所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

教育学部・教育心理学講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

教育心理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

教育心理学, 学校臨床心理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:青年期における職業忌避的傾向

    研究課題概要:

  • 研究課題名:学校生活におけるストレスとソーシャル・サポート

  • 研究課題名:児童期・青年期の問題行動

 

写真

氏名

古市 裕一 (フルイチ ユウイチ)

FURUICHI Yuichi

所属専攻講座

教育学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)教育心理学, 学校臨床心理学

(英)Educational Psychology, School Clinical Psychology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学

    学校の種類:大学

    学部名:文学部

    学科名:教育心理学

    卒業年月:1975年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:文学研究科

    専攻名:教育心理学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1978年03月

    修了区分:中退

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学修士 (Master of Letters)

    学位の分野名:教育心理学 (Educational psychology)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科

    経歴名:教授

    経歴期間:1999年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本キャリア教育学会 /  日本国 ( 2005年10月 ~ 2010年12月 )

    役職・役割名:常任理事

    活動期間:2005年10月 ~ 2010年12月

  • 日本学校心理士会岡山支部 /  日本国 ( 2001年12月 ~ 2011年03月 )

    役職・役割名:事務局長

    活動期間:2001年12月 ~ 2011年03月

  • 日本パーソナリティ心理学会 /  日本国 ( 1994年04月 ~ 継続中 )

  • 日本健康心理学会 /  日本国 ( 1991年04月 ~ 継続中 )

  • 日本精神衛生学会 /  日本国 ( 1991年03月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学 (Educational psychology)

  • 臨床心理学 (Clinical psychology)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学校心理士(学会連合資格「学校心理士」認定運営機構)

  • 認定カウンセラー(日本カウンセリング学会)

  • キャリア・カウンセラー(日本キャリア教育学会)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:青年期における職業忌避的傾向 (Unwillingness to get a job in adolescents)

    キーワード:職業未決定,青年期 (career indecision,adolescence)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1995年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育心理学

    専門分野(ReaD分類):

  • 研究課題名:学校生活におけるストレスとソーシャル・サポート (Stress and Social Supports in School Life)

    キーワード:ストレス,ソーシャル・サポート,学校 (stress,social support,school)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1993年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育心理学

    専門分野(ReaD分類):

  • 研究課題名:児童期・青年期の問題行動

    キーワード:問題行動,児童期,青年期

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1980年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育心理学

    専門分野(ReaD分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    授業科目:特別活動とキャリア教育の実際

    担当期間:2014年10月 ~ 2015年03月

    授業形式:

  • 年度:2014年度

    授業科目:学校教育研究特論Ⅲ(教育心理学)

    担当期間:2014年04月 ~ 2014年09月

    授業形式:

  • 年度:2014年度

    授業科目:学校教育の理念と今日的課題

    担当期間:2014年04月 ~ 2014年09月

    授業形式:

  • 年度:2014年度

    授業科目:学校教育心理学

    担当期間:2014年04月 ~ 2014年09月

    授業形式:

  • 年度:2014年度

    授業科目:学校教育心理学

    担当期間:2014年04月 ~ 2014年09月

    授業形式:

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    以下に示す研修会等に参加し,自己研鑽に努めた。
    ①岡山大学主催:「岡山大学学都創生シンポジウム・社会に応える教育を目指して」(2013年6月29日)
    ②岡山大学教育開発センターFD委員会主催:「桃太郎フォーラムXVI」(2013年9月20日)
    ③岡山大学教育学研究科FD委員会・ESD協働推進室共催:「岡山大学におけるESDの推進について」(2013年10月23日)
    ④岡山大学教育学研究科FD委員会主催:「ハラスメント相談の基礎と学生対応について」(2014年2月20日)
    ⑤岡山大学教育学研究科主催:「2013教職大学院シンポジウム 教育実践力の高度化を目指した大学・教育委員会・学校の連携」(2014年3月6日)
    ⑥岡山大学教育学研究科・教師教育開発センター:先進的教員養成プロジェクト中間報告会・シンポジウム「教員の資質向上に寄与する『大学と学校・教育委員会の協働』の実現」(2014年3月7日)

  • 年度:2012年度

    以下に示す研修会等に参加し,自己研鑽に努めた。
    ①教育学研究科FD委員会・入試委員会・教務委員会主催:「AO入試に関する報告-AO入試に関する現状と今後の方針について,他」(2012年5月23日)
    ②岡山大学教育開発センターFD委員会主催:「桃太郎フォーラムXV」(2012年9月20日)
    ③教育学研究科FD委員会・教育心理学講座:「教育心理学実験」授業公開・意見交換(2012年11月2日)
    ④教育学研究科FD委員会主催:「学校における感染症対策」(2012年12月19日)
    ⑤教育学研究科FD委員会主催:「岡山大学における学士課程教育構築システム(Q-cumシステム)について」(2013年1月23日)

  • 年度:2011年度

    以下に示す研修会等に参加し,自己研鑽に努めた。
    ①教育学研究科FD委員会・教育心理学講座:「教育心理学実験」授業公開・意見交換(2011年10月28日)
    ②教育学研究科FD委員会主催:「ハラスメント及び学生対応について」(2012年2月16日)

  • 年度:2010年度

    以下に示す研修会等に参加し,自己研鑽に努めるとともに,みずからの授業(教育心理学実験)の公開を行い,参加者の意見をもとにその改善に努めた。
    ①岡山大学教育開発センターFD委員会主催:「桃太郎フォーラムXIII」(2010年9月10日)
    ②教育学研究科FD委員会主催:「岡山大学における学士課程教育の構築」(2010年10月20日)
    ③教育学研究科FD委員会・教育心理学講座:「教育心理学実験」授業公開・意見交換(2010年10月22日)
    ④教育学研究科FD委員会主催:「ハラスメント及び学生対応に関する研修会」(2011年2月23日)
    ⑤教育学研究科FD委員会主催:「WebClassの利用について/付属学校園SNSへの登録とデモンストレーション」(2011年3月11日)

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2012年度

    卒業論文指導学生: 10人

    修士論文指導学生: 0人

    博士論文指導学生: 3人

  • 年度:2011年度

    卒業論文指導学生: 6人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 2人

  • 年度:2010年度

    卒業論文指導学生: 4人

    博士論文指導学生: 2人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:学校児童・生徒への支援体制に関する尺度構成の試み ( An attempt to construct a scale on school support systems for pupils and students)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録 ( Bulletin of Graduate School of Education Okayama University) 155号 (頁 1 ~ 12)

    発行年月:2014年02月

    著者氏名(共著者含):荊木まき子,淵上克義,古市裕一 ( Makiko Ibaraki, Katsuyoshi Fuchigami, and Yuichi Furuichi)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:教師の賞賛が小学生の自尊感情と学校適応に及ぼす影響 ( Effects of teachers' praises on elementary school pupils' self-esteem and school adjustment)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録 ( Bulletin fo Graduate School of Education,Okayama University) 154巻 (頁 25 ~ 31)

    発行年月:2013年11月

    著者氏名(共著者含):古市裕一,柴田雄介 ( Yuichi Furuichi & Yusuke Shibata)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:大学生の職業忌避的傾向と自己効力感および就業不安 ( Factors contributing to unwillingness to get a job in university students)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録 ( Bulletin of Graduate School of Education) 151号 (頁 43 ~ 50)

    発行年月:2012年11月

    著者氏名(共著者含):古市裕一

    共著区分:単著

  • 論文題目名:中学校教師におけるストレス反応及びバーンアウトに関連する諸要因 ( Stress responses and burnout in junior high school teachers)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:学校メンタルヘルス ( Journal of School Mental Health) 14巻 2号 (頁 169 ~ 180)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):藤原忠雄, 古市裕一, 松岡洋一 ( Tadao FUJIWARA, Yuichi FURUICHI, & Yoichi MATSUOKA)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:高等学校教師におけるストレス構造の解明 ( Factors contributing to stress and burnout in high school teachers)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ストレスマネジメント研究 ( Stress Management Research) 8巻 1号 (頁 21 ~ 30)

    発行年月:2011年09月

    著者氏名(共著者含):藤原忠雄,古市裕一,松岡洋一

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:よくわかる学校教育心理学(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2010年04月

    著者名:森敏昭,青木多寿子,淵上克義,古市裕一他

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    学術雑誌名:カウンセリング研究(日本カウンセリング学会機関誌)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2012年度

    学術雑誌名:キャリア教育研究(日本キャリア教育学会機関誌)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2012年度

    学術雑誌名:カウンセリング研究(日本カウンセリング学会機関誌)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2011年度

    学術雑誌名:カウンセリング研究(日本カウンセリング学会機関誌)

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2011年度

    学術雑誌名:キャリア教育研究(日本キャリア教育学会機関誌)

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    件数:1件

    学術雑誌名:キャリア教育研究(日本キャリア教育学会)

  • 年度:2013年度

    件数:3件

    学術雑誌名:カウンセリング研究(日本カウンセリング学会)

  • 年度:2012年度

    件数:4件

    学術雑誌名:キャリア教育研究(日本キャリア教育学会)

  • 年度:2012年度

    件数:3件

    学術雑誌名:カウンセリング研究(日本カウンセリング学会)

  • 年度:2011年度

    件数:2件

    学術雑誌名:キャリア教育研究(日本キャリア教育学会)

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本キャリア教育学会第32回研究大会

    開催場所:新潟市西区五十嵐

    開催期間:2010年11月

    題目又はセッション名:大学生の職業忌避的傾向と自己効力感および就業不安

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本学校心理士会岡山支部

    役職・役割名:事務局長・幹事

    活動期間:2011年01月 ~ 2011年03月

    活動内容:2011年3月31日まで,日本学校心理士会岡山支部事務局長として,支部の運営全般,とくに支部報の作成,会計処理,次期事務局への引き継ぎ,その他に携わった。4月1日以降は,同幹事として,引き継ぎ作業を続けるとともに,支部の運営に携わった。

  • 日本学校心理士会岡山支部

    役職・役割名:事務局長

    活動期間:2010年01月 ~ 2010年12月

    活動内容:日本学校心理士会岡山支部事務局長として,支部の運営全般(総会・研修会の開催,支部報の作成,会計,その他)に携わった。

  • 日本キャリア教育学会

    役職・役割名:学会功労賞選考委員

    活動期間:2010年01月 ~ 2010年12月

    活動内容:日本キャリア教育学会学会功労賞選考委員会委員として,候補者の選考審査等に携わった。

  • 日本キャリア教育学会

    役職・役割名:学会賞選考委員

    活動期間:2010年01月 ~ 2010年12月

    活動内容:日本キャリア教育学会学会賞選考委員会委員として,候補者の選考審査等に携わった。

  • 日本キャリア教育学会

    役職・役割名:常任理事

    活動期間:2010年01月 ~ 2010年12月

    活動内容:日本キャリア教育学会常任理事として,学会の運営全般に携わった。

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本学校メンタルヘルス学会最優秀論文賞(理事長賞「中島一憲記念賞」)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2013年01月13日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本学校メンタルヘルス学会

    受賞者・受賞グループ名:藤原忠雄,古市裕一,松岡洋一

  • 受賞学術賞名:日本キャリア教育学会賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2012年10月27日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本キャリア教育学会

    受賞者・受賞グループ名:古市裕一

  • 受賞学術賞名:日本進路指導協会会長感謝状

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:2008年08月12日

    受賞国:日本国

    授与機関:財団法人日本進路指導協会

    受賞者・受賞グループ名:古市裕一

    題目名:進路指導の研究・実践をとおした進路指導発展への貢献

 

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    平成25年度教員免許状更新講習講師(12月14日)「子どもの変化についての理解」

  • 年度:2012年度

    平成24年度教員免許状更新講習講師(12月8日)「子どもの変化についての理解」

  • 年度:2011年度

    平成23年度教員免許状更新講習講師(12月4日)「子どもの変化についての理解」

  • 年度:2010年度

    平成22年度教員免許状更新講習講師(12月4日)「子どもの変化についての理解」

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    役職:その他

    職名:研究科長室協力教員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:研究科長室協力教員として,学部・研究科の管理運営全般について貢献した。

  • 年度:2012年度

    役職:その他

    職名:研究科長室協力教員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:研究科長室協力教員として,学部・研究科の管理運営全般について貢献した。

  • 年度:2011年度

    役職:その他

    職名:研究科長室協力教員

    任期:2011年04月 ~ 2012年03月

    貢献の実績:研究科長室協力教員として,学部・研究科の管理運営全般,とりわけ教員活動評価の実施等について貢献した。

  • 年度:2010年度

    役職:その他

    職名:研究科長室協力教員

    任期:2010年04月 ~ 2011年03月

    貢献の実績:研究科長室協力教員として,学部・研究科の管理運営全般,とりわけ教員活動評価の実施等について貢献した。

  • 年度:2009年度

    役職:その他

    職名:研究科長室協力教員

    任期:2009年04月 ~ 2010年03月

    貢献の実績:研究科長室協力教員として,学部・研究科の管理運営全般,とりわけ教員活動評価の実施等について貢献した。

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:岡山大学ファカルティ・コーディネーター

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 2012年03月

    貢献の実績:岡山大学ファカルティ・コーディネーターとして主に教育学部の学士課程教育の構築に関わる検討,各種の作業等を行った。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:岡山大学ファカルティ・コーディネーター

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 2011年03月

    貢献の実績:前年度に引き続き,岡山大学ファカルティ・コーディネーターとして主に教育学部の学士課程教育の構築に関わる検討,各種の作業等を行った。

  • 年度:2009年度

    委員会等の名称:岡山大学ファカルティー・コーディネーター

    役職:委員

    任期:2009年11月 ~ 2010年03月

    貢献の実績:岡山大学ファカルティ・コーディネーターとして主に教育学部の学士課程教育の構築に関わる検討,各種の作業等を行った。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:教育学部・教育学研究科運営委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:教育学部・教育学研究科運営委員会委員として,学部・研究科の運営全般にかかわる協議等を行った。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:教員活動評価委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:2013年度実施の教員活動評価について,その実施計画の検討から実施,結果報告までの全般にわたって担当した。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:非常勤講師任用審査委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:教育学部・教育学研究科等における非常勤講師任用申請について,個々の申請の適否等の検討作業を行った。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:教員養成カリキュラム検討機構

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:教育学部・教育学研究科の教員養成カリキュラムの点検等を行った。

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:教育実践専攻自己点検評価実施委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:教育学研究科長室の一員として,教職大学院認証評価にかかわる報告書の作成等に協力した。

全件表示 >>

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:学術研究連絡委員

    役職:委員

    貢献の実績:講座の学術研究連絡委員として,学術雑誌の管理,学生用図書の購入等にかかわる連絡調整等を行った。

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:講座主任

    役職:委員

    貢献の実績:教育心理学講座の講座主任として,講座会議の運営をはじめ,各種の業務に従事した。

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:学術研究連絡委員

    役職:委員

    貢献の実績:講座の学術研究連絡委員として,学術雑誌の管理,学生用図書の購入等にかかわる連絡調整等を行った。

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:講座主任

    役職:委員

    貢献の実績:教育心理学講座の講座主任として,講座会議の運営をはじめ,各種の業務に従事した。

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:学術研究連絡委員

    役職:委員

    貢献の実績:講座の学術研究連絡委員として,学術雑誌の管理,附属図書館の電子ジャーナルの更新や学生用図書の購入等にかかわる連絡調整等を行った。

全件表示 >>