所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部・物理学科

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物性II

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

超伝導

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ファンホーブ特異性を有するハニカム格子化合物におけるカイラルd 波超伝導状態の探索

    研究課題概要:

  • 研究課題名:ドープ原子ホログラフィーによる高臨界温度鉄系超伝導体の設計と創成

  • 研究課題名:コドーピングによる高臨界温度鉄系超伝導体の創成と超伝導増強因子の解明

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Impact of Local Atomic Fluctuations on Superconductivity of Pr-Substituted CaFe2As2 Studied by X-ray Fluorescence Holography

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan88巻 6号 (頁 063704-1 ~ 063704-5)

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):K. Kudo, S. Ioka, N. Happo, H. Ota, Y. Ebisu, K. Kimura, T. Hada, T. Kimura, H. Tajiri, S. Hosokawa, K. Hayashi, M. Nohara

  • 論文題目名:Superconductivity in Hexagonal BaPtAs: SrPtSb- and YPtAs-type Structures with Ordered Honeycomb Network

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan87巻 7号 (頁 073708-1 ~ 073708-5)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):K. Kudo, T. Takeuchi, H. Ota, Y. Saito, S. Ayukawa, K. Fujimura, M. Nohara,

  • 論文題目名:Superconducting Transition Temperatures of up to 47 K from Simultaneous Rare-Earth Element and Antimony Doping of 112-Type CaFeAs2

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan83巻 9号 (頁 093705-1 ~ 093705-4)

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):K. Kudo, Y. Kitahama, K. Fujimura, T. Mizukami, H. Ota, M. Nohara

全件表示 >>

 

写真

氏名

工藤 一貴 (クドウ カズタカ)

KUDO Kazutaka

所属専攻講座

異分野基礎科学研究所

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)超伝導

(英)Superconductivity

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東北大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:応用物理学科

    卒業年月:1998年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東北大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:応用物理学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2003年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:東北大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:応用物理学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:2000年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学)

    学位の分野名:物性II (Physical properties II)

    学位授与機関名:東北大学 (Tohoku University)

    取得方法:課程

    取得年月:2003年03月

  • 学位名:修士(工学)

    学位の分野名:物性II (Physical properties II)

    学位授与機関名:東北大学 (Tohoku University)

    取得方法:課程

    取得年月:2000年03月

  • 学位名:学士(工学)

    学位の分野名:物性II (Physical properties II)

    学位授与機関名:東北大学 (Tohoku University)

    取得方法:課程

    取得年月:1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:異分野基礎科学研究所

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2013年11月 ~ 2016年03月

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2010年03月 ~ 2013年10月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:東北大学金属材料研究所

    経歴名:助教

    経歴期間:2007年04月 ~ 2010年02月

  • 所属(勤務)先:東北大学金属材料研究所

    経歴名:助手

    経歴期間:2003年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻

    経歴名:日本学術振興会特別研究員

    経歴期間:2000年04月 ~ 2003年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会 /  日本国 ( 2002年11月 ~ 継続中 )

  • 日本物理学会 /  日本国 ( 1998年07月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性II (Physical properties II)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 超伝導

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ファンホーブ特異性を有するハニカム格子化合物におけるカイラルd 波超伝導状態の探索

    キーワード:超伝導

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    専門分野(科研費分類):物性II

    専門分野(researchmap分類):超伝導

  • 研究課題名:ドープ原子ホログラフィーによる高臨界温度鉄系超伝導体の設計と創成 (Design and development of high-Tc iron-based superconductors using doped-atom holography)

    キーワード:超伝導 (Superconductivity)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月

    専門分野(科研費分類):物性II

    専門分野(researchmap分類):超伝導

  • 研究課題名:コドーピングによる高臨界温度鉄系超伝導体の創成と超伝導増強因子の解明 (Development of high-Tc iron-based superconductors by co-doping)

    キーワード:超伝導 (Superconductivity)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    専門分野(科研費分類):物性II

    専門分野(researchmap分類):超伝導

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:力学演習2B

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:量子磁性物理学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:力学演習2A

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:力学演習1B

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:量子物性物理学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Thermal Conductivity and Magnetic Phase Diagram of CuB2O4

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan88巻 11号 (頁 114708-1 ~ 114708-6)

    発行年月:2019年10月

    著者氏名(共著者含):T. Kawamata, N. Sugawara, S. M. Haidar, T. Adachi, T. Noji, K. Kudo, N. Kobayashi, Y. Fujii, H. Kikuchi, M. Chiba, G. A. Petrakovskii, M. A. Popov, L. N. Bezmaternykh, Y. Koike

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.88.114708

  • 論文題目名:The local structure of the Ca0.9Pr0.1Fe2As2 superconductor as a function of temperature

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Superconductor Science and Technology32巻 9号 (頁 095001-1 ~ 095001-7)

    発行年月:2019年07月

    著者氏名(共著者含):E. Paris, T. Wakita, L. Simonelli, C. Marini, W. Olszewski, K. Terashima, F. Stramaglia, G. M. Pugliese, T. Mizokawa, S. Ioka, K. Kudo, M. Nohara, T. Yokoya, N. L. Saini

    共著区分:共著

    DOI:10.1088/1361-6668/ab2792

  • 論文題目名:Impact of Local Atomic Fluctuations on Superconductivity of Pr-Substituted CaFe2As2 Studied by X-ray Fluorescence Holography

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan88巻 6号 (頁 063704-1 ~ 063704-5)

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):K. Kudo, S. Ioka, N. Happo, H. Ota, Y. Ebisu, K. Kimura, T. Hada, T. Kimura, H. Tajiri, S. Hosokawa, K. Hayashi, M. Nohara

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.88.063704

  • 論文題目名:Interplay between spin-orbit interaction and stripe-type charge-orbital order of IrTe2

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Physics and Chemistry of Solids128巻 (頁 270 ~ 274)

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):D. Ootsuki, H. Ishii, K. Kudo, M. Nohara, M. Arita, H. Namatame, M. Taniguchi, N. L. Saini, T. Mizokawa

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jpcs.2018.02.015

  • 論文題目名:Ultrathin Bismuth Film on High-Temperature Cuprate Superconductor Bi2Sr2CaCu2O8+d as a Candidate of a Topological Superconductor

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ACS Nano12巻 11号 (頁 10977 ~ 10983)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):N. Shimamura, K. Sugawara, S. Sucharitakul, S. Souma, K. Iwaya, K. Nakayama, C. X. Trang, K. Yamauchi, T. Oguchi, K. Kudo, T. Noji, Y. Koike, T. Takahashi, T. Hanaguri, and T. Sato

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acsnano.8b04869

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:鉄系および関連物質における新超伝導体の開発

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:未踏科学技術協会超伝導科学技術研究会 FSST NEWS150巻 (頁 17 ~ 19)

    出版機関名:一般社団法人未踏科学技術協会

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):工藤一貴, 野原実

    共著区分:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Scientific Reports (Nature Publishing Group)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Scientific Reports (Nature Publishing Group)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Scientific Reports (Nature Publishing Group)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Scientific Reports (Nature Publishing Group)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:Scientific Reports (Nature Publishing Group)

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Pan Pacific International Symposium on Chalcogenide Functional Materials

    開催場所:Kumamoto University, Kumamoto, Japan

    開催期間:2019年11月

    題目又はセッション名:Superconductivity induced by breaking dimers of IrTe2 and AuTe2

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:International Conference on The Strucure of Non-crystalline Materials (NCM14)

    開催場所:Nichii Gakkan Kobe Port Island Center, Kobe, Japan

    開催期間:2019年11月

    題目又はセッション名: Influence of Positional Fluctuations of Arsenic Atoms on Superconductivity of Pr-Substituted CaFe2As2 Revealed by X-Ray Fluorescence Holography

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 (SCES’19)

    開催場所:Okayama Convention Center, Okayama, Japan

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:Exploration of Chiral Superconductivity in Hexagonal BaPtAs and BaPtSb

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:新学術領域研究「量子液晶の物性科学」キックオフミーティング

    開催場所:東京大学(東京都・文京区)

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名:Development of novel superconducting materials using polymorphism

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Research Frontier of Advanced Spectroscopies for Correlated Electron Systems

    開催場所:IMR, Tohoku University, Sendai, Japan

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:Exploration of Novel Pt-Based Superconductors with Honeycomb Networks

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞 電子版

    会社名等:日本経済新聞 電子版

    番組名等及び内容:東大と岡山大、光励起による超高速原子変位を観測-光メモリ等のデバイス開発につながる光制御

    報道年月日:2018年07月28日

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:鉄系超電導物質及びその製造方法

    発明(考案)者名:澤博,片山尚幸,細野秀雄,野原実,工藤一貴

    登録番号:特許第6403123

    登録日:2018年09月21日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:第15回小池研シンポジウムベストプレゼンテーション賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2017年08月25日

    受賞国:日本国

    授与機関:東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻小池研究室

    受賞者・受賞グループ名:工藤一貴

    題目名:超伝導体を、見つけ出す。

  • 受賞学術賞名:第20回超伝導科学技術賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2016年04月21日

    受賞国:日本国

    授与機関:一般社団法人 未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会

    受賞者・受賞グループ名:荻野拓,下山淳一,野原実,工藤一貴

    題目名:新構造鉄系超伝導物質群の発見

  • 受賞学術賞名:JPSJ 2015 Highly Cited Article

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2016年04月15日

    受賞国:日本国

    授与機関:The Physical Society of Japan

    受賞者・受賞グループ名:Kazutaka Kudo, Tasuku Mizukami, Yutaka Kitahama, Daisuke Mitsuoka, Keita Iba, Kazunori Fujimura, Naoki Nishimoto, Yuji Hiraoka, Minoru Nohara

    題目名:Enhanced Superconductivity up to 43 K by P/Sb Doping of Ca1−xLaxFeAs2

  • 受賞学術賞名:JPSJ 2015 Highly Cited Article

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2016年04月15日

    受賞国:日本国

    授与機関:The Physical Society of Japan

    受賞者・受賞グループ名:Kazutaka Kudo, Yutaka Kitahama, Kazunori Fujimura, Tasuku Mizukami, Hiromi Ota, Minoru Nohara

    題目名:Superconducting Transition Temperatures of up to 47 K from Simultaneous Rare-Earth Element and Antimony Doping of 112-Type CaFeAs2

  • 受賞学術賞名:日本物理学会第21回(2016年)論文賞 (21st Outstanding Paper Award of the Physical Society of Japan)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2016年03月20日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本物理学会

    受賞者・受賞グループ名:Sunseng Pyon, Kazutaka Kudo, Minoru Nohara

    題目名:Superconductivity Induced by Bond Breaking in the Triangular Lattice of IrTe2

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:量子液晶物質の開発(研究分担者)

    研究期間:2019年06月 ~ 2024年03月

    資金支給機関:文部科学省

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ハニカム構造を持つ遷移金属化合物における新奇超伝導状態の探索

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ファンホーブ特異性を有するハニカム格子化合物におけるカイラルd 波超伝導状態の探索

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

  • 研究種目名:新学術領域研究

    研究題目:ドープ原子ホログラフィーによる高臨界温度鉄系超伝導体の設計と創成

    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:コドーピングによる高臨界温度鉄系超伝導体の創成と超伝導増強因子の解明

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省