2021/12/31 更新

写真a

タニ カズマサ
谷 和祐
TANI Kazumasa
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教

学位

  • 医学博士 ( 2021年9月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 妊娠高血圧症候群

  • 周産期医学

  • 胎児超音波

  • 出生前診断

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

学歴

  • 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士課程病態制御科学専攻    

    2016年4月 - 2021年9月

      詳細を見る

  • 愛媛大学   School of Medicine   Faculty of Medicine

    2005年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産科・婦人科学教室   助教

    2021年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   産婦人科   医員

    2016年12月 - 2021年6月

      詳細を見る

  • 兵庫県立こども病院   新生児科

    2016年6月 - 2016年11月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   産婦人科   医員

    2016年4月 - 2016年5月

      詳細を見る

  • 岡山医療センター   産婦人科

    2014年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 津山中央病院   産婦人科

    2013年10月 - 2014年9月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   初期研修医

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • EG-VEGF Induces Invasion of a Human Trophoblast Cell Line via PROKR2.

    Kazumasa Tani, Takashi Mitsui, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Jota Maki, Eriko Eto, Kei Hayata, Keiichiro Nakamura, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   677 - 684   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extravillous trophoblast (EVT) invasion is important for embryo implantation, placental development, and successful remodeling of the uterine spiral artery. Endocrine gland derived-vascular endothelial growth factor (EG-VEGF) and matrix metalloproteinases (MMPs) are implicated in EVT invasion; however, the high con-centrations found in pregnancy pathologies have not been investigated in non-tumor trophoblasts. The roles of EG-VEGF, prokineticin receptors (PROKR1/2), MMP-2, and MMP-9 in EVT invasion during spiral artery remodeling were evaluated using human EVT from HTR-8/SVneo cell lines. The expression of MMP-2, MMP-9, and mitogen-activated protein kinase (MAPK), and Akt pathways in HTR-8/SVneo cells treated with recom-binant EG-VEGF alongside anti-PROKR1 and/or anti-PROKR2 antibodies was evaluated using quantitative reverse transcription-PCR and western blotting. Wound-healing and cell invasion assays were performed to assess the migration and invasion of these treated cells. Interestingly, 20 nM EG-VEGF activated ERK1/2 sig-naling and upregulated MMP-2 and MMP-9. This effect was suppressed by anti-PROKR2 antibody via ERK1/2 downregulation. Anti-PROKR2 antibody inhibited the migration and invasion of EG-VEGF-stimulated HTR-8/SVneo cells. Elevated concentrations of EG-VEGF enhance EVT invasion in a human trophoblast cell line by upregulating MMP-2 and MMP-9 via PROKR2. These new insights into the regulation of epithelial cell invasion may help in developing therapeutic interventions for placental-related diseases during pregnancy.

    DOI: 10.18926/AMO/62806

    PubMed

    researchmap

  • Non-Invasive Prenatal Genetic Testing (NIPT) Leading to Prenatal Diagnosis of Trisomy 21 Mosaicism and 18q Deletion Syndrome: Two Cases.

    Kei Hayata, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Jota Maki, Eriko Eto, Chikako Ogawa, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   745 - 750   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    NIPT is non-definitive testing to estimate the possibility that fetuses have trisomy 21, trisomy 18, or trisomy 13. However, in NIPT-positive and indeterminate cases, rare chromosomal disease may become apparent, requiring advanced genetic considerations and counseling skills. We experienced two such cases, a trisomy 21 mosaicism case triggered by NIPT-positive status and 18q deletion syndrome triggered by NIPT-indeterminate status. These cases have two clinical implications for NIPT. First, it was revealed that trisomy mosaicism might be found in NIPT-positive cases that have lower Z-Scores than those inferred from the fraction of fetal cfDNA in the case of standard trisomy. Second, it is possible that microdeletion syndrome could be the reason for an indeterminate NIPT result. Today's genetic counseling requires more expertise in ethics and communication as well as genetic science because NIPT can lead to totally unexpected results.

    DOI: 10.18926/AMO/62816

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Course of 60 Cesarean Scar Pregnancies.

    Takashi Mitsui, Sakurako Mishima, Kazumasa Tani, Jota Maki, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   75 ( 4 )   439 - 445   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Early diagnosis and therapy are important in a cesarean scar pregnancy (CSP), which can cause uterine rupture with resultant massive bleeding. However, there are some reports of CSPs continued to term. The optimal management of CSPs remains unclear; therefore, we investigated the clinical courses of CSPs diagnosed and treated at perinatal institutions in the Chugoku and Shikoku regions of Japan. We enrolled 60 women diag-nosed with CSP at 21 institutions from January 2006 to December 2015. Of the 60 women diagnosed with CSP, 57 were treated. Pregnancy was terminated in 48 women and continued in 9. Thirteen women underwent transabdominal hysterectomy; they experienced no postoperative complications or allogeneic blood transfu-sion. Nine women received therapies such as dilation and curettage, and 26 received non-surgical therapies such as methotrexate and topical administration of potassium chloride. Among 9 women who chose to con-tinue with their CSP, 7 successfully delivered newborns, 2 had uterine ruptures in the second trimester, and all women required transabdominal hysterectomy. Diagnosis and therapy in the first trimester of pregnancy are important in the management strategy of a CSP. When continuing a CSP, the risk of uterine rupture and trans-abdominal hysterectomy must be considered.

    DOI: 10.18926/AMO/62395

    PubMed

    researchmap

  • The Spiral Trial: A multicenter, randomized, controlled trial of Spiral thread sutures versus conventional thread sutures to prevent thinning of uterine scars following elective cesarean section. 国際誌

    Jota Maki, Hikari Nakatou, Kazumasa Tani, Eriko Eto, Kei Hayata, Dan Yamamoto, Kenji Kai, Takashi Tamada, Kazuyo Akamatsu, Kunihiro Kawanishi, Keiichiro Nakamura, Hisashi Masuyama

    Contemporary clinical trials   107   106449 - 106449   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The aim of this randomized controlled trial (RCT) is to investigate whether Spiral-thread sutures are superior to conventional sutures (0-Vicryl) for preventing uterine scar thinning following elective cesarean section. METHODS: This multicenter, parallel-group RCT will be conducted in four hospitals across three medical regions in Japan to assess 200 women (≥20 years old) with singleton pregnancies who are scheduled to undergo cesarean sections. Eligible women will be randomly assigned (1:1 ratio) to receive either the conventional uterine suture continuous absorption thread, which is most commonly used in Japan, or the Spiral thread. The primary endpoint is the degree of scar thinning, measured by transvaginal ultrasonography 6-7 months postoperatively, to evaluate the position of the uterus (anterior or posterior tilt) and myometrial wound thickness. The degree of thinning will be compared between the groups, and four measurements (mm) of the thinning area, including caudal distance, depth of the depression, remaining thickness of the myometrium on the serous side of the most depressed area, and width of the depression, will be recorded in the sagittal view on transvaginal ultrasound. Secondary endpoints will include total operative time, suture application time (from birth to the end of uterine suturing), operative blood loss, number of additional Z-sutures or continuous sutures required to stop bleeding, maternal abnormality frequency (surgical complications and postoperative infections), surgeon's years of experience, and clinical interpretation of individual subscale scores. DISCUSSION: This study shall provide important evidence on the optimal suture for preventing hysterotomy wound thinning after the first cesarean section. TRIAL REGISTRATION: National Institute of Public Health, Japan: jRCT1062200001 (May 7, 2020; https://rctportal.niph.go.jp/en/detail?trial_id=jRCT1062200001) and Okayama University Certified Review Board: CRB6180001 (April 9, 2020, version 3.0).

    DOI: 10.1016/j.cct.2021.106449

    PubMed

    researchmap

  • hCG values and gestational sac size as indicators of successful systemic methotrexate treatment in cesarean scar pregnancy. 国際誌

    Takashi Mitsui, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Jota Maki, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Taiwanese journal of obstetrics & gynecology   60 ( 3 )   454 - 457   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To retrospectively investigate cesarean scar pregnancy (CSP) patients who received systemic methotrexate (MTX) and to clarify the criteria for administering systemic MTX to CSP patients. MATERIALS AND METHODS: Fifteen CSP patients who were initially treated with systemic MTX (50 mg/m2/week) were included. Nine patients, who needed a uterine artery embolization (UAE) or a laparotomy, including a transabdominal hysterectomy (TAH), were defined as the unsuccessful MTX group. Six patients who did not require UAE or a laparotomy were defined as the successful MTX group. Furthermore, the hCG cut-off value and the GS cut-off size at the time of CSP diagnosis, which differentiated successful and unsuccessful patients, were defined. MTX success rates were investigated by combining the hCG and gestational sac (GS) size cut-off values. RESULTS: The hCG cut-off value was 17757.0 mIU/mL, and the GS cut-off size was 10.4 mm. In patients with hCG values less than 17757.0 mIU/mL, the MTX success rate was 75.0%. Fewer patients needed UAE or a laparotomy compared to patients with hCG values higher than 17757.0 mIU/mL (P = 0.007). In patients with a GS size less than 10.4 mm, the MTX success rate was 80.0%. Fewer patients among them needed UAE or a laparotomy compared to those among patients with a GS size greater than 10.4 mm (P = 0.089). In patients with hCG values and GS sizes lower than the cut-off values, the MTX success rate was 80.0%. Fewer patients among them needed UAE or a laparotomy compared to those among patients with hCG values and/or GS sizes higher than the cut-off values, respectively (P = 0.010). CONCLUSION: Patients with hCG values less than 17757.0 mIU/mL and GS sizes less than 10.4 mm may have a greater chance of successful systemic MTX treatment when it is used as the first line of treatment for CSP.

    DOI: 10.1016/j.tjog.2021.03.011

    PubMed

    researchmap

  • The assessment of the fetal heart function using two-dimensional speckle tracking with a high frame rate. 国際誌

    Akiko Ohira, Kei Hayata, Sakurako Mishima, Kazumasa Tani, Jota Maki, Takashi Mitsui, Eriko Eto, Hisashi Masuyama

    Early human development   151   105160 - 105160   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Two-dimensional (2D) speckle tracking echography (STE) is a new diagnostic modality that allows for the assessment of myocardial deformation. The present study assessed the feasibility of fetal 2D-STE at a high frame rate and determined the reference values for left ventricular (LV)- and right ventricular (RV)- global longitudinal strain (GLS). METHODS: In this prospective study, 109 fetuses with gestational ages ranging from 18 to 38 weeks underwent 2D echocardiography between August 2018 and December 2019. All recordings were performed using the Aplio i800 (CANON Medical Systems Corporation, Tochigi, Japan) and a convex probe (4 MHz) for fetuses. RESULTS: Longitudinal peak systolic strain measurements were obtained in 98 of 109 healthy fetuses (90%). All ultrasound videos were recorded with a median frame rate of 172 (range, 100-274) frames/s. The LV-GLS was almost constant, regardless of the number of weeks since the second trimester (r = -0.0087, p = ns). The RV-GLS decreased significantly with gestational age (r = 0.39, p < 0.01). CONCLUSIONS: STE may be useful for quantifying the systolic myocardial function in a fetus.

    DOI: 10.1016/j.earlhumdev.2020.105160

    PubMed

    researchmap

  • 過去10年間に37週以降で分娩となった母体における低出生体重児のリスク因子の変遷

    假谷 奈生子, 光井 崇, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( 2 )   213 - 218   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Relationship between Intracellular Signaling of the (Pro)renin Receptor and the Pathogenesis of Preeclampsia.

    Shoko Tamada, Takashi Mitsui, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Jota Maki, Takeshi Eguchi, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   73 ( 5 )   433 - 440   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An association between preeclampsia and (pro)renin was recently reported. Intracellular signaling of the (pro) renin receptor [(P)RR] increases the expressions of TGF-β and PAI-1. In this study we sought to clarify the involvement of (pro)renin in the pathogenesis of preeclampsia via the intracellular signaling of (P)RR on preeclampsia placentas. Activated (pro)renin plasma concentrations were compared between pregnant women with (n=15) and without (n=28) preeclampsia. The placentas were immunohistochemically evaluated with anti-HIF-1α and anti-(P)RR antibodies. HTR-8/SVneo cells were cultured under hypoxic conditions and treated with human recombinant (pro)renin. The mRNA expressions of HIF-1α, (P)RR, PAI-1, TGF-β, and ET-1 were also examined by real-time RCR. The activated (pro)renin plasma concentration was significantly higher in the third vs. the second trimester in the preeclampsia patients. HIF-1α and (P)RR expressions were significantly increased in the preeclampsia placentas. The mRNA expressions of PAI-1, TGF-β, and ET-1 were significantly increased in the experiments using recombinant (pro)renin vs. hypoxic conditions. (P)RR expression in preeclampsia placentas is increased by persistent hypoxia through the second and third trimesters, and PAI-1, TGF-β, and ET-1 production is increased via (P)RR. Our results suggest that ET-1 production via the intracellular signaling of (P)RR is important in the pathogenesis of preeclampsia.

    DOI: 10.18926/AMO/57374

    PubMed

    researchmap

  • A Case of Nager Syndrome Diagnosed Before Birth.

    Kei Hayata, Hisashi Masuyama, Eriko Eto, Takashi Mitsui, Shoko Tamada, Takeshi Eguchi, Jota Maki, Kazumasa Tani, Akiko Ohira, Yosuke Washio, Junko Yoshimoto, Kosei Hasegawa

    Acta medica Okayama   73 ( 3 )   273 - 277   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Nager syndrome is a rare disease involving severe micrognathia and upper limb shortening. In this report, we describe a case in which micrognathia of the fetus was suspected based on the observation of upper limb shortening during detailed B mode and 3D/4D ultrasonographic observation, and combined fetal MRI and 3D-CT led to a prenatal diagnosis of Nager syndrome. Upon birth, because severe micrognathia caused airway obstruction and made it difficult to spread the larynx for intubation, effective ventilation could not be carried out and a tracheostomy was necessary. Since a differential diagnosis of Nager syndrome can be made based on the fact that micrognathia typically co-occurs with upper limb shortening, it is possible to diagnose the disease before birth and prepare for life-saving measures accordingly.

    DOI: 10.18926/AMO/56872

    PubMed

    researchmap

  • Exchange Transfusion and Cytarabine for Transient Abnormal Myelopoiesis in Hydrops Fetalis.

    Tomoka Okamura, Yousuke Washio, Junko Yoshimoto, Kazumasa Tani, Hirokazu Tsukahara, Akira Shimada

    Acta medica Okayama   73 ( 2 )   181 - 188   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Most cases of transient abnormal myelopoiesis (TAM) in neonates with Down syndrome (DS) resolve spontaneously; however, DS-TAM neonates with hydrops fetalis (HF) show poor clinical outcomes. We report three infants with DS-TAM and HF who were treated with exchange transfusion (ET) followed by low-dose cytarabine (LD-CA). All of them survived without developing liver failure, acute leukemia, or other serious adverse events. Our results suggest that this combination treatment with ET and LD-CA would be safe, tolerable and effective as an novel approach for DS-TAM patients with HF.

    DOI: 10.18926/AMO/56655

    PubMed

    researchmap

  • Successful Delivery after Abdominal Radical Trachelectomy, Using Transabdominal Cerclage in Early Pregnancy.

    Shoko Tamada, Hisashi Masuyama, Kei Hayata, Eriko Eto, Takashi Mitsui, Takeshi Eguchi, Jota Maki, Kazumasa Tani

    Acta medica Okayama   73 ( 2 )   173 - 176   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Radical trachelectomy (RT) is a fertility-sparing surgery for cervical cancer. Postoperative pregnancies have a high risk of abortion and prematurity. To prevent this, a procedure involving transabdominal cerclage (TAC) was devised for shortened cervical canals post-RT. Here we describe the successful management of a pregnancy after abdominal RT (ART). The 34-year-old patient was gravida 1, para 0. When she was 27, she underwent ART for stage Ib1 cervical cancer, and she became pregnant 7 years later. Because her cervical canal was 16.7 mm during early pregnancy, we performed TAC at 12 weeks of pregnancy. Post-surgery, we administered an infusion of ritodrine hydrochloride for tocolysis. A selective caesarean section was performed at 36 weeks, with the delivery of a healthy infant.

    DOI: 10.18926/AMO/56653

    PubMed

    researchmap

  • Robson分類を用いた当院の帝王切開症例の特徴と適応症例の妥当性評価

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( 1 )   65 - 70   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2020088900

  • 妊娠性エプーリスからの大量出血で母体管理のため帝王切開を選択した一例

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( 2 )   139 - 143   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Upregulation of Angiogenic Factors via Protein Kinase C and Hypoxia-induced Factor-1α Pathways under High-glucose Conditions in the Placenta.

    Takashi Mitsui, Kazumasa Tani, Jota Maki, Takeshi Eguchi, Shoko Tamada, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   72 ( 4 )   359 - 367   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Abnormal glucose metabolism during pregnancy is an established risk factor for preeclampsia (PE). Disruption of the balance between placental angiogenic factors is linked to PE pathophysiology. We examined whether hypoxia-induced factor-1α (HIF-1α) and protein kinase Cβ (PKCβ) are involved in the regulation of placental angiogenic factors under high-glucose conditions in vitro. The human choriocarcinoma cell lines BeWo and JEG-3, and the human trophoblast cell line HTR-8/SVneo were cultured with 10 and 25 mmol/L glucose [control glucose group (CG) and high-glucose group (HG), respectively]. We examined the changes in HIF-1α, soluble fms-like tyrosine kinase-1 (sFlt-1), placental growth factor (PlGF), and vascular endothelial growth factor (VEGF) expression in the CG and HG by real-time PCR and ELISA. PKC activation was also measured by ELISA. The expressions of HIF-1α, sFlt-1, PlGF, and VEGF were significantly higher in the HG than in the CG. PKC activity was significantly increased in the HG. High glucose affected the expression of angiogenic factors in choriocarcinoma cells via the PKCβ and HIF-1α pathways, suggesting their involvement in PE pathogenesis.

    DOI: 10.18926/AMO/56171

    PubMed

    researchmap

  • 胎児エコーで心臓に高エコー域を認め,出生後Fetal Myocardial Calcificationと診断された1例

    佐藤剛史, 鷲尾洋介, 大山麻美, 谷和祐, 岡村朋香, 吉本順子, 塚原宏一

    日本新生児成育医学会雑誌   30 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • Dimethylesculetin ameliorates maternal glucose intolerance and fetal overgrowth in high-fat diet-fed pregnant mice via constitutive androstane receptor. 国際誌

    Hisashi Masuyama, Takashi Mitsui, Jota Maki, Kazumasa Tani, Keiichiro Nakamura, Yuji Hiramatsu

    Molecular and cellular biochemistry   419 ( 1-2 )   185 - 92   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The constitutive androstane receptor (CAR) has been reported to decrease insulin resistance along with obesity. 6,7-dimethylesculetin (DE) is an active component of Yin Zhi Huang which is a traditional Asian medicine used to treat neonatal jaundice via CAR. In this study, we examined whether DE could affect the expression of gluconeogenic and lipogenic genes via human CAR pathway using human HepG2 cells in vitro. We also studied whether DE treatment during pregnancy could prevent maternal hypertension, glucose intolerance and hyperlipidemia, and fetal overgrowth in high-fat diet (HFD)-induced obese pregnant mice. Dimethylesculetin suppressed the mRNA expression of gluconeogenic genes, phosphoenolpyruvate carboxykinase and glucose-6-phosphatase, and lipogenic genes, sterol regulatory element-binding protein 1 and stearoyl-CoA desaturase 1, and enhanced CAR-mediated transcription. Blocking the CAR-mediated pathway abolished the effect of DE in vitro. DE treatment during pregnancy could prevent maternal hypertension, glucose intolerance and hyperlipidemia, and fetal overgrowth in HFD-induced obese pregnant mice in vivo. Our data indicate that DE might be a potential therapeutic agent for obese pregnant patients with insulin resistance through CAR to prevent the perinatal outcomes such as preeclampsia, gestational diabetes, and macrosomia. Further analysis of possible complications and side effects using animal models is required.

    DOI: 10.1007/s11010-016-2772-4

    PubMed

    researchmap

  • 症例 胎児心拡大を契機に肝内血管性病変の診断に至った2例

    熊澤 一真, 多田 克彦, 山下 聡美, 谷 和祐, 萬 もえ, 吉田 瑞穂, 桐野 智江, 塚原 紗耶, 政廣 聡子, 立石 洋子

    産婦人科の実際   65 ( 4 )   451 - 457   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016251500

  • 胎児完全房室ブロックに対してデキサメタソン内服と塩酸リトドリン点滴にて治療を行った抗SS-A抗体陽性初産婦の一例

    三島 桜子, 玉田 祥子, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司, 沖本 直輝

    現代産婦人科   65 ( 2 )   223 - 227   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017281211

  • 鎖肛を直接診断した総排泄腔遺残症の出生前診断例

    谷和祐, 多田克彦, 片山修一, 萬もえ, 山下聡美, 吉田瑞穂, 桐野智恵, 塚原紗耶, 立石洋子, 沖本直輝, 熊澤一真, 中原康雄, 中村信, 影山操, 高田雅代

    日本周産期・新生児医学会雑誌   52 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

  • 当院で経験した子宮破裂の検討

    萬 もえ, 多田 克彦, 谷 和祐

    現代産婦人科   64 ( 1 )   91 - 94   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016074896

  • 経口避妊薬(OC)・EP配合剤を内服中に発生した動静脈血栓症の8症例

    谷和祐, 江口武志, 杉山和歌菜, 小古山学, 赤堀洋一郎, 河原義文

    現代産婦人科   62 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • 診断に苦慮した卵管癌の一例

    谷和祐, 杉山和歌菜, 河原義文

    津山中央病院医学雑誌   28 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 死戦期帝王切開 死戦期帝王切開を院内で考える時代の到来 PMCDシミュレーションの有用性

    谷 和祐, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( Suppl. )   S39 - S39   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における多職種連携死戦期帝王切開シミュレーションの実際

    谷 和祐, 横畑 理美, 三苫 智裕, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P267 - P267   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 出産前診断が困難であった不全型Cantrell五徴症の一例

    谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    超音波医学   48 ( Suppl. )   S750 - S750   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 【[必携]専攻医と指導医のための産科診療到達目標】病態・疾患編【合併症妊娠】婦人科腫瘍 子宮筋腫

    増山 寿, 谷 和祐

    周産期医学   50 ( 8 )   1419 - 1421   2020年8月

  • 当院における新定義による妊娠高血圧症候群の周産期背景に関する後方視的検討

    谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   664 - 664   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 低酸素条件下のヒト絨毛細胞株HTR-8/SVneoにおけるEG-VEGFとMMPsの産生

    谷 和祐, 大平 安希子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本妊娠高血圧学会雑誌   25   113 - 113   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本妊娠高血圧学会  

    researchmap

  • 全前脳胞症に22q11.2欠失症候群を合併した1例

    谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 岡村 朋香, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   54 ( 2 )   720 - 720   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 胎児期に心臓に高エコー域を認め出生後Fetal cardiac calcificationと診断された1例

    谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   70 ( 2 )   913 - 913   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群に尿膜管遺残症を合併した1例

    谷 和祐, 楠田 麻美, 岡村 朋香, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 塚原 宏一

    日本新生児成育医学会雑誌   29 ( 3 )   773 - 773   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本新生児成育医学会  

    researchmap

  • 当院で経験した気管無形成の3症例

    谷 和祐, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 牧 尉太, 岡本 和浩, 江口 武志, 玉田 祥子, 岡村 朋香, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   529 - 529   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 鎖肛を直接診断した総排泄腔遺残症の出生前診断例

    谷 和祐, 多田 克彦, 片山 修一, 萬 もえ, 山下 聡美, 吉田 瑞穂, 桐野 智恵, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 沖本 直輝, 熊澤 一真, 中原 康雄, 中村 信, 影山 操, 高田 雅代

    日本周産期・新生児医学会雑誌   52 ( 3 )   959 - 963   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    31歳(1経妊1経産)。妊娠24週に胎児水腎症にて紹介された。初診時の超音波検査で両側水腎症を認め、外陰部の観察で女児と判断したが、会陰肛門部の観察では正常肛門粘膜像(target sign)を描出できなかった。胎児の鎖肛を強く疑い、妊娠26週には胎児の腸管拡張像が、妊娠31週には直腸と尿路の間の瘻孔の存在を示唆する腸管内高輝度エコー像が出現したことより、総排泄腔遺残症と診断した。妊娠38週6日に3346gの女児が経腟分娩となり、出生後の診察と胎児期の超音波所見を合わせて本症と確定診断した。

    researchmap

  • 出生前診断した総排泄腔遺残症の一例

    谷 和祐, 萬 もえ, 山下 聡美, 吉田 瑞穂, 桐野 智江, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 熊澤 一真, 政廣 聡子, 多田 克彦

    現代産婦人科   64 ( Suppl. )   S44 - S44   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 胎児エコーによる高位鎖肛所見より総排泄腔遺残症を強く疑った一例

    谷 和祐, 萬 もえ, 山下 聡美, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 熊澤 一真, 多田 克彦, 片山 修一, 影山 操, 中村 信

    日本周産期・新生児医学会雑誌   51 ( 2 )   773 - 773   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 診断に苦慮した卵管癌の一例

    谷 和祐, 杉山 和歌菜, 河原 義文

    津山中央病院医学雑誌   28 ( 1 )   103 - 106   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    症例は64歳女性。2週間ほど前から持続する下腹部痛を主訴に前医を受診した。腹水貯留あり、腹水細胞診はclass V、CTにて大網に粒状影あり、上部消化管内視鏡では異常所見なし。婦人科疾患精査目的に当科へ紹介となった。腫瘍マーカー、FDG-PET/CT、下部消化管内視鏡を施行するも明らかな原発巣は指摘されず、原発不明癌と診断した。試験開腹術を腹腔鏡下に施行し、卵管癌と診断した。その後NAC(術前化学療法)としてtri-weekly TC(Paclitaxel+Carboplatin)療法を3コース施行し、FDG-PET/CTでは再燃を疑う集積亢進はなく、大網など腹膜播種については不明瞭化し、腫瘍マーカーも陰性化し、CR(complete responese)であった。引き続き、腫瘍減量手術として、単純子宮全摘術、両側付属器摘出術、骨盤内リンパ節・傍大動脈リンパ節郭清、大網切除術、虫垂切除術を施行した。術後病理所見では、両側卵巣、子宮、大網、虫垂、両側卵巣動静脈に悪性所見を認めず、リンパ節転移陰性、腹水細胞診class IIという結果であった。術後補助化学療法として現在tri-weekly TC療法を施行中である。腹腔鏡手術のメリット・デメリットを考慮した上で、原発不明癌や進行卵巣癌、不完全な手術が初回になされた症例では、腹腔内病変の診断や進行期の決定において腹腔鏡は有効であると思われる。(著者抄録)

    researchmap

  • 経口避妊薬(OC)・EP配合剤を内服中に発生した動静脈血栓症の8症例

    谷 和祐, 江口 武志, 杉山 和歌菜, 小古山 学, 赤堀 洋一郎, 河原 義文

    現代産婦人科   62 ( 2 )   217 - 222   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    【緒言】経口避妊薬(OC)やEP配合剤は月経困難症、過多月経、不正性器出血等の治療として、また避妊目的、月経移動、不妊治療中等で産婦人科で処方され、数多くの女性が使用している。しかし、これらのホルモン療法には動脈及び静脈血栓塞栓症などの重大な副作用がある。OCもしくはEP配合剤を内服中、血栓症にて当院受診となった8症例を報告する。【症例】2004年1月〜2013年10月までに他院で処方されたOCもしくはEP配合剤を内服中に動静脈血栓症を発症し、当院受診した8症例について検討した。中用量ピル内服中が2例、低用量ピル内服中が6例であった。内服期間は中用量ピル内服中が10日間から16日間、低用量ピルは14日間から4年間と様々であった。内服理由としては避妊目的はなく、月経困難症が4例、月経不順が3例、不妊治療中が1例であった。発症した血栓症は、動脈血栓症が4例(脳梗塞3例(うち出血性梗塞2例)、狭心症1例)、静脈血栓症が4例(脳静脈洞血栓症2例、静脈血栓症2例(うち1例は肺塞栓症あり))であった。リスクとしては、喫煙歴が8人中5人に認められ、禁忌事項となる35歳以上で1日15本以上の喫煙者が1例、抗リン脂質抗体症候群患者が1例認められた。【結語】OC・EP配合剤服用は動静脈血栓症発症リスクを高める。凝固系マーカーによる早期診断は困難と考えられるため、発症予防が重要である。その為にはガイドラインに則り処方前のリスク因子の抽出、定期的な診察が重要であると考えられた。また、本症例のような主訴で初診時に他科受診していることも想定されるため、他診療科医師へのOC・EP配合剤服用に対する認識も必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20140620430013&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2013%2F006202%2F013%2F0217-0222%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2013%2F006202%2F013%2F0217-0222%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 分娩中に脳静脈洞血栓症をきたした一例

    谷 和祐, 延本 悦子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌   66 ( 2 )   803 - 803   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当科で経験した多脾症候群の4例

    谷 和祐, 延本 悦子, 衛藤 英里子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科   62 ( Suppl. )   S44 - S45   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 糖尿病性ケトアシドーシスの治療中に意識障害が遷延し、PRESと考えられた1型糖尿病の1例

    谷 和祐, 梶谷 展生, 佐藤 千景, 寺見 直人, 立古 浩雅, 小寺 亮, 小川 大輔, 和田 淳, 四方 賢一, 槇野 博史

    糖尿病   55 ( 5 )   370 - 370   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 当院における無痛分娩についての検討

    坂田 周治郎, 谷 和祐, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( Suppl. )   S74 - S74   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育の調査 SGA児の発育への影響因子の検討

    光井 崇, 三島 桜子, 谷 和祐, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( Suppl. )   S26 - S26   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 産科危機的出血搬送例に救急外来で緊急大動脈内バルーン遮断を使用し救命し得た2症例

    栗山 千晶, 牧 尉太, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( Suppl. )   S48 - S48   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 院内発症の死戦期帝王切開と院外発症の死戦期帝王切開を経験して

    三苫 智裕, 早田 桂, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P267 - P267   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症の母親から生まれた児における3歳の肥満有病率および関連リスク因子

    光井 崇, 谷 和祐, 三島 桜子, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 塚原 宏一, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P158 - P158   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 妊娠中の母体体組成量および安静時代謝量の変化と出生児体重の関係

    衛藤 英理子, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P153 - P153   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • COVID-19 周産期緊急搬送システム"iPicss"を用いた救急隊と搬送連携/災害発生後やCOVID-19妊婦の連携体制の構築

    牧 尉太, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P110 - P110   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 骨形成不全症と胎児診断され、遺伝カウンセリングに苦慮したXXX女性の一例

    衛藤 英理子, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 早田 桂, 長谷川 高誠, 吉本 順子, 大月 審一, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌   42 ( 2 )   103 - 103   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遺伝カウンセリング学会  

    researchmap

  • 過去10年間に37週以降で分娩となった母体における低出生体重児のリスク因子の変遷

    假谷 奈生子, 光井 崇, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( 2 )   213 - 218   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    【目的】当院では妊娠37週以降の低出生体重児の出生率が増加傾向である。そこで当院の妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した母体のリスク因子を検討し、その増加の原因を明らかとすることを目的とした。【方法】2009年から2018年に当院で妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した妊婦223例を対象とし、母体や出生児の情報および母体のリスク因子を後方視的に検討した。低出生体重児の増加の原因を、2009年から2013年の5年間(前期群)と2014年から2018年の5年間(後期群)に分類し検討した。また、light-for-date(LFD)およびsmall-for-date(SFD)のみでの検討も行った。本研究は、当院の倫理委員会の承認を得て行った。【結果】2009年から2018年に当院で妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した223例のリスク因子を検討した結果、妊娠中の体重増加不良が99例(44.4%)と最も多く、次に母体年齢35歳以上が73例(32.7%)、非妊娠時BMI18.5未満が64例(28.7%)の順に多かった。年代別に比較検討した結果、前期群に比較し、後期群ではLFDが28例(30.7%)から65例(49.2%)、SFDが18例(19.8%)から32例(24.2%)と増加していた。リスク因子に関しては、いずれも妊娠中の体重増加不良、母体年齢35歳以上、非妊娠時BMI18.5未満の順に多く、過去10年間と同様の傾向を認めた。しかし、SFDを分娩した母体のみでリスク因子を検討すると、前期群と比較して後期群では妊娠中の体重増加不良を有する妊婦の有意な増加を認めた。【結論】当院の過去10年間における妊娠37週以降の低出生体重児を出産した母体のリスク因子として、やせや妊娠中の体重増加不良、高齢出産の妊婦が多かった。これらを改善するため、妊娠出産適齢期の女性の妊娠前からの体重管理や妊娠中の適切な体重増加を指導する必要があると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生したSGA児のcatch-upに影響する因子

    三島 桜子, 光井 崇, 三苫 智裕, 横畑 理美, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 塚原 宏一, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P218 - P218   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 分娩後出血時のダイナミック造影CTは治療選択に必要不可欠である

    早田 桂, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P209 - P209   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 骨形成不全症合併妊娠の一例

    横畑 理美, 衛藤 英理子, 三苫 智裕, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   57 ( Suppl. )   P243 - P243   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 完全子宮脱合併妊娠の経腟分娩の経験 頸管裂傷の縫合治癒課程の詳細

    牧 尉太, 早田 桂, 三島 桜子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術   ( 32 )   147 - 147   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 産科危機的出血時の造影CTは治療選択に必須である

    大前 彩乃, 早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 363   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 先天性横隔膜ヘルニアによる胸部異所性腎を出生前診断した1例

    杉原 花子, 光井 崇, 谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 621   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 完全子宮脱合併妊娠の経腟分娩の経験 頸管裂傷の縫合治癒過程の詳細

    牧 尉太, 中藤 光里, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 615   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • Spiral糸による連続縫合は帝王切開創部の菲薄化を予防する

    中藤 光里, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 366   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 胎児先天性心疾患症例への産科医、小児循環器科医の関わりと倫理的配慮

    衛藤 英理子, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 近藤 麻衣子, 馬場 健児

    超音波医学   47 ( Suppl. )   S363 - S363   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 胎児心エコーを用いたストレイン値の基準値作成と、フレームレート数の必要性について

    大平 安希子, 早田 桂, 三島 桜子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    超音波医学   47 ( Suppl. )   S366 - S366   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 多嚢胞性卵巣症候群患者のインスリン抵抗性と妊娠に関する検討

    衛藤 英理子, 樫野 千明, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠   20 ( 2 )   S - 52   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病・妊娠学会  

    多嚢胞性卵巣症候群(polycystic ovary syndrome:PCOS)は生殖年齢の約5%に認められる比較的多い疾患であり、インスリン抵抗性が病態の基盤である。当科で管理したPCOS患者163例を対象に、インスリン抵抗性、妊娠との関連を調べた。PCOS全体の34%が肥満であり、分娩に至った例でもその割合は同等であった。PCOS分娩例を肥満群(非妊時BMI≧25)23例と非肥満群(<25)45例に分けて比較検討すると、肥満群の方がインスリン抵抗性の指標は上昇しており、高コレステロール血症、脂質異常症も多かった。また周産期合併症の頻度も肥満群で高値であったPCOSと肥満どちらが母体の耐糖能や周産期予後に対する影響度が大きいか調べた結果、肥満はPCOSそのものよりもインスリン抵抗性、周産期合併症のリスクをさらに増大させる因子であった。PCOS肥満妊婦はハイリスク妊婦と認識すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • Spiral糸による帝王切開創部の縫合 豚心臓子宮モデルシミュと92XXXX水頭症例の体部横切開での使用経験

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術   ( 31 )   200 - 200   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • NIPTを契機に判明したモザイク型21トリソミーと18q欠失症候群症例について

    早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 小川 千加子, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌   41 ( 2 )   89 - 89   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遺伝カウンセリング学会  

    researchmap

  • 妊娠性エプーリスからの大量出血で母体管理のため帝王切開を選択した一例

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( 2 )   139 - 143   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    今回、我々は妊娠性エプーリスが急性増悪し、口腔内大量出血をきたしたため、耳鼻咽喉科による姑息的な止血手術を一時的に施行した。その後、母体管理のために選択的帝王切開術を施行した一例を経験した。【症例】19歳、女性。1妊0産。自然妊娠成立し妊娠11週に近医受診。同時期に歯肉腫脹を自覚した。近医歯科で歯肉炎と診断され、終診となっていた。妊娠25週に歯肉腫脹が増悪し、当院口腔外科を紹介受診となった。当院口腔外科にて腫脹箇所の切除の選択肢も提示されたが希望されず、経過観察の方針となった。妊娠35週0日、歯肉腫脹の増悪と持続的な強出血を認め、止血困難で救急搬送となった。来院時ショックバイタルであり、右下5舌側歯肉臼後部から動脈性の出血を認めた。病変は3cm程度で臨床所見から妊娠性エプーリスを疑った。緊急腫瘍摘出術を施行し止血は得られたが、根治手術は難しく姑息的手術となった。ICU入室後、再出血を認めず経過した。病変の再出血時は止血困難となる可能性を考慮し、早期の妊娠終了を協議の上決定し、妊娠35週4日に選択的帝王切開術を施行した。女児、2308g、アプガースコア9点/9点(1分/5分)の生児を得た。術後口腔内出血を認めず、残存腫脹は消退し産後9日目に退院した。【結語】妊娠性エプーリスは妊婦の1%程度に認め、その程度・出現時期・形態は多岐に渡る。本例では母体適応で35週の帝王切開術の方針としたが、分娩後は自然に縮小・消失することが特徴で正期産まで経過観察する選択肢も上げられる。母児両方の状態を考慮し治療方針を決定する必要性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 特発性肺高血圧症合併妊娠の一例

    三島 桜子, 光井 崇, 楠元 理恵, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   72 ( 臨増 )   S - 418   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における妊娠37週以降の低出生体重児の母体背景の検討

    假谷 奈生子, 光井 崇, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   72 ( 臨増 )   S - 551   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠22週未満の治療的流産における胎盤位置に関する出血量の検討

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   72 ( 臨増 )   S - 506   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における前置胎盤の検討

    上田 菜月, 玉田 祥子, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   72 ( 臨増 )   S - 506   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • Robson分類を用いた当院の帝王切開症例の特徴と適応症例の妥当性評価

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( 1 )   65 - 70   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    今日、世界的に帝王切開率は上昇傾向にあるため、世界保健機関は帝王切開術が施行された症例を分娩歴、分娩開始、胎位、胎数、妊娠週数により10グループに分類するRobson分類を用いて検討することを推奨している。今回、当院の帝王切開症例をRobson分類を用いて当院の帝王切開症例の特徴および適応症例の妥当性評価を検討したので報告する。2013年から2017年に当院で分娩した1933例を対象とした。Robson分類に従って分類し、各グループの帝王切開数及び帝王切開率を後方視的に検討した。本研究は、本学の倫理委員会の承認を得て施行された。5年間における当院の帝王切開率は全体で36.3%(702/1933例)であり、既往帝王切開症例(グループ5)の帝王切開数が最も多く206例であり、全帝王切開症例の29.3%を占めていた。グループ1とグループ2を合計したTSCN(term、single、cephalic、nulliparous)の帝王切開数は185例と全帝王切開症例の26.4%であり、2番目に多く、グループ2の中で予定帝王切開術となった症例は子宮手術歴、前置胎盤、胎児疾患の順に多かった。当院では、既往帝王切開症例及びTSCN症例の帝王切開数が全分娩件数に占める割合が高い。国内の既存の報告と比較検討すると、当院では正期産、単胎、頭位の妊婦での予定帝王切開率が高かった。帝王切開後経腟分娩の適応症例及びTSCN症例への帝王切開術の適応をより慎重に行うことによって、帝王切開率を改善することが期待できるのではないかと考えられた。Robson分類は、当院における帝王切開症例の分類ごとの数や比率を把握することができ、問題点を抽出し、改善点を検討することができることに関して有用であった。また、今後施設間のRobson分類による帝王切開症例の比較検討を行うことにより施設や地域ごとの特性を知り、地域ごとの医療水準の向上に繋がるツールになることが期待できる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20191216480012&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2019%2F006801%2F012%2F0065-0070%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2019%2F006801%2F012%2F0065-0070%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 多嚢胞性卵巣症候群患者のインスリン抵抗性と妊娠に関する検討

    衛藤 英理子, 樫野 千明, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠   19 ( 3 )   S - 86   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病・妊娠学会  

    researchmap

  • 羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、診断告知から夫婦の保因者診断まで経時的に遺伝カウンセリングを行った1例

    早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 小川 千加子, 吉本 順子, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌   40 ( 3 )   109 - 113   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遺伝カウンセリング学会  

    羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、2度の出産を経て両親の保因者診断まで継続対応した症例を報告する。36歳、初妊婦。妊娠30週に羊水染色体検査を行い、46,XX,inv(9)(p12q13)、der(14;22)(q10;q10)、+18が判明したが、18トリソミーのみ開示した。その後、女児を死産した。産褥期にロバートソン転座につき追加開示したが、保因者診断は希望せず、4ヵ月後に第2子を自然妊娠した。出生前遺伝学的検査は行わず、妊娠38週に男児を出産した。産褥期に自ら保因者診断を希望し、母46,XX、父45,XY、inv(9)、der(14;22)(q10;q10)より、父親由来のロバートソン転座が判明したが、両親は結果について受容可能な心理状況になっていた。開示時期と検査時期に配慮した遺伝カウンセリングが必要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J03823&link_issn=&doc_id=20191031560005&doc_link_id=20200226370005&url=http%3A%2F%2Fsearch.jamas.or.jp%2Flink%2Fbc%2F20200226370005&type=jamaslink&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F99999_1.gif

  • 当科における前置癒着胎盤症例の検討

    上田 菜月, 玉田 祥子, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( Suppl. )   S44 - S44   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育調査

    光井 崇, 三島 桜子, 大平 亜希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集   43回   84 - 84   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性栄養・代謝学会  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症(VTE)予防における分娩後抗凝固療法の有無と、D-dimer値の関係について

    川西 貴之, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( Suppl. )   S55 - S56   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠性エプーリスからの大量出血で母体管理のため帝王切開を選択した一例

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 光井 崇, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( Suppl. )   S52 - S52   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠中にネフローゼ症候群を発症し、ステロイドを投与しながら妊娠を継続した一例

    假谷 奈生子, 光井 崇, 上野 麻美, 西脇 麻里子, 北川 正史, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 杉山 斉, 和田 淳

    現代産婦人科   68 ( Suppl. )   S51 - S51   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 前置胎盤帝王切開時に経腟エコーを用いて、胎盤剥離時期を判断する

    早田 桂, 牧 尉太, 大平 安希子, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術   ( 30 )   143 - 143   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

    衛藤 英理子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠   19 ( 2 )   S - 57   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病・妊娠学会  

    糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦において,安静時代謝量(resting energy expenditure;REE)の動向に違いがあるか検討することを目的とした。DM群14例とGDM群27例において,妊娠前期,中期,後期および産後にREEを測定した。DM群では妊娠前期から産後にかけてREEが減少傾向にあったが,GDM群では妊娠前期から後期にかけてREEが増加し産後に減少していた。非肥満妊婦のREEはDM群では全期間を通して有意な変化はなかったものの減少傾向にあった。一方でGDM群では妊娠後期に向けて有意な上昇を認めた。肥満妊婦ではDM群で産後に向かっての減少傾向が強く、GDM群でも後期にかけての上昇はみられなかった。(著者抄録)

    researchmap

  • 血族結婚の家系で出現した血小板無力症の幼少期から分娩までの経過

    前口 武志, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌   40 ( 2 )   98 - 98   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遺伝カウンセリング学会  

    researchmap

  • 夫が均衡型相互転座を有し、NIPTで21番染色体長腕の部分欠失が疑われたためマイクロアレイ解析を追加実施した1例

    早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 吉本 順子, 酒本 あい

    日本遺伝カウンセリング学会誌   40 ( 2 )   106 - 106   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遺伝カウンセリング学会  

    researchmap

  • 妊娠肥満マウスを用いた肥満・耐糖能異常関連素因の世代間連鎖の解明

    増山 寿, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   463 - 463   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • チョコレート嚢胞破裂を保存的加療後に帝王切開同時片側附属器切除術を施行した血小板無力症合併妊娠の1例

    江口 武志, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衞藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   432 - 432   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 当院におけるlate preterm児の転帰と早期新生児予後

    大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 森本 大作, 岡村 朋香, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   644 - 644   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 食道静脈瘤破裂を来した新生児ヘモクロマトーシスの一例

    岡村 朋香, 吉本 順子, 鷲尾 洋介, 塚原 宏一, 谷 和祐, 野田 卓男

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   598 - 598   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 分娩後出血時の下腹部造影CTは治療選択に有用か

    早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   587 - 587   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 周産期緊急搬送システム"iPicss"を用いた周産期搬送連携および災害発生後の連絡体制の構築

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   506 - 506   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 糖尿病モデルマウス(KK/TaJcl)の胎盤におけるHIF-1α及び血漿中のsFlt-1とPlGFの産生に関する検討

    光井 崇, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本女性栄養・代謝学会誌   25   41 - 42   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性栄養・代謝学会  

    researchmap

  • 当院における帝王切開症例のRobson分類による検討

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   71 ( 臨増 )   S - 463   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 前置胎盤症例に対する術中経腟エコーの有用性について

    早田 桂, 大平 安希子, 牧 尉太, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   71 ( 臨増 )   S - 393   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院におけるトリソミー児の診断とその転帰について

    大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   71 ( 臨増 )   S - 653   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における胎児診断された胎児心構築異常の分娩転機の検討

    江口 武志, 大平 安希子, 牧 尉太, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   71 ( 臨増 )   S - 651   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

    衛藤 英理子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠   18 ( 3 )   S - 83   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病・妊娠学会  

    researchmap

  • 胎児エコーで心臓に高エコー域を認め、出生後Fetal Myocardial Calcificationと診断された1例

    佐藤 剛史, 鷲尾 洋介, 大山 麻美, 谷 和祐, 岡村 朋香, 吉本 順子, 塚原 宏一

    日本新生児成育医学会雑誌   30 ( 3 )   784 - 784   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本新生児成育医学会  

    researchmap

  • 常位胎盤早期剥離によるIUFDに対し経腟分娩を行った4症例の検討

    田中 奈緒子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   67 ( Suppl. )   S42 - S42   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊婦の緊急搬送体制改善に向けた院内改革と県下の取り組み 搬送システムOKAYAMA Picssと搬送補助アプリiPicss Appの開発

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 恵理子, 増山 寿

    現代産婦人科   67 ( Suppl. )   S50 - S50   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における帝王切開症例のRobson分類による検討

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科   67 ( Suppl. )   S48 - S48   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の病態におけるプロレニンの影響

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   54 ( 2 )   552 - 552   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 新ACC/AHA高血圧ガイドラインにおける高血圧ステージ分類における周産期予後の検討

    江口 武志, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   54 ( 2 )   549 - 549   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 低用量アスピリン内服による妊娠高血圧症候群発症予防についての後方視的検討

    玉田 祥子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   54 ( 2 )   703 - 703   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

    衛藤 英理子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   54 ( 2 )   656 - 656   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 血糖モニター(リアルタイムCGM)を用いた糖代謝異常妊婦の陣痛発来後の血糖動態および血糖管理方法の検討

    牧 尉太, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌   54 ( 2 )   655 - 655   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 腹式広汎子宮頸部摘出術後に自然妊娠し、妊娠初期に経腹的頸管縫縮術を施行した一例

    玉田 祥子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    超音波医学   45 ( Suppl. )   S707 - S707   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 前置胎盤の帝王切開時、術中経腟エコーで胎盤血流の減少を認めず癒着胎盤であった一例

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    超音波医学   45 ( Suppl. )   S732 - S732   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 前置胎盤症例に対する術中経腟エコーの有用性について

    早田 桂, 牧 尉太, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    超音波医学   45 ( Suppl. )   S731 - S731   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 腹式広汎子宮頸部摘出術後に自然妊娠し,妊娠初期に経腹的頸管縫縮術を施行した一例

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   70 ( 2 )   1035 - 1035   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症(VTE)予防における分娩後抗凝固療法の有用性は,D-dimer値で評価可能か

    早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌   70 ( 2 )   796 - 796   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 全前脳胞症を合併した13番染色体部分トリソミーの1例

    楠田 麻美, 谷 和祐, 岡村 朋香, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 塚原 宏一

    日本新生児成育医学会雑誌   29 ( 3 )   620 - 620   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本新生児成育医学会  

    researchmap

  • 多彩な合併症を呈するBeckwith-Wiedemann症候群に発症した乳児肝芽腫の一例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷 守通, 納所 洋, 谷本 光隆, 谷 和祐, 石田 悠志, 岡村 朋香, 藤原 かおり, 金光 喜一郎, 鷲尾 洋介, 鷲尾 佳奈, 吉本 順子, 嶋田 明

    日本小児血液・がん学会雑誌   54 ( 4 )   333 - 333   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症(VTE)予防における分娩後抗凝固療法の有無と、D-dimer値の関係について

    早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科   66 ( Suppl. )   S45 - S45   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • OKAYAMA搬送シート運用から1年 振り返りと今後 県内母体搬送システムの構築に向けた活動

    牧 尉太, 早田 桂, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科   66 ( Suppl. )   S45 - S45   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体から出生した児の長期予後 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育の性差

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本妊娠高血圧学会雑誌   24   50 - 50   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本妊娠高血圧学会  

    researchmap

  • 帝王切開瘢痕部妊娠に関する多施設共同研究

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   66 ( Suppl. )   S34 - S34   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 周産母子施設における妊娠22週未満の分娩方法と胎盤位置に関する出血量の検討

    牧 尉太, 早田 桂, 岡本 和浩, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   485 - 485   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 当院における胎盤ポリープ症例の検討

    清時 毅典, 玉田 祥子, 甲斐 憲二, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   484 - 484   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 当院搬送院外発症常位胎盤早期剥離症例における母児の転帰に関する検討

    甲斐 憲治, 牧 尉太, 相本 法慧, 清時 毅典, 谷 和祐, 岡本 和浩, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   609 - 609   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 妊娠中の75gOGTTから産後の糖尿病発症を予測できるか?

    衛藤 英理子, 牧 尉太, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 岡本 和浩, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   604 - 604   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 当科における分娩後の静脈血栓塞栓症予防の取り組み

    岡本 和浩, 増山 寿, 清時 毅典, 甲斐 憲治, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   575 - 575   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 胎児水腫を認めた一過性骨髄増殖症(TAM)に対して交換輸血後に少量シタラビン療法を施行した3例

    岡村 朋香, 谷 和祐, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 塚原 宏一

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   569 - 569   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 卵管妊娠における当院での管理方法に関する検討

    相本 法慧, 牧 尉太, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   548 - 548   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育の調査 SGA児の発育への影響因子の検討

    光井 崇, 増山 寿, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   737 - 737   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 増大する尿膜管嚢胞を合併したBeckwith-Wiedemann症候群の一例

    尾山 貴徳, 野田 卓男, 谷 守通, 納所 洋, 谷本 光隆, 谷 和祐, 岡村 朋香, 鷲尾 洋介, 吉本 順子

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   755 - 755   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 羊水過多をきたし出生直後に気管切開を必要としたNager症候群の1例

    江口 武志, 谷 和祐, 岡村 朋香, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿, 平松 祐司, 塚原 宏一

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   754 - 754   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群を合併した間葉性異形成胎盤の一例

    玉田 祥子, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   53 ( 2 )   751 - 751   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 胎児完全房室ブロックに対してデキサメタゾン内服と塩酸リトドリン点滴にて治療を行った抗SS-A抗体陽性初産婦の一例

    三島 桜子, 玉田 祥子, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司, 沖本 直輝

    現代産婦人科   65 ( 2 )   223 - 227   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    抗SS-A抗体陽性母体児に房室ブロックが生じる確率は1〜7.5%と報告されており、適切な治療がなされなければ胎児死亡となってしまう症例も少なくない。今回我々は、胎児完全房室ブロックに対し、塩酸リトドリン点滴とデキサメタゾン内服にて胎児の心不全予防を行った一例を経験したので報告する。症例は27歳、0経妊0経産。妊娠24週の健診時、胎児徐脈および心嚢液貯留を認め、精査目的に前医を紹介受診した。心室拍数60bpm、心房拍数120-130bpmの完全房室ブロックを認めたため、入院し胎児心拍数改善目的に塩酸リトドリン持続点滴を開始した。また母体の抗SS-A/SS-B抗体陽性が判明し、デキサメタゾン4mg/日内服も開始した。妊娠30週より新生児治療を含めた周産期管理のため当院転院となった。入院時超音波検査では、胎児推定体重1839g(+1.7SD)、心室拍数65bpm、心房拍数120bpm、心胸郭比34%、左室収縮率60%で、心嚢液はごくわずかに貯留していたが、胎児水腫は認めなかった。デキサメタゾン内服と塩酸リトドリン点滴を継続し、心室拍数70bpmとわずかに改善し心嚢液貯留はほぼ消失した。しかし母体に塩酸リトドリンに対する薬疹が出現し投与を中止したところ、胎児心室拍数は次第に減少し55bpmを下回るようになり、心嚢液も増悪した。イソクスプリン持続点滴を開始し再び55bpm以上まで改善したが、早期娩出が望ましいと判断し35週6日に選択的帝王切開にて分娩に至った。出生児は男児、2413g、Apgar score 7/8(1分値/5分値)、臍帯動脈血pH7.384であった。出生時心拍60-70bpmの徐脈であり、イソプロテレノール点滴による加療を行ったが改善を認めず、日齢68に恒久的ペーシング埋め込み術を施行され、日齢91に退院となった。胎児完全房室ブロックを発症した場合、徐脈性心不全への進行を予防することが重要であり、胎児心拍数が55bpmを下回った場合胎児死亡となる可能性がある。本症例では、ステロイド内服とβ刺激剤点滴にて胎児徐脈の改善および心不全への進行を予防し、妊娠期間を延長することができた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20170612460017&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006502%2F017%2F0223-0227%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006502%2F017%2F0223-0227%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Beckwith-Wiedemann症候群を合併した間葉性異形成胎盤の一例

    衛藤 英理子, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学   44 ( Suppl. )   S677 - S677   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 出生前カウンセリングの重要性を再認識した妊娠19週で胎児腹壁破裂と診断した一例

    内山 幸, 多田 克彦, 片山 修一, 桐野 智江, 萬 もえ, 谷 和祐, 山下 聡美, 吉田 瑞穂, 沖本 直輝, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 政廣 聡子, 高田 雅代, 中村 信, 影山 操

    岡山医療センター年報   12   290 - 291   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)国立病院機構岡山医療センター  

    researchmap

  • 品胎妊娠の分娩週数に母体身長が及ぼす影響

    多田 克彦, 宮木 康成, 熊澤 一真, 萬 もえ, 山下 聡美, 谷 和祐, 吉田 瑞穂, 桐野 智江, 塚原 紗耶, 沖本 直輝, 立石 洋子, 高田 雅代, 中村 信, 影山 操

    日本周産期・新生児医学会雑誌   52 ( 4 )   1081 - 1086   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    保存的に管理した品胎妊娠23例を対象に、妊娠32週未満の早産のリスク因子について検討した。その結果、妊娠32週未満の早産の独立した危険因子として身長が抽出され、分娩週数と身長の間には強い正の相関が示された。ROC曲線から、妊娠32週未満の早産を効率よく予測する身長は154cm未満と決定され、曲線下面積は0.878で、その正確性も確認された。

    researchmap

  • 出生後早期に気道確保を必要とした上顎体、舌奇形腫、舌裂を合併した唇顎口蓋裂の一例

    江口 武志, 牧 尉太, 谷 和祐, 岡本 和浩, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 飯田 征二, 平松 祐司

    現代産婦人科   65 ( Suppl. )   S46 - S46   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 先天性心ブロックを発症していない抗52kD SS-A抗体陽性妊婦における胎児房室伝導時間の傾向

    塚原 紗耶, 宮木 康成, 多田 克彦, 萬 もえ, 谷 和祐, 山下 聡美, 桐野 智江, 吉田 瑞穂, 沖本 直輝, 立石 洋子, 高田 雅代

    日本周産期・新生児医学会雑誌   52 ( 2 )   499 - 499   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 超音波検査を用いた総排泄腔遺残症の出生前診断における鎖肛所見の重要性

    吉田 瑞穂, 多田 克彦, 塚原 沙耶, 谷 和祐, 萬 もえ, 山下 聡美, 桐野 智恵, 沖本 直輝, 立石 洋子, 高田 雅代, 片山 修一, 中原 康雄

    日本周産期・新生児医学会雑誌   52 ( 2 )   693 - 693   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 胎児心拡大を契機に肝内血管性病変の診断に至った2例

    熊澤 一真, 多田 克彦, 山下 聡美, 谷 和祐, 萬 もえ, 吉田 瑞穂, 桐野 智江, 塚原 紗耶, 政廣 聡子, 立石 洋子

    産婦人科の実際   65 ( 4 )   451 - 457   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    症例1(27歳、初産婦)。妊娠25週2日目の超音波検査にて心拡大を、また妊娠30週6日目の超音波では肝内動静脈奇形が疑われた。妊娠33週0日目に陣痛発来し、経腟分娩にて1534gの男児を出産した。児は肝動脈拡張、動脈門脈シャントの存在ほか、門脈臍部の拡張、臍静脈遺残を指摘されたが、日齢58に行った腹部超音波で動静脈奇形を疑わせる血流が減少したため、日齢83に退院となった。症例2(27歳、初産婦)。妊娠33週1日目の定期健診で胎児心拡大を指摘後、妊娠33週5日目より入院管理となった。超音波検査にて心拡大とともに肝内動静脈奇形が疑われたが、妊娠39週3日目に3278gの女児を自然分娩で出産した、児は出生直後より多呼吸が出現し、動静脈奇形の所見が継続したが、心不全徴候の悪化はなく、日齢20に退院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00535&link_issn=&doc_id=20160422200013&doc_link_id=10.18888%2FJ00535.2016251500&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18888%2FJ00535.2016251500&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 当院で経験した子宮破裂の検討

    萬 もえ, 多田 克彦, 谷 和祐, 山下 聡美, 桐野 智江, 吉田 瑞穂, 片山 典子, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 熊澤 一真

    現代産婦人科   64 ( 1 )   91 - 94   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    【目的】わが国における2013年の妊産婦死亡原因の1位は産科的危機的出血であり、子宮破裂は産科的出血を来す基礎疾患の2位に位置づけられた重要な病態である。当院で経験した子宮破裂症例を後方視的に検討し、臨床的特徴を明らかにすることを目的とした。【方法】2001年1月〜2014年12月までに当院で経験した子宮破裂症例8例を対象とし、診療録を用いて後方視的に検討を行った。【成績】子宮破裂は全例院外発生の経産婦症例であった。全子宮破裂は6例に認めた。妊産婦死亡例の1例に羊水塞栓症が合併し、もう1例は大量出血に伴う多臓器不全後死亡に至った。さらに、全子宮破裂例の中で胎児死亡例を1例、重症新生児仮死例を2例認めた。不全子宮破裂の2例では母児の予後は良好であった。子宮破裂の原因として、帝王切開を含め子宮手術を原因とした瘢痕性子宮破裂は認めず、陣痛促進剤の使用例が5例で、自然子宮破裂が3例であった。全例側壁の破裂であった。【結論】当院で経験した子宮破裂は、全例非瘢痕性子宮破裂であった。多産婦に対する分娩誘発は、非瘢痕性子宮破裂における最大のリスク因子であり、慎重な取り組みが必要であることが再認識された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20151215460018&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006401%2F018%2F0091-0094%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006401%2F018%2F0091-0094%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 神経線維腫症1型合併妊娠の管理

    塚原 紗耶, 多田 克彦, 谷 和祐, 萬 もえ, 吉田 瑞穂, 桐野 智江, 政廣 聡子, 熊澤 一真

    現代産婦人科   64 ( Suppl. )   S73 - S73   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院で管理した低置胎盤症例の分娩方法と出血量との関連についての検討

    山下 聡美, 多田 克彦, 谷 和祐, 萬 もえ, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 熊澤 一真

    日本周産期・新生児医学会雑誌   51 ( 2 )   706 - 706   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 妊娠25週未満の胎胞膨隆症例に対する治療的頸管縫縮術が周産期予後に及ぼす効果

    多田 克彦, 谷 和祐, 萬 もえ, 塚原 紗耶, 立石 洋子, 熊澤 一真, 山下 聡美, 影山 操, 中村 信

    日本周産期・新生児医学会雑誌   51 ( 2 )   798 - 798   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    researchmap

  • 当科における外来子宮鏡検査に関する検討

    松岡 敬典, 鎌田 泰彦, 長谷川 徹, 安藤 まり, 依田 尚之, 岡本 和浩, 樫野 千明, 西條 昌之, 谷 和祐, 久保 光太郎, 酒本 あい, 松田 美和, 小谷 早葉子, 清水 恵子, 中塚 幹也, 平松 祐司

    現代産婦人科   63 ( 2 )   299 - 303   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    【目的】当科外来で施行する径3.8mmの子宮ファイバースコープによる検査(HFS)に関して、特に腹腔鏡下手術前に施行する有用性につき後方視的に検討した。【方法】不妊症や不育症、月経異常などの精査のため当科を受診した患者のうち、111例に説明と同意のもとにHFSを月経終了直後に施行した。そしてHFSの検査結果と患者の診療情報との関連につき解析を行った。【成績】HFS施行患者の年齢は35.0±5.0歳(mean±SD)で、うち未産婦が89例(80.2%)であった。主訴は、過多月経34例(30.6%)、不妊69例(62.2%)、反復流産35例(31.5%)など(重複有)であった。なお前医で子宮腔内病変を疑われ、当科を受診したのは65例(58.6%)であった。HFS結果は、異常なし38例(34.2%)、粘膜下筋腫24例(21.6%)、子宮内膜ポリープ33例(29.7%)、アッシャーマン症候群(子宮腔癒着症)15例(13.5%)など(重複有)であった。HFS前に超音波画像診断は全例に施行されており、感度80.8%、特異度57.9%で、14例(12.6%)はHFSでのみ異常を認めた。子宮卵管造影法は52例で同時期に施行されていたが、感度50.0%、特異度83.3%であり、17例(32.7%)はHFSでのみ異常を認めた。さらに111例中、腹腔鏡下手術を予定していた42例にHFSを施行したところ、新たな子宮腔内病変が判明したため、5例に対して子宮鏡下手術が追加された。HFSの合併症は、検査後の強い気分不良2例、検査継続困難な疼痛1例であり、子宮穿孔等の重篤な合併症はなかった。【結論】HFSは頸管拡張などの前処置が不要で、疼痛などの患者負担も少ない。そしてHFS施行により初めて得られる情報も多く、特に腹腔鏡下手術を予定する不妊症症例では術前に施行する意義の高い検査と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20150709460024&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006302%2F024%2F0299-0303%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006302%2F024%2F0299-0303%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 妊娠17週にて子宮破裂を発症した既往帝王切開後妊娠の1例

    光井 崇, 西田 傑, 中村 圭一郎, 早田 桂, 谷 和祐, 河原 義文, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌   67 ( 2 )   907 - 907   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 産科急性腹症の検討

    岡本 和浩, 瀬川 友功, 安藤 まり, 依田 尚之, 樫野 千明, 西條 昌之, 谷 和祐, 松岡 敬典, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 増田 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科   63 ( 1 )   67 - 71   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    妊娠時の急性腹症は早期診断されないと母児に多大な影響を与えるが、CT、MRI検査が制限されること、血液データに妊娠性変化があるため診断に苦慮する。本研究の目的は文献的考察をふまえ、我々の経験症例から妊娠時の急性腹症の早期診断において重要な点、それらをいかに治療するかについて検討することである。症例は岡山大学病院産婦人科において2008年4月から2013年3月までに妊娠中に急性腹症を呈した12症例。疾患の内訳は変性筋腫3例、卵巣嚢腫茎捻転3例、尿管結石3例、虫垂炎1例、穿通胎盤1例、胃癌末期1例の計12例。正診率は75%(9/12)、卵巣嚢腫茎捻転の1例は尿管結石、穿通胎盤は腸閉塞、胃癌末期は急性膵炎と初診時に診断されていた。初診時の診断では症状、身体診察、既往歴、エコー検査によってなされており、中でも既往歴は特に重要と思われ、変性筋腫の3/3例、卵巣嚢腫茎捻転の2/3例、尿管結石の2/3例は妊娠初期より筋腫、卵巣嚢腫、尿管結石を指摘されており、初診時に正診されている。血液検査は全例施行しており、WBC、CRPは妊娠を考慮すると明らかな異常値はなく、D-dimerは穿通胎盤、胃癌末期の症例において明らかな異常値であった。CTを施行した症例はなく、MRIは穿通胎盤、胃癌末期の症例で施行されており、正診されている。治療は卵巣嚢腫茎捻転の3例、穿通胎盤、胃癌末期の計5例が手術加療、その他の7例は保存的加療、なお尿管結石の1例は尿管ステント留置を施行されている。予後は胃癌末期の症例がその後癌性髄膜炎を発症して死亡、その他の11例は予後良好であった。妊娠時の急性腹症の診断では筋腫、卵巣嚢腫、尿管結石などの合併症を妊娠初期より診断し、上記妊娠合併症がある場合には後に急性腹症の原因となる可能性を念頭におく必要がある。血液検査ではWBC、CRPのみでは診断に結びつかない可能性が高い。妊娠を考慮しても明らかな異常値を呈する場合にはMRIを施行する必要があると思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20141216480015&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F015%2F0067-0071%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F015%2F0067-0071%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 短期間での貧血の進行を契機に慢性常位胎盤早期剥離を診断し得た1例

    依田 尚之, 早田 桂, 安藤 まり, 岡本 和浩, 樫野 千明, 西條 昌之, 谷 和祐, 松岡 敬典, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科   63 ( 1 )   59 - 62   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    血液検査で凝固異常の推移を追跡したところ偶然貧血の進行を認め、慢性常位胎盤早期剥離を診断し得た1例を経験した。外出血と血液凝固異常より常位胎盤早期剥離として母体搬送されるも、急速遂娩を要す異常がなく待機療法とした。4日後、外出血は消失し胎児心拍数波形異常もないが、短期間で貧血が進行しており、超音波で胎盤辺縁に血腫像を確認し慢性常位胎盤早期剥離と診断した。慢性常位胎盤早期剥離は外出血や下腹部痛が軽度なため、一度の診察のみでは見落とされる可能性がある。短期間に進行するHgb値低下を認めた場合、外出血や下腹部痛、胎児心拍数波形に異常がなくとも、立ちくらみのような貧血様症状の有無や、超音波断層法で胎盤を確認することが、慢性常位胎盤早期剥離の診断につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20141216480013&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F013%2F0059-0062%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F013%2F0059-0062%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 血液悪性腫瘍患者に対して妊孕能温存を目的とした卵巣凍結保存を施行した一例

    樫野 千明, 酒本 あい, 安藤 まり, 依田 尚之, 岡本 和浩, 西條 昌之, 谷 和祐, 松岡 敬典, 久保 光太郎, 長谷川 徹, 小谷 早葉子, 松田 美和, 鎌田 泰彦, 中塚 幹也, 平松 祐司

    現代産婦人科   63 ( 1 )   111 - 115   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    各種のがんや、白血病、悪性リンパ腫などの悪性腫瘍の生殖年齢女性における生命予後は、治療法の進歩により改善してきている。その一方で原疾患の治療により卵巣機能の低下・廃絶を来たし不妊となる可能性があり、治療後のQOL維持のため妊孕能温存法への関心が高まっている。具体的な方法としては卵巣機能の低下・廃絶の恐れのある治療の前もしくは寛解期に配偶子の凍結保存がある。受精卵や卵子(未受精卵)の凍結保存が通常施行されるが、実施が困難である場合は卵巣組織の凍結保存が施行される。今回我々は、急性混合性白血病の28歳、未婚、未経妊例に対し、卵巣凍結保存を施行した。治療前に当科紹介となり、卵巣庇護療法としてGnRHアゴニストの投与を開始したのち、化学療法を計5回施行した。化学療法施行中に、右内頸静脈に留置していた中心静脈カテーテル部に血栓症を起こし、ワーファリン投与が開始された。化学療法後、放射線全身照射・骨髄移植が予定されたが、患者より移植前の強い妊孕能温存の希望があり配偶子の凍結保存を計画した。すでに卵巣機能の低下が予想されたため排卵誘発に並行して、採卵不能の場合には卵巣組織の凍結保存を行えるよう準備をすすめた。GnRHアンタゴニスト法による排卵誘発に反応が乏しく、卵巣凍結の方針で入院し腹腔鏡手術に向けてヘパリン化を行った。入院後に単一卵胞の発育を認めたため、手術当日にまず採卵を行い卵子1個を回収、凍結保存した。引き続き単孔式腹腔鏡下に両側卵巣を部分切除し、緩慢凍結法による卵巣凍結保存を施行した。患者はその後、骨髄移植ドナーの不適格により臍帯血移植を受けた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20141216480023&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F023%2F0111-0115%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F023%2F0111-0115%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 後腹膜desmoid型線維腫症の症例

    西條 昌之, 中村 圭一郎, 安藤 まり, 依田 尚之, 岡本 和浩, 樫野 千明, 谷 和祐, 松岡 敬典, 春間 朋子, 福島 千加子, 楠本 知行, 関 典子, 平松 祐司, 佃 和憲

    現代産婦人科   62 ( 2 )   263 - 267   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    Desmoid線維腫症は100万人あたり2.4〜4.3例の稀な疾患で、線維腫症の1つであるが、周囲に浸潤性増殖しやすく、根治術を行っても局所再発を繰り返す難治性疾患であることが知られている。症例は22歳、0経妊0経産。4月某日に下腹部痛、軽度の悪心・嘔吐を主訴に近医受診し、巨大骨盤内腫瘤を指摘、精査加療目的に当科を紹介された。MRIでは多房性で一部充実部分を伴った26×24cmの腫瘤を認め、悪性腫瘍も危惧されたため、5月某日に開腹術を施行した。子宮・卵巣は正常であり、腫瘍は後腹膜由来で、回盲部を含め、横行結腸や脾臓下極に浸潤しており、腫瘍摘出とともに横行結腸部分切除吻合、脾臓の部分切除を行った。摘出した腫瘍は2980gで、内容は血性混濁液が存在し、総重量は5kgに達した。病理組織検査にてDesmoid-type fibromatosisと診断され、術後経過は良好で手術後13日目に退院した。後腹膜desmoid線維腫症の1症例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20140620430022&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2013%2F006202%2F022%2F0263-0267%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2013%2F006202%2F022%2F0263-0267%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 子宮頸癌心臓転移の一例

    岡本 和浩, 楠本 知行, 安藤 まり, 依田 尚之, 樫野 千明, 西條 昌之, 谷 和祐, 春間 朋子, 福島 千加子, 関 典子, 中村 圭一郎, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科   62 ( Suppl. )   S46 - S46   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 死戦期帝王切開を院内で考える時代の到来 PMCDシミュレーションの有用性

    谷 和祐, 横畑 理美, 三苫 智裕, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤英理子, 早田 桂, 増山 寿

    第73回中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 シンポジウム「死戦期帝王切開」  2021年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年9月19日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • EG-VEGFはPROKR2を介してMMP-2,-9を産生し, トロホブラスト浸潤を促進する.

    谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤英理子, 早田 桂, 増山 寿

    第73回日本産科婦人科学会学術講演会 International Session Workshop  2021年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap