所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

工学部・機械システム系学科・メカトロニクスシステム学研究室

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

知能機械学・機械システム

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

移動ロボット,自己位置推定,運動計測装置,視覚装置,画像処理,電子回路

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:走行面の視覚追跡による移動ロボットの運動計測および誘導制御

    研究課題概要:自己位置推定

  • 研究課題名:ビジュアルオドメトリに基づく移動ロボット制御手法の開発

  • 研究課題名:床面の回転および並進運動を計測する視覚装置

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Path Tracking by a Mobile Robot Equipped with Only a Downward Facing Camera

    掲載誌名:IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS) (頁 6053 ~ 6058)

    発行年月:2015年09月

    著者氏名(共著者含):Isaku Nagai and Keigo Watanabe

  • 論文題目名:Positioning device for outdoor mobile robots using optical sensors and lasers

    掲載誌名:Advanced Robotics27巻 15号 (頁 1147 ~ 1160)

    発行年月:2013年07月

    著者氏名(共著者含):Isaku Nagai, Genki Yamauchi, Keiji Nagatani, Keigo Watanabe, Kazuya Yoshida

  • 論文題目名:4点測光式スポット位置検出装置

    掲載誌名:計測自動制御学会論文集47巻 1号 (頁 17 ~ 24)

    発行年月:2011年01月

    著者氏名(共著者含):永井 伊作,渡辺 桂吾

全件表示 >>

 

写真

氏名

永井 伊作 (ナガイ イサク)

NAGAI Isaku

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530岡山県岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama-shi, Okayama,700-8530 Japan

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)移動ロボット,自己位置推定,運動計測装置,視覚装置,画像処理,電子回路

(英)Mobile robot, Localization, Vision sensor, Motion estimation, Image processing, Electronic circuit

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:機械工

    卒業年月:1995年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:機械工学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1997年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor(Engineering))

    学位の分野名:知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2007年03月

  • 学位名:修士(工学) (Master of Engineering)

    学位の分野名:知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2007年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会 (The Japan Society of Mechanical Engineers)  /  日本国 ( 1993年06月 ~ 継続中 )

  • 日本ロボット学会 (The Robotics Society of Japan)  /  日本国 ( 2005年01月 ~ 継続中 )

  • 計測自動制御学会 (The Society of Instrument and Control Engineers)  /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

  • 知覚情報処理・知能ロボティクス (Perception information processing/intelligent robotics)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • ロボット工学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:走行面の視覚追跡による移動ロボットの運動計測および誘導制御

    キーワード:移動ロボット

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2005年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知覚情報処理・知能ロボティクス 、知能機械学・機械システム 、システム工学

    専門分野(researchmap分類):ロボット工学

  • 研究課題名:ビジュアルオドメトリに基づく移動ロボット制御手法の開発 (Study of visual odometry for mobile robots)

    キーワード:ビジュアルオドメトリ,CCDカメラ,電子回路,画像処理,床画像,走行面画像,画像追跡 (Localization,Camera,Machine vision, Image processing, Real-time vision, Floor image)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1999年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知能機械学・機械システム

    専門分野(researchmap分類):ロボット工学

  • 研究課題名:床面の回転および並進運動を計測する視覚装置 (Visual device measuring translation and rotation of floor image)

    キーワード:画像処理,画像追跡,路面,床面,デッドレコニング,自己位置推定,CCDカメラ,電子回路,FPGA (Robotics, Mechatronics, Image Processing, CCD Camera, Electronics, Visual Sensor, Floor image, Image tracking)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1999年01月 ~ 2005年03月

    専門分野(科研費分類):知覚情報処理・知能ロボティクス 、知能機械学・機械システム 、システム工学

    専門分野(researchmap分類):ロボット工学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:プログラミング2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:プログラミング

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:機械システム工学演習2

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:システムCAD

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:プログラミング1

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:特別研究

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    講義内容またはシラバス:メカトロニクスシステム学研究室における特別研究の指導

  • 年度:2015年度

    科目名:工学総合-科学技術と人間

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    講義内容またはシラバス: 現代社会では,工学上の問題は,技術的な問題だけでなく,社会,経済,環境,哲学,心理,国際的な点も複雑に関連しており,これら多面的な視点から検討しなければならない.本講義では,「科学技術」に関する問題に集中して,多面的な面から講義する.さらに,自主的,継続的な学習能力を併せて育成するために,受講生をグループに分け,「科学技術」に関する問題に関する調査を課題として与え,本講義の後約1/3において,調査した結果を報告させ,教員および学生とともに討論,採点を行う.

  • 年度:2015年度

    科目名:特別研究

    担当期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    講義内容またはシラバス:メカトロニクスシステム学研究室における特別研究の指導

  • 年度:2015年度

    科目名:システム工学で何ができるか

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    講義内容またはシラバス:本講義では,システム工学とは何か,システム工学のアプローチがなぜ必要になるか,システム工学のアプローチにはどのようなものがあるか,システム工学をどのように役立てていくかについて生産,ロボット,応用の3つを取り上げて講義する.
    システム工学とは何に関する基礎的な素養を身に付ける.

  • 年度:2014年度

    科目名:工学総合-科学技術と人間

    担当期間:2014年10月 ~ 2015年03月

    講義内容またはシラバス: 現代社会では,工学上の問題は,技術的な問題だけでなく,社会,経済,環境,哲学,心理,国際的な点も複雑に関連しており,これら多面的な視点から検討しなければならない.本講義では,「科学技術」に関する問題に集中して,多面的な面から講義する.さらに,自主的,継続的な学習能力を併せて育成するために,受講生をグループに分け,「科学技術」に関する問題に関する調査を課題として与え,本講義の後約1/3において,調査した結果を報告させ,教員および学生とともに討論,採点を行う.

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 25人 、(うち留学生数): 4人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 20人 、(うち留学生数): 4人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 12人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 15人 、(うち留学生数): 2人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2014年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 17人 、(うち留学生数): 2人

    博士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2013年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 16人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 1人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Autonomous Parking System of a Car-like Mobile Robot Using an Image Based Fuzzy Controller

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the Seventh Int. Conf. on Science and Engineering (ICSE 2016) (頁 247 ~ 251)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Kyaw Thiha, Yin Yin Aye, Keigo Watanabe, and Isaku Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Localization Method for Manta Robots Using an Optical Flow Technique

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal on Smart Material and Mechatronics3巻 2号 (頁 169 ~ 200)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Masaaki Ikeda, Kota Mikuriya, Keigo Watanabe, and Isaku Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Production of a Tilt Rotor System and a Speed Control of a DC Motor for Quadrotors

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 3rd Int. Symposium on Smart Material and Mechatronics (頁 21 ~ 24)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Tomohiko Hasegawa, Keigo Watanabe, and Isaku Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Localization Method for Manta Robots Using an Optical Flow Technique

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 3rd Int. Symposium on Smart Material and Mechatronics (頁 144 ~ 148)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Masaaki Ikeda, Kota Mikuriya, Keigo Watanabe, and Isaku Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Servo Control System for the Thruster of a Small-sized X4-AUV

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 3rd Int. Symposium on Smart Material and Mechatronics (頁 134 ~ 137)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Xiongshi Xu, Keigo Watanabe, and Isaku Nagai

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:鮎、牡蠣の香りの水晶振動子を用いた定性評価に関する基礎研究

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:公益財団法人 浦上食品・食文化振興財団

    発行日:2016年03月

    著者名:一橋和義(東京大学,東洋大学),永井伊作,倉橋みどり(東京大学)

    著書形態:共著

  • 著書名:Fundamental Control for a Manta-Like Fish Robot

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:

    発行日:2014年12月

    著者名:

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本機械学会 中国四国支部 第55期総会・講演会

    開催場所:広島工業大学

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:X4-AUVのための動⼒学モデルを⽤いた⾃⼰位置推定について

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)

    開催場所:札幌コンベンションセンター

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:自動車型移動ロボットの画像に基づくファジィ車庫入れ制御

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)

    開催場所:札幌コンベンションセンター

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:小型X4-AUV のためのスラスタのサーボ化とその制御

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Proc. of the Seventh Int. Conf. on Science and Engineering (ICSE 2016)

    開催場所:Yangon Technological University, Yangon, Myanmar

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:Autonomous Parking System of a Car-like Mobile Robot Using an Image Based Fuzzy Controller

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Proc. of the 3rd Int. Symposium on Smart Material and Mechatronics

    開催場所:Gowa, Makassar, South of Sulawesi, Indonesia

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:Production of a Tilt Rotor System and a Speed Control of a DC Motor for Quadrotors

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • FAN2017

    役職・役割名:実行委員・事務

    活動期間:2017年11月

  • 日本機械学会 2013年度年次大会

    役職・役割名:実行委員・広報

    活動期間:2012年02月 ~ 2013年09月

  • 日本機械学会 2013年度年次大会

    役職・役割名:実行委員・広報

    活動期間:2012年02月 ~ 2013年09月

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:次世代産業に関わる大学・高専シーズ発信会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2017年03月10日

    発表内容:自律走行車のための移動面模様参照式軌跡推定法

  • 名称:岡山リサーチパーク研究・展示発表会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2017年01月17日

    発表者氏名(共同作業者含):永井 伊作

    発表内容:カトロニクスシステム学研究室の研究紹介ポスター

  • 名称:岡山大学産学官融合センター 研究協力会 理事会・総会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2016年06月16日

    発表者氏名(共同作業者含):永井伊作

    発表内容:一輪駆動型パーソナルモビリティOtellerの開発

  • 名称:岡山リサーチパーク研究展示・発表会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2016年03月18日

    発表者氏名(共同作業者含):永井 伊作

    発表内容:車両の高精度な経路移動を実現する路面視覚追跡手法

  • 名称:岡山大学 知恵の見本市2015

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2015年12月04日

    発表者氏名(共同作業者含):渡辺 桂吾,永井 伊作,岩崎 裕大

    発表内容:一輪駆動型パーソナルモビリティ

    入賞等:研究奨励賞(第2位)

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:光点位置検出装置

    発明(考案)者名:永井 伊作

    登録番号:第5429897号

    登録日:2013年12月13日

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:150人

    開催日:2017年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:150人

    開催日:2016年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:200人

    開催日:2015年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2014年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:200人

    開催日:2014年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2014年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:26人

    開催日:2014年08月

    講座等名:平成26年度岡山大学工学部公開講座(岡山県生涯学習大学連携講座)

    講義題名:ロボット工学の世界

    主催者:岡山大学工学部機械システム系学科(システム工学コース)

    対象者:高校生~一般

    開催地,会場:岡山大学工学部5号館,総合研究棟の研究室

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:鳥取県立米子東高等学校

    実施日時,時間数:2017年9月14日(木)14:00~17:00
    3時間

    活動内容:大学訪問
    科学実験(工学)「ロボットセンサー」

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:鳥取県立米子東高等学校

    実施日時,時間数:2016年9月14日(水)14:00~17:00
    3時間

    活動内容:大学訪問
    科学実験(工学)「ロボットセンサー」

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立一宮高校

    実施日時,時間数:2016年10月14日

    活動内容:研究室見学,20名

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立倉敷南高等学校

    実施日時,時間数:2016年10月4日(火)
    50分,2回

    活動内容:講師派遣

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:鳥取県立米子東高等学校

    実施日時,時間数:2015年11月4日
    2時間

    活動内容:「総合的な学習の時間」における講演

全件表示 >>

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:工学部同窓会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:システム系学内幹事

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:情報化委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:工学部同窓会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:システム系学内幹事

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:新カリキュラム学生実験検討ワーキンググループ

  • 年度:2014年度

    貢献の項目と割合等:新カリキュラム学生実験検討ワーキンググループ,
    工学部同窓会(システム系)監査幹事

  • 年度:2013年度

    貢献の項目と割合等:システム工学科広報ワーキンググループ,
    新カリキュラム学生実験検討ワーキンググループ,
    工学部同窓会(システム系)学科連絡員

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:工学部同窓会(システム系)学科連絡員

    役職:委員

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:学科共通ソフトウェア(MS-Imagine等)管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:学科ホームページ担当,
    学科共通ソフトウェア(DreamSpark等)管理者,
    専攻サーバ管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:学科ホームページ担当,
    学科共通ソフトウェア(DreamSpark等)管理者,
    専攻サーバ管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2014年度

    貢献の項目と割合等:学科ホームページ担当,
    学科共通ソフトウェア(DreamSpark等)管理者,
    専攻サーバ管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2013年度

    貢献の項目と割合等:学科ホームページ担当,
    学科共通ソフトウェア(DreamSpark等)管理者,
    専攻サーバ管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者