所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

神経内科

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

神経内科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

認知症

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:PDDとDLBの発症早期における臨床・画像上の鑑別に関する研究

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 会議名称:第26回日本脳循環代謝学会

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名:ロチゴチンけい皮吸収材により夜間から早朝にかけてのウェアリングオフ現象が劇的に改善した例.

    発表形態:ポスター(一般)

    発表者名(共同発表者含):武本麻美、佐藤恒太、出口健太郎、山下徹、菱川望、太田康之、阿部康二

  • 会議名称:パーキンソン病治療Special Seminar

    開催期間:2013年11月

    題目又はセッション名:ロチゴチンの使用経験からの考察.

    発表形態:その他

    発表者名(共同発表者含):武本麻美、出口健太郎、山下 徹、倉田智子、幡中典子、表 芳夫、河野祥一郎、佐藤恒太、柚木太淳、河原由子、森原隆太、阿部康二

  • 会議名称:第33回日本認知症学会学術集会

    開催期間:2014年11月 ~ 2014年12月

    題目又はセッション名:MCIのコンバートあるいはリバートに影響する要因の検討.

    発表形態:ポスター(一般)

    発表者名(共同発表者含):徳地亮、菱川望、佐藤恒太、幡中典子、武本麻美、福井裕介、太田康之、出口健太郎、山下徹、阿部康二

 

写真

氏名

武本 麻美 (タケモト マミ)

TAKEMOTO Mami

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

助教

性別

女性

研究室住所

(日)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学

(英)Department of Neurology Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences

研究室電話

(日)086-235-7365

(英)+81-86-235-7365

研究室FAX

(日)086-235-7368

(英)+81-86-235-7368

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)認知症

(英)Dementia

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:川崎医科大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    卒業年月:1995年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:川崎医科大学

    研究科名:医学系研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2004年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:医用生体工学・生体材料学 (Biomedical engineering/biological material studies)

    学位授与機関名:川崎医科大学 (Kawasaki Medical School)

    取得方法:論文

    取得年月:2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経内科学会、日本認知症学会 /  日本国 ( 2013年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学 (Neurology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経系の疾患

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:PDDとDLBの発症早期における臨床・画像上の鑑別に関する研究

    キーワード:レビー小体型認知症、パーキンソン病 (DLB, PD with dementia)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):神経内科学

    専門分野(researchmap分類):神経系の疾患

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 倫理講習  ( 2014年04月 ~ 継続中 )

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A migration case of Kii amyotrophic lateral sclerosis/parkinsonism dementia complex with the shortest stay in the endemic area and the longest incubation to develop the disease

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Clinical Neuroscience46巻 (頁 64 ~ 67)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Keiichiro Tsunoda,Toru Yamashita*,Hitoshi Shimada,Emi Nomura,Yoshiaki Takahashi,Jingwei Shang*,Kota Sato*,Mami Takemoto*,Nozomi Hishikawa*,Yasuyuki Ohta*,Makoto Higuchi,Tetsuya Suhara,Yasumasa Kokubo,Shigeki Kuzuhara,Koji Abe*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jocn.2017.08.057

  • 論文題目名:Behavioral and affective features of amyotrophic lateral sclerosis patients

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Neurological Sciences, World neurology, Journal of the neurological sciences381巻 (頁 119 ~ 125)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Yasuyuki Ohta*,Kota Sato*,Mami Takemoto*,Yoshiaki Takahashi,Ryuta Morihara,Yumiko Nakano,Keiichiro Tsunoda,Emi Nomura,Nozomi Hishikawa*,Toru Yamashita*,Koji Abe*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jns.2017.08.024

  • 論文題目名:Different Characteristics of Anterior and Posterior Branch Atheromatous Diseases with or without Early Neurologic Deterioration

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases26巻 6号 (頁 1314 ~ 1320)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Yoshiaki Takahashi,Toru Yamashita*,Ryuta Morihara,Yumiko Nakano,Kota Sato*,Mami Takemoto*,Nozomi Hishikawa*,Yasuyuki Ohta*,Yasuhiro Manabe,Koji Abe*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.02.001

  • 論文題目名:Neuroprotective Effects of a Novel Antioxidant Mixture Twendee X in Mouse Stroke Model

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases26巻 6号 (頁 1191 ~ 1196)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Momoko Kusaki,Yasuyuki Ohta*,Haruhiko Inufusa,Toru Yamashita*,Ryuta Morihara,Yumiko Nakano,Xia Liu,Jingwei Shang*,Feng Tian,Yusuke Fukui,Kota Sato*,Mami Takemoto*,Nozomi Hishikawa*,Koji Abe*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.01.003

  • 論文題目名:Factors related to continuous and discontinuous attendance at memory clinics

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:European Journal of Neurology24巻 5号 (頁 673 ~ 679)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):N. Hishikawa *,Y. Fukui ,Y. Nakano ,R. Morihara ,M. Takemoto *,K. Sato *,T. Yamashita *,Y. Ohta *,K. Abe *

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/ene.13268

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:差分解説:パーキンソン病(PD)とレビー小体型認知症(DLB)の相違点

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:週刊日本医事新報4833巻 (頁 51)

    出版機関名:日本医事新報社

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):武本麻美

    共著区分:単著

  • 題目:高齢者の認知症発症予防ならびに進行予防のための運動療法

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:神経内科85巻 (頁 139 ~ 143)

    出版機関名:科学評論社

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):武本麻美、阿部康二

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回認知症学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:認知症診療に有用な新しいBPSDスコア(阿部式BPSDスコア)の開発と臨床応用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第28回日本老年医学会中国地方会

    開催場所:岡山

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:PDDとDLBの比較検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第10回パーキンソ病運動障害患患コングレス

    開催場所:京都

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:PDDとDLBの認知機能、情動機能日常生活活動強度の比較

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第113回日本内科学会中国地方会

    開催場所:広島

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:PDDとDLBの初期症状の特徴的相違

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第27回日本老年医学会中国地方会

    開催場所:広島

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:多発脳神経麻痺が急速に進行した腎癌の頭蓋底転移の1剖検例

全件表示 >>