職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

岩石・鉱物・鉱床学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

構造岩石学,実験岩石学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:核ーマントル物質の挙動

    研究課題概要:

  • 研究課題名:地球マントル物質の電気伝導度

  • 研究課題名:下部地殻内の水の挙動

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Electrical conductivity of mantle minerals: Role of water in conductivity anomalies

    掲載誌名:Annual Reviews of Earth and Planetary Sciences

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Electrical conductivity anisotropy in partially molten peridotite under shear deformation

    掲載誌名:Earth and Planetary Science Letters405巻 (頁 98 ~ 109)

    発行年月:2014年11月

    著者氏名(共著者含):Baohua Zhang, Takashi Yoshino, Daisuke Yamazaki, Geeth Manthilake, Tomoo Katsura

 

写真

氏名

芳野 極 (ヨシノ タカシ)

YOSHINO Takashi

所属専攻講座

惑星物質研究所

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)構造岩石学,実験岩石学

(英)Structural Petrology,Experimental Petrology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:静岡大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:地球科学

    卒業年月:1993年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:地質学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1998年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:地質学 (Geology)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:1998年03月

  • 学位名:理学修士

    学位の分野名:地質学 (Geology)

    学位授与機関名:静岡大学 (Shizuoka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1995年03月

  • 学位名:理学士

    学位の分野名:地質学 (Geology)

    学位授与機関名:静岡大学 (Shizuoka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:惑星物質研究所

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2019年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:惑星物質研究所

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2008年02月 ~ 2019年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山大学地球物質科学研究センター (Okayama University)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2006年04月 ~ 2008年01月

  • 所属(勤務)先:岡山大学地球物質科学研究センター 

    経歴名:日本学術振興会特別研究員

    経歴期間:2003年04月 ~ 2006年03月

  • 所属(勤務)先:岡山大学固体地球研究センター (Okayama University)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2001年04月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先:東京大学地震研究所 COE研究員 (1999-2001 COE Research Fellow, Earthquake Research Institute, Univ. Tokyo)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:1999年04月 ~ 2001年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 鉱物科学会 /  日本国 ( 2018年08月 ~ 継続中 )

  • American Geophysical Union (American Geophysical Union)  /  アメリカ合衆国 ( 1998年01月 ~ 継続中 )

  • 日本地質学会 /  日本国 ( 1993年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:1997年04月 ~ 1999年03月

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1997-1999

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 岩石・鉱物・鉱床学 (Science of rocks/minerals/ore deposits)

  • 地質学 (Geology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 地球内部物理学、地震学

  • 地球物理学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:核ーマントル物質の挙動

    キーワード:核 マントル 相互作用

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年06月 ~ 2020年03月

    専門分野(科研費分類):固体地球惑星物理学

    専門分野(researchmap分類):地球内部物理学、地震学

  • 研究課題名:地球マントル物質の電気伝導度

    キーワード:電気伝導度 水

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2005年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):固体地球惑星物理学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:下部地殻内の水の挙動 (Water connectivity in the lower crust)

    キーワード:水,二面角,下部地殻 (H<sub>2</sub>O,Dihedral Angle,Lower Crust)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):固体地球惑星物理学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:ケイ酸塩鉱物中の鉄合金メルトの分離過程の実験的研究地球のコア形成への応用 (Experimental study of the segregation process of Fe-alloy melts in silicate matrix with application to the formation of Earth''s core)

    キーワード:コア形成,硫化鉄,連結度 (core formation,sulfide,connectivity)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):固体地球惑星物理学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:実験地球惑星物理学演習III

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:実験地球惑星物理学演習II

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:超高圧基礎実験科学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:実験地球惑星物理学ゼミナール

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:実験地球惑星物理学特別研究

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    博士論文指導学生: 5人 、(うち留学生数): 5人

  • 年度:2017年度

    博士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 4人

  • 年度:2016年度

    博士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 4人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effect of pressure and water on electrical conductivity of carbonate melt with implications for conductivity anomaly in continental mantle lithosphere

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physics of Earth and Planetary Interiors281巻 (頁 8 ~ 16)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.pepi.2018.05.003

  • 論文題目名:The effects of ferromagnetism and interstitial hydrogen on the equation of states of hcp and dhcp FeHx

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:American Mineralogists103巻 (頁 1271 ~ 1281)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.2138/am-2018-6295

  • 論文題目名:Electrical resistivity of Fe-C alloy at high pressure: effects of carbon as a light element on the thermal conductivity of the Earth's core

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Geophysical Research 123巻 (頁 3564 ~ 3577)

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1029/2017JB105260

  • 論文題目名:Supercritical fluid in the mantle transition zone deduced from H-D inter-diffusion of wadsleyite

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Earth and Planetary Science Letters484巻 (頁 309 ~ 317)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.epsl.2017.12.032

  • 論文題目名:Negative activation volume of oxygen self-diffusion in forsterite

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physics of Earth and Planetary Interiors275巻 (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.pepi.2017.12.005

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Heterogeneity of electrical conductivity in the oceanic upper mantle

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Earth's Heterogeneous Mantle (頁 173 ~ 204)

    出版機関名:Springer

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含):T. Katsura, T. Yoshino

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:図説 地球科学の事典

    記述言語:日本語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:朝倉書店

    発行日:2018年05月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:Magmas Under Pressure: Advances in High-Pressure Experiments on Structure and Properties of Melts

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Elsevier

    発行日:2018年05月

    著者名:

    著書形態:監修書

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Journal of Geophysical Research, Solid Earth

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Earth, Planets and Space

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Geophysical Research

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Earth and Planetary Science Letters

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Physics and Chemistry of Minerals

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本地球惑星科学連合2019年大会

    開催場所:千葉県 幕張メッセ

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:Intrinsic attenuation factor Q of partially molten Fe–S–O system

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本地球惑星科学連合2019年大会

    開催場所:千葉県 幕張メッセ

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:Effect of iron content on thermal conductivity of olivine with implications for cooling history of rocky planets

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本地球惑星科学連合2019年大会

    開催場所:千葉県 幕張メッセ

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:Redox kinetics of olivine revealed by diffusion profile of oxygen fugacity and its implication to the redox evolution of the uppermost mantle

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本地球惑星科学連合2019年大会

    開催場所:千葉県 幕張メッセ

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:Measurement of T-dependent electrical resistivity of solid and liquid Fe and Pt at fixed P

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回高圧討論会

    開催場所:岡山理科大学

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:D111型装置を用いた高温高圧変形実験

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:微量な水のマントル物性への影響-アセノスフェア軟化の解明-

    研究期間:2017年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:マントル物質の微量な水が物性に与える影響を調査し、アセノスフェアが軟化する理由を解明する

 

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外国人研究者受入数:3人

    外国人留学生数:1人