伊原木聰一郎, 銅前昇平, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   2005年

     詳細を見る

  • 耳前部の腫脹を来した顎関節滑膜軟骨腫症の1例.

    目瀬 浩, 中山周子, 澤田誠司, 志茂 剛, 西山明慶, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   2004年

     詳細を見る

  • アンケート調査よりみた下顎歯肉癌治療の現状と問題点.

    大関 悟, 池村邦男, 大鶴 洋, 川辺良一, 佐々木 朗, 中村太保, 野口 誠, 前田顕之, 山城正司, 岡部貞夫

    日本口腔腫瘍学会雑誌   2004年

     詳細を見る

  • 単純性骨嚢胞の臨床的およびX線学的統計分析.

    松村晋輔, 塚本剛一, 吉岡徳枝, 岸本晃治, 佐々木 朗, 松村智弘

    日本口腔科学会雑誌   2003年

  • 低侵襲の頭頸部再建術:遊離穿通枝皮弁による頭頸部再建

    光嶋 勲, 藤津美佐子, 筒井哲也, 高橋義雄, 難波祐三郎, 菅原利夫, 佐々木朗

    頭頸部腫瘍   2003年

  • III. 骨転移に対する薬物治療のターゲットー2. Angiogenetic factor.

    佐々木 朗, 吉岡徳枝, 志茂 剛

    THE BONE   17,2,155-159   2003年

     詳細を見る

  • 出血制御のために動脈塞栓術を施行した末期口腔癌の3例.

    吉濱泰斗, 西山明慶, 山田庸介, 木村卓爾, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 松村智弘

    日本口腔腫瘍学雑誌   2003年

     詳細を見る

  • 当科における粘表皮癌の臨床統計的検討.

    目瀬 浩, 佐々木朗, 中妻可奈子, 西山明慶, 岸本晃治, 塚本剛一, 吉濱泰斗, 木村卓爾, 松村智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   2002年

     詳細を見る

  • 両側耳下腺にみられた多発性Warthin腫瘍の1例-術前診断に対するダイナミックMRIの有用性について-.

    岸本晃治, 小野達生, 上山吉哉, 新谷 悟, 佐々木朗, 松村智弘, 浅海惇一, 岸幹二

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 口腔悪性黒色腫4例の臨床的検討.

    花村美穂子, 目瀬 浩, 佐々木朗, 木村卓爾, 西山明慶, 岸本晃治, 塚本剛一, 山田庸介, 真野隆充, 松村智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   2002年

     詳細を見る

  • 皮弁・筋皮弁による口腔癌再建手術の臨床的検討.

    目瀬 浩, 吉濱泰斗, 真野隆充, 山田庸介, 塚本剛一, 岸本晃治, 西山明慶, 木村卓爾, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 頭頸部領域腺様嚢胞癌20例の臨床統計的検討.

    目瀬 浩, 中山周子, 吉濱泰斗, 山田庸介, 岸本晃治, 木村卓爾, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 抜歯後出血により発見された急性前骨髄球性白血病の1例.

    吉田穣人, 真野隆充, 岸本晃治, 伊藤法彦, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移のCT診断-造影CTと病理組織像の対比による検討-.

    衛藤洋平, 木村卓爾, 佐々木朗, 岸本晃治, 松村智弘, 岸 幹二

    日本口腔腫瘍学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 歯性感染から縦隔洞炎を生じたガス産生性深頚部感染症の1例.

    岸本晃治, 小林敏康, 新谷悟, 山田庸介, 冨澤洪基, 佐々木朗, 上山吉哉, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • ヒト口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状.

    佐々木 朗, 横山尚史, 吉岡徳枝, 目瀬 浩, 中山周子, 西山明慶, 石川 徹, Lim J. Dowin, 松村智弘

    骨転移 病態・診断・治療   2000年

     詳細を見る

  • 嚢胞摘出術を施行した上顎洞粘液嚢胞の3例.

    吉岡徳枝, 新谷悟, 上山吉哉, 清田章之, 三原真理子, 小野桂一郎, 山田庸介, 岸本晃治, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 歯牙腫を伴った石灰化歯原性嚢胞の1例.歯牙腫と嚢胞の位置関係に関する文献的考察.

    中山周子, 佐々木朗, 目瀬 浩, 西山明慶, 横山尚史, 松村智弘

    日本口腔外科学会雑誌   1999年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームに含まれるプロテオームの特性

    第40回 日本分子生物学会年会(2017年度生命科学系学会合同年次大会)  2017年 

     詳細を見る

  • 下顎歯肉癌顎骨浸潤部におけるNeurokinin Bの発現とその役割の検討

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • Stage I,II舌扁平上皮癌の臨床病理組織学的検討〜深達度による比較〜

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 自然消退をきたした上顎歯肉原発形質芽細胞性リンパ腫の1例

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 若年者口腔悪性腫瘍における臨床統計学的検討

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • Replacing zoledronic acid with denosumab increases the risk of ONJ.

    95th General Session of the IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition,  2017年 

     詳細を見る

  • Replacing zoledronic acid with denosumab increases the risk of ONJ.

    95th General Session of the IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition  2017年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるPhosphatase of Regenerating Liver-3 (PRL-3)の臨床病理学的意義

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • VASH1の内軟骨性骨形成における役割

    第12回Vasohibin研究会  2017年 

     詳細を見る

  • Orthognathic surgery in Okayama University Hospital -Indication of Le Fort I with horseshoe osteotomy-

    13th Chinese Society of Oral and Maxillofacial Surgery  2017年 

     詳細を見る

  • Nicotine Induces Lymph Node Metastasis of Oral Cancer Cells through EGFR Activation

    6th World Oral Cancer Congress of the International Academy of Oral Oncology  2017年 

     詳細を見る

  • A case of maxillary protrusion and gummy smile treated by multi-segmental horseshoe Le Fort I osteotomy.

    23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2017年 

     詳細を見る

  • ゾレドロン酸からデノスマブへの投与変更はARONJのリスク因子である.

    第71回日本口腔科学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • ゾレドロン酸からデノスマブへの投与変更はARONJのリスク因子である.

    第71回日本口腔科学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Postoperative stability and some tips of Horseshoe Le Fort I osteotomy.

    23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2017年 

     詳細を見る

  • A Case Of Spontaneous Regression of Plasmablastic Lymphoma in the upper gingiva.

    23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2017年 

     詳細を見る

  • 血管新生因子CCN2と血管新生抑制因子VASH1の内軟骨性骨化における役割

    第71回日本口腔科学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科を受診したインプラント治療患者の問題に対する臨床的検討

    第46回(公社)日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Neurokinin B 受容体の口腔扁平上皮癌における発現の検討

    第71回日本口腔科学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Midkine阻害剤iMDKの口腔扁平上皮癌における抗腫瘍効果と血管新生抑制効果の検討

    第71回日本口腔科学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Replacing zoledronic acid with denosumab increases the risk of ONJ. Annual Meeting of Multinational Association of Supportive Care in Cancer

    International Society of Oral Oncology  2017年 

     詳細を見る

  • 自然消退をきたしたEBV関連上顎歯肉原発形質芽細胞性リンパ腫の1例

    第41回日本頭頸部癌学会  2017年 

     詳細を見る

  • 癌細胞が産生する乳酸が知覚神経に与える影響

    第46回(公社)日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • Replacing zoledronic acid with denosumab increases the risk of ONJ.

    Annual Meeting of Multinational Association of Supportive Care in Cancer/ International Society of Oral Oncology 2017  2017年 

     詳細を見る

  • Vasohibin-1 (VASH1)による内軟骨性骨化の制御とCCN2の関与

    第35回日本骨代謝学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 開咬を伴う下顎後退症に対して上下顎同時骨延長後にIVROを施行した1例の長期的観察

    第27回日本顎変形症学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動に対する術式の選択基準に関する臨床的検討

    第27回日本顎変形症学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 転移能の異なる2種類の舌癌細胞株由来エクソソームについて比較検討

    第4回日本細胞外小胞学会  2017年 

     詳細を見る

  • TRPV1を通じて興奮した知覚神経はHGF産生により骨内でのがんの進展および骨からの二次転移を促進する

    第35回日本骨代謝学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • CCN2によるVASH1を介した内軟骨性骨化調整機構の解明

    第9回日本CCNファミリー研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科における過去5年間の重症歯性感染症患者の臨床統計的検討

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会 合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔扁平苔癬症例の臨床的検討

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会 合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 口腔内に初発症状を呈し診断に苦慮した骨髄不全症候群に伴う腸管ベーチェットの1例

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会 合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携におけるMRONJ患者の調査

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会 合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 象牙質形成性幻影細胞腫の2例

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • エナメル上皮腫に対する治療法の臨床的検討

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • Investigation into biomarkers for lymph node metastasis using oral squamous cell carcinoma cell line-derived exosomes.

    第76回 日本癌学会学術総会  2017年 

     詳細を見る

  • Attenuation of CD4+CD25+ regulatory T cells in the tumor microenvironment by metformin, a type 2 diabetes drug

    第76回 日本癌学会学術総会  2017年 

     詳細を見る

  • 過去10年間の顎変形手術症例における臨床統計的検討

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • Clinical utility of jaw reconstruction with particulate cancellous bone marrow and custom-made titanium mesh tray.

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • Nicotine Stimulates EGFR Phosphorylation and Lymph Node Metastasis in Oral Squamous Cell Carcinoma.

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊に対する血管新生阻害薬Ammonium Tetrathiomolybdateの治療的効果の検討

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 舌扁平上皮癌の進行度評価における第8版TNM分類改訂による影響の検討

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 内軟骨性骨化過程におけるvasohibin-1 (VASH1)の発現とその意義

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科における薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)患者の臨床的検討

    第62回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌細胞株が分泌するエクソソームについての検討

    第16回 中国四国口腔癌研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 癌由来HMGB1 が骨内の知覚神経興奮と癌進展に与える影響

    第65回日本口腔科学会 中国四国支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 当院救命救急センターにおける歯科連携システム

    第45回日本救急医学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームに含まれる分子シャペロンについての検討

    第12回 臨床ストレス応答学会  2017年 

     詳細を見る

  • Expression of vasohibin-1 (VASH1) during endochondral ossification and its significance

    第90回日本生化学会大会(2017年度生命科学系学会合同年次大会)  2017年 

     詳細を見る

  • 日常臨床に必要な口腔粘膜疾患の知識−口腔がんの早期発見を目指して−

    徳島大学歯学部FD講演会  2016年 

     詳細を見る

  • BRONJ 治療後の骨改造機転により誘発され局所の急速増大を示した多発性骨髄腫の1例

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 肺好酸球性肉芽腫症を併発した舌癌の1例

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 下唇に発生した粘液貯留嚢胞と鑑別が困難であった腺房細胞癌の1例

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔癌頸部リンパ節転移の統計学的な評価方法の検討

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 舌表在癌の臨床病理学的検討

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 2型糖尿病薬メトホルミンの制御性T細胞抑制による抗腫瘍効果

    第35回岡山免疫懇話会  2016年 

     詳細を見る

  • 食道癌補助化学療法時の口腔管理による口腔粘膜炎予防の有効性(口演)

    第25回日本有病者歯科医療学会  2016年 

     詳細を見る

  • 内軟骨性骨形成過程におけるvasohibinとCCN2の相互作用

    第11回Vasohibin研究会  2016年 

     詳細を見る

  • 軟骨細胞形質を支える長鎖非コードRNA

    第29回日本軟骨代謝学会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の骨破壊におけるSemaphorin4Dの役割

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔癌細胞におけるニコチンと上皮成長因子受容体の関連性について

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 歯科衛生士による専門的口腔衛生指導が術後肺炎予防に及ぼす効果

    第25回日本有病者歯科医療学会  2016年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊病変の癌関連線維芽細胞の血管新生・骨吸収調節機構の解析と治療標的の探索

    平成26-28年度科学研究費補助金(基盤研究B)実績報告書  2016年 

     詳細を見る

  • 機械的刺激が一次繊毛を介した骨折治癒に与える影響

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • The role of Sonic Hedgehog Signaling and Calcitonin Gene Related Peptide in the Socket Healing Process after Tooth Extractio

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 舌癌に対する密封小線源治療を受ける患者への歯科衛生士の取り組み

    第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における術前化学療法に伴う腫瘍浸潤リンパ球の変化

    第40回日本頭頸部癌学会  2016年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術における工夫と術後安定性について

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 下顎歯肉に発生した形質芽細胞性リンパ腫の1例

    第45回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 舌表在癌の臨床病理学的特徴

    第40回日本頭頸部癌学会  2016年 

     詳細を見る

  • Investigation of long non-coding RNAs that are associated with chondrocytic phenotype

    The 2016 joint annual meeting of the RNA Society and the RNA Society of Japan  2016年 

     詳細を見る

  • 2型糖尿病薬メトホルミンの腫瘍局所における制御性T細胞への作用

    第19回癌と免疫セミナー  2016年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術とIVRO による外科的矯正治療を行った偏位を伴う 骨格性下顎前突症例

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • ガミースマイルを伴った上顎前突に対して馬蹄形骨切り併用4分割Le Fort I型上顎骨切りを行った1例

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 地域かかりつけ歯科と腫瘍センターの連携における歯科衛生士によるがん支持療法

    第11回日本歯科衛生学会学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 吉備高原医療リハビリテーションセンターにおける脊髄損傷入院患者の歯科受診の現状

    第26回日本口腔内科学会・第29日本口腔診断学会合同学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • CCN2の歯胚形成における発現と歯胚上皮の増殖・分化に与える影響

    CCNファミリーミーティング  2016年 

     詳細を見る

  • Midkine阻害剤iMDKの口腔扁平上皮癌における抗腫瘍効果と血管新生抑制効果の検討

    先端歯学スクール2016  2016年 

     詳細を見る

  • Orthognathic surgery in Okayama University Hospital -Indication of Le Fort I with horseshoe osteotomy-

    13th Chinese Society of Oral and Maxillofacial Surgery  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    第 26 回日本口腔内科学会・第 29 回日本口腔診断学会 合同学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔癌頸部リンパ節転移を判別分析や数量化理論から得られた予測式で術前に評価する

    第 26 回日本口腔内科学会・第 29 回日本口腔診断学会 合同学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 糖尿病薬メトホルミンの腫瘍内制御性T細胞抑制による抗腫瘍効果

    第15回中国四国口腔癌研究会  2016年 

     詳細を見る

  • 構音障害に対する岡山夢の会話プロジェクトの試み

    第37回岡山歯学会学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医療支援歯科治療部を介して医科歯科連携を行った口腔外科疾患の調査

    第37回岡山歯学会総会学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平苔癬で発症し,金属除去後に毛孔性扁平苔癬を生じ瘢痕性脱毛を来した1例

    第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 知覚神経のHGFはがん細胞の骨での増大と転移を促進する

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 舌表在癌の臨床病理学的特徴から診断と治療を再考する

    第64回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2016年 

     詳細を見る

  • Neurokinin B 受容体の口腔扁平上皮癌における発現の検討

    第64回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2016年 

     詳細を見る

  • 顎関節に発症したピロリン酸カルシウム結晶沈着症の1例

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔領域に発生した原発性紡錘細胞癌の2例

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 軸索ガイダンス因子Semaphorin4Dの口腔癌骨浸潤に果たす役割-第二報-

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 下顎骨関節突起骨折に対して3次元構造プレートを用いた口内法観血的整復固定術の経験

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術前後に乳癌治療を行った1例

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 扁平上皮性早期病変(反応性病変から微小浸潤癌まで):口腔癌の診断と治療 −臨床の立場から−

    第75回日本病理学会近畿支部学術集会  2016年 

     詳細を見る

  • 他院で行われたインプラント治療後の問題に対する臨床的検討

    第19回日本顎顔面インプラント学会学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • ヘッジホッグと骨病変

    第18回癌と骨病変研究会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌骨微小環境におけるヘッジホッグシグナルの関与

    第52回日本口腔組織培養学会学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • Modification of horseshoe Le Fort I Osteotomy

    22nd ICOMS  2015年 

     詳細を見る

  • Semaphorin4Dは口腔癌の顎骨浸潤を促進する

    第63回日本口腔科学会 中国・四国地方部会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に対するMidkineを標的とした腫瘍抑制メカニズムの検討

    第60回日本口腔外科学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔上皮性異形成および口腔上皮内癌の病理診断におけるCK13,CK17免疫組織化学染色の有用性について

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 顔面軟部組織に発生したランゲルハンス細胞組織球症の1例

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に対する術前化学療法のがん微小環境に及ぼす免疫学的変化

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔癌頸部リンパ節転移に対する造影CTとFDG-PET/CTの診断能−臨床統計学的評価の検討−

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 舌癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法中に顔面動脈に顎動脈からの 側副路か発達した一症例

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 骨軟骨再生因子CCN2の軟骨細胞アミノ酸代謝への影響

    第28回日本軟骨代謝学会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔癌頸部リンパ節転移に対する造影CTとFDG-PET/CTの評価に関する検討

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • がん化学療法において静脈血栓塞栓症を発症した口腔癌の臨床的検討

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 骨芽細胞におけるメカニカルストレスがヘッジホッグシグナルに与える影響

    日本口腔科学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • CCN2の軟骨細胞アミノ酸代謝における役割

    第56回日本生化学会中国・四国支部例会  2015年 

     詳細を見る

  • 化学療法ががん微小環境に及ぼす免疫学的変化に関する検討

    第44回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術の出血と輸血に関する検討 –T&S移行後10年間の再評価-

    日本口腔科学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における馬蹄形Le Fort I型骨切り術の骨切線設計の工夫

    第25回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における多分割Le Fort I 型骨切り術症例の臨床検討

    第25回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 矯正歯科医のための顎矯正手術術式解説 —骨切り部位と可能な顎骨移動方向の確認—

    日本学変形症学会第11回教育研修会  2015年 

     詳細を見る

  • CCN2による軟骨細胞のアミノ酸代謝制御

    第33回日本骨代謝学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • メカニカルストレスが骨芽細胞におけるヘッジホッグシグナルに与える影響

    第33回日本骨代謝学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 軟骨細胞アミノ酸代謝とCCN2

    第6回骨バイオサイエンス研究会  2015年 

     詳細を見る

  • Metformin regulates survivals of Treg in tumor microenvironment

    The 19th Annual Meeting of Japanese Association of Cancer Immunology  2015年 

     詳細を見る

  • The mechanical stimulation mediate the osteoblast differentiation through hedgehog signaling

    ASBMR 2015 Annual Meeting  2015年 

     詳細を見る

  • Kissing Molarsの1例

    第25回 日本口腔内科学会  2015年 

     詳細を見る

  • CCN2による軟骨細胞アミノ酸代謝制御機構の解明

    第7回日本CCNファミリー研究会  2015年 

     詳細を見る

  • Hedgehog signaling in jawbone invasion of oral squamous cell carcinoma

    ASBMR 2015 Annual Meeting  2015年 

     詳細を見る

  • 院内腫瘍センターにおける初回外来がん化学療法患者の“口内炎症状”の調査

    日本歯科衛生学会第10回学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 腫瘍センターにおける 初回外来化学療法患者の アンケート調査から

    第45回日本口腔インプラント学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • インプラント除去適応症を口腔衛生管理で長期保存した1症例

    第45回日本口腔インプラント学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • Gardner症候群患者に認められた巨大な下顎骨骨腫の1例

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 口角瘻を合併した先天性下唇瘻の1例

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • Expression Pattern of Sonic Hedgehog Signaling and Calcitonin Gene Related Peptide in the Socket Healing Process after Tooth Extraction

    12th National Conference on Oral and Maxillofacial Surgery in Conjunction with joint of China-Japan Joint Conference on Oral and Maxillofacial Surgery,  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における過去6年間の顎顔面骨折についての臨床的検討

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔顎顔面手術における3D模型の当科使用経験

    第60回日本口腔外科学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • Clinical Study of Multiple Segmental Le Fort I Osteotomy

    22nd ICOMS  2015年 

     詳細を見る

  • 神経軸索ガイダンス因子Semaphorin4Dの口腔癌骨浸潤に果たす役割

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • Le Fort I combined with horseshoe palatal osteotomy

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry Hanoi  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術施行症例の臨床検討

    第24回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌血管新生におけるソニックヘッジホッグの役割

    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 口腔上皮性異形成および口腔上皮内癌の病理診断におけるCK13,CK17免疫組織化学染色の有用性について

    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 外科的矯正治療術後患者におけるソニックヘッジホッグの検出

    第32回 日本骨代謝学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 加齢に伴う骨折治癒過程におけるソニックヘッジホッグの関わり

    第32回 日本骨代謝学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 周術期口腔機能管理における薬物療法の役割」口腔外科手術における偶発症・合併症とその管理

    第34回日本歯科薬物療法学会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • NSAIDsが原因と考えられた十二指腸潰瘍穿孔の1例

    第34回日本歯科薬物療法学会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 口腔癌顎骨浸潤におけるヘッジホッグシグナルの発現とその役割

    第32回 日本骨代謝学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 顎骨骨切り後のSonic hedgehog血中濃度の意義の検討

    第7回 日本口腔検査学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔表在癌の臨床病理学的検討

    第52回日本癌治療学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 悪性腫瘍を疑った骨髄型の放線菌症の1例

    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 合同学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • カルバマゼピンにより薬剤性過敏症症候群を発症した1例

    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 合同学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Ten cases of oral cancers treated with concurrent chemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion via superficial temporal and occipital arteries

    AAOMS (American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons) Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • Clinical evaluation of Le Fort I with horseshoe osteotomy in bimaxillary surgery

    AAOMS (American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons) Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • 骨軟骨再生因子CCN2の軟骨細胞アミノ酸代謝における役割

    第87回日本生化学会大会  2014年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形Le Fort I型骨切り術を用いた上下顎移動術症例の臨床検討

    第59回日本口腔外科学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 合同学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Angiognein is a molecular target for oral cancer drug development.

    22 Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery,  2014年 

     詳細を見る

  • 進行性口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第59回日本口腔外科学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 下顎骨骨折を伴うビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対しテリパラチドが奏功した1例

    第59回日本口腔外科学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 上顎骨内に発生した巨大な静脈奇形の1例

    第59回日本口腔外科学会総会・学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • Introduction about IVRO and Distraction Osteogenesis in orthognathic surgery

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry Hanoi  2014年 

     詳細を見る

  • Avdanced oral squamous cell carcinomas treated with concurrent chemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion.

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry Hanoi  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における小唾液腺由来の悪性腫瘍52例の臨床的統計

    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔悪性黒色腫の臨床的検討

    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 骨髄移植後の口腔GVHD 患者に発生した多発性口腔扁平上皮癌の一例

    第25回日本口腔診断学会 第22回日本口腔内科学会 合同学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • Novel HSP90 Inhibitor NVP-AUY922 enhances anti-tumor effect of temsirolimus against oral squamous cell carcinoma.

    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society  2012年 

     詳細を見る

  • Neamine inhibits progression of oral cancer by suppressing angiogenin-stimulated angiogenesis and cancer cell proliferation.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • Anti-tumor effect of a novel FAK inhibitor TAE226 against human oral squamous cell carcinoma.

    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society  2012年 

     詳細を見る

  • 血管新生因子angiogeninを標的とした口腔癌治療―Neomycinおよびneamineの抗腫瘍効果の検討―

    第30回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるサイトケラチンの発現についての検討

    第30回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • Expressin of cytokeration in development, invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • Identification of GKAP1 as a novel cancer antigen and its immunogenicity in oral squamous cell carcinoma.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • 頸部リンパ節転移診断に対するFDG-PET/CT の有用性の検討

    第31回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • Anti-tumor effect of a novel FAK inhibitor TAE226 against human oral squamous cell carcinoma.

    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society  2012年 

     詳細を見る

  • Novel HSP90 Inhibitor NVP-AUY922 enhances anti-tumor effect of temsirolimus against oral squamous cell carcinoma.

    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society  2012年 

     詳細を見る

  • Angiogeninの核移行阻害剤neamineの口腔癌に対する抗腫瘍効果の検討

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 骨折早期におけるFAKの骨芽細胞に与える影響

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 大臼歯の萌出遅延を伴った神経線維腫症I型の1例

    第41回 日本口腔外科学会中・四国地方会  2012年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切術(IVRO)の術後の咬合の推移に関する検討

    第42回 日本口腔外科学会中・四国地方会  2012年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院腫瘍センターにおけるビスフォスフォネート使用患者に対する当科の取り組み

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 歯原性粘液線維腫から明らかとなった新たなCCN2の役割

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • ニコチンが口腔癌の増殖および転移に及ぼす影響の検討

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の腫瘍血管新生におけるFAKの役割

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り(IVRO)の術後における咬合の推移に関する研究

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 疼痛による延長不能に対し、口内型デバイスにスリーブを設置し対応を行った第一第二鰓弓症候群患者の1例

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • Beck-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • Neamine inhibits progression of oral cancer by suppressing angiogenin-stimulated angiogenesis and cancer cell proliferation.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • Expressin of cytokeration in development, invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • 顎変形症患者の手術前後の咀嚼機能評価に関する検討 –主観的評価と客観的評価の相関性について-

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 歯原性粘液線維腫におけるCCN2の発現とその役割

    第10回日本再生歯科医学会大会  2012年 

     詳細を見る

  • 歯性感染症が原因と疑われた脳膿瘍の1例

    第25回日本口腔診断学会 第22回日本口腔内科学会 合同学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • Identification of GKAP1 as a novel cancer antigen and its immunogenicity in oral squamous cell carcinoma.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • 関節突起に転移した乳癌の2例-ビスフォスフォネート製剤が骨転移様相に及ぼす影響-

    第33回岡山歯学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 乳癌の関節突起転移巣の骨外進展とBP製剤投与の関連-乳癌骨転移モデルとの比較-

    第57回日本口腔外科学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の癌化過程および浸潤・転移病態におけるサイトケラチンの発現

    第57回日本口腔外科学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第11回中国四国口腔癌研究会・学術講演会  2012年 

     詳細を見る

  • 骨折早期におけるFocal adhesion kinaseの役割

    第60回 NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2012年 

     詳細を見る

  • Angiogeninの口腔癌治療に対する分子標的としての可能性

    第50回日本癌治療学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の癌化過程ならびに浸潤・転移巣におけるサイトケラチンの発現検討

    第50回日本癌治療学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • リンパ管新生の分子機構の解明とリンパ浮腫の新規治療法の開発

    第57回日本口腔外科学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 上顎歯肉に転移した頭部血管肉腫の1例

    第57回日本口腔外科学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の病態と治療

    第22回日本歯科医学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション Ⅱ乳がん

    文部科学省 がんプロフェショナル養成プラン 西日本ネットワーク・大阪府による市民公開シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

  • CCDC62-2 expression in head and neck cancer and antibody response in patients

    第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 口腔癌患者における上部消化管内視鏡検査の検討

    第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • コルサコフ症候群を有する口腔癌患者の治療経験

    第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • Angiogeninの発現亢進は口腔癌の増殖と進展に関与する

    第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔扁平上皮癌の臨床病理学的検討

    第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 幼児の上顎歯肉粘液腫の1例

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌骨浸潤におけるソニックヘッジホッグの役割

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における血管新生に対するHSP90阻害薬の影響

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における超高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討

    第40回日本口腔外科学会中・四国地方会  2011年 

     詳細を見る

  • 術後深部下肢静脈血栓症を発症した1例

    第40回日本口腔外科学会中・四国地方会  2011年 

     詳細を見る

  • Focal adhesion kinaseの口腔扁平上皮癌血管新生における役割

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 癌軟骨破壊におけるInterleukin-1βの役割

    第65回日本口腔科学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • Le Fort I型骨切り術における鼻形態変化に関する検討

    第21回日本顎変形症学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔扁平苔癬症例の臨床的検討

    第21回日本口腔粘膜学会総会・学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 著しい片側性鋏状咬合を伴う下顎後退症に対して顎矯正手術を行った1例

    第21回日本顎変形症学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • 片側下方移動によるカント修正に対し骨接触を付与する片側高位Le Fort I型上顎骨切り術の一工夫

    第21回日本顎変形症学会総会  2011年 

     詳細を見る

  • ソニックヘッジホッグの口腔扁平上皮癌骨浸潤における役割

    第29回日本骨代謝学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 木質様歯肉炎患者におけるフィブリンの役割とCCN2の関与

    日本CCNファミリー研究会 第4回学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 新規HSP90阻害薬NVP-AUY922はTemsirolimusの抗腫瘍効果を増強する

    第56回日本口腔外科学会総会・学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • シスプラチン耐性扁平上皮癌細胞株におけるPim-1発現の役割

    第56回日本口腔外科学会総会・学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • HSP90阻害薬NVP-AUY922はTemsirolimusの抗腫瘍効果を増強する

    第10回中四国口腔癌研究会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切術(IVRO)の術後の咬合の推移に関する検討

    第59回 NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2011年 

     詳細を見る

  • 凍結療法を併用したエナメル上皮腫摘出後の顎骨欠損部に腸骨移植と歯科インプラントにて咬合再建を行った1例

    第15回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • 口腔癌の化学療法中に発症した肺動脈血栓症の1例

    第56回日本口腔外科学会総会・学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 当科における中高年患者の外科的矯正治療の臨床的検討

    第56回日本口腔外科学会総会・学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • エナメル上皮腫におけるCCN2の発現解析

    第20回硬組織再生物学会 学術大会  2011年 

     詳細を見る

  • SEREX同定抗原GKAP1に対する癌患者の液性免疫応答

    第70回日本癌学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に対するTAE226 (FAK tyrosine kinase inhibitor)の抗腫瘍効果

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 非定型的な像を示したOdontomaの1例

    第58回NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2010年 

     詳細を見る

  • 兄弟に発生した顎骨中心性巨細胞肉芽腫

    第58回NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2010年 

     詳細を見る

  • 上唇に発生した細管状腺腫の一例

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 新規heat shock protein 90阻害薬NVP-AUY922の口腔扁平上皮癌に対する抗腫瘍効果の検討

    第9回中国四国口腔癌研究会学術講演  2010年 

     詳細を見る

  • Up-regulation of Angiogenin is Involved in oral Tumorgenesis and cancer Progression.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • Immunohistochemical Study on the Expression of PRL-3 in Oral Squamous Cell Carcinoma.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • Does angiogenin have an important role in the cancer-induced osteolysis of oral squamous cell carcinoma?

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • 下歯槽神経血管束移動術と歯槽骨延長および歯科インプラントにて咬合再建を行った1例

    第14回日本顎顔面インプラント学会学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • anti-tumor effect of novel mtor inhibitor against oral cancer associated with bone resorption.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • A clinical study of management for patients with bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊に対するAngiogeninの役割

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 右側上顎に発生したエナメル上皮癌の一例

    第28回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • 下顎骨に発生した歯原性粘液線維腫の1例 —結合組織増殖因子の発現−

    第39回日本口腔外科学会中・四国地方会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌関連遺伝子PRL-3の発現ならびに臨床病理学的意義

    第28回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • 当科における分割Le Fort I型骨切り術症例の検討

    第20回日本顎変形症学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • メッケル軟骨基質改造におけるMMP-9,MMP-13,CCN2発現はレチノイド核内レセプターRARγを介して発現が制御される

    第64回日本口腔科学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔癌切除後の創面に対してポリグリコール酸シートとフィブリン糊を併用した被覆法の使用経験

    第39回日本口腔外科学会中・四国地方会  2010年 

     詳細を見る

  • 著しいガミースマイルに対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用い改善を行った1症例

    第20回日本顎変形症学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • SEREX法におけるがん・精巣(CT)抗原CCD62-2の同定とがん患者の液性免疫応答

    第64回日本口腔科学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • メッケル軟骨基質改造におけるMMP-9,MMP-13,CCN2発現とレチノイド核内レセプターPAR gammaの関わり

    第28回日本骨代謝学会学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に対する熱ショック蛋白質HSP-90阻害薬の検討

    第64回日本口腔科学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院腫瘍センターにおける歯科衛生士の活動―ビスホスホネート製剤を使用するがん患者への取り組み―

    第31回岡山歯学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • SEREX法により同定したCCDC62-2に対する癌患者の液性免疫応答

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔カンジダ症患者への抗真菌薬投与による自覚症状改善に関する臨床的検討-第2報-

    第20回日本口腔粘膜学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • EMTおよび非EMT癌細胞による新しい転移モデル.

    第69回 日本癌学会学術総会  2010年 

     詳細を見る

  • 新規HSP-90阻害薬NVP-AUY922の口腔扁平上皮癌細胞に対する効果の検討

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるPRL-3の発現に関する免疫組織化学的検討

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の骨破壊におけるソニックヘッジホッグの関与

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • プラスミノーゲンI型欠損症患者における木質様歯肉炎の病態解析

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 当科におけるビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死の治療に関する臨床的検討

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 当科で経験したエナメル上皮腫再発例についての検討.

    第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会別  2008年 

     詳細を見る

  • 血管新生因子angiogeninを標的とした悪性黒色腫の制御に関する基礎的研究.

    第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 臼歯腺由来と考えられる乳頭状嚢腺癌(Cystadenocarcinoma)の1例.

    第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨微小環境を再現した口腔癌の骨浸潤能評価モデルの開発に関する研究.

    第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 特異な病理組織像を呈し診断に苦慮したcemento-ossifying fibromaの一例.

    第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • マイクロRNA 18aによるCcn2/Ctgf遺伝子の制御機構の解明とその軟骨分化における意義.

    BMB2008 (第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会)  2008年 

     詳細を見る

  • 内軟骨性骨形成過程におけるRAシグナルのヘッジホッグ発現調節におよぼすメカニズムと役割の解明.

    第62回日本口腔科学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 梨状口より抜歯した上顎正中埋伏過剰歯の2例

    第62回日本口腔科学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • Expression and biological significance of CCN2-associated microRNAs in chondrocytic HCS-2/8 cells.

    第1回岡山医療教育国際シンポジウム  2008年 

     詳細を見る

  • 下顎埋伏智歯の抜歯時に頬部から眼窩・側頭部に波及した気腫の一例.

    第37回日本口腔外科学会中国・四国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 当科において外科的矯正治療を行った中高年患者の臨床的検討.

    第18回日本顎変形症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるTGF-ßシグナルと癌の骨浸潤・骨破壊の治療への応用

    第62回日本口腔科学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 経口ビスフォスフォネート製剤が関連したと考えられる顎骨壊死の2例.

    第37回日本口腔外科学会中国・四国地方会  2008年 

     詳細を見る

  • 当科における高齢者口腔癌の臨床統計的観察.

    第7回中四国口腔癌研究会学術講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 開咬に対するLe Fort I型上顎骨切術,IVRO併用における術後安定性の検討.

    第18回日本顎変形症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 後期高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討.

    第19回日本老年歯科医学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 口腔癌TS-1放射線同時併用療法における骨髄抑制および口内炎に対するZ-100 (Ancer)の臨床効果.

    第18回日本口腔粘膜学会総会・学術集会 東京 2008/9/19-20 口演  2008年 

     詳細を見る

  • 小児における舌病変の臨床病理学的検討.

    第20回小児口腔外科学会総会・学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • マイクロRNA18aによるCcn2/Ctgf遺伝子発現制御機構と,その軟骨細胞分化への関与.

    第2回日本CCNファミリー研究会  2008年 

     詳細を見る

  • ソニックヘッジホッグによる歯胚未分化間葉系細胞の象牙芽細胞分化誘導.

    第6回日本再生歯科医学会  2008年 

     詳細を見る

  • 骨折修復過程におけるヘッジホックシグナルの役割

    第53回 日本口腔外科学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 扁平上皮癌における低酸素環境下でのDNA修復機構を介したシスプラチン耐性機序の検討.

    第53回 日本口腔外科学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • Regulation of chondrocytic phenotype by micro RNA 18a: Involvement of Ccn2/Ctgf as a major target gene.

    5th International CCN Workshop  2008年 

     詳細を見る

  • 新規FAK分子標的治療薬TAE226の癌骨破壊病変に与える効果.

    第53回 日本口腔外科学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 乳癌および軟骨骨肉腫細胞におけるMicro RNA 18aのCCN2遺伝子発現抑制様態の比較解析.

    第67回日本癌学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 口腔癌においてangiogeninは低酸素環境下で高発現し腫瘍血管新生および細胞増殖に関与する.

    第67回日本癌学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • SEREX法により同定したCCDC62-2に対する癌患者の液性免疫応答.

    第67回日本癌学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 後期高齢者口腔癌の特徴と治療における現状,問題点とその対策.

    第46回日本癌治療学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • Concurrent chemoradiotherapy with S-1 for advanced oral squamous cell carcinoma.

    8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery.  2008年 

     詳細を見る

  • マイクロRNA 18aによるCcn2/Ctgf遺伝子を介した軟骨細胞分化の制御機構の解明.

    第26回日本骨代謝学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • FAKを分子法的とした癌骨転移制御

    第26回日本骨代謝学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 癌の骨浸潤・骨破壊におけるFocal adhesion kinase (FAK)の役割とシグナル制御.

    第29回岡山歯学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone 1 (PTH1)レセプターアンタゴニストを用いた癌骨転移制御.

    第29回岡山歯学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • Expression and role of angiogenin under hypoxia in oral cancer.

    8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery.  2008年 

     詳細を見る

  • 顎裂骨移植後の口腔前庭狭小に対して遊離歯肉移植を併用した口腔前庭拡張術を行った経験.

    第29回岡山歯学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • Mammalian target rapamycin (mTOR)シグナルの口腔癌骨破壊における関与.

    第29回岡山歯学会総会・学術集会  2008年 

     詳細を見る

  • 口腔癌の顎骨骨破壊におけるmTORシグナルの関与.

    第56回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2008年 

     詳細を見る

  • シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症治療の検討(セビメリン塩酸塩からピロカルピン塩酸塩への投与変更症例に関して).

    第56回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2008年 

     詳細を見る

  • TGF-bシグナルを分子標的とした口腔扁平上皮癌の骨破壊抑制とそのメカニズムの検討.

    第1回日本CCNファミリー研究会  2007年 

     詳細を見る

  • 癌顎骨切除標本におけるCCN2の臨床病理学的検討

    第1回日本CCNファミリー研究会  2007年 

     詳細を見る

  • CCN2遺伝子関連ノンコーディングRNAの軟骨細胞様HCS-2/8細胞における発現と生物学的意義

    第30回日本分子生物学会年会  2007年 

     詳細を見る

  • 癌の浸潤・腫瘍性血管新生における全CCNファミリーメンバーの果たす役割の包括的役割

    第1回日本CCNファミリー研究会  2007年 

     詳細を見る

  • 当科で経験した類皮、類表皮嚢胞14例の臨床・病理学的検討.

    第55回 NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2007年 

     詳細を見る

  • 高齢ならびに全身疾患を持つ口腔進行癌症例に対するTS-1併用放射線療法

    第25回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • 頸部リンパ節転移巣の治療

    第25回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • 頭頸部悪性リンパ腫の臨床的検討

    第45回日本癌治療学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • Stability Following Mandibular Setback Using Intraoral Vertical Ramus Osteotomy in Comparison of Sagittal Splitting Ramus Osteotomy.

    89th American Association of Oral and Maxillofacial Surgery Annual Meeting(Japan-Korea-USA jioint meeting)  2007年 

     詳細を見る

  • 骨微少環境を再現した癌の骨浸潤能評価モデル開発に関する研究 第一報:骨微少環境下での口腔癌細胞の骨吸収関連因子の発現動態

    第61回日本口腔科学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • ラット最後野ニューロンにおけるシスプラチン誘発遅延性悪心発現下でのdynorphin A発現. 2007/3/20-3/23

    第84回日本生理学会  2007年 

     詳細を見る

  • DNA Methylation Down-Regulates the Expression of Genes Linked to DNA Double Strand Break Repair Machinery in Human Oral Cancer Cell Line.

    89th American Association of Oral and Maxillofacial Surgery Annual Meeting(Japan-Korea-USA jioint meeting)  2007年 

     詳細を見る

  • 著明な口蓋部の骨吸収を伴った粘液嚢胞の1例

    第36回 日本口腔外科学会中・四国地方会  2007年 

     詳細を見る

  • 残存組織の縫縮はどこまで可能か?再建の立場から

    第31回 日本頭頸部癌学会  2007年 

     詳細を見る

  • 当科における悪性リンパ腫の臨床統計学的研究

    第61回日本口腔科学会学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 下顎歯肉に発生した紡錘細胞癌の1例.

    第36回 日本口腔外科学会中・四国地方会  2007年 

     詳細を見る

  • 岡山県下の前癌病変を含む口腔がん検診

    第31回 日本頭頸部癌学会  2007年 

     詳細を見る

  • 高齢者ならびに全身疾患を持つ患者の口腔扁平上皮癌に対するTS-1と放射線同時併用療法

    第31回 日本頭頸部癌学会  2007年 

     詳細を見る

  • 新規CT抗原GKAP1の口腔癌での発現と免疫原性の解析

    第31回 日本頭頸部癌学会  2007年 

     詳細を見る

  • 診断に苦慮した尋常性天庖瘡の一例

    . 第17回日本口腔粘膜学会総会・学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • SEREX法により同定したGKAP1の口腔癌での発現解析.

    第11回基盤的癌免疫研究会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術に対する最近の輸血準備に関する検討.

    第17回日本顎変形症学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • Cole-Engman症候群の1例

    . 第17回日本口腔粘膜学会総会・学術集会  2007年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の浸潤型骨破壊に関わる因子の検討

    第52回日本口腔外科学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • シェーグレン症候群を伴った口蓋部MALTリンパ腫の1例

    第28回岡山歯学会総会・学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • CCN2遺伝子関連ノンコーディングRNAの軟骨細胞様HSC-2/8細胞における発現

    第28回岡山歯学会総会・学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌顎骨破壊における結合組織増殖因子の発現とそのメカニズムの解析

    第52回日本口腔外科学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における放射線抵抗性獲得におけるDNA脱メチル化の役割

    第52回日本口腔外科学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における血管新生因子の発現に関する研究

    第52回日本口腔外科学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切術の術後安定性に関する検討-下顎枝矢状骨切術との比較―

    第52回日本口腔外科学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • GKAP1 expression and immunogennicity in squamous cell cacinoma of head and neck.

    66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association  2007年 

     詳細を見る

  • Application of Alveolar Distraction Osteogenesis for Orthodontic Treatment of Severe Ankylosed Tooth

    89th American Association of Oral and Maxillofacial Surgery Annual Meeting.  2007年 

     詳細を見る

  • 低位癒着歯に対する矯正治療における骨延長法の応用

    第52回日本口腔外科学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • The expression and role of angiogenin in malignant melanoma.

    66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association  2007年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に対するTS-1と放射線同時併用療法.

    第45回日本癌治療学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 粉末焼結積層法による3D造形モデルの使用経験

    第27回岡山歯学会総会・学術総会  2006年 

     詳細を見る

  • 塚本剛一、伊原木聰一郎,志茂 剛,岸本晃治,目瀬 浩,佐々木 朗.外科的治療とPaclitaxel, Cisplatin, 5-FU のadjuvant chemotherapyが奏功した下顎歯肉癌肺転移

    24回日本口腔腫瘍学会(北九州)2006/1/26-1/27  2006年 

     詳細を見る

  • Connective tissue growth factor (ctgf/ccn2) as a pthrp-dependent promoter of osteolytic metastasis of breast cancer

    53rd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society  2006年 

     詳細を見る

  • CCN2/CTGF刺激は軟骨細胞でリウマチ関連抗原HSP47/RA-A47の発現量を減少させる-リウマチ病態および軟骨組織の修復との関連性についての考察

    第19回日本軟骨代謝学会  2006年 

     詳細を見る

  • 口腔転移癌6例の臨床的検討

    第24回日本口腔腫瘍学会  2006年 

     詳細を見る

  • 舌癌切除症例における術後嚥下機能評価

    第60回日本口腔科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 顎変形症症例に対するクリニカル パスのバリアンス分析

    第60回日本口腔科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • TYPE I COLLAGEN REGULATES MMP-13 GENE EXPRESSION THROUGH FAK AND P38 MAPK IN BONE METASTATIC CANCER CELLS

    第52回アメリカ整形外科学会  2006年 

     詳細を見る

  • Dynamic expression of E-cadherin regulates metastasis of oral squamous cell carcinoma.

    第97回米国癌学会(American Association for Cancer Research)  2006年 

     詳細を見る

  • 高度の上顎骨吸収により鼻腔ならびに上顎洞穿孔をきたした骨膜下インプラントの1例

    第35回日本口腔外科学会中・四国地方会  2006年 

     詳細を見る

  • 当科における歯原性腫瘍の臨床統計的検討

    第60回日本口腔科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 胎生期延髄における顔面神経膝神経節由来味覚系神経線維とその関連神経核の発達-弧束および弧束核の確立-.

    第60回日本口腔科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 上下顎同時移動術を行った軟骨無形成症の1例

    第16回日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • Klippel-Feil症候群に合併した顎変形症患者に対し上顎骨延長を行った1例

    第16回日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山県下初の口腔がん検診

    第35回日本口腔外科学会中・四国地方会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)の外科矯正治療における開業矯正医とのコラボレーション

    第16回日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 高齢ならびに全身疾患を持つ口腔癌高度進展症例におけるTS-1併用放射線療法

    第5回中四国口腔癌研究会  2006年 

     詳細を見る

  • SEREX法による胃癌抗原の同定と解析

    第65回日本癌学会学術総会  2006年 

     詳細を見る

  • 多数歯欠損を伴った骨格性下顎前突症に対し矯正歯科,補綴科,口腔外科が協同で顎矯正治療を行った1例

    第16回日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 口腔乾燥症に対する塩酸セビメリン併用ハチアズレ・塩酸リドカイン含嗽療法の有用性に関する検討-放射線性口腔乾燥症の改善のために-

    第16回日本口腔粘膜学会総会・学術集会  2006年 

     詳細を見る

  • 口腔癌におけるangiogeninの役割と治療標的分子としての可能性

    第65回日本癌学会学術総会  2006年 

     詳細を見る

  • 上顎中切歯の萌出異常から診断された鼻口蓋管嚢胞の1例

    第18回日本小児口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)の小児患者における入院手術の統計的観察

    第18回日本小児口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • AngiogeninはVEGFに匹敵して腫瘍血管新生に関与し、口腔癌の進展を促進する

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • cisplatin誘発遅延性悪心反応におけるラット最後野でのdynorphin発現

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊におけるCTGFを分子標的とした治療戦略

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 長期経過観察し得た下顎骨の若年性活動性化骨性線維腫の一例

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)における入院患者の臨床統計的観察

    第27回岡山歯学会総会・学術総会  2006年 

     詳細を見る

  • 岡山県下の口腔癌検診

    第27回岡山歯学会総会・学術総会  2006年 

     詳細を見る

  • 関節性疾患におけるHSP47/RA-A47およびCCN2/CTGFの役割に関する研究

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • Role and Mechanism of Connective Tissue Growth Factor (CCN2/CTGF) Induction in Osteolytic Metastasis of Breast Cancer

    4th International Workshop on The CCN Family of Genes  2006年 

     詳細を見る

  • The expression of angiogenin in oral cancer and its functions.

    53th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (JADR)  2005年 

     詳細を見る

  • AngiogeninはリボソームRNAの転写を介して癌細胞の増殖を促進する

    第23回日本口腔腫瘍学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 下顎骨に神経線維腫の発現をみたVon Recklinghausen’s diseaseの一例

    第23回日本口腔腫瘍学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 「口腔癌治療ガイドライン」:ガイドライン作成に求められるエビデンス(シンポジウム)

    第23回日本口腔腫瘍学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • ドセタキセル(docetaxel)が原因と思われる急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の一例

    第23回日本口腔腫瘍学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 癌の骨破壊病変に対する破骨細胞性骨吸収を標的とした治療に関する検討(特別講演)

    第25回岡山歯学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related protein regulates VEGF expression in bone microenvironment.

    51th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society  2005年 

     詳細を見る

  • RETINOID SIGNALING REGULATES CTGF EXPRESSION IN HYPERTROPHIC CHONDROCYTES WITH DIFFERENTIAL INVOLVEMENT OF MAP KINASES.

    51th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society  2005年 

     詳細を見る

  • 下顎の形態形成におけるCCN2の発現とその機能解析

    第59回日本口腔科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • PTHrPは骨微小環境で癌細胞が産生するVEGF発現を制御する

    第59回日本口腔科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるシスプラチン(CDDP)感受性とテロメラーゼ活性の検討

    第25回岡山歯学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • メッケル軟骨発生におけるCCN2の発現とその機能解析. [2005年3月18日 ]

    第18回日本軟骨代謝学会  2005年 

     詳細を見る

  • 耳下腺に発生したリンパ上皮性嚢胞の1例

    第34回日本口腔外科学会中・四国地方会  2005年 

     詳細を見る

  • ポリーLー乳酸製骨接合プレートを用いたLeFortⅠ型上顎骨骨切り術の術後安定性について

    第15回日本顎変形症学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 血管内皮細胞の増殖と血管新生における内因性angiogeninの役割

    第59回日本口腔科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 癌細胞は骨転移巣において,PTHrPによりPKA,PKC-ERK MAPKを介してCollagenase-3を産生する

    第59回日本口腔科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 口腔癌におけるangiogeninの発現とその機能に関する研究

    第4回中四国口腔癌研究会  2005年 

     詳細を見る

  • PTHrPは乳癌細胞のVEGF産生を上昇させ、間接的に血管新生を促進する

    第23回日本骨代謝学会  2005年 

     詳細を見る

  • 骨微小環境において、癌細胞はⅠ型コラーゲンとの接触でFAK、p38MAPKを介しMMP-13発現を促進する

    第23回日本骨代謝学会  2005年 

     詳細を見る

  • 塩酸セビメリン併用ハチアズレ・キシロカイン含嗽療法に関する検討

    口腔顔面頭蓋再生研究国際シンポジウム  2005年 

     詳細を見る

  • 生体内分解吸収骨接合材の顎変形症手術における臨床応用

    口腔顔面頭蓋再生研究国際シンポジウム  2005年 

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFはコラーゲン特異的分子シャペロンHSP47/リウマチ関連抗原RA-A47の発現量を減少させるーリウマチ病態および軟骨組織の修復との関連ー

    第23回日本骨代謝学会  2005年 

     詳細を見る

  • AngiogeninはリボソームRNAの転写を介して癌細胞の増殖を促進する

    第64回日本癌学会  2005年 

     詳細を見る

  • 浸潤転移能の異なる細胞株における低酸素環境下での運動能の検討.

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • CTGFによる歯胚未分化間葉系細胞の象牙芽細胞分化誘導

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • デキサメタゾン刺激により軟骨細胞のリウマチ関連抗原HSP47/RA-A47の発現量を減少させるーリウマチ病態および軟骨組織の修復との関連性についてー

    第47回歯科基礎医学会[2005年9月29日 仙台]  2005年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊先端部におけるPTHrPのVEGF発現制御機構の解析

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるangiogeninの発現とその臨床病理学的意義

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 父子2世代に認められた遺伝性歯肉線維腫症の3症例.

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 癌骨浸潤部において、α1β1、α2β1インテグリンは癌細胞のMMP13産生をFAK、p38MAPKを介し促進する.

    第43回日本癌治療学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 舌根部に発生したリンパ上皮性嚢胞の1例.

    第53回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2005年 

     詳細を見る

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科(病態系)における顎矯正手術症例の臨床統計的観察.

    第26回岡山歯学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 末期癌患者の褥瘡に対してチーム医療で取り組んだ一症例

    第6回中四国口腔癌研究会若手口腔外科勉強会  2005年 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術で使用した生体内吸収性高分子材料Poly-L-lactic acid (PLLA) により惹起された非感染性膿瘍の1例.

    第53回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2005年 

     詳細を見る

  • 顎変形症症例に対するクリニカルパスの導入について.

    第6回日本クリニカルパス学会  2005年 

     詳細を見る

  • Effect of CTGF on the Undifferentiated Dental Mesenchymal Cells.

    53th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (JADR)  2005年 

     詳細を見る

  • A study of the interaction between extracellular matrix and uPA system in adenoid cystic carcinoma

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • 舌癌と歯・補綴物などの機械的刺激に関する臨床的観察

    第22回日本口腔腫瘍学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌患者の喫煙歴に関する検討

    第22回日本口腔腫瘍学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 「口腔癌治療ガイドライン」の作成に向けて.第1報:下顎歯肉癌治療に関するアンケートの集計結果

    第22回日本口腔腫瘍学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 破骨細胞性骨吸収を標的とした癌の骨浸潤・骨破壊制御に関する基礎的研究(宿題報告)

    第58回日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 同一部位に親子で発生した腺様嚢胞癌の2例

    第22回日本口腔腫瘍学会  2004年 

     詳細を見る

  • レチノイドシグナルは成長板におけるCCN2/CTGF発現を異なったMAP kinaseを用いて制御する

    第17回日本軟骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • 顎顔面領域に発生した褐色腫の1例

    第58回日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 下顎前方移動術におけるSSROとIVSROの術後安定性に関する検討

    第14回日本顎変形症学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 顎骨内および周辺性セメント質骨形成線維種における BMP-2, -4 と Osteopontin, Osteocalcin の免疫組織化学的検討

    第58回日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 下顎前突症患者における中顔面の評価と審美的改善を考慮した術式に関する検討

    第58回日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • CDDP耐性扁平上皮癌細胞株におけるCisplatin (CDDP)-Paclitaxel (TXL)併用療法に関する基礎的検討

    第28回 日本頭頸部腫瘍学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察ー開業矯正医との連携を中心としてー.

    第47回中国四国矯正歯科学会大会  2004年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術に対する輸血準備に関する検討

    第14回日本顎変形症学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 固有鼻腔内逆性歯牙の1例

    第33回日本口腔外科学会中国四国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平苔癬に併発した食道扁平苔癬に起因すると考えられた嚥下困難を呈した1例

    第14回日本口腔粘膜学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 舌の疼痛を主訴に来院した患者の臨床的検討

    第14回日本口腔粘膜学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 成長軟骨板における軟骨細胞の増殖をインディアンヘッジホッグとシンデカンー3が共同的に制御する

    第22回日本骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • 乳癌細胞が産生するcollagenase-3は骨微小環境でPTHrP (1-34)によって制御される

    第22回日本骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • シンポジウム「病院連携」:当科における顎変形症患者の病診連携について

    平成16年度秋季歯科医学大会(岡山県歯科医師会)  2004年 

     詳細を見る

  • レチノイドシグナルは肥大軟骨細胞におけるCTGF/CCN2発現とその機能をERK MAP kinaseを用いて制御する

    第22回日本骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • PTHrP (1-34)は乳癌細胞株においてPKC, ERK MAPKを介してCTGF/CCN2の発現を制御する

    第22回日本骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • Retinoid signaling regulates CTGF gene expression and function in endochondral bone formation

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • A case of closure of the large alveoler cleft by a distraction osteogenesis with a new device.

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related peptide (1-34) regulates angiogenic inducer CTGF gene expression in cancer cells invaded into bone microenvironment.

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related peptide (1-34)regulates MMP13

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • 歯と骨の分子破壊と再構築のフロンティア「口腔癌の顎骨浸潤ーその臨床と基礎」 骨転移から癌の顎骨浸潤・骨破壊を考える

    東京医科歯科大学21世紀COEプログラム第7回シンポジウム  2004年 

     詳細を見る

  • PTHrP (1-34)は乳癌細胞株においてPKC, ERK MAPKを介してCTGFの発現を制御する

    第7回癌と骨病変研究会  2004年 

     詳細を見る

  • 初診時、顎関節症と診断した咀嚼筋間隙膿瘍の1例

    第52回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2004年 

     詳細を見る

  • Parathyroid Hormone-related Peptide regulates Angiogenic Inducer CCN2 Expression through Protein kinase C Activation of ERK1/2 and Inhibition of p38 MAPK Pathway in MDA231 cells

    第4回 International Conference on Cancer-Induced Bone Disease  2003年 

     詳細を見る

  • 唾液腺悪性腫瘍における免疫組織学的検討

    第21回日本口腔腫瘍学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 上顎歯列幅径拡大における仮骨延長術の適応基準について-上顎分割骨切術との比較から-

    第57回日本口腔科学会総会・学術大会  2003年 

     詳細を見る

  • 蜂針により形成された舌腫瘤の1例

    第32回日本口腔外科学会 中国・四国地方会  2003年 

     詳細を見る

  • Connective Tissue Growth Factor Regulates the First Branchial Arch Mesenchymal Cells Condensation and the Initiation of Skeletal Development

    International Bone an Mineral society and Japan Bone and Mineral Society  2003年 

     詳細を見る

  • Effects of TNP-470 on osteoclastic bone resorption.

    International Bone an Mineral society and Japan Bone and Mineral Society  2003年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察-第三報:出血量、輸血に関する分析-

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について-1.鼻口唇形態における検討

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察-第一報:症例分析-

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察-第二報:手術術式に関する分析

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 放射線誘発性口内炎いおけるメタロチオネインの関与

    第48回日本口腔外科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • インディアンヘッジホッグとシンデカンー3は成長軟骨板における軟骨細胞の増殖を共同的に制御する

    第48回日本口腔外科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について-2.頬部軟組織における検討-

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 歯胚の発生における結合組織増殖因子(Fisp12/CTGF)の発現と機能解析

    第1回再生歯科医学会  2003年 

     詳細を見る

  • 頬粘膜に発生した血管平滑筋腫の1例

    第48回日本口腔外科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 陳旧性顎関節脱臼に対する非観血的整復法の1例 -残存歯が骨植不良であった患者に対しての工夫-

    第51回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2003年 

     詳細を見る

  • ERK1/2 MAPKを分子標的としたヒト骨肉腫細胞の分化誘導治療に関する研究

    第48回日本口腔外科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 顔貌変形を伴った巨大な骨形成性エプーリスの1例

    第57回日本口腔科学会総会・学術大会  2003年 

     詳細を見る

  • 口腔癌患者の出血に対し動脈栓塞術を施行した4例

    第21回日本口腔腫瘍学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に誘発された高カルシウム血症に対する血管新生阻害剤TNP-470の応用に関する実験的研究

    第21回日本口腔腫瘍学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 歯胚の発生における結合組織増殖因子(Fisp12/CTGF)の発現と機能解析

    第57回日本口腔科学会総会・学術大会  2003年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるVEGF, PD-ECGF, VEGF-C発現とその病理学的意義

    第20回日本口腔腫瘍学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 血管新生阻害剤TNP-470の破骨細胞性骨吸収抑制機構に対する解析

    第61回日本癌学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 当科における病理組織像の統計的検討

    第56回日本口腔科学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における術前照射の効果の臨床統計学的検討.

    第20回日本口腔腫瘍学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • エナメル上皮線維腫の3例

    第31回日本口腔外科学会中国・四国地方会  2002年 

     詳細を見る

  • 下顎非対称症例における下顎骨垂直骨切り術(IVRO)の有用性に関する検討

    第12回顎変形症学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • Expression of vascular endothelial growth factor ミC predicts regional lympha node metastasis in early oral squamous cell caricionama

    第16回Congress of European Association for Cranio-Maxillofacial Surgery  2002年 

     詳細を見る

  • 単純性骨嚢胞の臨床統計的研究

    第56回日本口腔科学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平苔癬の臨床的検討

    第12回日本口腔粘膜学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • Retinoid Signaling induces connective tissue growth factor in maturing chondrocytes and acts through the ERK1/2 MPA kinase pathway

    2nd International Workshop on the CCN Family  2002年 

     詳細を見る

  • メッケル軟骨の形態形成における結合組織増殖因子(CTGF)の役割

    第42回日本口腔外科学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 顎骨中心生及びセメント質骨形成繊維腫症例における病理組織像の比較検討

    第42回日本口腔外科学会総会  2002年 

     詳細を見る

  • 口蓋部に発生したCarcinoma in pleomorphic adenomaの一例.

    第50回日本口腔科学会中国四国地方部会  2002年 

     詳細を見る

  • 血管新生阻害剤 TNP-470 による癌誘発骨疾患に対する基礎的研究

    第5回癌と骨病変研究会  2002年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の進展・予後に関するE-cadherin蛋白発現およびそのDNAメチル化の検討.

    第25回日本頭頸部腫瘍学会  2001年 

     詳細を見る

  • . 口腔扁平上皮癌におけるVEGF-C発現とリンパ節転移の検討.

    第25回日本頭頸部腫瘍学会  2001年 

     詳細を見る

  • Florid Cemento-Osseous Dysplasia の経過観察中に発生した単純性骨嚢胞の1例

    第30回 日本口腔外科学会 中国・四国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるCDDPのテロメアーゼ活性に及ぼす影響.

    第25回日本頭頸部腫瘍学会  2001年 

     詳細を見る

  • 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症に対する血管新生阻害剤TNP-470の検討

    第60回日本癌学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるVEGF, PD-ECGF, VEGF-C発現とその臨床病理学的意義

    第60回日本癌学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • Ornithin Decarboxylase Antizyme Mediates DNA Demethylation in Human Oral Cancer

    78th IADR  2001年 

     詳細を見る

  • 結合組織成長因子(CTGF)は破骨細胞形成に関与する

    第19日本骨代謝学会  2001年 

     詳細を見る

  • Changes of dentofacial morphology and TMD symptoms after IVRO in patients with mandibular prognathism.

    The Japanese Orthodontic Society-Diamond Anniversary commemorative meeting, -60th annual meeting, -3rd International Congress  2001年 

     詳細を見る

  • 辺縁性歯周炎から波及したと推定された化膿性髄膜炎の一例.

    第46回 日本口腔外科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • グルコース飢餓および低酸素環境下におけるDNA mismatch repair protein発現によるシスプラチン感受性の検討

    第60回日本癌学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • Angiogenesis Inhibitor TNP-470 suppresses Humoral Hypercalcemia of Malignancy.

    3rd International Confeence on Cancer-Induced Bone Disease  2001年 

     詳細を見る

  • 当科で加療した悪性黒色腫4例の臨床的検討.

    第49回日本口腔科学会,中国,四国地方部会  2001年 

     詳細を見る

  • 下顎歯原性角化嚢胞の臨床的,X線学的検討ー下顎第3大臼歯関連・非関連群の比較検討.

    第46回 日本口腔外科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • Cisplatin耐性 A431 細胞株におけるCisplatin, paclitaxecl併用が及ぼす殺細胞効果についての検討.

    第46回 日本口腔外科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 岡山大学歯学部附属病院第二口腔外科19年間における手術症例の臨床統計的観察

    第22回岡山歯学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • インプラントアンカーを用いた不動固定により矯正治療を行った多数歯欠損症例

    第22回岡山歯学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 非対称症例における術前術後変化に関する検討

    第11回日本顎変形症学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 当科における粘表皮癌の臨床統計的検討

    第19回 日本口腔腫瘍学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 特異な治療経過を示した両側性下顎頭破壊患者の一例

    第55回日本口腔科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の進展・予後に対するHeat Schock Protein(HSP)27の発現の検討

    第55回日本口腔科学会総会  2001年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌におけるHeat-Shock Protein (HSP)27 発現の検討

    第38回 日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 上下顎移動術前後における側貌軟組織変化について-2.頬部軟組織における検討-

    第10回日本顎変形症学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 上下顎移動術前後における側貌軟組織変化について-1.鼻口唇形態における検討-.

    第10回日本顎変形症学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 口腔癌の術前化学放射線療法効果とアポトーシスならびにP53の関連.

    第18回日本口腔腫瘍学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • Loss of cyclin-dependent kinase-associated protein p12DOC-1 is a novel prognostic factor in oral squamous cell carcinomas.

    第9回 Annual Meeting American association for Cancer Research  2000年 

     詳細を見る

  • 下顎第三大臼歯を原因歯とする含歯性嚢胞および歯原性角化嚢胞のX線学的鑑別点の分析.

    第54回 日本口腔科学会総会・学術大会  2000年 

     詳細を見る

  • 基底細胞性母斑症候群を疑った症例のX線学的検討

    日本歯科放射線学会第5回画像診断臨床大会  2000年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における術後再発および転移の出現時期の検討.

    第54回日本口腔科学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 口腔癌細胞株におけるグルコース飢餓環境下でのシスプラチン感受性に関する検討.

    第54回 日本口腔科学会総会・学術大会  2000年 

     詳細を見る

  • 新規経口MMP阻害剤MMI-166の骨転移に対する影響

    第18回日本骨代謝学会  2000年 

     詳細を見る

  • 抗CTGF抗体による骨転移制御の検討

    第18回 日本骨代謝学会  2000年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌細胞による骨転移モデルの検討

    第18回 日本骨代謝学会  2000年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌細胞株における低酸素環境下でのHIF-1α発現の検討

    第38回 日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌組織におけるE-cadherin 蛋白発現とそのDNAメチル化に関する検討

    第38回 日本癌治療学会総会(仙台,10/22-10/24/2000)  2000年 

     詳細を見る

  • 新規経口マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤MMI-166のヌードマウス骨転移モデルにおける転移抑止効果の検討

    第38回 日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • ヌードマウス骨転移モデルに対する抗結合組織成長因子(CTGF)抗体の治療効果に関する検討

    第38回 日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 赤穂中央病院における顎顔面骨骨折患者の臨床統計的検討

    第48回日本口腔科学会,中国,四国地方部会  2000年 

     詳細を見る

  • 扁平上皮癌に対するCisplatin-Taxol 併用療法の基礎的研究

    第38回 日本癌治療学会総会  2000年 

     詳細を見る

  • 入院治療を要した重症歯性感染症の検討.

    第47回日本口腔科学会中国・四国地方部会  1999年 

     詳細を見る

  • 高齢者の口腔外科領域悪性腫瘍患者の臨床的観察 .根治的治療が行えなかった症例の背景因子に関する検討.

    第53回日本口腔科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術の臨床統計的観察.

    第9回日本顎変形症学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 血管新生阻害剤 TNP-470は高カルシウム血症を抑制する

    第17回日本骨代謝学会  1999年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状について.

    第25回岡山骨転移カンファレンス  1999年 

     詳細を見る

  • シスプラチン耐性A431細胞株におけるCPP32蛋白発現の役割.

    第23回日本頭頚部腫瘍学会  1999年 

     詳細を見る

  • A study on correlationship between radiographic and histological evaluation of bone resorption mediated with oral cancer.

    12th International Congress of Dent-Maxillo-Facial Radiology  1999年 

     詳細を見る

  • Experimental Transplantation with Block Bone Grafts Incubated in Bisphosphonate.

    81th American Association of Oral and maxillofacial Surgery Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition in conjunction with the British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.  1999年 

     詳細を見る

  • Effects of Matrix Metalloproteinase Inhibitor on Experimental Tongue Carcinoma in Nude Mice.

    81th American Association of Oral and maxillofacial Surgery Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition in conjunction with the British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.  1999年 

     詳細を見る

  • Bisphosphonate, osteoclastic bone resorption inhibitor, inhibits experimental jaw metastasis in nude mice.

    81th American Association of Oral and maxillofacial Surgery Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition in conjunction with the British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.  1999年 

     詳細を見る

  • Effects Of Bisposphonate Treatment On Particulate Cancellous Bone marrow in vivo.

    81th American Association of Oral and maxillofacial Surgery Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition in conjunction with the British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.  1999年 

     詳細を見る

  • グルコース飢餓状況におけるシスプラチン耐性A431細胞のシスプラチン誘導アポトーシスの解析.

    第58回日本癌学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 浸潤転移能の異なるヒト口腔扁平上皮癌細胞株におけるE-cadherin遺伝子のCpG Islandのメチル化の検討.

    第58回日本癌学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 唇顎口蓋裂患者の顎裂閉鎖への骨延長法の応用.

    第44回日本口腔外科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 抗癌剤による扁平上皮癌細胞株のテロメラーゼ活性に及ぼす影響.

    第37回日本癌治療学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 経口MMP阻害剤MMI-166のヌードマウス実験的舌癌に対する効果.

    第37回日本癌治療学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 口腔癌による骨吸収,骨形成混在型骨転移モデルの樹立.

    第44回日本口腔外科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における術前照射の効果の臨床統計的検討.

    第44回日本口腔外科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 当科における過去17年間の病理組織診断の統計的観察.

    第47回日本口腔科学会中国・四国地方部会  1999年 

     詳細を見る

  • 顎関節症に対する超音波治療器に有用性について.

    兵庫県理学療法士学会  1999年 

     詳細を見る

  • 血管新生阻害剤TNP-470の骨吸収抑制効果に対する基礎的検討.

    第37回日本癌治療学会総会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 優秀ポスター賞(日本骨代謝学会)

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Young Investigator Award(米国骨代謝学会)

    1993年  

     詳細を見る

 

担当授業科目

  • 口を構成する臓器を知る (2021年度) 第3学期  - 火5~6

  • 口腔外科治療学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科治療学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔疾患の診断・検査 (2021年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔疾患の診断・検査 (2021年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔病態学演習 (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔粘膜疾患 (2021年度) 第4学期  - 月1

  • 口腔粘膜疾患・口腔領域の神経疾患 (2021年度) 第4学期  - 月1

  • 口腔腫瘍学 (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔腫瘍学・口腔領域の神経疾患 (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔顎顔面外科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 手術学総論・各論 (2021年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 手術学総論・各論 (2021年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 抜歯学 (2021年度) 第4学期  - 金1

  • 抜歯学 (2021年度) 第4学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2021年度) 第3学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2021年度) 第3学期  - 金1

  • 口を構成する臓器を知る (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 口腔外科治療学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科治療学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔疾患の診断・検査 (2020年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔疾患の診断・検査 (2020年度) 第2学期  - 月1

  • 口腔病態学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 口腔病態学総論 (2020年度) 通年  - その他

  • 口腔粘膜疾患 (2020年度) 第4学期  - 月1

  • 口腔粘膜疾患・口腔領域の神経疾患 (2020年度) 第4学期  - 月1

  • 口腔腫瘍学 (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔腫瘍学・口腔領域の神経疾患 (2020年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔顎顔面外科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 手術学総論・各論 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 手術学総論・各論 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 抜歯学 (2020年度) 第4学期  - 金1

  • 抜歯学 (2020年度) 第4学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2020年度) 第3学期  - 金1

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2020年度) 第3学期  - 金1

  • 遺伝子工学の新展開 (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

▼全件表示