所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医歯薬学総合研究科(医系)・脳神経機構学

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

神経科学一般

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

神経科学一般

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:DNAトポイソメラーゼIIの神経細胞における働き

    研究課題概要:

  • 研究課題名:超らせんDNA結合タンパク質SBP75の機能解析

 

写真

氏名

佐野 訓明 (サノ クニアキ)

SANO Kuniaki

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)神経科学一般

(英)Neuro Science in General

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:薬学科

    卒業年月:1992年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:自然科学研究科

    専攻名:生体調節科学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1997年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:薬学研究科

    専攻名:製薬化学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1994年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:Bachelor of Pharmacy (Bachelor of Pharmacy)

    学位の分野名:Neurochemistry/neuropharmacology (Neurochemistry/neuropharmacology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:薬学修士 (Master of Pharmacy)

    学位の分野名:生物系薬学 (Neurochemistry/neuropharmacology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:博士(薬学) (Doctor of Pharmacy)

    学位の分野名:生物系薬学 (Neurochemistry/neuropharmacology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN (THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN)  /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本生化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本神経科学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本分子生物学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY (THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY)  /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般 (General neuroscience)

  • 細胞生物学 (Cell biology)

  • 分子生物学 (Molecular biology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:DNAトポイソメラーゼIIの神経細胞における働き (Function of DNA topoisomerase II in Nenronal Cells.)

    キーワード:DNAトポイソメラーゼ神経細胞 (Neuron DNA topoisomerase)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):分子生物学 、神経科学一般 、細胞生物学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:超らせんDNA結合タンパク質SBP75の機能解析 (Analysis of Novel Super-coiled DNA binding protein SBP75)

    キーワード:超らせんDNA,DNA結合タンパク質,神経細胞 (Super-coiled DNA,DNA-binding protein,Neuron)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):分子生物学 、細胞生物学 、神経科学一般

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:人体の構造:入門

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:脳神経機構学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:脳神経機構学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:神経構造学

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:脳神経機構学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:「脳卒中特論」脳を構成する神経細胞の基礎知識

    担当期間:2018年10月

    講義内容またはシラバス:本プログラムの特徴は、脳卒中に関する基礎的講義と臨床的講義の両者に参加できることにある。
    特に本講義では、神経幹細胞から成熟した神経細胞に至る過程を概説し、脳の領域により異なった機能と特徴的な分布を示す神経細胞について解説する。

  • 年度:2018年度

    科目名:平成30年度研究方法論基礎(遺伝子解析ⅠI) 2018

    担当期間:2018年04月

    講義内容またはシラバス:「研究方法論基礎」では,生命倫理や情報収集技術などのすべての研究に共通する概念や方法をはじめとし,多くの研究分野で共通に利用される先端的研究方法をオムニバス方式で講義す
    る。授業計画は、別に記載する開講題目一覧のとおりである。大学院生各自は,このメニューから25題目以上の講義を選択受講し,個々の研究テーマに必要な基礎的概念や技術的基礎を
    理解・習得する。

  • 年度:2018年度

    科目名:人体構造学(感覚器) 2018321003

    担当期間:2018年04月

    講義内容またはシラバス:人体の正常な形態と構造についての知識を与える。同時に,医学職業人としての観察力を涵養し生命の尊さを考察する。
    歯学系の口腔構造機能学を兼ねている。

  • 年度:2017年度

    科目名:「脳卒中特論」脳を構成する神経細胞の基礎知識

    担当期間:2017年10月

    講義内容またはシラバス:本プログラムの特徴は、脳卒中に関する基礎的講義と臨床的講義の両者に参加できることにある。
    特に本講義では、神経幹細胞から成熟した神経細胞に至る過程を概説し、脳の領域により異なった機能と特徴的な分布を示す神経細胞について解説する。

  • 年度:2017年度

    科目名:人体構造学(感覚器) 2017321003

    担当期間:2017年04月

    講義内容またはシラバス:人体の正常な形態と構造についての知識を与える。同時に,医学職業人としての観察力を涵養し生命の尊さを考察する。
    歯学系の口腔構造機能学を兼ねている。

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Simulated annealing-extended sampling for multicomponent decomposition of spectral data of DNA complexed with peptide

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan86巻 1号

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Jiyoung Kang,Kazuhiko Yamasaki,Kuniaki Sano*,Ken Tsutsui,Kimiko M. Tsutsui,Masaru Tateno

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.86.014802

  • 論文題目名:Genomic regions targeted by DNA topoisomerase IIbeta frequently interact with a nuclear scaffold/matrix protein hnRNP U/SAF-A/SP120

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J. Cell. Biochem.116巻 4号 (頁 677 ~ 685)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):Miyaji, M., Furuta, R., Sano, K., Tsutsui, K.M., Tsutsui, K

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jcb.25024

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:精神・神経疾患に関連する長大遺伝子の発現制御機構

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:月刊細胞47巻 5号 (頁 25 ~ 28)

    出版機関名:岡山医学会

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):宮地まり, 佐野訓明, 古田良平, 細谷修, 筒井公子, 筒井研

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会

    開催場所:松島

    開催期間:2016年01月

    題目又はセッション名:神経細胞終末分化過程でのDNAトポイソメラーゼIIβによるグローバルなクロマチン構造変換を介した遺伝子発現制御機構

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) (BMB2015)

    開催場所:神戸

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:hnRNPU/SAF-A/SP120とDNAトポイソメラーゼIIβ複合体による神経細胞核のグローバルなクロマチン構造変換

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) (BMB2015)

    開催場所:神戸

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:DNAトポイソメラーゼIIαのC末端領域による酵素反応制御機構の解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) (BMB2015)

    開催場所:神戸

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:DNAトポイソメラーゼIIβは遺伝子間領域に作用し遠隔ゲノム部位間の相互作用を媒介する

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) (BMB2015)

    開催場所:神戸

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Structural modeling of negatively-supercoiled DNA recognition peptide complexed with crossover DNA (Structural modeling of negatively-supercoiled DNA recognition peptide complexed with crossover DNA)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:遺伝子砂漠に近接した神経関連遺伝子の発現制御に関わる機能性RNA分子群の同定

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:遺伝子砂漠に近接した神経関連遺伝子の発現制御に関わる機能性RNA分子群の同定

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:遺伝子砂漠に近接した神経関連遺伝子の発現制御に関わる機能性RNA分子群の同定

    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:遺伝子砂漠に近接した神経関連遺伝子の発現制御に関わる機能性RNA分子群の同定

    研究期間:2015年10月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

 

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    他機関名:玉野総合医療専門学校

    活動内容:解剖学(神経系)
    理学療法士・作業療法士

  • 年度:2016年度

    他機関名:玉野総合医療専門学校

    活動内容:解剖学(神経系)
    理学療法士・作業療法士

  • 年度:2015年度

    他機関名:玉野総合医療専門学校

    活動内容:解剖学(神経系)
    理学療法士・作業療法士

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:教育企画委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:基礎医学系、社会医学系 教育企画委員会に毎月参加して、意見を述べた。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:教育企画委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:基礎医学系、社会医学系 教育企画委員会に毎月参加して、意見を述べた。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:教育企画委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:教育企画委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教育企画委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:安全衛生係

    役職:その他

    貢献の実績:研究室において安全に作業ができるように作業環境を整えた.
    MSDSをHPにて公開して研究室員の閲覧を容易にした.
    毒物・劇物保管庫の厳重管理を行った.

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:廃液管理係

    役職:その他

    貢献の実績:有機・無機の管理・処理を行い、廃液が正しく処理されるように貢献した。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:ネットワーク管理係

    役職:その他

    貢献の実績:教室内のPCおよびLANの維持管理を行い障害に対応した.

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:実習係

    役職:その他

    貢献の実績:学生実習が支障なく行われるように準備を行い、円滑に実習が行われるようにした。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:実習係

    役職:その他

    貢献の実績:学生実習が支障なく行われるように準備を行い、円滑に実習が行われるようにした。

全件表示 >>