職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

機能生物化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

環境ストレス、機能物質、宇宙環境

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:宇宙環境における植物の適応能力と環境耐性植物の開発

    研究課題概要:紫外線,放射線,電磁場,微小重力,急激な温度変化など地球とは全く異なる宇宙環境が植物の発生,成長,世代交代などライフサイクルに及ぼす影響について明らかにする。

  • 研究課題名:酸化ストレスで誘導される遺伝子の機能解析

  • 研究課題名:糖代謝関連酵素の構造と機能解析

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Genome-wide expression analysis of reactive oxygen species gene network in Mizuna plants grown in long-term spaceflight

    掲載誌名:BMC Plant Biology14巻 4号

    発行年月:2014年01月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto, M., Oono, Y., Gusev, O., Matsumoto, T., Yazawa, T., Levinskikh, M.A., Sychev, V.N., Bingham, G.E., Wheeler, R. and Hummerick, M.

  • 論文題目名:Structure and molecular characterization of barley nudix hydrolase genes

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry79巻 3号 (頁 394 ~ 401)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):Tanaka, S., Kihara, M., Sugimoto, M.

  • 論文題目名:Viability of barley seeds after long-term exposure to outer side of international space station

    掲載誌名:Advances in Space Research48巻 (頁 1155 ~ 1160)

    発行年月:2011年04月

    著者氏名(共著者含):ugimoto, M., Ishi, M., Mori, I.C., Shagimardanova, E., Gusev, O.A., Kihara, M., Hoki, T., Sychev, V.N., Levinskikh, M.A., Novikova, N.D. and Grigoriev, A.I.

全件表示 >>

 

写真

氏名

杉本 学 (スギモト マナブ)

SUGIMOTO Manabu

所属専攻講座

資源植物科学研究所

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)環境ストレス、機能物質、宇宙環境

(英)Environmental stress, functional biomolecule, space environment

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都薬科大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:製薬化学科

    卒業年月:1983年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:農学研究科

    専攻名:農芸化学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1989年03月

    修了区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(農学) (Doctor (Agriculture))

    学位の分野名:Applied Biochemistry (Agriculture)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:1989年03月

  • 学位名:修士(薬学)

    学位の分野名:生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

    学位授与機関名:京都薬科大学 (Kyoto Pharmaceutical University)

    取得方法:課程

    取得年月:1985年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:資源植物科学研究所

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:ロシア連邦カザン大学 (Kazan Federal University, Russia)

    経歴名:客員教授 (Visiting Professor)

    経歴期間:2014年01月 ~ 2015年12月

  • 所属(勤務)先:米国ミズーリ−・コロンビア大学 (Missouri-Columbia University, U.S.A.)

    経歴名:客員研究員 (visiting researcher)

    経歴期間:1990年11月 ~ 1992年04月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本分子生物学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本育種学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本生化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能生物化学 (Functional biochemistry)

  • 基礎ゲノム科学 (Basic genome science)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:宇宙環境における植物の適応能力と環境耐性植物の開発

    キーワード:宇宙、植物、生育、遺伝子、タンパク質、発現

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2006年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境農学

    専門分野(researchmap分類):環境因子の生物に対する影響

  • 研究課題名:酸化ストレスで誘導される遺伝子の機能解析 (Studies on function of genes induced by oxidative stress)

    キーワード:酸化ストレス (oxidative stress)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境農学

    専門分野(researchmap分類):環境因子の生物に対する影響

  • 研究課題名:糖代謝関連酵素の構造と機能解析 (Studies on structure and function of carbohydrases.)

    キーワード:α-グルコシダーゼ,クローニング (α-glucosidase,cloning)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):応用生物化学 、構造生物化学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:植物栄養学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:植物細胞分子生化学演習

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:植物細胞分子生化学演習

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:植物細胞分子機能学

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:植物細胞分子生化学

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:日本農芸化学会中四国支部学生奨励賞

    受賞年月:2015年03月

    授与機関:日本農芸化学会中四国支部

    受賞者・受賞グループ名:田中 小百合

    受賞内容:オオムギには既知のシロイヌナズナNUDXサブファミリーに属するものだけでなく機能未知のNUDXが存在する事や非生物学的ストレスに対する応答が異なる事等を明らかにし、植物のNUDXに関する新しい知見を示した。

  • 賞名:おかやまバイオアクティブ研究会学生奨励賞

    受賞年月:2014年06月

    授与機関:おかやまバイオアクティブ研究会

    受賞者・受賞グループ名:田中 小百合

    受賞内容:研究発表課題「紫外線で誘導されるオオムギ由来Nudix hydrolase遺伝子は酸化ヌクレオチドを浄化する」

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Genome-wide expression analysis of reactive oxygen species gene network in Mizuna plants grown in long-term spaceflight ( Genome-wide expression analysis of reactive oxygen species gene network in Mizuna plants grown in long-term spaceflight)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Plant Biology ( BMC Plant Biology) 14巻 4号

    発行年月:2014年01月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto, M., Oono, Y., Gusev, O., Matsumoto, T., Yazawa, T., Levinskikh, M.A., Sychev, V.N., Bingham, G.E., Wheeler, R. and Hummerick, M. ( TSugimoto, M., Oono, Y., Gusev, O., Matsumoto, T., Yazawa, T., Levinskikh, M.A., Sychev, V.N., Bingham, G.E., Wheeler, R. and Hummerick, M.)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Gene expression of rice seeds surviving 13- and 20-month exposure to space environment ( Gene expression of rice seeds surviving 13- and 20-month exposure to space environment)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Life Sciences in Space Research ( Life Sciences in Space Research) 11巻 (頁 10 ~ 17)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto, M., Oono, Y., Kawahara, Y., Gusev, O., Maekawa, M., Matsumoto, T., Levinskikh, M., Sychev, V., Novikova, N., Grigoriev, A ( Sugimoto, M., Oono, Y., Kawahara, Y., Gusev, O., Maekawa, M., Matsumoto, T., Levinskikh, M., Sychev, V., Novikova, N., Grigoriev, A)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Structure and molecular characterization of barley nudix hydrolase genes

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry79巻 3号 (頁 394 ~ 401)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):Tanaka, S., Kihara, M., Sugimoto, M.

    共著区分:共著

    DOI:Structure and molecular characterization of barley nudix hydrolase genes

  • 論文題目名:Viability of barley seeds after long-term exposure to outer side of international space station

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Advances in Space Research48巻 (頁 1155 ~ 1160)

    発行年月:2011年04月

    著者氏名(共著者含):ugimoto, M., Ishi, M., Mori, I.C., Shagimardanova, E., Gusev, O.A., Kihara, M., Hoki, T., Sychev, V.N., Levinskikh, M.A., Novikova, N.D. and Grigoriev, A.I.

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:40th Scientific Assembly of the Committee on Space Research (40th Scientific Assembly of the Committee on Space Research)

    開催場所:Moscow, Russia

    開催期間:2014年08月

    題目又はセッション名:Tanaka, S., Kihara, M., and Sugimoto, M. Expression of nudix hydrolase genes in barley under UV irradiation (Tanaka, S., Kihara, M., and Sugimoto, M. Expression of nudix hydrolase genes in barley under UV irradiation)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:11th Asian Microgravity Symposium (11th Asian Microgravity Symposium)

    開催場所:Sapporo, Japan

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:Transcriptome Analysis of Rice Seeds after Long-term Exposure to Outside of International Space Station. (Transcriptome Analysis of Rice Seeds after Long-term Exposure to Outside of International Space Station.)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本宇宙生物科学会大会第30回大会

    開催場所:東京

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:国際宇宙ステーション船外に長期間曝露したイネ種子の生存能力とトランスクリプトーム解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本宇宙生物科学会大会第29回大会

    開催場所:東京

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:紫外線で誘導されるミナトカモジグサ由来Nudix hydrolase遺伝子

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:40th Scientific Assembly of the Committee on Space Research (40th Scientific Assembly of the Committee on Space Research)

    開催場所:Moscow, Russia

    開催期間:2014年08月

    題目又はセッション名:Genome-wide expression analysis of reactive oxygen species gene network in Mizuna plants grown in long-term spaceflight (Genome-wide expression analysis of reactive oxygen species gene network in Mizuna plants grown in long-term spaceflight)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会中四国支部

    役職・役割名:支部参与

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

  • おかやまバイオアクティブ研究会

    役職・役割名:企画委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 日本農芸化学会中四国支部

    役職・役割名:支部参与

    活動期間:2015年04月 ~ 2016年03月

  • おかやまバイオアクティブ研究会

    役職・役割名:企画委員

    活動期間:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 日本農芸化学会中四国支部

    役職・役割名:支部参与

    活動期間:2013年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:上毛新聞

    番組名等及び内容:「宇宙大麦」に驚き

    報道年月日:2017年05月21日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:読売新聞

    番組名等及び内容:「宇宙大麦」の麦社で乾杯

    報道年月日:2017年05月21日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:上毛新聞

    番組名等及び内容:親子で収穫体験 「宇宙大麦」豊作だ

    報道年月日:2016年05月16日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:テレビ

    会社名等:NHK岡山放送局

    番組名等及び内容:もぎたて!
    宇宙で保管のコメ”発芽の割合低下」

    報道年月日:2016年12月20日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:雑誌

    会社名等:子供の科学

    番組名等及び内容:宇宙保存の種子は発芽しにくくなる!?

    報道年月日:2017年02月10日

全件表示 >>

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:ロシア科学アカデミー生物医学研究所

    研究課題等:宇宙環境ストレスに曝露した資源植物が発現する遺伝子とタンパク質に関する研究

    研究テーマにおける役割:宇宙環境に曝露した大麦の遺伝子とタンパク質の発現を解析

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:ロシア科学アカデミー生物医学研究所

    研究課題等:宇宙環境ストレスに曝露した資源植物が発現する遺伝子とタンパク質に関する研究

    研究テーマにおける役割:宇宙環境に曝露した大麦の遺伝子とタンパク質の発現を解析

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:カザン大学基礎医学生物学研究所

    研究課題等:環境ストレス耐性機構解明のための遺伝子・タンパク質の探索、機能解析

    研究テーマにおける役割:環境ストレスに曝露した資源植物の遺伝子とタンパク質における機能を解析

  • 年度:2014年度

    相手方組織名称:ロシア科学アカデミー生物医学研究所

    研究課題等:宇宙環境ストレスに曝露した資源植物が発現する遺伝子とタンパク質に関する研究

    研究テーマにおける役割:宇宙環境に曝露した大麦の遺伝子とタンパク質の発現を解析

  • 年度:2014年度

    相手方組織名称:カザン大学基礎医学生物学研究所

    研究課題等:環境ストレス耐性機構解明のための遺伝子・タンパク質の探索、機能解析

    研究テーマにおける役割:環境ストレスに曝露した資源植物の遺伝子とタンパク質における機能を解析

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:30人

    開催日:2016年02月

    講座等名:ライフスタイルを彩る教養講座in倉敷

    講義題名:宇宙の食料生産にまつわる研究の最前線

    主催者:大学との連携による倉敷市中心市街地活性化事業実行委員会

    対象者:一般

    開催地,会場:倉敷国際ホテル

  • 年度:2013年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:30人

    開催日:2013年10月

    講座等名:第いきもの茶屋with岡山大学まちなかキャンパスin倉敷

    講義題名:植物、宇宙へ行く

    主催者:倉敷市

    対象者:中学生以上

    開催地,会場:倉敷市環境学習センター エコライブラリー

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    相手方国名:ロシア連邦

    プロジェクト名:部局間国際交流協定締結

    期間:2014年04月 ~ 継続中

    活動国名:ロシア連邦

    役割:日本側実施責任者

    相手方機関名:カザン大学基礎医学生物学研究所

  • 年度:2014年度

    相手方国名:アメリカ合衆国

    プロジェクト名:国際宇宙教育実験

    期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    活動国名:日本

    役割:日本側コーディネーター

    相手方機関名:ユタ州立大学

  • 年度:2011年度

    相手方国名:ロシア連邦

    プロジェクト名:部局間国際交流協定締結

    期間:2011年06月 ~ 2016年06月

    活動国名:ロシア連邦

    役割:日本側実施責任者

    相手方機関名:ロシア科学アカデミー生物医学研究所

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    他機関名:岡山県立倉敷南高等学校

    活動内容:キャリアI 社会人講義 講師

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    2014年5月24日開催「宇宙を旅したオオムギ」体験イベント(小中学生対象)の講師を務める。

  • 年度:2014年度

    2014年11月15日開催「宇宙を旅したオオムギ」体験イベント(小中学生対象)の講師を務める。

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:科学技術振興機構「未来の科学者養成講座」科学先取り岡山コース

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:科学技術振興機構「未来の科学者養成講座」の推進委員として活動を行った。

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:科学技術振興機構「未来の科学者養成講座」科学先取り岡山コース

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:科学技術振興機構「未来の科学者養成講座」の推進委員として活動を行った。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:学術交流委員会 シンポジウム担当

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:岡山大学資源生物科学研究所シンポジウム

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:倉敷キャンパスマネジメント委員会 施設・環境整備担当

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月