2022/07/15 更新

写真a

タニオカ マキ
谷岡 真樹
Tanioka Maki
所属
医歯薬学域 准教授(特任)
職名
准教授(特任)

学位

  • 医学博士 ( 2013年9月   神戸大学大学院 )

  • 博士(医学) ( 神戸大学 )

経歴

  • 岡山大学大学院 学術研究院医歯薬学域 医療AI   准教授

    2021年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 国立がん研究センター中央病院腫瘍内科   医員

    2018年4月 - 2021年9月

      詳細を見る

  • ノースカロライナ大学チャペルヒル校ラインバーガー癌研究所   ポストドクトラルフェロー

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 神戸大学大学院

    2010年4月 - 2013年9月

      詳細を見る

  • 兵庫県立がんセンター腫瘍内科   医長

    2009年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 国立がん研究センター中央病院   レジデント

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 湘南鎌倉総合病院総合内科

    2004年11月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 京都大学医学部附属病院   研修医

    2003年5月 - 2004年11月

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

▼全件表示

MISC

  • Cisplatin with dose-dense paclitaxel before and after radical hysterectomy for locally advanced cervical cancer: Final results of a multicenter phase II study (Sankai Gynecology Study Group 013).

    Satoshi Yamaguchi, Kiyoshi Fujiwara, Shinya Sato, Shoji Nagao, Kazuhiro Takehara, Masato Nishimura, Muneaki Shimada, Junzo Kigawa, Maki Tanioka

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32 ( 15 )   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Pathologic complete response to cisplatin with dose-dense paclitaxel as neoadjuvant chemotherapy for locally advanced cervical cancer: Preliminary results of a multicenter phase II study with additional mutation analysis of adeno/adenosquamous carcinoma

    Maki Tanioka, Satoshi Yamaguchi, Shinya Sato, Shoji Nagao, Kazuhiro Takehara, Masato Nishimura, Tamotsu Sudo, Satoshi Morita, Hironobu Minami, Shunichi Negoro, Muneaki Shimada, Junzo Kigawa, Kiyoshi Fujiwara

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   31 ( 15 )   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap