職名 【 表示 / 非表示

助教

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

歯学教育

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規歯科医療用材料、技術の開発

    研究課題概要:

  • 研究課題名:健康長寿社会の実現に貢献する歯科医療人養成

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Peptide-modified Substrate for Modulating Gland Tissue Growth and Morphology In Vitro

    掲載誌名: Scientific Reports

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

武田 宏明 (タケタ ヒロアキ)

TAKETA Hiroaki

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)歯学教育

(英)dental education

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:歯学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2014年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学)

    学位の分野名:社会系歯学 (Social odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2014年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科 、附属医療教育統合開発センター

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年02月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本総合歯科学会 /  日本国 ( 2013年11月 ~ 継続中 )

  • 日本バイオマテリアル学会 /  日本国 ( 2013年07月 ~ 継続中 )

  • 日本歯科医学教育学会 /  日本国 ( 2013年05月 ~ 継続中 )

  • 岡山歯学会 /  日本国 ( 2013年04月 ~ 継続中 )

  • 日本歯科保存学会 /  日本国 ( 2010年05月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規歯科医療用材料、技術の開発

    キーワード:バイオマテリアル、ティッシュエンジニアリング

    研究態様:未設定

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):歯科材料

  • 研究課題名:健康長寿社会の実現に貢献する歯科医療人養成

    キーワード:歯学教育

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2015年02月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):その他

    専門分野(researchmap分類):歯科学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:介護施設を用いたPBL演習

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:講義シリーズ3(在宅介護医療)

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:在宅介護歯科医療演習

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:在宅介護歯科医療実習

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2017年度

    授業科目:講義シリーズ2(急性期医療)

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:大学院医歯薬学総合研究科 教育功労賞

    受賞年月:2018年01月

    授与機関:岡山大学

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Peptide-modified Substrate for Modulating Gland Tissue Growth and Morphology In Vitro

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名: Scientific Reports

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:女性歯科医師の考える理想の歯科医師像-岡山大学病院臨床研修修了女性歯科医師へのアンケート調査から-.(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本総合歯科学会雑誌9巻 1号 (頁 28 ~ 35)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Resin adhesion strengths to zirconia ceramics after primer treatment with silane coupling monomer or oligomer.(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Dental Materials Journal 35巻 5号 (頁 600 ~ 605)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Okada M,Inoue K,Irie M,Taketa H,Torii Y and Matsumoto T

    共著区分:共著

  • 論文題目名:MCSF orchestrates branching morphogenesis in developing submandibular gland tissue

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Cell Science, The Quarterly journal of microscopical science130巻 9号 (頁 1559 ~ 1569)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):Gulsan Ara Sathi ,Mahmoud Farahat,Emilio Satoshi Hara *,Hiroaki Taketa*,Hitoshi Nagatsuka*,Takuo Kuboki*,Takuya Matsumoto*

    共著区分:共著

    DOI:10.1242/jcs.196907

  • 論文題目名:MSCs feeder layers induce SMG self-organization and branching morphogenesis.(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS One12巻 4号 (頁 1 ~ 14)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Farahat M,Sathi GA,Hara ES,Taketa H,Kuboki T and Matsumoto T

    共著区分:共著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Dental Materials Journal

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本歯科保存学会2018年春季学術大会

    開催場所:横浜

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:レジンセメントの大臼歯用CAD/CAM Blockに対するせん断接着強さ

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第 70 回日本歯科理工学会学術講演会プログラム

    開催場所:大阪

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:高透光性ジルコニアの機械的強さに及ぼす表面処理の影響

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:17th Asian BioCeramics Symposium

    開催場所:岡山

    開催期間:2017年11月 ~ 2017年12月

    題目又はセッション名:Influence of surface treatment conditions on flexural strength of zirconia

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第10回 日本総合歯科学会 学術大会・総会

    開催場所:新潟

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:医療面接における模擬患者評価と研修歯科医師の共感性および共感的態度との関係

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第10回 日本総合歯科学会 学術大会・総会

    開催場所:新潟

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:在宅歯科医療シミュレーション実習の教育効果

全件表示 >>