2021/07/12 更新

写真a

ヨシオカ ノリエ
吉岡 德枝
YOSHIOKA Norie
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 歯学博士 ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 破骨細胞性骨吸収

  • 血管新生

  • osteoclatic bone resorption

  • angiogenesis

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

学歴

  • Okayama University Graduate Schools   Graduate School, Division of Dental Research   Oral Surgery

    - 2003年

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    - 2003年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学     Dentistry

    - 1999年

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    - 1999年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学病院   口腔外科(病態系)   講師

    2020年9月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科   口腔顎顔面外科学分野   助教

    2007年4月 - 2020年8月

      詳細を見る

  • ハーバード大学   医学部病理学講座   博士研究員

    2005年6月 - 2007年5月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科   歯顎口腔病態外科学分野   助手

    2005年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部附属病院   文部教官 助手

    2003年4月 - 2005年1月

      詳細を見る

所属学協会

  • 国際口腔顎顔面外科学会

    2014年8月 - 現在

      詳細を見る

  • アジア口腔顎顔面外科学会

    2007年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本顎変形症学会

    2003年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本口腔科学会

    2003年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本口腔外科学会

    1999年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本口腔腫瘍学会

      詳細を見る

  • 岡山歯学会

      詳細を見る

  • 日本癌学会

      詳細を見る

  • 日本骨代謝学会

      詳細を見る

  • 日本口腔内科学会

      詳細を見る

  • 日本顎顔面インプラント学会

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • A case of oral cancer with delayed occipital lymph node metastasis: Case report. 国際誌

    Kisho Ono, Norie Yoshioka, Masanori Masui, Kyoichi Obata, Yuki Kunisada, Tatsuo Okui, Soichiro Ibaragi, Hotaka Kawai, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    Clinical case reports   8 ( 12 )   2469 - 2475   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Consideration of unexpected metastasis in patients who have undergone neck dissection with advanced tumors must be anticipated with careful follow-up.

    DOI: 10.1002/ccr3.3086

    PubMed

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌における新TNM分類(UICC:第8版)の実用性(第2報) 正誤表に準拠 査読

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 村瀬 友里香, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   31 ( 3 )   151 - 156   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    UICCのTNM分類は、口腔癌の進行度評価の基準として使用されている。2016年に公表された第8版TNM分類では、T分類に浸潤の深さ(DOI)、N分類に被膜外進展(ENE)が導入された。そして、われわれは、舌扁平上皮癌の手術症例を対象に、第7版と第8版TNM分類による評価を比較し、後者の実用性を本誌において報告した。さらに、2018年にUICCから正誤表が公表され、T2、T3、T4が訂正された。そこで本研究では、当科で手術を施行した舌扁平上皮癌107例について、正誤表に準拠して改めて検討を行った。正誤表に準拠して評価すると、1例がT3からT2に、3例がT3からT4aに変更された。第7版と比較すると、後発転移率がT1では低下し、T2では増加したが、第8版とは同様の結果であった。生存率は、第8版と同様に、Tの上昇とともに低下した。また、pTの変更に伴って、pStageが変更されたため、stageの上昇とともに生存率が低下した。訂正された第8版TNM分類は、進行度に即したTの細分化を舌扁平上皮癌においても実現し、細分化により進行度を的確に後発転移と生存率へ反映させており、実用的であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • Retinoic Receptor Signaling Regulates Hypertrophic Chondrocyte-specific Gene Expression. 査読

    TSUYOSHI SHIMO, EIKI KOYAMA, TATSUO OKUI, MASANORI MASUI, YUKI KUNISADA, SOICHIRO IBARAGI, NORIE YOSHIOKA, NAITO KURIO, SHOKO YOSHIDA, AKIRA SASAKI, MASAHIRO IWAMOTO

    In Vivo   33 ( 1 )   85 - 91   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 顎変形症治療コンセンサスミーティングにおけるアンケート調査 査読

    岩井俊憲, 竹信俊彦, 管野貴浩, 山内健介, 大井一浩, 古賀陽子, 佐藤貴子, 友松伸允, 成田真人, 吉岡德枝, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌   29   11 - 22   2019年

     詳細を見る

  • 舌扁平上皮癌における新TNM分類(UICC:第8版)の実用性 査読

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 村瀬 友里香, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   30 ( 4 )   151 - 157   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    UICCのTNM分類は、口腔癌の進行度評価の基準にされているが、2016年に第8版へ改訂され、T分類では浸潤の深さ(Depth of Invasion:DOI)が、N分類では被膜外進展(Extra Nodal Extension:ENE)が導入された。本研究では、当科で手術を行った舌扁平上皮癌症例107例において、第7版と第8版TNM分類により評価を行い、TNM分類改訂と頸部リンパ節後発転移(以下後発転移)および生存率との関連について検討を行った。TNM分類改訂により、17例(15.9%)にcTの変更を、6例(5.6%)にpTの変更を認めた。後発転移数・後発転移率は、cT1とpT1では低下し、cT2とpT2では増加した。また、第7版でcT4a、pT4aの2例が、第8版ではcT3、pT3に変更されたため、第8版は第7版と比較してcT3、pT3の生存率が低下した。第7版でpN2bの3例が、第8版ではpN3bに分類され、3例とも経過不良であった。当科の舌扁平上皮癌症例におけるTNM分類の第7版から第8版への見直しは、主にStage上昇につながった。そして、第8版TNM分類は、舌扁平上皮癌の進行度をより的確に後発転移と生存率へ反映させるため、実用的であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 逆行性超選択的動注化学放射線療法中に腫瘍栄養動脈が閉塞し吻合枝から急速動注した舌癌の1例 査読

    伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 國定 勇希, 志茂 剛, 光藤 健司, 藤内 祝, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   30 ( 1 )   23 - 27   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    今回われわれは、舌癌に対して逆行性超選択的動注化学放射線療法を施行中に腫瘍栄養動脈が閉塞したため、腫瘍栄養動脈の吻合枝から急速動注療法を施行した舌癌の1例を経験したので報告する。症例:43歳女性。2012年7月に当科を受診し、左側舌癌・両側頸部リンパ節転移(T4aN2cM0、扁平上皮癌)と診断した。原発巣は逆行性超選択的動注化学放射線療法を行い、頸部リンパ節転移に対しては照射後に頸部郭清術を施行する予定とした。2012年8月に患側は浅側頭動脈から舌動脈と顔面動脈の共通幹に、健側は浅側頭動脈から舌動脈に、それぞれカテーテルを留置した。定期的にインジゴカルミン染色でカテーテル脱落の有無を検査していたが、46Gy照射後から、患側の舌動脈と顔面動脈の共通幹の支配領域が染色されなくなった。Seldinger法で患側の外頸動脈にカテーテルを留置し外頸動脈分枝を造影すると、舌動脈と顔面動脈は造影されず、顎動脈分枝の頬動脈および下歯槽動脈から顔面動脈への吻合枝が描出された。下歯槽動脈をコイルで塞栓し頬動脈からシスプラチンを急速動注した。2012年10月に70Gy照射を終了した。2012年11月に両側頸部郭清術を行った。治療終了から現在までに約5年経過しているが再発および転移なく経過良好である。(著者抄録)

    researchmap

  • The Prognostic Implications of Bone Invasion in Gingival Squamous Cell Carcinoma. 査読 国際誌

    Shoko Yoshida, Tsuyoshi Shimo, Yurika Murase, Kiyofumi Takabatake, Koji Kishimoto, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Tatsuo Okui, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    Anticancer research   38 ( 2 )   955 - 962   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND/AIM: This study evaluated the associations between bone invasion of gingival squamous cell carcinoma (SCC) and clinicopathological manifestations, and aimed to determine whether bone invasion is an independent prognostic factor in gingival SCC. PATIENTS AND METHODS: The study was a retrospective review of 78 patients with gingival SCC who underwent surgery with curative intent. The level of bone invasion was pathologically categorized as medullary, cortical or no bone invasion. RESULTS: Cortical and medullary bone invasion was present in 29 and 22 patients, respectively. There was a significant association between medullary bone invasion and tumor size (p=0.017), pathological N classification (p<0.001), differentiation (p=0.017) and lymphovascular invasion (p=0.007). Medullary bone invasion and lymphovascular invasion were independent predictors of reduced overall survival (p=0.015, 0.048); medullary bone invasion was also an independent predictor of reduced disease-specific survival (p=0.018). CONCLUSION: Pathologically-proven medullary bone invasion and lymphovascular invasion were found to be key prognostic factors in gingival SCC. The results suggest that it is necessary to consider adjuvant therapy in patients with medullary bone invasion.

    PubMed

    researchmap

  • Maxillofacial Fractures in Elderly Patients 査読

    Hiroaki Takakura, Tsuyoshi Shimo, Norie Yoshioka, Mayumi Yao, Kyoichi Obata, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Ayaka Morisawa, Akane Shibata, Shoko Yoshida, Yurika Murase, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Hiroshi Mese, Akira Sasaki

    International Journal of Surgery & Surgical Procedures   2 ( 128 )   1 - 5   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • セツキシマブ投与にてアナフィラキシー様のinfusion reactionを発症したマダニ咬傷既往のある口腔癌患者の1例

    矢尾 真弓, 志茂 剛, 柴田 茜, 小畑 協一, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 藤井 由起子, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   36 ( 1 )   1 - 6   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    症例は69歳男性で、左側口底癌にて顎下部を含めた口底部分切除術を施行したが、その後、左側上内頸静脈リンパ節の後発転移と節外浸潤を認めた。左側根治的頸部郭清術変法と術後化学放射線療法で頸部腫瘍は一旦縮小したものの再度増大し、さらに右肺下葉に転移を認めたため、多剤併用化学療法の施行目的で入院した。セツキシマブ・シスプラチン・5-FUの多剤併用化学療法を計画した。しかし、セツキシマブ投与開始5分後より意識消失と全身の浮腫が出現し、infusion reaction(IR)と判断して即座にセツキシマブの投与を中止した。IR発症から30分後には循環動態と呼吸状態が安定したため、集中治療室に搬入となった。約8時間後には全身皮膚に皮疹と四肢の浮腫および皮膚そう痒感を認めており、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩の静脈内注射を施行した。発症翌日には四肢の浮腫と皮疹は改善し、意識障害等の有害事象もなく一般病棟に帰室した。発症翌日に再度既往歴を問診したところ、マダニ咬傷の既往があることが判明し、IRの原因としてマダニとの関連があることが疑われた。

    researchmap

  • Examination of Diseases Requiring Oral Surgery Treated via Medical-Dental Cooperation in the Department of Oral and Maxillofacial Surgery (Biopathology), Okayama University Hospital 査読

    Masanori Masui, Tsuyoshi Shimo, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Mayumi Yao, Shoko Yoshida, Yurika Murase, Koji Kishimoto, Akiyoshi Nishiyama, Yoshihiko Soga, Akira Sasaki

    2 ( 115 )   1 - 7   2017年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Endoscope-Assisted Transoral Reduction and Internal Fixation of a Mandibular Subcondylar Fracture with a 3D - Shaped Plate 査読

    Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Koji Kishimoto, Akira Sasaki

    International Journal of Contemporary Medical Research   4 ( 2 )   575 - 577   2017年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Semaphorin 4D promotes bone invasion in head and neck squamous cell carcinoma. 査読

    Takada H, Ibaragi S, Eguchi T, Okui T, Obata K, Masui M, Morisawa A, Takabatake K, Kawai H, Yoshioka N, Hassan NMM, Shimo T, Hu GF, Nagatsuka H, Sasaki A

    Int J Oncol   51   625 - 632   2017年

     詳細を見る

  • Oral squamous cell carcinoma-derived sonic hedgehog promotes angiogenesis. 査読

    Kuroda H, Kurio N, Shimo T, Matsumoto K, Masui M, Takabatake K, Okui T, Ibaragi S, Kunisada Y, Obata K, Yoshioka N, Kishimoto K, Nagatsuka H, Sasaki A

    Anticancer Res   37   6731 - 6737   2017年

     詳細を見る

  • Analysis of pathological activities of CCN proteins in bone metastasis. 査読

    Methods Mol Biol   1489   505 - 512   2017年

     詳細を見る

  • role of Neurokinin 3 receptor signaling in oral squamous cell carcinoma. 査読

    Obata K, Shimo T, Okui T, Matsumoto K, Takada H, Takabatake K, Kunisada Y, Ibaragi S, Yoshioka N, Kishimoto K, Nagatsuka H, Sasaki A

    Anticancer Res   37   6119 - 6123   2017年

     詳細を見る

  • Autologous blood injection for the treatment of recurrent temporomandibular joint dislocation. 査読

    Yoshioka N, Shimo T, Ibaragi S, Sasaki A

    Acta Med Okayama.   70   291 - 294   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Detection of sonic hedgehog in patients undergoing orthognathic surgery 査読

    Kunisada Y, Shimo T, Masui M, Yoshioka N, Ibaragi S, Matsumoto K, Okui T, Kurio N, Domae S, Kishimoto K, Nishiyama A, Sasaki A

    Int J Surg   5   1 - 4   2016年

     詳細を見る

  • Expression pattern of sonic hedgehog signaling and calcitonin gene related peptide in the socket healing process after tooth extraction 査読

    Pang P, Shimo T, Takada H, Matsumoto K, Yoshioka N, Ibaragi S, Sasaki A

    BBRC   467   21 - 26   2015年

     詳細を見る

  • Expression and roles of CCN2 in dental epithelial cells 査読

    Shimo T, Koyama E, Kurio N, Matsumoto K, Okui T, Ibaragi S, Yoshioka N, Sasaki A

    In vivo   9   189 - 195   2015年

     詳細を見る

  • Neamine inhibits oral cancer progression bysuppressing angiogenin-mediated angiogenesis and cancer cell proliferation. 査読

    Kishimoto K, Yoshida S, Ibaragi S, Yoshioka N, Okui T, Hu GF, Sasaki A

    Anticancer Res   34   2113 - 2121   2014年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • Anatomical variations in clinical dentistry.

    Iwanaga J, Tubbs R( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: Anatomy and variations of the sublingual space.)

    Springer, Cham  2019年 

     詳細を見る

  • Analysis of pathological activities of CCN proteins in bone metastasis

    Springer Publishing Company  2016年 

     詳細を見る

MISC

  • 舌扁平上皮癌における新TNM分類(UICC:第8版)の実用性(第2報) 正誤表に準拠

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 村瀬 友里香, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   31 ( 3 )   151 - 156   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    UICCのTNM分類は、口腔癌の進行度評価の基準として使用されている。2016年に公表された第8版TNM分類では、T分類に浸潤の深さ(DOI)、N分類に被膜外進展(ENE)が導入された。そして、われわれは、舌扁平上皮癌の手術症例を対象に、第7版と第8版TNM分類による評価を比較し、後者の実用性を本誌において報告した。さらに、2018年にUICCから正誤表が公表され、T2、T3、T4が訂正された。そこで本研究では、当科で手術を施行した舌扁平上皮癌107例について、正誤表に準拠して改めて検討を行った。正誤表に準拠して評価すると、1例がT3からT2に、3例がT3からT4aに変更された。第7版と比較すると、後発転移率がT1では低下し、T2では増加したが、第8版とは同様の結果であった。生存率は、第8版と同様に、Tの上昇とともに低下した。また、pTの変更に伴って、pStageが変更されたため、stageの上昇とともに生存率が低下した。訂正された第8版TNM分類は、進行度に即したTの細分化を舌扁平上皮癌においても実現し、細分化により進行度を的確に後発転移と生存率へ反映させており、実用的であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • レチノイド受容体シグナルは肥大軟骨細胞特異的遺伝子制御に関わる

    志茂 剛, 奥井 達雄, 増井 正典, 國定 勇希, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 吉田 祥子, 佐々木 朗, 小山 英樹, 岩本 容泰

    日本口腔科学会雑誌   68 ( 2 )   173 - 173   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • レチノイド受容体シグナルは肥大軟骨細胞特異的遺伝子制御に関わる

    志茂 剛, 奥井 達雄, 増井 正典, 國定 勇希, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 吉田 祥子, 佐々木 朗, 小山 英樹, 岩本 容泰

    日本口腔科学会雑誌   68 ( 2 )   173 - 173   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術における、術者経験レベルによる手術時間と出血量の比較検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 奥井 達雄, 伊原木 聰一朗, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   169 - 169   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎歯肉原発類基底扁平上皮癌の1例

    吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 矢尾 真弓, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    頭頸部癌   45 ( 2 )   196 - 196   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • Karapandzic flapを応用して口角部を再建した頬粘膜癌の1例

    岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 國定 勇希, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    頭頸部癌   45 ( 2 )   205 - 205   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 先天性エプーリスの3症例

    柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   68 ( 1 )   51 - 51   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 過去10年間における顎下腺唾石症の臨床的検討

    坂本 裕美, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 岸本 晃治, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   32 ( 1 )   82 - 82   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 過去10年間における顎下腺唾石症の臨床的検討

    坂本 裕美, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 岸本 晃治, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   24 ( 2 )   70 - 70   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 当科における歯原性腫瘍症例の臨床的検討

    王 碩, 岸本 晃治, 國定 勇希, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   123 - 123   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • ハイアングルを伴うSkeletal class IIIに対する下顎枝垂直骨切り術の術後安定性

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   119 - 119   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における骨格性2級症例の臨床的検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   201 - 201   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における口腔扁平苔癬症例の臨床的検討

    柴田 茜, 矢尾 真弓, 吉岡 徳枝, 王 碩, 廣瀬 泰良, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   119 - 119   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携におけるMRONJ患者の調査

    坂本 裕美, 志茂 剛, 國定 勇希, 増井 正典, 小畑 協一, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 吉田 祥子, 村瀬 友里香, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   83 - 83   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 口腔内に初発症状を呈し診断に苦慮した骨髄不全症候群に伴う腸管ベーチェットの1例

    吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 辻本 紗代子, 柴田 茜, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   85 - 85   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 当科における重症歯性感染症の臨床統計的検討

    竜門 省二, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 國定 勇希, 吉田 祥子, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   31 ( 1 )   116 - 116   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 女性口腔外科医のキャリアに対する自覚と意思に関するアンケート調査 査読

    吉岡德枝, 佐々木 朗, 柴田敏之, 栗田賢一, 古郷幹彦

    日本口腔外科学会雑誌   64 ( 9 )   516 - 527   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 当科における口腔扁平苔癬症例の臨床的検討

    柴田 茜, 矢尾 真弓, 吉岡 徳枝, 王 碩, 廣瀬 泰良, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   163 - 163   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携におけるMRONJ患者の調査

    坂本 裕美, 志茂 剛, 國定 勇希, 増井 正典, 小畑 協一, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 吉田 祥子, 村瀬 友里香, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   127 - 127   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 口腔内に初発症状を呈し診断に苦慮した骨髄不全症候群に伴う腸管ベーチェットの1例

    吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 辻本 紗代子, 柴田 茜, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   129 - 129   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 当科における重症歯性感染症の臨床統計的検討

    竜門 省二, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 國定 勇希, 吉田 祥子, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 2 )   160 - 160   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 下顎に発生した顎放線菌症の1例 本邦における顎放線菌症の過去集計と現状との比較検討

    小畑 協一, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 1 )   23 - 27   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    顎放線菌症は開口障害や板状硬結、多発性膿瘍といった特徴的な症状を有する特異性炎である。しかし近年典型的な症状を示す症例が減少していることから診断が困難となっている。症例は85歳の女性で、左側頬部の腫脹と開口障害で当院を受診した。X線写真検査で下顎骨の破壊と融解を認めた。悪性腫瘍を疑ったが、病理組織学的診断は放線菌症であった。外科的掻爬を行い、ベンジルペニシリンとアモキシシリンの投与を行った。(著者抄録)

    researchmap

  • 開咬を伴う下顎後退症に対して上下顎同時骨延長後にIVROを施行した1例の長期的観察

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 藤澤 達郎, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   159 - 159   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 自然消退をきたしたEBV関連上顎歯肉原発形質芽細胞性リンパ腫の1例

    吉岡 徳枝, 志茂 剛, 矢尾 真弓, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    頭頸部癌   43 ( 2 )   229 - 229   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 下顎後方移動に対する術式の選択基準に関する臨床的検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   103 - 103   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    増井 正典, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   30 ( 1 )   150 - 150   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    増井 正典, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 奥井 達雄, 岸本 晃治, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   22 ( 2 )   166 - 166   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 高橋 巧, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 3 )   228 - 236   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    症例は19歳女性で、出生時に、巨舌、腹部膨満、臍ヘルニアを認め、Beckwith-Wiedemann症候群(BWS)と診断された。5歳時に右腎Wilms腫瘍と診断され、右腎摘出を施行後、ステージIIIの診断で放射線治療、化学療法を受け、腫瘍の再発を認めず、経過良好であった。12歳時に前歯の開咬を主訴に矯正歯科を受診した。正貌はほぼ対称で、下顎の前突を認めた。下顎は歯列弓過大による空隙歯列を認めた。オーバージェット-8.0mm、オーバーバイト-16.0mmで、両側第一大臼歯より前方に開咬を認め、臼歯関係は両側ともにAngleクラスIIIであった。また、舌は下顎の臼歯部咬合面を覆い巨舌を呈していた。パノラマX線では上顎切歯の歯間離開、下顎前歯部から小臼歯にかけ空隙歯列を認めた。側面頭部X線規格写真分析ではSNA 87.6°、SNB 87.1°、ANB 0.5°で骨格性の下顎前突を認め、正面頭部X線規格写真分析では顎顔面正中線に対し、上下顎前歯の正中は一致していた。下顎空隙歯列の原因と考えられる巨舌と骨格性下顎前突および開咬を改善するために舌縮小術と外科的矯正治療を行った。その後、14歳よりマルチブラケット装置を装着し、術前矯正治療が開始された。巨舌が残存し、開咬も増悪傾向にあったため17歳時に2回目の舌縮小術を施行した。舌は手術により前後径、幅径の縮小が得られ、安静位で咬合面を覆っていなかったが厚みは残存し、棍棒状の形態を示した。BWSによる巨舌に起因する骨格性開咬症と診断し、上下顎移動術を予定した。全身麻酔下に顎矯正手術を施行した。術直後から術後1年における垂直的移動量はU1、U6、B点でそれぞれ上方に1.5mm、3.5mm、2.5mm、水平移動量はそれぞれ後方に1.0mm、1.0mm、3.0mmであった。保定は上下顎に床装置を用い行い、術後2年の経過観察において良好な被蓋関係が保たれている。

    DOI: 10.5927/jjjd.26.228

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌の骨破壊におけるSemaphorin4Dの役割

    高田 紘行, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 増井 正典, 森澤 綾香, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   65 ( 2 )   195 - 195   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 口腔癌細胞におけるニコチンと上皮成長因子受容体の関連性について

    桑島 大介, 伊原木 聰一郎, 高畠 清文, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 志茂 剛, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   65 ( 2 )   195 - 195   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 口腔疾患に続発した内頸静脈血栓症の2例

    銅前 昇平, 岸本 晃治, 吉田 祥子, 栗尾 奈愛, 松本 憲一, 村瀬 友里香, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   35 ( 1 )   23 - 28   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    症例1は68歳女で、左側頬部から頸部の腫脹と開口障害を主訴とした。左側扁桃周囲膿瘍および両側頸部蜂窩織炎の診断で、両側深頸部膿瘍切開ドレナージを2回施行した。再ドレナージの3日後の造影CTにて壊死組織・膿瘍は減少傾向を認めたが、左側内頸静脈内が血栓により頭蓋底付近で閉塞していたためヘパリン点滴静脈内投与を開始した。11日後の造影CTにて血栓は消失し、その後ワルファリン経口投与を退院後4ヵ月間継続投与した。症例2は74歳男で、左側上顎歯肉の疼痛を主訴とした。左側上顎悪性黒色腫・両側頸部リンパ節転移の診断で、左側上顎骨部分切除術を施行後、両側機能的頸部郭清術を施行した。郭清後23日目の造影CTにて左側内頸静脈内に血栓を認めたため、ヘパリン点滴静脈内投与とワルファリン投与を開始し、20日後に血栓は消失した。郭清後28日目より化学療法を1コース施行して退院したが、転倒により硬膜下血腫を発症しワルファリン投与を中止した。

    researchmap

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術における工夫と術後安定性について

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 志茂 剛, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   128 - 128   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Semaphorin4Dは口腔癌の顎骨浸潤を促進する

    高田 紘行, 伊原木 聰一郎, Pai Pang, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   65 ( 1 )   58 - 59   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Kissing Molarsの1例

    尾野 裕子, 伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   21 ( 2 )   93 - 93   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 他院で行われたインプラント治療後の問題に対する臨床的検討

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 銅前 昇平, 伊原木 聡一郎, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   14 ( 3 )   202 - 202   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術の出血と輸血に関する検討 T&S移行後10年間の再評価

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   221 - 221   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科における多分割Le Fort I型骨切り術症例の臨床検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   120 - 120   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における馬蹄形Le Fort I型骨切り術の骨切線設計の工夫

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   131 - 131   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 新規血管新生阻害薬terreinの口腔癌に対する抗腫瘍効果

    柴田 茜, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 1 )   64 - 65   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 達志, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 飯田 征二, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   28 ( 1 )   86 - 86   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 達志, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 飯田 征二, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   20 ( 2 )   95 - 95   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 岡崎 景, 西山 明慶, 居樹 秀明, 松村 達志, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 壺内 智郎, 飯田 征二, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   23 - 28   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口腔癌検診研修会基礎コースを修了した歯科医師を対象に、研修会終了後にアンケート調査を行った。2013年に行われた3回の研修会の研修者の合計は46人(3人が2回研修)であった。臨床経験年数は10〜42年(平均23.6年、中央値25年)に比較的長い研修者が多かった。口腔癌症例経験ありは70%に認められ、経験症例数は1〜3例が多かった。口腔癌症例経験者の中で癌の疑いがあると診断して専門機関に紹介した症例が93%と大部分を占めた。しかし、その中で早期癌を診断できた症例は45%に過ぎず、初診時に進行していた症例も46例に認められた。また、紹介が少し遅くなった症例が9%認められたが患者が専門機関をなかなか受診してくれなかった例も1例あった。癌の部位は舌が最も多く41%認められ、下顎歯肉32%、口底13%と続いた。研修会の時間・レベルは概ね適切で、講義・実習・テキストもためになり、今後の臨床に役立つとの回答が得られた。再研修の必要性は91%と多かったが、アドバンスコースの希望者は69%に留まり、ベーシックコースの希望者も22%認められた。また、再研修までの期間は1年の35%を前後にばらつきが認められた。研修者はより実践的に役立つ研修内容を希望していた。

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    岸本 晃治, 西山 明慶, 松村 達志, 岡崎 景, 居樹 秀明, 毛利 行雄, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 矢尾 真弓, 小畑 協一, 尾野 裕子, 志茂 剛, 壺内 智郎, 飯田 征二, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   33 ( 2 )   47 - 47   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 当科における後期高齢者の顎顔面骨骨折の臨床的検討

    高倉 裕明, 矢尾 真弓, 吉岡 徳枝, 小畑 協一, 志茂 剛, 佐々木 朗

    口腔顎顔面外傷   13 ( 1 )   35 - 35   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療術後患者における骨代謝マーカーの検討

    國定 勇希, 志茂 剛, 増井 正典, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   63 ( 4 )   442 - 442   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科における馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術施行症例の臨床検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 福島 宏明, 中村 政裕, 志茂 剛, 上岡 寛, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   130 - 130   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 骨髄移植後の慢性GVHD患者に発生した多発性口腔扁平上皮癌の1例

    奥井 達雄, 目瀬 浩, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   60 ( 3 )   151 - 155   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は42歳男性で、全身倦怠感を主訴に受診し、慢性骨髄性白血病と診断された。HLAが一致する弟をドナーとした骨髄移植を受け、移植直後に移植片対宿主病(GVHD)を発症し、慢性GVHDによる肝機能低下、GVHDに対するプレドニゾロン長期投与による軽度の腎機能低下を認めた。骨髄移植直後より口内炎を自覚していたが、右側頬粘膜に腫瘤を自覚するようになり、血液腫瘍内科より紹介受診した。体格中等度、栄養状態良好で、顔面、四肢皮膚に慢性GVHDによる色素逸脱を認めた。右側頬粘膜に22×16mmの弾性軟、周囲に硬結を触知する腫瘤を認めた。MR画像で右側頬粘膜に前後径20mm、厚み4mmの境界明瞭なSTIR高信号域を認め、左側下顎小臼歯部舌側歯肉に前後径10mmの境界明瞭なSTIR高信号域を認めた。骨髄移植によるGVHDを伴った二次性多発性口腔癌、白板症の疑いと臨床診断し、全身麻酔下に腫瘍切除術を施行した。左側下顎生検を行い、舌背中央部は軽度上皮異形成、左側下顎大臼歯歯肉頬移行部は高分化扁平上皮癌と病理組織学的に診断され、左側下顎歯肉癌に対し腫瘍切除術を施行した。術後12ヵ月再発を認めず、厳重な経過観察を行っている。

    DOI: 10.5794/jjoms.60.151

    researchmap

  • Detection of sonic hedgehog in a patient with orthognathic surgery 査読

    Tsuyoshi Shimo, Yuki Kunisada, Naito Kurio, Masanori Masui, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   29   S482 - S482   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • Expression and role of sonic hedgehog in oral squamous cell carcinoma induced jaw bone destruction. 査読

    Tsuyoshi Shimo, Naito Kurio, Masahiro Iwamoto, Tatsuo Okui, Hiromasa Kuroda, Kenichi Matsumoto, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Yuichirou Takebe, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   29   S372 - S372   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察 最近10年と以前との比較

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 銅前 昇平, 志茂 剛, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   63 ( 1 )   199 - 199   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Expression and roles of CCN2 in dental mesenchymal cells in primary culture – with findings in a case of odontogenic myxofibroma

    Oral Science International   11 ( 1 )   8 - 14   2014年1月

     詳細を見る

  • Oral infection control to assist infliximab therapy in a Behçet's disease patient with severe eye inflammation in response to dental treatment: a case report

    Kudo C, Wakabayashi H, Shimoe M, Kobayashi H, Ito T, Ohkawa T, Isoshima-Nakamura A, Mineshiba J, Yoshioka N, Nawachi K, Maeda H, Matsuo T, Makino H, Takashiba S

    Clinical Case Report   2 ( 6 )   274 - 280   2014年

     詳細を見る

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 國定 勇希, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 志茂 剛, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   88 - 88   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 自転車の傘差し運転に関するアンケート調査の検討

    吉岡 徳枝, 長谷川 利聡, 目 絵理子, 西岡 由紀子, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   89 - 89   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 歯胚初代上皮細胞における結合組織増殖因子CCN2の発現とその役割

    志茂 剛, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 黒田 大雅, 松本 憲一, 堀切 優, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   190 - 190   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • エナメル上皮腫摘出後に骨移植と骨延長により骨増量を行ったインプラント治療の1例

    伊原木 聰一郎, 目瀬 浩, 中山 周子, 兒玉 真一, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 中妻 可奈子, 志茂 剛, 佐々木 朗

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   12 ( 2 )   53 - 57   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    59歳女。右側頬部の腫脹を主訴に受診し、パノラマX線写真で右側下顎骨にX線透過像を認めた。CT写真では、腫瘍直下に下顎管が存在していた。局研麻酔下で生検を行い、エナメル上皮腫と診断した。全身麻酔下に腫瘍摘出術および抜歯を施行した。病理組織学的所見からエナメル上皮腫と診断した。腫瘍摘出術後3年3ヵ月後にインプラント治療に先立ち、下歯槽神経血管束移動術と右側下顎枝からの骨移植を行った。4ヵ月の治癒期間の後、骨延長を行った。頬側の骨量が不十分であったため、オトガイ部からの骨移植を再度行い、1年2ヵ月後にインプラント体を埋入した。現在、上部構造装着から4年が経過しているが、腫瘍の再発や、インプラント周囲粘膜組織の炎症徴候もなく、正常な咬合・咀嚼機能が維持されている。さらにパノラマX線写真においてもインプラント周囲の異常な骨吸収はなく、歯槽骨頂の骨レベルは維持され、経過は良好である。

    researchmap

  • 岡山大学病院高度救命センターにおける頭頸部、顔面外傷の現状

    奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 浦瀬 綾香, 藤井 由記子, 佐々木 朗

    口腔顎顔面外傷   12 ( 1 )   71 - 72   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • 自転車の傘差し運転に関するアンケート調査の検討

    吉岡 徳枝, 長谷川 利聡, 目 絵理子, 西岡 由紀子, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    口腔顎顔面外傷   12 ( 1 )   70 - 70   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝垂直矢状分割術を併用した顔面非対称症例の術後安定性に関する検討

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 志茂 剛, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   132 - 132   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    頭頸部癌   39 ( 2 )   249 - 249   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 前歯部空隙歯列を伴う骨格性下顎前突に対し下顎正中部骨削除と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 國定 勇希, 高木 雅人, 田井 規能, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   125 - 125   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 舌リンパ節への後発転移が疑われた舌扁平上皮癌の1例

    吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 志茂 剛, 目瀬 浩, 浅海 淳一, 佐々木 朗

    頭頸部癌   39 ( 2 )   256 - 256   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 骨髄移植後の口腔GVHD患者に発生した多発性口腔扁平上皮癌の1例

    奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 國定 勇希, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   26 ( 1 )   110 - 110   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 歯性感染症が原因と疑われた脳膿瘍の1例

    桑島 大介, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔診断学会雑誌   26 ( 1 )   136 - 136   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • Angiogeninの核移行阻害剤neamineの口腔癌に対する抗腫瘍効果の検討

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 兒玉 真一, 志茂 剛, 中妻 可奈子, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   62 ( 1 )   93 - 94   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • ニコチンが口腔癌の増殖および転移に及ぼす影響の検討

    兒玉 真一, 伊原木 聰一郎, 柴田 茜, 山本 大介, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   62 ( 1 )   164 - 165   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 実物大臓器立体モデルを活用した手術支援の実際と歯科技工士の関わり

    竹内哲男, 有地秀裕, 松本 洋, 中原龍一, 水川展吉, 吉岡徳枝, 木股敬裕, 尾崎敏文, 飯田征二, 佐々木朗, 三野卓哉, 前川賢治, 森田 学, 槇野博史, 窪木拓男

    QDT別冊 CAD/CAM YEAR BOOK 2013   別冊   22 - 31   2013年

     詳細を見る

  • Angiogenin mediates androgen-stimulated prostate cancer growth and enables castration resistance. 査読 国際誌

    Li S, Hu MG, Sun Y, Yoshioka N, Ibaragi S, Sheng J, Sun G, Kishimoto K, Hu GF

    Mol Cancer Res.   11 ( 10 )   1203 - 1214   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    UNLABELLED: The androgen receptor (AR) is a critical effector of prostate cancer development and progression. Androgen-dependent prostate cancer is reliant on the function of AR for growth and progression. Most castration-resistant prostate cancer (CRPC) remains dependent on AR signaling for survival and growth. Ribosomal RNA (rRNA) is essential for both androgen-dependent and castration-resistant growth of prostate cancer cells. During androgen-dependent growth of prostate cells, androgen-AR signaling leads to the accumulation of rRNA. However, the mechanism by which AR regulates rRNA transcription is unknown. Here, investigation revealed that angiogenin (ANG), a member of the secreted ribonuclease superfamily, is upregulated in prostate cancer and mediates androgen-stimulated rRNA transcription in prostate cancer cells. Upon androgen stimulation, ANG undergoes nuclear translocation in androgen-dependent prostate cancer cells, where it binds to the rDNA promoter and stimulates rRNA transcription. ANG antagonists inhibit androgen-induced rRNA transcription and cell proliferation in androgen-dependent prostate cancer cells. Interestingly, ANG also mediates androgen-independent rRNA transcription through a mechanism that involves its constitutive nuclear translocation in androgen-insensitive prostate cancer cells, resulting in a constant rRNA overproduction and thereby stimulating cell proliferation. Critically, ANG overexpression in androgen-dependent prostate cancer cells enables castration-resistant growth of otherwise androgen-dependent cells. Thus, ANG-stimulated rRNA transcription is not only an essential component for androgen-dependent growth of prostate cancer but also contributes to the transition of prostate cancer from androgen-dependent to castration-resistant growth status. IMPLICATIONS: The ability of angiogenin to regulate rRNA transcription and prostate cancer growth makes it a viable target for therapy.

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-13-0072

    PubMed

    researchmap

  • 歯性感染症が原因と疑われた脳膿瘍の1例

    桑島 大介, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   18 ( 2 )   119 - 119   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 骨髄移植後の口腔GVHD患者に発生した多発性口腔扁平上皮癌の1例

    奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 國定 勇希, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   18 ( 2 )   93 - 93   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 幼児の上顎歯肉に発生した巣状口腔粘液症の1例

    伊原木 聰一郎, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 片瀬 直樹, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   58 ( 9 )   546 - 549   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    1歳7ヵ月女児。左側上顎歯肉の腫瘤を主訴とした。左側上顎歯肉に弾性軟の有茎性腫瘤を認め、腫瘤の先端は分葉状で正常歯肉色であったが、腫瘤基部は血管が豊富で赤色を呈していた。デンタルX線で同部の骨吸収は認めなかった。左側上顎歯肉腫瘍と診断し、腫瘍切除術を行った。腫瘤は有茎性で基部は歯肉と歯槽粘膜の境界部に存在しており、基部から約5mmの安全域を設定し直下の骨膜も切除した。同部の骨面は正常であった。切除部は開放創にして手術を終了した。切除した腫瘍の病理診断は巣状口腔粘液症であった。術後経過は良好で、術後1年の現在、再発は認めていない。

    DOI: 10.5794/jjoms.58.546

    researchmap

  • 顎変形症患者の手術前後の咀嚼機能評価に関する検討 主観的評価と客観的評価の相関性について

    尾野 裕子, 西山 明慶, 江藤 司, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   169 - 169   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 高橋 巧, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   112 - 112   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 包括的な治療計画のもと上下顎骨切り術を行った著しいガミースマイルを伴う下顎後退位症例

    中村 政裕, 本城 正, 片岡 伴記, 上岡 寛, 吉岡 徳枝, 奥井 達雄, 西山 明慶, 佐々木 朗, 山城 隆

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   160 - 160   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切り術(IVRO)の術後における咬合の推移に関する研究

    江藤 司, 西山 明慶, 尾野 裕子, 國定 勇希, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   22 ( 2 )   147 - 147   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌における血管新生に対するHSP90阻害薬の影響

    奥井 達雄, 志茂 剛, 帆波 辰基, 栗尾 奈愛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聡一郎, 青木 香澄, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   61 ( 1 )   141 - 141   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 癌軟骨破壊におけるInterleukin-1βの役割

    志茂 剛, 奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 帆波 辰基, 堀切 優, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   61 ( 1 )   195 - 195   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Hypoxia-induced up-regulation of angiogenin, besides VEGF, is related to progression of oral cancer

    Kishimoto K, Yoshida S, Ibaragi S, Yoshioka N, Okui T, Hu GF, Sasaki A

    Oral Oncology   2012年

  • 後期高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討

    日本口腔腫瘍学会誌   24 ( 3 )   103 - 111   2012年

     詳細を見る

  • 新規HSP90阻害薬NVP-AUY922はTemsirolimusの抗腫瘍効果を増強する

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 帆波 辰基, 青木 香澄, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   308 - 308   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • シスプラチン耐性扁平上皮癌細胞株におけるPim-1発現の役割

    山本 大介, 目瀬 浩, 奥井 達雄, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   240 - 240   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 当科における中高年患者の外科的矯正治療の臨床的検討

    西山 明慶, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 尾野 裕子, 江藤 司, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   149 - 149   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • Le Fort I型骨切り術における鼻形態変化に関する検討

    志茂 剛, 西山 明慶, 栗尾 奈愛, 吉岡 徳枝, 中妻 可奈子, 堀切 優, 尾野 裕子, 江藤 司, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   129 - 129   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 著しい片側性鋏状咬合を伴う下顎後退症に対して顎矯正手術を行った1例

    吉岡 徳枝, 西山 明慶, 村上 隆, 岸本 晃治, 伊原木 聰一郎, 山城 隆, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   102 - 102   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • メッケル軟骨成長過程におけるレチノイドシグナルの関わり

    志茂 剛, 岩本 容泰, 小山 英樹, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, Hassan Nur Mohammad Monsur, 帆波 辰基, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本再生歯科医学会誌   8 ( 1 )   44 - 44   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    researchmap

  • 口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法の使用経験

    伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 銅前 昇平, 志茂 剛, 中妻 可奈子, 辻本 紗代子, 栗尾 奈愛, 兒玉 真一, 武部 祐一郎, 堀切 優, 柴田 茜, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   29 ( 2 )   107 - 112   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法を用いて治療を行った4例を経験した。症例1は80歳女で、右側舌癌に対して舌部分切除術を行った。術後21日目においてほぼPGAフェルトは吸収し、舌の瘢痕拘縮は軽度であった。症例2は65歳女で、左側頬粘膜悪性黒色腫に対して頬粘膜腫瘍切除術と上顎骨部分切除術を行った。術後28日目においてPGAフェルトは吸収しており、瘢痕拘縮は軽度で開口障害もなかった。症例3は78歳女で、左側下顎歯肉癌に対して下顎骨辺縁切除術と頸部郭清術を行った。術後31日目において、骨露出は認めず肉芽で覆われている。症例4は88歳女で、左側頬粘膜癌に対して原発巣は密封小線源治療、頸部リンパ節転移は頸部郭清術を行うこととした。術後44日目において肉芽の新生は十分でなく、頬粘膜は陥凹している。

    researchmap

  • 臼後部に発生した嚢胞腺癌の1例

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( 12 )   720 - 724   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は90歳男性で、右側下顎臼後部歯肉の違和感、義歯による痛みが出現し、近医の義歯調節で痛みは消失したが、同部に腫瘤を指摘され紹介受診した。右側下顎臼後部に弾性硬、表面がカリフラワー状の境界明瞭な18×16mm大の外向性腫瘤を認めた。CTで同部に12×11×14mm大の類円形病巣と骨髄に達する下掘れ状の骨吸収像を認めた。生検で腫瘍細胞の増殖による嚢胞腔形成と乳頭状構造、一部に細胞異型や分裂像を認め、低悪性の嚢胞腺癌を疑って下顎骨辺縁切除術を行った。病理所見では腫瘍は大小の嚢胞腔を形成して外向性に増殖し、一方で下顎骨内に嚢胞腔を形成して下掘れ状の骨吸収像を認めた。腫瘍は嚢胞腔内に乳頭状増殖を示し、間質に線維性結合組織の増生と硝子化を認め、嚢胞を裏層する腫瘍細胞は円形の核と好酸性の細胞質を有する円柱状細胞からなり、一部に異型や分裂像を認めた。病理診断は低悪性嚢胞腺癌であった。術後2年経過で再発や転移は認めていない。

    DOI: 10.5794/jjoms.56.720

    researchmap

  • 当科におけるビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死の治療に関する臨床的検討

    吉岡 徳枝, 柴田 茜, 吉田 祥子, 伊原木 聰一郎, 岸本 晃治, 西山 明慶, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( Suppl. )   305 - 305   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊に対するAngiogeninの役割

    青木 香澄, 吉岡 徳枝, Hassan Nur Mohammad Monsur, 岸本 晃治, 志茂 剛, 帆波 辰基, 江藤 司, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( Suppl. )   262 - 262   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • メッケル軟骨基質改造におけるMMP-9、MMP-13、CCN2発現とレチノイド核内レセプターRAR gammaの関わり

    志茂 剛, 岩本 容泰, 小山 英樹, 伊原木 聰一郎, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 帆波 辰基, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28回   269 - 269   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 当科における分割Le Fort I型骨切り術症例の検討

    江藤 司, 西山 明慶, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 銅前 昇平, 岸本 晃治, 尾野 裕子, 佐々木 朗

    日本顎変形症学会雑誌   20 ( 2 )   132 - 132   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • エナメル上皮腫に対する外科療法の治療成績と再発に関する臨床的検討

    吉田 祥子, 塚本 剛一, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 岸本 晃治, 西山 明慶, 大山 和彦, 目瀬 浩, 長塚 仁, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   22 ( 1 )   37 - 43   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    エナメル上皮腫の治療法については論議のあるところである。当科においては、周囲骨の穿孔がないかもしくはわずかであれば、保存的外科療法-骨面削除と凍結療法を併用した摘出術-を基本的に選択している。当論文では、当科開設の1982年から2007年までの25年間に経験したエナメル上皮腫50例、特に再発症例について検討を行った。50例の手術の内訳は、摘出術12例、摘出と骨面削除または骨面削除および凍結療法(摘出+補助療法)が21例、顎骨切除(辺縁切除と区域切除)が17例であった。再発は6例であり(再発率:12%)、摘出術に5例(再発率:42%)、摘出+補助療法に1例(再発率:5%)認めた。顎骨切除術は再発を認めなかった。摘出と顎骨切除との間および、摘出と摘出+補助療法との間に再発率に関し有意差を認めた。以上より、エナメル上皮腫の保存的外科療法において、骨面削除と凍結療法は有用であることが示唆された。(著者抄録)

    DOI: 10.5843/jsot.22.37

    researchmap

  • 腫瘍切除後の顔貌変形防止に対するミニプレートの応用における問題点の検討

    吉田 祥子, 岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 村上 千明, 小野 達生, 塚本 剛一, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   21 ( 4 )   321 - 322   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 副甲状腺ホルモン関連タンパク質シグナルを分子標的とした癌骨破壊病変制御

    吉岡 徳枝, 山本 大介, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   58 ( 4 )   204 - 204   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌の骨浸潤・骨破壊に対するangiogeninを標的とした治療の基礎的検討

    吉岡 徳枝, 青木 香澄, 伊原木 聰一郎, 山本 大介, 岸本 晃治, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   55 ( Suppl. )   212 - 212   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 新規mTOR分子標的薬Temsirolimusの口腔扁平上皮癌骨浸潤に対する影響

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 帆波 辰基, 吉岡 徳枝, 江藤 司, 青木 香澄, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   55 ( Suppl. )   218 - 218   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔癌顎骨破壊誘導因子シグナルにおけるMammalian target of rapamycin(mTOR)の関与

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 合田 健志, 吉岡 徳枝, 帆波 辰基, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   58 ( 4 )   203 - 204   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Focal adhesion kinase(FAK)の破骨細胞性骨吸収における役割

    栗尾 奈愛, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   58 ( 4 )   204 - 204   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Angiogeninの発現制御は口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊を抑制する(Down-regulation of angiogenin suppresses cancer-induced orteolvsis in oral squamous cell carcinoma)

    吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 伊原木 聰一郎, 辻 孝憲, 青木 香澄, 佐々木 朗

    日本癌学会総会記事   68回   436 - 436   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • mTOR阻害薬Temsirolimsは口腔扁平上皮癌による骨浸潤を抑制する(Temsirolims Suppresses Osteolysis Induced by Human Oral Squamous Cell Carcinoma)

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 高岡 宗徳, 吉岡 徳枝, ムハンマド・ハッサン, 帆波 辰基, 猶本 良夫, 佐々木 朗

    日本癌学会総会記事   68回   487 - 487   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 癌骨転移、高カルシウム血症におけるFocal adhesion kinase(FAK)の役割

    栗尾 奈愛, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, Hassan Nur Mohammad Monsur, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27回   240 - 240   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 癌骨破壊におけるMammalian target of rapamycin(mTOR)シグナルの役割

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 吉岡 徳枝, 帆波 辰基, Hassan Nur Mohammad Monsur, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27回   188 - 188   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊に対するAngiogeninの役割

    吉岡 徳枝, 青木 香澄, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 栗尾 奈愛, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27回   240 - 240   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Mammalian target of rapamycin(mTOR)シグナルの口腔癌骨破壊における関与

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 小野 亜希子, 吉岡 徳枝, 山本 大介, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   94 - 95   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 癌の骨浸潤・骨破壊におけるFocal adhesion kinase(FAK)の役割とシグナル制御

    栗尾 奈愛, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 小野 亜希子, 山本 大介, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   95 - 95   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • Parathyroid hormone 1(PTH1)レセプターアンタゴニストを用いた癌骨転移制御

    山本 大介, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 小野 亜希子, 栗尾 奈愛, 奥井 達雄, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   97 - 98   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 当科における口腔扁平上皮癌の治療成績(第1報)

    岸本 晃治, 吉田 祥子, 伊原木 聰一郎, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 塚本 剛一, 西山 明慶, 目瀬 浩, 松村 智弘, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   43 - 50   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    根治的治療を施行した口腔扁平上皮癌一次症267例において、臨床病理学的諸因子ならびに治療法別の治療成績を評価した。Stage分類、T分類、N分類、原発巣分化度、浸潤様式、再発・転移の因子が、有意に生存率に影響を及ぼした。頬粘膜癌が他の癌に比べ有意に予後不良であった。手術群、術前照射群、術前化学療法群、組織内照射群、放射線動注化学療法群、放射線療法群の5年疾患特異的累積生存率は、それぞれ74.1%、77.1%、100%、97.2%、91.7%.100%であった。根治的治療群における5年累積生存率は全症例77.4%、再発・転移群46.7%であった。N分類および分化度が独立した予後規定因子となった。治療後に評価できる因子である再発・転移(あり/なし)の項目を加え、生存率について多変量解析を行い、再発・転移の因子のみが独立した予後規定因子となった。

    researchmap

  • 岡山県下の前癌病変を含む口腔癌検診 岡山県歯科医師会とのコラボレーション

    水川 展吉, 佐々木 朗, 鳩本 清美, 吉岡 徳枝, 金田 祥弘, 塚本 剛一, 松原 正和, 目瀬 浩, 澤木 聖子, 岸本 晃治, 山近 英樹, 志茂 剛, 植野 高章, 椋代 達典, 山本 大介, 武田 斉子, 高木 慎

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   89 - 89   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • Angiogenin-Stimulated rRNA Transcription Is Essential for Initiation and Survival of AKT-Induced Prostate Intraepithelial Neoplasia

    Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Hiroko Kishikawa, Jamie K. Hu, Peter M. Sadow, Ming Li, Guo-fu Hu

    MOLECULAR CANCER RESEARCH   7 ( 3 )   415 - 424   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Anglogenin (ANG), originally identified as an angiogenic ribonuclease, has recently been shown to play a direct role In prostate cancer cell proliferation by mediating rRNA transcription. ANG Is up-regulated In human prostate cancer and is the most significantly up-regulated gene In AKT-driven prostate Intraepithellal neoplasla (PIN) in mice. Enhanced cell proliferation in the PIN lesions requires Increased ribosome biogenesis, a multistep process Involving an orchestrated production of ribosomal proteins and rRNA. AKT Is known to enhance ribosomal protein production through the mammalian target of rapamycin pathway. However, It was unknown how rRNA Is proportionally Increased. Here, we report that ANG Is essential for AKT-driven PIN formation and survival. We showed that up-regulation of ANG In the AKT-overexpressing mouse prostates is an early and lasting event. It occurs before PIN initiation and lasts beyond PIN is fully developed. Knocking down ANG expression by intraprostate Injection of lentivirus-mediated ANG-specific small Interfering RNA prevents AKT-Induced PIN formation without affecting AKT expression and its signaling through the mammalian target of rapamycin pathway. Neomycin, an aminoglycoside that blocks nuclear translocation of ANG, and N65828, a small-molecule enzymatic inhibitor of the ribonucleolytic activity of ANG, both prevent AKT-Induced PIN formation and reverse established PIN. They also decrease nucleolar organizer region, restore cell size, and normalize luminal architectures of the prostate despite continuous activation of AKT. All three of the prostate luminal epithelial cells and inhibit AKT-induced PIN, indicating an essential role of ANG in AKT-mediated cell proliferation and survival.

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-08-0137

    Web of Science

    researchmap

  • 口腔癌の顎骨骨破壊におけるmTORシグナルの関与

    奥井 達雄, 志茂 剛, 栗尾 奈愛, 合田 健志, 小野 亜希子, 山本 大介, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   58 ( 2 )   84 - 84   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Neamine Inhibits Prostate Cancer Growth by Suppressing Angiogenin-Mediated rRNA Transcription

    Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Shuping Li, Miaofen G. Hu, Saori Hirukawa, Peter M. Sadow, Guo-fu Hu

    CLINICAL CANCER RESEARCH   15 ( 6 )   1981 - 1988   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Purpose: Angiogenin (ANG) undergoes nuclear translocation and stimulates rRNA transcription in both prostate cancer cells and endothelial cells. The purpose of this study is to assess the antitumor activity of neamine, a nontoxic degradation product of neomycin that blocks nuclear translocation of ANG.
    Experimental Design: The anti-prostate cancer activity of neamine was first evaluated in a xenograft animal model. It was then examined in the murine prostate-restricted AKT transgenic mice that develop prostate intraepithelial neoplasia (PIN) owing to AKT transgene overexpression.
    Results: Neamine inhibits xenograft growth of PC-3 human prostate cancer cells in athymic mice. It blocks nuclear translocation of ANG and inhibits rRNA transcription, cell proliferation, and angiogenesis. Neamine also prevents AKT-induced PIN formation as well as reverses fully developed PIN in murine prostate-restricted AKT mice, accompanied by a decrease in rRNA synthesis, cell proliferation, and angiogenesis and an increase in prostate epithelial cell apoptosis.
    Conclusion: We confirmed that ANG is a molecular target for cancer drug development and that blocking nuclear translocation of ANG is an effective means to inhibit its activity. Our results also suggested that neamine is a lead compound for further preclinical evaluation.

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-08-2593

    Web of Science

    researchmap

  • 当科におけるインプラント患者の臨床統計的検討

    帆波辰基, 目瀬 浩, 西山明慶, 岸本晃治, 塚本剛一, 志茂 剛, 吉岡徳枝, 銅前昇平, 中妻加奈子, 辻本紗代子, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   28 ( 2 )   151 - 155   2009年

     詳細を見る

  • Focal adhesion kinase(FAK)を分子標的とした癌骨転移制御

    栗尾 奈愛, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 山本 大介, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26回   189 - 189   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 新規FAK分子標的治療薬TAE226の癌骨破壊病変に与える効果

    栗尾 奈愛, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 山本 大介, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   54 ( Suppl. )   57 - 57   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 血管新生因子angiogeninを標的とした悪性黒色腫の制御に関する基礎的研究

    岸本 晃治, 万代 とし子, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   20 ( 3 )   240 - 240   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 口腔癌においてangiogeninは低酸素環境下で高発現し腫瘍血管新生および細胞増殖に関与する(Angiogenin is up-regulated under hypoxia and involved in tumor angiogenensis and cell proliferation in oral cancer)

    岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 佐々木 朗

    日本癌学会総会記事   67回   424 - 424   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 当科で経験した類皮・類表皮嚢胞13例の臨床・病理学的検討

    尾野 裕子, 塚本 剛一, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 3 )   349 - 349   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 入院加療を要した歯性感染症の臨床統計的検討

    目瀬 浩, 中山 周子, 小山 貴弘, 小野 達生, 銅前 昇平, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   26 ( 2 )   97 - 101   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    1982年4月〜2001年3月までの19年間に岡山大学医学部・歯学部附属病院口腔外科(病態系)を受診し入院加療を要した歯性感染症318例(男性185例、女性133例、平均44.9歳)を対象として、その発生原因、背景因子、処置方法などを検討した。入院時の臨床診断は膿瘍231例(72.7%)、蜂窩織炎38例(11.9%)、急性骨髄炎35例(11.0%)、急性歯性上顎洞炎14例(4.4%)で、原因疾患は根尖性歯周炎178例(56.0%)が最多、次いで智歯周囲炎65例(20.4%)、歯根嚢胞11例(3.5%)であった。また318例中81例(25.5%)が糖尿病、肝障害、腎障害など炎症に関連する基礎疾患を有していた。局所的な炎症の増悪要因を分析すると、患者本人が歯性および関連性炎症病変を放置したものが、基礎疾患を有するもので93例(39.2%)、基礎疾患の無いもので28例(34.5%)を占めていた。また基礎疾患を有しておらず、他の局所的な要因も明らかではなかった症例が72例(22.6%)認められた。入院期間は274例(86.2%)が20日以内で、消炎処置のみを行ったものが133例(41.8%)、原因疾患に対する処置まで行ったものが185例(58.2%)であった。

    researchmap

  • 癌骨破壊におけるCTGFを分子標的とした治療戦略

    志茂 剛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 磯和 幸子, 吉濱 泰斗, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   52 ( Suppl. )   36 - 36   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • A therapeutic target for prostate cancer based on angiogenin-stimulated angiogenesis and cancer cell proliferation

    Norie Yoshioka, Li Wang, Koji Kishimoto, Takanori Tsuji, Guo-fu Hu

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   103 ( 39 )   14519 - 14524   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:NATL ACAD SCIENCES  

    Human angiogenin is progressively up-regulated in the prostate epithelial cells during the development of prostate cancer from prostate intraepithelial neoplasia (PIN) to invasive adenocarcinoma. Mouse angiogenin is the most up-regulated gene in AKT-induced PIN in prostate-restricted AKT transgenic mice. These results prompted us to study the role that angiogenin plays in prostate cancer. Here, we report that, in addition to its well established role in mediating angiogenesis, angiogenin also directly stimulates prostate cancer cell proliferation. Angiogenin undergoes nuclear translocation in PC-3 human prostate cancer cells grown both in vitro and in mice. Thus, knocking down angiogenin expression in PC-3 human prostate adenocarcinoma cells inhibits ribosomal RNA transcription, in vitro cell proliferation, colony formation in soft agar, and xenograft growth in athymic mice. Blockade of nuclear translocation of angiogenin by the aminoglycoside antibiotic neomycin inhibited PC-3 cell tumor growth in athymic mice and was accompanied by a decrease in both cancer cell proliferation and angiogenesis. These results suggest that angiogenin has a dual effect, angiogenesis and cancer cell proliferation, in prostate cancer and may serve as a molecular target for drug development. Blocking nuclear translocation of angiogenin could have a combined benefit of antiangiogenesis and chemotherapy in treating prostate cancer.

    DOI: 10.1073/pnas.0606708103

    Web of Science

    researchmap

  • Pathogenic role of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in osteolytic metastasis of breast cancer

    T Shimo, S Kubota, N Yoshioka, S Ibaragi, S Isowa, T Eguchi, A Sasaki, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   21 ( 7 )   1045 - 1059   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Introduction: Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) is a mediator of local angiogenesis induced by breast cancer, but its role in osteolytic metastasis has not been evaluated. PTH-related peptide (PTHrP) is another critical factor in the development of the osteolytic metastasis. Using both in vivo and in vitro approaches, we studied whether/how neutralization of CCN2 prevented bone metastasis and how PTHrP signaling is related.
    Materials and Methods: A mouse model of bone metastasis by human breast cancer cell line MDA231 was treated with a CCN2-neutralizing antibody, and osteolytic bone metastases were assessed on radiographs and immunohistochemistry. Ccn2 gene expression and transcription were examined by Northern blot and luciferase analysis. Immunoblot analysis and kinase inhibitors were used to identify the signaling pathways implicated. Anti-angiogenic/osteoclastogenic effects of ccn2 downregulation were also evaluated.
    Results: Treatment of mice with a CCN2-neutralizing antibody greatly decreased osteolytic bone metastasis, microvasculature, and osteoclasts involved. The antibody also suppressed the growth of subcutaneous tumor in vivo and proliferation and migration of human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) in vitro. Downregulation of ccn2 also repressed osteoclastogenesis. CCN2 expression was specifically observed in cancer cells producing PTHrP and type I PTH/PTHrP receptor (PTH1R) invaded the bone marrow, and PTHrP strongly upregulated ccn2 in MDA231 cells in vitro. Activation of protein kinase C (PKC) and protein kinase A (PKA) was necessary and sufficient for the stimulation of ccn2 by PTHrP. Indeed, inhibition of the extracellular signal-regulated kinase (ERK1/2), PKC, or PKA by specific inhibitors counteracted the stimulation of ccn2 expression. Incubation of MDA231 cells with PTHrP induced the activation of ERK1/2. Consistent with these findings, inhibition of PKC prevented PTHrP-induced ERK1/2 activation, whereas 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate (TPA), a stimulator of PKC, upregulated it.
    Conclusions: CCN2 was critically involved in osteolytic metastasis and was induced by PKA- and PKC-dependent activation of ERK1/2 signaling by PTHrP. Thus, CCN2 may be a new molecular target for anti-osteolytic therapy to shut off the PTHrP-CCN2 signaling pathway.

    DOI: 10.1359/JBMR.060416

    Web of Science

    researchmap

  • 癌細胞は骨転移巣において,PTHrPによりPKA,PKC-ERK MAPKを介してCollagenase-3を産生する

    伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 磯和 幸子, 吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   54 ( 4 )   461 - 461   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 父子2世代に認められた遺伝性歯肉線維腫症の3症例

    岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 辻本 紗代子, 西山 明慶, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   51 ( Suppl. )   210 - 210   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌におけるVEGF,PD-ECGF,VEGF-Cの発現とその臨床病理学的意義

    岸本 晃治, 吉濱 泰斗, 万代 とし子, 大山 和彦, 吉岡 徳枝, 中山 周子, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   51 ( 5 )   218 - 225   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    口腔扁平上皮癌切除術症例62例を対象に,血管内皮細胞増殖因子(VEGF),血小板由来血管内皮細胞増殖因子(PD-ECGF),VEGF-Cの発現と臨床病理学的諸因子の関連について比較検討した.間接酵素抗体法による免疫組織化学的検索および統計学的解析を行った結果,VEGF,PD-ECGF,VEGF-Cは,腫瘍の細胞および核に発現した.腫瘍内微小血管は,抗CD31抗体により褐色に染色された.VEGFはリンパ節転移,分化度,浸潤様式と有意に相関し,PD-ECGFは年齢,浸潤様式と相関し,VEGF-Cはリンパ節転移と強く相関した.統計学的解析を行った結果,リンパ節転移は浸潤様式,VEGF-Cが規定因子で,予後はVEGF,リンパ節転移が規定因子であった.血管新生因子と腫瘍内微小血管密度(MVD)は,VEGF,PD-ECGF,VEGF-Cの発現陽性例は陰性例より増加傾向を示し,PD-ECGFの発現のみが有意に相関した.以上より,血管新生はPD-ECGF,リンパ節転移はVEGF-C,予後はVEGFが最も関連していることが判明した

    DOI: 10.5794/jjoms.51.218

    researchmap

  • 顎顔面領域に発生した褐色腫の1例

    吉岡 徳枝, 磯和 幸子, 大山 和彦, 中山 周子, 志茂 剛, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔科学会雑誌   54 ( 1 )   120 - 120   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 固有鼻腔内逆生歯牙の1例.

    銅前昇平, 西山明慶, 吉岡徳枝, 小野達生, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   2005年

     詳細を見る

  • 骨微小環境で癌細胞が産生するMMP13はPTHrPによって制御される

    伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 磯和 幸子, 桂野 美貴, 田村 彰規, 吉岡 徳枝, 小野 亜希子, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 13 )   827 - 827   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • PTHrPは骨微小環境で癌細胞が産生するCTGF発現を制御する

    磯和 幸子, 志茂 剛, 伊原木 聰一郎, 田村 彰規, 吉岡 徳枝, 桂野 美貴, 小野 亜希子, 吉濱 泰斗, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   50 ( 13 )   892 - 892   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • Parathyroid hormone-related peptide regulates angiogenic inducer CCN2 expression through protein kinase C activation of ERK1/2 and inhibition of p38 MAPK pathway in MDA231 cells

    T Shimo, N Yoshioka, M Isokane, S Matsumura, A Tamura, S Tsujimoto, H Mese, A Sasaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   19 ( 9 )   1579 - 1579   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • 同一部位に親子で発生した腺様嚢胞癌の2例

    吉岡 徳枝, 目瀬 浩, 塚本 剛一, 中山 周子, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   16 ( 3 )   140 - 141   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 乳癌細胞が産生するcollagenase-3は骨微小環境でPTHrP(1-34)によって制御される

    伊原木 聰一郎, 志茂 剛, 田村 彰規, 吉岡 徳枝, 磯和 幸子, 桂野 美貴, 津尾 亜希子, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22回   146 - 146   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • PTHrP(1-34)は乳癌細胞株においてPKC,ERK MAPKを介してCTGF/CCN2の発現を制御する

    磯和 幸子, 志茂 剛, 田村 彰規, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 桂野 美貴, 津尾 亜希子, 佐々木 朗

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22回   145 - 145   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • ERK1/2 MAPKを分子標的としたヒト骨肉腫細胞の分化誘導治療に関する研究

    松村 晋輔, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 菊池 剛史, 目瀬 浩, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   49 ( 13 )   829 - 829   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • Combination chemotherapy of paclitaxel and cisplatin induces apoptosis with Bcl-2 phosphorylation in a cisplatin-resistant human epidermoid carcinoma cell line

    S Sawada, H Mese, A Sasaki, N Yoshioka, T Matsumura

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   51 ( 6 )   505 - 511   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG  

    Purpose. Paclitaxel (Taxol, TXL) is an antimicrotubule agent that stabilizes microtubules, arrests the cell cycle at the G(2)/M phase and induces apoptosis. In vitro drug sensitivity assays have shown that the combination of TXL and CDDP is more effective in CDDP-resistant ovarian carcinoma cell lines, with different cytotoxicities depending on the sequence of drug exposure. CDDP also shows poor results in human epidermoid carcinoma particularly of the head and neck region. Methods. We investigated the effects and the molecular mechanisms of combination chemotherapy with TXL and CDDP in the CDDP-resistant cell line A431/CDDP2, and in its parental human epidermoid cell line A431/P. Drug sensitivity was determined using the MTS assay and cell cycle perturbation was analyzed using flow cytometry. DNA fragmentation was then analyzed and the protein levels of caspase-3 and Bcl-2, and phosphorylated of Bcl-2 were determined by Western blotting. Results. In the drug sensitivity assay, exposure to CDDP prior to TXL was more effective than exposure TXL prior to CDDP in A431/P cells. In A431/CDDP2 cells, exposure to TXL prior to CDDP was more effective than exposure to CDDP prior to TXL. Exposure to TXL arrested the cells in the G(2)/M phase in both cell lines. In A431/CDDP2 cells, exposure to TXL prior to CDDP arrested the cells in the G(2)/M phase, an effect caused by either CDDP or TXL. Analysis of DNA fragmentation showed similar results to the drug sensitivity assay. Expression of caspase-3 protein active form was detected following exposure to TXL only and to the TXL/CDDP combination in both A431/P and A431/CDDP2 cells, but phosphorylation of Bcl-2 protein was detected only following exposure to TXL and only in A431/CDDP2 cells. Conclusions. These results indicate that exposure to TXL prior to CDDP plays a key role in circumventing CDDP resistance by phosphorylating Bcl-2 protein in the human epidermoid carcinoma cell line A431/CDDP2.

    DOI: 10.1007/s00280-003-0614-z

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of angiogenesis inhibitor TNP-470 on osteoclastic bone resorption

    N Yoshioka, T Shimo, A Nishiyama, A Sasaki

    BONE   32 ( 5 )   S162 - S162   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Connective tissue growth factor regulates the first branchial arch mesenchymal cells condensation and the initiation of skeletal development

    T Shimo, E Koyama, N Yoshioka, A Nishiyama, M Pacifici, A Sasaki

    BONE   32 ( 5 )   S193 - S193   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • III. 骨転移に対する薬物治療のターゲット ー2. Angiogenetic factorー.

    佐々木 朗, 吉岡徳枝, 志茂 剛

    THE BONE   17,2,155-159   2003年

     詳細を見る

  • 単純性骨嚢胞の臨床的およびX線学的統計分析.

    松村晋輔, 塚本剛一, 吉岡徳枝, 岸本晃治, 佐々木 朗, 松村智弘

    日本口腔科学会雑誌   2003年

  • 単純性骨嚢胞の臨床統計的研究

    松村 晋輔, 塚本 剛一, 佐々木 朗, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 松村 智弘

    日本口腔科学会雑誌   51 ( 6 )   549 - 549   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Prognostic significance of heat shock protein 27 (HSP27) in patients with oral squamous cell carcinoma

    H Mese, A Sasaki, S Nakayama, N Yoshioka, Y Yoshihama, K Kishimoto, T Matsumura

    ONCOLOGY REPORTS   9 ( 2 )   341 - 344   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PROFESSOR D A SPANDIDOS  

    Heat shock proteins (HSPs) have been defined as proteins induced by heat shock and other environmental and pathophysiologic stress. Heat shock protein 27 (HSP27) is one of the small heat shock proteins. HSP27 is implicated in protein-protein interactions such as folding, translocation, and prevention of inappropriate protein aggregation. Many of their functions suggest that they play important roles in cancers. Archival tissues from 40 patients with oral squamous cell carcinoma who received primary surgical resection were examined for HSP27 by immunohistochemistry and correlated with clinical stage, lymph node metastasis, histological grade and survival period. HSP27 expression was positive staining (+) in 20 (50%), weak or negative staining (-) in 20 (50%) of total 40 cases. There was no correlation between HSP27 expression and clinical stage, lymph node metastasis and histological grade. However, when compared with clinicopathological features, the expression of HSP27 correlated inversely with survival period. This study suggests that the expression of HSP27 is frequently promoted in patients with oral squamous cell carcinoma and should be considered an independent prognostic factor of oral squamous cell carcinoma patients.

    Web of Science

    researchmap

  • 結合組織成長因子(CTGF)は破骨細胞形成に関与する

    吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 中西 徹, 志茂 剛, 横山 尚史, 松村 智弘, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌   19 ( 2 )   47 - 47   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Florid Cemento-Osseous Dysplasia with Concomitant Simple Bone Cyst

    Sasaki, A, Alcalde, R.E, Tsukamoto, G, Nagatsuka, H, Mese, H, Yoshioka, N, Matsumura, T

    The Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,   2000年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状について

    佐々木 朗, 横山尚史, 目瀬 浩, 中山周子, 西山明慶, 吉岡徳枝, 石川 徹, Lim J. Dowin, 松村智弘

    骨転移   2000年

     詳細を見る

  • 嚢胞摘出術を施行した上顎洞粘液嚢胞の3例.

    吉岡徳枝, 新谷悟, 上山吉哉, 清田章之, 三原真理子, 小野桂一郎, 山田庸介, 岸本晃治, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • ヒト口腔扁平上皮癌骨転移モデルの性状.

    佐々木 朗, 横山尚史, 吉岡徳枝, 目瀬 浩, 中山周子, 西山明慶, 石川 徹, Lim J. Dowin, 松村智弘

    骨転移 病態・診断・治療   2000年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 包括的治療により整容性と咬合の改善を図った多骨性線維性骨異形成症の1例

    中村裕子, 吉岡德枝, 國定勇希, 小野喜章, 中村友哉, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第65回日本口腔外科学会総会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頸部郭清術後に後頭リンパ節への後発転移を認めた舌癌の一例

    小野喜章, 吉岡德枝, 増井正典, 小畑協一, 國定勇希, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 河合穂高, 長塚 仁, 佐々木 朗

    第65回日本口腔外科学会総会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顎変形症 Initiative. - みんなのリクエストに立ち向かう 招待

    吉岡德枝

    第65回日本口腔外科学会総会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • カスタムメイド人工骨ウルトラフレックスMC®を用いた顎再建の利点・欠点 招待

    吉岡德枝, 佐々木 朗

    第65回日本口腔外科学会総会・学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 顎骨壊死を伴ったEBV陽性皮膚粘膜潰瘍(EBV-MCU)の2例

    竜門省二, 岸本晃治, 奥井達雄, 吉岡德枝, 小畑協一, 國定勇希, 増井正典, 小野喜章, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第30回日本口腔内科学会・第33回日本口腔診断学会 合同学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 薬剤関連性顎骨壊死の併発が考えられたEBV陽性皮膚粘膜潰瘍(EBV-MCU)の2例

    竜門省二, 岸本晃治, 奥井達雄, 吉岡德枝, 小畑協一, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第41回岡山歯学会総会・学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    researchmap

  • 顎矯正手術を契機としてバセドウ病と診断された1例

    國定勇希, 吉岡德枝, 小畑協一, 柴田 茜, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第30回日本顎変形症学会総会・学術大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カスタムメイド・チタンメッシュトレーと自家腸骨海綿骨骨髄細片による下顎再建—下顎管を再建し得た1例—

    岸本晃治, 吉岡德枝, 柴田 茜, 矢尾真弓, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第43回日本頭頸部癌学会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • メトトレキサート休薬により消退したEBV-positive mucocutaneous ulcerに関する検討

    小畑協一, 吉岡德枝, 柴田 茜, 矢尾真弓, 岸本晃治, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第43回日本頭頸部癌学会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢者口腔癌治療に関する臨床的検討

    吉岡德枝, 小畑協一, 柴田 茜, 岸本晃治, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第43回日本頭頸部癌学会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顎矯正手術における偶発骨折の要因と対応について

    吉岡德枝, 西山明慶, 奥井達雄, 竜門省二, 國定勇希, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第30回日本顎変形症学会総会・学術大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 最近10年間の顎矯正手術における合併症,偶発症に関する臨床的検討

    竜門省二, 吉岡德枝, 國定勇希, 岸本晃治, 西山明慶, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第30回日本顎変形症学会総会・学術大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢口腔扁平上皮癌患者の治療に関する臨床的検討

    吉岡德枝, 小畑協一, 岸本晃治, 柴田 茜, 清水理恵子, 坂本裕美, 角谷宏一, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2020年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 萌出障害が生じていた永久歯が歯牙腫摘出後に自然萌出した2症例

    山口真輝, 國定勇希, 吉岡德枝, 伊原木聰一郎, 村瀬友里香, 佐々木 朗

    第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2020年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 嚥下困難をきたした口底部脂肪腫の1例

    小川辰雄, 吉岡德枝, 竜門省二, 坂本裕美, 國定勇希, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2020年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームを介したシスプラチン耐性機構の解明

    小野喜章, 奥井辰雄, 国定勇希, 小畑協一, 吉岡德枝, 中村友哉, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2020年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 当科における著名人のマスコミへの病名公表による受診率の影響について

    柴田 茜, 岸本晃治, 小畑協一, 國定勇希, 吉岡德枝, 奥井達雄, 西山明慶, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第40回岡山歯学会  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自家腸骨海綿骨細片による顎骨再建後の移植骨における経時的変化

    吉岡德枝, 岸本晃治, 柴田 茜, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第23回(公社)日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会  2019年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日 - 2019年12月1日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 癌骨微小環境における神経ペプチドCGRPの役割に関する検討

    坂本裕美, 吉岡德枝, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術学会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌の進行度評価における第8版TNM分類の実用性 第2報 ―正誤表に準拠―

    吉田祥子, 岸本晃治, 村瀬友里香, 奥井達雄, 吉岡徳枝, 伊原木聰一郎, 長塚 仁, 佐々木 朗

    第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術学会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 口腔顎顔面領域における臨床応用解剖実習の取り組みとその検討

    吉岡德枝, 奥井達雄, 坂本由衣, 角谷宏一, 廣瀬泰良, 伊原木聰一郎, 大塚愛二, 佐々木 朗

    第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術学会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科におけるマスコミへの病名公表による受診率の影響について

    柴田 茜, 岸本晃治, 吉岡德枝, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第29回日本口腔内科学会・第32回日本口腔診断学会 合同学術大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月21日 - 2019年9月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Karapandzic flapを応用して口角部を再建した頬粘膜癌の1例

    岸本晃治, 吉岡德枝, 國定勇希, 矢尾真弓, 柴田 茜, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第43回日本頭頸部癌学会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月13日 - 2019年6月14日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 下顎歯肉原発類基底扁平上皮癌の1例

    吉岡德枝, 岸本晃治, 矢尾真弓, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第43回日本頭頸部癌学会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月13日 - 2019年6月14日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外科的矯正治療におけるオトガイ形成術の臨床的検討

    吉岡德枝, 西山明慶, 國定勇希, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第29回日本顎変形症学会総会・学術大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して外科的矯正治療を行った1例

    河野加奈, 中村政裕, 川邊紀章, 吉岡德枝, 西山明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    第29回日本顎変形症学会総会・学術大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • SARPE後に上下顎同時移動術を施行し,骨癒合不全を認めた症例

    吉岡德枝, 西山明慶, 星島光博, 伊原木聰一郎, 上岡 寛, 佐々木 朗

    第29回日本顎変形症学会総会・学術大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 顎矯正手術における術者経験レベルによる手術時間と出血量の比較検討

    西山明慶, 吉岡德枝, 岸本晃治, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第29回日本顎変形症学会総会・学術大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • レチノイド受容体シグナルは肥大軟骨細胞特異遺伝子制御に関わる

    志茂 剛, 奥井達雄, 増井正典, 國定勇希, 伊原木聰一郎, 吉岡德枝, 栗尾奈愛, 吉田祥子, 佐々木 朗, 小山英樹, 岩本容泰

    第73回日本口腔科学会学術集会  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カスタムメイドチタンメッシュトレーとPCBMによる顎骨再建後のインプラント治療の検討

    吉岡德枝, 岸本晃治, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第22回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月1日 - 2018年12月2日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先天性エプーリスの3症例

    柴田 茜, 伊原木聰一郎, 吉岡德枝, 矢尾真弓, 岸本晃治, 佐々木 朗

    第66回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2018年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下顎骨前方移動により睡眠時呼吸障害の改善を認めた骨格性下顎後退症の1例

    吉岡德枝, 西山明慶, 矢尾真弓, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月4日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における過去10年間の口腔扁平上皮癌一次症例の臨床的検討

    矢尾真弓, 岸本晃治, 柴田 茜, 坂本裕美, 角谷宏一, 小畑協一, 吉岡徳枝, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月4日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 下顎枝垂直骨切り術を適応し咬合改善を行った陳旧性両側性下顎角骨折の1例

    國定勇希, 吉岡德枝, 矢尾真弓, 長谷川利聡, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月4日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surgical treatment for masticatory muscle tendon-aponeurosis hyperplasia

    Yoshioka N, Yao M, Okui T, Ibaragi S, Sasaki A

    13th ICOMS  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Clinical consideration for the surgical procedures in the mandibular setback. –SSRO and IVRO-

    Yoshioka N, Nishiyama A, Ibaragi S, Sasaki A

    43rd Annual conference of Association of Oral and Maxillofacial Surgeons of India  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 過去10年間における顎下腺唾石症の臨床的検討

    坂本裕美, 吉岡德枝, 矢尾真弓, 岸本晃治, 西山明慶, 伊原木聰一郎, 佐々木 朗

    第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会 合同学術大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月14日 - 2018年9月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頬粘膜に発生した憩室様病変の1例

    角谷宏一, 伊原木聰一郎, 吉岡徳枝, 奥井達雄, 佐々木 朗

    第47回日本口腔科学会 中国四国支部学術集会  2018年6月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における骨格性2級症例の臨床的検討

    西山明慶, 吉岡德枝, 伊原木聰一郎, 奥井達雄, 岸本晃治, 佐々木 朗

    第28回日本顎変形症学会総会・学術大会  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月15日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ハイアングルを伴うskeletal IIIに対する下顎枝垂直骨切り術の術後安定性

    吉岡德枝, 西山明慶, 伊原木聰一郎, 岸本晃治, 佐々木 朗

    第28回日本顎変形症学会総会・学術大会  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における歯原性腫瘍症例の臨床的検討

    王 碩, 岸本晃治, 國定勇希, 西山明慶, 吉岡德枝, 伊原木聰一郎, 奥井達雄, 佐々木 朗

    第72回日本口腔科学会学術集会  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月10日 - 2018年5月13日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌の進行度評価における新TNM分類の有用性

    吉田祥子, 岸本晃治, 村瀬友里香, 伊原木聰一郎, 吉岡徳枝, 志茂 剛, 長塚 仁, 佐々木 朗

    第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2018年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月25日 - 2018年1月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頬脂肪体を用いて再建を行った舌癌の1症例

    伊原木聰一郎, 岸本晃治, 吉岡德枝, 奥井達雄, 國定勇希, 志茂 剛, 佐々木 朗

    第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2018年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月25日 - 2018年1月26日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 進行癌に対するセツキシマブの臨床経験

    矢尾真弓, 吉岡德枝, 小畑協一, 柴田 茜, 伊原木聰一郎, 岸本晃治, 志茂 剛, 佐々木 朗

    第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2018年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月25日 - 2018年1月26日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Case Of Spontaneous Regression of Plasmablastic Lymphoma in the upper gingiva

    23nd ICOMS  2017年 

     詳細を見る

  • Postoperative stability and some tips of Horseshoe Le Fort I osteotomy

    23nd ICOMS  2017年 

     詳細を見る

  • A case of maxillary protrusion and gummy smile treated by multi-segmental horseshoe Le Fort I osteotomy

    23nd ICOMS  2017年 

     詳細を見る

  • 若年者口腔悪性腫瘍における臨床統計学的検討

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 自然消退をきたした上顎歯肉原発形質芽細胞性リンパ腫の1例

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 開咬を伴う下顎後退症に対して上下顎同時骨延長後にIVROを施行した1例の長期的観察

    第27回日本顎変形症学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 自然消退をきたしたEBV関連上顎歯肉原発形質芽細胞性リンパ腫の1例

    第41回日本頭頸部癌学会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科を受診したインプラント治療患者の問題に対する臨床的検討

    第46回(公社)日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科における薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)患者の臨床的検討

    第62回日本口腔外科学会総会学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 女性口腔外科医のキャリアに対する自覚と意思に関するアンケート調査

    第62回日本口腔外科学会総会学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 過去10年間の顎変形手術症例における臨床統計的検討

    第62回日本口腔外科学会総会学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • Clinical utility of jaw reconstruction with particulate cancellous bone marrow and custom-made titanium mesh tray

    第62回日本口腔外科学会総会学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 象牙質形成性幻影細胞腫の2例

    第62回日本口腔外科学会総会学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • エナメル上皮腫に対する治療法の臨床的検討

    第62回日本口腔外科学会総会学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科における過去5年間の重症歯性感染症患者の臨床統計的検討

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔扁平苔癬症例の臨床的検討

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 口腔内に初発症状を呈し診断に苦慮した骨髄不全症候群に伴う腸管ベーチェットの1例

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携におけるMRONJ患者の調査

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動に対する術式の選択基準に関する臨床的検討

    第27回日本顎変形症学会総会・学術大会  2017年 

     詳細を見る

  • 舌表在癌の臨床病理学的特徴から診断と治療を再考する

    第64回日本口腔科学会中国・四国地方部会  2016年 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術前後に乳癌治療を行った1例

    第61回 日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔領域に発生した原発性紡錘細胞癌の2例

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医療支援歯科治療部を介して医科歯科連携を行った口腔外科疾患の調査

    第37回 岡山歯学会総会学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • Orthognathic surgery in Okayama University Hospital -Indication of Le Fort I with horseshoe osteotomy-

    13th Chinese Society of Oral and Maxillofacial Surgery  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)において医科歯科連携を行った症例の調査

    第 26 回日本口腔内科学会・第 29 回日本口腔診断学会 合同学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • CCN2の歯胚形成における発現と歯胚上皮の増殖・分化に与える影響

    CCNファミリーミーティング  2016年 

     詳細を見る

  • ガミースマイルを伴った上顎前突に対して馬蹄形骨切り併用4分割Le Fort I型上顎骨切りを行った1例

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術とIVRO による外科的矯正治療を行った偏位を伴う骨格性下顎前突症例

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 顎関節に発症したピロリン酸カルシウム結晶沈着症の1例

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 下顎骨関節突起骨折に対して3次元構造プレートを用いた口内法観血的整復固定術の経験

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 軸索ガイダンス因子Semaphorin4Dの口腔癌骨浸潤に果たす役割-第二報-

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会  2016年 

     詳細を見る

  • 肺好酸球性肉芽腫症を併発した舌癌の1例

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • BRONJ 治療後の骨改造機転により誘発され局所の急速増大を示した多発性骨髄腫の1例

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術における工夫と術後安定性について

    第26回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • The role of Sonic Hedgehog Signaling and Calcitonin Gene Related Peptide in the Socket Healing Process after Tooth Extraction

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔癌細胞におけるニコチンと上皮成長因子受容体の関連性について

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の骨破壊におけるSemaphorin4Dの役割

    第70回 日本口腔科学会総会・学術大会  2016年 

     詳細を見る

  • 顔面軟部組織に発生したランゲルハンス細胞組織球症の1例

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 他院で行われたインプラント治療後の問題に対する臨床的検討

    第19回日本顎顔面インプラント学会学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • Semaphorin4Dは口腔癌の顎骨浸潤を促進する

    第63回日本口腔科学会 中国・四国地方部会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔顎顔面手術における3D模型の当科使用経験

    第60回日本口腔外科学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における多分割Le Fort I 型骨切り術症例の臨床検討

    第25回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における馬蹄形Le Fort I型骨切り術の骨切線設計の工夫

    第25回 日本顎変形症学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術の出血と輸血に関する検討 –T&S移行後10年間の再評価-

    第70回 日本口腔科学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 舌癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法中に顔面動脈に顎動脈からの側副路か発達した一症例

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌に対するMidkineを標的とした腫瘍抑制メカニズムの検討

    第60回日本口腔外科学会総会・学術集会  2015年 

     詳細を見る

  • 神経軸索ガイダンス因子Semaphorin4Dの口腔癌骨浸潤に果たす役割

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 当科における過去6年間の顎顔面骨折についての臨床的検討

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • Modification of horseshoe Le Fort I osteotomy

    22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2015年 

     詳細を見る

  • Clinical Study of Multiple Segmental Le Fort I Osteotomy

    22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2015年 

     詳細を見る

  • Kissing Molarsの1例

    第25回 日本口腔内科学会  2015年 

     詳細を見る

  • がん化学療法において静脈血栓塞栓症を発症した口腔癌の臨床的検討

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • 口腔癌頸部リンパ節転移に対する造影CTとFDG-PET/CTの評価に関する検討

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2015年 

     詳細を見る

  • NSAIDsが原因と考えられた十二指腸潰瘍穿孔の1例

    第34回日本歯科薬物療法学会学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Expression and role of sonic hedgehog in oral squamous cell carcinoma induced jaw bone destruction

    American Society for Bone and Mineral Research  2014年 

     詳細を見る

  • Detection of sonic hedgehog in a patient with orthognathic surgery

    American Society for Bone and Mineral Research  2014年 

     詳細を見る

  • Clinical evaluation of Le Fort I with horseshoe osteotomy in bimaxillary surgery

    American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  2014年 

     詳細を見る

  • Ten cases of oral cancers treated with concurrent chemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion via superficial temporal and occipital arteries

    American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  2014年 

     詳細を見る

  • 顎骨骨切り後のSonic hedgehog血中濃度の意義の検討

    第7回 日本口腔検査学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Basal cell adenoma arising in the minor salivary gland of the hard palate

    11th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会合同学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 馬蹄形Le Fort I 型骨切り術を用いた上下顎移動術症例の臨床検討

    第59回 日本口腔外科学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 下顎骨骨折を伴うビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死に対しテリパラチドが奏功した1例

    第59回 日本口腔外科学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第59回 日本口腔外科学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • Le Fort I combined with horseshoe palatal osteotomy

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry  2014年 

     詳細を見る

  • Avdanced oral squamous cell carcinomas treated with concurrent chemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion

    The International Conference of Scientific, Education and Clinical Dentistry  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院口腔がん専門外来と岡山市歯科医師会の連携による口腔がん検診研修会の概要とアンケート結果について

    第35回岡山歯学会  2014年 

     詳細を見る

  • 新規血管新生阻害薬terreinの口腔癌に対する抗腫瘍効果

    第62回日本口腔科学会 中国・四国地方部会  2014年 

     詳細を見る

  • 外科的矯正治療術後患者におけるソニックヘッジホッグの検出

    第32回 日本骨代謝学会学術集会  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における高齢者の顎顔面骨骨折の臨床的検討

    第16回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院における頭頸部がんに対するセツキシマブ併用放射線療法の初期経験

    第59回 日本口腔外科学会総会・学術大会  2014年 

     詳細を見る

  • 当科における顎口腔領域への転移性悪性腫瘍に関する臨床的検討

    第31回 口腔腫瘍学会 総会•学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 歯胚初代上皮細胞におけるCCN2の発現とその役割

    第55回(社)歯科基礎医学会学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 自転車の傘差し運転に関するアンケート調査の検討

    第34回岡山歯学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第34回岡山歯学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • Antitumor activity of neamine, an inhibitor of nuclear translocation of angiogenin, against oral cancer

    21st International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2013年 

     詳細を見る

  • 高度救命センターにおける頭頸部,顔面外傷の現状

    第58回 日本口腔外科学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 頸部郭清術の術後2週目に皮下血腫を形成した抗血小板療法患者の1例

    第58回 日本口腔外科学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 耳下腺リンパ節に後発転移をきたした上顎歯肉癌の1例

    第58回 日本口腔外科学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 顎関節脱臼を伴った片側性下顎関節突起肥大症の1例

    第58回 日本口腔外科学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における全身麻酔下での上顎正中過剰埋伏歯抜歯の臨床統計学的検討

    第58回 日本口腔外科学会総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 自転車の傘差し運転に関するアンケート調査の検討

    第15回日本口腔顎顔面外傷学会 総会・学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 咽頭弁により経鼻挿管困難であった唇顎口蓋裂患者に対し経口挿管で上下顎同時移動術を行った1例

    第23回日本顎変形症学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 前歯部空隙歯列を伴う骨格性下顎前突症に対して下顎正中部骨削除と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療例

    第23回日本顎変形症学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝垂直矢状分割術を併用した顔面非対称症例の術後安定性に関する検討

    第23回日本顎変形症学会総会・学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第37回日本頭頸部癌学会  2013年 

     詳細を見る

  • 舌リンパ節への後発転移が疑われた舌扁平上皮癌の1例

    第37回日本頭頸部癌学会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術症例の臨床統計的観察

    第42回日本口腔科学会 中国四国支部学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第42回日本口腔科学会 中国四国支部学術集会  2013年 

     詳細を見る

  • Neamineの口腔癌に対する抗腫瘍効果の検討

    第31回 口腔腫瘍学会 総会•学術大会  2013年 

     詳細を見る

  • Neamine inhibits progression of oral cancer by suppressing angiogenin-stimulated angiogenesis and cancer cell proliferation.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • 上顎歯肉に転移した頭部血管肉腫の1例

    第57回日本口腔外科学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • リンパ管新生の分子機構の解明とリンパ浮腫の新規治療法の開発

    第57回日本口腔外科学会総会・学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • 当科における口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療経験

    第11回中国四国口腔癌研究会・学術講演会  2012年 

     詳細を見る

  • 歯性感染症が原因と疑われた脳膿瘍の1例

    第25回日本口腔診断学会 第22回日本口腔内科学会 合同学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • 骨髄移植後の口腔GVHD 患者に発生した多発性口腔扁平上皮癌の一例

    第25回日本口腔診断学会 第22回日本口腔内科学会 合同学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • Expressin of cytokeration in development, invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • Neamine inhibits progression of oral cancer by suppressing angiogenin-stimulated angiogenesis and cancer cell proliferation.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • 顎変形症患者の手術前後の咀嚼機能評価に関する検討 –主観的評価と客観的評価の相関性について-

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 下顎枝垂直骨切り(IVRO)の術後における咬合の推移に関する研究

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • Beck-Wiedemann症候群による巨舌に起因する著明な開咬に対して顎矯正手術を施行した1例

    第22回日本顎変形症学会総会  2012年 

     詳細を見る

  • 岡山大学病院腫瘍センターにおけるビスフォスフォネート使用患者に対する当科の取り組み

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • ニコチンが口腔癌の増殖および転移に及ぼす影響の検討

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • Angiogeninの核移行阻害剤neamineの口腔癌に対する抗腫瘍効果の検討

    第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

  • Novel HSP90 Inhibitor NVP-AUY922 enhances anti-tumor effect of temsirolimus against oral squamous cell carcinoma.

    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society  2012年 

     詳細を見る

  • 頸部リンパ節転移診断に対するFDG-PET/CT の有用性の検討

    第30回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • 血管新生因子angiogeninを標的とした口腔癌治療―Neomycinおよびneamineの抗腫瘍効果の検討―

    第30回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • Expressin of cytokeration in development, invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma.

    21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery  2012年 

     詳細を見る

  • Does angiogenin have an important role in the cancer-induced osteolysis of oral squamous cell carcinoma?

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • anti-tumor effect of novel mtor inhibitor against oral cancer associated with bone resorption.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • Immunohistochemical Study on the Expression of PRL-3 in Oral Squamous Cell Carcinoma.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • Up-regulation of Angiogenin is Involved in oral Tumorgenesis and cancer Progression.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • 兄弟に発生した顎骨中心性巨細胞肉芽腫

    第58回NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会  2010年 

     詳細を見る

  • 新規heat shock protein 90阻害薬NVP-AUY922の口腔扁平上皮癌に対する抗腫瘍効果の検討

    第9回中国四国口腔癌研究会学術講演  2010年 

     詳細を見る

  • 上唇に発生した細管状腺腫の一例

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 当科におけるビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死の治療に関する臨床的検討

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊に対するAngiogeninの役割

    第55回日本口腔外科学会総会・学術集会  2010年 

     詳細を見る

  • 当科における分割Le Fort I型骨切り術症例の検討

    第20回日本顎変形症学会総会  2010年 

     詳細を見る

  • 口腔癌切除後の創面に対してポリグリコール酸シートとフィブリン糊を併用した被覆法の使用経験

    第39回日本口腔外科学会中・四国地方会  2010年 

     詳細を見る

  • 右側上顎に発生したエナメル上皮癌の一例

    第28回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2010年 

     詳細を見る

  • A clinical study of management for patients with bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw.

    9th Asia Congress on Oral&Maxillofacial Surgery  2010年 

     詳細を見る

  • Angiogeninの発現抑制は口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊を抑制する.

    第68回 日本癌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • 血管新生因子Angiogeninを分子標的とした癌治療の検討.

    第8回中国四国口腔癌研究会 学術講演会  2009年 

     詳細を見る

  • 癌骨転移,高カルシウム血症におけるFocal adhesion kinase (FAK)の役割.

    第27回日本骨代謝学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌における癌誘発の骨破壊に対するAngiogeninの役割.

    第27回日本骨代謝学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊におけるMammalian target of rapamycin (mTOR)シグナルの役割.

    第27回日本骨代謝学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • われわれの施設における顎変形症治療の実態 -顎変形症学会2006年度全国調査と比較して-

    第19回日本顎変形症学会総会  2009年 

     詳細を見る

  • 当科で経験した腺性歯原性嚢胞(glandular odontogenic cyst)の2例.

    第38回日本口腔外科学会中・四国地方会  2009年 

     詳細を見る

  • Down-regulation angiogenin suppresses cancer-induced osteolysis in oral squamous cell carcinoma.

    19th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2009年 

     詳細を見る

  • Role of mammalian target of rapamycin signalling in bone destruction by gingival squamous cell carcinoma.

    19th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  2009年 

     詳細を見る

  • 副甲状腺ホルモン関連タンパク質シグナルを分子標的とした顎骨破壊病変制御.

    第63回日本口腔科学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • Focal adhesion kinase (FAK)の破骨細胞性骨吸収における役割.

    第63回日本口腔科学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • 口腔癌顎骨破壊誘導因子シグナルにおけるMammalian target of rapamycin (mTOR)の関与.

    第63回日本口腔科学会学術集会  2009年 

     詳細を見る

  • Anti-osteoclastogenic Effects of Novel Focal Adhesion Kinase Inhibitor TAE226 in Osteolytic Metastasis of Breast Cancer.

    第2回高度医療都市を創出する未来技術国際シンポジウム 創薬パイライン:抗がん剤・抗感染症薬の合成と評価系  2009年 

     詳細を見る

  • Mammalian Target of Rapamycin Inhibitor Temsirolimus Inhibits Human Oral Squamous Cell Carcinoma Induced Osteolysis.

    第2回高度医療都市を創出する未来技術国際シンポジウム 創薬パイライン:抗がん剤・抗感染症薬の合成と評価系  2009年 

     詳細を見る

  • 腫瘍切除後の顔貌変形防止に対するミニプレートの応用における問題点の検討.

    第27回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • Inhibition of Focal Adhesion Kinase Suppresses Breast Cancer Induced Bone Metastasis.

    The American Society for Bone and Mineral Research 31st Annual Meeting,  2009年 

     詳細を見る

  • 新規mTOR 分子標的薬Temsirolimusの口腔扁平上皮癌骨浸潤に対する影響.

    第54回 日本口腔外科学会総会・学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の骨浸潤・骨破壊に対するangiogeninを標的とした治療の基礎的検討.

    第54回 日本口腔外科学術総会・学術大会  2009年 

     詳細を見る

  • mTOR阻害薬Temsirolimsは口腔扁平上皮癌による骨浸潤を抑制する.

    第68回 日本癌学会学術総会  2009年 

     詳細を見る

  • 開咬に対するLe Fort I型上顎骨切術,IVRO併用における術後安定性の検討

    第18回 日本顎変形症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • A therapeutic target for prostate cancer based on angiogenin-stimulated angiogenesis and cancer cell proliferation.

    第29回岡山歯学会総会・学術大会.奨励論文賞受賞講演  2008年 

     詳細を見る

  • Expression and role of angiogenin under hypoxia in oral cancer

    8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2008年 

     詳細を見る

  • Angiogenin is up-regulated under hypoxia and involved in tumor angiogenesis and cell proliferation in oral cancer

    67th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association  2008年 

     詳細を見る

  • 新規FAK分子標的治療薬TAE226の癌骨破壊病変に与える効果

    第53回 社団法人 日本口腔外科学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • 当科において外科的矯正治療を行った中高年患者の臨床的検討

    第18回 日本顎変形症学会総会  2008年 

     詳細を見る

  • Role of Angiogenin in Akt-induced prostate intraepithelial neoplasia

    American Association for Cancer Research  2007年 

     詳細を見る

  • 当科で経験した類皮、類表皮嚢胞14例の臨床・病理学的検討

    第55回 NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会.  2007年 

     詳細を見る

  • 癌におけるAngiogeninの役割と治療標的分子としての可能性について

    中四国口腔癌研究会  2007年 

     詳細を見る

  • 癌骨破壊におけるCTGFを分子標的とした治療戦略

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • Role and Mechanism of Connective Tissue Growth Factor (CCN2/CTGF) Induction in Osteolytic Metastasis of Breast Cancer

    4th International Workshop on The CCN Family of Genes  2006年 

     詳細を見る

  • 多数歯欠損を伴った骨格性下顎前突症に対し矯正歯科,補綴科,口腔外科が協同で顎矯正治療を行った1例

    第16回日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • Klippel-Feil症候群に合併した顎変形症患者に対し上顎骨延長を行った1例

    第16回日本顎変形症学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • Angiogenin-mediated rRNA transcription plays a role in androgen-independent growth of prostate cancer cells

    97th American Association for Cancer Research  2006年 

     詳細を見る

  • CONNECTIVE TISSUE GROWTH FACTOR (CTGF/CCN2) AS A PTHRP-DEPENDENT PROMOTER OF OSTEOLYTIC METASTASIS OF BREAST CANCER.

    53rd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society  2006年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related protein regulates VEGF expression in bone microenvironment

    51th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society  2005年 

     詳細を見る

  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科(病態系)における顎矯正手術症例の臨床統計的観察

    第26回 岡山歯学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 父子2世代に認められた遺伝性歯肉線維腫症の3症例

    第50回日本口腔外科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • 癌細胞は骨転移巣において,PTHrPによりPKA,PKC-ERK MAPKを介してCollagenase-3を産生する

    第59回日本口腔科学会総会  2005年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related peptide (1-34)regulates MMP13 geneexpression in cancer cells invaded into bone microenvironment

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • 下顎前突症患者における中顔面の評価と審美的改善を考慮した術式に関する検討

    第58回 日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 顎骨内および周辺性セメント質骨形成線維種における BMP-2, -4 と Osteopontin, Osteocalcin の免疫組織化学的検討

    第58回 日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 同一部位に親子で発生した腺様嚢胞癌の2例

    第22回 日本口腔腫瘍学会  2004年 

     詳細を見る

  • PTHrP (1-34)は乳癌細胞株においてPKC, ERK MAPKを介してCTGFの発現を制御する

    第7回 癌と骨病変研究会  2004年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related peptide (1-34) regulates angiogenic inducer CTGF gene expression in cancer cells invaded into bone microenvironment

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • 当科における顎変形症患者の病診連携について

    第16 回 岡山県歯科医師会秋期学術大会  2004年 

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone-related protein (1-34) regulates Collagenase-3 gene expression in bone microenvironment

    第22回 日本骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • PTHrP (1-34)は乳癌細胞株においてPKC,ERK MAPKを介してCTGF/CCN2の発現を制御する

    第22回 日本骨代謝学会  2004年 

     詳細を見る

  • 固有鼻腔内逆性歯牙の1例

    第3回 日本口腔科学会中国四国地方会  2004年 

     詳細を見る

  • 当科における顎矯正手術に対する輸血準備に関する検討

    第14回 日本顎変形症学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 下顎前方移動術におけるSSROとIVSROの術後安定性に関する検討

    第14回 日本顎変形症学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • 顎顔面領域に発生した褐色腫の1例

    第58回 日本口腔科学会総会  2004年 

     詳細を見る

  • A case of closure of the large alveoler cleft by a distraction osteogenesis with a new device.

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery  2004年 

     詳細を見る

  • Connective Tissue Growth Factor Regulates the First Branchial Arch Mesenchymal Cells Condensation and the Initiation of Skeletal Development.

    International Bone an Mineral society and Japan Bone and Mineral Society  2003年 

     詳細を見る

  • Parathyroid Hormone-related Peptide regulates Angiogenic Inducer CCN2 Expression through Protein kinase C Activation of ERK1/2 and Inhibition of p38 MAPK Pathway in MDA231 cells.

    第4回 International Conference on Cancer-Induced Bone Disease.  2003年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について-2.頬部軟組織における検討-.

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 下顎後方移動術における側貌軟組織変化について-1.鼻口唇形態における検討-.

    第13回日本顎変形症学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • Effects of angiogenesis inhibitor TNP-470 on osteoclastic bone resorption

    International Bone and Mineral Society-Japanese Society for Bone and Mineral Research  2003年 

     詳細を見る

  • 単純性骨嚢胞の臨床統計的研究

    第56回 日本口腔科学会 総会(大阪) 2002年5月  2002年 

     詳細を見る

  • 血管新生阻害剤TNP-470の破骨細胞性骨吸収抑制機構に対する解析

    第61回 日本癌学会 総会  2002年 

     詳細を見る

  • Florid Cement Osseouse Dysplasiaの経過観察中に発生した単純性骨嚢胞の一例

    第30回 日本口腔科学会 中国・四国地方部会(高知)2001年5月  2001年 

     詳細を見る

  • Angiogenesis inhibitor TNP-470 suppresses humoral hypercalcemia of malignancy

    The 3rd International Conference on Cancer-Induced Bone Diseases  2001年 

     詳細を見る

  • 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症への血管新生阻害剤TNP-470の応用に関する研究

    第60回 日本癌学会 総会  2001年 

     詳細を見る

  • 結合組織成長因子(CTGF)は破骨細胞形成に関与する

    第19回 日本骨代謝学会  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 第23回日本顎顔面インプラント学会 学術大会優秀発表大会長賞

    2019年12月   日本顎顔面インプラント学会  

     詳細を見る

  • Plenary Poster Award

    2009年  

     詳細を見る

  • 岡山歯学会奨励論文賞

    2007年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 癌の骨破壊病変に対する銅のキレートを応用した治療戦略の構築とその制御機構の解析

    研究課題/領域番号:20H03889  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐々木 朗, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎

      詳細を見る

    配分額:13260000円 ( 直接経費:10200000円 、 間接経費:3060000円 )

    researchmap

  • 口腔癌の骨浸潤・骨転移において神経ペプチドCGRPが果たす役割と骨破壊制御機構

    研究課題/領域番号:18K09811  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    吉岡 徳枝, 佐々木 朗, 奥井 達雄

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は腫瘍血管新生の亢進を介して癌細胞の増殖を促進することは知られているが,癌の骨破壊機構においてCGRPが果たす役割は明らかではない.本研究では,癌の骨浸潤,骨転移層におけるCGRPの影響について,①口腔癌の顎骨浸潤症例におけるCGRPの局在を調べる,②口腔扁平上皮癌細胞を骨髄瑞腔内に注入して作製した骨破壊モデルを用いてCGRPの発現を調べるとともにCGRPの中和抗体を用いた治療効果について検討する,③癌骨微小環境を構成する細胞群に対するCGRPの影響について血管新生因子や骨内に存在する増殖因子への関連性を中心に検討することとした.口腔扁平上皮癌細胞株(HSC2, HSC3, SAS)が乳癌細胞株MDA231と同様に,CGRPならびにCGRPのレセプターの1つであるRAMP-1が発現していることを確認した.また,HSC2に樹立されているDRG細胞株50b11の培養上清を添加し培養すると,HSC2の細胞増殖能は促進することを確認した.このことから知覚神経細胞が口腔癌細胞の増殖になんらかの影響を与えている可能性が示唆された.骨微小環境におけるCGRPの役割については,マウス骨芽細胞様細胞株MC3T3E1にCGRPを添加し培養すると骨芽細胞の分化が促進されることを確認した.今後は破骨細胞への影響についてもin vitroで検討し,その制御機構へのCGRPの関与について調べる予定としている.

    researchmap

  • 癌骨破壊病変の癌関連線維芽細胞とマスト細胞との相互作用による骨吸収機構の解析

    研究課題/領域番号:17H04405  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐々木 朗, 岸本 晃治, 志茂 剛, 奥井 達雄, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎

      詳細を見る

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    本研究の目的は,癌骨破壊病変の癌関連線維芽細胞とマスト細胞との相互作用による骨吸収機構の解析を行い,癌骨破壊病変の新治療の開発の基礎的基盤を目指すものである。平成29年度は本研究における重要な課題であるマスト細胞の作製,B-CAF 細胞(骨由来癌関連線維芽細胞)の作製について主に検討を行った。B-CAF細胞の発現遺伝子についてはマイクロアレイにてNGFの発現増強を確認している。平成30年度は骨破壊病変の局所微小環境における癌関連線維芽細胞とマスト細胞との相互作用について検証を行った。マスト細胞と破骨細胞誘導に関して,細胞株であるP815(肥満細胞腫),3T6(線維芽細胞株),SAS(口腔扁平上皮癌細胞株)を用いた。癌関連線維芽細胞の作製には3T6細胞とSAS細胞の共培養を行った。CMはSAS単体のもの,3T6単体のもの,P815単体のもの,B-CAF(SASと3T6 共培養)をそれぞれ用意した。4~8週令のBALB/c-nu/nuマウス脛骨・大腿骨から骨髄を採取しα‐MEM(10ng/ml,M-CSF添加)で一日培養後、浮遊細胞を回収し,30ng/mlのM-CSFと50ng/mlのRANKLをコントロール以外のすべてのメディウムに添加した破骨細胞形成系に対してCMが30%ずつの濃度になるように,それぞれのCMを添加し破骨細胞形成をTRAP染色により確認した。P815(CM)群,SAS(CM)群では破骨細胞の誘導促進を認めた。3T6(CM)群,CAF(CM)群では差は認めなかった。以上の結果は,癌骨破壊病変の局所環境において骨吸収系を誘導するのは主に癌細胞ならびにマスト細胞から産生される因子の可能性が考えられたが,ケミカルメディエーターや脱顆粒により放出されるヒスタミン等の物質の中どの物質が破骨細胞誘導を促進しているかなど,他の骨代謝系の変化についての検証を現在行っている。

    researchmap

  • Angiogeninの分泌阻害剤terrein配糖体の新規口腔癌治療薬への応用

    研究課題/領域番号:26463041  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    生物学的活性をもつ真菌代謝産物であるterreinの口腔癌に対する影響について研究を行った。Terreinは口腔癌細胞HSC-2とSASからのangiogeninとVEGFの分泌を抑制した。また、terreinは両癌細胞の増殖を直接的に抑制した。さらに、ヌードマウスへ移植されたHSC-2腫瘍の増殖を腫瘍細胞と血管新生の抑制を介して阻害した。以上の結果から、terreinは口腔癌に対する新たな治療薬の候補と考えられる。

    researchmap

  • 癌骨破壊病変の癌関連線維芽細胞の血管新生・骨吸収調節機構の解析と治療標的の探索

    研究課題/領域番号:26293429  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐々木 朗, 岸本 晃治, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 森澤 綾香, 増井 正典

      詳細を見る

    配分額:14820000円 ( 直接経費:11400000円 、 間接経費:3420000円 )

    癌の骨破壊における骨微小環境の癌関連線維芽細胞は血管新生や破骨細胞の制御に重要と考えられる。骨の癌関連線維芽細胞の網羅的遺伝子解析の結果,RANKLや血管新生因子(VEGF, MMPs, IL-X, TNF, PGEなど)の発現更新を認めた。各種血管新生阻害薬のスクリーニングから,候補となった銅イオンを制御するAmmonium tetrathiomolybdate(TM)は口腔癌骨破壊モデルの破骨細胞形成を抑制し,さらにCetuximabの抗腫瘍効果を増強し骨破壊を抑制した。In vitroでは骨系細胞のRANKLの抑制と血管新生阻害を介して破骨細胞形成を抑制していることが明らかとなった。

    researchmap

  • 口腔癌顎骨破壊病変におけるSHHを標的とした新規治療法の開発と個別化医療への応用

    研究課題/領域番号:26293428  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    志茂 剛, 吉岡 徳枝, 栗尾 奈愛, 栗尾 奈愛, 長塚 仁

      詳細を見る

    配分額:15860000円 ( 直接経費:12200000円 、 間接経費:3660000円 )

    口腔扁平上皮癌が顎骨へ浸潤すると生命予後が低下する。本研究で胎生期の形態形成に重要な役割を担うソニックヘッジホッグ(SHH)が,正常下顎歯肉には発現しないが,顎骨浸潤部位における癌細胞に高発現し,その受容体およびシグナル分子は骨破壊部における破骨細胞前駆細胞,成熟破骨細胞に認めることが明らかとなった。SHHは破骨細胞前駆細胞に直接的に作用し,破骨細胞分化,骨吸収を促進させ,そのシグナルにGPCRが関与することがわかってきた。

    researchmap

  • 骨折治癒過程における血管新生因子angiogeninの発現と生物学的役割の解析

    研究課題/領域番号:24592987  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    吉岡 徳枝, 佐々木 朗

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    angiogenin (ANG) は,血管内皮細胞や癌細胞の増殖を促進するほか,骨や骨髄内の細胞群にも作用し骨代謝機構を制御する可能性がある.骨折モデルにおいて,ANG KOマウスの骨折治癒過程はWTと比較し有意な差を認めなかった. in vitroではANGは破骨細胞性骨吸収を促進し,ANGの発現抑制により破骨細胞形成は抑制された.ANG KOマウスでは破骨細胞形成がWTと比較して抑制された.一方,破骨細胞形成支持細胞において,破骨細胞形成に関与するシグナル発現や遊走能に対するANGの影響は明らかでなかった. 以上より,ANGが骨代謝機構において破骨細胞性骨吸収に関与することが示唆された.

    researchmap

  • 中高年外科的矯正治療術後患者における新たな顎骨治癒評価系の確立

    研究課題/領域番号:24659892  2012年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    志茂 剛, 西山 明慶, 吉岡 徳枝

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    これまで顎変形症術後の顎骨治癒経過におけるプロセスは曖昧な点が多く,施設間で異なる顎間固定期間を設定しているのが現状である。これまで我々は,ソニックヘッジホッグ(SHH)は骨の形成ならびに吸収に関与することを明らかにしてきた。一方骨折の治癒過程には,細胞遊走,骨のリモデリングが重要となる。そこで本研究では,骨折治癒過程におけるSHHの発現およびその役割を明らかする。さらに,外科的矯正術後におけるヘッジホッグ骨代謝マーカーとしての有用性を明らかとし,新たな顎骨治癒評価系の確立を目的とする。(本研究は岡山大学倫理委員会承認を得て実施した)

    researchmap

  • 癌の骨破壊病変に対する新規angiogenin阻害剤による分子標的治療の開発

    研究課題/領域番号:23390463  2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐々木 朗, 志茂 剛, 岸本 晃治, 伊原木 聡一郎, 吉岡 徳枝

      詳細を見る

    配分額:12870000円 ( 直接経費:9900000円 、 間接経費:2970000円 )

    癌の骨浸潤・骨破壊には,破骨細胞性骨吸収が重要である。血管新生因子angionenin(ANG)を分子標的とした癌骨破壊病変の治療の開発を行ってきたが,本研究では,ANG-1ノックアウトマウス(ANG-KO)を作製し検討すると同時に,ANG阻害剤の有用性を検討した。ANG-KOでは成長初期の骨梁形成が抑制され,ANG-KOの細胞を用いた破骨細胞形成は抑制されたがin vivoでは差異は少なかった。ANG阻害薬neomycinはマウス癌骨破壊モデルに対して有用性が確認できた。ANGの産生抑制する新規阻害剤Terreinは,血管新生阻害のみならず抗腫瘍効果も認められ,その有用性が示唆された。

    researchmap

  • Angiogeninを標的とした新規癌治療薬neamineの口腔癌治療への応用

    研究課題/領域番号:23592961  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岸本 晃治, 伊原木 聰一郎, 吉岡 徳枝

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    血管新生蛋白angiogeninは、血管内皮細胞と癌細胞内で核に移行し、リボソームRNAの転写を促進する。その結果、angiogeninは腫瘍血管新生作用と同時に癌細胞自身への直接的な増殖作用を誘導することによって癌進展に影響を及ぼす。本研究により、angiogeninの核移行阻害剤であるneamineが腫瘍血管新生を抑制することによって口腔癌の進展を抑制することが示唆された。また、neamineはあるタイプの口腔癌細胞の増殖を直接的に抑制するとことが考えられた。したがって、neamineは口腔癌に対する治療薬の候補と考えられる。

    researchmap

  • 口腔癌の骨浸潤・骨破壊に対するangiogeninを標的とした治療法の基礎的検討

    研究課題/領域番号:22791979  2010年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    吉岡 徳枝, 青木 香澄

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    血管新生蛋白であるangiogeninは,癌の進展過程において腫瘍血管のみならず癌細胞の増殖に重要な役割を果たしている. angiogeninの発現をノックダウンした口腔癌細胞株を用いて作製した骨破壊動物モデルでは, angiogeninをノックダウンした群は対照群と比較して骨破壊の抑制,骨浸潤部の破骨細胞数の減少,腫瘍血管新生の抑制を認めた.また, angiogeninは破骨細胞形成のみならず吸収活性をも促進し, angiogeninの発現を一時的に抑制すると破骨細胞形成は抑制された.作製したangiogeninノックアウトマウスの骨髄細胞や脾細胞から破骨細胞を形成させると,野生型と比べて破骨細胞形成が抑制された.以上の結果から, angiogeninが癌誘発の骨破壊の治療に対して新たな分子標的になりうる可能性が示唆された.

    researchmap

  • 血管新生因子angiogeninを分子標的とした癌の骨破壊制御に関する基礎的検討

    研究課題/領域番号:20390516  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    佐々木 朗, 岸本 晃治, 志茂 剛, 吉岡 徳枝, 岸本 晃治, 志茂 剛, 吉岡 徳枝

      詳細を見る

    配分額:8710000円 ( 直接経費:6700000円 、 間接経費:2010000円 )

    破骨細胞性骨吸収は癌の骨浸潤や骨転移に重要な役割を果たす。我々は骨吸収機序と血管新生との関連を示してきた。本研究では血管新生因子angiogenin(ANG)を分子標的とした癌の骨破壊に対する治療の有用性,制御機構の解析を行った。その結果,癌細胞のANG発現を抑制によるマウス癌骨破壊モデルにおける有用性ならびにANGが破骨細胞性骨吸収を促進することがわかり,ANGを分子標的とした治療法が期待できる。

    researchmap

  • 癌誘発骨破壊病変の制御に立脚した血管骨代謝研究分野の創生に向けての基礎的研究

    研究課題/領域番号:19659529  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    佐々木 朗, 吉岡 徳枝

      詳細を見る

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    血管新生因子と破骨細胞性骨吸収との関連の検討に,血管新生の標としてmTORMammalian target of rapamycinならびにFAK(Focal adhesion kinase)を対象に検討した。これらの因子は癌分子標的治療として着目され創薬の開発が進んでおり臨床的意義から選択した。mTOR阻害剤は新規阻害剤temsirolimsを,FAK阻害剤は,新規分子標的薬TAE226を用いた。
    1. mTOR
    (1)HSC2とマウス頭蓋冠を用いたI型コラーゲンゲル3次元共存培養により遊離Ca濃度をtemsirohmsは濃度依存的に抑制した。
    (2)破骨細胞前駆細胞株RAW264.7を用いた破骨細胞形成系で,temsirolimsは破骨細胞形成を抑制した。
    (3)TGF-βとRANKLの共存下でRAW264.7におけるmTORシグナルを活性化によって促進される破骨細胞形成.吸収能をtemsirohmsは抑制した。
    (4)HSC2のマウス大腿骨髄腔注入骨破壊実験モデルでは,temsirolimsは,癌による骨破壊,破骨細胞形成を有意に抑制した。
    (5)PTHrP(1-34)誘発性高カルシウム血症マウスにtemsirolimsを投与すると有意に高カルシウム血症を改善した。
    2. FAK
    (1)骨吸収モデルとして乳癌骨転移モデルを使用した。TAE22は,有意に癌骨破壊,腫瘍増殖を抑制し,TAE226投与群のマウス生存も延長した。TAE226投与群では癌骨転移巣における破骨細胞数の抑制を認めた。
    (2)マウス骨髄細胞,RAW264.7を用いた破骨細胞形成,成熟破骨細胞骨吸収活性ならびに破骨細胞のアクチンリング形成をTAE226は抑制した。
    以上より,これらの血管新生阻害因子は破骨細胞形成や吸収活性ならびに癌の骨破壊や高カルシウム血症を抑制できることが明らかとなった。血管新生と破骨細胞性吸収との関連が強く示唆された。

    researchmap

  • 低酸素微小環境下におけるAngiogeninの発現およびその機能に関する研究

    研究課題/領域番号:19791517  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    吉岡 徳枝, 岸本 晃治

      詳細を見る

    配分額:3740000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:540000円 )

    本研究では,angiogeninの発現レベルの高い口腔扁平上皮癌細胞株HSC2細胞において,siRNA発現プラスミドベクターを遺伝子導入してangiogeninの発現をノックダウンした.Angiogeninの発現が抑制されると,低酸素微小環境下でも血管新生因子の1つであるVEGFの発現は低下しており,angiogeninとVEGFはリンクしていることが示唆された.

    researchmap

  • 癌誘発の骨破壊病変に対する血管新生阻害剤を用いた治療法の開発

    研究課題/領域番号:17791459  2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    吉岡 徳枝

      詳細を見る

    配分額:1400000円 ( 直接経費:1400000円 )

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 口腔外科治療学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科治療学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔腫瘍学・口腔領域の神経疾患 (2021年度) 第1学期  - 月1,月2

  • 口腔顎顔面外科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2021年度) 第3学期  - 金1

  • 口腔外科治療学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科治療学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔外科疾患病棟管理学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 口腔顎顔面外科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 有病者の歯科治療・血液疾患 (2020年度) 第3学期  - 金1

▼全件表示