2021/07/12 更新

写真a

オイタ マサタカ
笈田 将皇
OITA Masataka
所属
ヘルスシステム統合科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 学士(保健学) ( 金沢大学 )

  • 修士(医科学) ( 北海道大学 )

  • 博士(医学) ( 北海道大学 )

  • 博士(工学) ( 徳島大学 )

研究キーワード

  • Radiotherapy

  • 放射線治療物理学

  • 放射線生物物理学

  • 放射線管理学

  • 放射線計測学

  • Radiotherapy Biophysics

  • Radiotechnology

  • Radiotherapy Physics

  • 放射線治療学

  • Radiation Control

研究分野

  • 環境・農学 / 化学物質影響

  • 環境・農学 / 放射線影響

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  • ナノテク・材料 / 応用物理一般

  • ライフサイエンス / 生物物理学

  • ライフサイエンス / 放射線科学

▼全件表示

経歴

  • - Associate Professor,Graduate School of Interdisciplinary Science and Engineering in Health Systems,Okayama University

    2018年

      詳細を見る

  • - 岡山大学ヘルスシステム統合科学研究科 准教授

    2018年

      詳細を見る

  • - 広島大学 医歯薬保健学研究科 客員教授

    2016年

      詳細を見る

  • 広島大学 医歯薬保健学研究科 非常勤講師

    2012年 - 2016年

      詳細を見る

  • 島根大学 医学部 非常勤講師   Faculty of Medicine

    2010年 - 2012年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Graduate School of Health Sciences,Okayama University

    2007年 - 2018年

      詳細を見る

  • 岡山大学保健学研究科 准教授

    2007年 - 2018年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 岡山放射線治療技術研究会

      詳細を見る

  • 日本医学放射線学会

      詳細を見る

  • 日本放射線技術学会 中国・四国部会

      詳細を見る

  • The American Association of Medical Physics

      詳細を見る

  • European Society for Therapeutic Radiology and Oncology

      詳細を見る

  • 日本放射線技術学会

      詳細を見る

  • Japan Radiological Society

      詳細を見る

  • 米国放射線腫瘍学会

      詳細を見る

  • 日本放射線腫瘍学会

      詳細を見る

  • Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

      詳細を見る

  • Japanese Scociety of Radiological Technology

      詳細を見る

  • American Society for Radiation Oncology

      詳細を見る

  • CTリニアック・システム研究会

      詳細を見る

  • 欧州放射線腫瘍学会

      詳細を見る

  • 米国医学物理士会

      詳細を見る

  • 日本医学物理学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本放射線技術学会   代議員  

    2018年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本放射線技術学会

    researchmap

  • 日本医学物理士認定機構 教育コース認定委員(2017-2018)  

    2018年 - 2019年   

      詳細を見る

  • 日本医学物理士認定機構 教育コース認定委員(2017-2018)  

    2017年 - 2018年   

      詳細を見る

  • 日本放射線技術学会   代議員  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本放射線技術学会

    researchmap

  • 日本医学物理士認定機構 教育コース認定委員(2016-2017)  

    2016年 - 2017年   

      詳細を見る

  • 日本医学物理士認定機構 教育コース認定委員(2015-2016)  

    2015年 - 2016年   

      詳細を見る

  • 日本放射線技術学会 中国・四国部会   常務理事  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本放射線技術学会 中国・四国部会

    researchmap

  • 日本医学物理学会   代議員  

    2011年 - 2014年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本医学物理学会

    researchmap

  • - 日本放射線腫瘍学会将来計画委員会物理技術ワーキンググループ 委員(2011-)  

    2011年   

      詳細を見る

  • 岡山放射線治療技術研究会   世話人  

    2008年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    岡山放射線治療技術研究会

    researchmap

  • 日本医学物理学会   正会員  

    2006年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本医学物理学会

    researchmap

  • 米国医学物理士会   正会員  

    2006年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    米国医学物理士会

    researchmap

  • 日本医学放射線学会   正会員  

    2006年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本医学放射線学会

    researchmap

  • CTリニアック・システム研究会   世話人  

    2005年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    CTリニアック・システム研究会

    researchmap

  • 欧州放射線腫瘍学会   正会員  

    2005年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    欧州放射線腫瘍学会

    researchmap

  • 米国放射線腫瘍学会   準会員  

    2004年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    米国放射線腫瘍学会

    researchmap

  • 日本放射線腫瘍学会   正会員  

    2001年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本放射線腫瘍学会

    researchmap

  • 日本放射線技術学会   正会員  

    2000年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本放射線技術学会

    researchmap

▼全件表示

 

書籍等出版物

  • 図解 診療放射線技術実践ガイド(第3版)

    株式会社 文光堂  2014年 

     詳細を見る

  • 外部放射線治療装置の品質保証・品質管理

    株式会社 PILAR PRESS ピラールプレス  2013年  ( ISBN:4861940656

     詳細を見る

  • ESTRO Booklet 6

    日本放射線腫瘍学会  2009年 

     詳細を見る

MISC

  • 治療計画装置を利用したファントム散乱係数の評価 ~乳房接線照射モデルにおけるファントムサイズの影響に関する基礎的検討~

    中須賀梨奈, 中山夏織, 笈田将皇

    平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2018年

     詳細を見る

  • フリッケ線量計の開発応用の関する基礎的検討 ~線量吸光度特性について~

    中澤健吾, 木下佳祐, 笈田将皇

    平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 7   2018年

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~正常臓器および腫瘍の回復効果と照射スケジュールの影響~

    北川征児, 笈田将皇

    平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2018年

     詳細を見る

  • 治療計画装置を利用したファントム散乱係数の評価 ~乳房接線照射モデルにおける線量評価点位置の影響に関する基礎的検討~

    中山夏織, 中須賀梨奈, 笈田将皇

    平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 8   2018年

     詳細を見る

  • フリッケ線量計の開発応用の関する基礎的検討 ~時間吸光度特性について~

    木下佳祐, 中澤健吾, 笈田将皇

    平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2018年

     詳細を見る

  • Evaluation of Setup Errors at the Skin Surface Position for Whole Breast Radiotherapy of Breast Cancer Patients

    Miyahara K, Kuroda M, Yoshimura Y, Aoyama H, Oita M, Sugianto I, Matsuzaki H, Ihara H, Katayama N, Katsui K, Kanazawa S, Asaumi J

    Acta Medica Okayama   72 ( 4 )   331 - 336   2018年

     詳細を見る

  • Influence of multi-leaf collimator leaf transmission on head and neck intensity-modulated radiation therapy and volumetric-modulated arc therapy planning

    Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Takeshi Kamomae, Hitoshi Ikushima, Motonori Kitaoka, Ryota Bando, Kanako Sakuragawa, Masataka Oita

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   35 ( 9 )   511 - 525   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    The aim of this study was to quantify the effect of multi-leaf collimators (MLCs) with different leaf widths on the planning of intensity-modulated radiation therapy (IMRT) and volumetric-modulated arc therapy (VMAT). Toward this objective, dose transmission through a high-definition 120-leaf MLC (HD120MLC) and 120-leaf Millennium MLC (M120MLC) was investigated, using it with a test case and clinical case studies. In test case, studies with IMRT and VMAT plans, the difference in MLC leaf width had a limited effect on planning target volumes (PTVs). Organs at risk (OARs) were more affected by a reduction in dose transmission through the MLC than by a reduction in MLC leaf width. The results of the test case studies and clinical case studies were mostly similar. In the latter, the different MLCs had no effect on the PTV regardless of the treatment method; however, the HD120MLC plans achieved dose reductions to OARs similar to or larger than the dose reduction of the M120MLC plans. The similar results of the test case and clinical case studies showed that despite a limitation of the irradiation field size, the HD120MLC plans were superior.

    DOI: 10.1007/s11604-017-0661-8

    Web of Science

    researchmap

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~細胞不均一性を考慮した正常臓器線量評価~

    永田 貴紀, 笈田 将皇, 青山 英樹, 大塚 裕太, 宇野 弘文, 香川 芳徳, 田原 誠司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2017 )   40 - 50   2017年

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~正常臓器の回復効果と照射スケジュールの影響~

    前田翔平, 笈田将皇

    平成28年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2017年

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~腫瘍再増殖と照射スケジュールの影響~

    宇髙昌弘, 笈田将皇

    平成28年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2017年

     詳細を見る

  • 治療計画装置を利用したファントム散乱係数の評価 ~散乱体依存性に関する基礎的検討~

    中平祐生, 笈田将皇

    平成28年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2017年

     詳細を見る

  • 治療計画装置を利用したファントム散乱係数の評価 ~物理データの取得に関する基礎的検討~

    村上理菜, 笈田将皇

    平成28年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2017年

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~細胞不均一性を考慮した腫瘍線量評価~

    宮川 千幹, 笈田 将皇, 青山 英樹, 大塚 裕太, 宇野 弘文, 香川 芳徳, 田原 誠司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2017 )   28 - 39   2017年

     詳細を見る

  • RTTに求められる放射線生物学の知識について

    笈田将皇

    日本放射線治療専門放射線技師認定機構機関誌   11 ( 1 )   109 - 115   2017年

     詳細を見る

  • 放射線治療用金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討 ~CT撮影法とアーチファクトの影響~

    大森 圭悟, 笈田 将皇, 山田 誠一, 近藤 和人, 平田 祐希, 園田 泰章, 中桐 将人, 花田 善治郎

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2017 )   51 - 62   2017年

     詳細を見る

  • 放射線治療用金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討 ~CT撮影法とアーチファクトの線量分布への影響について~

    中村 直道, 笈田 将皇, 山田 誠一, 近藤 和人, 平田 祐希, 園田 泰章, 中桐 将人, 花田 善治郎

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2017 )   63 - 74   2017年

     詳細を見る

  • Does the Biophysical Modeling for Immunological Aspects in Radiotherapy Precisely Predict Tumor and Normal Tissue Responses?

    M. Oita, K. Nakata, M. Sasaki, M. Tominaga, H. Aoyama, H. Honda, Y. Uto

    MEDICAL PHYSICS   43 ( 6 )   3621 - 3621   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY  

    DOI: 10.1118/1.4956867

    Web of Science

    researchmap

  • Air-Kerma Strength and Dose Rate Constant by the Full Monte Carlo Simulations

    S. Tsuji, M. Oita, N. Narihiro

    MEDICAL PHYSICS   43 ( 6 )   3469 - 3469   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY  

    DOI: 10.1118/1.4956168

    Web of Science

    researchmap

  • Dose Impact of Rectal Gas On Prostate VMAT

    M. Sasaki, H. Ikushima, M. Tominaga, T. Kawashita, T. Kamomae, R. Bando, K. Sakuragawa, M. Oita

    MEDICAL PHYSICS   43 ( 6 )   3539 - 3539   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY  

    DOI: 10.1118/1.4956517

    Web of Science

    researchmap

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における 患者位置精度に関する基礎的検討 ~部位の影響について~

    金田和典, 笈田将皇, 園田泰章, 近藤和人, 山田誠一

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2016 )   51 - 59   2016年

     詳細を見る

  • 海外FD研修報告書(ESTRO Particle Therapy Course)

    笈田将皇, 青山英樹

    岡山大学がんプロ事務局   1 - 6   2016年

     詳細を見る

  • Characterization of stochastic noise and post-irradiation density growth for reflective-type radiochromic film in therapeutic photon beam dosimetry

    T.Kamomae, M.Oita, N.Hayashi, M.Sasaki, H.Aoyama, H.Oguchi, M.Kawamura, H.Monzen, Y.Itoh, S.Naganawa

    Physica Medica   16   30224 - 1   2016年

  • Application of biophysical modelling for normal tissue response with immunological aspects in radiotherapy

    M.Oita, H.Aoyama, M.Sasaki, M.Tominaga, H.Honda, Y.Uto

    Radiotherapy & Oncology   118 ( S1 )   S79-S80   2016年

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~細胞不均一性を考慮した正常臓器線量評価~

    永田貴紀, 笈田将皇

    平成27年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2016年

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~細胞不均一性を考慮した腫瘍線量評価~

    宮川千幹, 笈田将皇

    平成27年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2016年

     詳細を見る

  • 放射線治療金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討 ~CT撮影法とアーチファクトの影響~

    大森圭悟, 笈田将皇

    平成27年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2016年

     詳細を見る

  • 放射線治療金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討 ~CT撮影法とアーチファクトの線量分布への影響について~

    中村直道, 笈田将皇

    平成27年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2016年

     詳細を見る

  • Flattening Filter Free(高線量率)モードを用いた放射線治療の効果

    原毅弘, 富永正英, 笈田将皇, 宇都義浩

    放射線生物研究   51 ( 3 )   230 - 240   2016年

     詳細を見る

  • 放射線治療におけるIn Vivo dosimetryの発展と応用

    本田弘文, 笈田将皇, 富永正英, 宇都義浩

    放射線生物研究   51 ( 3 )   255 - 268   2016年

     詳細を見る

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における 患者位置精度に関する基礎的検討 ~IGRTの有無について~

    乾裕一朗, 笈田将皇, 園田泰章, 近藤和人, 山田誠一

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2016 )   42 - 50   2016年

     詳細を見る

  • VMATにおける最適化計算パラメータの影響に関する基礎的検討 ~回転角度とMU制約,Auto intermediate doseの影響について~

    今江達哉, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2016 )   28 - 41   2016年

     詳細を見る

  • 3次元治療計画装置を利用した KV-Imaging装置の線量評価に関する基礎的検討

    森昭文, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2016 )   60 - 69   2016年

     詳細を見る

  • Dose impact of rectal gas on prostatic IMRT and VMAT

    Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, Takeshi Kamomae, Taro Kishi, Masataka Oita, Masafumi Harada

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   33 ( 12 )   723 - 733   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    In this study, we compared the dose impact of the heterogeneity caused by rectal gas using two methods of treatment planning for intensity-modulated radiotherapy (IMRT) and volumetric-modulated arc therapy (VMAT).
    In addition to the structure set used for the standard treatment plan, we created a structure set for evaluation for each patient. These sets were transferred to the same isocenter as the respective treatment plans for IMRT and VMAT that were to become the standard. Values were then recalculated.
    During the standard prostatic IMRT and VMAT treatment planning, all study participants met dose restrictions in place at our hospital. Dose restrictions were fulfilled in treatment plans for evaluation, excluding those with a clinical target volume (CTV) of V (100 %) and planning target volume (PTV) of D (95) when the rectum was excluded. However, in treatment plans for evaluation, IMRT was shown to have a higher concordance rate with standard treatment plans than VMAT.
    If rectal gas is present during either IMRT or VMAT, a dose decrease will occur in relation to CTV and PTV, suggesting that a plan does not eliminate adverse effects on organs at risk.

    DOI: 10.1007/s11604-015-0481-7

    Web of Science

    researchmap

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における患者位置精度に関する基礎的検討 ~部位の影響について~

    金田和典, 笈田将皇

    平成26年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2015年

     詳細を見る

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における 患者位置精度に関する基礎的検討 ~IGRTの有無について~

    乾裕一朗, 笈田将皇

    平成26年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2015年

     詳細を見る

  • 放射線治療計画装置を用いた kV-CBCT吸収線量評価に関する研究 ~前立腺がん放射線治療に及ぼす影響~

    川村哲朗, 笈田将皇

    平成26年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 20   2015年

     詳細を見る

  • 3次元治療計画装置を利用した KV-Imaging装置の線量評価に関する基礎的検討

    森昭文, 笈田将皇

    平成26年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2015年

     詳細を見る

  • Characterization of Stochastic Noise and Post-Exposure Density Growth for Reflective-Type Radiochromic Film in Therapeutic Photon Beam Dosimetry

    T.Kamomae, M.Oita, N.Hayashi, M.Sasaki, H.Aoyama, Y.Itoh, S.Naganawa

    Proceeding of 15th Asia-Oceania Congress of Medical Physics   2015年

  • IMRTにおける2次元検出器間の線量検証精度に関する検討

    山田正雄, 川邦夫, 甲斐功一, 松田和久, 黒田覚, 笈田将皇

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2015 )   71 - 86   2015年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~最適化計算における最適繰り返し回数について~

    庄野僚志, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 杉原誠治, 藤井俊輔, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2015 )   59 - 70   2015年

     詳細を見る

  • 放射線治療計画装置を用いた kV-CBCT吸収線量評価に関する研究 ~前立腺がん放射線治療に及ぼす影響~

    川村哲朗, 笈田将皇

    平成26年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 19   2015年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算を用いた光子における ABS樹脂の深さスケーリング係数に関する検討

    野々垣健太, 笈田将皇, 山下大輔, 近藤和人, 山田誠一

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2015 )   37 - 44   2015年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算を用いた 密封小線源Ir-192の計算精度に関する基礎的検討

    宮本良平, 笈田将皇, 成廣直正, 辻修平

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2015 )   28 - 36   2015年

     詳細を見る

  • Radiosensitivity Uncertainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells

    Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Yasuo Hara, Taro Kishi, Hitoshi Hori

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 8 )   4621 - 4626   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: The aims of this study were to evaluate the cell survival uncertainty distribution of radiation and to assess the accuracy of predictions of tumor response by using three different in vitro experimental cell cultures with radiosensitizers (including etanidazole). Materials and Methods: Using EMT6 cells and X-rays, the cell survival fraction was obtained from 15, 34, and 21 different experiments under normoxic, hypoxic, and hypoxic-plus-radiosensitizer culture, respectively. Results: The a coefficients were 0.257 +/- 0.188, 0.078 +/- 0.080, and 0.182 +/- 0.116 Gy(-1), respectively. The 13 coefficients were 0.0159 +/- 0.0208, 0.0076 +/- 0.0113, and 0.0062 +/- 0.0077 Gy(-2), respectively. The a coefficient and the dose that killed half of the clonogens population (D-50) were significantly different between normoxic cell and hypoxic cell cultures (p<0.01), respectively. The use of radiosensitizers under hypoxic conditions improved radiosensitivity. Conclusion: Our results suggest that parameter value distributions are required for biophysical modeling of applications for radiotherapy.

    Web of Science

    researchmap

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~SWO機能,Smoothingアルゴリズムの違いについて~

    菊田侑志, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 杉原誠治, 藤井俊輔, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2014 )   26 - 36   2014年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~SWO機能,Segmentationアルゴリズムの違いについて~

    永瀬義典, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 杉原誠治, 藤井俊輔, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2014 )   37 - 45   2014年

     詳細を見る

  • 前立腺外部放射線治療における固定具精度に関する検討

    佐々木翼, 笈田将皇, 山田正雄, 甲斐功一, 小川邦夫, 松田和久

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2014 )   57 - 63   2014年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算を用いた密封小線源Ir-192の計算精度に関する基礎的検討

    宮本良平, 笈田将皇

    平成25年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2014年

     詳細を見る

  • 線量検証技術の確立に向けたRadiochromic Filmの系時的特性に関する検討

    駒居柚哉, 笈田将皇, 加茂前健, 中山真一, 溝手里花, 銅山恒夫

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2014 )   46 - 56   2014年

     詳細を見る

  • 多次元化する放射線治療と放射線生物学の役割

    笈田将皇, 宇都義浩, 青山英樹

    放射線生物研究   49 ( 4 )   358 - 372   2014年

     詳細を見る

  • Charaterizations of Dynamic Behavior for Organic Solar Cells under High-Energry Secondary Electrons by 60Co Beams

    M.Oita, K Nakata, K. Sakurai

    京都大学原子炉実験所英文共同利用報告書(Progress Report) 2013   229 - 229   2014年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~最適化計算における最適繰り返し回数について~

    庄野僚志, 笈田将皇

    平成25年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2014年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~最適化計算における線量計算アルゴリズムの違いについて

    山下智之, 笈田将皇

    平成25年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 14   2014年

     詳細を見る

  • 二種類のdual-energy CTを用いた放射線治療計画の比較に関する研究

    井俣真一郎, 笈田将皇

    平成25年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 18   2014年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算を用いた光子におけるABS樹脂の深さスケーリング係数に関する検討

    野々垣健太, 笈田将皇

    平成25年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2014年

     詳細を見る

  • Effects of uncertainties of radiation sensitivity of biological modelling for treatment planning

    Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki

    Medical Physics   41 ( 6 )   256 - 256   2014年

     詳細を見る

  • BEAMnrcコードによる加速器シミュレーション環境の構築と応用に関する研究

    常弘拓弥, 笈田将皇

    平成25年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 27   2014年

     詳細を見る

  • 192Irによる空気の吸収線量のモンテカルロシミュレーション

    S Tsuji, N Narihiro, M.Oita

    Proceedings of the 22th EGS Users' Meeting in Japan   ( 2014 )   7 - 7   2014年

     詳細を見る

  • 放射線治療場で発生する二次中性子の簡易的評価システムの構築

    磯辺 智範, 高田 健太, 佐藤 英介, 半村 勝浩, 志田 晃一, 松林 史泰, 江川 俊幸, 加藤 英幸, 藤淵 俊王, 笈田 将皇, 千田 浩一

    日本放射線技術学会雑誌   70 ( 2 )   163 - 164   2014年

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~Minimum Segment Size, Step Incrementの影響について~

    福田一茂, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 杉原誠治, 藤井俊輔, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2013 )   26 - 34   2013年

     詳細を見る

  • Development of MRI phantom equivalent to human tissues for 3.0-T MRI

    Kengo Hattori, Yusuke Ikemoto, Wataru Takao, Seiichiro Ohno, Takashi Harimoto, Susumu Kanazawa, Masataka Oita, Koichi Shibuya, Masahiro Kuroda, Hirokazu Kato

    Medical Physics   40 ( 3 )   032303   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley and Sons Ltd  

    Purpose: A 3.0-T MRI phantom (called the CAGN-3.0T phantom) having human-equivalent relaxation times and human-equivalent conductivity was developed. Methods: The ingredients of the phantom are carrageenan (as a gelatinizer), agarose (as a T2-relaxation modifier), GdCl3 (as a T1-relaxation modifier), NaCl (as a conductivity modifier), and NaN3 (as an antiseptic). Numerous samples with varying concentrations of agarose, GdCl3, and NaCl were prepared, and T 1 and T2 values were measured using 3.0-T MRI. Results: The T1 values of the CAGN-3.0T phantom were unaffected by NaCl, while the T2 values were only slightly affected. Based on the measured data, empirical formulae were devised to express the relationships between the concentrations of agarose, GdCl3, and NaCl and the relaxation times. The formula for expressing the conductivity of the CAGN-3.0T phantom was obtained. Conclusions: By adjustments to the concentrations of agarose, GdCl3, and NaCl, the relaxation times and conductivity of almost all types of human tissues can be simulated by CAGN-3.0T phantoms. The phantoms have T1 values of 395-2601 ms, T2 values of 29-334 ms, and conductivity of 0.27-1.26 S/m when concentrations of agarose, GdCl3, and NaCl are varied from 0 to 2.0 w/w%, 0 to 180 μmol/kg, and 0 to 0.7 w/w%, respectively. The CAGN-3.0T phantom has sufficient strength to replicate the torso without using reinforcing agents, and can be cut with a knife into any shape. © 2013 American Association of Physicists in Medicine.

    DOI: 10.1118/1.4790023

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • IMRTにおける2次元検出器間の線量検証精度に関する研究

    山田正雄, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 16   2013年

     詳細を見る

  • 複数の治療計画装置を用いた前立腺IMRT計画の比較検討

    佐々木 幹治, 生島 仁史, 中口 裕二, 岸 太郎, 木村 雅司, 坂東 良太, 笈田 将皇

    日本放射線技術学会誌   69 ( 7 )   761 - 777   2013年

  • Analysis of post-irradiation growth effect for development of dose verification technique using a radiochromic film

    T Tsunehiro, M Oita, H Aoyama, T Kamomae

    Igaku Butsuri   33 ( S1 )   11 - 14   2013年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討~SWO機能,Smoothingアルゴリズムの違いについて~

    菊田侑志, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2013年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討~SWO機能,Segmentationアルゴリズムの違いについて~

    永瀬義典, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2013年

     詳細を見る

  • 前立腺外部放射線治療における固定具精度に関する検討

    佐々木翼, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 7   2013年

     詳細を見る

  • 線量検証技術の確立に向けた Radiochromic Filmの経時的特性に関する検討

    駒居柚哉, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2013年

     詳細を見る

  • 陽子線を用いた治療計画装置のQAと コミッショニングに関する基礎的研究

    河合佑太, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 16   2013年

     詳細を見る

  • DAO-IMRTの最適化計算特性に関する解析

    中島寛人, 笈田将皇

    平成24年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 39   2013年

     詳細を見る

  • 岡山県における放射線治療施設の実態調査 ~人的資源,品質管理に関する検討~

    中野聡, 笈田将皇, 青山英樹, 宇野弘文, 山田誠一, 長瀬尚巳, 平松太志, 十川達章, 横山誠一, 綱沢勝之, 森脇秀一, 中津綾子

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2013 )   57 - 65   2013年

     詳細を見る

  • 不均質部の線量計算精度に関する基礎的検討

    香川美紗都, 笈田将皇, 木村洋司, 横山誠一

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2013 )   47 - 56   2013年

     詳細を見る

  • 頭頸部領域におけるDeformable Image Registratio Softwareを用いた自動輪郭抽出の臨床的評価

    佐々木 幹治, 富永正英, 加茂前健, 生島 仁史, 岸太郎, 川下徹也, 多田章久, 重光翠, 笈田 将皇

    日本放射線技術学会誌   69 ( 11 )   1250 - 1260   2013年

  • 電離箱線量計の吸収線量変換係数について

    S Tsuji, N Narihiro, M.Oita

    Proceedings of the 21th EGS Users' Meeting in Japan   ( 2013 )   5 - 5   2013年

     詳細を見る

  • Charaterizations of Dynamic Behavior for Organic Solar Cells under High-Energry Secondary Electrons by 60Co Beams

    M.Oita, K Nakata, K. Sakurai

    京都大学原子炉実験所英文共同利用報告書(Progress Report)   1 - 1   2013年

     詳細を見る

  • Long term analysis of comprehensive daily MLC QA for DMLC-IMRT

    M Yamada, M Oita, K Kai, Y Hayashi, K Matsuda, A Kawaguchi, S Kuroda

    Proceeding of 13th Asia-Oceania Congress of Medical Physics & 11th South-East Asian Congress of Medical Physics   55 - 55   2013年

     詳細を見る

  • Charaterizations of Dynamic Behavior for Organic Solar Cells under High-Energry Secondary Electrons by 60Co Beams

    M Oita, K Nakata, Y Sakurai

    Proceeding of 13th Asia-Oceania Congress of Medical Physics & 11th South-East Asian Congress of Medical Physics   54 - 55   2013年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討 ~DVHへの影響について~

    早川光, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 杉原誠治, 藤井俊輔, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2013 )   35 - 46   2013年

     詳細を見る

  • Evaluation of Sensitivity and Uniformity of New Radiochromic Film with Two Commercial Scanners

    T. Kamomae, Y. Miyabe, A. Sawada, M. Oita, T. Fujimoto, S. Yano, M. Nakata, S. Nakayama, M. Hiraoka

    MEDICAL PHYSICS   39 ( 6 )   3727 - 3727   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    Web of Science

    researchmap

  • 当院における強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy:IMRT)臨床開始前基礎データの検討

    山田 正雄, 甲斐 功一, 小川 邦夫, 松田 和久, 岩崎 一人, 笈田 将皇, 黒田 覚

    島根県立中央病院医学雑誌   36   3 - 6   2012年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討~DVHへの影響について~

    早川光, 笈田将皇

    平成23年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2012年

     詳細を見る

  • 岡山県における放射線治療施設の実態調査~人的資源,品質管理に関する検討~

    中野聡, 笈田将皇

    平成23年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2012年

     詳細を見る

  • IMRT最適化パラメータの基礎的検討~Minimum Segment Size, Step Incrementの影響について~

    福田一茂, 笈田将皇

    平成23年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2012年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算シミュレーションの物理特性に関する基礎的検討 ~BEAMnrcコードの導入と計算精度について~

    河合佑太, 笈田将皇, 山田誠一, 清川文秋, 近藤和人, 山下大輔

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2012 )   38 - 48   2012年

     詳細を見る

  • 呼吸性移動を伴う腫瘍における照射野設定の違いに関する基礎的検討

    織川陽介, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2012 )   26 - 37   2012年

     詳細を見る

  • 半導体検出器への応用を目指した太陽電池パネルの出力特性 ~放射線応答に関する基礎的検討~

    片岡翔太郎, 笈田将皇

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2012 )   59 - 68   2012年

     詳細を見る

  • 半導体検出器への応用を目指した太陽電池パネルの出力特性 ~光応答に関する基礎的検討~

    高須賀良介, 笈田将皇

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2012 )   49 - 58   2012年

     詳細を見る

  • 不均質部の線量計算精度に関する基礎的検討

    香川美沙都, 笈田将皇

    平成23年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2012年

     詳細を見る

  • 外部放射線治療におけるInter-fractional setup errorの解析

    藤井康志, 笈田将皇

    平成23年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 20   2012年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算を用いた高線量率192Ir線源における吸収線量率算出法に関する研究

    成廣直正, 笈田将皇

    平成23年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 26   2012年

     詳細を見る

  • やさしいIMRT照射技術の入門

    笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 稲村圭司, 田原誠司, 宇野弘文

    放射線治療研究会雑誌   25 ( 1 )   23 - 30   2012年

     詳細を見る

  • ガントリー・コリメータ角度の違いによるDMLCの位置精度の検討

    山下大輔, 笈田将皇, 園田泰章, 山田誠一, 近藤和人, 平田祐希, 竹城里沙, 川上雄司, 清川文秋

    中四国放射線医療技術   ( 6 )   2011年

     詳細を見る

  • 粒子線治療におけるX線透視画像(DR)とDigitally Reconstructed Radiography(DRR)を用いた患者位置自動照合システムの開発

    奥村拓朗, 笈田将皇

    平成22年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 19   2011年

     詳細を見る

  • 呼吸性移動を伴う腫瘍における照射野設定の違いに関する基礎的検討

    織川陽介, 笈田将皇

    平成22年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2011年

     詳細を見る

  • マルチリーフコリメータの位置精度が強度変調放射線治療の線量分布に及ぼす影響

    佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 木村 雅司, 下窪 康史, 高志 智, 笈田 将皇

    日本放射線技術学会誌   67 ( 5 )   497 - 506   2011年

     詳細を見る

  • IMRT検証用固体ファントムの減弱特性と臨床評価

    山下大輔, 笈田将皇

    平成22年度岡山大学大学院保健学研究科修士論文集   1 - 22   2011年

     詳細を見る

  • Comparison of daily prostate positions during conformal radiation treatment of prostate cancer using an integrated CT-linear accelerator system

    H Aoyama, Y Ootsuka, S Inomata, M Oita, Y azuma, K Inamura

    Radiotherapy & Oncology   99 ( S1 )   S460-S460   2011年

     詳細を見る

  • Dosimetric investigation of patient specific QA using four different commercial 2D detectors

    M Yamada, M Oita, K Kai, K Ogawa, K Matsuda, K Iwasaki, S Kuroda, K Tateoka, S Takahashi

    Radiotherapy & Oncology   99 ( S1 )   S510-S510   2011年

     詳細を見る

  • An analysis of the long term precision of MLC in dynamic IMRT through daily routine MLC QA

    M Oita, M Yamada, K Ogawa, K Kai, K Matsuda, K Iwasaki, S Kuroda, S Takahashi, K Tateoka

    Radiotherapy & Oncology   99 ( S1 )   S546-S546   2011年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算シミュレーションの物理特性に関する基礎的検討~BEAMnrcコードの導入と計算精度について~

    河合佑太, 笈田将皇

    平成22年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2011年

     詳細を見る

  • 半導体検出器への応用を目指した太陽電池パネルの出力特性~放射線応答に関する基礎的検討~

    片岡翔太郎, 笈田将皇

    平成22年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2011年

     詳細を見る

  • 半導体検出器への応用を目指した太陽電池パネルの出力特性~光応答に関する基礎的検討~

    高須賀良介, 笈田将皇

    平成22年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2011年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムの開発~矩形照射野と円形照射野の深部線量特性(PDD)に関する検討~

    若松雅善, 笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2011 )   59 - 70   2011年

     詳細を見る

  • 商用モニタ単位計算ソフトのコミッショニング精度の関する基礎的検討

    中島寛人, 笈田将皇, 山田正雄, 甲斐功一, 小川邦夫, 高橋司伸

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2011 )   47 - 58   2011年

     詳細を見る

  • 医用リニアックのIMRT照射技術の初歩

    笈田将皇, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎, 稲村圭司, 田原誠司, 宇野弘文

    放射線治療研究会雑誌   24 ( 1 )   9 - 14   2011年

     詳細を見る

  • Impact of Multileaf Collimator Leaf Positioning Accuracy on Intensity Modulated Radiation Therapy

    T Kishi, T Kawashita, M Sasaki, Y Hara, Y Fukunaga, M Tominaga, H Ikushima, M Oita

    Medical Physics   38 ( 6 )   3600 - 3600   2011年

     詳細を見る

  • A Comprehensive QA Method of MLC Accuracies for Dynamic IMRT

    M Oita, M Sasaki, M Yamada, H Aoyama, K Tateoka

    Medical Physics   38 ( 6 )   3548 - 3548   2011年

     詳細を見る

  • ImPACTを利用した前立腺がんIGRTにおける被ばく線量評価に関する基礎的検討

    宮下正規, 笈田将皇, 青山英樹, 赤木憲明, 宇野弘文, 田原誠司, 大塚裕太, 香川芳徳, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2011 )   26 - 36   2011年

     詳細を見る

  • Use of a diagnostic positron emission tomography-computed tomography system for planning radiotherapy positioning: distortion of the tabletop

    Yoshiomi Kishida, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Yasuo Hara, Masataka Oita, Hiromu Nishitani

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   28 ( 2 )   143 - 148   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    Purpose. The aim of this study was to evaluate distortion of the tabletop in a diagnostic positron emission tomography-computed tomography (PET-CT) system to determine its suitability for planning radiotherapy positioning.
    Materials and methods. Distortion of the tabletop was compared among PET-CT, lineac CT, and CT simulator systems. A phantom or angiography catheter was fixed to the tabletop and imaged after iron plate weight loading. The acquired images were analyzed using radiotherapy planning software. Distortion of the tabletop was measured based on the displayed coordinates.
    Results. Sinking represented the greatest distortion of the tabletop in all systems. Using the same baseline, the maximum sinking were -0.4, -0.2, and +0.4 cm, respectively. The distortion of the tabletop in the PET-CT system was more similar to that in the lineac CT than in the CT simulator system.
    Conclusion. Distortion of the tabletop in a diagnostic PET-CT system may be within the acceptable range to allow it use for planning radiotherapy positioning.

    DOI: 10.1007/s11604-009-0398-0

    Web of Science

    researchmap

  • 簡易シミュレーションを用いた呼吸性移動に伴う照射不確定性に関する検討

    村上優騎, 笈田将皇, 青山英樹, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2010 )   60 - 70   2010年

     詳細を見る

  • DMLC法を用いたIMRT照射におけるMLC位置精度に関する検討

    永松正和, 笈田将皇

    平成21年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2010年

     詳細を見る

  • Quality control of accuracy position in use of Image-Guided Radiotherapy

    Japanese Journal of Medical Physics   30 ( 4 )   11 - 24   2010年

     詳細を見る

  • Evaluation of daily MLC QA for the implementation of dynamic IMRT

    M Yamada, M Oita, K Kai, K Ogawa, K Iwasaki, S Kuroda, K Tateoka, S Takahashi

    Radiotherapy & Oncology   96 ( S1 )   S579-S579   2010年

     詳細を見る

  • Comprehensive patient specific MLC QA in dynamic IMRT treatment courses using MLC log files

    M Oita, M Yamada, K Ogawa, K Iwasaki, S Kuroda, K Tateoka, S Takahashi, N Uchida

    Radiotherapy & Oncology   96 ( S1 )   S512-S512   2010年

     詳細を見る

  • 電離箱線量計およびフィルムを用いたIMRTの線量評価制度に関する検討

    三島綱太, 笈田将皇, 山田誠一, 近藤和人, 山下大輔

    広島県放射線治療技術研究会誌(2010)   30 - 38   2010年

     詳細を見る

  • 前立腺IMRTにおけるセットアップエラーの導出・評価方法に関する検討

    恵比須翼, 笈田将皇, 山田誠一, 近藤和人, 山下大輔

    広島県放射線治療技術研究会誌(2010)   ( 2010 )   51 - 59   2010年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムの開発~矩形照射野と円形照射野の深部線量特性(PDD)に関する検討~

    若松雅善, 笈田将皇

    平成21年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2010年

     詳細を見る

  • ImPACTを利用した前立腺がんIGRTにおける被ばく線量評価に関する基礎的検討

    宮下正規, 笈田将皇

    平成21年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2010年

     詳細を見る

  • 放射線治療装置に係る職員研修マニュアル作成に関する調査研究

    大場久照, 笈田将皇, 藤淵俊王, 西部茂美, 早川登志雄

    平成21年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「医療法車線の安全確保に関する研究」(H19-医療-一般-003)分担研究報告書   1 - 122   2010年

     詳細を見る

  • 商用モニタ単位計算ソフトのコミッショニング精度の関する基礎的検討

    中島寛人, 笈田将皇

    平成21年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2010年

     詳細を見る

  • Analysis of Biological Effective Doses for 4D‐SBRT Using a Model Based Simulation

    M Oita, K Tateoka, S Tahara, K Inamura, H Kato, M Kuroda, N Katayama, M Takemoto, S Kanazawa

    Medical Physics   37 ( 6 )   3312 - 3312   2010年

     詳細を見る

  • 強度変調放射線治療におけるradiographic filmとradiochromic filmの比較評価

    佐々木幹治, 富永正英, 生島仁史, 岸太郎, 川下徹也, 原康男, 福永有希子, 山田健二, 笈田将皇, 西谷弘

    日本放射線技術学会誌   66 ( 5 )   525 - 534   2010年

     詳細を見る

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における位置精度管理

    笈田将皇, 加藤博和, 黒田昌宏, 稲村圭司, 田原誠司, 宇野弘文, 青山英樹, 大塚裕太, 井俣真一郎

    医学物理   30 ( 4 )   11 - 24   2010年

     詳細を見る

  • 岡山県における吸収線量測定法の標準化への取り組み

    宇野弘文, 青山英樹, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司, 大塚裕太, 井俣真一郎, 笈田将皇

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   191 - 191   2010年

     詳細を見る

  • 複数モンテカルロ計算ソフト相互間による線量評価システムの精度に関する基礎的検討

    笈田将皇, 小野薫

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   194 - 194   2010年

     詳細を見る

  • 水等価ファントムを用いた吸収線量の評価

    山下大輔, 笈田将皇, 山田誠一, 近藤和人, 平田祐希, 園田泰章, 板谷智美, 清川文秋

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   192 - 192   2010年

     詳細を見る

  • 電離箱線量計およびフィルムを用いたIMRTの線量評価精度に関する検討

    三島綱太, 笈田将皇, 山田誠一, 近藤和人, 山下大輔

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2010 )   30 - 38   2010年

     詳細を見る

  • 国内外における4次元放射線治療の現状と課題

    笈田将皇

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2009 )   191 - 202   2010年

     詳細を見る

  • 簡易シミュレーションを用いた呼吸性移動を伴う照射不確定性に関する検討

    村上優騎, 笈田将皇, 青山英樹, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会誌(2010)   60 - 70   2010年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムに関する検討

    奥村拓郎, 笈田将皇, 青山英樹, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会誌(2010)   39 - 50   2010年

     詳細を見る

  • On Boad Imager(OBI)ソフトウェア更新における画質特性についての基礎的検討

    小川邦夫, 山田正雄, 甲斐功一, 笈田将皇, 中隅勲, 岩崎一人

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   71 - 71   2010年

     詳細を見る

  • 商用モニタ単位計算ソフトのコミッショニング精度の関する基礎的検討

    中島寛人, 山田正雄, 甲斐功一, 小川邦夫, 高橋司伸, 笈田将皇

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   178 - 178   2010年

     詳細を見る

  • 大学・大学院教育におけるWebClassを利用したe-learningシステムの有用性に関する検討

    笈田将皇, 加藤博和, 奥村拓郎, 青山英樹, 宇野弘文, 山下大輔, 山田誠一

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   140 - 140   2010年

     詳細を見る

  • CT/LINAC systemにおける幾何学的精度の基礎的検討

    井俣真一郎, 青山英樹, 大塚裕太, 宇野弘文, 笈田将皇, 田原誠司, 稲村圭司

    中四国放射線医療技術   ( 5 )   73 - 73   2010年

     詳細を見る

  • 前立腺IMRTにおけるセットアップエラーの導出・評価方法に関する検討

    恵比須翼, 笈田将皇, 山田誠一, 近藤和人, 山下大輔

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2010 )   51 - 59   2010年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムに関する検討

    奥村拓朗, 笈田将皇, 青山英樹, 宇野弘文, 香川芳徳, 田原誠司, 稲村圭司

    広島県放射線治療技術研究会会誌   ( 2010 )   39 - 50   2010年

     詳細を見る

  • 中国・四国広域がんプロコンソーシアム岡山大学医学物理士インテンシブコース平成21年度海外特別研修報告

    笈田将皇, 大塚裕太, 園田泰章, 片山敬久

    広島県放射線治療技術研究会会誌(2010)   ( 2010 )   210 - 215   2010年

     詳細を見る

  • In vitro experimental study of the relationship between the apparent diffusion coefficient and changes in cellularity and cell morphology

    Yoshitsugu Matsumoto, Masahiro Kuroda, Ryohei Matsuya, Hirokazu Kato, Koichi Shibuya, Masataka Oita, Atsushi Kawabe, Hidenobu Matsuzaki, Junichi Asaumi, Jun Murakami, Kazunori Katashima, Masakazu Ashida, Takanor Sasaki, Tetsuro Sei, Susumu Kanazawa, Seiichi Mimura, Seiichiro Oono, Takuichi Kitayama, Seiji Tahara, Keiji Inamura

    ONCOLOGY REPORTS   22 ( 3 )   641 - 648   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Diffusion-weighted magnetic resonance imaging (MRI) is frequently used clinically, and is available for the whole-body screening for tumors. The exact mechanism by which the apparent diffusion coefficient (ADC) value decreases in tumorous tissue remains unclear, although various theories have been proposed, including intracellular and extracellular factor theories. It is impossible to distinguish each factor in the intracellular and extracellular spaces as the source of MR signal generation by means of conventional comparison between MR images and pathological specimens. Other factors which have been reported to affect ADC include cellularity and cellular edema of human tissues, and temperature of phantoms at the time of measurement. We employed a new technique that enables cellular MR imaging using a newly developed bio-phantom containing a living culture tumor cell line, Jurkat-N1. We investigated possible reasons for observed decreases in ADC values for tumors, and we considered the contribution of both the intracellular and extracellular space to such a decrease. The ADC values of the bio-phantom increased with increasing heat exposure from 27 to 45 degrees C. ADC values also increased after the destruction by sonication of tumor cell membranes. ADC values decreased as cellularity increased in the bio-phantorn. ADC values decreased due to cellular edema caused by a low salt concentration in the bio-phantom. Changes in pressure in the bio-phantom had no effect on the observed ADC values. We calculated both the intracellular ADC and extracellular ADC values using the ADC values, cellularity, and cellular volume of Jurkat-N1 cells in the bio-phantom. The extracellular ADC values in the bio-phantom were estimated to be lower than the ADC value of distilled water. These results indicate that not only intracellular ADC values, but also extracellular ADC values contribute to the determination of the ADC values of bio-phantoms. This is the first report to have examined the contribution of intracellular and extracellular space on the ADC values of bio-phantoms containing cultured tumor cells.

    DOI: 10.3892/or_00000484

    Web of Science

    researchmap

  • Windows(GUI)環境におけるモンテカルロ計算(EGS4nrc)を利用した線量評価システムの有用性に関する検討

    笈田将皇, 稲村圭司, 田原誠司, 宇野弘文, 香川芳徳, 青山英樹, 山田誠一

    中四国放射線医療技術   ( 4 )   136 - 136   2009年

     詳細を見る

  • Physical characteristics of a high-dose-rate mode (HDRM) linear accelerator designed for stereotactic irradiation

    M Yamada, K Ogawa, K Kai, K Iwasaki, S Kuroda, S Takahasi, M Oita

    Radiotherapy & Oncology   92 ( S1 )   S236-S236   2009年

     詳細を見る

  • Evaluation of dose from IMRT using ionization chamber –The effect of ionization chamber volume and sensitibity in response-

    K Tateoka, K Shima, J Suzuki, K Fujimoto, M Oita, K Nakata, K Sakata, M Hareyama

    Radiotherapy & Oncology   92 ( S1 )   S213-S213   2009年

     詳細を見る

  • タイ国 マハサラカム看護大学との相互交流から学ぶ 専門職としての国際感覚

    深井 喜代子, 近藤 麻理, 芝倉 美砂子, 笈田 将皇, 浅利 正二

    看護教育   50 ( 5 )   446 - 450   2009年

     詳細を見る

  • 前立腺IMRTにおけるセットアップエラーの導出・評価方法に関する検討

    恵比須翼, 笈田将皇

    平成20年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 9   2009年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムに関する検討

    奥村拓郎, 笈田将皇

    平成20年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 12   2009年

     詳細を見る

  • 電離箱線量計およびフィルムを用いたIMRTの線量評価精度に関する検討

    三島綱太, 笈田将皇

    平成20年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 10   2009年

     詳細を見る

  • 簡易シミュレーションを用いた呼吸性移動に伴う照射不確定性に関する検討

    村上優騎, 笈田将皇

    平成20年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集   1 - 11   2009年

     詳細を見る

  • 放射線治療装置に係る職員研修マニュアル作成に関する調査研究

    大場久照, 笈田将皇, 藤淵俊王, 西部茂美, 早川登志雄

    平成20年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「医療法車線の安全確保に関する研究」(H19-医療-一般-003)分担研究報告書   1 - 60   2009年

     詳細を見る

  • I-125永久挿入治療物理QAガイドライン

    山下孝, 高橋豊, 隅田伊織, 保科正夫, 奥村雅彦, 橋本光康, 佐藤智春, 笈田将皇, 水野秀之, 中村譲

    3. 平成17年度-平成18年度 厚生労働省科学研究費補助金「がんの小線源放射線治療の評価と品質管理に関する研究(土器屋班)」研究報告書   1 - 75   2009年

     詳細を見る

  • 独立MU計算QAソフトウェアの基礎的検討

    香川芳徳, 宇野弘文, 青山英樹, 田原誠司, 稲村圭司, 門久繁文, 笈田将皇

    中四国放射線医療技術   ( 4 )   60 - 60   2009年

     詳細を見る

  • A novel technique for quality assurance of iodine-125 seeds for prostate brachytherapy using an imaging plate

    K. Tateoka, M. Oita, W. Saito, O. Asanuma, K. Sato, J. Suzuki, K. Shima, M. Takagi, M. Hareyama

    Internal Journal of Radiation Oncology, Biology, Physics   75 ( 3 )   S654-S654   2009年

     詳細を見る

  • 仮想シミュレーションを用いた呼吸性移動等に伴う照射不確定性に関する検討

    村上優騎, 笈田将皇, 稲村圭司, 田原誠司, 宇野弘文, 香川芳徳, 青山英樹

    中四国放射線医療技術   ( 4 )   133 - 133   2009年

     詳細を見る

  • IMRTプランの複雑さと測定誤差の関係

    山田誠一, 近藤和人, 山下大輔, 三道由美子, 宮尾俊廣, 平田祐希, 清川文秋, 平野紋子, 笈田将皇

    中四国放射線医療技術   ( 4 )   62 - 62   2009年

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムに関する検討

    奥村拓郎, 笈田将皇, 稲村圭司, 田原誠司, 宇野弘文, 香川芳徳, 青山英樹

    中四国放射線医療技術   ( 4 )   135 - 135   2009年

     詳細を見る

  • 電離箱線量計およびフィルムを用いたIMRTの線量評価精度に関する検討

    三島綱太, 笈田将皇, 山田誠一, 奥村拓郎, 恵比須翼, 村上優騎

    中四国放射線医療技術   ( 4 )   134 - 134   2009年

     詳細を見る

  • モンテカルロ法によるシミュレーション~その基礎から臨床応用まで~

    能登公也, 笈田将皇

    日本放射線技術学会近畿部会雑誌   15 ( 1 )   28 - 38   2009年

     詳細を見る

  • Estimation of optimal internal margins accounting for respiratory motion and target localization using a model based simulation

    Masataka Oita, Hideki Aoyama, Hirofumi Uno, Seiji Tahara, Keiji Inamura, Muneo Hiromoto, Mitsuhiro Takemoto, Norihisa Katayama, Masahiro Kuroda, Susumu Kanazawa

    Radiother Oncol   88 ( S2 )   S371   2008年

     詳細を見る

  • Christiana Care Health Systems,Helen F Graham Cancer Center海外短期研修

    笈田将皇

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム マンスリーレポート   ( 5 )   3 - 5   2008年

     詳細を見る

  • Establishment of Japanese QA booklet in permanent prostate implant brachytherapy

    Y. Takahashi, I. Sumida, T. Sato, M. Oita, M. Hashimoto, Y. Nakamura, H. Mizuno, M. Okumura, M. Hoshina, M. Inaba, H. Ebihara, K. Amano, T. Yamashita, T. Dokiya

    MEDICAL PHYSICS   34 ( 6 )   2447 - 2447   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    Web of Science

    researchmap

  • Retrospective analysis of prostate cancer patients with fiducial gold markers using a real-time tumor tracking system

    M. Oita, Y. Osaka, R. Onimaru, S. Onodera, K. Fujita, E. Saito, H. Shirato

    MEDICAL PHYSICS   33 ( 6 )   2048 - 2048   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    Web of Science

    researchmap

  • Uncertainty in treatment of head-and-neck tumors by use of intraoral mouthpiece and embedded fiducials

    M Oita, K Ohmori, K Obinata, R Kinoshita, R Onimaru, K Tsuchiya, K Suzuki, T Nishioka, H Ohsaka, K Fujita, T Shimamura, H Shirato, K Miyasaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   64 ( 5 )   1581 - 1588   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Purpose: To reduce setup error and intrafractional movement in head-and-neck treatment, a real-time tumor tracking radiotherapy (RTRT) system was used with the aid of gold markers implanted in a mouthpiece.
    Methods and Materials: Three 2-mm gold markers were implanted into a mouthpiece that had been custom made for each patient before the treatment planning process. Setup errors in the conventional immobilization system using the shell (manual setup) and in the RTRT system (RTRT setup) were compared. Eight patients with pharyngeal tumors were enrolled.
    Results: The systematic setup errors were 1.8, 1.6, and 1.1 nun in the manual setup and 0.2, 0.3, and 0.3 mm in the RTRT setup in right-left, craniocaudal, and AP directions, respectively. Statistically significant differences were observed with respect to the variances in setup error (p < 0.001). The systematic and random intrafractional errors were maintained within the ranges of 0.2-0.6 mm and 1.0-2.0 mm, respectively. The rotational systematic and random intrafractional errors were estimated to be 2.2-3.2 degrees and 1.5-1.6 degrees, respectively.
    Conclusions: The setup error and planning target volume margin can be significantly reduced using an RTRT system with a mouthpiece and three gold markers. (c) 2006 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2005.11.038

    Web of Science

    researchmap

  • I-125永久挿入治療物理QAガイドライン

    山下孝, 高橋豊, 隅田伊織, 佐藤智春, 笈田将皇, 奥村雅彦, 中村穣, 橋本光康, 保科正夫, 水野秀之, 稲葉守男, 海老原弘一, 天野賢二

    平成17年度〜平成18年度厚生労働省がん研究助成金土器屋班17-10分担研究課題名:がんの小線源放射線治療の評価と品質管理に関する研究   2006年

     詳細を見る

  • Reduction of prostate movement using orthogonal diagnostic x-rays of real-time tumor-tracking system and fiducial gold markers

    M.Oita, M Ishikawa, R Onimaru, Y Osaka, H Aoyama, K Suzuki, M Fujino, Y Watanabe, K Fujita, H Shirato, K Miyasaka

    Proceedings of 1st Hokkaido International Croscutting Symposium Molecular Bio-imaging and 4D Image-guided radiotherapy   65 - 65   2006年

     詳細を見る

  • Quality assurance of I-125 seeds for prostate brachytherapy using an imaging plate

    S.Furutani, T.Saze, H.Ikushima, M.Oita, K.Ozaki, Y.Kishida, Y.Takegawa, H.Nishitani

    International Journal of Radiation Oncology, Biology, Physics   66 ( 2 )   603 - 609   2006年

  • Basic study for radiation treatment planning using PET/CT- Accuracy of a table -

    Y Kishida, M Oita, H Ikushima, K Osaki, S Furutani, Y Hara, T Sasaki, M Tominaga, Y Takegawa, H Nishitani

    Proceedings of 1st Hokkaido International Croscutting Symposium Molecular Bio-imaging and 4D Image-guided radiotherapy   56 - 56   2006年

     詳細を見る

  • Intensity-modulated radiation therapy (IMRT) for head and neck region

    R Kinoshita, K Tsuchiya, K Omori, K Obinata, K Fujita, H Aoyama, M Oita, T Nishioka, K Suzuki, H Shirato

    Journal of Japanese Society of Therapeutic Radiology and Oncology   18 ( 4 )   191 - 197   2006年

     詳細を見る

  • Quality Assurance of Iodine 125 Seeds for Prostate Brachytherapy Using an Imaging Plate

    S.Furutani, T.Saze, H.Ikushima, M.Oita, K.Ozaki, Y.Kishida, Y.Takegawa, H.Nishitani

    Int J Radiat Oncol Biol Phys   66 ( 3S )   S697-S698   2006年

     詳細を見る

  • 高精度放射線治療の現状と展望

    笈田将皇, 竹川佳宏, 前澤 博, 生島仁史, 尾崎享祐, 西谷 弘

    放射線生物研究   41 ( 1 )   42 - 60   2006年

     詳細を見る

  • Quality assurance of I-125 seed permanent implant therapy using a self-color developing reflection-type dosimetry sheet film

    Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Ozaki, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Takegawa, Hiromu Nishitani

    Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology   23 ( 7 )   474 - 477   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Purpose: We evaluated a self-color developing sheet-type film for the detection of dead seeds in I-125 permanent implant therapy for prostate cancer. Materials and Methods: As a preliminary study, we irradiated X-rays to a self-developing reflection-type sheet film and created a relational curve between absorbed dose and film density. I-125 seeds were placed on a film and the approximate absorbed dose of 1-125 was calculated from the relational curve of X-rays. A cartridge in which a dead seed was loaded among 10 I-125 seeds was placed on the film and the detectability of the dead seed was evaluated. Results: Using the relational curve of X-rays, it was possible to measure the approximate absorbed dose of I-125 seeds and to easily detect a dead seed at a glance. Using sterilized film, it was possible to detect a dead seed. Conclusion: The self-developing film method is feasible for the detection of a dead seed in a cartridge without re-sterilization of seeds.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Quality control of FOCAL unit with a micro-multi leaf collimator (mMLC) using new Gafchromic film for non-invasive tereotactic radiotherapy

    M Oita, Y Takegawa, H Ikushima, K Osaki, H Yagi, M Tominaga, M Sasaki, Y Nishimoto, H Nishitani

    Radiotherapy and Oncology   76 ( S2 )   228 - 228   2005年

     詳細を見る

  • 反射型(GafChromic)フィルムの諸特性に関する検討〜光学特性,温度特性,スキャナ特性について〜

    真鍋理恵, 笈田将皇, 竹川佳宏

    徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻卒業論文集   2005年

     詳細を見る

  • 反射型フィルムの諸特性〜線量特性、エネルギー特性、時間特性〜

    川野浩司, 笈田将皇, 竹川佳宏

    徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻卒業論文集   2005年

     詳細を見る

  • 東芝(Siemens)製リニアックのIMRT初期導入に関する検討〜反射型フィルムを利用した線量解析〜

    加茂前健, 笈田将皇, 竹川佳宏

    徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻卒業論文集   2005年

     詳細を見る

  • Estimation of fluoroscopic dose in real-time tumor tracking radiotherapy (RTRT) using a commercial based radiotherapy planning system

    M.Oita, R Onimaru, K Suzuki, H Aoyama, M Fujino, N Kato, R Kinoshita, K Fujita, H Shirato, K Miyasaka

    Radiotherapy and Oncology   76 ( S2 )   147 - 147   2005年

     詳細を見る

  • 診断X線用線量計の相互比較における“不確かさ”の要因

    八木浩史, 久保均, 笈田将皇, 黒田トクエ

    日本放射線技術学会雑誌   61 ( 7 )   1006 - 1013   2005年

  • 東芝(Siemens)製リニアックのIMRT初期導入に関する検討〜電離箱とフィルムを用いた解析〜

    日出山信, 笈田将皇, 竹川佳宏

    徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻卒業論文集   2005年

     詳細を見る

  • Three-dimensional conformal setup (3D-CSU) of patients using the coordinate system provided by three internal fiducial markers and two orthogonal diagnostic X-ray systems in the treatment room

    H Shirato, M Oita, K Fujita, S Shimizu, R Onimaru, S Uegaki, Y Watanabe, N Kato, K Miyasaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   60 ( 2 )   607 - 612   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Purpose: To test the accuracy of a system for correcting for the rotational error of the clinical target volume (CTV) without having to reposition the patient using three fiducial markers and two orthogonal fluoroscopic images. We call this system "three-dimensional conformal setup" (3D-CSU).
    Methods and Materials: Three 2.0-mm gold markers are inserted into or adjacent to the CTV. On the treatment couch, the actual positions of the three markers are calculated based on two orthogonal fluoroscopies crossing at the isocenter of the linear accelerator. Discrepancy of the actual coordinates of gravity center of three markers from its planned coordinates is calculated. Translational setup error is corrected by adjustment of the treatment couch. The rotation angles (alpha, beta, gamma) of the coordinates of the actual CTV relative to the planned CTV are calculated around the lateral (x), craniocaudal (y), and anteroposterior (z) axes of the planned CTV. The angles of the gantry head, collimator, and treatment couch of the linear accelerator are adjusted according to the rotation of the actual coordinates of the tumor in relation to the planned coordinates. We have measured the accuracy of 3D-CSU using a static cubic phantom.
    Results: The gravity center of the phantom was corrected within 0.9 +/- 0.3 mm (mean +/- SD), 0.4 +/- 0.2 mm, and 0.6 +/- 0.2 mm for the rotation of the phantom from 0-30 degrees around the x, y, and z axes, respectively, every 5 degrees. Dose distribution was shown to be consistent with the planned dose distribution every 10 degrees of the rotation from 0-30 degrees. The mean rotational error after 3D-CSU was -0.4 +/- 0.4 (mean +/- SD), -0.2 +/- 0.4, and 0.0 +/- 0.5 degrees around the x, y, and z axis, respectively, for the rotation from 0-90 degrees.
    Conclusions: Phantom studies showed that 3D-CSU is useful for performing rotational correction of the target volume without correcting the position of the patient on the treatment couch. The 3D-CSU will be clinically useful for tumors in structures such as paraspinal diseases and prostate cancers not subject to large internal organ motion. (C) 2004 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2004.05.042

    Web of Science

    researchmap

  • Feasibility of synchronization of real-time tumor-tracking radiotherapy and intensity-modulated radiotherapy from viewpoint of excessive dose from fluoroscopy

    H Shirato, M Oita, K Fujita, Y Watanabe, K Miyasaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   60 ( 1 )   335 - 341   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Purpose: Synchronization of the techniques in real-time tumor-tracking radiotherapy (RTRT) and intensity-modulated RT (IMRT) is expected to be useful for the treatment of tumors in motion. Our goal was to estimate the feasibility of the synchronization from the viewpoint of excessive dose resulting from the use of fluoroscopy.
    Methods and Materials: Using an ionization chamber for diagnostic X-rays, we measured the air kerma rate, surface dose with backscatter, and dose distribution in depth in a solid phantom from a fluoroscopic RTRT system. A nominal 50-120 kilovoltage peak (kVp) of X-ray energy and a nominal 1-4 ms of pulse width were used in the measurements.
    Results: The mean +/- SD air kerma rate from one fluoroscope was 238.8 +/- 0.54 mGy/h for a nominal pulse width of 2.0 ms and nominal 100 kVp of X-ray energy at the isocenter of the linear accelerator. The air kerma rate increased steeply with the increase in the X-ray beam energy. The surface dose was 28-980 mGy/h. The absorbed dose at a 5.0-cm depth in the phantom was 37-58% of the peak dose. The estimated skin surface dose from one fluoroscope in RTRT was 29-1182 mGy/h and was strongly dependent on the kilovoltage peak and pulse width of the fluoroscope and slightly dependent on the distance between the skin and isocenter.
    Conclusion: The skin surface dose and absorbed depth dose resulting from fluoroscopy during RTRT can be significant if RTRT is synchronized with IMRT using a multileaf collimator. Precise estimation of the absorbed dose from fluoroscopy during RT and approaches to reduce the amount of exposure are mandatory. (C) 2004 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2004.04.028

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of setup errors in prostate cancer using a real-time tumor tracking system (RTRT SYSTEM)

    M Oita, K Kitamura, H Shirato, R Onimaru, F Katsuhisa, H Osaka, H Aoyama, K Miyasaka

    The 4th S. Takahashi Memorial International Workshop on 3 Dimensional Conformal Radiotherapy   10 - 12   2004年

     詳細を見る

  • Reduction of set-up errors in head and neck radiotherapy using real-time tumor tracking system and a mouthpiece with gold-markers

    Oita M, Tsuchiya K, Onimaru R, Watanabe Y, Omori K, Nishioka T, Shirato H, Miyasaka K

    Jpn J Radiol Oncol   16 ( 3 )   139 - 145   2004年

     詳細を見る

  • Reduction of set-up error and intra-factional motion in head and neck intensity modulated radiotherapy using a real-time tumor tracking system with a gold-marker implanted mouthpiece

    M Oita, H Shirato, K Omori, Y Watanabe, R Onimaru, K Tsuchiya, T Nishioka, K Miyasaka

    Int J Radiat Oncol Biol Phys   60 ( 1S )   597 - 597   2004年

     詳細を見る

  • ピンポイント電離箱専用ミニファントムを用いた散乱係数の測定と吸収線量計算の精度

    笈田将皇, 小田まこと, 南雲淳也, 藤田勝久, 古家輝夫, 渡辺良晴

    日本放射線技術学会雑誌   60 ( 11 )   1604 - 1610   2004年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 電離箱線量計の基礎特性

    日本放射線技術学会中国・四国支部 一般撮影領域のEntrance Skin Dose測定セミナー  2018年 

     詳細を見る

  • 膵臓癌陽子線治療におけるAdaptive Radiotherapyの検討

    第74回日本放射線技術学会総会学術大会  2018年 

     詳細を見る

  • Comparison of head scatter factor using different ionization chambers in flattened and unflattenned beams

    AAPM 60th Annual Meeting  2018年 

     詳細を見る

  • Immunological aspects of Improved Tumor and Normal Tissue Responses Using Biophysical modelling

    AAPM 60th Annual Meeting  2018年 

     詳細を見る

  • 医学物理士WGの報告

    第52回岡山放射線腫瘍カンファレンス  2017年 

     詳細を見る

  • 医学物理士の役割~日本の医学物理士の現状~

    中国四国がんプロフェッショナル基盤養成プログラム 高知大学医学物理士セミナー  2017年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術の時代変遷と最近のトピック

    第8回四国放射線治療研究ネットワークセミナー  2017年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術の時代変遷と最近のトピック

    第8回四国放射線治療研究ネットワークセミナー  2017年 

     詳細を見る

  • Flattening及びUnflattening Beamにおける異なる電離箱線量計を用いた出力係数の評価

    第45回日本放射線技術学会秋季学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 鼻腔および副鼻腔腫瘍の外部放射線治療における最適な固定システムの検討

    第45回日本放射線技術学会秋季学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 全学60分授業・クォーター制の導入に伴う教育効果への影響に関する検討

    第58回日本放射線技術学会中国・四国支部学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 膵臓癌陽子線治療における計画危険臓器体積設定に関する基礎的検討

    第45回日本放射線技術学会秋季学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 電離箱線量計の基礎特性

    日本放射線技術学会中国・四国支部 一般撮影領域のEntrance Skin Dose測定セミナー  2017年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術概論

    日本放射線治療専門技師認定機構主催放射線治療セミナー基礎コース(中国ブロック)  2017年 

     詳細を見る

  • 電離箱線量計の基礎特性

    日本放射線技術学会中国・四国支部 一般撮影領域のEntrance Skin Dose測定セミナー  2016年 

     詳細を見る

  • 4.放射線生物学

    日本放射線技術学会第44回放射線治療セミナー  2016年 

     詳細を見る

  • 4.放射線生物学

    第44回日本放射線技術学会放射線治療セミナー  2016年 

     詳細を見る

  • 診療放射線技師の学部教育・大学院教育

    平成28年度広島大学「放射線治療におけるチーム医療の現状と将来展望」研究会  2016年 

     詳細を見る

  • The effects of different treatment schedule with immunological aspects in radiotherapy

    ICMP 2016  2016年 

     詳細を見る

  • Does the biophysical modeling for immunological aspects in radiotherapy precisely predict tumor and normal tissue responses?

    AAPM 58th Annual Meeting  2016年 

     詳細を見る

  • Dose impact of rectal gas on prostate VMAT

    AAPM 58th Annual Meeting  2016年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術概論

    日本放射線治療専門技師認定機構主催放射線治療セミナー基礎コース(中国ブロック)  2016年 

     詳細を見る

  • Application of biophysical modelling for normal tissue response with immunological aspects in radiotherapy

    ICTR-PHE 2016  2016年 

     詳細を見る

  • Air-kerma strength and dose rate constant by the full monte carlo simulations

    AAPM 58th Annual Meeting  2016年 

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討~細胞不均一性を考慮した正常臓器線量評価~

    第56回日本放射線技術学会中国・四国支部学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 放射線治療用金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討~CT撮影法とアーチファクトの影響~

    第56回日本放射線技術学会中国・四国支部学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • IMRTについて

    第17回山陰放射線治療技術研究会  2015年 

     詳細を見る

  • Addendum to the AAPM’s TG-51 protocol for clinical reference dosimetry of high-energy photon beams

    第6回四国放射線治療研究ネットワークセミナー  2015年 

     詳細を見る

  • 入門講座6(放射線治療)多次元化する放射線治療技術~放射線生物物理学の基礎と応用~

    第43回日本放射線技術学会秋季学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術概論

    日本放射線治療専門技師認定機構主催放射線治療セミナー基礎コース(中国ブロック)  2015年 

     詳細を見る

  • がんプロ活動における医学物理教育と高度放射線技術者の育成

    平成27年度第4回がん治療スキルアップコースインテンシブセミナー  2015年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術学分野の人材育成と課題 ~がんプロ活動等を通じて見えてきたこと~

    第14回兵庫県放射線治療研究会  2015年 

     詳細を見る

  • 放射線治療用金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討~CT撮影法と線量分布への影響~

    第56回日本放射線技術学会中国・四国支部学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 中四がんプロ医学物理士WG活動について

    第67回中国・四国放射線治療懇話会  2015年 

     詳細を見る

  • がん診療連携拠点病院における放射線治療のスタッフ調査~現状と課題~

    第31回日本診療放射線技師学術大会 「がん放射線療法分科会」  2015年 

     詳細を見る

  • 講義(データ整理)

    日本放射線治療専門放射線技師認定機構統一講習会 「平成27年度 四国ブロック実習型講習会」  2015年 

     詳細を見る

  • 生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討~細胞不均一性を考慮した腫瘍線量評価~

    第56回日本放射線技術学会中国・四国支部学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 放射線治療計画の最適化問題 ~生物学的モデルの現状と課題~

    東海がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 放射線治療学インテンシブコース 平成26 年度 第2 回名古屋大学放射線治療物理学セミナー  2014年 

     詳細を見る

  • 電離箱線量計の吸収線量変換係数について

    第21回EGS研究会  2014年 

     詳細を見る

  • VMATにおける最適化計算パラメータの影響に関する基礎的検討

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 放射線治療における基本知識と応用技術の修得に向けて

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における患者位置精度に関する基礎的検討~部位の影響について~

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 画像誘導放射線治療(IGRT)における患者位置精度に関する基礎的検討~IGRTの有無について~

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Effects of Uncertainties of Radiation Sensitivity of Biological Modelling for Treatment Planning

    AAPM 56th Annual Meeting  2014年 

     詳細を見る

  • 演習1

    日本放射線治療専門技師認定機構主催放射線治療セミナー基礎コース(四国ブロック)  2014年 

     詳細を見る

  • 実効等価均一線量に基づくセットアップマージンの最適化に関する検討

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 3次元治療計画装置を利用した KV-Imaging装置の線量評価に関する基礎的検討

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 温熱療法における効率的な加温技術の構築

    第42回日本放射線技術学会秋季学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 放射線治療技術概論

    第55回日本放射線技術学会 中国・四国部会学術大会 フレッシャーズセミナー(放射線治療)  2014年 

     詳細を見る

  • IGRT/IMRT -医学物理の視点

    北海道ガンプロフェッショナル養成プラン医学物理インテンシブ研修コース  2011年 

     詳細を見る

  • Comprehensive analysis of patients' specific MLC QA during dynamic IMRT treatment courses

    ESTRO29  2010年 

     詳細を見る

  • AAPM TG142の概説,強度変調放射線治療

    北海道ガンプロフェッショナル養成プラン医学物理インテンシブ研修コース  2010年 

     詳細を見る

  • 海外線量プロトコルについて②

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第12回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第6回福山放射線治療カンファレンス)  2010年 

     詳細を見る

  • 放射線治療品質管理の実務と課題

    第5回山陰放射線治療技術研究会  2010年 

     詳細を見る

  • リニアック更新時における諸注意~放射線治療計画装置~

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第12回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第6回福山放射線治療カンファレンス)  2010年 

     詳細を見る

  • 海外研修報告(ホットトピック)

    第105回広島県放射線治療技術研究会Pre研修セミナー  2010年 

     詳細を見る

  • ログファイルを利用した日常MLC-QAに関する基礎的検討

    第66日本放射線技術学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • ログファイルを利用した患者IMRTのQAに関する基礎的検討

    第66日本放射線技術学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • 前立腺癌の外部放射線治療におけるinterfraction set-up errorと前立腺移動に関する検討

    第66日本放射線技術学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算を用いた光子におけるABS樹脂の特性に関する基礎的検討

    第66日本放射線技術学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • AAPM2010海外報告

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成22年度第2回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー  2010年 

     詳細を見る

  • Analysis of biological effective doses for 4D-SBRT using a model based simulation

    AAPM 52th Annual Meeting  2010年 

     詳細を見る

  • Evaluation of daily MLC QA for the implementation of dynamic IMRT

    ESTRO29  2010年 

     詳細を見る

  • 放射線治療物理学

    北海道ガンプロフェッショナル養成プラン医学物理インテンシブ研修コース  2009年 

     詳細を見る

  • ESTRO海外発表の報告および医学物理士養成の現状と展望

    第1回福山放射線治療カンファレンス  2009年 

     詳細を見る

  • 放射線技師教育と医学物理士教育 -学部教育の限界-

    がんプロ医学物理特別セミナー(北海道の総合力を生かすプロ養成プログラム)  2009年 

     詳細を見る

  • 下段がMLC装置(シーメンス)による不整形照射野のコリメータ散乱係数について

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第4回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第1回鳥取放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • 小照射野の線量測定法に関する文献考察②

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第3回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第5回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • 高精度放射線治療に向けた安全管理体制について

    島根大学がんプロインテンシブコース特別セミナー(銀の道で結ぶがん医療人養成コンソーシアム)  2009年 

     詳細を見る

  • 国内外における4次元放射線治療の現状と課題

    岡山・広島県合同放射線治療技術研究会(第13回 岡山県放射線治療技術研究会,第101回広島県放射線治療技術研究会)  2009年 

     詳細を見る

  • 体幹部定位放射線治療ガイドラインの概要〜体幹部定位放射線治療の定義,関連事項について〜

    第2回福山放射線治療カンファレンス  2009年 

     詳細を見る

  • 定位照射用High Dose Rate Mode に関する基礎的検討

    第65回日本放射線技術学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • MLC位置情報を利用したIMRT線量照合における最適測定点導出に関する基礎的検討

    第65回日本放射線技術学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • Windows環境におけるモンテカルロ計算を利用した線量評価システムの有用性に関する基礎的検討

    平成21年度(社)岡山県放射線技師会第1回学術発表会  2009年 

     詳細を見る

  • 体幹部定位放射線治療ガイドラインの概要〜位置精度・呼吸性移動について〜

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第1回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第3回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • 前立腺永久刺入療法におけるTPS計算グリッドサイズの影響に関する検討

    第13回日本放射線腫瘍学会小線源部会  2009年 

     詳細を見る

  • 小照射野の線量測定法に関する文献考察①

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第2回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第4回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • セットアップエラー解析の基礎

    日本放射線技術学会第37回全国秋季大会モーニングフレッシャーズセミナー  2009年 

     詳細を見る

  • 前立腺放射線治療におけるCT-LINAC systemを用いた観測者による治療中心計測の比較

    第37回日本放射線技術学会秋季学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • RTOG-Benchmarkを利用したIMRTコミッショニング評価に関する検討

    第37回日本放射線技術学会秋季学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • 放射線治療における安全管理体制について

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第6回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第1回姫路放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • 高精度放射線治療における品質管理の基礎と応用

    平成21年度がんプロ診療放射線技師コース 夏季セミナー(北陸がんプロフェッショナル養成プログラム )  2009年 

     詳細を見る

  • Physical characteristics of a high-dose-rate mode (HDRM) linear accelerator designed for stereotactic irradiation

    10th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY  2009年 

     詳細を見る

  • Evaluation of dose from IMRT using ionization chamber –The effect of ionization chamber volume and sensitibity in response-

    10th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY  2009年 

     詳細を見る

  • 小照射野の線量測定法に関する文献考察③

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第8回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第6回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算の基礎と原理

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第7回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー  2009年 

     詳細を見る

  • MLC位置情報を利用したIMRT線量照合における最適測定点導出と評価に関する検討

    第37回日本放射線技術学会秋季学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • 各分野における専門職教育・研究職教育の現状と課題

    岡山大学大学院保健学研究科オープンフォーラム2009  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山県における吸収線量測定法の標準化への取り組み

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • 複数モンテカルロ計算ソフト相互間による線量評価システムの精度に関する基礎的検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • 水等価ファントムを用いた吸収線量の評価

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • A novel technique for quality assurance of iodine-125 seeds for prostate brachytherapy using an imaging plate

    51th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology  2009年 

     詳細を見る

  • 岡山大学医学物理士インテンシブコースの活動概要

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第9回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第6回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • 商用モニタ単位計算ソフトのコミッショニング精度の関する基礎的検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • セットアップエラー軽減法に関する文献的考察①

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第10回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第6回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • On-Board Imager搭載型Linac導入後1年の中心位置精度の安定性

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • On Boad Imager(OBI)ソフトウェア更新における画質特性についての基礎的検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • 大学・大学院教育におけるWebClassを利用したe-learningシステムの有用性に関する検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • CT/LINAC systemにおける幾何学的精度の基礎的検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2009(第50回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2009年 

     詳細を見る

  • 海外線量プロトコルについて①

    中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム平成21年度 第11回 岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(第6回福山放射線治療カンファレンス)  2009年 

     詳細を見る

  • IMRTプランの複雑さと測定誤差の関係

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • Christiana Care海外短期研修報告(医学物理)

    第26回岡山放射線腫瘍学カンファレンス  2008年 

     詳細を見る

  • シミュレーションに基づいた生理運動を伴う腫瘍のITV設定に関する検討

    第64回日本放射線技術学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • Estimation of optimal internal margins accounting for respiratory motion and target localization using a model based simulation

    ESTRO 27 Congress  2008年 

     詳細を見る

  • 高精度放射線治療の安全な導入に向けて〜複数の立ち上げ事例を経験して〜

    第3回山陰放射線腫瘍学研究会  2008年 

     詳細を見る

  • 放射線治療の基礎と最近の臨床応用技術 〜新たな転換点を迎えて〜

    第338回小樽後志放射線技師会研修会  2008年 

     詳細を見る

  • 「モンテカルロ法によるシミュレーション」-その基礎から臨床応用まで-

    日本放射線技術学会近畿部会セミナー  2008年 

     詳細を見る

  • 前立腺IMRTにおけるセットアップエラーの導出・評価方法に関する検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • 電離箱線量計およびフィルムを用いたIMRTの線量評価精度に関する検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • 仮想シミュレーションを用いた呼吸性移動等に伴う照射不確定性に関する検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • Windows(GUI)環境におけるモンテカルロ計算(EGS4nrc)を利用した線量評価システムの有用性に関する検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • モンテカルロ計算(EGS4コード)を利用した線量評価システムに関する検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • 独立MU計算QAソフトウェアの基礎的検討

    中四国放射線医療技術フォーラム2008(第49回日本放射線技術学会中国・四国部会学術大会)  2008年 

     詳細を見る

  • 同室設置CTを用いた肺定位照射位置照合の信頼性に対する検討

    第35回日本放射線技術学会秋季学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • SOF検出器を用いた密封小線源治療用Ir-192線源の強度分布測定

    日本医学物理学会第93回学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • IMRTの理論と応用 IMRTとIGRT Inverse Planningの理論と装置に求められる性能

    第28回 頭頸部手術手技研究会  2007年 

     詳細を見る

  • I-125永久挿入治療の物理QAガイドラインの作成

    第66回日本医学放射線学会総会  2007年 

     詳細を見る

  • 生理運動を伴う腫瘍を想定した治療計画CTシミュレーションの構築

    第35回日本放射線技術学会秋季学術大会  2007年 

     詳細を見る

  • Establishment of Japanese QA Booklet in Permanent Prostate Implant Brachytherapy

    AAPM 49th Annual Meeting  2007年 

     詳細を見る

  • プラスチックシンチレーションファイバー検出器の応答特性に関する基礎的検討

    第19回日本放射線腫瘍学会  2006年 

     詳細を見る

  • 高精度放射線治療に求められる品質保証・品質管理システム

    応用物理学会北海道支部  2006年 

     詳細を見る

  • Reduction of prostate movement using orthogonal diagnostic x-rays of real-time tumor-tracking system and fiducial gold markers

    1st Hokkaido International Croscutting Symposium Molecular Bio-imaging and 4D Image-guided radiotherapy  2006年 

     詳細を見る

  • 切除不能膵癌に対する強度変調放射線治療にむけての基礎的研究

    第114 回日本医学放射線学会 北日本地方会  2006年 

     詳細を見る

  • Retrospective analysis of prostate cancer patients with fiducial gold markers using a real-time tumor-tracking system

    AAPM 48th Annual Meeting  2006年 

     詳細を見る

  • Basic study for radiation treatment planning using PET/CT - Accuracy of a table -

    1st Hokkaido International Croscutting Symposium Molecular Bio-imaging and 4D Image-guided radiotherapy  2006年 

     詳細を見る

  • PET/CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討-寝台について-

    第19回日本放射線腫瘍学会  2006年 

     詳細を見る

  • 肺がん定位照射における計算アルゴリズムの違いによるリスク臓器の線量変化

    第19回日本放射線腫瘍学会  2006年 

     詳細を見る

  • Quality Assurance of Iodine 125 Seeds for Prostate Brachytherapy Using an Imaging Plate

    48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology  2006年 

     詳細を見る

  • CT-リニアック装置に関する国内保有31施設に対するアンケート調査

    第19回日本放射線腫瘍学会  2006年 

     詳細を見る

  • 極微小プラスチックシンチレータを用いた新しいX線・γ線の吸収線量評価法

    日本医学物理学会第92回学術大会  2006年 

     詳細を見る

  • CTとリニアックの同室設置における諸問題について

    第34回日本放射線技術学会秋季学術大会  2006年 

     詳細を見る

  • 放射線治療への応用を目的としたモンテカルロシミュレーションによるSOF検出器の応答特性

    第34回日本放射線技術学会秋季学術大会  2006年 

     詳細を見る

  • 極微小プラスチックシンチレータを用いた水吸収線量測定法の開発

    第19回日本放射線腫瘍学会  2006年 

     詳細を見る

  • 東芝(Siemens)製リニアックのIMRTの初期導入に関する検討 〜反射型フィルムを利用した線量解析〜

    第46回日本放射線技術学会中四国部会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • Estimation of fluoroscopic dose in real-time tumor tracking radiotherapy (RTRT) using a commercial based radiotherapy planning system

    8th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY  2005年 

     詳細を見る

  • 第1回CT-LINAC研究会アンケート解答報告

    第2回CT-LINAC研究会  2005年 

     詳細を見る

  • 簡易測定ファントムと反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QC

    第33回日本放射線技術学会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • Quality control of FOCAL unit with a micro-multi leaf collimator (mMLC) using new Gafchromic film for non-invasive tereotactic radiotherapy

    8th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY  2005年 

     詳細を見る

  • TBI患者の実測測定におけ精度の検証 第2報 TBI治療距離での実測測定の精度

    第46回日本放射線技術学会中四国部会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • TBI患者の実測測定における精度の検証 第1報 10点線量計の精度と特性

    第46回日本放射線技術学会中四国部会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • 反射型フィルムの諸特性に関する検討 〜エネルギー特性,線量特性,経時特性について〜

    第46回日本放射線技術学会中四国部会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • 反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QCに関する検討 第1報 反射型フィルムおよびフィルム解析システムの諸特性

    第61回日本放射線技術学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 反射型線量測定用フィルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance

    第64回日本医学放射線学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QCに関する検討 第2報 Dead Seedの確認と線源強度の測定精度

    第61回日本放射線技術学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 当院における呼吸性移動を考慮した放射線治療計画に最適なCT撮影条件

    第105回日本医学放射線学会中国四国地方会放射線治療懇話会  2005年 

     詳細を見る

  • 東芝(Siemens)製リニアックのIMRT初期導入に関する検討 〜電離箱とフィルムを用いた解析〜

    第46回日本放射線技術学会中四国部会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • 反射型フィルムの諸特性に関する検討 〜光学特性,温度特性,スキャナ特性について〜

    第46回日本放射線技術学会中四国部会秋季学術大会  2005年 

     詳細を見る

  • QCファントムを用いた自走式CTリニアック装置の精度評価

    第18回日本放射線腫瘍学会  2005年 

     詳細を見る

  • Reduction of set-up error and intra-factional motion in head and neck intensity modulated radiotherapy using a real-time tumor tracking system with a gold-marker implanted mouthpiece

    46th Annual Meeting of the ASTRO  2004年 

     詳細を見る

  • Analysis of setup errors in prostate radiotherapy using a real-time tumor tracking system (RTRT system)

    4th Shinji Takahashi Memorial International Workshop on 3D-CRT  2004年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 新人賞(放射線治療分野)

    2007年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • インタープロフェッショナルワーク論 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • ヒューマンイノベーション・ヘルスケア科学概論 (2021年度) 前期  - その他

  • ビッグデータ学 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスケアサイエンス概論 (2021年度) 前期  - 金7~8

  • ヘルスシステム統合科学アドバンストインターンシップ (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学インターンシップ (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学序論 (2021年度) 前期  - 金3~4

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学総合演習 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学総論 (2021年度) 前期  - 火7~8

  • ヘルスシステム統合科学総論Ⅱ (2021年度) 前期  - その他

  • ヘルスプロモーション科学 (2021年度) 前期  - 月7

  • ヘルスプロモーション科学 (2021年度) 前期  - その他

  • 医療と放射線 (2021年度) 第1学期  - 金3~4

  • 卒業研究 (2021年度) 1~3学期  - その他

  • 技術表現発表学 (2021年度) 後期  - その他

  • 技術表現発表学 (2021年度) 後期  - その他

  • 放射線健康支援科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 放射線健康支援科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 放射線治療品質管理学演習 (2021年度) 後期  - 水1~5

  • 放射線治療品質管理学特論 (2021年度) 前期  - その他

  • 放射線治療技術学演習 (2021年度) 後期  - 火7

  • 放射線治療技術学特論 (2021年度) 前期  - 火7

  • 放射線治療技術学特講 (2021年度) 第1学期  - 月2~3

  • 放射線治療技術学I (2021年度) 第2学期  - 水3~4

  • 放射線治療技術学II (2021年度) 第4学期  - 月3~4

  • 放射線治療物理学 (2021年度) 第2学期  - 金1~2

  • 放射線計測学実験I (2021年度) 第2学期  - 火1~6

  • 放射線診療技術学演習 (2021年度) 後期  - 水7

  • 放射線診療技術学特講 (2021年度) 前期  - 水7

  • 生命健康情報理工学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 生命健康情報理工学特論Ⅰ (2021年度) 前期  - その他

  • 生命健康情報理工学特論Ⅱ (2021年度) 前期  - その他

  • 生命健康情報理工学特講Ⅱ (2021年度) 後期  - その他

  • 生命健康情報理工学特講I (2021年度) 前期  - その他

  • 臨床医学特別実習 (2021年度) 第4学期  - 月4~6,水4~6

  • 診療撮影技術学実習 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]火1~4,金1~4, [第4学期]火1~4,水1~4

  • Introduction course for Health Sciences (2021年度) 前期  - 水5

  • インタープロフェッショナルワーク論 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • ヒューマンイノベーション・ヘルスケア科学概論 (2020年度) 前期  - 金5,金6

  • ビッグデータ学 (2020年度) 後期  - 水1,水2

  • ヘルスシステム統合科学アドバンストインターンシップ (2020年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学インターンシップ (2020年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2020年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学総合演習 (2020年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学総論Ⅱ (2020年度) 前期  - 火7,火8

  • ヘルスプロモーション科学 (2020年度) 前期  - 月7

  • ヘルスプロモーション科学 (2020年度) 前期  - その他

  • 医療と放射線 (2020年度) 第1学期  - 金3,金4

  • 技術表現発表学 (2020年度) 後期  - その他

  • 放射線健康支援科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 放射線健康支援科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 放射線治療品質管理学演習 (2020年度) 後期  - 水1,水2,水3,水4,水5

  • 放射線治療品質管理学特論 (2020年度) 前期  - その他

  • 放射線治療技術学演習 (2020年度) 後期  - 火7

  • 放射線治療技術学特論 (2020年度) 前期  - 火7

  • 放射線治療技術学特講 (2020年度) 第1学期  - 月2,月3

  • 放射線治療技術学I (2020年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 放射線治療技術学II (2020年度) 第4学期  - 月3,月4

  • 放射線治療物理学 (2020年度) 第2学期  - 金1,金2

  • 放射線計測学実験I (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 放射線診療技術学演習 (2020年度) 後期  - 水7

  • 放射線診療技術学特講 (2020年度) 前期  - 水7

  • 生命健康情報理工学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 生命健康情報理工学特論Ⅰ (2020年度) 前期  - その他

  • 生命健康情報理工学特論Ⅱ (2020年度) 前期  - その他

  • 生命健康情報理工学特講Ⅱ (2020年度) 後期  - その他

  • 生命健康情報理工学特講I (2020年度) 前期  - その他

  • 臨床医学特別実習 (2020年度) 第4学期  - 月4,月5,月6,水4,水5,水6

  • 診療撮影技術学実習 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]火1,火2,火3,火4,金1,金2,金3,金4, [第4学期]火1,火2,火3,火4,水1,水2,水3,水4

  • Introduction course for Health Sciences (2020年度) 前期  - 水5

▼全件表示