2024/02/13 更新

写真a

ニシムラ シンイチ
西村 伸一
NISHIMURA Shinichi
所属
環境生命自然科学学域 教授
職名
教授
ホームページ
外部リンク

学位

  • 農学博士

研究キーワード

  • geostatistics

  • numerical analysis

  • 農業造工学

  • geotechnical engineering

  • 地盤工学

  • 軟弱地盤工学

  • 地盤統計学

  • soft gryound

研究分野

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

学歴

  • 京都大学   Graduate School, Division of Agriculture  

    - 1987年

      詳細を見る

  • 京都大学    

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Agriculture  

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Agriculture  

    - 1985年

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   保健管理センター   教授・センター長

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   教授

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境学研究科   教授

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境学研究科   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境学研究科   助教授

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   保健環境センター   助教授

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • - Associater professor, Health and Environment Center of Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • Associate professor, Graduate School of Natural Science and Technology,

    2000年 - 2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学   The Graduate School of Natural Science and Technology

    2000年 - 2002年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Environmental Science and Technology

    1999年 - 2000年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Environmental Science and Technology

    1994年 - 1999年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Agriculture

    1987年 - 1994年

      詳細を見る

  • 岡山大学

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • RBSMによる塑性圧が作用する農業用水路トンネルの模型実験の解析 査読

    田本敏之, 柴田俊文, 西村伸一, 珠玖隆行

    農業農村工学会論文集   91 ( 2 )   I-239 - I-247   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.91.I_239

    researchmap

  • Effect of Permeability Random Field on Piping Risk of a River Dike 査読

    Shin-ichi NISHIMURA, Go KUBOTA, Ryota OHASHI, Toshifumi SHIBATA, Takayuki SHUKU

    Geotechnical Special Publication (GSP), ASCE   347   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1061/9780784484999

    researchmap

  • Risk Evaluation for Earth-fill Dams due to Heavy Rains by Response Surface Method 査読

    Zheng, S, Nishimura, S, Shibata, T, Tateishi, T, Shuku, T

    Georisk: Assessment and Management of Risk for Engineered Systems and Geohazards   17 ( 3 )   572 - 585   2023年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17499518.2023.2164901

    researchmap

  • Data assimilation for surface wave method by ensemble Kalman filter with random field modeling 査読

    Yuxiang Ren, Shinichi Nishimura, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics   46 ( 15 )   2944 - 2961   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/nag.3435

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/nag.3435

  • 地質統計手法と三次元計測に基づくため池堤体の地震応答解析 査読

    大橋亮太, 西村伸一, 金重 稔, 柴田俊文, 珠玖 隆行

    土木学会論文集C(地圏工学)   78 ( 2 )   140 - 152   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejge.78.2_140

    researchmap

  • 土構造物の地震・豪雨に関するリスク評価,講座:材料強度・構造強度・災害発生の確率モデル5 招待

    西村伸一

    材料   72 ( 2 )   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Reliability-based design for earth-fill dams against severe natural disaster events 査読

    Shin-ichi Nishimura, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    Soils and Foundations   61 ( 2 )   271 - 282   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2020.09.004

    researchmap

  • Case History of Risk Evaluation of Earth-Fill Dams Due to Heavy Rain 査読

    Toshifumi Shibata, Shin-ichi Nishimura, Tsubasa Tateishi, Shuichi Kuroda, Tomoo Kato, Kentaro Kuribayashi, Namihiko Tanaya

    International Journal of Geoengineering Case History   6 ( 4 )   85 - 100   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 3次元計測に基づくため池堤体の有限要素モデル化と地震応答解析 査読

    金重 稔, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    農業農村工学会論文集   89 ( 1 )   I-181 - I-189   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.89.I_181

    researchmap

  • 自然災害に対するため池のリスク管理 招待

    西村伸一

    材料と施工   ( 58 )   31 - 41   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2018 年7 月豪雨における岡山・広島のため池災害

    西村伸一, 柴田俊文

    基礎工   48 ( 6 )   89 - 92   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Disaster report of 2018 July heavy rain for geo-structures and slopes in Okayama 招待 査読

    S. Nishimura, Y. Takeshita, S. Nishiyama, S. Suzuki, T. Shibata, T. Shuku, M. Komatsu, B. Kim

    Soils and Foundations   60 ( 1 )   300 - 314   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2020.01.009

    researchmap

  • 農業用水路トンネルの模型実験に対する個別要素法の適用性 査読

    柴田俊文, 田本敏之, 西村伸一, 珠玖隆行, 福元 豊

    農業農村工学会論文集   88 ( 1 )   I_105 - I_116   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 1995年兵庫県南部地震による野島断層領域の被害・無被害ため池の多変量解析 査読

    藤井弘章, 難波明代, 西村伸一

    自然災害科学   39 ( 3 )   283 - 335   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 確率的感度解析による最適追加調査位置の決定法 査読

    今出和成, 西村伸一

    地盤と建設   39 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    researchmap

  • Evaluation of liquefaction probability of earth-fill dam over next 50 years using geostatistical method based on CPT 査読

    Kazunari Imaide, Shin-ichi Nishimura, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku, Akira Murakami, Kazunori Fujisawa

    Soils and Foundations   59 ( 6 )   1758 - 1771   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2019.08.002

    researchmap

  • 平成30年7月豪雨における岡山の土構造物及び斜面の災害 招待

    西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行, 竹下祐二, 小松 満, 金 秉洙

    地盤工学会誌   67 ( 7 )   18 - 21   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地質統計手法に基づくため池堤体強度の空間分布評価 査読

    今出和成, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    農業農村工学会論文集   87 ( 1 )   II_29 - II_38   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.87.II_29

    researchmap

  • Evaluation of strength distribution at cut slope of decomposed granite with the use of sounding method and geophysical exploration method 査読

    Tatsuya Ueta, Shin-Ichi Nishimura, Kazunari Imaide, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    Paddy and Water Environment   17 ( 2 )   291 - 297   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10333-019-00722-5

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10333-019-00722-5/fulltext.html

  • Prediction of long-term settlement and evaluation of pore water pressure using particle filter 査読

    Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku, Akira Murakami, Shin-ichi Nishimura, Kazunori Fujisawa, Noritaka Hasegawa, Satoshi Nonami

    Soils and Foundations   59 ( 1 )   67 - 83   2019年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2018.09.006

    researchmap

  • スパースモデリングとクリッギングを用いた空間分布推定手法の基礎研究 査読

    吉田郁政, 田崎陽介, 西村伸一, 今出和成

    土木学会論文集A2(応用力学)   75 ( 1 )   1 - 11   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.75.1

    researchmap

  • ため池堤体の特性および構造 招待

    西村伸一

    水環境学会誌   42(A) ( 2 )   70 - 74   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 弾粘塑性FEMと観測データに基づいた斜面の変形挙動評価 査読

    二木重博, 西村伸一, 珠玖隆行, 柴田俊文

    農業農村工学会論文集   306   II_9 - II_18   2018年

     詳細を見る

  • 応答曲面法による豪雨時のため池破堤に関する信頼性設計

    西村伸一, 水間啓慈, 珠玖隆行, 柴田俊文

    地盤工学会誌   66 ( 4 )   8 - 11   2018年

     詳細を見る

  • 粒度の異なる材料が混合されたため池堤体におけるコーン貫入抵抗の空間分布評価 査読

    今出和成, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    土木学会論文集C(地圏工学)   74 ( 2 )   213 - 224   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejge.74.213

    researchmap

  • CPT結果とせん断波速度の合成による地盤強度の空間分布に対する換算誤差の影響 査読

    植田 起也, 西村 伸一, 今出 和成, 柴田 俊文, 珠玖 隆行

    土木学会論文集 A2(応用力学)   74 ( 2 )   I_95 - I_104   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.74.i_95

    researchmap

  • サウンディングと地球統計学を利用した地盤調査

    西村 伸一

    地盤と建設   36 ( 1 )   9 - 16   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 河川堤防の弱点箇所を抽出する空気圧による連通試験手法の開発 査読

    新村卓也, 藤吉秀彰, 舘川逸朗, 斉藤雅彦, 珠玖隆行, 小松 満, 西村伸一, 西垣 誠

    地盤と建設   36 ( 1 )   71 - 78   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Geostatistical Analysis for Identifying Weak Soil Layers in Dikes 査読

    S. Nishimura, T. Shibata, T. Shuku, K. Imaide

    GEO-RISK 2017: GEOTECHNICAL RISK ASSESSMENT AND MANAGEMENT   ( 285 )   529 - 538   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER SOC CIVIL ENGINEERS  

    The spatial distribution of the strength inside river dikes is generally identified through sounding tests. In this research, the electric Cone Penetration Test (CPT) is employed, and spatially long- and short-interval tests are mixed to efficiently evaluate the piping risk to a dike. The Indicator Simulation (IS) method is used as the geostatistical method to simulate the N value distribution and to predict the weak area inside the dike. The synthesized approach of the CPT and the Surface Wave Method (SWM), which is one of the geophysical methods, is proposed to compensate for the shortcoming of each approach when conducting the IS. Consequently, the correlation structure inside the dike can be identified accurately, the high resolution of the spatial distribution of the N values can be visualized, and the piping risk to the dike can be discussed based on the results of the investigation.

    Web of Science

    researchmap

  • アントコロニー最適化手法による土木施工の効率化 査読

    原田文仁, 珠玖隆行, 西村伸一, 柴田俊文

    地盤と建設   35 ( 1 )   213 - 218   2017年

     詳細を見る

  • 模型実験結果を利用した圧密逆解析手法の検証

    柴田俊文, 西村伸一, 珠玖隆行

    地盤工学会誌   65 ( 10 )   22 - 25   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Diagnosis of earth-fill dams by synthesised approach of sounding and surface wave method 査読

    Shin-Ichi Nishimura, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    Georisk   10 ( 4 )   312 - 319   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor and Francis Ltd.  

    The spatial distribution of the strength inside the earth-fill is identified by the sounding tests. In this research, the Swedish weight sounding (SWS) is employed, and the spatial high-density test is performed to identify the spatial correlation structure. Furthermore, the synthesised approach of the SWS and surface wave method, which is one of the geophysical method, is proposed to compensate the shortage of each approach. Consequently, the correlation structure of an earth-fill could be identified accurately, and the high resolution of the spatial distribution could be visualised based on the survey results.

    DOI: 10.1080/17499518.2016.1197406

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/17499518.2016.1197406

  • Reliability-based design of earth-fill dams to mitigate damage due to severe earthquakes 査読

    Shin-Ichi Nishimura, Takayuki Shuku, Toshifumi Shibata

    Georisk   10 ( 1 )   83 - 90   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor and Francis Ltd.  

    ABSTRACT: This paper deals with a strategy for the maintenance of geotechnical structures such as earth-fill dams. Standard penetration test (SPT) N-values are frequently used to determine the soil parameters. For this purpose, a statistical model for the N-values is firstly determined from sounding test results. In this research, however, Swedish weight sounding (SWS) tests are employed as they are simpler than SPTs. The identification of spatial correlation of the soil parameters is very difficult, since the number of sampling points is very limited to model the spatial variability. SWS is advantageous, compared with other major sounding method to identify the spatial correlation structure inside the geotechnical structures, since it makes spatially short-interval exams possible due to its simplicity and compactness. Based on the statistical model for the N-values, the shear strength parameters are derived through the empirical relationships. Then, a reliability analysis of the embankments is conducted considering the variability of the internal friction angle and the seismic hazard. Consequently, the probability of damage to the earth-fill over the next 50 years is calculated, and the effect of improving the earth-fill is evaluated based on this probability.

    DOI: 10.1080/17499518.2015.1124123

    Scopus

    researchmap

  • 水平変位の高精度な予測を目的とした圧密問題の逆解析 査読

    柴田俊文, 西村伸一, 珠玖隆行

    72 ( 2 )   I_97 - I_107   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.72.i_97

    researchmap

  • 応答曲面法によるため池破堤リスクの簡易評価 査読

    水間啓慈, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    農業農村工学会論文集   301 ( 1 )   I_47 - I_55   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 農業農村工学会  

    ため池の破堤は下流域に大きな洪水を発生させ, 農業水利施設の中で最も甚大な被害を生じさせる事象の一つである.したがって, ため池破堤時の被害額を適切に推定することは, 土地改良事業のリスク評価やリスク管理に取り組む上で非常に重要な課題となっている.ため池破堤リスクの評価には, 氾濫解析を行った上で氾濫域の資産データを収集整理し被害額を推定する手法が一般的に用いられている.しかしながら, この手法は複雑であり, 作業に多くの時間や労力が必要となるため, 計画段階で実施する概略検討に適用することは困難である.このような背景から筆者らは, 複雑な解析を簡易な代替モデルで置き換える応答曲面法に着目し, ため池破堤による被害額を算定する応答曲面(Response Surface)を先に提案した.本研究では, 筆者らが提案した応答曲面を集中豪雨時におけるため池破堤のリスク評価に適用し, その実用性について検証することを目的とする.実在する4つのため池地区の応答曲面による被害額と既定の手法による被害額との差の値は, 応答曲面を作成した21ケースの不偏分散よりも小さい結果となり, 提案した手法は集中豪雨によるため池破堤リスクの簡易評価への活用が期待される結果が得られた.

    DOI: 10.11408/jsidre.84.I_47

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20020753571?from=CiNii

  • 乾湿繰り返しによる底泥の物理化学特性の変化 査読

    西村伸一, 吉田舞子, 大久保賢治, 珠玖隆行, 柴田俊文

    農業農村工学会論文集   303 ( 3 )   II_45 - II_50   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 長期圧密予測解析パラメータ同定法の検証 査読

    西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    72 ( 2 )   I_35 - I_43   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.72.i_35

    researchmap

  • Numerical Simulation of Embankment Failure due to Overflow by Moving Particle Semi-implicit Method 査読

    SHUKU Takayuki, FUJISAWA Kazunori, NISHIMURA Shin-ichi, SHIBATA Toshifumi

    農業農村工学会論文集   84 ( 301 )   I-31 - 38   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 農業農村工学会  

    Recently, the evaluation of the failure potential of earth-filled dams has become important because of the increasing occurrence of storm rainfall. Although most instances of earth-filled dam failure are caused by overflow, in-depth knowledge of the mechanism of the erosion and failure process of embankments due to overflow is still lacking. This paper presents a numerical method for simulating an embankment erosion and failure process by the moving particle semi-implicit (MPS) method. To reasonably simulate the erosion and failure process of an embankment due to overflow, a simple erosion model whose parameters can be determined through erosion tests on embankment materials was newly incorporated into the original MPS method. An embankment erosion and failure process observed in a model test was simulated by the proposed MPS method to confirm its practicability. Although the simulation accuracy for the erosion rate is slightly low at the beginning of the erosion, the average simulated values of the erosion rate are almost the same as the experimental values. The proposed MPS method can be a useful tool in embankment design practices to simulate embankment erosion due to overflow and to discuss remedial measures against overflow.

    DOI: 10.11408/jsidre.84.I_31

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20020753557?from=CiNii

  • Sensitivity analysis of earth-filled dams based on experimental design 査読

    Shuku, T, Nishimura, S, Shibata, T

    Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   83 ( 4 )   II_77 - II_82   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sensitivity analysis of slope stability based on orthogonal designs 査読

    T. Shuku, S. Nishimura, T. Shibata

    Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics   1043 - 1048   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    This study has investigated sensitivity of input parameters in stability analysis of earthen embankments to its factor of safety (F-s) using an experimental design approach. Computer experiments based on orthogonal designs were carried out to achieve efficient experiments, and a linear regression model was applied to analyze the results of the experiment. The Standardized Regression Coefficients (SRCs) obtained from the regression analysis was employed as indexes of the sensitivity of the input parameters to the F-s. The results of the sensitivity analysis showed that the parameters about the geometry of embankments such as height and slope gradient are more sensitive to F-s, although the parameters about hydraulic characteristics of embankment materials are less sensitive to the F-s. In addition, interaction effects between input parameters were also analyzed, and its sensitivity to F-s was discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • ため池破堤による想定被害額の簡易評価手法 査読

    水間啓慈, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    農業農村工学会論文集   295 ( 1 )   39 - 46   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 農業農村工学会  

    地震や集中豪雨による農業用ため池の決壊は,下流域に大きな洪水を発生させ,農業水利施設の中で最も甚大な被害を生じさせる事象の一つである.このため,土地改良施設のリスクを評価しその機能を保全しようとする際に,ため池が決壊した場合の被害額を事前に想定することは非常に重要となる.一方,国が定める被害額算定手法は複雑であり,様々な資産データの収集・整理に多大な労力や時間を必要とする.そこで本研究では,ため池が決壊した場合の氾濫域における被害額を算定する簡易な手法を提案する.提案する手法は,対策を講ずる地区の選定時等に実際に適用できるよう容易に入手可能な資産データのみを用いることとした.3池の氾濫解析結果に提案する手法を適用し被害額を算定した.その結果,規定の方法と大差無く被害額を算定できたことから,提案する手法は有用との結論が得られた.

    DOI: 10.11408/jsidre.83.39

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20021009394?from=CiNii

  • 豪雨時の越流破堤に対するため池堤体の信頼性設計

    西村伸一, 珠玖隆行, 柴田俊文, 藤澤和謙

    地盤工学会誌   63 ( 5 )   30 - 33   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10422689

  • 応答曲面法によるため池破堤時の被害額の簡易推定 査読

    水間啓慈, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    農業農村工学会論文集   299 ( 5 )   I_147 - I_153   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    我が国には江戸期以前に築造されたものも含め農業用ため池が数多く存在し, 地震や豪雨のリスクに常に直面している.このため, 遅滞なく効率的に改修等のハード対策や管理体制の強化等のソフト対策を講ずる必要があり, 破堤時の想定被害額を考慮しながら優先順位を決定し計画的に対応を図ることが求められている.しかしながら, 既定の氾濫解析に基づく被害額算定手法は複雑であり, 優先度を検討する数多くのため池の被害額を一度に算定することは難しいことから, 容易に被害額を推定できる簡略化された手法が必要となる.本研究では, このような課題に対応するため, 応答曲面法を用いて被害額を簡易に推定する手法を提案する.応答曲面法とは, 実験計画法に基づく回帰分析により, 因子と応答との定量的な関係を表現する回帰式を作成する手法であり, 得られた回帰式は応答曲面と呼ばれる.被害額算定に考慮すべき多くの因子について感度解析を行い, 被害額の値に大きく寄与する4つの因子を抽出した.これらの因子を用いて作成した応答曲面の決定係数R2は0.84と高く, 行政機関等が行う被害額の簡易推定への実用の可能性が示唆される結果が得られた.

    DOI: 10.11408/jsidre.83.I_147

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20015919326?from=CiNii

  • ため池の地震時リスク評価 査読

    西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行, 水間啓慈

    水土の知   83 ( 12 )   11 - 14   2015年

     詳細を見る

  • Reliability-based design of earth-fill dams to mitigate damage due to severe earthquakes 査読

    S. Nishimura, T. Shuku, T. Shibata

    Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics   1289 - 1294   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    This research deals with a strategy for the maintenance of geotechnical structures such as earth-fill dams. Standard PenetrationTest (SPT) N-values are frequently used to determine the soil parameters. Firstly, a statistical model for the N-values is determined from sounding test results. In this research, however, Swedish Weight Sounding (SWS) tests are employed as they are simpler than SPT. Secondly, an indicator simulation is conducted to interpolate the spatial distribution of the N-values, and the results are utilized to find degraded areas inside the embankments and to maintain the embankments. Based on the statistical model for the N-values, the shear strength parameters are derived through the empirical relationships. Then, a reliability analysis of the embankments is conducted considering the variability of the internal friction angle and the seismic hazard.

    Web of Science

    researchmap

  • An eco-friendly design method for geotechnical structures based on LCC 査読

    T. Shuku, S. Nishimura, Y. Shimokado, T. Shibata

    LIFE-CYCLE OF STRUCTURAL SYSTEMS: DESIGN, ASSESSMENT, MAINTENANCE AND MANAGEMENT   1398 - 1404   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    This study presents an eco-friendly design method for infrastructures based on contingent valuation method (CVM). First, a questionnaire survey based on the CVM was conducted to estimate monetary values of stream habitat which can be damaged by river improvement works such as flood prevention works. Second, a design method which can quantitatively evaluate impacts on stream habitat due to flood prevention works was proposed by combining computation of non-uniform flow with a method of stream habitat estimation called physical habitat simulation model (PHABSIM). Finally, monetary value of environmental loss due to flood prevention works was estimated by using results of CVM, and the effectiveness of the eco-friendly design method was discussed through a numerical example.

    Web of Science

    researchmap

  • Uncertainty Evaluation in Slope Failure using Centrifuge Model Tests 査読

    Takayuki Shuku, Shin-ichi Nishimura, Ikumasa Yoshida

    GEOTECHNICAL SAFETY AND RISK V   353 - 357   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOS PRESS  

    Strong nonlinear behavior such as slope failure involves large uncertainties. Even if we conduct model tests on slope failure under the same test conditions, we cannot reproduce the same results although the linear behavior can be reproduced with relative ease. This kind of uncertainties is well known as "aleatory uncertainty" and they should be distinguished clearly from the epistemic uncertainty in reliability-based design. However, characteristics of aleatory uncertainty have not been studied very well so far. This study quantitatively investigates the aleatory uncertainties involved in failure behavior of slopes thorough centrifuge model tests. The centrifuge model tests were conducted under the same test conditions twenty times to quantitatively investigate the variability of slip lines.

    DOI: 10.3233/978-1-61499-580-7-353

    Web of Science

    researchmap

  • Diagnosis of Earth-Fill Dams by Several Sounding Tests 査読

    Shin-ichi Nishimura, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    GEOTECHNICAL SAFETY AND RISK V   334 - 339   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOS PRESS  

    The spatial distribution of the strength inside an earth-fill dam is identified by sounding tests. In this research, the Swedish Weight Sounding (SWS) test is employed, and the spatially high-density test is possible to identify the spatial correlation structure by the SWS. The correlation structure of an earth-fill could be identified accurately based on the sounding results, and the high resolution of the spatial distribution could be visualized by using the indicator simulation. Consequently, it has been verified the practical use of the spatial distribution of the probability that the N-value is lower than the threshold value, may be used for the maintenance of an earth-fill dam.

    DOI: 10.3233/978-1-61499-580-7-334

    Web of Science

    researchmap

  • Reliability-based design of earth-fill dams regarding heavy rains and earthquakes 査読

    S. Nishimura, T. Shuku, T. Shibata, K. Fujisawa

    LIFE-CYCLE OF STRUCTURAL SYSTEMS: DESIGN, ASSESSMENT, MAINTENANCE AND MANAGEMENT   1390 - 1397   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    This research deals with a strategy for the maintenance of geotechnical structures such as earth fill dams. Standard penetration test (SPT) N-values are frequently used to determine the soil parameters. Firstly, based on the statistical model for the N-values, the shear strength parameters are derived through the empirical relationships. Secondly, a reliability analysis of the embankments is conducted considering the variability of the internal friction angle and the seismic hazard. Thirdly, the probability of overflow of earth fills during heavy rains is evaluated. The rainfall intensity is dealt with as a probabilistic parameter, and the various rainfall patterns are tested by the Monte Carlo method.

    Web of Science

    researchmap

  • Sensitivity analysis in stability evaluation of earthen embankments 査読

    Takayuki Shuku, Shin-Ichi Nishimura

    15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ARC 2015: New Innovations and Sustainability   1723 - 1726   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering  

    This study has investigated sensitivities of input parameters in stability analysis of embankments to safety factor Fs based on experimental deign. In addition to the geotechnical parameters, parameters about geometry such as height, width, and slope gradient of embankments were also considered in the analysis. This study applied regression analysis based on orthogonal design to the sensitivity analysis. The geotechnical parameters required for the stability analysis were used in the sensitivity analysis, and the sensitivity of these parameters to Fs was investigated. The results of the sensitivity analysis showed that the parameters about geometry of embankments such as height and slope gradient are more sensitive to Fs, although the parameters about hydraulic characteristics of embankment material are less sensitive to the Fs.

    DOI: 10.3208/jgssp.JPN-034

    Scopus

    researchmap

  • 1995年兵庫県南部地震による淡路島北部の被害・無被害ため池堤体の土質特性 査読

    藤井弘章, 横溝隆之, 難波明代, 堀 俊男, 西村伸一, 島田 清, 西山竜朗

    農業農村工学会論文集   289 ( 1 )   1 - 18   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    兵庫県南部地震による被害ため池40個,無被害ため池45個の堤体土から,多変量解析結果を基に,震央距離,堤体量(堤高×堤長),断層距離がほぼ同じ組合せを選び土質特性を比較した.被害ため池堤体土の測定値(平均)は無被害堤体土に比べ,土粒子密度は2.66g/cm3で同じだが,50%粒径は0.514mmで4.5割,含水比は9.4%で約3割,貫入抵抗は223kPaで3割以上小さい.被害率は,含水比および貫入抵抗が低いほど大きくなり,含水比6%未満の堤体は18%以上の堤体の3倍,貫入抵抗が200kPa以下の堤体は400kPa以上の堤体の2.6倍であった.三角座標法土質分類では,被害・無被害の差別化が不十分であった.新たに提案した砂分・細粒分のみに基づくFS分類法により,砂質系土の被害率は,礫質系土の2倍以上となった.比較的簡単な指標により被害・無被害堤体の土質特性が定量化でき差別化できた.

    DOI: 10.11408/jsidre.82.1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20005785436?from=CiNii

  • 粒子群最適化法による最小安全率の探索 査読

    工藤賢司, 珠玖隆行, 西村伸一, 柴田俊文

    地盤と建設   32 ( 1 )   61 - 68   2014年

     詳細を見る

  • 湖沼やため池底泥の植栽土壌としての利用 査読

    西村伸一, 後藤丹十郎, 山本千絵, 村上賢治, 珠玖隆行, 吉田舞子

    水土の知   82 ( 7 )   535 - 538   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Prediction of multidimensional deformation behavior based on observed value 査読

    Nishimura, S, Shuku, T, Fujisawa, K

    Int. J. of Geomech.   14 ( 3 )   04014011_1 - 04014011_10   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Observational Design Method for Earth Structures using Particle Filter 査読

    Takayuki Shuku, Shin-Ichi Nishimura, Toshifumi Shibata

    Vulnerability, Uncertainty, and Risk: Quantification, Mitigation, and Management - Proceedings of the 2nd International Conference on Vulnerability and Risk Analysis and Management, ICVRAM 2014 and the 6th International Symposium on Uncertainty Modeling and Analysis, ISUMA 2014   2449 - 2458   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:American Society of Civil Engineers (ASCE)  

    This study presents a reliability-based design method for geotechnical structures based on the observational method, which can be used as a methodology for the performance verification of geotechnical structures. In the proposed method, the soil-water coupled finite element analysis is utilized as a performance-verification method, and stochastic uncertainties inherent in the geotechnical parameters are evaluated by a Monte Carlo simulation. The proposed method can select the optimum design/construction method from several design alternatives, from the viewpoint of Life Cycle Cost, and the predictions at the initial design stage are sequentially updated by the particle filter. The proposed method is applied to a numerical example of the construction problem of embankment specified quantitative performance criteria, such as allowable settlements and the probability of their exceedance, and the feasibility of the method is examined in this example.

    DOI: 10.1061/9780784413609.246

    Scopus

    researchmap

  • Reliability-Based Design of Earth-Fill Dams to Mitigate Damage Due to Severe Earthquakes 査読

    S. Nishimura, T. Shuku, T. Shibata

    Vulnerability, Uncertainty, and Risk: Quantification, Mitigation, and Management - Proceedings of the 2nd International Conference on Vulnerability and Risk Analysis and Management, ICVRAM 2014 and the 6th International Symposium on Uncertainty Modeling and Analysis, ISUMA 2014   2350 - 2359   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:American Society of Civil Engineers (ASCE)  

    This research deals with a strategy for the maintenance of geotechnical structures such as earth-fill dams. Standard penetration test (SPT) N-values are frequently used to determine the soil parameters. Firstly, a statistical model for the N-values is determined from sounding test results. In this research, however, Swedish weight sounding (SWS) tests are employed as they are simpler than SPT. Secondly, an indicator simulation is conducted to interpolate the spatial distribution of the N-values, and the results are utilized to find degraded areas inside the embankments and to maintain the embankments. Based on the statistical model for the N-values, the shear strength parameters are derived through the empirical relationships. Then, a reliability analysis of the embankments is conducted considering the variability of the internal friction angle and the seismic hazard.

    DOI: 10.1061/9780784413609.236

    Scopus

    researchmap

  • Data assimilation using the particle filter for identifying the elasto-plastic material properties of geomaterials 査読

    Akira Murakami, Takayuki Shuku, Shin-Ichi Nishimura, Kazunori Fujisawa, Kazuyuki Nakamura

    International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics   37 ( 11 )   1642 - 1669   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    A computational method, incorporating the finite element model (FEM) into data assimilation using the particle filter, is presented for identifying elasto-plastic material properties based on sequential measurements under the known changing traction boundary conditions to overcome some difficulties in identifying the parameters for elasto-plastic problems from which the existing inverse analysis strategies have suffered. A soil-water coupled problem, which uses the elasto-plastic constitutive model, is dealt with as the geotechnical application. Measured data on the settlement and the pore pressure are obtained from a synthetic FEM computation as the forward problem under the known parameters to be identified for both the element tests and the ground behavior during the embankment construction sequence. Parameter identification for elasto-plastic problems, such as soil behavior, should be made by considering the measurements of deformation and/or pore pressure step by step from the initial stage of construction and throughout the deformation history under the changing traction boundary conditions because of the embankment or the excavation because the ground behavior is highly dependent on the loading history. Thus, it appears that sequential data assimilation techniques, such as the particle filter, are the preferable tools that can provide estimates of the state variables, that is, deformation, pore pressure, and unknown parameters, for the constitutive model in geotechnical practice. The present paper discusses the priority of the particle filter in its application to initial/boundary value problems for elasto-plastic materials and demonstrates a couple of numerical examples. © 2012 John Wiley &amp
    Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/nag.2125

    Scopus

    researchmap

  • 模型実験結果に基づく長期沈下予測法の検証 査読

    西村伸一, 珠玖隆行, 山田典弘, 柴田俊文

    土木学会応用力学論文集   16   I_29 - I_38   2013年

  • MPS法によるニューマチックケーソン施工時の地盤変形解析 査読

    珠玖隆行, 西村伸一, 川﨑 元, 尾形恒夫, 柴田俊文

    地盤と建設   31 ( 1 )   37 - 46   2013年

     詳細を見る

  • A new sampling algorithm in particle filter for geotechnical analysis 査読

    T. Shuku, S. Nishimura, K. Fujisawa, A. Murakami

    Geotechnical Engineering   44 ( 3 )   32 - 39   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Relation between seepage force and velocity of sand particles during sand boiling 査読

    K. Fujisawa, A. Murakami, S. Nishimura, T. Shuku

    Geotechnical Engineering Journal of the SEAGS & AGSSEA   43 ( 2 )   8 - 16   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Parameter identification for Cam-clay model in partial loading model tests using the particle filter 査読

    Takayuki Shuku, Akira Murakami, Shin-ichi Nishimura, Kazunori Fujisawa, Kazuyuki Nakamura

    SOILS AND FOUNDATIONS   52 ( 2 )   279 - 298   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    Data assimilation is a versatile methodology, developed in the earth sciences, such as geophysics, meteorology, and oceanography, for estimating the state of a dynamic system of interest by merging sparse observation data into a numerical model for the system. In particular, the data assimilation method referred to as the particle filter (PF) can be applied to nonlinear and non-Gaussian problems, and it holds the greatest potential for application to geotechnical problems. The objective of this study is to demonstrate the theoretical and the practical effectiveness of the PF for a geotechnical problem, i.e., applying the methodology to numerical experiments and actual model tests to identify the parameters of elasto-plastic geomaterials. Since the mechanical behavior of soils depends on both the current stress and the recent stress history of the soil, the sampling method called SIS, which can take into account the stress history experienced by soils, identifies the parameters of elasto-plastic geomaterials remarkably well. The results of the numerical tests have shown that the parameters identified by the PF based on the SIS have converged into their true values, and the approach presented in this study has shown great promise as an accurate parameter identification method for elasto-plastic geomaterials. Moreover, the simulation results using the identified parameters were close to the actual measurement data, and long-term predictions with high accuracy could be achieved, even though short-term measurement data were used. The PF approach produces more information about the parameters of interest than simple estimated values obtained from optimization methods. Namely, the identification comes in the form of probability density functions. (c) 2012 The Japanese Geotechnical Society. Production and hosting by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sandf.2012.02.006

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical simulation of embankment breaching due to overflow based on erosion rate of soils

    K. Fujisawa, A. Murakami, S. Nishimura, T. Shuku

    New Frontiers in Computational Geotechnics, Takayama   133 - 138   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ため池の維持管理と改修効果の評価

    西村伸一, 藤澤和謙, 森井顕二, 長尾遥奈

    地盤工学会誌   60 ( 1 )   28 - 31   2012年

     詳細を見る

  • 土の侵食速度を用いた堤体の越流破堤解析 査読

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一, 珠玖隆行

    土木学会応用力学論文集   15   I_317 - I_326   2012年

  • 粒子フィルタを用いた軟弱地盤の残留沈下予測 査読

    西村伸一, 珠玖隆行, 西村友希, 藤澤和謙, 村上 章

    土木学会応用力学論文集   15   I_103 - I_114   2012年

  • データ同化による地盤構造物内の劣化箇所同定に関する基礎的研究 査読

    珠玖隆行, 西村伸一, 藤澤和謙

    土木学会応用力学論文集   50   I_89 - I_101   2012年

  • 上向き浸透流による浸透破壊時の砂粒子の移動速度 査読

    藤澤和謙, 西村伸一, 中谷亜由美, 村上 章

    農業農村工学会論文集   281 ( 5 )   35 - 41   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    水の浸透作用によって砂の骨格が破壊し,噴砂が生じる浸透破壊に関するこれまでの研究では,主に浸透破壊の生じる動水勾配や浸透流速を把握することに焦点が置かれてきた.しかし,浸透破壊後の地盤や土構造物の状況を予測するには,浸透破壊時の土粒子の輸送現象を把握する必要がある.本研究では,鉛直上向きの浸透による浸透破壊の際に,浸透流によって運ばれる砂の挙動を実験的に調査した.実験においては,浸透破壊時の浸透水と砂粒子の流出量を分離して測定し,動水勾配と共に浸透流速と砂粒子の移動速度を計測した.その結果からは,透水係数を用いた砂と浸透水との相互作用モデルを用いれば,材料の違いによらず,鉛直方向の力のつり合いによって良好に砂の移動速度を推定できることが明らかとなった.

    DOI: 10.11408/jsidre.80.409

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10024829952?from=CiNii

  • Determination of partial factors for the verification of the bearing capacity of shallow foundations under open channels 査読

    Akira Murakami, Shin-Ichi Nishimura, Makoto Suzuki, Mitsuhiro Mori, Takashi Kurata, Tatsuya Fujimura

    Georisk   5 ( 3-4 )   186 - 194   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The limit state design method has been introduced into the design criteria for geotechnical structures.The current paper attempts to apply the reliability-based design method, at Level II, to the bearing capacity of the foundations of open channels from the viewpoint of the limit state design.To examine the applicability of the proposed procedure for practical structures, the reliability index is computed for evaluating the stability of the foundations of existing open channels designed by the conventional method.The conventional design procedure makes excessively safe side design.We applied the first order reliability methods (FORM) to the existing open channels designed by the conventional design procedure, and consequently, large values of reliability index, 3 and 5 were obtained for clayey and sandy soils, respectively.Finally, the partial factors for the soil parameters have been determined, corresponding to the target reliability indices β&lt
    inf&gt
    t&lt
    /inf&gt
    =1, 3 and 4. © 2011 Taylor &amp
    Francis.

    DOI: 10.1080/17499518.2011.558417

    Scopus

    researchmap

  • Spatial distributions of strength of an embankment based on synthesis of sounding tests and surface wave method 査読

    S. Nishimura, Y. Takayama, K. Fujisawa, M. Suzuki, A. Murakami

    APPLICATIONS OF STATISTICS AND PROBABILITY IN CIVIL ENGINEERING   1716 - 1724   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    In this research, the spatial distribution of the strength parameters of decrepit earth-fill dams and an identification method are discussed. Swedish Weight Sounding (SWS) tests are conducted to determine the statistical model to represent the spatial distribution of the N-values. The spatial distribution model can be determined with high resolution from the sounding test results, since point estimations for the N-values are available. The Surface Wave Method (SWM), a geophysical exploration method, is also employed here. It can present the averaged image of the N-value distribution. In this research, these two sets of results are synthesized with the indicator simulation method.

    Web of Science

    researchmap

  • 微分方程式で解く土中の侵食

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一

    地盤工学会誌   59 ( 3 )   24 - 27   2011年

     詳細を見る

  • 地盤解析におけるデータ同化

    珠玖隆行, 村上 章, 藤沢和謙, 西村伸一

    地盤工学会誌   59 ( 3 )   8 - 11   2011年

     詳細を見る

  • 堤体盛土におけるN値空間分布の推定 査読

    西村伸一, 高山裕太, 鈴木 誠, 村上 章, 藤澤和謙

    土木学会論文集C(地圏工学)   67 ( 2 )   252 - 263   2011年

     詳細を見る

  • 土構造物の信頼性設計における粒子フィルタの適用 査読

    珠玖隆行, 西村伸一, 村上 章, 藤沢和謙

    水土の知   79 ( 5 )   345 - 348   2011年

     詳細を見る

  • 越流による堤体侵食に関する安定化数値解析 査読

    藤沢和謙, 村上 章, 西村伸一

    水土の知   79 ( 8 )   611 - 614   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 砂・粘土混合材料の侵食速度測定と室内越流破堤実験 査読

    藤沢和謙, 村上 章, 西村伸一

    農業農村工学会論文集   273   195 - 205   2011年

     詳細を見る

  • データ同化に基づいた信頼性解析手法による土構造物の性能照査 査読

    珠玖隆行, 西村伸一, 村上 章, 西村友希, 藤沢和謙

    地盤工学ジャーナル   6 ( 3 )   415 - 426   2011年

     詳細を見る

  • 条件付シミュレーションによる液状化対策工の信頼性設計 査読

    西村伸一, 清水英良

    農業農村工学会論文集   275 ( 5 )   329 - 337   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    本研究は,砂質地盤の液状化を対象に,その液状化確率の算定と,リスクの低減を目的とした対策に対して,信頼性設計を実施している.液状化確率は,土質定数の空間的なばらつきを考慮して算定している.第一に,最尤法を利用して,N 値,細粒分含有率Fcの統計モデルを決定し,経験式をとおして動的せん断強度比の算定を行う.これらの確率変数に対して,条件付きシミュレーション法を適用し,地盤の二次元液状化確率の算定を行う.さらに,液状化確率に基づき,最適地盤改良法を決定するための期待総費用最小化に基づく信頼性設計を実施している.地盤改良工法として,サンドコンパクションパイル工法を採り上げ,最適砂置換率を決定している.

    DOI: 10.11408/jsidre.79.329

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10010471080?from=CiNii

  • Numerical simulation of dynamic behavior of seepage flow with finite volume method

    K. Fujisawa, S. Nishimura, A. Murakami

    New Frontiers in Computational Geotechnics, Brisbane   75 - 80   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 有限体積法による浸透流の動的挙動に関する数値解析 査読

    藤澤和謙, 西村伸一, 村上 章

    土木学会応用力学論文集   13   195 - 202   2010年

     詳細を見る

  • 粒子フィルタによる神戸空港島沈下挙動のデータ同化 査読

    珠玖隆行, 村上 章, 西村伸一, 藤沢和謙, 中村和幸

    応用力学論文集   13   67 - 77   2010年

  • Simultaneous modeling of internal erosion and deformation of soil structures 査読

    Kazunori Fujisawa, Akira Murakami, Shin-Ichi Nishimura

    Geotechnical Special Publication   ( 204 )   71 - 78   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Piping, as the result of internal erosion of embankments, is a primary cause of embankment breaks. Moreover, hollows or cavities of soil structures have been occasionally reported due to erosion within soils. The inner states of embankments are needed to be estimated to take appropriate measures for the prevention of the accidents of soil structures. In this study, simultaneous modeling of the internal erosion and the deformation of soils is carried out. As for the internal erosion, the equations governing the erosion and the transport of fine particles within a soil mass are derived with the concept of erosion rates of soils. Additionally, the constitutive model which can describe the deformation of soils caused by the internal erosion is proposed in this paper. © 2010 ASCE.

    DOI: 10.1061/41105(378)11

    Scopus

    researchmap

  • 河川堤防の安全性評価に向けた強度分布の推定方法 査読

    西村伸一, 藤原身江子, 工藤健雄, 内藤秀信, 与那城稔, 土屋善浩, 高山裕太

    地盤と建設   28 ( 1 )   39 - 45   2010年

     詳細を見る

  • Coupled problem of saturated-unsaturated seepage flow and internal erosion of soils

    K. Fujisawa, D. Niina, A. Murakami, S. Nishimura

    UNSATURATED SOILS: THEORETICAL AND NUMERICAL ADVANCES IN UNSATURATED SOIL MECHANICS   837 - 842   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    About 50% of dam failures in the world have been triggered by piping, which is a primary cause of embankment breaks. The phenomenon of piping results from the erosion of soil particles and their transport within the soil mass. In this paper, a numerical method to analyze erosion within soils and transport of eroded soil particles is proposed. For the analysis, the saturated-unsaturated seepage flow of the pore liquid, the detachment of soil particles from the soil fabric and the migration of the eroded particles are needed to be considered. As the results of this numerical simulation, the temporal alteration and the spatial distribution of the porosity, the particle size distribution and the concentration of the detached soil particle in the pore liquid, as well as the pore liquid pressure, can be obtained. The results of this analysis have revealed that the method qualitatively predicts the development of piping inside soil structures, such as embankments, as the solutions of the initial and boundary value problem.

    Web of Science

    researchmap

  • Reliability-based design of earth-fill dams based on the spatial distribution of strength parameters 査読

    Shin-ichi Nishimura, Akira Murakami, Ken Matsuura

    Georisk   4 ( 3 )   140 - 147   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, a reliability-based design for the improvement of earth-fill dams is presented and the effect of improvement of the embankment for safety against earthquakes is evaluated.An inclined core is considered as the means of improvement for the earth-fill embankment.First, the spatial distribution of the strength of the earthfill materials is discussed, following which the damage level of earth-fill dams is evaluated, using the elastoviscoplastic finite element method (EVP-FEM).By averaging the resulting damage level with the Monte Carlo method, the expected failure costs are calculated.Finally, the effect of this improvement is evaluated by comparing the expected total costs for the original and the restored states of the embankment. © 2010 Taylor &amp
    Francis.

    DOI: 10.1080/17499511003676655

    Scopus

    researchmap

  • Numerical analysis of the erosion and the transport of fine particles within soils leading to the piping phenomenon 査読

    Kazunori Fujisawa, Akira Murakami, Shin-Ichi Nishimura

    Soils and Foundations   50 ( 4 )   471 - 482   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    About 50z of the world's dam failures are triggered by piping, which is a primary cause of embankment breaks. The phenomenon of piping results from the erosion of soil particles and their transport within a soil mass. In this paper, a numerical method is proposed to analyze the erosion within soils and the transport of eroded soil particles by adopting the concept of the erosion rate of soils. In such an analysis, the saturated-unsaturated seepage flow of the pore liquid, the detachment of the soil particles from the soil fabric, and the migration of the eroded particles are taken into consideration, and the equations related to the conservation of the pore liquid and the eroded soil particles are numerically solved. This numerical simulation allows for the procurement of the temporal alteration and the spatial distribution of the porosity, the particle size distribution, and the concentration of the detached soil particles in the pore liquid, as well as the distribution of pore liquid pressure. The results have revealed that the method can reproduce the experimental data from previous studies on the internal erosion of soils and that it qualitatively predicts, from the numerical experiments, the typical development of piping within soils, such as soil blocks and embankments, as the solutions to the initial and the boundary value problems of the governing equations.

    DOI: 10.3208/sandf.50.471

    Scopus

    researchmap

  • 開水路基礎の支持力問題における信頼性解析 査読

    村上 章, 西村伸一, 森 充広, 倉田高士, 藤村達也

    農業農村工学会論文集   ( 260 )   69 - 75   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:農業農村工学会  

    researchmap

  • Numerical analysis of erosion and migration of soil particles within soil mass

    K. Fujisawa, A. Murakami, S. Nishimura

    PREDICTION AND SIMULATION METHODS FOR GEOHAZARD MITIGATION   139 - 144   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    Internal Erosion caused within soil structures, such as earth dams and irrigation ponds, lead to the piping failures of the structures. Most of studies on the internal erosion of soils have been experimental and the computational method to analyze the phenomenon is currently limited. The purpose of this study is to propose the numerical method for solving the internal erosion and the transport of eroded soil particles and to verify the applicability of the method. In this paper, three equations concerning the seepage flow, the change of porosity due to internal erosion and the transport of the eroded soil particles are introduced and computationally solved. The equation of the seepage flow is solved with Finite Element Method, and Finite Volume Method is applied to the equation of the transport of the soil particles. It is shown that the numerical approach can reproduce the experimental date of the previous study.

    Web of Science

    researchmap

  • 開水路基礎の支持力照査における部分安全係数の算定

    村上 章, 西村伸一, 鈴木 誠, 森 充広, 倉田高士, 藤村達也

    農業農村工学会論文集   259   71 - 78   2009年

     詳細を見る

  • 開水路基礎の支持力問題における信頼性解析

    村上 章, 西村伸一, 鈴木 誠, 森 充広, 倉田高士, 藤村達也

    農業農村工学会論文集   260   175 - 181   2009年

     詳細を見る

  • 期待総費用最小化理論に基づく干拓堤防の最適液状化対策

    西村伸一, 清水英良

    地盤工学会誌   57 ( 3 )   26 - 29   2009年

     詳細を見る

  • 土の内部で生じる土粒子侵食の解析手法

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一

    農業農村工学会論文集   260   191 - 199   2009年

     詳細を見る

  • 粒子フィルタによる地盤解析のデータ同化

    村上 章, 西村伸一, 藤澤和謙, 中村和幸, 樋口知之

    土木学会応用力学論文集   12   99 - 105   2009年

     詳細を見る

  • 侵食速度を用いた土粒子流亡によるパイピングの進展解析

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一

    土木学会応用力学論文集   12   395 - 403   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Risk evaluation and reliability-based design of earth-fill dams

    S. Nishimura, A. Murakami, K. Fujisawa

    PREDICTION AND SIMULATION METHODS FOR GEOHAZARD MITIGATION   547 - 552   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    A reliability-based design for the improvement of earth-fill dams is discussed in this study, and the effect of improving of the embankment is evaluated in relation to the safety of the embankment against earthquakes. An inclined core is considered here as the means of improvement for the earth-fill embankment. To evaluate the stability of earth-fill dams, the elasto-viscoplastic finite element method (EVP-FEM) is used. Then, combining the Monte Carlo method with the EVP-FEM, the expected damage costs are calculated. Finally, the effect of this improvement is evaluated by comparing the total costs before and after the restoration of the embankment.

    Web of Science

    researchmap

  • 豪雨時の越流破堤に対するため池堤体の信頼性設計

    西村伸一, 森 俊輔, 藤澤和謙, 村上 章

    土木学会応用力学論文集   12   89 - 97   2009年

     詳細を見る

  • まさ土へのため池底泥の混合が植物の発芽・生育に及ぼす影響

    滝澤倫顕, 村上 章, 西村伸一, 村上賢治

    農業農村工学会論文集   263 ( 5 )   501 - 507   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    DOI: 10.11408/jsidre.77.501

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 可搬型フィルタープレス機によるため池底泥の効率的な脱水処理

    滝澤倫顕, 村上 章, 西村伸一

    地盤と建設   26   7 - 14   2009年

     詳細を見る

  • Reliability-based design of ground improvement for liquefaction mitigation 査読

    Shin-ichi Nishimura, Hideyoshi Shimizu

    Structural Safety   30 ( 3 )   200 - 216   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The main purpose of this research is to develop a calculation method to assess the probability of liquefaction and a reliability-based design method to mitigate the liquefaction in sandy grounds. The probability of liquefaction is evaluated with the proposed model by considering the spatial variability of the soil parameters and the statistical characteristics related to the occurrence of earthquakes. The liquefaction resistance is calculated from the SPT N-value, the median grain size, D50, and the fines content, Fc, through the empirical relationship [Iwasaki T, Arakawa A, Tokida, K. Simplified procedure for assessing soil liquefaction during earthquakes. Proc Soil Dyn Earthquake Eng Conf 1982
    925-39]. The statistical models for these three soil parameters are determined with the maximum likelihood method. The occurrences of earthquakes is modeled based on the maximum annual acceleration found in historical earthquake data records. In this study, the probability of liquefaction is evaluated multi-dimensionally using the cokriging method. Finally, the reliability-based design method is discussed in order to determine the optimum design for ground improvement using sand compaction piles (SCP) based on the calculated probability of liquefaction. © 2006.

    DOI: 10.1016/j.strusafe.2006.11.002

    Scopus

    researchmap

  • 廃棄物の工学的利用におけるリスクとは?

    田中 誠, 遠藤和人, 西村伸一, 吉本憲正

    地盤工学会誌   56 ( 8 )   4 - 7   2008年

     詳細を見る

  • ロックフィル材料の劣化を評価するための試験法に対する検討 査読

    西山竜朗, 笠松 諭, 千原英司, 長谷川高士, 村上 章, 西村伸一

    農業農村工学会論文集   252   87 - 95   2007年

  • 浚渫土脱水ケーキの基本特性と改質

    西村伸一, 滝澤倫顕, 村山八洲雄, 村上 章

    農業農村工学会論文集   248   201 - 209   2007年

  • 乾燥によるため池底泥の物性変化

    滝澤倫顕, 西村伸一, 村上 章

    農業農村工学会論文集   252   601 - 607   2007年

  • 分割型圧密試験に基づく二次圧密を考慮した沈下予測モデルの開発

    西村伸一, 日高健寿

    農業土木学会論文集   241   97 - 105   2006年

  • 部分付着損失を有する鉄筋コンクリートのせん断耐力

    村山八洲雄, 青戸拡起, 渡辺充弘, 西村伸一

    コンクリート工学年次論文集   28 ( 2 )   757 - 762   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    著しい鉄筋腐食やはつりだし補修過程に伴う鉄筋とコンクリート間の部分的な付着損失を想定し,これに着目した部材のせん断耐力実験を行った。着目した要因は,引張り鉄筋の付着損失本数比および付着損失の範囲の2種類である。実験の結果,これらの部材の耐力は付着の健全なRC部材のせん断耐力値といわゆるアンボンドRC部材の耐力値の概ね間にあった。その特徴について議論した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10640283

  • 環境理工学と農業土木の教育・研究

    西村 伸一

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   73 ( 7 )   626 - 628   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    DOI: 10.11408/jjsidre1965.73.7_626

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00377427868?from=CiNii

  • 兵庫県南部地震による淡路島北部5町のため池被害・無被害要因の多変量解析

    藤井弘章, 難波明代, 西村伸一, 島田 清, 西山竜朗

    自然災害科学   24 ( 1 )   59 - 78   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自然災害科学会  

    This study was performed to clarify which factors affected damage to tame-ike (small embankment dams for irrigation in Japanese) of northern Awaji Island in western Japan due to Hyogoken-Nambu earthquake. Multivariate and ordinary statistical analyses were carried out for 1788 dams (350 damaged and 1438 undamaged dams which identified using various documents). The model for analysis was created with 11 items and 136 or 100 categories for 4 groups (Location, Geology, Structure, and History of Dam). As a result of analysis, the factors causing to damage for dam in order are (1) distance to the epicenter (9 to 15km, which almost agree to the location of seismic intensity 7 JMA), (2) nearest fault (Nojima, Mizukoshi and D2), (3) embankment volume (the larger the more), (4) angle of crest axis to epicenter (normal or vertical), (5) angle of crest axis to nearest fault (normal or vertical), especially reservoir located backward dam, (6) distance to the nearest fault (less than 750m), (7) elevation of dam site, (8) plan view of dam axis (complicate), (9) surface geology of dam site (soil foundation), (10) leakage, (11) repair. Analysis in this way might be possible to notice the distribution of intensity of seismic force and prediction for damage of embankment.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10751953

  • Inverse analysis of soft grounds considering and nonlinearity and anisotropy 査読

    Nishimura, S, Nishiyama, T, Murakami, A

    Soils and Foundations   45 ( 2 )   87 - 95   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A study of the measurement of fracture toughness in cohesive soil - relationship between the size of initial crack and diameter of specimen 査読

    Shin-ichi Nishimura, Hideyoshi Shimizu

    PADDY AND WATER ENVIRONMENT   2 ( 1 )   27 - 32   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    The phenomenon of hydraulic fracturing is considered to be one of the causes of leakage in fill-type dams. In recent years, it has been found that an estimate of the fracture toughness of a given type of soil could be used as an indicator of the soil's resistance to hydraulic fracturing. One of the problems encountered in its estimation is the assumption that fracture toughness has been theoretically defined for samples of infinite sizes. In this study, laboratory tests were conducted to determine the fracture toughness of samples (of the same size) prepared with initial cracks of various lengths. The main objective was to investigate the relationship of the initial crack length to fracture toughness. The stress distribution around the crack tip for each laboratory test sample was estimated by FEM analysis and by a theoretical equation. These analytical results corresponded reasonably well to results from laboratory tests to determine the appropriate length of the initial crack for the test specimens.

    DOI: 10.1007/s10333-004-0036-5

    Web of Science

    researchmap

  • クリープ現象の数理モデル 査読

    西村伸一, 堀 俊男, 藤井弘章

    日本地すべり学会誌   41 ( 2 )   105 - 109   2004年

     詳細を見る

  • コスト最小化理論に基づく液状化対策工最適設計

    西村伸一, 清水英良

    農業土木学会誌   72 ( 5 )   17 - 20   2004年

  • 分割型圧密試験による粘性土の時間依存性挙動に関する考察

    西村 伸一, 日高 健寿, 村山 八洲雄

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39   205 - 206   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    分割型圧密試験機は,圧密試料内部のひずみや間隙水圧を知ることができ,特に,二次圧密を含む時間依存性挙動の考察のためにしばしば採用される.本研究においても,時間依存性挙動を念頭に置き,上記試験機を用いた圧密試験を実施している.圧密試験は,厚さ2cmの試料を3連結して実施している.実験試料としては,カオリンおよび海成粘土を用いている.一般に,間隙水圧の消散と沈下の進行を比較した場合,水圧の消散の方が速くなる傾向がある.この現象を数値解析を用いてを検証した.ついで,二次圧密現象に対して,弾性モデルに粘性項を付加したモデルを利用し,二次圧密に関するパラメータを同定する方法を示した.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.205.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 地すべり解析における有限要素法の利用第9回:2. FEMによる地すべり解析の基礎理論

    西村 伸一, 堀 俊男, 藤井 弘章

    日本地すべり学会誌   41 ( 2 )   193 - 197   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Japan Landslide Society  

    DOI: 10.3313/jls.41.193

    CiNii Article

    researchmap

  • Considerations on multidimensional consolidation inverse analysis 査読

    S. Nishimura, A. Murakami, Y. Murayama

    Inverse Problems in Engineering Mechanics IV   333 - 342   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Elsevier Ltd.  

    This chapter focuses on a multidimensional consolidation inverse analysis. The effects of the measured pore water pressure and the assumption of anisotropy are investigated. An elastoplastic hypothetical ground is analyzed to check the proposed analytical method. The hypothetical observation data are obtained based on the Sekiguchi-Ohtaelasto-plastic model. The effectiveness of the observed pore water pressure is proved
    vertical and lateral displacements and pore water pressure are predicted well with the observed pore water pressure. The laboratory anisotropic consolidation tests are also analyzed, because accurate measurements are necessary for the development of the method. The measured deformation and pore pressure obtained in the tests are used for the inverse analysis. According to the results of this analysis
    it is shown that the measured pore water pressure and assumption of anisotropy work well, to predict the future consolidation behavior. © 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/B978-008044268-6/50039-9

    Scopus

    researchmap

  • 浚渫ヘドロ脱水ケーキの変形特性

    西村伸一, 井上隆司, 藤井弘章, 脇谷芳招

    農業土木学会論文集   226   559 - 560   2003年

  • 練返しおよび不撹乱粘土の鉛直・水平方向圧密係数の比較

    西村伸一, 北川佳弘, 西山竜朗, 村上 章, 村山八洲雄

    農業土木学会論文集   228 ( 6 )   815 - 822   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.2003.815

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 練返しおよび不撹乱試料の鉛直・水平方向圧密係数の比較

    西村 伸一, 北川 佳弘, 村山 八洲雄, 村上 章

    地盤工学研究発表会 発表講演集   38   277 - 278   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    自然堆積地盤には,通常,異方性が存在すると考えられている.本研究は,粘性土地盤の透水性の異方性を考察しようとするものである.ここでは,鉛直排水および放射排水圧密試験を実施し,鉛直方向および水平方向透水係数の比較を行っている.今回は,練返し試料と不撹乱試料を実験に使用し,その比較も行っている.排水方向の違う圧密試験結果を比較する場合,それぞれ一次圧密に要する時間が違うので,実験から求まる圧密定数を比較するのが難しい.そこで,本研究では,二次圧密を考慮した逆解析を実施し,パラメータの同定を行った.結果,提案法によると,鉛直・水平方向の透水係数の相違が鮮明に評価できることが明らかとなった.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS38.0.277.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Consolidation inverse analysis considering spatial variability and non-linearity of soil parameters

    S Nishimura, K Shimada, H Fujii

    SOILS AND FOUNDATIONS   42 ( 3 )   45 - 61   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    One-dimensional consolidation inverse analysis based on the stochastic nonlinear consolidation model (SNCM) is discussed in this study. The model is determined from the standard consolidation test results, and represents the non-linearity and spatial variability of the coefficient of volume compressibility and the coefficient of permeability simultaneously. Furthermore, the inverse analysis method is proposed on the basis of the SNCM and the finite element method mixed with the Monte Carlo simulation. Measured settlement and pore water pressure are used as observation data in the inverse analysis. The method is applied to the consolidation test results of kaolin clay, and its applicability is confirmed firstly. Then the inverse analysis of an actual soft ground is performed. Future consolidation behavior of the ground is predicted, and the spatial variability and the non-linearity of the consolidation parameters are identified. It is clarified in this study that complicated spatial variability and non-linearity of the consolidation parameters could be considered appropriately in the proposed inverse analysis method, and the method gives accurate prediction of consolidation behavior.

    DOI: 10.3208/sandf.42.3_45

    Web of Science

    researchmap

  • 鉛直方向および水平方向圧密係数の比較

    北川 佳弘, 西村 伸一, 藤井 弘章

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37   311 - 312   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS37.0.311.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 双曲線モデルを用いた実測値に基づく軟弱地盤の変形予測

    西村 伸一, 藤井 弘章, 村上 章, 松本 寛展

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37   965 - 966   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS37.0.965.0

    CiNii Article

    researchmap

  • メッシュフリー解法による飽和土の局所化解析

    有本 慎一, 村上 章, 西村 伸一

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37   337 - 338   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS37.0.337.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 浚渫ヘドロ脱水ケーキの圧縮特性

    脇谷芳招, 藤井弘章, 西村伸一, 井上隆司

    農業土木学会論文集   214   423 - 430   2001年

  • 間隙水圧の観測結果を利用した粘性土地盤の変形予測

    西村伸一, 島田 清, 藤井弘章

    土と基礎   49 ( 11 )   10 - 12   2001年

     詳細を見る

  • 実測値に基づく二次圧密を考慮した圧密沈下予測

    西村伸一, 藤井弘章

    農業土木学会論文集   216   71 - 79   2001年

  • 逆解析による同定地盤定数の補正法と軟弱地盤の沈下予測

    西村伸一, 池内審嗣, 藤井弘章, 島田 清

    農業土木学会論文集   210   763 - 770   2000年

  • Damage factors for small embankment dams due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake - Case Study on Hokudan Town

    藤井 弘章, 国政 華菜, 難波 明代, 横溝 隆之, 西村 伸一, 島田 清, 堀 俊男, 西山 竜朗

    Soils and Foundations   40 ( 6 )   117 - 131   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:地盤工学会  

    This study was performed to clarify which factors affected damage to tame-ike (small embankment dams for irrigation) in Hokudan Town as a result of the January 17,1995 Hyogoken-Nambu earthquake. Factors were assumed to be : Location (e.g., Distance to Epicenter, etc.), Structure (e.g., Angle to Nearest Fault, Embankment Volume, etc.), Soil Properties of Embankment, Geology of Dam Site and History (Era of Construction, Repaired, etc.). Multivariate statistical analyses were performed for documentary data (damaged : 181,undamaged : 328). Ordinary statistical analyses were conducted for the data investigated in situ for soil properties of the embankment. The results show that the factors causing damage to dam are : (1) Nearest Fault (Nojima, Mizukoshi and D2), (2) Distance to Nearest Fault (less than 500 m), (3) Distance to Epicenter (approximately 8 to 14 km, which almost agrees with the location of seismic intensity 7 JMA), (4) Elevation of Dam Site (higher than 100 m), (5) Embankment Volume (the greater the volume the more damage was caused), (6) Direction of Dam Axis (normal or diagonal to the epicenter or to nearest the fault), (7) Plan View of Dam Axis (3 or 4 axes), (8) Surface Geology of Dam Site (non-cohesive soil type ground), (9) Era of Construction (prior to 1891) and (10) Soil Properties of Embankment (sand, not silty sand or gravel, penetration resistance that is 10% smaller than the undamaged dams).

    DOI: 10.3208/sandf.40.6_117

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10423683

  • Change of shear strength due to surface tension and matric suction of pore water in unsaturated sandy soils 査読

    K Shimada, H Fujii, S Nishimura, T Nishiyama, T Morii

    UNSATURATED SOILS FOR ASIA   147 - 152   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    This paper discusses the change of the normal stress due to the surface tension and the matric suction of the pore water in unsaturated assemblies of spheres, and also discusses the change of the shear strength of sandy soils with the matric suction. Theoretically derived are the relationships between the change of the normal stress and the matric suction in unsaturated assemblies of regularly/randomly packed equal-sized/non equal-sized spheres. Shear tests with poorly- and well-graded sandy soils were also carried out. Experimental results show the same tendency of the relationships between the change of the normal stress and the matric suction as that from theoretical considerations.

    Web of Science

    researchmap

  • Application of FEM on the basis of elasto-viscoplastic model to landslide problems 査読

    H Fujii, S Nishimura, K Shimada, T Hori

    SLOPE STABILITY ENGINEERING, VOLS 1 & 2   219 - 224   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    This paper discusses the applications of FEM on the basis of the elasto-viscoplastic model to landslide problems. Fluidity parameter gamma which governs the time dependent behavior of landslide, is determined from the comparison of the calculated displacement of landslide with the measured in the Site. Concluding remarks are as follows: 1)The fluidity parameter identified from five typical landslide Sites is within the range of 1*10(-5)similar to 7*10(-4)(day(-1)); 2)The effect of dewatering method was proved by the proposed method; 3)Using this model, it may be possible to make predictions on the future trend of deformation.

    Web of Science

    researchmap

  • Slope stability analysis considering reduction of shear strength of unsaturated soil due to rain infiltration 査読

    Shimada, K, Morii, T, Fujii, H, Nishimura, S

    Trans. of JSIDRE   67 ( 6 )   93 - 98   1999年

     詳細を見る

  • Change of shear strength of unsaturated decomposed granite soils with matric suction 査読

    Shimada, K, Fujii, H, Nishimura, S

    Trans. of JSIDRE   67 ( 3 )   99 - 104   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Slope instability due to rainfall and earthquake 査読

    K Shimada, H Fujii, S Nishimura, T Nishiyama, T Morii

    SLOPE STABILITY ENGINEERING, VOLS 1 & 2   653 - 656   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    This paper discusses the coincident effects of rainfall and earthquake on the slope stability. A numerical program for the analysis of the slope instability due to rainfall has been already developed. The program unites a finite element program for the infiltration analysis and a Rigid-Body-Spring-Model (RBSM) program for the slope stability analysis. The numerical results for a model slope show that the reduction of the shear strength of the slope surface soil due to rain infiltration causes the reduction of the safety factor of the slope. When the slope suffers from both rainfall and earthquake, its safety factor will decrease more and it must become more unstable. The effect of seismicity is taken into account by applying the additional horizontal seismic force in RBSM as the pseudo-static limit equilibrium procedure of the slope stability analysis. The calculation results show that the slope suffering from the rain infiltration becomes more unstable when the additional seismic force acts. The greater magnitude of the seismic intensity strongly reduces the safety factor of the model slope.

    Web of Science

    researchmap

  • Hysteresis effect of decomposed granite soil on slope instability due to rainfall 査読

    K Shimada, H Fujii, S Nishimura, T Nishiyama, T Morii

    EIGHTH INTERNATIONAL CONGRESS INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR ENGINEERING GEOLOGY AND THE ENVIRONMENT, PROCEEDINGS, VOLS 1-5   1981 - 1986   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    This paper discusses the effect of hysteresis in soil-water characteristic curves of decomposed granite soils on the instability of their unsaturated slopes due to rain infiltration, using the numerical analysis. Almost all soils exhibit hysteresis in soil-water characteristic curves, and the curves are ordinarily measured in the drying process because of the simplicity of measurement. However, the numerical results indicate that the curve measured in the drying process gives incorrect estimates for the slope instability due to rain infiltration. In conclusion, the soil-water characteristic curves of soils should be measured in the wetting process when applied to the slope stability analysis considering rain infiltration.

    Web of Science

    researchmap

  • 液状化対策地盤改良に関する信頼性設計

    西村 伸一, 清水 英良, 藤井 弘章, 島田 清

    土木学会論文集   603 ( 603 )   101 - 111   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscej.1998.603_101

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 兵庫県南部地震による被災ため池の解析 〜井戸の尻池を例として〜

    西村伸一, 島田 清, 藤井弘章, 堀 俊男

    地盤と建設   16 ( 1 )   57 - 62   1998年

     詳細を見る

  • Stability analysis of unsaturated slopes considering changes of matric suction 査読

    K Shimada, H Fujii, S Nishimura, T Morii

    UNSATURATED SOILS, VOLS 1 AND 2   293 - 299   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • 地すべり挙動の弾粘塑性有限要素解析

    藤井 弘章, 西村 伸一, 堀 俊男, 島田 清

    地すべり   31 ( 4 )   1 - 8   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japan Landslide Society  

    弾粘塑性FEMによる本解析手法は, 土質試験からのパラメータを用いた解析値と各種移動量の実測値を比較することによって成立しており, 多くの地すべり地の解析に実用的であると思われる。今後の解析事例の集積により地すべり挙動予測への貴重なアプローチとなり得るものと思われる。

    DOI: 10.3313/jls1964.31.4_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00032119749?from=CiNii

  • Sensitivity analysis of earth-filled dams based on experimental design 査読

    Shuku, T, Nishimura, S, Shibata, T

    Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   83 ( 4 )   II_77 - II_82   1995年

     詳細を見る

  • STUDIES ON NEUROSTEROIDS .2. RETENTION BEHAVIOR OF DERIVATIZED 20-OXOSTEROIDS AND THEIR SULFATES USING HIGH-PERFORMANCE LIQUID-CHROMATOGRAPHY 査読

    K SHIMADA, S NISHIMURA

    JOURNAL OF LIQUID CHROMATOGRAPHY   18 ( 9 )   1691 - 1701   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARCEL DEKKER INC  

    The retention behavior of five 20-oxosteroids (pregnenolone, 3 beta - hydroxy- 5 alpha -pregnan-20-one, 3 beta -hydroxy- 5 beta - pregnan-20-one, 3 alpha -hydroxy- 5 alpha -pregnan-20-one, and 3 alpha - hydroxy-5 beta -pregnan-20-one) and their sulfates derivatized with 4-(N,N-dimethylaminosulfonyl)- 7-hydrazino-2,1,3-benzoxadiazole were examined using reversed-phase high-performance liquid chromatography with fluorescence detection. Inclusion chromatography using cyclodextrin as a mobile phase additive was also used for this purpose and found effective in separating the isomeric derivatized 20-oxosteroids and their sulfates.

    Web of Science

    researchmap

  • 農業土木と軟弱地盤対策(その9)-児島湾・笠岡湾干拓地の土性と地盤改良の数値解析例-

    藤井弘章, 島田 清, 西村伸一

    農業土木学会誌   63 ( 5 )   513 - 520   1995年

  • 阪神・淡路大震災による水利施没の被害

    篠 和夫, 藤井弘章, 内田一徳, 島田 清, 清水英良, 田中 勉, 西村伸一

    農業土木学会誌   63 ( 11 )   39 - 44   1995年

     詳細を見る

  • ある地すべり地の弾粘塑性有限要素解析

    藤井弘章, 西村伸一, 堀 俊男, 島田 清

    地盤と建設   11 ( 1 )   11 - 23   1993年

  • 土質定数のばらつきを考慮した正規圧密地盤の有限要素法圧密解析(共著)

    西村伸一, 長谷川高士, 藤井弘章

    農業土木学会論文集   163 ( 163 )   35 - 44   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.1993.35

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地すべり地における降水量と移動量に関する二・三の考察

    藤井弘章, 堀 俊男, 島田 清, 西村伸一

    地盤と建設   10 ( 1 )   13 - 24   1992年

  • 土質定数のばらつきを考慮した一次元圧密解析

    西村伸一, 長谷川高士, 藤井弘章

    農業土木学会論文集   157   45 - 52   1992年

  • 袋詰めサンドドレーン改良地盤の圧密沈下の平面ひずみ解析-干拓地の軟弱地盤の挙動に関する実証的研究(III)-

    島田 清, 藤井弘章, 西村伸一, 田尻宣夫

    農業土木学会論文集   162   1 - 7   1992年

  • 傾斜コア型フィルダムにおける間隙水圧挙動予測の事例

    藤井弘章, 成田睦也, 島田 清, 西村伸一

    地盤と建設   9 ( 1 )   93 - 104   1991年

     詳細を見る

  • 標準圧密試験による土質定数の決定と有限要素圧密解析への適用−干拓地の軟弱地盤の挙動に関する実証的研究(I)−

    藤井弘章, 島田 清, 西村伸一, 田尻宣夫

    農業土木学会論文集   154 ( 154 )   1 - 8   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.1991.154_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軟弱地盤の安定と圧密に関する信頼性解析

    西村伸一

    構造物の安全性および信頼性   2   277 - 284   1991年

  • 袋詰めサンドドレーン改良地盤の沈下計測と軸対称有限要素解析に基づく沈下予測−干拓地の軟弱地盤の挙動に関する実証的研究(II)−

    藤井弘章, 島田 清, 西村伸一, 田尻宣夫

    農業土木学会論文集   154 ( 154 )   9 - 16   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.1991.154_9

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非排水強度の圧密強度増加を考慮した軟弱地盤の信頼性解析

    西村伸一, 長谷川高士, 藤井弘章

    農業土木学会論文集   150   75 - 84   1990年

  • 確率有限要素法の掘削斜面安定解析への適用と解析パラメータの推定法

    西村伸一, 長谷川高士

    農業土木学会論文集   136 ( 136 )   61 - 72   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    DOI: 10.11408/jsidre1965.1988.136_61

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • State of the Art Review of Inherent Variability and Uncertainty in Geotechnical Engineering

    ISSMGE(TC304)  2021年3月 

     詳細を見る

    Jianye Ching and Timo Schweckendiek (eds)

    researchmap

  • 2018 年7 月西日本豪雨災害調査報告書

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第I編3.3節,第II編3.3.11節)

    土木学会中国支部  2019年2月 

     詳細を見る

  • Geotechnics for Natural Disaster Mitigation and Management

    2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:53-65  

    S. Nishimura, K. Imaide, T. Ueta, T. Hayashi, K. Inoue, T. Shibata et al.: Spatial Distribution of Strength—Comparison Between Indian and Japanese Embankments

    researchmap

  • 改訂6版農業農村工学標準用語事典

    農業農村工学会

    農業農村工学会  2019年  ( ISBN:9784889801651

     詳細を見る

    総ページ数:xvi, 110, 286p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 実務者のための地下水モデリング(訳著)

    技報堂出版  2003年 

     詳細を見る

  • ファイテク How to みる・きく・はかる —植物環境計測—

    養賢堂  2002年 

     詳細を見る

  • 土の不飽和特性が降水浸潤による斜面の不安定に及ぼす影響について(共著)

    不飽和地盤の透水性に関わる諸諸問題シンポジウム論文集  1996年 

     詳細を見る

  • Comparing Calculated and Monitored Pore Water Pressure of Five Fill Dams(共著)

    Proc. of 1st Int, Conf. on Unsaturated Soils  1995年 

     詳細を見る

  • Stability Analysis of Unsaturated Slopes Considering Changes of Matric Suction(共著)

    Proc. of 1st Int, Conf. on Unsaturated Soils  1995年 

     詳細を見る

  • The Relationship between Soil Compaction by Tamper and its Permeability(共著)

    Proc. of 4th Asia-Pacific Regional Conf, on ISTVS  1995年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Response surfaces for damage cost and probability of failure of earth dams due to heavy rains

    Proc. of FOMLIG 2023   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Data Assimilation by Phase Velocity of Rayleigh Wave

    Proc. of FOMLIG 2023   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Application of Bayesian machine learning to data from earth-fill dam sites

    Proc. of FOMLIG 2023   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 気温上昇を想定した豪雨によるため池越流確率の評価,

    三原嵩史, 西村伸一, 工藤亮治, 柴田俊文, 珠玖隆行

    構造物の安全性および信頼性:構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム(JCOSSAR)論文集   10   324 - 325   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Evaluation of Liquefaction Probability of Earth-Fill Dam over Next 50 Years Using Geostatistical Method Based on CPTU 査読

    Kazunari Imaide, Shin-ichi Nishimura

    Geotechnical Special Publication (GSP), ASCE   244 - 253   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:American Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.1061/9780784484968

    researchmap

  • 気温上昇を想定した豪雨によるため池越流確率の評価

    三原嵩史, 西村伸一, 工藤亮治, 柴田俊文, 珠玖隆行

    農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)   2023   2023年

     詳細を見る

  • Risk Evaluation for Earth-Fill Dams by Response Surface Method 査読

    Shiying Zheng, Shin-ichi Nishimura, Toshifumi Shibata

    Proc. of ISGSR2022   881 - 886   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Evaluation of Deformation Behavior of a Natural Slope Using Particle Filter 査読

    Toshifumi Shibata, Shin-ichi Nishimura, Takayuki Shuku

    Proc. of ISGSR2022   887 - 890   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Inverse Process of Multichannel Analysis of Surface Wave by Using Ensemble Kalman Filter 査読

    Yuxiang Ren, Shinichi Nishimura, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    Proc. of ISGSR2022   887 - 890   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Piping Risk Evaluation Considering Permeability Random Field 査読

    Ryota OHASHI, Go KUBOTA, Shin-ichi NISHIMURA, Toshifumi SHIBATA, Takayuki SHUKU

    Proc. of ICMR2022   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Using the ensemble data assimilation for stiffness evaluation of an embankment 査読

    Ren, Y, Nishimura, S, Shibata, T, Shuku, T

    Proc. of ISRERM2022   419 - 425   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.3850/978-981-18-5184-1_MS-13-067-cd

    researchmap

  • Seismic Response Analysis of Earth Dam with Geostatistical Method and 3-D Survey 査読

    Ohashi, R, Nishimura, S, Kaneshige, M, Shibata, T, Shuku, T

    Proc.IACMAG2022, Challenges and Innovations in Geomechanics   287 - 294   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Application of Response Surface Method for Risk Evaluation of Earth-fill Dams 査読

    Nishimura, S, Tateishi, T, Shibata, T, Kuroda, S, Kato, T, Kuribayashi, K, Tanaya, N

    Proc. of ISRERM2022   413 - 418   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.3850/978-981-18-5184-1_MS-13-050-cd

    researchmap

  • 自然災害に対する土構造物のリスク管理 招待

    西村伸一

    安全工学シンポジウム2022予稿集   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 気温上昇を想定した豪雨予測によるため池破堤確率の予測

    舟木遼, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行, 工藤亮治

    農業農村工学会誌   90 ( 8 )   2022年

     詳細を見る

  • Soil classification and correlation between Swedish weight sounding test results and strength parameter

    Toshifumi Shibata, Shinichi Nishimura, Takayuki Shuku, Shigehiro Futatsugi, Akira Nishimura

    Proc. of ISC'6, ISSMGE   ISC2020-84   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Evaluation of spatial distribution for permeability based on CPTU and geostatistics

    Shin-ichi Nishimura, Go Kubota, Toshifumi Shibata, Takayuki Shuku

    Proc. of ISC'6, ISSMGE   ISC2020-237   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • A Sparse Polynomial Surrogate Model for Geotechnical Reliability Design

    T. Shuku, S. Nishimura, T. Shibata

    Proc. of the 7th Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications, APSSRA2020   2020年10月

     詳細を見る

  • Risk Evaluation for Earth-Fill Dams due to Heavy Rains - Probability of Failure due to Heavy Rains -

    K. Kuribayashi, N. Tanaya, S. Kuroda, T. Kato, T. Tateishi, R. Hirata, T. Shibata, S. Nishimura

    Proc. of the 7th Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications, APSSRA2020   2020年10月

     詳細を見る

  • Risk Evaluation for Earth-Fill Dams due to Heavy Rains - Efficient Risk Evaluation by Response Surface Method -

    T. Tateishi, R. Hirata, T. Shibata, S. Nishimura, K. Kuribayashi, N. Tanaya, S. Kuroda, T. Kato

    Proc. of the 7th Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications, APSSRA2020   2020年10月

     詳細を見る

  • 3次元計測を利用した効率的な3次元有限要素モデル化法の提案

    金重 稔, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    岡山大学環境理工学部研究報告   25 ( 1 )   1 - 4   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • Basic Study on Conditional Random Field with Sparse Modelling

    Yoshida, I, Yasaki, Y, Nishimura, S

    Proceedings of the 7th International Symposium on Geotechnical Safety and Risk (ISGSR)   673 - 678   2019年12月

     詳細を見る

  • Accurate Prediction of Horizontal Displacement Based on EC/LC Model Using Model Test Results

    Shibata, T, Nishimura, S, Shuku, T

    Proceedings of the 7th International Symposium on Geotechnical Safety and Risk (ISGSR)   661 - 666   2019年12月

     詳細を見る

  • Inverse Analysis of Consolidation Behavior with Several Nonlinear Models

    Nishimura, S

    Proceedings of the 7th International Symposium on Geotechnical Safety and Risk (ISGSR)   649 - 654   2019年12月

     詳細を見る

  • Identification of spatial distribution of permeability in dikes by CPTs 査読

    Nishimura, S, Imaide, K, Toshifumi, S, Shuku, T

    Proc. of ICASP13   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Surrogate models based on sparse estimation for geotechnical reliability analysis 査読

    T. Shuku, M. Nishio, S. Nishimura, T. Shibata

    Proc. of 16ARC   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • CPTUを利用した透水係数の空間分布推定 査読

    窪田 郷, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

    構造物の安全性および信頼性 JCOSSAR2019論文集   9   516 - 522   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械学習に基づく室内試験用メタンハイドレートサンプルの自動選択 査読

    珠玖隆行, 津田大成, 西村伸一, 柴田俊文

    構造物の安全性および信頼性 JCOSSAR2019論文集   9   523 - 524   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 逆解析を用いた地盤の長期挙動予測における観測期間と構成式の影響 査読

    柴田俊文, 西村伸一, 珠玖隆行

    構造物の安全性および信頼性 JCOSSAR2019論文集   9   343 - 349   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Evaluation of expected damage costs for earth-fill breaches due to heavy rains by response surface method 査読

    S. Nishimura, T. Shuku, T. Shibata

    Proc. of 16ARC   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of the spatial variability of cone penetration resistance inside an earth-fill dam composed of materials with different particle sizes with use of geostatistics 査読

    K. Imaide, S. Nishimura, T. Shibata, T. Shuku

    Proc. of 16ARC   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Identification procedure of shallow weak layer in weathered slope 査読

    Nishimura, S, Ueta, T, Imaide, K, Shibata, T, Shuku, T

    Proc. of the 6th Intl. Symposium on Reliability Engineering and Risk Management (6ISRERM)   445 - 451   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 平成 30 年 7 月豪雨での広島県と岡山県のため池の被害 査読

    柴田俊文, 西村伸一

    第61回地盤工学シンポジウム発表論文集   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CPTU を利用した河川堤防弱部と透水性空間分布の同定 査読

    西村伸一, 今出和成, 植田起也, 柴田俊文, 珠玖隆行

    第61回地盤工学シンポジウム発表論文集   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Estimation of strength parameters and soil classification based on Swedish weight sounding results 査読

    Kanamoto T, Shibata T, Nishimura,S, Shuku, T, Futatsugi, S, Nishimrua, A

    Proc. of KGS&JGS Joint Workshop   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Spatial Distribution of Strength - Comparison between Indian and Japanese Embankments 査読

    S. Nishimura, K. Imaide, T. Ueta, T. Hayashi, K. Inoue, T. Shibata, B. Chaudhary

    Proc. of 3rd Indo-Japan Workshop on Geotechnics for Natural Disaster Mitigation and Management   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Reliability-based design for earth-fills against severe natural hazard events 査読

    S. Nishimura, T. Shibata, T. Shuku

    Proc. of the 19th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ICSMGE2017   3273 - 3276   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Risk Evaluation of Earth Dam Breaches due to Heavy Rains with Use of Response Surface Method 査読

    Nishimura S, Mizuma K, Shuku T, Shibata T

    Proc. of the 12th International Conference on Structural Safety and Reliability, ICOSSAR2017   2300 - 2308   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • CPTによるため池堤体内部N値の空間分布推定

    今出和成, 西村伸一, 珠玖隆行, 柴田俊文, 村上 章, 藤澤和謙

    平成28年度農業農村工学会大会講演会   2016年8月

     詳細を見る

  • Prediction of Long-term Consolidation Behavior Considering Nonlinearity and Spatial Variability of Soil Parameters 査読

    S. Nishimura, T. Shibata, T. Shuku

    Proc.of the 6th Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications, APSSRA2016   630 - 635   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Estimation of Hydraulic Conductivity in an Embankment Using Particle Filter 査読

    K. Fujisawa, A. Muarakami, S. Nishimura

    Proc. of the 6th Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications, APSSRA2016   618 - 623   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ため池の地震時リスク評価 (小特集 ため池の耐震性能診断と保全管理戦略)

    西村 伸一, 柴田 俊文, 珠玖 隆行

    水土の知 : 農業農村工学会誌   83 ( 12 )   1027 - 1030   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 斜面崩壊における偶然的不確定性の評価

    珠玖 隆行, 吉田 郁政, 西村 伸一

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   20   6p   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Evaluation of strength of soft ground improved by vacuum consolidation

    T. Shibata, S. Nishimura, M. Fujii, A. Murakami

    Geotechnical Engineering   46   95 - 102   2015年1月

     詳細を見る

    This paper presents the numerical evaluation of the strength and stability of a ground improved via vacuum consolidation combined with a preloading embankment. To assess the stability of soft grounds, the undrained shear strength is definitely required. A numerical analysis is desirable for predicting the strength of the improved ground, and the elasto-plastic FEM for soil-water coupled problems, incorporating the SYS Cam-clay model, is adopted in two dimensions. The compression index of clay and the coefficient of permeability of organic soil, which are the primary factors for evaluating the ground behavior, are identified through an inverse analysis from the measured settlements. As the inverse approach, the particle filter is employed to account for the strong nonlinearity of the ground behavior. A stability analysis of the slip surface method is performed based on the evaluated undrained shear strength to assess the effect of the ground improvement on the construction of earth structures. The results show the validity of the ground improvement using vacuum consolidation with a preloading embankment.

    Scopus

    researchmap

  • Reliability-based design for earth-fill dams against heavy rains

    Shin-Ichi Nishimura, Takayuki Shuku, Toshifumi Shibata, Kazunori Fujisawa

    15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ARC 2015: New Innovations and Sustainability   2440 - 2444   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering  

    To mitigate the disasters of decrepit earth-fill dams, improvement work is conducted. Since there is a recent demand for low-cost improvements, the development of a design method for optimum improvement work at a low cost is the final objective of this research. The reliability-based design approach is discussed as such a design method. Heavy rains are the most serious events for aged fill-dams, and sometimes overflows leading to breaching occur. From the estimated probability of overflow, the probability of submergence in the downstream is estimated for the reliability-based design. The remarkable point in this paper is that the probability of occurrences of heavy rains and the uncertainty of the soil properties are simultaneously considered for the design. Considering the disaster loss, the risk of submergence could be assessed.

    DOI: 10.3208/jgssp.JPN-044

    Scopus

    researchmap

  • 静的コーン貫入試験(CPT)によるため池堤体の強度分布推定

    上田航平, 西村伸一, 珠玖隆行, 柴田俊文, 村上 章, 藤澤和謙

    第49回地盤工学研究発表会   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Reliability-based design of earth-fill dams considering probability of heavy rains and uncertainty of soil properties

    S. Nishimura, H. Nagao, K. Fujisawa, T. Shuku, T. Shibata

    The 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Parameter and model identification using the particle filter for geotechnical applications

    A. Murakami, K. Fujisawa, S. Ohno, T. Shuku, S. Nishimura

    14th International conference of the International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics   51 - 60   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 907 地盤解析を対象としたデータ同化における誤差分散共分散行列の推定

    珠玖 隆行, 西村 伸一

    計算力学講演会講演論文集   2013 ( 26 )   "907 - 1"-"907-2"   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 3成分コーン貫入試験によるため池堤体の物性評価

    上田航平, 西村伸一, 珠玖隆行, 村上 章, 藤澤和謙, 二木重博, 西村 輝

    第68回農業農村工学会中国四国支部講演会   127 - 129   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 地盤工学会論文賞(英文部門)を受賞して

    珠玖 隆行, 村上 章, 藤澤 和謙, 西村 伸一, 中村 和幸

    地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   61 ( 8 )   58 - 58   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 粒子法によるニューマチックケーソンの施工過程解析

    珠玖隆行, 西村伸一, 川崎 元, 尾形恒夫, 藤澤和謙

    第48回地盤工学研究発表会   1005 - 1006   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 斜面構造物の洪水時における下流域のリスク評価

    西村伸一, 珠玖隆行, 長尾遥奈, 藤澤和謙

    第48回地盤工学研究発表会   79 - 80   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 有限体積法によるDarcy流とNavier-Stokes式の同時解析

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一, 珠玖隆行

    第18回計算工学講演会   18   4p   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本計算工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 局所載荷模型実験結果に基づく二次圧密挙動の予測

    山田典弘, 西村伸一, 珠玖隆行, 藤澤和謙

    第62回理論応用力学講演会   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.11345/japannctam.62.0.203.0

    researchmap

  • Data assimilation strategies for parameter identification of elasto-plastic geomaterials and its application to geotechnical practice

    T. Shuku, S. Nishimura, A. Murakami, K. Fujisawa

    The 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   1897 - 1900   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Prediction of multi-dimensional consolidation behavior based on the observed values

    S. Nishimura, T. Shuku, K. Fujisawa

    New Advances in Geotechnical Engineering, Proc. of the 5thChina - Japan Geotechnical Symposium   333 - 338   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Numerical simulation of embankment failure due to overflow using particle method

    S. Hirayama, T. Shuku, S. Nishimura, K. Fujisawa, T. Shibata

    5th KGS-JGS Geotechnical Engineering Workshop   27 - 36   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Flood simulation considering probability of heavy rains and uncertainty of soil properties of earth-fill dams: New Advances in Geotechnical Engineering

    H. Nagao, S. Nishimura, K. Fujisawa, T. Shuku

    Proc. of the 5thChina - Japan Geotechnical Symposium   298 - 303   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Flood simulation considering probability of heavy rains and uncertainty of soil properties of earth-fill dams: Geotechnical Safety and Risk

    S. Nishimura, T. Shuku, H. Nagao, K. Fujisawa

    Proc. of 4th Int. Symp. Geotechnical Safety and Risk   291 - 297   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 遠心模型実験における地盤パラメータの同定

    珠玖隆行, 西村伸一, 藤澤和謙, 村上章

    理論応用力学講演会講演論文集(Web)   62nd   WEB ONLY OS14-12   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.11345/japannctam.62.0.210.0

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Parameter identification of elasto-plastic constitutive models using ensemble-based filter 査読

    Shuku T., Nishimura S., Shibata T.

    Proc. of the 5th KGS-JGS Geotechnical Engineering Workshop   69 - 80   2013年

     詳細を見る

  • トンネル及び地盤改良(セッション報告5,<特集>第5回日中地盤工学シンポジウム)

    西村 伸一

    地盤工学会誌   61 ( 10 )   34 - 34   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • CWENOスキームを用いた土質材料における浸透破壊現象の数値シミュレーション

    福田啓五, 藤澤和謙, 西村伸一, 珠玖隆行

    第67回農業農村工学会中国四国支部講演会   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • MPS法による地盤材料の挙動評価

    珠玖隆行, 西村伸一, 藤澤和謙

    第67回農業農村工学会中国四国支部講演会   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 局所載苛模型実験における二次圧密挙動の数値解析

    山田典弘, 西村伸一, 藤澤和謙, 珠玖隆行

    第67回農業農村工学会中国四国支部講演会   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Navier-Stokes 方程式に基づく流体(層流)と浸透の同時解析

    児谷吉紘, 藤澤和謙, 西村伸一, 珠玖隆行

    第67回農業農村工学会中国四国支部講演会   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 豪雨によるため池の越流破堤と洪水解析

    長尾遥奈, 西村伸一, 藤澤和謙, 珠玖隆行

    第67回農業農村工学会中国四国支部講演会   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • MPS法による斜面災害の予測に関する基礎的研究

    珠玖隆行, 西村伸一, 藤澤和謙

    平成24年度農業農村工学会大会講演会   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 降雨および堤体物性値の不確定性を考慮した洪水解析

    西村伸一, 長尾遥奈, 藤澤和謙, 珠玖隆行

    平成24年度土木学会全国大会   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 降雨の確率特性と地盤物性の不確定性を考慮したため池の破堤と洪水解析

    長尾遥奈, 西村伸一, 高木拓人, 藤澤和謙, 珠玖隆行

    平成24年度農業農村工学会大会講演会   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 改良型フィルタープレス機の開発に向けた模型実験

    西村伸一, 大久保樹, 藤澤和謙, 珠玖隆行

    平成24年度農業農村工学会大会講演会   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 越水によって集中的に生じる堤体侵食の数値解析

    藤澤和謙, 西村伸一, 珠玖隆行, 村上 章

    平成24年度農業農村工学会大会講演会   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 応答曲面法による斜面の簡易安定解析

    珠玖隆行, 西村伸一, 藤澤和謙, 久保祐太郎

    第47回地盤工学研究発表会   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Navier-Stokes 方程式に基づく浸透と流体(層流)の同時解析手法の開発

    藤澤和謙, 西村伸一, 珠玖隆行, 村上 章

    第 47 回地盤工学研究発表会   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 分割型圧密試験による長期残留沈下予測モデルの開発

    西村伸一, 本山一平, 藤澤和謙, 珠玖隆行

    第47回地盤工学研究発表会   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 越水を受ける堤体の侵食過程に関する 3次元数値シミュレーション

    藤澤和謙, 西村伸一, 珠玖隆行, 村上 章

    第 47 回地盤工学研究発表会   933 - 934   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Risk evaluation and reliability based design of earth-fill dams for overflow due to heavy rains: Sustainable Civil Infrastructure - Hazards, Risk, Uncertainty

    S. Nishimura, K. Fujisawa

    Proc of APSSRA2012   641 - 646   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Reliablity-based analysis for geotechnical structures on soft grounds using the particle filter

    T. Shuku, K. Fujisawa, S. Nishimura, A. Murakami

    Proceedings of the International Workshop on ICT in Geo- Engineering   165 - 173   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Numerical analysis of embankment erosion caused by overflow using shallow water equations

    K. Fujisawa, A. Murakami, S. Nishimura, T. Shuku

    Proceedings of the 6th International Conference on Scour and Erosion   941 - 948   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Risk evaluation and reliability based design of earth-fill dams for overflow due to heavy rains: SGCC

    International Symposium on Sustainable Geosynthetics and Green Technology for Climate Change   367 - 374   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 125 豪雨時の越流破堤に対するため池堤体の信頼性設計(構造解析・信頼性,材料・機械・構造物への信頼性工学の応用展開,オーガナイスドセッション6)

    長尾 遥奈, 西村 伸一, 高木 拓人, 藤澤 和謙, 珠玖 隆行

    学術講演会講演論文集   61   217 - 218   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • データ同化による地盤構造物の信頼性設計に関する基礎的研究 査読

    珠玖隆行, 西村伸一, 藤澤和謙, 村上章

    理論応用力学講演会講演論文集(Web)   61st   WEB ONLY OS04-10   2012年

     詳細を見る

  • 浸透破壊時の土粒子移送速度についての実験的研究 査読

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一, 珠玖隆行

    第61回理論応用力学講演会(招待講演)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11345/japannctam.61.0.55.0

    researchmap

  • 地盤工学の実務におけるリスク評価・管理手法

    西村 伸一

    地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   59 ( 10 )   29 - 29   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 浅水流方程式を用いた堤体の越流侵食シミュレーション

    藤澤和謙, 佐藤太一, 西村伸一, 村上 章

    第55回日本学術会議材料工学連合講演会   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 降雨統計モデルに基づいたため池の越流確率の算定と信頼性設計

    長尾遥奈, 西村伸一, 藤澤和謙

    平成23年度農業農村工学会大会講演会   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 浸透力による土粒子の移動/輸送速度の实験的把握

    藤澤和謙, 中谷亜友美, 西村伸一, 村上 章

    平成23年度農業農村工学会大会講演会   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 浸透流の動的挙動に関する数値解析

    福田啓五, 藤澤和謙, 西村伸一

    平成23年度農業農村工学会大会講演会   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 軟弱地盤の残留沈下予測と信頼性解析

    西村友希, 西村伸一, 珠玖隆行, 藤澤和謙

    平成23年度農業農村工学会大会講演会   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 地盤工学会論文賞を受賞して

    藤澤 和謙, 村上 章, 西村 伸一

    地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   59 ( 8 )   71 - 71   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 越流による堤体侵食の安定化数値解析

    藤澤和謙, 西村伸一, 佐藤太一, 村上章

    第46回地盤工学研究発表会   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ひずみ速度依存性挙動を考慮した圧密パラメータの同定

    西村伸一, 三輪稔朗, 藤澤和謙

    第46回地盤工学研究発表会   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 粒子フィルタによる土構造物の信頼性設計

    珠玖隆行, 西村伸一, 村上 章, 藤澤和謙

    第46回地盤工学研究発表会   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 砂・粘土混合材料の侵食速度測定と室内越流破堤実験

    藤澤 和謙, 村上 章, 西村 伸一

    農業農村工学会論文集   79 ( 3 )   45 - 55   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 越流による堤体侵食の安定化解析

    藤澤和謙, 西村伸一, 村上 章, 佐藤太一

    第15回計算工学講演会論文集   16   4p   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本計算工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 越流による堤体侵食に関する数値解析

    藤澤和謙, 西村伸一, 村上 章, 佐藤太一

    第60回理論応用力学講演会   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Numerical simulation of dynamic seepage flow - Porous media interaction by finite volume method

    K. Fujisawa, S. Nishimura, A. Murakami

    Proceedings of the 13th International Conference of the International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics   765 - 770   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Data assimilation in geotechnical analysis using the particle filter

    A. Murakami, S. Nishimura, K. Fujisawa, T. Shuku, K. Nakamura

    Proceedings of the 14th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   12   289 - 289   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Numerical analyses of surface and internal erosion of soil structures

    K. Fujisawa, S. Nishimura, A. Murakami

    Proceedings of the 14th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   TC103-1 - TC103-1   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Prediction of multidimensional consolidation behavior based on the observed values

    S. Nishimura, T. Shuku, K. Fujisawa

    Proceedings of the 13th International Conference of the International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics   1   106 - 111   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 堤防の内部診断とリスク評価,構造物の安全性および信頼性

    鈴木 誠, 西村伸一, 高山裕太, 村上 章, 藤澤和謙

    JCOSSAR2011論文集   7   623 - 629   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 粒子フィルタを用いた盛土の劣化箇所同定,構造物の安全性および信頼性

    西村伸一, 亀谷 聡, 珠玖隆行, 藤澤和謙

    JCOSSAR2011論文集   7   777 - 782   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地盤構造物の設計コードと信頼設計法 : 3. 地盤データのばらつきと特性値・設計値の決定

    西村 伸一, 渡部 要一

    地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   58 ( 11 )   54 - 61   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10420212

  • 実測値に基づいた粘土地盤の多次元圧密挙動予測法の開発

    西村 伸一, 土居 慶彦, 藤澤 和謙

    計算工学講演会論文集 = Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   15 ( 2 )   941 - 944   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 有限体積スキームを用いた動的な作用を受ける浸透流の数値解析

    藤澤 和謙, 西村 伸一, 村上 章

    計算工学講演会論文集 = Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   15 ( 2 )   949 - 952   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 土構造物の内部で生じる細粒分の流亡に関する数値解析

    藤澤 和謙, 村上 章, 西村 伸一

    計算工学講演会論文集   14 ( 1 )   437 - 440   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 土内部の土粒子流亡に起因する集中流の進展解析 査読

    藤澤和謙, 村上 章, 西村伸一

    第58回理論応用力学講演会講演   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11345/japannctam.58.0.84.0

    researchmap

  • Experimental study on the efficient dehydration of dredged sludge with a filter press

    Takisawa, T, Murakami, A, S. Nishimura

    Journal of Environmental Science for Sustainable Society   2   21 - 26   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Graduate School of Environmental and Life Science, Okayama University  

    The disposal of large amounts of sludge, deposited in many farm/irrigation ponds in Japan, has recently become an important task to be resolved. To dredge sludge helps to maintain the capacity of the ponds and the quality of the water in the pond. In other words, it is vital that the deposited sludge should be effectively dredged. Since the water content of dredged sludge is very high, it must be reduced to enable the transport and the reuse of the sludge. The authors of the present paper have developed a procedure to dehydrate in-situ dredged sludge from farm ponds using a compact filter press machine. The purpose of this study is to investigate appropriate conditions for the efficient dehydration of dredged sludge with a compact filter press machine. Since the dehydration mechanism inside the filter press machine is based on the hydraulic consolidation, hydraulic consolidation tests are conducted to simulate the filter press consolidation in order to clarify the relationship between the conditions of the filter press dehydration and the water content of the consolidated sludge. Results of the tests show that the most important factor in controlling the efficiency of the actual filter press dehydration process is the thickness of the filtration chamber of the filter press machine. Sludge is expected to be more effectively dehydrated when a filtration chamber with a smaller thickness is adopted.

    DOI: 10.3107/jesss.2.21

    CiNii Article

    researchmap

  • ロックフィル材料の劣化を評価するための試験法に対する検討

    西山 竜朗, 笠松 諭, 千原 英司, 長谷川 高士, 村上 章, 西村 伸一

    農業農村工学会論文集   75 ( 6 )   679 - 687   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ため池堤体の改修を対象としたリスク評価と信頼性設計

    西村伸一, 松浦 健

    構造物の安全性および信頼性,Vol.6, JCOSSAR2007論文集(A論文)   339 - 344   2007年

     詳細を見る

  • 地盤物性の不確実性が土構造物の地震時残留沈下量に与える影響

    若井明彦, 西村伸一, 谷 茂

    構造物の安全性および信頼性,Vol.6, JCOSSAR2007論文集(A論文)   321 - 326   2007年

     詳細を見る

  • Physical, chemical, and mechanical properties of dredged sludge and effect of desiccation on the properties

    Takisawa, T, Murakami, A, S. Nishimura

    Journal of Environmental Science for Sustainable Society   1   61 - 66   2007年

     詳細を見る

  • 盛土とダム

    西村 伸一

    土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering   54 ( 3 )   34 - 34   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 乾燥による底泥の性質変化

    滝澤 倫顕, 西村 伸一, 村上 章

    岡山大学環境理工学部研究報告   11 ( 1 )   83 - 88   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    To examine the possible reuse of dredged sludge in view of construction material, physico-chemical properties and geotechnical characteristics of desiccated sludge are investigated through laboratory experiments. The consistency test, the pH test, the XRF test and the X-ray diffraction analysis are carried out for physico-chemical proteries, and the conolidation test and the permeability test are made for geotechnical characteristics. It is concluded that the history of desiccation changes the consistency of sludge and affects its permeability and consolidation bahavior.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11438

  • Probability of liquefaction and reliability-based design for ground improvement

    S. Nishimura, H. Shimizu

    Geotechnical Special Publication   1271 - 1282   2005年4月

     詳細を見る

    A calculation method for the probability of liquefaction is shown in this paper. The spatial variability of soil parameters for the liquefaction resistance and the statistical characteristics of earthquake occurrences are considered in the analysis. Furthermore, a reliability-based design of sand compaction piles for ground improvement is discussed.

    Scopus

    researchmap

  • コスト最小化理論に基づく液状化対策工の最適設計

    西村 伸一, 清水 英良

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   72 ( 5 )   377 - 380   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 双曲線モデルを用いた実測値に基づく軟弱地盤の変形予測

    西村伸一, 西山竜朗, 村上 章, 村山八洲雄

    第48回地盤工学シンポジウム論文集   23 - 28   2003年

     詳細を見る

  • Inverse analysis of soft ground considering non-linearity and anisotropy

    Prediction and Simulation Methods in Geomechanics, F. Oka et al. eds, Proc. Of IWS-Athens 2003   pp.125-128   2003年

     詳細を見る

  • dvection and dispersion analysis in Gaussian and non-Gaussian random field of permeability

    Groundwater Engineering - Recent Advances, Kohno et al. eds, Proc of IS-Okayama 2003   pp.597-603   2003年

     詳細を見る

  • Gaussian and Non-Gaussian random field simulation of permeability for advection and dispersion analysis

    S Nishimura, H Fujii

    APPLICATIONS OF STATISTICS AND PROBABILITY IN CIVIL ENGINEERING, VOLS 1 AND 2   pp.1343-1350   1343 - 1350   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MILLPRESS SCIENCE PUBLISHERS  

    The dispersion behavior of a substance in the ground water flow depends on the random field characteristics of the permeability. In this study, we clarify how the Gaussian and the non-Gaussian random fields of permeability affect the dispersion behavior. The non-Gaussian random field simulation method is newly proposed in this study. The finite difference method (FDM), combined with the Monte Carlo method (MCM), is used in the analysis to solve the advection and dispersion equations. Firstly, a tracer mixed with water is analyzed as a single-phase problem. Then, the migration of the DNAPL pool in the ground water is treated as a two-phase problem.

    Web of Science

    researchmap

  • Consolidation properties of sludge cakes

    S Nishimura, H Fujii, Y Wakitani

    Proceedings of the Twelfth Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Vol 1 and 2   pp.183-186   183 - 186   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    In many cases, the sludge dredged from the bottom of lakes is dewatered, made into sludge cakes, and then broken into pieces. In this study, the mechanical properties of pieces of sludge cakes to be used as banking material are considered. In particular, their consolidation behavior is discussed here. The following specific problem exists in the consolidation of sludge cake pieces. Since the large voids between the pieces shrink and then the inner void in each piece shrinks due to compression, the conventional consolidation theory is not supposed to be applicable. To understand the consolidation characteristics, large-scale consolidation tests were performed. The applicability of the super-subloading Cam clay model, for the compression behavior, and the least squares method, to identify the coefficient of consolidation, were investigated in this study based on the test results.

    Web of Science

    researchmap

  • Several considerations on a two-dimensional consolidation inverse analysis

    S Nishimura, A Murakami, H Fujii

    DEFORMATION CHARACTERISTICS OF GEOMATERIALS   pp.905-912   905 - 912   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    A two-dimensional consolidation inverse analysis model is discussed in this paper. The effects of the measured pore water pressure and the assumption of anisotropy are investigated. Firstly, an elasto-plastic hypothetical ground is analyzed to check the proposed analytical method. Secondly, the laboratory anisotropic consolidation tests are analyzed, since accurate measurements are necessary for the development of the method. The measured deformation and pore pressure obtained in the tests are used for the inverse analysis. Finally, the method is applied to an actual soft ground problem to verify the applicability of the method to actual problems.

    Web of Science

    researchmap

  • 等価介在物法による粒状体応力場の逆解析

    村上貴志, 村上章, 堀宗朗, 西村伸一

    理論応用力学講演会講演論文集   51st   2002年

     詳細を見る

  • 実測値に基づく二次圧密を考慮した沈下予測

    施工過程を考慮した地盤の変形・破壊予測に関するシンポジウム,地盤工学会   pp.77-84   2002年

     詳細を見る

  • 兵庫県南部地震による北淡町を中心にしたため池被害の要因分析

    藤井 弘章, 国政 華奈, 難波 明代, 横溝 隆之, 西村 伸一, 島田 清, 堀 俊男, 西山 竜朗, 脇谷 芳招

    環境理工学部研究報告   第7巻,第1号,pp.55-74 ( 1 )   55 - 74   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    This study was performed to clarify which factors affected damage to take-ike (small embankment dams for irrigation in Japanese) of Hokudan Town on Awaji Island in western Japan due to Hyogoken-Nambu earthquake. Multivariate and ordinary statistical analysis were carried out using documentary data (181 damaged and 328 undamaged dams), and ordinary one was done for the results investigated in situ. The model for the multivariate analysis was created with 13 items and 94 categories for 4 groups (Location, Geology Structure, and History of Dam). As a result, the factors causing to damage for dam are (1) the nearest fault (Nojima, Mizukoshi and D2), (2) embankment volume (the larger the more), (3) angle of crest axis to epicenter (diagonal and normal), (4) distance to the nearest fault (less than 500 m), (5) distance to the epicenter (8 to 14 km which almost agree to the location of seismic intensity 7 JMA), (6) play view of dam axis (3 or 4 axes), (7) angle of crest axis to nearest fault (diagonal and normal), (8) elevation of dam site (over 100 m), (9) surface geology of dam site (non-cohesive soil), (10) era of construction (prior to 1891), and (11) soil properties of embankment (constructed of sand, smaller penetration resistance).

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Reliability-based design of liquefaction mitigation by using geostatistical method

    Structural Safety and Reliability, Proc. of ICOSSAR'01   CD-ROM   2002年

     詳細を見る

  • Reliability-based design of liquefaction

    Proc. of Int. Workshop on Foundation Design Codes and Soil Investigation in View of International Harmonization and Performance Based Design   pp.313-319   2002年

     詳細を見る

  • 実測値に基づく二次圧密を考慮した圧密沈下予測

    西村 伸一, 藤井 弘章

    農業土木学会論文集   69 ( 6 )   777 - 785   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 実測と理論の間で : 逆解析による同定地盤定数の補正法と軟弱地盤の沈下予測

    西村 伸一

    農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan   69 ( 6 )   88 - 90   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 浚渫ヘドロ脱水ケーキの一次元圧縮試験

    脇谷 芳招, 藤井 弘章, 西村 伸一

    環境理工学部研究報告   第6巻,第1号,pp.85-97 ( 1 )   85 - 97   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Compression characteristics of sludge cake

    Journal of Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University , Special Edition   pp. 147-156   2001年

     詳細を見る

  • 軟弱地盤における逆解析結果の補正法と利用法に関する一考察

    第46回地盤工学シンポジウム論文集,— 地盤・構造物の変形とその評価 —,地盤工学会   pp.115-118   2001年

     詳細を見る

  • Compression characteristics of sludge cake

    H Fujii, S Nishimura, Y Wakitani, T Inoue, O Seino, N Nishino

    COASTAL GEOTECHNICAL ENGINEERING IN PRACTICE, VOL 1   pp. 587-592   587 - 592   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The laboratory consolidation tests were performed to investigate the compression characteristics of the dewatered sludge as a construction material. The sludge is dredged from the bottom of a lake. After the dehydration, it is broken into fragments. The fragments shows different compression behavior from that of ordinary undisturbed clay. The remarkable point in our research is: The e similar to log p curves of fragments have two kinds of compression index in the normally consolidation region. The first compression index has linear relation with initial water content, while the second one is almost constant.

    Web of Science

    researchmap

  • 現場試験による液状化強度の評価と信頼性設計への適用

    西村 伸一, 清水 英良, 藤井 弘章, 島田 清

    環境理工学部研究報告   5 ( 1 )   145 - 151   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    A calculation method of probability of liquefaction is proposed in this paper. The spatial variability of soil parameters for the dynamic shear strength, i.e., N-values, median grain size, fines contents, and the statistical characteristics of the earthquake frequency are considered in the analysis. The standard penetration test (SPT) is convenient to estimate the spatial variability of the dynamic shear strength and mainly used in this study. Furthermore the determination of dynamic shear strength based on Swedish weight Sounding test also introduced here, because it is the simpler test than SPT. While the statistical model of the earthquake frequency is determined based on the record of historical earthquakes. Using this method the probability of liquefaction is calculated. The sand compaction pile method is considered for the ground improvement against the liquefaction. Finally, the relationship between the sand replacement rate and the probability of liquefaction is clarified.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Consolidation inverse analysis using pore water pressure measurement

    S Nishimura, H Fujii, K Shimada

    COASTAL GEOTECHNICAL ENGINEERING IN PRACTICE, VOL 1   pp. 101-106   101 - 106   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The consolidation inverse analysis is carried out in this study by using not only settlement measurement but also pore pressure measurement. A stochastic nonlinear consolidation model (SNCM) is applied to the one-dimensional analysis. The SNCM represents the non-linearity and spatial variability of the coefficient of volume compressibility and the coefficient of permeability at the same time. The method is applied to a model test result, and the effect of pore pressure measurement on the prediction of consolidation behavior is verified. Furthermore, a two-dimensional consolidation inverse analysis is performed by using triaxial anisotropic consolidation test results.

    Web of Science

    researchmap

  • Stochastic non-linear consolidation model and its application to back analysis of soft ground,Application of Statistics and Probability

    Proc. of ICASP8   445 - 452   1999年

     詳細を見る

  • 統計的非線形圧密モデルと間隙水圧の計測結果を利用析

    西村伸一

    第44回地盤工学シンポジウム論文集   173 - 178   1999年

  • 透水係数確率場における物質移動に関する考察

    第3回環境地盤工学シンポジウム論文集   215 - 218   1999年

     詳細を見る

  • Analysis of a damaged earth dam by Hyogoken-Nanbu Earthquake

    Ground Engineering   16 ( 1 )   57 - 62   1998年

     詳細を見る

  • Probability of liquefaction and reliability design for ground improvement

    S Nishimura, H Fujii, K Shimada, H Shimizu

    STRUCTURAL SAFETY AND RELIABILITY, VOLS. 1-3   1767 - 1774   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The calculation method of the probability of liquefaction is clarified in this paper. The spatial variability of soil parameters for the dynamic shear strength and the statistical characteristics of the earthquake occurrence are considered in the analysis. Secondly, the reliability design of the sand compaction piles for the ground improvement is discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • One-dimensional consolidation back analysis considering secondary consolidation

    103 - 106   1997年

     詳細を見る

  • 逆解析によるフィルダムの間隙水圧の予測(共著)

    地盤工学における逆解析の適用と施工管理に関するシンポジウム発表論文集   175 - 180   1997年

     詳細を見る

  • 二次圧密を考慮した一次元圧密の逆解析(共著)

    西村伸一

    地盤工学における逆解析の適用と施工管理に関するシンポジウム発表論文集   103 - 106   1997年

  • Prediction of pore water pressure in fill dams using estimated parameters by back analysis

    175 - 180   1997年

     詳細を見る

  • Identification of deformation and strength parameters by behavior during construction water filling

    181 - 184   1997年

     詳細を見る

  • 築堤中および貯水中のフィルダムの挙動からの変形定数ならびに強度定数の同定(共著)

    地盤工学における逆解析の適用と施工管理に関するシンポジウム発表論文集   181 - 184   1997年

     詳細を見る

  • Determination of crossarm installation in fill dams by back analysis(共著)

    Journal of the Faculty of Environmental Science and Technology   2   107 - 120   1996年

     詳細を見る

  • Settlement Prediction Method Using Observed Settlement Velocity

    Shimada Kiyoshi, Nishimura Sin-ichi, Fujii Hiroaki

    岡山大学環境理工学部研究報告   1 ( 1 )   193 - 198   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:岡山大学環境理工学部  

    This paper presents a new method for prediction of consolidation settlements of soft grounds. The method is based on the theoretical result which shows that the settlement velocity of soft grounds non-improved or improved with sand drains decreases exponentially with time. Final settlements can be easily derived from the regression analysis for the relationship between the elapsed time and the observed settlement velocity. The method has advantages of its simplicity and capability to give the satisfactorily good estimate of the consolidation settlements, and also the support of the theoretical background.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 土質定数の空間分布統計モデルの決定法

    西村伸一

    第50回農土学会中国四国支部講演会講要, 1996   31 - 33   1996年

  • Measures of Soft Ground and Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering (9) -Behavior of Improved Soft Ground and its Numerical Analysis on Kojima and Kasaoka Reclaimed Land-

    Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   63 ( 5 )   513 - 520   1995年

  • Several considerations of back analysis for consolidation

    S NISHIMURA, K SHIMADA, H FUJII, MA HAMID

    COMPRESSION AND CONSOLIDATION OF CLAYEY SOILS, VOL 1   733 - 738   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • Calculated and observed settlements of soft grounds in polder due to embankment in five projects

    H FUJII, MA HAMID, K SHIMADA, S NISHIMURA, T HAYAMI

    COMPRESSION AND CONSOLIDATION OF CLAYEY SOILS, VOL 1   677 - 682   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • FEM consolidation analysis considering variability of soil parameters

    S NISHIMURA, H FUJII, K SHIMADA

    APPLICATIONS OF STATISTICS AND PROBABILITY: CIVIL ENGINEERING RELIABILITY AND RISK ANALYSIS, VOLS 1 AND 2   85 - 92   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • 確率有限要素法の精度に関する2,3の考察

    岡山大学農学部学術報告   ( 83 )   43 - 51   1994年

     詳細を見る

  • 確率有限要素法の精度に関する2,3の考察

    西村 伸一, 藤井 弘章

    岡山大学農学部学術報告   83 ( 83 )   43 - 51   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学  

    (1)確率有限要素法の二手法である線形近似法とモンテカルロ法についての定式化を示した.特に,モンテカルロシミュレーションについては,一変数一次元確率場と一変数二次元確率場の乱数発生法について示した. (2)ヤング率の自己相関関数を表現するのに必要な要素分割数について考察を行った.その結果,本解析モデルに関しては,10~15分割で変位の平均値,標準偏差が収束することが分かった (3)線形近似法とモンテカルロ法の結果の比較を行った.それによると,線形近似法の結果は,ヤング率の変動係数が0.2の場合まではモンテカルロ法の結果とよく一致するという結論が得られた.ただし,変位の平均値における二手法間での相違は,ヤング率の変動係数が大きい場合でも,本研究の例題に関しては実務上無視しても差し支えないほどの大きさであることが分かった. 本研究の数値計算には,岡山大学情報処理センターのACOS2010,SX-1Eを使用した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/938

  • SETTLEMENT PREDICTION BY USING ONE-DIMENSIONAL CONSOLIDATION ANALYSIS WITH SPECIAL REFERENCE TO VARIABILITY OF SOIL PARAMETERS AND OBSERVATIONAL PROCEDURE

    S NISHIMURA, H FUJII, K SHIMADA

    STRUCTURAL SAFETY & RELIABILITY, VOLS 1-3   2051 - 2054   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • FEM Consolidation Analysis of Normally Consolidated Soft Ground with Special Reference to Variability of Soil Parameters

    Transaction of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   163   1993年

  • Deformation Analysis by Finite Element Method Using Elast-Visco-Plasticity Model in Landslide Area

    Grand Engineering   11 ( 1 )   11 - 23   1993年

     詳細を見る

  • Deformation Analysis by Finite Element Method using-Elasto-Visco-plastiety Model in Landslide Area

    Ground Engineering   11 ( 1 )   11   1993年

     詳細を見る

  • One-dimensional Consolidation Analysis with Special Reference to Vatiability of Soil Parameters

    Transaction of the Japanese Society of Irrigation, Drainge and Reclamation Engineering   157   1992年

  • Plane Strain Finite Element Analysis for Consolidation Settlement in Soft Ground Improved with packed Sand Prains

    Transaction of the Japanese society of irrigation drainage and reclamation engineering   162,1   1992年

     詳細を見る

  • Some Considerations about the Volume of Rain and Displacement in Landslide Area

    Ground Engineering   10 ( 1 )   13   1992年

     詳細を見る

  • Case Study on Forecast of Pore Water Pressure in Inclined core Fill-Type Dam

    Ground Engineering   9 ( 1 )   1991年

     詳細を見る

  • Settlement Instrumentation of Soft Ground Improved with Packed Sand Drains and Settlement Prediction Based on the Axi-symmetric Finite Element Analysis

    Transaction of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   154   1991年

     詳細を見る

  • Reliability Analysis of Soft Ground Stability and Consolidation

    Proceedings of Second Japan Conference on Structural Safety and Reliability   2   1991年

     詳細を見る

  • Determination of Soil Parameters with Standard Consolidation Tests and Its Application to Finite Element Analysis

    Transaction of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   154   1991年

     詳細を見る

  • Reliability Analysis of Soft Ground with Increased Undrained Shear Strength

    Transaction of the Japanese Society of Irrigation, Drainge and Reclamation Engineering   150   1990年

  • Application of Stochastic Finite Element Method to Stability Analysis of Excavated Slope and Determination of Analytical Parameters

    Transaction of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   136   1988年

▼全件表示

受賞

  • フェロー

    2023年5月   日本農業工学会  

    西村伸一

     詳細を見る

  • 優秀報文賞

    2020年7月   農業農村工学会   地質統計手法に基づくため池堤体強度の空間分布評価

    今出和成, 西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行

     詳細を見る

  • 沢田賞

    2017年   農業農村工学会  

    西村伸一

     詳細を見る

  • 研究奨励賞

    2011年   農業農村工学会  

    西村伸一

     詳細を見る

  • 材料施工研究部会研究奨励賞

    2008年   農業農村工学会  

    西村伸一

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 集中群配置型クロスホールミューオン探査手法の開発

    研究課題/領域番号:22K19223  2022年06月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    西村 伸一, 柴田 俊文, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    researchmap

  • ため池群の保全を目的とした高精度地盤調査法の開発と広域リスク評価

    研究課題/領域番号:20H00442  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    西村 伸一, 柴田 俊文, 小松 満, 吉田 郁政, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:44980000円 ( 直接経費:34600000円 、 間接経費:10380000円 )

    広域に多数存在するため池群のリスク評価手法の開発を最終目的とする.達成すべき具体的研究課題は,1)ため池堤体内および基礎地盤の可視化技術の開発;2)広範囲に多数存在するため池のリスクを表現する代替モデルの提案,である.この目的の達成のために,2020年度は,主に次の6項目について検討を行った.
    (1)CPTU模型試験装置の開発,(2)クロスホールミューオン試験装置の開発を指向した模型地盤を用いたミューオン探査の基礎実験,(3)斜面走行型スクリューウェイト式サンディング装置の開発,(4)スパースモデリングや新たなデータサイエンス手法を用いた地盤内同定手法の開発,(5)堤防の越流破堤模型実験,(6)堤体破堤リスク手法の開発
    本研究の大きな流れは,新たな地盤探査手法の開発→高精度地盤探査の達成→代替モデルによる高精度破堤リスク評価手法の開発であり,上記の(1)~(6)は,これら3項目のいずれかに関わるものである.(1)の模型実験装置は,CPTUを利用して,ため池堤体の透水係数分布を同定するためのものである.これによって,地盤強度,土質,透水係数を同時に同定する実験が可能となる.2020年度は,試験機を設計し,完成させることができた. (5)は,堤体の越流破壊挙動予測手法の開発を目指して行った,(2), (3), (4)は,地盤内部を同定する手法を確立するための実験および解析の研究である.(2)については,試験手法の精度を確認するためにその基礎実験を行った.(3)については,クローラに貫入機を装着させる基礎実験を行い,斜面での実験の可能性を探った.(6)は,豪雨と地震に対するリスク評価手法の開発で,(1)~(5)のすべての要素技術が統合される内容である.2020年度は,社会実装に向けて,応答曲面法を用いたため池のリスク評価手法を開発し,岡山県,広島県のため池に適用している.

    researchmap

  • 宇宙線ミュー粒子を用いた農業用水路トンネルの補強の評価手法の確立

    研究課題/領域番号:20K06297  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    柴田 俊文, 西村 伸一

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本申請課題では,地盤や構造物を透過した宇宙線ミュー粒子を測定し,このデータを用いて農業用水路トンネルの地山の地質不良区間の密度を推定する.そして,数値解析と模型実験を併用してトンネルと地山の相互挙動を明らかにし,耐震補強工法を再現することで,その効果を検討することを目的とする.
    宇宙線ミュー粒子の測定手法とその精度を確認するため,大型土槽(中に試料としてまさ土を充填)とモルタル塊を準備し,シンチレータと光電子増倍管で構成された検出装置とサーベイメータを用いた基礎実験を実施した.ここで,モルタル塊は土槽の実験で用いたまさ土と異なる密度に設定した.同時に,実験室内に設置してあるコンクリート塊や実験棟(建物),そして何も設置していない状態に対して,透過したミュー粒子を測定して結果を比較した.
    次に,多方向載荷試験を行った.覆工にモルタル(高強度),地山にベントナイトを混入したモルタル(低強度)を用いた供試体を作製し,鉛直方向と水平方向に油圧シリンダーにより荷重を作用させ,供試体の変形状況を確認した.その際,覆工と地山の間に生じている背面空洞の条件を変化させて実験を実施し,その影響を確認した.
    数値解析では,有限要素法を用いてモデルを作成した,並行して,ひび割れの再現などの点で精度の高い剛体バネモデル(RBSM)を用いて数値解析を行った.解析モデルでは地山とトンネル覆工,背面空洞を再現し,水平方向から荷重を作用させ,載荷板変位,内空変位,載荷荷重,モデル全体の変形状況,ひび割れ発生状況などについて実験結果と比較した.

    researchmap

  • 宇宙線を利用した超小型物理探査装置の開発とため池群の広域リスク評価

    研究課題/領域番号:19K22349  2019年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    西村 伸一, 柴田 俊文, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    researchmap

  • 豪雨/地震災害リスク予測・評価による農業水利施設(群)の動学的マネジメント

    研究課題/領域番号:18H03967  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    村上 章, 西村 伸一, 藤澤 和謙, 渦岡 良介, 福元 豊, 鈴木 誠

      詳細を見る

    配分額:32110000円 ( 直接経費:24700000円 、 間接経費:7410000円 )

    平成30年度は初年度の研究遂行にあたり、研究備品3Dプリンタの購入・設置を行った。各研究項目につき、以下の内容を遂行した。
    地盤表面及び内部での土の侵食/変形に関して、土の表面で生じる現象のモデリングに取り組んだ。土の表面に作用する流体力(浸透流が表面の土粒子群に与える力)を評価するため、3Dプリンタを用いて一様な粒径を有する疑似的な土試料を作成した。土試料は、一層毎のシートとなっており、これを積み重ねることで、模擬土質試料を完成させた。また、この試料を利用した浸透実験装置を作成し、表層の浸透力の測定に取り組んだ。研究計画のうち「土表面に作用する流体力のモデリング」について、上向き浸透流が土粒子群の表面に与える流体力を調べた。
    兵庫県のため池においてUAVを用いて三次元計測を行い、三次元モデル化を実施した。さらに、地中部分も含め、有限要素モデル化を行った。これを用いて三次元有限要素法動的解析を実施し、ため池堤体の三次元安定性を検討した。
    一方、ため池堤体を模擬した遠心模型実験とその数値解析を実施した。遠心模型実験ではため池堤体の締固め度、ため池水位の変動、ため池堤体の対策工がため池堤体の地震時変形量に与える影響を検討した。この結果、ため池堤体の締固め度が十分であれば、地震時変形量は抑えられること、ため池水位が急低下した状態では地震時変形量が大きくなること、ため池堤体法尻の排水工が有効な対策であることを明らかにした。
    既設管水路を対象として近接する杭基礎構造物を構築するときのリスクを評価するため、アルミ棒を用いた模型実験とその数値解析を実施した。管水路までの水平距離と杭先端からの深さをパラメータにして、影響範囲と大きさを検討した。水平距離では管径の3倍離れると影響はなくなり、1.5倍の位置では杭基礎が傾く可能性が大きくなることを、模型実験と数値解析から明らかにした。

    researchmap

  • インドにおける灌漑システムの調査・診断・評価

    研究課題/領域番号:16H02763  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    村上 章, 林 泰一, 西村 伸一, 藤澤 和謙, 濱 武英, 藤原 正幸, 渡邉 紹裕, 福元 豊, 竹内 潤一郎

      詳細を見る

    配分額:37830000円 ( 直接経費:29100000円 、 間接経費:8730000円 )

    現地サウンディング調査を継続して実施した。インドのカルナータカ州に位置するバンガロール(Bangalore)周辺にて、2つの貯水池を選定し、貯水堤体の強度分布を調査するため、スウェーデン式サウンディング試験及び簡易動的コーン貫入試験を実施した。調査の実施は2018年12月17~20日に行った。その結果からは、日本のため池堤体と比較すると、高強度のかなり固い堤体表面となっているものの、内部には、低強度の柔らかい土層が存在する特徴があることが判明した。また、詳細な取得データの統計解析により、強度の相関距離の算定等を行った。
    Bangalore近郊Tumkurの2つの貯水池で、堤体の内部診断を目的としてスウェーデン式サウンディング試験(SWS)と簡易動的コーン貫入試験(DCP)を実施した。前者は効率的な静的サウンディング法であり、後者は比較的強固な地盤においても適用可能なサウンディング法である。対象としたインドの貯水池の堤防は大変強固であり、SWSのみでは貫入不能であったため、DCPとの混合使用法を提案した。試験結果である地盤の剛性を地質統計学手法によって内挿補間した。
    インド・アッサム地方の茶園における水及び窒素循環を明らかとする目的で、対象とする茶園に気象観測機器を設置し、2017年8月より気象データを収集するとともに、2018年3月より地下水位観測のために浅井戸と深井戸に水位計を設置して観測を続けている。観測データは、インド工科大学グワハチ校(IITG)土木学科教員の協力により、日本で確認できるようになっている。さらに、2018年10月より土壌水分計を砂質土と粘質土の土壌に設置して、連続観測を続けている。
    インド亜大陸の日雨量記録について、英領インド時代の1890年代から最近の2010年代までのデータ集の構築を進め、インド北東部のアッサム州、メガラヤ州の気象観測を維持した。

    researchmap

  • 土構造物の三次元計測と内部診断技術による高精度性能照査にも基づく意思決定法の提案

    研究課題/領域番号:16H02577  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    西村 伸一, 柴田 俊文, 小松 満, 吉田 郁政, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:40560000円 ( 直接経費:31200000円 、 間接経費:9360000円 )

    南海・東南海地震対策として,ダム,ため池などの農業水利構造物や,海岸堤防,河川堤防に対して耐震性能照査が実施されている.しかし,老朽化した土構造物は,内部の情報が不明確で精度の良い照査が実施できる状況ではない.照査の精度を上昇させるためには,簡便で高密度な現地試験が必要で,サウンディングと物理探査が有望である.本研究では,これらの手法を効率化,高精度化し,それぞれの情報を合成する技術を開発する.一方,近年,三次元計測技術の進展が著しく,構造物の三次元モデル化が容易になりつつある.本研究では,現地試験による内部調査結果と三次元計測結果を統合して,効率的な三次元解析を実施し,土構造物の性能照査を高精度化する.さらにリスク解析を行い,構造物の改修や防災対策の意思決定システムを構築する.
    クローラに自動式スウェーデン式サンディング試験装置を結合し,自走式クローラ装着スウェーデン式サウンディング試験機を完成させた.また,スウェーデン式試験機として,音響によって土質判定が同時判定できるものを完成させた.地盤内部の統計モデル化手法の開発を目指してきたが,スパースモデリング手法を利用した地盤内部の地層や地盤物性のモデル化手法を完成させ,実際のサンディング試験結果に応用した.また,UAV(ドローン)による三次元計測を実施した.三次元計測結果に基づいて,有限要素モデルを2つのサイトについて完成させた.さらに,モデルに基づいた有限要素法による地震応答解析を実施し,南海トラフ地震に対する安定性を検討した.豪雨災害に対しては,地盤内部の透水性分布の同定が重要である.堤防の浸透特性を同定するために,CPTの模型実験と同時に,同じ供試体を用いた透水試験を実施し,CPT結果と透水係数の関係式を完成させた.この結果を,河川堤防で実施したCPT結果に適用し,堤防のパイピングリスクを求めることができた.

    researchmap

  • 事象再現型モンテカルロ計算の効率化とその防災問題への応用に関する基礎的研究

    研究課題/領域番号:15K04767  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松保 重之, 西村 伸一, 平山 基

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    効率的なモンテカルロ(MC)法の実現によって、今まで解けなかった問題が解けたり、誤差の大きい計算によって誤った判断を下すことを防ぐことを最終目的としている。MC法とは、乱数を用いる技法の総称なので、計算に用いる擬似乱数を高精度化することで、効率化計算を目指した。具体的には、一様乱数を用いたMC計算を行う場合、MC計算を実施する前に、精確に一様分布に従う擬似乱数列を調べ、その乱数シードを対象問題ごとにデータベース化しておく。実際のMC計算時に、最適乱数シードを用いることで、高精度計算を実現し、ひいては高精度に裏付けされた効率化計算を実現した。開発手法の有効性は、種々の例題を通じて、例証した。

    researchmap

  • ロックボルト補修による水路トンネル・地盤の相互作用評価と補修の方法論の確立

    研究課題/領域番号:15K07648  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    柴田 俊文, 西村 伸一, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    老朽化した農業用水路トンネルの維持管理は社会的懸案となっており,トンネルの損傷を正確に把握することが重要である.矢板工法で施工されたトンネルでは覆工の背面に空洞が施工中・施工後に発生することがあり,この空洞が破壊の主要因となる.そのためトンネルの維持管理には,地山と背面空洞がある覆工との相互挙動の把握が必要となる.また背面空洞の充填前後の相互挙動を把握することも,補強のためには重要である.本研究では,模型実験と数値解析により相互挙動を確認した.その際,局所変形と破壊性状を把握するため,実験結果と解析結果との比較を行った.またロックボルトの効果を把握するため数値解析により内空変位の比較を行った.

    researchmap

  • 「応力発光技術」を応用した農業水利施設の健全度診断

    研究課題/領域番号:15K18759  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    珠玖 隆行, 西村 伸一, 柴田 俊文

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究では,力の作用によって光を放出する「応力発光」と呼ばれる現象に着目し,応力発光を応用した既設構造物の健全度診断手法の構築を試みた.応力発光材料と呼ばれる材料を,構造物に塗布し,その発光状況を計測し,発光強度のみから構造物に作用する応力が推定できるかを検討した.応力発光塗料を塗布したセメント安定処理土を一軸圧縮試試験に供し応力発光と作用応力を計測した.その後応力発光強度と作用応力の相関を調べ,発光強度の情報のみから作用応力を間接的に推定できることを示した.

    researchmap

  • 湖沼・ため池・水路底泥の分級・脱水・改質によるリサイクル回路の構築

    研究課題/領域番号:15K14822  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    西村 伸一, 後藤 丹十郎, 村上 賢治, 珠玖 隆行

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究は,ため池,水路,湖沼の浚渫土の再利用促進方法の確立を研究目的とした.第一に,従来のフィルータープレスを改良し,機能を付加し,最適な脱水,透気,吸引,乾燥のプロセスを同定することができた.第二に,脱水乾燥した浚渫土の再利用法を検討した.再利用方法としては,地盤材料として用いる方法を考えた.その結果,乾燥処理は地盤材料の強度増加のために有効であることが分かった.底泥には,農地への施肥による肥料分が多く吸着しており,この肥料分を有効に再利用するため,植栽土壌としての底泥の有効性を検討した.結果,乾燥処理温度が生育に影響を与えることが明らかとなった.

    researchmap

  • 豪雨/地震災害リスク評価を考慮した農業水利施設(群)のアセットマネジメント

    研究課題/領域番号:26252040  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    村上 章, 中畑 和之, 西村 伸一, 藤澤 和謙, 小林 晃, 鈴木 誠

      詳細を見る

    配分額:40950000円 ( 直接経費:31500000円 、 間接経費:9450000円 )

    地震災害リスクと豪雨災害リスクを統合したアセットマネジメントシステムの構築につき、任意年の地震リスク=損失額×地震損失確率を算定し、最終的にLCC=供用年内のリスク+改修費用+維持管理費用を得る。LCCを最小化することで最適な改修および維持管理方法を決定する。この解析を複数の対象地域(ため池群の流域とその下流地域)で実施し、一連の分析を統合化した意思決定システムを完成させた。
    上記の研究成果は、論文や口頭発表を通じて公表した。さらに、一般市民向け研究成果公開事業「京都大学アカデミックデイ」にて発表・説明した。

    researchmap

  • 発展型システム信頼性理論を用いた農業生産基盤施設群の総合リスク評価システムの構築

    研究課題/領域番号:25292143  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    西村 伸一, 藤澤 和謙, 珠玖 隆行, 水間 啓慈, 柴田 俊文

      詳細を見る

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    本研究では,近い将来の発生が予想される南海・東南海地震や頻発する集中豪雨に備えて,農業生産基盤施設群(水利施設や干拓堤防など)の適切な維持管理を目的とするリスク評価手法の構築を目指した.具体的な成果は次の通りである.1) 盛土構造物の地震時安定性および破堤のメカニズムを明らかにするための実験装置を試作し,盛土構造物の液状化機構を明らかにした.2) 地震時および豪雨時の斜面および構造物の安定性および氾濫被害を予測するための解析手法を開発した.3) サンディングと物理探査を基本とする現地試験法を開発し,現地での実施によって有効性を確認した.4) 農業生産基盤施設群の総合リスク評価法の開発した.

    researchmap

  • オンライン制御泥土脱水・乾燥システムを利用した新土質・土壌材料の開発

    研究課題/領域番号:24658204  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    西村 伸一, 藤澤 和謙, 村上 賢治

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究は,多量に発生する泥土に対し,新たな脱水・乾燥および泥土資源化システムを構築した。第一に,改良型フィルタープレス機の開発を行った。このフィルタープレスは,従来の浸透圧密型の機械に,圧密→吸引→透気というサイクルを加え,脱水の効率性を高めるものである.第二に,処理土の土質・土壌新材料としての開発を行行った.乾燥処理を施した土を,土質材料として再利用する場合と,植栽土壌として使用する場合を検討し,材料としての有用性を確認した.

    researchmap

  • データ同化による越流侵食リスクに基づく農業水利施設(群)のアセットマネジメント

    研究課題/領域番号:23248040  2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    村上 章, 西村 伸一, 柴田 俊文, 藤澤 和謙, 小林 晃, 中村 和幸, 鈴木 誠

      詳細を見る

    配分額:40560000円 ( 直接経費:31200000円 、 間接経費:9360000円 )

    ため池を中心とした農業水利施設(土構造物)について、研究代表者および研究分担者がそれぞれ開発してきたデータ同化・侵食予測モデル・地震被害リスクを融合させて機能診断技術を深化・発展させるとともに、資産管理や費用便益・公会計の概念を付加して農業水利施設を、社会的便益を供給する社会資本/資産とみなした「ため池(群)のアセットマネジメント」システムを構築した。これは従来からある農業水利施設ストックマネジメントにおける機能診断を高度化させ、農業水利ネットワークの保全を図るものであり、実用に供しうる成果を目指した。また、本研究で開発するシステムは,河川堤防などの社会基盤施設にも適用可能である。

    researchmap

  • 統計数理手法を用いた汎用的逆解析システムの開発:性能設計/維持管理への応用

    研究課題/領域番号:23656297  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    村上 章, 西村 伸一, 藤澤 和謙, 西山 竜朗, 中村 和幸, 鈴木 誠

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    統計数理の方法(アンサンブルカルマンフィルタ/粒子フィルタおよびEMアルゴリズム)を援用して、今までにない斬新な逆解析システムを構築した。従来困難であった弾塑性パラメータの同定を欠測や観測誤差がある場合が解決されるばかりか、土構造物を始めとする各種構造物の維持管理に必要な空洞などの欠陥同定についても、複数の欠陥を容易に求める可能性を有する。地盤模型実験の観測値を用いた解析を行い、得られるパラメータの精度を検証した。さらに、地盤や土構造物に関する実施工観測や各種構造物の機能診断事例を収集し、時系列解析によって観測誤差の統計的性質を検討したうえで、実問題に対する適用性を明らかにした。

    researchmap

  • 土構造物ストックマネジメントのための統合化計測/データ同化による機能診断システム

    研究課題/領域番号:20380136  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村上 章, 西村 伸一, 西山 竜朗, 柴田 俊文, 藤澤 和謙, 鈴木 誠

      詳細を見る

    配分額:19760000円 ( 直接経費:15200000円 、 間接経費:4560000円 )

    土構造物を対象として、そのストックマネジメントに必要な統合化計測~データ同化・機能診断~リスク評価~LCC算定の総合的なシステムの確立を目論んだ。研究期間において、高精度表面波探査装置を岡山市内ため池堤体に持ち込み、相関式を用いてN値空間分布を求め、堤体と地山の境界が明確であることなど基本的な特性を把握した。さらに、データ同化を用いた土構造物の劣化判定を試み、豪雨によるため池破堤のリスクおよびLCC算定法を提案した。

    researchmap

  • 軟弱地盤上構造物の長期残留沈下に対する維持管理を対象とした信頼性設計

    研究課題/領域番号:20580264  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西村 伸一, 村上 章

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究は,軟弱地盤上に施工された農業土木構造物(干拓堤防など)の維持管理を目的とした最適設計を目指したものである.軟弱地盤上の構造物において,改修等で載荷が生じた場合に予想される長期の圧密沈下を対象とした.ここでは,長期残留沈下予測を適切に行う簡便な手法を開発し,これに基づいて,供用期間内のライフサイクルコスト最小化に基づく最適設計問題を信頼性設計理論の立場から議論した

    researchmap

  • 地盤構造物設計のための体系的な性能設計と信頼性設計理論の構築と普及

    研究課題/領域番号:19206051  2007年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    本城 勇介, 吉田 郁政, 西村 伸一, 鈴木 誠, 白戸 真大, 菊池 喜昭, 堀越 研一, 長尾 毅, 鈴木 誠, 菊池 喜昭, 長尾 毅

      詳細を見る

    配分額:42510000円 ( 直接経費:32700000円 、 間接経費:9810000円 )

    本研究の遂行に当たっては,地盤構造物の性能設計と信頼性設計に関する3つの課題を立て,研究を進めた.課題(A)では,次の6つの課題について,研究を遂行し,順次学術誌の論文,国際会議での研究発表により成果を公表した.6個の課題とは,(1)効率的MCSの開発,(2)MCSによる部分係数決定,(3)簡易な信頼性設計法の開発,(4)確率場理論による地盤のモデル化,(5)確率場からのサンプリング論,(6)信頼性関連データの収集・整理,である.30以上の学術雑誌論文と36の国際会議の論文が発表されている.課題(B):「国際ワークショップを開催し,知見を集約する」においては,2009年6月11-12日,岐阜市の長良川国際会議場を会場として国際シンポジウムIS岐阜を開催した.登録者126名,出席者約100名,内国外からの参加者32名であり,4つの講演と51編の一般発表が行われた.全発表の3分の2は,海外からの参加者による発表であり,この分野における最新の知見が集約される会議であった.課題(C)「地盤工学の性能設計・信頼設計法について体系的に解説した書籍を出版する。」では,研究期間の特に後半において,外国の大学での集中講義の原稿,委員会報告,学会誌への講座の執筆などの機会に書き溜めた原稿を整理・編集して,テキストを作成中である.

    researchmap

  • 施工観測を考慮した土構造物性能照査コードの開発とGPS・携帯電話を用いた性能管理

    研究課題/領域番号:17380145  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村上 章, 西村 伸一, 西山 竜朗, 鈴木 誠, 柴田 俊文, 飯塚 敦

      詳細を見る

    配分額:16520000円 ( 直接経費:16100000円 、 間接経費:420000円 )

    東日本高速道路(株)北関東自動車道蓬田トンネル工区付近の盛土基礎上でGPS受信機を設置し、平成18年度に計測した盛土基礎地盤の沈下挙動を水〜土連成弾塑性有限要素解析により解釈することを試みた。同様の解析作業は平成18年度にも行ったところであるが、今年度は土質材料パラメータ、初期条件、境界条件、盛土荷重に関する条件を精査し、見直したパラメータ・条件を用いて数値解析を行い、結果を比較した。境界条件や荷重条件を見直してもそれほど結果に大きな影響を与えないこと、初期条件のうち初期応力分布の与え方が最も結果に影響することを示した。初期応力分布を検討したのち、土質パラメータを調整して計測値の再現を試み、良好な結果を得るとともに、最終沈下量を評価した。並行して、携帯電話を用いた性能照査値の管理やワークステーションを用いた遠隔データの管理も行った。
    水〜土連成弾塑性有限要素/メッシュフリー解析コードのうち特に後者について、規定性能や設計の変更に対応したものとするよう修正を試みた。その中にはメッシュフリーコードの安定化も含まれている。上記作業を統合して、性能の変更や設計変更のシミュレーションを想定した数値解析も試みた。
    本研究の遂行計画は、土構造物に導入される性能照査設計法と時期的に並行しており、研究代表者は農業水利構造物の性能規定化委員会にも参画している。本研究で得られた成果は、実務にも取り入れられる意義を有するものと考えられる。

    researchmap

  • 土構造物の性能評価のための多次元圧密予測法の開発と設計法への応用

    研究課題/領域番号:17580214  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西村 伸一, 西山 竜朗

      詳細を見る

    配分額:3750000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:150000円 )

    軟弱地盤上の土構造物は,何年にも渡り圧密沈下の影響を受けるために,時間経過を考慮した性能評価を行う必要が有る.本研究は,その様な圧密変形の影響を受ける土構造物の性能を評価し,最適な維持管理法決定手法の開発を目的とする.通常,軟弱地盤では施工の際に,変位や間隙水圧が計測される.ここでは,長期的(10-20年程度)の維持管理を念頭に置いているため,計測値に基づいて維持管理計画を変更できる方法を念頭に置いている.
    研究は,具体的には,1.圧密変形評価モデルの検討,2.現場計測値に基づいた将来変位予測法の開発を行った.最適な構造物の維持管理のためには,正確な変形予測法が必要である.今回は,二次元圧密模型実験を実施し,軟弱地盤の多次元的な挙動を正確に予測する手法の開発に力点置いた.具体的な結果は次のとおりである.
    (1)二次元圧密模型試験装置の開発
    試験機は,水圧によって拘束圧が載荷され,ベロフラムシリンダによって局所載荷がなされる仕組みになっている.計測は,表面の沈下を変位変換器で間隙水圧を圧力変換器で計測している.また,多次元変位は,CCDカメラによるビデオ撮影を行い,供試体に設置した標点の変位から求めた.
    (2)二次元圧密試験の実施
    実験材料として,カオリン粘土(低塑性),海成粘土(高塑性)を用いて圧密試験を実施した.計測値として供試体の複数点の変位と間隙水圧を計測した.
    (3)逆解析に対応した簡便な変形予測モデルの開発
    モデルは,圧密硬化,せん断による応力ひずみ関係の非線形性,および異方性を評価できるものである.逆解析に対応した変形予測モデル開発に当たっての留意点としては,モデルを可能な限り単純化することである,得られた実権計測データに基づいて逆解析を実施し,適切な変位予測が行えるかどうかを確認し,解析手法の有効性を確認することができた.

    researchmap

  • 農業水利施設の性能設計・性能施工に関する研究

    研究課題/領域番号:16380160  2004年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    野中 資博, 工藤 庸介, 田中 勉, 緒方 英彦, 西村 伸一, 石黒 覚, 小林 範之, 井上 一哉, 浜口 俊雄

      詳細を見る

    配分額:15200000円 ( 直接経費:15200000円 )

    各種水利構造物の正確な性能評価を実現するために、コンクリートや土,基礎岩盤などを対象として,性能評価手法についての検討と検証を実施した。コンクリートの中でもダムコンクリートは,粗骨材が一般のコンクリートよりも大きいため,その性質に不明な点が残されている。破壊解析で必須なパラメータとなる破壊エネルギーについて,試験方法を確立するとともに,ダムコンクリートへの適用性を確認した。またダムコンクリートの自己収縮特性に関して,実験的手法を用いて検討を行った。さらには,コンクリート構造物を対象とした超音波法によるひび割れ深さの測定について,実験や実測を踏まえた検証を実施するとともに,コンクリートの材料となる骨材の枯渇問題への対策として,リサイクル材を用いたコンクリートの特性に関する検討を行った。土質材料に対しては,非線形性と異方性の両方を考慮した逆解析手法の開発を行い,また信頼性設計法をため池の耐震設計に適用した。さらに,セルオートマトン法を用いてパイピングの解析を行い,ため池堤体の安定性に関する検証を実矩した。基礎岩盤に対しては,ロック材の風化による材料特性の変化について調べるために,人工的に劣化を生じさせる実験を行い,強度や変形特性の変化について明らかにした。近年重要性が高まっている構造物の景観に対しては,斜面が持つ景観の特徴について分析を行うとともに,水利施設が持つ景観を含めた多面的機に能について検討を加え,多面的機能の性能規定化に向けた研究を行った。

    researchmap

  • 粒状材料のせん断帯生成に関する非接触画像診断・メッシュレス分岐解析システム

    研究課題/領域番号:14360144  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村上 章, 西村 伸一, 西山 竜朗, 阪口 秀

      詳細を見る

    配分額:11200000円 ( 直接経費:11200000円 )

    本年度は、導入した「非接触型変位測定システム」と「平面歪試験装置」により、飽和砂供試体に関する平面ひずみ試験結果画像を解析した。解析のツールとして、PIV(Particle Image Velocimetry)を採用している。実施した室内試験は、平面ひずみ条件下でのせん断過程において砂供試体に発生する局所変形とその進展を追跡しながら、その変形メカニズムを把握することを目的とした。具体的には、PIV解析結果を変換し、供試体内のひずみ、渦度といった局所変形量を可視化し、その進展に着目することに重点を置く。局所変形を可視化することで、局所変形の発生領域を明確にし、各局所変形量の相互比較を容易なものとする。得られた結果から、載荷初期においてひずみの網目構造が形成され、ひずみの発達する方向は、最大主応力方向と最小主応力方向とに発達するものに分類できること、網目構造が座屈することにより主せん断帯が発生し、網目構造の座屈には渦運動が関与すること、供試体の側方への膨張に伴い、渦度が一箇所に集中し、主せん断帯の形成へとつながることを示した。以上の内容は、農業土木学会論文集にて報告した。
    一方、このような飽和土の挙動を数値解析するために、水〜土連成問題を有限変形場でメッシュレス法により離散化して、プログラムの精度を検証したのち、土の要素試験や盛土基礎地盤の数値解析を実施した。解析結果は本年度において日本機械学会論文集で報告するとともに、来年度のSoils and Foundations(地盤工学会論文報告集)や国際地盤工学会議論文集に掲載を予定している。

    researchmap

  • 統計的軸対称圧密モデルの開発と軟弱地盤情報化施工への適用

    研究課題/領域番号:13660242  2001年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西村 伸一, 西山 竜朗, 村上 章, 藤井 弘章

      詳細を見る

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    自然堆積地盤の透水性には,通常,異方性が存在すると考えられるが,バーチカルドレーンが施工された地盤では,圧密による主な排水は水平かつ放射状に生じると推測されるので,水平方向圧密係数を正確に評価する必要が生じる.本研究は,バーチカルドレーンを念頭に置き,粘性土地盤の透水性の異方性,もしくは,水平方向と鉛直方向の圧密係数の相違を考察することを第一の目的とした.多種類の材料を用いて実験を行った結果,どの材料でも排水方向による圧密係数の大きな相違は生じず,概ねc_h=1〜2c_vの結果となった.また,c_h/c_vあるいはk_h/k_vの圧密圧力に対する顕著な依存性は見られなかった.ただし,圧密圧力の変化に対して,比較的一定値を保つ傾向がある.また,t^n法と逆解析法によって決定された圧密定数を比較した結果,後者による方が,より明確に排水方向の相違による圧密係数あるいは透水係数の相違を得ることができた.
    最終的に,現場の沈下実測値を逆解析することによって,実地盤の水平方向透水係数を同定し,実験結果と比較している.ここで,実験値は通常の標準圧密試験結果であるため,鉛直方向排水の試験結果である.実地盤は,空間的に大きな不均質性を有し,深度によって応力状態も異なるため,パラメータの非線形性を考慮する必要がある.筆者らは,これらのパラメータの空間的な変動性と圧密途中における非線形性を表現するために,統計的な非線形圧密モデル(SNCMと表記する.)を開発し,これに基づいた逆解析手法を提案している.この手法を,サンドドレーンが施工された実軟弱地盤における沈下実測値に適用している.さらに,情報化施工を念頭に置き,同定されたパラメータに基づき,将来圧密挙動予測を行っている.

    researchmap

  • 粒状材料におけるせん断帯生成機構解明のための実験と解析

    研究課題/領域番号:12460105  2000年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村上 章, 西山 竜朗, 西村 伸一, 藤井 弘章

      詳細を見る

    配分額:5700000円 ( 直接経費:5700000円 )

    本年度は、アルミ棒積層体を用いた二軸試験を実施した。アルミ棒の径は3種類とり、均等径および混合径にて試料とした。粒子の中心軌跡を非接触装置により観察し、粒子群の挙動を把握した。それと並行して、こうした変位を連続体物質点のそれとみなすことで、粒子群のつり合い状態を逆解析することを試みた。解析には等価介在物法による逆解析法を用い、粒子集合体の非弾性応力分布を推定した。また、接触力分布を推定する新しい考え方を導入し、個別要素法による結果と比較し、その対比を検討した。一方、研究代表者と海外共同研究者とによる「連結格子セルオートマトン(Connected Lattice-Cellular Automata : CL-CA)」の適用・検討も進めた。粒状体に関するCAのローカルルールは、従来開発していた落し戸受働モードのそれに加え、より一般的なせん断条件を記述するローカルルールを新たに提案した。均等径粒子群について、このルールに基づいたダムブレイク問題の数値解析を行い、ルールの有効性と結果の妥当性を検討した。この問題の解析では、海外共同研究者が行った実験や個別要素法解析の結果と良く似た傾向が得られるだけでなく、流体解析に用いられるCIPによる解析結果とも良い対比を示した。

    researchmap

  • 土地改良施設における安全性評価手法の開発

    研究課題/領域番号:11556042  1999年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    清水 英良, 石黒 覚, 田中 勉, 西村 眞一, 西村 伸一

      詳細を見る

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    1.浸透破壊に対する安全性 Prismatic failureの概念を用いて基礎地盤の浸透破壊に対する安全率を定義し,複列矢板を設置した場合の限界水頭差(二次元集中流)を,掘削幅,矢板の根入れ深さをパラメータとして解析した。その結果,掘削幅が小さく,根入れ深さが大きいほど浸透破壊に対する安定性が低下し,単列矢板と仮定して解析すること(二次元流)が極めて危険であり不合理であることを明らかにした。さらに,土の異方透水性の値が大きくなると,二次元流二次元集中流のいずれの場合も地盤の力学的安定性が低下し,特に二次元集中流の場合に顕著であることを明らかにした。
    2.水理破砕に対する安全性 初期亀裂長を各種変化させた円柱供試体を用いてアースダム築堤材料の破壊靭性試験を実施した。その結果,破壊靭性値には寸法効果が存在し,実験・解析結果より供試体直径が初期亀裂長の約7倍以上なければ実際の値を過小評価することを明らかにした。さらに三軸圧縮試験の結果より,不撹乱土や含水比が低下した撹乱土の場合,側方への伸びによる初期亀裂が低応力レベルで発生した。従って,施工の状態・条件によっては築堤過程で縦亀裂が生じ,貯水時に水理破砕へと進展する危険性が十分に考えられることを明らかにした。
    3.コンクリート構造物の安全性 圧縮〜引張の二軸応力下におけるくさび挿入試験装置を作成し,川砂利,砕石コンクリートの破壊エネルギーを求めた。その結果,破壊エネルギーは一軸応力の場合に比べて減少し,また砕石コンクリートの破壊エネルギーの方が大となり,既往の研究結果を立証した。さらに,多直線近似解析法を適用して引張軟化曲線を推定する解析プログラムを作成しその適用性を検証した。その結果,二軸応力下における引張軟化曲線の形状は圧縮応力比によって異なること,弾性係数は圧縮応力比の増加に伴い低下することを明らかにした。
    4.干拓堤防の地震時安全性 地盤統計学の手法を多次元に拡張して土質パラメータの空間分布に関する統計モデルを構築し,干拓堤防の液状化確率分布を地震発生の統計モデルを考慮して求める手法を開発した。さらに,サンドコンパクション(SCP)工法による地盤改良効果に関する統計モデルを用いて,3つの改良パターンにおける最適砂置換率および最適総費用を期待総費用最小化規準によって決定した。その結果,全面改良のパターンが最適砂置換率が最も小さく,また最適総費用も,破壊損失・耐用年が大である重要構造物に対して最小となることを明らかにした。

    researchmap

  • 土の保水性・透水性のヒステリシスが降雨時の傾斜地安定性に与える影響について

    研究課題/領域番号:10660227  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    島田 清, 西山 竜朗, 西村 伸一, 藤井 弘章

      詳細を見る

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    不飽和まさ土のpF試験,および不飽和透水試験を行うとともに,数値解析により,斜面土の不飽和特性,すなわちマトリックサクション(Su)-体積含水率(θ)-比透水係数(Kr)関係が降雨浸潤による斜面の不安定化に及ぼす影響について調べた.さらに,降雨中に地震が斜面を襲った場合の両者の効果を定量的に評価できるように解析プログラムを改良し,解析を試みた.
    得られた結果をまとめると,次のとおりである.
    (1)体積含水率(θ)と比透水係数(Kr)の関係におけるヒステリシスはごく小さく,無視できる.
    (2)θの増加とともにマトリックサクション(Su)が急速にゼロに近づくタイプのθ-Su関係を示すで土は,降雨により斜面安全率の低下が急速に生じる可能性がある.
    (3)降雨浸潤による斜面の不安定化を調べる場合,浸潤過程のpF試験で得られたθ-Su関係を解析に用いる必要がある.
    (4)降雨浸潤により安全率が低下しているが崩壊を免れている斜面に地震が作用すると,安全率が1.0を切る可能性がある.

    researchmap

  • Study on reuse of dredged sludge

    1998年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 地盤計測結果に基づく新しい軟弱地盤の変形予測法の開発

    研究課題/領域番号:09760222  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    西村 伸一

      詳細を見る

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    本研究は,軟弱地盤の変形および間隙水圧の消散に関する,新しい変形予測モデルを開発することを目的とする.ここでいう予測モデルは,従来の土質試験結果のみならず,原位置における地盤の変形計測結果,間隙水圧の測定結果から逐次更新され,将来の変形,間隙水圧の消散を予測できるものを意味する.平成10年度は,次の項目にしたがって検討した.
    (1) 統計的非線形圧密モデル用いた新たな逆解析手法の開発を行った.今回は,土のせん断による非線形性を考慮するため,双曲線モデルを用いた非線形解析も実施した.また,間隙水圧計測結果を利用する方法について重点的に検討した.
    (2) モデルの検証のため,室内圧密実験を実施した.室内実験により比較的計測誤差のない変位および間隙水圧の計測結果を得ることができる.特に,実験試料としては,カオリン粘土を用いた.試験は,標準圧密試験装置,ベロフラム型圧密試験装置,三軸圧密試験装置を用いて行った.ベロフラム試験装置に関して,10年度は,大型(試料寸法φ10cm x hl0cm)の圧密セルを用いた実験を実施した.大型セルを用いることにより,間隙水圧の計測が比較的容易になった.三軸試験に関しては,拘束圧と軸圧を独立に付加する異方圧密を実施し,試料にせん断変形を生じさせた.
    (3) 室内実験結果を用いて,逆解析モデルの検証を行った.その結果,非線形モデルの同定には間隙水圧の計測結果が変位の計測結果とともに重要であることが明らかとなった.また,二次元問題の場合,短期間の計測結果を用いて変形予測を行う場合は,線形弾性モデルを用いてヤング率,ボアソン比,透水係数を同定するのが有効であるとの結論を得た.
    (4) 現位置の計測結果を用いて,本逆解析手法の実問題への適用性の検討をした.この場合も,上記の室内試験結果を用いる場合と同様,変位のみならず間隙水圧の計測結果を用いると精度のよい予測結果を得ることが明らかとなった.

    researchmap

  • 兵庫県南部地震による堤体被害の要因分析およびデータベース化

    研究課題/領域番号:09234230  1997年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 重点領域研究  重点領域研究

    藤井 弘章, 西村 伸一, 島田 清

      詳細を見る

    配分額:1400000円 ( 直接経費:1400000円 )

    【目的】兵庫県南部地震により、淡路島では944個ものため池が被害を受けた。本研究は、被害の多かった淡路島北部の5町、特に北淡町を中心に、被害・無被害ため池を調査・整理して要因を探り、統計的・地盤工学的分析しデータベース化しようとする。
    【方法】被害・無被害に関わる要因として、各ため池の位置(断層・震源への距離、標高)、構造(堤軸の方向、形状、大きさ等)、築堤材料の特性、ダムサイトの地質、履歴(築堤年代・漏水・改修等)を選定した。これらに関わる淡路島北部5町の2071個(内被害ため池425個)のため池の資料、および地盤工学的なデータ(当方の行った上記の内約40箇所の現地調査・土質試験結果、10個の弾性波探索結果)を集めた。これらに、一般的な統計的分析および多変量解析を行った。
    【結果】北淡町の場合、被害に関わる要因は、(1)最も近い断層が水越・野島・浅野断層、(2)その距離が250〜1000m、(3)震源からの距離が概ね12km以内、(4)標高100m以上、(5)堤体の大きい、(6)震源および断層に対し、堤軸が正対・直交・その対角線付近、(7)堤軸の形状が複雑、(8)ダムサイトの地質が粘土、砂礫の土質地盤、(9)100年以上経過、(10)堤体材料が粘性土系より砂質土系、強度(貫入抵抗)も小、(11)堤体に生じたクラックは、堤軸に対して45度、135度の方向が最も多い、(12)堤体長に対するクラックの比は、砂粒土方が大きく、(13)また被害ため池の基盤は無被害ため池より深く、(14)一般的な統計と多変量解析を併用することは有効等がいえる。

    researchmap

  • 浚渫ヘドロを盛土材料とした場合の圧密・圧縮特性に関する基礎研究

    研究課題/領域番号:08456119  1996年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    藤井 弘章, 西山 竜朗, 西村 伸一, 島田 清

      詳細を見る

    配分額:8000000円 ( 直接経費:8000000円 )

    湖底のヘドロを浚渫し強制脱水して脱水ケーキとし、さらにこれを盛土材料として使おうとしている。この脱水ケーキの地盤工学的な特性を知るために、種々の条件で、室内実験・遠心力載荷試験・模型土槽実験・数値解析を行った。
    その結果、基本的な性質としては、脱水ケーキの性状は採取位置により、試料の自然含水比・粒度等も大きく異なった他沈下にかんして以下の知見を得た。(1)圧縮試料では、脱水ケーキのみかけの粒径が大きくなるほど沈下率は大きくなる。(2)含水比が低くなる程つまり乾燥する程、沈下率は小さくなる。(3)脱水ケーキの沈下率は20日前後で一定値に近づく。(4)水中で盛土したものが空中で盛土したものより沈下が大きい。(5)空中では含水比によって沈下率に大きな差があるが、水中では含水比による差が小さくなる。(6)遠心力載荷試験の沈下率の方が、模型土槽実験の沈下率よりはるかに大きい。(7)脱水ケーキは、試料作成圧力が小さいほど沈下率が大きくなる傾向がある。(8)粒径が大きくなるほど、体積圧縮係数は、大きくなる傾向がある。(9)粒径が大きくなるほど圧密速度が大きくなる。(10)順解析、逆解析結果は、実用にたる結果がえられるが、モデルを確立するためには、さらに種々の条件で実験を続ける必要がある。(11)脱水ケーキは比較的早く沈下するので、盛土材料としてその挙動の予測はやりやすいといえよう。

    researchmap

  • 農業土木構造物の耐震信頼性設計に関する研究

    研究課題/領域番号:06556037  1994年 - 1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    藤井 弘章, 西村 伸一, 島田 清

      詳細を見る

    配分額:3800000円 ( 直接経費:3800000円 )

    本研究では農業土木構造物の耐震設計に関して、次の2項目の成果を得ることができた。
    1.砂質材料で構築された盛土の液状化に対する信頼性設計
    動的土質定数の変動性と地震動の確率特性を考慮した液状化確率の算定を行っている。液状化の簡易な判定法としては、N値の分布に基づく簡易法がよく用いられる。この方法によると動的せん断強度比RがN値、平均粒径D_<50>、細粒分含有率F_Cなどの簡易なパラメータによって決定される。ところが、これらの土質定数は、空間的に大きく変動しており、統計モデル化が必要とされる。本研究では、第一に、この適切な統計モデルの決定法に関する考察を行った。次に、地震時せん断応力比に関しては、地震時の最大加速度を決定する必要がある。そこで、主な歴史地震を調べることにより、地震の年最大加速度の統計モデルを決定した。最終的に、これらの統計量にモンテカルロシミュレーション法を適用することにより、液状化確率を求めた。それに加えて、地盤がサンドコンパクションパイルによって改良される場合の最適設計について考察を行った。期待総費用最小化の理論を用いることにより、最適な砂置換率とその場合の液状化確率を決定している。その結果、最大水平速度150gal、200galの地震を想定した場合と地震の確率特性を考慮した場合の最適地盤改良計画、すなわち最適な砂置換率を決定することができた。
    2.淡路島におけるため池被害に関する因子分析
    兵庫県南部地震により、淡路島では多くのため池が被害を被った。研究グループは、淡路島の被害ため池の調査を実施した。その結果に基づき、被害率とため池の震源からの距離および震源と堤軸の法線のなす角、堤体の築堤年代、堤体材料、地質特性等との相関分析を数量化II類を用いて行った。解析の結果、各要因が被害率に与える影響の度合いが明らかにされた。

    researchmap

  • 軟弱地盤上の構造物の情報化施工に関する研究

    研究課題/領域番号:05760187  1993年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    西村 伸一

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    1.三笠の圧密理論,Barronの近似理論,有限要素法による圧密解析手法に最小自乗法を適用した圧密逆解析プログラムを開発した。最小自乗法では,非線型計画法の一手法であるGauss-Newton法,修正Marquardt法を用いた。ここで,圧密解析においては一次圧密のみならず,二次圧蜜を考慮できるようにした。また,圧蜜過程において生じる地盤に働く浮力の効果を考慮できるようにした。
    2.原位置において得られている沈下板,層別沈下計による沈下計測値に関して検討を行った。各計測値は計測開始時期が異なるため,特に今回は計測の初期値の取り扱いに留意した。
    3.開発した手法を原位置の計測データに関して適用した。解析対象地盤のとしては二次元的な沈下を生じている部分と一次元的な沈下を生じている部分を選んだ。今回特に主眼においた考慮点は次の3点である。
    (1)どのくらいの観測期間を設けたら近い将来(圧蜜度90〜100%程度の時点)の沈下予測が行えるか。
    (2)同定されたパラメータを近隣構造物の沈下予測に適用できるか。
    (3)長期の残留沈下を支配する二次圧蜜に関するパラメータが決定できるか。
    これに関して次の結論を得た。(1)に関して,一次元的な沈下に対しても,二次元的な沈下に対しても,本解析対象地盤に関しては盛土施工後100日程度(圧蜜度60〜70%程度)の観測期間で,同定されたパラメータの値は一定になる。(2)に関して,近隣構造物の荷重強度が同程度なら同定結果はその沈下予測に用いることができる。(3)に関して,二次圧蜜のパラメータは一次圧蜜度が80〜85%になった時点から同定が可能である。

    researchmap

  • 盛土による干拓地軟弱地盤の挙動予測

    研究課題/領域番号:04660254  1992年 - 1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(C)  一般研究(C)

    藤井 弘章, 西村 伸一, 島田 清

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    児島湾と笠岡湾干拓地における5地区の盛土工事に対して有限要素圧密解析を行い,軟弱地盤の挙動予測方法を提案するとともに,盛土の形態や地盤改良工法の特質が軟弱地盤の挙動に与える影響について検討した。5地区は,サンドコンパクション工法,カードボードドレーン工法および袋詰めドレーン工法で地盤改良され,沈下,間隙水圧,側方変位などが観測された。本研究の解析には,平面ひずみおよび軸対称線形弾性圧密解析を適用した。ヤング率,ポアソン比,透水係数は,標準圧密試験および塑性指数から決定した。解析値と観測値の比較から,次のことが明らかになった。
    1.地盤改良工法の違いにかかわらず,本解析法により沈下傾向をほぼ表現できたが,カードボードおよび袋詰めドレーン工法に対しては軸対称解析結果が,また,サンドコンパクション工法に対しては強制変位を与える方法が良い結果を与えた。
    2.観測値を用いた逆解析法により,二次圧密を考慮したときの二次圧密開始時間・二次圧密係数を客観的に同定することができた。
    3.盛土縁から観測地点までの距離(X)を盛土区間(L)で正規化し,異なった地点の比較を行った。この結果,間隙水圧の誤差指標はX/Lが大きい程大きくなるが,誤差指標変化率は変わらなかった。また,側方変位は,誤差指標も誤差指標変化率もX/Lが大きい程大きくなった。
    4.盛土中央では,どの地区も誤差指標は0.5から24%の低い値を示した。
    5.盛土面積の小さい地区の誤差指標は大きかったのに対して,誤差指標変化率はほぼ零であった。一方,盛土面積の大きい地区では誤差指標と誤差指標変化率はともに小さい値を示した。

    researchmap

  • サクションが強度定数に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:03660245  1991年 - 1992年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(C)  一般研究(C)

    島田 清, 西村 伸一, 藤井 弘章

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本研究は,不飽和土の強度特性に与えるサクションの影響を実験的に調べようとするものである。
    試料には,岡山市に産するまさ土の2mmふるい通過分を用いた。0.074〜2mmの砂分の含有率は90.1%であった。実験には,三笠式改良型一面せん断試験機を用いた。下部加圧板にはポーラスストーンの替わりにセラミックスディスクを埋め込み,サクションを制御できるように改良した。供試体は試験機のせん断箱内で垂直応力を載荷することによる静的締固めにより準備し,pF試験における吸引法を適用してサクションを制御した排気・排水一面せん断試験を行った。せん断過程は応力制御方式で行い,せん断応力増分の載荷は10〜20段階に分けて行った。垂直応力は1.0,2.0,3.0kgf/cm^2の3段階とした。また,サクション(Su)はSu=0,0.1,0.2,0.4,0.6,0.8kgf/cm^2の6段階を設定した。
    せん断試験結果によれば,サクションの増加により,Su=0kgf/cm^2の飽和供試体より強度が増加していることが分かった。しかし,垂直応力の大きさに関わらず,Su=0.4kgf/cm^2以上になるとせん断強度の増加がほとんど認められないことが明らかとなった。これらの傾向は,正規圧縮,過圧縮を問わずにほぼ同じ傾向であることが分かった。
    また,同じ大きさの球がランダムに詰まっている集合体を想定して2球間に働く粒子間結合力を理論的に計算し,サクションと単位面積あたりの粒子間結合力の関係を求めて実験結果と比較し考察した。その結果,まさ土の実験から得られたサクションとせん断強度の関係の傾向は,粒径の粗い粒状体についての理論から得られた傾向と一致した。

    researchmap

  • 信頼性解析手法を用いた軟弱地盤の安定性および圧密沈下挙動予測に関する研究

    研究課題/領域番号:03760158  1991年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    西村 伸一

      詳細を見る

    配分額:700000円 ( 直接経費:700000円 )

    researchmap

  • 軟弱地盤における材料定数のばらつきを考慮に入れた信頼性解析に関する研究

    研究課題/領域番号:63760187  1988年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    西村 伸一

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • 土構造物と地盤の信頼性解析・設計に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Study on Prediction of Soft Ground behavior by using Numerical Method

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Study on reliability analysis and design method for ground and earth structures

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 軟弱地盤の挙動予測に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • SDGs:基礎地球科学(地球表層環境) (2023年度) 第4学期  - 木7~8

  • コンクリート工学 (2023年度) 第2学期  - 火1~2,金5~6

  • 土砂災害防御学 (2023年度) 前期  - 木7~8

  • 土質力学 (2023年度) 1・2学期  - 月6~8

  • 土質力学Ⅰ及び演習 (2023年度) 1・2学期  - 月6~8

  • 土質力学I及び演習A (2023年度) 第1学期  - 月6~8

  • 土質力学I及び演習A (2023年度) 第1学期  - その他

  • 土質力学I及び演習B (2023年度) 第2学期  - 月6~8

  • 地域環境システム工学 (2023年度) 前期  - 月3~4

  • 地盤環境解析学 (2023年度) 後期  - その他

  • 基礎地球科学 (2023年度) 第4学期  - 木7~8

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 環境施設工学 (2023年度) 前期  - 月1~2

  • 環境施設材料学 (2023年度) 第2学期  - 火1~2,金5~6

  • 環境施設設計学 (2023年度) 第3学期  - 月1~2,金3~4

  • 環境施設設計学 (2023年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学 (2023年度) 第3学期  - 月1~2,金3~4

  • 環境施設設計学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 環境施設設計学演習A (2023年度) 通年  - その他

  • 環境施設設計学特別演習 (2023年度) 後期  - その他

  • SDGs:基礎地球科学(地球表層環境) (2022年度) 第3学期  - 木7~8

  • コンクリート工学 (2022年度) 第2学期  - 水1~3

  • 土質力学 (2022年度) 1・2学期  - 月6~8

  • 土質力学Ⅰ及び演習 (2022年度) 1・2学期  - 月6~8

  • 土質力学I及び演習A (2022年度) 第1学期  - 月6~8

  • 土質力学I及び演習B (2022年度) 第2学期  - 月6~8

  • 地域環境システム工学 (2022年度) 前期  - 月3~4

  • 地盤環境解析学 (2022年度) 後期  - その他

  • 基礎地球科学 (2022年度) 第3学期  - 木7~8

  • 特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 環境施設設計学 (2022年度) 第3学期  - 月4~5,木1~2

  • 環境施設設計学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • SDGs:基礎地球科学 (2021年度) 第3学期  - 木7~8

  • コンクリート工学 (2021年度) 第2学期  - 水1~3

  • 土質力学 (2021年度) 第2学期  - 月7~8,木7~8

  • 地域環境システム工学 (2021年度) 前期  - 月3~4

  • 地盤環境解析学 (2021年度) 後期  - その他

  • 基礎地球科学 (2021年度) 第3学期  - 木7~8

  • 基礎地球科学 (2021年度) 第3学期  - 木7~8

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境施設設計学 (2021年度) 第3学期  - 月4~5,木1~2

  • 環境施設設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • コンクリート工学 (2020年度) 第2学期  - 月2,水1,水2

  • コンクリート工学 (2020年度) 第2学期  - 月2,水1,水2

  • 土質力学 (2020年度) 第2学期  - 月6,月7,木6,木7

  • 土質力学 (2020年度) 第2学期  - 月6,月7,木6,木7

  • 地域環境システム工学 (2020年度) 前期  - 月3,月4

  • 地盤環境解析学 (2020年度) 後期  - その他

  • 基礎地球科学 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金3

  • 基礎地球科学 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金3

  • 基礎地球科学 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2,金3

  • 実践科学技術英語 (2020年度) 第3学期  - 月6,木6

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境施設設計学 (2020年度) 第3学期  - 月4,月5,木4,木5

  • 環境施設設計学 (2020年度) 第3学期  - 月4,月5,木4,木5

  • 環境施設設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境施設設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 環境管理工学実習 (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示