所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

農学部総合農業科学科 山陽圏フィールド科学センター

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

作物学・雑草学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

作物学,栽培学,熱帯農学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ダイズはなぜ倒れるか?-茎の物理的性質と耐倒伏性の向上-

    研究課題概要:

  • 研究課題名:水稲における理想的草型の再設計

  • 研究課題名:ダイズ収量成立過程における花器の分化と発育

 

写真

氏名

齊藤 邦行 (サイトウ クニユキ)

SAITO Kuniyuki

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)作物学,栽培学,熱帯農学

(英)Crop Science

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京農工大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:農学

    卒業年月:1980年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京農工大学

    研究科名:農学研究科

    専攻名:農学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1982年03月

    修了区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(農学)

    学位の分野名:作物学・雑草学 (Agronomy/weed studies)

    学位授与機関名:東京農工大学 (Tokyo University of Agriculture and Technology)

    取得方法:論文

    取得年月:1992年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本熱帯農業学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:幹事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1983-1993

  • 日本作物学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:編集幹事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2000-2001

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 作物学・雑草学 (Agronomy/weed studies)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ダイズはなぜ倒れるか?-茎の物理的性質と耐倒伏性の向上-

    キーワード:ダイズ,倒伏,品種間差異,物理的性質,茎,耐倒伏性

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:水稲における理想的草型の再設計

    キーワード:水稲,草型,多収性,品種,理想型

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学 、作物学・雑草学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:ダイズ収量成立過程における花器の分化と発育 (Significance of flower differentiation and development in process of determining soybean yield)

    キーワード:ダイズ,収量,花芽分化 (Soybean,yield,differentiation of floral organ)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学 、生態・環境

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:水稲の乾物生産と暗呼吸との関係 (Dark respiration of rice plants in relation to dry-matter production.)

    キーワード:イネ,乾物生産,暗呼吸 (Rice,respiration)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学 、植物生理・分子

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:水稲の有機栽培に関する研究 (Study on the organic culture of rice)

    キーワード:イネ,有機裁培 (Rice,Organic culture)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:作物生産技術学演習

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:植物生産技術学

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:栽培学2

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:フィールド基礎実習2

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:作物生産技術学演習

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:モンスーンアジアにおけるダイズの収量ポテンシャル向上戦略

    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:モンスーンアジアにおけるダイズの収量ポテンシャル向上戦略

    研究期間:2010年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:わが国を始めアジア諸国のダイズ生産の振興を図るためには,モンスーン気候に適応した新たな収量向上戦略が必要である.本研究では,以下の3つのアプローチからその戦略を呈示する.
    1.既存の多収技術を定量的に評価する.国内外の既往の多収事例のデータを収集・整理し,「ダイズ多収事例データベース」(以下「DB」と略記)を構築する.このDBを活用して,主要品種の「生育・収量予測モデル」を地域ごとに作成する.
    2.新たに改良すべき形質を抽出する.ダイズ収量を規定する主要な生理的形質である,光合成産物の合成・分配・蓄積,窒素・水の吸収・利用およびシンクの形成の諸能力に注目し,これら形質の遺伝的・栽培的制御が収量ポテンシャル向上に及ぼす影響を,1.で開発した生育・収量予測モデルを用いて評価・検証することにより,今後改良すべき多収形質を明らかにする.
    3.上記アプローチを統合し,モンスーンアジア地域における収量ポテンシャル向上戦略を呈示する.

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:その他

    職名:農学部 附属山陽圏フィールド科学センター長

    任期:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2013年度

    役職:その他

    職名:農学部 附属山陽圏フィールド科学センター長

    任期:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2012年度

    役職:その他

    職名:農学部 附属山陽圏フィールド科学センター長

    任期:2011年04月 ~ 2013年03月

  • 年度:2011年度

    役職:その他

    職名:農学部 附属山陽圏フィールド科学センター長

    任期:2011年04月 ~ 2013年03月