2024/02/02 更新

写真a

ハカマダ レイ
袴田 玲
HAKAMADA Rei
所属
ヘルスシステム統合科学学域 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 2017年3月   東京大学 )

  • Master(Sciences humaines et sociales) ( 2015年9月   École pratique des hautes études )

  • 修士(文学) ( 2009年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • グレゴリオス・パラマス

  • ビザンツ

  • 正教

  • 東方キリスト教

  • キリスト教

  • 死生観

  • 人間観

  • 説教

  • 身体観

研究分野

  • 人文・社会 / 宗教学

学歴

  • École pratique des hautes études   Études européennes, méditerranéennes et asiatiques   Master 2

    2012年9月 - 2013年9月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院   人文社会系研究科   基礎文化研究専攻(宗教)博士課程

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院   人文社会系研究科   基礎文化研究専攻(宗教)修士課程

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   Faculty of Letters   Philosophy and Religion

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   College of Arts and Sciences  

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究学域   講師

    2022年 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究学域   助教

    2021年 - 2022年

      詳細を見る

  • Corpus Christi College, The University of Oxford   Research Associate

    2020年 - 2022年

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   海外特別研究員(RRA)

    2020年 - 2022年

      詳細を見る

  • The University of Oxford   Faculty of Theology and Religion   Visiting Academic

    2020年 - 2022年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Graduate School of Humanities and Social Sciences   助教(特任)

    2017年 - 2021年

      詳細を見る

  • 清泉女子大学   非常勤講師

    2016年 - 2019年

      詳細を見る

  • 文教大学   非常勤講師

    2016年 - 2018年

      詳細を見る

  • 聖心女子大学   非常勤講師

    2016年 - 2017年

      詳細を見る

  • 中央大学   非常勤講師

    2016年 - 2017年

      詳細を見る

  • 立教大学   兼任講師

    2016年 - 2017年

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    2014年 - 2017年

      詳細を見る

  • 上智大学短期大学部   非常勤講師

    2013年 - 2017年

      詳細を見る

  • 東京大学   次世代人文学開発センター   研究員

    2012年 - 2013年

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC1)

    2009年 - 2012年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 教父研究会   会計監査  

    2023年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 東方キリスト教学会   会計監査  

    2023年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 中世哲学会   評議員  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 新プラトン主義協会   理事  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 中世哲学会   書評WG委員  

    2018年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 教父研究会   会計  

    2014年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 新プラトン主義協会   理事  

    2014年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 教父研究会   庶務  

    2009年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 古代・中世キリスト教における〈女性〉イメージの多様性:〈報告〉グレゴリオス・パラマスのマリア像―人間の救済におけるマリアの主体的・積極的役割について 招待

    『キリスト教史学』   77   3 - 20   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「ヘシュカスムにおける涙の位置づけ」 査読

    袴田玲

    『パトリスティカ―教父研究―』   ( 23 )   99 - 109   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「トマス・アクィナス『説教18「地は芽生えさせよ(Germinet Terra)」』におけるマリアの原罪についての理解とその可能性」 査読

    袴田玲

    『中世思想研究』   ( 61 )   67 - 81   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「三一的存在としての人間―グレゴリオス・パラマス『第六十講話』における『神の像』理解」 査読

    袴田玲

    『エイコーンー東方キリスト教研究―』   ( 48 )   3 - 27   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「グレゴリオス・パラマスの身体観-東方キリスト教的人間観の研究-」 査読

    袴田玲

    東京大学   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • 「東方キリスト教における死生観」 招待

    袴田玲

    『東洋学術研究』   ( 175 )   91 - 110   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • L’Eucharistie chez Grégoire Palamas 査読

    HAKAMADA Rei

    École Pratiques des Hautes Études   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   掲載種別:学位論文(修士)  

    researchmap

  • « La compilation de la Philocalie et la modernisation dans l’Église orthodoxe »

    HAKAMADA Rei

    Cahier du Centre d’Études Multiculturelles de la Maison du Japon   VI   101 - 109   2013年

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「『フィロカリア』編纂とその意義」 査読

    袴田玲

    『パトリスティカ』   ( 16 )   24 - 44   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • “On the interpretation of the physical method of the hesychast prayer by Gregory Palamas” 査読

    HAKAMADA Rei

    Patristica   3   39 - 53   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「神の光を見ることをめぐって グレゴリオス・パラマスの擬ディオニュシオス解釈 」 査読

    袴田玲

    『パトリスティカ』   ( 14 )   128 - 151   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「ヘシュカスム論争考察 絶えず祈りなさい(一テサ 5 17 18 )をめぐって 」 査読

    袴田玲

    『日本カトリック神学会誌』   ( 21 )   151 - 172   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「祈りにおける身体の振る舞い」 査読

    袴田玲

    『共生学』   ( 創刊号 )   116 - 139   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「グレゴリオス・パラマスの身体観 ――<今・この身に>働く神のエネルゲイア」 査読

    袴田玲

    『エイコーンー東方キリスト教研究―』   ( 38 )   89 - 103   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 『西方キリスト教の女性 その霊的伝承と雅歌の伝統』

    袴田玲( 担当: 共著 ,  範囲: 巻頭言)

    教友社  2023年4月 

     詳細を見る

  • 『世界哲学史3』

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「東方神学の系譜」、33‐54頁)

    筑摩書房  2020年3月  ( ISBN:9784480072931

     詳細を見る

  • Contribution of Women to Con-viviality: In/Ad Spiration to Convivials

    HAKAMADA Rei( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 'Gregory Palamas’ Interpretation of the Dormition of the Mother of God'' pp. 70-84)

    Kyōyūsha  2019年3月  ( ISBN:9784907991531

     詳細を見る

  • 愛と相生 : エロース・アガペー・アモル

    袴田玲( 担当: 共著 ,  範囲: 「身体への愛は語りうるか-エイレナイオス『異端駁論』における「肉の救い」と東方キリスト 教における身体観」、」65-88頁)

    教友社  2018年3月  ( ISBN:9784907991425

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 善美なる神への愛の諸相 : 『フィロカリア』論考集

    袴田玲( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「『フィロカリア』編纂の背景と神化概念の拡がり」176-205頁)

    教友社  2016年1月  ( ISBN:9784907991272

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ハヤトロギアとエヒイェロギア : 「アウシュヴィッツ」「Fukushima」以後の思想の可能性

    袴田玲( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「身体が万人に披く神秘―「エヒイェの受肉的実践・身体化」としてのヘシュカスム」169-195頁)

    教友社  2015年2月  ( ISBN:9784907991098

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 新プラトン主義を学ぶ人のために

    袴田玲( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「ビザンツ正教思想における新プラトン主義」300-304頁)

    世界思想社  2014年4月  ( ISBN:9784790716242

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • フィロカリア 第2巻

    袴田 玲( 担当: 共訳 ,  範囲: テオドロス「百の断章」、「観想の書」他 376-433頁)

    新世社  2013年6月  ( ISBN:9784883821099

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 世界宗教百科事典

    世界宗教百科事典編集委員会, 井上 順孝( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 項目「ギリシア正教」)

    丸善出版  2012年12月  ( ISBN:9784621085776

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 書評 大森正樹著『観想の文法と言語 : 東方キリスト教における神体験の記述と語り』

    袴田 玲

    中世思想研究   ( 60 )   144 - 152   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中世哲学会 ; 1958-  

    CiNii Article

    researchmap

  • 宮本久雄先生ご退官に寄せて (宮本久雄先生退官記念号)

    袴田 玲

    パトリスティカ : 教父研究 = Patristica : proceedings of the colloquia of the Japanese Society for Patristic Studies   ( 18 )   191 - 194   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:教友社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 東方キリスト教における死生観 (特集 宗教間対話シリーズ 東方キリスト教との対話)

    袴田 玲

    東洋学術研究   54 ( 2 )   91 - 110   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東洋哲学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 聖霊の神殿としての身体 : グレゴリオス・パラマスの思想に見る人間と神とのかかわり (特集 聖霊を神学する : 忘れられた神?)

    袴田 玲

    福音と世界   69 ( 9 )   18 - 22   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新教出版社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 神の面前に在る人々の肖像 : 『大いなる沈黙へ』フィリップ・グレーニング監督インタビュー

    グレーニング フィリップ, 袴田 玲, 海老原 晴香

    福音と世界   69 ( 7 )   8 - 14   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新教出版社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ヘーシュカストの祈りにおける身体技法(第四部会,<特集>第六十八回学術大会紀要)

    袴田 玲

    宗教研究   83 ( 4 )   1374 - 1375   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    DOI: 10.20716/rsjars.83.4_1374

    CiNii Article

    researchmap

  • 祈りにおける身体の振る舞い--グレゴリオス・パラマスの身体観 (東方ギリシア教父からラテン西方へ)

    袴田 玲

    共生学   ( 1 )   116 - 139   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:上智大学共生学研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 書評 Hilarion Alfeyev, St. Symeon the New Theologian and Orthodox Tradition: Oxford University Press, 2000, 12+338pp, $125

    袴田 玲

    東京大学宗教学年報   ( 24 )   183 - 190   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京大学宗教学研究室  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ''Lay Hesychasts? Isidore and Palamas among Lay People''

    Rei Hakamada

    Hesychasm in Context: Theology and Society in the Fourteenth Century  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月17日 - 2022年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • ''Mary the Mother of God in Gregory Palamas' Homilies: Her Role in the Deification/ Salvation of Human Beings''

    Rei Hakamada

    The Virgin Beyond Borders  2022年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月9日 - 2022年3月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 越境するマリアー正教・イスラーム・カトリック

    袴田玲

    2023年度「キリスト教と女性」研究報告会  2023年12月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • ビザンツ帝国の宗教と人々 招待

    袴田玲

    就実大学公開学術講演会(史学会)  2023年12月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ニケフォロス・グレゴラス 『 シュネシオス 『 夢について 』 註解 』 における正教と新プラトン主義 招待

    袴田玲

    第 30 回新プラトン主義協会大会 シンポジウム「宗教と哲学のはざま 東方キリスト教と新プラトン主義」  2023年9月16日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Theotokos (Virgin Mary) as Remedy(φάρμακον) for Human Being

    Rei Hakamada

    THE 14TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM FOR FUTURE TECHNOLOGY CREATING BETTER HUMAN HEALTH AND SOCIETY (ISFT 2023)  2023年1月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビザンツ帝国と正教会 招待

    袴田玲

    東京自由大学公開シンポジウム「ロシアの宗教とウクライナ戦争」  2023年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 救世主マリア?末期ビザンツ正教思想におけるマリア崇敬

    袴田玲

    シンポジウム:〈女性〉性をめぐって―初期・中世キリスト教のテクストが披く地平  2022年12月3日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • グレゴリオス・パラマスのマリア像 ー 人間の救済におけるマリアの主体的・積極的役割について 招待

    袴田玲

    第73回キリスト教史学会  2022年9月13日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Gregory Palamas and the Universalisation of Hesychasm

    24th International Congress of Byzantine Studies  2022年8月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「ヘシュカスムと一般民衆 パラマスとイシドロスの民衆教化活動について」

    袴田玲

    第58回古代・東方キリスト教研究会  2021年12月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ''Deification for all: Rethinking the role of Palamas in the history of Hesychasm'' 招待

    Rei Hakamada

    Late Antique and Byzantine Studies Seminar, University of Oxford  2021年2月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 「東西キリスト教会のマリア理解とその人間神化/聖化における役割―グレゴリオス・パラマスとトマス・アクィナスによるマリア説教の比較分析を通じて―」

    袴田玲

    東方キリスト教学会第20回大会  2020年8月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「聖母の死(生神女就寝)をめぐるビザンツ正教における理解」 招待

    袴田玲

    異文化理解と多文化共生-神秘主義思想とその実践を通じたイスラ―ムとキリスト教の共生を探って(龍谷大学国際社会文化研究所指定研究)2019年度第1回研究会  2019年7月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 「ヘシュカストと涙」

    袴田玲

    シンポジウム東西キリスト教思想における涙の位置づけ、第167回教父研究会  2019年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 「トマス・アクィナス『説教18「地は芽生えさせよ(Germinet Terra)」』におけるマリアの原罪についての理解とその可能性」

    袴田玲

    中世哲学会第67回大会  2018年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ''Interpretations of the Dormition of the Virgin Mary in Byzantine Church''

    HAKAMADA Rei

    Symposium Women and Con-viviality in the Eastern Christianity  2018年10月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ''God’s Image and Likeness: John Chrysostom and Gregory of Nyssa’s Views about Human Nature''

    Asia-Pacific Early Christian Studies Society (APECSS) 12th Annual Conference  2018年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「グレゴリオス・パラマスの説教における聖母マリア理解―第37講話「マリアの就寝について」を中心に」

    袴田玲

    第18回東方キリスト教学会例会  2018年8月29日 

     詳細を見る

  • 「東方キリスト教における神秘主義と民衆」 招待

    袴田玲

    異文化理解と多文化共生-神秘主義思想とその実践を通じたイスラ―ムとキリスト教の共生を探って(龍谷大学国際社会文化研究所指定研究)第1回研究会  2018年5月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 「三一的存在としての人間―グレゴリオス・パラマス『第六十講話』における『神の像』理解」

    袴田玲

    東方キリスト教学会第17回大会  2017年8月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • “The Development of the Notion of Intellect in Byzantine Asceticism”

    HAKAMADA Rei

    Asia-Pacific Early Christian Studies Society 10th Annual Conference  2016年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「グレゴリオス・パラマス(c. 1296-1359)のエウカリスティア理解」

    袴田玲

    東方キリスト教学会第15回例会  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「東方キリスト教における死生観」 招待

    袴田玲

    東洋哲学研究所連続公開講演会「東方キリスト教レクチャー」  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 「グレゴリオス・パラマスの人間観―知性nousと魂psychēと心kardiaの関係性について」2013年11月

    袴田玲

    中世哲学会第62回大会  2013年11月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ≪La vie ascétique et/dans la vie eucharistique chez Grégoire Palamas≫

    HAKAMADA Rei

    La 7ème réunion du Centre d’Études Multiculturelles  2013年6月19日 

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「ビザンツ帝国下のキリスト教修道思想における知性概念の展開」

    袴田玲

    新プラトン主義協会第19回大会  2012年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • “The role of Gregory Palamas in the Philokalia”

    HAKAMADA Rei

    Symposium : « Beyond the Mysticism » co-organized by University of Vienna/Pro Oriente and Sophia University  2012年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • « La compilation de la Philocalie et la modernisation dans l’Église orthodoxe »

    HAKAMADA Rei

    La sixième réunion du Centre d’Études Multiculturelles  2012年6月16日 

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「『フィロカリア』成立の背景」

    袴田玲

    教父研究会第136回例会  2011年6月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • “St. Nikodemus the Hagiorite and the compilation of Philokalia (=Добротолюбие)”

    HAKAMADA Rei

    2010年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • “The Philokalia and the ‘Hesychast Renaissance’ in 18th -19th century Greece”

    HAKAMADA Rei

    The 20th World Congress of the International Association for the History of Religions  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「現代ロシアにおける宗教と民衆」

    袴田玲

    明治学院大学特別講義  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 「グレオゴリオス・パラマス研究―絶えず祈りなさい(一テサ5:17-18)をめぐって」

    袴田玲

    日本カトリック神学会第21回学術大会  2009年9月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「ヘーシュカストの祈りにおける身体技法」

    袴田玲

    日本宗教学会第68回学術大会  2009年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「外からの照明と内からの照明―タボール山における使徒たちの体験を越えて―」

    袴田玲

    東方キリスト教学会第8回例会  2008年8月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ビザンツ帝国末期における聖母(生神女)マリア崇敬とその社会的背景

    研究課題/領域番号:23K12024  2023年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    袴田 玲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • キリスト教文明・文化史における「女性」像の意義と多様性 ―文献学・典礼学・考古学による学際的研究–

    2023年 - 2024年03月

    カトリック学術奨励金(研究助成金) 

    袴田玲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 東方・ギリシア教父と女性ーその歴史的実態と東西キリスト教世界における解釈史ー

    研究課題/領域番号:20H01191  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    宮本 久雄, 村上 寛, 足立 広明, 袴田 玲, 坂田 奈々絵, 阿部 善彦, 鶴岡 賀雄, 山田 望, 山田 順, 海老原 晴香

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    初期キリスト教から東方キリスト教について扱う研究班1においては、碑文史料や出土遺跡をもとにした初期キリスト教における女性の社会的地位や慈善活動への取り組みについての考察、聖書外典における女性像とそれに対する女性の主体的関わり、ペラギウス派、クリュソストモス、アウグスティヌス等のテクストをもとにした神学的女性観の比較分析、またグレゴリオス・パラマス、フィロテオス・コッキノス、ニケフォロス・グレゴラスらのテクストからビザンツにおける民衆教化運動と女性の関わりについての研究が行われた。
    西方キリスト教における雅歌解釈、女性イメージについて扱う研究班2では、ビンゲンのヒルデガルトの分析をもとにした「女性神秘家」概念の再検討や、ホノリウスらによる中世の雅歌解釈伝統および女性神秘家への影響関係、マンドのドゥランドゥスやクレモナのシカルドゥスらによる典礼注解書や、ルイス・デ・レオンらの女性観や女性像の使用についての考察も行った。また現代のフェミニズム思想を踏まえることで、さらなる分析を試みた。
    加えて、イギリスでの在外研究やイタリアでの出土遺跡の分析等、一部ではあるが海外での調査活動も行われた。
    また本プロジェクトメンバー同士の研究打ち合わせの他、六回にわたるオンラインでの連続公開研究会(4月、7月、8月、10月、12月、1月)の他、2022年3月17-18日には、本研究メンバーが在外研究先のオックスフォード大学にて、The Oxford Centre for Byzantine Researchと共催のかたちで国際シンポジウムHesychasm in Context: Theology and Society in the Fourteenth Centuryを主催し、自らも発表を行った。その他各分担者も、国内外の研究集会や学会・研究会において広く発表を行い、その成果を共有した。

    researchmap

  • 「ビザンツ帝国期の正教会における「説教」とその社会的背景」

    2020年 - 2022年

    日本学術振興会  海外特別研究員(RRA) 

    袴田玲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 「東方キリスト教における「説教」の研究:聖と俗の架橋としての「説教」」

    2018年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(若手研究) 

    袴田玲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 古典教父研究の現代的意義―分裂から相生へ―

    研究課題/領域番号:17H02276  2017年 - 2020年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(基盤B)  基盤研究(B)

    宮本久雄, 桑原 直巳, 出村 和彦, 上村 直樹, 高橋, 英海, 山本, 芳久, 袴田, 渉, 袴田 玲, 坂田 奈々絵

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では、キリスト教の教えの基礎を作った教父たちの思想を、「相生かし、相生かされ、相生く」を意味する「相生(そうせい)」を鍵語として、その後代への影響も含めて分析することによって、分裂状態にある現代世界にも資する視座を提供した。
    ニュッサのグレゴリオス、アウグスティヌス、カッシアヌス、ディオニュシオス、トマス・アクィナス、バルヘブラエウス、グレゴリオス・パラマスといった思想家たちのテクストからは、当時の民族的・宗教的・文化的な分裂とその克服に向けた銘々の思索と実践が浮かび上がり、それらを思想・典礼・芸術の各方面から多面的に分析することで、現代にも適用されうる様々な相生のあり方が見いだされた。

    researchmap

  • 「東方キリスト教における死生観-死とその解釈を通じたヘシュカスム的人間理解-」

    2014年 - 2017年

    日本学術振興会  特別研究員奨励費(PD) 

    袴田玲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 「ヘシュカスムの歴史におけるグレゴリオス・パラマスの位置および『フィロカリア』編纂の意義」

    2012年 - 2013年

    東京大学大学院人文社会系研究科附属次世代人文学開発センター  平成24年度夏学期個人派遣事業 

    袴田玲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 「グレゴリオス・パラマスとビザンツ思想:ヘシュカズムのロシアへの流れと展開」

    2009年 - 2012年

    日本学術振興会  特別研究員奨励費(DC1) 

    袴田玲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • ギリシア語a (2023年度) 第1学期  - 水1~2

  • ギリシア語b (2023年度) 第2学期  - 水1~2

  • ヒューマンケアイノベーション概論 (2023年度) 前期  - 金5~6

  • ヘルスシステム統合科学アドバンストインターンシップ (2023年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2023年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • ラテン語a (2023年度) 第1学期  - 月5~6

  • ラテン語b (2023年度) 第2学期  - 月5~6

  • 人文学の論点 (2023年度) 第4学期  - 金5~6

  • 人文学入門演習(哲学・芸術学) (2023年度) 第4学期  - 水1~2

  • 人文学概説(倫理学1a) (2023年度) 第3学期  - 金3~4

  • 人文学概説(倫理学1b) (2023年度) 第4学期  - 金3~4

  • 人文学講義(倫理学a) (2023年度) 第1学期  - 水3~4

  • 人文学講義(倫理学b) (2023年度) 第2学期  - 水3~4

  • 人間共生哲学思想特論 (2023年度) 前期  - その他

  • 先進病院実習 (2023年度) 前期  - その他

  • 宗教と哲学から考える共生 (2023年度) 後期  - 金5~6

  • 実践演習(倫理学a) (2023年度) 第3学期  - 水3~4

  • 実践演習(倫理学b) (2023年度) 第4学期  - 水3~4

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第3学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第3学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第2学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第2学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第1学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第1学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第4学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2023年度) 第4学期  - 火5~6

  • 身体をめぐる宗教哲学思想 (2023年度) 前期  - 金5~6

  • ギリシア語a (2022年度) 第3学期  - 金3~4

  • ギリシア語b (2022年度) 第4学期  - 金3~4

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2022年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2022年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • ヨーロッパの宗教倫理思想1 (2022年度) 第4学期  - 木3~4

  • ラテン語a (2022年度) 第1学期  - 木3~4

  • ラテン語b (2022年度) 第2学期  - 木3~4

  • 人文学入門演習(哲学・芸術学) (2022年度) 第4学期  - 水1~2

  • 人文学概説(西洋思想史a) (2022年度) 第3学期  - 火7~8

  • 人文学概説(西洋思想史b) (2022年度) 第4学期  - 火7~8

  • 人間共生哲学思想特論 (2022年度) 前期  - その他

  • 宗教と哲学から考える共生 (2022年度) 後期  - 金5~6

  • 宗教学 (2022年度) 春季集中  - その他

  • 実践演習(倫理学a) (2022年度) 第3学期  - 木7~8

  • 実践演習(倫理学b) (2022年度) 第4学期  - 木7~8

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2022年度) 第3学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2022年度) 第3学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2022年度) 第4学期  - 火5~6

  • 課題演習(哲学・倫理学) (2022年度) 第4学期  - 火5~6

  • 身体をめぐる宗教哲学思想 (2022年度) 後期  - 金5~6

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2020年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

▼全件表示