職名 【 表示 / 非表示

講師

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

腫瘍 呼吸器

 

写真

氏名

市原 英基 (イチハラ エイキ)

ICHIHARA Eiki

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)腫瘍 呼吸器

(英)Oncology Respiratory Medicine

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2018年01月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 2017年12月

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A phase II trial of EGFR-TKI readministration with afatinib in advanced non-small-cell lung cancer harboring a sensitive non-T790M EGFR mutation: Okayama Lung Cancer Study Group trial 1403.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer Chemother Pharmacol.82巻 6号 (頁 1031 ~ 1038)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Oda N, Hotta K, Ninomiya K, Minami D, Ichihara E, Murakami T, Yokoyama T , Ichikawa H, Chikamori K, Takigawa N, Ochi N, Harita S, Maeda Y, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Combined effect of cabozantinib and gefitinib in crizotinib-resistant lung tumors harboring ROS1 fusions.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer Sci.109巻 10号 (頁 3149 ~ 3158)

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):Kato Y, Ninomiya K, Ohashi K, Tomida S , Makimoto G, Watanabe H, Kudo K, Matsumoto S, Umemura S, Goto K , Ichihara E, Ninomiya T, Kubo T, Sato A, Hotta K, Tabata M, Toyooka S, Maeda Y, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Randomized Phase II Study Comparing Mannitol with Furosemide for the Prevention of Renal Toxicity Induced by Cisplatin-based Chemotherapy with Short-term Low-volume Hydration in Advanced Non-small Cell Lung Cancer: The OLCSG1406 Study Protocol.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama72巻 3号 (頁 319 ~ 323)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Makimoto G, Ichihara E, Hotta K, Ninomiya K, Oze I, Minami D, Ninomiya T, Kubo T, Ohashi K, Tabata M, Maeda Y, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Clinical significance of repeat rebiopsy in detecting the EGFR T790M secondary mutation in patients with non-small cell lung cancer.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oncotarget.9巻 50号 (頁 29525 ~ 29531)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Ichihara E, Hotta K, Kubo T, Higashionna T , Ninomiya K, Ohashi K, Tabata M, Maeda Y, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Phase II Study of Trastuzumab Emtansine in HER2-Positive Non-Small Cell Lung Cancer.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Thorac Oncol.13巻 2号 (頁 273 ~ 279)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):Hotta K, Aoe K, Kozuki T, Ohashi K, Ninomiya K, Ichihara E, Kubo T, Ninomiya T, Chikamori K, Harada D, Nogami N, Hirata T, Hinotsu S, Toyooka S , Kiura K.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:ALK融合遺伝子・ROS1融合遺伝子におけるコンパニオン診断薬

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Current Therapy36巻 9号 (頁 14 ~ 17)

    出版機関名:

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):渡邉洋美、市原英基

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:新臨床腫瘍学 改訂第6版

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:南江堂

    発行日:2018年07月

    著者名:市原英基

    著書形態:単著

    担当部分:分子標的治療薬概論

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AACR 2019

    開催場所:Atlanta

    開催期間:2019年03月 ~ 2019年04月

    題目又はセッション名:Significant combination benefit of anti-VEGFR antibody and oncogene-targeted agents in EGFR or ALK mutant NSCLC cells

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会

    開催場所:高松市

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:EGFR exon18,delE709 T710insD変異陽性肺腺癌に対してafatinibが奏功した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第121回日本消化器内視鏡学会中国支部例会

    開催場所:出雲市

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:転移性大腸癌との鑑別に苦慮した大腸の肉芽性ポリープの1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年11月 ~ 2018年12月

    題目又はセッション名:EMT化を示すalectinib初期耐性の患者由来新規ALK肺癌細胞株の樹立とその耐性克服

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年11月 ~ 2018年12月

    題目又はセッション名:非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の再投与における効果と安全性に対する後方視的検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本呼吸器学会

    役職・役割名:間質性肺炎合併肺癌に関するステートメント 編集委員

    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 日本がん治療認定医機構

    役職・役割名:教育委員会 協力員

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

  • 癌治療学会

    役職・役割名:G-CSFガイドライン協力委員

    活動期間:2016年12月 ~ 継続中

    活動内容:G-CSFガイドライン作成