2021/10/21 更新

写真a

フクダ マリ
福田 茉莉
FUKUDA Mari
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(文化科学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 社会心理学,臨床心理学,クオリティ・オブ・ライフ(QOL), 社会福祉, 公衆衛生学

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • 人文・社会 / 社会福祉学

  • 人文・社会 / 社会心理学

  • 人文・社会 / 臨床心理学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

▼全件表示

学歴

  • 岡山大学   Humanities and Social Science   Socio-Cultural Sciences

    - 2013年3月

      詳細を見る

  • 立命館大学   college of literature   department of psychology

    - 2007年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   学術研究院医歯薬学域   助教

    2020年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 島根大学   環境保健医学講座   助教

    2016年4月 - 2020年2月

      詳細を見る

  • 立命館大学衣笠総合研究機構 専門研究員   専門研究員

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Relationship between insomnia with alcohol drinking before sleep (Ne-Zake) or in the morning (Mukae-Zake) among Japanese farmers. 国際誌

    Rie Sato, Takashi Hisamatsu, Hideki Tsumura, Mari Fukuda, Kaori Taniguchi, Haruo Takeshita, Hideyuki Kanda

    Alcohol (Fayetteville, N.Y.)   93   57 - 62   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Ne-Zake is the drinking of alcohol before sleeping for helping to fall asleep and sleep well, and Mukae-Zake is the drinking of alcohol in the morning for "calming down" or "curing hangovers". OBJECTIVE: We sought to examine the relationship of insomnia with Ne-Zake and Mukae-Zake among healthy middle-aged Japanese farmers. METHODS: In a cross-sectional study of 746 participants (mean age, 59.5 years; women, 25.9%), Ne-Zake and Mukae-Zake were defined based on a self-administered questionnaire. Insomnia was defined as the Athens Insomnia Scale Japanese version ≥6 or usage of sleeping pills in the previous year. Logistic regression was used to calculate odds ratio (OR) of insomnia related to Ne-Zake and Mukae-Zake adjusting for sex, age, presence of sleep-related disorders, frequency of alcohol consumption, and quantity of alcohol consumed per one occasion. RESULTS: We observed insomnia, Ne-Zake, and Mukae-Zake in 174 (23.3%), 140 (18.8%), and 37 (5.0%) participants, respectively. After adjustment for demographic and confounding factors, participants with Ne-Zake had a significantly higher prevalence of insomnia (OR 2.00 [95% confidence interval, 1.27-3.16]), compared to those without Ne-Zake. Mukae-Zake was also independently associated with a higher prevalence of insomnia among men (OR 3.26 [1.55-6.87]). Participants with both Ne-Zake and Mukae-Zake had a highly significant association with insomnia (OR 4.77 [2.01-11.3]) than those with neither Ne-Zake nor Mukae-Zake. Additionally, for insomnia, the association of Mukae-Zake was more pronounced than that of Ne-Zake (OR 4.09, 95% CI 1.14-14.7, p = 0.031; and OR 1.81, 95% CI 1.08-3.06, p = 0.026, respectively). CONCLUSION: Ne-Zake and Mukae-Zake were associated with insomnia independent of the quantity and frequency of alcohol consumption among Japanese farmers. This finding can be used for stratifying individuals with insomnia not only to improve sleep hygiene but also to prevent alcohol dependence by informing the general population that alcohol has a negative effect on sleep, contrary to popular beliefs.

    DOI: 10.1016/j.alcohol.2020.11.005

    PubMed

    researchmap

  • Effect of Coronavirus Disease 2019 Pandemic on Physical Activity in a Rural Area of Japan: The Masuda Study.

    Takashi Hisamatsu, Kaori Taniguchi, Mari Fukuda, Minako Kinuta, Noriko Nakahata, Hideyuki Kanda

    Journal of epidemiology   31 ( 3 )   237 - 238   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2188/jea.JE20200598

    PubMed

    researchmap

  • 生涯発達理論の構築に向けて-"オルタナティブ"におけるアイデンティティを中心に- 病いとともにある人生に接近する 難病患者のindividual Quality of Lifeの変容から

    福田 茉莉

    理論心理学研究   19-21   19 - 20   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本理論心理学会  

    researchmap

  • The Relationship Between Alcohol Drinking Before Sleeping(Ne-Zake) or in the Morning(Mukae-Zake) and Sleeplessness Among Farmers

    Rie Sato, Takashi Hisamatsu, Hideki Tsumura, Mari Fukuda, Yukio Esumi, Kaoru Mikajiri, Shusaku Tamura, Hideyuki Kanda

    CIRCULATION   141   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    0

    DOI: 10.1161/circ.141.suppl_1.P547

    Web of Science

    researchmap

  • At-risk Internet addiction and related factors among junior high school teachers-based on a nationwide cross-sectional study in Japan. 国際誌

    Ayumi Iwaibara, Mari Fukuda, Hideki Tsumura, Hideyuki Kanda

    Environmental health and preventive medicine   24 ( 1 )   3 - 3   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: School teachers have a possibility toward at-risk Internet addiction (IA) due to increased opportunities to use the Internet, along with the spread of the Internet in recent years. Burnout syndrome (BOS) is found to be one of the symptoms related to unhealthy mental health, especially among teachers. This study aims to research the relationship between at-risk IA and the Internet usage or BOS by conducting a nationwide cross-sectional survey and examining the factors associated with IA. METHOD: This study was a cross-sectional survey by anonymous questionnaire. This survey was a random sampling survey of junior high schools across Japan in 2016. The participants were 1696 teachers at 73 schools (response rate in teachers 51.0%). We asked participants for details of their backgrounds, Internet usage, the Internet Addiction Test (IAT) by Young, and the Japanese Burnout Scale (JBS). We divided the participants into either the at-risk IA group (IAT score ≧ 40, n = 96) or the non-IA group (IAT score < 40, n = 1600). To compare the difference between at-risk IA and non-IA, we used nonparametric tests and t test according to variables. To analyze the relationship between the IAT score and the scores of three factors of the JBS (emotional exhaustion, depersonalization, and personal accomplishment), we used both ANOVA and ANCOVA, adjusted by relevant confounding factors. To clarify the contribution of each independent variable to IAT scores, we used multiple logistic regression analysis. RESULTS: In our study, at-risk IA was associated with using the internet many hours privately, being on the Internet both on weekdays and weekends, playing games, and surfing the Internet. In the relationship between IAT score and BOS factor score, a higher score for "depersonalization" had a positive relationship with at-risk IA, and the highest quartile for "decline of personal accomplishment" had a lower odds ratio with at-risk IA by multiple logistic regression analysis. CONCLUSION: We clarified there is a significant relationship between at-risk IA and BOS among junior high school teachers in a nationwide survey. Our results suggest that finding depersonalization at the early stage may lead to the prevention of at-risk IA among teachers. Those who are at-risk of IA may feel personal accomplishment through use of the Internet.

    DOI: 10.1186/s12199-018-0759-3

    PubMed

    researchmap

  • 中山間地域在住の家族介護者における介護負担感に関連する要因-ソーシャルサポートに焦点を当てて- 査読

    橋村康二, 福田茉莉, 鈴木哲, 木村愛子, 佐藤利栄, 津村秀樹, 嘉数直樹, 神田秀幸

    島根大学医学部紀要   41   23 - 28   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:島根大学医学部  

    本研究の目的は、中山間地域在住の家族介護者の介護負担感とソーシャルサポート(social support:以下SS)との関連、および要介護者の問題行動の有無別にこれらの関連を明らかにすることを目的とした。島根県の中山間地域在住の家族介護者246名を対象に、質問紙調査法にて研究を行った。回答不備を除く134名の結果を分析対象として介護負担感の高、低群について二群間比較を行った。結果、介護負担感高群は低群に比べ、SSの合計得点、家族内情緒的・手段的サポート得点、家族外手段的サポート得点が有意に低かった。要介護者が問題行動を有する場合は、介護負担感高群は低群に比べ、SSの合計得点、家族内情緒的・手段的サポート得点が有意に低かった。家族介護者以外の家族から提供されるSSを促進するための具体的な支援策が、介護負担感の軽減に有効であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J04309&link_issn=&doc_id=20190416590004&doc_link_id=%2Fdl0bulle%2F2018%2F004100%2F004%2F0023-0028%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdl0bulle%2F2018%2F004100%2F004%2F0023-0028%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Problematic Internet Use and Its Relationship with Psychological Distress, Insomnia, and Alcoholism Among Schoolteachers in Japan

    Hideki Tsumura, Hideyuki Kanda, Nagisa Sugaya, Satoshi Tsuboi, Mari Fukuda, Kenzo Takahashi

    CYBERPSYCHOLOGY BEHAVIOR AND SOCIAL NETWORKING   21 ( 12 )   788 - 796   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT, INC  

    Because schoolteachers are subject to suffer from mental health problems, this study aimed to examine the relationship between problematic Internet use (PIU) and psychological distress, insomnia, and alcoholism among schoolteachers. The cross-sectional study surveyed junior and senior high school teachers in Shimane prefecture, a rural area in Japan. A total of 2,663 junior and senior high school teachers (1,702 men and 961 women) completed the self-rated questionnaire measuring PIU, psychological distress, insomnia, and alcoholism. The results of hierarchical multiple regression analyses showed that psychological distress, insomnia, and alcoholism were associated with PIU among schoolteachers. The results indicate that schoolteachers with more severe psychological distress, insomnia, or alcoholism, regardless of gender, would use the Internet in a more problematic way. The study suggests that PIU could be an important condition related to multiple health problems in schoolteachers.

    DOI: 10.1089/cyber.2018.0233

    Web of Science

    researchmap

  • Individual Quality of Life of the patients in Long-term Care Facility

    Fukuda Mari

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   703 - 703   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 神経筋難病患者のIndividual QoLの変容―項目自己生成型QOL評価法であるSEIQoL-DWを用いて―

    福田茉莉, サトウタツヤ

    質的心理学研究   11 ( 11 )   81-95 - 95   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本質的心理学会  

    1980年以降、医療保健領域ではQOLの重要性が高まっている。この分野で最も多く用いられているQOL概念は健康関連QOLである。しかし健康関連QOLは機能面を重視したものが多く、患者の主観的QOLに一致しないことが指摘されている。特にQOL概念を難治性や進行性の疾患に用いる場合には、QOL向上が患者に提供する医療ケアの目標となるためこの問題は深刻化する。よって、本研究では患者を主体としたQOL評価法として開発されたSEIQOL-DWを用いて継続的なQOL調査を実施した。対象者はデュシェンヌ型筋ジストロフィー患者のA氏である。継続的な調査を実施した結果、A氏のQOLは変容することが明らかになった。またQOLの変容には、A氏の病状の進行だけでなく環境の変化が影響していた。SEIQOL-DWを通して患者の個別性に注目する試みは、患者の生活空間や環境、病い経験へのより深い理解を促し、より適切で具体的な医療・看護のケア介入を可能にする。(著者抄録)

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 質的研究法マッピング : 特徴をつかみ、活用するために

    佐藤, 達哉, 春日, 秀朗, 神崎, 真実

    新曜社  2019年9月  ( ISBN:9784788516472

     詳細を見る

    総ページ数:x, 272, 7p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 文化心理学 : 理論・各論・方法論

    木戸, 彩恵, 佐藤, 達哉

    ちとせプレス  2019年3月  ( ISBN:9784908736131

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 290p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 質的心理学辞典

    能智, 正博, 香川, 秀太, 川島, 大輔, 佐藤, 達哉, 柴山, 真琴, 鈴木, 聡志, 藤江, 康彦

    新曜社  2018年11月  ( ISBN:9784788516014

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 419p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ワードマップ TEA 理論編――複線径路等至性アプローチの基礎を学ぶ

    安田裕子, 滑田明暢, 福田茉莉, サトウタツヤ( 範囲: 165-171)

    新曜社  2015年3月  ( ISBN:9784788514294

     詳細を見る

  • ワードマップ TEA 実践編――複線径路等至性アプローチを活用する

    安田裕子, 滑田明暢, 福田茉莉, サトウタツヤ( 範囲: 13-26)

    新曜社  2015年3月  ( ISBN:9784788514300

     詳細を見る

  • 変容する語りを記述するための質的研究法 = TEM and narrative as archives qualitative research for describing the life - transformation process : TEM and narrative as archives

    福田, 茉莉, 安田, 裕子, 佐藤, 達哉

    立命館大学人間科学研究所  2013年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:95p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 社会と向き合う心理学

    サトウタツヤ, 若林宏輔, 木戸彩恵( 範囲: 135-150.)

    新曜社  2012年9月  ( ISBN:4788513056

     詳細を見る

  • TEMでわかる人生の径路 : 質的研究の新展開

    安田, 裕子(心理学), 佐藤, 達哉

    誠信書房  2012年8月  ( ISBN:9784414301809

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 250p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 厚生心理学と質的研究法 : 当事者(性)と向き合う心理学を目指して = Practices in qualitative psychology : taking account of the realities of local contexts

    日高, 友郎, 滑田, 明暢, 佐藤, 達哉

    立命館大学人間科学研究所  2011年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:122p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 「対人援助学」キーワード集

    望月, 昭, 中村, 正, 佐藤, 達哉

    晃洋書房  2009年4月  ( ISBN:9784771020658

     詳細を見る

    総ページ数:iv, 247p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 生涯発達理論の構築に向けて-"オルタナティブ"におけるアイデンティティを中心に- 病いとともにある人生に接近する 難病患者のindividual Quality of Lifeの変容から

    福田 茉莉

    理論心理学研究   19-21   19 - 20   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本理論心理学会  

    researchmap

  • 日本の中学・高校教員におけるインターネット依存と頸部痛のリスクの関連

    田邉 莉奈, 久松 隆史, 福田 茉莉, 土江 梨奈, 鈴木 雅子, 菅谷 渚, 中村 幸志, 高橋 謙造, 神田 秀幸

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   55 ( 5 )   95 - 95   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アルコール・アディクション医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 全国高校eスポーツ選手権大会出場校の実態

    神田 秀幸, 田邉 莉奈, 福田 茉莉, 久松 隆史

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   55 ( 5 )   90 - 90   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アルコール・アディクション医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 地域住民におけるJSH2019にもとづく高血圧の有病率・認知率・治療率・管理率 益田研究

    久松 隆史, 福田 茉莉, 谷口 かおり, 宮川 健, 中畑 典子, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   79回   339 - 339   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 山陰地方の中学・高校教職員におけるインターネット利用状況の実態

    神田 秀幸, 福田 茉莉, 土江 梨奈, 津村 秀樹, 久松 隆史

    産業衛生学雑誌   62 ( 2 )   108 - 108   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産業衛生学会  

    researchmap

  • 勤労者における測定環境室温と家庭血圧値の変動に関する横断研究 益田研究より

    神田 秀幸, 福田 茉莉, 中畑 典子, 宮川 健, 谷口 かおり, 久松 隆史

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   42回   375 - 375   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本高血圧学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • IoTを活用した長期家庭血圧管理研究の実践報告と課題 益田研究(第1報)

    福田 茉莉, 中畑 典子, 宮川 健, 谷口 かおり, 久松 隆史, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   330 - 330   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 山陰地方における公立学校の労働衛生管理体制の現状と課題

    鈴木 雅子, 津村 秀樹, 福田 茉莉, 土江 梨奈, 菅谷 渚, 中村 幸志, 高橋 謙造, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   402 - 402   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 家庭血圧測定実施者における食習慣と食物摂取状況の変化 益田研究(第2報)

    中畑 典子, 福田 茉莉, 宮川 健, 谷口 かおり, 久松 隆史, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   330 - 330   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 全国中学校教員におけるインターネットの使用状況とインターネット依存の実態

    祝原 あゆみ, 福田 茉莉, 神田 秀幸

    産業衛生学雑誌   61 ( 2 )   83 - 84   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産業衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 中山間地域在住の家族介護者における介護負担感に関連する要因 ソーシャルサポートに焦点を当てて

    橋村 康二, 福田 茉莉, 鈴木 哲, 木村 愛子, 佐藤 利栄, 津村 秀樹, 嘉数 直樹, 神田 秀幸

    島根大学医学部紀要   41   23 - 28   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:島根大学医学部  

    本研究の目的は、中山間地域在住の家族介護者の介護負担感とソーシャルサポート(social support:以下SS)との関連、および要介護者の問題行動の有無別にこれらの関連を明らかにすることを目的とした。島根県の中山間地域在住の家族介護者246名を対象に、質問紙調査法にて研究を行った。回答不備を除く134名の結果を分析対象として介護負担感の高、低群について二群間比較を行った。結果、介護負担感高群は低群に比べ、SSの合計得点、家族内情緒的・手段的サポート得点、家族外手段的サポート得点が有意に低かった。要介護者が問題行動を有する場合は、介護負担感高群は低群に比べ、SSの合計得点、家族内情緒的・手段的サポート得点が有意に低かった。家族介護者以外の家族から提供されるSSを促進するための具体的な支援策が、介護負担感の軽減に有効であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J04309&link_issn=&doc_id=20190416590004&doc_link_id=%2Fdl0bulle%2F2018%2F004100%2F004%2F0023-0028%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdl0bulle%2F2018%2F004100%2F004%2F0023-0028%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 農業従事者における寝酒・迎え酒と不眠の関連

    佐藤 利栄, 津村 秀樹, 福田 茉莉, 江角 幸夫, 三ヶ尻 薫, 田村 周作, 神田 秀幸

    日本衛生学雑誌   74 ( Suppl. )   S148 - S148   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    researchmap

  • 戦後沖縄における駐在保健師の育成に関する研究

    當山紀子, 高橋謙造, 鈴木ミナ子, 上原真名美, 福田茉莉, 神田秀幸, 小林潤, 中村安秀

    日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集   34th   2019年

     詳細を見る

  • 中山間地域在住の家族介護者における介護負担感とソーシャルサポートとの関連

    橋村 康二, 福田 茉莉, 嘉数 直樹, 津村 秀樹, 佐藤 利栄, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   77回   436 - 436   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    researchmap

  • 全国の中学校教員におけるインターネット依存とバーンアウトの関連

    祝原 あゆみ, 福田 茉莉, 津村 秀樹, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   77回   575 - 575   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    researchmap

  • 戦後の公衆衛生活動の歴史的変遷 島根県を例に

    福田 茉莉, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   77回   337 - 337   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 農業従事者における精神的健康状態とその関連要因

    佐藤 利栄, 津村 秀樹, 福田 茉莉, 江角 幸夫, 三ヶ尻 薫, 田村 周作, 神田 秀幸

    日本循環器病予防学会誌   53 ( 2 )   184 - 184   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器病予防学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 教員の精神的不健康は特定の身体部位の痛みと関連している

    村上 優子, 神田 秀幸, 津村 秀樹, 福田 茉莉, 佐藤 利栄

    日本公衆衛生学会総会抄録集   76回   554 - 554   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高校教員の喫煙への認識・態度と喫煙防止教育の関連 GSPSを用いた認識調査から

    福田 茉莉, 津村 秀樹, 神田 秀幸

    日本公衆衛生学会総会抄録集   76回   446 - 446   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 国際標準質問票を用いた全国中学校教員における喫煙の影響認知に関連する要因の解明

    石田 修平, 津村 秀樹, 福田 茉莉, 神田 秀幸

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   52 ( 4 )   187 - 187   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アルコール・アディクション医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 飲酒と健康のトピックスと疫学的根拠 II型糖尿病患者に適度な飲酒は勧めてよいか

    神田 秀幸, 津村 秀樹, 佐藤 利栄, 福田 茉莉

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   52 ( 4 )   97 - 97   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アルコール・アディクション医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生活困窮者を対象とした医療実践における課題 医療従事者を対象としたインタビュー調査からの検討

    福田茉莉

    日本健康心理学会大会発表論文集(CD-ROM)   28th   2015年

     詳細を見る

  • 「慢性の病い」の新しい医療実践と教育を考える 生涯発達と当事者の視点を生かして

    やまだ ようこ, 福田茉莉, 錦織宏

    日本発達心理学会大会論文集   25th   2014年

     詳細を見る

  • 患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究 当事者視点の患者報告型アウトカム(Patient-Reported Outcome:PRO)開発に関する研究:難病患者主導のQOL尺度作成に向けたアンケート調査から

    佐藤達哉, 赤阪麻由, 福田茉莉

    患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 平成24-25年度 総合研究報告書   2014年

     詳細を見る

  • 筋ジストロフィー患者のIndividual Ouality of Life:個人の生活の質評価法-直接的重みづけ法(SEIQOL-DW)からの検討

    福田茉莉

    日本健康心理学会大会発表論文集(CD-ROM)   26th   2013年

     詳細を見る

  • 希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究 難病患者支援と心理学:心理学の視座からの当事者主体の支援のあり方-ピア・サポートの場の記述から

    佐藤達哉, 赤阪麻由, 福田茉莉

    希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   2013年

     詳細を見る

  • 患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究 患者報告型アウトカムにおける一人称的QOL-オープン・システムとしての当事者支援とその可能性-

    佐藤達哉, 赤阪麻由, 福田茉莉

    患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   2013年

     詳細を見る

  • 希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究 患者支援のあり方 患者心理の支援;難病患者の心理支援のあり方を検討

    佐藤達哉, 日高友郎, 日高友郎, 赤阪麻由, 福田茉莉, 福田茉莉

    希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   2012年

     詳細を見る

  • 多様な「時間」の混交が生み出す不規則な秩序 院内学級のフィールドワークから

    日高 友郎, 福田 茉莉, 若林 宏輔, 滑田 明暢, 佐藤 達哉

    日本心理学会大会発表論文集   74回   343 - 343   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本心理学会  

    researchmap

  • 筋ジストロフィーの集学的治療と均てん化に関する研究 筋ジストロフィー患者を対象としたQOL調査-SEIQoL-DWを用いた経時的調査から-

    福田茉莉, 福田茉莉, サトウ タツヤ, サトウ タツヤ, 園田裕美, 中島孝

    厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成21年度 (2年度班・初年度班)   2010年

     詳細を見る

  • ALS患者のコミュニケーション支援のエスノグラフィ

    日高 友郎, 福田 茉莉, 水月 昭道, サトウ・タツヤ

    日本心理学会大会発表論文集   73回   245 - 245   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本心理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 筋ジストロフィーの集学的治療と均てん化に関する研究 筋ジストロフィー患者を対象としたQOL調査-SEIQoL-DWを用いた経時的調査から-

    福田茉莉, 福田茉莉, サトウ タツヤ, サトウ タツヤ, 園田裕美, 中島孝

    筋ジストロフィーの集学的治療と均てん化に関する研究 平成20・21年度 研究成果報告書   2009年

     詳細を見る

  • SEIQoL-DWから捉えた個人のQoL 筋ジストロフィー患者の生活の語り

    西田 美紀, 福田 茉莉, サトウ・タツヤ, 中島 孝

    日本難病看護学会誌   13 ( 1 )   73 - 73   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本難病看護学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 病いとともにある人生に接近する-難病患者のindividual Quality of Lifeの変容から- 招待

    福田茉莉

    日本理論心理学会大会発表要旨集  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    researchmap

  • 患者-医療従事者間の相互性により生じる困難―医療従事者を対象としたインタビュー調査から―

    日本質的心理学会第11回大会抄録集, pp.57.  2014年10月 

     詳細を見る

  • 困難を抱える患者に対する医療実践の検討―医療従事者が経験する「困難性」に関するインタビュー調査から―

    第55回日本社会医学会総会講演集,pp.69-70  2014年9月 

     詳細を見る

  • 当事者の経験を捉えるアウトカム指標の開発に向けて:「かけはし」アンケート調査の結果から

    平成25 年度『 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究班・橋本班研究報告会』  2014年1月 

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 高校生eスポーツアスリートにおける心身の健康実態の解明

    研究課題/領域番号:21K10470  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    神田 秀幸, 宮崎 亮, 絹田 皆子, 久松 隆史, 津村 秀樹, 福田 茉莉

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 地域保健活動はどのように住民の健康に寄与したのか?―島根モデルの歴史的変遷を例に

    研究課題/領域番号:18K17638  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    福田 茉莉

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究は,島根県独自の地域保健活動(疾病予防活動)の歴史的変遷を明らかにすることである。島根県の地域保健活動は大別すると,戦後以降、島根県の疾病予防活動の中核をなしてきた「脳血管疾患の死亡率の低下を目指す時期」,「健康づくりのためのまちづくりを目指す時期」,「互助組織が主体となり地域住民が主体となる時期」の3つの時期区分に分かれている。その中でも「健康づくりのためにまちづくりを目指した時期」には,地区単位(市町村よりも小さい)での健康づくりが実施されていた。住民の地域づくりのために保健所や自治会,教育機関と連携した組織体系が構築されていた。これらの取り組みは「重点地区活動」と呼ばれている。
    昨年度の文献調査を継続して実施しているとともに本年度は,重点地区活動に従事していた関係者へのインタビューを実施した(しかし残念ながら,コロナ禍等の影響を鑑み,またインタビュー対象者が高齢なため,予定していたインタビューを実施することはできなかった)。現在実施されたインタビューからは,保健師主導で実施され始めた重点地区活動であるが,地域住民の活動への理解と健康意識の向上が必須であり,関係者はこの点に力点を置いて活動に従事していた。したがって,重点地区活動実施地区同士の交流,地域住民の健康指標でデータ化,健康イベントや健康教育の実施,地区活動への参加などが実施されていた。特に地区交流会の実施などは,当時の資料にも実施報告がなされておらず,インタビュー調査により明らかになった知見の一つである。本時期の脳血管疾患死亡率は全国平均よりも高値ではあるものの,その差は縮小されていることも明らかになった。

    researchmap

  • 日本の乳幼児死亡率等改善の歴史を活用した国際保健教材の開発

    研究課題/領域番号:18K10520  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高橋 謙造, 中村 安秀, 小林 潤, 神田 秀幸, 豊川 紀子, 福田 茉莉

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    2019年度において、本研究班は、既存の知見をまとめて公表することに留意した。
    研究代表者高橋班は、公開データより日本の乳児死亡率のグラフを作成し、その経緯から、国民皆保険制度(1961年に達成)や高度経済成長(1954ー1973年)以前に日本の乳児死亡率の低減がはじまっていることを明らかにした(高橋班)。この低減理由としては、現時点では生態学的推測に過ぎないが、保健医療人材(専門職としての保健婦、助産婦、ボランティアとしての愛育班、母子保健推進員)等の活動と、保健医療以外の専門職(生活改良普及員等)のコミュニティでの活躍が影響しているとの見解で、研究班は一致した。
    一方で、聞き取り調査も確実に行い、沖縄(豊川、小林、中村班)、島根(神田、福田班)の戦後の保健婦(当時呼称、現在の保健師)の育成経緯等に関しても結果を得ることができ、学会発表も行った(公衆衛生学会、2018年10月、福島)。
    また、中村班は独自に文献調査等を進め、日本の母子健康手帳の導入経緯等の学会発表、日本の戦後の公衆衛生活動とプライマリ・ヘルス・ケアの類似点等の書籍化等を行ってきた。
    これらの研究成果の中間報告の検討のために、2018年10月には福島県で班会議をおこなった。班会議の席上、中村班より、日本のGHQ占領次期の公衆衛生指導に関する思想的なバックグラウンドが発表され、「民主党的な公正な健康の実現」がその基本にあったことが共有された。
    *研究分担者 豊川紀子は、旧姓當山紀子で研究を発表しているため、業績への記載は當山紀子で記載している。

    researchmap

  • 難病当事者を対象とした包括的支援:iQOL概念からの検討

    研究課題/領域番号:26870714  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    福田 茉莉

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    本研究の目的は,難病当事者を対象とした個人的な生活の質(iQOL)調査から難病当事者のiQOLを明らかにし,iQOL概念を再考することであった。iQOL概念を再考するために,質的研究法に基づく方法論的検討を行った。
    これらの研究成果から,難病当事者のiQOLは,患者としてのQOLではなく,病いを抱える生活者として構成されていた。したがって,QOL向上に向けた支援は医療空間と生活空間の双方を包括的に検討しなければならない。さらに難病当事者のiQOLを調査することは,難病当事者のライフ(生命・生活・人生)に迫る試みであり,また調査者が当事者のライフに参入するプロセスでもあることが分かった。

    researchmap

  • 社会包摂的医療に向けたアクション研究:「語り」にもとづく実践と政策形成

    研究課題/領域番号:25590148  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    松田 亮三, 高山 一夫, 長友 薫輝, 垣田 裕介, 福田 茉莉, 松島 京

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    社会排除や貧困に直面している患者を支える包摂的医療を検討するため、そうした人々と直面している中規模地域病院のスタッフと研究者が連携し(アクション・リサーチ)、スタッフと患者の思いを語る調査を実施しました。また、関連した公的制度を批判的に検討するとともに、アメリカ合衆国で包摂的医療に寄与しているセーフティネット医療供給者(地域健康医療センターや公立病院など)についての文献・聞き取り調査を行いました。包摂的医療の展開には、スタッフ・患者の直面する困難の多様性の認知、制度の隙間を埋める活動を組織的に進めるための医療機関の目的設定、医療機関の取り組みを支援する政策形成、が示されました。

    researchmap

  • SEIQoLを用いた患者主体のQOL評価法

    研究課題/領域番号:10J04641  2010年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    福田 茉莉

      詳細を見る

    配分額:1400000円 ( 直接経費:1400000円 )

    本調査の目的は患者主体のQOL評価法の実施とその効果について検討するものであった。特に緩和ケアや難病ケアのケア目標としてQOL概念を用いる際には,医療者だけでなく患者の視点を重視したQOL評価法の実施が重要となってくる。本調査では患者主体のQOL評価法のひとつであるSEIQoL-DW(The schedule for the evaluation of quality of life-Direct Weighting)を用いてQOL調査を継続的に実施した。特に2年目となる本年度は、評価プロセス時に得られた患者のナラティヴに焦点を当て、患者の生活の中でどのようなQOLが構成/再構成されるのかを検討した。日々変容する病態や生活環境の中でQOLは変容し、あるいは変容しない領域も存在する。そして、本評価法は、患者個人のQOLの変容を医療従事者と患者が共有するツールとして有用であると考えられる。患者のナラティヴを内包する本評価法は、既存のQOL評価法と異なり、患者のいまーここを捉えることができる一方で、有効な医療・看護的介入やケアのアウトカムとして、患者のニーズを反映することができる。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 公衆衛生学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 公衆衛生学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 公衆衛生学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 公衆衛生学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他