2024/05/03 更新

写真a

コバヤシ トモコ
小林 知子
Tomoko Kobayashi
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2008年12月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 骨盤臓器脱

  • 男子性腺機能低下症

  • 尿失禁

研究分野

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 千葉大学   School of Medicine  

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本GID学会

    2022年11月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本性機能学会

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本老年泌尿器科学会

    2019年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 国際ウロギネコロジー学会

    2018年2月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本排尿機能学会

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本骨盤臓器脱手術学会

    2017年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本女性骨盤底医学会

    2014年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会

    2010年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本癌治療学会

    2005年5月 - 現在

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本泌尿器科学会   専門医制度審議会委員  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本泌尿器科学会   利益造反委員  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本排尿機能学会   ダイバーシティ推進委員  

    2021年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本泌尿器科学会   ダイバーシティ推進委員  

    2019年4月 - 2023年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本泌尿器科学会   男女共同参画委員  

    2017年4月 - 2019年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Trans men can achieve adequate muscular development through low‐dose testosterone therapy: A long‐term study on body composition changes

    Yusuke Tominaga, Tomoko Kobayashi, Yuko Matsumoto, Takatoshi Moriwake, Yoshitaka Oshima, Misa Okumura, Satoshi Horii, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kensuke Bekku, Kohei Edamura, Morito Sugimoto, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Yuzaburo Namba, Yosuke Matsumoto, Mikiya Nakatsuka, Motoo Araki

    Andrology   2024年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/andr.13640

    researchmap

  • Current status and future perspectives on robot-assisted kidney autotransplantation: A literature review. 国際誌

    Takanori Sekito, Tomoaki Yamanoi, Takuya Sadahira, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Yusuke Tominaga, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kensuke Bekku, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This review presents the latest insights on robot-assisted kidney autotransplantation (RAKAT). RAKAT is a minimally invasive surgical procedure and represents a promising alternative to conventional laparoscopic nephrectomy followed by open kidney transplantation for the treatment of various complex urological and vascular conditions. RAKAT can be performed either extracorporeally or intracorporeally. Additionally, a single-port approach can be performed through one small incision without the need to reposition the patient. Of 86 patients undergoing RAKAT, 8 (9.3%) developed postoperative > Grade 2 Clavien-Dindo (CD) complications. Although the feasibility of RAKAT was established in 2014, the long-term efficacy and safety along with outcomes of this surgical approach are still being evaluated, and additional studies are needed. With improvements in the technology of RAKAT and as surgeons gain more experience, RAKAT should become increasingly used and further refined, thereby leading to improved surgical outcomes and improved patients' quality of life.

    DOI: 10.1111/iju.15426

    PubMed

    researchmap

  • Discontinuation of Immune-oncology Combinations due to Immune-related Adverse Events in Patients With Advanced Renal Cancers. 国際誌

    Kensuke Bekku, Manuela Schmidinger, Satoshi Katayama, Tatsushi Kawada, Takafumi Yanagisawa, Takehiro Iwata, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Shahrokh F Shariat

    Anticancer research   44 ( 1 )   379 - 386   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND/AIM: Patients with advanced renal cell carcinoma (aRCC) treated with immune-oncology (IO) drugs may need to discontinue the treatment when severe immune-related adverse events (irAE) occur; however, the impact of discontinuation on survival remains unknown. PATIENTS AND METHODS: This is a retrospective multicenter analysis using a database of 183 aRCC patients treated with first-line IO drugs combination. The patients were divided into two groups according to the necessity of discontinuation due to irAEs. The primary endpoint was overall survival (OS). Cox proportional hazard models determined the predictive factors on OS. RESULTS: Among a total of 135 patients who experienced irAE, 38 patients had to discontinue and 52 continued the treatment while treating irAE. When compared to patients who were able to continue treatment, discontinuation was associated with significantly higher rates of IO-IO doublet use, severe irAE (grade ≥3), steroid use, and the occurrence of immune-related pneumonitis (p=0.03, p<0.001, p<0.001, and p=0.02, respectively). The objective response rates were comparable between the two groups (discontinuation 55.6% vs. no discontinuation 56.0%, p=0.7). On univariate analysis, patients who discontinued had a significantly worse OS when compared to those who continued treatment (p=0.02). On the contrary, on multivariate analysis treatment discontinuation was not associated with poor OS (HR=1.1, p=0.9). CONCLUSION: Treatment discontinuation due to irAE was not associated with poor prognosis in aRCC patients treated with ICI-based combination therapy. Treatment discontinuation may be a reasonable treatment option for well-selected patients, specifically for those who experienced good treatment responses.

    DOI: 10.21873/anticanres.16822

    PubMed

    researchmap

  • 高度腸骨動脈石灰化を有するレシピエントに対する脳死献腎移植の経験

    吉永 香澄, 西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 尾地 晃典, 原 尚史, 川野 香, 横山 周平, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 三浦 望, 加藤 源太郎

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   56 - 57   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 生体腎移植レシピエントの周術期尿路感染症リスク因子の検討

    西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 原 尚史, 川野 香, 横山 周平, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   56 - 56   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腎提供後11年経過の若年ドナーに認めたT3a腎細胞癌の1例

    原 尚史, 西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 尾地 晃典, 川野 香, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 智昭, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   24 - 24   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • グラフト感染が契機と考えられる腎動脈破綻を認めた自家腎移植の一例

    西村 慎吾, 長崎 直也, 奥村 美紗, 尾地 晃典, 原 尚史, 川野 香, 横山 周平, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 枝木 大治, 加藤 源太郎

    西日本泌尿器科   86 ( 増刊号1 )   57 - 57   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • The Diagnosis and Treatment Approach for Oligo-Recurrent and Oligo-Progressive Renal Cell Carcinoma. 国際誌

    Kensuke Bekku, Tatsushi Kawada, Takanori Sekito, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Tomoaki Yamanoi, Yusuke Tominaga, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Yuzuru Niibe

    Cancers   15 ( 24 )   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    One-third of renal cell carcinomas (RCCs) without metastases develop metastatic disease after extirpative surgery for the primary tumors. The majority of metastatic RCC cases, along with treated primary lesions, involve limited lesions termed "oligo-recurrent" disease. The role of metastasis-directed therapy (MDT), including stereotactic body radiation therapy (SBRT) and metastasectomy, in the treatment of oligo-recurrent RCC has evolved. Although the surgical resection of all lesions alone can have a curative intent, SBRT is a valuable treatment option, especially for patients concurrently receiving systemic therapy. Contemporary immune checkpoint inhibitor (ICI) combination therapies remain central to the management of metastatic RCC. However, one objective of MDT is to delay the initiation of systemic therapies, thereby sparing patients from potentially unnecessary burdens. Undertaking MDT for cases showing progression under systemic therapies, known as "oligo-progression", can be complex in considering the treatment approach. Its efficacy may be diminished compared to patients with stable disease. SBRT combined with ICI can be a promising treatment for these cases because radiation therapy has been shown to affect the tumor microenvironment and areas beyond the irradiated sites. This may enhance the efficacy of ICIs, although their efficacy has only been demonstrated in clinical trials.

    DOI: 10.3390/cancers15245873

    PubMed

    researchmap

  • 超高齢膀胱癌患者に対するロボット支援膀胱全摘除術(RARC)の外科的達成評価の検討

    山野井 友昭, 小林 泰之, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   209 - 209   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 閉経後の反復性膀胱炎を有する女性における尿および腟内の大腸菌の相同性の比較

    関戸 崇了, 定平 卓也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   239 - 239   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下前立腺全摘除術(RARP)の周術期抗菌薬投与方法と術後感染症発生率に関する後方視的研究

    長崎 直也, 定平 卓也, 岩田 健宏, 渡部 智文, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   236 - 236   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるRAPN再発・転移症例の検討

    吉永 香澄, 冨永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   37回   O - 3   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 当科におけるロボット支援膀胱全摘除術・体腔内尿路変向の技術継承の取り組み

    山野井 友昭, 小林 泰之, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   37回   O - 6   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 超高齢膀胱癌患者に対するロボット支援膀胱全摘除術(RARC)の外科的達成評価の検討

    山野井 友昭, 小林 泰之, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   209 - 209   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Calciphylaxisによると考えられた陰茎亀頭部潰瘍の一例

    川野 香, 長尾 賢太郎, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 定平 卓也, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 平井 陽至

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   233 - 233   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下前立腺全摘除術(RARP)の周術期抗菌薬投与方法と術後感染症発生率に関する後方視的研究

    長崎 直也, 定平 卓也, 岩田 健宏, 渡部 智文, 山野井 友昭, 河田 達志, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   236 - 236   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 閉経後の反復性膀胱炎を有する女性における尿および腟内の大腸菌の相同性の比較

    関戸 崇了, 定平 卓也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   239 - 239   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Calciphylaxisによると考えられた陰茎亀頭部潰瘍の一例

    川野 香, 長尾 賢太郎, 岩田 健宏, 富永 悠介, 片山 聡, 定平 卓也, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 平井 陽至

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   75回   233 - 233   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 転移性去勢抵抗性前立腺癌におけるBRCA遺伝子バリアントの検討

    岩田 健宏, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 河田 達志, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本癌治療学会学術集会抄録集   61回   P12 - 5   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • CTLA-4の単純な阻害はTreg細胞のCTLA-4以外の免疫抑制機構の活性化を引き起こす(Anti-tumor effects of CTLA-4 blockade are distrubed by activated CTLA-4-independent immunosuppression of Treg cells)

    渡部 智文, 石野 貴雅, 上田 優輝, 長崎 譲慈, 丸山 雄樹, 河田 達志, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 團迫 浩方, 荒木 元朗, 冨樫 庸介

    日本癌学会総会記事   82回   1380 - 1380   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術における予防的全腟閉鎖術併用の試み

    小林 知子, 西村 慎吾, 富永 悠介, 宇埜 誠, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本女性骨盤底医学会プログラム・抄録集   25回   91 - 91   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    researchmap

  • LOH症候群における各種質問票の有用性について

    富永 悠介, 小林 知子, 松本 裕子, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 泰之, 佐古 智子, 杉本 盛人, 渡部 昌実, 荒木 元朗

    日本性機能学会雑誌   38 ( 2 )   182 - 182   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性機能学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術における予防的全腟閉鎖術併用の試み

    小林 知子, 西村 慎吾, 富永 悠介, 宇埜 誠, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本女性骨盤底医学会プログラム・抄録集   25回   91 - 91   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    researchmap

  • 乳酸菌由来抗菌ペプチドの探索

    岩田 健宏, 定平 卓也, 渡部 智文, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 関戸 崇之, 吉永 香澄, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   71 ( 4 )   526 - 526   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 乳酸菌由来抗菌ペプチドの探索

    岩田 健宏, 定平 卓也, 渡部 智文, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗, 関戸 崇之, 吉永 香澄, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   71 ( 4 )   526 - 526   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Staphylococcus saprophyticusによる感染結石の1例

    渡部 智文, 鵜川 聖也, 長崎 直也, 奥村 美紗, 宇埜 誠, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 山野井 智昭, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 増刊号2 )   148 - 148   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • RPLND後の難治性リンパ漏に対して開腹リンパ管結紮術が奏功した1例

    鵜川 聖也, 長崎 直也, 原 惇也, 松島 萌希, 奥村 美紗, 渡部 智文, 宇埜 誠, 堀井 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 富永 悠介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 増刊号2 )   148 - 148   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • アンドロロジー;Next 10 Years 男性不妊症における性機能障害について

    富永 悠介, 松本 裕子, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 5 )   324 - 329   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 【ロボット時代の若手への腹腔鏡教育を考える】ロボット時代の若手への腹腔鏡教育を考える 腎副腎 メンターの立場から

    小林 泰之, 枝村 康平, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 小林 知子, 荒木 元朗

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   36 ( 1 )   57 - 60   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    ロボット手術の普及により,腹腔鏡手術教育は大きく変化しつつある.一番の問題点は,ロボット支援下部分切除術の普及に伴い,これまでより難易度の高い症例が腹腔鏡下腎摘除術の対象となり,相対的に初心者が行う腹腔鏡手術件数が減少していることである.加えて,手術環境の急激な変化により,初心者のトレーニング背景も複雑化してきており,手術教育もそれらに対応すべく変化が求められている.岡山大学病院では,従来通りの模範手術を核とした集団指導に加えて,ある程度の執刀経験のある術者に対して,個別指導を行い対応している.加えて,最近のWeb会議システムを用い,関連施設の垣根を超えたWeb勉強会を行っている.(著者抄録)

    researchmap

  • 前立腺癌:Next 10 years~どうなる,どうする,前立腺癌~ 限局性前立腺癌に対するFocal therapy

    小林 泰之, 枝村 康平, 西村 慎吾, 岩田 健宏, 片山 聡, 定平 卓也, 小林 知子, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科   85 ( 4 )   106 - 109   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    限局性前立腺癌の治療は臨床的Insignificant cancerに対してActive surveillance,Significant cancerに対しては根治的治療が選択される。しかしながら,癌制御とQOL維持の両立の点を考慮するといずれの治療も十分とは言えない患者群が存在し,このような症例に対する治療としてFocal therapyが期待されている。Focal therapyに関する諸家らの報告では,短~中期腫瘍学的結果は良好であり,尿禁制や性機能も優れていた。本邦においては,2021年4月に日本泌尿器科学会より「前立腺癌局所治療医療機器の臨床評価方法に関するガイドライン」が出され,今後,Focal therapyのエビデンスが蓄積されていくものと期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • 局所進行性膀胱癌に対する根治的膀胱全摘除術前化学療法としてのゲムシタビン、シスプラチン、パクリタキセル3剤併用化学療法の治療成績(Clinical Outcomes of Neoadjuvant Paclitaxel/Cisplatin/Gemcitabine compared with Gemcitabine/Cisplatin for Muscle-Invasive Bladder cancer)

    河田 達志, 別宮 謙介, 片山 聡, 岩田 健宏, 枝村 康平, 小林 泰之, 津川 卓士, 坪井 一馬, 定平 卓也, 西村 慎吾, 小林 知子, 江原 伸, 荒木 元朗

    日本泌尿器科学会総会   110回   OP36 - 02   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • cT1腎癌におけるロボット支援腎部分切除(RAPN)と経皮的凍結療法(PCA)の傾向スコアマッチング解析を用いた周術期成績・術後腎機能の検討(Oncological outcomes and renal function in robot-assisted partial nephrectomy vs percutaneous cryoablation for cT1 RCC: A propensity score-matched analysis)

    山野井 友昭, 別宮 謙介, 馬越 紀行, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 宇賀 麻由, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 平木 隆夫

    日本泌尿器科学会総会   110回   PP75 - 01   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • Gerota fasciaとは何物なのか cadaverを用いた組織学的検討

    小林 泰之, 枝村 康平, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 小林 知子, 小見山 高明, 百田 龍輔, 荒木 元朗

    Japanese Journal of Endourology and Robotics   36 ( 1 )   118 - 123   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    腹腔鏡下腎摘除術において,Gerota fascia(以下:Gf)は経腹的アプローチでは膜構造として容易に認識できるが,後腹膜アプローチではその見え方が経腹的アプローチとは大きく異なり,その存在自体を認識できない症例が少なくない.今回,我々は死亡献体より腎臓と腎臓周囲臓器を一塊に摘出し,Gfに剥離操作を加えない状態で検体作成を行い,線維の走行,密度などについて組織学的検討を行った.その結果,Gfは筋上膜のような強固な膜とは構造が異なり,密度・配列など多様なコラーゲン線維のまばらな結合組織で構成されていることが分かった.すなわち,Gfが膜状構造物に観察されるのは,結合組織が剥離操作にて変化した結果の可能性があり,アプローチする方向の違いによりその形態が異なって見えることを念頭におく必要があるものと考えられる.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2023&ichushi_jid=J07650&link_issn=&doc_id=20230414530023&doc_link_id=%2Fcs5robot%2F2023%2F003601%2F028%2F0118-0123%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5robot%2F2023%2F003601%2F028%2F0118-0123%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 転移性腎細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の有効性における転移部位腫瘍径の影響(The impact of metastatic tumor burden to the efficacy of immune checkpoint inhibitors for metastatic renal cell carcinoma)

    岩田 健宏, 片山 聡, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 西村 慎吾, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本泌尿器科学会総会   110回   OP25 - 05   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 異所性腎患者に発生したmicropapillary variantを伴う筋層浸潤性膀胱癌に対して,ロボット支援下膀胱全摘除術を施行した一例

    原 惇也, 堀井 聡, 岩田 健宏, 鵜川 聖也, 長崎 直也, 松島 萌希, 奥村 美紗, 渡部 智文, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 小林 泰之

    西日本泌尿器科   85 ( 増刊号1 )   46 - 46   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Bladder tuberculosis with ureteral strictures after bacillus Calmette‑Guérin therapy for urinary bladder cancer: A case report 査読

    Yusuke Tominaga, Masanori Fujii, Takuya Sadahira, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kensuke Bekku, Kohei Edamura, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Katsuyuki Kiura, Yoshinobu Maeda, Koichiro Wada, Motoo Araki

    Molecular and Clinical Oncology   18 ( 2 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    DOI: 10.3892/mco.2022.2603

    researchmap

  • Enhanced visualization of female squirting. 国際誌

    Miyabi Inoue, Yuki Sekiguchi, Noriko Ninomiya, Tomoko Kobayashi, Motoo Araki

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   29 ( 11 )   1368 - 1370   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Squirting is the involuntary expulsion of fluid from the female urethra following stimulation of the anterior vaginal wall before or during orgasm. The mechanism underlying squirting has not been established. PURPOSE: To elucidate the mechanism of squirting. METHODS: The subjects in the current study were women who were able to squirt. They were not sex workers. A urethral catheter was inserted before sexual stimulation and the bladder was emptied. Then, a mixture of indigo carmine (10 ml) and saline (40 ml) was injected into the bladder. Sexual stimulation was provided to facilitate squirting, which was videotaped and verified. The secretions were collected in sterile cups, and prostate specific antigen (PSA) and glucose levels were measured. RESULTS: Five women (2 in the 30s, 2 in the 40s, and 1 in the 50s) participated in this study. All women were able to squirt; three squirted only with manual sexual stimulation and two with penetrative sexual stimulation. The discharged fluid was blue in all cases, confirming the bladder as the source. The fluid was PSA-positive in four patients. CONCLUSIONS: The main component of squirt fluid is urine, but may also contain fluid from Skene's glands (female prostate). This is the first report in which visualization of squirting was enhanced.

    DOI: 10.1111/iju.15004

    PubMed

    researchmap

  • 横隔膜、腸腰筋、左腎に接する後腹膜脱分化型脂肪肉腫に対して横隔膜合併切除を含めた外科的治療を行った一例

    松島 萌希, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   190 - 190   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 再三の細胞診検査で骨盤内再発が判明した膀胱癌の一例

    鵜川 聖也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   227 - 227   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術でここまでできる~ロボット時代を生き抜く達人技~ 大きな腫瘍に対する腹腔鏡・後腹膜鏡併用による腫瘍摘出術の試み

    吉永 香澄, 小林 泰之, 冨永 悠介, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   WS - 4   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 当院におけるProteus mirabilisの薬剤感受性の推移とESBL産生株分離状況

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 荒木 元朗, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 和田 耕一郎

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   216 - 216   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 仙骨腟固定術後の新規腹圧性尿失禁 腹腔鏡下手術とロボット支援下手術での検討

    小林 知子, 佐古 智子, 岩田 健宏, 富永 悠介, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   P - 1   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • ロボット支援膀胱全摘除術(RARC)における体腔内(ICUD)・体腔外尿路変向(ECUD)の比較

    山野井 友昭, 小林 泰之, 岩田 健宏, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会   36回   P - 2   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会  

    researchmap

  • 当院における腎移植後コロナウイルス感染症の臨床経過

    吉永 香澄, 関戸 崇了, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 西村 慎吾, 竹内 英実, 田邉 克幸, 森永 裕士, 内田 治仁, 和田 淳, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    移植   57 ( 総会臨時 )   262 - 262   2022年10月

  • Laparoscopic assisted trans-vaginal mesh: An innovative approach to placing synthetic mesh transvaginally for surgical correction of pelvic organ prolapse

    Toyohiko Watanabe, Tomoko Kobayashi, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Katsumi Sasaki, Shinya Uehara, Koichi Monden, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   21   A155 - A156   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 腎癌に対するCTガイド下経皮的ラジオ波治療(Radiofrequency Ablation) 15例の臨床的検討

    小林 知子, 眞鍋 大輔, 江原 伸, 生口 俊浩, 郷原 英夫, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   40 ( 2 )   621 - 621   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 腎癌に対するCTガイド下経皮的ラジオ波治療(Radiofrequency Ablation) 12例の臨床的検討

    小林 知子, 雑賀 隆史, 日下 信行, 津島 知靖, 公文 裕巳, 生口 俊浩, 金澤 右, 平木 祥夫

    腎癌研究会会報   ( 27 )   19 - 20   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)腎癌研究会  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 転移性腎細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の有効性における転移部位腫瘍径の影響

    岩田健宏, 片山聡, 吉永香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 西村慎吾, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 渡邉豊彦, 荒木元朗

    日本泌尿器科学会総会(Web)   110th   2023年

     詳細を見る

  • 当院における腎移植後悪性腫瘍の検討

    山野井友昭, 西村慎吾, 関戸崇了, 吉永香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 大西康博, 竹内英実, 田邊克幸, 森永裕士, 和田淳, 荒木元朗

    日本移植学会総会プログラム抄録集   59th (Web)   2023年

     詳細を見る

  • Gerota fasciaとは何物なのか-cadaverを用いた組織学的検討-

    小林泰之, 枝村康平, 定平卓也, 富永悠介, 片山聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 別宮謙介, 小林知子, 小見山高明, 百田龍輔, 荒木元朗

    Japanese Journal of Endourology and Robotics (Web)   36 ( 1 )   2023年

     詳細を見る

  • LOH症候群における各種質問票の有用性について

    富永悠介, 小林知子, 松本裕子, 定平卓也, 片山聡, 岩田健宏, 西村慎吾, 枝村康平, 小林泰之, 佐古智子, 杉本盛人, 渡部昌実, 荒木元朗

    日本性機能学会雑誌   38 ( 2 )   2023年

     詳細を見る

  • 横隔膜、腸腰筋、左腎に接する後腹膜脱分化型脂肪肉腫に対して横隔膜合併切除を含めた外科的治療を行った一例

    松島 萌希, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   190 - 190   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 再三の細胞診検査で骨盤内再発が判明した膀胱癌の一例

    鵜川 聖也, 岩田 健宏, 富永 悠介, 定平 卓也, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 荒木 元朗

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   227 - 227   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 当院におけるProteus mirabilisの薬剤感受性の推移とESBL産生株分離状況

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 岩田 健宏, 荒木 元朗, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 健介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 和田 耕一郎

    西日本泌尿器科学会総会抄録集   74回   216 - 216   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 前立腺生検関連感染症の予防—The prevention strategies of prostate biopsy-related infection

    定平 卓也, 丸山 雄樹, 岩田 健宏, 渡部 智文, 関戸 崇了, 堀井 聡, 長尾 賢太郎, 山野井 友昭, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 別宮 謙介, 枝村 康平, 小林 知子, 小林 泰之, 荒木 元朗

    泌尿器科 = Urology / 泌尿器科編集委員会 編   16 ( 5 )   583 - 589   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 経腟メッシュ手術(transvaginal mesh prolapse surgery;TVM)の適応と限界,合併症

    小林知子, 井上雅, 大岩裕子, 森分貴俊, 野田岳, 橋本英昭, 杉野謙司, 山下真弘, 岩田健宏, 荒木元朗

    日本排尿機能学会誌(Web)   33 ( 1 )   2022年

     詳細を見る

  • 精巣腫瘍に対し化学療法後に後腹膜リンパ節郭清術を行った症例における射精障害の検討

    富永悠介, 松本裕子, 佐古智子, 小林知子, 倉橋寛明, 杉本盛人, 渡部昌実, 荒木元朗

    日本性機能学会雑誌   37 ( 2 )   2022年

     詳細を見る

  • 当院でのマージナル生体腎移植ドナーの術後中長期QOLに関する検討

    山野井友昭, 荒木元朗, 西村慎吾, 奥村美紗, 関戸崇了, 吉永香澄, 丸山雄樹, 定平卓也, 岩田健宏, 別宮謙介, 枝村康平, 小林知子, 小林泰之, 渡邉豊彦

    日本移植学会総会プログラム抄録集   58th (Web)   2022年

     詳細を見る

  • 超高齢者に対するホルミウム前立腺核出術(HoLEP)の検討

    小林知子, 森分貴俊, 大岩裕子, 橋本英昭, 杉野謙司, 山下真弘

    日本老年泌尿器科学会誌   35 ( 1 )   2022年

     詳細を見る

  • 日本女性におけるアンダーヘア(陰毛)についての実態調査

    井上雅, 瀬戸口志保, 二宮典子, 関口由紀, 小林知子, 小林知子, 畠山真吾

    日本性機能学会雑誌   37 ( 2 )   2022年

     詳細を見る

  • 岡山中央病院における腹腔鏡下仙骨膣固定術(Laparoscopic sacral colpopexy:LSC)の術後中期成績報告

    小林知子, 森分貴俊, 大岩裕子, 橋本英昭, 井上雅

    日本泌尿器科学会総会(Web)   109th   2021年

     詳細を見る

  • 難治性過活動膀胱(OAB)に対する仙骨神経刺激療法(SNM)の初期経験と今後の治療戦略について

    渡邉 豊彦, 大岩 裕子, 佐久間 貴文, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 那須 保友, 横山 光彦, 井上 雅, 小林 知子

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   245 - 245   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科女性外来のこれまでとこれから

    井上 雅, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 山本 満寿美, 小林 知子, 瀬野 祐子, 中村 あや, 大石 智子, 松本 裕子

    西日本泌尿器科   72 ( 9 )   547 - 547   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • OP-303 岡山大学病院におけるI125前立腺癌永久密封小線源療法の治療成績(前立腺腫瘍/放射線治療3,一般演題口演,第97回日本泌尿器科学会総会)

    上杉 達也, 小林 知子, 江原 伸, 小武家 誠, 藤尾 圭, 谷本 竜太, 小林 泰之, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   100 ( 2 )   264 - 264   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.100.264_3

    CiNii Article

    researchmap

  • Mechanistic analysis of resistance to REIC/Dkk-3-induced apoptosis in human bladder cancer cells. 査読

    Tomoko Kobayashi, Masakiyo Sakaguchi, Ryuta Tanimoto, Fernando Abarzua, Mikiro Takaishi, Haruki Kaku, Ken Kataoka, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Masahiro Miyazaki, Hiromi Kumon, Nam-ho Huh

    Acta medica Okayama   62 ( 6 )   393 - 401   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We have recently shown that a new therapeutic modality using the REIC/Dkk-3 gene (Ad-REIC) is effective against various human cancers, including those of prostate, testis and breast origins. The aim of the present study was to examine the sensitivity of bladder cancers to Ad-REIC and to clarify the molecular mechanisms that determine sensitivity/resistance. We found that 2 human bladder cancer cell lines, T24 and J82, are resistant to Ad-REIC. In T24 and J82 cells, the ER stress response and activation of JNK were observed in a manner similar to that in the sensitive PC3 cells. Translocation of Bax to mitochondria occurred in PC3 cells but not in T24 and J82 cells. Bcl-2 was remarkably overexpressed in T24 and J82 compared with the expression levels in sensitive cell lines. Treatment of T24 and J82 cells with a Bcl-2 inhibitor sensitized the cells to Ad-REIC-induced apoptosis. The results indicate that some human bladder cancers are resistant to apoptosis induced by overexpression of REIC/Dkk-3, which is at least in part due to up-regulation of Bcl-2. These results provide a basis for possible use of Bcl-2 as a marker of sensitive cancers and to try to sensitize resistant cancers to Ad-REIC by down-regulation of Bcl-2.

    DOI: 10.18926/AMO/30945

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    渡辺 豊彦, 石井 亜矢乃, 大石 智子, 小林 知子, 井上 雅, 佐古 真一, 小林 泰之, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology and ESWL   21 ( 4 )   189 - 189   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるI125前立腺癌永久密封小線源療法の治療成績

    上杉 達也, 小武家 誠, 藤尾 圭, 谷本 竜太, 小泉 文人, 小林 泰之, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 小林 知子, 江原 伸

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   711 - 711   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • Female Urologyの現況と展望 女性性機能の視点からfemale urologyを考える 就労女性と骨盤臓器脱患者におけるアンケート調査より

    大石 智子, 渡邉 豊彦, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 公文 裕巳, 井上 雅, 小澤 秀夫, 荒木 詞奈子, 友国 弘敬, 小林 知子, 横山 光彦

    西日本泌尿器科   70 ( 増刊 )   119 - 119   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 泌尿器科癌に対する集学的治療 進行性尿路上皮癌における新規多剤併用化学療法を用いた集学的治療の臨床的検討

    谷本 竜太, 雑賀 隆史, 藤尾 圭, 和田 耕一郎, 小林 知子, 小林 泰之, 小武家 誠, 上杉 達也, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   70 ( 5 )   250 - 256   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    2003年5月〜2007年10月までに、進行尿路上皮癌に対してGemcitabine、Cisplatin(GC)療法にPaclitaxelを加えた多剤併用化学療法(GCP療法)を対象とした。そのうち術前補助療法としてGCP療法を施行した8例(男7例、女1例、年齢32〜69歳):A群、術後補助療法として施行した11例(男9例、女2例、年齢48〜73歳):B群として検討した。A群では、8例中6例にNEDが得られ、GCP療法が奏効した全ての症例が癌無生存を維持していた。また、根治が不可能であると想われていた臓器転移をゆうした4例中2例にNEDが得られた。B群での平均生存期間は19.9ヵ月、非再発生存期間が15.4ヵ月であったが、半数以上の症例でリンパ節転移、遠隔転移症例を含んでいることを考慮すると良好な結果と思われた。副作用に関しては、MVAC療法に比べて重篤な副作用は少く安全な治療であると思われた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20080526280004&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2008%2F007005%2F004%2F0250-0256%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2008%2F007005%2F004%2F0250-0256%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 進行性尿路上皮癌に対するGemcitabine(GEM)、Cisplatin(CDDP)、Paclitaxel(PAC)-GCP療法-の検討

    谷本 竜太, 雑賀 隆史, 和田 耕一郎, 小林 知子, 小林 泰之, 小武家 誠, 大和 豊子, 賀来 春紀, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   56 ( Suppl.A )   178 - 178   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 女性骨盤臓器脱に対するLaparoscopic Assisted Tension-free Vaginal Mesh法の初期成績

    石井 亜矢乃, 大石 智子, 小林 知子, 井上 雅, 大和 豊子, 佐古 真一, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   99 ( 2 )   452 - 452   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 就労女性と骨盤臓器脱患者における排尿機能、性機能に関するアンケート調査

    大石 智子, 渡辺 豊彦, 小林 知子, 石井 亜矢乃, 石井 和史, 大和 豊子, 公文 裕巳, 井上 雅, 小澤 秀夫, 小谷 早葉子, 友国 弘敬

    日本泌尿器科学会雑誌   99 ( 2 )   453 - 453   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Iodine-125 seed implantation (permanent brachytherapy) for clinically localized prostate cancer. 査読

    Shin Ebara, Norihisa Katayama, Ryuta Tanimoto, Kohei Edamura, Hiroyuki Nose, Daisuke Manabe, Tomoko Kobayashi, Yasuyuki Kobayashi, Makoto Kobuke, Mitsuhiro Takemoto, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Susumu Kanazawa, Hiromi Kumon

    Acta medica Okayama   62 ( 1 )   9 - 13   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    From January 2004 to March 2007, 308 patients with clinically localized prostate cancer were treated using iodine-125 (125I) seed implantation (permanent brachytherapy) at Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences. We evaluated the treatments efficacy and morbidity in 300 prostate cancer patients who were followed up for more than 1 month after brachytherapy. Based on the National Comprehensive Cancer Network (NCCN) guidelines, patients with a prostate volume of less than 40 ml in transrectal ultrasound imaging were classified as low or intermediate risk. The median patient age was 67 years (range 50 to 79 years), the median prostate-specific antigen (PSA) value before biopsy was 6.95 ng/ml (range 1.13 to 24.7 ng/ml), and the median prostate volume was 24.33 ml (range 9.3 to 41.76 ml). The median follow-up was 18 months (range 1 to 36 months) and the PSA levels decreased in almost all patients after brachytherapy. Although 194 of 300 patients (64.7%) complained of difficulty in urination, pollakisuria/urgency, miction pain, and/or urinary incontinence, all of which might be associated with radiation prostatitis during the first month after brachytherapy, these symptoms gradually improved. 125I seed implantation brachytherapy is safe and effective for localized prostate cancer within short-term follow up.

    DOI: 10.18926/AMO/30986

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • PP-449 腎癌に対するCTガイド下経皮的ラジオ波焼灼療法(Radiofrequency Ablation) : 5年間の治療成績(腎腫瘍/手術(腹腔鏡をのぞく),一般演題ポスター,第96回日本泌尿器科学会総会)

    小林 知子, 金澤 右, 公文 裕巳, 田尻 展久, 谷本 竜太, 小武家 誠, 上杉 達也, 郷原 英夫, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 那須 保友

    日本泌尿器科学会雑誌   99 ( 2 )   490 - 490   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.99.490_1

    CiNii Article

    researchmap

  • ヒト膀胱癌細胞におけるREIC/Dkk-3誘導性アポトーシスに対する抵抗性の機構解析(Mechanistic Analysis of Resistance to REIC/Dkk-3-induced Apoptosis in Human Bladder Cancer Cell Lines)

    小林 知子, 阪口 政清, 谷本 竜太, 枝村 康平, アバラズア・フェルナンド, 片岡 健, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 宮崎 正博, 那須 保友, 公文 裕巳, 許 南浩

    西日本泌尿器科   69 ( 増刊 )   125 - 125   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 間質性膀胱炎に対する当帰芍薬散の有用性に関する検討

    井上 雅, 小澤 秀夫, 小林 知子, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 横山 光彦, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   69 ( 増刊 )   155 - 155   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 前立腺癌に対するHybrid radical prostatectomy いま時代はハイブリッド

    雑賀 隆史, 小林 泰之, 小武家 誠, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 小林 知子, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本癌治療学会誌   42 ( 2 )   455 - 455   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 女性性機能障害の現状 日本における女性の排尿機能、性機能に関するアンケート調査

    井上 雅, 渡辺 豊彦, 小谷 早葉子, 小澤 秀夫, 友国 弘敬, 小林 知子, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 公文 裕巳

    日本性機能学会雑誌   22 ( 2 )   175 - 175   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性機能学会  

    researchmap

  • ヒト膀胱癌細胞株におけるREIC/Dkk-3誘導性アポトーシスに対する抵抗性の機構的解析(Mechanistic Analysis of Resistance to REIC/Dkk-3-induced Apoptosis in Human Bladder Cancer Cell Lines)

    小林 知子, 阪口 政清, 谷本 竜太, アバラズア・フェルナンド, 高石 樹朗, 片岡 健, 賀来 春紀, 雑賀 隆史, 那須 保友, 宮崎 正博, 公文 裕巳, 許 南浩

    日本癌学会総会記事   66回   476 - 476   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • Health-related quality of life after radical cystectomy for bladder cancer in elderly patients with an ileal conduit, ureterocutaneostomy, or orthotopic urinary reservoir: a comparative questionnaire survey. 査読

    Takashi Saika, Ryoji Arata, Tomoyasu Tsushima, Yasutomo Nasu, Bunzo Suyama, Katsuji Takeda, Shin Ebara, Daisuke Manabe, Tomoko Kobayashi, Ryuta Tanimoto, Hiromi Kumon

    Acta medica Okayama   61 ( 4 )   199 - 203   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To compare the health-related quality of life of elderly patients after radical cystectomy for bladder cancer in urinary diversion groups: ileal conduit, ureterocutaneostomy, or orthotopic urinary reservoir. The 109 participating elderly patients aged 75 or older completed self-reporting questionnaires: the QLQ-C30, and on satisfaction with urinary diversion methods. Fifty-six patients had undergone constructions for ileal conduit diversion, 31 for ureterocutaneostomy, and 22 for orthotopic urinary reservoir (OUR). The median follow-up period for each group was 4.0 years (range 0.3-11.2), 4.5 years (range 0.3-18.0), and 3.3 years (range 0.3-6.7), respectively. Regardless of the type of urinary diversion, the majority of patients reported having good overall quality of life, although with some problem of pain. No significant differences among urinary diversion subgroups were found in any quality of life area in the QLQ-C30 questionnaire. More patients in the OUR sub-group felt disappointment than those in the ileal conduit or cutaneostomy sub-groups. However, a questionnaire which asked which diversion method would be preferable showed a trend that more patients in the OUR subgroup would have chosen the same one. Health-related quality of life appeared relatively good in these 3 groups. Patient demands and expectations may be so different from the results that the details of each urinary diversion method should be explained thoroughly. OUR construction could be a candidate even for elderly patients.

    DOI: 10.18926/AMO/48338

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 125Iシード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療

    江原 伸, 武本 充広, 片山 敬久, 真鍋 大輔, 枝村 康平, 谷本 竜太, 小林 知子, 雑賀 隆史, 那須 保友, 金澤 右, 公文 裕巳

    日本放射線腫瘍学会誌   18 ( 3 )   168 - 168   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線腫瘍学会  

    researchmap

  • 腹圧性尿失禁に対する補中益気湯の有用性に関する検討

    井上 雅, 大和 豊子, 小林 知子, 渡辺 豊彦, 横山 光彦, 公文 裕巳

    日本排尿機能学会誌   17 ( 1 )   166 - 166   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • OP-119 進行性尿路上皮癌に対するGemcitabine (GEM)、Cisplatin (CDDP)、Paclitaxel (PAC) -GCP療法-の検討(一般演題口演,第94回日本泌尿器科学会総会)

    谷本 竜太, 那須 保友, 公文 裕巳, 眞鍋 大輔, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 知子, 賀来 春紀, 江原 伸, 大和 豊子, 雑賀 隆史

    日本泌尿器科学会雑誌   97 ( 2 )   310 - 310   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.97.310_3

    CiNii Article

    researchmap

  • MP-453 1251シード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療(一般演題ポスター,第94回日本泌尿器科学会総会)

    江原 伸, 真鍋 大輔, 枝村 康平, 谷本 竜太, 小林 知子, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会雑誌   97 ( 2 )   480 - 480   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.97.480_1

    CiNii Article

    researchmap

  • S11-6 密封小線源療法を施行された前立腺癌患者のQOLに関する研究 : 恥骨後式根治的前立腺摘除術とのProspectiveな比較において(シンポジウム11「限局性前立腺癌の治療成績とQOL」,第94回日本泌尿器科学会総会)

    雑賀 隆史, 中西 代志子, 公文 裕巳, 江原 伸, 真鍋 大輔, 能勢 宏幸, 枝村 康平, 谷本 竜太, 小林 知子, 津島 知靖, 那須 保友

    日本泌尿器科学会雑誌   97 ( 2 )   165 - 165   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.97.165_1

    CiNii Article

    researchmap

  • 精巣腫瘍に対する後腹膜リンパ節郭清術の検討(第93回日本泌尿器科学会総会)

    津島 知靖, 那須 保友, 公文 裕巳, 雑賀 隆史, 枝村 康平, 村上 貴典, 小泉 文人, 小林 知子, 真鍋 大輔, 江原 伸, 賀来 春紀

    日本泌尿器科学会雑誌   96 ( 2 )   270 - 270   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.96.270_2

    CiNii Article

    researchmap

  • 腎癌に対するCTガイド下経皮的ラジオ波治療(Radiofrequency Ablation) 12例の臨床的検討

    小林 知子, 眞鍋 大輔, 江原 伸, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 生口 俊浩, 金澤 右, 日下 信行, 津島 知靖

    日本癌治療学会誌   39 ( 2 )   929 - 929   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • PP3-058 岡山大学において最近18年間に経験した上部尿路腫瘍105例の臨床的検討(一般演題(ポスター))

    賀来 春紀, 公文 裕巳, 小林 知子, 黒瀬 恭平, 日下 信行, 江原 伸, 妹尾 孝司, 雑賀 隆史, 那須 保友, 津島 知靖

    日本泌尿器科学会雑誌   95 ( 2 )   488 - 488   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.95.488_2

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • Okayama Urological Award

    2020年5月  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • ウェアラブルデバイスと体組成計を用いた、女性骨盤臓器脱患者のフレイル合併頻度調査

    研究課題/領域番号:23K10425  2023年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小林 知子, 濱田 全紀, 石井 亜矢乃, 岩田 健宏, 定平 卓也, 堅山 佳美

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

 

担当授業科目

  • アンチエイジング特論 (2023年度) 特別  - その他

  • アンチエイジング特論(医学) (2023年度) 特別  - その他

  • アンチエイジング特論(医学) (2022年度) 特別  - その他