2022/05/18 更新

写真a

ナカツカ ミキヤ
中塚 幹也
NAKATSUKA Mikiya
所属
保健学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 性同一性障害

  • 不育症

  • Gender Identity Disorder

  • Recurrent Pregnancy Loss

  • LGBTQ+

  • 社会的ハイリスク妊産婦

  • 生殖医療と倫理

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

学歴

  • 岡山大学    

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Graduate School, Division of Medicine  

    - 1994年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School   Faculty of Medicine

    - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Faculty of Medicine  

    - 1986年

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学学術研究院保健学域 教授

    2022年 - 現在

      詳細を見る

  • - 岡山大学保健学研究科 教授

    2007年 - 2021年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School, Faculty of Health Sciences

    2006年 - 2007年

      詳細を見る

  • - Professor,Graduate School of Health Sciences,Okayama University

    2006年

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本性科学会   理事  

    2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本性科学会

    researchmap

  • 日本生殖免疫学会   評議員  

    2003年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本生殖免疫学会

    researchmap

  • 日本生殖免疫学会   評議員  

    2003年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本生殖免疫学会

    researchmap

  • 日本生殖免疫学会   評議員  

    2003年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本生殖免疫学会

    researchmap

  • 日本産婦人科内視鏡学会   評議員  

    1998年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本産婦人科内視鏡学会

    researchmap

  • 日本不妊学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本不妊学会

    researchmap

  • GID研究会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    GID研究会

    researchmap

  • 妊娠中毒症学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    妊娠中毒症学会

    researchmap

  • 日本生殖免疫学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本生殖免疫学会

    researchmap

  • 日本産婦人科内視鏡学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本産婦人科内視鏡学会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 特集:妊娠・出産とめぐる最近の話題「コロナ禍における妊娠・出産をめぐる問題」

    中塚幹也

    保健の科学   64 ( 4 )   220 - 225   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第44回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「最新の不育症診療に向けて「不育症管理に関する提言2021」から:新たな「不育症」の概念」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   14 ( 2 )   66 - 69   2022年3月

     詳細を見る

  • <第32回日本女性心身医学会研修会 各ライフステージのメンタルヘルス>トランスジェンダーとメンタルヘルス

    中塚幹也

    女性心身医学   26 ( 3 )   314 - 317   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載LGBT第3回:LGBT当事者の家族形成と子どもライフプラン

    中塚幹也

    性の健康   21 ( 1 )   12 - 15   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • <特集Ⅰ>第40回日本思春期学会総会・学術集会 特別講演(2)思春期と性別不合/性同一性障害

    中塚幹也

    思春期学   40 ( 1 )   14 - 18   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第43回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「COVID-19拡大下の不妊症・不育症女性の不安」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   14 ( 1 )   84 - 88   2022年1月

     詳細を見る

  • 特集:子どもの性別違和とセクシュアルマイノリティ「1.子どもの性別違和とセクシュアルマイノリティ-総論」

    中塚幹也

    小児科   63 ( 1 )   7 - 13   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載:知って支援力アップ!妊娠・出産・産後にまつわる最近の話題 第2回不育症

    中塚幹也

    チャイルドヘルス   25 ( 1 )   57 - 59   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大によるセクシャル・マイノリティ当事者の生活や心理状況への影響

    江口珠美, 周宇, 小谷ミチヨ, 樫野千明, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   55 - 69   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 教員における性別違和感を持つ子どもと接する機会や対応への意識の推移:2008年から12年間の質問調査から 査読

    川岡穂香, 田端李帆, 伏谷あすみ, 江口珠美, 周宇, 樫野千明, 新井冨士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   7 - 16   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • LGBTの子どもがライフプランを立てることへの教員の意識~LGBTの子どもの進学・就職,結婚,家族形成~ 査読

    藤本さや, 伏谷あすみ, 田端李帆, 江口珠美, 周宇, 樫野千明, 新井冨士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   31 - 44   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載:知って支援力アップ!妊娠・出産・産後にまつわる最近の話題 第1回不妊症

    中塚幹也

    チャイルドヘルス   24 ( 12 )   53 - 55   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小児、思春期・若年がん患者に対する妊孕性温存療法-現状と改善の取り組み-

    秋定直樹, 牧野琢丸, 門田伸也, 菅谷明子, 片岡祐子, 中塚幹也, 安藤瑞生

    耳鼻臨床   114 ( 12 )   957 - 962   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 性的マイノリティ当事者を取り巻く現状-法律,結婚,生殖医療など

    中塚幹也

    医学のあゆみ   279 ( 4 )   288 - 292   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Inflammation of the adipose tissue in the retroperitoneal cavity adjacent to pelvic endometriosis

    Kotaro Kubo, Yasuhiko Kamada, Toru Hasegawa, Ai Sakamoto, Mikiya Nakatsuka, Takashi Matsumoto, Hisashi Masuyama

    THE JOURNAL OF Obstetrics and Gynaecology Reserch   47 ( 10 )   3598 - 3606   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 連載LGBT第2回:トランスジェンダーにおける身体的治療

    中塚幹也

    性の健康   20 ( 3 )   27 - 29   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Relation Between Identity Disclosure to Family Members and Mental Health in Japan Transgender People

    Yu Zhou, Michiyo Furutani, Rukumali Athurupana, Mikiya nakatsuka

    Acta Medica Okayama   75 ( 6 )   611 - 623   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Thickness and Density of the Ovarian Tunica Albuginea Increases with Age in Transgender Patients

    Pilar Ferré-Pujol, Junko Otsuki, Hiroaki Funahashi, Mikiya Nakatsuka

    Reproductive Sciences   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s43032-020-00390-5

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s43032-020-00390-5/fulltext.html

  • The β2-Glycoprotein I/HLA?DR Complex As a Major Autoantibody Target in Obstetric Antiphospholipid Syndrome

    Kenji Tanimura,1 Shigeru Saito,2 Mikiya Nakatsuka,3 Takeshi Nagamatsu,4 Tomoyuki Fujii,4 Atsushi Fukui,5 Masashi Deguchi,6 Yuki Sasagawa,1 Noriko Arase,7 Hisashi Arase,8 and Hideto Yamada6

    Arthritis & Rheumatology   72 ( 11 )   1882 - 1891   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.41410

    Web of Science

    researchmap

  • 着床前診断・スクリーニングを受けるか否かの意思決定を女性が行う際の要因に関する文献検討

    美甘 祥子, 井田 歩美, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   61 ( 3 )   143 - 143   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本母性衛生学会  

    researchmap

  • 産褥精神病,マタニティブルース 査読

    周産期医学   50 ( 8 )   1417 - 1418   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高校生におけるSNSの中でのデートDV

    日本性科学会雑誌   38 ( 1 )   31 - 42   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第36回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「周囲のありがちな対応と不育症女性の心理」 査読

    臨床助産ケア   12 ( 4 )   76 - 79   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2-5 不妊治療施設の看護スタッフにおける「男性不妊Jべの対応の実態と意識

    日本不妊カウンセリング学会誌   60 - 61   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2-4 大学生の不妊に関する意識の実態調査

    日本不妊カウンセリング学会誌   58 - 89   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1-8不育症ピアの会「ママとたまごの会」における交流会の活動報告と今後の課題

    日本不妊カウンセリング学会誌   43 - 44   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 特別報告:多様化する健康課題?性別違和感を持つ子供たち? 「研究者の立場から」 査読

    日本健康相談活動学会誌   15 ( 1 )   7 - 10   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第10回(最終回):助産師・看護師に知ってほしいLGBTの基礎知識「ライフプラン教育とLGBTの子ども」 査読

    臨床助産ケア   12 ( 2 )   57 - 60   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第35回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「自分の気持ちを話すことができる家族,外来看護スタッフ」 査読

    臨床助産ケア   12 ( 2 )   90 - 93   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中年女性におけるBMIと心拍変動の関係について

    後藤由香,奥田博之,中塚幹也

    自律神経   57 ( 2 )   144 - 150   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 参考資料3-1. GID(性同一性障害)学会 資料2GID (性同一性障害) 学会雑誌 4, 6-15, 2011 より転載

    令和元年度 厚生労働省委託事業 職場におけるダイバーシティ推進事業 報告書   60 - 69   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 平成31年3月3日 平成30年度 安佐医師会学校保健部会総会及び研修会 特別講演「 LGBTの基礎と学校における子供への対応-性同一性障害の生徒に向き合う-」 査読

    安佐医師会学校保健年報   9 - 9   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 性同一性障害の子どもへの支援:小児科スタッフが知っておくべきこと 査読

    山口県小児科医会会報   ( 31 )   14 - 16   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「生殖・妊娠・子育て・LGBT」関連の技能集団形成プロジェクト

    SDGsの達成に向けた岡山大学の事例集   131 - 131   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 若年がん患者の生殖機能温存に関するカウンセリングの構築

    SDGsの達成に向けた岡山大学の事例集   130 - 130   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3-1. GID(性同一性障害)学会 資料3産業医学振興財団発行「産業医学ジャーナル」42(4),77-82,2019より転載 産業医に役立つ最新の研究報告 トランスジェンダーの就労と職域における対応

    令和元年度 厚生労働省委託事業 職場におけるダイバーシティ推進事業 報告書   - 中塚幹也   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 参考資料3-1. GID(性同一性障害)学会 ヒアリングメモ

    令和元年度 厚生労働省委託事業 職場におけるダイバーシティ推進事業 報告書   - 中塚幹也   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 多職種連携による高齢者の生活支援・介護支援強化

    SDGsの達成に向けた岡山大学の事例集   72 - 72   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小児・AYA世代がんの妊孕性温存:総論

    【中四国がんプロ】小児・AYA世代がんWG eラーニング講義   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不育症夫婦における夫の流死産時の医療者の支援・社会的支援への思い

    秦久美子,大平光子,中塚幹也

    川崎医療福祉学会誌   29 ( 1 )   63 - 74   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 性同一性障害

    中塚幹也

    日本産婦人科学会雑誌   71 ( 11 )   2440 - 2443   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Risk Factors and Outcomes of Recurrent Pregnancy Loss in Japan

    Keiko Morita, Yosuke Ono, Toshiyuki Takeshita, Toshitaka Sugi, Tomoyuki Fujii,Hideto Yamada, Mikiya Nakatsuka, Atsushi Fukui and Shigeru Saito

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Reserch   45 ( 10 )   1997 - 2006   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 産後1ヶ月の母親が「育児上のネガティブな出来事」の体験を【辛い」と捉える背景

    久世恵美子,秦久美子,中塚幹也

    日本周産期メンタルヘルス学会会誌   5 ( 1 )   49 - 56   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Vi.Realizing a Symbiotic Society?Support for sexual minorities:The mul;tidisciplinary approach to fertility preservation for young cancer patients with local medical network

    Selected cases in Okayama University to Promote SDGs   118 - 118   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Vi.Realizing a Symbiotic Society?Support for sexual minorities:Domestic base construction for comprehensive treatment,research and education of GAD

    Selected cases in Okayama University to Promote SDGs   118 - 118   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Vi.Realizing a Symbiotic Society?Support for sexual minorities:Skill group formation project of the "reproduction,pregnancy,child,care,LGBT"

    Selected cases in Okayama University to Promote SDGs   117 - 117   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Vi.Realizing a Symbiotic Society?Support for sexual minorities:Training embryologists who will lead the world

    Selected cases in Okayama University to Promote SDGs   119 - 119   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 学科長インタビュー 保健学科の魅力とは? ひとりの健康だけではなく社会とつながる保健学科の役割

    螢雪時代6月号付録   15 - 17   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Thyroid Function Decline and Diet in Female High School Long-distance Runners

    Yukari Iwasaki, Kimiko Miyahara, Nobuyuki Miyatake, and Mikiya Nakatsuka

    Acta Medica Okayama   73 ( 2 )   127 - 133   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 大学から学ぶエビデンス 流死産カップル・不育症カップルへのメンタルケア:ESHREガイドラインから

    Evidence-Based Practiceニュースレター第18号   ( 18 )   1 - 1   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 性的マイノリティへの理解を深めるために

    熊本県職員ハント?フ?ック   1 - 28   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊産婦のメンタルヘルスケア 岡山県内精神科等協力施設一覧(2019年4月現在)

    妊産婦のメンタルヘルスケア 岡山県内精神科等協力施設一覧(2019年4月現在)   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学生における「性の多様性と家族形成」への意識

    須崎かな,難波瑞穂,?橋麻友,東田明日香,中塚幹也

    岡山県母性衛生   35   23 - 24   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)に対する妊婦の意識

    東田明日香,須崎かな,?橋麻友,難波瑞穂,中塚幹也

    岡山県母性衛生   35   17 - 18   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学生における育児疑似体験と結婚,育児に対する意識の変化

    ?橋麻友,須崎かな,難波瑞穂,東田明日香,中塚幹也

    岡山県母性衛生   35   27 - 28   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「トランスジェンダー当事者の部活動またはサークル活動」に対する大学生の意識

    難波瑞穂,須崎かな,?橋麻友,東田明日香,中塚幹也

    岡山県母性衛生   35   25 - 26   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Vi.共生社会の実現?性的少数者への支援 生殖補助医療技術者の養成

    -第6次改訂版-SDGsの達成に向けた岡山大学の取組事例集   116 - 116   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Vi.共生社会の実現?性的少数者への支援 「生殖・妊娠・子育て・LGBT」関連の技能集団形成プロジェクト

    -第6次改訂版-SDGsの達成に向けた岡山大学の取組事例集   114 - 114   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Vi.共生社会の実現?性的少数者への支援 GAD(ジェンダー関連疾患)に対する包括的治療・研究・教育の国内拠点構築

    -第6次改訂版-SDGsの達成に向けた岡山大学の取組事例集   115 - 115   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Vi.共生社会の実現?性的少数者への支援 若年がん患者の生殖機能温存に関するカウンセリングシステムの構築

    -第6次改訂版-SDGsの達成に向けた岡山大学の取組事例集   115 - 115   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Fertility preservation in adolescent and young adult cancer patients: From a part of a national survey on oncofertility in Japan

    Reproductive medicine and biology   18 ( 1 )   97 - 104   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rmb2.12256

    PubMed

    researchmap

  • 性同一性障害(GID)診療を取り巻く最近の状況?専門知識を持っておこうと思う方へ?

    日本女性医学学会ニューズレター   24 ( 2 )   10 - 10   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Problems of reproductive function in survivors of childhoodand adolescent and young adult‐onset cancer revealed in a part of a national survey of Japan

    Reproductive medicine and biology   18 ( 1 )   105 - 110   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rmb2.12255

    PubMed

    researchmap

  • 妊婦と夫の出生前診断を受けるか否かの話し合いに関する実態調査

    美甘 祥子, 中塚 幹也

    日本看護科学学会学術集会講演集   38回   [O15 - 2]   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本看護科学学会  

    researchmap

  • 出生前診断を受けるか否かの話し合いに必要な知識の程度に関しての妊婦と夫の比較

    美甘 祥子, 中塚 幹也

    母性衛生   59 ( 3 )   180 - 180   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本母性衛生学会  

    researchmap

  • Non-invasive prenatal testing(NIPT)受検時の心理カウンセリングに対する妊婦の意識調査

    美甘 祥子, 中塚 幹也

    インターナショナルNursing Care Research   16 ( 2 )   1 - 9   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:インターナショナルNursing Care Research研究会  

    NIPTを受検する際の心理カウンセリングの希望とその時期を明らかにし、必要な援助の示唆を得る。2013年3〜6月に妊婦760人を対象に、無記名自記式質問紙調査を行った。有効回答557人(有効回答率73.3%)であった。NIPTを受験する際に、心理カウンセリングを69.8%の妊婦が希望していた。心理カウンセリングを実施する職種で最も多かったのは心理カウンセラー63.8%で、助産師は25.2%であった。心理カウンセリングの時期は、「検査前」50.9%、「検査後、結果説明までの間」23.8%、「結果説明後、出産までの間」75.7%であった。妊婦は、遺伝カウンセリングが行われている検査前や検査結果説明時だけではなく、全ての期間で心理カウンセリングを希望していた。助産師は、研修などにより遺伝に関する知識を高めるとともに、心理カウンセリングができることを妊婦に周知することも必要であると考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05501&link_issn=&doc_id=20170501360001&doc_link_id=1703334&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F1703334&type=%8D%C5%90V%8A%C5%8C%EC%8D%F5%88%F8Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif

  • 無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)と羊水検査に対する妊婦の意識調査

    美甘 祥子, 中塚 幹也

    母性衛生   55 ( 3 )   196 - 196   2014年8月

  • 母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に対する妊婦の意識調査

    美甘 祥子, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   54 ( 3 )   188 - 188   2013年10月

  • 健常婦人における月経随伴症状の経時的変化

    後藤 由佳, 難波 梓沙, 池田 智子, 中塚 幹也, 奥田 博之

    母性衛生   47 ( 3 )   188 - 188   2006年9月

  • 年齢別にみた月経の実態とその対応

    池田 智子, 後藤 由佳, 難波 梓沙, 中塚 幹也, 奥田 博之

    母性衛生   47 ( 3 )   189 - 189   2006年9月

▼全件表示

書籍等出版物

  • スキルアップARTラボ-生殖補助医療の必須知識とテクニック-

    ( 範囲: 第Ⅰ章生殖補助医療(ART)の必須知識 ④ART関連技術の応用 7性同一性障害(GID)と生殖医療)

    中外医学社  2022年4月 

     詳細を見る

  • 性と健康の相談支援に向2022けた手引書 令和3年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 プレコンセプションケア体制整備に向けた相談・研修ガイドライン作成に向けた調査研究

    ( 範囲: 第Ⅱ章都道府県等の体制整備に向けた事例集 テーマ⑤各ステージに応じた切れ目のない支援の提供 事例K 各ステージに応じた切れ目のない支援の提供)

    有限責任監査法人トーマツ  2022年3月 

     詳細を見る

  • 令和3年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 「子どもを亡くした家族へのグリーフケアに関する調査研究」 事業報告書

    ( 範囲: 子どもを亡くした家族へのグリーフケアに関する調査研究:事例5.岡山県不妊専門相談センター「不妊・不育とこころの相談室」(岡山県))

    株式会社キャンサースキャン  2022年3月 

     詳細を見る

  • 令和3年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 自治体担当者のための 子どもを亡くした家族への支援の手引き - 流産・死産・人工妊娠中絶も含めた子どもの死-

    ( 範囲: 子どもを亡くした家族へのグリーフケアに関する調査研究:事例5.岡山県不妊専門相談センター「不妊・不育とこころの相談室」(岡山県))

    株式会社キャンサースキャン  2022年3月 

     詳細を見る

  • 『生殖補助医療・社会的養護の利用によるLGBTQの家族形成支援システムの構築』報告書

    ( 範囲: 報告13 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の改正に向けたGID(性同一性障害)学会からの提言)

    2022年3月 

     詳細を見る

  • 『生殖補助医療・社会的養護の利用によるLGBTQの家族形成支援システムの構築』報告書

    ( 範囲: 報告13第4部提言 トランスジェンダーの家族形成と特例法(性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律)の見直し)

    2022年3月 

     詳細を見る

  • 『生殖補助医療・社会的養護の利用によるLGBTQの家族形成支援システムの構築』報告書

    ( 範囲: 報告13 GID(性同一性障害)学会は、国連諸機関による「強制・強要された、または非自発的な断種の廃絶を求める共同声明」を支持します。)

    2022年3月 

     詳細を見る

  • ウィメンズヘルスケア

    吉沢, 豊予子( 範囲: 第5章性の多様性「2性分化疾患」)

    日本看護協会出版会  2022年2月  ( ISBN:9784818023727

     詳細を見る

    総ページ数:x, 340p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ウィメンズヘルスケア

    吉沢, 豊予子( 範囲: 第5章性の多様性「1性同一性障害」)

    日本看護協会出版会  2022年2月  ( ISBN:9784818023727

     詳細を見る

    総ページ数:x, 340p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ウィメンズヘルスケア

    吉沢, 豊予子( 範囲: 第5章性の多様性「3同性愛」)

    日本看護協会出版会  2022年2月  ( ISBN:9784818023727

     詳細を見る

    総ページ数:x, 340p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 6節性同一性障害)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 2節セクシュアリティとジェンダー)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 6章生殖に関する生理 2節男性の生殖器)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 6章生殖に関する生理 1節女性の生殖器)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 4節性分化疾患)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 6章生殖に関する生理 6節性行動、性反応)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中込, さと子, 小林, 康江, 荒木, 奈緒( 範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 5節性意識の発達)

    メディカ出版  2022年1月  ( ISBN:9784840475310

     詳細を見る

    総ページ数:222p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 妊産婦メンタルヘルスケアマニュアル~産後ケアへの切れ目のない支援に向けて~

    中塚幹也( 範囲: Ⅴ多職種連携の実際 6.岡山県の取り組み)

    株式会社中外医学社  2021年12月 

     詳細を見る

  • 生殖医療遺伝カウンセリングマニュアル

    中塚幹也( 範囲: 第2部各論:27[女性不妊]ターナー症候群と性染色体異常 COLUMN:性同一性障害と生殖)

    株式会社中外医学社  2021年11月 

     詳細を見る

  • 2女性生殖器の疾患と看護 10性分化疾患・性器形態異常

    中塚幹也

    メディカ出版  2021年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:247-261   記述言語:日本語

    researchmap

  • 2女性生殖器の疾患と看護 13セクシュアリティに関連する課題

    中塚幹也

    メディカ出版  2021年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:310-321   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第5章性の多様性「1性同一性障害」

    中塚幹也

    日本看護協会出版会  2021年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:216-228   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第5章性の多様性「3同性愛」

    中塚幹也

    日本看護協会出版会  2021年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:239-242   記述言語:日本語

    researchmap

  • 第5章性の多様性「2性分化疾患」

    中塚幹也

    日本看護協会出版会  2021年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:229-238   記述言語:日本語

    researchmap

  • 6章生殖に関する生理 6節性行動、性反応

    中塚幹也

    (株)メディカ出版  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:114-118   記述言語:日本語

    researchmap

  • 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 2節セクシュアリティとジェンダー

    中塚幹也

    (株)メディカ出版  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:32-33   記述言語:日本語

    researchmap

  • 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 5節性意識の発達

    中塚幹也

    (株)メディカ出版  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:37-38   記述言語:日本語

    researchmap

  • 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 4節性分化疾患

    中塚幹也

    (株)メディカ出版  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:36-37   記述言語:日本語

    researchmap

  • 6章生殖に関する生理 1節女性の生殖器

    中塚幹也

    (株)メディカ出版  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:98-102   記述言語:日本語

    researchmap

  • 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 6節性同一性障害

    中塚幹也

    (株)メディカ出版  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:38-41   記述言語:日本語

    researchmap

  • Tender Loving care (TLC)

    中塚幹也

    株式会社メジカルビュー  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:190-194   記述言語:日本語

    researchmap

  • 性分化疾患と性同一性障害(性別違和)(ポケット版)

    中塚幹也

    医学書院  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:1348-1350   記述言語:日本語

    researchmap

  • ストレスと流産・不育症

    中塚幹也( 担当: 単著)

    株式会社メジカルビュー  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:186-189   記述言語:日本語

    researchmap

  • 性分化疾患と性同一性障害(性別違和)

    中塚幹也

    医学書院  2021年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:1348-1350   記述言語:日本語

    researchmap

  • 産婦人科専門医のための必修知識2020年度版

    中塚幹也( 担当: 単著 ,  範囲: (6)性同一性障害)

    株式会社 杏林社  2020年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:E25-E27   記述言語:日本語

    researchmap

  • 妊産婦のメンタルケアとグリーフケア

    中塚幹也( 担当: 単著)

    メディカ出版  2020年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:28-31   記述言語:日本語

    researchmap

  • 性の問題_トランスジェンダー 性同一性障害(性別不合)

    中塚幹也( 担当: 単著)

    乳児から思春期のBiopsychosocialな指針  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 性の問題_月経困難症

    中塚幹也( 担当: 単著)

    乳児から思春期のBiopsychosocialな指針  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 知っておきたいシリーズ?妊娠・出産子育て事情〈第2版〉

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 特別講演「社会的ハイリスク妊産婦への支援:メンタルヘルスの視点から」

    中塚幹也( 担当: 単著)

    福岡県産婦人科医会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 知っておきたいシリーズ?年齢と卵子や精子の関係〈第2版〉

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 知っておきたいシリーズ?いのちのはじまりの旅〈第2版〉

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 将来、子供を持つことについて知りたい方とその家族へ がん治療の前に知っておきたい 精子の凍結保存のこと

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • No.2-5 LGBTと自殺、社会的養護、家族形成:第3者の関与する生殖医療

    中塚幹也( 担当: 単著)

    保健指導リソースガイド  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • No.2-4 LGBTと自殺、社会的養護、家族形成:里子・里親、特別養子縁組

    中塚幹也( 担当: 単著)

    保健指導リソースガイド  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 流死産で大切な子どもを亡くしたあなたとご家族へ あなた・家族・周りの人々が前に進むためにできること〈第2版〉

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2020年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1月6日   記述言語:日本語

    researchmap

  • ライフプランを考えるあなたへ-まんがで読む-未来への選択肢〈改訂版〉

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2020年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-41   記述言語:日本語

    researchmap

  • 親子の心の診療に関する多職種連携マニュアル

    中塚幹也( 担当: 単著)

    学校法人久留米大学  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 令和元年度厚生労働省委託事業 職場におけるダイバーシティ推進事業報告書

    中塚幹也( 担当: 単著)

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社  2020年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:31-76   記述言語:日本語

    researchmap

  • No.2-2 LGBTと自殺、社会的養護、家族形成:自殺への対策

    中塚幹也( 担当: 単著)

    保健指導リソースガイド  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2020年版

    中塚幹也( 担当: 単著)

    日本看護協会出版会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2020年版

    中塚幹也( 担当: 単著)

    日本看護協会出版会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2020年版

    中塚幹也( 担当: 単著)

    日本看護協会出版会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシンググラフィカEX疾患と看護?女性生殖器

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 2女性生殖器の疾患と看護 10性分化疾患・性器形態異常)

    メディカ出版  2020年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:247-261   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシンググラフィカEX疾患と看護?女性生殖器

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 2女性生殖器の疾患と看護 13セクシュアリティに関連する課題)

    メディカ出版  2020年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:310-321   記述言語:日本語

    researchmap

  • 女の子って魔法だよね

    西原さつき( 範囲: 誰もが輝くには,人も変わることが必要です。)

    厚有出版  2020年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:0   記述言語:日本語

    researchmap

  • 産婦人科臨床シリーズ 6女性ヘルスケア

    中塚幹也( 担当: 単著 ,  範囲: 3章 女性ヘルスケアに特異的な疾患と対応 性同一性障害)

    株式会社中山書店  2019年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:177-186   記述言語:日本語

    researchmap

  • 研究報告 第14集

    中塚幹也( 担当: 単著 ,  範囲: 2018年度 奈良県大学人権教育研究協議会 記念講演会「性同一性障害をめぐる諸問題と対応の課題」)

    奈良教育大学  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • アメリカ研究

    司会:金子歩 出席者:中塚幹也,?橋裕子,杉山綾野,中村美亜( 担当: 共著 ,  範囲: 座談会「トランスジェンダーの現在」)

    アメリカ学会  2019年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-34   記述言語:日本語

    researchmap

  • 初任者研修実務必携 追録 第10号

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 第三編研修における主な指導内容第10章今日的な教育課題1教育課題の解決に向けた取り組み?性の多様性:LGBTの理解)

    第一法規株式会社  2019年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:8925-8930   記述言語:日本語

    researchmap

  • 心理の専門家ではないスタッフのための 流死産・不育症カップルへのメンタルサポート実践の手引き グリーフケアとテンダー・ラビング・ケア 付録DVD2枚組

    中塚幹也( 担当: 共著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-146   記述言語:日本語

    researchmap

  • No.1-2 封じ込められた子ども、その心を聴く(その2)

    中塚幹也( 担当: 単著)

    保健指導リソースガイド  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 将来、子どもを持つことについて知りたい方とその家族へ がん治療の前に知っておきたい 生殖機能温存・妊孕性温存治療のこと〈第二刷〉

    中塚幹也( 担当: 単著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1月6日   記述言語:日本語

    researchmap

  • ライフプランを考えるあなたへ?まんがで読む?未来への選択肢<拡大版>

    中塚幹也( 担当: 共著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-53   記述言語:日本語

    researchmap

  • 将来、子どもを持つことについて知りたい方とその家族へ がん治療の前に知っておきたい 生殖機能温存・妊孕性温存治療のこと

    中塚幹也( 担当: 共著)

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:1月6日   記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2019年版

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章性の多様性「2性分化疾患」)

    日本看護協会出版会  2019年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:221-230   記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2019年版

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章性の多様性「1性同一性障害」)

    日本看護協会出版会  2019年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:208-220   記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2019年版

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章性の多様性「3同性愛」)

    日本看護協会出版会  2019年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:231-234   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 6節性同一性障害)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:38-41   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 2節セクシュアリティとジェンダー)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:32-33   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 6章生殖に関する生理 6節性行動、性反応)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:114-118   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 6章生殖に関する生理 2節男性の生殖器)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:102-103   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 5節性意識の発達)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:37-37   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 2章リプロダクティブヘルスに関する概念 4節性分化疾患)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:36-36   記述言語:日本語

    researchmap

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学?概論・リプロダクティブヘルスと看護

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 6章生殖に関する生理 1節女性の生殖器)

    (株)メディカ出版  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:98-102   記述言語:日本語

    researchmap

  • 今日の治療指針私はこう治療している2019年版(Volume61)

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 性分化疾患と性同一性障害)

    医学書院  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp1310-1312   記述言語:日本語

    researchmap

  • 今日の治療指針私はこう治療している2019年版(ポケット判)

    中塚幹也( 担当: 共著 ,  範囲: 性分化疾患と性同一性障害)

    医学書院  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp1310-1312   記述言語:日本語

    researchmap

  • 助産師基礎教育テキスト2018年版

    日本看護協会出版会  2018年 

     詳細を見る

  • 医療従事者が知っておきたい AYA世代がんサポートガイド

    金原出版株式会社  2018年 

     詳細を見る

  • 癌と化学療法

    株式会社癌と化学療法社  2018年 

     詳細を見る

  • ライフプランを考えるあなたへ-まんがで読む-未来への選択肢<拡大版>

    岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室  2018年 

     詳細を見る

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学①母性看護実践の基本

    (株)メディカ出版  2018年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2018年版

    日本看護協会出版会  2018年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2018年版

    日本看護協会出版会  2018年 

     詳細を見る

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学①母性看護実践の基本

    (株)メディカ出版  2018年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金がん対策推進総合研究事業「総合的な思春期・若年成人(AYA)世代のがん対策のあり方に関する研究」平成28年度総括・分担研究報告書

    名古屋医療センター臨床研修センター  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学大学院保健学研究科年報2015

    岡山大学大学院保健学研究科  2017年 

     詳細を見る

  • 平成28年度健康教育に関する研究報告 歩み 51号

    静岡県高等学校養護教育研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2017年版

    日本看護協会出版会  2017年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2017年版

    日本看護協会出版会  2017年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2017年版

    日本看護協会出版会  2017年 

     詳細を見る

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学①母性看護実践の基本

    (株)メディカ出版  2017年 

     詳細を見る

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学①母性看護実践の基本

    (株)メディカ出版  2017年 

     詳細を見る

  • 生殖補助医療技術学入門

    岡山大学出版会  2017年 

     詳細を見る

  • 生殖補助医療技術学入門

    岡山大学出版会  2017年 

     詳細を見る

  • 生殖補助医療技術学入門

    岡山大学出版会  2017年 

     詳細を見る

  • 封じ込められた子ども、その心を聴く 性同一性障害の生徒に向き合う

    ふくろう出版  2017年 

     詳細を見る

  • 教育とLGBTIをつなぐ 学校・大学の現場から考える

    青弓社  2017年 

     詳細を見る

  • 続・騒がしい精子と卵子 子どもと話したい生殖医療

    中塚研究室  2017年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2016年版

    日本看護協会出版会  2016年 

     詳細を見る

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学①母性看護実践の基本

    (株)メディカ出版  2016年 

     詳細を見る

  • ナーシング・グラフィカ母性看護学①母性看護実践の基本

    (株)メディカ出版  2016年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2016年版

    日本看護協会出版会  2016年 

     詳細を見る

  • メディカルサイエンス微生物検査学<第二版>

    近代出版  2016年 

     詳細を見る

  • 女性医療のすべて

    メディカルレビュー社  2016年 

     詳細を見る

  • 教育の最新事情がよくわかる本これだけは知っておきたい 教員としての最新知識! 3

    教育開発研究所  2016年 

     詳細を見る

  • 女性医学ガイドブック思春期・性成熟期編2016年度版

    金原出版株式会社  2016年 

     詳細を見る

  • 生命倫理学医療と法講義スライドノート第3版

    ふくろう出版  2016年 

     詳細を見る

  • 平成27年度瀬戸内市子ども発育支援調査

    瀬戸内市  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山児童虐待通告背景分析事業報告書2016

    岡山県  2016年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金がん対策推進総合研究事業「総合的な思春期・若年成人(AYA)世代のがん対策のあり方に関する研究」平成27年度総括・分担研究報告書

    名古屋医療センター臨床研修センター  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学教育開発センター年報

    岡山大学教育開発センター  2016年 

     詳細を見る

  • 自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み

    (株)技術情報協会  2016年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2016年版

    日本看護協会出版会  2016年 

     詳細を見る

  • LGBTQを知っていますか?“みんなと違う”は“ヘン”じゃない

    株式会社少年写真新聞社  2015年 

     詳細を見る

  • LGBTQを知っていますか?“みんなと違う”は“ヘン”じゃない

    株式会社少年写真新聞社  2015年 

     詳細を見る

  • 子どものからだと心 白書

    ブックハウス・エイチディ  2015年 

     詳細を見る

  • 岡山市の職員が知っておきたい性的マイノリティ(LGBT)の基礎知識

    岡山大学大学院保健学研究科中塚幹也  2015年 

     詳細を見る

  • 日本女性会議2015倉敷 報告書

    日本女性会議2015倉敷実行委員会・倉敷市  2015年 

     詳細を見る

  • 生命倫理学講義スライドノート第2版

    ふくろう出版  2015年 

     詳細を見る

  • 青年期の性の健康と権利を支えるコミュニティ機能に関する研究 研究報告書

    山陽学園大学看護学部富岡美佳  2015年 

     詳細を見る

  • 「岡山県妊孕性等普及啓発標準プログラム」支援マニュアル「岡山県妊孕性等普及啓発標準プログラム」等作成事業

    岡山県保健福祉部健康推進課  2015年 

     詳細を見る

  • ライフプランを考えるあなたへ-まんがで読む-未来への選択肢「岡山県妊孕性等普及啓発標準プログラム」等作成事業

    岡山県保健福祉部健康推進課  2015年 

     詳細を見る

  • 助産師基礎教育テキスト2015年版第2巻女性の健康とケア

    日本看護協会出版会  2015年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学大学院保健学研究科年報2012

    岡山大学大学院保健学研究科  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学教育開発センター年報

    岡山大学大教育開発センター  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学教育開発センター年報

    岡山大学大教育開発センター  2014年 

     詳細を見る

  • 騒がしい精子と卵子-子供と話したい生殖医療-

    岡山大学大学院保健学研究科中塚幹也  2014年 

     詳細を見る

  • WPATH Standard of Care 第7版

    WPATH  2014年 

     詳細を見る

  • 女と男のディクショナリーHUMAN+

    公益社団法人日本産科婦人科学会  2014年 

     詳細を見る

  • 女と男のディクショナリーHUMAN+

    公益社団法人日本産科婦人科学会  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 3年目でもこれだけは押さえたい!助産ケアの基本

    日総研出版  2014年 

     詳細を見る

  • 平成20~22年度厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業) 不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 総括

    2011年 

     詳細を見る

  • 週刊朝日MOOK 新「名医」の最新治療 完全読本 性同一性障害

    朝日新聞出版  2011年 

     詳細を見る

  • 岡山大学を知る 岡山大学の人気ゼミ公開:中塚ゼミ

    2011年 

     詳細を見る

  • 現場で使える「思春期の対応マニュアル」~ゆいネット事例からの提案~

    社団法人日本女医会  2011年 

     詳細を見る

  • 不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究班を基にした不育症管理に関する提言

    2011年 

     詳細を見る

  • 平成20~22年度厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業) 本邦における不育症のリスク因子とその予後に関する研究

    2011年 

     詳細を見る

  • 平成20~22年度厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業) 厚労研究班の研究成果を基にした不育症管理に関する提言

    2011年 

     詳細を見る

  • 新聞記事からできた本 こども: 性同一性障害の子どもたち 半数以上が自殺願望

    クマノミ出版  2011年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書 本邦における不育症のリスク因子とその予後に関する研究

    2011年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書 不育症女性の妊娠による束縛感と不安

    2011年 

     詳細を見る

  • 体と心 保健総合大百科<中・高校編>2011年 性同一性障害の生徒の問題に向き合う

    少年新聞社  2011年 

     詳細を見る

  • 日本産婦人科医会研修ノートNo. 88 ホルモン療法のすべて

    公益社団法人日本産婦人科医会  2011年 

     詳細を見る

  • 週刊朝日増刊号 新「名医」の最新治療 2012

    朝日新聞出版  2011年 

     詳細を見る

  • 週刊朝日MOOK 新「名医」の最新治療 完全読本

    朝日新聞出版  2011年 

     詳細を見る

  • 岡山大学を知る

    書肆亥工房  2011年 

     詳細を見る

  • 体と心 保健総合大百科<中・高校編>2011年

    少年新聞社  2011年 

     詳細を見る

  • 新聞記事からできた本 こども2011年2号

    クマノミ出版  2011年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書 不育症例に対するヘパリン自己注射についての調査

    2011年 

     詳細を見る

  • 健康教室 性教育実践アイデアノート 性同一性障害についての基礎知識

    2010年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書 子宮奇形を持つ反復流産患者の妊娠帰結調査:手術・非手術の比較多施設共同研究

    2010年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書 不育症女性に対する精神的支援に関する研究~不育症女性の顕在性不安~

    2010年 

     詳細を見る

  • あなたとあなたの赤ちゃんを守るために

    2010年 

     詳細を見る

  • 10代のお母さんのための育児読本:ティーンエイジャーのママへ

    2010年 

     詳細を見る

  • お母さんが楽しく育児をするために:産後のこころの話

    2010年 

     詳細を見る

  • 講義録 産科婦人科学

    メジカルビュー社  2010年 

     詳細を見る

  • 講義録 産科婦人科学

    メジカルビュー社  2010年 

     詳細を見る

  • 「よく生き、よく死ぬ、ための生命倫理学」

    ナカニシヤ出版  2009年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成20年度総括・分担研究報告書 本邦における不育症のリスク因子とその予後に関する研究

    2009年 

     詳細を見る

  • 厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究 平成20年度総括・分担研究報告書 不育症女性に対する精神的支援に関する研究~流・死産後の環境と不育症女性の心理~

    2009年 

     詳細を見る

  • 4.多様な性をめぐって 性別はどうやって決まるのでしょうか?

    岡山県教育庁人権・同和教育課  2009年 

     詳細を見る

  • 全国協議会ニュース臨時増刊号「改訂版」白血病と言われたら -発症間もない患者さんとご家族のためにー 疾患・治療編

    特定非営利活動法人 全国骨髄バンク推進連絡協議会  2008年 

     詳細を見る

  • メディカルサイエンス 微生物検査学

    近代出版  2008年 

     詳細を見る

  • 医療・看護スタッフのための LGBTI (Lesbian Gay Bisexual Transgender Intersex)サポートブック

    メディカ出版  2007年 

     詳細を見る

  • 血液・腫瘍科 特別増刊号 造血幹細胞移植のすべて

    科学評論社  2007年 

     詳細を見る

  • 血液疾患治療の支持療法-最近の進歩-

    医薬ジャーナル社  2006年 

     詳細を見る

  • 生理用品の45年の軌跡

    ふくろう出版  2006年 

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群へ―過去から未来へ―

    メジカルビュー社,東京都  2005年 

     詳細を見る

  • 男と女の倫理学:よく生きるための共生学入門

    ナカニシヤ出版,京都  2005年 

     詳細を見る

  • 産後の母と子の健康教育

    西日本法規出版,岡山  2004年 

     詳細を見る

  • 産後育児期の健康教育

    西日本法規出版  2004年 

     詳細を見る

  • 産後の母と子の健康教育

    西日本法規出版,岡山  2004年 

     詳細を見る

  • 小児救急 ファーストエイドブック

    南江堂  2003年 

     詳細を見る

  • Possible involvement of nitric oxido in LPS-induced apoptotic cell death in triphoblasts. (共著)

    The Biology of Nitric Oxide Part 6  1998年 

     詳細を見る

  • 30の大学病院における診断と治療シリーズ「不妊症の診断と治療」(共著)

    30の大学病院における診断と治療シリーズ「不妊症の診断と治症」 真興交易(株)医書出版部  1998年 

     詳細を見る

  • 女の病気婦人科疾患のすべて(共著)

    女の病気婦人科疾患のすべて(山陽新聞社)  1997年 

     詳細を見る

  • Mechanism based inactivation of nitric oxide synthase, a P450 like enzyme, by xenobiotics

    Proc. 8th int. Cont. CytochromeP450  1994年 

     詳細を見る

  • Mechanism based inactivation of nitric oxide synthase, a P450 like enzyme, by xenobiotics

    Proc. 8th int. Cont. CytochromeP450  1994年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • <学会報告>不確実な社会で,多様性と『やさしさ』を考える-第62回日本母性衛生学会総会・学術集会を終えて-

    中塚幹也

    岡山医学会雑誌   134 ( 1 )   58 - 60   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多様性の時代 岡山市は全ての人々が生きやすいまちか

    中塚幹也

    岡山市男女共同参画情報誌DUO   47   2 - 3   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • LGBTQ 公開シンポジウム「多様性を認め合う社会の実現に向けて」【講演日時】2021/10/16 基調 「LGBTQ:最近の社会の動向」 http://archives.bosei-eisei.org/movie.php

    中塚幹也

    【アーカイブズ】第62回日本母性衛生学会総会・学術集会 市民公開講座   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 岡山市男女共同参画専門委員会委員名簿

    中塚幹也(岡山市男女共同参画専門委員会委員)

    岡山市男女共同参画社会の形成の促進に関する基本計画<計画期間:令和4年度~8年度>第5次さんかくプラン   1 - 105   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵子提供 精子バンク 生殖ビジネスは希望か禁忌か

    中塚幹也

    女性セブン   59 ( 40 )   46 - 52   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般演題8「トランスジェンダー当事者における家族へのカミングアウトの状況とメンタルヘルス」

    周宇, 古谷ミチヨ、Rukmali Athurupana, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   210 - 213   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般演題8「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大によるセクシャル・マイノリティ当事者の生活や心理状況への影響」

    江口珠美, 周宇, 古谷ミチヨ, 樫野千明, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   214 - 214   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般演題8「トランス女性の性別表現:パス度向上のための支援ニーズ」

    古谷ミチヨ, 江口珠美, 周宇, 樫野千明, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   215 - 216   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 編集後記

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   240 - 240   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 理事長講演「GID学会の現況」

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   142 - 142   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般演題8「学校における「性の多様性」に関する教育とライフプランを立てることへの支援の実態」

    藤本さや, 伏谷あすみ, 田端李帆, 江口珠美, 周宇, 樫野千明, 新井冨士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   205 - 205   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般演題8「教員における性別違和を持つ子どもと接する機会や対応への意識の推移:2008年から12年間の質問紙調査から」

    川岡穂香, 田端李帆, 伏谷あすみ, 江口珠美, 周宇, 樫野千明, 新井冨士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   14 ( 1 )   206 - 206   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • はじめに

    中塚幹也

    医学のあゆみ   279 ( 4 )   251 - 251   2021年10月

     詳細を見る

  • 特集:LGBTのメンタルヘルス「トランスジェンダー(性同一性障害/性別違和/性別不合)と産婦人科医としての対応」

    中塚幹也

    心身医学   61 ( 7 )   608 - 615   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 共催シンポジウム1「ウイメンズヘルスとsexual health」4.婦人科がんと女性性機能

    中塚幹也

    日本性機能学会雑誌   36 ( 2 )   116 - 116   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第42回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「COVID-19拡大下の不妊症・不育症カップルの経済的不安」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   13 ( 5 )   82 - 85   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第41回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「COVID-19拡大下の不育症女性:不妊・不育治療は延期されたのか」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   13 ( 4 )   79 - 82   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 女性ヘルスケア委員会

    加藤聖子, 寺内公一, 岡野浩哉, 倉林工, 髙松潔, 武田卓, 土橋一慶, 中塚幹也, 樋口毅, 若槻明彦, 江頭活子

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 6 )   684 - 699   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • LGBTの子どもの頃の経験

    中塚幹也

    性の健康   20 ( 2 )   19 - 22   2021年5月

     詳細を見る

  • LGBT/SOGIの基礎知識:トランスジェンダーの子どもと学校

    中塚幹也

    町田市医師会報   ( 560 )   1 - 3   2021年5月

     詳細を見る

  • V.多職種連携の実際 6.岡山県の取り組み

    中塚幹也

    妊産婦メンタルヘルスケアマニュアル-産後ケアへの切れ目のない支援に向けて-改訂版   150 - 153   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本産婦人科医会  

    researchmap

  • 子どもたちにとって居心地のよい環境とは

    中塚幹也

    多様なセクシャリティを認め合う学校環境のために_LGBTQに関するアンケート調査報告   ( 2 )   1 - 12   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:カンコー学生工学研究所  

    researchmap

  • 不育症相談対応マニュアル

    竹下俊行, 齋藤 滋, 藤井知行, 山田秀人, 杉 俊隆, 中塚幹也, 倉橋浩樹, 永松 健, 福井淳史, 出口雅士, 森田 恵子

    不育症相談対応マニュアル   1 - 32   2021年3月

     詳細を見る

  • 不育症管理に関する提言2021

    竹下俊行, 齋藤 滋, 藤井知行, 山田秀人, 杉 俊隆, 中塚幹也, 倉橋浩樹, 永松 健, 福井淳史, 出口雅士, 森田 恵子

    不育症管理に関する提言2021   1 - 35   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中からの子ども虐待予防妊娠中からの気になる母子支援連絡システム(岡山モデル)の8年間の取り組み

    横溝珠実, 二宮忠矢, 片岡久美恵, 中塚幹也

    日本公衆衛生雑誌   68 ( 6 )   425 - 432   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第40回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「COVID-19拡大下の不育症女性~「妊娠の先送り」に関する声明」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   13 ( 2 )   82 - 87   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 特集:胎児期からはじまる子育て支援 1子育ては胎児から

    中塚幹也

    チャイルドヘルス   24 ( 3 )   6 - 9   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 流産や死産等を経験した女性に対する心理社会的支援に関する調査研究

    中塚幹也

    令和2年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 「流産や死産等を経験した女性に対する心理社会的支援に関する調査研究」 事業報告書   1 - 144   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 全国の「都道府県等における妊婦の方々への新型コロナウイルスに関する相談窓口」への調査報告書 新型コロナウィルス感染拡大に伴う妊産婦や母親の不安と支援の実態

    中塚幹也, 伏谷あすみ

    全国の「都道府県等における妊婦の方々への新型コロナウイルスに関する相談窓口」への調査報告書 新型コロナウィルス感染拡大に伴う妊産婦や母親の不安と支援の実態   1 - 50   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:おかやま妊娠・出産サポートセンター(岡山県) 岡山大学保健学研究科  

    researchmap

  • 性のあり方”セクシュアリティ”について知る・考える

    中塚幹也

    岡山大学広報いちょう並木   97   7 - 8   2021年3月

     詳細を見る

  • 提供者に会ってみたの?

    中塚幹也

    月刊ウイル   ( 194 )   277 - 277   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連載第39回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症女性における着床前診断・スクリーニングへの不安」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   13 ( 1 )   75 - 77   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • LGBTQ+(性的マイノリティ)当事者の抱える自殺、不登校、いじめなどの課題を明らかに~その予防とライフプランの支援~

    中塚幹也

    2021年1月

     詳細を見る

  • Current Multidisciplinary Approach to Fertility Preservation for Breast Cancer Patients

    Yuko Takahashi, Tadahiko Shiena, Ai Sakamotob, Yuko Tsuyumuc, Ryo Yoshiokaa, Maya Unoa, Minami Hatonoa, Mariko Kochia, Kengo Kawadaa, Takahiro Tsukiokia, Takayuki Iwamotoa, Hirokuni Ikedaa, Naruto Tairaa, Junji Matsuokad, Mikiya Nakatsuka, Hiroyoshi Doiharaa

    Acta Medica Okayama   72 ( 2 )   137 - 142   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.18926/AMO/55854

    PubMed

    researchmap

  • 連載第27回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症女性の自身への思い」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   10 ( 4 )   89 - 91   2018年

     詳細を見る

  • 連載第2回:助産師・看護師に知ってほしいLGBTの基礎知識「子どもの頃のLGBT当事者」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   10 ( 4 )   72 - 75   2018年

     詳細を見る

  • Special Report LGBTの基礎知識と性同一性障害診療の実際

    中塚幹也

    Schneller   ( 107 )   3 - 6   2018年

     詳細を見る

  • 連載第27回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症女性と職場~マタニティハラスメント」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   10 ( 3 )   101 - 103   2018年

     詳細を見る

  • 新連載:助産師・看護師に知ってほしいLGBTの基礎知識「LGBT,トランスジェンダーって何?」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   10 ( 3 )   82 - 85   2018年

     詳細を見る

  • 配偶子保存の必要性と課題:配偶子凍結に伴う倫理的問題

    中塚幹也

    臨床婦人科産科   72 ( 5 )   424 - 428   2018年

     詳細を見る

  • 連載第26回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症女性の職場でのストレス」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   10 ( 1 )   93 - 96   2018年

     詳細を見る

  • 性同一性障害(FTM)の診断と対応

    中塚幹也

    ホルモンと臨床   63 ( 6 )   493 - 498   2018年

     詳細を見る

  • 特集:LGBTを学ぶ LGBTの基礎知識

    中塚幹也

    健康教室   69 ( 1 )   22 - 24   2018年

     詳細を見る

  • 性同一性障害当事者と家族形成

    中塚幹也

    日本母性衛生学会   58 ( 4 )   学3-学8   2018年

     詳細を見る

  • High Expression of High-Mobility Group Box 1 in Menstrual Blood: Implications for Endometriosis

    Keiko Shimizu, Yasuhiko Kamada, Ai Sakamoto, Miwa Matsuda, Mikiya Nakatsuka, Yuji Hiramatsu

    REPRODUCTIVE SCIENCES   24 ( 11 )   1532 - 1537   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS INC  

    Endometriosis is a benign gynecologic disease characterized by the presence of ectopic endometrium and associated with inflammation and immune abnormalities. However, the molecular basis for endometriosis is not well understood. To address this issue, the present study examined the expression of high-mobility group box (HMGB) 1 in menstrual blood to investigate its role in the ectopic growth of human endometriotic stromal cells (ESCs). A total of 139 patients were enrolled in this study; 84 had endometriosis and 55 were nonendometriotic gynecological patients (control). The HMGB1 levels in various fluids were measured by enzyme-linked immunosorbent assay. Expression of receptor for advanced glycation end products (RAGE) in eutopic and ectopic endometrium was assessed by immunohistochemistry, and RAGE and vascular endothelial growth factor (VEGF) messenger RNA expression in HMGB1- and lipopolysaccharide (LPS)-treated ESCs was evaluated by real-time polymerase chain reaction. The HMGB1 concentration was higher in menstrual blood than in serum or peritoneal fluid (P < .001 for both). RAGE was expressed in both normal and ectopic endometrium. Administration of 1000 ng/mL HMGB1 or coadministration of 100 ng/mL HMGB1 and 100 ng/mL LPS induced VEGF production in ESCs relative to the control (P < .05). These results suggest that menstrual fluid has naturally high levels of HMGB1 and may promote endometriosis following retrograde menstruation when complexed with other factors such as LPS by inducing inflammation and angiogenesis.

    DOI: 10.1177/1933719117692042

    Web of Science

    researchmap

  • white plus いま、女性医療の領域で起きている注目すべき変化 平成27年4月文部科学省通知「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等」の実際について

    中塚幹也

    これからの女性医療を考えるWhite   5 ( 1 )   50 - 53   2017年

     詳細を見る

  • 悪性腫瘍等の治療に関与する医療スタッフにおける生殖機能温存についての意識と対応の実態

    宮本志織, 片岡久美恵, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   16 ( 1 )   56 - 57   2017年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の基礎知識

    中塚幹也

    日母性衛生学会   学9-学17   2017年

     詳細を見る

  • <特集Ⅰ>第35回日本思春期学会総会学術集会 教育講演6 思春期における性同一性障害診療の課題:学校と医療施設との連携

    中塚幹也

    思春期学   35 ( 1 )   31 - 36   2017年

     詳細を見る

  • 連載第22回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「Tender Loving Careの効果」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   9 ( 2 )   95 - 97   2017年

     詳細を見る

  • 性同一性障害(GID)とテストステロン

    久保光太郎, 中塚幹也

    最新女性医療   4 ( 1 )   29 - 33   2017年

     詳細を見る

  • 特集:不妊と薬種々疾患を有する挙児を希望する不妊患者へのアプローチ①統合失調症×女性不妊

    中塚幹也

    薬局   68 ( 2 )   324 - 328   2017年

     詳細を見る

  • 連載第21回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「Tender Loving Careの実際」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   9 ( 1 )   96 - 98   2017年

     詳細を見る

  • 【学習コーナー】性同一性障害の基礎知識外来診療・看護

    中塚幹也

    母性衛生   58 ( 2 )   学3-学8   2017年

     詳細を見る

  • 連載第23回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「流産の原因とされること:喫煙など」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   9 ( 3 )   79 - 83   2017年

     詳細を見る

  • Increased Anti-HSP60 and Anti-HSP70 Antibodies in Women with Unexplained Recurrent Pregnancy Loss

    Miwa Matsuda, Aiko Sasaki, Keiko Shimizu, Yasuhiko Kamada, Soichi Noguchi, Yuji Hiramatsu, Mikiya Nakatsuk

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 3 )   201 - 208   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Vascular dysfunction has been reported in women with recurrent pregnancy loss (RPL). We investigated the severity of vascular dysfunction in non-pregnant women with RPL and its correlation with anti-heat shock protein (HSP) antibodies that are known to induce arteriosclerosis. We measured the serum anti-HSP60 antibodies, anti-HSP70 antibodies, and anti-phospholipid antibodies (APA) in 68 women with RPL and 29 healthy controls. Among the women with RPL, 14 had a diagnosis of antiphospholipid syndrome (APS), and in the remaining 54, the causes for RPL were unexplained. Compared to the controls, the brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV), carotid augmentation index (cAI), and uterine artery pulsatility index (PI) were all significantly higher in the women with both APS and unexplained RPL. Compared to the controls, the anti-HSP60 antibody levels were significantly higher in the APA-positive group of women with unexplained RPL, and the anti-HSP70 antibody levels were significantly higher in APS and APA-positive group of women with unexplained RPL. However, the anti-HSP60 and anti-HSP70 antibody levels did not correlate with the values of baPWV or cAI. Our results demonstrated anti-HSP60 and anti-HSP70 antibodies are increased in women with unexplained RPL. Further studies are needed to elucidate the roles of anti-HSP antibodies and their pathophysiology in unexplained RPL.

    Web of Science

    researchmap

  • Increased Anti-HSP60 and Anti-HSP70 Antibodies in Women with Unexplained Recurrent Pregnancy Loss

    Miwa Matsuda, Aiko Sasaki, Keiko Shimizu, Yasuhiko Kamada, Soichi Noguchi, Yuji Hiramatsu, Mikiya Nakatsuk

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 3 )   201 - 208   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Vascular dysfunction has been reported in women with recurrent pregnancy loss (RPL). We investigated the severity of vascular dysfunction in non-pregnant women with RPL and its correlation with anti-heat shock protein (HSP) antibodies that are known to induce arteriosclerosis. We measured the serum anti-HSP60 antibodies, anti-HSP70 antibodies, and anti-phospholipid antibodies (APA) in 68 women with RPL and 29 healthy controls. Among the women with RPL, 14 had a diagnosis of antiphospholipid syndrome (APS), and in the remaining 54, the causes for RPL were unexplained. Compared to the controls, the brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV), carotid augmentation index (cAI), and uterine artery pulsatility index (PI) were all significantly higher in the women with both APS and unexplained RPL. Compared to the controls, the anti-HSP60 antibody levels were significantly higher in the APA-positive group of women with unexplained RPL, and the anti-HSP70 antibody levels were significantly higher in APS and APA-positive group of women with unexplained RPL. However, the anti-HSP60 and anti-HSP70 antibody levels did not correlate with the values of baPWV or cAI. Our results demonstrated anti-HSP60 and anti-HSP70 antibodies are increased in women with unexplained RPL. Further studies are needed to elucidate the roles of anti-HSP antibodies and their pathophysiology in unexplained RPL.

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山県児童相談所に寄せられた児童虐待通告事例の背景分析(第2報)-虐待につながりやすい要因-

    柴田義朗, 水嶋明子, 八木正浩, 野口正行, 佐藤俊介, 来住由樹, 中塚幹也, 児童虐待通告背景分析事業検討会

    第23回岡山県保健福祉学会   158 - 161   2017年

     詳細を見る

  • 特集1セクシュアルマイノリティの刑事弁護性同一性障害当事者がホルモン治療を継続できないことの医学的問題点

    中塚幹也

    季刊刑事弁護   ( 89 )   71 - 76   2017年

     詳細を見る

  • 大学生における「性同一性障害当事者との関係性の近さ」と理解・支援への意識

    大西沙紀, 樫野千明, 北川温子, 藤田志保, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   10 ( 1 )   25 - 40   2017年

     詳細を見る

  • 性同一性障害に関する教育への教員の意識と実態:授業の時期,方法,専門家による支援

    樫野千明, 林田桃子, 藤田志保, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   10 ( 1 )   17 - 24   2017年

     詳細を見る

  • 性同一性障害

    中塚幹也

    ホルモンと臨床   63 ( 5 )   369 - 373   2017年

     詳細を見る

  • 連載第25回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症女性が思う流産とストレスとの関連」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   9 ( 6 )   89 - 91   2017年

     詳細を見る

  • 性の多様性に対する生殖医療の役割

    中塚幹也

    医学のあゆみ   263 ( 4 )   349 - 351   2017年

     詳細を見る

  • GID(性同一性障害)学会の活動と取り組むべき課題

    中塚幹也

    ホルモンと臨床   63 ( 4 )   301 - 306   2017年

     詳細を見る

  • 今月の臨床【着床不全・流産をいかに防ぐか-PGS時代の不妊・不育症診療ストラテジー】【胚側因子による流産】生化学的妊娠と不育症-不育の定義との関連-

    中塚幹也

    臨床婦人科産科   71 ( 9 )   800 - 804   2017年

     詳細を見る

  • 連載第24回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症女性が流産の原因になったと思うこと」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   9 ( 4 )   98 - 101   2017年

     詳細を見る

  • 特集2社会的ハイリスク妊産婦に対する多職種・地域連携 「妊娠中からの虐待防止~妊娠中からの切れ目ない支援を目指した岡山県の取り組み」

    片岡久美恵, 中塚幹也

    臨床助産ケア   9 ( 4 )   77 - 81   2017年

     詳細を見る

  • 特集:産婦人科領域における難病を考える-新たに成立した難病法の視点から[小児慢性特定疾病]11.卵巣形成不全

    中塚幹也

    産科と婦人科   84 ( 7 )   836 - 839   2017年

     詳細を見る

  • シンポジウム2:「青年期・成人期のGIDに対する理解と支援」3.ホルモン療法の実際と課題

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   9 ( 1 )   56 - 60   2016年

     詳細を見る

  • 診療研究 性同一性障害の診療(上)―性同一性障害の診断と診療の流れ

    中塚幹也

    月刊保団連   ( 1201 )   51 - 54   2016年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の子どもへの対応

    中塚幹也

    健   44 ( 10 )   38 - 41   2016年

     詳細を見る

  • 日本人妊婦における障がいを持つ子どもへの意識と非侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-invasive prenatal testing;NIPT)への意識との比較

    美甘祥子, 中塚幹也

    母性衛生   57 ( 2 )   323 - 331   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本母性衛生学会  

    非侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-invasive prenatal testing;NIPT)への意識と障がいを持つ子どもへの意識との関連を検討するため、無記名自記式質問紙調査を実施し、有効回答495部を分析した。「NIPTを受けてみたい」と回答した妊婦は、障がいを持つ方が「近親者にいる」群(24.1%)、「近親者以外にいる」群(20.0%)、「周囲にいない」群(27.1%)で有意差はなかった。NIPTの結果が陽性であった場合に「羊水検査を受けずに妊婦をあきらめる」と回答した率は、いずれも10%未満であったが、障がいを持つ方が「近親者にいる」群(9.3%)は、「近親者以外にいる」群(7.7%)、「周囲にいない」群(4.3%)に比較して高かった。また、「障がいを持つ子どもを温かい心で迎えられる」を選択した群(1.7%)は、選択しなかった群(10.6%)より有意に低かった(p<0.05)。障がいを持つ子どもへの意識は、NIPT受検やその後の対応への意識に関連していることを念頭にサポートを行う必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J01362&link_issn=&doc_id=20160810130006&doc_link_id=%2Fcu2mater%2F2016%2F005702%2F008%2F0323-0331%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcu2mater%2F2016%2F005702%2F008%2F0323-0331%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 「健康な女性における卵子凍結」に関する大学生の知識と意識

    山本友里恵, 広保沙紀, 石畑沙樹, 大利遥, 瀬尾奏衣, 早澤知佳, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   55 - 56   2016年

     詳細を見る

  • 大学生における着床前スクリーニングに関する知識と意識

    広保沙紀, 大利遥, 石畑沙樹, 瀬尾奏衣, 早澤知佳, 山本友里恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   53 - 54   2016年

     詳細を見る

  • 「代理出産や子宮移植で子どもを持つこと」への大学生の意識

    石畑沙樹, 広保沙紀, 山本友里恵, 瀬尾奏衣, 早澤知佳, 大利遥, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   51 - 52   2016年

     詳細を見る

  • 大学生におけるLEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン)製剤への意識

    早澤知佳, 広保沙紀, 山本友里恵, 大利遥, 瀬尾奏衣, 石畑沙樹, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   49 - 50   2016年

     詳細を見る

  • 同性パートナーシップ制度および同性婚に関する大学生の意識

    大利遥, 瀬尾奏衣, 広保沙紀, 山本友里恵, 石畑沙樹, 早澤知佳, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   47 - 48   2016年

     詳細を見る

  • 「妊孕性や生殖医療に関する教育」に対する養護教諭の意識

    山縣未佳, 大廣香織, 長本摩耶, 難波早織, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   45 - 46   2016年

     詳細を見る

  • 教員における「性同一性障害当事者の支援に関する文部科学省の動向」の認知度

    瀬尾奏衣, 大利遥, 広保沙紀, 山本友里恵, 石畑沙樹, 早澤知佳, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   43 - 44   2016年

     詳細を見る

  • 産科スタッフの考える産後1ヶ月までの母親に必要な支援

    大廣香織, 長本摩耶, 難波早織, 山縣未佳, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   35 - 36   2016年

     詳細を見る

  • 「マタニティハラスメント」に関する妊産婦の意識と実態

    難波早織, 大廣香織, 長本摩耶, 山縣未佳, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   25 - 26   2016年

     詳細を見る

  • 「父子手帳による育児情報取得の意義」に対する夫婦の意識

    長本摩耶, 大廣香織, 難波早織, 山縣未佳, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   19 - 20   2016年

     詳細を見る

  • 岡山県児童相談所に寄せられた児童虐待通告事例の背景

    中谷藍子, 水嶋明子, 浅尾茂樹, 井上博子, 野口正行, 来住由樹, 中塚幹也

    第22回岡山県保健福祉学会   128 - 131   2016年

     詳細を見る

  • 追悼文

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   9 ( 1 )   3 - 3   2016年

     詳細を見る

  • 小学生の頃のFTM 当事者の「封じ込める」体験とカミングアウトの困難性

    藤田志保, 松本麻衣, 松岡敬典, 周宇, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   9 ( 1 )   143 - 147   2016年

     詳細を見る

  • 小児科医における性同一性障害の子どもへの対応の実態と意識

    松岡敬典, 長谷川徹, 藤田志保, 周宇, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   9 ( 1 )   68 - 72   2016年

     詳細を見る

  • 特集Ⅰ:性別違和/性同一性障害の基礎と臨床性別違和感を持つ思春期当事者への支援

    中塚幹也

    精神科   29 ( 2 )   88 - 93   2016年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース縮刷「かけがえのない生と性シリーズ」データに見る性同一性障害①・・・P251LGBTの基礎(5)データに見る性同一性障害① ・・・P257

    中塚幹也

    体と心保健総合大百科 中・高校編2016年   243 - 258   2016年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース縮刷「かけがえのない生と性シリーズ」性指向、性自認などに関連して性についてのQ&A②・・・ P250LGBTの基礎(4)よくある質問から2 ・・・P255

    中塚幹也

    体と心保健総合大百科 中・高校編2016年   243 - 258   2016年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース縮刷「かけがえのない生と性シリーズ」性指向、性自認などに関連して性についてのQ&A①・・・ P247LGBTの基礎(3)よくある質問から1 ・・・P252

    中塚幹也

    体と心保健総合大百科 中・高校編2016年   243 - 258   2016年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース縮刷「かけがえのない生と性シリーズ」性別はどうやって決まるの?・・・ P246LGBTの基礎(2)性自認 ・・・P248,260

    中塚幹也

    体と心保健総合大百科 中・高校編2016年   243 - 258   2016年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース縮刷「かけがえのない生と性シリーズ」だれを好きになるのかな?・・・ P243LGBTの基礎(1)性的指向 ・・・P244

    中塚幹也

    体と心保健総合大百科 中・高校編2016年   243 - 258   2016年

     詳細を見る

  • 特集:インクルーシブ教育「子どものLGBTの問題からインクルーシブ教育を考える」

    中塚幹也

    授業づくりネットワーク「インクルーシブ教育」   ( 329 )   52 - 55   2016年

     詳細を見る

  • 文部科学省 平成28年4月 性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について(教職員向け)

    中塚幹也協力

    文部科学省 平成28年4月 性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について(教職員向け)   2016年

     詳細を見る

  • 特集:小児科外来における思春期診療の実際「性同一性障害-子どもの頃の当事者と診療の実際-」

    中塚幹也

    外来小児科   19 ( 1 )   70 - 75   2016年

     詳細を見る

  • 特集:小児科医が担う思春期医療 ●心理的問題 「性同一性障害」

    中塚幹也

    小児内科   48 ( 3 )   376 - 379   2016年

     詳細を見る

  • 特集:生殖医療における倫理的問題を考える「8.健康な女性を対象とする未受精卵子の凍結保存」

    中塚幹也

    産科と婦人科   83 ( 3 )   291 - 296   2016年

     詳細を見る

  • 診療研究 性同一性障害の診療(下)―思春期の性同一性障害当事者の治療

    中塚幹也

    月刊保団連   ( 1204 )   50 - 53   2016年

     詳細を見る

  • 「性的マイノリティ」に対する正しい理解のために

    中塚幹也監修

    「性的マイノリティ」に対する正しい理解のために   2016年

     詳細を見る

  • シンポジウム「婚活・妊活は必要か?「始まった婚活・妊活支援とその課題」

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   12 - 13   2016年

     詳細を見る

  • 巻頭言

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 32 )   1 - 1   2016年

     詳細を見る

  • 第31回小児保健セミナー思春期と性の問題をめぐって「性同一性障害と思春期」

    中塚幹也

    小児保健研究   75 ( 2 )   154 - 160   2016年

     詳細を見る

  • 研究課題名:総合的な思春期・若年成人(AYA)世代のがん対策のあり方に関する研究課題番号:H27-がん対策-一般-005研究代表者:名古屋医療センター臨床研究センター長堀部敬三

    堀部敬三

    平成27年度厚生労働科学研究がん対策推進総合研究事業研究成果発表会(研究者向け)抄録集   47 - 50   2016年

     詳細を見る

  • 診療研究 性同一性障害の診療(中)―性同一性障害の治療の実際

    中塚幹也

    月刊保団連   ( 1202 )   41 - 44   2016年

     詳細を見る

  • 連載第18回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症のリスク要因と心血管イベント」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   8 ( 1 )   81 - 84   2016年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の現状と治療「性同一性障害診療を取り巻く課題と今後の展望」

    中塚幹也

    医学のあゆみ   256 ( 4 )   312 - 316   2016年

     詳細を見る

  • 日本産婦人科医会母と子のメンタルヘルスフォーラム2015報告

    中塚幹也

    岡山県産婦人科医会報   ( 61 )   12 - 12   2016年

     詳細を見る

  • 公開講座「高校生のための知る触れる生殖医療」

    中塚幹也, 舟橋弘晃, 高山修, 本橋秀之

    科学先取りグローバルキャンパス岡山 News Letter   2016年

     詳細を見る

  • NHK『クローズアップ現代+7』で大反響!卵子凍結の今

    中塚幹也

    女性セブン   54 ( 40 )   41 - 44   2016年

     詳細を見る

  • 第35回日本思春期学会8月27~28日 思春期の性同一性障害に理解を

    中塚幹也

    Medical Tribune   49 ( 41 )   19 - 19   2016年

     詳細を見る

  • 多様な性のあり方とLGBT当事者の声平成28年度家族計画研究集会(健やか親子21全国大会[母子保健家族計画全国大会]併設集会)LGBTへの理解を深める

    中塚幹也

    家族と健康   ( 752 )   4 - 5   2016年

     詳細を見る

  • 不育症と血管障害

    中塚幹也

    Reproductive Immunology & Biology   31 ( 1 )   1 - 8   2016年

     詳細を見る

  • 知っておきたいこと ア・ラ・カルト性同一性障害/性別違和

    中塚幹也

    Medical Practice   33 ( 10 )   1648 - 1650   2016年

     詳細を見る

  • 特集:小児の性同一性障害・性別違和1.性同一性障害:総論

    中塚幹也

    小児科   57 ( 11 )   1299 - 1304   2016年

  • Ⅰ.ハイリスク妊娠の抽出6.未受診妊産婦・社会的ハイリスク妊産婦

    中塚幹也

    産婦人科の実際   65 ( 10 )   1161 - 1168   2016年

  • 連載第20回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「生殖のロス(喪失)と不育症」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   8 ( 5 )   109 - 112   2016年

     詳細を見る

  • 特集―LGBTを正しく理解し、適切に対応するために性的マイノリティのリプロダクティブ・ヘルス/ライツ

    中塚幹也

    精神科治療学   31 ( 8 )   1073 - 1076   2016年

     詳細を見る

  • いま、学校でLGBTを教えることの意味

    中塚幹也

    体育科教育   64 ( 8 )   16 - 19   2016年

     詳細を見る

  • 性同一性障害(GID)ってなあに?~知っておこうGID・LGBT~

    中塚幹也

    性同一性障害(GID)ってなあに?~知っておこうGID・LGBT~   1 - 12   2016年

     詳細を見る

  • 今月の臨床:若年女性の外来診療に役立つ基礎知識性同一性障害

    中塚幹也

    臨床婦人科産科   70 ( 6 )   475 - 480   2016年

     詳細を見る

  • 連載第19回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「生化学的妊娠と不育症」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   8 ( 3 )   87 - 89   2016年

     詳細を見る

  • 新生児聴覚スクリーニング:公的支援の現状とこれからの対応第97回記者懇談会(3)岡山県における新生児聴覚検査実施状況と事業概要

    中塚幹也

    日本産科婦人科医会報   68 ( 5 )   4 - 5   2016年

     詳細を見る

  • 女性の健康にまつわる新語辞典 Current Words 「LGBT」

    中塚幹也

    これからの女性医療を考えるWhite   4 ( 1 )   84 - 85   2016年

     詳細を見る

  • <教育講演4>性同一性障害の診療と支援の実際

    中塚幹也

    日本女性医学学会雑誌   23 ( 2 )   195 - 198   2016年

     詳細を見る

  • 9不育症の治療tender Loving careの方法と有効性

    中塚幹也

    知りたい最新情報がすぐわかる!不妊・不育症診療パーフェクトガイド   70 ( 4 )   372 - 375   2016年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース縮刷「かけがえのない生と性シリーズ」データに見る性同一性障害②・・・P254LGBTの基礎(6)データに見る性同一性障害② ・・・P258

    中塚幹也

    体と心保健総合大百科 中・高校編2016年   243 - 258   2016年

     詳細を見る

  • Anxiety and Feelings toward Their Baby among Pregnant Women with Uterine Leiomyomas

    Miki Senoo, Mikiya Nakatsuka

    ACTA MEDICA OKAYAMA   69 ( 6 )   339 - 348   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Pregnant women with uterine leiomyomas may experience anxiety toward their pregnancies and unfavorable feelings toward their infants. From March to July 2010, we distributed anonymous self-recorded questionnaires to 200 pregnant women who visited Okayama Central Hospital for an antenatal check-up after informed consent was provided, and 132 women (23 pregnant women with uterine leiomyomas) were included in our study. Among the multiparous women in their first trimester, the women with uterine leiomyomas had a higher rate of anxiety than those without uterine leiomyomas. 'Avoidance' scores on the Feeling Toward the Baby Scale were significantly higher in the leiomyoma group. The conflict index scores tended to be higher in the leiomyoma group. A multivariate analysis revealed no factors associated with trait-anxiety scores, whereas high state-anxiety scores were correlated with low age; however, there was no correlation between these scores and uterine leiomyomas. Although no factors were associated with State-Trait Anxiety Inventory (STAI) and approach scores toward the baby, avoidance and conflict index scores were associated with the existence of uterine leiomyomas. In pregnant women with uterine leiomyomas, efforts should be made to reduce anxiety in the first trimester, and support should be provided to help these women develop positive feelings toward their babies.

    DOI: 10.18926/AMO/53908

    Web of Science

    researchmap

  • Knowledge and Attitudes toward Non-invasive Prenatal Testing among Pregnant Japanese Women

    Shoko Mikamo, Mikiya Nakatsuka

    ACTA MEDICA OKAYAMA   69 ( 3 )   155 - 163   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To assess the knowledge and attitudes of pregnant Japanese women regarding non-invasive prenatal testing (NIPT). Between March and June 2013, 557 pregnant women in the Hyogo and Hiroshima Prefectures were surveyed using an anonymous, self-completed questionnaire. A total of 91.9% respondents (512/557) stated that they "agree" or "conditionally agree" with NIPT implementation in Japan. Approximately 28.5% of respondents stated that they knew that the accuracy of a positive NIPT result can be affected by mother's age and background, while 34.5% of respondents stated that it was necessary for pregnant women with a positive result to undergo fetal chromosome diagnosis using amniocentesis; both percentages were low. Additionally, 92.3% of respondents would "like a detailed explanation of the test," 65.1% of them would "like psychological support if the NIPT test results came back positive," and 5.7% would terminate the pregnancy if the NIPT test results came back positive without undergoing fetal chromosome diagnosis via amniocentesis. Although a high proportion of pregnant Japanese women agreed with the introduction of NIPT into Japanese obstetrical care, there was insufficient knowledge regarding the test. It is necessary for women undergoing NIPT to be provided sufficient information and psychological support.

    DOI: 10.18926/AMO/53522

    Web of Science

    researchmap

  • Altered autonomic nervous system activity in women with unexplained recurrent pregnancy loss

    Kumie Kataoka, Yumi Tomiya, Ai Sakamoto, Yasuhiko Kamada, Yuji Hiramatsu, Mikiya Nakatsuka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   41 ( 6 )   912 - 918   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    AimAutonomic nervous system activity was studied to evaluate the physical and mental state of women with unexplained recurrent pregnancy loss (RPL).
    MethodsHeart rate variability (HRV) is a measure of beat-to-beat temporal changes in heart rate and provides indirect insight into autonomic nervous system tone and can be used to assess sympathetic and parasympathetic tone. We studied autonomic nervous system activity by measuring HRV in 100 women with unexplained RPL and 61 healthy female volunteers as controls. The degree of mental distress was assessed using the Kessler 6 (K6) scale.
    ResultsThe K6 score in women with unexplained RPL was significantly higher than in control women. HRV evaluated on standard deviation of the normal-to-normal interval (SDNN) and total power was significantly lower in women with unexplained RPL compared with control women. These indices were further lower in women with unexplained RPL 4. On spectral analysis, high-frequency (HF) power, an index of parasympathetic nervous system activity, was significantly lower in women with unexplained RPL compared with control women, but there was no significant difference in the ratio of low-frequency (LF) power to HF power (LF/HF), an index of sympathetic nervous system activity, between the groups.
    ConclusionsThe physical and mental state of women with unexplained RPL should be evaluated using HRV to offer mental support. Furthermore, study of HRV may elucidate the risk of cardiovascular diseases and the mechanisms underlying unexplained RPL.

    DOI: 10.1111/jog.12653

    Web of Science

    researchmap

  • 冬期における靴と「浮き趾」の実態

    赤松 恵美, 中塚 幹也

    日本看護福祉学会誌   20 ( 2 )   271 - 281   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本看護福祉学会  

    本研究では、女子大学生185人を対象に冬期における靴と「浮き趾」の実態を明らかにし、「浮き趾」防止に繋げることを目的とした。「浮き趾」の割合は、夏期に比べて低い結果であった。足底情報では、母趾角の大きい者に「浮き趾」の者が多く、有意差(p<0.05)が認められた。普段履く靴では、運動靴を履く者に「浮き趾」が少なく、パンプスを履く者に「浮き趾」が多く、有意差(p<0.05)が認められた。また、ヒールの高い者に左右第5趾に「浮き趾」がある者に多い結果であった。靴幅が合わないと答えた者に「浮き趾」が多く、有意差(p<0.05)が認められたが、実際には自分の足幅サイズを知らない者が多かった。母趾角やヒールの高さ、靴幅等の靴の問題は「浮き趾」に影響していることがわかった。「浮き趾」は不定愁訴との関連も報告されている。靴やそれに伴う歩行等の改善はこれらの防止に役立つ可能性があり、今後の「浮き趾」予防に繋げたいと考える。(著者抄録)

    researchmap

  • Does surgery improve live birth rates in patients with recurrent miscarriage caused by uterine anomalies?

    M. Sugiura-Ogasawara, B. L. Lin, K. Aoki, T. Maruyama, M. Nakatsuka, N. Ozawa, T. Sugi, T. Takeshita, M. Nishida

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY   35 ( 2 )   155 - 158   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    We found that congenital uterine anomalies have a negative impact on reproductive outcome in recurrent-miscarriage couples, being associated with further miscarriage with a normal embryonic karyotype. There has been no study comparing live birth rates between patients with and without surgery. We conducted a prospective study to prove that surgery for a bicornuate or septate uterus might improve the live birth rate. A total of 170 patients with congenital uterine anomalies suffering two or more miscarriages were examined. The live birth rate after ascertainment of anomalies, cumulative live birth rate and infertility rate, were compared between patients with and without surgery. In patients with a septate uterus, the live birth rate (81.3%) at the first pregnancy after ascertainment of anomalies with surgery tended to be higher than that (61.5%) in those without surgery. The infertility rates were similar in both groups, while the cumulative live birth rate (76.1%) tended to be higher than without surgery (60.0%). Surgery showed no benefit in patients with a bicornuate uterus for having a baby, but tended to decrease the preterm birth rate and the low birth weight. The possibility that surgery has benefits for having a baby in patients with a septate uterus suffering recurrent miscarriage could not be excluded.

    DOI: 10.3109/01443615.2014.936839

    Web of Science

    researchmap

  • 教員における制服、髪型への意識-性同一性障害の子どもへの支援に向けて-

    林田桃子, 肥後沙也子, 宮崎寛子, 薬師寺仁美, 横田 泉, 吉海歩美, 吉村沙耶香, 嶋田雅子, 花口裕美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   8 ( 1 )   51 - 60   2015年

     詳細を見る

  • 高校生におけるSNSによるコミュニケーションの実態

    嶋田雅子, 花口裕美, 林田桃子, 肥後沙也子, 宮崎寛子, 横田 泉, 薬師寺仁美, 吉海歩実, 吉村沙耶佳, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   13 - 14   2015年

     詳細を見る

  • 予定帝王切開術を受ける妊婦のバースプランへの意識

    岩崎美江, 高取佐智子, 小出さとみ, 中谷藍子, 犬飼麻衣, 大森菜未, 冨谷友美, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   49 - 50   2015年

     詳細を見る

  • 妊婦健診に対する夫婦の意識の相違

    横田 泉, 嶋田雅子, 林田桃子, 吉海歩実, 吉村沙耶佳, 花口裕美, 肥後沙也子, 宮崎寛子, 薬師寺仁美, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   45 - 46   2015年

     詳細を見る

  • 連載第17回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「妊娠合併症と心血管イベント」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 6 )   73 - 75   2015年

     詳細を見る

  • 特集1:自信が持てる!分娩時の助産テクニック「分娩における各種のアセスメントと手技」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 6 )   2 - 7   2015年

     詳細を見る

  • 性別違和感を持つ子ども

    中塚幹也

    公益社団法人日本小児科医会第15回思春期の臨床講習会講演集   3 - 11   2015年

     詳細を見る

  • 第2部思春期と性の問題をめぐって「性同一性障害と思春期」

    中塚幹也

    第31回小児保健セミナーテキスト   28 - 39   2015年

     詳細を見る

  • 特集2:性の多様性と学校での対応「性的マイノリティと学校教育」

    中塚幹也

    教育と医学   63 ( 10 )   54 - 64   2015年

     詳細を見る

  • 学校の中の性同一性障害の子ども

    中塚幹也

    全国養護教諭連絡協議会会報   ( 71 )   5 - 5   2015年

     詳細を見る

  • 連載第16回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症と心血管イベント」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 5 )   67 - 70   2015年

     詳細を見る

  • 7)岡山県「産科から切れ目のない虐待予防:岡山県での取り組み」

    中塚幹也

    JAOGnews日本産婦人科医会報   67 ( 8 )   5 - 5   2015年

     詳細を見る

  • 特集:すべての子どもが安心して学校生活を送れるために「性的マイノリティ」の子どもへの対応「学校における「性的マイノリティ」への支援―性同一性障害を中心に―」

    中塚幹也

    月刊教職研修   ( 516 )   30 - 31   2015年

     詳細を見る

  • 第34回「日本性科学会学術集会」会長講演記録 生殖と性:社会を知り社会に発信する

    中塚幹也

    日本性科学会雑誌   33 ( 1 )   3 - 14   2015年

     詳細を見る

  • 連載第15回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症と超音波検査⑤」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 4 )   87 - 89   2015年

     詳細を見る

  • 特集:Stop the 流産「生化学的妊娠と不育症」

    中塚幹也

    産婦人科の実際   64 ( 6 )   791 - 795   2015年

     詳細を見る

  • 連載第14回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症と超音波検査④」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 3 )   77 - 79   2015年

     詳細を見る

  • 連載第13回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症と超音波検査③」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 2 )   85 - 87   2015年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース付録<かけがえのない生と性>データに見る性同一性障害②

    中塚幹也

    少年新聞   ( 414 )   付録-付録   2015年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース<かけがえのない生と性シリーズ6> LGBTIの基礎(6)データに見る性同一性障害②

    中塚幹也

    少年新聞   ( 414 )   5 - 6   2015年

     詳細を見る

  • 連載第12回:不育症の基礎知識と患者支援のポイント「不育症と超音波検査②」

    中塚幹也

    臨床助産ケア   7 ( 1 )   77 - 80   2015年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース付録<かけがえのない生と性>データに見る性同一性障害①

    中塚幹也

    少年新聞   ( 412 )   付録-付録   2015年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース<かけがえのない生と性シリーズ5> LGBTIの基礎(5)データに見る性同一性障害①

    中塚幹也

    少年新聞   ( 412 )   5 - 6   2015年

     詳細を見る

  • 教員における性同一性障害の子どもへの支援に対する意識

    林田桃子, 肥後沙也子, 宮崎寛子, 薬師寺仁美, 横田 泉, 吉海歩実, 吉村沙耶佳, 嶋田雅子, 花口裕美, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   15 - 16   2015年

     詳細を見る

  • 小学生の頃の性同一性障害当事者のカミングアウト

    藤田志保, 松本麻衣, 久保光太郎, 長谷川徹, 新井富士美, 富岡美佳, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   8 ( 1 )   33 - 39   2015年

     詳細を見る

  • 「第3者卵子提供」と「子どもが出自を知る権利」への意識-産婦人科医療スタッフへの全国調査から-

    酒本あい, 井上理恵, 岩井智子, 鎌田泰彦, 平松祐司, 中塚幹也

    産婦人科の実際   64 ( 10 )   1317 - 1323   2015年

     詳細を見る

  • Opening the Anterior Vaginal Vault: A Novel Approach to Vaginoplasty with a Modified McIndoe Procedure Using an Artificial Dermis

    Yasuhiko Kamada, Ai Sakamoto, Kazuhiro Tabuchi, Miwa Matsuda, Keiko Shimizu, Mikiya Nakatsuka, Yuji Hiramatsu

    Journal of Pediatric and Adolescent Gynecology   28 ( 5 )   e119 - e122   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier USA  

    Background: Although preparation of a potential vaginal space between the bladder and rectum is a pivotal step in various vaginal reconstructions for patients with vaginal agenesis, few papers have mentioned the importance of this procedure. Case: We report the successful creation of a neovagina in 3 Japanese patients with Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser syndrome using a novel modified McIndoe procedure that involved separation between the bladder and the rudimentary uterus in a laparoscopically assisted manner. Summary and Conclusion: Opening "the anterior vaginal vault" between the bladder and uterus is a novel concept of vaginal reconstruction
    this approach has not been described hitherto in the literature. Based on the outcome of our cases, we conclude that this procedure is advantageous in creating a large and soft neovagina.

    DOI: 10.1016/j.jpag.2014.02.016

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Opening the Anterior Vaginal Vault: A Novel Approach to Vaginoplasty with a Modified McIndoe Procedure Using an Artificial Dermis

    Yasuhiko Kamada, Ai Sakamoto, Kazuhiro Tabuchi, Miwa Matsuda, Keiko Shimizu, Mikiya Nakatsuka, Yuji Hiramatsu

    Journal of Pediatric and Adolescent Gynecology   28 ( 5 )   e119 - e122   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier USA  

    Background: Although preparation of a potential vaginal space between the bladder and rectum is a pivotal step in various vaginal reconstructions for patients with vaginal agenesis, few papers have mentioned the importance of this procedure. Case: We report the successful creation of a neovagina in 3 Japanese patients with Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser syndrome using a novel modified McIndoe procedure that involved separation between the bladder and the rudimentary uterus in a laparoscopically assisted manner. Summary and Conclusion: Opening "the anterior vaginal vault" between the bladder and uterus is a novel concept of vaginal reconstruction
    this approach has not been described hitherto in the literature. Based on the outcome of our cases, we conclude that this procedure is advantageous in creating a large and soft neovagina.

    DOI: 10.1016/j.jpag.2014.02.016

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 子宮頸癌および上皮内癌治療と性機能障害

    春間朋子, 関典子, 西田傑, 小川千加子, 楠本知行, 中村圭一郎, 平松祐司, 中塚幹也

    日本性科学会雑誌   33 ( 1 )   29 - 36   2015年

     詳細を見る

  • 産後1ヵ月の母親の「育児上のネガティブな出来事」の実態と背景因子 ―第1報:「育児上のネガティブな出来事」の体験―

    久世恵美子, 秦久美子, 中塚幹也

    母性衛生   56 ( 2 )   338 - 348   2015年

     詳細を見る

  • 育児中の母親における産後ケア事業への意識

    吉海歩実, 薬師寺仁美, 嶋田雅子, 吉村沙耶佳, 花口裕美, 林田桃子, 肥後沙也子, 宮崎寛子, 横田 泉, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   55 - 56   2015年

     詳細を見る

  • 産後1か月の母親における「妊娠中からの子育て支援」の必要性への意識

    大森菜未, 犬飼麻衣, 岩崎美江, 冨谷友美, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   53 - 54   2015年

     詳細を見る

  • 「育児行動」への夫の意識と妻の認識

    肥後沙也子, 宮崎寛子, 薬師寺仁美, 横田 泉, 吉海歩実, 嶋田雅子, 花口裕美, 林田桃子, 吉村沙耶佳, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   51 - 52   2015年

     詳細を見る

  • 小学生の頃のMale to Female(MTF)当事者の「封じ込める」体験とカミングアウトの困難性

    松本麻衣, 岩崎美江, 冨谷友美, 大森菜美, 富岡美佳, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   8 ( 1 )   41 - 49   2015年

     詳細を見る

  • 大学生における育児疑似体験による結婚、出産、育児に関する意識の変化

    花口裕美, 林田桃子, 肥後沙也子, 薬師寺仁美, 横田 泉, 嶋田雅子, 宮崎寛子, 吉海歩実, 吉村沙耶佳, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   39 - 40   2015年

     詳細を見る

  • 大学生における「配偶子を提供すること」や「代理出産」に対する意識

    薬師寺仁美, 横田 泉, 吉海歩実, 吉村沙耶佳, 嶋田雅子, 花口裕美, 林田桃子, 肥後沙也子, 宮崎寛子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   37 - 38   2015年

     詳細を見る

  • 大学生における風疹に関する知識とワクチン接種推進への意識

    宮崎寛子, 吉海歩実, 吉村沙耶佳, 花口裕美, 林田桃子, 薬師寺仁美, 横田 泉, 嶋田雅子, 肥後沙也子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   35 - 36   2015年

     詳細を見る

  • HPVワクチンに関する大学生の意識と報道の影響

    吉村沙耶佳, 花口裕美, 横田 泉, 肥後沙也子, 嶋田雅子, 林田桃子, 宮崎寛子, 薬師寺仁美, 吉海歩実, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   33 - 34   2015年

     詳細を見る

  • 不育症女性における心理的要因と自立神経系活動

    冨谷友美, 片岡久美恵, 犬飼麻衣, 岩崎美江, 大森菜未, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 31 )   29 - 30   2015年

     詳細を見る

  • Anti-thyroid autoantibodies and thyroid function in women with recurrent pregnancy loss during the early stages of pregnancy

    K. Kubo, T. Hasegawa, A. Sakamoto, M. Matsuda, S. Kotani, Y. Kamada, M. Nakatsuka, Y. Hiramatsu

    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   106   10 - 10   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.jri.2014.09.024

    Web of Science

    researchmap

  • Fertility preservation in breast cancer patients

    Tadahiko Shien, Mikiya Nakatsuka, Hiroyoshi Doihara

    BREAST CANCER   21 ( 6 )   651 - 655   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Systemic therapies have been shown to effectively improve prognosis in patients with breast cancer. However, such therapies also become increasingly harmful as their duration increases, and they have adverse effects on fertility and ovarian function. Fertility preservation (FP) is important in young adult cancer survivors who may wish to have children. In Japan, some cancer societies recommend that the potentially serious effects of systemic therapy on ovarian function should be explained to women with cancer, and they should be encouraged to undergo FP prior to commencing treatment. Still, as there are no official guidelines, many oncologists lack the required knowledge and mind-set to advise young breast cancer patients on fertility issues. Counseling of patients and their families might improve their understanding about the influence of such treatment on fertility and ensure effective FP. There are several FP methods that can be selected before beginning treatment, and these methods have both advantages and disadvantages. Young adults with breast cancer who want to bear children in the future must be provided with FP counseling, in addition to advice about breast cancer treatment and prognosis.

    DOI: 10.1007/s12282-013-0463-5

    Web of Science

    researchmap

  • P1-123 「性同一性障害」の認知度に関する調査(Group15 セクシュアリティ,ポスターセッション)

    大廣 香織, 大村 真世, 川田 有佳里, 角田 佳志恵, 富田 真未, 藤村 奈保子, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   55 ( 3 )   259 - 259   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O1-081 無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)に対する大学生の意識(出生前診断1,一般口演)

    角田 佳志恵, 大廣 香織, 大村 真世, 川田 有佳里, 富田 真未, 藤村 奈保子, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   55 ( 3 )   173 - 173   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O2-060 産科スタッフにおける「乳児揺さぶられ症候群」の知識と対応の実態(女性を取り巻く社会問題1,一般口演)

    藤村 奈保子, 大廣 香織, 大村 真世, 川田 有佳里, 角田 佳志恵, 富田 真未, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   55 ( 3 )   194 - 194   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O2-055 産後1カ月に抑うつ傾向の見られる母親の妊娠中からの予測と支援に向けて(産褥・育児期6,一般口演)

    久世 恵美子, 秦 久美子, 中塚 幹也

    母性衛生   55 ( 3 )   193 - 193   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O1-033 高校生における生殖,妊娠,子育てに関する知識と意識(性教育2,一般口演)

    川田 有佳里, 大廣 香織, 大村 真世, 角田 佳志恵, 富田 真未, 藤村 奈保子, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   55 ( 3 )   157 - 157   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • General Malaise and Physical Symptoms in Young Women with Untouched Toe

    Megumi Akamatsu, Mikiya Nakatsiuka

    ACTA MEDICA OKAYAMA   68 ( 3 )   137 - 142   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Untouched toe is a condition in which a toe does not touch the ground while standing. It is frequently observed in women even under physiological conditions. Deformities or symptoms of the toes are not observed in these women. The clinical significance of untouched toe has not been fully elucidated. Two hundred young healthy women were recruited into the present study after informed consent. We evaluated the prevalence of untouched toe by measuring various indexes of the toe using a foot-sole-measuring equipment. We also conducted a self-administered questionnaire regarding general malaise. Untouched toe was observed in 114 of these 200 women (57.0%). The fifth toe was more frequently affected than the other toes. There were no significant differences in size of foot except the area and proportion touching the ground between women with untouched toe and those without untouched toe. The prevalence of general malaise was significantly higher in women with at least one untouched toe (57.0%) compared with those without untouched toe (43.0%) (p &lt; 0.05). Twelve symptoms irritability, headache, tired eyes, hazy vision, congested or runny nose, irregular menstruation or menstrual pain, shoulder stiffness, neck stiffness, low back pain, cold hands, swollen feet, and cold feet were more frequently observed in women with at least one untouched toe compared with those without untouched toes. Untouched toe was associated with various symptoms of general malaise. However, the pathological mechanism by which untouched toe causes these symptoms has not been determined. Further analysis of gait and exercise habits in women with untouched toe is necessary.

    Web of Science

    researchmap

  • Promoting factors of physical and mental development in early infancy: a comparison of preterm delivery/low birth weight infants and term infants

    Kaori Hayashida, Mikiya Nakatsuka

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE   19 ( 2 )   160 - 171   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    The aim of this study was to assess correlations between various factors and the physical and mental development of 4-month-old infants using a multi-faceted evaluation approach.
    A total of 1,402 self-administered questionnaires were distributed to consenting mothers of infants who had undergone a 4-month health checkup in Hiroshima prefecture, Japan. The questionnaires included items from the Japan Child and Family Research Institute Child Rearing Support Questionnaire and the KIDS type A test. Of the 421 completed questionnaires on mother-child pairs that were returned, 318 met the inclusion criteria and were eligible for further analysis.
    Comparison between infants in a preterm delivery or low birth weight (LBW) group (preterm and/or LBW group; n = 31) and a term delivery appropriate-weight for date (AFD) infant group (term AFD group; n =287) revealed that the preterm and/or LBW group had significantly higher mother child-rearing anxiety and difficult baby scores, along with significantly lower infant development and motor skill scores. Within the term AFD group, infants of primiparous mothers had significantly higher scores for motor skill and sociability with adults than those of multiparous mothers. Language comprehension scores were significantly higher in infants that were exclusively breast-fed than those formula-fed or combined breast-fed and formula-fed. Verbalization scores of infants whose mothers worked were significantly higher than those of infants whose mothers did not work. Infants with siblings aged &lt; 4 years exhibited significantly lower scores for motor skills, verbalization, and sociability with adults than infants without siblings or with siblings aged at least 5 years. In particular, we found that a mother's child-rearing anxiety was related to many areas of infant development.
    Evaluating the absence or presence of such factors and conducting preventive treatment could promote healthy infant development.

    DOI: 10.1007/s12199-013-0370-6

    Web of Science

    researchmap

  • Does surgery improve live birth rates in patients with recurrent miscarriage caused by uterine anomalies?

    Sugiura-Ogasawara M, Lin BL, Aoki K, Maruyama T, Nakatsuka M, Ozawa N, Sugi T, Takeshita T, Nishida M

    J Obstet Gynaecol.   24   2014年

  • 性同一性障害に関する社会的課題と学会としての対応

    中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   62 - 62   2014年

     詳細を見る

  • <特別講演>生殖を取り巻く社会的話題の中の男女

    中塚幹也

    第8回日本性科学会近畿地区研修会プログラム・抄録集   3 - 5   2014年

     詳細を見る

  • <性同一性障害の概念と治療第1回>性同一性障害の基礎知識と社会的課題

    中塚幹也

    都薬雑誌   36 ( 2 )   4 - 7   2014年

     詳細を見る

  • 男女共同参画ゼミナール公開講座

    中塚幹也

    With(ウィズセンター情報誌)   64   7 - 7   2014年

     詳細を見る

  • 不育症の基礎知識と患者支援のポイント 不育症への精神支援3:グリーフケアを行うスタッフへの支援

    中塚幹也

    臨床助産ケア   6 ( 1 )   88 - 91   2014年

     詳細を見る

  • 「生殖と性」を科学する

    中塚幹也

    岡山県産婦人科医会報   ( 59 )   6 - 6   2014年

     詳細を見る

  • 妊娠中からの対応地域で取り組む虐待への対応-岡山県-

    中塚幹也

    周産期医学   44 ( 1 )   73 - 77   2014年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の生徒がスポーツ競技大会へ参加することへの意識

    久保光太郎, 末石佳代, 長谷川徹, 富岡美佳, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   7 - 17   2014年

     詳細を見る

  • 編集後記

    中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   179 - 179   2014年

     詳細を見る

  • 女性ホルモン投与中に血栓症を発症したMTFの4症例

    新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   159 - 159   2014年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の生徒がスポーツ競技大会へ参加することへの意識

    久保光太郎, 末石佳代, 長谷川徹, 富岡美佳, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   148 - 148   2014年

     詳細を見る

  • 性同一性障害当事者における「配偶子提供による生殖医療」への意識:全国の施設調査から

    長谷川徹, 井上理絵, 岩井智子, 久保光太郎, 新井富士美, 中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   136 - 139   2014年

     詳細を見る

  • 市民公開講座「GIDってなに?」1.性同一性障害を取り巻く課題

    中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   124 - 124   2014年

     詳細を見る

  • GID(性同一性障害)学会からの提言(2014年)

    中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   163 - 164   2014年

     詳細を見る

  • 不育症の基礎知識と患者支援のポイント 不育症と超音波検査

    中塚幹也

    臨床助産ケア   6 ( 6 )   108 - 112   2014年

     詳細を見る

  • <かけがえのない生と性>性についてのQ&A②

    中塚幹也

    少年新聞   ( 410 )   付録-付録   2014年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース<かけがえのない生と性シリーズ4> LGBTIの基礎(4)よくある質問から2

    中塚幹也

    少年新聞   ( 410 )   5 - 6   2014年

     詳細を見る

  • 教育時事ワイド解説43 性同一性障害と学校における対応

    中塚幹也

    教職研修   ( 507 )   74 - 77   2014年

     詳細を見る

  • 不育症の基礎知識と患者支援のポイント 不育症への精神支援6:不育症の夫のストレスと支援

    中塚幹也

    臨床助産ケア   6 ( 5 )   84 - 87   2014年

     詳細を見る

  • <かけがえのない生と性>性についてのQ&A①

    中塚幹也

    少年新聞   ( 408 )   付録-付録   2014年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース<かけがえのない生と性シリーズ3> LGBTIの基礎(3)よくある質問から1

    中塚幹也

    少年新聞   ( 408 )   5 - 6   2014年

     詳細を見る

  • 性同一性障害に対するホルモン療法-内分泌療法-

    中塚幹也

    形成外科   57 ( 8 )   849 - 855   2014年

     詳細を見る

  • 企業・地方公共団体の産業保健部門における性別違和を有する社員・職員への対応に関するアンケート調査

    関明穂, 中塚幹也

    GID(性同一性)障害学会雑誌   7 ( 1 )   97 - 97   2014年

     詳細を見る

  • <性同一性障害の概念と治療第2回>性同一性障害治療の実績

    中塚幹也

    都薬雑誌   36 ( 3 )   39 - 43   2014年

     詳細を見る

  • 血液悪性腫瘍患者に対して妊孕能温存を目的とした卵巣凍結保存を施行した一例

    現代産婦人科   63 ( 1 )   111 - 115   2014年

     詳細を見る

  • 高校生における妊娠に関する知識と子どもを持つことへの意識

    川田有佳里, 大村真世, 大廣香織, 角田佳志恵, 富田真未, 藤村奈保子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 30 )   56 - 57   2014年

     詳細を見る

  • 「性同一性障害」の認知度に関する調査

    大廣香織, 大村真世, 川田有佳里, 角田佳志恵, 富田真未, 藤村奈保子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 30 )   42 - 43   2014年

     詳細を見る

  • 「配偶子を提供すること」への大学生の意識

    大村真世, 大廣香織, 川田有佳里, 角田佳志恵, 富田真未, 藤村奈保子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 30 )   39 - 41   2014年

     詳細を見る

  • 無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)に対する大学生の意識

    角田佳志恵, 大村真世, 大廣香織, 川田有佳里, 富田真未, 藤村奈保子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 30 )   29 - 30   2014年

     詳細を見る

  • 大学生における院内助産システム早期母子接触(カンガルーケア)、イクメンの認知度

    富田真未, 大廣香織, 大村真世, 川田有佳里, 角田佳志恵, 藤村奈保子, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 30 )   27 - 28   2014年

     詳細を見る

  • 乳児揺さぶられ症候群(Shaken Baby Syndrome)への産科スタッフの意識

    藤村奈保子, 大廣香織, 大村真世, 川田有佳里, 角田佳志恵, 富田真未, 片岡久美恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   ( 30 )   25 - 26   2014年

     詳細を見る

  • <かけがえのない生と性>性別はどうやって決まるの?

    中塚幹也

    少年新聞   ( 406 )   付録-付録   2014年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース<かけがえのない生と性シリーズ2> LGBTIの基礎(2)性自認

    中塚幹也

    少年新聞   ( 406 )   5 - 4   2014年

     詳細を見る

  • 配偶子の提供・凍結保存への意識とその実態-全国産婦人科施設への調査から-

    中塚幹也, 井上理絵

    産婦人科の実際   63 ( 7 )   983 - 989   2014年

     詳細を見る

  • 不育症の基礎知識と患者支援のポイント 不育症への精神支援5:不育症と夫婦関係

    中塚幹也

    臨床助産ケア   6 ( 3 )   98 - 100   2014年

     詳細を見る

  • <かけがえのない生と性>だれを好きになるのかな?

    中塚幹也

    少年新聞   ( 404 )   付録-付録   2014年

     詳細を見る

  • 心の健康ニュース<かけがえのない生と性シリーズ1> LGBTIの基礎(1)性的指向

    中塚幹也

    少年新聞   ( 404 )   5 - 6   2014年

     詳細を見る

  • <性同一性障害の概念と治療最終回>病院や薬局での性同一性障害当事者への対応

    中塚幹也

    都薬雑誌   36 ( 5 )   4 - 7   2014年

     詳細を見る

  • <性同一性障害の概念と治療第3回>性同一性障害の子どもと二次性徴抑制療法

    中塚幹也

    都薬雑誌   36 ( 4 )   4 - 8   2014年

     詳細を見る

  • 不育症の基礎知識と患者支援のポイント 不育症への精神支援4:不育症女性のストレス・不安・抑うつと心理テストの利用

    中塚幹也

    臨床助産ケア   6 ( 2 )   90 - 93   2014年

     詳細を見る

  • 性同一性障害当事者が子どもを持つこと

    中塚幹也

    GID全国交流誌2014   46 - 48   2014年

     詳細を見る

  • 養護教諭のための教育実践に役立つQ&A集ⅤQ「性同一性障害」を子どもたちにわかりやすく教えるには?ANSWER

    中塚幹也

    健康教室   65 ( 9 )   78 - 81   2014年

     詳細を見る

  • 岡山大学大学院保健学研究科だより

    中塚幹也

    同門会報(岡山大学医学部産科婦人科学教室同門会)   ( 72 )   17 - 18   2014年

     詳細を見る

  • 特集<思春期女性のヘルスケア>性同一性障害

    中塚幹也

    HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   21 ( 1 )   61 - 65   2014年

     詳細を見る

  • P1-5-4 高プロラクチン環境が子宮内膜症細胞増殖に与える影響(Group 5 子宮内膜症・基礎1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)

    鎌田 泰彦, 長谷川 徹, 酒本 あい, 松田 美和, 清水 恵子, 中塚 幹也, 平松 祐司

    日本産科婦人科學會雜誌   66 ( 2 )   482 - 482   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=451994

  • P1-3-11 当院における外来子宮鏡検査に関する検討(Group 3 不妊症1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)

    松岡 敬典, 鎌田 泰彦, 長谷川 徹, 酒本 あい, 松田 美和, 清水 恵子, 中塚 幹也, 平松 祐司

    日本産科婦人科學會雜誌   66 ( 2 )   476 - 476   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=451978

  • P2-51-3 若年子宮内膜症女性における血管硬化(Group 103 女性医学 子宮内膜症・他,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)

    田淵 和宏, 中塚 幹也, 酒本 あい, 松田 美和, 清水 恵子, 鎌田 泰彦, 平松 祐司

    日本産科婦人科學會雜誌   65 ( 2 )   841 - 841   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=450856

  • P2-22-9 不育症診療の現状 : 14施設のデータ集計より(Group 74 不育1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)

    田中 智子, 伊藤 実香, 米田 徳子, 齋藤 滋, 竹下 俊行, 藤井 知行, 川口 里恵, 三井 真理, 中塚 幹也, 丸山 哲夫, 山田 秀人, 杉 俊隆, 福井 淳史, 山本 樹生, 高桑 好一, 木村 正, 小澤 伸晃

    日本産科婦人科學會雜誌   65 ( 2 )   756 - 756   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=450601

  • O1-074 産後1カ月の母親が経験する育児のネガティブな出来事とコーピング(育児2,一般口演)

    久世 恵美子, 秦 久美子, 中塚 幹也

    母性衛生   53 ( 3 )   155 - 155   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O1-117 ペリネイタル・ロスを経験した母親の継続ケアの現状 : 中・四国における実態調査より(母性看護6,一般口演)

    片岡 久美恵, 中塚 幹也, 合田 典子, 井田 歩美

    母性衛生   53 ( 3 )   169 - 169   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O2-043 不育症夫婦の精神的ストレスと相互認識のずれ(妊娠9,一般口演)

    高郷 真希, 木下 佑里恵, 田中 弘美, 水原 園佳, 妻鳥 桃子, 岡本 優花, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    母性衛生   53 ( 3 )   198 - 198   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本母性衛生学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P3-26-3 凍結保存配偶子の死後使用による生殖に関する意識調査(Group 138 生殖補助医療4)

    長谷川 徹, 中塚 幹也, 田淵 和宏, 酒本 あい, 松田 美和, 清水 恵子, 鎌田 泰彦, 平松 祐司

    日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 2 )   833 - 833   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=449132

  • P2-27-3 不育症女性の循環血中における血小板の活性化亢進に関する検討(Group83 不育症2,一般演題,第64回日本産科婦人科学会学術講演会)

    清水 恵子, 鎌田 泰彦, 酒本 あい, 田淵 和宏, 松田 美和, 中塚 幹也, 平松 佑司

    日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 2 )   677 - 677   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=448662

  • 6) 性同一性障害と当事者支援(GID(性同一性障害)と産婦人科医,生殖・内分泌 クリニカルカンファレンス,第64回日本産科婦人科学会学術講演会生涯研修プログラム関係講演要旨)

    関 明穂, 中塚 幹也

    日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 9 )   "N - 238"-"N-241"   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=449600

  • A Possible Mechanism of Autoimmune-Mediated infertility in Women with Endometriosis

    Junko Inagaki, Lin Hao, Mikiya Nakatsuka, Tatsuji Yasuda, Yuji Hiramatsu, Yehuda Shoenfeld, Eiji Matsuura

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   66 ( 2 )   90 - 99   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Problem
    Endometriosis has been proposed to be an autoimmune disease because of the presence of a variety of autoantibodies specific for endometrial or ovarian antigens. The object of the present study is to characterize binding specificity of anti-laminin-111 autoantibodies in infertile patients with endometriosis and to investigate whether these autoantibodies affect the in vitro embryo development.
    Method of study
    An ELISA analysis using overlapping synthesized peptides that covered the entire G domain of laminin-alpha 1 chain was performed in infertile patients with endometriosis (n = 45). Mouse blastocysts were cultured in media containing the purified IgG from one antibody-positive serum on laminin-111-coated dishes.
    Results
    Anti-laminin-111 autoantibodies were directed to several particular biologically functional peptide sequences in laminin-alpha 1 chain G domain. The tested IgG significantly inhibited the extent of in vitro trophoblast outgrowth.
    Conclusion
    Anti-laminin-111 autoantibodies may have major pathogenic roles on early reproductive failure including endometriosis-associated infertility.

    DOI: 10.1111/j.1600-0897.2010.00956.x

    Web of Science

    researchmap

  • A Possible Mechanism of Autoimmune-Mediated infertility in Women with Endometriosis

    Junko Inagaki, Lin Hao, Mikiya Nakatsuka, Tatsuji Yasuda, Yuji Hiramatsu, Yehuda Shoenfeld, Eiji Matsuura

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   66 ( 2 )   90 - 99   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Problem
    Endometriosis has been proposed to be an autoimmune disease because of the presence of a variety of autoantibodies specific for endometrial or ovarian antigens. The object of the present study is to characterize binding specificity of anti-laminin-111 autoantibodies in infertile patients with endometriosis and to investigate whether these autoantibodies affect the in vitro embryo development.
    Method of study
    An ELISA analysis using overlapping synthesized peptides that covered the entire G domain of laminin-alpha 1 chain was performed in infertile patients with endometriosis (n = 45). Mouse blastocysts were cultured in media containing the purified IgG from one antibody-positive serum on laminin-111-coated dishes.
    Results
    Anti-laminin-111 autoantibodies were directed to several particular biologically functional peptide sequences in laminin-alpha 1 chain G domain. The tested IgG significantly inhibited the extent of in vitro trophoblast outgrowth.
    Conclusion
    Anti-laminin-111 autoantibodies may have major pathogenic roles on early reproductive failure including endometriosis-associated infertility.

    DOI: 10.1111/j.1600-0897.2010.00956.x

    Web of Science

    researchmap

  • A Possible Mechanism of Autoimmune-Mediated infertility in Women with Endometriosis

    Junko Inagaki, Lin Hao, Mikiya Nakatsuka, Tatsuji Yasuda, Yuji Hiramatsu, Yehuda Shoenfeld, Eiji Matsuura

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   66 ( 2 )   90 - 99   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Problem
    Endometriosis has been proposed to be an autoimmune disease because of the presence of a variety of autoantibodies specific for endometrial or ovarian antigens. The object of the present study is to characterize binding specificity of anti-laminin-111 autoantibodies in infertile patients with endometriosis and to investigate whether these autoantibodies affect the in vitro embryo development.
    Method of study
    An ELISA analysis using overlapping synthesized peptides that covered the entire G domain of laminin-alpha 1 chain was performed in infertile patients with endometriosis (n = 45). Mouse blastocysts were cultured in media containing the purified IgG from one antibody-positive serum on laminin-111-coated dishes.
    Results
    Anti-laminin-111 autoantibodies were directed to several particular biologically functional peptide sequences in laminin-alpha 1 chain G domain. The tested IgG significantly inhibited the extent of in vitro trophoblast outgrowth.
    Conclusion
    Anti-laminin-111 autoantibodies may have major pathogenic roles on early reproductive failure including endometriosis-associated infertility.

    DOI: 10.1111/j.1600-0897.2010.00956.x

    Web of Science

    researchmap

  • Increased arterial stiffness in mildly-hypertensive women with polycystic ovary syndrome

    Aiko Sasaki, Yayoi Emi, Miwa Matsuda, Sharula, Yasuhiko Kamada, Chebib Chekir, Yuji Hiramatsu, Mikiya Nakatsuka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   37 ( 5 )   402 - 411   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Aim:
    Although risk factors for cardiovascular disease, such as obesity, hyperinsulinemia, and dyslipidemia, are commonly observed in women with polycystic ovary syndrome (PCOS), impairment of vascular function is still controversial. We evaluated the vascular function in young women with PCOS.
    Methods:
    We evaluated arterial stiffness in 54 women with PCOS and 24 healthy control women using a volume-plethysmographic apparatus equipped with a multi-element applanation tonometry sensor for the left common carotid artery and studied the correlations of various factors.
    Results:
    There was no significant difference in age or body mass index between the controls and the women with PCOS. These women with PCOS had a significantly higher serum testosterone and C-reactive protein levels and showed insulin resistance and dyslipidemia. The mean blood pressure in women with PCOS was within the normal range, but still significantly higher than those in the controls. Women with PCOS had a significantly higher brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV) than that for the controls (P &lt; 0.02), whereas there was no significant difference in the carotid augmentation index between the two groups. Stepwise multiple regression analysis revealed that blood pressure influences the baPWV in women with PCOS. Arterial stiffness evaluated using the baPWV in mildly-hypertensive women (systolic blood pressure &gt;= 120 mmHg or diastolic blood pressure &gt;= 90 mmHg) with PCOS was significantly higher than that in the controls or normotensive women with PCOS.
    Conclusions:
    Early changes in vascular function were detected in mildly-hypertensive women with PCOS. Lifestyle interventions to prevent hypertension, such as diet and exercise, should be the first-line of treatment in women with PCOS.

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2010.01375.x

    Web of Science

    researchmap

  • Increased arterial stiffness in mildly-hypertensive women with polycystic ovary syndrome

    Aiko Sasaki, Yayoi Emi, Miwa Matsuda, Sharula, Yasuhiko Kamada, Chebib Chekir, Yuji Hiramatsu, Mikiya Nakatsuka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   37 ( 5 )   402 - 411   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Aim:
    Although risk factors for cardiovascular disease, such as obesity, hyperinsulinemia, and dyslipidemia, are commonly observed in women with polycystic ovary syndrome (PCOS), impairment of vascular function is still controversial. We evaluated the vascular function in young women with PCOS.
    Methods:
    We evaluated arterial stiffness in 54 women with PCOS and 24 healthy control women using a volume-plethysmographic apparatus equipped with a multi-element applanation tonometry sensor for the left common carotid artery and studied the correlations of various factors.
    Results:
    There was no significant difference in age or body mass index between the controls and the women with PCOS. These women with PCOS had a significantly higher serum testosterone and C-reactive protein levels and showed insulin resistance and dyslipidemia. The mean blood pressure in women with PCOS was within the normal range, but still significantly higher than those in the controls. Women with PCOS had a significantly higher brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV) than that for the controls (P &lt; 0.02), whereas there was no significant difference in the carotid augmentation index between the two groups. Stepwise multiple regression analysis revealed that blood pressure influences the baPWV in women with PCOS. Arterial stiffness evaluated using the baPWV in mildly-hypertensive women (systolic blood pressure &gt;= 120 mmHg or diastolic blood pressure &gt;= 90 mmHg) with PCOS was significantly higher than that in the controls or normotensive women with PCOS.
    Conclusions:
    Early changes in vascular function were detected in mildly-hypertensive women with PCOS. Lifestyle interventions to prevent hypertension, such as diet and exercise, should be the first-line of treatment in women with PCOS.

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2010.01375.x

    Web of Science

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術後の仙骨子宮靭帯上に発生した子宮内膜症性嚢胞の1例

    鎌田 泰, 菊池 由, 淵, 松田 美, 小谷 早, 水, 楠本, 中塚, 児玉, 平松 祐

    現代産婦人科   60 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 血栓性素因のある不育症に対するへパリンカルシウム自己皮下注射の安全性についての検討

    齋藤滋, 丸山哲夫, 田中忠夫, 竹下俊行, 山田秀人, 小澤伸晃, 中塚幹也, 木村正, 福井淳史, 杉俊隆

    日本産婦人科・新生児血液学会誌   21 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • グリーフケアを受けた流死産女性への継続ケアとしての退院後面接の試み

    古谷真実, 秦 久美子, 殿森恵利子, 難波沙由里, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   10 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 妊娠中の不育症女性の不安

    秦 久美子, 久世恵美子, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   10 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 「妊婦のDV被害」の実態と産科医療スタッフの意識

    川原みちよ, 中塚幹也

    母性衛生   52 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • A Possible Mechanism of Autoimmune-Mediated infertility in Women with Endometriosis.

    37 ( 5 )   402 - 411   2011年

     詳細を見る

  • 不育症over view

    齋藤 滋, 杉浦 真弓, 丸山 哲夫, 田中 忠夫, 竹下 俊行, 山田 秀人, 小澤 伸晃, 中塚 幹也, 木村 正, 藤井 知行, 下屋 浩一郎, 山本 樹生, 佐田 文宏, 康 東天, 早川 智, 一瀬 白帝, 柳原 格, 秦 健一郎, 勝山 博信, 堤 康央, 中野 有美, 福井 淳史, 杉 俊隆

    産婦人科の実際   60 ( 10 )   2011年

     詳細を見る

  • ストレス・抑うつと不育症

    中塚幹也

    産婦人科の実際   60 ( 10 )   2011年

     詳細を見る

  • 2010年度 桃太郎フォーラムXⅢを終えて

    中塚幹也

    岡山大学教職員研修 桃太郎フォーラムXⅢ報告書   115 - 116   2011年

     詳細を見る

  • 研究者教員,実務家教員,非常勤教員,職員など多様な人材のFD・SD 「岡大チーティングチップスの過去・現在・未来」現在・・・2009年4月の改定について

    中塚幹也

    岡山大学教職員研修 桃太郎フォーラムXⅢ報告書   42 - 43   2011年

     詳細を見る

  • 血栓性素因のある不育症に対するへパリンカルシウム自己皮下注射の安全性についての検討

    齋藤滋, 丸山哲夫, 田中忠夫, 竹下俊行, 山田秀人, 小澤伸晃, 中塚幹也, 木村正, 福井淳史, 杉俊隆

    日本産婦人科・新生児血液学会誌   21 ( 1 )   9 - 13   2011年

     詳細を見る

  • グリーフケアを受けた流死産女性への継続ケアとしての退院後面接の試み

    古谷真実, 秦 久美子, 殿森恵利子, 難波沙由里, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   10 ( 1 )   34 - 35   2011年

     詳細を見る

  • 妊娠中の不育症女性の不安

    秦 久美子, 久世恵美子, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   10 ( 1 )   32 - 33   2011年

     詳細を見る

  • 「妊婦のDV被害」の実態と産科医療スタッフの意識

    川原みちよ, 中塚幹也

    母性衛生   52 ( 1 )   147 - 159   2011年

     詳細を見る

  • FTM 当事者の初診時に認めた子宮頚部細胞診異常- FTM 当事者における子宮頚癌検診と予防ワクチンの考え方-

    新井 富士美, 清水 惠子, 菊池 由加子, 松田 美和, 中塚 幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 地方都市におけるセクシュアルマイノリティ当事者グループの設立と運営

    関 明穂, 永瀬 まどか, 中塚 幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の社会的課題に関する意識調査:保険適用と特例法

    久井 礼子, 日阪 奈生, 富岡 美佳, 中塚 幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 性別違和感のある子どもに関する文部科学省通知の認知度と学校での対応への意識

    岡崎倫子, 菊池由加子, 新井富士美, 清水恵子, 松田美和, 田淵和宏, 鎌田泰彦, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の社会的課題に関する意識調査:保険適用と特例法

    日阪 奈生, 久井 礼子, 富岡 美佳, 中塚 幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害当事者の就労の現状と課題

    久井 礼子, 日阪 奈生, 富岡 美佳, 中塚 幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 高校生の生活の中での携帯電話:依存と身体・精神的疲労感

    吉田朋子, 山本美香子, 吉村 舞, 久井礼子, 小松原一恵, 日阪奈生, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   27   2011年

     詳細を見る

  • HPVワクチンに関する大学生の認識

    吉村 舞, 小松原一恵, 久井礼子, 日阪奈生, 山本美香子, 吉田朋子, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   27   2011年

     詳細を見る

  • 妊娠中期における育児予期不安の実態

    久世恵美子, 秦久美子, 鹿島江利子, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   27   2011年

     詳細を見る

  • 産科と地域との子育て連携:地域から産科へ望むこと

    山本美香子, 吉田朋子, 小松原一恵, 久井礼子, 日阪奈生, 吉村 舞, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   27   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害に関する意識調査

    日阪奈生, 久井礼子, 吉村 舞, 吉田朋子, 山本美香子, 小松原一恵, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   27   2011年

     詳細を見る

  • 「飛び込み分娩」における母子の実際

    中塚幹也

    産婦人科治療   103 ( 4 )   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の身体的治療とその課題

    中塚幹也

    精神医学   53 ( 8 )   769 - 774   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の身体的治療とその課題

    中塚幹也

    精神医学   53 ( 8 )   2011年

     詳細を見る

  • 今,知っておきたい専門知識「不育症」

    中塚幹也

    OHANA   ( 2011春 )   7 - 7   2011年

     詳細を見る

  • 不育症と精神支援

    中塚幹也

    日本生殖看護学会ニュースレター   ( 28 )   1 - 2   2011年

     詳細を見る

  • 不育症と精神支援

    中塚幹也

    日本生殖看護学会ニュースレター   ( 28 )   1 - 2   2011年

     詳細を見る

  • 【トピック】GID診療の健康保険適用について

    中塚幹也, 南雲吉則, 針間克己, 福田 亮

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   92 - 93   2011年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の子どもと学校における対応

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   4 ( 1 )   92 - 93   2011年

     詳細を見る

  • Endocrine treatment of transsexuals: Assessment of cardiovascular risk factors

    Mikiya Nakatsuka

    Expert Review of Endocrinology and Metabolism   5 ( 3 )   319 - 322   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1586/eem.10.18

    Scopus

    researchmap

  • 2009年度 桃太郎フォーラムXIIを終えて

    中塚幹也

    岡山大学創立60周年記念事業 桃太郎フォーラムXII報告書   2010年

     詳細を見る

  • 小・中学校の教員における性同一性障害に関する認識と対応

    菊池由加子, 新井富士美, 松田美和, 清水恵子, 中塚幹也

    日本性科学会雑誌   28 ( 1 )   57 - 63   2010年

     詳細を見る

  • 新理事長挨拶

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   1 - 1   2010年

     詳細を見る

  • 若年子宮頚がん患者の手術決意過程

    秋元典子, 森恵子, 中塚幹也

    日本がん看護学会誌   2010年

     詳細を見る

  • 産婦人科臨床の看護師・医師が望む助産師教育について

    大塚元美, 合田典子, 小野清美, 白井喜代子, 大井伸子, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   26   38 - 39   2010年

     詳細を見る

  • 岡大式の教育資材を用いた不育症患者に対するヘパリン自己注射指導の有用性の検討

    中村恵子, 小野晴美, 芳賀真子, 中塚幹也

    岡山大学病院看護研究集録   2   11 - 16   2010年

     詳細を見る

  • 不妊症に対する高校生と大学生の意識調査

    小寺菜見子, 大田有貴子, 塩田萌, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   26   43 - 44   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の外来システムの問題点

    大田有貴子, 小寺菜見子, 塩田萌, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   26   40 - 42   2010年

     詳細を見る

  • 大学生におけるデートDVに関する認識

    塩田萌, 小寺菜見子, 大田有貴子, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   26   27 - 28   2010年

     詳細を見る

  • 不育症症例における初診時の顕在性不安の検討

    江見弥生, 松田美和, 清水恵子

    岡山県母性衛生   26   45 - 46   2010年

     詳細を見る

  • 不妊専門相談センターによる遠隔地の出張相談

    石丸文穂, 藤原順子, 江見弥生, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   9 ( 1 )   77 - 78   2010年

     詳細を見る

  • 不育症女性の抑うつ傾向と顕在性不安の検討:K6,MASを使用して

    江見弥生, 藤原順子, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   9 ( 1 )   43 - 44   2010年

     詳細を見る

  • 妊婦における食の安全性,葉酸,水銀の摂取に関する認識

    吉田真奈美, 溝口祥代, 山下真由, 中塚幹也

    母性衛生   50 ( 4 )   568 - 574   2010年

     詳細を見る

  • GID(性同一性障害)学会の一般演題の分析

    関明穂, 永瀬まどか, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   27 - 28   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の外来診療システムの実態と課題

    大田有貴子, 新井富士美, 富岡美佳, 高馬章江, 菊池由加子, 清水恵子, 松田美和, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   4 - 12   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害当事者のカミングアウト(1)―自己開示の観点に立脚した探索的面接調査―

    堀内孝, 新井富士美, 松田美和, 小谷早葉子, 菊池由加子, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   41 - 43   2010年

     詳細を見る

  • 当事者グループのウエブサイトの分析

    永瀬まどか, 関明穂, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   29 - 30   2010年

     詳細を見る

  • 編集後記

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   120 - 120   2010年

     詳細を見る

  • 学校における性別違和感のある子どもへの対応:教員の意識

    菊池由加子, 新井富士美, 清水恵子, 松田美和, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   3 ( 1 )   37 - 39   2010年

     詳細を見る

  • 知って得する!新「名医の最新治療」Vol.156 不育症

    杉 俊隆, 中塚幹也, ライター, 狩

    週刊朝日   2010年

     詳細を見る

  • Endocrine treatment of transsexuals: assessment of cardiovascular risk factors.

    Mikiya Nakatsuka

    Expert Rev. Endocrinol. Metab.   5 ( 3 )   319 - 322   2010年

     詳細を見る

  • 学校保健における性同一性障害:学校と医療との連携

    中塚幹也

    日本医事新報   ( 4521 )   60 - 64   2010年

     詳細を見る

  • 産婦人科に関わる法と倫理の現状:性同一性障害

    中塚幹也

    産婦実際   2010年

     詳細を見る

  • 「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム 『岡山大発の助産師リカレント教育』

    中塚幹也

    岡山大学大学院保健学研究科年報   2010年

     詳細を見る

  • 新「名医」の最新治療2011:その病気はこうやって治せ! 性同一性障害

    中塚幹也, 難波祐三郎, 針間克己(ライター, 熊谷わこ

    週刊朝日   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害についての基礎知識

    中塚幹也

    健康教室 性教育実践アイデア・ファイル   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害(GID)とは何か

    中塚幹也

    現代性教育研究月報   28 ( 10 )   1 - 3   2010年

     詳細を見る

  • LPS,AGEs刺激による一酸化窒素(NO)産生酵素誘導とプロテアーゼインヒビター

    中塚幹也

    Surgery Frontier   17 ( 3 )   111 - 113   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害を生きる:鹿児島・中2の制服変更

    安岡朋彦, 局記者, 中塚幹也

    内外教育   ( 6003 )   6 - 7   2010年

     詳細を見る

  • 性同一性障害のホルモン投与中の検査

    中塚幹也

    日本医事新報   4481   48 - 49   2010年

     詳細を見る

  • 「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム『岡山大発の助産師リカレント教育』

    中塚幹也

    岡山大学大学院保健学研究科年報   2010年

     詳細を見る

  • 「妊娠中からの子育て支援」:産科と母子保健の連携システム構築に向けて

    中塚幹也

    岡山県立大学 アクティブキャンパス事業岡山子育てネットワーク研究集会2010   2010年

     詳細を見る

  • 参加者アンケート結果について1.日本産婦人科医会性教育指導セミナー岡山大会 2.県民公開講座「医師による親子のための性教育」

    中塚幹也

    岡山県産婦人科医会報   55   57 - 59   2010年

     詳細を見る

  • Association study of gender identity disorder and sex hormone-related genes

    Hiroshi Ujike, Kyohei Otani, Mikiya Nakatsuka, Kazushi Ishii, Aiko Sasaki, Tomoko Oishi, Toshiki Sato, Yuko Okahisa, Yosuke Matsumoto, Yuzaburo Namba, Yoshihiro Kimata, Shigetoshi Kuroda

    PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY   33 ( 7 )   1241 - 1244   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    To investigate the biological mechanism of gender identity disorder (GID), five candidate sex hormone-related genes, encoding androgen receptor (AR), estrogen receptors alpha (ER alpha) and beta (ER beta), aromatase (CYP19), and progesterone receptor (PGR) were analyzed by a case-control association study. Subjects were 242 transsexuals (74 male-to-female patients (MTF) and 168 female-to-male patients (FTM)), and 275 healthy age- and geographical origin-matched controls (106 males and 169 females). The distributions of CAG repeat numbers in exon 1 of AR, TA repeat numbers in the promoter region of ER alpha CA repeat numbers in intron 5 of ER beta, TTTA repeat numbers in intron 4 of CYP19, and six polymorphisms (rs2008112, rs508653, V660L, H770H, rs572698 and PROGINS) of PGR were analyzed. No significant difference in allelic or genotypic distribution of any gene examined was found between MTFs and control males or between FTMs and control females. The present findings do not provide any evidence that genetic variants of sex hormone-related genes confer individual susceptibility to MTF or FTM transsexualism. (C) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.pnpbp.2009.07.008

    Web of Science

    researchmap

  • Association study of gender identity disorder and sex hormone-related genes

    Hiroshi Ujike, Kyohei Otani, Mikiya Nakatsuka, Kazushi Ishii, Aiko Sasaki, Tomoko Oishi, Toshiki Sato, Yuko Okahisa, Yosuke Matsumoto, Yuzaburo Namba, Yoshihiro Kimata, Shigetoshi Kuroda

    PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY   33 ( 7 )   1241 - 1244   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    To investigate the biological mechanism of gender identity disorder (GID), five candidate sex hormone-related genes, encoding androgen receptor (AR), estrogen receptors alpha (ER alpha) and beta (ER beta), aromatase (CYP19), and progesterone receptor (PGR) were analyzed by a case-control association study. Subjects were 242 transsexuals (74 male-to-female patients (MTF) and 168 female-to-male patients (FTM)), and 275 healthy age- and geographical origin-matched controls (106 males and 169 females). The distributions of CAG repeat numbers in exon 1 of AR, TA repeat numbers in the promoter region of ER alpha CA repeat numbers in intron 5 of ER beta, TTTA repeat numbers in intron 4 of CYP19, and six polymorphisms (rs2008112, rs508653, V660L, H770H, rs572698 and PROGINS) of PGR were analyzed. No significant difference in allelic or genotypic distribution of any gene examined was found between MTFs and control males or between FTMs and control females. The present findings do not provide any evidence that genetic variants of sex hormone-related genes confer individual susceptibility to MTF or FTM transsexualism. (C) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.pnpbp.2009.07.008

    Web of Science

    researchmap

  • 新連載 性同一性障害の生徒の問題に向き合う 第3回 学校保健の中でできる取り組み

    中塚幹也

    中学保健ニュース   2009年

     詳細を見る

  • 新連載 性同一性障害の生徒の問題に向き合う 第2回 思春期における性同一性障害の子ども

    中塚幹也

    高校保健ニュース   2009年

     詳細を見る

  • 医療現場におけるDV被害当事者への対応

    中塚幹也

    第11回 全国シェルターシンポジウム2008 in おかやま 分科会報告集   2009年

     詳細を見る

  • 新連載 性同一性障害の生徒の問題に向き合う 第3回 学校保健の中でできる取り組み

    中塚幹也

    高校保健ニュース   2009年

     詳細を見る

  • 特集 社会に向けて発信する岡大医療系キャンパス 「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム:なぜ,今,助産師キャリア支援なのか?

    中塚幹也

    岡山医学会雑誌   2009年

     詳細を見る

  • 性同一性障害と思春期

    中塚幹也

    産婦人科治療   2009年

     詳細を見る

  • 2009年度 桃太郎フォーラムXIを終えて

    中塚幹也

    桃太郎フォーラムXII「学士課程教育のグランドデザイン」報告書   2009年

     詳細を見る

  • シンポジウムⅡ PIHにおける母体眼動脈の血流動態

    中塚幹也

    日本妊娠高血圧学会雑誌 30周年記念号   2009年

     詳細を見る

  • Autonomic response in women with psychosomatic symptoms: short-term frequency, domain analysis of heart rate variability in ergometer loading

    Yuka Goto a, Hiroyuki Okuda a, Mikiya Nakatsuka a

    Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research   46 ( 4 )   341 - 348   2009年

     詳細を見る

  • 新連載 性同一性障害の生徒の問題に向き合う 第2回 思春期における性同一性障害の子ども

    中塚幹也

    中学保健ニュース   2009年

     詳細を見る

  • 新連載 性同一性障害の生徒の問題に向き合う 第1回 性同一性障害をめぐる社会的変遷

    中塚幹也

    高校保健ニュース   2009年

     詳細を見る

  • 新連載 性同一性障害の生徒の問題に向き合う 第1回 性同一性障害をめぐる社会的変遷

    中塚幹也

    中学保健ニュース   2009年

     詳細を見る

  • Autonomic response in women with psychosomatic symptoms: short-term frequency, domain analysis of heart rate variability in ergometer loading

    Yuka Goto a, Hiroyuki Okuda a, Mikiya Nakatsuka a

    Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research   46 ( 4 )   341 - 348   2009年

     詳細を見る

  • 子宮卵管造影法で疎通性を認めた卵管の腹腔鏡による検討

    鎌田泰彦, 菊池由加子, 田淵和宏, 小谷早葉子, 清水恵子, 野口聡一, 中塚幹也, 平松祐司

    現代産婦人科   2009年

     詳細を見る

  • 不育症女性に対する精神的支援に関する研究―流・死産後の環境と不育症女性の心理―

    中塚幹也

    厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業) 「不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究」総括研究報告書(平成20年度)   2009年

     詳細を見る

  • 小・中学校の教員における性同一性障害に関する認識と対応

    菊池由加子, 新井富士美, 松田美和, 清水恵子, 中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   2   64 - 66   2009年

     詳細を見る

  • セクシャルマイノリティの私たちから,先生へ:子どもの頃は,本当の自分でいられなかった

    中塚幹也

    Proud in 香川 リーフレット   2009年

     詳細を見る

  • 日本女医会子育て委員会(ゆいネット)連絡協議会 in 岡山2009 10代の性の健康支援ネットワークにおいて岡山大学大学院保健学研究科が関与できる可能性があること

    中塚幹也

    独立行政法人社会福祉機構「子育て支援基金」助成事業 社団法人日本女医会子育て委員会 「十代の性の健康」支援ネットワーク作り事業 平成20年度報告書   2009年

     詳細を見る

  • シンポジウム:マイナス2歳からはじまる子育て支援 医療スタッフによる子育てハイリスク群への対応

    中塚幹也

    第5回 子育てネットワークin岡山2008報告書   2009年

     詳細を見る

  • ワークショップ12「不育症の新たな原因探索と治療」 本邦における不育症のリスク因子とその予後に関する研究.

    中塚幹也

    日本周産期・新生児医学会雑誌   2009年

     詳細を見る

  • Vaginoplasty with a Pudendal-Thigh Flap in Intersexuals

    Yuzaburo Namba, Narushi Sugiyama, Shuji Yamashita, Kenjiro Hasegawa, Yoshihiro Kimata, Mikiya Nakatsuka

    ACTA MEDICA OKAYAMA   62 ( 6 )   415 - 419   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We treated 2 different types of intersexual patients who underwent a vaginoplasty with the pudendal-thigh flap. One was a female with testicular feminization syndrome for whom we reconstructed the total vagina with a pudendal-thigh flap, and the other was a female with an adrenogenital syndrome for whom we enlarged the introitus of the vagina with the same approach. There were no complications such as a flap necrosis. In addition, there was no stricture of the neo-vagina and no urinary problem.

    DOI: 10.18926/AMO/30948

    Web of Science

    researchmap

  • Increased arterial stiffness in female-to-male transsexuals treated with androgen

    Yayoi Emi, Miwa Adachi, Aiko Sasaki, Yoshio Nakamura, Mikiya Nakatsuka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   34 ( 5 )   890 - 897   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Aim: Female-to-male (FTM) transsexuals are treated with long-term and high-dose androgen. Although androgen is known to affect the cardiovascular system, vascular function in FTM transsexuals has not been fully elucidated. The aim of this study was to evaluate the arterial stiffness in FTM transsexuals treated with androgen.
    Methods: We evaluated the arterial stiffness in 111 FTM transsexuals (63 untreated FTM transsexuals and 48 FTM transsexuals treated with androgen) using a volume-plethysmographic apparatus equipped with a multi-element applanation tonometry sensor.
    Results: There were no significant differences in age, body mass index and heart rate between the untreated FTM transsexuals and those treated with androgen. The systolic and diastolic blood pressures in FTM transsexuals treated with androgen were significantly higher than those in untreated FTM transsexuals. The level of brachial-ankle pulse wave velocity in FTM transsexuals treated with androgen (1202.8 +/- 138.2 cm/s) was significantly higher than that in untreated FTM transsexuals (1080.2 +/- 113.7 cm/s) while there was no significant difference in the carotid augmentation index between untreated FTM transsexuals and those treated with androgen.
    Conclusions: Long-term and high-dose administration of androgen is likely to cause increased arterial stiffness in FTM transsexuals. To prevent atherosclerosis and cardiovascular events, a periodic checkup and pharmacological therapies for hypertension should be tailored on an individual basis.

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2008.00857.x

    Web of Science

    researchmap

  • Study of Views on Posthumous Reproduction, Focusing on Its Relation with Views on Family and Religion in Modern Japan

    Noriyuki Ueda, Nobutaka Kushi, Mikiya Nakatsuka, Tatsuyuki Ogawa, Yoshiko Nakanishi, Keisuke Shishido, Tsuyoshi Awaya

    ACTA MEDICA OKAYAMA   62 ( 5 )   285 - 296   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Posthumous reproduction has been performed in Japan several times, without sufficient civic discussion on its appropriateness or legislative regulation. There have even been several lawsuits on posthumous acknowledgment (in which a baby born to a deceased father has the same birthright as a baby born to a living father), and some judgments have proposed the need to develop societal agreement on posthumous reproduction and suggested legislative settlement. With this background, this study aims to clarify the views of the Japanese people regarding posthumous reproduction. In December 2007, we distributed a questionnaire on posthumous reproduction in relation to beliefs about family and religion to 32 universities across the country, and received 3,719 replies. It was found that about 60% of respondents agreed with posthumous reproduction. Statistical analysis was applied to the relationship between this overall position on posthumous reproduction and views on assisted reproduction technologies, family, religion, and so on. The degree of support for posthumous reproduction was strongly correlated with the degree of affirmation of assisted reproduction technologies and a liberal worldview with emphasis on self-determination. On the other hand, there was also a strong correlation with having a traditional view of family, such as family succession. The degree of support for posthumous reproduction was also highly correlated with the intimacy among family members, underlying which was a strong connection to the traditional religious belief in Japan that deceased family members watch the living ones. The view on posthumous reproduction is culturally complex and cannot be explained by a simple dichotomy between traditional conservatives and liberals.

    DOI: 10.18926/AMO/30967

    Web of Science

    researchmap

  • Adverse effects of advanced glycation end products on embryonal development

    Lin Hao, Soichi Noguchi, Yasuhiko Kamada, Aiko Sasaki, Miwa Matsuda, Keiko Shimizu, Yuji Hiramatsu, Mikiya Nakatsuka

    ACTA MEDICA OKAYAMA   62 ( 2 )   93 - 99   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We studied the effects of advanced glycation end products (AGEs), which are known to accumulate in patients with diabetes, autoimmune diseases, or those who smoke, on embryonal development. Pronuclear (PN) embryos were obtained by flushing the fallopian tubes of rats after superovulation and mating. The cleavage rate and blastocyst yield were evaluated at 24, 72, 96, and 120 h of culture. Glyoxal, an AGE-forming aldehyde, suppressed embryonal development at every stage from PN to blastocyst in a concentration-dependent manner. The cleavage rate of the embryo was also significantly decreased by treatment with glyoxal at concentrations of 1 mM or higher. The blastocyst yield was significantly decreased by treatment with glyoxal at concentrations of 0.5 mM or higher. N-acetyl-L-cysteine (L-NAC) at I mM significantly suppressed the glyoxal-induced embryonal toxicity. BSA-AGEs at 5 mu g/ml or higher concentration significantly reduced the cleavage rate and blastocyst yield compared to those for BSA-treated embryos. L-NAC at I mM significantly suppressed BSA-AGE-induced embryonal toxicity. Because AGEs are embryo-toxic, AGE contamination may influence the pregnancy rate of in vitro fertilization and embryo transfer. AGEs, which are increased in women under pathological conditions, may also be involved in their infertility.

    DOI: 10.18926/AMO/30960

    Web of Science

    researchmap

  • 2008年度 桃太郎フォーラムXIを終えて

    中塚幹也

    桃太郎フォーラムXI「受けたい授業を創る:教授法改善のヒント」報告書   2008年

     詳細を見る

  • ハイリスクの胎盤ポリープの取り扱い:子宮内腔形態異常に伴う胎盤ポリープの2症例

    清水恵子, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, 安達美和, 平松祐司

    産婦人科の実際   305 - 311   2008年

     詳細を見る

  • 就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第2報):世帯収入と希望する経済支援

    宮木ゆか, 奥野雅子, 中塚幹也

    母性衛生   49 ( 2 )   253 - 260   2008年

     詳細を見る

  • 巻頭言

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   1 - 1   2008年

     詳細を見る

  • 凝固障害を伴う不育症患者のヘパリン注射に対する希望調査

    川上舞子, 藤井友紀, 田上志保, 溝口祥代, 吉田真奈美, 山下真由, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   24   42 - 43   2008年

     詳細を見る

  • 凝固障害を伴う不育症患者のヘパリン注射に対する希望調査

    川上舞子, 藤井友紀, 田上志保, 溝口祥代, 吉田真奈美, 山下真由, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   42 - 43   2008年

     詳細を見る

  • シンポジウム「どうする?岡山のお産」基調

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   16 - 18   2008年

     詳細を見る

  • 就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第2報):世帯収入と希望する経済支援

    宮木ゆか, 奥野雅子, 中塚幹也

    母性衛生   49 ( 2 )   253 - 260   2008年

     詳細を見る

  • 就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第1報):妊婦の就労と官民格差,夫の育児休業.

    奥野雅子, 宮木ゆか, 中塚幹也

    母性衛生   49 ( 2 )   245 - 252   2008年

     詳細を見る

  • 就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第1報):妊婦の就労と官民格差,夫の育児休業.

    奥野雅子, 宮木ゆか, 中塚幹也

    母性衛生   49 ( 2 )   245 - 252   2008年

     詳細を見る

  • ハイリスクの胎盤ポリープの取り扱い:子宮内腔形態異常に伴う胎盤ポリープの2症例

    清水恵子, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, 安達美和, 平松祐司

    産婦人科の実際   305 - 311   2008年

     詳細を見る

  • 正常子宮内妊娠を伴った子宮頚管妊娠の1例および当科における子宮頚管妊娠11例の検討

    野口聡一, 佐々木愛, 鎌田泰彦, 清水恵子, 松田美和, 平松祐司, 中塚幹

    現代産婦人科   57 ( 1 )   13 - 18   2008年

     詳細を見る

  • Effects of aging on heart rate variability and its relationship to psychosomatic complaints in women

    Yuka Goto, Mikiya Nakatsuka, Hiroyuki Okuda

    Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research   45 ( 6 )   1 - 9   2008年

     詳細を見る

  • 妊娠初期に不明熱やReversible posterior leukoencephalopathy syndromeを合併する不育症の1症例

    清水恵子, 野口聡一, 中塚幹也, 安達美和, 佐々木愛子, 鎌田泰彦, 高本憲男, 平松祐司

    日本産婦人科栄養・代謝研究会誌   14 ( 1 )   44 - 46   2008年

     詳細を見る

  • シンポジウム「どうする?岡山のお産」基調

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   2008年

     詳細を見る

  • 巻頭言

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   2008年

     詳細を見る

  • 死産後のグリーフケアの有用性

    因來実里, 中塚幹也, 秦久美子, 佐藤久恵, 大谷友夏, 永井真寿美, 佐々木真美, 松井たみこ

    岡山県母性衛生   24   69 - 70   2008年

     詳細を見る

  • 不妊症・不育症治療におけるカウンセリングへの認知度と要望

    江見弥生, 中間みちよ, 藤原順子, 秦久美子, 佐藤久恵, 江國一二美, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   24   61 - 62   2008年

     詳細を見る

  • 流産・死産のグリーフケア:母親と医療スタッフの捉え方

    大谷友夏, 因來実里, 秦久美子, 佐藤久恵, 永井真寿, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   7 ( 1 )   57 - 58   2008年

     詳細を見る

  • 特集 働く女性のサポートを目指して

    中塚幹也

    いちょう並木   43   3 - 4   2008年

     詳細を見る

  • ワークショップ/子宮内膜症ー新しい治療の開発を目指してー子宮内膜症・腺筋症の疼痛機序における5-HT(セロトニン)系の関与

    鎌田泰彦, 清水恵子, 安達美和, 郝林, 佐々木愛子, 野口聡一, 中塚幹也, 平松祐司

    エンドメトリオーシス研究会誌   29   57 - 62   2008年

     詳細を見る

  • 生殖医療を専門としたカウンセリングに対する認知度と要望

    江見弥生, 原順, 澤亜, 中塚幹也

    日本不妊カウンセリング学会誌   7 ( 1 )   68 - 69   2008年

     詳細を見る

  • 妊娠中の食品に関する認識度について

    吉田真奈美, 溝口祥代, 山下真由, 田上志保, 川上舞子, 藤井友紀, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   24   42 - 43   2008年

     詳細を見る

  • 死産後のグリーフケアの有用性

    因來実里, 中塚幹也, 秦久美子, 佐藤久恵, 大谷友夏, 永井真寿美, 佐々木真美, 松井たみこ

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   69 - 70   2008年

     詳細を見る

  • 自律神経機能と卵巣機能との関連―心拍変動解析を用いて―

    後藤 由佳, 山中 祥栄, 莎如拉, 中塚 幹也, 奥田 博之

    岡山県母性衛生   24   48 - 49   2008年

     詳細を見る

  • 年齢階層から見た女性の認知機能の変化

    莎如拉, 後藤 由佳, 山中 祥栄, 中塚 幹也, 奥田 博之

    岡山県母性衛生   24   46 - 47   2008年

     詳細を見る

  • 中高年層における夫婦関係満足尺度と妻の更年期症状の検討

    山中祥栄, 後藤由佳, 莎如拉, 中塚 幹也, 奥田博之

    岡山県母性衛生   24   59 - 60   2008年

     詳細を見る

  • 妊娠中の食品に関する認識度について

    吉田真奈美, 溝口祥代, 山下真由, 田上志保, 川上舞子, 藤井友紀, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   44 - 45   2008年

     詳細を見る

  • 自律神経機能と卵巣機能との関連―心拍変動解析を用いて―

    後藤 由佳, 山中 祥栄, 莎如拉, 中塚 幹也, 奥田 博之

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   48 - 49   2008年

     詳細を見る

  • 年齢階層から見た女性の認知機能の変化

    莎如拉, 後藤 由佳, 山中 祥栄, 中塚 幹也, 奥田 博之

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   46 - 47   2008年

     詳細を見る

  • 不妊症・不育症治療におけるカウンセリングへの認知度と要望

    江見弥生, 中間みちよ, 藤原順子, 秦久美子, 佐藤久恵, 江國一二美, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   61 - 62   2008年

     詳細を見る

  • 中高年層における夫婦関係満足尺度と妻の更年期症状の検討

    山中祥栄, 後藤由佳, 莎如拉, 中塚 幹也, 奥田博之

    岡山県母性衛生   24 ( 1 )   59 - 60   2008年

     詳細を見る

  • IV.思春期・更年期・その他 7.性同一性障害

    中塚幹也

    産婦人科ホルモン療法マニュアル   2008年

     詳細を見る

  • よもやま話の会報告「脳が決める:性同一性障害」

    中塚幹也

    日本科学者会議(『日本の科学者』12月号付録).岡山支部通信2008年度第3号   2008年

     詳細を見る

  • 特集 働く女性のサポートを目指して

    中塚幹也

    いちょう並木   2008年

     詳細を見る

  • 編集後記

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会雑誌   2008年

     詳細を見る

  • 正常子宮内膜および子宮腺筋症内膜における5-HT2A 受容体の発現

    鎌田泰彦, 清水恵子, 安達美和, 郝林, 佐々木愛子, 野口聡一, 中塚幹也, 平松祐司

    エンドメトリオーシス研究会誌   28:97-100   2007年

     詳細を見る

  • 不妊専門相談センターにおける電話・メール相談の背景

    秦久美子, 江見弥生, 藤原順子, 佐々木愛子, 木村明子, 相澤亜紀, 村上ひとみ, 佐藤久恵, 田部尚子, 江国一二美, 安達美和, 清水恵子, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐司, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   23: 45-46   2007年

     詳細を見る

  • 不妊・不育に対する治療費助成の希望調査.

    江見弥生, 藤原順子, 秦久美子, 佐藤久恵, 江國一二美, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   23: 43-45   2007年

     詳細を見る

  • 女性・漢方外来受診者における年代別クッパーマン指数

    山中 祥栄, 奥田 博之, 後藤 由佳, 難波 梓沙, 莎如拉, 江見 弥生, 中塚 幹也

    岡山県母性衛生   23: 17-18   2007年

     詳細を見る

  • 女性・漢方外来受診者における認知機能

    莎如拉, 奥田 博之, 後藤 由佳, 難波 梓沙, 山中 祥栄, 江見 弥生, 中塚 幹也

    岡山県母性衛生   23: 15-16   2007年

     詳細を見る

  • 岡山の就労妊婦の生活環境と少子化に関するアンケート調査

    奥野雅子, 宮木ゆか, 佐々木新介, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   23: 47-48   2007年

     詳細を見る

  • 女性・漢方外来受診者における年代別CMI指数

    後藤 由佳, 奥田 博之, 難波 梓沙, 莎如拉, 山中 祥栄, 江見 弥生, 中塚 幹也

    岡山県母性衛生   23: 19-20   2007年

     詳細を見る

  • 子どもをなくした母親への精神的支援〜胎児死亡となった不育症症例を通じて〜

    佐藤久恵, 江國一二, 秦久美子, 部尚, 中塚幹

    日本カウンセリング学会誌   6(1):71-72   2007年

     詳細を見る

  • 中学・高校生における不定愁訴:第二次性徴との関連

    難波梓沙, 後藤由佳, 奥田博之, 池田智子, 中塚幹也

    母性衛生   印刷中   2007年

     詳細を見る

  • 妊娠中期より瘢痕部菲薄化を起こした既往帝王切開妊婦の2症例

    石濱陽子, 中塚幹也, 佐々木愛子, 松尾環, 安達美和, Lin Hao, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐司

    産婦人科の実際   56(3):521-526   2007年

     詳細を見る

  • "産科出血をとめる–その予知,予防と対処法- 9.子宮破裂 –既往帝王切開-"

    中塚幹也, 石濱陽子, 佐々木愛子, 松尾環, 舛本明生, 平松祐司

    産婦人科の実際   56(2):185-191   2007年

     詳細を見る

  • 妊娠中期より瘢痕部菲薄化を起こした既往帝王切開妊婦の2症例

    石濱陽子, 中塚幹也, 佐々木愛子, 松尾環, 安達美和, Lin Hao, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐司

    産婦人科の実際   2007年

     詳細を見る

  • "産科出血をとめる–その予知,予防と対処法- 9.子宮破裂 –既往帝王切開-"

    中塚幹也, 石濱陽子, 佐々木愛子, 松尾環, 舛本明生, 平松祐司

    産婦人科の実際   56(2):185-191   2007年

     詳細を見る

  • 不妊症・不育症への支援

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   23: 9-14   2007年

     詳細を見る

  • 胎盤絨毛染色体検査

    中塚幹也

    臨床検査   51 ( 13 )   1699 - 1704   2007年

     詳細を見る

  • 不妊症・不育症への支援

    中塚幹也

    岡山県母性衛生   23: 9-14   2007年

     詳細を見る

  • 不妊症・不育症への経済的支援に対する立場による認知度や考え方の相違について

    江見弥生, 相澤亜紀, 秦久美子, 佐藤久恵, 江國一二, 中塚幹也

    日本カウンセリング学会誌   6(1):35-36   2007年

     詳細を見る

  • 妊娠中期より瘢痕部菲薄化を起こした既往帝王切開妊婦の2症例

    石濱陽子, 中塚幹也, 佐々木愛子, 松尾環, 安達美和, Lin Hao, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐司

    産婦人科の実際   56 ( 3 )   521 - 526   2007年

     詳細を見る

  • Tetrahydrobiopterin protects against guanabenz-mediated inhibition of neuronal nitric-oxide synthase in vitro and in vivo

    Anwar Y. Dunbar, Gary J. Jenkins, Suree Jianmongkol, Mikiya Nakatsuka, Ezra R. Lowe, Miranda Lau, Yoichi Osawa

    DRUG METABOLISM AND DISPOSITION   34 ( 9 )   1448 - 1456   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC PHARMACOLOGY EXPERIMENTAL THERAPEUTICS  

    It is established that guanabenz inhibits neuronal nitric-oxide ( NO) synthase ( nNOS) and causes the enhanced proteasomal degradation of nNOS in vivo. Although the time-and NADPH-dependent inhibition of nNOS has been reported in studies where guanabenz was incubated with crude cytosolic preparations of nNOS, the exact mechanism for inhibition is not known. Moreover, even less is known about how the inhibition of nNOS triggers its proteasomal degradation. In the current study, we show, with the use of purified nNOS, that guanabenz treatment leads to the oxidation of tetrahydrobiopterin and formation of a pterin-depleted nNOS, which is not able to form NO. With the use of C-14-labeled guanabenz, we were unable to detect any guanabenz metabolites or guanabenz-nNOS adducts, indicating that reactive intermediates of guanabenz probably do not play a role in the inhibition. Superoxide dismutase, however, prevents the guanabenz-mediated oxidation of tetrahydrobiopterin and inhibition of nNOS, suggesting the role of superoxide as an intermediate. Studies in rats show that administration of tetrahydrobiopterin prevents the inhibition and loss of penile nNOS due to guanabenz, indicating that the loss of tetrahydrobiopterin plays a major role in the effects of guanabenz in vivo. Our findings are consistent with the destabilization and enhanced degradation of nNOS found after tetrahydrobiopterin depletion. These studies suggest that drug-mediated destabilization and subsequent enhanced degradation of protein targets will likely be an important toxicological consideration.

    DOI: 10.1124/dmd.106.009951

    Web of Science

    researchmap

  • Accumulation of advanced glycation end products in women with preeclampsia: Possible involvement of placental oxidative and nitrative stress

    C Chekir, M Nakatsuka, S Noguchi, H Konishi, Y Kamada, A Sasaki, L Hao, Y Hiramatsu

    PLACENTA   27 ( 2-3 )   225 - 233   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO LTD  

    Advanced glycation end products (AGEs) are known to cause oxidative damage in various cells by binding with its receptor, RAGE. We measured the serum level of AGEs and examined the AGEs, RAGE, and the other biomarkers of oxidative stress in the placentas from preeclamptic women.
    Competitive ELISA was carried out to measure the AGEs in serum. Western blotting was performed to analyze AGEs and RAGE in the placenta. Immunohistochemical analyses were performed to examine the localization of AGEs, RAGE, and other biomarkers of oxidative stress in the placenta.
    The mean level of serum AGEs in preeclamptic women was significantly higher than that in healthy non-pregnant women or healthy pregnant women. Western blotting revealed that the level of AGEs or RAGE in preeclamptic placenta was significantly higher than that in normal placenta. Immunohistochemical analyses showed that levels of nitrotyrosine and nitroguanosine, which are formed by reactive nitrogen species, in preeclamptic placenta were higher than those in normal placenta. Accumulation of 4-hydroxy-2-nonenal and 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine indicated enhanced oxidative modifications of lipids and DNA in preeclamptic placenta.
    The AGE-RAGE system, which is upregulated in preeclampsia, is likely to be involved in the oxidative stress of preeclampsia. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.placenta.2005.02.016

    Web of Science

    researchmap

  • 流産,不育症と超音波検査

    中塚幹也

    産婦人科の実際   55(9):1403-1408   2006年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の説明と治療を希望する年齢に関する調査

    中塚幹也, 安達美和, 松尾環, 佐々木愛子, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐司

    母性衛生   2006年

     詳細を見る

  • Penile Reconstruction with Bilateral Superficial Circumflex Iliac Artery Perforator (SCIP) Flaps

    Koshima I, Nanba Y, Nagai A, Nakatsuka M, Sato T, Kuroda S

    J Reconstructive Microsurgery   2006年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症における気分障害と自尊感情

    中塚幹也, 江見弥生, 奥田博之

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2006年

     詳細を見る

  • 子宮腺筋症におけるサイクリン依存性キナーゼ(CDK)インヒビターp27Kip1の発現と,GnRHアゴニスト(GnRHa)治療による影響に関する検討

    鎌田泰彦, 中塚幹也, ほか

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2006年

     詳細を見る

  • カウンセリングにより不妊・不育治療への自己決定を促すことのできた2症例

    村上ひとみ, 中塚幹也, 佐々木愛子, 江見弥生, 佐藤久恵, 太田敦子, 小橋尚子, 藤岡まゆみ, 江原由利, 江國一二美, 秦久美子, 野口聡一, 鎌田泰彦, 平松祐司

    岡山県母性衛生学会雑誌   2006年

     詳細を見る

  • 不育症症例の精神的ストレスについて

    小橋尚子, 中塚幹也, 佐藤久恵, 江国一二美, 秦久美子, 松井たみこ

    岡山県母性衛生学会雑誌   2006年

     詳細を見る

  • 不妊専門相談センターにおける電話相談とメール相談の相違点の検討

    江見弥生, 中塚幹也, 村上ひとみ, 佐々木愛, 藤原順子, 佐藤久恵, 小橋尚子, 江國一二, 秦久美子, 安達美和, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐

    日本カウンセリング学会誌   2006年

     詳細を見る

  • 不育症症例における精神的ストレスの経時変化

    秦久美子, 中塚幹也, 佐藤久恵, 小橋尚子, 江國一二, 松井たみこ

    日本カウンセリング学会誌   2006年

     詳細を見る

  • GnRH agonist療法による子宮内膜症症例の子宮動脈血管抵抗の改善.

    中塚幹也, 松尾 環, 野口聡一, 鎌田泰彦, 安達美和, 佐々木愛子, Chebib Chekir, ハオ リン, 平松祐司

    産婦人科の実際   2005年

     詳細を見る

  • 岡山県不妊専門相談センター「不妊・不育とこころの相談室」の活動の現状

    佐藤久恵, 中塚幹也, 佐々木愛, 村上ひとみ, 橋尚, 江國一二, 口聡, 田泰, 松

    日本カウンセリング学会誌   2005年

     詳細を見る

  • Impaired uterine perfusion associated with metabolic disorders in women with polycystic ovary syndrome.

    Chebib Chekir, Nakatsuka M, Kamada Y, Noguchi S, Sasaki A, Hiramatsu Y

    Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica   2005年

  • 海外文献から-凍結保存卵巣組織の卵巣周囲への自家移植による自然妊娠と生児獲得-.

    中塚幹也

    産婦人科の実際   54,3,440   2005年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症症例の自尊感情についての検討-自尊感情尺度を用いて-

    江見弥生, 塚幹也, 田博

    日本カウンセリング学会誌   2005年

     詳細を見る

  • 不育症妊婦に対するヘパリン療法と骨量変化.

    野口聡一, 中塚幹也, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, 平松祐司, 大井伸子

    産婦人科の実際   54,4,617-623   2005年

     詳細を見る

  • 不育症とその原因.

    野口聡一, 中塚幹也, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, シェキルシェビブ, 平松祐司

    産婦人科治療   91,2,120-126   2005年

     詳細を見る

  • 不妊症と患者支援.

    中塚幹也, 平松祐司

    岡山医学会雑誌   117,2,135-139   2005年

     詳細を見る

  • 多嚢胞性卵巣症候群における脂質代謝異常、インスリン抵抗性と子宮動脈血管抵抗.

    中塚幹也, Chekir Chebib, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, ハオ リン, 野口聡一, 平松祐司

    産婦人科の実際   2005年

     詳細を見る

  • 妊娠高血圧腎症妊婦の炎症反応と胎盤におけるFgl2 prothrombinase発現.

    Chebib CHEKIR, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, Lin Hao, 安達美和, 平松祐司

    日本妊娠高血圧学会雑誌   2005年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の外来診療システムにおける問題点 .

    中塚幹也, 秦久美子, 江國一二美, 高馬章江, 江見弥生

    母性衛生   2005年

     詳細を見る

  • 「不妊・不育とこころの相談室」の活動の現状.

    江見弥生, 中塚幹也, 佐々木愛子, 村上ひとみ, 佐藤久恵, 太田敦子, 小橋尚子, 藤岡まゆみ, 江原由利, 江國一二美, 野口聡一, 鎌田泰彦, 平松祐司

    岡山県母性衛生   2005年

     詳細を見る

  • Intramural pregnancy in a previous cesarean section scar: a case report on conservative surgery.

    Noguchi S, Adachi M, Konishi H, Habara T, Nakatsuka M, Kudo T

    Acta Obstet Gynecol Scand 84   2005年

  • 過去の生活習慣が妊娠初期の骨量に与える影響.

    松永美由紀, 大井伸子, 合田典子, 米澤喜美子, 秦 久美子, 景山敬子, 小橋尚子, 金田真実, 松井たみこ, 中塚幹也, 野口聡一, 平松祐司

    岡山県母性衛生   2005年

     詳細を見る

  • 性同一性障害の外来診療における問題点.

    秦 久美子, 江國一二美, 高馬章江, 江見弥生, 佐々木愛子, 中塚幹也

    岡山県母性衛生   2005年

     詳細を見る

  • 妊娠高血圧腎症とadvanced glycation end products (AGEs) .

    中塚幹也, Chebib Chekir, 小西秀樹, 佐々木愛子, 鎌田泰彦, 野口聡一, 平松祐司

    産婦人科の実際   2005年

     詳細を見る

  • 妊婦の骨量に及ぼす入院安静の影響.

    米澤喜美子, 大井伸子, 合田典子, 景山敬子, 小橋尚子, 秦 久美子, 松井たみこ, 金田真実, 三宅久美子, 中塚幹也, 野口聡一, 平松祐司, 松永美由紀

    岡山県母性衛生   2005年

     詳細を見る

  • 子宮腺筋症異所性子宮内膜におけるIKBのリン酸化とGnRHアゴニスト治療の影響.

    鎌田泰彦, 中塚幹也, 野口聡一, Chekir Chebib, 佐々木愛子, Hao Lin, 平松祐司

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2005年

     詳細を見る

  • Use of artificial dermis and recombinant basic fibroblast growth factor for creating a neovagina in a patient with Mayer-Rokitansky-Kuster-Hauser syndrome

    S Noguchi, M Nakatsuka, Y Sugiyama, C Chekir, Y Kamada, Y Hiramatsu

    HUMAN REPRODUCTION   19 ( 7 )   1629 - 1632   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Vaginal agenesis is an uncommon, but not rare, condition. Although there are many methods for creating a neovagina, the optimal treatment is unknown. An 18-year-old woman with Mayer-Rokitansky-Kuster-Hauser syndrome received vaginoplasty with a modified Wharton procedure using an artificial dermis (atelocollagen sponge). From 10 days after the operation, the patient was administered human recombinant basic fibroblast growth factor (bFGF) spray to accelerate epithelialization on the neovagina. At 50 days after the operation, we confirmed histological squamous epithelialization of the vaginal epithelium. At 12 months after the operation, the neovagina was at least 3.5 cm in width and similar to8 cm in length. In this case, use of artificial dermis and recombinant bFGF to create a neovagina was an easy, less invasive and useful method.

    DOI: 10.1093/humrep/deh254

    Web of Science

    researchmap

  • 内視鏡下子宮筋腫手術におけるトラブルについてのアンケート調査:最近の医療事故報道の影響と医療事故防止への対応.

    中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, Chekir Chebib, 平松祐司, 松本 貴

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌   2004年

     詳細を見る

  • 性同一性障害:「生」と「性」の正しい理解の輪を広げよう

    中塚幹也

    全国助産師協議会ニュースレター   巻頭   2004年

     詳細を見る

  • Impaired vascular function in women with recurrent pregnancy loss: Involvement of antiphospholipid antibodies.

    Nakatsuka M, Noguchi S, Kamada Y, Sasaki A, C.Chekir, H.Lin, Hiramatsu Y

    IX international congress of reproductive immunology -I SIR-   ,,97-100   2004年

     詳細を見る

  • 抗リン脂質抗体陽性不育症症例における血清Thrombomodulin値と産科的予後.

    中塚幹也, 鎌田泰彦, 野口聡一, 佐々木愛子, Chebib Chekir, 平松祐司

    産婦人科の実際   2004年

     詳細を見る

  • 胎児発育から見た妊娠中毒症の胎盤病理所見:定量化の試み.

    Chebib CHEKIR, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, HAO Lin, 平松祐司

    日本妊娠高血圧学会雑誌   2004年

     詳細を見る

  • 不育症の病態別にみた子宮動脈血管抵抗および凝固関連マーカーの妊娠経過による変化.

    中塚幹也, 小西秀樹, 鎌田泰彦, Chebib Chekir, 羽原俊宏, 野口聡一, 工藤尚文

    産婦人科の実際   2004年

     詳細を見る

  • Advanced glycation end products induce secretion of chemokines and apoptosis in human first trimester trophoblasts.

    Konishi H, Nakatsuka M, Chekir C, Noguchi S, Kamada Y, Sasaki A, Hiramatsu Y

    Human Reproduction   2004年

     詳細を見る

  • 思春期の性同一性障害症例の社会的,精神的,身体的問題点と医学的介入の可能性についての検討

    中塚幹也, 江見弥生

    母性衛生   2004年

     詳細を見る

  • 思春期の性同一性障害症例の社会的,精神的,身体的問題点と医学的介入の可能性についての検討.

    中塚幹也, 江見弥生

    母性衛生   2004年

     詳細を見る

  • 「子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌の診断と治療-最近の研究動向-」癌登録の歴史と実際

    奥田博之, 中塚幹也

    日本臨床   2004増刊   2004年

     詳細を見る

  • 抗リン脂質抗体陽性不育症症例における血清Thrombomodulin値と産科的予後

    中塚幹也, 鎌田泰彦, 野口聡一, 佐々木愛子, Chebib Chekir, 平松祐司

    産婦人科の実際   2004年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症診療におけるColor Doppler検査の有用性の検討.

    安達美和, 中塚幹也, 松尾 環, 野口聡一, 佐々木愛子, Chekir Chebib, 鎌田泰彦, 平松祐司

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2004年

     詳細を見る

  • 子宮腺筋症正所性・異所性子宮内膜におけるユビキチン化蛋白に関する検討.

    鎌田泰彦, 中塚幹也, 野口聡一, Chekir Chebib, 佐々木愛子, 平松祐司

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2004年

     詳細を見る

  • ヘパリン療法を施行した不育症妊婦における骨代謝の検討.

    野口聡一, 中塚幹也, 鎌田泰彦, 佐々木愛子, 平松祐司, 大井伸子

    Osteoporosis Japan   2004年

     詳細を見る

  • Nafamostat mesilate suppresses NF-B activation and NO overproduction in LPS-treated macrophages

    Soichi Noguchi, Mikiya Nakatsuka, Hideki Konishi, Yasuhiko Kamada, Chebib Chekir, Takafumi Kudo

    IntImmunopharmacol   3 ( 9 )   1335 - 1344   2003年9月

     詳細を見る

  • Nafamostat mesilate suppresses NF-kappa B activation and NO overproduction in LPS-treated macrophages

    S Noguchi, M Nakatsuka, H Konishi, Y Kamada, C Chekir, T Kudo

    INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY   3 ( 9 )   1335 - 1344   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Nafamostat mesilate (NM), a clinically used serine protease inhibitor, Suppressed the overproduction of nitric oxide (NO) and the expression of inducible nitric oxide synthase (iNOS) in RAW264.7 murine macrophages treated with lipopolysaccharide (LPS, 100 ng/ml); however, it had little effect oil endothelial NOS (eNOS) in human umbilical vein endothelial cells (HUVEC). Electrophoretic mobility shift assay (EMSA) revealed that LPS activated nuclear factor-kappaB (NF-kappaB) in RAW264.7 cells and that this activation was suppressed by nafamostat mesilate. Western blotting showed that nafamostat mesilate suppressed the phosphorylation and degradation of inhibitor kappaB-alpha (IkappaB-alpha), which holds NF-kappaB in the cytoplasm in an inactivated state. Our observations suggest that nafamostat mesilate is a candidate agent for various diseases such as ischemia-reperfusion, graft rejection, inflammatory diseases, and autoimmune diseases, in which iNOS and/or NF-kappaB are upregulated. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1567-5769(03)00146-2

    Web of Science

    researchmap

  • Increased plasma adrenomedullin in women with recurrent pregnancy loss

    M Nakatsuka, T Habara, S Noguchi, H Konishi, T Kudo

    OBSTETRICS AND GYNECOLOGY   102 ( 2 )   319 - 324   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    OBJECTIVE: To evaluate vascular changes and uterine perfusion in women with recurrent pregnancy loss.
    METHODS: We measured plasma levels of adrenomedullin of 100 pregnant women in the midluteal phase of a nonpregnant cycle (control group: n = 62; recurrent pregnancy loss group: n = 38). We measured the pulsatility index (PI) in the uterine arteries by transvaginal pulsed Doppler ultrasonography at the same time.
    RESULTS: The plasma level of adrenomedullin in women with recurrent pregnancy loss (5.6 +/- 1.9, mean +/- standard deviation) was significantly higher (P &gt;.001) than that in control women (3.6 +/- 1.7). Uterine arterial PI of women with recurrent pregnancy loss (2.70 +/- 0.47) was significantly higher (P &gt;.001) than that in control women (2.09 +/- 0.39). Plasma level of adrenomedullin had a significant positive correlation with uterine arterial PI both in the control group (r =.58, P &lt;.001) and in the recurrent pregnancy loss group (r =.78, P &lt;.001). Both plasma adrenomedullin concentration (7.2 +/- 2.3) and uterine arterial PI (3.06 +/- 0.36) were significantly high in women with antiphospholipid antibodies.
    CONCLUSION: Plasma adrenomedullin may serve as a useful biochemical marker for recurrent pregnancy loss caused by impaired uterine perfusion.

    DOI: 10.1016/S0029-7844(03)00481-2

    Web of Science

    researchmap

  • Increased plasma adrenomedullin in women with recurrent pregnancy loss

    M Nakatsuka, T Habara, S Noguchi, H Konishi, T Kudo

    OBSTETRICS AND GYNECOLOGY   102 ( 2 )   319 - 324   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    OBJECTIVE: To evaluate vascular changes and uterine perfusion in women with recurrent pregnancy loss.
    METHODS: We measured plasma levels of adrenomedullin of 100 pregnant women in the midluteal phase of a nonpregnant cycle (control group: n = 62; recurrent pregnancy loss group: n = 38). We measured the pulsatility index (PI) in the uterine arteries by transvaginal pulsed Doppler ultrasonography at the same time.
    RESULTS: The plasma level of adrenomedullin in women with recurrent pregnancy loss (5.6 +/- 1.9, mean +/- standard deviation) was significantly higher (P &gt;.001) than that in control women (3.6 +/- 1.7). Uterine arterial PI of women with recurrent pregnancy loss (2.70 +/- 0.47) was significantly higher (P &gt;.001) than that in control women (2.09 +/- 0.39). Plasma level of adrenomedullin had a significant positive correlation with uterine arterial PI both in the control group (r =.58, P &lt;.001) and in the recurrent pregnancy loss group (r =.78, P &lt;.001). Both plasma adrenomedullin concentration (7.2 +/- 2.3) and uterine arterial PI (3.06 +/- 0.36) were significantly high in women with antiphospholipid antibodies.
    CONCLUSION: Plasma adrenomedullin may serve as a useful biochemical marker for recurrent pregnancy loss caused by impaired uterine perfusion.

    DOI: 10.1016/S0029-7844(03)00481-2

    Web of Science

    researchmap

  • An association of IgG anti-laminin-1 autoantibodies with endometriosis in infertile patients

    J Inagaki, M Sugiura-Ogasawara, M Nomizu, M Nakatsuka, K Ikuta, N Suzuki, K Kaihara, K Kobayashi, T Yasuda, Y Shoenfeld, K Aoki, E Matsuura

    HUMAN REPRODUCTION   18 ( 3 )   544 - 549   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    BACKGROUND: Laminin-1, a multifunctional glycoprotein of the basement membrane, is thought to be important in embryogenesis, embryonic implantation, and placentation. We recently showed that serum IgG anti-laminin-1 autoantibodies (auto-Abs) are associated with recurrent first-trimester miscarriages. The present study assessed the clinical significance of anti-laminin-1 Abs with infertility, accompanied with or without endometriosis. METHODS: Sixty-eight infertile patients who underwent laparoscopy or laparotomy and 39 healthy non-pregnant women were tested for IgG anti-laminin-1 Abs. The association between the Abs and endometriosis was analysed. The presence of laminin-1 mRNA was detected in endometriotic lesions. RESULTS: Twenty infertile patients were positive for anti-laminin-1 Abs. The Ab levels in those patients were significantly higher than those in healthy non-pregnant women (P = 0.0005). The presence of the Abs was significantly associated with endometriosis in those patients (P = 0.0096). The Abs recognized a particular domain, i.e., the laminin-alpha1 chain G domain. mRNA encoding laminin-alpha1, -beta1, and -gamma1 chains was expressed in 90% of endometriotic lesions. CONCLUSIONS: IgG anti-laminin-1 Abs were significantly associated with endometriosis in infertile patients. The Abs might be clinically important in the development of autoimmune-mediated reproductive failures and the assessment of the Abs may provide a novel non-invasive diagnosis of endometriosis.

    DOI: 10.1093/humrep/deg148

    Web of Science

    researchmap

  • An association of IgG anti-laminin-1 autoantibodies with endometriosis in infertile patients

    J Inagaki, M Sugiura-Ogasawara, M Nomizu, M Nakatsuka, K Ikuta, N Suzuki, K Kaihara, K Kobayashi, T Yasuda, Y Shoenfeld, K Aoki, E Matsuura

    HUMAN REPRODUCTION   18 ( 3 )   544 - 549   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    BACKGROUND: Laminin-1, a multifunctional glycoprotein of the basement membrane, is thought to be important in embryogenesis, embryonic implantation, and placentation. We recently showed that serum IgG anti-laminin-1 autoantibodies (auto-Abs) are associated with recurrent first-trimester miscarriages. The present study assessed the clinical significance of anti-laminin-1 Abs with infertility, accompanied with or without endometriosis. METHODS: Sixty-eight infertile patients who underwent laparoscopy or laparotomy and 39 healthy non-pregnant women were tested for IgG anti-laminin-1 Abs. The association between the Abs and endometriosis was analysed. The presence of laminin-1 mRNA was detected in endometriotic lesions. RESULTS: Twenty infertile patients were positive for anti-laminin-1 Abs. The Ab levels in those patients were significantly higher than those in healthy non-pregnant women (P = 0.0005). The presence of the Abs was significantly associated with endometriosis in those patients (P = 0.0096). The Abs recognized a particular domain, i.e., the laminin-alpha1 chain G domain. mRNA encoding laminin-alpha1, -beta1, and -gamma1 chains was expressed in 90% of endometriotic lesions. CONCLUSIONS: IgG anti-laminin-1 Abs were significantly associated with endometriosis in infertile patients. The Abs might be clinically important in the development of autoimmune-mediated reproductive failures and the assessment of the Abs may provide a novel non-invasive diagnosis of endometriosis.

    DOI: 10.1093/humrep/deg148

    Web of Science

    researchmap

  • アンドロロジー領域における外科手術:性別適合手術(Sex ReassignmentSurgery: SRS)

    永井敦, 光嶋勲, 筒井哲也, 中塚幹也, 井口裕樹, 那須保友, 津島知靖, 公文裕巳

    泌尿器外科   16(5); 587-592   2003年

     詳細を見る

  • 重症妊娠中毒症における羊水,臍帯血中のCytokine, Nitric Oxide代謝産物(NOx):preterm PROM症例との比較

    野口聡一, 中塚幹也, 小西秀樹, 鎌田泰彦, 熊澤一真, 中田高公, 多田克彦, Chekir Chebib, 平松祐司

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2003年

     詳細を見る

  • Impaired uterine arterial blood flow in pregnant women with recurrent pregnancy loss

    Mikiya Nakatsuka, Toshihiro Habara, Soichi Noguchi, Hideki Konishi, Takafumi Kudo

    J Ultrasound Med.   2003年

     詳細を見る

  • 岡山大学ジェンダークリニックにおける性同一性障害121症例の検討

    中塚幹也, 小西秀樹, 工藤尚文, 永井敦, 光嶋勲, 佐藤俊樹, 山本文子, 黒田重利

    産科と婦人科   2003年

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症妊婦の血中,胎盤組織中のAdvanced glycation end products(AGE)と胎盤におけるRAGEの発現

    Chebib Chekir, 中塚幹也, 野口聡一, 小西秀樹, 鎌田泰 彦, 平松祐司

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2003年

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症,SLE,抗リン脂質抗体症候群妊婦におけるAdvanced glycation endproducts (AGEs)と胎盤障害

    Chebib Chekir, 中塚幹也, 野口聡一, 小西秀樹, 佐々木愛子, 鎌田泰彦, 平松祐司

    Reproductive Immunology and Biology   2003年

     詳細を見る

  • 重症妊娠中毒症における羊水,臍帯血中のCytokine,Nitric Oxide代謝産物(NOx):preterm PROM症例との比較

    野口聡一, 中塚幹也, 小西秀樹, 鎌田泰彦, 熊沢一真, 中田高公, 多田克彦, Chekir Chebib, 平松祐司

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2003年

     詳細を見る

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)における脂質異常と酸化ストレス

    中塚幹也, 小西秀樹, 野口聡一, 菊池由加子, 鎌田泰彦, 羽原俊宏, Chebib Chekir, 平松祐司, 工藤尚文

    日本産科婦人科 栄養・代謝研究会誌   2003年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症診療におけるColor Doppler検査の有用性の検討

    松尾環, 中塚幹也, 野口聡一, 羽原俊宏, 佐々木愛子, Chekir Chebib, 鎌田泰彦, 小西秀樹, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2003年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症の腹膜色素病変と種々の生理活性物質との関連

    中塚幹也, 鎌田泰彦, 羽原俊宏, 小西秀樹, Chekir Chebib, 野口聡一, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2003年

     詳細を見る

  • 性同一性障害症例の医療費の現状: ホルモン療法を中心に

    赤堀洋一郎, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 平松祐司

    臨床婦人科産科   2003年

     詳細を見る

  • 不育症妊婦に対するヘパリン療法の骨代謝への影響

    秦久美子, 足利久美子, 米澤喜美子, 景山敬子, 小橋尚子, 松井たみこ, 大井伸子, 野口聡一, 中塚幹也, 平松祐司

    母性衛生   2003年

     詳細を見る

  • マウスモデルを用いた抗ラミニン-1自己抗体の妊娠における意義に関する検討

    近藤朱音, 稲垣純子, 中塚幹也, 松林英彦, 牧野恒久

    Reproductive Immunology and Biology   2003年

     詳細を見る

  • 抗リン脂質抗体症候群の妊娠予後の予測の試み -子宮動脈血管抵抗,凝固関連マーカーの変化-

    中塚幹也, 鎌田泰彦, 小西秀樹, 羽原俊宏, 野口聡一, 工藤尚文

    産婦人科の実際   2003年

     詳細を見る

  • Involvement of peroxynitrite in LPS-induced apoptosis of trophoblasts.

    Asagiri K, Nakatsuka M, Konishi H, Noguchi S, Takata M, Habara T, Kudo T

    J Obstet Gynaecol Res.   2003年

  • 岡山大学ジェンダークリニックにおける性同一性障害121症例の検討

    中塚幹也, 小西秀樹, 工藤尚文, 永井 敦, 公文裕巳, 光嶋 勲, 佐藤俊樹, 山本文子, 黒田重利

    産科と婦人科   2003年

     詳細を見る

  • Impaired uterine arterial blood flow in pregnant women with recurrent pregnancy loss.

    Nakatsuka M, Habara T, Noguchi S, Konishi H, Kudo T

    J Ultrasound Med   2003年

     詳細を見る

  • Involvement of peroxynitrite in LPS-induced apoptosis of trophoblasts.

    Asagiri K, Nakatsuka M, Konishi H, Noguchi S, Takata M, Habara T, Kudo T

    J. Obstet. Gynaecol. Res   2003年

  • 子宮内膜症の腹膜色素病変と種々の生理活性物質との関連

    中塚幹也, 鎌田泰彦, 羽原俊宏, 小西秀樹, Chekir Chebib, 野口聡一, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2003年

     詳細を見る

  • 抗リン脂質抗体症候群の妊娠予後の予測の試み ー子宮動脈血管抵抗,凝固関連マーカーの変化ー

    中塚幹也, 鎌田泰彦, 小西秀樹, 羽原俊宏, 野口聡一, 工藤尚文

    産婦人科の実際   2003年

     詳細を見る

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)における脂質異常と酸化ストレス

    中塚幹也, 小西秀樹, 野口聡一, 菊池由加子, 鎌田泰彦, 羽原俊宏, Chekir Chebib, 平松祐司, 工藤尚文

    日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌   2003年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症診断におけるColor Doppler検査の有用性の検討

    松尾 環, 中塚幹也, 野口聡一, 羽原俊宏, 佐々木愛子, Chekir Chebib, 鎌田泰彦, 小西秀樹, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2003年

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症妊婦の血中,胎盤組織中のAGEsと胎盤におけるRAGE発現

    Chekir Chebib, 中塚幹也, 野口聡一, 小西秀樹, 鎌田泰彦, 平松祐司

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2003年

     詳細を見る

  • The biological effects of antiadhesion agents on activated RAW264.7 macrophages

    T Habara, M Nakatsuka, H Konishi, K Asagiri, S Noguchi, T Kudo

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH   61 ( 4 )   628 - 633   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JOHN WILEY & SONS INC  

    The objective of this study is to determine the biological effects of various antiadhesion agents on macrophages, which play an essential role in wound healing and adhesion. To determine these effects, RAW264.7 macrophages were activated with lipopolysaccharide in the presence of antiadhesion agents: oxidized regenerated cellulose (oxyC), sodium hyaluronate (HA), dexamethasone (Dex), or chondroitin sulfate (CS). The release of nitric oxide (NO), vascular endothelial growth factor (VEGF), interleukin-6 (IL-6), or matrix metalloproteinases (MMPs') from RAW264.7 was measured. We found that oxyC reduced the release of NO, IL-6, MMP-2, and MMP-9, whereas it enhanced the release of VEGF. HA reduced the release of MMP-2, whereas it enhanced the release of VEGF and NO. HA exhibited no significant effect on the release of IL-6 or MMP-9. Dex reduced the release of NO, VEGF, IL-6, MMP-2, and MMP-9. CS reduced the release of VEGF, IL-6, and MMP-2, although it had no significant effect on the release of NO and MMP-9. Antiadhesion agents, which have been clinically used as physical barriers, modulated the functions of macrophages. (C) 2002 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jbm.10247

    Web of Science

    researchmap

  • A long-term transdermal nitric oxide donor improves uteroplacental circulation in women with preeclampsia

    Nakatsuka M, Takata M, Tada K, Asagiri K, Habara T, Noguchi S, Kudo T

    Journal Ultrasound in Medicine   2002年

     詳細を見る

  • 産婦人科臨床における最近の話題

    工藤尚文, 平松祐司, 児玉順一, 中塚幹也

    大阪医薬品協会会報   ,641,1-7   2002年

     詳細を見る

  • 性同一性障害患者に対する性別適合手術

    井口裕樹, 永井 敦, 津島知靖, 光嶋 勲, 中塚幹也, 公文裕巳

    日本性機能学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症症例の血中および腹水中のBisphenol A濃度と子宮内膜症腹水細胞へのBisphenol Aの作用

    羽原俊宏, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 小西秀樹, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2002年

     詳細を見る

  • 不育症症例における子宮動脈血流と治療による変化

    中塚幹也, 羽原俊宏, 野口聡一, 小西秀樹, 工藤尚文

    産婦人科の実際   2002年

     詳細を見る

  • Male to female transsexuals(性同一性障害)のホルモン療法の現状

    菊池由加子, 中塚幹也, 小西秀樹, 羽原俊宏, 野口聡一, 工藤尚文

    臨床婦人科産科   2002年

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症,SLE胎盤におけるAdvanced Glycation End Products(AGEs)蓄積と障害

    Chebib Chekir, 中塚幹也, 野口聡一, 小西秀樹, 羽原俊宏, 高田雅代, 鎌田泰彦, 工藤尚文

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 重症妊娠中毒症妊婦血清の血管内皮細胞への作用

    野口聡一, 中塚幹也, 小西秀樹, 羽原俊宏, 高田雅代, 工藤尚文

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • Differential blood flow in uterine, ophthalmic, and brachial arteries of preeclamptic women

    Takata M, Nakatsuka M, Kudo T

    Obstetrics & Gynecology   2002年

  • Effect of a ntric oxide donor on the ophthalmic artery flow velocity waveform in preeclamptic women

    Nakatsuka M, Takata M, Tada K, Kudo T

    Journalof Ultrasound in Medicine   2002年

     詳細を見る

  • Elevated blood flow resistance in uterine arteries of women with unexplained recurrent pregnancy loss

    Habara T, Nakatsuka M, Konishi H, Asagiri K, Noguchi S, Kudo T

    Human Reproduction   2002年

     詳細を見る

  • Bisphenol A stimulates NO synthesis through a non-genomic estrogen receptor-mediated mechanism in mouse endothelial cells

    Noguchi S, Nakatsuka M, Asagiri K, Habara T, Takata M, Konishi H, Kudo T

    Toxicology Letters   2002年

  • 子宮血流動態と不育症

    中塚幹也

    産科と婦人科   68,6,724-729   2001年

     詳細を見る

  • 青年期の産婦人科的問題

    中塚幹也

    第31回中国・四国大学宇保健管理研究集会報告書   ,,40-44   2001年

     詳細を見る

  • 産婦人科と性同一性障害

    中塚幹也, 小西秀樹, 工藤尚文

    岡山医学会雑誌   113,,273-278   2001年

  • 胸郭内子宮内膜症

    中塚幹也, 川原正行, 工藤尚文

    日本臨床   59,増,201-203   2001年

     詳細を見る

  • 子宮動脈血流と不育症

    中塚幹也, 羽原俊宏, 工藤尚文

    産婦人科治療   82,5,548-551   2001年

     詳細を見る

  • LPS刺激による絨毛細胞の一酸化窒素(NO)産生酵素誘導、およびapoptosis発生に対するプロテアーゼインヒビターによる抑制効果

    中塚幹也, 工藤尚文

    Surgery Frontier   8,2,229-232   2001年

     詳細を見る

  • Environmental chemicals exposure in utero, but not in early infancy, increases the risk of endometriosis: a new method for estimation of exposure in utero

    A.Seki, N.Seki, M.Nakatsuka, T.Kudo, S.Kira

    Recent Research in Gynecological Endocrinology   2001年

     詳細を見る

  • Second trimesterに発症した長期破水症例においての肺低形成の予測

    中田高公, 共同研究者, 工藤尚文, 平松祐司, 多田克彦, 中塚幹也, 熊澤一真, 井下秀司, 橋本一郎, 藤原美佐保

    周産期学シンポジウム   2001年

     詳細を見る

  • GnRH agonist, GnRH antagonistのマクロファージ、繊維芽細胞、血管内皮細胞への作用

    羽原俊宏, 中塚幹也, 野口聡一, 鎌田泰彦, 小西秀樹, 高田雅代, 浅桐和男, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2001年

     詳細を見る

  • 重症妊娠中毒症妊婦血清による血管内皮細胞増殖,cell migration抑制に対するprotease阻害剤の効果

    野口聡一, 中塚幹也, 小西秀樹, 羽原俊宏, 高田雅代, 浅桐和男, 工藤尚文

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2001年

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症と血流動態?母体の上腕動脈,眼動脈,子宮動脈の検討?

    中塚幹也, 高田雅代, 小西秀樹, 羽原俊宏, 浅桐和男, 野口聡一, 工藤尚文

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2001年

     詳細を見る

  • Heme insertion, assembly, and activation of apo-neuronal nitric-oxide synthase in vitro

    Andrew T. Bender, Mikiya Nakatsuka, Yoichi Osawa

    Journal of Biological Chemistry   275 ( 34 )   26018 - 26023   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:American Society for Biochemistry and Molecular Biology Inc.  

    It has been established that in the case of inducible NO synthase (NOS), a functionally active homodimer is assembled from the heine-deficient monomeric apo-NOS in vitro by the addition of heme, whereas the heme-deficient neuronal isoform (apo-nNOS) is at best only partially activated. In the current study we have discovered that reactive oxygen species, which can be removed by the addition of superoxide dismutase and catalase, destroy the heme and limit the activation of apo-nNOS in vitro. With the use of these improved conditions, we show for the first time that heme insertion is a rapid process that results in formation of a heme-bound monomeric nNOS that is able to form the ferrous-CO P450 complex but is unable to synthesize NO. A slow process requiring more than 90 min is required for dimerization and activation of this P450 intermediate to give an enzyme with a specific activity of approximately 1100 nmol of NO formed/min/mg of protein, similar to that of the native enzyme. Interestingly, the dimer is not SDS-resistant and is not the same dimer that forms in vivo. These studies indicate at least two intermediates in the assembly of nNOS and advance our understanding of the regulation of nNOS.

    DOI: 10.1074/jbc.275.34.26018

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Heme insertion, assembly, and activation of apo-neuronal nitric-oxide synthase in vitro

    Andrew T. Bender, Mikiya Nakatsuka, Yoichi Osawa

    Journal of Biological Chemistry   275 ( 34 )   26018 - 26023   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:American Society for Biochemistry and Molecular Biology Inc.  

    It has been established that in the case of inducible NO synthase (NOS), a functionally active homodimer is assembled from the heine-deficient monomeric apo-NOS in vitro by the addition of heme, whereas the heme-deficient neuronal isoform (apo-nNOS) is at best only partially activated. In the current study we have discovered that reactive oxygen species, which can be removed by the addition of superoxide dismutase and catalase, destroy the heme and limit the activation of apo-nNOS in vitro. With the use of these improved conditions, we show for the first time that heme insertion is a rapid process that results in formation of a heme-bound monomeric nNOS that is able to form the ferrous-CO P450 complex but is unable to synthesize NO. A slow process requiring more than 90 min is required for dimerization and activation of this P450 intermediate to give an enzyme with a specific activity of approximately 1100 nmol of NO formed/min/mg of protein, similar to that of the native enzyme. Interestingly, the dimer is not SDS-resistant and is not the same dimer that forms in vivo. These studies indicate at least two intermediates in the assembly of nNOS and advance our understanding of the regulation of nNOS.

    DOI: 10.1074/jbc.275.34.26018

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Heme insertion, assembly, and activation of apo-neuronal nitric-oxide synthase in vitro

    Andrew T. Bender, Mikiya Nakatsuka, Yoichi Osawa

    Journal of Biological Chemistry   275 ( 34 )   26018 - 26023   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:American Society for Biochemistry and Molecular Biology Inc.  

    It has been established that in the case of inducible NO synthase (NOS), a functionally active homodimer is assembled from the heine-deficient monomeric apo-NOS in vitro by the addition of heme, whereas the heme-deficient neuronal isoform (apo-nNOS) is at best only partially activated. In the current study we have discovered that reactive oxygen species, which can be removed by the addition of superoxide dismutase and catalase, destroy the heme and limit the activation of apo-nNOS in vitro. With the use of these improved conditions, we show for the first time that heme insertion is a rapid process that results in formation of a heme-bound monomeric nNOS that is able to form the ferrous-CO P450 complex but is unable to synthesize NO. A slow process requiring more than 90 min is required for dimerization and activation of this P450 intermediate to give an enzyme with a specific activity of approximately 1100 nmol of NO formed/min/mg of protein, similar to that of the native enzyme. Interestingly, the dimer is not SDS-resistant and is not the same dimer that forms in vivo. These studies indicate at least two intermediates in the assembly of nNOS and advance our understanding of the regulation of nNOS.

    DOI: 10.1074/jbc.275.34.26018

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Nafamostat mesilate,a serine protease inhibitor,suppresses lipopolysac charide-induced nitric oxide synthesis and apoptosis in cultured human trophoblasts(共著)

    Life Sciences   67 ( 10 )   1243 - 1250   2000年7月

     詳細を見る

  • Nafamostat mesilate, a serine protease inhibitor, suppresses lipopolysaccharide-induced nitric oxide synthesis and apoptosis in cultured human trophoblasts

    Mikiya Nakatsuka, Kazuo Asagiri, Soichi Noguchi, Toshihiro Habara, Takafumi Kudo

    Life Sciences   67 ( 10 )   1243 - 1250   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We investigated the effects of nafamostat mesilate, a synthetic protease inhibitor clinically used for patients with pancreatitis or disseminated intravascular coagulopathy, on NO synthesis and apoptosis in lipopolysaccharide (LPS)-treated human trophoblasts. Nafamostat mesilate or aminoguanidine, an inhibitor of NO synthase, suppressed NO synthesis and apoptosis in trophoblasts induced by LPS. Both agents also suppressed matrix metalloproteinase-2 activity induced by LPS. LPS also stimulated secretion of IL-6 and IL-8 in cultured trophoblasts, which was suppressed by nafamostat mesilate. Protease inhibitors including nafamostat mesilate may be therapeutic agents for chorioamnionitis and various diseases including septic shock, ischemia-reperfusion injury in brain and heart, graft rejection, and acute phase inflammatory diseases, in which overproduction of NO or peroxynitrite is involved in tissue injury. (C) 2000 Elsevier Science Inc.

    DOI: 10.1016/S0024-3205(00)00716-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Nafamostat mesilate, a serine protease inhibitor, suppresses lipopolysaccharide-induced nitric oxide synthesis and apoptosis in cultured human trophoblasts

    Mikiya Nakatsuka, Kazuo Asagiri, Soichi Noguchi, Toshihiro Habara, Takafumi Kudo

    Life Sciences   67 ( 10 )   1243 - 1250   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We investigated the effects of nafamostat mesilate, a synthetic protease inhibitor clinically used for patients with pancreatitis or disseminated intravascular coagulopathy, on NO synthesis and apoptosis in lipopolysaccharide (LPS)-treated human trophoblasts. Nafamostat mesilate or aminoguanidine, an inhibitor of NO synthase, suppressed NO synthesis and apoptosis in trophoblasts induced by LPS. Both agents also suppressed matrix metalloproteinase-2 activity induced by LPS. LPS also stimulated secretion of IL-6 and IL-8 in cultured trophoblasts, which was suppressed by nafamostat mesilate. Protease inhibitors including nafamostat mesilate may be therapeutic agents for chorioamnionitis and various diseases including septic shock, ischemia-reperfusion injury in brain and heart, graft rejection, and acute phase inflammatory diseases, in which overproduction of NO or peroxynitrite is involved in tissue injury. (C) 2000 Elsevier Science Inc.

    DOI: 10.1016/S0024-3205(00)00716-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Nafamostat mesilate, a serine protease inhibitor, suppresses lipopolysaccharide-induced nitric oxide synthesis and apoptosis in cultured human trophoblasts.(共著)

    Life Sciences   67 ( 10 )   1243 - 1250   2000年7月

     詳細を見る

  • クラミジア感染に伴う卵管機能の変化:卵管通気波形の数値化による評価

    羽原俊宏, 中塚幹也, 木村吉宏, 鎌田泰彦, 高田雅代, 浅桐和男, 野口聡一, 新谷恵司, 工藤尚文

    日本不妊学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • GnRH agonist suppressed expression of nitric oxide synthases and generation of peroxynitrite in adenomyosis

    Y. Kamada, M. Nakatsuka, K. Asagiri, S. Noguchi, T. Habara, M. Takata, T. Kudo

    Human Reprod   2000年

     詳細を見る

  • 子癇の薬物療法 <研究1> 周産期に痙攣発作を起こした19症例の検討—子癇,脳出血,非発作重症妊娠中毒症の比較— <研究2> 重症妊娠中毒症例の眼動脈に対するNO放出剤の影響

    中塚幹也, 高田雅代, 工藤尚文

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 妊娠中毒症妊婦血清の血管内皮細胞への作用

    野口聡一, 中塚幹也, 高田雅代, 浅桐和男, 小西秀樹, 羽原俊宏, 工藤尚文

    日本妊娠中毒症学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • Nafamostat mesilate, a serine protease inhibitor, suppresses lipopolysaccharide-induced nitric oxide synthesis and apoptosis in cultured human trophoblasts

    Mikiya Nakatsuka, Kazuo Asagiri, Soichi Noguchi, Toshihiro Habara, Takafumi Kudo

    Life Sciences   2000年

  • 特集 胎児・新生児異常の新しい周産期管理 妊娠中毒症・IUGRにおける血管内皮障害一子宮動脈・眼動脈・上腕動脈の血流動態の変化一

    中塚幹也, 高田雅代, 工藤尚文

    産婦人科の世界   2000年

     詳細を見る

  • 高速MRIが胎内診断に有用であった片側巨脳症の1例

    高田雅代, 多田克彦, 中田高公, 橋本一郎, 熊澤一真, 中塚幹也, 工藤尚文, 上者郁夫

    日本産科婦人科学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 妊娠初期絨毛,胎盤におけるklotho遺伝子発現と自然流産や常位胎盤早期剥離での変化

    羽原俊宏, 中塚幹也, 野口聡一, 浅桐和男, 小西秀樹, 鎌田泰彦, 高田雅代, 木村吉宏, 工藤尚文

    日本内分泌学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 子宮内膜症の発生と癌発生一環境因子ならびに遺伝子などからのアプローチ)子宮内膜症腹腔内環境における種々の生理活性物質

    中塚幹也, 羽原俊宏, 野口聡一, 鎌田泰彦, 浅桐和男, 高田雅代, 小西秀樹, 工藤尚文

    エンドメトリオーシス研究会会誌   2000年

     詳細を見る

  • 妊娠時一過性尿崩症の4症例

    川原正行, 中塚幹也, 羽原俊宏, 高田雅代, 木森一吉, 浅桐和男, 野口聡一, 多田克彦, 工藤尚文

    内分泌 興味ある症例 第36集ホルモンと臨床   2000年

     詳細を見る

  • Expressions of chemokine receptors, CCR-4 and CCR-5, are altered in chorionic villi from women with embryonal death

    Kazuo Asagiri, Mikiya Nakatsuka, Hideki Konishi, Toshihiro Habara, Masayo Takata, Soich Noguchi, Takafumi Kudo

    J. Reprod. Immunol.   2000年

     詳細を見る

  • 岡山大学ジェンダークリニックおける性同一性障害患者の現況

    永井敦, 公文裕巳, 中塚幹也, 工藤尚文, 光嶋勲, 佐藤俊樹, 山本文子, 黒田重利

    日本性機能学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 本態性血小板血症合併妊娠の1症例

    舛本明生, 増山寿, 橋本一郎, 熊澤一真, 高田雅代, 中田高公, 中塚幹也, 水谷靖司, 多田克彦, 平松祐司, 工藤尚文

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 超低出生体重児のwell-beingの評価法一胎児心拍数図および胎児血流計測値と分娩時臍帯動脈血ガス分析値との関係一

    多田克彦, 工藤尚文, 中田高公, 橋本一郎, 熊澤一真, 増山寿, 中塚幹也

    産婦人科の世界   2000年

     詳細を見る

  • 特集 子宮内膜症一その病態を探る一子宮内膜症とNO

    中塚幹也, 工藤尚文

    Hormone Frontier in Gynecology.   2000年

     詳細を見る

  • Elevation of nitrite/nitrate in vaginal secretion precedes premature delivery

    Mikiya Nakatsuka, Toshihiro Habara, Yasuhiko Kamada, Katsuhiko Tada, Takafumi Kudo

    Am J Obstet Gynecol.   2000年

     詳細を見る

  • Heme insertion, assembly, and activation of apo-neuronal nitric oxide synthase in vitro.

    Bender, A. T, Nakatsuka, M, Osawa, Y

    J. Biol Chem.   2000年

  • Fetal hydrocephalus secondary to intraventricular hemorrhage diagnosed by ultrasonography and in utero fast magnetic resonance imaging. A case report

    Ichiro Hashimoto, Katsuhiko Tada, Mikiya Nakatsuka, Takakimi Nakata, Nanako Inoue, Masayo Takata, Takafumi Kudo, Ikuo Joja

    Fetal Diagnosis and Therapy   14 ( 4 )   248 - 253   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:S. Karger AG  

    Although fetal hydrocephalus is commonly detected by prenatal ultrasonographic examination, posthemorrhagic hydrocephalus has rarely been observed in the fetus. We report a case of hydrocephalus secondary to intraventricular hemorrhage (IVH) diagnosed by in utero magnetic resonance imaging (MRI) at 37 + 1 weeks of gestation. Ultrasonography revealed enlargement of the bilateral ventricles and an irregular mass measuring 20 x 12 x 10 mm in the right lateral ventricle. T1-weighted images with two-dimensional fast low-angle shot (2D-FLASH) and T2-weighted images with half-Fourier single-shot turbo spin echo (HASTE) demonstrated that an old hemorrhagic clot existed in the right lateral ventricle of the fetus. Hydrocephalus secondary to IVH was confirmed by postnatal MRI and ventriculoscopy. Fast MRI is especially useful for prenatal diagnosis of fetal brain abnormalities because it minimizes the artifact of fetal movement.

    DOI: 10.1159/000020931

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Clinical experience of long-term transdermal treatment with nitric oxide donor for women with preeclampsia

    Mikiya Nakatsuka, Katsuhiko Tada, Yoshihiro Kimura, Kazuo Asagiri, Yasuhiko Kamada, Masayo Takata, Takakimi Nakata, Nanako Inoue, Takafumi Kudo

    Gynecologic and Obstetric Investigation   47 ( 1 )   13 - 19   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Isosorbide dinitrate (ISDN), a nitric oxide donor, was applied transdermally for 4-16 days to 4 preeclamptic women with oligohydramnios, intrauterine fetal growth retardation (IUGR), and elevated resistance of blood flow in the uterine arteries. Pulsed Doppler ultrasonography revealed immediate and drastic improvement of pulsatility index (PI) of uterine arteries following treatment with ISDN. The average PI in uterine arteries of the 4 patients was reduced to approximately 67% of that of the untreated state. In 2 patients the amniotic fluid gradually increased over a few days which suggested improvement of fetoplacental circulation during administration of ISDN. This study suggests that long-term transdermal ISDN is an effective therapy, at least in a portion of preeclamptic women, to avoid maternal hypertension, fetal distress, oligohydramnios, and IUGR, and consequentially to prolong the gestational period.

    DOI: 10.1159/000010055

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Generation of peroxynitrite and apoptosis in placenta of patients with chorioamnionitis: Possible implications in placental abruption

    Mikiya Nakatsuka, Kazuo Asagiri, Yoshihiro Kimura, Yasuhiko Kamada, Katsuhiko Tada, Takafumi Kudo

    Human Reproduction   14 ( 4 )   1101 - 1106   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The reaction of nitric oxide (NO) and superoxide results in the formation of peroxynitrite, a potent and relatively long-lived oxidant. In infectious diseases, these molecules are not only bactericidal but also toxic to host cells. Chorioamnionitis is often complicated by premature rupture of membranes and can be associated with placental abruption. These diseases are significant causes of premature low-birth-weight deliveries and consequently the morbidity and mortality of neonates. Lipopolysaccharide, bacterial endotoxin, is known to be elevated in the amniotic fluid of patients with chorioamnionitis. Lipopolysaccharide is known to induce the formation of NO and superoxide. We report here that nitrite/nitrate, stable metabolites of NO, were increased in serum from patients with chorioamnionitis. Immunohistochemical studies demonstrated enhanced expression of inducible NO synthase and formation of nitrotyrosine, a footprint of peroxynitrite, in the placentae from patients with chorioamnionitis and also in patients with placental abruption. Furthermore, apoptotic cell death was also increased in the placentae from patients with both diseases. These results suggest that chorioamnionitis and a portion of placental abruption may share a common cascade of placental injury. Nitric oxide and its metabolites may play an important role in this cascade.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Generation of peroxynitrite and apoptosis in placenta of patients with chorioamnionitis: Possible implications in placental abruption

    Mikiya Nakatsuka, Kazuo Asagiri, Yoshihiro Kimura, Yasuhiko Kamada, Katsuhiko Tada, Takafumi Kudo

    Human Reproduction   14 ( 4 )   1101 - 1106   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The reaction of nitric oxide (NO) and superoxide results in the formation of peroxynitrite, a potent and relatively long-lived oxidant. In infectious diseases, these molecules are not only bactericidal but also toxic to host cells. Chorioamnionitis is often complicated by premature rupture of membranes and can be associated with placental abruption. These diseases are significant causes of premature low-birth-weight deliveries and consequently the morbidity and mortality of neonates. Lipopolysaccharide, bacterial endotoxin, is known to be elevated in the amniotic fluid of patients with chorioamnionitis. Lipopolysaccharide is known to induce the formation of NO and superoxide. We report here that nitrite/nitrate, stable metabolites of NO, were increased in serum from patients with chorioamnionitis. Immunohistochemical studies demonstrated enhanced expression of inducible NO synthase and formation of nitrotyrosine, a footprint of peroxynitrite, in the placentae from patients with chorioamnionitis and also in patients with placental abruption. Furthermore, apoptotic cell death was also increased in the placentae from patients with both diseases. These results suggest that chorioamnionitis and a portion of placental abruption may share a common cascade of placental injury. Nitric oxide and its metabolites may play an important role in this cascade.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Clinical experience of long-term transdermal treatment with NO donor for women with preeclanpsia(共著)

    Gynecol Obstet Invest.   47 ( 1 )   13 - 19   1999年

     詳細を見る

  • Fetal hydrocephalus secondary to intraventricular hemorrhage diagnosed by ultrasonography and in utero fast magnetic resonance imaging. A case report

    Ichiro Hashimoto, Katsuhiko Tada, Mikiya Nakatsuka, Takakimi Nakata, Nanako Inoue, Masayo Takata, Takafumi Kudo, Ikuo Joja

    Fetal Diagnosis and Therapy   14 ( 4 )   248 - 253   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:S. Karger AG  

    Although fetal hydrocephalus is commonly detected by prenatal ultrasonographic examination, posthemorrhagic hydrocephalus has rarely been observed in the fetus. We report a case of hydrocephalus secondary to intraventricular hemorrhage (IVH) diagnosed by in utero magnetic resonance imaging (MRI) at 37 + 1 weeks of gestation. Ultrasonography revealed enlargement of the bilateral ventricles and an irregular mass measuring 20 x 12 x 10 mm in the right lateral ventricle. T1-weighted images with two-dimensional fast low-angle shot (2D-FLASH) and T2-weighted images with half-Fourier single-shot turbo spin echo (HASTE) demonstrated that an old hemorrhagic clot existed in the right lateral ventricle of the fetus. Hydrocephalus secondary to IVH was confirmed by postnatal MRI and ventriculoscopy. Fast MRI is especially useful for prenatal diagnosis of fetal brain abnormalities because it minimizes the artifact of fetal movement.

    DOI: 10.1159/000020931

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • LGBTQ/SOGIの基礎知識と企業が考えること

    中塚幹也

    岡山産業保健総合支援センター 産業保健研修会  2021年12月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月23日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:ピュアリテまきび  

    researchmap

  • 大学生における妊孕性に関する認知度

    横溝珠実, 中塚幹也

    第80回日本公衆衛生学会総会  2021年12月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月21日 - 2021年12月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル  

    researchmap

  • LGBTQ/SOGIの基礎知識 社会・大学・医療の課題

    中塚幹也

    香川大学医学部 医療プロフェショナリズムの実践  2021年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月20日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:香川大学医学部  

    researchmap

  • 性の多様性について~最新の知見をもとに~

    中塚幹也

    令和3年度 姫路市学校教育部内指導主事研修会  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 性教育で何を話すのか?

    中塚幹也

    「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム」21 第26日「「性教育」を創る」  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • LGBTQ/SOGI の基礎知識:学校での支援

    中塚幹也

    静岡県 学校保健研修会  2021年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 生命倫理と生殖医療

    中塚幹也

    岡山医療センター 助産学科 特別講義  2021年12月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月10日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 妊孕性普及啓発さらなる一歩:思春期の学生に知ってもらいたい妊孕性 生殖医療の基礎~最新知識

    中塚幹也

    岡山県 未来のパパ&ママを育てる出前講座の講師養成者及び講師フォローアップ研修会  2021年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 生命倫理と生殖医療

    中塚幹也

    岡山医療専門職大学 特別講義  2021年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月1日

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山医療専門職大学  

    researchmap

  • 自分らしく生きる:性の多様性に関する基礎知識

    中塚幹也

    愛光高等学校 LGBTについての講演会  2021年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛光高等学校  

    researchmap

  • Meet The Expert 8:性同一性障害/性別不合診療の実際

    中塚幹也

    第31回臨床内分泌Update  2021年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • LGBTQの基礎知識:トランスジェンダーの子どもへの対応

    中塚幹也

    平成;年度;鳥取県学校保健会養護教諭部会研修会  2021年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 「性と生のつながり」ライフプランとその多様性

    中塚幹也

    就実高校 性教育講演会  2021年11月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:就実高校  

    researchmap

  • 性同一性障害の診断・治療:LGBT/SOGIの基礎知識

    中塚幹也

    日本病院薬剤師会精神科薬物療法認定薬剤師講習会  2021年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • LGBTQ/SOGIの基礎知識~性同一性障害診療を中心に~

    中塚幹也

    第75回兵庫県小児科医会 小児医学講座  2021年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:三宮研修センター  

    researchmap

  • 婦人科がんと女性性機能

    中塚幹也

    日本性機能学会 第31回学術総会 シンポジウム 「ウイメンズヘルスとSexual Health」  2021年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月14日 - 2021年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 当院における小児・思春期女性に対する妊孕性温存

    樫野千明, 久保光太郎, 長谷川徹, 光井 崇, 鎌田泰彦, 中塚幹也, 増山 寿

    第66回日本生殖医学会学術講演会・総会  2021年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール  

    researchmap

  • 当院での高齢女性に対する生殖補助医療の現状

    久保光太郎, 樫野千明, 長谷川徹, 光井 崇, 鎌田泰彦, 中塚幹也, 増山 寿

    第66回日本生殖医学会学術講演会・総会  2021年11月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月11日 - 2021年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール  

    researchmap

  • 月経終了直後の子宮ファイバースコピー所見と慢性子宮内膜炎の病理組織学的診断との検討

    光井 崇, 岡本遼太, 樫野千明, 久保光太郎, 鎌田泰彦, 中塚幹也, 増山 寿

    第66回日本生殖医学会学術講演会・総会  2021年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月11日 - 2021年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:米子コンベンションセンター BIG SHIP、米子市文化ホール  

    researchmap

  • 「LGBTQ/SOGIの基礎知識:多様な学生の受け入れについて」

    中塚幹也

    ノートルダム清心女子大学 人権研修会  2021年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月10日 - 2021年12月10日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 「性と生のつながり」ライフプランとその多様性

    中塚幹也

    岡山県立倉敷古城池高等学校  2021年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:岡山県立倉敷古城池高等学校  

    researchmap

  • 「性と生のつながり」ライフプランとその多様性

    中塚幹也

    倉敷市立玉島東中学校 性教育講演会  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:倉敷市立玉島東中学校  

    researchmap

  • 医-7:MTF当事者におけるホルモン療法の実際と副作用 医-8:FTM当事者におけるホルモン療法の実際と副作用 医-14:思春期の二次性徴抑制療法と性ホルモン療法 医-17:性同一性障害における生殖医療 医-18:性同一性障害における家族形成

    中塚幹也

    GID(性同一性障害)学会 第15回エキスパート研修会  2021年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(特例法)と家族形成の課題

    中塚幹也

    実社会対応プログラム 第15回研究会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催  

    researchmap

  • 自治体職員が知っておきたいLGBTの基礎知識

    中塚幹也

    岡山市職員研修2021「LGBT支援者の見える化のための研修」  2021年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月28日

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山市役所  

    researchmap

  • 「性と生のつながり」ライフプランとその多様性

    中塚幹也

    岡山県立高梁高校 性教育講演会  2021年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山県立高梁高校  

    researchmap

  • 自治体職員が知っておきたいLGBTの基礎知識

    中塚幹也

    岡山市職員研修2021「LGBT支援者の見える化のための研修」  2021年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:岡山市役所  

    researchmap

  • 妊娠期からの虐待防止:メンタルヘルスの視点から

    中塚幹也

    岡山県愛育委員連合会リーダー研修会  2021年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:ホテルメルパルク岡山  

    researchmap

  • 助産師が実施する性教育の実態と新たな課題への意識

    藤井 美空, 中川 百子, 近藤 穂奈美, 山下 華奈, 中村 桃子, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • トランス女性の性別表現ニーズと実践状況

    古谷 ミチヨ, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 学校における「性の多様性」に関する教育とライフプランを立てることへの支援の実態

    岡田 慧美, 田端 李帆, 伏谷 あすみ, 鎌田 紗歩, 轟 真歩, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染(COVID-19)拡大による不妊・不育女性の生活・心理への影響

    田端 李帆, 伏谷 あすみ, 岡田 慧美, 鎌田 紗歩, 轟 真歩, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 不妊に悩む男性の相談内容の特徴と支援の実際

    池田 智子, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 未治療のFTM(FEMALE TO MALE)当事者の思春期から結婚を決めるまでの体験

    井關 敦子, 南田 智子, 大橋 一友, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • COVID-19 拡大下における妊婦が望む支援の実態

    中正 成美, 片岡 久美恵, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 不育症の夫におけるテンダー・ラビング・ケア(TLC)に対する意識と実態

    中川 百子, 近藤 穂奈美, 中村 桃子, 藤井 美空, 山下 華奈, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染(COVID-19)拡大に伴う妊産婦や母親の不安と支援の実際:全国の相談窓口への調査から

    伏谷 あすみ, 田端 李帆, 岡田 慧美, 鎌田 紗歩, 轟 真歩, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染(COVID-19)拡大下での子育ての実態:保育園における調査から

    鎌田 紗歩, 田端 李帆, 伏谷 あすみ, 岡田 慧美, 轟 真歩, 中塚 幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 会長企画2「性の多様性と子どもたち」私らしさと、やさしさと。

    中塚幹也, 宮本美穂子, 染矢陸人, 鈴木富美子, 橋本淑美, 仲岡しゅん

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 基調 :LGBTQ:最近の社会の動向

    中塚幹也

    第62回日本母性衛生学会(岡山大会)サテライト企画 市民公開講座 LGBTQ 公開シンポジウム「多様性を認め合う社会の実現に向けて」  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 妊娠時期別にみた「辛かったこと」・「相談の有無」と産後のエジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)の関連

    守谷 菜月, 中正 成美, 藤井 彩, 中塚 幹也, 横溝 珠実

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 市民公開講座」LGBTQ公開シンポジウム「多様性を認め合う社会の実現に向けて」LGBTQ:最近の社会の動向

    中塚幹也, 宮本美穂子, 染矢陸人, 鈴木富美子, 橋本淑美, 仲岡しゅん

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催+オンデマンド  

    researchmap

  • 会長企画3「産科スタッフのためのスキルアップセミナー」:学校で「性の多様性・LGBTQ」についての授業を頼まれたら

    中塚幹也

    第62回日本母性衛生学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月15日 - 2021年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等