職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物理化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

ガラス、光導波路、イオン交換、光物性、NMR、構造、環境

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:SnOベースガラスによる鉛代替ガラスの開発

    研究課題概要:

  • 研究課題名:イオン交換法で作製したEr<sup>3+</sup>ドープテルライトガラス光導波路の光学特性

  • 研究課題名:SnO含有結晶及びガラスの<sup>119</sup>SnNMR研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Optical properties of Er3+-doped tungsten tellurite glass waveguides by Ag+-Na+ ion-exchange

    掲載誌名:Opt. Mater.30巻 (頁 586 ~ 593)

    発行年月:2007年12月

    著者氏名(共著者含):*S. Sakida, T. Nanba, Y. Miura

  • 論文題目名:Effect of Nb2O5 addition to SnO-P2O5 glass

    掲載誌名:J. Ceram. Soc. Jpn.120巻 11号 (頁 530 ~ 533)

    発行年月:2012年11月

    著者氏名(共著者含):S. Fukui, *S. Sakida, Y. Benino, T. Nanba

  • 論文題目名:湿式ボールミル法を用いた無機性産業廃棄物の再資源化技術の開発

    掲載誌名:環境制御33巻 (頁 6 ~ 12)

    発行年月:2011年12月

    著者氏名(共著者含):*崎田真一, 紅野安彦, 難波徳郎

 

写真

氏名

崎田 真一 (サキダ シンイチ)

SAKIDA Shinichi

所属専攻講座

環境管理センター

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)ガラス、光導波路、イオン交換、光物性、NMR、構造、環境

(英)Glass, Optical waveguide, Ion-exchange, Optical property, NMR, Structure, Environment

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:工業化学科

    卒業年月:1994年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:分子工学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1999年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor(Engineering))

    学位の分野名:無機化学 (Inorganic chemistry)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境管理センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:環境管理センター

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 2017年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • The Chemical Society of Japan (The Chemical Society of Japan)  /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本セラミックス協会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • The Ceramic Society of Japan (The Ceramic Society of Japan)  /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学 (Physical chemistry)

  • 無機材料・物性 (Inorganic material/physical properties)

  • 無機化学 (Inorganic chemistry)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:SnOベースガラスによる鉛代替ガラスの開発 (Development of lead-free glasses by SnO-based glasses)

    キーワード:ガラス、光物性、低融点 (Glass, Optical property,Low melting temperature)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):無機化学 、無機材料・物性

    専門分野(researchmap分類):ガラス,セラミック被覆

  • 研究課題名:イオン交換法で作製したEr<sup>3+</sup>ドープテルライトガラス光導波路の光学特性 (Optical Properties of Waveguides of Er<sup>3+</sup>-doped Tellurite Glasses Prepared by Ion-exchange)

    キーワード:ガラス、光導波路、イオン交換 (Glass, Optical waveguide, Ion exchange)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):無機化学 、無機材料・物性

    専門分野(researchmap分類):ガラス,セラミック被覆

  • 研究課題名:SnO含有結晶及びガラスの<sup>119</sup>SnNMR研究 (<sup>119</sup>Sn NMR Study of Crystals and Glasses Containing SnO)

    キーワード:ガラス、NMR、構造 (Glass, NMR, Structure)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 2008年12月

    専門分野(科研費分類):無機化学 、物理化学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:サステイナブル・キャンパスを目指して

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:サステイナブル・キャンパスを目指して

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2016年度

    授業科目:環境分析化学実験

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2016年度

    授業科目:サステイナブル・キャンパスを目指して

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2015年度

    授業科目:環境分析化学実験

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    授業形式:専任

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:出前講義用テキスト「環境安全の手引き」の内容改訂に携わった。

  • 年度:2015年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:出前講義用テキスト「岡山大学環境管理センター紹介パンフレット」の内容改訂に携わった。
    新入生配布用「環境安全ガイドブック」の内容改訂に携わった。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Investigation of electronic structure of amorphous niobium oxide based on the density functional theory calculation of crystalline niobium pentoxide polymorphs

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan, Yogyo Kyokai Shi/Journal of the Ceramic Society of Japan124巻 12号 (頁 1221 ~ 1225)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Chinatsu Oki,Go Sajiki,Shinichi Sakida*,Yasuhiko Benino*,Tokuro Nanba*

    共著区分:共著

    DOI:10.2109/jcersj2.16180

  • 論文題目名:Effect of Nb2O5 addition to SnO-P2O5 glass

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J. Ceram. Soc. Jpn.120巻 11号 (頁 530 ~ 533)

    発行年月:2012年11月

    著者氏名(共著者含):S. Fukui, *S. Sakida, Y. Benino, T. Nanba

    共著区分:共著

  • 論文題目名:湿式ボールミル法を用いた無機性産業廃棄物の再資源化技術の開発

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:環境制御33巻 (頁 6 ~ 12)

    発行年月:2011年12月

    著者氏名(共著者含):*崎田真一, 紅野安彦, 難波徳郎

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Optical properties of Er3+-doped tungsten tellurite glass waveguides by Ag+-Na+ ion-exchange

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Opt. Mater.30巻 (頁 586 ~ 593)

    発行年月:2007年12月

    著者氏名(共著者含):*S. Sakida, T. Nanba, Y. Miura

    共著区分:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:環境制御第三十七号

    委員長/委員等の種類:委員

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Alloys and Compounds

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Materials

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Physics and Chemistry of Solids

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第56回セラミックス基礎科学討論会

    開催場所:茨城県つくば市

    開催期間:2018年01月

    題目又はセッション名:圧縮変形させたリン酸塩ガラスの異方性評価

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第56回セラミックス基礎科学討論会

    開催場所:茨城県つくば市

    開催期間:2018年01月

    題目又はセッション名:リン酸カルシウム系ガラスにおける異方性誘起過程の分子動力学構造モデル化

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第24回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国

    開催場所:東広島市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:液晶ガラスのリサイクル手法の確立

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第24回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国

    開催場所:東広島市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:溶融法によるセシウム汚染土壌処理における揮発挙動

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第24回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国

    開催場所:東広島市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:都市ゴミ溶融スラグの構成元素の溶出挙動

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 第55回セラミックス基礎科学討論会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2017年01月

    活動内容:2B04,2B05の2件の座長を担当

  • 第55回セラミックス基礎科学討論会

    役職・役割名:現地実行委員会委員

    活動期間:2017年01月

  • 2015年日本化学会中国四国支部大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2015年11月

    活動内容:14SC01,14SC02,14SC03の3件の座長を担当

  • 2015年日本化学会中国四国支部大会

    役職・役割名:ポスター賞審査員

    活動期間:2015年11月

  • 日本セラミックス協会2015年年会

    役職・役割名:現地実行委員会委員

    活動期間:2015年03月

 

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    環境報告書2016の編集、発行を中心となって行った。

  • 年度:2015年度

    環境報告書2015の編集、発行を中心となって行った。

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2012年09月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:化学物質管理システム更新ワーキンググループ

    役職:座長

    任期:2018年02月 ~ 2018年06月

    貢献の実績:平成30年6月27日(水)に平成30年度第1回化学物質管理システム更新ワーキンググループを開催し、座長を務めた。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2012年09月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:化学物質管理システム更新ワーキンググループ

    役職:座長

    任期:2018年02月 ~ 2018年06月

    貢献の実績:平成30年3月13日(火)に平成29年度第1回化学物質管理システム更新ワーキンググループを開催し、座長を務めた。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:化学物質管理専門部会

    役職:部会長

    任期:2017年06月 ~ 継続中

全件表示 >>

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:・環境管理センター廃液処理技術指導員講習会(6月、12月)、化学物質管理講習会(5-6月に4回)、水質管理講習会(5-6月に4回)、環境管理員講習会(6月水質管理の部分)において講師を務めた。
    ・化学物質管理監査現地調査を附属中学校、惑星物質研究所、自然生命科学研究支援センター、研究推進産学官連携機構、学務部において中心になって行った。
    ・e-learningによる水質管理講習会の開催の際、テキスト、問題を中心になって作成した。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:化学物質管理監査現地調査を附属中学校、工学部、大学院医歯薬学総合研究科、岡山大学病院において中心になって行った。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:化学物質管理監査現地調査を理学部、薬学部、農学部において行った。

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    貢献の実績:・分析機器の保守管理、技術職員に対する指導・監督を行った。
    ・外部の者が環境管理センター機器を利用する際、分析機器装置の使用法を指導した。

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    貢献の実績:・分析機器の保守管理、技術職員に対する指導・監督を行った。
    ・外部の者が環境管理センター機器を利用する際、分析機器装置の使用法を指導した。

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    貢献の実績:・分析機器の保守管理、技術職員に対する指導・監督を行った。
    ・外部の者が環境管理センター機器を利用する際、分析機器装置の使用法を指導した。

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:・環境制御の公開講演会等開催状況と研究活動の部分を執筆した。
    ・化学物質管理システム更新の情報収集、検討を中心となって行った。
    ・水銀による環境の汚染の防止に関する法律(水銀汚染防止法)等に対する対応の検討を行った。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:・環境報告書2016の冊子体、ポスター、ダイジェスト版、英語版の原稿集め、編集、発行を中心となって行った。平成27年度環境目標(年次目標)の自己点検評価と平成28年度環境目標(年次目標)の設定を行い、環境教育開講科目紹介、岡山大学環境管理センター公開講演会、岡山大学環境管理センター公開講座の記事を執筆した。
    ・環境制御の公開講演会等開催状況と研究活動の部分を執筆した。
    ・ホームページのリニューアルに伴い、「化学物質管理部門」、「機器使用」の部分を執筆・加筆・修正した。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:・環境報告書2015の冊子体、ポスター、ダイジェスト版の原稿集め、編集、発行を中心となって行った。平成26年度環境目標(年次目標)の自己点検評価と平成27年度環境目標(年次目標)の設定を行い、環境教育開講科目紹介、岡山大学環境管理センター公開講演会、岡山大学環境管理センター公開講座の記事を執筆した。
    ・環境制御の公開講演会等開催状況と研究活動の部分を執筆した。

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    分析機器管理係におけるその他の実績
    ・ECD付きガスクロマトグラフをはじめとするセンターにおける放射線管理、技術職員に対する指導・監督を行った。
    ・H28年度放射線管理状況報告書を作成、提出した。
    ・ECD付きガスクロマトグラフの廃棄及び廃棄に必要な法的手続きを行った。

  • 年度:2016年度

    分析機器管理係におけるその他の実績
    ・ECD付きガスクロマトグラフをはじめとするセンターにおける放射線管理、技術職員に対する指導・監督を行った。
    ・H27年度放射線管理状況報告書を作成、提出した。

  • 年度:2015年度

    分析機器管理係におけるその他の実績
    ・ECD付きガスクロマトグラフをはじめとするセンターにおける放射線管理、技術職員に対する指導・監督を行った。
    ・H26年度放射線管理状況報告書を作成、提出した。