2022/05/11 更新

写真a

オオハラ トシアキ
大原 利章
OHARA Toshiaki
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療薬学  / がん、がん微小環境、鉄、AI、医療機器

経歴

  • 岡山大学大学院医歯薬総合研究科   病理学(免疫病理)   助教

    2014年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   消化器外科学   非常勤講師

    2012年4月 - 2014年5月

      詳細を見る

  • 岡山大学   第一外科学   医員

    2002年4月 - 2002年7月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Thioredoxin interacting protein protects mice from fasting induced liver steatosis by activating ER stress and its downstream signaling pathways. 査読 国際誌

    Hiroyuki Miyahara, Kosei Hasegawa, Masato Yashiro, Toshiaki Ohara, Masayoshi Fujisawa, Teizo Yoshimura, Akihiro Matsukawa, Hirokazu Tsukahara

    Scientific reports   12 ( 1 )   4819 - 4819   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Under normal conditions, fasting results in decreased protein disulfide isomerase (PDI) activity and accumulation of unfolded proteins, leading to the subsequent activation of the unfolded protein response (UPR)/autophagy signaling pathway to eliminate damaged mitochondria. Fasting also induces upregulation of thioredoxin-interacting protein (TXNIP) expression and mice deficient of this protein (TXNIP-KO mice) was shown to develop severe hypoglycemia, hyperlipidemia and liver steatosis (LS). In the present study, we aimed to determine the role of TXNIP in fasting-induced LS by using male TXNIP-KO mice that developed LS without severe hypoglycemia. In TXNIP-KO mice, fasting induced severe microvesicular LS. Examinations by transmission electron microscopy revealed mitochondria with smaller size and deformities and the presence of few autophagosomes. The expression of β-oxidation-associated genes remained at the same level and the level of LC3-II was low. PDI activity level stayed at the original level and the levels of p-IRE1 and X-box binding protein 1 spliced form (sXBP1) were lower. Interestingly, treatment of TXNIP-KO mice with bacitracin, a PDI inhibitor, restored the level of LC3-II after fasting. These results suggest that TXNIP regulates PDI activity and subsequent activation of the UPR/autophagy pathway and plays a protective role in fasting-induced LS.

    DOI: 10.1038/s41598-022-08791-z

    PubMed

    researchmap

  • Diagnostic Utility of the PD-L1 Immunostaining in Biopsy Specimens of Patients with Biliary Tract Neoplasms. 査読 国際誌

    Kazuyuki Matsumoto, Toshiaki Ohara, Masayoshi Fujisawa, Akinobu Takaki, Masahiro Takahara, Hironari Kato, Ryuichi Yoshida, Yuzo Umeda, Takahito Yagi, Akihiro Matsukawa, Hiroyuki Okada

    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Anti-programmed death 1/programmed death ligand 1 (PD1/PD-L1) antibodies have been successfully used as treatment agents for several solid tumors; however, it is difficult to predict their effectiveness. We evaluated whether biopsy specimens could predict the positive status of PD-L1 in surgically resected tissue. METHODS: Among 91 patients who underwent tissue sampling with endoscopic or liver biopsy before surgery for biliary tract neoplasms in an academic center, 45 (49%) patients were selected for retrospective analysis because the quality and quantity of their biopsy specimens were adequate for histologic evaluation. We performed immunohistochemical staining to investigate the PD-L1 expression in both resected and biopsy specimens. The percentage of the positively stained cells was calculated for subsequent use in the correlation investigation. RESULTS: The biopsy methods were endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP) in 28 cases, percutaneous liver biopsy in 10 cases, and endoscopic ultrasound fine-needle aspiration in 7 cases. Among the 45 patients, when patients with > 10% positive tumor cells in surgically resected tissues were regarded as truly positive PD-L1, the positive and negative concordance rates between surgically resected tissues and biopsy samples were 56% (5/9) and 100% (36/36), respectively. With regard to the use of preoperative biopsy as a diagnostic tool, all (5/5) PD-L1-positive patients had a positive resected specimen. The accuracy of each biopsy method was as follows: ERCP, 89% (25/28); fine-needle aspiration, 86% (6/7); and liver biopsy, 100% (10/10). CONCLUSIONS: Biopsy samples could be a surrogate material for the assessment of the PD-L1 expression with substantial positive and high negative concordance rates.

    DOI: 10.1007/s11605-021-05197-6

    PubMed

    researchmap

  • Different pancreatic cancer microenvironments convert iPSCs into cancer stem cells exhibiting distinct plasticity with altered gene expression of metabolic pathways. 査読 国際誌

    Ghmkin Hassan, Toshiaki Ohara, Said M Afify, Kazuki Kumon, Maram H Zahra, Xiaoying Fu, Mohamad Al Kadi, Akimasa Seno, David S Salomon, Masaharu Seno

    Journal of experimental & clinical cancer research : CR   41 ( 1 )   29 - 29   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Cancer stem cells (CSCs) are generated under irregular microenvironment in vivo, of which mimic is quite difficult due to the lack of enough information of the factors responsible for cancer initiation. Here, we demonstrated that mouse induced pluripotent cells (miPSCs) reprogrammed from normal embryonic fibroblasts were susceptible to the microenvironment affected by cancer cells to convert into CSCs in vivo. METHODS: Three different pancreatic cancer line cells, BxPC3, PANC1, and PK8 cells were mixed with miPSCs and subcutaneously injected into immunodeficient mice. Tumors were evaluated by histological analysis and cells derived from iPSCs were isolated and selected from tumors. The isolated cells were characterized for cancer stem cell characters in vitro and in vivo as well as their responses to anticancer drugs. The impact of co-injection of iPSCs with cancer cells on transcriptome and signaling pathways of iPSCs was investigated. RESULTS: The injection of miPSCs mixed with human pancreatic cancer cells into immunodeficient mice maintained the stemness of miPSCs and changed their phenotype. The miPSCs acquired CSC characteristics of tumorigenicity and self-renewal. The drug responses and the metastatic ability of CSCs converted from miPSCs varied depending on the microenvironment of cancer cells. Interestingly, transcriptome profiles of these cells indicated that the pathways related with aggressiveness and energy production were upregulated from the levels of miPSCs. CONCLUSIONS: Our result suggests that cancer-inducing microenvironment in vivo could rewire the cell signaling and metabolic pathways to convert normal stem cells into CSCs.

    DOI: 10.1186/s13046-021-02167-3

    PubMed

    researchmap

  • Spred2 controls the severity of Concanavalin A-induced liver damage by limiting interferon-gamma production by CD4+ and CD8+ T cells. 査読 国際誌

    Cuiming Sun, Masayoshi Fujisawa, Toshiaki Ohara, Qiuying Liu, Chen Cao, Xu Yang, Teizo Yoshimura, Steven L Kunkel, Akihiro Matsukawa

    Journal of advanced research   35   71 - 86   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction: Mitogen-activated protein kinases (MAPKs) are involved in T cell-mediated liver damage. However, the inhibitory mechanism(s) that controls T cell-mediated liver damage remains unknown. Objectives: We investigated whether Spred2 (Sprouty-related, EVH1 domain-containing protein 2) that negatively regulates ERK-MAPK pathway has a biological impact on T cell-mediated liver damage by using a murine model. Methods: We induced hepatotoxicity in genetically engineered mice by intravenously injecting Concanavalin A (Con A) and analyzed the mechanisms using serum chemistry, histology, ELISA, qRT-PCR, Western blotting and flow cytometry. Results: Spred2-deficient mice (Spred2-/-) developed more sever liver damage than wild-type (WT) mice with increased interferon-γ (IFNγ) production. Hepatic ERK phosphorylation was enhanced in Spred2-/- mice, and pretreatment of Spred2-/- mice with the MAPK/ERK inhibitor U0126 markedly inhibited the liver damage and reduced IFNγ production. Neutralization of IFNγ abolished the damage with decreased hepatic Stat1 activation in Spred2-/- mice. IFNγ was mainly produced from CD4+ and CD8+ T cells, and their depletion decreased liver damage and IFNγ production. Transplantation of CD4+ and/or CD8+ T cells from Spred2-/- mice into RAG1-/- mice deficient in both T and B cells caused more severe liver damage than those from WT mice. Hepatic expression of T cell attractants, CXCL9 and CXCL10, was augmented in Spred2-/- mice as compared to WT mice. Conversely, liver damage, IFNγ production and the recruitment of CD4+ and CD8+ T cells in livers after Con A challenge were lower in Spred2 transgenic mice, and Spred2-overexpressing CD4+ and CD8+ T cells produced lower levels of IFNγ than WT cells upon stimulation with Con A in vitro. Conclusion: We demonstrated, for the first time, that Spred2 functions as an endogenous regulator of T cell IFNγ production and Spred2-mediated inhibition of ERK-MAPK pathway may be an effective remedy for T cell-dependent liver damage.

    DOI: 10.1016/j.jare.2021.03.014

    PubMed

    researchmap

  • 透析業務の管理(安全担保) (2) AIによる透析室管理の具体 招待

    大原利章

    臨床透析   37 ( 17 )   1502 - 1506   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • Resident stroma-secreted chemokine CCL2 governs myeloid-derived suppressor cells in the tumor microenvironment 査読

    May Wathone Oo, Hotaka Kawai, Kiyofumi Takabatake, Shuta Tomida, Takanori Eguchi, Kisho Ono, Qiusheng Shan, Toshiaki Ohara, Saori Yoshida, Haruka Omori, Shintaro Sukegawa, Keisuke Nakano, Kuniaki Okamoto, Akira Sasaki, Hitoshi Nagatsuka

    JCI Insight   e148960   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/jci.insight.148960

    PubMed

    researchmap

  • Protective effects of anti-HMGB1 monoclonal antibody on lung ischemia reperfusion injury in mice 査読

    Kentaro Nakata, Mikio Okazaki, Dai Shimizu, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Daiki Ousaka, Toshiaki Ohara, Akihiro Matsukawa, Masahiro Nishibori, Shinichi Toyooka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   573   164 - 170   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.08.015

    PubMed

    researchmap

  • PolyI:C suppresses TGF-β1-induced Akt phosphorylation and reduces the motility of A549 lung carcinoma cells 査読

    Takahiro Yamaguchi, Teizo Yoshimura, Toshiaki Ohara, Masayoshi Fujisawa, Gao Tong, Akihiro Matsukawa

    Molecular Biology Reports   48 ( 9 )   6313 - 6321   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11033-021-06625-1

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s11033-021-06625-1/fulltext.html

  • Immuno-hyperthermia effected by antibody-conjugated nanoparticles selectively targets and eradicates individual cancer cells 査読

    Tetsuya Kagawa, Yuki Matsumi, Hiromichi Aono, Toshiaki Ohara, Hiroshi Tazawa, Kunitoshi Shigeyasu, Shuya Yano, Sho Takeda, Yasuhiro Komatsu, Robert M. Hoffman, Toshiyoshi Fujiwara, Hiroyuki Kishimoto

    Cell Cycle   20 ( 13 )   1221 - 1230   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15384101.2021.1915604

    PubMed

    researchmap

  • Hyperthermia generated by magnetic nanoparticles for effective treatment of disseminated peritoneal cancer in an orthotopic nude-mouse model 査読

    Yuki Matsumi, Tetsuya Kagawa, Shuya Yano, Hiroshi Tazawa, Kunitoshi Shigeyasu, Sho Takeda, Toshiaki Ohara, Hiromichi Aono, Robert M. Hoffman, Toshiyoshi Fujiwara, Hiroyuki Kishimoto

    Cell Cycle   20 ( 12 )   1122 - 1133   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15384101.2021.1919441

    PubMed

    researchmap

  • Nanog is a promising chemo-resistant stemness marker and therapeutic target by iron chelators for esophageal cancer. 査読 国際誌

    Toru Narusaka, Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Noriyuki Nishiwaki, Yuki Katsura, Takuya Kato, Hiroaki Sato, Yasuko Tomono, Satoru Kikuchi, Hiroshi Tazawa, Yasuhiro Shirakawa, Akihiro Matsukawa, Toshiyoshi Fujiwara

    International journal of cancer   149 ( 2 )   347 - 357   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.33544

    PubMed

    researchmap

  • Fibroblast activation protein targeted near infrared photoimmunotherapy (NIR PIT) overcomes therapeutic resistance in human esophageal cancer. 査読 国際誌

    Ryoichi Katsube, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Noriyuki Nishiwaki, Teruki Kobayashi, Satoshi Komoto, Hiroaki Sato, Hajime Kashima, Takuya Kato, Satoru Kikuchi, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Hisataka Kobayashi, Toshiyoshi Fujiwara

    Scientific reports   11 ( 1 )   1693 - 1693   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-81465-4

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Artificial intelligence supported anemia control system (AISACS) to prevent anemia in maintenance hemodialysis patients. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Hiroshi Ikeda, Yoshiki Sugitani, Hiroshi Suito, Viet Quang Huy Huynh, Masaru Kinomura, Soichiro Haraguchi, Kazufumi Sakurama

    International journal of medical sciences   18 ( 8 )   1831 - 1839   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7150/ijms.53298

    PubMed

    researchmap

  • New Vascular-Access Intervention Assistance Plate Provides Good Operability and Safety by Preventing Accidental Falls: First Experience of 1,872 Cases. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Kazufumi Sakurama, Satoshi Hiramatsu

    Acta medica Okayama   74 ( 6 )   505 - 511   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/60880

    PubMed

    researchmap

  • Decreased miR-200b-3p in cancer cells leads to angiogenesis in HCC by enhancing endothelial ERG expression. 査読 国際誌

    Aye Moh-Moh-Aung, Masayoshi Fujisawa, Sachio Ito, Hiroshi Katayama, Toshiaki Ohara, Yoko Ota, Teizo Yoshimura, Akihiro Matsukawa

    Scientific reports   10 ( 1 )   10418 - 10418   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-67425-4

    PubMed

    researchmap

  • A Promising New Anti-Cancer Strategy: Iron Chelators Targeting CSCs. 査読

    Yuehua Chen, Toshiaki Ohara, Boyi Xing, Jiping Qi, Kazuhiro Noma, Akihiro Matsukawa

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   1 - 6   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/57946

    PubMed

    researchmap

  • Prolonged warm ischemia exacerbated acute rejection after lung transplantation from donation after cardiac death in a mouse. 査読 国際誌

    Yutaka Hirano, Seiichiro Sugimoto, Sumiharu Yamamoto, Masanori Okada, Shinji Otani, Toshiaki Ohara, Masaomi Yamane, Akihiro Matsukawa, Takahiro Oto, Shinichi Toyooka

    General thoracic and cardiovascular surgery   68 ( 1 )   57 - 62   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-019-01181-9

    PubMed

    researchmap

  • Negative impact of recipient SPRED2 deficiency on transplanted lung in a mouse model. 査読 国際誌

    Kohei Hashimoto, Masaomi Yamane, Seiichiro Sugimoto, Yutaka Hirano, Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Kentaroh Miyoshi, Toshiaki Ohara, Mikio Okazaki, Teizo Yoshimura, Takahiro Oto, Akihiro Matsukawa, Shinichi Toyooka

    Transplant immunology   57   101242 - 101242   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trim.2019.101242

    PubMed

    researchmap

  • Visualization of epithelial-mesenchymal transition in an inflammatory microenvironment-colorectal cancer network. 査読 国際誌

    Takeshi Ieda, Hiroshi Tazawa, Hiroki Okabayashi, Shuya Yano, Kunitoshi Shigeyasu, Shinji Kuroda, Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Hiroyuki Kishimoto, Masahiko Nishizaki, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Takashi Saitou, Takeshi Imamura, Toshiyoshi Fujiwara

    Scientific reports   9 ( 1 )   16378 - 16378   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-52816-z

    PubMed

    researchmap

  • The relationship between the PD-L1 expression of surgically resected and fine-needle aspiration specimens for patients with pancreatic cancer. 査読 国際誌

    Kazuyuki Matsumoto, Toshiaki Ohara, Masayoshi Fujisawa, Akinobu Takaki, Masahiro Takahara, Noriyuki Tanaka, Hironari Kato, Shigeru Horiguchi, Ryuichi Yoshida, Yuzo Umeda, Soichiro Fushimi, Takahito Yagi, Akihiro Matsukawa, Hiroyuki Okada

    Journal of gastroenterology   54 ( 11 )   1019 - 1028   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-019-01586-6

    PubMed

    researchmap

  • Cancer stem cell induction from mouse embryonic stem cells. 査読 国際誌

    Akimasa Seno, Chikae Murakami, Bishoy El-Aarag, Yoshiaki Iwasaki, Toshiaki Ohara, Masaharu Seno

    Oncology letters   18 ( 3 )   2756 - 2762   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2019.10614

    PubMed

    researchmap

  • Cancer-associated fibroblasts (CAFs) promote the lymph node metastasis of esophageal squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Hajime Kashima, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Takuya Kato, Yuki Katsura, Satoshi Komoto, Hiroaki Sato, Ryoichi Katsube, Takayuki Ninomiya, Hiroshi Tazawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    International journal of cancer   144 ( 4 )   828 - 840   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.31953

    PubMed

    researchmap

  • A Novel Combination Cancer Therapy with Iron Chelator Targeting Cancer Stem Cells via Suppressing Stemness. 査読 国際誌

    Yuki Katsura, Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Takayuki Ninomiya, Hajime Kashima, Takuya Kato, Hiroaki Sato, Satoshi Komoto, Toru Narusaka, Yasuko Tomono, Boyi Xing, Yuehua Chen, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Tomonari Kasai, Masaharu Seno, Akihiro Matsukawa, Toshiyoshi Fujiwara

    Cancers   11 ( 2 )   177   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers11020177

    PubMed

    researchmap

  • Spred2 Regulates High Fat Diet-Induced Adipose Tissue Inflammation, and Metabolic Abnormalities in Mice. 査読 国際誌

    Takahiro Ohkura, Teizo Yoshimura, Masayoshi Fujisawa, Toshiaki Ohara, Rie Marutani, Kaya Usami, Akihiro Matsukawa

    Frontiers in immunology   10   17 - 17   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fimmu.2019.00017

    PubMed

    researchmap

  • Photoimmunotherapy for cancer-associated fibroblasts targeting fibroblast activation protein in human esophageal squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Shinichiro Watanabe, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Hajime Kashima, Hiroaki Sato, Takuya Kato, Shinichi Urano, Ryoichi Katsube, Yuuri Hashimoto, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Hisataka Kobayashi, Toshiyoshi Fujiwara

    Cancer biology & therapy   20 ( 9 )   1234 - 1248   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15384047.2019.1617566

    PubMed

    researchmap

  • Cancer-Associated Fibroblasts Affect Intratumoral CD8+ and FoxP3+ T Cells Via IL6 in the Tumor Microenvironment. 査読 国際誌

    Takuya Kato, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Hajime Kashima, Yuki Katsura, Hiroaki Sato, Satoshi Komoto, Ryoichi Katsube, Takayuki Ninomiya, Hiroshi Tazawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    Clinical cancer research   24 ( 19 )   4820 - 4833   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-18-0205

    PubMed

    researchmap

  • New insertion support device assisted the accurate placement of tunneled cuffed catheter: First experience of 10 cases. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Kazufumi Sakurama, Satoshi Hiramatsu, Toshimasa Karai, Toshiaki Sato, Yuta Nishina

    The journal of vascular access   19 ( 5 )   501 - 505   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1129729818771884

    PubMed

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞が及ぼす腫瘍免疫逃避の解明 査読

    加藤 卓也, 野間 和広, 桂 佑貴, 佐藤 浩明, 河本 慧, 二宮 卓之, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    癌と化学療法   45 ( 9 )   1279 - 1281   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    近年、免疫チェックポイント阻害薬をはじめがん免疫療法の発展により、飛躍的に予後の改善を認める癌腫が散見される。しかしながら、致命的な有害事象の発生や効果の得られる症例が限定的であることなど、克服すべき問題点も指摘されている。免疫チェックポイント阻害薬の治療効果予測因子として腫瘍浸潤リンパ球が注目されており、特に細胞傷害性T細胞の腫瘍内浸潤の程度が抗腫瘍効果に影響を与えていると報告されている。リンパ球の腫瘍浸潤においては、癌とがん微小環境の相互作用によって制御している可能性が指摘されている。そのなかで中心的な役割を担っている癌関連線維芽細胞(cancer-associated fibroblasts:CAFs)が注目されている。以前よりわれわれは、がん微小環境の強い関与を推測し、特にCAFsの作用に注目して癌の増殖・浸潤・血管新生・治療抵抗性について報告してきた。この度CAFsと腫瘍免疫に着目し、CAFsが寄与する腫瘍免疫抑制について検討している。今後、検討結果を随時報告する予定である。(著者抄録)

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20180920320008&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004509%2F010%2F1279-1281%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004509%2F010%2F1279-1281%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • A novel, nontoxic iron chelator, super-polyphenol, effectively induces apoptosis in human cancer cell lines. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Xing Boyi, Sun Yingfu, Kazuhiro Omori, Akihiro Matsukawa

    Oncotarget   9 ( 67 )   32751 - 32760   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25973

    PubMed

    researchmap

  • Spred2 Deficiency Exacerbates D-Galactosamine/Lipopolysaccharide -induced Acute Liver Injury in Mice via Increased Production of TNFα. 査読 国際誌

    Yang X, Fujisawa M, Yoshimura T, Ohara T, Sato M, Mino M, San TH, Gao T, Kunkel SL, Matsukawa A

    Scientific reports   8 ( 1 )   188 - 188   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-18380-0

    PubMed

    researchmap

  • Iron depletion is a novel therapeutic strategy to target cancer stem cells. 査読 国際誌

    Takayuki Ninomiya, Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Yuki Katsura, Ryoichi Katsube, Hajime Kashima, Takuya Kato, Yasuko Tomono, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Fumiaki Kimura, Ling Chen, Tomonari Kasai, Masaharu Seno, Akihiro Matsukawa, Toshiyoshi Fujiwara

    Oncotarget   8 ( 58 )   98405 - 98416   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.21846

    PubMed

    researchmap

  • Molecular Subtypes of Breast Cancers from Myanmar Women: A Study of 91 Cases at Two Pathology Centers 査読 国際誌

    Thar Htet San, Masayoshi Fujisawa, Soichiro Fushimi, Lamin Soe, Ngu Wah Min, Teizo Yoshimura, Toshiaki Ohara, Myint Myint Yee, Shinsuke Oda, Akihiro Matsukawa

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   18 ( 6 )   1617 - 1621   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22034/APJCP.2017.18.6.1617

    PubMed

    researchmap

  • Low prevalence of human mammary tumor virus (HMTV) in breast cancer patients from Myanmar. 査読 国際誌

    Thar Htet San, Masayoshi Fujisawa, Soichiro Fushimi, Teizo Yoshimura, Toshiaki Ohara, Lamin Soe, Ngu Wah Min, Ohnmar Kyaw, Xu Yang, Akihiro Matsukawa

    Infectious agents and cancer   12   20 - 20   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13027-017-0130-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Iron depletion-induced downregulation of N-cadherin expression inhibits invasive malignant phenotypes in human esophageal cancer. 査読 国際誌

    Seishi Nishitani, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Shinichiro Watanabe, Hiroshi Tazawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    International journal of oncology   49 ( 4 )   1351 - 9   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2016.3640

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Iron depletion enhances the effect of sorafenib in hepatocarcinoma. 査読 国際誌

    Shinichi Urano, Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Ryoichi Katsube, Takayuki Ninomiya, Yasuko Tomono, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Fumiaki Kimura, Kazuhiro Nouso, Akihiro Matsukawa, Kazuhide Yamamoto, Toshiyoshi Fujiwara

    Cancer biology & therapy   17 ( 6 )   648 - 56   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    ABSTACT Human hepatocellular carcinoma (HCC) is known to have a poor prognosis. Sorafenib, a molecular targeted drug, is most commonly used for HCC treatment. However, its effect on HCC is limited in clinical use and therefore new strategies regarding sorafenib treatment are required. Iron overload is known to be associated with progression of chronic hepatitis and increased risk of HCC. We previously reported that iron depletion inhibited cancer cell proliferation and conversely induced angiogenesis. Indeed iron depletion therapy including iron chelator needs to be combined with anti-angiogenic drug for its anti-cancer effect. Since sorafenib has an anti-angiogenic effect by its inhibitory targeting VEGFR, we hypothesized that sorafenib could complement the anti-cancer effect of iron depletion. We retrospectively analyzed the relationship between the efficacy of sorafenib and serum iron-related markers in clinical HCC patients. In clinical cases, overall survival was prolonged in total iron binding capacity (TIBC) high- and ferritin low-patients. This result suggested that the low iron-pooled patients, who could have a potential of more angiogenic properties in/around HCC tumors, could be adequate for sorafenib treatment. We determined the effect of sorafenib (Nexavar®) and/or deferasirox (EXJADE®) on cancer cell viability, and on cell signaling of human hepatocarcinoma HepG2 and HLE cells. Both iron depletion by deferasirox and sorafenib revealed insufficient cytotoxic effect by each monotherapy, however, on the basis of increased angiogenesis by iron depletion, the addition of deferasirox enhanced anti-proliferative effect of sorafenib. Deferasirox was confirmed to increase vascular endothelial growth factor (VEGF) secretion into cellular supernatants by ELISA analysis. In in vivo study sorafenib combined with deferasirox also enhanced sorafenib-induced apoptosis. These results suggested that sorafenib combined with deferasirox could be a novel combination chemotherapy for HCC.

    DOI: 10.1080/15384047.2016.1177677

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Recurrence after Endoscopic Curative Resection of Mucosal Gastric Cancer Associated with an Adjacent Neoplastic Precursor Lesion. 査読 国際誌

    Satoru Kikuchi, Shunsuke Kagawa, Toshiaki Ohara, Tetsushi Kubota, Kazuya Kuwada, Tetsuya Kagawa, Shinji Kuroda, Yasuhiro Shirakawa, Masahiko Nishizaki, Toshiyoshi Fujiwara

    Acta medica Okayama   70 ( 3 )   213 - 216   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/54421

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 宿主正常細胞である癌関連線維芽細胞を標的とした新たな食道癌治療法の開発 査読

    野間 和広, 賀島 肇, 二宮 卓之, 勝部 亮一, 渡邉 伸一郎, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    癌と化学療法   42 ( 10 )   1228 - 1230   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    近年の分子細胞生化学の発展により、分子標的治療薬によって飛躍的に予後改善を認める癌腫もでてきている。また、bevacizumabの台頭にみられるように、がん微小環境を制御することでより抗腫瘍効果を上げる例もでてきており、新しい可能性を示唆している。癌とがん微小環境の相互作用については以前より多く報告されており、その中心的な役割を担っているのが癌関連線維芽細胞(cancer-associated fibroblasts:CAFs)といわれている。以前よりわれわれは、食道癌の進展におけるがん微小環境の強い関与を推測し、特にCAFの作用に注目し分子標的となり得るシグナルの解析を行ってきた。しかしながら、CAFの単一のシグナル阻害のみでは癌の治療においては不十分な可能性が考えられた。現在までに多くのCAF細胞におけるシグナルを標的とした治療法が提案されてきたが、未だ十分な結果を得ていない。光線免疫療法は、2011年にMitsunagaらにて発表された近赤外線光を用いた標的分子特異的癌治療である。われわれは、その細胞特異性に殺傷できるシステムに注目し、現在CAFそのものを制御すべくCAFに対する光線化学療法の開発、またその効果を検討している。今後検討結果を随時報告する予定である。(著者抄録)

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151027380020&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004210%2F021%2F1228-1230%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004210%2F021%2F1228-1230%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Prone-position thoracoscopic resection of posterior mediastinal lymph node metastasis from rectal cancer 査読 国際誌

    Yasuhiro Shirakawa, Kazuhiro Noma, Takeshi Koujima, Naoaki Maeda, Shunsuke Tanabe, Toshiaki Ohara, Toshiyoshi Fujiwara

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   13   45 - 45   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-015-0466-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Operative technique of antethoracic esophageal reconstruction with pedicled jejunal flap 査読 国際誌

    Yasuhiro Shirakawa, Kazuhiro Noma, Takeshi Koujima, Naoaki Maeda, Shunsuke Tanabe, Toshiaki Ohara, Kazufumi Sakurama, Toshiyoshi Fujiwara

    Esophagus   12 ( 1 )   57 - 64   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-014-0455-3

    Web of Science

    researchmap

  • Prone-Position Thoracoscopic Ligation of the Thoracic Duct for Chyle Leak Following Radical Neck Dissection in a Patient with a Right Aortic Arch. 査読 国際誌

    Yasuhiro Shirakawa, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Hajime Kashima, Naoaki Maeda, Shunsuke Tanabe, Shunsuke Kagawa, Toshiyoshi Fujiwara

    Acta medica Okayama   69 ( 3 )   173 - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/53524

    PubMed

    researchmap

  • 腫瘍血管新生抑制療法に対する鉄欠乏の新規の相乗効果(A novel synergistic effect of iron depletion on antiangiogenic cancer therapy)

    大原 利章

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   182 - 183   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 手術手技 食道癌手術における用手補助的腹腔鏡下胃管作成の工夫 招待

    白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 藤原 俊義

    手術   68 ( 7 )   951 - 954   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 術前DCF療法が著効した食道原発内分泌細胞癌の1切除例

    前田 直見, 白川 靖博, 國府島 健, 大原 利章, 田邊 俊輔, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    岡山医学会雑誌   126 ( 1 )   39 - 43   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岡山医学会  

    66歳男。心窩部痛を主訴とした。上部消化管造影検査所見で胸部中部食道(Mt)左-前壁に70mm大の周堤隆起明瞭な2型病変が認められた。上部消化管内視鏡検査所見で切歯より25cm〜33cmの食道左-前壁に半周性の2型病変を認められた。同部位の生検を施行し、内分泌細胞癌(小細胞型)と診断された。造影CT検査所見およびPET/CT検査より、胸部食道内分泌細胞癌(小細胞型)cT3cN1cM0:cStage IIIと診断し、術前補助化学療法2コースの後、手術の方針とした。化学療法は、docetaxel、cisplatin、5-fluorouracilの三剤を併用した。手術は腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘、用手補助的腹腔鏡下胃管作製、3領域リンパ節郭清、胸骨後経路再建、頸部吻合を施行した。組織所見にて潰瘍部では加療による影響と考えられる線維化とヘモジデリンの沈着を認め、Grade 3と判定した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00175&link_issn=&doc_id=20140415220008&doc_link_id=10.4044%2Fjoma.126.39&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4044%2Fjoma.126.39&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 食道原発悪性黒色腫の1切除例

    前田 直見, 白川 靖博, 國府島 健, 大原 利章, 田邊 俊輔, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    岡山医学会雑誌   126 ( 1 )   45 - 48   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岡山医学会  

    61歳男。食物つかえ感を主訴とした。上部消化管造影検査所見にて胸部中部下部食道(MtLt)前から右壁に、60mm大の周堤隆起明瞭な2型病変が認められた。上部消化管内視鏡検査所見で切歯より30cm〜36cmの食道前〜右壁に半周性の2型病変が認められた。口側には1型隆起部分も認めた。2型部分は黒紫色であったが、1型部分はピンクから白色調で一部血腫を形成していた。以上より、胸部食道原発悪性黒色腫cT3cN0 cM0:cStage IIと診断した。手術は腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘、用手補助的腹腔鏡下胃管作製、2領域リンパ節郭清(胸部、腹部)、胸骨後経路再建、頸部吻合を施行した。組織所見よりpT2N0M0 pStage IIと診断し、術後補助化学療法として高用量DTIC療法を6コース行った。術後1年5ヵ月経過しているが無再発生存中である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00175&link_issn=&doc_id=20140415220009&doc_link_id=10.4044%2Fjoma.126.45&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4044%2Fjoma.126.45&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Assistant-based standardization of prone position thoracoscopic esophagectomy. 査読

    Yasuhiro Shirakawa, Kazuhiro Noma, Naoaki Maeda, Ryoichi Katsube, Shunsuke Tanabe, Toshiaki Ohara, Kazufumi Sakurama, Toshiyoshi Fujiwara

    Acta medica Okayama   68 ( 2 )   111 - 7   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/52407

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 次世代ライフイノベーションへの挑戦 除鉄を応用した新規がん治療法の開発

    大原利章

    化学工業   65 ( 7 )   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 平成25年度岡山医学会賞 がん研究奨励賞(林原賞・山田賞) 招待

    大原 利章

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   93 - 94   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    DOI: 10.4044/joma.126.93

    CiNii Article

    researchmap

  • Advanced hepatocellular carcinoma with lymph node metastases showing epithelial to mesenchymal transition effectively treated with systemic chemotherapy: Report of a case. 査読 国際誌

    Hiroshi Sadamori, Takahito Yagi, Kunitoshi Shigeyasu, Yuzo Umeda, Masahiro Sugihara, Naosuke Yokomichi, Toshiaki Ohara, Naoshi Nishida, Takeshi Nagasaka, Ajay Goel, Toshiyoshi Fujiwara

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43 ( 12 )   1368 - 73   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present a case in which combination chemotherapy was used to successfully treat hepatocellular carcinoma (HCC) with rapid progression of lymph node (LN) metastases after liver resection. In addition, epithelial to mesenchymal transition (EMT) markers were examined immunohistochemically. A 43-year-old man who had been diagnosed with HCC showed an enlarged LN near the hepatic artery proper. After extended left lobectomy with lymphadenectomy in the hepatoduodenal ligament, he experienced rapid progression of metastases to the para-aortic and mediastinal LN. Partial remission was achieved after induction and maintenance of combination chemotherapy using etoposide, carboplatin, epirubicin and 5-fluorouracil. As a consequence of this treatment, the patient survived 10 months. Immunohistochemical studies demonstrated that HCC cells in the metastatic LN showed low expression of E-cadherin and high expression of N-cadherin and vimentin, indicating EMT. Combination chemotherapy may prove effective for patients with HCC accompanied by LN metastases that show features of EMT.

    DOI: 10.1111/hepr.12080

    PubMed

    researchmap

  • Direct observation diverticulectomy for Zenker’s diverticulum carcinoma

    Toshiaki Ohara, Yasuhiro Shirakawa, Kazuhiro Noma, Naoaki Maeda, Ryouichi Katsube, Shunsuke Tanabe, Toshiyoshi Fujiwara

    Esophagus   10 ( 4 )   235 - 238   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-013-0376-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10388-013-0376-6/fulltext.html

  • 進行食道癌における術前化学療法の現況 査読

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    癌と化学療法   40 ( 12 )   1612 - 1614   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    JCOG9907試験の報告以降、Stage II、IIIの進行食道癌では術前補助化学療法後根治手術の施行が標準治療となりつつある。一方で局所進行症例または多発リンパ節転移例には、より強力な補助療法が求められている。当科ではこのような高度進行食道癌症例に対して、cisplatinと5-FUの2剤に加えてdocetaxelを加えたDCF療法を選択的に施行している。2010年1月〜2012年12月の期間に、術前補助化学療法後に手術を施行した胸部食道癌症例が53例であった。化学療法のレジメンは基本的にはFP療法を行い、局所進行あるいはリンパ節転移多数例に対してDCF療法を行った。症例の内訳はFP群43例、DCF群7例で他症例は1、2コース目でレジメン変更した。grade 3以上の有害事象はFP群12/43(27.9%)例、DCF群7/7(100%)例。DCF群は好中球減少が必発だが、重篤な有害事象ではなかった。DCF群は1例を除き根治切除でき、有効な術前化学療法となり得ることが示唆された。(著者抄録)

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20131212480013&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2013%2F004012%2F013%2F1612-1614%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2013%2F004012%2F013%2F1612-1614%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • A novel synergistic effect of iron depletion on antiangiogenic cancer therapy. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Shinichi Urano, Shinichiro Watanabe, Seishi Nishitani, Yasuko Tomono, Fumiaki Kimura, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    International journal of cancer   132 ( 11 )   2705 - 13   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Iron is an essential element for both normal and cancer cells in humans. Treatment to reduce iron levels has been shown to suppress tumor growth in vivo. However, iron depletion monotherapy by iron decreased treatment has not been thought to be superior to ordinary chemotherapy and is not part of the standard therapeutic strategy for the treatment of cancer. Iron depletion is also known to reduce serum hemoglobin and oxygen supply to the tissue, which indicates that iron depletion may induce angiogenesis. Therefore, we hypothesized that iron depletion with antiangiogenic therapy can have a novel therapeutic effect in the treatment of cancer. Human nonsmall cell carcinoma cell lines A549 and H1299 were used in our study. An iron-deficient diet and an iron chelator were used to simulate an iron-depleted condition. The antitumor effects of iron depletion and antiangiogenic therapy were determined on A549 xenograft mice. The iron-depleted condition produced by an iron-deficient diet suppressed tumor growth. Tumor tissue from the iron-deficient diet group showed that cancer cell proliferation was suppressed and hypoxia was induced. Microvessel density of this group was increased which suggested that the iron-depleted condition induced angiogenesis. Bevacizumab administration had a synergetic effect on inhibiting the tumor growth on Day 39. An iron-depleted condition inhibited cancer cell proliferation and reciprocally induced angiogenesis. Bevacizumab synergistically enhanced the iron-depleted antitumor effect. Treatment to deplete iron levels combined with anti-angiogenic therapy could induce a novel therapeutic effect in the treatment of cancer.

    DOI: 10.1002/ijc.27943

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Antiproliferative effect of a novel mTOR inhibitor temsirolimus contributes to the prolonged survival of orthotopic esophageal cancer-bearing mice. 査読 国際誌

    Toshio Nishikawa, Munenori Takaoka, Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Huifang Hao, Xiaohong Bao, Takuya Fukazawa, Zhigang Wang, Kazufumi Sakurama, Yasuhiro Fujiwara, Takayuki Motoki, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Noriaki Tanaka, Toshiyoshi Fujiwara, Yoshio Naomoto

    Cancer biology & therapy   14 ( 3 )   230 - 6   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) remains one of the most aggressive cancers with poor prognosis regardless of a several reports that indicate a better therapeutic efficacy using some new chemotherapeutic agents. Recent drug development has contributed to an improved specificity to suppress mTOR activity by which many types of malignancies can be explosively progressed. Temsirolimus (CCI-779, TricelTM) is one of recently synthesized analogs of rapamycin and has provided better outcomes for patients with renal cell carcinoma. In this study, we experimentally evaluated an efficacy of targeting mTOR by temsirolimus for ESCC treatment, with an assessment of its survival advantage using an advanced ESCC animal model. First, we confirmed that the expression of phosphorylated mTOR was increased in 46 of 58 clinical ESCC tumor tissues (79.3%) and appeared to get strengthened with tumor progression. All of ESCC cell lines used in this study revealed an increase of mTOR phosphorylation, accompanied with the upregulation of hypoxia inducible factor-I α (HIF-1α), one of the critical effectors regulated by mTOR. Temsirolimus treatment apparently suppressed the activation of mTOR and its downstream effectors, resulting in the reduced ability of ESCC cell proliferation. Finally, the weekly administration of temsirolimus significantly diminished the size of subcutaneous tumors (vehicle, 3261.6 ± 722.0; temsirolimus, 599.2 ± 122.9; p = 0.007) in nude mice and effectively prolonged orthotopic esophageal cancer-bearing mice (median survival periods: control, 31 d; temsirolimus, 43 d; p = 0.0024). These data suggests that targeting mTOR by temsirolimus may become a therapeutic alternative for esophageal cancer, with a contribution to a better outcome.

    DOI: 10.4161/cbt.23294

    PubMed

    researchmap

  • Successfully treated pneumatosis cystoides intestinalis with pneumoperitoneum onset in a patient administered α-glucosidase inhibitor. 査読

    Tanabe S, Shirakawa Y, Takehara Y, Maeda N, Katsube R, Ohara T, Sakurama K, Noma K, Fujiwara T

    Acta medica Okayama   67 ( 2 )   123 - 8   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/49672

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 頭頸部表在癌のESDにおける工夫 招待

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    耳鼻咽喉科展望   55 ( 4 )   262 - 263   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:耳鼻咽喉科展望会  

    researchmap

  • 小細胞癌成分を含む食道癌肉腫の1切除例

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 柳井 広之, 山辻 知樹, 猶本 良夫, 藤原 俊義

    岡山医学会雑誌   124 ( 2 )   145 - 148   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岡山医学会  

    73歳男。58歳時、早期胃癌にて幽門側胃切除・Billroth I法再建を施行した。食餌摂取時のつかえ感を自覚し、上部消化管内視鏡検査で胸部食道に隆起性病変を認めた。上部消化管内視鏡検査では、上切歯列より33cmに後壁主体の5cm大の1型病変を認めた。腫瘍は食道内腔をほぼ占拠していた。原発巣の生検で、小細胞癌成分を伴った食道癌肉腫と診断した。肺小細胞癌に準じて、CDDP+VP-16を施行し、原発巣は著明に縮小した。化学療法を繰り返す治療のみでは、副作用にて治療の継続が困難になると判断し、初回治療開始後から約2ヵ月後に手術を施行した。切除術、再建術と二期的に分割して手術を施行後、術後療養ののち、退院した。さらなる術後助化学療法として術前と同様の化学療法を1コース施行したが、肺炎を発症し、1コースのみにて補助療法終了し、その後外来通院中である。現在のところ術後3年が経過しているが無再発生存中である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00175&link_issn=&doc_id=20120802150010&doc_link_id=10.4044%2Fjoma.124.145&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4044%2Fjoma.124.145&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Oral administration of FAK inhibitor TAE226 inhibits the progression of peritoneal dissemination of colorectal cancer. 査読 国際誌

    Hui-fang Hao, Munenori Takaoka, Xiao-hong Bao, Zhi-gang Wang, Yasuko Tomono, Kazufumi Sakurama, Toshiaki Ohara, Takuya Fukazawa, Tomoki Yamatsuji, Toshiyoshi Fujiwara, Yoshio Naomoto

    Biochemical and biophysical research communications   423 ( 4 )   744 - 9   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Peritoneal dissemination is one of the most terrible types of colorectal cancer progression. Focal adhesion kinase (FAK) plays a crucial role in the biological processes of cancer, such as cell attachment, migration, proliferation and survival, all of which are essential for the progression of peritoneal dissemination. Since we and other groups have reported that the inhibition of FAK activity exhibited a potent anticancer effect in several cancer models, we hypothesized that TAE226, a novel ATP-competitive tyrosine kinase inhibitor designed to target FAK, can prevent the occurrence and progression of peritoneal dissemination. In vitro, TAE226 greatly inhibited the proliferation and migration of HCT116 colon cancer cells, while their adhesion on the matrix surface was minimally inhibited when FAK activity and expression was suppressed by TAE226 and siRNA. In vivo, when HCT116 cells were intraperitoneally inoculated in mice, the cells could attach to the peritoneum and begin to grow within 24 h regardless of the pretreatment of cells with TAE226 or FAK-siRNA, suggesting that FAK is not essential, at least for the initial integrin-matrix contact. Interestingly, the treatment of mice before and after inoculation significantly suppressed cell attachment to the peritoneum. Furthermore, oral administration of TAE226 greatly reduced the size of disseminated tumors and prolonged survival in tumor-bearing mice. Taken together, a possible strategy for inhibiting peritoneal dissemination by targeting FAK with TAE226 appears to be applicable through anti-proliferative and anti-invasion/anti-migration mechanisms.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.06.030

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 下部胆管原発腺扁平上皮癌の1切除例 査読

    青木 秀樹, 金澤 卓, 藤原 裕子, 森廣 俊昭, 竹原 清人, 清田 正之, 大原 利章, 荒田 尚, 中川 仁志, 田中屋 宏爾, 竹内 仁司

    癌と化学療法   39 ( 1 )   131 - 133   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は83歳、女性。胆管癌に対して亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理報告は腺扁平上皮癌でpT3pN3M(-)、stage IVbであった。胆管腺扁平上皮癌は膵浸潤の頻度が高く、予後不良とされている。そのため高齢ではあるが、gemcitabineを用いた補助療法を行った。現在術後30ヵ月無再発生存中であり、補助療法の効果であると考えられた。(著者抄録)

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20120125290028&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2012%2F003901%2F029%2F0131-0133%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2012%2F003901%2F029%2F0131-0133%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 冠動脈バイパス術後横隔膜ヘルニアの1例 査読

    大原 利章, 竹原 清人, 中西 将元, 田中屋 宏爾, 青木 秀樹, 竹内 仁司

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 9 )   2257 - 2260   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は81歳,男性.2日前から続く発熱,心窩部痛を主訴に近医より紹介受診となった.既往歴として8ヵ月前にオフポンプ冠動脈バイパス手術(3枝)を受けていた.胸部レントゲン検査では心陰影に重なり,ニボー像が認められた.CT検査では胸骨右背側の横隔膜を穿破して心嚢内に腸管の脱出が認められた.横隔膜ヘルニアと考えられ,手術目的に入院となった.開腹すると肝前面に横行結腸を認め,大網と合わせて横隔膜内への陥入が認められた.横行結腸を用手的に引き戻し,大網は心嚢内で心臓と癒着していたため切離し,半吸収性メッシュにてヘルニア門を修復した.半吸収性メッシュは臓器癒着を予防し,収縮率が低いとされ,腹壁瘢痕ヘルニアでは有用性が報告されている.横隔膜ヘルニアの修復に半吸収性メッシュを用いた本邦報告例はない.冠動脈バイパス手術後の横隔膜ヘルニアは,胃大網動脈をグラフト血管として用いた場合は報告されているが,その他のグラフト血管での報告は極めて稀である.冠動脈バイパス手術後には,グラフトの種類に関わらず横隔膜ヘルニアが起こる可能性を念頭に置くことが肝要と考えられた.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20111004220014&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.72.2257&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.72.2257&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Inhibition of mTOR by temsirolimus contributes to prolonged survival of mice with pleural dissemination of non-small-cell lung cancer cells. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Munenori Takaoka, Shinichi Toyooka, Yasuko Tomono, Toshio Nishikawa, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Noriaki Tanaka, Toshiyoshi Fujiwara, Yoshio Naomoto

    Cancer science   102 ( 7 )   1344 - 9   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Temsirolimus (CCI-779), a recently synthesized analogue of rapamycin, specifically inhibits mTOR and has been approved for clinical use in renal cell carcinoma. Recent reports have indicated the growth inhibitory effect of temsirolimus in some cancers including non-small-cell lung carcinoma (NSCLC). In this study, we aimed to explore the potential therapeutic use of temsirolimus as a treatment for NSCLC. Using cultured NSCLC cells (A549, H1299, and H358), we determined the effect of temsirolimus on cell proliferation and its antitumor effects on subcutaneous tumors, as well as its contribution to the survival of mice having pleural dissemination of cancer cells, mimicking advanced NSCLC. Temsirolimus suppressed proliferation of NSCLC cells in a dose-dependent manner, with an IC(50) of <1 nM. Western blot analysis revealed that temsirolimus treatment specifically inhibited the phosphorylation of mTOR and its downstream effectors in 1 h, accompanied by an increased cell population in the G(0) /G(1) phase, but according to flow cytometry, the cell population did not increase in the sub-G(0) phase. When NSCLC subcutaneous tumor-bearing mice were treated with temsirolimus, tumor volume was significantly reduced (tumor volume on day 35: vehicle vs temsirolimus = 1239 vs 698 cm(3) ; P < 0.05). Furthermore, prolonged survival was observed in pleural disseminated tumor-bearing mice with temsirolimus treatment (median survival: vehicle vs temsirolimus = 53.5 vs 72.5 days; P < 0.05). These results suggest that temsirolimus could be useful for NSCLC treatment, due to its antiproliferative effect, and could be a potential treatment for advanced NSCLC, giving prolonged survival.

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2011.01967.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 魚骨肝穿破による胃壁,肝,横隔膜下膿瘍の1例 査読

    大原 利章, 青木 秀樹, 中西 将元, 清田 正之, 田中屋 宏爾, 竹内 仁司

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 6 )   1611 - 1615   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は81歳,男性.食欲不振,39.3度の発熱を認めたため当院救急外来を受診した.CT検査にて胃壁,肝,横隔膜下に膿瘍と考えられる低吸収域と内部を貫通して魚骨と考えられる線状の石灰化陰影が認められた.上部消化管内視鏡検査では,胃角部小彎側に粘膜下病変を認め,魚骨の刺入部と考えられたため,生検用鉗子にて粘膜を開窓したところ,内部より膿汁の流出が認められた.入院後第3病日に再度,上部消化管内視鏡検査を施行し,魚骨の摘出を試みたが見当たらず,内視鏡的な摘出を断念し,第5病日手術を施行した.横隔膜下の膿瘍を開窓すると,内部に肝臓を穿破した魚骨を認めた.魚骨を摘出し,肝内異物除去術および腹腔内洗浄ドレナージ術を施行した.摘出された魚骨は長さが5.2cmであり,鯖の骨と考えられた.魚骨が肝臓を穿破して横隔膜下に膿瘍を作った報告はわれわれが検索した範囲では,文献的に英文も含め自験例のみであった.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20110706200055&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.72.1611&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.72.1611&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • The establishment of a new mouse model with orthotopic esophageal cancer showing the esophageal stricture. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Munenori Takaoka, Kazufumi Sakurama, Kaori Nagaishi, Haruo Takeda, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Takeshi Nagasaka, Junji Matsuoka, Noriaki Tanaka, Yoshio Naomoto

    Cancer letters   293 ( 2 )   207 - 12   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    We established a promising new experimental animal model with an orthotopic xenograft of esophageal cancer that successfully represents poor oral intake, a major clinical feature of esophageal cancer. The advantage of this model is that no surgical technique is required, only the injection of a cell suspension by a needle and syringe via the esophageal lumen from the mouth, which provides a high reproducibility of tumor implantation and a rapid progress of outcome. We propose that this model is useful to study cancer-related outcomes and for developing new therapies for esophageal cancer, and we expect it to make a contribution to clinical practice.

    DOI: 10.1016/j.canlet.2010.01.017

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 手術回数を反映したバスキュラーアクセス開存の指標 平均無手術期間について 査読

    宮崎 雅史, 岡 良成, 高津 成子, 宇野 太, 大原 利章, 近藤 喜太, 丸山 昌伸, 松田 浩明

    腎と透析   69 ( 別冊 アクセス2010 )   158 - 160   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    20年間に透析治療を行った609例を対象に、バスキュラーアクセス開存の指標として無手術期間を検討した。無手術期間は、観察期間内の全アクセス関連手術施行回数に1を加えた数字で観察期間を除した値とした。609例中477例は何らかのアクセス関連手術を行っており、手術総数は905件であった。内訳は内シャント造設術540件、人工血管移植術154件、シャント修復術211件(自家血管51件・人工血管160件)、PTA 14件で、手術回数10回以上は8例であった。現在透析中の患者199例のうち、観察期間5年以上の102例は平均観察期間13.42年、手術回数2.70回、無手術期間7.95年、観察期間5年未満の97例はそれぞれ2.62年、1.14回、2.04年であった。また、観察期間20年の32例では平均手術回数2.91回、無手術期間9.05年で、5年以上観察を行った275例の最終5年間での平均手術回数は0.81回、無手術期間3.80年であった。5年累積二次開存率は自家血管56.9%、人工血管45.6%であった。

    researchmap

  • RAD001 offers a therapeutic intervention through inhibition of mTOR as a potential strategy for esophageal cancer. 査読 国際誌

    Zhi Gang Wang, Takuya Fukazawa, Toshio Nishikawa, Nobuyuki Watanabe, Kazufumi Sakurama, Takayuki Motoki, Shinji Hatakeyama, Osamu Omori, Toshiaki Ohara, Shunsuke Tanabe, Yasuhiro Fujiwara, Munenori Takaoka, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Noriaki Tanaka, Yoshio Naomoto

    Oncology reports   23 ( 4 )   1167 - 72   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Esophageal cancer is one of the most frequently occurring cancers in the world. Targeting therapy strategy of cancer with specific inhibitors is developing and has showed promising antitumor efficacy. It is known that mTOR is an important controller of cell growth. RAD001 (everolimus) is a specific inhibitor of mTOR that can block the mTOR signaling pathway. The purposes of this study was to explore the inhibitory effects of RAD001 on mTOR signaling and the mechanism of cell growth suppression by RAD001. We examined both the expression of mTOR, p70S6K and S6 in SEG-1 esophageal cancer cells and KOB-13 normal esophageal epithelial cells and the efficacy of RAD001 against SEG-1 esophageal cancer cells. mTOR, p70S6K and S6 were overexpressed in SEG-1 esophageal cancer cells compared with KOB-13 normal esophageal epithelial cells. SEG-1 esophageal cancer cells were sensitive to RAD001. The survival rate of the cells treated with RAD001 over 0.33 microM was significantly different compared with that of control (P<0.01). RAD001 inhibited the phosphorylation of mTOR (Ser2448) and S6 (Ser240/244) in different grades and the expressions of mTOR, p70S6K and S6. As a result, RAD001 induced a dose-dependent decrease in cell proliferation, G1/S arrest and damage of cell shape. Taken together, these data showed that RAD001 can inhibit mTOR signaling and proliferation in SEG-1 esophageal cancer cells in vitro. It offers a therapeutic intervention through inhibition of mTOR as a potential strategy for esophageal cancer.

    DOI: 10.3892/or_00000747

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Dual tyrosine kinase inhibitor for focal adhesion kinase and insulin-like growth factor-I receptor (TAE226) leads to apoptosis in esophageal cancer by inhibiting AKT-mTOR survival signaling 査読

    Huifang Hao, Zhigang Wang, Xiaohong Bao, Nobuyuki Watanabe, Kazufumi Sakurama, Yasuko Tomono, Takuya Fukazawa, Shinji Hatakeyama, Osamu Omori, Seishi Nishitani, Toshiaki Ohara, Munenori Takaoka, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Junji Matsuoka, Masakiyo Sakaguchi, Noriaki Tanaka, Yoshio Naomoto

    CANCER RESEARCH   69   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • 活動性SLEを伴う進行食道癌の一例 根治切除後4年間無再発生存例の検討 招待

    元木 崇之, 猶本 良夫, 藤原 康宏, 白川 靖博, 山辻 知樹, 高岡 宗徳, 田邊 俊介, 大原 利章, 松岡 順治, 田中 紀章

    外科治療   100 ( 3 )   315 - 318   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:(株)永井書店  

    42歳女。下腿の浮腫、全身倦怠感、嚥下困難、38℃をこえる発熱で近医を受診し、Systemic lupus Erythematosus(SLE)と診断された。上部消化管内視鏡で下部食道から胃噴門部に2型病変を認め、生検より食道扁平上皮癌と診断され当院入院となった。貧血、血小板数低下と低アルブミン血症を認め、上部消化管内視鏡で右壁中心に胃噴門部へ浸潤する高い隆起性病変を認め、腹部造影CTで#7リンパ節の腫大、胸腹水、脾腫を認めた。以上よりEsophageal cancer、AeG Type2、T3N2M0 StageIIIと術前診断した。SLEは強い活動性を示したためSLEの治療を先行し、ステロイドパルス療法とPSL維持療法により術前準備を行った。縫合不全の合併症のリスクを考慮して分割手術として開腹・頸部・経横隔膜操作による食道・胃噴門部切除、胃管皮下経路再建(未吻合)・胆嚢摘出術を行い、術後10ヵ月目に食道・胃管吻合を施行した。初回術後の大量の胸水に対して、胸腔腹腔間にデンバーシャントを留置して胸水の減量と胸水に含まれ漏出した蛋白の腹腔内での再吸収により血中の蛋白濃度が改善できた。I期目手術後4年経過した現在、再発もなく社会復帰した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00396&link_issn=&doc_id=20090309180019&doc_link_id=%2Faf2gktye%2F2009%2F010003%2F019%2F0315-0318%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faf2gktye%2F2009%2F010003%2F019%2F0315-0318%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Establishment of a lymph node metastasis model from subcutaneous tumors of gastrointestinal stromal tumor model cells. 査読 国際誌

    Kazufumi Sakurama, Yoshio Naomoto, Toshiaki Ohara, Nobuyuki Watanabe, Munenori Takaoka, Hitoshi Nagatsuka, Yasuko Tomono, Toru Tanida, Kazuhiro Noma, Shunsuke Tanabe, Yasuhiro Fujiwara, Takayuki Motoki, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Seiichi Hirota, Takahiro Taguchi, Noriaki Tanaka

    Oncology reports   21 ( 2 )   407 - 11   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There is currently no suitable animal model of metastasis using cultured human gastrointestinal stromal tumor cells even though the molecular mechanisms of c-KIT-mediated progression and metastasis should be clarified. Ba/F3 murine lymphocyte cells transduced with mutant c-KIT have been utilized to analyze some molecular mechanisms related to a constitutively activated c-KIT signaling and to assess the efficacy of molecular-targeted inhibitors. Using this cellular system, we coincidentally discovered the development of axillary and inguinal lymph node swelling three weeks after subcutaneous injection of Ba/F3 cells with c-KIT mutation into nude mice. Mutation-specific PCR detected c-KIT mutation in the swollen lymph nodes but not in unmetastasized normal lymph nodes, indicating that the lymph nodes contain tumor cells which should come from a primary subcutaneous tumor. Microscopic observation revealed tumor cells infiltrating through lymphatic follicles with Ki-67-positive staining to distinguish them from lymphocytes. The significance of this model is helpful to understand the molecular mechanisms of c-KIT-mediated metastasis and is useful for assessments of molecular therapeutics and in vivo imaging.

    PubMed

    researchmap

  • Sirolimus ameliorated post lung transplant chylothorax in lymphangioleiomyomatosis. 査読 国際誌

    Toshiaki Ohara, Takahiro Oto, Kentaro Miyoshi, Hiroyuki Tao, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka, Megumi Okazaki, Hiroshi Date, Yoshifumi Sano

    The Annals of thoracic surgery   86 ( 6 )   e7-8 - 8   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a successful case of sirolimus treatment for chylous pleural and peritoneal effusions of lymphangioleiomyomatosis after lung transplantation. A 32-year-old woman underwent living donor lung transplantation. Persistent chylous pleural and peritoneal effusions were seen postoperatively. Pleurodesis by intrathoracic injection of OK-432, minomycin, and somatostatine analog failed to control chylous effusions. However, sirolimus treatment reduced the amount of chylous drainage and improved both chylous pleural and peritoneal effusions.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2008.07.062

    PubMed

    researchmap

  • TAE226, a dual inhibitor for FAK and IGF-IR, has inhibitory effects on mTOR signaling in esophageal cancer cells. 査読 国際誌

    Zhi Gang Wang, Takuya Fukazawa, Toshio Nishikawa, Nobuyuki Watanabe, Kazufumi Sakurama, Takayuki Motoki, Munenori Takaoka, Shinji Hatakeyama, Osamu Omori, Toshiaki Ohara, Shunsuke Tanabe, Yasuhiro Fujiwara, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Noriaki Tanaka, Yoshio Naomoto

    Oncology reports   20 ( 6 )   1473 - 7   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Esophageal cancer is one of the most aggressive cancers in the world. Novel preventive and therapeutic strategies tend to target the key molecules involved in the signaling transduction pathways for cell growth. It is known that FAK and mTOR are important controllers of cell growth. TAE226, a novel small molecule compound, is a potent ATP competitive inhibitor of FAK and IGF-IR. TAE226 can block FAK and IGF-IR signaling pathways. The purpose of this study was to explore the inhibitory effects on mTOR signaling and the mechanism of cell growth suppression by TAE226. We examined the expression of mTOR and S6 in esophageal cancer cells (SEG-1) and normal esophageal epithelial cells (KOB-13) and the efficacy of TAE226 against SEG-1 cells. mTOR and S6 were overexpressed in SEG-1 cells compared with KOB-13 cells. TAE226 inhibited the expression of mTOR, Akt, p70S6K and S6 as well as the phosphorylation of mTOR (Ser2448), Akt (Ser473), p70S6K (Thr389) and S6 (Ser240/244). As a result, TAE226 induced a dose-dependent decrease in cell growth (number) and damage in the cell shape. Together, these data show that TAE226 has potent inhibitory effects on mTOR signaling and esophageal cancer cell growth indicating that TAE226 has potential application in esophageal cancer treatment.

    PubMed

    researchmap

  • 骨シンチグラフィーで腫瘍に骨外集積を認めた肺原発多形癌の1例 査読

    大原 利章, 木村 幸男

    肺癌   47 ( 4 )   333 - 336   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    背景。肺原発多形癌は稀な腫瘍であり、術前診断は困難なことが多い。症例。67歳女性。左下胸部痛あり近医受診し、翌日精査加療目的にて当院へ紹介となった。胸部CTにて左下葉に径5.5cm大の腫瘤を認め、左下葉肺癌cT2N0M0の疑いにて手術を施行した。術中針生検による迅速病理診断では腺癌の診断であり、左下葉切除とリンパ節郭清を施行した。術後病理診断にて多形癌と診断された。なお、本症例では術前骨シンチグラフィーにて、腫瘍に一致して骨外集積が認められた。結論。骨シンチグラフィーにて腫瘍に一致した骨外集積を伴う肺多形癌の1例を経験した。肺多形癌と骨シンチグラフィー骨外集積との関係を解明していくことが必要と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J01244&link_issn=&doc_id=20070913160005&doc_link_id=%2Fec7jaluc%2F2007%2F004704%2F005%2F0333-0336%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fec7jaluc%2F2007%2F004704%2F005%2F0333-0336%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 食道癌術後の胸壁前再建胃管に発生した難治性穿通性潰瘍の1治験例 査読

    大原 利章, 津村 眞, 内海 方嗣, 山崎 泰源, 國土 泰孝, 村岡 篤, 立本 昭彦, 香川 茂雄, 鶴野 正基

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 3 )   289 - 293   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は66歳の男性で,胸部食道癌に対し食道亜全摘胸壁前胃管再建術を行い,外来通院中,再建胃管前面に発赤を伴う胃管皮膚瘻を形成した.抗潰瘍療法を行うも増悪し,局麻下に胃管部分切除術を施行した.以後,2回の再発を認め原因精査を行った.再度の問診にて,肩関節周囲炎でのNSAID,ステロイドの長期投与が判明し,誘因と考えられた.Zollinger-Ellison症候群の可能性も考え,セクレチン負荷テストを行った.血中ガストリン値は1,210〜1,620pg/mlと持続高値で,paradoxical responseは認められず否定的であった.血中ガストリン値は本邦報告例に比べて著しく高く,原因を検索した.血中壁細胞抗体検査は陰性で,Helicobacter pyloriとの関連は,抗体測定法で血中,尿中は陽性だが,切除標本からは菌は検出されず,原因は不明であった.今後は食道癌術後長期生存に伴い,胃管潰瘍防止のために患者教育の必要性が示唆された(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J01117&link_issn=&doc_id=20060314040003&doc_link_id=10.5833%2Fjjgs.39.289&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5833%2Fjjgs.39.289&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 腸膀胱瘻の臨床病理学的検討 査読

    大原 利章, 田中屋 宏爾, 小山 裕, 黒田 新士, 谷口 信將, 大橋 勝久, 荒田 尚, 武田 晃, 安井 義政, 竹内 仁司

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   1241 - 1241   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 虫垂原発悪性腫瘍におけるカルチノイドの臨床的特徴 査読

    田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 荒田 尚, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信将, 小山 裕, 徳田 貴則

    日本大腸肛門病学会雑誌   58 ( 6 )   374 - 374   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 当院における肝癌に対する肝切除術症例の検討

    國土 泰孝, 香川 茂雄, 渡辺 信之, 内海 方嗣, 大原 利章, 村岡 篤, 立本 昭彦, 曽根 良幸, 津村 眞, 鶴野 正基, 吉永 浩明, 影山 淳一, 児島 完治

    香川労災病院雑誌   ( 9 )   15 - 19   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:香川労災病院  

    10年間に肝切除を施行した肝癌症例89例(肝細胞癌59例,胆管細胞癌3例,混合型肝癌1例,転移性肝癌26例)について検討した.手術時間342±116分,出血量320±ml,胃管抜去日2.3±2.3日,胸腔ドレーン抜去日5.0±2.3日,腹腔ドレーン抜去日10±5.5日,経口摂取開始日5.7±2.8日,点滴終了日18.6±6.5日,ガーゼ交換終了日23.9±8.6日,術後在院日数34.8±13.8日であった.術後合併症は89例中38例に認められ,創感染,難治性腹水,術後腎機能障害,黄疸等であった.術後死亡,在院死は0例であった.肝細胞癌の術後5年生存率は64%,無再発生存率は53%であった.また,肝炎マーカー別5年生存率は,肝炎マーカー陰性例では80%,HBs抗原陽性例では70%,HCV抗体陽性例では56%であった.転移性肝癌の術後5年生存率は,同時性では21%,異時性では66%で,有意に異時肝転移の生存率が良好であった

    researchmap

  • 術前診断し得た腸石を有するメッケル憩室炎の一例 査読

    國土 泰孝, 大原 利章, 渡辺 信之, 池田 義博, 村岡 篤, 曽根 良幸, 立本 昭彦, 香川 茂雄, 津村 眞, 鶴野 正基

    日本消化器外科学会雑誌   36 ( 7 )   1020 - 1020   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Drug repositioningによる新規がん治療の開発に向けて がん関連線維芽細胞由来IL-6の作用と制御

    國友 知義, 野間 和広, 西脇 紀之, 河崎 健人, 小林 照貴, 菊地 覚次, 大原 利章, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   80回   [J13 - 3]   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • これからのハイパーサーミアに向けた研究のトピックス 同所性ヌードマウスモデルにおける腹膜播種に対する磁性体ナノ粒子を用いた温熱療法

    松三 雄騎, 香川 哲也, 矢野 修也, 田澤 大, 重安 邦俊, 武田 正, 大原 利章, 青野 宏通, Hoffman Robert M., 藤原 俊義, 岸本 浩行

    Thermal Medicine   37 ( Suppl. )   S7 - 2   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ハイパーサーミア学会  

    researchmap

  • 透析医療とartificial intelligence 専門医の思考を学ぶAI投薬支援システムの開発 査読

    大原 利章

    日本透析医学会雑誌   54 ( Suppl.1 )   268 - 268   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本透析医学会  

    researchmap

  • 腫瘍環境のSpred2欠損は4T1乳がん細胞の増殖と転移を抑制する(Spred2 deficiency in cancer microenvironment inhibits progression of 4T1 breast cancer cells in mice)

    Tian Miao, 吉村 禎造, 李 春寧, 大原 利章, 藤澤 真義, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   324 - 324   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • Spred2はHCCで幹細胞性をmiR-506-3pによって一部負に抑制する(Spred2 down-regulates stemness in HCC partly through targeting miR-506-3p)

    高 桐, 藤澤 真義, Aye Moh Moh Aung, 大原 利章, 吉村 禎造, 王 天一, 伊藤 佐智夫, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   225 - 225   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • HCC細胞のオートファジーにおけるSpred2の役割とERK活性化との関係(Role of Spred2 in autophagy in HCC cells and its relation to ERK activation)

    王 天一, 藤澤 真義, 大原 利章, 吉村 禎造, 高 桐, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   314 - 314   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞に対する鉄キレート剤の効果(Effects of Iron Chelators on Cancer-associated Fibroblasts)

    王 宇沢, 大原 利章, 李 春寧, 田 ミャオ, 小槙 志保, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   324 - 324   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 異なる亜集団の腫瘍細胞から放出されたエクソソームWnt7aによリ4T1細胞の転移は促進される(4T1 cells promote tumor metastasis by exosomal Wnt7a released from distinct subpopulations)

    李 春寧, 大原 利章, 藤澤 真義, 阪口 政清, 山本 健一, 田 ミャオ, 王 宇沢, 吉村 禎造, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   110 ( 1 )   231 - 231   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • がん関連線維芽細胞由来IL-6制御による免疫応答の効率化バイオマーカーとしてのIL-6の可能性

    西脇 紀之, 野間 和広, 大原 利章, 河崎 健人, 赤井 正明, 小林 照貴, 加藤 卓也, 前田 直見, 菊地 覚次, 田辺 俊介, 田澤 大, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   36   32 - 33   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本分子腫瘍マーカー研究会  

    researchmap

  • 血管造影室での転落事故防止するにはどうすればよいか~転落防止機能付きレントゲン透過手術板開発を通して考える~

    櫻間教文, 平松聡, 大原利章

    医工学治療   33 ( Supplement )   2021年

     詳細を見る

  • 病理解剖にて判明した肛門管部原発の悪性黒色腫の1例

    杉原悟, 藤井江利子, 中井友美, 野村隼人, 山崎修, 森実真, 大原利章, 眞部恵子, 守山喬史

    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   37th   2021年

     詳細を見る

  • フェルカルボトランを用いた胃癌腹膜播種に対する磁気温熱療法

    松三 雄騎, 岸本 浩行, 香川 哲也, 矢野 修也, 重安 邦俊, 岡林 弘樹, 大原 利章, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   75回   P077 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • フェルカルボトランを用いた胃癌腹膜播種に対する磁気温熱療法

    松三 雄騎, 岸本 浩行, 香川 哲也, 矢野 修也, 重安 邦俊, 岡林 弘樹, 大原 利章, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   75回   P077 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞を標的とした光免疫療法の新たな開発

    小林 照貴, 野間 和広, 河崎 健人, 赤井 正明, 西脇 紀之, 大原 利章, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   79回   OJ12 - 3   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 胃癌サブタイプと癌関連線維芽細胞の相互作用

    李 云成, 田澤 大, 野間 和広, 大原 利章, 黒田 新士, 菊地 覚次, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   79回   OE14 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 大腸癌化学放射線療法で活性化されるRNA編集によるネオアンチゲンの人工的生成

    小松 泰浩, 重安 邦俊, 武田 正, 高橋 一剛, 畑 七々子, 吉田 一博, 矢野 修也, 大原 利章, 野間 和広, 楳田 祐三, 黒田 新士, 近藤 喜太, 寺石 文則, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   79回   OE9 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞由来IL-6制御による免疫応答の効率化 "Drug repositioning"による癌治療の可能性

    西脇 紀之, 野間 和広, 大原 利章, 小林 照貴, 菊地 覚次, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   79回   OE12 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 胃癌サブタイプと癌関連線維芽細胞の相互作用

    李云成, 田澤大, 野間和広, 大原利章, 黒田新士, 黒田新士, 菊地覚次, 菊地覚次, 香川俊輔, 香川俊輔, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   79回   OE14 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞を標的とした光免疫療法の新たな開発

    小林照貴, 野間和広, 河崎健人, 赤井正明, 西脇紀之, 大原利章, 田澤大, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   79回   OJ12 - 3   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大腸癌化学放射線療法で活性化されるRNA編集によるネオアンチゲンの人工的生成

    小松泰浩, 重安邦俊, 重安邦俊, 武田正, 高橋一剛, 畑七々子, 吉田一博, 矢野修也, 矢野修也, 大原利章, 野間和広, 楳田祐三, 黒田新士, 黒田新士, 近藤喜太, 寺石文則, 寺石文則, 田澤大, 香川俊輔, 香川俊輔, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   79回   OE9 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞由来IL-6制御による免疫応答の効率化-“Drug repositioning“による癌治療の可能性-

    西脇紀之, 野間和広, 大原利章, 小林照貴, 菊地覚次, 菊地覚次, 田澤大, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   79回   OE12 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がん関連線維芽細胞由来IL-6制御による免疫応答の効率化バイオマーカーとしてのIL-6の可能性

    西脇 紀之, 野間 和広, 大原 利章, 河崎 健人, 赤井 正明, 小林 照貴, 加藤 卓也, 前田 直見, 菊地 覚次, 田辺 俊介, 田澤 大, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   40回   72 - 73   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本分子腫瘍マーカー研究会  

    researchmap

  • 癌微小環境が引き起こす腫瘍免疫抑制の解明 "Drug repositioning"による免疫応答賦活化の可能性

    西脇 紀之, 野間 和広, 赤井 正明, 小林 照貴, 鳴坂 徹, 河本 慧, 加藤 卓也, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 田澤 大, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Fibroblast activation protein-α(FAP)を標的とした癌関連線維芽細胞(CAFs)に対する光免疫療法 Sunrise of targeting tumor microenvironment therapy

    小林 照貴, 野間 和広, 赤井 正明, 西脇 紀之, 鳴坂 徹, 河本 慧, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 田澤 大, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新世代の外科医の苦悩と挑戦

    西脇紀之, 野間和広, 赤井正明, 小林照貴, 鳴坂徹, 河本慧, 大原利章, 田澤大, 藤原俊義

    日本外科学会定期学術集会(Web)   120th   2020年

     詳細を見る

  • 膵癌におけるFNA検体と切除検体とのPD-L1発現の検討

    松本 和幸, 高木 章乃夫, 大原 利章, 藤澤 真義, 高原 政宏, 加藤 博也, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁, 松川 昭博, 岡田 裕之

    日本消化器病学会雑誌   116 ( 臨増大会 )   A826 - A826   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 膵癌におけるFNA検体と切除検体とのPD-L1発現の検討

    松本 和幸, 高木 章乃夫, 大原 利章, 藤澤 真義, 高原 政宏, 加藤 博也, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 八木 孝仁, 松川 昭博, 岡田 裕之

    日本消化器病学会雑誌   116 ( 臨増大会 )   A826 - A826   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • がん関連線維芽細胞(CAFs)による腫瘍免疫抑制のメカニズムについて

    西脇紀之, 野間和広, 小林照貴, 鳴坂徹, 河本慧, 加藤卓也, 大原利章, 大原利章, 田澤大, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   78回   P - 3083   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鉄キレート剤による幹細胞性制御による新規食道癌治療法(Stemness control by iron chelator is a novel therapeutic strategy for esophageal cancer treatment)

    鳴坂 徹, 大原 利章, 桂 佑貴, 野間 和広, 西脇 紀之, 河本 慧, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   78回   P - 1077   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 化学放射線療法は線維芽細胞の活性化を介して食道癌細胞の悪性度を向上させる(Chemoradiotherapy promotes malignancy of cancer cells via activating fibroblasts in esophageal squamous cell carcinomas)

    河本 慧, 野間 和広, 小林 照貴, 西脇 紀之, 鳴坂 徹, 大原 利章, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   78回   E - 1038   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 食道癌の幹細胞性を制御する鉄キレート療法の開発(Stemness control by iron chelator can be a novel therapeutic strategy for esophageal cancer)

    大原 利章, 鳴坂 徹, Xing Boyi, Chen Yuehua, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   318 - 318   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • HepG2細胞におけるSpred2遺伝子の不活化はERK経路を活性化して細胞増殖、移動および浸潤を促進する(Spred2 deletion accelerates growth, migration and invasion in HepG2 cells by activating ERK pathway)

    高 桐, 楊 旭, 藤澤 真義, 大原 利章, 吉村 禎造, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   382 - 382   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • Spred2はINF gamma生産を調節することによりマウスのConA誘発肝障害を予防する(Spred2 protects mice from ConA-induced liver injury by regulating IFN gamma production)

    孫 翠明, 藤澤 真義, 大原 利章, 吉村 禎造, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   382 - 382   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 異なる細胞亜集団に由来するエキソソームによって癌の進行が制御される可能性(Cancer progression can be regulated by exosomes from distinct cell subpopulation)

    李 春寧, 田 ミョウ, 大原 利章, 藤澤 真義, 吉村 禎造, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   394 - 394   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • がん関連線維芽細胞(CAFs)による腫瘍免疫抑制のメカニズムについて

    西脇紀之, 野間和広, 小林照貴, 鳴坂徹, 河本慧, 大原利章, 田澤大, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   78th   P - 3083   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 化学放射線療法は線維芽細胞の活性化を介して食道癌細胞の悪性度を向上させる

    河本慧, 野間和広, 小林照貴, 西脇紀之, 鳴坂徹, 大原利章, 田澤大, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   78th   E - 1038   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鉄キレート剤による幹細胞性制御による新規食道癌治療法

    鳴坂徹, 大原利章, 桂佑貴, 野間和広, 西脇紀之, 河本慧, 田澤大, 香川俊輔, 藤原俊義

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)   78th   P - 1077   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膵癌におけるFNA検体と切除検体とのPD-L1発現の検討

    松本和幸, 高木章乃夫, 大原利章, 藤澤真義, 高原政宏, 加藤博也, 吉田龍一, 楳田祐三, 八木孝仁, 松川昭博, 岡田裕之

    日本消化器病学会雑誌(Web)   116   2019年

     詳細を見る

  • 鉄キレート剤の幹細胞性制御による新規癌治療法(Stemness control by iron chelator is a novel strategy for cancer treatment)

    大原 利章, 桂 佑貴, 野間 和広, 鳴坂 徹, 佐藤 浩明, 河本 慧, 加藤 卓也, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   77回   2318 - 2318   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 消化管がん治療の新展開 食道癌におけるがん細胞及びがん関連線維芽細胞に対するDual-targeting Photoimmunotherapy(Developments in gastrointestinal cancer treatments Dual-targeting Photoimmunotherapy for esophageal cancer and cancer-associated fibroblasts in tumor microenvironment)

    佐藤 浩明, 野間 和広, 鳴坂 徹, 河本 慧, 大原 利章, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   77回   96 - 96   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 炎症性微小環境-大腸がんクロストークにおけるEMTイメージング(Visualization of epithelial-mesenchymal transition in inflammatory microenvironment-colorectal cancer crosstalk)

    田澤 大, 家田 偉史, 矢野 修也, 重安 邦俊, 黒田 新士, 大原 利章, 野間 和広, 岸本 浩行, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 斎藤 卓, 今村 健志, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   77回   1204 - 1204   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞が放出するIL-6が腫瘍内に浸潤するCD8+ならびにFoxP3+T細胞に影響を与える(Cancer-associated fibroblasts affect the intra-tumoral infiltration of CD8+ and FoxP3+ T cells via IL-6)

    加藤 卓也, 野間 和広, 佐藤 浩明, 河本 慧, 大原 利章, 田澤 大, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   77回   1860 - 1860   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞が引き起こす腫瘍免疫抑制の解明 腫瘍浸潤リンパ球とIL-6と代謝の観点から

    加藤 卓也, 野間 和広, 賀島 肇, 桂 佑貴, 佐藤 浩明, 河本 慧, 二宮 卓之, 大原 利章, 田澤 大, 白川 靖博, 稲垣 優, 岩垣 博巳, 藤原 俊義

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   22回   95 - 95   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

    researchmap

  • 除鉄による癌幹細胞の幹細胞性マーカーと機能は制御される(Iron depletion suppress the stemness markers and functions of cancer stem cells)

    大原 利章, Sun Yingfu, 友野 靖子, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   299 - 299   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • Spred2欠損は内臓脂肪織炎、インスリン抵抗性を増悪させる

    大倉 隆宏, 丸谷 梨栄, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 大原 利章, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   347 - 347   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • spred-2は肝傷害を保護する(Spred-2 protects mice from ConA-induced liver injury)

    孫 翠明, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 大原 利章, 楊 旭

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   368 - 368   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 除鉄による癌幹細胞の幹細胞性マーカーと機能は制御される(Iron depletion suppress the stemness markers and functions of cancer stem cells)

    大原 利章, Sun Yingfu, 友野 靖子, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   299 - 299   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • spred-2は肝傷害を保護する(Spred-2 protects mice from ConA-induced liver injury)

    孫 翠明, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 大原 利章, 楊 旭

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   368 - 368   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • Spred2欠損は内臓脂肪織炎,インスリン抵抗性を増悪させる

    大倉隆宏, 丸谷梨栄, 丸谷梨栄, 吉村禎造, 藤澤真義, 大原利章, 松川昭博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   347 - 347   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌におけるがん細胞及びがん関連線維芽細胞に対するDual-targeting Photoimmunotherapy

    佐藤浩明, 野間和宏, 鳴坂徹, 河本慧, 大原利章, 田澤大, 白川靖博, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   29th   2018年

     詳細を見る

  • 鉄キレート剤の幹細胞性制御による新規癌治療法の確立

    大原利章, 大原利章, 桂佑貴, 野間和広, 鳴坂徹, 二宮卓之, 友野靖子, 田澤大, 香川俊輔, 白川靖博, 松川昭博, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   29th   2018年

     詳細を見る

  • 正確なカフ型カテーテル留置を可能にした血液透析カテーテル挿入補助器具Dot Marker開発

    櫻間教文, 平松聡, 大原利章

    日本アクセス研究会学術集会・総会プログラム・抄録集   22nd   2018年

     詳細を見る

  • 除鉄による幹細胞性制御による新規食道癌治療法の開発

    鳴坂徹, 桂佑貴, 木村文昭, 大原利章, 大原利章

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   42nd   2018年

     詳細を見る

  • Spred-2 protects mice from ConA-induced liver injury

    Cuiming Sun, Teizo Yoshimura, Masatoshi Fujisawa, Toshiaki Ohara, Xu Yang, Akihiro Matsukawa

    CYTOKINE   100   120 - 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Spred-2 deficiency exacerbates lipopolysaccharide (LPS)/D-galactosamine (D-GalN) induced acute liver injury

    Yang Xu, Teizo Yoshimura, Masayoshi Fujisawa, Toshiaki Ohara, Cuiming Sun, Akihiro Matsukawa

    CYTOKINE   100   137 - 137   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 抗体結合磁性ナノ粒子による温熱療法 癌播種病変への治療応用へ向けて

    香川 哲也, 岸本 浩行, 松三 雄騎, 田澤 大, 大原 利章, 永坂 岳司, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   76回   P - 2368   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 鉄キレート剤特異的な腫瘍幹細胞性抑制効果の検討

    桂 佑貴, 大原 利章, 賀島 肇, 佐藤 浩明, 加藤 卓也, 二宮 卓之, 野間 和広, 友野 靖子, 田澤 大, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   76回   E - 1014   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞(CAFs)により放出されるIL-6が腫瘍免疫抑制を引き起こす

    加藤 卓也, 野間 和広, 賀島 肇, 桂 佑貴, 佐藤 浩明, 二宮 卓之, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   76回   P - 1260   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • バイオイメージングの創薬、診断、治療への展開 EMT-がん微小環境ネットワークの蛍光生細胞イメージングシステム

    家田 偉史, 田澤 大, 菊地 覚次, 黒田 新士, 大原 利章, 野間 和広, 岸本 浩行, 永坂 岳司, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 今村 健志, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   76回   S15 - 7   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • ePTFEを用いた新規カテーテル挿入補助デバイスの開発

    大原 利章, 櫻間 教文, 平松 聡, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • polyI:CによるAktリン酸化抑制を介した腫瘍細胞の転移抑制機構(Poly I:C suppress migration of carcinoma cells by inhibiting Akt phosphorylation)

    山口 隆廣, 吉村 禎造, 大原 利章, 藤澤 真義, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   282 - 282   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 除鉄はマウスiPS細胞の腫瘍化を未分化マーカーの発現制御を介して抑制する(Tumorigenesis of miPS cells is prevented from suppressing the stemness by iron depletion treatment)

    大原 利章, Xing Boyi, 桂 佑貴, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   405 - 405   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • Spred-2欠損はGalN/LPS誘導性の急性肝障害を悪化させる(Spred-2 deficiency exacerbated GalN/LPS induced acute liver injury)

    楊 旭, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 大原 利章, 佐藤 美和, 美野 愛, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   446 - 446   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 膀胱腫瘍におけるRas-ERK経路とその制御因子Spred-2の解析

    小田晋輔, 藤澤真義, 吉村禎造, 大原利章, 河原明奈, 山口隆廣, 太田陽子, 松川昭博

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   326 - 326   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞はIL-6を分泌しリンパ球の遊走を制御することで腫瘍免疫抑制を誘導する

    加藤卓也, 野間和広, 賀島肇, 桂佑貴, 佐藤浩明, 二宮卓之, 大原利章, 藤原俊義

    日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集   26th   2017年

     詳細を見る

  • 癌関連線維芽細胞は食道癌のリンパ節転移を促進するか~臨床検体の解析と同所移植モデルを用いた検証~

    賀島肇, 野間和広, 佐藤浩明, 桂佑貴, 加藤卓也, 大原利章, 田澤大, 白川靖博, 藤原俊義

    日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集   26th   2017年

     詳細を見る

  • 医療現場から鉄を中心に癌および磁気的治療を考える

    大原利章

    日本磁気学会研究会資料   211th   2017年

     詳細を見る

  • 鉄キレート剤による幹細胞性制御を介した新規癌幹細胞の治療法の開発

    桂佑貴, 友野靖子, 木村文昭, 大原利章, 大原利章

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   41st   2017年

     詳細を見る

  • 抗体結合磁性ナノ粒子による腫瘍選択的な細胞内温熱療法の開発

    香川 哲也, 岸本 浩行, 田澤 大, 大原 利章, 永坂 岳司, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   75回   P - 3307   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞(CAFs)が及ぼす腫瘍免疫逃避の解明 CAFsと腫瘍浸潤リンパ球の検討

    加藤 卓也, 野間 和広, 賀島 肇, 桂 佑貴, 二宮 卓之, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   75回   E - 1068   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 鉄代謝は癌幹細胞の新規治療ターゲットとなり得る

    大原 利章, 二宮 卓之, 桂 佑貴, 賀島 肇, 加藤 卓也, 野間 和広, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   75回   E - 1109   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 炎症性微小環境によって誘導されるEMTの蛍光生細胞イメージングシステム

    家田 偉史, 田澤 大, 菊地 覚次, 黒田 新士, 大原 利章, 野間 和広, 岸本 浩行, 永坂 岳司, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 今村 健志, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   75回   J - 3053   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 食道癌において癌関連繊維芽細胞が腫瘍転移に及ぼす影響の検証

    賀島 肇, 野間 和広, 桂 佑貴, 加藤 卓也, 勝部 亮一, 二宮 卓之, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   75回   P - 3151   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • A novel live imaging system for inflammation-induced epithelial-mesenchymal transition in colorectal cancers

    Takeshi Ieda, Hiroshi Tazawa, Satoru Kikuchi, Shinji Kuroda, Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Hiroyuki Kishimoto, Takeshi Nagasaka, Masahiko Nishizaki, Shunsuke Kagawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   76   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-1613

    Web of Science

    researchmap

  • Prognostic correlation of tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) and cancer associated fibroblasts (CAFs) in patients with human esophageal carcinoma

    Takuya Kato, Kazuhiro Noma, Yuki Katsura, Hajime Kashima, Takayuki Ninomiya, Toshiaki Ohara, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   76   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-4160

    Web of Science

    researchmap

  • Iron control is a novel therapeutic target of cancer stem cells

    Toshiaki Ohara, Takayuki Ninomiya, Kazuhiro Noma, Hajime Kashima, Yuki Katsura, Takuya Kato, Yasuko Tomono, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   76   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-2510

    Web of Science

    researchmap

  • Correlation of FAP(fibroblast activation protein)-expressing cancer associated fibroblasts (CAFs) and tumor metastasis in esophageal carcinoma

    Hajime Kashima, Kazuhiro Noma, Yuki Katsura, Takuya Kato, Ryoichi Katsube, Takayuki Ninomiya, Toshiaki Ohara, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   76   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-1560

    Web of Science

    researchmap

  • 外科における基礎的研究 セレンディピティーを求めて 鉄コントロールによる新規癌幹細胞治療

    二宮 卓之, 大原 利章, 桂 佑貴, 賀島 肇, 加藤 卓也, 野間 和広, 田辺 俊介, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   71回 ( Supplement1 )   WS7 - 2   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 滅菌可能なカフ型カテーテル事前設定装置の有用性の検討(第1報)

    櫻間 教文, 平松 聡, 大原 利章

    日本透析医学会雑誌   49 ( Suppl.1 )   544 - 544   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本透析医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膀胱腫瘍におけるRas-Raf-ERK経路とその制御因子Spred-2の解析

    小田 晋輔, 藤澤 真義, 吉村 禎造, 大原 利章, 河原 明奈, 山口 隆廣, 太田 陽子, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   464 - 464   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臨床病態に近い不均一性とがん幹細胞性を備えた新規腫瘍モデルの開発

    大原 利章, 友野 靖子, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   365 - 365   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Spred-2欠損はGalN/LPS誘導性の急性腎障害を悪化させる(Spred-2 deficiency exacerbates D-Galactosamine/lipopolysaccharide -induced acute liver injury)

    楊 旭, 吉村 禎造, 藤澤 真義, 大原 利章, 山口 隆廣, サン・タ・テ, 小田 晋輔, 佐藤 美和, 美野 愛, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   449 - 450   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 鉄コントロールによる新規がん幹細胞治療

    二宮 卓之, 大原 利章, 加藤 卓也, 賀島 肇, 野間 和広, 田澤 大, 田辺 俊介, 香川 俊輔, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 8   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ミャンマーの乳がんの組織学的側面(Histologic Profile of Breast Cancer in Myanmar)

    サン・タ・テ, 藤澤 真義, 伏見 聡一郎, イー・ミント・ミント, Yang Xu, Aye Moh Moh Aung, 渡邉 治之, 荒嶋 康晴, 大原 利章, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   566 - 566   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 低分子化合物および未利用資源によるプラントアクティベーターの開発研究

    鳴坂義弘, 山次康幸, 大原利章, 鳴坂真理

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2016   2016年

     詳細を見る

  • 癌関連線維芽細胞が食道癌の浸潤と転移に及ぼす影響の検証

    賀島肇, 野間和広, 桂佑貴, 加藤卓也, 大原利章, 田澤大, 白川靖博, 香川俊輔, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   27th   2016年

     詳細を見る

  • 環境にやさしい病害防除剤プラントアクティベーターの開発研究

    鳴坂義弘, 山次康幸, 大原利章, 吉岡博文, 鳴坂真理

    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   34th   2016年

     詳細を見る

  • 肝臓がんへ分化するがん幹細胞モデルの作成

    堤 愛姫, 竹尻 崇人, 水谷 昭文, Vaidyanath Arun, 大原 利章, 岩崎 良章, 笠井 智成, 妹尾 昌治

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回   [2P1127] - [2P1127]   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 日本外科学会禁煙宣言作成に携わって

    大原 利章

    日本禁煙学会学術総会プログラム・抄録集   9回   165 - 165   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本禁煙学会  

    researchmap

  • ヒト癌細胞におけるEMT可視化生体イメージング技術の開発

    家田 偉史, 田澤 大, 菊池 覚次, 黒田 新士, 大原 利章, 野間 和広, 岸本 浩行, 永坂 岳司, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   74回   P - 2028   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 鉄コントロールによる新規がん幹細胞治療

    二宮 卓之, 大原 利章, 勝部 亮一, 賀島 肇, 加藤 卓也, 野間 和広, 田澤 大, 香川 俊輔, 水谷 昭文, 笠井 智成, 妹尾 昌治, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   74回   IS4 - 6   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • A novel photoimmunotherapy targeting cancer-associated fibroblasts (CAFs) overcomes therapeutic resistance in human esophageal cancer

    Ryoichi Katsube, Kazuhiro Noma, Shinichiro Watanabe, Shinichi Urano, Takayuki Ninomiya, Toshiaki Ohara, Hiroshi Tazawa, Shunsuke Kagawa, Hisataka Kobayashi, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   75   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-401

    Web of Science

    researchmap

  • Iron control is a novel therapeutic target of cancer stem cells

    Takayuki Ninomiya, Toshiaki Ohara, Hajime Kashima, Ryoichi Katsube, Kazuhiro Noma, Yasuko Tomono, Akifumi Mizutani, Tomonari Kasai, Masaharu Seno, Shinji Kuroda, Hiroyuki Kishimoto, Hiroshi Tazawa, Yasuhiro Shirakawa, Shunsuke Kagawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   75   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-4243

    Web of Science

    researchmap

  • 当科における食道憩室手術症例の検討

    賀島 肇, 白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   70回 ( Supplement1 )   P - 5   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • その他 鉄コントロールによるがん幹細胞に対する新規治療

    二宮 卓之, 大原 利章, 浦野 真一, 勝部 亮一, 野間 和広, 田澤 大, 白川 靖博, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上部消化管 超高齢者食道癌手術への取り組みと放射線併用ウイルス療法の可能性

    田辺 俊介, 白川 靖博, 賀島 肇, 国府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 黒田 新士, 櫻間 教文, 野間 和広, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鉄コントロールを用いた新規がん幹細胞治療法の基礎的検討

    大原 利章, 伏見 総一郎, 松川 昭博

    日本病理学会会誌   104 ( 1 )   283 - 283   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 限局性皮質異形成と皮質結節(結節性硬化症)との鑑別が問題になった一例

    太田陽子, 山口隆廣, 小田晋輔, 河原明奈, 板倉淳哉, 伏見聡一郎, 大原利章, 平麻美, 宮田元, 松川昭博

    日本病理学会会誌   104 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • 鉄制御を用いた新しい癌の浸潤・転移抑制治療法の開発

    大原利章, 大原利章, 二宮卓之, 野間和広, 賀島肇, 加藤卓也, 勝部亮一, 白川靖博, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   26th   2015年

     詳細を見る

  • 肝細胞癌に対する除鉄剤の臨床投与経験

    大原利章, 二宮卓之, 友野靖子, 木村文昭

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2015年

     詳細を見る

  • 癌関連線維芽細胞を標的とした新規食道癌治療法の開発

    勝部亮一, 野間和広, 賀島肇, 加藤卓也, 二宮卓之, 大原利章, 田澤大, 白川靖博, 香川俊輔, 小林久隆, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   26th   2015年

     詳細を見る

  • 食道癌におけるFAP(fibroblast activation protein)陽性癌関連線維芽細胞の発現と癌転移の関係

    賀島肇, 野間和広, 加藤卓也, 勝部亮一, 二宮卓之, 大原利章, 田澤大, 白川靖博, 香川俊輔, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   26th   2015年

     詳細を見る

  • 新規鉄キレート剤スーパーポリフェノールの抗腫瘍効果についての基礎的検討

    友野靖子, 二宮卓之, 木村文昭, 大原利章, 大原利章

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2015年

     詳細を見る

  • 鉄コントロールによるがん幹細胞治療

    二宮卓之, 友野靖子, 木村文昭, 大原利章

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2015年

     詳細を見る

  • Iron chelation therapy increased the anticancer effect of sorafenib in hepatocarcinoma

    Shinichi Urano, Toshiaki Ohara, Ryoichi Katsube, Shinichiro Watanabe, Kazuhiro Noma, Yasuko Tomono, Hiroshi Tazawa, Kazuhiro Nouso, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1681

    Web of Science

    researchmap

  • 鉄キレート療法は肝癌におけるソラフェニブの抗腫瘍効果を増強する(Iron chelation therapy enhances the anticancer effect of sorafenib in hepatocarcinoma)

    浦野 真一, 大原 利章, 勝部 亮一, 野間 和広, 友野 靖子, 田澤 大, 能祖 一裕, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   73回   P - 2328   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 鉄コントロールによるがん幹細胞の新規治療法(Iron control is a potent novel therapeutic for cancer stem cells)

    二宮 卓之, 大原 利章, 浦野 真一, 勝部 亮一, 野間 和広, 田澤 大, 香川 俊輔, 水谷 昭文, 笠井 智成, 妹尾 昌治, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   73回   P - 1187   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 食道癌の悪性化に対するCAF標的光免疫療法の開発(Development of novel strategy of targeting cancer associated fibroblast (CAFs) for resistant esophageal cancer)

    勝部 亮一, 野間 和広, 渡邉 伸一郎, 浦野 真一, 二宮 卓之, 大原 利章, 白川 靖博, 田澤 大, 香川 俊輔, 小林 久隆, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   73回   P - 3157   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 鏡視下手術及び多職種による周術期管理による80歳以上超高齢者食道癌症例に対する手術成績向上の取り組み

    田邊 俊介, 白川 靖博, 国府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   69回 ( Supplement1 )   O - 1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道切除・再建術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策 食食道癌術前の呼吸機能管理目標設定とチーム介入の成果

    大原 利章, 白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   69回 ( Supplement1 )   PD - 12   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 進行食道癌による食道狭窄に起因した経口摂取困難症例に対して、PEGを用いた術前栄養療法の有用性

    國府島 健, 白川 靖博, 前田 直見, 田邊 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   69回 ( Supplement1 )   P - 3   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児領域における噴門形成術の検討

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 木村 圭佑, 前田 直見, 大原 利章, 田邊 俊輔, 野間 和広, 西崎 正彦, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   48 - 48   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鏡視下手術導入と多職種組織横断的周術期管理による高齢者食道癌手術への取り組み

    田辺 俊介, 白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   78 - 78   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • cT1bN0M0 cStage I食道癌に対する外科治療についての検討

    白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   83 - 83   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌手術患者の術前胸郭拡張差についての基礎的検討

    大原 利章, 白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 田辺 俊介, 野間 和広, 岩井 賢司, 伊藤 真理, 足羽 孝子, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   99 - 99   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道がん手術患者の集中治療体験とその後の心理状態<第二報>

    足羽 孝子, 伊藤 真理, 岩谷 美貴子, 國府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   131 - 131   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌手術における歯科の役割

    山中 玲子, 曽我 賢彦, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 森松 博史, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   145 - 145   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 局所進行食道癌に対する治療戦略

    前田 直見, 白川 靖博, 國府島 健, 大原 利章, 田邊 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   155 - 155   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科におけるバレット食道表在癌の治療経験

    野間 和広, 白川 靖博, 国府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   176 - 176   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頸部食道癌の治療戦略 喉頭温存を目指して

    國府島 健, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   188 - 188   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における食道胃接合部癌の経験および治療戦略

    野間 和広, 白川 靖博, 国府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   69回 ( Supplement1 )   O - 2   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌手術における安全な吻合法 空腸を用いた食道再建及び吻合の工夫 全例に血管吻合が必要か?

    白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   69回 ( Supplement1 )   VSY - 8   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 消化器外科領域におけるマイクロサージェリー 空腸を用いた食道再建おけるマイクロサージェリーの適応とその工夫

    白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科系連合学会誌   39 ( 3 )   506 - 506   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌の狭窄による経口摂取困難症例に対するPEGを用いた術前管理の利点

    田辺 俊介, 白川 靖博, 國府島 健, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    Gastroenterological Endoscopy   56 ( Suppl.1 )   1220 - 1220   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • OP-036-7 食道癌周術期における外科医の負担軽減に対しチーム医療が果たした役割(OP-036 周術期管理 術後合併症・その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    白川 靖博, 二宮 卓之, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊助, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   379 - 379   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-099-2 肝臓癌における除鉄併用分子標的薬治療の可能性(OP-099 肝 肝細胞癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    浦野 真一, 大原 利章, 白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 田辺 俊介, 友野 靖子, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   489 - 489   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-052-4 がん関連線維芽細胞(Cancer Associated Fibroblasts)を標的とした新規癌治療法の開発(PS-052 食道 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    野間 和広, 白川 靖博, 二宮 卓之, 勝部 亮一, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   678 - 678   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-084-4 高度狭窄を伴う進行食道癌患者におけるPEGを用いた術前栄養管理の効果 : 術前後筋肉量変化に着目して(OP-084 食道 周術期管理,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   464 - 464   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • がん関連線維芽細胞(Cancer Associated Fibroblasts)を標的とした新規癌治療法の開発

    野間 和広, 白川 靖博, 二宮 卓之, 勝部 亮一, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 田澤 大, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   678 - 678   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肝臓癌における除鉄併用分子標的薬治療の可能性

    浦野 真一, 大原 利章, 白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 田辺 俊介, 友野 靖子, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   489 - 489   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌周術期における外科医の負担軽減に対しチーム医療が果たした役割

    白川 靖博, 二宮 卓之, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊助, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   379 - 379   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高度狭窄を伴う進行食道癌患者におけるPEGを用いた術前栄養管理の効果 術前後筋肉量変化に着目して

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   464 - 464   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 心房中隔欠損症による肺高血圧症を伴った進行食道癌の1例

    藤田 俊彦, 大原 利章, 田邊 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 2 )   384 - 387   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は62歳,男性.Atrial septal defect(ASD)によるpulmonary hypertension(PH)と診断され,同時に上部消化管内視鏡検査で進行食道癌を指摘された.ASDの根治術と術前化学療法を行う方針とし,心臓カテーテル検査のため抗血小板療法を開始したところ,2日後に食道癌からの出血でショック状態に陥った.ASD根治術に抗血小板療法は必須であるため,食道亜全摘術を先行した.術後循環動態は不安定であり,術後2日目に一時右心系圧が左心系を上回る状態になった.厳重な輸液管理とバソプレシンの使用により循環動態は安定したが,再燃も考えられAmplatzer septal occluderによる緊急ASD根治術を施行した.食道癌手術後であり経食道エコーを用いられなかったため,経静脈的に心腔内エコーを挿入しガイドとした.その後循環動態は落ち着き術後20日目に転院となった.(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.75.384

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20140306070009&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.75.384&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.75.384&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 進行食道癌狭窄症例に対する術前栄養管理 経鼻胃管からPEGへの変遷

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 長谷川 祐子, 平 健太郎, 名和 秀起, 岡田 恵子, 坂本 八千代, 藤原 俊義

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   552 - 552   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞を標的とした光線免疫療法の開発

    野間和広, 勝部亮一, 浦野真一, 大原利章, 白川靖博, 藤原俊義

    日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集   23rd   2014年

     詳細を見る

  • 固形癌に対する除鉄誘導による血管新生阻害薬併用療法の確立

    大原利章, 木村文昭, 浦野真一, 二宮卓之, 勝部亮一, 野間和広, 友野靖子, 藤原俊義, 松川昭博

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   38th   2014年

     詳細を見る

  • 腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘のための新しい解剖教材の開発 多視点3D解剖システム

    前田 直見, 白川 靖博, 二宮 卓之, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   508 - 508   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当科における進行食道癌における合理的胸腔鏡下手術の試み

    野間 和広, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   549 - 549   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 胸部食道癌に対する合理的縦隔郭清 腹臥位胸腔鏡下食道切除術における縦隔リンパ節郭清での助手による積極的術野展開とその定型化

    白川 靖博, 二宮 卓之, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   339 - 339   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 80歳以上の超高齢者食道癌症例に対する胸腔鏡下手術の現況

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   502 - 502   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 鉄欠乏状態は肝細胞癌におけるソラフェニブの感受性を改善しうる(Iron depletion status has a possibility to improve the sensitivity of sorafenib in HCC)

    浦野 真一, 大原 利章, 勝部 亮一, 渡邉 伸一郎, 野間 和広, 友野 靖子, 田澤 大, 能祖 一裕, 白川 靖博, 貞森 裕, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   72回   345 - 345   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 吻合、再建の手術手技(食道) 当科における食道胃管吻合の変遷とその工夫

    白川 靖博, 二宮 卓之, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   360 - 360   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌に対するESDの適応と限界 食道癌ESD後再発症例から考えるESDの適応と補助治療のあり方について

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   369 - 369   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がん関連線維芽細胞を標的とした新たな癌治療法の可能性 光線免疫療法を用いて(Novel cancer therapy targeting cancer-associated fibroblasts(CAFs) by targeted infrared photoimmunotherapy(PIT))

    勝部 亮一, 野間 和広, 渡邉 伸一郎, 浦野 真一, 大原 利章, 白川 靖博, 田澤 大, 香川 俊輔, 小林 久隆, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   72回   349 - 350   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 周術期管理におけるチーム医療の現状と展望 食道癌低肺機能患者に対する術前呼吸器チーム医療

    大原 利章, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 田辺 俊介, 櫻間 教史, 野間 和広, 藤原 俊儀

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   405 - 405   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌のサルベージ手術(適応と手技と成績と) 当科における食道癌サルベージ手術の検討

    前田 直見, 白川 靖博, 二宮 卓之, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   413 - 413   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道胃接合部癌の手術 当科における食道胃接合部癌の治療経験 郭清範囲と再建法について

    野間 和広, 白川 靖博, 前田 直見, 二宮 卓之, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 西崎 正彦, 香川 俊介, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   467 - 467   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌患者のより良い周術期医療のために歯科はどのような貢献ができるのか? 周術期管理センター(PERIO)

    山中 玲子, 曽我 賢彦, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 白川 靖博, 森田 学, 佐藤 健治, 森松 博史, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   478 - 478   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Zenker憩室症の8例

    二宮 卓之, 田辺 俊介, 前田 直見, 大原 利章, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   842 - 842   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 除鉄を用いた新たな肝細胞癌治療

    大原 利章, 野間 和広, 浦野 真一, 前田 直見, 二宮 卓之, 田辺 俊介, 友野 靖子, 能祖 一裕, 白川 靖博, 貞森 裕, 木村 文昭, 藤原 俊儀

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1949 - 1949   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Iron-controlled cancer therapy: A new concept for anti-angiogenic drug (bevacizumab and sorafenib)

    T. Ohara, K. Noma, S. Urano, R. Katsube, T. Ninomiya, S. Tanabe, Y. Tomono, H. Tazawa, Y. Shirakawa, T. Fujiwara

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   49   S639 - S639   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 透視を用いず位置確認が可能な内視鏡的バルーン拡張術の工夫

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.2 )   2890 - 2890   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における腹臥位胸腔鏡下食道切除術定型化の工夫

    青山 克幸, 白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   O - 6   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 除鉄効果を利用した新たな消化器癌治療

    大原 利章, 白川 靖博, 浦野 真一, 前田 直見, 勝部 亮一, 渡辺 伸一郎, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊儀

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   P - 8   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における低侵襲再建術の試み 用手補助的腹腔鏡下胃管作製の60例の検討

    前田 直見, 白川 靖博, 勝部 亮一, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   RV - 3   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃が使用できない食道癌症例における空腸による食道再建術の工夫 血管吻合は全例に必要か?

    渡邊 伸一郎, 白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   RV - 5   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道胃接合部癌の外科治療戦略 当科における食道胃接合部癌の治療経験 下縦隔リンパ節転移症例の検討

    野間 和広, 白川 靖博, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   PD - 5   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌における予後延長効果を目指した治療戦略新規としてのmTOR阻害剤(テムシロリムス)の可能性

    高岡宗徳, 西川敏雄, 大原利章, 深澤拓也, 林次郎, 繁光薫, 浦上淳, 吉田和弘, 山辻知樹, 猶本良夫

    日本消化器外科学会雑誌(Web)   68回 ( Supplement1 )   RS - 2   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 患者負担軽減のためのPEGを用いた食道癌術前補助栄養療法の現状について

    勝部 亮一, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和宏, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   RS - 1   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸部食道癌のよりよい周術期管理を目指して PERIOと鏡視下手術の融合

    白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   68回 ( Supplement1 )   O - 1   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道原発小細胞癌及び食道原発悪性黒色腫の治療における手術療法の位置付け

    前田 直見, 白川 靖博, 勝部 亮一, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   240 - 240   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における食道胃接合部がんの治療経験 下縦隔廓清と再建法について

    野間 和広, 白川 靖博, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   200 - 200   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道がん手術患者の集中治療体験とその後の心理状態(第一報)

    伊藤 真理, 足羽 孝子, 岩谷 美貴子, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   223 - 223   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 地域一体型NSTの取り組みと効果について

    西川 みか, 櫻間 教文, 多田 仁美, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   224 - 224   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    researchmap

  • 食道癌手術患者の術前禁煙に対する医療連携による包括的取り組みとその効果

    大原 利章, 白川 靖博, 前田 直見, 勝部 亮一, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 伊藤 真理, 足羽 孝子, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   229 - 229   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 進行食道癌に対する術前化学療法の現況 DCFの位置づけを中心に

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 勝部 亮一, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   193 - 193   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科での腹臥位胸腔鏡下食道切除術における助手操作定型化の工夫

    白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   186 - 186   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における空腸を用いた食道再建術の工夫

    白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   190 - 190   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌手術の周術期管理におけるチーム医療 当院での胸部食道癌周術期管理におけるPERIO導入についての検討

    白川 靖博, 勝部 亮一, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本外科系連合学会誌   38 ( 3 )   605 - 605   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Novel photoimmunotherapy (PIT) targeting cancer-associated fibroblasts (CAFs) for esophageal cancer.

    Shinichiro Watanabe, Kazuhiro Noma, Shinichi Urano, Toshiaki Ohara, Yuuri Hashimoto, Hiroshi Tazawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-4946

    Web of Science

    researchmap

  • Iron depletion by deferasirox have a synergistic effect on sorafenib in hepatocellular carcinoma.

    Shinichi Urano, Toshiaki Ohara, Shinichiro Watanabe, Kazuhiro Noma, Yasuko Tomono, Hiroshi Tazawa, Masafumi Kataoka, Nouso Kazuhiro, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-5608

    Web of Science

    researchmap

  • PS-164-4 血清鉄コントロールによる食道癌細胞の浸潤・転移能制御の可能性(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    浦野 真一, 野間 和広, 大原 利章, 西谷 正史, 前田 直見, 渡邉 伸一郎, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 友野 靖子, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   747 - 747   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-265-5 高リスクGIST症例の検討 : 無作為化比較試験SSGX VIII/AIOの報告をうけて(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    宇野 太, 永坂 岳司, 香川 俊輔, 西崎 正彦, 岸本 浩行, 黒田 新士, 石田 道拡, 青山 克幸, 稲田 涼, 前田 直見, 大原 利章, 近藤 喜太, 田辺 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   891 - 891   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-082-3 血清鉄コントロールを用いた新たな肝細胞癌治療戦略(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    大原 利章, 白川 靖博, 浦野 真一, 前田 直見, 渡邊 伸一郎, 田辺 俊介, 野間 和広, 能祖 一裕, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   634 - 634   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • VF-034-1 腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘術においてEndoCAMeleonがもたらした新たな視野展開(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会)

    野間 和広, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   451 - 451   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • WS-12-1-2 当科における80歳以上の超高齢者食道癌症例に対する外科治療の変遷(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会)

    田辺 俊介, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   317 - 317   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-285-5 パラチノースを主糖質源とした流動食MHN-01を用いた食道癌周術期管理の意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    山辻 知樹, 田村 卓也, 小池 良和, 平林 葉子, 高岡 宗徳, 深澤 拓也, 林 次郎, 繁光 薫, 浦上 淳, 吉田 和弘, 大原 利章, 田辺 俊介, 藤原 康宏, 櫻間 教文, 野間 和広, 白川 靖博, 羽井 佐実, 中島 一毅, 森田 一郎, 藤原 俊義, 猶本 良夫

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   919 - 919   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-069-1 腹膜播種転移の形成過程におけるfocal adhesion kinase(FAK)の関与とFAK分子標的による治療戦略の可能性(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    高岡 宗徳, 桜間 教文, 大原 利章, 深澤 拓也, 山辻 知樹, 平林 葉子, 林 次郎, 繁光 薫, 浦上 淳, 吉田 和弘, 中島 一毅, 森田 一郎, 猶本 良夫

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   614 - 614   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • パラチノースを主糖質源とした流動食MHN-01を用いた食道癌周術期管理の意義

    山辻 知樹, 田村 卓也, 小池 良和, 平林 葉子, 高岡 宗徳, 深澤 拓也, 林 次郎, 繁光 薫, 浦上 淳, 吉田 和弘, 大原 利章, 田辺 俊介, 藤原 康宏, 櫻間 教文, 野間 和広, 白川 靖博, 羽井佐 実, 中島 一毅, 森田 一郎, 藤原 俊義, 猶本 良夫

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   919 - 919   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超高齢者に対する外科治療の問題点 消化管外科、術式の選択 当科における80歳以上の超高齢者食道癌症例に対する外科治療の変遷

    田辺 俊介, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   317 - 317   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘術においてEndoCAMeleonがもたらした新たな視野展開

    野間 和広, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   451 - 451   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹膜播種転移の形成過程におけるfocal adhesion kinase(FAK)の関与とFAK分子標的による治療戦略の可能性

    高岡 宗徳, 桜間 教文, 大原 利章, 深澤 拓也, 山辻 知樹, 平林 葉子, 林 次郎, 繁光 薫, 浦上 淳, 吉田 和弘, 中島 一毅, 森田 一郎, 猶本 良夫

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   614 - 614   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血清鉄コントロールを用いた新たな肝細胞癌治療戦略

    大原 利章, 白川 靖博, 浦野 真一, 前田 直見, 渡邊 伸一郎, 田辺 俊介, 野間 和広, 能祖 一裕, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   634 - 634   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血清鉄コントロールによる食道癌細胞の浸潤・転移能制御の可能性

    浦野 真一, 野間 和広, 大原 利章, 西谷 正史, 前田 直見, 渡邉 伸一郎, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 友野 靖子, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   747 - 747   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高リスクGIST症例の検討 無作為化比較試験SSGXVIII/AIOの報告をうけて

    宇野 太, 永坂 岳司, 香川 俊輔, 西崎 正彦, 岸本 浩行, 黒田 新士, 石田 道拡, 青山 克幸, 稲田 涼, 前田 直見, 大原 利章, 近藤 喜太, 田辺 俊介, 野間 和広, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   891 - 891   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 病期診断に難渋した早期食道癌の一例-術前PET-CT偽陽性症例の検討-

    山辻知樹, 平林葉子, 高岡宗徳, 深澤拓也, 繁光薫, 林次郎, 浦上淳, 吉田和弘, 中島一毅, 森田一郎, 大原利章, 田辺俊介, 櫻間教文, 櫻間教文, 野間和広, 白川靖博, 藤原俊義, 河本博文, 猶本良夫

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Supplement 1 )   1160 - 1160   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 予後および病態評価が可能な新規食道癌同所移植性モデル

    大原利章, 白川靖博, 野間和広, 浦野真一, 前田直見, 田辺俊介, 櫻間教文, 田澤大, 藤原俊義

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   24th   2013年

     詳細を見る

  • 肝臓癌における除鉄併用ソラフェニブ療法の可能性

    浦野真一, 大原利章, 勝部亮一, 友野靖子, 木村文昭, 野間和広, 白川靖博, 藤原俊義

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   37th   2013年

     詳細を見る

  • 鉄代謝を利用した新規分子標的薬併用療法

    浦野真一, 大原利章, 白川靖博, 野間和広, 前田直見, 田辺俊介, 櫻間教文, 田澤大, 藤原俊儀

    日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集   24th   2013年

     詳細を見る

  • Non-recurrent inferior laryngeal nerveを伴う胸部食道癌に対して胸腔鏡下食道亜全摘を施行した1例

    前田 直見, 白川 靖博, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   696 - 696   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡外科におけるチーム医療の在り方 食道癌鏡視下手術の周術期におけるチーム医療の関わり

    白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   313 - 313   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 我々の目指すチーム内視鏡外科 当科における腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘における術者助手のコラボレーション

    野間 和広, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   604 - 604   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 出血性ショックをきたした回腸静脈瘤破裂に対しバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)が奏功した1例

    濱田 侑紀, 竹原 裕子, 竹原 清人, 大原 利章, 近藤 喜太, 永坂 岳司, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   1084 - 1084   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 食道癌手術における再建法の安全性とQOL 胃が使用できない食道癌症例におけるQOL向上を目指した腸管による食道再建法

    田辺 俊介, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   383 - 383   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • チームで乗り切る食道癌手術(当院での周術期管理センター:PERIOの取り組み)

    白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   481 - 481   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における食道胃接合部癌に対する再建法の工夫 胸腔内観音開き法吻合の経験

    野間 和広, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   525 - 525   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低肺機能合併の胸部食道癌症例に対する腹臥位胸腔鏡下食道切除の経験

    前田 直見, 白川 靖博, 青山 克幸, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   706 - 706   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Zenker憩室に合併した頸部食道表在癌の1例

    大原 利章, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   945 - 945   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞が食道癌の増殖に寄与する(Cancer-associated fibroblasts contribute to progression of esophageal cancer)

    渡邉 伸一郎, 野間 和広, 浦野 真一, 大原 利章, 橋本 悠里, 田澤 大, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   71回   143 - 143   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 当科におけるBarrett食道癌手術症例の検討

    野間 和広, 白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   67回 ( Supplement1 )   1 - 1   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における胸部食道癌に対する鏡視下手術導入の成果についての検討

    白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   67回 ( Supplement1 )   1 - 1   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 喫煙食道癌患者の治療マネジメント

    大原 利章, 白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本消化器外科学会総会   67回 ( Supplement1 )   2 - 2   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 耐術能を有する超高齢者は胃癌に対する手術の意義が示唆される

    香川 俊輔, 宇野 太, 岸本 浩行, 西崎 正彦, 白川 靖博, 永坂 岳司, 野間 和広, 田辺 俊介, 近藤 喜太, 大原 利章

    日本消化器外科学会総会   67回 ( Supplement1 )   3 - 3   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道疾患におけるチーム医療のあり方 食道癌手術患者への周術期管理チーム介入について

    足羽 孝子, 伊藤 真理, 江木 盛時, 坂本 八千代, 白川 靖博, 田辺 俊介, 野間 和広, 前田 直見, 大原 利章, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   66回   153 - 153   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃が使用不能な食道癌症例における腸管による最良の再建術を目指した工夫

    白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   66回   187 - 187   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科におけるBarrett食道癌手術症例の検討

    野間 和広, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   66回   191 - 191   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鉄コントロールによる新しい食道癌治療法の開発

    大原 利章, 白川 靖博, 青山 克幸, 前田 直見, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   66回   196 - 196   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における高齢者食道癌症例の治療への取り組み

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 足羽 孝子, 伊藤 真理, 藤原 俊義

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   66回   210 - 210   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • I期の上皮型悪性中皮腫に対し胸膜はく離術+温熱化学療法を施行し約5年間の長期生存をしている一症例

    木村 幸男, 大原 利章, 兵頭 剛, 西川 敏雄, 森 雅信, 井上 文之

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   P37 - 06   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Iron deficiency suppresses EMT through down-regulation of N-cadherin in esophageal cancer.

    Shinichiro Watanabe, Seishi Nishitani, Kazuhiro Noma, Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Yuuri Hashimoto, Hiroshi Tazawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   72   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2421

    Web of Science

    researchmap

  • Iron chelator contributes to anti-angiogenic therapy via selective induction of VEGF-A

    Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Seishi Nishitani, Shinichiro Watanabe, Yasuko Tomono, Yuuri Hashimoto, Hiroshi Tazawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   72   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2323

    Web of Science

    researchmap

  • 当科における中下咽頭表在癌に対するESDの工夫

    白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    Gastroenterological Endoscopy   54 ( Suppl.1 )   1154 - 1154   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学病院の特殊な疾患群に対する胃瘻造設の現況

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 野間 和広, 藤原 俊義

    Gastroenterological Endoscopy   54 ( Suppl.1 )   1201 - 1201   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高齢者食道癌症例に対する手術術式と周術期管理

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   362 - 362   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胆嚢軸捻転を来たし開腹胆嚢摘出術を施行した一例

    武田 正, 清田 正之, 藤原 裕子, 森廣 俊昭, 竹原 清人, 大原 利章, 荒田 尚, 中川 仁志, 田中屋 宏爾, 青木 秀樹, 竹内 仁司

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 3 )   744 - 744   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 食道癌転移診断におけるPET-CT偽陽性症例の検討

    木下 真一郎, 山辻 知樹, 高岡 宗徳, 繁光 薫, 山田 貴子, 林 次郎, 深澤 拓也, 吉田 和弘, 田辺 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 白川 靖博, 森田 一郎, 猶本 良夫

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   737 - 737   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロボット支援下幽門側胃切除術の安全な導入

    西崎 正彦, 香川 俊輔, 宇野 太, 岸本 浩行, 近藤 喜太, 田邊 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 永坂 岳志, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   490 - 490   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科での胸部食道癌手術の低侵襲化の推移とその成果

    白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   736 - 736   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃管癌の治療 当科において経験した食道癌術後胃管癌18例の検討

    白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 岸本 浩行, 宇野 太, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本胃癌学会総会記事   84回   175 - 175   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 乳房全摘後15年経過して発症した異時性同側乳癌の1例

    荒田尚, 藤原裕子, 森廣俊昭, 竹原清人, 清田正之, 大原利章, 中川仁志, 田中屋宏爾, 青木秀樹, 竹内仁司

    山口医学   61 ( 1/2 )   74 - 75   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山口大学医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹部食道癌に対して左開胸開腹連続切開および観音開き法食道残胃吻合を行った1症例

    野間和広, 白川靖博, 青山克幸, 前田直見, 大原利章, 田辺俊介, 西崎正彦, 香川俊輔, 藤原俊義

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   60 ( Supplement )   2012年

     詳細を見る

  • 食道癌における除鉄による遊走,浸潤能抑制作用の検討

    浦野真一, 大原利章, 前田直見, 渡辺伸一郎, 田辺俊介, 野間和広, 友野靖子, 白川康博, 木村文昭, 藤原俊義

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   36th   2012年

     詳細を見る

  • 当科における咽頭喉頭食道全摘症例の検討

    田辺俊介, 白川靖博, 青山克幸, 前田直見, 大原利章, 櫻間教文, 野間和広, 藤原俊義

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   60 ( Supplement )   2012年

     詳細を見る

  • 当院でのPERIOによる胸部食道癌周術期管理の取り組みについての検討

    白川靖博, 青山克幸, 前田直見, 田辺俊介, 大原利章, 野間和広, 櫻間教文, 藤原俊義

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   60 ( Supplement )   2012年

     詳細を見る

  • 当科における食道癌頭頸部癌重複症例の検討

    前田 直見, 白川 靖博, 田辺 俊介, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   557 - 557   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における食道及び中下咽頭表在癌に対するESDの工夫

    白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   593 - 593   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における食道胃接合部の食道癌についての検討

    白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   501 - 501   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における胃管再建作成および吻合における工夫

    野間 和広, 白川 康博, 前田 直見, 大原 利章, 田辺 俊介, 永坂 岳司, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   517 - 517   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科におけるT4食道癌に対する治療戦略についての検討

    大原 利章, 白川 靖博, 前田 直見, 田辺 俊介, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   531 - 531   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における高齢者食道癌手術症例の術式選択の工夫

    田辺 俊介, 白川 靖博, 前田 直見, 大原 利章, 野間 和広, 櫻間 教文, 藤原 俊義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   533 - 533   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 鉄欠乏状態は食道がんにおいてNカドヘリンを低下させることでEMTを抑制する(Iron deficiency suppress EMT through downregulation of N-cadherin in esophageal cancer)

    西谷 正史, 野間 和広, 大原 利章, 長谷井 嬢, 佐々木 剛, 渡邊 伸一郎, 大西 哲平, 吉田 亮介, 橋本 悠里, 田澤 大, 宇野 太, 香川 俊輔, 藤原 俊義

    日本癌学会総会記事   70回   467 - 468   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 当院における頭頸部癌・食道癌領域におけるPEGの適応と現状

    田辺 俊介, 白川 靖博, 野間 和広, 前田 直見, 大原 利章, 櫻間 教文, 浅野 博昭, 岸本 浩行, 宇野 太, 西崎 正彦, 佃 和憲, 香川 俊輔, 藤原 俊義, 小野田 友男, 勝井 邦彰, 片山 敬久, 吉尾 浩太郎, 武本 充広

    Gastroenterological Endoscopy   53 ( Suppl.2 )   2784 - 2784   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Lynch症候群関連がん発生の経時代変遷

    田中屋 宏爾, 藤原 裕子, 森廣 俊昭, 竹原 清人, 清田 正之, 大原 利章, 荒田 尚, 中川 仁志, 青木 秀樹, 竹内 仁司

    日本消化器外科学会総会   66回 ( Supplement1 )   916 - 916   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FDG-PET陽性にて癌再発との鑑別に苦慮した大腸癌術後晩期腹腔内膿瘍の2例

    藤原 裕子, 竹原 清人, 荒田 尚, 森廣 俊昭, 清田 正之, 大原 利章, 中川 仁志, 田中屋 宏爾, 青木 秀樹, 竹内 仁司

    日本消化器外科学会総会   66回 ( Supplement1 )   596 - 596   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 巨大肝嚢胞による圧排が起因となった下大静脈血栓症の一手術例

    清田 正之, 大原 利章, 森廣 俊昭, 藤原 裕子, 竹原 清人, 荒田 尚, 中川 仁志, 田中屋 宏爾, 青木 秀樹, 竹内 仁司

    日本消化器外科学会総会   66回 ( Supplement1 )   645 - 645   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 直腸癌肝転移に同時合併した肝原発平滑筋肉腫の1切除例

    竹原 清人, 青木 秀樹, 藤原 裕子, 森廣 俊昭, 清田 正之, 大原 利章, 荒田 尚, 中川 仁志, 田中屋 宏爾, 竹内 仁司

    日本消化器外科学会総会   66回 ( Supplement1 )   651 - 651   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 原発不明神経内分泌癌肝転移の1切除例

    青木 秀樹, 森廣 俊昭, 藤原 裕子, 竹原 清人, 清田 正之, 大原 利章, 荒田 尚, 中川 仁志, 田中屋 宏爾, 竹内 仁司

    日本消化器外科学会総会   66回   652 - 652   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 体内鉄コントロールを利用したBevacizumabの新規治療法

    大原 利章, 野間 和広, 友野 靖子, 西谷 正史, 田辺 俊介, 田澤 大, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   771 - 771   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌転移診断におけるPET-CT偽陽性症例の検討

    山辻 知樹, 関 亮太, 木下 真一郎, 深澤 拓也, 林 次郎, 繁光 薫, 吉田 和弘, 森田 一郎, 山田 英司, 西谷 正史, 大原 利章, 田邊 俊介, 藤原 康宏, 櫻間 教文, 野間 和広, 高岡 宗徳, 白川 靖博, 松岡 順治, 羽井佐 実, 藤原 俊義, 猶本 良夫

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   837 - 837   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 体内鉄コントロールによるN-cadheinの発現低下が癌細胞の浸潤・転移能にどのような影響を与えるかについての検討

    西谷 正史, 野間 和広, 大原 利章, 友野 靖子, 田邊 俊介, 白川 靖博, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   595 - 595   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Inhibition of mammalian target of rapamycin (mTOR) signaling by Temsirolimus as a potential therapeutic strategy for esophageal cancer treatment

    Munenori Takaoka, Toshio Nishikawa, Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Yasuhiro Fujiwara, Yasuhiro Shirakawa, Hitoshi Nagatsuka, Takuya Fukazawa, Tomoki Yamatsuji, Xiaohong Bao, Huifang Hao, Kaori Shigemitsu, Ichiro Morita, Toshiyoshi Fujiwara, Yoshio Naomoto

    CANCER RESEARCH   71   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-4415

    Web of Science

    researchmap

  • Iron deficiency suppress EMT through downregulation of N-cadherin in esophageal cancer

    Seishi Nishitani, Kazuhiro Noma, Shinichiro Watanabe, Teppei Onishi, Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Yuuri Hashimoto, Hiroshi Tazawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   71   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-3363

    Web of Science

    researchmap

  • Iron controlled treatment can be novel therapeutic agent and biomarker of Bevacizumab

    Toshiaki Ohara, Kazuhiro Noma, Shinichiro Watanabe, Teppei Ohnishi, Seishi Nishitani, Yasuko Tomono, Yuuri Hashimoto, Hiroshi Tazawa, Toshiyoshi Fujiwara

    CANCER RESEARCH   71   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-4247

    Web of Science

    researchmap

  • ハイリスク(特に後期高齢者)食道癌症例に対する手術術式の工夫

    田辺俊介, 白川靖博, 前田直見, 大原利章, 野間和広, 櫻間教文, 藤原俊義

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   59 ( Supplement )   2011年

     詳細を見る

  • 鉄欠乏マウスモデルを用いた血管新生阻害薬併用療法の基礎的検討

    大原利章, 野間和広, 木村文昭, 友野靖子, 西谷正史, 渡辺伸一郎, 藤原俊義

    日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   35th   2011年

     詳細を見る

  • 禁煙指導の効率化 質を担保し、やりがいを高めるスキルミックス指導法

    大原 利章, 福武 奈津子

    日本禁煙学会学術総会プログラム・抄録集   5回   70 - 70   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本禁煙学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 分子標的治療 FAKを標的とした大腸癌腹膜播種抑制の実験的検討(Molecular target therapy Experimental approach to control peritoneal dissemination of colon cancer by targeting FAK)

    はお 慧芳, 高岡 宗徳, 包 暁紅, 桜間 教文, 大原 利章, 友野 靖子, 白川 靖博, 山辻 知樹, 藤原 俊義, 猶本 良夫

    日本癌学会総会記事   69回   237 - 237   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 食道狭窄を伴う新規食道癌同所性移植マウスモデル(Establishment of a novel orthotopic mouse model with obstructive human esophageal cancer)

    大原 利章, 高岡 宗徳, 櫻間 一史, 永石 香, 武田 晴郎, 白川 靖博, 山辻 知樹, 永坂 岳, 松岡 順治, 田中 紀章, 藤原 俊義, 猶本 良夫

    日本癌学会総会記事   69回   115 - 115   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • Ras-MAPKパスウェイの活性化した食道癌細胞は新規IGF-IR阻害剤(NVP-AEW541)に対し抵抗性を示す(Esophageal cancer exhibits a resistance to a novel IGF-1R inhibitor NVP-AEW54 1 with a maintained Ras-MAPK activity)

    包 暁紅, 高岡 宗徳, はお 慧芳, 大原 利章, 桜間 教文, 友野 靖子, 白川 靖博, 山辻 知樹, 藤原 俊義, 猶本 良夫

    日本癌学会総会記事   69回   184 - 184   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 新しいバスキュラーアクセス開存の指標 アクセス係数と平均無手術期間について

    宮崎 雅史, 岡 良成, 高津 成子, 松田 浩明, 丸山 昌伸, 宇野 太, 大原 利章, 近藤 喜太

    日本透析医学会雑誌   43 ( Suppl.1 )   546 - 546   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本透析医学会  

    researchmap

  • 当科における食道憩室切除症例の検討

    山辻知樹, 山田英司, 西谷正史, 大原利章, 田辺俊介, 藤原康宏, 野間和広, 櫻間一史, 高岡宗徳, 白川靖博, 貞森裕, 小林直哉, 藤原俊義, 八木孝仁, 羽井佐実, 松岡順治, 猶本良夫

    日本外科学会雑誌   111 ( 臨増2 )   582 - 582   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • より良い禁煙講演を目指して 講演分析から個別化指導へ向けて

    大原 利章, 福武 奈津子

    日本禁煙学会学術総会プログラム・抄録集   4回   118 - 118   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本禁煙学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖質調整流動食MHN-01の食道癌術後高血糖抑制効果 ランダム化クロスオーバー試験

    山辻 知樹, 猶本 良夫, 田辺 俊介, 藤原 康宏, 野間 和広, 大原 利章, 元木 崇之, 高岡 宗徳, 白川 靖博, 羽井佐 実

    日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   1093 - 1093   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バスキュラーアクセス開存に関する新しい指標 平均無手術期間について

    宮崎 雅史, 岡 良成, 高津 成子, 宇野 太, 大原 利章, 戸田 桂介, 丸山 昌伸, 松田 浩明

    日本透析医学会雑誌   42 ( Suppl.1 )   593 - 593   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本透析医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Antiproliferative effects of a novel mTOR inhibitor (Temsirolimus) provide the prolonged survival in a pleural dissemination model using non-small cell lung cancer cells

    Toshiaki Ohara, Yoshio Naomoto, Yasuko Tomono, Shinichi Toyooka, Toshio Nishikawa, Kazufumi Sakurama, Seishi Nishitani, Huifang Hao, Xiaohong Bao, Shunsuke Tanabe, Yasuhiro Fujiwara, Takayuki Motoki, Munenori Takaoka, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Junji Matsuoka, Noriaki Tanaka

    CANCER RESEARCH   69   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • The upregulation of FAK contributes to tumor progression and a resistance to Imatinib in gastrointestinal stromal tumor

    Xiaohong Bao, Nobuyuki Kamo, Huifang Hao, Kazufumi Sakurama, Kazuhiro Noma, Yasuhiro Shirakawa, Hitoshi Nagatsuka, Yasuko Tomono, Yasuhiro Fujiwara, Nobuyuki Watanabe, Seishi Nishitani, Toshiaki Ohara, Munenori Takaoka, Tomoki Yamatsuji, Junji Matsuoka, Seiichi Hirota, Shinji Hatakeyama, Osamu Omori, Zhigang Wang, Noriaki Tanaka, Yoshio Naomoto

    CANCER RESEARCH   69   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • Targeting mTOR by temsirolimus as a potential therapeutic alternate in esophageal cancer

    Seishi Nishitani, Toshio Nishikawa, Toshiaki Ohara, Yasuko Tomono, Kazufumi Sakurama, Xiaohong Bao, Huifang Hao, Kazuhiro Noma, Takayuki Motoki, Yasuhiro Fujiwara, Shunsuke Tanabe, Munenori Takaoka, Yasuhiro Shirakawa, Tomoki Yamatsuji, Minoru Haisa, Junji Matsuoka, Noriaki Tanaka, Yoshio Naomoto

    CANCER RESEARCH   69   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • 軟性気管支鏡およびラリンジアルマスクにて気管ステントを留置した1例

    西川 敏雄, 井上 文之, 石井 泰則, 高橋 健司, 高橋 正彦, 大原 利章

    日本臨床外科学会雑誌   70 ( 2 )   407 - 410   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は79歳,女性.2007年12月下旬より呼吸困難を自覚していた.他院にて甲状腺癌による気管狭窄と診断されたものの治療困難と言われたため加療目的にて2008年1月上旬当院初診となった.画像上甲状腺に腫瘍を認め,気管は腫瘍の浸潤により声帯下3cmの部位より末梢側に5cmにわたって狭窄していた.甲状腺癌に対する手術適応はないと考え気管ステント留置を行うこととした.自発呼吸下にてラリンジアルマスクを挿入,次いでこれより軟性気管支鏡を挿入した.気管内にガイドワイヤーを挿入し狭窄部の末梢側にガイドワイヤーの先端を留置した後に気管支鏡のみを抜去した.ガイドワイヤーに沿って透視下にてデバイスを気管内に挿入し金属ステントを留置した.日常使用し慣れている軟性気管支鏡と挿入の容易なラリンジアルマスクを用いての気管ステント留置は全身状態不良である症例や特に声帯近傍でのステント留置に有用であると考えられた.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20090309100013&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.70.407&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.70.407&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 新規mTOR阻害剤(テムシロリムス)の食道癌細胞における抗腫瘍効果の検討

    西川敏雄, 猶本良夫, 高岡宗徳, 大原利章, 櫻間一史, 元木崇之, 白川靖博, 山辻知樹, 羽井佐実, 松岡順治, 田中紀章

    日本外科学会雑誌   110 ( 臨増2 )   564 - 564   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非小細胞肺癌におけるmTOR阻害薬(temsirolimus)による抗腫瘍効果の基礎的検討

    大原利章, 西川敏雄, 豊岡伸一

    肺癌   49 ( 5 )   2009年

     詳細を見る

  • 食道癌細胞におけるテムシロリムスの抗腫瘍効果の検討

    西川 敏雄, 猶本 良夫, 高岡 宗徳, 大原 利章, 田邊 俊介, 藤原 康宏, 渡辺 信之, 櫻間 一史, 野間 和広, 元木 崇之, 白川 靖博, 山辻 知樹, 羽井佐 実, 松岡 順治, 田中 紀章

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   694 - 694   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 周術期の栄養管理 糖尿病合併食道癌の周術期管理における糖質調整流動食MHN-01の効果とその臨床応用

    大原 利章, 猶本 良夫, 田辺 俊介, 藤原 康宏, 西川 敏雄, 高岡 宗徳, 白川 靖博, 山辻 知樹, 羽井佐 実, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   1141 - 1141   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • A review article: Sevelamer hydrochloride and metabolic acidosis in dialysis patients

    Yoshinari Oka, Masashi Miyazaki, Shigeko Takatsu, Toshiaki Oohara, Keisuke Toda, Futoshi Uno, Hiroaki Matsuda

    Cardiovascular and Hematological Disorders - Drug Targets   8 ( 4 )   283 - 286   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    Sevelamer hydrochloride is a phosphate binder and its effectiveness to reduce the cardiovascular mortality of dialysis patients has been tested. Sevelamer hydrochloride also contains chlorine, so a decrease in bicarbonate due to chlorine load was anticipated and metabolic acidosis thought to associate with sevelamer hydrochloride has been reported in some papers. We reported that sevelamer hydrochloride exacerbated metabolic acidosis in hemodialysis patients, depending on the dosage. Also a Japanese nationwide survey suggested that sevelamer hydrochloride usage potentially aggravates acidosis in dialysis patients. A multi-institute research study by Edmung et al. has shown that metabolic acidosis, with serum CO2 below 17.5 mmol/L, is by itself associated with increased risk of death in dialysis patients. Furthermore, the Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study (DOPPS) revealed that both high (&gt
    27 mmol/L) and low (&lt
    or = 17 mmol/L) serum bicarbonate (total CO2) levels were associated with increased risk for mortality and hospitalization. There has not been any significant evidence to show that sevelamer hydrochloride has reduced the cardiovascular mortality of dialysis patients compared with calcium-based binder. Clinicians should check not only the level of chlorine but also the level of total CO2 or bicarbonate during the treatment with sevelamer hydrochloride, and control metabolic acidosis. © 2008 Bentham Science Publishers Ltd.

    DOI: 10.2174/187152908786786197

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 食道癌細胞におけるテムシロリムスの抗腫瘍効果の検討

    西川敏雄, 猶本良夫, 高岡宗徳, 大原利章, 田邊俊介, 藤原康宏, 渡辺信之, 櫻間一史, 野間和広, 元木崇之, 白川靖博, 山辻知樹, 羽井佐実, 松岡順治, 田中紀章

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   2008年

     詳細を見る

  • 肺リンパ脈管筋腫症による生体肺移植後の難治性胸腹水に対するSirolimusの投与経験

    大原 利章, 佐野 由文, 三好 健太郎, 田尾 裕之, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 岡崎 恵, 伊達 洋至

    移植   42 ( 総会臨時 )   240 - 240   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 進行食道癌(Mt領域)に対する当院の治療戦略

    木村 幸男, 大原 利章

    山口医学   56 ( 4 )   140 - 140   2007年9月

  • 75歳以上の高齢者食道癌の治療戦略 手術症例

    木村 幸男, 大原 利章

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1339 - 1339   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸腔鏡下に生検をして診断したCastleman diseaseの一例

    木村 幸男, 大原 利章

    日本呼吸器外科学会雑誌   21 ( 3 )   483 - 483   2007年4月

  • 集学的治療が奏功した原発性肺多形癌の1例

    大原 利章, 木村 幸男

    日本呼吸器外科学会雑誌   21 ( 3 )   458 - 458   2007年4月

  • 胸腔内温熱療法を施行した2例

    大原 利章, 木村 幸男

    山口県医学会誌   ( 41 )   173 - 173   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)山口県医師会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医師個人の技術評価におけるPOSSUM scoring systemの有用性

    竹内 仁司, 安井 義政, 金川 泰一朗, 田中屋 宏爾, 中川 仁志, 金澤 卓, 村田 宏, 荒田 尚, 大原 利章, 重安 邦俊, 愛洲 尚哉

    日本外科学会雑誌   108 ( 臨増2 )   715 - 715   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における肝癌治療の変遷

    竹内仁司, 重安邦俊, 大原利章, 荒田尚, 村田宏, 金澤卓, 中川仁志, 田中屋宏爾, 金川泰一朗, 安井義政, 大田剛由, 詫間義隆, 牧野泰裕

    山口県医学会誌   ( 41 )   170 - 170   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)山口県医師会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膿胸関連悪性リンパ腫の一例

    木村 幸男, 大原 利章

    日本臨床外科学会雑誌   67 ( 増刊 )   545 - 545   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多発性肺転移性腫瘍の治療戦略 外科的治療を中心に

    木村 幸男, 大原 利章

    日本呼吸器外科学会雑誌   20 ( 3 )   878 - 878   2006年5月

  • 当院における過去20年間の肝癌の動向

    竹内 仁司, 荒田 尚, 大原 利章, 黒田 新士, 武田 晃, 田中屋 宏爾, 谷口 信將, 村田 年弘, 安井 義政

    日本外科学会雑誌   107 ( 臨増2 )   438 - 438   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Rubinstein-Taybi症候群に合併した小腸癌の1例

    中川仁志, 金川泰一朗, 田中屋宏爾, 黒田新士, 谷口信将, 大原利章, 荒田尚, 村田年弘, 安井義政, 竹内仁司

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   1247 - 1247   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 手術不能進行性肺・食道癌に発生した気管支食道瘻に対しステントによるQOLの改善について

    木村幸男, 大原利章

    日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集   11th   2006年

     詳細を見る

  • 数ヵ月で約5cmの腫瘤として発育した肺の癌肉腫の1例

    大原 利章, 木村 幸男

    肺癌   45 ( 5 )   599 - 599   2005年11月

  • 頸部からのアプローチで摘出を行った縦隔甲状腺腫の二例

    木村 幸男, 大原 利章

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 増刊 )   526 - 526   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 虚血性腸疾患における治療法の新たな展開

    田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 村田 年弘, 荒田 尚, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信將, 小山 裕

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 増刊 )   274 - 274   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 虫垂癌の早期診断と一期的根治手術を目指した治療戦略

    村田 年弘, 田中屋 宏爾, 谷口 信將, 大原 利章, 黒田 新士, 荒田 尚, 武田 晃, 安井 義政, 竹内 仁司

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 増刊 )   286 - 286   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹腔鏡下肝切除術の手技と位置付

    竹内 仁司, 大原 利章, 黒田 信士, 谷口 信將, 荒田 尚, 村田 年弘, 田中屋 宏爾, 武田 晃, 安井 義政

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 増刊 )   326 - 326   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ハルトマン手術の功罪

    黒田 新士, 田中屋 宏爾, 大原 利章, 谷口 信将, 荒田 尚, 村田 年弘, 武田 晃, 安井 義政, 竹内 仁司

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 増刊 )   487 - 487   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 進行性肺癌の気管支食道瘻に対しCovered Ultraflex stentにてQOLの改善を認めた1例

    大原 利章, 木村 幸男

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 8 )   2080 - 2080   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌術後の大腸フォローアップ:吻合部再発と多発癌に対する監視法の個別化

    田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 荒田 尚, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信將, 小山 裕

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   998 - 998   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遺伝性非ポリポーシス大腸癌におけるサーベイランスのありかた

    田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 荒田 尚, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信将, 小山 裕

    日本外科学会雑誌   106 ( 臨増 )   619 - 619   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 遺伝性非ポリポーシス大腸癌における発症前遺伝子変異保有者診断

    田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 荒田 尚, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信將, 小山 裕, 石川 秀樹, 古川 洋一, 大腸癌研究会HNPCCの登録と遺伝子解析プロジェクト

    日本遺伝カウンセリング学会誌   26 ( 1 )   53 - 53   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本遺伝カウンセリング学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リスク指標を用いた高齢者手術リスク対策

    竹内 仁司, 小山 裕, 徳田 貴則, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信将, 大橋 勝久, 荒田 尚, 田中屋 宏爾, 武田 晃, 安井 義政

    日本外科学会雑誌   106 ( 臨増 )   145 - 145   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における家族性乳癌症例の検討

    荒田 尚, 小山 裕, 徳田 貴則, 大原 利章, 黒田 新士, 谷口 信将, 大橋 勝久, 田中屋 宏爾, 武田 晃, 安井 義政, 竹内 仁司, 小長 英二

    山口医学   54 ( 1 )   47 - 47   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山口大学医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 特異な陰影の変化を示し術前診断に苦慮した肺癌の一例

    大原利章, 木村幸男

    国立病院総合医学会   59th   2005年

     詳細を見る

  • 腸ぼうこうろうの臨床病理学的検討

    大原利章, 田中屋宏爾, 小山裕, 黒田新士, 谷口信将, 大橋勝久, 荒田尚, 武田晃, 安井義政, 竹内仁司

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年

     詳細を見る

  • チームで取り組む家族性大腸癌の拾い上げ

    田中屋宏爾, 竹内仁司, 安井義政, 武田晃, 村田年弘, 荒田尚, 黒田新士, 谷口信将, 大原利章, 市川かよ子, 知利川鋭子, 松岡利恵

    国立病院総合医学会   59th   2005年

     詳細を見る

  • 肝細胞癌に対し胸腔鏡下経横隔膜的ラジオ波焼灼療法を施行した1例

    小山 裕, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 田中屋 宏爾, 荒田 尚, 伊藤 充矢, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 徳田 貴則

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 10 )   2807 - 2807   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 胸腺腫に重複した大腸癌の2例

    小山 裕, 田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 荒田 尚, 伊藤 充矢, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 徳田 貴則

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 増刊 )   772 - 772   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃癌集積家系の臨床的特徴

    黒田 新士, 田中屋 宏爾, 徳田 貴則, 小山 裕, 大原 利章, 大橋 勝久, 荒田 尚, 伊藤 充矢, 武田 晃, 安井 義政, 竹内 仁司

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 増刊 )   494 - 494   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脈絡膜転移をきたした乳癌の1例

    徳田 貴則, 田中屋 宏爾, 竹内 仁司, 安井 義政, 武田 晃, 荒田 尚, 伊藤 充矢, 大橋 勝久, 大原 利章, 黒田 新士, 小山 裕

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 増刊 )   536 - 536   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多発肝転移を伴った径18mm大の直腸カルチノイドの1例

    大橋 勝久, 武田 晃, 竹内 仁司, 安井 義政, 田中屋 宏爾, 荒田 尚, 伊藤 充矢, 黒田 新士, 大原 利章, 小山 裕, 徳田 貴則

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 増刊 )   599 - 599   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膵奇形を伴った胃重複症の1例

    大原 利章, 村岡 篤

    香川県内科医会誌   40   81 - 81   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:香川県内科医会  

    researchmap

  • 食道癌術後の再建胃管(胸壁前)に発生した難治性穿孔性潰ようの1治験例

    大原利章, 津村真, 内海方嗣, 山崎泰源, 国土泰孝, 村岡篤, 曽根良幸, 香川茂雄, 鶴野正基

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   2004年

     詳細を見る

  • 大量の小腸出血をきたした成人Henoch-Schonlein紫斑病の一手術例

    内海 方嗣, 村岡 篤, 大原 利章, 渡辺 信之, 國土 泰孝, 立本 昭彦, 曽根 良幸, 香川 茂雄, 津村 眞, 鶴野 正基

    香川県医師会誌   56 ( 特別 )   62 - 62   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)香川県医師会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 回結腸憩室炎による上腸間膜静脈血栓症の一手術例

    渡辺信之, 津村真, 内海方嗣, 大原利章, 池田義博, 国土泰孝, 村岡篤, 立本昭彦, 鶴野正基

    日本臨床外科学会雑誌   64 ( 増刊 )   834 - 834   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • 寝台用補助板

    大原利章, 吉田雅言

     詳細を見る

    出願人:岡山大学

    出願番号:2021-01879  出願日:2021年8月31日

    特許番号/登録番号:1713126  登録日:2022年4月12日  発行日:2022年4月12日

    researchmap

  • 木質燃料製造システム及び方法

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-140265号  出願日:2020年8月21日

    researchmap

  • ショウガまたはタケの精製物を含む植物病害の防除剤および抗動物ウイルス剤

    鳴坂 義弘, 畑中 唯史, 鳴坂 真理, 大原 利章

     詳細を見る

    出願人:岡山県

    出願番号:特願2019-054641  出願日:2019年3月22日

    公開番号:特開2020-152695  公開日:2020年9月24日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 投薬量管理支援システム

    大原 利章, 水藤 寛, 杉谷 宜紀

     詳細を見る

    出願人:国立研究開発法人科学技術振興機構

    出願番号:特願2019-009333  出願日:2019年1月23日

    公表番号:WO2020153423  公表日:2020年7月30日

    researchmap

  • リグニン抽出物を有効成分とする薬剤

    古藤田, 香代子, 大原 利章

     詳細を見る

    出願人:株式会社カスケード資源研究所

    出願番号:特願2018-223506  出願日:2018年11月29日

    公開番号:特開2019-059754  公開日:2019年4月18日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗腫瘍活性、抗菌活性、および/または抗ウイルス活性を有し、副作用が低減された鉄キレート剤を含む医薬組成物

    西田 雄三, 大原 利章, 大森 一弘, 友野 靖子

     詳細を見る

    出願人:株式会社ダステック, 国立大学法人 岡山大学, 医療法人創和会

    出願番号:特願2018-010757  出願日:2018年1月25日

    公開番号:特開2018-188419  公開日:2018年11月29日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リン酸吸着剤及びその製造方法並びに下水処理剤

    加来田 博喜, 大原 利章

     詳細を見る

    出願人:大原 利章

    出願番号:特願2017-175207  出願日:2017年8月26日

    公開番号:特開2019-037970  公開日:2019年3月14日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多能性幹細胞の腫瘍化抑制剤及び腫瘍化抑制方法

    大原 利章, 桂 佑貴

     詳細を見る

    出願人:大原 利章

    出願番号:特願2017-074187  出願日:2017年4月4日

    公開番号:特開2018-177648  公開日:2018年11月15日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • カテーテルの留置位置の事前確認具の製造方法

    大原 利章, 櫻間 教文, 唐井 利昌

     詳細を見る

    出願人:有限会社ケイ・テクノ

    出願番号:特願2017-046795  出願日:2017年3月10日

    公開番号:特開2018-149038  公開日:2018年9月27日

    特許番号/登録番号:特許6829804  登録日:2021年1月27日 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 癌幹細胞抑制剤、癌の転移又は再発の抑制剤並びに癌細胞の未分化マーカー発現抑制剤

    大原 利章, 二宮 卓之, 友野 靖子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学, 医療法人創和会

    出願番号:特願2016-078614  出願日:2016年4月11日

    公開番号:特開2017-071592  公開日:2017年4月13日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がんの非ヒトモデル動物及びその作製方法、がん幹細胞及びその製造方法

    妹尾 昌治, 笠井 智成, 岩崎良章, 大原 利章, 廣畑 聡, 加来田 博貴

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2016-546537  出願日:2016年3月30日

    公開番号:WO2016-170938  公開日:2016年10月27日

    特許番号/登録番号:特許第6161828号  登録日:2021年9月30日 

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リグニン抽出物を有効成分とする植物病害防除剤

    大原 利章, 鳴坂 義弘, 鳴坂 真理, 山次 康幸, 古藤田 香代子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学, 株式会社カスケード資源研究所

    出願番号:JP2016051216  出願日:2016年1月18日

    公開番号:WO2017-125993  公開日:2017年7月27日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リグニン抽出物を有効成分とする薬剤

    古藤田, 香代子, 大原 利章

     詳細を見る

    出願人:株式会社カスケード資源研究所

    出願番号:JP2014071498  出願日:2014年8月15日

    公開番号:WO2016-024359  公開日:2016年2月18日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • カテーテルの留置位置の事前確認具

    大原 利章, 櫻間 一史

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2013-226369  出願日:2013年10月31日

    公開番号:特開2015-084971  公開日:2015年5月7日

    特許番号/登録番号:特許第6179859号  発行日:2017年7月28日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バルーンダイレーター

    田邊 俊介, 白川 靖博, 野間 和広, 大原 利章, 前田 直見

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2012-004501  出願日:2012年1月12日

    公開番号:特開2013-141588  公開日:2013年7月22日

    特許番号/登録番号:特許第6048946号  発行日:2016年12月2日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗腫瘍剤

    大原 利章, 高岡 宗徳, 猶本 良夫, 友野 靖子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学, 医療法人創和会

    出願番号:特願2012-505674  出願日:2011年3月14日

    特許番号/登録番号:特許第5882889号  発行日:2016年2月12日

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食道癌同所性移植モデル動物

    大原 利章, 高岡 宗徳, 猶本 良夫

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2009-125089  出願日:2009年5月25日

    公開番号:特開2010-268759  公開日:2010年12月2日

    特許番号/登録番号:特許第5595675号  発行日:2014年8月15日

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 生物学研究奨励賞

    2020年10月   両備檉園記念財団  

    大原 利章

     詳細を見る

  • 研究奨励賞

    2014年11月   日本消化器癌発生学会  

    大原 利章

     詳細を見る

  • がん研究奨励賞

    2014年6月   岡山医学会  

    大原 利章

     詳細を見る

  • 研究助成金

    2014年2月   高松宮妃がん研究基金  

    大原 利章

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 鉄キレート剤のHIF誘導効果を活用した新規がん免疫療法の開発

    研究課題/領域番号:22K08712  2022年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大原 利章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • AIを活用した腫瘍血管の新規構造解析

    2022年01月 - 2023年03月

    株式会社ハイテックシステムズ 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • AIを活用した腫瘍血管の新規構造解析

    2021年09月 - 2022年03月

    岡山大学研究推進産学官連携機構 プレ共同研究支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • SDGs素材としての水溶性リグニンの有効性の確認

    2021年

    岡山大学  産学共創促進チャレンジ事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 革新的植物圧搾法を用いたバイオマスマイクログリッドの実用化

    2020年

    岡山大学  スタートアップ・ベンチャー共創促進チャレンジ事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • AIの学習と数理から解き明かす熟練者の技

    2019年11月 - 2022年03月

    科学技術振興機構(JST)  未来社会創造事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 思考を学習させたAIを用いた高効率機械学習の医療応用

    2019年09月 - 2022年03月

    岡山大学  次世代研究育成グループ事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

    researchmap

  • リグニン抽出によるタールフリー 木質ガス化システムの開発および 抽出したリグニン由来製品の研究開発

    2019年04月 - 2022年03月

    高砂熱学工業株式会社 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    researchmap

  • 非ビッグデータ用の高効率的機械学習法を応用した腎性貧血に対するESA製剤の投薬管理システムの開発

    2019年04月 - 2020年03月

    文部科学省  補助事業「特別電源所在県科学技術振興事業」 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 緊急検査時の安全性を確保するX線透過性検査板の開発

    研究課題/領域番号:JPMJTM1812  2018年12月 - 2019年03月

    科学技術振興機構(JST)  研究成果展開事業地域産学バリュープログラム/マッチングプランナープログラム(A-STEP機能検証フェーズ) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2990000円

    researchmap

  • プラスチック材料を用いた患者転落防止機能付きX線透視下手術板の開発

    2018年06月 - 2019年02月

    文部科学省  特別電源所在県科学技術振興事業  プラスチック材料を用いた患者転落防止機能付きX線透視下手術板の開発

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

    researchmap

  • 除鉄による幹細胞性喪失のメカニズムの解明と癌幹細胞治療への新展開

    研究課題/領域番号:18K08539  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大原 利章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    1)幹細胞性維持に関わる未知の鉄代謝経路の解明
    幹細胞性マーカー(Nanog等)を発現している食道癌細胞株TE-8を用いて、鉄キレート剤(DFX, DFO, SP-10)を投与すると、これまで確認したHSC-2細胞、OE33細胞と同様に幹細胞マーカーの発現が抑制される事を確認した。次に食道癌の既存の標準治療薬であるCDDPを対照薬としてマイクロアレイを行い、鉄キレート剤と幹細胞性に関係するシグナルについて検討を行った。その結果、IL-6の発現がCDDPと鉄キレート剤で大きく誘導性が異なる事を見い出し、PCRおよびELISAで、CDDPは食道癌細胞株(TE-8、OE33)に対してDFXと比較してTE8は100倍、OE33は20倍以上誘導する事が判明した。しかし、IL-6の自己分泌のみによる幹細胞性の保持は確認できず、IL-6は癌微小環境維持の主なサイトカインのひとつであるため、癌微小環境を介した幹細胞性維持機構を低下させている可能性が示唆された。
    <BR>
    2)新しい着想に基づく癌幹細胞治療法の新機軸への挑戦
    幹細胞マーカーNanogが本当に臨床手的に予後不良因子であるか明らかにするために食道癌の134例の切除検体を用いてNanogの免疫染色を行い、予後との相関について検討を行った。既報に習いスコアリングを行うと、Nanogの高発現群は98例、低発現群は36例であった。全生存期間、無病生存期間共にNanog高発現は有意に悪く、予後不良因子である事が明らかになった。鉄キレート剤はNanogの発現を強く抑制できるため、食道癌の予後を改善できる可能性が示唆された。

    researchmap

  • 磁性粒子ポリマーを用いた革新的迅速免疫染色法

    2017年04月 - 2018年03月

    日本医療研究開発機構  橋渡し研究戦略的推進プログラム 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 血液透析用カフ型カテーテル留置位置の事前設定器具の開発

    2017年01月 - 2019年12月

    (有)ケイテクノ 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    researchmap

  • 磁性粒子ポリマーを用いた新規迅速免疫染色法の開発

    2017年 - 2018年

    黒住医学振興財団  第25回研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 鉄制御を用いた癌幹細胞治療法の開発

    2017年 - 2018年

    岡山大学  大学機能強化促進補助金 若手研究者育成支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • バイオマスリグニンを活用した植物ウイルス及び鳥インフルエンザウイルス防除の革新的防除技術の研究開発

    2016年 - 2017年

    岡山県  外部知見活用型・産学官連携研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 新規鉄キレート剤の開発

    2015年03月 - 2020年03月

    株式会社 ダステック 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    researchmap

  • 理学・工学との連携による革新的ウイルス対策技術の開発

    2014年11月 - 2017年03月

    農林水産省  革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 血液透析用カフ型カテーテル留置位置の事前設定器具の開発

    2014年09月 - 2015年02月

    岡山大学研究推進産学官連携機構  プレ共同研究支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • がん幹細胞に対する除鉄治療法の開発

    2014年09月

    岡山大学  若手研究者スタートアップ研究支援 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 体内鉄コントロールを応用した新規がん治療法の確立

    研究課題/領域番号:26861048  2014年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    大原 利章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    過剰な鉄は発癌原因のひとつであり、申請者は腫瘍を除鉄すると腫瘍増殖が抑制され、代償的な血管新生が誘導される事を発見し、除鉄と血管新生阻害薬を併用する新規治療法を考案した。肝臓癌細胞株(HepG2, HLE)に対して血管新生阻害作用のあるソラフェニブに鉄キレート剤(デフェラシロックス)を併用すると増殖抑制効果の上乗せが認められた。ソラフェニブ投与患者(n=58)の後視的解析では、TIBC高値群とフェリチン低値群の体内鉄が低いと考えられる群で全生存期間が有意に延長されていた。以上より、臨床研究でもソラフェニブに鉄キレート剤を併用すると体内鉄を下げ抗腫瘍効果を増強できる可能性が高いと考えられた。

    researchmap

  • 治療抵抗性消化器癌に対する癌関連線維芽細胞を標的とした新規治療法の開発

    研究課題/領域番号:26861077  2014年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    野間 和広, 勝部 亮一, 白川 靖博, 大原 利章, 藤原 俊義, 田澤 大

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    食道癌による線維芽細胞のCAF化と,CAFによる癌細胞の悪性化について検証した.線維芽細胞は癌細胞との相互作用でCAF化し,CAFの刺激により癌細胞は悪性度を増強した.またCAFにより刺激され癌細胞は化学療法や放射線治療に対する治療抵抗性を獲得していた.動物実験においては癌細胞をCAFと共接種した群において5-FUの抗腫瘍効果の減弱を認め,in vitroと同様に治療抵抗性を示した.以上のことよりCAFを制御することが,癌の増殖や治療抵抗性の獲得を抑制し得ることが予測された.続いて,我々はCAFを標的とするPhotoimmunotherapy治療法を開発し選択的に殺傷することに成功した.

    researchmap

  • 肝臓癌における除鉄誘導療法の確立

    2014年02月

    高松宮妃がん研究基金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 血清鉄調節を利用したがん微小環境制御による画期的な分子標的治療の効果増強法の開発

    研究課題/領域番号:24791424  2012年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    大原 利章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    鉄は生体にとって必要不可欠な栄養素であり、それは癌にとっても同様である。癌と鉄については以前から研究が行われており、様々な鉄の化合物を動物モデルに投与すると腎癌、悪性中皮腫などの悪性腫瘍が誘発される事が知られている。しかし、逆に鉄を除去(除鉄)する事は動物レベルで腫瘍の増殖抑制が認められた報告はあるが、一般的な治療としては確立されていない。我々は除鉄を行うと癌細胞の増殖が抑制されるが、代償的に血管新生が生じる事を発見した。さらにこの癌の防御機構を逆手に取り、除鉄で誘導した上に血管新生阻害薬を投与すると高い抗腫瘍効果が認められる事を明らかにした。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 病理学Ⅰ (2021年度) 特別  - その他

  • 病理学Ⅰ実習 (2021年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 病理病態学 (2021年度) 集中  - その他

  • 病理学Ⅰ (2020年度) 特別  - その他

  • 病理学Ⅰ実習 (2020年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病理学(免疫病理)II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 病理病態学 (2020年度) 集中  - その他

▼全件表示

 

メディア報道

  • AIが最適な投薬量を判断 岡山大などグループ システム開発 新聞・雑誌

    山陽新聞  2021年4月

     詳細を見る

  • AIが最適な投薬量を判断 岡山大などグループ システム開発 インターネットメディア

    時事通信社  時事メディカル  2021年3月

     詳細を見る

  • カテーテル挿入正確に 高齢透析患者用補助具を開発 新聞・雑誌

    山陽新聞  朝刊 1面  2019年2月

     詳細を見る

  • がん幹細胞再現 iPS使い創薬 新聞・雑誌

    日本経済新聞  朝刊 11面  2018年3月

     詳細を見る

  • がん幹細胞の除鉄治療の可能性 テレビ・ラジオ番組

    NHK岡山放送局 ニュース  2017年12月

     詳細を見る

  • 人工透析手術の器具開発へ ケイ・テクノ、精度向上狙う 新聞・雑誌

    山陽新聞  2016年3月

     詳細を見る

  • 「がんの親玉」鉄分除去で抑える…根本的治療法、開発の可能性 新聞・雑誌

    読売新聞  朝刊 37面  2015年10月

     詳細を見る

  • カテーテル正確位置決め事前設定器具を試作 新聞・雑誌

    日本工業新聞  2015年5月

     詳細を見る

  • 体内の鉄分減らす肝がん治療の治験 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2014年1月

     詳細を見る

  • 分子標的薬と鉄分減併用で腫瘍増殖を大幅抑制 新聞・雑誌

    山陽新聞  朝刊 36面  2012年11月

     詳細を見る

▼全件表示