所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

文学部 歴史・考古学分野 考古学研究室

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

考古学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

考古学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:弥生時代・古墳時代親族構造

    研究課題概要:古代国家形成期における親族構造の変化を研修する。

 

写真

氏名

清家 章 (セイケ アキラ)

SEIKE Akira

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)考古学

(英)Archaeology

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:文学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1993年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)

    学位の分野名:史学一般 (General history)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:論文

    取得年月:2008年03月

  • 学位名:修士(文学)

    学位の分野名:史学一般 (General history)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年03月

  • 学位名:文学士

    学位の分野名:史学一般 (General history)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:高知大学

    経歴名:教授

    経歴期間:2007年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先:高知大学

    経歴名:助教授

    経歴期間:2003年04月 ~ 2006年03月

  • 所属(勤務)先:大阪大学

    経歴名:助手

    経歴期間:1998年04月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先:豊中市教育委員会

    経歴名:職員(事務系)

    経歴期間:1994年04月 ~ 1998年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 考古学研究会 /  日本国 ( 1986年06月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代表委員

    活動期間:2000年04月 ~ 継続中

    活動内容:編集委員

  • 日本考古学協会 /  日本国 ( 2000年05月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2012年05月 ~ 2016年04月

  • 高知考古学研究会 /  日本国 ( 2005年07月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:なし

    活動期間:2005年07月 ~ 継続中

    活動内容:委員長として運営を指揮

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 考古学 (Archeology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 考古学(含先史学)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:弥生時代・古墳時代親族構造

    キーワード:埋葬施設 副葬品 古人骨

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1998年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):考古学 、文化財科学

    専門分野(researchmap分類):考古学(含先史学) 、文化財科学

    研究内容:古人骨の調査研究により弥生時代・古墳時代の埋葬原理を復元し、そこから親族構造を解明する。また副葬品・埋葬施設の分析もあわせて行い、上記課題を側面から支える。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:実践演習(考古学b)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:人文学概説(考古学2b)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:課題演習(考古学)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:課題演習(考古学)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:比較考古学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:第1回 高知大学教育奨励賞

    受賞年月:2005年03月

    授与機関:高知大学

    受賞者・受賞グループ名:清家章

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:補論

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:『卑弥呼と女性首長』新装版  (頁 233 ~ 241)

    発行年月:2020年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:古墳時代における王墓の巨大化と終焉-社会の変化とモニュメント-

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:松木武彦ほか編『日本の古墳はなぜ巨大なのか』 (頁 194 ~ 214)

    発行年月:2020年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:四国の横穴式石室-土佐を中心に-

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:『横穴式石室の研究』 (頁 82 ~ 94)

    発行年月:2020年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:香川県高松市高松茶臼山古墳出土古墳前期人骨の年代学的調査

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:国立歴史民俗博物館研究報告219号 (頁 211 ~ 219)

    発行年月:2020年02月

    著者氏名(共著者含):清家章,坂本稔,瀧上舞

    共著区分:共著

  • 論文題目名:葬墓制と葬送儀礼を考える 古墳時代

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:季刊考古学150号 (頁 87 ~ 89)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名: 『埋葬からみた古墳時代 女性・親族・王権』

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:吉川弘文館

    発行日:2018年05月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:『古墳時代の埋葬原理と親族構造』

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:大阪大学出版会

    発行日:2010年01月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:『卑弥呼と女性首長』 

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:学生社

    発行日:2015年01月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:「マリ共和国 エスーク・タドメッカ遺跡」

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:考古学研究会

    発行日:2016年06月

    著者名:

    著書形態:単著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:考古学研究会

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:考古学研究

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:文明動態学研究センター キックオフ・シンポジウム

    開催場所:岡山大学

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:「学際的・国際的共同研究による古代吉備研究の可能性」

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本考古学協会総会

    開催場所:明治大学

    開催期間:2018年05月

    題目又はセッション名:「磯間岩陰遺跡の概要と意義」セッション8「和歌山県磯間岩陰遺跡出土資料の研究」

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:8th World Archaeology Congress (8th World Archaeology Congress)

    開催場所:同志社大学

    開催期間:2016年08月 ~ 2016年09月

    題目又はセッション名:The trend toward patrilineality during Kofun Period(3rd centrury to 7th century)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:8th World Archaeology Congress (8th World Archaeology Congress)

    開催場所:同志社大学

    開催期間:2016年08月 ~ 2016年09月

    題目又はセッション名:The changes in systems of chiefly succession during the Kofun Period

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:7th Worldwide Conference Society for East Asian Archaeology

    開催場所:Boston Univ.

    開催期間:2016年06月

    題目又はセッション名:Political situations in theKorean Peninsula and the Evolution of Kinship Systems during Kofun Period Japan (Political situations in theKorean Peninsula and the Evolution of Kinship Systems during Kofun Period Japan )

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 考古学研究会

    役職・役割名:代表委員

    活動期間:2018年04月 ~ 2022年04月

  • 高知人文社会科学会

    役職・役割名:運営委員長

    活動期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    活動内容:運営委員長として会運営全般を指揮した。

  • 日本考古学協会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2012年05月 ~ 2015年05月

    活動内容:編集担当理事・陵墓担当理事として協会運営を支えた。

  • 考古学研究会

    役職・役割名:常任委委員

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

    活動内容:常任委員として会運営を担った。

  • 高知人文社会科学会

    役職・役割名:運営委員長

    活動期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    活動内容:運営委員長として会運営全般を指揮した。

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:第20回村尾育英会学術賞

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2003年03月08日

    受賞国:日本国

    授与機関:村尾育英会

    受賞者・受賞グループ名:清家章

    題目名:近畿古墳時代における原始古代の親族構造の研究

  • 受賞学術賞名:第5回女性史学賞

    受賞区分:その他の賞

    受賞年月:2011年01月

    受賞国:日本国

    授与機関:女性史学賞選考委員会

    受賞者・受賞グループ名:清家章

    題目名:古墳時代の埋葬原理と親族構造

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(A)

    研究題目:ミュオンラジオグラフィを用いた巨大古墳調査法の開発にかかる研究

    研究期間:2020年04月 ~ 2025年03月

    資金支給機関:総務省

    研究内容:本研究は、ミュオンラジオグラフィを利用した新たな古墳調査法の開発を目指すものである。日本の古墳調査に適したミュオン検出器を開発することによって、これまで立入りや調査が禁止されているため内容が不明であった王陵級巨大古墳の構造を解明し、日本古代国家成立期における巨大古墳の意義を明らかにしようとするものである。

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:60人

    開催日:2019年06月

    講座等名:荒神谷博物館令和元年度講演会通算166回

    講義題名:「埋葬からみた古墳時代の親族」

    主催者:荒神谷博物館

    対象者:一般市民

    開催地,会場:荒神谷博物館

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:20人

    開催日:2018年07月

    講座等名:第8回山口大学考古学研究会

    講義題名:「古墳時代の女と男~古墳被葬者に見るジェンダー

    主催者:山口大学考古学研究会

    対象者:山口大学考古学学生・卒業生・教員

    開催地,会場:山口大学

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:史跡鳴門板野古墳群保存活用検討委員会

    役職:委員

    活動内容:史跡鳴門板野古墳群の保存活用計画を策定する。

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:史跡鳴門板野古墳群保存活用検討委員会

    役職:委員

    活動内容:史跡鳴門板野古墳群の保存活用計画を策定する。

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外国人研究者受入数:1人

    外国人訪問者数:35人

    外国人留学生数:0人

    外国人研修生数:0人