所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部数学科

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

大域解析学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

偏微分方程式

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:(N-2)次元曲面の与えるAllen--Cahn方程式のN次元進行波

    研究課題概要:反応拡散方程式をN次元空間において考える.進行軸に対して非対称な進行波の存在およびその安定性を証明することが本研究の目的である。具体的には,(N-1)次元空間における滑らかな境界をもつ凸領域があたえられたとき,これを切断面とするようなN次元進行波が存在することを証明することが本研究の目的である.

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:An (N-1)-dimensional convex compact set gives an N-dimensional traveling front in the Allen--Cahn equation

    掲載誌名:SIAM Journal on Mathematical Analysis47巻 1号 (頁 455 ~ 476)

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

谷口 雅治 (タニグチ マサハル)

TANIGUCHI Masaharu

所属専攻講座

異分野基礎科学研究所

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学理学部数学教室

(英)Dept of Mathematics, Okayama University,3-1-1, Tsushimanaka, Kita-ku, Okayama City, 700-8530, Japan

研究室電話

(日)086-251-7798

(英)+81.86.251.7798

研究室FAX

(日)086-251-7798

(英)+81.86.251.7798

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)偏微分方程式

(英)Partial Differential Equations

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:数学科

    卒業年月:1989年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:数理科学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:1993年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:工学系研究科

    専攻名:物理工学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1991年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(数理科学) (PhD)

    学位の分野名:大域解析学 (Global analysis)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:国立大学法人 東京工業大学 (Tokyo Institute of Technology)

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    経歴期間:2007年04月 ~ 2013年03月

  • 所属(勤務)先:東京工業大学

    経歴名:助教授

    経歴期間:2001年03月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:東京工業大学 (Tokyo Institute of Technology)

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    経歴期間:1996年10月 ~ 2001年02月

  • 所属(勤務)先:京都大学 (Kyoto University)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:1993年10月 ~ 1996年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用数理学会 /  日本国 ( 1990年05月 ~ 継続中 )

  • 日本数学会 /  日本国 ( 1990年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 大域解析学 (Global analysis)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 解析学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生工学衛生管理者

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:(N-2)次元曲面の与えるAllen--Cahn方程式のN次元進行波

    キーワード:進行波,多次元

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    専門分野(科研費分類):大域解析学

    専門分野(researchmap分類):解析学

    研究内容:等方的な反応項をもつ拡散方程式における,進行軸にたいして非対称な多次元進行波の存在を証明した.Allen--Cahn方程式(Nagumo方程式)の場合の本研究の成果は,SIAM J. Math. Anal. 2015に掲載された.競合拡散系(Lotka--Volterra系)における本研究の成果はJDE2016に掲載されている.

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度第1回岡山大学新任・転入教員研修会  ( 2013年04月 )

  • 東京工業大学FD研修  ( 2009年01月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:解析学特論IIb

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:離散数学IIb

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:進行波の数理

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:解析学特論IIa

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:離散数学IIa

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学際基礎科学専攻のアカデミックアドバイザーチームのメンバーを務めた。また理学部におけるフロンティアサイエンティストコースにおいて先端科学実習を担当した。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 2人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 3人

    修士論文指導学生: 5人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 3人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

    AA担当学生数: 1人

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    微分方程式論の研究を行っています。社会人研究者で博士後期課程への進学を考えてくれている方を歓迎します。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Existence and stability of stationary solutions to the Allen--Cahn equation discretized in space and time

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mathematical Journal of Okayama University

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):Amy Poh Ai Ling

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Convex compact sets in RN-1 give traveling fronts of cooperation-diffusion systems in RN

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Differential Equations260巻 5号 (頁 4301 ~ 4338)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Masaharu Taniguchi

    共著区分:単著

    DOI:10.1016/j.jde.2015.11.010

  • 論文題目名:An (N-1)-dimensional convex compact set gives an N-dimensional traveling front in the Allen--Cahn equation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:SIAM Journal on Mathematical Analysis47巻 1号 (頁 455 ~ 476)

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    DOI:DOI:10.1137/130945041

    論文本文URL: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/53604

  • 論文題目名:Non-existence of localized travelling waves with non-zero speed in single reaction-diffusion equations

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Discrete and Continuous Dynamical Systems -- Series A33巻 8号 (頁 3707 ~ 3718)

    発行年月:2013年08月

    著者氏名(共著者含):Yong Jung Kim, Wei-Ming Ni, Masaharu Taniguchi

    共著区分:共著

    DOI:doi:10.3934/dcds.2013.33.3707

  • 論文題目名:Traveling fronts of pyramidal shapes in competition-diffusion systems

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Networks and Heterogeneous Media8巻 1号 (頁 379 ~ 395)

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):Wei-Ming Ni, Masaharu Taniguchi

    共著区分:共著

    DOI:doi:10.3934/nhm.2013.8.379

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Discrete and Continuous Dynamical Systems -- Series A

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Mathematical Journal of Okayama University

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Discrete and Continuous Dynamical Systems -- Series A

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Mathematical Journal of Okayama University

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Discrete and Continuous Dynamical Systems -- Series A

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 11th MSJ-SI The Role of Metrics in the Theory of Partial Differential Equations

    開催場所:北海道大学

    開催期間:2018年07月

    題目又はセッション名:Multidimensional traveling fronts in reaction-diffusion equations

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本数学会秋季総合分科会 函数方程式分科会

    開催場所:山形大学

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:Allen--Cahn方程式における角錐型進行波の一意性と安定性

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会

    役職・役割名:全国区代議員(評議員)

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    活動内容:全国区代議員(評議員)として日本数学会年会および秋季総合文化会において評議会に出席する。

  • 日本数学会

    役職・役割名:日本数学会誌「数学通信」編集委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    活動内容:日本数学会誌「数学通信」の編集委員会に出席し,その編集業務を行う。

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:Outstanding Contribution in Reviewing

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2015年11月

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:Journal of Differential Equations

    受賞者・受賞グループ名:Masaharu Taniguchi

    題目名:Outstanding Contribution in Reviewing

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:(N-2)次元曲面の与えるAllen-Cahn方程式のN次元進行波

    研究期間:2014年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:Allen-Cahn方程式またはNagumo方程式とよばれる非線形反応拡散方程式を
    N次元空間において考える.このとき進行軸に対して非対称な形状をもつ進行波の存在およびその性質を解明することが本研究の目的である.

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2014年08月 ~ 2015年03月

    研究費名:平成27年度自然科学研究科長裁量経費(研究プロジェクト支援)

    課題名:離散型反応拡散方程式における進行波の研究

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    開催日:2016年09月

    講座等名:留学生ラジオ番組「Okayama Unviersity Presents 『World Heartful Message』」

    講義題名:Okayama University Presents 『World Heartful Message』

    主催者:岡山シティーFM

    対象者:ラジオ受信者

    開催地,会場:岡山シティーFM「レディオモモ」


高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:第13回高大連携理数科教育研究会・第16回岡山県理数科理数系コース課題研究合同発表会

    実施日時,時間数:1日

    活動内容:発表の審査および講評

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:研究助言・指導等

    高校名等:第10回高校生・大学院生による研究紹介と交流の会

    実施日時,時間数:2015年7月31日(金)

    活動内容:審査員の一人として,ステージ発表およびポスター発表の採点を行った。

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:瀬戸高校,高松第一高校

    実施日時,時間数:2015年10月1日(木)12:45--14:15

    活動内容:高大連携事業による高校生の大学訪問にさいし,講義を公開し見学を受け入れた。

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:国立22大学法人数学系教室懇談会

    役職:委員

    活動内容:日本数学会の年会および秋季総合分科会において,国立22大学法人数学系教室および日本数学会理事会の間で,情報公開および討論を行う。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    留学生ラジオ番組「Okayama University Presents 「World Heartful Message」」岡山シティーFM「レディオモモ」に10月10日(月)放送
    に大学院生と共に出演した。

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:新専攻(学際基礎科学専攻)設置準備ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:自然科学研究科における新専攻(学際基礎科学専攻)の設置準備ワーキンググループの委員を務めた。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:数学科長

    役職:その他

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:数学科長を務めた。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:異分野基礎科学研究所 諸規程制定ワーキンググループ

    役職:委員長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:異分野基礎科学研究所発足にともなう諸規定を制定するワーキンググループにおいて座長を務めた。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:数学科長

    役職:その他

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:数学科長を務めた。

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:数理科学講座主任

    役職:委員長

    貢献の実績:数理科学講座主任を務めた。