2024/04/18 更新

写真a

ハットリ タカコ
服部 高子
HATTORI Takako
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 分子生物学

  • 口腔生化学

  • 関節リウマチ

  • 発生生物学

  • 細胞生物学

  • 転写調節作用

  • 時計遺伝子

  • 概日リズム

  • Sox9

  • CCNファミリータンパク質

  • 変形性関節症

  • 関節軟骨

  • アンチエイジング

  • 内軟骨性骨形成

  • 軟骨

  • 老化

  • トランスクリプトーム解析

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学  / 生化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

学歴

  • 岡山大学   Faculty of Science  

    - 1990年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学大学院   歯学研究科  

    2000年9月

      詳細を見る

    備考: 博士(歯学)

    researchmap

経歴

  • Department of Orthopaedics, University of Maryland School of Medicine(米国)

    2023年2月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

    researchmap

  • - 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教

    2004年

      詳細を見る

  • - Assistant Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • テキサス大学MDアンダーソン癌センター 研究員

    2001年 - 2004年

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山大学臨床研究審査専門委員会委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本CCNファミリー研究会   事務局  

    2004年4月 - 現在   

      詳細を見る

 

論文

  • Do not overwork: cellular communication network factor 3 for life in cartilage. 査読 国際誌

    Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Bernard Perbal, Masaharu Takigawa, Kazumi Kawata, Takako Hattori, Takashi Nishida

    Journal of cell communication and signaling   17 ( 2 )   353 - 359   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cellular communication network factor (CCN) 3, which is one of the founding members of the CCN family, displays diverse functions. However, this protein generally represses the proliferation of a variety of cells. Along with skeletal development, CCN3 is produced in cartilaginous anlagen, growth plate cartilage and epiphysial cartilage. Interestingly, CCN3 is drastically induced in the growth plates of mice lacking CCN2, which promotes endochondral ossification. Notably, chondrocytes in these mutant mice with elevated CCN3 production also suffer from impaired glycolysis and energy metabolism, suggesting a critical role of CCN3 in cartilage metabolism. Recently, CCN3 was found to be strongly induced by impaired glycolysis, and in our study, we located an enhancer that mediated CCN3 regulation via starvation. Subsequent investigations specified regulatory factor binding to the X-box 1 (RFX1) as a transcription factor mediating this CCN3 regulation. Impaired glycolysis is a serious problem, resulting in an energy shortage in cartilage without vasculature. CCN3 produced under such starved conditions restricts energy consumption by repressing cell proliferation, leading chondrocytes to quiescence and survival. This CCN3 regulatory system is indicated to play an important role in articular cartilage maintenance, as well as in skeletal development. Furthermore, CCN3 continues to regulate cartilage metabolism even during the aging process, probably utilizing this regulatory system. Altogether, CCN3 seems to prevent "overwork" by chondrocytes to ensure their sustainable life in cartilage by sensing energy metabolism. Similar roles are suspected to exist in relation to systemic metabolism, since CCN3 is found in the bloodstream.

    DOI: 10.1007/s12079-023-00723-4

    PubMed

    researchmap

  • Elevated Expression of CCN3 in Articular Cartilage Induces Osteoarthritis in Hip Joints Irrespective of Age and Weight Bearing. 査読 国際誌

    Kazuki Hirose, Miho Kuwahara, Eiji Nakata, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Kenta Saiga, Masaharu Takigawa, Toshifumi Ozaki, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    International journal of molecular sciences   23 ( 23 )   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoarthritis (OA) occurs not only in the knee but also in peripheral joints throughout the whole body. Previously, we have shown that the expression of cellular communication network factor 3 (CCN3), a matricellular protein, increases with age in knee articular cartilage, and the misexpression of CCN3 in cartilage induces senescence-associated secretory phenotype (SASP) factors, indicating that CCN3 promotes cartilage senescence. Here, we investigated the correlation between CCN3 expression and OA degenerative changes, principally in human femoral head cartilage. Human femoral heads obtained from patients who received total hip arthroplasty were categorized into OA and femoral neck fracture (normal) groups without significant age differences. Gene expression analysis of RNA obtained from femoral head cartilage revealed that CCN3 and MMP-13 expression in the non-weight-bearing part was significantly higher in the OA group than in the normal group, whereas the weight-bearing OA parts and normal cartilage showed no significant differences in the expression of these genes. The expression of COL10A1, however, was significantly higher in weight-bearing OA parts compared with normal weight-bearing parts, and was also higher in weight-bearing parts compared with non-weight-bearing parts in the OA group. In contrast, OA primary chondrocytes from weight-bearing parts showed higher expression of CCN3, p16, ADAMTS4, and IL-1β than chondrocytes from the corresponding normal group, and higher ADAMTS4 and IL-1β in the non-weight-bearing part compared with the corresponding normal group. Acan expression was significantly lower in the non-weight-bearing group in OA primary chondrocytes than in the corresponding normal chondrocytes. The expression level of CCN3 did not show significant differences between the weight-bearing part and non-weight-bearing part in both OA and normal primary chondrocytes. Immunohistochemical analysis showed accumulated CCN3 and aggrecan neoepitope staining in both the weight-bearing part and non-weight-bearing part in the OA group compared with the normal group. The CCN3 expression level in cartilage had a positive correlation with the Mankin score. X-ray analysis of cartilage-specific CCN3 overexpression mice (Tg) revealed deformation of the femoral and humeral head in the early stage, and immunohistochemical analysis showed accumulated aggrecan neoepitope staining as well as CCN3 staining and the roughening of the joint surface in Tg femoral and humeral heads. Primary chondrocytes from the Tg femoral head showed enhanced expression of Ccn3, Adamts5, p16, Il-6, and Tnfα, and decreased expression of Col2a1 and -an. These findings indicate a correlation between OA degenerative changes and the expression of CCN3, irrespective of age and mechanical loading. Furthermore, the Mankin score indicates that the expression level of Ccn3 correlates with the progression of OA.

    DOI: 10.3390/ijms232315311

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Molecular and Genetic Interactions between CCN2 and CCN3 behind Their Yin-Yang Collaboration. 査読 国際誌

    Satoshi Kubota, Kazumi Kawata, Takako Hattori, Takashi Nishida

    International journal of molecular sciences   23 ( 11 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cellular communication network factor (CCN) 2 and 3 are the members of the CCN family that conduct the harmonized development of a variety of tissues and organs under interaction with multiple biomolecules in the microenvironment. Despite their striking structural similarities, these two members show contrastive molecular functions as well as temporospatial emergence in living tissues. Typically, CCN2 promotes cell growth, whereas CCN3 restrains it. Where CCN2 is produced, CCN3 disappears. Nevertheless, these two proteins collaborate together to execute their mission in a yin-yang fashion. The apparent functional counteractions of CCN2 and CCN3 can be ascribed to their direct molecular interaction and interference over the cofactors that are shared by the two. Recent studies have revealed the mutual negative regulation systems between CCN2 and CCN3. Moreover, the simultaneous and bidirectional regulatory system of CCN2 and CCN3 is also being clarified. It is of particular note that these regulations were found to be closely associated with glycolysis, a fundamental procedure of energy metabolism. Here, the molecular interplay and metabolic gene regulation that enable the yin-yang collaboration of CCN2 and CCN3 typically found in cartilage development/regeneration and fibrosis are described.

    DOI: 10.3390/ijms23115887

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Maternal Gut Microbiome Decelerates Fetal Endochondral Bone Formation by Inducing Inflammatory Reaction. 査読 国際誌

    Yoko Uchida-Fukuhara, Takako Hattori, Shanqi Fu, Sei Kondo, Miho Kuwahara, Daiki Fukuhara, Md Monirul Islam, Kota Kataoka, Daisuke Ekuni, Satoshi Kubota, Manabu Morita, Mika Iikegame, Hirohiko Okamura

    Microorganisms   10 ( 5 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To investigate the effect of the maternal gut microbiome on fetal endochondral bone formation, fetuses at embryonic day 18 were obtained from germ-free (GF) and specific-pathogen-free (SPF) pregnant mothers. Skeletal preparation of the fetuses' whole bodies did not show significant morphological alterations; however, micro-CT analysis of the tibiae showed a lower bone volume fraction in the SPF tibia. Primary cultured chondrocytes from fetal SPF rib cages showed a lower cell proliferation and lower accumulation of the extracellular matrix. RNA-sequencing analysis showed the induction of inflammation-associated genes such as the interleukin (IL) 17 receptor, IL 6, and immune-response genes in SPF chondrocytes. These data indicate that the maternal gut microbiome in SPF mice affects fetal embryonic endochondral ossification, possibly by changing the expression of genes related to inflammation and the immune response in fetal cartilage. The gut microbiome may modify endochondral ossification in the fetal chondrocytes passing through the placenta.

    DOI: 10.3390/microorganisms10051000

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cysteinyl leukotriene receptor 1 is dispensable for osteoclast differentiation and bone resorption. 査読 国際誌

    Hirofumi Fujita, Aoi Ando, Yohei Mizusawa, Mitsuaki Ono, Takako Hattori, Munenori Habuta, Toshitaka Oohashi, Satoshi Kubota, Hideyo Ohuchi

    PloS one   17 ( 11 )   e0277307   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cysteinyl leukotriene receptor 1 (CysLTR1) is a G protein-coupled receptor for the inflammatory lipid mediators cysteinyl leukotrienes, which are involved in smooth muscle constriction, vascular permeability, and macrophage chemokine release. The Cysltr1 gene encoding CysLTR1 is expressed in the macrophage lineage, including osteoclasts, and the CysLTR1 antagonist Montelukast has been shown to suppress the formation of osteoclasts. However, it currently remains unclear whether CysLTR1 is involved in osteoclast differentiation and bone loss. Therefore, to clarify the role of CysLTR1 in osteoclastogenesis and pathological bone loss, we herein generated CysLTR1 loss-of-function mutant mice by disrupting the cysltr1 gene using the CRISPR-Cas9 system. These mutant mice had a frameshift mutation resulting in a premature stop codon (Cysltr1 KO) or an in-frame mutation causing the deletion of the first extracellular loop (Cysltr1Δ105). Bone marrow macrophages (BMM) from these mutant mice lost the intracellular flux of calcium in response to leukotriene D4, indicating that these mutants completely lost the activity of CysLTR1 without triggering genetic compensation. However, disruption of the Cysltr1 gene did not suppress the formation of osteoclasts from BMM in vitro. We also demonstrated that the CysLTR1 antagonist Montelukast suppressed the formation of osteoclasts without functional CysLTR1. On the other hand, disruption of the Cysltr1 gene partially suppressed the formation of osteoclasts stimulated by leukotriene D4 and did not inhibit that by glutathione, functioning as a substrate in the synthesis of cysteinyl leukotrienes. Disruption of the Cysltr1 gene did not affect ovariectomy-induced osteoporosis or lipopolysaccharide-induced bone resorption. Collectively, these results suggest that the CysLT-CysLTR1 axis is dispensable for osteoclast differentiation in vitro and pathological bone loss, while the leukotriene D4-CysTR1 axis is sufficient to stimulate osteoclast formation. We concluded that the effects of glutathione and Montelukast on osteoclast formation were independent of CysLTR1.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0277307

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cellular communication network factor 3 in cartilage development and maintenance. 査読 国際誌

    Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Bernard Perbal, Kazumi Kawata, Takako Hattori, Takashi Nishida

    Journal of cell communication and signaling   15 ( 4 )   533 - 543   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Cellular communication network factor (CCN) 3 is one of the classical members of the CCN family, which are characterized by common molecular structures and multiple functionalities. Although this protein was discovered as a gene product overexpressed in a truncated form in nephroblastoma, recent studies have revealed its physiological roles in the development and homeostasis of mammalian species, in addition to its pathological association with a number of diseases. Cartilage is a tissue that creates most of the bony parts and cartilaginous tissues that constitute the human skeleton, in which CCN3 is also differentially produced to exert its molecular missions therein. In this review article, after the summary of the molecular structure and function of CCN3, recent findings on the regulation of ccn3 expression and the roles of CCN3 in endochondral ossification, cartilage development, maintenance and disorders are introduced with an emphasis on the metabolic regulation and function of this matricellular multifunctional molecule.

    DOI: 10.1007/s12079-021-00629-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s12079-021-00629-z/fulltext.html

  • UCP1 expression in the mouse adrenal gland is not upregulated by thermogenic conditions. 査読 国際誌

    Hirofumi Fujita, Munenori Habuta, Takako Hattori, Satoshi Kubota, Hiromi Kumon, Hideyo Ohuchi

    Biochemical and biophysical research communications   566   184 - 189   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    The uncoupling protein 1 (UCP1) gene is known to be highly expressed in brown adipose tissue (BAT) that functions in thermogenesis. It has been shown that UCP1 mRNA is localized to the mouse adrenal gland, but its significance remains elusive. To explore how UCP1 expression in the adrenal gland is regulated, we generated a reporter knock-in mouse in which the GFP gene was inserted into the UCP1 locus using CRISPR-Cas9 system. Firstly, we confirmed by Western blot analysis UCP1-driven GFP protein expression in interscapular BAT of the knock-in mice kept at 4 °C. Immunohistochemistry showed that GFP protein was detected in the adrenal gland of the knock-in mice. More intense GFP expression was observed in the adrenal medulla than in the cortex of the reporter mice irrespectively of cold exposure. Immunohistochemistry using anti-UCP1 antibody, as well as Western blot analysis verified UCP1 protein expression in the wild-type adrenal medulla. These results suggest that the mouse adrenal gland is a novel organ expressing UCP1 protein and its expression is not upregulated by cold exposure.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.06.013

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Bipartite regulation of cellular communication network factor 2 and fibroblast growth factor 1 genes by fibroblast growth factor 1 through histone deacetylase 1 and fork head box protein A1. 査読 国際誌

    Abdellatif Elseoudi, Takashi Nishida, Tomomi Mizukawa, Takako Hattori, Kazumi Kawata, Eman A Taha, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    Journal of cell communication and signaling   15 ( 1 )   81 - 91   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Fibroblast growth factor 1 (FGF-1) is the first FGF family member, and it induces proliferation of fibroblasts and other types of the cells. However, recent studies are uncovering unexpected functions of this molecule. Our previous study redefined this growth factor as a catabolic molecule produced in cartilage upon metabolic insult. Indeed, FGF-1 was found to repress the gene expression of cellular communication network factor 2 (CCN2), which protects and regenerates cartilage, amplifying its own production through positive feedback regulation. In the present study, we investigated the molecular mechanism of this bipartite CCN2 repression and FGF1 activation by FGF-1 in chondrocytes. Repression of CCN2 and induction of FGF1 in human chondrocytic cells were both partly abolished by valproic acid, an inhibitor of histone deacetylase 1 (HDAC1), indicating the involvement of chromatin remodeling by histone acetylation in this system. In contrast, RNA degradation analysis suggested no contribution of post-transcriptional regulation of the mRNA stability to the effects conferred by FGF-1. Suspecting a regulation by a specific transcription factor, we next sought a candidate in silico from a large dataset. As a result, we found fork head box protein A1 (FOXA1) as the transcription factor that bound to both CCN2 and FGF1 loci. Functional analysis demonstrated that FOXA1 silencing significantly attenuated the CCN2 repression and FGF1 induction caused by FGF1. These findings collectively indicate that the bipartite regulation by FGF-1 is enabled by the combination of chromatin remodeling by HDACs and transcriptional modulation by FOXA1 with unknown transcriptional coactivators of opposite functionalities.

    DOI: 10.1007/s12079-020-00600-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CCN3 (NOV) drives degradative changes in aging articular cartilage 査読 国際誌

    Kuwahara, M., Kadoya, K., Kondo, S., Fu, S., Miyake, Y., Ogo, A., Ono, M., Furumatsu, T,, Nakata, E., Sasaki, T., Minagi, S., Takigawa, M., Kubota, S., Hattori, T.

    Int. J. Mol. Sci.   21 ( 20 )   7556 - 7556   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21207556

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CTGF/CCN2 facilitates LRP4-mediated formation of the embryonic neuromuscular junction 査読 国際誌

    Ohkawara B, Kobayakawa A, Kanbara S, Hattori T, Kubota S, Ito M, Masuda A, Takigawa M, Lyons KM, Ishiguro N, Ohno K.

    EMBO Rep.   21 ( 8 )   e48462   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embr.201948462

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Roles of Interaction between CCN2 and Rab14 in Aggrecan Production by Chondrocytes. 査読 国際誌

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Satoshi Kubota, Hiroshi Kamioka, Masaharu Takigawa

    International journal of molecular sciences   21 ( 8 )   E2769 - E2769   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    To identify proteins that cooperate with cellular communication network factor 2 (CCN2), we carried out GAL4-based yeast two-hybrid screening using a cDNA library derived from the chondrocytic cell line HCS-2/8. Rab14 GTPase (Rab14) polypeptide was selected as a CCN2-interactive protein. The interaction between CCN2 and Rab14 in HCS-2/8 cells was confirmed using the in situ proximity ligation assay. We also found that CCN2 interacted with Rab14 through its IGFBP-like domain among the four domains in CCN2 protein. To detect the colocalization between CCN2 and Rab14 in the cells in detail, CCN2, wild-type Rab14 (Rab14WT), a constitutive active form (Rab14CA), and a dominant negative form (Rab14DN) of Rab14 were overexpressed in monkey kidney-tissue derived COS7 cells. Ectopically overexpressed Rab14 showed a diffuse cytosolic distribution in COS7 cells; however, when Rab14WT was overexpressed with CCN2, the Rab14WT distribution changed to dots that were evenly distributed within the cytosol, and both Rab14 and CCN2 showed clear colocalization. When Rab14CA was overexpressed with CCN2, Rab14CA and CCN2 also showed good localization as dots, but their distribution was more widespread within cytosol. The coexpression of Rab14DN and CCN2 also showed a dotted codistribution but was more concentrated in the perinuclear area. Quantitative reverse transcription polymerase chain reaction (qRT-PCR) analysis revealed that the reduction in RAB14 or CCN2 mRNA by their respective siRNA significantly enhanced the expression of ER stress markers, BIP and CHOP mRNA in HCS-2/8 chondrocytic cells, suggesting that ER and Golgi stress were induced by the inhibition of membrane vesicle transfer via the suppression of CCN2 or Rab14. Moreover, to study the effect of the interaction between CCN2 and its interactive protein Rab14 on proteoglycan synthesis, we overexpressed Rab14WT or Rab14CA or Rab14DN in HCS-2/8 cells and found that the overexpression of Rab14DN decreased the extracellular proteoglycan accumulation more than the overexpression of Rab14WT/CA did in the chondrocytic cells. These results suggest that intracellular CCN2 is associated with Rab14 on proteoglycan-containing vesicles during their transport from the Golgi apparatus to endosomes in chondrocytes and that this association may play a role in proteoglycan secretion by chondrocytes.

    DOI: 10.3390/ijms21082769

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Retrotransposons Manipulating Mammalian Skeletal Development in Chondrocytes 招待 査読 国際誌

    Kubota S, Ishikawa T, Kawata K, Hattori T, Nishida T

    Int J Mol Sci   21 ( 5 )   1564 - 1564   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21051564

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Circadian production of melatonin in cartilage modifies rhythmic gene expression. 査読 国際誌

    Fu S, Kuwahara M, Uchida Y, Koudo S, Hayashi D, Shimomura Y, Takagaki A, Nishida T, Maruyama Y, Ikegame M, Hattori A, Kubota S, Hattori T

    The Journal of endocrinology   241 ( 2 )   161 - 173   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1530/JOE-19-0022

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • New function of Tip60 in controlling triacylglycerol synthesis 招待 査読

    Takako Hattori

    Biotarget   2   13 - 13   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AME Publishing Company  

    DOI: 10.21037/biotarget.2018.08.03

    researchmap

  • Commensal Microbiota Enhance Both Osteoclast and Osteoblast Activities. 査読 国際誌

    Uchida Y, Irie K, Fukuhara D, Kataoka K, Hattori T, Ono M, Ekuni D, Kubota S, Morita M

    Molecules (Basel, Switzerland)   23 ( 7 )   doi: 10, 3390/molecules2307/1517.   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules23071517

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Bioinspired Mineralization Using Chondrocyte Membrane Nanofragments. 査読 国際誌

    Emilio Satoshi Hara , Masahiro Okada, Noriyuki Nagaoka, Takako Hattori, Takuo Kuboki, Takayoshi Nakano, and Takuya Matsumoto

    ACS Biomater. Sci. Eng.   4 ( 2 )   617 - 625   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsbiomaterials.7b00962

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Chondrocyte burst promotes space for mineral expansion. 査読 国際誌

    Hara ES, Okada M, Nagaoka N, Hattori T, Iida LM, Kuboki T, Nakano T, Matsumoto T.

    Integr Biol (Camb)   10 ( 1 )   57 - 66   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C7IB00130D

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Generation and Analysis of Cartilage-Specific CCN2 Overexpression in Transgenic Mice

    Takako Hattori, Shinsuke Itoh, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   391 - 403   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer New York  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_32

    researchmap

  • Protein Imaging of CCN2 and CCN3 in Living Cells

    Takako Hattori, Mitsuhiro Hoshijima, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   211 - 215   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer New York  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_20

    researchmap

  • Production of Recombinant CCN2 Protein in Escherichia coli

    Eriko Aoyama, Takako Hattori, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   77 - 84   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer New York  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_8

    researchmap

  • Protocols for Screening for Binding Partners of CCN Proteins: Yeast Two-Hybrid System

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   145 - 154   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer New York  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_15

    researchmap

  • Involvement of multiple CCN family members in platelets that support regeneration of joint tissues. 査読 国際誌

    Chikako Hara, Satoshi Kubota, Takashi Nishida, Miki Hiasa, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Yoshinori Moriyama, Hiroshi Kamioka, Masaharu Takigawa

    Modern rheumatology   26 ( 6 )   940 - 949   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Platelet-rich plasma (PRP) has been widely used to enhance the regeneration of damaged joint tissues, such as osteoarthritic and rheumatoid arthritic cartilage. The aim of this study is to clarify the involvement of all of the CCN family proteins that are crucially associated with joint tissue regeneration. METHODS: Cyr61-CTGF-NOV (CCN) family proteins in human platelets and megakaryocytic cells were comprehensively analyzed by Western blotting analysis. Production of CCN family proteins in megakaryocytes in vivo was confirmed by immunofluorescence analysis of mouse bone marrow cells. Effects of CCN family proteins found in platelets on chondrocytes were evaluated by using human chondrocytic HCS-2/8 cells. RESULTS: Inclusion of CCN2, a mesenchymal tissue regenerator, was confirmed. Of note, CCN3, which counteracts CCN2, was newly found to be encapsulated in platelets. Interestingly, these two family members were not detectable in megakaryocytic cells, but their external origins were suggested. Furthermore, we found for the first time CCN5 and CCN1 that inhibits ADAMTS4 in both platelets and megakaryocytes. Finally, application of a CCN family cocktail mimicking platelets onto HCS-2/8 cells enhanced their chondrocytic phenotype. CONCLUSIONS: Multiple inclusion of CCN1, 2 and 3 in platelets was clarified, which supports the harmonized regenerative potential of PRP in joint therapeutics.

    DOI: 10.3109/14397595.2016.1155255

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of CCN2 Independent Modules Regenerative Capacity on Osteoarthritis and Further Selecting the Most Suitable Among them as a Potential Therapeutic Drug 査読

    Abdelkader Tarek, Aoyama Eriko, Nishida Takashi, Hattori Takako, Janune Danilo, Hara Emilio S, Ono Mitsuaki, Tabata Yasuhiko, Kuboki Takuo, Kubota Satoshi, Takigawa Masaharu

    FASEB JOURNAL   30   2016年4月

  • Role of CCN2 in Amino Acid Metabolism of Chondrocytes. 査読 国際誌

    Yurika Murase, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Aya Maeda-Uematsu, Harumi Kawaki, Karen M Lyons, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    Journal of cellular biochemistry   117 ( 4 )   927 - 37   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) is a multi-functional molecule that promotes harmonized development and regeneration of cartilage through its matricellular interaction with a variety of extracellular biomolecules. Thus, deficiency in CCN2 supply profoundly affects a variety of cellular activities including basic metabolism. A previous study showed that the expression of a number of ribosomal protein genes was markedly enhanced in Ccn2-null chondrocytes. Therefore, in this study, we analyzed the impact of CCN2 on amino acid and protein metabolism in chondrocytes. Comparative metabolome analysis of the amino acids in Ccn2-null and wild-type mouse chondrocytes revealed stable decreases in the cellular levels of all of the essential amino acids. Unexpectedly, uptake of such amino acids was rather enhanced in Ccn2-null chondrocytes, and the addition of exogenous CCN2 to human chondrocytic cells resulted in decreased amino acid uptake. However, as expected, amino acid consumption by protein synthesis was also accelerated in Ccn2-null chondrocytes. Furthermore, we newly found that expression of two genes encoding two glycolytic enzymes, as well as the previously reported Eno1 gene, was repressed in those cells. Considering the impaired glycolysis and retained mitochondrial membrane potential in Ccn2-null chondrocytes, these findings suggest that Ccn2 deficiency induces amino acid shortage in chondrocytes by accelerated amino acid consumption through protein synthesis and acquisition of aerobic energy. Interestingly, CCN2 was found to capture such free amino acids in vitro. Under physiological conditions, CCN2 may be regulating the levels of free amino acids in the extracellular matrix of cartilage.

    DOI: 10.1002/jcb.25377

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/jcb.25377

  • Sorcin Expression in the Epiphyseal Growth Plates of Mice 査読

    Mariko Kawai, Ning Liu, Takako Hattori, Yo-Hei Kataoka, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota, Toshio Yamamoto, Kiyoshi Ohura

    JOURNAL OF HARD TISSUE BIOLOGY   25 ( 1 )   57 - 61   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JOURNAL HARD TISSUE BIOLOGY  

    Sorcin is a small calcium-binding protein that is widely expressed in many tissues. Sorcin regulates cardiac myocyte apoptosis by modulating mitochondrial Ca2+ cycling and regulates fibroblast cell cycling and apoptosis via Ca2+ signaling through the endoplasmic reticulum (ER). During endochondral ossification, some chondrocytes undergo apoptosis after their terminal differentiation; however, Sorcin's expression in these cells has not been characterized. Here we examined Sorcin's gene expression in the chondrocytes derived from mouse growth plate by reverse transcription PCR (RT-PCR), and its protein localization in the chondrocytes of femoral growth plate using immunohistochemistry. Sorcin protein was detected in the chondrocytes, and was particularly abundant in the cytoplasm and nuclei of proliferative zone chondrocytes and in the nuclei of hypertrophic chondrocytes. Apoptotic analysis of the growth plate revealed that many of the hypertrophic chondrocytes undergo the DNA fragmentation. We report for the first time the localization of Sorcin in the epiphyseal growth plate in which one of the apoptotic phenomenon was detected.

    DOI: 10.2485/jhtb.25.57

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J04713&link_issn=&doc_id=20160127380009&doc_link_id=%2Fdq4hdtib%2F2016%2F002501%2F009%2F0057-0061%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdq4hdtib%2F2016%2F002501%2F009%2F0057-0061%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Identification of transactivation-responsive DNA-binding protein 43 (TARDBP43; TDP-43) as a novel factor for TNF-α expression upon lipopolysaccharide stimulation in human monocytes. 査読

    Murata H, Hattori T, Maeda H, Takashiba S, Takigawa M, Kido J, Nagata T

    Journal of periodontal research   50 ( 4 )   452 - 460   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jre.12227

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Dual pathways to Endochondral osteoblasts: A novel chondrocyte-derived cell identified in hypertrophic cartilage 査読 国際誌

    Park, J., Gebhardt, M., Golovchenko, S., Perez Branguli, F., Hattori, T., Hartmann, C., Zhou, X., de Crombrugghe, B., Stock, M., Schneider, H., von der Mark, K.

    Biology Open   4 ( 5 )   608 - 621   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/bio.201411031

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Exosomes mediate intercellular transfer of pro-fibrogenic connective tissue growth factor (CCN2) between hepatic stellate cells, the principal fibrotic cells in the liver 査読 国際誌

    Alyssa Charrier, Ruju Chen, Li Chen, Sherri Kemper, Takako Hattori, Masaharu Takigawa, David R. Brigstock

    SURGERY   156 ( 3 )   548 - 555   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Background. Fibrogenic pathways in the liver are principally regulated by hepatic stellate cells (HSC), which produce and respond to fibrotic mediators such as connective tissue growth factor (CCN2). The aim of this study was to determine whether CCN2 is shuttled between HSC in membranous nanovesicles, or "exosomes."
    Methods. Exosomes were incubated with HSC after isolation from conditioned medium of control or CCN2-green fluorescent protein (GFP)-transfected primary mouse HSC or human LX-2 HSC. Some exosomes were stained fluorescently with PKH26. HSC co-culture experiments were performed in the presence of GW4869 exosome inhibitor. CCN2 or CCN2-GFP were evaluated by quantitative real-time polymerase. chain reaction or Western blot.
    Results. HSC-derived exosomes contained CCN2 or CCN2 mRNA, each of which increased in concentration during HSC activation or after transfection of HSC with CCN2-GFP. Exosomes, stained with either PKH26 or purified from CCN2-GFP transfected cells, were taken up by activated or quiescent HSC resulting in CCN2-GFP delivery, as shown by their direct addition to recipient cells or by the GW4869-dependency of donor HSC.
    Conclusion. CCN2 is packaged into secreted, nano-sized exosomes that mediate its intercellular transfer between HSC. Exosomal CCN2 may amplify or fine tune fibrogenic signaling and, in conjunction with other exosome constituents, may have utility as a noninvasive biomarker to assess hepatic fibrosis.

    DOI: 10.1016/j.surg.2014.04.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Connective tissue growth factor (CCN2) and microRNA-21 are components of a positive feedback loop in pancreatic stellate cells (PSC) during chronic pancreatitis and are exported in PSC-derived exosomes 査読 国際誌

    Alyssa Charrier, Ruju Chen, Li Chen, Sherri Kemper, Takako Hattori, Masaharu Takigawa, David R. Brigstock

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   8 ( 2 )   147 - 156   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Pancreatitis is an inflammatory condition of the pancreas which, in its chronic form, involves tissue destruction, exocrine and endocrine insufficiency, increased risk of pancreatic cancer, and an extensive fibrotic pathology which is due to unrelenting collagen deposition by pancreatic stellate cells (PSC). In response to noxious agents such as alcohol-excessive consumption of which is a major cause of pancreatitis in the West-normally quiescent PSC undergo a phenotypic and functional transition to activated myofibroblasts which produce and deposit collagen at high levels. This process is regulated by connective tissue growth factor (CCN2), expression of which is highly up-regulated in activated PSC. We show that CCN2 production by activated PSC is associated with enhanced expression of microRNA-21 (miR-21) which was detected at high levels in activated PSC in a murine model of alcoholic chronic pancreatitis. A positive feedback loop between CCN2 and miR-21 was identified that resulted in enhancement of their respective expression as well as that of collagen alpha 1(I). Both miR-21 and CCN2 mRNA were present in PSC-derived exosomes, which were characterized as 50-150 nm CD9-positive nanovesicles. Exosomes from CCN2-GFP- or miR-21-GFP-transfected PSC were taken up by other PSC cultures, as shown by direct fluorescence or qRT-PCR for GFP. Collectively these studies establish miR-21 and CCN2 as participants in a positive feedback loop during PSC activation and as components of the molecular payload in PSC-derived exosomes that can be delivered to other PSC. Thus interactions between cellular or exosomal miR-21 and CCN2 represent novel aspects of fibrogenic regulation in PSC. Summary Chronic injury in the pancreas is associated with fibrotic pathology which is driven in large part by CCN2-dependent collagen production in pancreatic stellate cells. This study shows that CCN2 up-regulation in PSC is associated with increased expression of miR-21 which, in turn, is able to stimulate CCN2 expression further via a positive feedback loop. Additionally miR-21 and CCN2 were identified in PSC-derived exosomes which effected their delivery to other PSC. The cellular and exosomal miR-21-CCN2 axis is a novel component in PSC fibrogenic signaling.

    DOI: 10.1007/s12079-014-0220-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CCN2 as a Novel Molecule Supporting Energy Metabolism of Chondrocytes 査読 国際誌

    Aya Maeda-Uematsu, Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Kazumi Kawata, Yoshiaki Miyake, Takako Hattori, Takashi Nishida, Norifumi Moritani, Karen M. Lyons, Seiji Iida, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   115 ( 5 )   854 - 865   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) is a unique molecule that promotes both chondrocytic differentiation and proliferation through its matricellular interaction with a number of extracellular biomolecules. This apparently contradictory functional property of CCN2 suggests its certain role in basic cellular activities such as energy metabolism, which is required for both proliferation and differentiation. Comparative metabolomic analysis of costal chondrocytes isolated from wild-type and Ccn2-null mice revealed overall impaired metabolism in the latter. Among the numerous metabolites analyzed, stable reduction in the intracellular level of ATP, GTP, CTP, or UTP was observed, indicating a profound role of CCN2 in energy metabolism. Particularly, the cellular level of ATP was decreased by more than 50% in the Ccn2-null chondrocytes. The addition of recombinant CCN2 (rCCN2) to cultured Ccn2-null chondrocytes partly redeemed the cellular ATP level attenuated by Ccn2 deletion. Next, in order to investigate the mechanistic background that mediates the reduction in ATP level in these Ccn2-null chondrocytes, we performed transcriptome analysis. As a result, several metabolism-associated genes were found to have been up-regulated or down-regulated in the mutant mice. Up-regulation of a number of ribosomal protein genes was observed upon Ccn2 deletion, whereas a few genes required for aerobic and anaerobic ATP production were down-regulated in the Ccn2-null chondrocytes. Among such genes, reduction in the expression of the enolase 1 gene was of particular note. These findings uncover a novel functional role of CCN2 as a metabolic supporter in the growth-plate chondrocytes, which is required for skeletogenesis in mammals. J. Cell. Biochem. 115: 854-865, 2014. (c) 2013 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcb.24728

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The regenerative effects of CCN2 independent modules on chondrocytes in vitro and osteoarthritis models in vivo 査読 国際誌

    El Kader, Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Hara Emilio S, Ono Mitsuaki, Tabata Yasuhiko, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    Bone   59   180 - 188   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    The role of CCN family proteins has been proven to be of extreme importance in the process of cartilage development and endochondral ossification. The second member, CCN2, consists of 4 conserved modules that interact with a number of cofactors to display multiple functions. Although the potentially therapeutic effect of intact CCN2 on cartilage regeneration has been indicated by a number of studies, the regenerative effect of independent modules comprising CCN2 has never been evaluated before. This study aims to discover a more robust and effective CCN2 derivative to induce regeneration through assessing the effect of CCN2 independent modules on regeneration in vitro and in vivo, in comparison to the full length CCN2. In vitro evaluation using human chondrocytic cells showed a remarkable enhancing effect of several single modules on the gene expression of cartilaginous extracellular matrix components; whereas combinations of 2 or 3 modules rather diminished such effects. Interestingly, combination of all 4 modules redeemed the effect of intact CCN2 in vitro. Suspecting the re-assembly of the 4 modules, interaction among the modules was examined by surface plasmon resonance analysis. However, the results did not support the possible formation of a tetramodular complex. Next, the thrombospondin 1 type 1 repeat module (TSP1), which was found most promising in the experiments in vitro, and the combination of 4 modules were forwarded further to in vivo confirmation using 2 rat osteoarthritis (OA) models. As a result, TSP1 displayed more prominent regenerative effects than intact CCN2 on damaged cartilage. Unexpectedly, the combination of 4 modules showed limited effects in vivo. These results indicate the utility of TSP1 in the regenerative therapeutics of OA. Possible molecular mechanism that enables conditional reconstruction of CCN2 by 4 modules is discussed as well. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bone.2013.11.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • E6-AP/UBE3A Protein Acts as a Ubiquitin Ligase toward SOX9 Protein 査読 国際誌

    Takako Hattori, Tetsuya Kishino, Shelley Stephen, Heidi Eberspaecher, Sayumi Maki, Masaharu Takigawa, Benoit de Crombrugghe, Hideyo Yasuda

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   288 ( 49 )   35138 - 35148   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Background: Although the ubiquitin-proteasome pathway is thought to regulate the level of SOX9, the ubiquitin ligase involved has not yet been determined. Results: E6-AP/UBE3A was found to bind and ubiquitinate SOX9. Conclusion: E6-AP/UBE3A functions as a ubiquitin ligase toward SOX9 both in vitro and in vivo. Significance: These data provide the regulatory mechanism of the SOX9 level in chondrocytes by ubiquitin ligase.
    SOX9 is a transcription factor that acts as a key regulator at various stages of cartilage differentiation. There is ample evidence that intracellular SOX9 protein levels are tightly regulated both by sumoylation and by degradation through the ubiquitin-proteasome pathway. Using a proteomics approach, here we report the identification of a SOX9-binding protein, E6-AP/UBE3A, that may act as a ubiquitin ligase toward Sox9. E6-AP bound SOX9 through the region consisting mostly of its high mobility group domain in vitro. In nuclear lysates, FLAG-tagged E6-AP coprecipitated with Sox9 and its high mobility group domain. This finding was estimated using nuclear lysates from a chondrocytic cell line that endogenously expresses E6-AP and SOX9. Accordingly, ectopically expressed E6-AP and SOX9 colocalized in the nucleus. We show that E6-AP ubiquitinates SOX9 in vitro and in vivo and that SOX9 levels are enhanced after addition of the proteasome inhibitor bortezomib. Similar, siRNA knockdown of E6-AP and the E2 ligase Ubc9 increased cellular SOX9 amounts, supporting the notion that SOX9 may be ubiquitinated in hypertrophic chondrocytes by E6-AP and degraded by proteasomes. This is in accordance with the distribution of SOX9 levels, which are high in proliferating and prehypertrophic chondrocytes but low in hypertrophic chondrocytes, whereas E6-AP levels are high in hypertrophic chondrocytes and low in prehypertrophic chondrocytes. Furthermore, E6-AP-deficient mice showed SOX9 accumulation in chondrocytes and the brain. These findings support the concept that E6-AP regulates SOX9 levels in developing cartilage by acting as a ubiquitin ligase.

    DOI: 10.1074/jbc.M113.486795

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CCN Family Member 2/Connective Tissue Growth Factor (CCN2/CTGF) Has Anti-Aging Effects That Protect Articular Cartilage from Age-Related Degenerative Changes. 査読 国際誌

    Itoh S, Hattori T, Tomita N, Aoyama E, Yutani Y, Yamashiro T, Takigawa M.

    PLoS One   8 ( 8 )   e71156   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0071156

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Deletion of beta catenin in hypertrophic growth plate chondrocytes impairs trabecular bone formation. 査読 国際誌

    Svitlana Golovchenko, Takako Hattori, Christine Hartmann, Matthias Gebhardt, Sonja Gebhard, Andreas Hess, Friederike Pausch, Britta Schlund, Klaus von der Mark

    Bone   55 ( 1 )   102 - 12   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to elucidate the role of β-catenin in hypertrophic cartilage zone of the growth plate, we deleted the β-catenin gene ctnnb1specifically from hypertrophic chondrocytes by mating ctnnb1(fl/fl) mice with BAC-Col10a1-Cre-deleter mice. Surprisingly, this resulted in a significant reduction of subchondral trabecular bone formation in BACCol10Cre; ctnnb1(Δ/Δ) (referred to as Cat-ko) mice, although Cre expression was restricted to hypertrophic chondrocytes. The size of the Col10a1 positive hypertrophic zone was normal, but qRT-PCR revealed reduced expression of Mmp13, and Vegfa in Cat-ko hypertrophic chondrocytes, indicating impaired terminal differentiation. Immunohistological and in situ hybridization analysis revealed the substantial deficiency of collagen I positive mature osteoblasts, but equal levels of osterix-positive cells in the subchondral bone marrow space of Cat-ko mice, indicating that the supply of osteoblast precursor cells was not reduced. The fact that in Cat-ko mice subchondral trabeculae were lacking including their calcified cartilage core indicated a strongly enhanced osteoclast activity. In fact, TRAP staining as well as in situ hybridization analysis of Mmp9 expression revealed denser occupation of the cartilage erosion zone with enlarged osteoclasts as compared to the control growth plate, suggesting increased RANKL or reduced osteoprotegerin (Opg) activity in this zone. This notion was confirmed by qRT-PCR analysis of mRNA extracted from cultured hypertrophic chondrocytes or from whole epiphyses, showing increased Rankl mRNA levels in Cat-ko as compared to control chondrocytes, whereas changes in OPG levels were not significant. These results indicate that β-catenin levels in hypertrophic chondrocytes play a key role in regulating osteoclast activity and trabecular bone formation at the cartilage-bone interface by controlling RANKL expression in hypertrophic chondrocytes.

    DOI: 10.1016/j.bone.2013.03.019

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cartilage-Specific Over-Expression of CCN Family Member 2/Connective Tissue Growth Factor (CCN2/CTGF) Stimulates Insulin-Like Growth Factor Expression and Bone Growth 査読 国際誌

    Nao Tomita, Takako Hattori, Shinsuke Itoh, Eriko Aoyama, Mayumi Yao, Takashi Yamashiro, Masaharu Takigawa

    PLoS ONE   8 ( 3 )   e59226   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Previously we showed that CCN family member 2/connective tissue growth factor (CCN2) promotes the proliferation, differentiation, and maturation of growth cartilage cells in vitro. To elucidate the specific role and molecular mechanism of CCN2 in cartilage development in vivo, in the present study we generated transgenic mice overexpressing CCN2 and analyzed them with respect to cartilage and bone development. Transgenic mice were generated expressing a ccn2/lacZ fusion gene in cartilage under the control of the 6 kb-Col2a1-enhancer/promoter. Changes in cartilage and bone development were analyzed histologically and immunohistologically and also by micro CT. Primary chondrocytes as well as limb bud mesenchymal cells were cultured and analyzed for changes in expression of cartilage-related genes, and non-transgenic chondrocytes were treated in culture with recombinant CCN2. Newborn transgenic mice showed extended length of their long bones, increased content of proteoglycans and collagen II accumulation. Micro-CT analysis of transgenic bones indicated increases in bone thickness and mineral density. Chondrocyte proliferation was enhanced in the transgenic cartilage. In in vitro short-term cultures of transgenic chondrocytes, the expression of col2a1, aggrecan and ccn2 genes was substantially enhanced
    and in long-term cultures the expression levels of these genes were further enhanced. Also, in vitro chondrogenesis was strongly enhanced. IGF-I and IGF-II mRNA levels were elevated in transgenic chondrocytes, and treatment of non-transgenic chondrocytes with recombinant CCN2 stimulated the expression of these mRNA. The addition of CCN2 to non-transgenic chondrocytes induced the phosphorylation of IGFR, and ccn2-overexpressing chondrocytes showed enhanced phosphorylation of IGFR. Our data indicates that the observed effects of CCN2 may be mediated in part by CCN2-induced overexpression of IGF-I and IGF-II. These findings indicate that CCN2-overexpression in transgenic mice accelerated the endochondral ossification processes, resulting in increased length of their long bones. Our results also indicate the possible involvement of locally enhanced IGF-I or IGF-II in this extended bone growth. © 2013 Tomita et al.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0059226

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Anti-fibrotic effect of CCN3 accompanied by altered gene expression profile of the CCN family 査読 国際誌

    Tarek Abd El Kader, Satoshi Kubota, Danilo Janune, Takashi Nishida, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Bernard Perbal, Takuo Kuboki, Masaharu Takigawa

    Journal of Cell Communication and Signaling   7 ( 1 )   11 - 18   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    CCN family proteins 2 and 3 (CCN2 and CCN3) belong to the CCN family of proteins, all having a high level of structural similarity. It is widely known that CCN2 is a profibrotic molecule that mediates the development of fibrotic disorders in many different tissues and organs. In contrast, CCN3 has been recently suggested to act as an anti-fibrotic factor in several tissues. This CCN3 action was shown earlier to be exerted by the repression of the CCN2 gene expression in kidney tissue, whereas different findings were obtained for liver cells. Thus, the molecular action of CCN3 yielding its anti-fibrotic effect is still controversial. Here, using a general model of fibrosis, we evaluated the effect of CCN3 overexpression on the gene expression of all of the CCN family members, as well as on that of fibrotic marker genes. As a result, repression of CCN2 gene expression was modest, while type I collagen and α-smooth muscle actin gene expression was prominently repressed. Interestingly, not only CCN2, but also CCN4 gene expression showed a decrease upon CCN3 overexpression. These findings indicate that fibrotic gene induction is under the control of a complex molecular network conducted by CCN family members functioning together. © 2012 The International CCN Society.

    DOI: 10.1007/s12079-012-0180-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Novel chondrogenic and chondroprotective effects of the natural compound harmine. 査読

    Hara ES, Ono M, Kubota S, Sonoyama W, Oida Y, Hattori T, Nishida T, Furumatsu T, Ozaki T, Takigawa M, Kuboki T.

    Biochimie   95 ( 2 )   374 - 381   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Novel chondrogenic and chondroprotective effects of the natural compound harmine 国際誌

    Emilio Satoshi Hara, Mitsuaki Ono, Satoshi Kubota, Wataru Sonoyama, Yasutaka Oida, Takako Hattori, Takashi Nishida, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki, Masaharu Takigawa, Takuo Kuboki

    Biochimie   95 ( 2 )   374 - 381   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    A significant number of natural compounds have been shown to regulate the behavior of the cells, in collaboration with cellular proteins. CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) has been reported to have essential roles in cartilage development, chondrocyte proliferation and differentiation as well as regulation of the extracellular matrix metabolism. Previous studies demonstrated the capability of CCN2 to regenerate surgical defects in articular cartilage of rat knee. Also, transgenic mice over-expressing cartilage-specific CCN2 were shown to be more resistant to aging-related cartilage degradation. We hypothesized that small molecules that induce CCN2 in chondrocytes could be novel candidates to increase the resistance to aging-related cartilage degradation, or even to correct cartilage degenerative changes incurred in OA. Therefore, this study screened a compound library and identified the β-carboline alkaloid harmine as a novel inducer of CCN2 in human chondrocytic HCS-2/8 cells and osteoarthritic articular chondrocytes. Harmine increased the expression of the cartilage markers aggrecan and COL2α1, as well as that of the master regulator of chondrogenesis, SOX-9. Moreover, harmine notably induced chondrogenesis of prechondrocytic ATDC5 cells in micromass cultures. The chondroprotective effect of harmine was investigated under inflammatory condition by stimulation with TNFα, and harmine was shown to ameliorate TNFα-induced decrease in expression of CCN2 and cartilage markers. These findings uncover novel chondrogenic effects of harmine and indicate harmine as a potential drug for prevention and/or repair of cartilage degradation.

    DOI: 10.1016/j.biochi.2012.10.016

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The CCN2-inducer harmine promotes chondrogenesis and protects against TNFα-induced ablation of chondrocytic phenotype 査読

    Hara, E.S, M. Ono, S. Kubota, W. Sonoyama, Y. Oida, T. Hattori, T. Nishida, T. Furumatsu, T. Ozaki, M. Takigawa, T. Kuboki

    Biochimie   95   374 - 381   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Roles of heterotypic CCN2/CTGF-CCN3/NOV and homotypic CCN2-CCN2 interactions in expression of the differentiated phenotype of chondrocytes 査読 国際誌

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Takashi Yamashiro, Masaharu Takigawa

    FEBS JOURNAL   279 ( 19 )   3584 - 3597   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    To identify proteins that regulate CCN2 activity, we carried out GAL4-based yeast two-hybrid screening with a cDNA library derived from a chondrocytic cell line, HCS-2/8. CCN2/CTGF and CCN3/NOV polypeptides were picked up as CCN2-binding proteins, and CCN2CCN2 and CCN2CCN3 binding domains were identified. Direct binding between CCN2 and CCN3 was confirmed by coimmunoprecipitation in vitro and in vivo and surface plasmon resonance, and the calculated dissociation constants (Kd) were 1.17 x 10-9 m for CCN2 and CCN2, and 1.95 x 10-9 m for CCN2 and CCN3. Ectopically overexpressed green fluorescent proteinCCN2 and HaloCCN3 in COS7 cells colocalized, as determined by direct fluorescence analysis. We present evidence that CCN2CCN3 interactions modulated CCN2 activity such as enhancement of ACAN and col2a1 expression. Curiously, CCN2 enhanced, whereas CCN3 inhibited, the expression of aggrecan and col2a1 mRNA in HCS-2/8 cells, and combined treatment with CCN2 and CCN3 abolished the inhibitory effect of CCN3. These effects were neutralized with an antibody against the von Willebrand factor type C domain of CCN2 (11H3). This antibody diminished the binding between CCN2 and CCN2, but enhanced that between CCN3 and CCN2. Our results suggest that CCN2 could form homotypic and heterotypic dimers with CCN2 and CCN3, respectively. Strengthening the binding between CCN2 and CCN3 with the 11H3 antibody had an enhancing effect on aggrecan expression in chondrocytes, suggesting that CCN2 had an antagonizing effect by binding to CCN3.

    DOI: 10.1111/j.1742-4658.2012.08717.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The Wnt antagonist Wif-1 interacts with CTGF and inhibits CTGF activity 査読 国際誌

    Cordula Surmann-Schmitt, Takako Sasaki, Takako Hattori, Nicole Eitzinger, Georg Schett, Klaus Von der Mark, Michael Stock

    JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY   227 ( 5 )   2207 - 2216   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Wnt inhibitory factor 1 (Wif-1) is a secreted antagonist of Wnt signalling. We recently demonstrated that this molecule is expressed predominantly in superficial layers of epiphyseal cartilage but also in bone and tendon. Moreover, we showed that Wif-1 is capable of binding to several cartilage-related Wnt ligands and interferes with Wnt3a-dependent Wnt signalling in chondrogenic cells. Here we provide evidence that the biological function of Wif-1 may not be confined to the modulation of Wnt signalling but appears to include the regulation of other signalling pathways. Thus, we show that Wif-1 physically binds to connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in vitro, predominantly by interaction with the C-terminal cysteine knot domain of CTGF. In vivo such an interaction appears also likely since the expression patterns of these two secreted proteins overlap in peripheral zones of epiphyseal cartilage. In chondrocytes CTGF has been shown to induce the expression of cartilage matrix genes such as aggrecan (Acan) and collagen2a1 (Col2a1). In this study we demonstrate that Wif-1 is capable to interfere with CTGF-dependent induction of Acan and Col2a1 gene expression in primary murine chondrocytes. Conversely, CTGF does not interfere with Wif-1-dependent inhibition of Wnt signalling. These results indicate that Wif-1 may be a multifunctional modulator of signalling pathways in the cartilage compartment. J. Cell. Physiol. 227: 2207-2216, 2012. (C) 2011 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcp.22957

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • In Vivo Three-Dimensional Kinematics of the Cervical Spine During Head Rotation in Patients With Cervical Spondylosis 査読 国際誌

    Yukitaka Nagamoto, Takahiro Ishii, Hironobu Sakaura, Motoki Iwasaki, Hisao Moritomo, Masafumi Kashii, Takako Hattori, Hideki Yoshikawa, Kazuomi Sugamoto

    SPINE   36 ( 10 )   778 - 783   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Study Design. Kinematics of the cervical spine during head rotation was investigated using 3-dimensional (3D) magnetic resonance imaging (MRI) in patients with cervical spondylosis (CS).
    Objective. To demonstrate in vivo 3D kinematics of the spondylotic cervical spine during head rotation.
    Summary of Background Data. Several in vivo studies have identified kinematic differences between normal and spondylotic subjects, but only two-dimensional flexion/extension motion has been investigated. Differences of in vivo 3D cervical motion during head rotation between normal and spondylotic subjects have yet to be clarified.
    Methods. Ten healthy volunteers (control group) and 15 patients with CS (CS group) underwent 3D MRI of the cervical spine with the head rotated to 5 positions (neutral, +/- 45 degrees and +/- maximal head rotation). Relative motions of the cervical spine were calculated by automatically superimposing a segmented 3D MRI of the vertebra in the neutral position over images for each position using volume registration. The 3D motions of adjacent vertebra were represented with 6 degrees of freedom by Euler angles and translations on the coordinate system.
    Results. Compared with the control group, the CS group showed significantly decreased mean axial rotation and mean coupled lateral bending at C5-C6 and C6-C7 and significantly increased mean coupled lateral bending at C2-C3 and C3-C4, although both the groups showed the same pattern of coupled motions.
    Conclusion. The in vivo 3D kinematics of the spondylotic cervical spine during head rotation was accurately depicted and compared with those of healthy cervical spines for the first time.

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e3181e218cb

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The dimerization domain of SOX9 is required for transcription activation of a chondrocyte-specific chromatin DNA template. 国際誌

    Françoise Coustry, Chun-do Oh, Takako Hattori, Sankar N Maity, Benoit de Crombrugghe, Hideyo Yasuda

    Nucleic acids research   38 ( 18 )   6018 - 28   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mutations in SOX9, a gene essential for chondrocyte differentiation cause the human disease campomelic dysplasia (CD). To understand how SOX9 activates transcription, we characterized the DNA binding and cell-free transcription ability of wild-type SOX9 and a dimerization domain SOX9 mutant. Whereas formation of monomeric mutant SOX9-DNA complex increased linearly with increasing SOX9 concentrations, formation of a wild-type SOX9-DNA dimeric complex increased more slowly suggesting a more sigmoidal-type progression. Stability of SOX9-DNA complexes, however, was unaffected by the dimerization mutation. Both wild-type and mutant SOX9 activated transcription of a naked Col2a1 DNA template. However, after nucleosomal assembly, only wild-type and not the mutant was able to remodel chromatin and activate transcription of this template. Using a cell line, in which the Col2a1 vector was stably integrated, no differences were seen in the interactions of wild-type and mutant SOX9 with the chromatin of the Col2a1 vector using ChIP. However, the mutant was unable to activate transcription in agreement with in vitro results. We hypothesize that the SOX9 dimerization domain is necessary to remodel the Col2a1 chromatin in order to allow transcription to take place. These results further clarify the mechanism that accounts for CD in patients harboring SOX9 dimerization domain mutations.

    DOI: 10.1093/nar/gkq417

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • SOX9 is a major negative regulator of cartilage vascularization, bone marrow formation and endochondral ossification 査読 国際誌

    Takako Hattori, Catharina Mueller, Sonja Gebhard, Eva Bauer, Friederike Pausch, Britta Schlund, Michael R. Boesl, Andreas Hess, Cordula Surmann-Schmitt, Helga von der Mark, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    DEVELOPMENT   137 ( 6 )   901 - 911   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:COMPANY OF BIOLOGISTS LTD  

    SOX9 is a transcription factor of the SRY family that regulates sex determination, cartilage development and numerous other developmental events. In the foetal growth plate, Sox9 is highly expressed in chondrocytes of the proliferating and prehypertrophic zone but declines abruptly in the hypertrophic zone, suggesting that Sox9 downregulation in hypertrophic chondrocytes might be a necessary step to initiate cartilage-bone transition in the growth plate. In order to test this hypothesis, we generated transgenic mice misexpressing Sox9 in hypertrophic chondrocytes under the control of a BAC-Col10a1 promoter. The transgenic offspring showed an almost complete lack of bone marrow in newborns, owing to strongly retarded vascular invasion into hypertrophic cartilage and impaired cartilage resorption, resulting in delayed endochondral bone formation associated with reduced bone growth. In situ hybridization analysis revealed high levels of Sox9 misexpression in hypertrophic chondrocytes but deficiencies of Vegfa, Mmp13, RANKL and osteopontin expression in the non-resorbed hypertrophic cartilage, indicating that Sox9 misexpression in hypertrophic chondrocytes inhibits their terminal differentiation. Searching for the molecular mechanism of SOX9-induced inhibition of cartilage vascularization, we discovered that SOX9 is able to directly suppress Vegfa expression by binding to SRY sites in the Vegfa gene. Postnatally, bone marrow formation and cartilage resorption in transgenic offspring are resumed by massive invasion of capillaries through the cortical bone shaft, similar to secondary ossification. These findings imply that downregulation of Sox9 in the hypertrophic zone of the normal growth plate is essential for allowing vascular invasion, bone marrow formation and endochondral ossification.

    DOI: 10.1242/dev.045203

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • N-terminal domains of CCN family 2/connective tissue growth factor bind to aggrecan 査読 国際誌

    Eriko Aoyama, Takako Hattori, Mitsuhiro Hoshijima, Daisuke Araki, Takashi Nishida, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    BIOCHEMICAL JOURNAL   420 ( 3 )   413 - 420   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PORTLAND PRESS LTD  

    CCN2/CTGF (CCN family 2/connective tissue growth factor) is a multi-cellular protein with a broad range of activities. It modulates many cellular functions, including proliferation, migration, adhesion and extracellular matrix production, and it is thus involved in many biological and pathological processes. In particular, CCN2/CTGF is essential for normal skeletal development. To identify CCN2/CTGF-interactive proteins capable of modulating its action in cartilage, we carried Out a yeast two-hybrid screening using CCN2/CTGF peptide as a bait and a cDNA library from a chondrocytic cell line, HCS-2/8. In the present paper, we report the identification of aggrecan, which is a major proteoglycan of the extracellular matrix in cartilage, its a CCN2/CTGF-binding protein. Among the four domains of CCN2/CTGF, the IGFBP [IGF (insulin-like growth factor)-binding protein-like] and/or VWC (von Willebrand factor type C) domains had a direct interaction with aggrecan in a yeast two-hybrid assay. The results of a solid-phase-binding assay using aggrecan-coated plates also showed binding to recombinant CCN2/CTGF in a dose-dependent manner. rIGFBP (recombinant IGFBP) and rVWC (recombinant VWC) module peptides had stronger binding to aggrecan compared with rTSP1 (recombinant thrombospondin type I repeat) and rCT (recombinant C-terminal cystine knot) module peptides. SPR (surface plasmon resonance) analysis showed the direct interaction between the CCN2/CTGF and aggrecan. and ectopically overexpressed CCN2/CTGF and AgG3 (G3 domain of aggrecan) confirmed their binding in vivo. Indirect immunofluorescence analysis indicated that CCN2/CTGF was extracellularly co-localized with aggrecan on HCS-2/8 cells. The rIGFBP-rVWC peptide effectively enhanced tire production and release of aggrecan compared with the rTSP-rCT peptide in chondrocytes. These results indicate that CCN2/CTGF binds to aggrecan through its N-terminal IGFBP and VWC Modules. and this binding may be related to the CCN2/CTGF-enhanced production and secretion of aggrecan by chondrocytes.

    DOI: 10.1042/BJ20081991

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The expression and crucial roles of BMP signaling in development of smooth muscle progenitor cells in the mouse embryonic gut. 国際誌

    Shigeko Torihashi, Takako Hattori, Hirotaka Hasegawa, Masaaki Kurahashi, Takunori Ogaeri, Toyoshi Fujimoto

    Differentiation; research in biological diversity   77 ( 3 )   277 - 89   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bone morphogenetic protein (BMP) signaling is essential for normal development of the gastrointestinal (GI) tract. BMPs also play multiple roles in vascular smooth muscle cells; however, the BMP signaling in the development of the GI musculature remains to be clarified. We investigated the expression of BMPs and their receptors in mouse embryonic GI tracts by immunohistochemistry and in situ hybridization. We demonstrated that BMP2, BMP receptor Ib and BMP receptor II were expressed in the smooth muscle progenitors from E12 to E13 for the first time. BMP signaling on smooth muscle differentiation was examined by implantation of agarose beads soaked with BMPs in the in vitro developmental model that is gut-like structures from mouse embryonic stem (ES) cells. BMP2 rather than BMP4 beads enhanced smooth muscle differentiation, and increased gut-like structures showing spontaneous contractions and expressing intensive alpha-smooth muscle actin immunoreactivity. This increase was confirmed by up-regulation of SM22 mRNA shown by real-time PCR. By addition of noggin beads or noggin to the medium at BMP2 bead implantation, the ratio of contractive gut-like structures decreased. Implantation of BMP2 beads at EB7 (EB--embryoid bodies) (corresponding to E12 or E13 of mouse embryo) showed the highest effects and up-regulation of transcription factors msx-1 after 24h. This increase was blocked by noggin, and msx-1 decreased to almost the control level after 60 h. BMP2 beads at EB7 increased platelet-derived growth factor-A (PDGF-A) in the differentiating smooth muscle cells. We have recently reported that PDGF-A is expressed in the developing inner circular smooth muscle and is crucial for the longitudinal smooth muscle differentiation. Taken together, BMP signaling was expressed for a short window in the smooth muscle progenitors and the signal, especially BMP2, plays an essential role in smooth muscle differentiation in cooperation with PDGF signaling.

    DOI: 10.1016/j.diff.2008.10.003

    PubMed

    researchmap

  • Specific expression of Cre recombinase in hypertrophic cartilage under the control of a BAC-Col10a1 promoter. 国際誌

    Sonja Gebhard, Takako Hattori, Eva Bauer, Britta Schlund, Michael R Bösl, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    Matrix biology : journal of the International Society for Matrix Biology   27 ( 8 )   693 - 9   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previously we have shown that insertion of a LacZ reporter gene into the Col10a1 gene in the context of a bacterial artificial chromosome (BAC) drives strong and specific expression of LacZ in hypertrophic cartilage of transgenic mice [Gebhard S., Hattori T., Bauer E., Bosl M.R., Schlund B., Poschl E., Adam N., de Crombrugghe B., von der Mark K., 2007 Histochem. Cell Biol. 19 127:183-194]. BAC constructs in transgenic reporter mouse lines control efficient and specific LacZ expression in hypertrophic chondrocytes under the complete Col10a1 promoter. Here we report on the generation of Col10a1-specific Cre deleter mice using a BAC recombineering technique based on homologous recombination in E. coli. Sixteen BAC-Col10-Cre transgenic lines were generated containing between 1 and 5 copies of the BAC-Col10-Cre gene. All lines tested so far expressed Cre specifically in hypertrophic chondrocytes of E16.5 and P1 growth plates of long bones, ribs, vertebrae and sternum as examined by crossing with ROSA26 reporter mice. Cre activity was detected as early as E13.5 when hypertrophic cartilage develops in the diaphysis of femur and humerus. The data confirm that expression of Cre under the control of the complete BAC-Col10a1 promoter occurs with high efficiency and specificity in hypertrophic chondrocytes. The BAC-Col10-Cre lines should thus provide a valuable tool to get further insight into the role of genes involved in endochondral ossification by allowing their specific deletion in the hypertrophic zone of the growth plate.

    DOI: 10.1016/j.matbio.2008.07.001

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CCN family 2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) stimulates proliferation and differentiation of auricular chondrocytes

    T. Fujisawa, T. Hattori, M. Ono, J. Uehara, S. Kubota, T. Kuboki, M. Takigawa

    Osteoarthritis and Cartilage   16 ( 7 )   787 - 795   2008年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: CCN family 2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) is an atypical growth factor for growth plate chondrocytes. It plays an important role in their proliferation and differentiation in vitro, but does not stimulate hypertrophy or calcification of articular chondrocytes. We herein report for the first time that CCN2/CTGF promotes growth and differentiation of auricular chondrocytes and maintains their molecular phenotype in vitro and in vivo. Methods: Auricular chondrocytes were isolated from rabbit auricular cartilage by trypsin-collagenase treatment, and treated with human recombinant CCN2/CTGF or infected with adenovirus harboring the ccn2/ctgf gene. Cell proliferation was measured by [3H] thymidine incorporation and MTS assay, and changes in gene expression of auricular chondrocyte markers were monitored by real-time polymerase chain reaction, Northern hybridization, and histological analysis. For in vivo studies, auricular chondrocytes were cultured as pellets and implanted subcutaneously after treatment of recombinant human CCN2/CTGF. Ectopically formed cartilage was subjected to histological analysis. Cell death was monitored by in situ TUNEL analysis. Results: CCN2/CTGF stimulated proliferation, differentiation and synthesis of elastin and proteoglycans of rabbit primary auricular chondrocytes in a dose-dependent manner. CCN2/CTGF caused a 2.5-fold increase in the expression of elastin in comparison to the control, resulting in enhanced deposition of elastin fibers in a monolayer culture of auricular chondrocytes. Mineralization was not induced; in contrast, CCN2/CTGF stimulated expression of matrix gla protein which is known to impair mineralization. Furthermore, pretreatment of pellets of auricular chondrocytes with CCN2/CTGF and subcutaneous implantation significantly enhanced the growth of ectopic auricular cartilage pieces expressing phenotypic markers of auricular chondrocytes including type II and X collagen. Notably, chondrocyte apoptosis was impaired by CCN2/CTGF. Conclusions: These findings show that CCN2/CTGF may be a suitable agent for promoting differentiation and growth of auricular chondrocytes, while preventing mineralization and apoptosis, and suggests that CCN2/CTGF may be useful for the repair or reconstruction of elastic cartilage. © 2007 Osteoarthritis Research Society International.

    DOI: 10.1016/j.joca.2007.11.001

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Radiological study of joint destruction patterns in rheumatoid flatfoot 査読 国際誌

    Takako Hattori, Jun Hashimoto, Tetsuya Tomita, Takashi Kitamura, Hideki Yoshikawa, Kazuomi Sugamoto

    CLINICAL RHEUMATOLOGY   27 ( 6 )   733 - 737   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER LONDON LTD  

    The purpose of this study was to clarify variations in patterns of flattening in rheumatoid hindfoot. Out of 232 outpatients with rheumatoid arthritis treated at our hospital from 2001 to 2003, we studied lateral radiographs of feet of 216 patients (423 weight-bearing views). We measured the medial arch angle (MAA) and talar angle (TA) and compared the alignment of the talonavicular joint-sagittal plane of each foot. We also evaluated the relationship between the severity of flattening and inclination of the talus and performed cluster analysis. Three groups were clustered by MAA and TA. In group I, joints were normal or close to normal. In group II, both talonavicular and subtalar joints were affected. In group III, talonavicular joints were minimally affected, and the subtalar joints were primarily affected. Groups II and III were thought to be a different pattern of flattening. The present results suggest that there are at least two patterns of flattening in rheumatoid hindfoot.

    DOI: 10.1007/s10067-007-0781-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Transcriptional regulation of chondrogenesis by coactivator Tip60 via chromatin association with Sox9 and Sox5. 国際誌

    Takako Hattori, Francoise Coustry, Shelley Stephens, Heidi Eberspaecher, Masaharu Takigawa, Hideyo Yasuda, Benoit de Crombrugghe

    Nucleic acids research   36 ( 9 )   3011 - 24   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sox9 is a transcription factor of the SRY family required for several steps of chondrogenesis. It activates the expression of various chondrocyte-specific genes, but the mechanisms and role of cofactors involved in Sox9-regulated gene transcription are not fully understood. Here, we report on the characterization of a Tat interactive protein-60 (Tip60) as Sox9-associated protein identified in a yeast two-hybrid screen. Both in vitro and in vivo assays confirmed the specificity of interactions between Sox9 and Tip60 including the existence of an endogenous complex containing both polypeptides in chondrocytes. Gel shift assays showed the presence of a complex containing Sox9, Tip60 and the DNA of an enhancer region of the Col2a1 promoter. Reporter assays using a Col2a1 promoter with multimerized Col2a1 Sox9-binding sites indicated that Tip60 enhanced the transcriptional activity of Sox9. A larger Col2a1 promoter showed that Tip60 increased the activity of this promoter in the presence of both Sox9 and Sox5. Ectopic expression of Sox9 and transient-cotransfection with Tip60 in COS7 cells showed a more diffuse subnuclear colocalization, suggesting changes in the chromatin structure. Chromatin immunoprecipitation assays showed that Tip60, Sox9 and Sox5 associated with the same Col2a1 enhancer region. Consistent with a role of Tip60 in chondrogenesis, addition of Tip60 siRNA to limb-bud micromass cultures delayed chondrocyte differention. Tip60 enhances acetylation of Sox9 mainly through K61, 253, 398 residues; however, the K61/253/398A mutant of Sox9 still exhibited enhanced transcriptional activity by Tip60. Our results support the hypothesis that Tip60 is a coactivator of Sox9 in chondrocytes.

    DOI: 10.1093/nar/gkn150

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CCN family 2 / Connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) stimulates proliferation and differentiation of auricular chondrocytes. 査読

    Fujisawa T, Hattori T, Ono M, Uehara J, Kubota S, Kuboki T, Takigawa M

    Osteoarthritis and Cartilage   16   787 - 795   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Radiographic study of joint destruction patterns in the rheumatoid elbow. 国際誌

    Takashi Kitamura, Jun Hashimoto, Tsuyoshi Murase, Tetsuya Tomita, Takako Hattori, Hideki Yoshikawa, Kazuomi Sugamoto

    Clinical rheumatology   26 ( 4 )   515 - 9   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Knowledge of the pattern of joint destruction is important for planning the therapeutic approach to rheumatoid arthritis (RA) of the elbow. Accordingly, we carried out a large-scale radiographic study with the objective of elucidating the joint destruction pattern in rheumatoid elbows. From 2001 through 2003, we examined and took plain X-rays of both elbows of 193 RA patients (i.e., 386 elbows), consisting of 18 men and 175 women, with a mean age of 57.0 years. Radiographic images of the elbow joints were used to classify the degree of bone loss in various zones on the elbow joint surface into four grades of severity, and joint destruction was compared between the left and right elbows. In addition, correlation in the extent of bone loss between each of the zones of the same elbow and differences in the extent of bone loss were analyzed statistically. The results showed direct correlations for destruction of the elbow joint surface among the zones for the left and right elbow joints and in the same elbow joint. However, more severe destruction was observed on the radial side of the humeral trochlea, and it was surmised that destruction of the elbow joint must begin at that site and gradually spread mediolaterally. In addition, in the same elbow joint, the correlation in the degree of bone loss between the trochlea of humerus and the trochlear notch was especially strong, indicating that the bone destruction at both sites represented mirror lesions. We conclude that when performing radiographic diagnosis of the joint damage in the rheumatoid elbow, knowledge of this pattern of joint destruction will be useful for assessing whether there is joint destruction in the initial stage and for deciding the therapeutic approach.

    PubMed

    researchmap

  • BAC constructs in transgenic reporter mouse lines control efficient and specific LacZ expression in hypertrophic chondrocytes under the complete Col10a1 promoter. 査読 国際誌

    Sonja Gebhard, Takako Hattori, Eva Bauer, Michael R Bösl, Britta Schlund, Ernst Pöschl, Nadia Adam, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    Histochemistry and cell biology   127 ( 2 )   183 - 94   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    During endochondral ossification hypertrophic chondrocytes in the growth plate of fetal long bones, ribs and vertebrae play a key role in preparing growth plate cartilage for replacement by bone. In order to establish a reporter gene mouse to facilitate functional analysis of genes expressed in hypertrophic chondrocytes in this process, Col10a1- BAC reporter gene mouse lines were established expressing LacZ specifically in hypertrophic cartilage under the control of the complete Col10a1 gene. For this purpose, a bacterial artificial chromosome (BAC RP23-192A7) containing the entire murine Col10a1 gene together with 200 kb flanking sequences was modified by inserting a LacZ-Neo cassette into the second exon of Col10a1 by homologous recombination in E. coli. Transgenic mice containing between one and seven transgene copies were generated by injection of the purified BAC-Col10a1- lLacZ DNA. X-gal staining of newborns and embryos revealed strong and robust LacZ activity exclusively in hypertrophic cartilage of the fetal and neonatal skeleton of the transgenic offspring. This indicates that expression of the reporter gene in its proper genomic context in the BAC Col10a1 environment is independent of the integration site and reflects authentic Col10a1 expression in vivo. The Col10a1 specific BAC recombination vector described here will enable the specific analysis of effector gene functions in hypertrophic cartilage during skeletal development, endochondral ossification, and fracture callus healing.

    DOI: 10.1007/s00418-006-0236-8

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Twisted gastrulation modulates bone morphogenetic protein-induced collagen II and X expression in chondrocytes in vitro and in vivo. 査読 国際誌

    Martina Schmidl, Nadia Adam, Cordula Surmann-Schmitt, Takako Hattori, Michael Stock, Uwe Dietz, Benoit de Crombrugghe, Ernst Pöschl, Klaus von der Mark

    The Journal of biological chemistry   281 ( 42 )   31790 - 800   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Twisted gastrulation (TSG) is an extracellular modulator of bone morphogenetic protein (BMP) activity and regulates dorsoventral axis formation in early Drosophila and Xenopus development. Studies on tsg-deficient mice also indicated a role of this protein in skeletal growth, but the mechanism of TSG activity in this process has not yet been investigated. Here we show for the first time by in situ hybridization and immunohistochemistry that TSG is strongly expressed in bovine and mouse growth plate cartilage as well as in fetal ribs, vertebral cartilage, and cartilage anlagen of the skull. Furthermore we provide evidence that TSG is directly involved in BMP-regulated chondrocyte differentiation and maturation. In vitro, TSG impaired the dose-dependent BMP-2 stimulation of collagen II and X expression in cultures of MC615 chondrocytes and primary mouse chondrocytes. In the presence of chordin, a BMP antagonist, the inhibitory effect of TSG was further enhanced. TSG also inhibited BMP-2-stimulated phosphorylation of Smad factors in chondrocytes, confirming the role of TSG as a modulator of BMP signaling. For analysis of TSG functions in cartilage development in vivo, the gene was overexpressed in transgenic mice under the control of the cartilage-specific Col2a1 promoter. As a result, Col10a1 expression was significantly reduced in the growth plates of transgenic embryos and newborns in comparison with wild type littermates as shown by in situ hybridization and by real time PCR analysis. The data suggest that TSG is an important modulator of BMP-regulated cartilage development and chondrocyte differentiation.

    DOI: 10.1074/jbc.M603419200

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 関節リウマチにおける自己抗原と分子シャペロン-軟骨細胞におけるその役割 (Autoantigen and Molecular Chaperone in Rheumatoid Arthritis-Their roles in Metabolism of Chondrocytes) 査読

    服部 高子

    Clinical Calcium,医薬ジャーナル社 16(9)   16 ( 9 )   1553 - 56   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Interactions between PIAS proteins and SOX9 result in an increase in the cellular concentrations of SOX9 査読 国際誌

    T Hattori, H Eberspaecher, JF Lu, R Zhang, T Nishida, T Kahyo, H Yasuda, B de Crombrugghe

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   281 ( 20 )   14417 - 14428   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    We have identified PIAS1 (protein inhibitor of activated STAT-1), -3, -x alpha, and -x beta as SOX9-associated polypeptides using the Gal4-based yeast two-hybrid system and a cDNA library derived from a chondrocytic cell line. These PIAS proteins were shown to interact directly with SOX9 in two-hybrid, co-immunoprecipitation, and electrophoretic mobility shift assays. SOX9 was sumoylated in cotransfection experiments with COS-7 cells using PIAS and SUMO-1 (small ubiquitin-like modifier-1) expression vectors. SOX9 was also sumoylated in vitro by PIAS proteins in the presence of SUMO-1, the SUMO-activating enzyme, and the SUMO-conjugating enzyme. In COS-7 cells, PIAS proteins stimulated the SOX9-dependent transcriptional activity of a Col2a1 promoter-enhancer reporter. This increase in reporter activity was paralleled by an increase in the cellular levels of SOX9. Cotransfection with a SUMO-expressing vector further enhanced the transcriptional activity of this SOX9-dependent Col2a1 reporter in COS-7 cells, and this additional activation was inhibited in the presence of either SUMO-1 mutants or PIAS RING domain mutants or by coexpression of a desumoylation enzyme. Immunofluorescence microscopy of SOX9-transfected COS-7cells showed that the subnuclear distribution of SOX9 became more diffuse in the presence of PIAS1 and SUMO-1. Our results suggest that, by controlling the cellular concentrations of SOX9, PIAS proteins and sumoylation may be part of a major regulatory system of SOX9 functions.

    DOI: 10.1074/jbc.M511330200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CT domain of CCN2/CTGF directly interacts with fibronectin and enhances cell adhesion of chondrocytes integrin α5β1. 査読 国際誌

    Hoshijima M, Hattori T, Inoue M, Araki D, Hanagata H, Miyauchi A, Takigawa M

    FEBS Lett   580 ( 5 )   1376 - 1382   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2006.01.061

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Downregulation of rheumatoid arthritis-related antigen RA-A47 (HSP47/colligin-2) in chondrocytic cell lines induces apoptosis and cell-surface expression of RA-A47 in association with CD9. 査読 国際誌

    Takako Hattori, Klaus von der Mark, Harumi Kawaki, Yasutaka Yutani, Satoshi Kubota, Tohru Nakanishi, Heidi Eberspaecher, Benoit de Crombrugghe, Masaharu Takigawa

    Journal of cellular physiology   202 ( 1 )   191 - 204   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previously, we showed that gene expression of the rheumatoid arthritis-related antigen RA-A47, which is identical to human heat shock protein (HSP)47, was downregulated in chondrocytes by inflammatory cytokines such as TNFalpha. Associated with this phenomenon, RA-A47 appeared on the cell surface concomitant with upregulation of metabolic factors related to cartilage destruction. The upregulation of the metabolic factors could be achieved by downregulation of RA-A47 expression with ra-a47-specific anti-sense oligonucleotide. Here, we show that the enhanced surface expression of RA-A47 on a chondrocytic cell line, HCS-2/8 was also a direct result of RA-A47 downregulation by ra-a47 anti-sense oligonucleotide, independent of the cytokine effects. Moreover, cell-surface expression of CD9, a beta1 integrin-associated transmembrane protein that is involved in cell adhesion and cell motility events, was enhanced in the ra-a47 anti-sense oligonucleotide-treated cells. The CD9 was colocalized with RA-A47 on the cell surface, where it may have affected integrin signaling. Furthermore, Annexin-V binding to the cell surface and the level of a number of apoptosis-related genes including caspase-9 were increased after ra-a47 anti-sense oligonucleotide treatment, suggesting that enhanced surface expression of RA-A47 and CD9 may be initiating apoptosis. Differential screening using a cDNA gene array showed induction of metallothionein-III and chemokine receptor CXCR4 and of factors of the Notch signaling pathway by the anti-sense treatment, but not by TNFalpha. Thus, here we show for the first time an alternative mechanism of inducing apoptosis by downregulating molecular chaperones, independent of the action of TNFalpha. The surface-exposed RA-A47 may induce autoantibodies and inflammatory reactions in autoimmune disease situations such as rheumatoid arthritis.

    DOI: 10.1002/jcp.20112

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Differentiation of Human Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells to Chondrocytes for Construction of Three-dimensional Cartilage Tissue. 国際誌

    Chikayoshi Matsuda, Mutsumi Takagi, Takako Hattori, Shigeyuki Wakitani, Toshiomi Yoshida

    Cytotechnology   47 ( 1-3 )   11 - 7   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A differentiation method of human bone marrow mesenchymal stem cells (MSCs) to chondrocytes was developed for the construction of a three-dimensional (3D) cartilage tissue. The adhesive cells, which were isolated from a human bone marrow aspirate were embedded in type I collagen in a poly-L: -lactate-glycolic acid copolymer (PLGA) mesh and cultivated for 4 week together with growth factors. The degree of cellular differentiation was estimated by quantitative RT-PCR of aggrecan and type II collagen mRNAs and by staining with Safranin O. The 3D culture showed a higher degree of differentiation even without growth factors than the conventional pellet culture with growth factors, namely, dexamethasone and transforming growth factor (TGF)-beta 3. The 3D culture for 2 week with the combined addition of dexamethasone, TGF-beta 3, and insulin-like growth factor (IGF)-I reached a 30% expression of aggrecan mRNA compared with that in primary human chondrocytes, while the aggrecan mRNA expression in the conventional pellet culture was less than 2%. The sequential two-step differentiation cultivation, during which the cells were cultivated in 3D for 1 week after the conventional two-dimensional (2D) culture for 1 week, could markedly accelerate the expression of aggrecan mRNA compared with the 3D cultivation for 2 week.

    DOI: 10.1007/s10616-005-3751-x

    PubMed

    researchmap

  • Effect of Subcultivation of Human Bone Marrow Mesenchymal Stem on their Capacities for Chondrogenesis, Supporting Hematopoiesis, and Telomea Length. 国際誌

    Masaki Nakahara, Mutsumi Takagi, Takako Hattori, Shigeyuki Wakitani, Toshiomi Yoshida

    Cytotechnology   47 ( 1-3 )   19 - 27   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Effects of subcultivation of human bone marrow mesenchymal stem cells on their capacities for chondrogenesis and supporting hematopoiesis, and telomea length were investigated. Mesenchymal stem cells were isolated from human bone marrow aspirates and subcultivated several times at 37 degrees C under a 5% CO(2) atmosphere employing DMEM medium containing 10% FCS up to the 20th population doubling level (PDL). The ratio of CD45(-) CD105(+) cells among these cells slightly increased as PDL increased. However, there was no marked change in the chondrogenic capacity of these cells, which was confirmed by expression assay of aggrecan mRNA and Safranin O staining after pellet cell cultivation. The change in capacity to support hematopoiesis of cord blood cells was not observed among cells with various PDLs. On the other hand, telomere length markedly decreased as PDL increased at a higher rate than that at which telomere length of primary mesenchymal stem cells decreased as the age of donor increased.

    DOI: 10.1007/s10616-005-3752-9

    PubMed

    researchmap

  • A highly conserved enhancer in mammalian type X collagen genes drives high levels of tissue-specific expression in hypertrophic cartilage in vitro and in vivo. 査読 国際誌

    Sonja Gebhard, Ernst Pöschl, Silvia Riemer, Eva Bauer, Takako Hattori, Heidi Eberspaecher, Zhaoping Zhang, Veronique Lefebvre, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    Matrix biology : journal of the International Society for Matrix Biology   23 ( 5 )   309 - 22   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previously we have identified a cis-acting regulatory domain in the human type X collagen gene upstream of the transcription start site which acts as a strong enhancer in hypertrophic, but not in resting chondrocytes. Here we show that this enhancer is highly conserved also in the murine and bovine Col10a1 genes, but not found in the known promoter sequences of chicken Col10a1. It contains a functionally active AP-1 site (TPA Responsive Element, TRE) which is essential for the high transcriptional activity of the COL10A1 enhancer in transiently transfected hypertrophic chondrocytes. Gel-shift experiments with nuclear extracts of hypertrophic chondrocytes revealed FosB and Fra-1 as candidates regulating AP-1 factors binding to the TRE site. In fact, coexpression of FosB and Fra-1 in reporter gene assays greatly stimulated transcriptional activity of enhancer bearing reporter genes. Quantitative analysis of AP-1 factor mRNA levels in distinct fractions of fetal bovine epiphyseal chondrocytes by real-time PCR confirmed significant levels of FosB and Fra-1 mRNA besides other AP-1 factors in hypertrophic chondrocytes. A key role of the enhancer element in regulating tissue-specific expression of the Col10a1 gene was shown by establishing transgenic mouse lines with a reporter gene containing a 4.6 kb murine Col10a1 promoter fragment which included the enhancer, exon 1, part of exon 2 and the first intron. Reporter gene expression was seen exclusively in hypertrophic cartilages in the growth plates of long bones, ribs, vertebrae, sternum and mandibles of 17.5-18.5 dpc embryos, confirming that the 4.6 kb promoter is able to drive specific expression of Col10a1 in hypertrophic cartilage. These established transgenic lines should facilitate the genetic analysis of regulatory pathways of chondrocyte maturation and Col10a1 gene expression in the future.

    PubMed

    researchmap

  • Novel enzyme-linked immunosorbent assay systems for the quantitative analyses of connective tissue growth factor (CTGF/Hcs24/CCN2): Detection of HTLV-1 tax-induced CTGF from a human carcinoma cell line. 査読 国際誌

    Kawaki H, Kubota S, Minato M, Moritani N H, Hattori T, Hanagata H, Kubota M, Miyauchi A, Nakanishi T and Takigawa M

    DNA Cell Biol   22 ( 10 )   641 - 648   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/104454903770238111

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Downregulation of a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) by ra-a47 antisense oligonucleotides induces inflammatory factors in chondrocytes. 査読 国際誌

    Takako Hattori, Harumi Kawaki, Satoshi Kubota, Yasutaka Yutani, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark, Masaharu Takigawa

    Journal of cellular physiology   197 ( 1 )   94 - 102   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previously we have shown that the expression of RA-A47 (rheumatoid arthritis-related antigen) which is identical to HSP47, a collagen-binding chaperon, is downregulated in chondrocytes by tumor necrosis factor alpha (TNFalpha). RA-A47 was also found on the surface of chondrocytes where it is recognized as an antigen in the serum of rheumatoid arthritis (RA) patients. Its translocation to the cell surface from endoplasmic reticulum membrane where it is normally located was also enhanced by TNFalpha. To understand the significance of RA-A47 downregulation in chondrocytes independent from other effects of TNFalpha, we used an antisense oligonucleotide approach and investigated the effect of this treatment on the expression of molecules related to matrix degradation and production of growth factors for chondrocytic, endothelial, and synovial cells. Here we show that treatment of rabbit chondrocyes and human chondrosarcoma cells HCS-2/8 by ra-a47 antisense S-oligonucleotides significantly reduced the expression of ra-a47 both at mRNA and protein level. Interestingly, this TNFalpha-independent RA-A47 downregulation was associated with a strong induction of matrix metalloproteinase (MMP)-9 mRNA and inducible NO synthase (iNOS) mRNA. The induction of active-type MMP-9 was further detected by gelatin zymography. Under the same conditions, the release of basic fibroblast growth factor (bFGF) and connective tissue growth factor (CTGF) from HCS-2/8 cells into the conditioned medium (CM) was strongly enhanced. These effects were not a result of TNFalpha upregulation, since the ra-a47 antisense oligonucleotide treatment did not enhance TNFalpha synthesis. These observations indicate that downregulation of RA-A47 induces TNFalpha-independent cartilage-degrading pathways involving iNOS and MMP-9. Furthermore, the stimulation of bFGF and CTGF release from chondrocytes may stimulate the proliferation of adjacent endothelial and/or synovial cells.

    DOI: 10.1002/jcp.10341

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A repetitive steady mouth opening induced osteoarthritis-like lesion in rabbit temporomandibular joint. 査読

    Fujisawa T, Kuboki T, Kasai T, Sonoyama W, Kojima S, Uehara J, Komori C, Yatani H, Hattori T and Takigawa M

    J Dent Res   82 ( 9 )   731 - 735   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/154405910308200914

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CTGF/Hcs24 interacts with the cytoskeletoal protein actin in chondrocytes. 査読 国際誌

    Yosimichi, G., Kubota, S., Hattori, T., Nishida, T., Nawachi K, Nakanishi, T., Kamada, M, Takano-Yamamoto. and Takigawa, M.

    Biochem. Bophys. Res. Commun.   299 ( 5 )   755 - 761   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0006-291x(02)02739-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [Articular cartilage regeneration].

    Takako Hattori, Shigeyuki Wakitani

    Clinical calcium   12 ( 2 )   217 - 21   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The main functions of articular cartilages are load-bearing and reducing friction of the articular surfaces. Because the capacity of articular cartilage to repair is limited, many attempts have been made to repair articular cartilage defects, which include transplantations of various tissues or cells. Within them, autologous cultured chondrocyte or autologous bone marrow mesenchymal cell transplantations are reported to be useful methods to repair articular cartilage defects. Here, we introduce these methods of tissue engineering and gene therapy, which are expected to become new treatments of articular cartilage defects.

    PubMed

    researchmap

  • CTGF/Hcs24 induces chondrocyte differentiation through p44/42 MAPK/exracellular-signal regulated kinase (ERK). 査読

    Yosimichi, G., Nakanishi, T., Nishida, T., *Hattori, T., Takano-Yamamoto, T. and Takigawa, M.

    Eur. J. Biochem.   268 ( 23 )   6058 - 6065   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.0014-2956.2001.02553.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Cell-type-specific trans-activation of herpes simplex virus thymidine kinase promoter by the human T-cell leukemia virus type I Tax protein. 査読

    Kubota S, Mukudai Y, Hattori T, Eguchi T, Kondo S, Takigawa M

    DNA and cell biology   20 ( 9 )   563 - 568   2001年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/104454901317094972

    PubMed

    researchmap

  • Change in cellular localization of a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) with downregulation upon stimulation by inflammatory cytokines in chondrocytes. 査読

    Hattori, T, Kubota, S, Yutani Y, Fujisawa T, Nakanishi, T, Takahashi, K, Takigawa M

    J. Cell. Physiol.   186   268 - 281   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Regulatory mechanism of human connective tissue growth factor (CTGF/Hcs24) gene expression in a human chondrocytic cell line, HCS-2/8. 査読

    Eguchi, T, Kubota, S, Kondo, S, Shimo, T, Hattori, T, Nakanishi, T, Kuboki, T, Yatani, H, Takigawa, M

    J. Biochem.   130   79 - 87   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Novel mode of processing and secretion of connective tissue growth factor/ecogenin (CTGF/Hcs24) in chondrocytic HCS-2/8 cells. 査読

    Kubota, S, Eguchi, T, Shimo, T, Nishida T, Hattori, T, Kondo, S, Nakanishi, T, Takigawa, M

    Bone   29   155 - 161   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Characterization of a Mouse ctgf 3′-UTR Segment That Mediates Repressive Regulation of Gene Expression 査読

    Seiji Kondo, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Takako Hattori, Tohru Nakanishi, Toshio Sugahara, Masaharu Takigawa

    Biochemical and Biophysical Research Communications   278 ( 1 )   119 - 124   2000年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    We isolated a small segment of the 3'-untranslated region (3'-UTR) in the mouse connective tissue growth factor (ctgf/fisp12) gene and evaluated its functionality. Comparison of the nucleotide sequences of human and mouse ctgf 3'-UTRs revealed a conserved small segment of 91 bases. The corresponding segments of the 3'-UTRs shared as much as 82.4% homology, whereas the overall homology between the 3'-UTRs was 71.8%. To study the functionality of the conserved segment, the corresponding region of mouse ctgf cDNA was amplified from NIH3T3 cells. When it was fused downstream of a marker gene, it showed remarkable repressive effects on gene expression. The repressive effect of the sense form was more prominent than that of the antisense form. Computer analyses of these sequence predicted stable secondary structures, suggesting that they act at the RNA level. The predicted structures of the sense and antisense forms appeared to be slightly different, which is consistent with the difference in repressive function. These findings defined the conserved small element in the mouse ctgf gene as a potent negative regulator of gene expression, which may act at a posttranscriptional level. (C) 2000 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.2000.3780

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Shear bond strengths of orthodontic plastic brackets

    G. Guan, T. Takano-Yamamoto, M. Miyamoto, T. Hattori, K. Ishikawa, K. Suzuki

    American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   117 ( 4 )   438 - 443   2000年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of the present study was to evaluate the shear bond strengths of plastic brackets and the influences of the bracket filler contents on the bonding. The shear bond strengths of 4 plastic brackets (Spirit; Spirit MB; Clear Bracket; Aesthetic-Line) bonded to enamel with 4 orthodontic adhesives (Orthomite Superbond; System 1+; Transbond XT; and Kurasper-F) were compared with the strength of a conventional metal bracket. The findings of this study indicated the following: (1) shear bond strength of the 4 plastic brackets was significantly lower than that of the conventional metal brackets (P <.05), with most of the values ranging from 3 MPa to 6 MPa; (2) when comparing the bond strengths of plastic brackets, Aesthetic-Line had the largest value followed by Spirit MB, Spirit, and Clear Bracket, and when the plastic brackets were bonded with Orthomite Superbond, they showed relatively stronger bond strengths than when bonded with the other adhesives. Clear Bracket showed relatively lower values especially when bonded with System 1+; (3) the application of primer did not increase the durability of the bond strengths when bonding Spirit and Clear brackets; and (4) fillers contained in each plastic bracket ranging from 9.18% to 19. 52% were fairly well distributed and showed the same morphology of a fiber type 10 microm in diameter with different lengths. The filler concentration tended to correlate with the bond strength. The exposed fillers on the bracket base surface may play a more important role in plastic bracket adhesion than the macro-morphology of the base surface.

    DOI: 10.1016/S0889-5406(00)70163-6

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Matrix Metalloproteinases and Tissue Inhibitors of Metalloproteinases in Synovial Fluids of Patients with Temporomandibular Joint Osteoarthritis 査読

    Manabu Kanyama, Takuo Kuboki, Shunji Kojima, Takuo Fujisawa, Takako Hattori, Masaharu Takigawa, Atsushi Yamashita

    Journal of Orofacial Pain   14 ( 1 )   20 - 30   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aims: Imbalance between matrix metalloproteinases (MMPs) and their inhibitors (TIMPs) may be involved in the breakdown of articular cartilage matrix of the temporomandibular joint (TMJ). Aims: In this study, MMPs, TIMPs, and MMP-1/TIMP-1 complex levels were examined in TMJ synovial fluid samples aspirated from TMJ osteoarthritis (OA) patients (2 males, 8 females
    mean age, 29.7 years) and asymptomatic control subjects (2 males, 8 females
    mean age, 23.6 years) to determine the likelihood of increased proteolytic activity in the OA joints. Methods: The various types of MMPs and TIMPs were detected by Western blotting with monoclonal antibodies and gelatin zymography. The MMP-1/ TIMP-1 complex level was measured by an enzyme-linked immunosorbent assay kit. All aspirates were first analyzed for total protein content and then individually diluted to make the total protein levels equivalent. Results: The mean MMP-1/TIMP-1 complex concentration in the synovial fluids of the OA patients was 3.92 ± 1.39 ng/mL
    this value was significantly lower (P &lt
    0.05) than the value from control subjects (5.46 ± 1.32 ng/mL). Matrix metalloproteinase-1 (52 kDa), MMP-3 (57 kDa), TIMP-1 (28 kDa), and TIMP-2 (26 kDa) were detected in all of the normal and the OA samples. However, MMP-1 (28 kDa), MMP-2 (72 kDa), MMP-3 (45 kDa), and MMP-9 (83 kDa) were detected in higher concentration in the OA samples. Conclusion: These findings suggest a strong association between the OA-active joints and the presence of biologically active forms of known tissue degradation enzymes (MMP-1, MMP-3, and MMP-9).

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Novel intracellular effects of human connective tissue growth factor expressed in Cos-7 cells.

    Kubota, S, Hattori, T, Shimo, T, Nakanishi, T, Takigawa, M

    FEBS Letters   474   58 - 62   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Identification of an RNA element that confers post-transcriptional repression of connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) gene: Similarities to retroviral RNA-protein interactions. 査読

    Kubota, S, Kondo, S, Eguchi1, T, Hattori, T, Nakanishi, T, Pomerantz, R.J, Takigawa, M

    Oncogene   19   4773 - 4786   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 軟骨由来の慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47に関する研究(Study on a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) isolated from chondrocytes). 査読

    服部高子

    2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • Rheumatoid arthritis related antigen 47 kDa (RA-A47) is a product of colligin-2 and acts as a human HSP47. 査読

    Hattori, T, Takahashi, K, Yutani Y, Fujisawa T, Nakanishi, T, Takigawa M

    J.Bone Miner.Metab.   18 ( 印刷中 )   323 - 334   2000年

  • 軟骨細胞様培養細胞株HCS-2/8における慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47の炎症性サイトカインによる発現抑制と細胞内局在変化. (Downregulation of a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) by stimulation of inflammatory cytokines in chondrocytic cell line, HCS-2/8). 査読

    服部高子

    岡山歯学会雑誌   19 ( 2 )   241 - 254   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    ra-a47mRNAにおいてTGFβで発現量が増加し,II型コラーゲン遺伝子(COL2A1)mRNAの発現量の増加と同調していることが観察された.対称的に,腫瘍壊死因子(TNF)α,インターフェロン(IFN)β,インターロイキン(IL)-6等の炎症性サイトカイン刺激によってra-a47mRNAの発現量は減少したが,COL2A1mRNAの発現量は減少せず,むしろ増加することがHCS-2/8で観察された.更に,誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)mRNA,マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP-9)mRNAの発現がTNFα刺激で強く誘導されていることが明らかとなった

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Specific Antibodies against Human Cultured Chondrosarcoma (HCS-2/8) and Osteosarcoma (Saos-2) cells Detected in the Serum of the TMJ Osteoarthritis Patients. 査読

    Kuboki, T, Hattori, T, Mizushima, T, Kanyama, M, Fujisawa, T, Yamashita, A, Takigawa, M

    Archives of Oral Biology   44 ( 5 )   403 - 414   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0003-9969(99)00009-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cyclic mechanical stress induces extracelluar matrix degradation in cultured chondrocytes via gene expression of matrix metalloproteinases and interleukin-1 査読

    Fujisawa, T., Hattori, T., Takahashi, K., Kuboki, T., Yamashita, A., Takigawa, M.

    J. Biochem   125 ( 5 )   966 - 975   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jbchem.a022376

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Involvement of cis-acting repressive element(s) in the 3'-untranslated region of human connective tissue growth factor gene. 査読

    Kubota, S, Hattori, T, Nakanishi, T, Takigawa, M

    FEBS Letters   450   84 - 88   1999年

     詳細を見る

  • Demonstration of receptors specific for connective tissue growth factor on a human chondrocytic cell line (HCS-2/8)

    T Nishida, T Nakanishi, T Shimo, M Asano, T Hattori, T Tamatani, K Tezuka, M Takigawa

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   247 ( 3 )   905 - 909   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    The presence of receptors specific for connective tissue growth factor (CTGF) was demonstrated on a human chondrosarcoma-derived chondrocytic cell Line, HCS-2/8. The binding of I-125-labeIed recombinant CTGF to HCS-2/8 cells was inhibited by unlabeled CTGF but not by PDGF-BB or bFGF. Scatchard analysis revealed the presence of two classes of binding sites with Rd values of 18.6 and 259 nM on cells. A cross-linking study revealed the formation of I-12S-CTGF-receptor complex with an apparent molecular weight of 280 kDa, The I-125-CTGF-receptor complex disappeared almost completely on the addition of unlabeled CTGF but not PDGF-BB or bFGF, In addition, the I-125-CTGF-receptor complex was immunoprecipitated with anti-CTGF antiserum but not with anti-PDGF receptor antiserum. These findings suggest that CTGF directly binds to specific receptor molecules on HCS-2/8 cells. (C) 1998 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.8895

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Nitric oxide mediates interleukin-1-induced gene expression of matrix metalloproteinases and basic fibrobrast growth factor in cultured rabbit articular chondrocytes 査読

    Sasaki, K, Hattori, T, Fujisawa, T, Takahashi, K, Inoue, H, Takigawa, M

    J. Biochem.   123 ( 3 )   431 - 439   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jbchem.a021955

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Demonstration of receptors for epidermal growth factor on cultured rabbit chondrocytes and regulation of their expression by various growth and differentiation factors. 査読

    Nishida,T, Nakanishi,T, Shimo,T, Asano,M, Hattori,T, Tamatani,T, Tezuka,K, Takigawa,M

    Biochem.Biophys.Res.Commun.   183   14 - 20   1998年

     詳細を見る

  • Isolation and characterization of a rheumatoid arthritis-specific antigen (RA-A47) from a human chondrocytic cell line (HCS-2/8). 査読

    Hattori, T, Fujisawa, T, Sasaki, K, Yutani, Y, Nakanishi, T, Takahashi, K, Takigawa, M

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   245 ( 3 )   679 - 683   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.8505

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Specific serum antibodies against membranous proteins of a human immortal chondrocytic cell line (HCS-2/8) in rheumatoid arthritis and their relationship to the natural history of this disease 査読

    Akira Sakawa, Yasutaka Yutani, Kentaro Inui, Akira Shimazu, Yoshiki Yamano, Akira Kinosita, Fujio Suzuki, Takako Hattori, Masaharu Takigawa

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   14 ( 3 )   146 - 152   1996年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    An immortal human chondrocytic cell line (HCS-2/8) derived from a chondrosarcoma was used as a source of human antigens to find humoral antibodies to cell surface proteins of human chondrocytes in sera from patients with rheumatoid arthritis (RA). Membrane fractions prepared from the cell line were subjected to Western blot analysis using RA and normal sera as probes. RA sera recognized about a dozen bands, but three of these bands, with molecular weights of 105 kDa, 68 kDa, and 47 kDa, were found to be specific for the RA sera (P < 0.05). These bands disappeared following V8 protease digestion, indicating that they were proteins. Among patients with 4 years or more of RA disease activity, reactivity against 105-kDa and 68-kDa proteins was relatively high in those whose joints showed a high degree of erosion. We suspect that levels of these two antibodies are suggestive of changes associated with the natural course of RA.

    DOI: 10.1007/bf02239482

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/BF02239482/fulltext.html

  • Novel FNR homologues identified in four representative oral facultative anaerobes: Capnocytophaga ochracea, Capnocytophaga sputigena, Haemophilus aphrophilus, and Actinobacillus actinomycetemcomitans 査読

    T Hattori, K Takahashi, T Nakanishi, H Ohta, K Fukui, S Taniguchi, M Takigawa

    FEMS MICROBIOLOGY LETTERS   137 ( 2-3 )   213 - 220   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Based upon DNA sequence data and positive immunochemical reactivity of expressed protein, novel homologues of the FNR family were identified in four representative oral facultative anaerobes: Capnocytophaga ochracea, Capnocytophaga sputigena, Haemophilus aphrophilus, and Actinobacillus actinomycetemcomitans. The similarity to E. coli FNR and to HlyX (itself 71% similar to E. coli FNR, while regulating expression of hemolysin operon in Actinobacillus pleuropneumoniae) was estimated from the deduced partial amino acid sequence to be, in the above order of tested species, 98, 98, 86, and 85%, and 75, 75, 88, and 88%, respectively. The phylogenetic relatedness indicates a rather closer link of HlyX to the FNR homologues from both pathogens, H. aphrophilus and A. actinomycetemcomitans. The possibility that the A. actinomycetemcomitans FNR homologue functions as a redox-sensing transcriptional factor to regulate, in addition to anaerobic respiration, microaerobic expression of the leukotoxin operon (Itx gene) is suggested.

    DOI: 10.1111/j.1574-6968.1996.tb08108.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Nitric oxide mediates interleukin-1-induced matrix degradation and basic fibroblast groth factor release in cultured rabbit articular chondrocytes: A possible mechanism of pathological neovascularization in arthritis. 査読

    Tamura, T, Nakanishi, T, Kimura, Y, Hattori, T, Sasaki, K, Norimatsu, H, Takahashi, K, Takigawa, M

    Endocrinology   137 ( 9 )   3729 - 3737   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Nitric oxide mediates interleukin-1-induced matrix degradation and basic fibroblast growth factor release in cultured rabbit articular chondrocytes: A possible mechanism of pathological neovascularization in arthritis

    Tomoo Tamura, Tohru Nakanishi, Yusuke Kimura, Takako Hattori, Kazuhiro Sasaki, Hiromichi Norimatsu, Kojiro Takahashi, Masaharu Takigawa

    Endocrinology   137 ( 9 )   3729 - 3737   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Prolonged incubation with interleukin-1β (IL-1) induced the release of large amounts of NO and subsequently inhibited DNA synthesis and the biosynthesis and accumulation of proteoglycans in cultured rabbit articular chondrocytes (RAC). IL-1 also inhibited DNA synthesis in bovine aortic endothelial cells (BAE). On the other hand, DNA synthesis in BAE cocultured with RAC was not inhibited by prolonged incubation with IL-1. Moreover, conditioned media from RAC incubated for a long period with IL-1 stimulated DNA synthesis in BAE alone. This growth stimulatory activity was mainly due to the release of basic fibroblast growth factor, a heparin-binding growth factor, into RAC culture. Gelatin zymography of the RAC culture medium revealed that IL-1 increased the production of matrix met alloproteinase-2 (MMP-2) and MMP-9. N(G)-Monomethyl-L-arginine, an inhibitor of NO synthesis, inhibited all of these actions of IL-1. These results indicate that NO from RAC treated with IL-1 stimulates MMPs, which, in turn, degrade the extracellular matrix produced by RAC, resulting in the release of large amounts of basic fibroblast growth factor stored in the matrix, which then stimulates adjacent BAE proliferation. Thus, NO produced from RAC treated with IL-1 may modulate angiogenesis in the synovium of arthritic patients.

    DOI: 10.1210/endo.137.9.8756539

    Scopus

    researchmap

  • Expression of nerve growth factor family neurotrophins in a mouse osteoblastic cell line

    Tohru Nakanishi, Kojiro Takahashi, Chiharu Aoki, Kiyoshi Nishikawa, Takako Hattori, Shigehiko Taniguchi

    Biochemical and Biophysical Research Communications   198 ( 3 )   891 - 897   1994年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    With cultured osteoblastic cells, clone MC3T3-E1 derived from newborn mouse calvaria, the mRNAs encoding three representative neurotrophins, namely, nerve growth factor (NGF), brain-derived neurotrophic factor (BDNF) and neurotrophin-3 (NT-3), were proved in estimation by the polymerase chain reaction (PCR) method. The increase and then subsequent decrease of all three mRNAs within the proliferation phase were followed by their gradual increase in the differentiation phase, with a tendency of enhancement by exogenous TGF-β as was particularly evident in the case of NGF. These findings were further substantiated by identification of NGF-like neurotrophins in the conditioned medium of the osteoblastic cells by an immunoblotting and neurite extension assay. © 1994 Academic Press, Inc.

    DOI: 10.1006/bbrc.1994.1127

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • REPRESSION OF IN-VITRO TRANSCRIPTION OF THE ESCHERICHIA-COLI FNR AND NARX GENES BY FNR PROTEIN 査読

    K TAKAHASHI, T HATTORI, T NAKANISHI, T NOHNO, N FUJITA, A ISHIHAMA, S TANIGUCHI

    FEBS LETTERS   340 ( 1-2 )   59 - 64   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In facultative anaerobes, the anaerobic expression of respiratory genes is regulated by a transcriptional activator, FNR. Transcription in vitro of the E. coli fnr gene was repressed by its product, FNR. The transcription of the E. coli nar X gene encoding the nitrate sensor protein was likewise repressed. DNA truncation experiments for fnr and nar X genes indicated that multiple anaero-boxes in each promoter region are essential for repression by the FNR protein, but they also suggest that factor-independent upstream activation signals are operating with these promoters.

    DOI: 10.1016/0014-5793(94)80173-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Expression of nerve growth factor family neurotrophins in a mouse osteoblastic cell line. 査読

    Nakanishi, T, Takahashi, K, Aoki, C, Nishikawa, K, Hattori, T, Taniguchi, S

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   198 ( 3 )   891 - 897   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Differential expression of homeobox-containing genes Msx-1 and Msx-2 and homeoprotein Msx-2 expression during chick craniofacial development. 査読

    Nishikawa, K, Nakanishi, T, Aoki, C, Hattori, T, Takahashi, K, Taniguchi, S

    Biochem. Mol. Biol. Inter.   32 ( 4 )   763 - 771   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Studies on phosphorylated transcriptional regulator (NarL) for E. coli nar operon by 31P-NMR spectroscopy

    Takahashi, K, Hattori, T, Shindo, H, Noji, S, Nohno, T, Saito, T, Taniguchi, S

    Biochem. Mol. Biol. Inter.   31 ( 1 )   161 - 168   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 口腔細菌の嫌気的呼吸系発現に係わるFNR様転写制御蛋白質

    高橋 浩二郎, 服部 高子, 太田 寛行, 野地 澄晴, 加藤 慶二郎, 谷口 茂彦

    歯科基礎医学会雑誌   34 ( 5 )   459 - 466   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    口腔細菌の酸素分圧の応答性を調べる目的で, E.coliの酸素センサーであると同時に嫌気的呼吸系遺伝子群の活性化因子として機能するFNR蛋白質と類似の蛋白質の口腔細菌での存在を調べた。E. coliの精製FNR蛋白質に対する家兎抗FNR血清を用いたウエスタンブロット法で, 嫌気的条件下で増殖できる代表的な5株の口腔細菌のFNR様因子の同定を行った。通性嫌気性細菌であるA. actinomycetemcomitdnsについてはFNR様因子を確認することができたが, 嫌気的呼吸系を有する微好気性細菌や偏性嫌気性細菌あるいは糖発酵やアミノ酸異化代謝をエネルギー獲得系として利用する細菌ではそのような蛋白質は確認できなかった。また, A. actinomycetemcomitansでのFNR様因子の発現量は, その増殖速度の減少に対応して増加し, 培地の酸化還元電位が-250mV付近の微好気的条件下で最大であった。

    DOI: 10.2330/joralbiosci1965.34.459

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Molecular and Genetic Interactions between CCN2 and CCN3 behind Their Yin-Yang Collaboration.

    Kubota S, Kawata K, Hattori T, Nishida T( 担当: 共著)

    Int J Mol Sci., MDPI  2022年 

     詳細を見る

  • Cellular communication network factor 3 in cartilage development and maintenance.

    Kubota S, Kawaki H, Perbal B, Kawata K, Hattori T, Nishida T( 担当: 共著)

    J Cell Commun. Signal.  2021年 

     詳細を見る

  • Retrotransposons Manipulating Mammalian Skeletal Development in Chondrocytes

    Kubota S, Ishikawa T, Kawata K, Hattori T, Nishida T.( 担当: 共著)

    Int J Mol Sci., MDPI  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    researchmap

  • 低身長治療のみでなく関節機能維持によるアンチエイジング療法の開発を目的とした軟骨組織の概日リズム形成機構の解明

    ( 担当: 単著)

    一般社団法人至誠会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • New function of Tip60 in controlling triacylglycerol synthesis.

    ( 担当: 単著)

    Biotarget  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    researchmap

  • Generation and Analysis of Cartilage-Specific CCN2 Overexpression in Transgenic Mice.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    Hattori T, Itoh S, and Takigawa M( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:391-403   記述言語:英語

    researchmap

  • Protocols for Screening for Binding Partners of CCN Proteins: Yeast Two-Hybrid System.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    Hoshijima M, Hattori T, Takigawa M( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:145-154   記述言語:英語

    researchmap

  • Production of Recombinant CCN2 Protein in Escherichia coli.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    Aoyama E, Hattori T, Kubota S and Takigawa M( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:77-84   記述言語:英語

    researchmap

  • Protein Imaging of CCN2 and CCN3 in Living Cells.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    Hattori T, Hoshijima M, and Takigawa M( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:211-215   記述言語:英語

    researchmap

  • CCNファミリーメンバー2/結合組織成長因子(CCN2/CTGF)の軟骨組織特異的過剰発現はインスリン様成長因子の発現と骨の成長を誘発する

    服部高子( 担当: 単著)

    日本骨代謝学会ホームページ  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 骨伸長促進効果を有する結合組織成長因子CTGF/CCN2の低身長治療への応用のための基礎研究

    服部高子、西田崇、久保田聡( 担当: 共著)

    成長科学協会研究年報  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 骨軟骨血球系の統合形成におけるトランスモジュレーターとしてのCCN2の役割

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 祟, 青山 絵理子

    久保田聡  2007年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1冊  

    CiNii Books

    researchmap

  • 結合組織成長因子CTGF/CCN2

    服部高子, 久保田聡, 滝川正春

    The Lung perspectives, メディカルレビュー社  2007年 

     詳細を見る

  • 関節リウマチにおける自己抗原と分子シャペロン—軟骨細胞におけるその役割

    服部高子, 滝川正春( 担当: 分担執筆)

    Clinical Calcium, 医薬ジャーナル  2006年 

     詳細を見る

  • 1. 骨,6.石灰化の機構、骨と軟骨のバイオロジー

    服部高子, 滝川正春( 担当: 分担執筆)

    金原出版  2002年 

     詳細を見る

  • 軟骨由来の慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47に関する研究(Study on a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) isolated from chondrocytes).

    服部高子( 担当: 単著)

    2000年9月 

     詳細を見る

  • マトリクラインとMMP,現代医療

    服部高子, 滝川正春( 担当: 分担執筆)

    現代医療社  2000年 

     詳細を見る

  • VEGF, 関節外科

    服部高子, 滝川正春( 担当: 分担執筆)

    メジカルビュー社  1998年 

     詳細を見る

  • 血管新生に関与する因子とその作用機序-化学的因子,ボリアミン-

    血管新生療法-基礎と臨床,真興貿易 

     詳細を見る

  • 石灰化の機構

    骨・軟骨の生物学-基礎知識 金原出版 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 軟⾻組織においてCCN3の発現上昇は、年齢、荷重の有無に関わらず軟⾻ 変性度と相関する

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 奥田 龍一郎, Janvier Habumugisha, 近藤 星, Shanqi Fu, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    第46回日本分子生物学会年会   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 軟骨組織の加齢とともに発現が上昇するCCN3は、その発現上昇と軟骨変性度が年齢、荷重の有無に関わらず相関する

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    第96回日本生化学会大会   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 軟骨組織におけるCCN3の老化マーカーとしての役割と、CCN3の異所性発現による加齢様退行性変化の促進

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 近藤 星, 古松 毅之, 中田 英二, 原 哲也, 久保田 聡, 服部 高子

    日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集   55回   158 - 158   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会  

    researchmap

  • CCN3は軟骨細胞老化マーカーであり,年齢,荷重の有無に関わらず変形性関節症と相関する

    服部高子, 滝川正春, 久保田聡

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2023   2023年

     詳細を見る

  • 軟骨組織の加齢変性におけるCCN3の機能

    桑原実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 服部高子, 久保田聡

    第95回日本生化学会   95回   1T14a - 08   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞におけるメトホルミンによるlong non-coding RNA,UCA1およびCCN2の発現制御

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   45th   2022年11月

     詳細を見る

  • DO NOT OVERWORK: CCN3 FOR LIFE IN CARTILAGE

    Kubota S, Kawaki, H, Perbal, B, Takigawa, M, Kawata1, K, Hattori1 T, Nishida, T

    The 11th International Workshop on the CCN family of Genes   2022年10月

     詳細を見る

  • メトホルミンの軟骨細胞におけるlong non-coding RNA, UCA1およびCCN2の発現制御と代謝における意義

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第13回日本CCNファミリー研究会   2022年9月

     詳細を見る

  • CCN3の関節軟骨における発現は、年齢、荷重の有無に関わらず変形性関節症と相関する –股関節を用いた研究–

    廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡

    第13回日本CCNファミリー研究   2022年9月

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦 卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    第40回日本骨代謝学会   40th   2022年7月

     詳細を見る

  • Cysltr1変異はリポポリサッカリドによるマウス頭蓋冠の骨破壊に影響しない

    藤田洋史, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   127th   2022年

     詳細を見る

  • メトホルミンによる非コードRNA誘導と軟骨細胞分化促進作用

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   34th   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   34th ( 1 )   S152 - S152   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • グルタチオンによる破骨細胞形成促進にシステイニルロイコトリエン受容体CysLTR1は関与しない

    藤田洋史, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   75th (CD-ROM)   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 服部高子, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    日本骨形態計測学会雑誌   32 ( 1 )   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3の相関

    廣瀬一樹, 廣瀬一樹, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 小浦卓, 井上智博, 服部高子, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   49th   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 廣瀬一樹, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦卓, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 8 )   2022年

     詳細を見る

  • マウス副腎におけるUCP1の発現は寒冷刺激により上昇しない.

    藤田 洋史, 土生田 宗憲, 服部 高子, 久保田 聡, 公文 裕己, 大内 淑代

    第44回日本分子生物学会年会, 横浜(ハイブリッド開催)(口演)(P)[2P-0610]   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • メトホルミンの軟骨細胞におけるUCA1誘導をともなった分化促進作用

    近藤星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第44回日本分子生物学会年会横浜(ハイブリッド開催)(口演)(P)[3P-0622]   44th   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • メトホルミンによるUCA1を介した軟骨保護作用の解析

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第42回岡山歯学会,岡山 (Web開催) (O)   40 ( 2 )   38 - 39   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • メトホルミンのUCA1誘導および軟骨細胞分化促進作用

    近藤星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第94回日本生化学会大会, 横浜(Web開催)(口演)(P)[P-715(1T13e-09)]   94th   [1T13e - 715)]   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Cysltr1遺伝子変異は破骨細胞分化と炎症性骨破壊に影響しない

    藤田 洋史, 土生田 宗憲, 大野 充昭, 大橋 俊孝, 服部 高子, 久保田 聡, 大内 淑代

    第94回日本生化学会大会, 横浜(Web開催)[P-925]   94th   [P - 925]   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN3は関節軟骨の加齢性変性を促進する

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   138 - 138   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 変形性肩関節症モデルとしてのCCN3過剰発現マウス

    廣瀬 一樹, 服部 高子, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 尾崎 敏文, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   151 - 151   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • OCN3は関節軟骨の加齢性変性を促進する

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   138 - 138   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症モデルとしてのCCN3過剰発現マウス

    廣瀬 一樹, 服部 高子, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 尾崎 敏文, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   151 - 151   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Circadian production of melatonin and its receptors influence metabolism and rhythmic gene expression in chondrocytes

    Shanqi Fu, 桑原実穂, 内田瑶子, 近藤星, 池亀美華, 丸山雄介, 服部淳彦, 林大智, 下村侑司, 高垣安紗美, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    第62回 日本生化学会 中国・四国支部例会 2021, 9, 10-11, 岡山 (WEB開催)   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 成体神経筋接合部でのCCN ファミリーの役割

    大河原美静, 服部高子, 久保田聡, 伊藤美佳子, 増田章男, 滝川正春, Karen M. Lyons, 大野欽司

    第12回日本CCNファミリー研究会, 岡山(Web開催)   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • メトホルミンの軟骨細胞分化促進作用におけるUCA1とCCN2の役割

    近藤星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第12回日本CCNファミリー研究会, 岡山(Web開催)(口演)   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 副腎髄質におけるUCP1タンパク質発現のUCP1レポーターマウスを用いた検証(UCP1-reporter mice reveal UCP1 protein expression in the adrenal medulla)

    Fujita Hirofumi, Habuta Munenori, Hattori Takako, Kubota Satoshi, Kumon Hiromi, Ohuchi Hideyo

    The Journal of Physiological Sciences   71 ( Suppl.1 )   105 - 105   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    researchmap

  • non-coding RNAを介したメトホルミンの抗線維化作用の解析

    近藤 星, 服部 高子, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 吉岡 洋祐, 森谷 徳文, 飯田 征二, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本口腔科学会雑誌   70 ( 2 )   134 - 134   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Plasma melatonin enhances growth, inhibits maturation, and adjusting circadian rhythm of melatonin production in chondrocytes

    Fu Shanqi, Kuwahara Miho, Uchida Yoko, Kondo Sei, Nishida Takashi, Ikegame Mika, Maruyama Yusuke, Hattori Atsuhiko, Takagaki Asami, Shimomura Yuji, Hayashi Daichi, Kubota Satoshi, Hattori Takako

    第33回日本軟骨代謝学会2021, 3, 26-7, 岐阜 (WEB開催)(O)   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 軟骨細胞老化促進因子としてのCCN3

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    第33回日本軟骨代謝学会、2021, 3, 26-7,岐阜(WEB開催) (O)   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 腸内細菌の有無が胎児内軟骨成長に与える影響

    内田瑶子, 服部高子, 福原大樹, Fu Shanqi, 近藤 星, 桑原実穂, イスラム モニルル, 片岡広太, 江國大輔, 久保田聡, 森田 学

    第33回日本軟骨代謝学会、2021, 3, 26-7,岐阜 (WEB開催) (P)   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    移植(Web)   56 ( 4 )   2021年

     詳細を見る

  • 軟骨組織におけるCCN3の老化促進作用

    桑原実穂, 桑原実穂, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 皆木省吾, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • メトホルミンの軟骨細胞分化に対する作用の解析

    近藤 星, 服部 高子, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 森谷 徳文, 飯田 征二, 滝川 正春, 久保田 聡

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   36 - 36   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • non-coding RNAを介したメトホルミンの抗線維化作用の解析

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd ( 2 )   134 - 134   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト関節軟骨での律動的遺伝子発現におけるメラトニンの作用

    フシャンキ, 桑原実穂, 内田瑶子, 近藤星, 西田崇, 池亀美華, 久保田聡, 服部高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(CD-ROM)   38回   141 - 141   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 発生と疾患にみる新たな細胞間コミュニケーション 母体腸内細菌叢の有無が胎児骨格形成に与える影響

    福原 瑶子, 服部 高子, 池亀 美華, 久保田 聡, 岡村 裕彦

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2020   119 - 119   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • ヒト関節軟骨細胞におけるリズム遺伝子発現に対するメラトニンの効果

    FU Shanqi, 桑原実穂, 内田瑶子, 林大智, 下村侑司, 高垣安紗美, 西田崇, 中田英二, 古松毅之, 近藤星, 丸山雄介, 服部淳彦, 久保田聡, 服部高子

    日本生化学会大会(Web)   93回   [2Z12 - 484)]   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腸内細菌の有無が胎児内軟骨成長に与える影響

    内田瑶子, 服部高子, 福原大樹, FU Shanqi, 近藤星, 桑原美穂, ISLAM Monirul, 片岡広太, 江國大輔, 久保田聡, 森田学

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   33rd   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 母体腸内細菌叢の有無が胎児骨格形成に与える影響

    福原瑶子, 服部高子, 池亀美華, 久保田聡, 岡村裕彦

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2020   2020年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞老化促進因子としてのCCN3

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   33rd   2020年

     詳細を見る

  • Cysltr1ノックアウトマウスを用いたシステイニルロイコトリエン受容体1の骨粗鬆症モデルにおける機能解明

    藤田洋史, 安藤碧, 大野充昭, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th   2020年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞は加齢にともなってCCN3を高発現し,その過剰発現は軟骨加齢を促進する

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年12月

     詳細を見る

  • CCNは軟骨細胞の加齢に伴い発現上昇し、過剰発現は軟骨加齢を促進する

    桑原 実穂, 武内 聡子, 近藤 星, Shanqi Fu, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    岡山歯学会雑誌   38 ( 2 )   85 - 86   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 長鎖(約6kb)lssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによるノックインの試み

    近藤星, 桑原実穂, FU Shanqi, 武内聡子, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    日本生化学会大会(Web)   92nd   [2T12m - 06]   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 長鎖(約6kb)IssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによるノックインの試み

    近藤 星, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 武内 聡子, 池田 健司, 石川 崇典, 大野 充昭, 西田 崇, 久保田 聡, 服部 高子

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2T12m - 06]   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞は松果体由来のメラトニン刺激で概日リズムを持ってメラトニンを産生し,増殖を促進し,肥大化を抑制する

    FU Shanqi, 桑原実穂, 内田揺子, 近藤星, 西田崇, 池亀美華, 久保田聡, 服部高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   37回   207 - 207   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞におけるロイコトリエン系の機能解析:CRISPR-Cas9を用いたcysltr1ノックアウトマウスの作製

    藤田洋史, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   124th   2019年

     詳細を見る

  • 長鎖(約6kb)ssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによる高効率ノックインの試み

    近藤星, 桑原実穂, FU Shanqi, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st   2018年11月

     詳細を見る

  • CCN2とRab14の相互作用が骨・軟骨細胞の基質産生に及ぼす役割

    星島 光博, 服部 高子, 田中 智代, 上岡 寛, 滝川 正春

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   77回   239 - 239   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2とRab14の相互作用が骨・軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割 軟骨分化促進因子CCN2の新たな細胞内機能

    星島 光博, 服部 高子, 青山 絵理子, 西田 崇, 久保田 聡, 上岡 寛, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   448 - 448   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨におけるメラトニンとその受容体の日周的合成は軟骨の律動的遺伝子発現に影響を及ぼす(Circadian production of melatonin and its receptors in cartilage influences chondrocyte rhythmic gene expression)

    Fu Shanqi, 桑原 実穂, 内田 瑶子, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美, 西田 崇, 丸山 雄介, 池亀 美華, 服部 淳彦, 服部 高子, 久保田 聡

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   91回   [1T14m - 250)]   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 破骨細胞におけるロイコトリエン系の機能解明:CRISPR-Cas9を用いたalox5apノックアウトマウスの作製

    藤田洋史, 長尾僚祐, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本生化学会大会(Web)   91st   [3P - 234]   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト科霊長類特異的lncRNAのエレクトロポレーションによる マウス受精卵への効率的なノックインの試み

    近藤 星, 桑原実穂, Fu Shanqi, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田 崇, 久保田聡, 服部高子

    ブレインストーミング2018、瀬戸内市、2018, 9, 15 (P)   2018年9月

     詳細を見る

  • ゲノム編集マウスを用いた破骨細胞分化におけるロイコトリエン合成関連遺伝子の機能解析

    藤田洋史, 長尾僚祐, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   123rd   2018年

     詳細を見る

  • CCN2とRab14の相互作用が骨・軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島 光博, 服部 高子, 青山 絵理子, 西田 崇, 田中 智代, 久保田 聡, 上岡 寛, 滝川 正春

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [2P - 0285]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨組織におけるメラトニン合成とその受容体発現は概日リズムを持ち、軟骨細胞の代謝に影響を及ぼす

    服部 高子, Fu Shanqi, 桑原 実穂, 内田 瑶子, 近藤 星, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美, 西田 崇, 丸山 雄介, 池亀 美華, 服部 淳彦, 久保田 聡

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [2P - 1190]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞分化に関わる長鎖ノンコーディングRNAの骨形成における役割

    石川 崇典, 村瀬 友里香, 西田 崇, 服部 高子, 大野 充昭, 上岡 寛, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35回   166 - 166   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Production of recombinant CCN2 protein in Escherichia coli 国際誌

    Eriko Aoyama, Takako Hattori, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   1489   77 - 84   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Humana Press Inc.  

    Recombinant proteins are important tools for understanding molecular functions in vitro. Recent progress in the generation of recombinant proteins is amazing. However, when we plan to produce them, we should choose the best method according to the nature and the use of the target recombinant protein. Degradation and mis-folding are major problems in producing active recombinant CCN2. The method shown in this chapter describes the appropriate conditions under which we can produce CCN2 and its truncated fragments in Escherichia coli.

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_8

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Protocols for screening for binding partners of CCN proteins: Yeast two-hybrid system 国際誌

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   1489   145 - 154   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Humana Press Inc.  

    Yeast two-hybrid screening is a powerful method to identify proteins that interact with a protein of interest. CCN2 consists of four domains, and identification of new proteins that bind to individual domains of CCN2 may reveal a variety of CCN2 functions. To identify CCN2-interactive proteins that regulate CCN2 activity, we carried out GAL4-based yeast two-hybrid screening with a cDNA library derived from a chondrocytic cell line, HCS-2/8, with CCN2 cDNA used as a bait. In this chapter, we describe our methods for screening for CCN2 binding partners by this system in detail. This protocol may be applied to other CCN proteins as well.

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_15

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Generation and analysis of cartilage-specific CCN2 overexpression in transgenic mice 国際誌

    Takako Hattori, Shinsuke Itoh, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   1489   391 - 403   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Humana Press Inc.  

    Recent progress in gene-editing technology has provided a strong impact for improved our understanding of molecular functions in living organisms. Here we describe our method to generate transgene-overexpressing mouse models, which method involves the use of tissue-specific promoters for analyzing a certain molecule (s) in special tissues. The protocol described in this chapter uses the Col2a1 promoter-enhancer, which is known for driving specific and strong transgene expression in cartilage and is based on several of our studies showing a positive role of the connective tissue growth factor (CCN2) in cartilage-bone development and maintenance of articular cartilage. These mice show strongly accelerated endochondral ossification resulting in enhanced bone elongation, as well as resistance to age-related articular degeneration. This protocol also describes how to analyze the molecular mechanisms of these phenomena by use of chondrocytes isolated from CCN2-overexpressing cartilage.

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_32

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Protein imaging of CCN2 AND CCN3 in living cells 国際誌

    Takako Hattori, Mitsuhiro Hoshijima, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   1489   211 - 215   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Humana Press Inc.  

    Recent progress in molecular imaging technology has had a strong impact on improving our understanding of molecular translocation, receptor internalization, and interactions in living cells. The protocol in this chapter introduces an optimized technique for intracellular localization of CCN2 and CCN3 in live cells, one using GFP-tagged CCN2 and Halo-tagged CCN3.

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_20

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 骨格形成における低密度リポたんぱく質受容体関連たんぱく質1(LRP1)の役割

    河田かずみ, 久保田聡, 久保田聡, 服部高子, 青山絵理子, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   30th   2017年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞分化に関わる長鎖ノンコーディングRNAの骨形成における役割

    石川崇典, 村瀬友里香, 村瀬友里香, 西田崇, 服部高子, 大野充昭, 上岡寛, 滝川正春, 滝川正春, 久保田聡, 久保田聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35th   2017年

     詳細を見る

  • 軟骨組織におけるメラトニンの作用

    服部 高子, 西田 崇, 久保田 聡, Fu Shanqi, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2016   225 - 225   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Role of CCN2 in Amino Acid Metabolism of Chondrocytes

    Yurika Murase, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Aya Maeda-Uematsu, Harumi Kawaki, Karen M. Lyons, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   117 ( 4 )   927 - 937   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) is a multi-functional molecule that promotes harmonized development and regeneration of cartilage through its matricellular interaction with a variety of extracellular biomolecules. Thus, deficiency in CCN2 supply profoundly affects a variety of cellular activities including basic metabolism. A previous study showed that the expression of a number of ribosomal protein genes was markedly enhanced in Ccn2-null chondrocytes. Therefore, in this study, we analyzed the impact of CCN2 on amino acid and protein metabolism in chondrocytes. Comparative metabolome analysis of the amino acids in Ccn2-null and wild-type mouse chondrocytes revealed stable decreases in the cellular levels of all of the essential amino acids. Unexpectedly, uptake of such amino acids was rather enhanced in Ccn2-null chondrocytes, and the addition of exogenous CCN2 to human chondrocytic cells resulted in decreased amino acid uptake. However, as expected, amino acid consumption by protein synthesis was also accelerated in Ccn2-null chondrocytes. Furthermore, we newly found that expression of two genes encoding two glycolytic enzymes, as well as the previously reported Eno1 gene, was repressed in those cells. Considering the impaired glycolysis and retained mitochondrial membrane potential in Ccn2-null chondrocytes, these findings suggest that Ccn2 deficiency induces amino acid shortage in chondrocytes by accelerated amino acid consumption through protein synthesis and acquisition of aerobic energy. Interestingly, CCN2 was found to capture such free amino acids in vitro. Under physiological conditions, CCN2 may be regulating the levels of free amino acids in the extracellular matrix of cartilage. J. Cell. Biochem. 117: 927-937, 2016. (c) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcb.25377

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格形成における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の役割

    KAWATA Kazumi, KUBOTA Satoshi, KUBOTA Satoshi, HATTORI Takako, AOYAMA Eriko, TAKIGAWA Masaharu, TAKIGAWA Masaharu

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34th   223 - 223   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Involvement of multiple CCN family members in platelets that support regeneration of joint tissues

    Chikako Hara, Satoshi Kubota, Takashi Nishida, Miki Hiasa, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Yoshinori Moriyama, Hiroshi Kamioka, Masaharu Takigawa

    MODERN RHEUMATOLOGY   26 ( 6 )   940 - 949   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Objectives: Platelet-rich plasma (PRP) has been widely used to enhance the regeneration of damaged joint tissues, such as osteoarthritic and rheumatoid arthritic cartilage. The aim of this study is to clarify the involvement of all of the CCN family proteins that are crucially associated with joint tissue regeneration.
    Methods: Cyr61-CTGF-NOV (CCN) family proteins in human platelets and megakaryocytic cells were comprehensively analyzed by Western blotting analysis. Production of CCN family proteins in megakaryocytes in vivo was confirmed by immunofluorescence analysis of mouse bone marrow cells. Effects of CCN family proteins found in platelets on chondrocytes were evaluated by using human chondrocytic HCS-2/8 cells.
    Results: Inclusion of CCN2, a mesenchymal tissue regenerator, was confirmed. Of note, CCN3, which counteracts CCN2, was newly found to be encapsulated in platelets. Interestingly, these two family members were not detectable in megakaryocytic cells, but their external origins were suggested. Furthermore, we found for the first time CCN5 and CCN1 that inhibits ADAMTS4 in both platelets and megakaryocytes. Finally, application of a CCN family cocktail mimicking platelets onto HCS-2/8 cells enhanced their chondrocytic phenotype.
    Conclusions: Multiple inclusion of CCN1, 2 and 3 in platelets was clarified, which supports the harmonized regenerative potential of PRP in joint therapeutics.

    DOI: 10.3109/14397595.2016.1155255

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Investigation on long non‐coding RNAs that are associated with chondrocytic phenotype

    ISHIKAWA Takanori, MURASE Yurika, MURASE Yurika, NISHIDA Takashi, HATTORI Takako, TAKIGAWA Masaharu, KAMIOKA Hiroshi, KUBOTA Satoshi, KUBOTA Satoshi

    日本RNA学会年会要旨集   18th   ROMBUNNO.254   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞形質を支える長鎖非コードRNA

    石川崇典, 石川崇典, 久保田聡, 久保田聡, 村瀬友里香, 西田崇, 服部高子, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   29th   2016年

     詳細を見る

  • 血小板に含まれるCCNファミリータンパク質の解析と軟骨再生への応用

    原規子, 原規子, 久保田聡, 久保田聡, 青山絵理子, 服部高子, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   29th   2016年

     詳細を見る

  • 軟骨組織におけるメラトニンの作用

    服部高子, 西田崇, 久保田聡

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2016   2016年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞形質に関わる長鎖非コードRNAの探索

    石川崇典, 石川崇典, 村瀬友里香, 西田崇, 服部高子, 滝川正春, 滝川正春, 上岡寛, 久保田聡, 久保田聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34th   222 - 222   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2とRab14の相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 滝川正春, 上岡寛

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   2016年

     詳細を見る

  • 成熟破骨細胞のアクチンリング形成におけるCD302の機能とCCN2による制御

    青山 絵理子, 星島 光博, 服部 高子, 久保田 聡, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回   [3T23 - 09(3P0069)]   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨細胞の作用を介した破骨細胞形成におけるCCN2の役割

    西田 崇, 久保田 聡, 服部 高子, Bonewald Lynda F., 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回   [2P0151] - [2P0151]   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2は骨細胞を介して破骨細胞形成を制御する

    西田 崇, 久保田 聡, 服部 高子, 滝川 正春, Bonewald L.F.

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2015   231 - 231   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 破骨細胞分化における新規アクチン骨格制御因子としてのDCL-1/CD302の役割とCCN2との関連

    青山 絵理子, 星島 光博, 服部 高子, 久保田 聡, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2015   230 - 230   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Cross Sectional Patient‐Reported Survey on Asthma Control and Associated Burdens in Japanese Patients with Asthma in 2013

    IWANAGA Takashi, KUMAR Maya, GOREN Amir, MUKAI Isao, HATTORI Takako

    Therapeutic Research   36 ( 3 )   235 - 246   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化における新規アクチン骨格制御因子としてのDCL-1/CD302の役割とCCN2との関連

    青山絵理子, 星島光博, 服部高子, 久保田聡, 久保田聡, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2015   2015年

     詳細を見る

  • 新たな破骨細胞制御因子DCL-1/CD302の作用機構の解明とCCN2との関連

    青山絵理子, 服部高子, 星島光博, 星島光博, 久保田聡, 久保田聡, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   194 - 194   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨軟骨再生因子CCN2の軟骨細胞アミノ酸代謝への影響

    村瀬友里香, 村瀬友里香, 服部高子, 青山絵理子, 前田彩, 川木晴美, 佐々木朗, 滝川正春, 久保田聡

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   28th   2015年

     詳細を見る

  • CCN2による軟骨細胞のアミノ酸代謝制御

    村瀬友里香, 村瀬友里香, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 前田彩, 川木晴美, 佐々木朗, 滝川正春, 久保田聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   217 - 217   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2は骨細胞を介して破骨細胞形成を制御する

    西田崇, 久保田聡, 久保田聡, 服部高子, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2015   2015年

     詳細を見る

  • 骨伸長促進効果を有する結合組織成長因子CTGF/CCN2の低身長治療への応用のための基礎研究

    服部高子, 西田崇, 久保田聡

    成長科学協会研究年報   ( 38 )   129 - 133   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)成長科学協会  

    結合組織成長因子(CTGF/CCN2)を低身長治療に応用するための基礎研究として、効率良く、安全に軟骨組織でCTGF/CCN2を誘導し、骨成長を促進する方法の確立を目指した。軟骨組織特異的CCN2過剰発現マウスの培養肋軟骨細胞よりRNAの単離とマイクロアレイ遺伝子解析を行った結果、多くの遺伝子発現の増減が観察された。パスウェイ解析では内軟骨性骨形成への関与が示唆されている遺伝子の増減やIGF-I、IIの発現上昇、多くのlnc RNAの発現抑制が検出され、現在も検索、追試験を行っている。また、培養肋軟骨細胞のシグナル伝達経路を解析し、チロシンキナーゼ型受容体のリン酸化誘導を確認した結果、リン酸化が確認されたチロシンキナーゼ群は、これまで内軟骨性骨形成で活性化が確認されているものがほとんどであった。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は内軟骨性骨化の遅延と関節変性を誘発する

    服部高子, 角谷宏一, 桑原実穂, 大野充昭, 星島光博, 星島光博, 窪木拓男, 久保田聡, 久保田聡, 滝川正春, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   158 - 158   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2とRab14の相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 上岡寛, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   28th   232 - 232   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新たなCCN2結合因子DCL-1の破骨細胞分化における役割

    青山 絵理子, 星島 光博, 服部 高子, 久保田 聡, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2014   105 - 105   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 新たなCCN2結合因子DCL-1の破骨細胞分化における役割

    青山絵理子, 星島光博, 服部高子, 久保田聡, 滝川正春, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2014   2014年

     詳細を見る

  • SOX9のユビキチンリガーゼE6-AP/UBE3Aは正常な骨格形成に必須である

    服部高子, 木住野達也, SHELLEY Stephen, HEIDI Eberspaecher, 巻さゆみ, 滝川正春, 西田崇, 久保田聡, DE CROMBRUGGHE Benoit, 安田秀世, 安田秀世

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th   2014年

     詳細を見る

  • 軟骨分化促進因子CCN2の新たな細胞内機能:CCN2とRab14GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 上岡寛, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   32nd   302 - 302   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2結合因子DCL-1の破骨細胞分化制御因子としての役割

    青山絵理子, 服部高子, 滝川正春, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   32nd   203 - 203   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • E6-AP/UBE3AはSOX9のユビキチンリガーゼである

    服部高子, 木住野達也, STEPHEN Shelley, EBERSPAECHER Heidi, 巻さゆみ, 滝川正春, DE CROMBRUGGHE Benoit, 安田秀世, 安田秀世, 安田秀世

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   27th   2014年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞にてエネルギー産生を支えるCCN2の新たな役割

    前田彩, 前田彩, 久保田聡, 久保田聡, 川木晴美, 河田かずみ, 三宅由晃, 服部高子, 西田崇, 森谷徳文, LYONS Karen M, 飯田征二, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   27th   2014年

     詳細を見る

  • E6-AP/UBE3AはSOX9のユビキチンリガーゼとして軟骨組織の分化を制御する

    服部高子, 木住野達也, STEPHEN Shelley, EBERSPAECHER Heidi, 巻さゆみ, 滝川正春, DE CROMBRUGGHE Benoit, 安田秀世, 安田秀世

    日本生化学会大会(Web)   87th   [4T10p - 11]   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は軟骨の最終分化の遅延だけでなく,変形性関節症を誘発する

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 星島光博, 角谷宏一, 窪木拓男, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2014   2014年

     詳細を見る

  • 破骨細胞分化における新規CCN2結合タンパク質DCL-1の発現と機能

    青山絵理子, 星島光博, 服部高子, 久保田聡, 滝川正春

    日本生化学会大会(Web)   87th   [2T14p - 14]   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCNファミリー遺伝子の発現プロフィールの操作を介したCCN3の線維化抑制作用の理解(Understanding the anti-fibrotic role of CCN3 through manipulation of CCN family gene expression profile)

    El Kader Tarek Abd, Kubota Satoshi, Janune Danilo, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Perbal Bernard, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回   1T11a - 15   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 軟骨細胞の代謝の基本を支えるCCN2の重要性(Essential role of CCN2 that supports the basal energy metabolism in chondrocytes)

    前田 彩, 久保田 聡, 三宅 由晃, 河田 かずみ, 服部 高子, 西田 崇, 森谷 徳文, 川木 晴美, カレン・ライアン, 飯田 征二, 滝川 正春

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回   2T06a - 15   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • CCNファミリー研究のメルティングポット CCN2は軟骨細胞のエネルギー代謝に重要である

    前田 彩, 久保田 聡, 川木 晴美, 河田 かずみ, 三宅 由晃, 服部 高子, 西田 崇, 森谷 徳文, 飯田 征二, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   95 - 95   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • CCN2は軟骨細胞のエネルギー代謝に重要である

    前田彩, 前田彩, 久保田聡, 川木晴美, 河田かずみ, 三宅由晃, 服部高子, 西田崇, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   ROMBUNNO.SS9‐5 (WEB ONLY)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現による内軟骨性骨形成の修飾

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • CCN3の軟骨特異的過剰発現は内軟骨性骨形成の遅延を誘発する

    角谷宏一, 服部高子, 桑原実穂, 大野充昭, 星島光博, 窪木拓男, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • Rab14GTPaseのCCN2/CTGF結合因子としての同定と,これらの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   202 - 202   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2とRab14GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th   448 - 448   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は内軟骨性骨形成の不全より骨異形性を誘発する

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th   2013年

     詳細を見る

  • CCN3の抗線維化効果に伴うCCNファミリー遺伝子発現プロファイルの変化

    タレック アブドエルケーダー, タレック アブドエルケーダー, 久保田聡, 久保田聡, ダニーロ ジャヌネ, 西田崇, 服部高子, 青山絵理子, 窪木拓男, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   83 - 83   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFとRab14 GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   85 - 86   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFとRab14 GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 服部高子, 山城隆, 滝川正春

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd ( 2 )   2013年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞のエネルギー代謝を支えるCCN2/CTGF

    前田彩, 前田彩, 久保田聡, 三宅由晃, 河田かずみ, 西田崇, 服部高子, 森谷徳文, 川木晴美, LYONS Karen M., 飯田征二, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   2013年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は内軟骨性骨形成の遅延による骨梁形成の低下を誘発する

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 大家遥, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   2013年

     詳細を見る

  • CCN2を構成する各モジュールの軟骨再生効果

    ABD EL KADER Tarek, ABD EL KADER Tarek, 久保田聡, 西田崇, 服部高子, 青山絵理子, JANUNE Danilo, 窪木拓男, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   2013年

     詳細を見る

  • CCN3の抗線維化効果に伴うCCNファミリー遺伝子発現プロファイルの変化

    DANILO Janune, ABD EL KADER Tarek, ABD EL KADER Tarek, 久保田聡, 西田崇, 服部高子, 青山絵里子, 窪木拓男, 滝川正春, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • Rab14GTPaseのCCN2/CTGF結合因子としての同定,およびこれらの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • CCN2非依存性モジュールの軟骨再生能力(Cartilage regeneration potential of CCN2 independent modules)

    El Kader Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本再生歯科医学会誌   10 ( 1 )   50 - 50   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    researchmap

  • 軟骨組織特異的低密度リポタンパク受容体欠損マウスにおける骨格形成(Deficiency of the low-density lipoprotein receptor related protein 1 (LRP1) in the cartilaginous tissue leads to skeletal dysmorphisms)

    河田 かずみ, 久保田 聡, 服部 高子, 青山 絵理子, ダニーロ・ジャヌネ, 滝川 正春

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回   3P - 668   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • CCN2/CTGF欠損が軟骨細胞のエネルギー代謝に及ぼす影響

    前田 彩, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 飯田 征二, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2012   96 - 96   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 軟骨細胞と骨芽細胞に対するCCN2独立モジュールの影響(Effects of CCN2 independent modules on chondrocytic and osteoblastic cells)

    El Kader Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   30回   232 - 232   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 肥大軟骨細胞におけるβ-カテニンの特異的欠失は成長板の海綿骨形成障害をもたらす(Specific Deletion of Beta-Catenin in Hyper-trophic Chondrocytes Impairs Formation of Trabecular Bone in the Growth Plate)

    von der Mark Klaus, Hattori Takako, Hartmann Christine, Ryabova Svitlana, Gebhard Sonja, Pausch Frederike, Schlund Britta

    Connective Tissue Research   53 ( 1 )   49 - 50   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Informa Healthcare  

    researchmap

  • Roles of the heterotypic CCN2-CCN3 and homotypic CCN2-CCN2 interactions in matrix synthesis in chondrocytes.

    M. Hoshijima, T. Hattori, E. Aoyama, T. Nishida, T. Yamashiro, M. Takigawa

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   23   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CELL BIOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Roles of CCN2 in energy metabolism in chondrocytes.

    A. Maeda, S. Kubota, Y. Miyake, K. Kawata, T. Nishida, T. Hattori, N. Moritani, H. Kawaki, K. M. Lyons, S. Iida, M. Takigawa

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   23   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CELL BIOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • CCN3/NOVの軟骨特異的過剰発現は軟骨分化の最終段階に影響を及ぼす事により骨形成不全をきたす

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    日本生化学会大会(Web)   85th   3T02 - 08   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGF-CCN3/NOVおよびCCN2-CCN2のダイマー形成が軟骨細胞の分化機能に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   25th   2012年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞の代謝システムにおけるCCN2の役割

    前田彩, 前田彩, 久保田聡, 三宅由晃, 河田かずみ, 服部高子, 西田崇, 森谷徳文, 川木晴美, LYONS Karen M., 飯田征二, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   31 ( 2 )   93 - 94   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞のエネルギー代謝におけるCCN2/CTGFの役割

    前田彩, 前田彩, 久保田聡, 三宅由晃, 河田かずみ, 西田崇, 服部高子, 森谷徳文, 川木晴美, LYONS Karen M., 飯田征二, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th   2012年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGF欠損が軟骨細胞のエネルギー代謝に及ぼす影響

    前田彩, 前田彩, 久保田聡, 服部高子, 西田崇, 飯田征二, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2012   2012年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞に対する、CCN2モジュールの単独・結合下での影響に関する評価(Evaluation of independent and combinational effect of CCN2 modules on chondorocytic cells)

    El Kdaer Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   29回   248 - 248   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • CCN2/CTGF誘導因子であるハルミンは軟骨形成を促進し、TNF-α誘発炎症反応を抑制する(HARMINE, AN INDUCER OF CCN2/CTGF, PROMOTES CHONDROGENESIS AND SUPPRESSES TNF-α-INDUCED INFLAMMATORY RESPONSE)

    Hara Emilio S.i, Ono Mitsuaki, Kubota Satoshi, Sonoyama Wataru, Hattori Takako, Takigawa Masaharu, Kuboki Takuo

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   29回   232 - 232   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 肥大軟骨細胞におけるβ-カテニンのみの欠失が成長板における海綿骨形成異常を引き起こす(Specific Deletion of beta-Catenin in Hypertrophic Chondrocytes Impairs Formation of Trabecular Bone in the Growth Plate)

    von der Mark Klaus, Hattori Takako, Hartmann Christine, Ryabova Svitlana, Gebhard Sonja, Pausch Frederike, Schlund Britta

    日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   43回・58回   39 - 39   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本結合組織学会・マトリックス研究会  

    researchmap

  • マウス成長板におけるCa2+結合タンパクsorcinの局在について

    河井まりこ, 服部高子, 滝川正春, 山本敏男

    Journal of Oral Biosciences   53 ( Supplement )   162 - 162   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFとCCN3/NOVのヘテロおよびホモダイマー形成が軟骨細胞の基質合成に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   53 ( Supplement )   141 - 141   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFとCCN3/NOVのヘテロダイマー,およびCCN2のホモダイマー形成が軟骨細胞の基質合成に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   29th   247 - 247   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結合組織成長因子CCN2/CTGFは頭部神経堤由来の軟骨細胞分化に必須である

    服部高子, 寺岡徳光, 寺岡徳光, GEBHARDT Matthias, GEBHARDT Matthias, 内田瑶子, 内田瑶子, 新村兆一郎, 新村兆一郎, 福原大樹, 福原大樹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th   2011年

     詳細を見る

  • The dimerization domain of SOX9 is required for transcription activation of a chondrocyte-specific chromatin DNA template

    Francoise Coustry, Chun-do Oh, Takako Hattori, Sankar N. Maity, Benoit de Crombrugghe, Hideyo Yasuda

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   38 ( 18 )   6018 - 6028   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Mutations in SOX9, a gene essential for chondrocyte differentiation cause the human disease campomelic dysplasia (CD). To understand how SOX9 activates transcription, we characterized the DNA binding and cell-free transcription ability of wild-type SOX9 and a dimerization domain SOX9 mutant. Whereas formation of monomeric mutant SOX9-DNA complex increased linearly with increasing SOX9 concentrations, formation of a wild-type SOX9-DNA dimeric complex increased more slowly suggesting a more sigmoidal-type progression. Stability of SOX9-DNA complexes, however, was unaffected by the dimerization mutation. Both wild-type and mutant SOX9 activated transcription of a naked Col2a1 DNA template. However, after nucleosomal assembly, only wild-type and not the mutant was able to remodel chromatin and activate transcription of this template. Using a cell line, in which the Col2a1 vector was stably integrated, no differences were seen in the interactions of wild-type and mutant SOX9 with the chromatin of the Col2a1 vector using ChIP. However, the mutant was unable to activate transcription in agreement with in vitro results. We hypothesize that the SOX9 dimerization domain is necessary to remodel the Col2a1 chromatin in order to allow transcription to take place. These results further clarify the mechanism that accounts for CD in patients harboring SOX9 dimerization domain mutations.

    DOI: 10.1093/nar/gkq417

    Web of Science

    researchmap

  • SOX9 is a major negative regulator of cartilage vascularization, bone marrow formation and endochondral ossification

    Takako Hattori, Catharina Mueller, Sonja Gebhard, Eva Bauer, Friederike Pausch, Britta Schlund, Michael R. Boesl, Andreas Hess, Cordula Surmann-Schmitt, Helga von der Mark, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    DEVELOPMENT   137 ( 6 )   901 - 911   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:COMPANY OF BIOLOGISTS LTD  

    SOX9 is a transcription factor of the SRY family that regulates sex determination, cartilage development and numerous other developmental events. In the foetal growth plate, Sox9 is highly expressed in chondrocytes of the proliferating and prehypertrophic zone but declines abruptly in the hypertrophic zone, suggesting that Sox9 downregulation in hypertrophic chondrocytes might be a necessary step to initiate cartilage-bone transition in the growth plate. In order to test this hypothesis, we generated transgenic mice misexpressing Sox9 in hypertrophic chondrocytes under the control of a BAC-Col10a1 promoter. The transgenic offspring showed an almost complete lack of bone marrow in newborns, owing to strongly retarded vascular invasion into hypertrophic cartilage and impaired cartilage resorption, resulting in delayed endochondral bone formation associated with reduced bone growth. In situ hybridization analysis revealed high levels of Sox9 misexpression in hypertrophic chondrocytes but deficiencies of Vegfa, Mmp13, RANKL and osteopontin expression in the non-resorbed hypertrophic cartilage, indicating that Sox9 misexpression in hypertrophic chondrocytes inhibits their terminal differentiation. Searching for the molecular mechanism of SOX9-induced inhibition of cartilage vascularization, we discovered that SOX9 is able to directly suppress Vegfa expression by binding to SRY sites in the Vegfa gene. Postnatally, bone marrow formation and cartilage resorption in transgenic offspring are resumed by massive invasion of capillaries through the cortical bone shaft, similar to secondary ossification. These findings imply that downregulation of Sox9 in the hypertrophic zone of the normal growth plate is essential for allowing vascular invasion, bone marrow formation and endochondral ossification.

    DOI: 10.1242/dev.045203

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現による膝関節軟骨の加齢に伴う変性抑制効果

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   23rd   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの核内移行とExportin-1による核-細胞質間分子輸送

    服部高子, 星島光博, 荒木大介, 青山絵理子, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28th   259 - 259   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFはマトリリン-3と結合して軟骨マトリックス成分のネットワーク形成を促進する

    服部高子, 荒木大介, 星島光博, 青山絵理子, 新村兆一郎, OTTEN Christiane, WAGENER Raimund, 滝川正春

    生化学   2010年

     詳細を見る

  • Exportin-1によるCCN2/CTGFの核-細胞質間分子輸送とその生理的意義

    内田瑶子, 服部高子, 荒木大介, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   52 ( Supplement )   189 - 189   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨組織特異的CCN2/CTGF過剰発現によりマウスの膝関節軟骨は加齢後もより正常に近い形質を維持する

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 山城隆, 滝川正春, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   52 ( Supplement )   136 - 136   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFとCCN2/CTGF,およびCCN3/NOVとの結合とそれらの相互作用の解析

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   29 ( 1 )   74 - 74   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFはマトリリン-3と結合して軟骨マトリックス成分のネットワーク形成を促進する

    服部高子, 荒木大介, 星島光博, 青山絵理子, 新村兆一郎, OTTEN Christiane, WAGENER Raimund, 滝川正春

    日本結合組織学会学術大会抄録集   42nd   1P - 0290   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFのホモダイマー形成,およびCCN3/NOVとのヘテロダイマーの形成とそれらの軟骨細胞における生理作用

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28th   260 - 260   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Sox9は血管侵入,骨髄形成および内軟骨性骨形成の最終段階を抑制する-Col10a1-BACトランスジェニックマウスを用いた解析-

    服部高子, 池側広志, 小郷絢子, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   23rd   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFのホモダイマー形成,およびCCN3/NOVとのヘテロダイマーの形成と,それらが軟骨細胞の基質合成に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    生化学   83回・33回   2P - 0101   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨組織特異的CCN2/CTGF過剰発現による膝関節軟骨の加齢変性抑制効果

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    生化学   83回・33回   4P - 1007   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的転写因子Sox9のSUMO化による活性調節機構の解明

    服部 高子

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   82 - 82   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • CCN2/CTGF has anti-aging effects to protect articular cartilage from age-related degenerative changes

    S. Itoh, T. Hattori, N. Tomita, E. Aoyama, T. Yamashiro, M. Takigawa

    BONE   44   S47 - S47   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.01.121

    Web of Science

    researchmap

  • Sox9は軟骨において血管侵入を抑制する事によって内軟骨性骨形成の最終段階である骨髄形成を抑制する-Col10a1-BACトランスジェニックマウスを用いた解析-

    服部高子, 池側広志, 小郷絢子, 滝川正春

    生化学   82回   2P - 745   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFと結合するタンパク質の同定

    星島光博, 服部高子, 荒木大介, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   93 - 94   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFのExportin-1による核-細胞質間分子輸送

    服部高子, 小郷絢子, 圓城裕基, 池側広志, 荒木大介, 星島光博, 青山絵理子, 滝川正春

    日本分子生物学会年会講演要旨集   32nd ( Vol.1 )   2009年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現は膝関節軟骨を加齢に伴う変性から保護する

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 青山絵里子, 山城隆, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   51 ( Supplement )   105 - 105   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現マウスは膝関節軟骨の加齢性変化に抵抗性を示す

    伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 青山絵里子, 山城隆, 滝川正春

    生化学   82回   2T5a - 4   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現マウスは膝関節軟骨の加齢に伴う変形性関節症様軟骨変化が抑制され,より正常に近い形質を維持する

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 青山絵里子, 山城隆, 滝川正春

    日本分子生物学会年会講演要旨集   32nd ( Vol.4 )   2009年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの軟骨特異的過剰発現は加齢に伴う膝関節軟骨の変性に対して抑制的に働く

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵里子, 青山絵里子, 山城隆, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   22nd   2009年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現は関節軟骨を加齢に伴う変形性関節炎様変化から防御する

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27th   249 - 249   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Specific expression of Cre recombinase in hypertrophic cartilage under the control of a BAC-Col10a1 promoter

    Sonja Gebhard, Takako Hattori, Eva Bauer, Britta Schlund, Michael R. Boesl, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    MATRIX BIOLOGY   27 ( 8 )   693 - 699   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Previously we have shown that insertion of a LacZ reporter gene into the Col10a1 gene in the context of a bacterial artificial chromosome (BAC) drives strong and specific expression of LacZ in hypertrophic cartilage of transgenic mice [Gebhard S., Hattori T, Bauer E., Bosl M.R., Schlund B., Poschl E., Adam N., de Crombrugghe B., von der Mark K., 2007 Histochem. Cell Biol. 19 127:183-194]. BAC constructs in transgenic reporter mouse lines control efficient and specific LacZ expression in hypertrophic chondrocytes under the complete Col10a1 promoter. Here we report on the generation of Col10a1-specific Cre deleter mice using a BAC recombineering technique based on homologous recombination in E. coli. Sixteen BAC-Col10-Cre transgenic lines were generated containing between I and 5 copies of the BAC-Col10-Cre gene. All lines tested so far expressed Cre specifically in hypertrophic chondrocytes of E16.5 and PI growth plates of long bones, ribs, vertebrae and sternum as examined by crossing with ROSA26 reporter mice. Cre activity was detected as early as E13.5 when hypertrophic cartilage develops in the diaphysis of femur and humerus. The data confirm that expression of Cre under the control of the complete BAC-Col10a1 promoter occurs with high efficiency and specificity in hypertrophic chondrocytes. The BAC-Col10-Cre lines should thus provide a Valuable tool to get further insight into the role of genes involved in endochondral ossification by allowing their specific deletion in the hypertrophic zone of the growth plate. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.matbio.2008.07.001

    Web of Science

    researchmap

  • Overexpression of CCN2/CTGF in Cartilage Shows Prolonged Bone Length Resulting from Stimulation of Chondrogenesis, Chondrocyte Growth, Apoptosis, and Bone Mineralization During Endochondral Ossification.

    N. Tomita, T. Hattori, S. Ito, E. Aoyama, M. Yao, T. Yamashiro, M. Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   23   S411 - S411   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • Transcriptional regulation of chondrogenesis by coactivator Tip60 via chromatin association with Sox9 and Sox5

    Takako Hattori, Francoise Coustry, Shelley Stephens, Heidi Eberspaecher, Masaharu Takigawa, Hideyo Yasuda, Benoit de Crombrugghe

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   36 ( 9 )   3011 - 3024   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Sox9 is a transcription factor of the SRY family required for several steps of chondrogenesis. It activates the expression of various chondrocyte-specific genes, but the mechanisms and role of cofactors involved in Sox9-regulated gene transcription are not fully understood. Here, we report on the characterization of a Tat interactive protein-60 (Tip60) as Sox9-associated protein identified in a yeast two-hybrid screen. Both in vitro and in vivo assays confirmed the specificity of interactions between Sox9 and Tip60 including the existence of an endogenous complex containing both polypeptides in chondrocytes. Gel shift assays showed the presence of a complex containing Sox9, Tip60 and the DNA of an enhancer region of the Col2a1 promoter. Reporter assays using a Col2a1 promoter with multimerized Col2a1 Sox9-binding sites indicated that Tip60 enhanced the transcriptional activity of Sox9. A larger Col2a1 promoter showed that Tip60 increased the activity of this promoter in the presence of both Sox9 and Sox5. Ectopic expression of Sox9 and transient-cotransfection with Tip60 in COS7 cells showed a more diffuse subnuclear colocalization, suggesting changes in the chromatin structure. Chromatin immunoprecipitation assays showed that Tip60, Sox9 and Sox5 associated with the same Col2a1 enhancer region. Consistent with a role of Tip60 in chondrogenesis, addition of Tip60 siRNA to limb-bud micromass cultures delayed chondrocyte differention. Tip60 enhances acetylation of Sox9 mainly through K61, 253, 398 residues; however, the K61/253/398A mutant of Sox9 still exhibited enhanced transcriptional activity by Tip60. Our results support the hypothesis that Tip60 is a coactivator of Sox9 in chondrocytes.

    DOI: 10.1093/nar/gkn150

    Web of Science

    researchmap

  • CCN2/CTGFの軟骨特異的過剰発現が内軟骨性骨化に及ぼす影響

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 青山絵理子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26th   168 - 168   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨成長・分化因子CCN2/CTGFはマトリリン3に結合する事によってマトリックスのネットワーク形成を促進する

    荒木大介, 服部高子, 青山絵理子, 星島光博, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   50 ( Supplement )   179 - 179   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現は骨延長を誘導する

    服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    生化学   2008年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの関節軟骨アンチエイジング作用:軟骨組織特異的CCN2/CTGF過剰発現マウスを用いた解析

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵理子, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26th   177 - 177   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGFの軟骨特異的過剰発現マウスモデルの作製と解析

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 青山絵理子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   21st   2008年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGF軟骨特異的過剰発現が骨格形成に及ぼす影響

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   50 ( Supplement )   148 - 148   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGF軟骨特異的過剰発現マウスの作製とその硬組織の解析

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵里子, 青山絵里子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    生化学   80 ( 7 )   694 - 694   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結合組織成長因子(CCN2/CTGF)とアグリカンとの結合についての解析(Analysis of binding between CCN2/CTGF and aggrecan)

    青山 絵理子, 服部 高子, 荒木 大介, 星島 光博, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   80回・30回   2T22 - 13   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • BAC constructs in transgenic reporter mouse lines control efficient and specific LacZ expression in hypertrophic chondrocytes under the complete Col10a1 promoter

    Sonja Gebhard, Takako Hattori, Eva Bauer, Michael R. Boesl, Britta Schlund, Ernst Poeschl, Nadia Adam, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

    HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY   127 ( 2 )   183 - 194   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    During endochondral ossification hypertrophic chondrocytes in the growth plate of fetal long bones, ribs and vertebrae play a key role in preparing growth plate cartilage for replacement by bone. In order to establish a reporter gene mouse to facilitate functional analysis of genes expressed in hypertrophic chondrocytes in this process, Col10a1- BAC reporter gene mouse lines were established expressing LacZ specifically in hypertrophic cartilage under the control of the complete Col10a1 gene. For this purpose, a bacterial artificial chromosome (BAC RP23-192A7) containing the entire murine Col10a1 gene together with 200 kb flanking sequences was modified by inserting a LacZ-Neo cassette into the second exon of Col10a1 by homologous recombination in E. coli. Transgenic mice containing between one and seven transgene copies were generated by injection of the purified BAC-Col10a1- lLacZ DNA. X-gal staining of newborns and embryos revealed strong and robust LacZ activity exclusively in hypertrophic cartilage of the fetal and neonatal skeleton of the transgenic offspring. This indicates that expression of the reporter gene in its proper genomic context in the BAC Col10a1 environment is independent of the integration site and reflects authentic Col10a1 expression in vivo. The Col10a1 specific BAC recombination vector described here will enable the specific analysis of effector gene functions in hypertrophic cartilage during skeletal development, endochondral ossification, and fracture callus healing.

    DOI: 10.1007/s00418-006-0236-8

    Web of Science

    researchmap

  • 結合組織成長因子CTGF/CCN2 (Connective tissue growth factor (CTGF)/CCN2)

    服部高子, 久保田聡, 滝川正春

    The Lung perspectives   15 ( 3 )   331 - 335   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    結合組織成長因子(connective tissue growth factor;CTGF/CCN2)は前肥大軟骨細胞層が特異的に発現する遺伝子として、また、血管内皮細胞の培養上清中に存在する線維芽細胞の増殖・遊走促進因子として単離されたが、その発現部位は軟骨組織、血管内皮細胞だけでなく、脳をはじめとする神経系にも広がり、また、血小板に大量に蓄積されて体内を循環している。生理的には、正常な内軟骨性骨形成、血管新生、胚発育に必須であることが明らかになっており、細胞外マトリックス成分の合成を強く促進し、細胞外マトリックスに富む軟骨組織で高発現していることと密接に関連している。また、肺をはじめ、心臓、肝臓、腎臓、筋、膵臓などの組織における線維芽細胞では、トランスフォーミング増殖因子(TGF)-βの誘導に伴って遺伝子発現が誘導され、各組織の線維化、線維症の形成を促進することから、そのメディエーターとしての働きが注目されている。また、乳癌細胞で高度に発現していることが観察されているが、低酸素状態によってCTGF/CCN2の発現が誘導され、これにより血管新生が惹起されることが明らかになっている。(著者抄録)

    researchmap

  • Tip60によるSox9,Sox5のクロマチンを介した軟骨分化の制御

    服部高子, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   25th   190 - 190   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結合組織成長因子(CCN2/CTGF)結合タンパク質の同定および軟骨細胞におけるその結合の生理的意義

    青山絵里子, 荒木大介, 星島光博, 服部高子, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   20th   2007年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的にCCN2/CTGFを過剰発現したトランスジェニックマウスの作製と解析

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 矢尾真弓, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    生化学   80回・30回   2T6 - 2   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現トランスジェニックマウスの作製とCCN2/CTGFの内軟骨性骨化に及ぼす影響について

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 青山絵理子, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   49 ( Supplement )   125 - 125   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2はフィブロネクチン及びマトリリン3と相互作用し,軟骨細胞の接着および細胞外マトリックスの重合を制御している

    星島光博, 服部高子, 荒木大介, 青山絵理子, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   53 - 54   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞において結合組織成長因子/CCNファミリー2(CTGF/CCN2)はHIF-1αの発現を介してVEGF発現を制御する

    西田崇, 久保田聡, 前田あずさ, 前田あずさ, 服部高子, 川木晴美, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   20th   2007年

     詳細を見る

  • 軟骨成長・分化因子CCN2/CTGFとMatrilin3の相互作用

    荒木大介, 服部高子, 青山絵理子, 星島光博, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   49 ( Supplement )   198 - 198   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CCN2/CTGF過剰発現トランスジェニックマウスの作製によるCCN2/CTGFの内軟骨性骨化における役割解明

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   25th   247 - 247   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結合組織成長因子(CCN2/CTGF)とアグリカンとの結合の生理的意義の解析

    青山絵理子, 服部高子, 荒木大介, 星島光博, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   25th   237 - 237   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • COPDと気管支喘息-接点の問題-基礎医学とのダイアローグ 結合組織成長因子CTGF/CCN2

    服部高子, 久保田聡, 滝川正春

    Lung Perspectives   15 ( 3 )   2007年

     詳細を見る

  • Twisted gastrulation modulates bone morphogenetic protein-induced collagen II and X expression in chondrocytes in vitro and in vivo. 国際誌

    Schmidl M, Adam N, Surmann-Schmitt C, Hattori T, Stock M, Dietz U, de Crombrugghe B, Poeschl E, von der Mark K

    J Biol Chem   281 ( 42 )   31790 - 31800   2006年10月

     詳細を見る

  • Interactions between PIAS proteins and SOX9 result in an increase in the cellular concentrations of SOX9

    Takako Hattori, Heidi Eberspaecher, Jingfang Lu, Ren Zhang, Tamotsu Nishida, Tomoaki Kahyo, Hideyo Yasuda, Benoit de Crombrugghe

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   281 ( 20 )   14417 - 14428   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    We have identified PIAS1 (protein inhibitor of activated STAT-1), -3, -x alpha, and -x beta as SOX9-associated polypeptides using the Gal4-based yeast two-hybrid system and a cDNA library derived from a chondrocytic cell line. These PIAS proteins were shown to interact directly with SOX9 in two-hybrid, co-immunoprecipitation, and electrophoretic mobility shift assays. SOX9 was sumoylated in cotransfection experiments with COS-7 cells using PIAS and SUMO-1 (small ubiquitin-like modifier-1) expression vectors. SOX9 was also sumoylated in vitro by PIAS proteins in the presence of SUMO-1, the SUMO-activating enzyme, and the SUMO-conjugating enzyme. In COS-7 cells, PIAS proteins stimulated the SOX9-dependent transcriptional activity of a Col2a1 promoter-enhancer reporter. This increase in reporter activity was paralleled by an increase in the cellular levels of SOX9. Cotransfection with a SUMO-expressing vector further enhanced the transcriptional activity of this SOX9-dependent Col2a1 reporter in COS-7 cells, and this additional activation was inhibited in the presence of either SUMO-1 mutants or PIAS RING domain mutants or by coexpression of a desumoylation enzyme. Immunofluorescence microscopy of SOX9-transfected COS-7cells showed that the subnuclear distribution of SOX9 became more diffuse in the presence of PIAS1 and SUMO-1. Our results suggest that, by controlling the cellular concentrations of SOX9, PIAS proteins and sumoylation may be part of a major regulatory system of SOX9 functions.

    DOI: 10.1074/jbc.M511330200

    Web of Science

    researchmap

  • 関節リウマチ上肢病変/関節リウマチ下肢病変/生物学的製剤と手術 関節リウマチ後足部扁平変形のX線学的解析

    服部 高子, 菅本 一臣, 橋本 淳, 冨田 哲也, 北村 卓司, 吉川 秀樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   50回・15回   203 - 203   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチの画像診断 リウマチ肘における関節破壊のX線学的検討

    北村 卓司, 菅本 一臣, 橋本 淳, 村瀬 剛, 服部 高子, 吉川 秀樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   50回・15回   131 - 131   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける自己抗原と分子シャペロン-軟骨細胞におけるその役割

    服部高子, 滝川正春

    Clinical Calcium   16,1553-1556 ( 9 )   1553 - 1556   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    小胞体シャペロンheat shock protein/rheumatoid arthritis-related antigen(HSP47/RA-A47)は細胞内のコラーゲン成熟、分泌の機能を持ち、細胞をストレスから防御し、未成熟あるいは正常な合成に失敗したコラーゲンの細胞外への分泌を妨げる役割を担っているが、リウマチ軟骨ではその発現量が減少しており、細胞に小胞体ストレスを誘発している。また、軟骨細胞破壊につながる細胞障害性因子の放出を促し、その結果軟骨細胞はアポトーシスにより死ぬ。また、この時細胞外にHSP47/RA-A47が放出される。細胞外HSP47/RA-A47は自己抗原として認識される可能性があるが、抗原抗体反応およびそれにかかわる炎症反応を制御している可能性もある。HSP47/RA-A47の細胞内外の量のコントロールがリウマチ治療の鍵となろう。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) reinforces the molecular phenotype of aauricular chondrocytes in vitro.

    T Fujisawa, K Nakao, T Hattori, S Kubota, T Kuboki, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   20 ( 9 )   S197 - S197   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • ヒト軟骨肉腫由来軟骨細胞株 (HCS-2/8)におけるWnt誘導分泌タンパク質1 (Wisp1/CCN4)mRNAスプライス変異体(Writ-induced secreted protein 1(Wispl/CCN4) mRNA splicing variants in a human chondrosarcoma-derived chondrocytic cell line (HCS-2/8))

    Yanagita Takeshi, Kubota Satoshi, Hattori Takako, Hoshijima Mitsuhiro, Kawata Kazumi, Takano-Yamamoto Teruko, Takigawa Masaharu

    生化学   77 ( 8 )   1014 - 1014   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおける肘関節破壊様式のX線学的検討

    北村 卓司, 菅本 一臣, 服部 高子, 森友 寿夫, 冨田 哲也, 村瀬 剛, 橋本 淳, 吉川 秀樹

    日本整形外科学会雑誌   79 ( 3 )   S44 - S44   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Downregulation of rheumatoid arthritis-related antigen RA-A47 (=HSP47/Colligin-2) in chondrocytic cell lines induces apoptosis and cell-surface expression of RA-A47 in association with CD9. 国際誌

    *Hattori, T., von der Mark K., Kawaki, K., Yutani Y., Kubota S., Nakanishi, T., Eberspeacher H., de Crombrugghe, B., Takigawa, M.

    J. Cell. Physiol.   202 ( 1 )   191 - 204   2005年1月

     詳細を見る

  • 転写因子SOX9,p53の活性制御機構-SUMO化との関連は?

    安田秀世, 巻さゆみ, 滝川正春, 服部高子

    日本分子生物学会年会講演要旨集   28th   2005年

     詳細を見る

  • 軟骨由来多機能成長因子CCN2/CTGF/Hcs24は耳介軟骨細胞の形質発現を増強する

    藤澤拓生, 藤澤拓生, 中尾匡志, 服部高子, 久保田聡, 窪木拓男, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   23rd   262 - 262   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節炎と軟骨(1)2 コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47/RA-A47の発現量低下が軟骨細胞の破壊とHSP47/RA-A47の細胞表面への露出を引き起こす:関節リウマチにおける自己抗原としての認識機構

    服部高子, VON DER MARK Klaus, 川木晴美, 油谷安孝, 久保田聡, 中西徹, DE CROMBRUGGHE Benoit, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   18th   2005年

     詳細を見る

  • 転写活性化因子Tip60のSox9,Sox5複合体への会合を介した軟骨分化の制御

    服部高子, 服部高子, 安田秀世, 滝川正春, DE CROMBRUGGHE Benoit

    日本分子生物学会年会講演要旨集   28th   2005年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFはコラーゲン特異的分子シャペロンHSP47/リウマチ関連抗原RA-A47の発現量を減少させる-リウマチ病態および軟骨組織の修復との関連-

    矢尾真弓, 矢尾真弓, 服部高子, 川木晴美, 油谷安孝, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   23rd   168 - 168   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デキサメタゾン刺激はCCN2/CTGFの誘導を介して軟骨細胞のリウマチ関連抗原HSP47/RA-A47の発現量を減少させる リウマチ病態および軟骨組織の修復との関連性について

    矢尾真弓, 矢尾真弓, 服部高子, 川木晴美, 久保田聡, 油谷安孝, 佐々木朗, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   47 ( Supplement )   86 - 86   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成長因子 2 耳介軟骨細胞に対する結合組織成長因子(CTGF/CCN2)の効果

    藤沢拓生, 中尾匡志, 服部高子, 久保田聡, 窪木拓男, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   18th   2005年

     詳細を見る

  • 関節炎と軟骨(2)4 変形性関節症においても,2型腫よう壊死因子可溶性受容体は関節破壊や炎症を調節する

    上原淳二, 藤沢拓生, 大野充昭, 前川賢治, 服部高子, 滝川正春, 窪木拓男

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   18th   2005年

     詳細を見る

  • Highly conserved enhancer in mammalian type X collagen genes drives high levels of tissue-specific expression in hypertrophic cartilage in vitro and in vivo. 国際誌

    Gebhard S, Poschl E, Rieme S, Baue E, Hattori T, Eberspaecher H, Zhang Z, Lefebvre V, de Crombrugghe B and von der Mark K A

    Matrix Biol   23 ( 5 )   309 - 322   2004年8月

  • コラーゲン特異的分子シャペロンRA-A47/HSP47:関節リウマチにおける自己抗原としての認識機構

    服部高子, 川木晴美, 油谷安孝, 久保田聡, 中西徹, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22nd   230 - 230   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌抑制遺伝子産物p53のSUMO化の意義

    服部高子, 西田有, 華表友暁, 滝川正春, 巻さゆみ, 上野憲道, DECROMBRUGGHE B, 安田秀世

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th   2004年

     詳細を見る

  • 膝関節軟骨の変性・再生 骨髄間葉系細胞移植

    服部高子, 脇谷滋之

    関節外科   23 ( 5 )   2004年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的転写因子Sox9のSUMO化による活性調節

    服部高子, 西田有, 華表友暁, 滝川正春, DE CROMBRUGGHE B, 安田秀世

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th   2004年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞における関節リウマチ関連抗原RA-A47の発現抑制による軟骨破壊因子の誘導とRA-A47自身の細胞表面への露出

    服部高子, 久保田聡, 油谷安孝, 中西徹, 滝川正春

    日本リウマチ学会総会・学術集会抄録集   48th   164 - 164   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Downregulation of a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) by ra-a47 antisense oligonucleotides induces inflammatory factors in chondrocytes. 査読 国際誌

    *Hattori T, Kawaki H, Kubota S, Yutani Y, de Crombrugghe B, von der Mark K and Takigawa M

    J Cell Physiol   197 ( 1 )   94 - 102   2003年10月

     詳細を見る

  • 変形性関節症滑膜に発現されたmRNAの,ランダムシークエンス法による解析

    脇谷滋之, 服部高子, 大森義裕, 菱垣晴次, 谷上信, 菅野純夫

    リウマチ   43 ( 2 )   2003年

     詳細を見る

  • CTGF/Hcs24 induces chondrocyte differentiation through p38 mitogen-activated protein kinase (p38MAPK), and proliferation through p44/42 MAPK/extracellular-signal regulated kinase (ERK).

    G Yosimichi, T Nakanishi, T Nishida, T Hattori, T Takano-Yamamoto, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   17   S222 - S223   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • 結合組織成長因子(CTGF)の構造・機能解析のためのELISAシステムの開発

    川木 晴美, 久保田 聡, 湊 雅直, 森谷 徳文, 服部 高子, 大山 和美, 中西 徹, 滝川 正春

    岡山歯学会雑誌   21 ( 1 )   182 - 183   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 結合組織成長因子CTGF/Hcs24は細胞内で細胞骨格蛋白質と結合する

    吉道玄, 久保田聡, 服部高子, 西田崇, 縄稚久美子, 中西徹, 山本照子, 滝川正春

    生化学   74 ( 8 )   797 - 797   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ウサギ変形性顎関節症モデルにおける軟骨細胞アポトーシスの関与

    藤沢拓生, 笠井照夫, 窪木拓男, 矢谷博文, 服部高子, 滝川正春

    日本顎関節学会雑誌   14 ( 1 )   110 - 110   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節軟骨再生と組織工学

    服部高子

    臨床検査   46 ( 4 )   403 - 406   2002年

  • 再生医療 骨と軟骨 関節軟骨の再生

    服部高子, 脇谷滋之

    Clinical Calcium   12 ( 2 )   2002年

     詳細を見る

  • 遺伝子発現の抑圧的調節を仲介するマウスctgf3'-UTR segmentの性質

    近藤 誠二, 久保田 聡, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 菅原 利夫, 滝川 正春

    日本口腔科学会雑誌   50 ( 6 )   568 - 568   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後制御エレメントCAESARの構造と機能

    久保田 聡, 近藤 誠二, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   43 ( 5 )   554 - 554   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自己骨髄間葉系細胞移植による関節軟骨欠損修復

    脇谷 滋之, 山本 鉄也, 井本 一彦, 服部 高子, 斉藤 正伸, 村田 紀和

    日本整形外科学会雑誌   75 ( 8 )   S1028 - S1028   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24のヒト軟骨細胞株HCS-2/8におけるプロセシングと分泌の様態

    久保田 聡, 江口 傑徳, 志茂 剛, 西田 崇, 服部 高子, 近藤 誠二, 中西 徹, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌   19 ( 2 )   104 - 104   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結合組織成長因子CTGF/Hcs24の軟骨細胞様細胞株HCS-2/8での発現と動態制御

    久保田 聡, 江口 傑徳, 志茂 剛, 服部 高子, 近藤 誠二, 中西 徹, 滝川 正春

    Connective Tissue   33 ( 2 )   157 - 157   2001年6月

  • 軟骨由来の成長因子(Connective Tissue Growth Factor,CTGF/Hcs24)の軟骨細胞増殖,分化促進作用における情報伝達機構の解析

    吉道玄, 中西徹, 西田崇, 服部高子, 山本照子, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   19 ( 2 )   102 - 102   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遺伝子発現の抑制的な調節をもたらすマウスのctgf3′-UTRセグメントの特性

    近藤誠二, 久保田聡, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 菅原利夫, 滝川正春

    日本口腔科学会雑誌   50 ( 6 )   2001年

     詳細を見る

  • CTGF/Hcs24軟骨強制発現トランスジェニックマウスの解析

    縄稚久美子, 中西徹, 吉道玄, 中田英二, 服部高子, 小守寿文, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   19 ( 2 )   30 - 30   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多機能成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後制御エレメント,CAESARの作用機序

    久保田聡, 近藤誠二, 椋代義樹, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 滝川正春

    生化学   73 ( 8 )   710 - 710   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Characterization of a mouse ctgf 3'-UTR segment that mediates repressive regulation of gene expression. 査読

    Kondo, S., Kubota, S., Eguchi, T., Hattori, T., Nakanishi, T., Sugawara, T., Takigawa, M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   278 ( 1 )   119 - 124   2000年11月

     詳細を見る

  • Identification of an RNA element that confers post-transcriptional repression of connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) gene: Similarities to retroviral RNA-protein interactions.

    Kubota, S., Kondo, S., Eguchi1, T., Hattori, T., Nakanishi, T., Pomerantz, R.J., Takigawa, M

    Oncogene   19 ( 41 )   4773 - 4786   2000年9月

     詳細を見る

  • Molecular cloning and characterization of RA-A47, a rheumatoid arthritis-related antigen from a human chondrocytic cell line, HCS-2/8.

    T Hattori, S Kubota, Y Yutani, T Fujisawa, T Nakanishi, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   15   S470 - S470   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • A novel RNA element that confers post-transcriptional repression of human connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) gene.

    S Kubota, S Kondo, T Eguchi, T Hattori, T Nakanishi, RJ Pomerantz, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   15   S340 - S340   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • Novel intracellular effects of human connective tissue growth factor expressed in Cos-7 cells. 査読

    Kubota, S., Hattori, T., Shimo, T., Nakanishi, T., Takigawa, M.

    FEBS Letters   474 ( 1 )   58 - 62   2000年5月

  • 結合組織成長因子/肥大軟骨細胞特異的遺伝子産物(CTGF/Hcs24)発現による細胞周期変調効果

    久保田 聡, 服部 高子, 志茂 剛, 中西 徹, 滝川 正春

    Connective Tissue   32 ( 2 )   217 - 217   2000年5月

  • マトリクラインとMMP

    服部高子, 滝川正春

    現代医療   32(4), 909-915 ( 4 )   909 - 915   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:現代医療社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/link/ui/2000187963

  • Downregulation of a rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) by stimulation of inflammatory cytokines in chondrocytic cell line, HCS-2/8.

    Hattori, T

    J. Okayama Dent. Soc.   19 ( 2 )   241 - 254   2000年

     詳細を見る

  • Study on rheumatoid arthritis-related antigen (RA-A47) isolated from chondrocytes.

    Hattori, T

    Dissertation   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    researchmap

  • 軟骨由来の成長因子CTGF/Hcs24遺伝子に同定された新たな転写後制御エレメント,CAESAR

    久保田聡, 近藤誠二, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   18 ( 2 )   119 - 119   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞および線維芽細胞株におけるCTGF/Ecogenin遺伝子発現の3′-UTRによる調節

    近藤誠二, 久保田聡, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 菅原利夫, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   19 ( 1 )   205 - 206   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47の発現量減少による軟骨細胞破壊とアポトーシスの誘導

    服部高子, 久保田聡, 中西徹, 油谷安孝, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   23rd   2000年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞の基質代謝におよぼす周期的メカニカルストレスの影響

    藤沢拓生, 服部高子, 窪木拓男, 矢谷博文, 山下敦, 滝川正春

    日本顎関節学会雑誌   12 ( 1 )   133 - 134   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24による軟骨分化マーカーII型コラーゲンおよびX型コラーゲンの発現促進に対するMAPキナーゼ経路阻害剤の効果

    吉道玄, 中西徹, 服部高子, 西田崇, 山本照子, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   18 ( 2 )   2 - 2   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47の発現レベルの低下にともなう細胞膜への局在変化とRA-A47の自己抗原としての認識機構

    服部高子, 油谷安孝, 藤沢拓生, 中西徹, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   18 ( 2 )   148 - 148   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGFと転写制御因子Cbfa1の発生過程での遺伝子発現のパターン解析

    山合友一郎, 中西徹, 浅野将宏, 縄稚久美子, 服部高子, 杉本朋貞, 滝川正春

    歯科基礎医学会雑誌   42 ( 5 )   451 - 451   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨由来の成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後制御エレメント,CAESARの構造機能連関

    久保田聡, 近藤誠二, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 滝川正春

    生化学   72 ( 8 )   972 - 972   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47の発現量減少による軟骨細胞障害作用

    服部高子, 川木晴美, 油谷安孝, 久保田聡, 中西徹, 滝川正春

    生化学   72 ( 8 )   922 - 922   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト軟骨細胞様培養細胞株HCS-2/8における結合組織成長因子ctgf/ecogenin遺伝子発現制御機構

    江口傑徳, 久保田聡, 近藤誠二, 服部高子, 中西徹, 窪木拓男, 矢谷博文, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   23rd   2000年

     詳細を見る

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後調節エレメントCAESAR 変異体分析によって得られた新たな知見

    久保田聡, 近藤誠二, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   23rd   2000年

     詳細を見る

  • 軟骨由来の慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47に関する研究。

    岡山大学 学位論文   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    researchmap

  • A cis-acting repressive element in the 3 '-untranslated region of the CTGF gene.

    S Kubota, T Hattori, T Eguchi, S Kondo, T Nakanishi, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   14   S436 - S436   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • 慢性関節リウマチにおけるRA-A47の細胞内局在変化と抗原提示

    服部 高子, 藤沢 拓生, 中西 徹, 久保田 聡, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   41 ( 5 )   431 - 431   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24のマウス発生過程での遺伝子発現のパターン解析

    山合 友一朗, 浅野 将宏, 中西 徹, 西田 崇, 吉道 玄, 服部 高子, 杉本 朋貞, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   41 ( 5 )   464 - 464   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軟骨由来の成長因子CTGF/Hcs24の細胞内での動態と機能

    久保田 聡, 服部 高子, 志茂 剛, 中西 徹, 滝川 正春

    生化学   71 ( 8 )   892 - 892   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • TNFαによるRA-A47の軟骨細胞内局在の変化と抗原提示

    服部 高子, 藤沢 拓生, 油谷 安孝, 中西 徹, 滝川 正春

    生化学   71 ( 8 )   969 - 969   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 軟骨由来の成長因子 Hcs24/CTGF(Ecogenin) の遺伝子発現調節メカニズム

    久保田 聡, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   17 ( 2 )   81 - 81   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGFのマウス胎生期における発現とCbfa1による制御

    中西 徹, 浅野 将宏, 山合 友一朗, 小守 寿文, 西田 崇, 吉道 玄, 服部 高子, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   17 ( 2 )   5 - 5   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B41 ヒト結合組織成長因子(CTGF)cDNAの3′非翻訳領域(3′-UTR)による遺伝子発現抑制

    久保田 聡, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    Connective tissue   31 ( 2 )   125 - 125   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 周期的な機械的ストレスを培養軟骨細胞に加え続けると,MMP及びIL-1の発現が誘導され,細胞外マトリックスの分解が引き起こされる

    Fujisawa Takuo, Hattori Takako, Takahashi Kojiro, Kuboki Takuo, Yamashita Atsushi, Takigawa Masaharu

    The Journal of Biochemistry   125 ( 5 )   966 - 975   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    機械的刺激による軟骨の分解について調べた.Flexercell strain unitを用いて周期的張力(CTF)を培養軟骨細胞に加えたところ,5kPa及び15kPaの高頻度CTFにより,DNA合成,プロテオグリカン合成,コラーゲン合成の低下が見られた.15kPaの高頻度CTFではIL-1,matrix metalloproteinase-2(MMP-2),MMP-9のmRNAの発現と活性型MMP-9の産生が増加した.この時,プロテオグリカンの分解が促進したが,MMPの阻害剤の存在下では分解の促進が抑えられた.張力を小さくすると,軟骨の分解に関わる遺伝子の発現誘導は見られなかった.強度の高頻度CTFはIL-1,MMP-2,MMP-9のmRNAの発現,及び活性型MMP-9の産生を増大させることから,周期的な機械的ストレスが軟骨の分解を引き起こすと考えられる

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1999&ichushi_jid=J04549&link_issn=&doc_id=19990603080012&doc_link_id=10005463964&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10005463964&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Involvement of cis-acting repressive element(s) in the 3'-untranslated region of human connective tissue growth factor gene. 査読

    Kubota, S., Hattori, T., Nakanishi, T., Takigawa, M.

    FEBS Letters   450 ( 1-2 )   84 - 88   1999年4月

  • 慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47は自己の発現レベルの低下にともない細胞膜へと局在が変化する

    服部高子, 油谷安孝, 藤沢拓生, 中西徹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   22nd   1999年

     詳細を見る

  • 慢性関節リウマチ患者血清が認識するHSP47様抗原蛋白(RA-A47)のヒト軟骨細胞様細胞株からの同定と同抗原蛋白の生理的・病理的意義

    平成9年度財団法人両備てい園記念財団研究助成金による研究報告-生物学に関する試験研究論叢   14   108 - 115   1999年

     詳細を見る

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGF組換え蛋白質の軟骨細胞及び血管内皮細胞に対する増殖・分化促進作用

    浅野 将宏, 中西 徹, 志茂 剛, 西田 崇, 服部 高子, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   40 ( 抄録 )   389 - 389   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGF受容体の同定と軟骨細胞の分化による受容体数の変動

    西田 崇, 中西 徹, 志茂 剛, 浅野 将宏, 服部 高子, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   40 ( 抄録 )   389 - 389   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGF組換え蛋白質の内軟骨性骨化促進作用

    中西 徹, 志茂 剛, 西田 崇, 浅野 将宏, 服部 高子, 玉谷 卓也, 手塚 克成, 滝川 正春

    生化学   70 ( 8 )   975 - 975   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 細胞膜受容体 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGF受容体の同定と軟骨細胞の分化に伴う変動

    西田 崇, 中西 徹, 志茂 剛, 浅野 将宏, 服部 高子, 玉谷 卓也, 手塚 克成, 滝川 正春

    生化学   70 ( 8 )   805 - 805   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白RA-A47 cDNAの単離と構造解析

    服部 高子, 油谷 安孝, 藤沢 拓生, 中西 徹, 高橋 浩二郎, 滝川 正春

    生化学   70 ( 8 )   848 - 848   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白RA-A47 cDNAの単離と抗原提示機構

    服部 高子, 油谷 安孝, 佐々木 和浩, 藤沢 拓生, 中西 徹, 高橋 浩二郎, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   16 ( 2 )   4 - 4   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGFの特異的受容体の同定と内軟骨性骨化における意義

    西田 崇, 中西 徹, 志茂 剛, 浅野 将宏, 服部 高子, 玉谷 卓也, 手塚 克成, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   16 ( 2 )   27 - 27   1998年7月

     詳細を見る

  • 軟骨細胞の基質合成におけるメカニカルストレスの影響

    藤沢 拓生, 服部 高子, 佐々木 和浩, 高橋 浩二郎, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   16 ( 2 )   109 - 109   1998年7月

     詳細を見る

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGFの組換え蛋白質は軟骨細胞と血管内皮細胞に働いて内軟骨性骨化を促進する

    中西 徹, 志茂 剛, 西田 崇, 浅野 将宏, 服部 高子, 玉谷 卓也, 手塚 克成, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   16 ( 2 )   28 - 28   1998年7月

     詳細を見る

  • B-21 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGFの組換え蛋白質によるin vitro血管新生の促進

    志茂 剛, 中西 徹, 西田 崇, 浅野 将宏, 服部 高子, 松村 智弘, 滝川 正春

    Connective tissue   30 ( 2 )   153 - 153   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 培養ラビット関節軟骨細胞において,インターロイキン1により誘導されるマトリックスメタロプロテイナーゼや塩基性線維芽細胞成長因子の遺伝子発現はNOを介して行われる

    Sasaki Kazuhiro, Hattori Takako, Fujisawa Takuo

    The Journal of Biochemistry   123 ( 3 )   431 - 439   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    著者等は近年,IL-1処理により産生したNOにより関節軟骨細胞マトリックスに蓄積されていたbFGFが放出されることを報告した.今回はこのメカニズムを解明するためラビット関節軟骨細胞をIL-1処理したときのbFGF,MMPs(matrix metalloproteinases),syndecan3,iNOS(inducible NO synthase)の産生量を調べた.その結果,IL-1処理によりこれら全ての産生量は増大し,MMPsではMMP-3,MMP-9が増加した.また,MMP inhibitorによりbFGFの放出量が一部減少したことからbFGFの放出にはマトリックスが関与していることが示唆された.またIL-1はiNOS,menbrane type 1-MMP,MMP-9,MMP-3 bFGFの順にmRNAの発現を刺激した.また,NOの産生抑制により,MMP-9,bFGFの遺伝子発現は抑制された.以上より,IL-1刺激によるNOの産生を介して,MMPsやbFGFの産生が起こることが明らかとなり,更に関節接合部の滑膜における軟骨分解後の血管再生の分子メカニズムが示唆された

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1998&ichushi_jid=J04549&link_issn=&doc_id=19980317090008&doc_link_id=10.1093%2Foxfordjournals.jbchem.a021955&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.1093%2Foxfordjournals.jbchem.a021955&type=Crossref&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00002_2.gif

  • Effect of cyclic mechanical stress on chondrocyte metabolism.

    T Fujisawa, T Hattori, T Kuboki, A Yamashita, M Takigawa

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   77   1004 - 1004   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白RA-A47蛋白の全長構造と機能解析

    服部高子, 油谷安孝, 藤沢拓生, 中西徹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21st   461   1998年

     詳細を見る

  • VEGF

    服部高子, 滝川正春

    関節外科   17 ( 7 )   904 - 905   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • HSP47様慢性関節リウマチ関連抗原(RA-A47)の単離と機能解析

    服部 高子

    岡山歯学会雑誌   16 ( 2 )   240 - 240   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • Expression and heterozygosity of imprinting IGF-II and H19 in the human chondrosarcoma-derived cells. HCS-2/8 and -2/A

    K Takahashi, TH Vu, T Hattori, T Nakanishi, AR Hoffman, M Takigawa

    FASEB JOURNAL   11 ( 9 )   A937 - A937   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Overexpression of insulin-like growth facloi-II gene (IGF2) in Wilms' tumor occurs through a process independent on the loss of heterogosity or loss of imprinting (W.U. Wang el al. : J. Biol. Them. 271,27X63, 1996) In the human chondrosarcoma-denved HCS-2/8 and -2/A cell lines, cloned by M Takigawa et al. (Cancel Res. 49 39%, 1989;Int J. Cancel 48. 717, 1991), total expression from 4 promoters (PI, P2, P3, P4) of 1GF2 and expression of H19 were 4-ft times and 1-0.5 times, respectively, compared to human normal chondrocytcs. In order to probe the mechanism of IGF2 Overexpression and repressive H19 expression in HCS-2/8 and -2/A cells, the imprinting and hetcro/ygosity ot 1GF2 and H19 were examined by restriction fragment length poly moi phi suis (RFLP) and sequence analyses with their RT-PCR products. RT-PCR products from all promoters and genomic PCR product of 1GF2 in HCS-2/8 were perfectly digested at Apal site on Exon9 (Ex9), suggesting the paternal allelc expression. However, the RT-PCR product from PI was partially cut at Alu\ site on the 5'-region of Ex3, of which the sequence data indicated both alleles expression. In RT-PCR product from P4, lacking of 4 bases in Ace I site at joint portion between Ex6-E.x7 occured bv the alternative splicing. While, RT-PCR product of the 5′-rcgion of E.x5 on H19 in HCS-2/K was not digested by Rsa] at all, suggesting the maternal allelc expression. Sequence data of the RT-PCR product suggested the existence of other RF''LP sites (MscI, DdeI, BsgI,) besides Alu\ and Rsal sites. These results imply that IGF2 Overexpression and repressive H19 expression may not relate directly with the imprinting status of IGF2 and HI9 in the chodrosarccma cells.

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • HSP47様慢性関節リウマチ関連抗原(RA-A47)の機能解析

    服部高子, 油谷安孝, 佐々木和浩, 藤沢拓生, 中西徹, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   20th ( 7 )   903 - 903   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子Hcs24/CTGFは特異的レセプターを介してTGF-βの軟骨細胞増殖促進作用を仲介する

    西田崇, 中西徹, 志茂剛, 服部高子, 浅野将宏, 玉谷卓也, 手塚克成, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   20th   1997年

     詳細を見る

  • 軟骨由来慢性関節リウマチ関連抗原蛋白RA-A47 HSP47との異同と炎症性サイトカインによる発現の抑制

    服部高子, 油谷安孝, 佐々木和浩, 藤沢拓生, 中西徹, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   15 ( 2 )   226 - 226   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節炎における軟骨破壊と血管新生との関連: IL-1は培養軟骨細胞からのbFGFの遊離だけでなくその産生と遺伝子発現も促進する

    佐々木和浩, 服部高子, 藤沢拓生, 中西徹, 高橋浩二郎, 井上一, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   15 ( 2 )   225   1997年

     詳細を見る

  • 軟骨由来多機能成長因子CTGF/Hcs24の内軟骨性骨形成における役割 軟骨・血管・神経における発現と作用機構

    中西徹, 遠藤剛, 西田崇, 服部高子, 竹林俊明, 松村智弘, 石関清人, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   15 ( 2 )   23   1997年

     詳細を見る

  • マウス骨芽細胞の細胞密度依存型増殖阻害に関連するプロティンチロシンホスファターゼの同定

    高橋浩二郎, 森川雅之, 服部高子, 中西徹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   20th   1997年

     詳細を見る

  • ヒト関節軟骨細胞様細胞株の樹立と慢性関節リウマチへの応用-コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47様蛋白質の単離とリウマチ関連抗原としての意義-

    平成9年度長期慢性疾患総合研究事業リウマチ班総合班会議プログラム   18 - 19   1997年

     詳細を見る

  • Specific serum antibodies against membranous proteins of a human immortal chondrocytic cell line (HCS-2/8) in rheumatoid arthritis and their relationship to the natural history of this disease

    Akira Sakawa, Yasutaka Yutani, Kentaro Inui, Akira Shimazu, Yoshiki Yamano, Akira Kinosita, Fujio Suzuki, Takako Hattori, Masaharu Takigawa

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   14 ( 3 )   146 - 152   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    An immortal human chondrocytic cell line (HCS-2/8) derived from a chondrosarcoma was used as a source of human antigens to find humoral antibodies to cell surface proteins of human chondrocytes in sera from patients with rheumatoid arthritis (RA). Membrane fractions prepared from the cell line were subjected to Western blot analysis using RA and normal sera as probes. RA sera recognized about a dozen bands, but three of these bands, with molecular weights of 105 kDa, 68 kDa, and 47 kDa, were found to be specific for the RA sera (P &lt
    0.05). These bands disappeared following V8 protease digestion, indicating that they were proteins. Among patients with 4 years or more of RA disease activity, reactivity against 105-kDa and 68-kDa proteins was relatively high in those whose joints showed a high degree of erosion. We suspect that levels of these two antibodies are suggestive of changes associated with the natural course of RA.

    DOI: 10.1007/BF02239482

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/BF02239482/fulltext.html

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白RA-A47の構造と生理的・病理的意義

    服部 高子

    歯科基礎医学会雑誌   38 ( 抄録 )   461 - 461   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白(RA-A47)の構造と性質

    服部 高子

    生化学   68 ( 7 )   691 - 691   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨特異的CTGF関連遺伝子hcs24の単離とその機能解析

    中西 徹, 木村 祐輔, 田村 知雄, 遠藤 剛, 西田 崇, 村上 崇子, 服部 高子, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   14 ( 2 )   51 - 51   1996年6月

     詳細を見る

  • ヒト軟骨細胞様細胞株(HCS-2/8)由来の慢性関節リウマチ関連抗原RA-A47 : その構造と性状

    服部 高子, 油谷 安孝, 佐々木 和浩, 中西 徹, 高橋 浩二郎, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   14 ( 2 )   71 - 71   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ヒト軟骨肉腫由来軟骨細胞様培養細胞株HCS-2/8におけるigf-II遺伝子プロモータの発現変動に対するアスコルビン酸の影響

    高橋 浩二郎, 服部 高子, 木村 祐輔, 中西 徹, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism   14 ( 2 )   173 - 173   1996年6月

     詳細を見る

  • ヒト軟骨肉腫由来の軟骨細胞様培養細胞株でのIGF-II遺伝子の転写制御因子遺伝子の発現変動

    高橋浩二郎, 服部高子, 木村祐輔, 中西徹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th   796   1996年

     詳細を見る

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白(RA-A47)の構造と性質

    服部高子, 佐々木和浩, 油谷安孝, 木村祐輔, 中西徹, 高橋浩二郎, 永田和宏, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th   179   1996年

     詳細を見る

  • IL-1による軟骨基質からのb-FGFの遊離と軟骨細胞のb-FGF産生能のこう進

    佐々木和浩, 服部高子, 田村知雄, 遠藤剛, 西田崇, 木村祐輔, 中西徹, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本整形外科学会雑誌   70 ( 8 )   S1194   1996年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞増殖因子Hcs24/CTGFの血管新生における作用

    遠藤剛, 中西徹, 木村祐輔, 服部高子, 西田崇, 村上崇子, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th   171   1996年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞増殖因子Hcs24/CTGFのヒト軟骨細胞様細胞株(HCS-2/8)に対する作用機序

    西田崇, 中西徹, 木村祐輔, 遠藤剛, 服部高子, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th   171   1996年

     詳細を見る

  • Nitric oxide mediates interleukin-1-induced matrix degradation and basic fibroblast growth factor release in cultured rabbit articular chondrocytes. A possible mechanism of pathological neovascularization in arthritis

    Tamura, T, Nakanishi, T, Kimura, Y, Hattori, T, Sasaki, K, Norimatsu, H, Takahashi, K, Takigawa, M

    Endocrinology   137 ( 9 )   3729 - 3737   1996年

     詳細を見る

  • ヒト軟骨培養細胞様細胞株(HCS-2/8)を用いた慢性関節リウマチ特異抗原蛋白の単離とその構造決定

    服部 高子

    歯科基礎医学会雑誌   37 ( 抄録 )   140 - 140   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • FURTHER CHARACTERIZATION OF A HUMAN CHONDROSARCOMA-DERIVED CHONDROCYTIC CELL LINE: HCS-2/8

    TAKIGAWA Masaharu, TAKAHASHI Kojiro, NAKANISHI Tohru, HATTORI Takako, KIMURA Yusuke, PAN Hai-Ou, KINOSHITA Akihiro, NAKAJIMA Kaoru, SUZUKI Fujio, NOMURA Shintaro, OKAWA Tokutaro, ZHU Jing-de

    Journal of bone and mineral metabolism   13 ( 1 )   40 - 40   1995年

     詳細を見る

  • インターロイキン-1(IL1)はNO産生を介して軟骨細胞から血管新生因子を遊離させる

    田村知雄, 中西徹, 木村祐輔, 服部高子, 村上崇子, 乗松尋道, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   13 ( 2 )   59   1995年

     詳細を見る

  • Differential display法による軟骨特異的CTGF関連遺伝子の単離とその機能解析

    中西徹, 木村祐輔, 田村知雄, 遠藤剛, 西田崇, 村上崇子, 服部高子, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   18th ( 2 )   252   1995年

     詳細を見る

  • ヒト軟骨肉腫由来の軟骨細胞様培養細胞株HCS-2/8のigf-II遺伝子の転写制御:アスコルビン酸による発現プロモータの変動

    高橋浩二郎, 服部高子, 木村祐輔, 松尾智江, 坪井佳子, 田村知雄, 中西徹, 井上一, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   18th   1995年

     詳細を見る

  • ヒト軟骨肉腫由来の軟骨培養細胞株(HCS-2/8)におけるIGF-II遺伝子の過剰発現,発現プロモーター変動およびゲノムインプリンティング

    高橋浩二郎, 木村祐輔, 服部高子, 中西徹, 田村知雄, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   13 ( 2 )   307 - 307   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性関節リウマチ関連抗原蛋白のヒト軟骨培養細胞株からの精製とその構造決定

    服部高子, 田村知雄, 佐々木和浩, 木村祐輔, 油谷安孝, 中西徹, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   18th   1995年

     詳細を見る

  • Differential Display法による軟骨特異的遺伝子のクローニング

    中西徹, 木村祐輔, 田村知雄, 村上崇子, 服部高子, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本骨代謝学会雑誌   13 ( 2 )   1995年

     詳細を見る

  • 大腸菌narオペロンの転写調節因子NarXおよびNarLの調製とその機能

    服部 高子

    生化学   66 ( 7 )   780 - 780   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • DIFFERENTIAL EXPRESSION OF HOMEOBOX-CONTAINING GENES MSX-1 AND MSX-2 AND HOMEOPROTEIN MSX-2 EXPRESSION DURING CHICK CRANIOFACIAL DEVELOPMENT

    K NISHIKAWA, T NAKANISHI, C AOKI, T HATTORI, K TAKAHASHI, S TANIGUCHI

    BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY INTERNATIONAL   32 ( 4 )   763 - 771   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS AUST  

    The expression pattern of chick Msx-1 and Msx-2 homeobox genes in craniofacial primordia was examined by in situ hybridization using cRNA probes. Both genes were expressed in the distal region of the facial primordia, where the distribution of Msx-2 expression was restricted distally within the Msx-1 expression domain. On the contrary, Msx-2 expression in the lateral choroid plexus and cranial skull was broader and more intensive than Msx-1 expression. Our findings suggest that these two genes cooperate to play differential roles in craniofacial development. Msx-2 protein was detected immunohistochemically, and its localization essentially corresponded to the mRNA expression pattern, substantiating the involvement of Msx-2 protein as a transcriptional regulator in developing limb and face.

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 大腸菌精製NarLのリン酸化と,narオペロン上でのNarL,FNR,IHFの相互作用

    服部高子, 高橋浩二郎, 中西徹, 神藤平三郎, 谷口茂彦, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   17th   1994年

     詳細を見る

  • 口腔内通性嫌気性細菌における分子状酸素センサー兼転写調節因子FNR様タンパクおよびその構造遺伝子の比較解析

    服部高子, 高橋浩二郎, 太田寛行, 谷口茂彦

    乳酸菌研究会に関する報告書   1994年

     詳細を見る

  • Expression of trk C in a mouse osteoblastic cell line and its response to neurotrophine-3.

    Nakanishi, T., Ohyama, K., Aoki, C., Kudo, A., Hattori, T., Takahashi, K., Taniguchi, S., Takigawa, M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   23 ( 2 )   1268 - 1274   1994年

     詳細を見る

  • Differential expression of homeobox - containing genes Msx-1 and Msx-2 and homeo protein Msx-2 expression during chick craniofacial development.

    Nishikawa, K, Nakanishi, T, Aoki, C, Hattori, T, Takahashi, K, Taniguchi, S

    Biochem. Mol. Biol. Inter.   32 ( 4 )   763 - 771   1994年

     詳細を見る

  • マウス骨芽細胞株におけるtrkCの発現とニューロトロフィン3に対する応答

    中西徹, 木村祐輔, 村上崇子, 大山和美, 岩田恵美, 小川紀雄, 服部高子, 高橋浩二郎, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   17th   1994年

     詳細を見る

  • Actinobacillus actinomycetemcomitansにおけるFNR様蛋白と嫌気的呼吸系

    服部 高子

    歯科基礎医学会雑誌   35 ( 抄録 )   195 - 195   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • msh型ホメオボックス遺伝子の融合ペプチド発現系の構築と抗体作製

    西川清, 中西徹, 青木千春, 服部高子, 高橋浩二郎, 谷口茂彦

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   16th   1993年

     詳細を見る

  • マウス骨芽細胞株における神経成長因子ファミリー遺伝子の発現とその構造解析

    中西徹, 青木千春, 高橋浩二郎, 西川清, 服部高子, 谷口茂彦

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   16th   1993年

     詳細を見る

  • 通性嫌気性口腔内細菌Actinobacillus actinomycetemcomitansにおける分子状酸素センサー兼転写調節因子FNRタンパクの単離精製と、硝酸塩添加時の嫌気的増殖

    服部高子, 高橋浩二郎, 太田寛行, 谷口茂彦

    乳酸菌研究会に関する報告書   ,430-438   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Actinobacillus actinomycetemcomitansにおける嫌気的呼吸系制御蛋白質 FNR

    服部 高子

    歯科基礎医学会雑誌   34 ( 抄録 )   152 - 152   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 大腸菌の嫌気呼吸系遺伝子群の転写抑制蛋白質 FNRによるfnr遺伝子の自己抑制

    服部 高子

    生化学   64 ( 7 )   585 - 585   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 大腸菌嫌気的呼吸系転写制御蛋白質: FNRの抑制的転写制御

    高橋浩二郎, 服部高子, 中西徹, 野地澄晴, 濃野勉, 斎藤泰一, 藤田信之, 石浜明, 谷口茂彦

    日本生物物理学会年会講演予稿集   30th   1992年

     詳細を見る

  • 嫌気的呼吸系遺伝子群の発現制御にあずかるFNR様転写調節タンパクの口腔細菌における分布と動態、乳酸菌研究会に関する報告書

    高橋浩二郎, 服部高子, 太田寛行, 野地澄晴, 谷口茂彦

    396-403   1992年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 軟⾻組織においてCCN3の発現上昇は、年齢、荷重の有無に関わらず軟⾻ 変性度と相関する

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 奥田 龍一郎, Janvier Habumugisha, 近藤 星, Shanqi Fu, 大野 充昭, 古松毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    第46回日本分子生物学会年会  2023年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月6日 - 2023年12月8日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 軟骨組織の加齢とともに発現が上昇するCCN3は、その発現上昇と軟骨変性度が年齢、荷重の有無に関わらず相関する

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    第96回日本生化学会大会  2023年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月31日 - 2023年11月2日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • CCN3は軟骨細胞老化マーカーであり、年齢、荷重の有無に関わらず変形性関節症と相関する

    服部 高子, 滝川 正春, 久保田 聡

    第65回歯科基礎医学会学術大会  2023年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月16日 - 2023年9月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟骨組織におけるCCN3の老化マーカーとしての役割と、CCN3の異所性発現による加齢様退行性変化の促進

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 近藤 星, 古松 毅之, 中田 英二, 原 哲也, 久保田 聡, 服部 高子

    日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集  2023年6月  日本結合組織学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 軟骨細胞におけるメトホルミンによるlong non-coding RNA, UCA1およびCCN2の発現制御

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第45回日本分子生物学会 日本生物物理学会 共催  2022年12月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月30日 - 2022年12月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟骨組織の加齢変性におけるCCN3の機能

    桑原実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 服部高子, 久保田聡

    第95回日本生化学会  2022年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月9日 - 2022年11月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟骨細胞におけるメトホルミンによるlong non-coding RNA, UCA1およびCCN2の発現制御

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第45回日本分子生物学会 日本生物物理学会 共催  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    researchmap

  • DO NOT OVERWORK: CCN3 FOR LIFE IN CARTILAGE

    Kubota S, Kawaki, H, Perbal, B, Takigawa, M, Kawata1, K, Hattori1 T, Nishida, T

    The 11th International Workshop on the CCN family of Genes  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    researchmap

  • メトホルミンの軟骨細胞におけるlong non-coding RNA, UCA1およびCCN2の発現制御と代謝における意義

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第13回日本CCNファミリー研究会  2022年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CCN3の関節軟骨における発現は、年齢、荷重の有無に関わらず変形性関節症と相関する –股関節を用いた研究–

    廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡

    第13回日本CCNファミリー研究会  2022年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変形性関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦 卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    第40回日本骨代謝学会  2022年7月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月22日 - 2022年7月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦 卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    第40回日本骨代謝学会  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    researchmap

  • グルタチオンによる破骨細胞形成促進にシステイニルロイコトリエン受容体CysLTR1は関与しない

    藤田洋史, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    第75回日本酸化ストレス学会学術集会  2022年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月25日 - 2022年5月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cysltr1変異はリポポリサッカリドによるマウス頭蓋冠の骨破壊に影響しない

    藤田洋史, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    第127回日本解剖学会  2022年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月27日 - 2022年3月29日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    第34回日本軟骨代謝学会  2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月18日 - 2022年2月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メトホルミンによる非コードRNA誘導と軟骨細胞分化促進作用

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第34回日本軟骨代謝学会  2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月18日 - 2022年2月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変形性股関節症とCCN3の相関

    廣瀬一樹, 廣瀬一樹, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 小浦卓, 井上智博, 服部高子, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集  2022年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年

    researchmap

  • メトホルミンの軟骨細胞におけるUCA1誘導をともなった分化促進作用

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウス副腎におけるUCP1の発現は寒冷刺激により上昇しない.

    藤田 洋史, 土生田 宗憲, 服部 高子, 久保田 聡, 公文 裕己, 大内 淑代

    第44回日本分子生物学会年会, 横浜(ハイブリッド開催)(口演)(P)[2P-0610]  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    researchmap

  • 変形性肩関節症モデルとしてのCCN3過剰発現マウス

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    第39回日本骨代謝学会  2021年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CCN3は関節軟骨の加齢変性を促進する

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    第39回日本骨代謝学会  2021年10月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メトホルミンのUCA1誘導および軟骨細胞分化促進作用

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第94回日本生化学会大会  2021年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月5日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cysltr1遺伝子変異は破骨細胞分化と炎症性骨破壊に影響しない

    藤田 洋史, 土生田 宗憲, 大野 充昭, 大橋 俊孝, 服部 高子, 久保田 聡, 大内 淑代

    第94回日本生化学会大会, 横浜(Web開催)[P-925]  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OCN3は関節軟骨の加齢性変性を促進する

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2021年10月  (一社)日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CCN3は関節軟骨の加齢性変性を促進する

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2021年10月  (一社)日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成体神経筋接合部でのCCN ファミリーの役割

    大河原美静, 服部高子, 久保田聡, 伊藤美佳子, 増田章男, 滝川正春, Karen M. Lyons, 大野欽司

    第12回日本CCNファミリー研究会, 岡山(Web開催)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    researchmap

  • Circadian production of melatonin and its receptors influence metabolism and rhythmic gene expression in chondrocytes

    Shanqi Fu, 桑原実穂, 内田瑶子, 近藤星, 池亀美華, 丸山雄介, 服部淳彦, 林大智, 下村侑司, 高垣安紗美, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    第62回 日本生化学会 中国・四国支部例会 2021, 9, 10-11, 岡山 (WEB開催)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    researchmap

  • 副腎髄質におけるUCP1タンパク質発現のUCP1レポーターマウスを用いた検証(UCP1-reporter mice reveal UCP1 protein expression in the adrenal medulla)

    Fujita Hirofumi, Habuta Munenori, Hattori Takako, Kubota Satoshi, Kumon Hiromi, Ohuchi Hideyo

    The Journal of Physiological Sciences  2021年8月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌  2021年8月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • non-coding RNAを介したメトホルミンの抗線維化作用の解析

    近藤 星, 服部 高子, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 吉岡 洋祐, 森谷 徳文, 飯田 征二, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本口腔科学会雑誌  2021年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腸内細菌の有無が胎児内軟骨成長に与える影響

    内田瑶子, 服部高子, 福原大樹, Fu Shanqi, 近藤 星, 桑原実穂, イスラム モニルル, 片岡広太, 江國大輔, 久保田聡, 森田 学

    第33回日本軟骨代謝学会、2021, 3, 26-7,岐阜 (WEB開催) (P)  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    researchmap

  • Plasma melatonin enhances growth, inhibits maturation, and adjusting circadian rhythm of melatonin production in chondrocytes

    Fu Shanqi, Kuwahara Miho, Uchida Yoko, Kondo Sei, Nishida Takashi, Ikegame Mika, Maruyama Yusuke, Hattori Atsuhiko, Takagaki Asami, Shimomura Yuji, Hayashi Daichi, Kubota Satoshi, Hattori Takako

    第33回日本軟骨代謝学会2021, 3, 26-7, 岐阜 (WEB開催)(O)  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    移植(Web)  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    researchmap

  • メトホルミンの軟骨細胞分化に対する作用の解析

    近藤 星, 服部 高子, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 森谷 徳文, 飯田 征二, 滝川 正春, 久保田 聡

    岡山歯学会雑誌  2020年12月  岡山歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒト関節軟骨での律動的遺伝子発現におけるメラトニンの作用

    フシャンキ, 桑原実穂, 内田瑶子, 近藤星, 西田崇, 池亀美華, 久保田聡, 服部高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(CD-ROM)  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 発生と疾患にみる新たな細胞間コミュニケーション 母体腸内細菌叢の有無が胎児骨格形成に与える影響

    福原 瑶子, 服部 高子, 池亀 美華, 久保田 聡, 岡村 裕彦

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒト関節軟骨細胞におけるリズム遺伝子発現に対するメラトニンの効果

    FU Shanqi, 桑原実穂, 内田瑶子, 林大智, 下村侑司, 高垣安紗美, 西田崇, 中田英二, 古松毅之, 近藤星, 丸山雄介, 服部淳彦, 久保田聡, 服部高子

    日本生化学会大会(Web)  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Cysltr1ノックアウトマウスを用いたシステイニルロイコトリエン受容体1の骨粗鬆症モデルにおける機能解明

    藤田洋史, 安藤碧, 大野充昭, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 母体腸内細菌叢の有無が胎児骨格形成に与える影響

    福原瑶子, 服部高子, 池亀美華, 久保田聡, 岡村裕彦

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 軟骨細胞は加齢にともなってCCN3を高発現し,その過剰発現は軟骨加齢を促進する

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    researchmap

  • 長鎖(約6kb)IssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによるノックインの試み

    近藤 星, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 武内 聡子, 池田 健司, 石川 崇典, 大野 充昭, 西田 崇, 久保田 聡, 服部 高子

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 軟骨細胞は松果体由来のメラトニン刺激で概日リズムを持ってメラトニンを産生し,増殖を促進し,肥大化を抑制する

    FU Shanqi, 桑原実穂, 内田揺子, 近藤星, 西田崇, 池亀美華, 久保田聡, 服部高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 長鎖(約6kb)lssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによるノックインの試み

    近藤星, 桑原実穂, FU Shanqi, 武内聡子, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    日本生化学会大会(Web)  2019年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 破骨細胞におけるロイコトリエン系の機能解析:CRISPR-Cas9を用いたcysltr1ノックアウトマウスの作製

    藤田洋史, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 長鎖(約6kb)ssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによる高効率ノックインの試み

    近藤星, 桑原実穂, FU Shanqi, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    researchmap

  • CCN2とRab14の相互作用が骨・軟骨細胞の基質産生に及ぼす役割

    星島 光博, 服部 高子, 田中 智代, 上岡 寛, 滝川 正春

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2018年10月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒト科霊長類特異的lncRNAのエレクトロポレーションによる マウス受精卵への効率的なノックインの試み

    近藤 星、桑原実穂、Fu Shanqi、池田健司、石川崇典、大野充昭 、西田 崇 、久保田聡 、服部高子

    ブレインストーミング2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:瀬戸内市  

    researchmap

  • 軟骨におけるメラトニンとその受容体の日周的合成は軟骨の律動的遺伝子発現に影響を及ぼす(Circadian production of melatonin and its receptors in cartilage influences chondrocyte rhythmic gene expression)

    Fu Shanqi, 桑原 実穂, 内田 瑶子, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美, 西田 崇, 丸山 雄介, 池亀 美華, 服部 淳彦, 服部 高子, 久保田 聡

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ゲノム編集マウスを用いた破骨細胞分化におけるロイコトリエン合成関連遺伝子の機能解析

    藤田洋史, 長尾僚祐, 土生田宗憲, 服部高子, 久保田聡, 大内淑代

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    researchmap

  • メトホルミンによるUCA1を介した軟骨保護作用の解析

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    第42回岡山歯学会  2021年11月28日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • がんの治療又は予防剤

    滝川 正春, 服部 高子, 皆川 吉, 瀬戸 泰裕, 綱 美香, 原田 義孝, 高久 学, 安田 秀世

     詳細を見る

    出願人:日本製粉株式会社, 国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2013-006973  出願日:2013年1月18日

    公開番号:特開2013-166751  公開日:2013年8月29日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がんの治療又は予防剤

    滝川 正春, 服部 高子, 皆川 吉, 瀬戸 泰裕, 綱 美香, 原田 義孝, 高久 学, 安田 秀世

     詳細を見る

    出願人:日本製粉株式会社, 国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2013-006973  出願日:2013年1月18日

    公開番号:特開2013-166751  公開日:2013年8月29日

    特許番号/登録番号:特許第6187960号  登録日:2017年8月10日  発行日:2017年8月10日

    J-GLOBAL

    researchmap

Works(作品等)

  • 第43回岡山歯学会・学術集会、岡山歯学会優秀論文賞: Roles of interaction between CCN2 and Rab14 in aggrecan production by chondrocytes.

    Hoshijima, M, Hattori, T, Aoyama, E, Nishida, T, Kubota, S, Takigawa, M

    2022年12月11日

     詳細を見る

  • 第45回日本分子生物学会 日本生物物理学会 共催、サイエンスピッチアワード・優秀発表賞: 軟骨細胞におけるメトホルミンによるlong non-coding RNA, UCA1およびCCN2の発現制御

    近藤 星, 服部高子, 桑原実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    2022年12月2日

     詳細を見る

  • 第42回岡山歯学会・学術集会、岡山歯学会奨励論文賞

    Fu Shanqi, Kuwahara Miho, Uchida Yoko, Kondo Sei, Nishida Takashi, Ikegame Mika, Maruyama Yusuke, Hattori Atsuhiko, Takagaki Asami, Shimomura Yuji, Hayashi Daichi, Kubota Satoshi, Hattori Takako

    2021年10月28日

     詳細を見る

  • 第91回日本生化学会大会若手優秀発表賞

    Shanqi Fu, 桑原 実穂, 内田 瑶子, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美, 西田 崇, 丸山 雄介, 池亀 美華, 服部 淳彦, 服部 高子, 久保田 聡

    2018年9月24日
    -
    2018年9月26日

     詳細を見る

  • 平成29年度至誠会基礎医学研究助成渡辺慶子賞

    服部高子

    2017年

     詳細を見る

  • 第55回歯科基礎医学会学生ポスター賞

    角谷宏一, 服部高子, 桑原実穂, 大野充昭, 星島光博, 窪木拓男, 滝川正春

    2013年9月20日
    -
    2013年9月21日

     詳細を見る

  • 先端歯学スクール2012

    星島光博, 服部高子

    2012年9月20日
    -
    2012年9月21日

     詳細を見る

  • Finalist of the Hatton Award competition - 59th meeting of the Japanese Association for Dental Research (JADR) – 2011

    Hara ES, Ono M, Kubota S, Sonoyama W, Oida Y, Hattori T, Nishida T, Furumatsu T, Ozaki T, Takigawa M, Kuboki T

    2011年10月8日
    -
    2011年10月9日

     詳細を見る

  • 2011 ASBMR Young Investigator Travel Grant

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Takashi Yamashiro, Masaharu Takigawa

    2011年9月16日
    -
    2011年9月20日

     詳細を見る

  • 第4回日本CCNファミリー研究会若手国際学術奨励賞受賞講演

    Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Seiji Kondo, Takako Hattori, Masaharu Takigawa

    2011年8月26日
    -
    2011年8月27日

     詳細を見る

  • 第29回日本骨代謝学会優秀ポスター

    Emilio Satoshi Hara, Mitsuaki Ono, Satoshi Kubota, Wataru Sonoyama, Takako Hattori, Masaharu Takigawa, Takuo Kuboki

    2011年7月28日
    -
    2011年7月30日

     詳細を見る

  • QOL2011 国際シンポジウム招待講演

    2011年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • Faculty of 1000 Medicine

    2010年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • 先端歯学スクール2010優秀発表賞

    2010年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • Faculty of 1000 Biology

    2010年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • 2010 ICCNS-SPRINGER Award

    2010年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • 第27回日本骨代謝学会優秀ポスター賞

    2009年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • 2nd Joint Meeting of the IBMS and the ANZBMS トラベルアワード講演

    2009年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

  • 平成21年度 特別教育研究経費「口腔からQOL向上を目指す連携研究」に関連した研究スカラシップ事業に基づく研究

    2009年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 岡山歯学会優秀論文賞

    2022年12月   第43回岡山歯学会・学術集会   Roles of interaction between CCN2 and Rab14 in aggrecan production by chondrocytes

    Hoshijima, M, Hattori, T, Aoyama, E, Nishida, T, Kubota, S, Takigawa, M

     詳細を見る

  • サイエンスピッチアワード・優秀発表賞

    2022年12月   日本分子生物学会 日本生物物理学会共催   軟骨細胞におけるメトホルミンによるlong non-coding RNA, UCA1およびCCN2の発現制御

    近藤 星、 服部高子、桑原実穂、Fu Shanqi、西田 崇、薬師寺翔太、吉岡洋祐、森谷徳文、飯田征二、滝川正春、久保田聡

     詳細を見る

  • 岡山歯学会奨励論文賞

    2021年11月   岡山歯学会  

    Fu Shanqi, Kuwahara Miho, Uchida Yoko, Kondo Sei, Nishida Takashi, Ikegame Mika, Maruyama Yusuke, Hattori Atsuhiko, Takagaki Asami, Shimomura Yuji, Hayashi Daichi, Kubota Satoshi, Hattori Takako

     詳細を見る

  • 第91回日本生化学会大会若手優秀発表賞

    2018年9月   日本生化学会大会  

    Shanqi Fu, 桑原 実穂, 内田 瑶子, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美, 西田 崇, 丸山 雄介, 池亀 美華, 服部 淳彦, 服部 高子, 久保田 聡

     詳細を見る

  • 平成29年度至誠会基礎医学研究助成渡辺慶子賞

    2017年   一般社団法人 至誠会   低身長治療のみでなく関節機能維持によるアンチエイジング療法の開発を目的とした軟骨組織の概日リズム形成機構の解明

    服部高子

     詳細を見る

  • 平成28年度公益財団法人両備檉園記念財団研究助成

    2016年   公益財団法人両備檉園記念財団   軟骨組織におけるCCNファミリー遺伝子群の濃度調節による軟骨成長促進と関節機能維持の試み

    服部高子

     詳細を見る

  • 平成26年度成長科学協会研究助成

    2014年   公益財団法人 成長科学協会   骨伸長促進効果を有する結合組織成長因子CTGF/CCN2の低身長治療への応用のための基礎研究

    服部高子

     詳細を見る

  • 学生ポスター賞

    2013年9月   第55回歯科基礎医学会  

    角谷宏一, 服部高子, 桑原実穂, 大野充昭, 星島光博, 窪木拓男, 滝川正

     詳細を見る

  • 先端歯学スクール2012

    2012年9月   先端歯学スクール2012   CCN2とCCN3のホモおよびヘテロダイマーが軟骨細胞の基質合成に及ぼす影響

    星島光博

     詳細を見る

  • Finalist of the Hatton Award competition

    2011年10月   59th meeting of the Japanese Association for Dental Research (JADR)  

    Hara ES, Ono M, Kubota S, Sonoyama W, Oida Y, Hattori T, Nishida T, Furumatsu T, Ozaki T, Takigawa M, Kuboki T

     詳細を見る

  • ASBMR Young Investigator Travel Grant

    2011年9月   ASBMR 2011 Annual Meeting  

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Takashi Yamashiro, Masaharu Takigawa

     詳細を見る

  • 若手国際学術奨励賞

    2011年8月   第4回日本CCNファミリー研究会  

    Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Seiji Kondo, Takako Hattori, Masaharu Takigawa

     詳細を見る

  • 優秀ポスター賞

    2011年7月   日本骨代謝学会   Harmine, an inducer of CCN2/CTGF, promotes chondrogenesis and suppresses TNF-alpha-induced inflammatory response

    Emilio Satoshi Hara, Mitsuaki Ono, Satoshi Kubota, Wataru Sonoyama, Takako Hattori, Masaharu Takigawa, Takuo Kuboki

     詳細を見る

  • QOL2011 国際シンポジウム招待講演

    2011年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 先端歯学スクール2010優秀発表賞

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Faculty of 1000 Biology

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Faculty of 1000 Medicine

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Faculty of 1000 Biology: evaluations for Hattori T et al

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Faculty of 1000 Medicine: evaluations for Hattori T et al

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 2010 ICCNS-SPRINGER Award

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 相分離下での転写制御を解明するドロップレットーミクスの開発

    研究課題/領域番号:23K17439  2023年06月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(開拓)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子, 大野 充昭

      詳細を見る

    配分額:25740000円 ( 直接経費:19800000円 、 間接経費:5940000円 )

    researchmap

  • 象牙芽細胞の表面に突き出た細胞小器官の機能解析と象牙質再生への応用

    研究課題/領域番号:22K10075  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    高江洲 かずみ, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 非コードRNAを介した新たな軟骨ホメオスタシスとその変性メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:22K10218  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森谷 徳文, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 近藤 星

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 体細胞分化の鍵となる遺伝子探索のための新方法論:インバース・ジェネティクスの開拓

    研究課題/領域番号:21K19603  2021年07月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 青山 絵理子, 滝川 正春, 大野 充昭

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    初年度である本年度は、本研究で提唱する「インバース・ジェネティクス方法論」を、軟骨細胞を用いて検証することを第一の目的と定め研究を進めた。当初の予定ではマウス肋軟骨細胞を用いる予定であったが、長鎖非コードRNA (lncRNA) 遺伝子の数がはるかに多いこと、およびフィーダー細胞としてマウス由来SNL細胞を使うことを考慮しヒト軟骨細胞を用いた検討から開始することとした。理論上は可能だが軟骨細胞からiPS細胞を作成できたという報告はまだない。したがってまず山中4因子 (OSKM) を強制発現するレンチウイルスベクターを作成し、ヒト軟骨細胞に導入、リプログラミングが起こるかどうかをコロニー形成を指標に検討した。その結果OSKM導入発現2週間後には多数のコロニーの形成が見られ、軟骨細胞もiPS細胞化しうることが確認された。この結果を受けて、iPS干渉法によって仮説の妥当性とSOX9遺伝子の軟骨細胞分化の機能確認に進んだ。すなわち軟骨細胞にOSKMに加えてSOX9を発現させることでリプログラミングが阻止されるかを検証した。その結果SOX9発現によって形成されるコロニーは減少したがゼロにはならなかった。これはSOX9が単独で軟骨細胞分化を決定しているのではないためと考えている。そして次にシングルセル解析に進むにあたっては、解析前にフィーダー細胞を除去する必要がある。そのため以上の研究に並行して、蛍光色素mCherryを発現するSNL細胞を新たに樹立し、フローサイトメトリーで除去するシステムを整えてきた。ここまでは順調であったが、この実験システムではリプログラミング効率が十分ではなく、シングルセル解析で有意な結果を得るために必要なOSKM導入細胞数の確保が難しいことが分かってきた。そこで最近開発された一体型山中因子発現ウイルスベクターを試したところ、予備実験で飛躍的に高い導入効率が得られた。来年度はこのシステムを用いて研究を先に進める予定である。

    researchmap

  • 長鎖非コードRNA群によるCCN2を通じた骨格形成調節機構の解明

    研究課題/領域番号:21H03105  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    本研究を支える2つの柱は、cellular communication network factor 2 (CCN2) 遺伝子をトランスに制御する長鎖非コードRNA (lncRNA) であるurothelial cancer associated 1 (UCA1) と、シスに制御するanti-CCN2 3'-UTR RNA (ACUR) である。
    まずUCA1については、当該lncRNAの作動エレメント、つまり軟骨細胞分化を促進するRNA上の機能領域を突き止めるためin silicoでUCA1の構造を予測し、順に欠損させた3つの変異体を発現するシステムを、レンチウイルスベクターを用いて構築し、それらベクターを使って標的であるマウスATDC5細胞でこれら変異体を強制発現できることを確認できた。またUCA1が吸着しうるmiRNAを探索し、現在までに37のmiRNAをUCA1によって軟骨細胞内で制御されうる分子として特定できた。さらに新たな展開として、UCA1が骨芽細胞機能に与える影響を、軟骨細胞と同じ戦略、すなわちUCA1を持たないマウスMC3T3-E1細胞にレンチウイルスベクターで強制発現させ、骨芽細胞マーカー遺伝子の発現定量やアルカリホスファターゼ染色で評価した。しかしながら軟骨細胞とは異なり骨芽細胞形質はUCA1の影響を受けなかった。以前の研究で、間葉系幹細胞が骨芽細胞へ分化する際、UCA1発現は減少することも確認している。以上の所見は、UCA1が軟骨細胞において高度に特異的な機能を発揮していることを示唆している。
    そしてACURについては、センスRNA、つまりCCN2 RNA には影響を与えることなくアンチセンスRNAのみを、RNase H活性により特異的に分解するGapmeRを5種類設計・合成し、ヒト軟骨細胞様HCS-2/8細胞に導入して関連遺伝子発現量を評価した。その結果、5種のうち2種のGapmeRによって効率よくACURのサイレンシングが起こることが確認され、その状況下ではCCN2遺伝子ばかりでなく、軟骨細胞マーカー遺伝子も抑制される傾向にあった。つまり骨格形成に対してインパクトを与えている可能性が濃厚となった。

    researchmap

  • 長鎖非コードRNAによる骨細胞メカニカルストレス応答制御機構の解明

    研究課題/領域番号:21K10189  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石川 崇典, 宮脇 正一, 前田 綾, 大賀 泰彦, 久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    最近、タンパク質をコードしない長鎖非コードRNAが様々な生理的機能に関与していることが明らかとなっている。しかしながら、矯正歯科治療における歯の移動において極めて重要な生体反応である、骨細胞のメカニカルストレス応答に関与するとされる長鎖非コードRNAの報告はまだない。そこで、本研究では骨細胞のメカニカルストレス応答下で機能する長鎖非コードRNAを特定し、その詳細な分子機構を明らかにすることを目的とし、研究を実施している。
    目的とする長鎖非コードRNAを特定するため、マイクロアレイによる網羅的遺伝子発現解析を予定しており、初年度はまず実施するサンプルの条件を検討した。骨細胞様細胞株MLO-Y4細胞を培養し、同細胞に様々な種類のメカニカルストレスを負荷後、同サンプルを回収し、骨芽細胞マーカー遺伝子および骨芽細胞分化に関与しているとされる長鎖非コードRNAを定量RT-PCRにより評価し、マイクロアレイを実施するサンプルの選定を行った。初年度末の時点で概ね本作業は完了しており、今後はコントロール群と比較し遺伝子変動の大きかった方法でメカニカルストレスを付与したMLO-Y4細胞を準備し、網羅的遺伝子発現解析を実施していく。同サンプルの解析結果より、特定の長鎖非コードRNAの遺伝子発現の上昇もしくは低下が確認できると考えており、2年目以降では、その中で特に遺伝子発現の変動が多かったRNAをin vitroにてノックダウンおよび強制発現させ、骨代謝マーカー遺伝子の発現変動を確認し詳細な機能を調査することとしている。

    researchmap

  • 変形性足関節症におけるCCN3を介した新たな軟骨細胞老化制御機構の解明

    研究課題/領域番号:21K09280  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    雑賀 建多, 服部 高子, 中田 英二, 二川 摩周, 尾崎 敏文, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    変形性足関節症 (osteoarthritis of the ankle; OA of the ankle)の患者では痛みや歩行障害により日常生活動作が著しく低下する。我々はOA関連遺伝子の探索を行い、軟骨組織の発生・分化・再生過程において多様な生理機能を持つCellular Communication Network Factor (CCN)フ ァミリー遺伝子のうち、CCN3がヒトから得られた関節軟骨細胞で加齢とともに有意に増加していることを認めた。また、酸化ストレス刺激により老化を誘導した軟骨細胞でCCN3 発現の上昇を認めた。そこで、これらの結果をもとに足関節においてCCN3が軟骨細胞の老化によるOAを促進するか検討し、足関節の軟骨細胞において、CCN3を介した加齢性変性に対する分子メカニズムを解明することを目的としている。
    <BR>
    研究実施計画に基づき、足関節固定術や人工足関節置換術時に軟骨組織を採取し解析を行なっている。令和3年度は、まず並行して行なっている股関節軟骨研究を進めた。すなわち、Normal群とOA群を荷重部と非荷重部で分け、それぞれの組織をサフラニンOで染色した。肉眼的にOA群荷重部で明らかな軟骨層の菲薄化が確認できた。また、培養した軟骨細胞のmRNAをReal-time PCRを使用しCCN2, 3とADAMTS5で評価した。CCN3, ADAMTS5で荷重、非荷重関係なしにOA群で有意に上昇を認めた。また、両群において年齢との相関はなかった。さらに、組織より直接抽出した軟骨細胞のmRANを評価した。荷重、非荷重に関与することなくそれぞれの因子でOA群において有意に上昇を認めた。また、両群において年齢との相関はなかった。

    researchmap

  • 新規軟骨老化促進因子CCN3の加齢に伴った発現誘導と細胞周期停止機構の解明

    研究課題/領域番号:21K09815  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    服部 高子, 久保田 聡, 西田 崇, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    1.胎生期から出生後37週(8.6ヶ月齢)までの様々な時期のマウス肋軟骨組織から初代培養軟骨細胞を単離し、遺伝子発現の変化を調べると、CCN family member 3 (CCN3) mRNAとともに細胞周期停止因子p21, p53、senescence-associated secretory phenotype (SASP)因子であるIL-6, IL-8 mRNAの発現レベルと軟骨細胞採取時のマウスの加齢状態との間に強い正の相関があることがわかった。また、CCN3抗体を用いた1ヶ月から7ヶ月齢のマウス膝関節の免疫染色でも、加齢とともに強い染色性が観察された。2.ヒト患者由来初代培養軟骨細胞、ラット培養軟骨細胞株RCSに酸化ストレスとしてH2O2を添加し、人工的に誘発した老化軟骨細胞においてCCN3 mRNAの有意な発現上昇とともに、p21,p53の発現上昇、肥大軟骨マーカーである10型コラーゲン、マトリックスメタロプロテナーゼ13、アグリカン分解酵素ADAMTS5 mRNAの発現誘導が認められ、CCN3、P53の誘導は蛋白レベルでも確かめられた。この時、senescence-associated (SA)-β galactosidaseの活性化も確認された。3.RCS細胞にCCN3を発現ベクターの導入により過剰発現させるとp21プロモータ活性が上昇した。4.2週齢マウス膝関節より単離された初代培養軟骨細胞およびRCS細胞に組換えCCN3蛋白を添加するとp21, p53 mRNAが誘導された。これらのことからCCN3の発現上昇によっても細胞周期停止因子の誘導による老化が誘発されることが明らかとなった。5.軟骨組織特異的にCCN3を発現するトランスジェニックマウスの関節軟骨では、早期に関節変性が誘導され、このマウスの肋軟骨組織から単離した初代培養軟骨細胞では細胞周期停止因子群、SASP因子群の発現が上昇していた。6.ヒト患者由来関節組織から単離した初代培養軟骨細胞においてCCN3, p21,p53 mRNAの発現レベルと年齢との間に強い正の相関が観察された。

    researchmap

  • CCN2の転写因子様機能を介した線維症のキープレイヤー筋線維芽細胞分化機構の解明

    研究課題/領域番号:20K09889  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西田 崇, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 青山 絵理子, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    線維性疾患は組織内にコラーゲンが過剰に沈着し、正常な組織機能が損なわれる慢性疾患である。近年、筋線維芽細胞が線維化のキープレイヤーとして注目されているが、その分化機構は未だ不明である。本研究課題の目的は線維化の進行に重要な役割を担うと考えられているCellular communication network factor 2 (CCN2)が筋線維芽細胞の分化にどのように関わっているのかをイントラクリン作用の観点から解明することである。当該年度では、未分化間葉系細胞株C3H10T1/2細胞を用いてCCN2にイントラクリン様の作用を誘導し、筋線維芽細胞への分化に対する影響を解析した。以下にその結果を示す。
    1.シグナルペプチドを欠失したCCN2の発現プラスミド(SP-Ccn2)を構築し、C3H10T1/2細胞に遺伝子導入した。対照群としてシグナルペプチドを付加したCCN2の発現プラスミド(SP+Ccn2)を用いた。CCN2が核内に移行するかを蛍光免疫染色で調べた結果、SP+Ccn2を遺伝子導入した細胞ではCCN2が細胞質に局在したのに対し、SP-Ccn2を遺伝子導入した細胞ではCCN2は一部核内に見られた。
    2.1.で作製した発現プラスミドをC3H10T1/2細胞に遺伝子導入し、筋線維芽細胞分化に重要な転写因子であるPU.1の遺伝子発現レベルを定量RT-PCR法で解析した。結果、SP+Ccn2を遺伝子導入した群ではempty vectorを導入した群と変わらなかったが、SP-Ccn2を遺伝子導入した群はPU.1の遺伝子発現レベルが有意に上昇した。
    3.PU.1の標的分子であるテネイシンC及びPDGFの産生量をWestern blot解析で調べた結果、SP-Ccn2を導入した群で両分子の産生量の増加が見られた。

    researchmap

  • 内在性UTRブロッカーによるCCN2遺伝子発現制御とその生物学的意義

    研究課題/領域番号:19K22716  2019年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    本研究の対象は、ヒトCCN2の3'-非翻訳療育 (UTR) を過不足なく覆うアンチセンス長鎖ノンコーディングRNA (lncRNA) anti-CCN2 3'-UTR RNA (ACUR)である。ヒト子宮頸癌細胞HeLaと軟骨肉腫細胞HCS-2/3でのACURの発現はすでに予備実験で判っていたが、本研究はまずACURの発現を、別の細胞株や正常ヒト細胞でも検証することから始めた。その結果、ヒト乳がん細胞株MDA-MB-231株でもACURが発現していること、さらにヒト膝関節から分離した関節軟骨細胞でもACURでも強い発現が確認できた。また、その発現量にはやはりCCN2 mRNAと正の相関があった。この所見は関節軟骨におけるACURの生物学的意義を示唆するものであり興味深い。なおCCN2遺伝子がすべての哺乳類に存在することから、マウスにもACURが存在すると思われたが、今後マウスを用いた実験を行うにあたってこの点を確認する必要がある。そこでCCN2遺伝子座の構造を比較解析し、ACURの構造を推定した上でマウスACURの検知を試みた。その結果マウスC3H10T1/2細胞株でもACURが転写されていることを確認できた。しかもその転写量はCCN2 mRNA同様、同細胞の脂肪細胞への分化によって大きく減少することが明らかとなった。
    ACURの分子機能を明らかにする第一段階として、ヒトACURを一過性に強制発現するための発現プラスミドを構築した。そして本研究提案当初の仮説である3'-UTR封鎖機能を検証するため、蛍ルシフェラーゼ遺伝子にヒトCCN2 3'-UTRを接続したレポータープラスミドとともに、HCS-2/8細胞に導入してその効果をみたが、強制発現による有意な変化は見られなかった。
    なお本研究を進める過程で、CCN2遺伝子座のまったく別の5'-UTR領域にアンチセンスlncRNAを新たに発見した。

    researchmap

  • 細胞アンテナによる象牙質再生への道を拓く基礎研究

    研究課題/領域番号:19K10109  2019年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    高江洲 かずみ, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    日本人の平均寿命は年々伸びている反面、健康寿命は伸びていない。健康寿命を延長には咀嚼機能の維持が鍵となるため、歯牙の再生療法の開拓が望まれている。個々の歯牙の再建には象牙質の再生が必須であるが、自然状態での象牙質再生能力は不充分である。
    このため、象牙芽細胞の細胞外環境感知センサー、つまり〝一次繊毛”の形成や細胞周期の制御に機能するIntraflagellar transport (Ift) 88を機能制御することで、象牙質再生の実現を我々は目指している。理想的な形質・形態の象牙質を再生するためには、まず正常象牙質の形成過程を解明する必要がある。そのために、まず、1. 象牙芽前駆細胞の接着・増殖、2. 分化、3. 細胞極性の分子制御機構を検討する。その上で、象牙質再生法の開発を検討していく。
    現在までに、Ift 88をノックダウンした象牙芽前駆細胞であるsh-Ift88 KN-3細胞では、一次繊毛形成に関係なく、細胞接着能力や細胞増殖速度が抑制されることを確認している。本年度は、KN-3細胞において、IFT88が細胞接着や細胞増殖を調節する機構を検討するため、Fucci-S/G2/M Green expression KN-3細胞を作製し、細胞周期のモニタリングをArrayScanを用いて行った。その結果、sh-Ift88 KN-3細胞では、コントロールのKN-3細胞と比較して、Fucci-S/G2/M Greenの発現が抑制されていることが明らかとなった。

    researchmap

  • 低身長治療のみでなく関節機能維持によるアンチエイジング療法の開発を目的とした軟骨組織の概日リズム形成機構の解明

    2017年10月 - 2018年09月

    至誠会  平成29年度至誠会基礎医学研究助成渡辺慶子賞 

    服部高子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • CCN2とVASH1による新たな内軟骨性骨化調節メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:17H06885  2017年08月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    村瀬 友里香, 滝川 正春, 佐藤 靖史, 久保田 聡, 青山 絵理子, 鈴木 康弘, 服部 高子, 吉田 祥子, 佐々木 朗

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究では、CCN2とVASH1による新たな内軟骨性骨化調節メカニズムを解明することを目的とした。興味深いことに、VASH1はCCN2と同様に肥大軟骨細胞層に局在し、また、軟骨細胞においてCCN2の発現を抑制すると、VASH1の発現が低下し、アポトーシスが誘導された。そして、その誘導されたアポトーシスはROS阻害剤であるN-acetyl-L-cysteineにより抑制された。これらの成果から、軟骨細胞の肥大化期には、CCN2-VASH1の発現が亢進し、ROSレベルの制御を介して肥大軟骨細胞の細胞死・アポトーシスを分化終末期まで防いでいる可能性が推測された。

    researchmap

  • CCN2の新ポテンシャル:ワールブルグ・エフェクター機能の検証

    研究課題/領域番号:17K19756  2017年06月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子, 志茂 剛

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    軟骨肉腫由来細胞での検討の結果、CCN2遺伝子発現抑制で細胞内ATP量が低下する一方、解糖系の阻害によりCCN2遺伝子発現も低下した。この事実から、同細胞ではCCN2はワールブルグ・エフェクターを超え、正のフィードバックにより解糖系を活性化するワールブルグ・ブースターとして機能することが明らかになった。また解糖系阻害が全CCNファミリー遺伝子の発現に与える影響を解析したところ、CCN3の遺伝子発現が強く誘導された。この現象はミトコンドリアでのATP産生を阻害しても見られず、解糖系の活性に依存する。以上より、CCN2とCCN3は解糖活性を核として緊密な制御下にあることも本研究において解明された。

    researchmap

  • 肥満による変形性膝関節症の発症機構の解明とCCN2によるその制御効果の検討

    研究課題/領域番号:17K11641  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西田 崇, 久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 青山 絵理子, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Angiotensin II (ANG II)は軟骨細胞の増殖・分化を抑制すると同時にCCN2の産生量を濃度依存的に増加させた。その作用はANG II受容体であるAT1Rを阻害するロサルタン処置やゲノム編集によるAT1Rノックアウト軟骨細胞を用いた解析結果からAT1Rを介していることが明らかとなった。また、CCN2欠損ではANG IIの合成促進が示唆され、CCN2欠損マウスによる変形性関節症の発症にはANG IIの産生量の増加が関与していると考えられた。

    researchmap

  • Sorcinの細胞内局在と軟骨内骨化過程における細胞分化との関連性を明らかにする

    研究課題/領域番号:17K11635  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    河井 まりこ, 服部 高子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 二次骨化中心初期石灰化の生命科学、材料学、双方向からの解析と理解

    研究課題/領域番号:16H06990  2016年08月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    ハラ エミリオ・サトシ, 松本 卓也, 岡田 正弘, 窪木 拓男, 長岡 紀幸, 服部 高子

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    本研究では,マウス大腿骨二次石灰化現象について,軟骨内骨化の初期石灰化部位とタイミングを同定し,その部位における石灰化について,生命科学的・工学的に検討を行い,それぞれを時間空間的に比較することで,軟骨内骨化の多面的な理解を目的とした.実験の結果から,初期石灰化は生後6日目から開始することがわかった.開始点を電子顕微鏡で観察・解析した結果,細胞膜の断片(リン脂質)が石灰化の核になることがわかった.この結果から,リン脂質を基盤とした新しい無機有機ハイブリッド材料の開発に繋がる可能性があると考えられる.

    researchmap

  • 細胞外環境感知センサーを介した象牙芽細胞の規則的配列機構の解明

    研究課題/領域番号:16K11475  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    高江洲 かずみ, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    我々は、 象牙芽細胞分化培地に添加するデキサメタゾン (DEX)による象牙芽前駆細胞であるKN3細胞の増殖抑制を、一次繊毛の形成や細胞周期の制御に機能するIntraflagellar transport (Ift) 88のノックダウンが解除する機構を探索した。その結果、一次繊毛の制御するシグナル経路の関与は認められなかったが、古典的Wntシグナル関連遺伝子であるCcn4、5の関与が疑われた。このため、Ccn4、5を強制発現させたKN3細胞を作製し、その影響を検討したが、DEXによる細胞増殖抑制をIft88ノックダウンが解除する機構には、Ccn4、5は関与していないことが明らかになった。

    researchmap

  • 軟骨細胞の成長概日リズムとSOX9-ユビキチンリガーゼとの関連

    研究課題/領域番号:16K11476  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    服部 高子, 久保田 聡, 西田 崇, 高江洲 かずみ, 池亀 美華

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究により、メラトニン受容体MT-1, MT-2が軟骨組織に発現していること、メラトニン添加により軟骨細胞の増殖が促進されること、また、MT-1, MT-2のアンタゴニストの添加によりその効果が消失すること、メラトニンの長期投与により軟骨細胞の分化マーカー遺伝子の発現が促進される一方で、肥大化のマーカー遺伝子の発現は抑制されること、さらに軟骨細胞がメラトニン合成酵素を発現しており、メラトニン産生は質量分析解析で確かめられたこと、メラトニン合成酵素および受容体遺伝子は概日リズムを持った発現をし、メラトニン投与によってメラトニン合成酵素遺伝子および受容体遺伝子は早い誘導を受けることを明らかにした

    researchmap

  • Rab14とCCN2による小胞輸送がマトリクス形成に及ぼす役割

    研究課題/領域番号:16K11786  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    星島 光博, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 上岡 寛, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    軟骨分化促進因子CCN2と細胞内輸送制御因子Rab14は、骨、軟骨および肺組織で極めて高いレベルで発現している。両者の分子間相互作用が、これらの組織で果たす役割を解明することを目的とし、骨細胞の分化や基質産生に及ぼす影響について検証した。
    その結果、骨細胞の成熟に伴ってRab14とCCN2の発現が亢進し、Ⅰ型コラーゲンやオステオカルシンの発現が有意上昇していた。それに伴い細胞内カルシウム応答に関与するc-Fos、コネキシン43およびパネキシン3の発現が著しく増加した。また成熟骨細胞で、機械的刺激に対する細胞内カルシウムイオンの上昇率が有意に上昇した。

    researchmap

  • CCN2・CCN3のダイアーキーによる組織形成統合制御機構の解明と応用

    研究課題/領域番号:25462886  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    ダイアーキー的相互作用を想定しCCN3を強制発現したところ細胞の線維化形質は抑制され、CCN2,4産生が抑制されていた。またCCN3を軟骨細胞に強発現するマウスを作成し解析した結果、内軟骨性骨形成の最終段階に遅延が認められた。なおCCN2協同分子として新たに数種の分子を見出した。
    続いて変形性関節症 (OA)をラットに誘発させたところ組織のCCN3が著しく減少し、OA病巣へのCCN3タンパク質局所適用は改善効果を発揮した。
    次に組織再生CCNカクテルのモデルとして血小板を分析し、そこにCCN1,2,3,5が含まれることを明らかにした。これに倣い調製したCCNカクテルはCCN2以上の効果を発揮した。

    researchmap

  • CCNファミリーの微小環境調整マスターマインドとしての分子基盤の解明と医学的応用

    研究課題/領域番号:24390415  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    CCNファミリータンパク質のマスターマインドとして作用の分子基盤を、そのプロトタイプであるCCN1-3、特にCCN2を中心に、それらに対する結合分子を多数同定し各々の結合がもたらす最終的な生物学的作用を明らかにすることによって解明した。次いで、CCN2等の軟骨特異的過剰発現マウスを作成し、その表現系を解析することにより、CCN2等が実際に生体内でマスターマインドとして機能していることを証明した。また、CCN2の個別モジュールを骨格系組織の再生医療に応用できる可能性を示した。さらに、CCN2遺伝子を非侵襲性に生体内で発現誘導させ、軟骨組織を再生し得ることを見いだし、臨床応用への道筋を付けた。

    researchmap

  • シリアスゲームを取り入れた卒前医療安全教育の教材開発

    研究課題/領域番号:23390131  2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中島 和江, 中島 伸, 芳賀 繁, 小松原 明哲, 中村 京太, 鈴木 敬一郎, 福井 康三, 古市 昌一, 高橋 りょう子, 奥村 明之進, 上島 悦子, 山田 憲嗣, 高橋 敬子, 鶴和 幹浩, 田中 宏明, 和田 裕太, 上間 あおい, 島井 良重, 服部 高子, 團 寛子, 圓見 千代, 池尻 朋

      詳細を見る

    配分額:15730000円 ( 直接経費:12100000円 、 間接経費:3630000円 )

    学生がチーム医療やエラー予防を疑似体験できる、卒前医療安全教育用のゲーム及び教育方法を開発した。2コマの授業で、既存のグループ対抗ゲーム「マシュマロチャレンジ」を実施し、新規作成した振り返りシートでチームパフォーマンスを振り返り、引き続いて講義、有害事象に関するグループディスカッション、講師からのフィードバックを行うという教育方法を開発した。3大学の医学生等に対して実施し、高い教育効果が得られた。また、類似外観や名称による医薬品のとり間違いを経験するシリアスゲームを開発し、16名の医療従事者らで試行した。ゲーム上での失敗及び上達が、臨床の実際と似ていることやエンターテイメント性が確認された。

    researchmap

  • CCNファミリー間のネットワーク形成による筋肉内異所性骨化の分子機構の解明

    研究課題/領域番号:23592732  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西田 崇, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    マウス筋芽細胞株C2C12に炎症性サイトカインの一つであるTNF-αを作用させると、CCN2/結合組織成長因子(CTGF)の産生量の増加が見られ、CCN2はC2C12細胞の細胞増殖とMyoD産生量を増加させた。この結果に一致して、Ccn2欠損マウスの筋組織では野生型と比べて筋芽細胞の細胞増殖が低下し、筋組織も低形成を示した。また、C2C12細胞にCCN2とBMP2を同時に添加すると、BMP2単独刺激で上昇したRunx2及びOsterixの遺伝子発現レベルは有意に減少した。

    researchmap

  • 軟骨内タンパク質輸送の新機構:多層トランスサイトーシス

    研究課題/領域番号:23659872  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    軟骨は無血管の組織で従来軟骨内タンパク質輸送は拡散によるものと考えられていた。本研究では、軟骨に発現する Low-density lipoprotein receptor-related protein-1(LRP-1)が結合組織成長因子/CCN ファミリー2(CTGF/CTGF/CCN2/CCN2)をトランスサイトーシスすることにより軟骨内を輸送すること、すなわち、軟骨に拡散以外のタンパク質輸送機構が存在することを明らかにした。また、軟骨特異的 LRP-1 欠損マウスを作成し、骨格異常が認められることを明らかにした。

    researchmap

  • 低分子化合物ライブラリーを用いた骨形成過程における新規BMP2活性制御因子の探索

    研究課題/領域番号:23592844  2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    藤澤 拓生, 園山 亘, 窪木 拓男, 服部 高子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    骨欠損部に対して骨形成タンパク(BMP)を用いて骨造を図る方法は次世代の骨造法の最も有望な方法と考えられているが,ターゲットとする細胞の応答性の低さから大量のタンパクが必要となり高コストとなること,および大量のタンパク投与による副作用のリスクが高まる危険があり,より低用量で高効果の得られる投与方法の開発が望まれている。そこで本研究はBMPの生理活性を増強する低分子化合物を同定し,その機能を解明することを目的に以下の実験を行った。
    まず初めに一次スクリーニングとして低分子化合物(FDA approved Drug Library)の細胞増殖能,細胞障害度ならびにBMP-2の生物学的活性に与える影響について検討した。細胞増殖能についてはMTS assayで,細胞障害度に関してはLDH assayでそれぞれ評価した。BMP-2の生物学的活性に関してはBMP-2シグナルの増強の有無をBMP-2にのみ特異的な反応を示すId-1プロモーター領域を有するレポーター遺伝子を導入したC2C12細胞を用いたルシフェラーゼアッセイで評価した。その結果,640個の低分子化合物ライブラリーから細胞に障害を与えることなくBMP-2の生物学的活性を相乗的に増強する,あるいは化合物単体でBMP-2様の生物学的活性を示す可能性のある化合物を40個抽出した。さらに二次スクリーニングとしてin vitroでアルカリホスファターゼ活性の測定とアリザリンレッド染色による石灰化能の検討を行い40個の候補化合物からBMP-2の骨形成能を増強している可能性のある化合物を7個抽出した。

    researchmap

  • Sox9ユビキチン化酵素発現異常と骨格系発達異常および神経障害との関連

    研究課題/領域番号:21592359  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    服部 高子, 滝川 正春, 久保田 聡, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    内軟骨性骨形成過程においてSox9は間葉系細胞が軟骨細胞へと分化する方向性を決定する転写制御因子として知られており、Sox9の活性の厳密な調節が正常な骨格形成に必要だと思われる。本課題では、Sox9の細胞内量を調節するSox9特異的ユビキチンリガーゼを同定し、このユビキチンリガーゼによるSox9の細胞内量調節が内軟骨性骨形成に及ぼす影響を調べ、ユビキチンリガーゼの異常によるSox9の分解不全と神経疾患との関わりについて明らかにした。

    researchmap

  • CCN2結合性ペプチド・RNAアプタマーの開発と組織再生・疾患治療への応用

    研究課題/領域番号:21592360  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    CCN2は骨や軟骨組織を調和のとれた再生に導く分子であるとともに、様々な臓器の線維化病変に関与することが知られている。したがってCCN2の機能をコントロールすることには、再生医療や線維化疾患治療の観点から大きな意味がある。本研究ではこのCCN2に結合する小分子、アプタマーを設計・作成し、CCN2の分子機能の制御を試みた。その結果、軟骨組織の再生を促進するアプタマー、骨リモデリングを制御しうるアプタマーをそれぞれ開発することができた。

    researchmap

  • CCNファミリー2/CTGFによる破骨細胞形成促進作用の分子メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:20592173  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西田 崇, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    マウスマクロファージ系細胞株(RAW264.7)及び胎生14.5日肝細胞にRANKL,M-CSF及びCCN2を添加すると、多核巨細胞数はRANKL,M-CSF刺激群よりも増加した。このメカニズムを調べるために胎生14.5日のCCN2欠損マウスから肝細胞を採取し、RANKL,M-CSFを添加すると、単核の破骨細胞までは分化するが、その後の細胞融合は抑制された。またCCN2欠損マウス由来の単核破骨細胞にCCN2を添加すると破骨細胞融合が回復した。これらの結果はCCN2が破骨細胞形成、特に細胞融合に関与する事を示唆している。

    researchmap

  • CCNファミリーの新規シグナルコンダクターとしての包括的分子基盤の解明とその応用

    研究課題/領域番号:19109008  2007年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:110500000円 ( 直接経費:85000000円 、 間接経費:25500000円 )

    CCNファミリータンパク質が、オーケストラの指揮者(コンダクター)が様々の楽器を駆使してシンフォニーを奏でるが如く、「細胞外シグナルをハーモナイズさせるコンダクター」というべき新概念のタンパク質群であることを証明し、従来の細胞外シグナルネットワーク研究の刷新に繋がる成果を挙げた。また、同タンパク質の「調和ある組織再生」への応用と「異常発現で誘発される疾患の治療」へ向けての基礎データの集積という医学的応用に結びつく成果を挙げた。

    researchmap

  • BACトランスジェニックマウスを用いた内軟骨性骨形成特異的遺伝子の解析

    研究課題/領域番号:19592145  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    服部 高子, 滝川 正春, 久保 田聡, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    全長10型コラーゲン遺伝子を含むbacterial artificial chromosome(BAC)DNAの10型コラーゲンプロモーター領域下流にSox9 cDNAを挿入し、Sox9を肥大化軟骨層に異所性に過剰発現するBACトランスジェニックマウスを作製し,(1) 骨髄の消失、肥大化軟骨層への血管侵入の遅延、肥大化軟骨細胞層の延長に起因する骨の短縮、(2) 延長した肥大化軟骨細胞層でのSox9の強い発現に加え、肥大化軟骨マーカー遺伝子の発現の低下、(3) Sox9は直接的にyθgfプロモーター活性を低下させる事、を明らかにし、これらの事からSox9の肥大軟骨細胞層における消失は、血管の侵入、骨髄の形成を可能にし,正常な内軟骨性骨形成に必須である事をin vivoおよびin vivoで明らかにした。

    researchmap

  • マイクロRNAによるCCNファミリー遺伝子発現制御ネットワークとその生物学的意義

    研究課題/領域番号:19592142  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    マイクロRNA(miRNA)は小分子noncoding RNA(ncRNA)であり、個々のmiRNAが数千のmRNAの3'非翻訳領域を標的として、遺伝子の発現をネットワーク的に制御する。本研究ではCCNファミリー遺伝子の代表的メンバーであり、間葉系組織の成長ならびに再生を指揮するCCN2遺伝子が特定のmiRNAの制御ネットワーク下にあることを実証した。さらに、このmiRNAによる制御が、軟骨細胞の成熟形質の獲得・維持に重要であることも明らかとなった。またmiRNAの作用機構や軟骨細胞後期分化における役割を今後解明していく上で、有用な知見をも得ることができた。

    researchmap

  • MMPの新機能:マトリクス合成促進因子の転写因子としての役割

    研究課題/領域番号:19659487  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  萌芽研究

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田