2021/07/12 更新

写真a

クロダ ヒロシ
黒田 洋詩
KURODA Hiroshi
所属
異分野基礎科学研究所 助教(特任)
職名
助教(特任)
外部リンク

研究キーワード

  • 光合成

  • 遺伝子発現

  • 分子生物学

  • 植物生理学

研究分野

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

学歴

  • 岡山大学    

    1993年4月 - 1996年9月

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    1991年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   理学部   生物学科

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

経歴

  • 異分野基礎科学研究所   特別契約職員助教

    2019年12月 - 現在

      詳細を見る

    備考:育休教員の代替

    researchmap

  • 異分野基礎科学研究所   特別契約職員講師

    2016年4月 - 2019年11月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院自然科学研究科   特別契約職員助教

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 名古屋市立大学   研究員

    2004年5月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • Waksman Institute, Rutgers, The State University of New Jersey   Research Associate

    2001年1月 - 2004年2月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

    researchmap

  • Waksman Institute, Rutgers, The State University of New Jersey   Postdoctoral Fellow

    1997年4月 - 2000年9月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

    researchmap

  • 基礎生物学研究所   非常勤研究員

    1996年10月 - 1997年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

論文

▼全件表示

MISC

  • 形質転換:タバコ:葉緑体ゲノム

    黒田洋詩

    低温科学(光合成研究法)   67   632 - 639   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Tobacco chloroplasts as a platform for vaccine production

    Pal Maliga, John Tregoning, Hiroshi Kuroda, Zora Svab, Kerry Lutz, Sylvie Corneille, Peter Nixon, Simon Clare, Frances Bowe, Neil Fairweather, Gordon Dougan

    Proc.10th IAPTC&B Congress (Plant Biotechnology 2002 and Beyond)   397 - 400   2002年

     詳細を見る

  • Chloroplasts for the production of recombinant proteins

    Pal Maliga, Hiroshi Kuroda

    PS2001 Proceedings: 12th International Congress on Photosynthesis   S40-001   2002年

     詳細を見る

  • Accumulation of translational intermediates of the D1 protein in pea chloroplasts in the dark

    Hiroshi Kuroda, Kimiyuki Satoh

    Photosynthesis: from Light to Biosphere   III   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Mechanism of light-regulated synthesis of D1 protein in isolated chloroplasts

    Michi Taniguchi, Hiroshi Kuroda, Noritoshi Inagaki, Kimiyuki Satoh

    Research in Photosynthesis   III   1992年

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • 光化学系II酸素発生型近傍の水素結合ネットワークの機能解析

    黒田洋詩, 河島圭佑, 上田和世, 池田拓也, 斉藤圭亮, 二宮亮, 肥田千聖, 高橋裕一郎, 石北央

    第61回植物生理学会年会  2020年 

     詳細を見る

  • 光化学系IIのキノン電子受容体近傍のアミノ酸置換による活性への影響

    黒田洋詩, 小松泰斗, 丹原瑠璃, 斉藤圭亮, 石北央, 高橋裕一郎

    日本植物学会第84回大会  2020年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Functional analysis of hydrogen bond networks in photosystem II by Chlamydomonas chloroplast transformation.

    Hiroshi Kuroda

    International Symposium "Photosynthesis Research for the Future"  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスにおける光化学系II酸素発生系の水素結合ネットワークへの変異の影響

    黒田洋詩, 寺西知紘, 高橋裕一郎

    第10回光合成学会年会  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • PSIIの水素結合ネットワークYZ経路はプロトン排出に関与するか?

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 孫小羽, 菓子野康浩, 高橋裕一郎

    第59回日本植物生理学会年会  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Asn298 on D1 subunit of photosystem II plays an important role on function of YZ in Chlamydomonas reinhardtii.

    Hiroshi Kuroda, Natsumi Kodama, Xiao-Yu Sun, Yasuhiro Kashino, Yuichiro Takahashi

    International Symposium on Photosynthesis and Chloroplast Biogenesis  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • D1タンパク質のN298残基はYZの機能に重要である

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 孫小羽, 菓子野康浩, 高橋裕一郎

    第9回光合成学会年会  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光化学系IIサブユニットへのアミノ酸置換と系II活性への影響

    黒田洋詩, 上田和世, 岡本真奈, 二宮亮, 肥田千聖, 高橋裕一郎

    日本植物学会第81回大会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PSII活性におけるD2タンパク質のR294残基の役割

    黒田洋詩, 岡本真奈, 高橋裕一郎

    第8回光合成学会年会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスの光化学系IIにおけるD2タンパク質のArg-294の役割

    黒田洋詩, 岡本真奈, 二宮亮, 肥田千聖, 高橋裕一郎

    第58回日本植物生理学会年会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスにおける D2 タンパク質の Arg-294 への変異導入の影響

    黒田洋詩, 岡本真奈, 高橋裕一郎

    第57回日本植物生理学会年会  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mutation at Asn298 of D1 subunit on photosystem II impairs S state transition.

    Hiroshi Kuroda, Natsumi Kodama, Kazuyo Ueda, Yasuhiro Kashino, Yuichiro Takahashi

    17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスにおける光化学系II反応中心D2タンパク質のR294への変異の影響

    黒田洋詩, 岡本真奈, 高橋裕一郎

    第7回光合成学会年会  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスにおける光化学系IIサブユニットのアミノ酸置換と活性への影響

    黒田洋詩, 岡本真奈, 高橋裕一郎

    日本植物学会第79回大会  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クラミドモナス葉緑体形質転換による光化学系IIサブユニットのアミノ酸置換とその影響

    黒田洋詩, 岡本真奈, 高橋裕一郎

    第12回クラミドモナス研究会  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • PSII反応中心D1サブユニットのAsn-298への変異導入と酸素発生活性への影響

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 上田和世, 孫小羽, 菓子野康浩, 高橋裕一郎

    第6回光合成学会年会  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光化学系II反応中心D1タンパク質のAsn-298変異株の酸素発生活性の解析

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 上田和世, 孫小羽, 菓子野康浩, 高橋裕一郎

    第56回日本植物生理学会年会  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 系II反応中心D1タンパク質のAsn298のアミノ酸置換による酸素発生活性への影響

    黒田洋詩, 孫小羽, 兒玉なつ美, 小澤真一郎, 高橋裕一郎

    日本植物学会第78回大会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mutagenesis of D1-N298 impaired photosystem II activity in Chlamydomonas reinhardtii.

    Hiroshi Kuroda, Kodama Natsumi, Xiao-Yu Sun, Yuichiro Takahashi

    第55回日本植物生理学会年会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスD1タンパク質のAsn298のアミノ酸置換による酸素発生活性への影響

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 孫小羽, 小澤真一郎, 高橋裕一郎

    第22回光合成セミナー  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナスにおけるD1タンパク質のアミノ酸置換によるPSII活性への影響

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 孫小羽, 小澤真一郎, 高橋裕一郎

    第5回日本光合成学会年会および公開シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナス光化学系IIサブユニットD1のN298への部位特異的変異導入

    黒田洋詩, 兒玉なつ美, 孫小羽, 小澤真一郎, 高橋裕一郎

    第71回中国四国植物学会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Engineering of a potential proton exit channel of photosystem II oxygen-evolving center in Chlamydomonas reinhardtii

    Hiroshi Kuroda, Xiao-Yu Sun, Natsumi Kodama, Yuichiro Takahashi

    日本植物生理学会第54回年会  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 酸素発生系プロトン排出経路の同定へ向けた光化学系IIサブユニットのエンジニアリング

    黒田洋詩, 高橋裕一郎

    日本植物学会第77回大会  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 緑藻クラミドモナス葉緑体形質転換法による光化学系 II サブユニットのエンジニアリング

    黒田洋詩, 孫小羽, 兒玉なつ美, 高橋裕一郎

    第4回日本光合成学会年会および公開シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • タバコ葉緑体 psbD-psbC にみられる翻訳共役

    足立由佳, 黒田洋詩, 湯川泰, 杉浦昌弘

    日本植物生理学会第52回年会  2011年 

     詳細を見る

  • タバコ葉緑体 psbD-psbC 発現における翻訳開始機構の解析

    足立由佳, 黒田洋詩, 湯川泰, 杉浦昌弘

    第34回日本分子生物学会年会  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • タバコ葉緑体 psbD-psbC 発現にみられる翻訳共役

    足立由佳, 黒田洋詩, 湯川泰, 杉浦昌弘

    日本光合成学会第2回年会および公開シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Translation of chloroplast rps2 mRNA is facilitated by a ribosomal protein S1.

    Hiroshi Kuroda, Shin-ichiro Ozawa, Yuichiro Takahashi, Yuka Adachi, Yasushi Yukawa, Masahiro Sugiura

    International Symposium on Biodiversity Sciences "Genome, Evolution and Environment"  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Requirements for translation initiation of rps2 mRNA in tobacco chloroplasts.

    Hiroshi Kuroda, Yuka Adachi, Shin-ichiro Ozawa, Yuichiro Takahashi, Yasushi Yukawa, Masahiro Sugiura

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体翻訳開始に関与するトランス因子

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    日本植物生理学会第50回年会  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体 clpP1 mRNA の翻訳開始機構の解析

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    第32回日本分子生物学会年会  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体 in vitro 翻訳系を用いた atpE mRNA 翻訳開始機構の解析

    黒田洋詩, 鈴木晴香, 湯川泰, 杉浦昌弘

    日本植物生理学会第49回年会  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体 mRNA の翻訳開始に必要なシス配列とトランス因子

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 葉緑体 in vitro 翻訳系を用いた翻訳機構の解析

    黒田洋詩, 湯川眞希, 鈴木晴香, 湯川泰, 杉浦昌弘

    大阪大学蛋白質研究所セミナー 国際シンポジウム「葉緑体のすべてに迫る」  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SD 様配列を持たない葉緑体 mRNA の翻訳開始機構の解析

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会 合同年会  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体 in vitro 翻訳系を用いた葉緑体 psbN mRNA 翻訳開始機構の解析

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    第48回日本植物生理学会年会  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光化学系IIサブユニットCP43をコードするタバコ葉緑体psbCの翻訳開始点はGUGである

    黒田洋詩, 鈴木晴香, 久寿米木幸寛, 廣瀬哲郎, 湯川泰, 杉浦昌弘

    日本光合成研究会・公開シンポジウム  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • タバコ葉緑体の SD 様配列のない mRNA の翻訳開始に必要なシス領域とトランス因子の解析

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    第71回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体 in vitro 翻訳系を用いた葉緑体翻訳開始に関与するシス領域とトランス因子の解析

    黒田洋詩, 杉浦昌弘

    日本分子生物学会2006フォーラム  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 葉緑体 in vitro 翻訳系を用いた葉緑体翻訳機構の解析

    黒田洋詩, 湯川眞希, 杉浦昌弘

    第47回日本植物生理学会年会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 改良型葉緑体 in vitro 翻訳系を用いた葉緑体翻訳機構の解析

    黒田洋詩, 湯川眞希, 杉浦昌弘

    第28回日本分子生物学会年会  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Deletion of clpP1 prevents development of the tobacco shoot system identifying clpP1 as an essential plastid housekeeping gene.

    Hiroshi Kuroda, Pal Maliga

    7th International Congress of Plant Molecular Biology  2003年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Chloroplasts for the production of recombinant proteins.

    Hiroshi Kuroda, Zora Svab, John Tregoning, Peter Nixon, Simon Clare, Frances Bowe, Gordon Dougan, Pal Maliga

    Plant Molecular Biology, New York Area Meeting  2002年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Over-expression of the clpP 5'UTR in a chimeric context confers a mutant phenotype by interference with maturation of clpP mRNA.

    Hiroshi Kuroda, Pal Maliga

    The Annual Meeting of the American Society of Plant Physiologists  2000年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The role of downstream box sequence in plastid mRNA translation.

    Hiroshi Kuroda, Pal Maliga

    EMBO Workshop  1999年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The role of the downstream box in the translation of plastid mRNAs.

    Hiroshi Kuroda, Pal Maliga

    XIth International Congress on Photosynthesis  1998年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光化学系II反応中心D1蛋白質合成における翻訳制御の分子機構

    黒田洋詩, 小橋久美子, 佐藤公行

    第3回日本光生物学協会講演会  1996年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光化学系II反応中心D1蛋白質の翻訳における"redox"制御

    黒田洋詩, 小橋久美子, 佐藤公行

    日本植物学会中四国支部第53回大会  1996年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • In vitro 翻訳系を用いたエンドウD1蛋白質合成の光制御機構の解析

    黒田洋詩, 小橋久美子, 佐藤公行

    日本植物生理学会1996年度年会および第36回シンポジウム  1996年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Accumulation of translational intermediates of D1 protein in pea chloroplasts in the dark.

    Hiroshi Kuroda, Kimiyuki Satoh

    The Xth International Photosynthesis Congress  1995年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • エンドウ葉緑体におけるD1タンパク質翻訳中間体蓄積機構の解析

    黒田洋詩, 佐藤公行

    日本植物学会第59回大会  1995年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エンドウ単離葉緑体を用いたD1タンパク質合成の光による制御機構の解析

    黒田洋詩, 忰山博之, 佐藤公行

    日本植物生理学会1994年度年会および第34回シンポジウム  1994年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Accumulation of translation intermediates of D1 protein in isolated pea chloroplasts in the dark.

    Hiroshi Kuroda, Kimiyuki Satoh

    The 34th NIBB Conference  1994年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 光化学系II反応中心D1タンパク質の光による合成制御の機構

    黒田洋詩, 忰山博之, 佐藤公行

    日本植物学会中四国支部第50回大会  1993年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • D1蛋白質合成の光による制御の機構−クラミドモナス生細胞を用いた解析−

    黒田洋詩, 佐藤公行

    日本植物生理学会1992年度年会および第32回シンポジウム  1992年3月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanism of light-regulated synthesis of D1 protein in isolated chloroplasts

    Michi Taniguchi, Hiroshi Kuroda, Noritoshi Inagaki, Kimiyuki Satoh

    The IXth International Congress on Photosynthesis  1992年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単離葉緑体によるD1蛋白質の合成

    谷口三知, 黒田洋詩, 稲垣言要, 佐藤公行

    日本植物学会中四国支部第49回大会  1992年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エンドウ単離葉緑体によるD1タンパク質の合成

    谷口三知, 黒田洋詩, 稲垣言要, 佐藤公行

    日本植物学会第57回大会  1992年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単離葉緑体におけるD1蛋白質合成の光による制御の機構

    黒田洋詩, 稲垣言要, 佐藤公行

    日本植物学会中四国支部第48回大会  1991年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単離葉緑体におけるD1蛋白質合成の光制御の機構

    黒田洋詩, 稲垣言要, 佐藤公行

    日本植物学会第56回大会  1991年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • Translation control elements for high-level protein expression in the plastids of higher plants and methods of use thereof.

    Pal Maliga, Hiroshi Kuroda, Muhammad Sarwar Khan

     詳細を見る

    出願番号:特願US 6,987,215 B1  出願日:1999年8月3日

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 網羅的アミノ酸置換による光化学系IIの水素結合ネットワークの機能に関する研究

    研究課題/領域番号:15K07110  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    黒田 洋詩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    光化学系IIのMnクラスターとルーメンを繋ぐ複数の水素結合ネットワークのうち,D1-Y161 (YZ)などから構成されるネットワークに関与する D1-N298などのアミノ酸置換を行なった変異株を作出し様々な解析を行ったところ,この水素結合ネットワークはプロトン排出には関与していない可能性が高いことが分かった.D1-N298残基はYZの機能に重要であることが明らかになった.別の水素結合ネットワークであるD1-D61から始まる経路は複数存在するが,D1-R334, D2-E302, D2-E323側ではなく,D1-E65および D2-E312側がプロトン排出に関与していることを示唆する結果を得た.

    researchmap

  • 葉緑体の正常な機能を支える翻訳制御機構の研究

    研究課題/領域番号:24510267  2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    黒田 洋詩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5460000円 ( 直接経費:4200000円 、 間接経費:1260000円 )

    researchmap

  • 環境に応答した葉緑体mRNA翻訳制御機構の研究

    研究課題/領域番号:20570043  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    黒田 洋詩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    葉緑体では光合成が行われており,光エネルギーを利用して,有機物の合成や酸素発生を行う.本研究では,その反応に必要なタンパク質合成(翻訳)がどのように行われ,どのように環境に応答した調節を受けるのかを明らかにする目的で,いくつかの遺伝子について解析を行った.その結果,翻訳に重要なmRNA上の配列やmRNAのプロセシングの重要性を明らかにした.また,翻訳共役についても解析した.さらに,翻訳を制御する可能性のあるタンパク質を同定した.

    researchmap

  • 葉緑体翻訳系に於ける5'非翻訳領域とコード領域の適合性を決める要因の探索

    研究課題/領域番号:19370021  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    杉浦 昌弘, 黒田 洋詩, 中邨 真之, 湯川 眞希, 黒田 洋詩, 中邨 真之, 湯川 眞希

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    配分額:15730000円 ( 直接経費:12100000円 、 間接経費:3630000円 )

    植物細胞の中で光合成を行う葉緑体は盛んにタンパク質も作っている。そこで、葉緑体で有用タンパク質を生産する試みがなされたが、必ずしも成功しなかった。このことは、葉緑体のタンパク質合成の機構が動・植物の細胞質や細菌の機構とは違っていることを意味する。本研究で、葉緑体でのタンパク質合成にはメッセンジャーRNAの上流部分のみならずタンパク質のアミノ酸配列を規定する部分の一部も必要なことを明らかにした。

    researchmap

  • 葉緑体RNAエディティングの部位認識に関する研究

    研究課題/領域番号:17370020  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    杉浦 昌弘, 湯川 泰, 中邨 真之, 黒田 洋詩, 森山 昭彦, 小保方 潤一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:11500000円 ( 直接経費:11500000円 )

    1.RNAエディティング部位の解析
    (1)タバコ(N.tabacum)葉緑体で新たにndhD mRNAに2ヶ所を見出した。これにより、タバコでは合計38ヶ所のエディティング部位が同定されたことになり、高等植物では最も多い。
    (2)タバコの祖先種であるN.sylvestrisとN.tomentosiformisについても再調査したところ、ndhD mRNAの第1部位のACGからAUG開始コドンをつくるエディティングが後者だけは見られなかったが、栽培条件を変えると一部エディティングされることを見出した。次いで、タバコ葉緑体in vitro翻訳系でndhD mRNAの翻訳活性の解析を進めた。
    2.in vitro RNAエディティング系の改良:蛍光ダイデオキシヌクレオチドを用いるアッセイ法を更に改良し、より高速・簡便な系を確立した。
    3.RNAエディティングのシス配列の同定
    上記の系を用いて、タバコの5種のndh mRNAの19部位のエディティング活性を測定した。ndhF mRNAのシス配列が、離れた2ヶ所の-1から-15の15ヌクレオチドと上流の-36から-40の5ヌクレオチドと同定した。これは2種のトランス因子が関与している可能性を示唆する。
    4.RNAエディティングの新しいトランス因子の同定
    蛍光標識したmRNAを使用する簡便法の開発を試みたが、同定にまでは至らなかった。
    5.部位認識因子の解析
    psbE mRNAエディティングの56kDaトランス因子をタバコ葉10kgより単離し、その部分一次構造を決定したが、既知の配列と一致するものは無かった。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 学際基礎科学概論2 (2021年度) 前期  - 水1,水2