職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

分析化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

地球科学、分析化学、質量分析学、生体物質分析化学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:Fe-Cu-Zn安定同位体の地球科学

    研究課題概要:生物・地球上での鉄、銅、亜鉛安定同位体のフラクショネーションをトレーサーとして用いる

  • 研究課題名:生物・人体中での元素の分布と病気との関連

  • 研究課題名:全元素の定量法の開発

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Thermal Ionization Mass Spectrometry (TIMS), Silicate Digestion, Separation, Measurement

    出版機関名:Wiley-VCH

    発行日:2016年03月

    著者名:

    著書形態:単著

    担当部分:all

  • 論文題目名:Space environment of an asteroid preserved on micro-grains returned by the Hayabusa spacecraft.

    掲載誌名:PNAS Plus109巻 (頁 4031 ~ 4032)

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):Nakamura, E., Makishima, A., Moriguti, T., Kobayashi, K., Tanaka, R., Tsujimori, T., Kunihiro, T., Sakaguchi, C., Kitagawa, H., Ota, T., Yachi, Y., Yada, T., Abe, M., Fujimura, A., Ueno, M., Mukai, T., Yoshikawa, M. and Kawaguchi, J.

  • 論文題目名:Space environment of an asteroid preserved on micro-grains returned by the Hayabusa spacecraft.

    掲載誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences Plus109巻 (頁 E624 ~ E629)

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):Nakamura, E., Makishima, A., Moriguti, T., Kobayashi, K., Tanaka, R., Tsujimori, T., Kunihiro, T., Sakaguchi, C., Kitagawa, H., Ota, T., Yachi, Y., Yada, T., Abe, M., Fujimura, A., Ueno, M., Mukai, T., Yoshikawa, M. and Kawaguchi, J.

全件表示 >>

 

写真

氏名

牧嶋 昭夫 (マキシマ アキオ)

MAKISHIMA Akio

所属専攻講座

惑星物質研究所

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒682-0193 鳥取県東伯郡三朝町山田827

(英)827 Yamada, Misasa-cho, Tohaku-gun, Tottori 682-0193 Japan

研究室電話

(日)0858-43-3742

(英)+81-858-43-3742

研究室FAX

(日)0858-43-2184

(英)+81-858-43-2184

ホームページ

http://misasa.okayama-u.ac.jp/

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)地球科学、分析化学、質量分析学、生体物質分析化学

(英)geochemistry, analytical chemistry, Mass Sprctromrtry, Metalomics

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:化学

    卒業年月:1984年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学

    研究科名:理学系研究科

    専攻名:化学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1986年03月

    修了区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Doctor (Science))

    学位の分野名:分析化学 (Analytical chemistry)

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:論文

    取得年月:1992年03月

  • 学位名:理学修士

    学位の分野名:

    学位授与機関名:東京大学 (The University of Tokyo)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:惑星物質研究所

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:■廃止組織■

    組織名:地球内部研究センター

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:1989年01月 ~ 1996年02月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:オックスフォード大学地球科学科 (Department of Earth and Planetary Sciences, Oxford University )

    経歴名:客員研究員 (Visiting Professor)

    経歴期間:1999年12月 ~ 2000年10月

  • 所属(勤務)先:新日本製鐵(株)第一技術研究所 (Nippon Steel Cooperation)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:1986年04月 ~ 1988年12月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学 (Analytical chemistry)

  • 地球宇宙化学 (Earth astrochemistry)

  • 人体病理学 (Human pathology)

  • 岩石・鉱物・鉱床学 (Science of rocks/minerals/ore deposits)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学一般

  • その他の医学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • 実用英語技能検定一級

  • 漢語水平考試験(HSK) 初等 B級

  • 環境計量士(濃度関係) 試験合格

  • 危険物取扱者(甲種)

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:Fe-Cu-Zn安定同位体の地球科学

    キーワード:安定同位体、フラクショネーション、鉄、銅、亜鉛

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地球宇宙化学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):地球化学

  • 研究課題名:生物・人体中での元素の分布と病気との関連

    キーワード:元素定量、疫学

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):人体病理学 、岩石・鉱物・鉱床学 、地球宇宙化学

    専門分野(researchmap分類):その他の医学

  • 研究課題名:全元素の定量法の開発 (Comprehensive elemenal analysis project)

    キーワード:元素,定量,分析 (element,determination,analysis)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1995年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):岩石・鉱物・鉱床学 、地球宇宙化学 、地質学

    専門分野(researchmap分類):分析化学一般 、各種分析法による無機・有機物質の分析 、地球化学

  • 研究課題名:Hf-Nd-Pb-Sr同位体の地球科学

    キーワード:ハフニウム、ルテチウム、同位体

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地球宇宙化学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):地球化学

  • 研究課題名:Os同位体と白金族元素の地球科学

    キーワード:Os,白金族元素、同位体

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):地球宇宙化学 、岩石・鉱物・鉱床学

    専門分野(researchmap分類):地球化学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎分析地球惑星化学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析地球惑星化学演習III

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析地球惑星化学演習II

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析地球惑星化学特別研究

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析地球惑星化学ゼミナール

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:1.Makishima,A. (2016) Thermal ionization mass spectrometry (TIMS). Silicate digestion, Separation, Measurement. pp. 348. Wiley-VCH, Weinheim, Germany.

    2.Makishima, A. (2017) Origins of the Earth, Moon and Life: a Multidisciplinary Approach. pp. 255. Elsevier, Amsterdam, Holland.

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Space environment of an asteroid preserved on micro-grains returned by the Hayabusa spacecraft.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences Plus109巻 (頁 E624 ~ E629)

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):Nakamura, E., Makishima, A., Moriguti, T., Kobayashi, K., Tanaka, R., Tsujimori, T., Kunihiro, T., Sakaguchi, C., Kitagawa, H., Ota, T., Yachi, Y., Yada, T., Abe, M., Fujimura, A., Ueno, M., Mukai, T., Yoshikawa, M. and Kawaguchi, J.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Low-blank chemistry for Zn stable isotope ratio determination using extraction chromatographic resin and double spike-multiple collector-ICP-MS. ( Low-blank chemistry for Zn stable isotope ratio determination using extraction chromatographic resin and double spike-multiple collector-ICP-MS. )

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Analytical Atomic Spectrometry ( Journal of Analytical Atomic Spectrometry) 28巻 (頁 127 ~ 133)

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):Makishima, A. and Nakamura, E. ( Makishima, A. and Nakamura, E.)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A simple and fast separation method of Fe employing extraction resin for isotope ratio determination by multicollector ICP-MS.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Mass Spectrometry and Chromatography1巻 (頁 195 ~ 203)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):Makishima, A.

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Trace element and isotopic geochemistry of Cretaceous magmatism in NE Asia

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Lithos264巻 (頁 453 ~ 471)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Petr L. Tikhomirov ,Elena A. Kalinina ,Takuya Moriguti*,Akio Makishima*,Katsura Kobayashi*,Eizo Nakamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.lithos.2016.08.009

  • 論文題目名:Cu purification using an extraction resin and Cu(I) for isotope ratio determination by MC-ICP-MS.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名: chromatography1巻 (頁 96 ~ 107)

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    担当部分:all

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Thermal Ionization Mass Spectrometry (TIMS), Silicate Digestion, Separation, Measurement (Thermal Ionization Mass Spectrometry (TIMS), Silicate Digestion, Separation, Measurement)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Wiley-VCH (Wiley-VCH)

    発行日:2016年03月

    著者名:

    著書形態:単著

    担当部分:all

  • 著書名:Origins of the Earth, Moon and Life: a Multidisciplinary Approach. (Origins of the Earth, Moon and Life: a Multidisciplinary Approach.)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Elsevier (Elsevier)

    発行日:2017年02月

    著者名:Akio Makishima (Akio Makishima)

    著書形態:単著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Geostandard and Geoanalytical Research

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Analytical Chemistry

  • 年度:2018年度

    件数:12件

    学術雑誌名:Journal of Analytical Atomic Spectrometry

  • 年度:2017年度

    件数:6件

    学術雑誌名:J Anal Atomic Spectrom

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Geochem J

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:チタン試料中の微量元素を除去する方法. (Purification of titanium )

    発明(考案)者名:*牧嶋昭夫、森口拓弥、中村栄三. (Makishima, Moriguti and Nakamura)

    登録番号:5327837

    登録日:2013年08月02日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:HFS元素のp核種同位体比異常に関する研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:(a)タンタル、ハフニウム、タングステンの高純度化学分離法を開発し、
    (b)タンタル―180(p核種;存在度0.01%)とタンタル―181(非p核種;存在度99.99%)の同位体比の高精度測定法(同位体比は約1万、再現性で±0.03%)を開発し,
    (c)地球物質との比較から、隕石中のタンタルのp核種の同位体比異常の有無を検討する。さらにはハフニウム・タングステンのp核種の同位体比異常の有無も測定し、総合的に解釈する。

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:専攻長

    職名:大学院自然科学研究科 地球惑星物質科学専攻長

    任期:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2013年度

    役職:専攻長

    職名:大学院自然科学研究科 地球惑星物質科学専攻長

    任期:2013年04月 ~ 2015年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:核燃料物質計量管理委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 2015年03月