所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

文学部・人文学科・哲学・思想文化論講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

哲学・倫理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

西洋倫理学,古代哲学,古代キリスト教思想史

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:キリスト教古代でのギリシア的徳の変遷をモデルとしたモラルの観念の成立に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:古代における心と内面性の思想史的研究

  • 研究課題名:古代哲学における対話と回心

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:『アウグスティヌスの「心」の哲学:序説』

    出版機関名:岡山大学文学部

    発行日:2011年12月

    著者名:出村和彦

    著書形態:単著

  • 論文題目名:The Concept of Heart in Augustine of Hippo: Its Emergence and Development

    掲載誌名:Studia PatristicaLXX巻 (頁 3 ~ 16)

    発行年月:2013年08月

    著者氏名(共著者含):DEMURA, Kazuhiko

 

写真

氏名

出村 和彦 (デムラ カズヒコ)

DEMURA Kazuhiko

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushimanaka, Kita-ku, Okayama-shi, Okayama 700-8530 Japan

研究室電話

(日)086-251-7396

(英)+81-86-251-7396

研究室FAX

(日)086-251-7396

(英)+81-86-251-7396

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)西洋倫理学,古代哲学,古代キリスト教思想史

(英)Western Ethics,Ancient Philosophy,Ancient Christian Philosophy

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学

    学校の種類:大学

    学部名:文学部

    学科名:

    卒業年月:1979年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京都立大学

    研究科名:人文科学研究科

    専攻名:哲学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1989年03月

    修了区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学修士

    学位の分野名:

    学位授与機関名:

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • アジア環太平洋初期キリスト教学会 (Asia-Pacific Early Christian Studies Society)  /  日本国 ( 2003年08月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:運営委員

    (Organising Executive)

    活動期間:2003年08月 ~ 継続中

    活動内容:日本、オーストラリアを中心に、アジア・環太平洋地域での初期キリスト教研究、教父学研究の推進。毎年の国政研究集会の開催。

  • 中世哲学会 /  日本国 ( 1985年11月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 岡山大学哲学倫理学会 /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:会長

    (President)

    活動期間:2001年04月 ~ 2012年03月

    活動内容:岡山大学における哲学倫理学研究の推進、機関誌『邂逅:岡山大学哲学倫理学会年報』の編集発行

  • 東方キリスト教学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

    活動内容:東方キリスト教研究の推進

  • 日本倫理学会 /  日本国 ( 1982年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:年報編集委員

    活動期間:2007年04月 ~ 2010年03月

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 哲学・倫理学 (Philosophy/ethics)

  • 思想史 (History of thought)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:キリスト教古代でのギリシア的徳の変遷をモデルとしたモラルの観念の成立に関する研究 (A Study on the Greek Virtues and Morality in Christian Antiquity)

    キーワード:アレテー(徳),プラトン主義,知恵 (virtue,Platonism,Wisdom)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):哲学・倫理学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:古代における心と内面性の思想史的研究 (A Study on the Heart and Interiority in Antiquity)

    キーワード:三位一体,教父,心 (Trinity,Church Faters,Heart)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):思想史 、宗教学 、哲学・倫理学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:古代哲学における対話と回心 (Dialogue and Conversion in Ancient Philosophy)

    キーワード:対話,回心,アウグスティヌス (Dialogue,Conversion,Augustinus)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):哲学・倫理学 、哲学・倫理学 、思想史

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:西洋倫理思想の源流と展開2

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:人文学概説(倫理学1b)

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:実践演習(倫理学b)

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:ギリシア語b

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:哲学・思想文化論コロキウム演習

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:The Concept of Heart in Augustine of Hippo: Its Emergence and Development

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Studia PatristicaLXX巻 (頁 3 ~ 16)

    発行年月:2013年08月

    著者氏名(共著者含):DEMURA, Kazuhiko

    共著区分:単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:書評『アウグスティヌス書簡集I,II』

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:本のひろば668号 (頁 18 ~ 19)

    出版機関名:キリスト教文書センター

    発行年月:2013年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:『アウグスティヌスの「心」の哲学:序説』 (Augustine's Philosophy of Heart: A Preface)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学文学部

    発行日:2011年12月

    著者名:出村和彦 (DEMURA Kazuhiko)

    著書形態:単著

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 教父研究会 (Japanese Society of Patristic Studies)

    役職・役割名:会長 (President)

    活動期間:2013年06月 ~ 継続中

  • Asia-Pacific Early Christian Studies Society

    役職・役割名:代表組織委員 (Executive Committee )

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

  • 中世哲学会 (Japanese Society for Medieval Philosophy)

    役職・役割名:理事 (Exective Board)

    活動期間:2012年11月 ~ 継続中

    活動内容:中世哲学会の運営

  • 東方キリスト教学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

    活動内容:東方キリスト教学会の運営に関わる

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:哲学と宗教の対話:ヘレニズムとヘブライズム・キリスト教との交錯

    研究期間:2009年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:哲学と宗教の対話:ヘレニズムとヘブライズム・キリスト教との交錯

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    相手方組織名称:岡山大学文学部

    研究課題等:死と貧困に相対する思想家・宗教家

    研究テーマにおける役割:研究代表・総括

 

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:高知県立安芸高等学校

    実施日時,時間数:2014年6月20日、70分

    活動内容:文学部の紹介と「人文学への招待模擬授業」

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立岡山朝日高等学校

    実施日時,時間数:2013年12月19日、90分

    活動内容:文学部紹介と「人文学への招待模擬授業」

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立岡山一宮高等学校

    実施日時,時間数:2013年10月17日、90分

    活動内容:文学部紹介と「人文学への招待模擬授業」

  • 年度:2013年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:広島県立府中高等学校

    実施日時,時間数:2013年12月12日

    活動内容:文学部紹介と「人文学への招待模擬授業」

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    放送大学 アウグスティヌスの倫理粗相

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:教育開発センター広報専門委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 2014年03月

    貢献の実績:広報誌OUVoiceの編集

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:教育開発センター学生教職員授業改善専門委員会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:委員会に出席した

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:キャリア開発センター運営委員

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:委員会に出席した

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:文学部広報交流委員会

    役職:委員長

    任期:2013年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:文学部の広報に努める
    高大連携事業の運営
    オープンキャンパスの企画実施、HPの企画、大学案内・学部案内冊子の編集等

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:文学部FD専門委員会

    役職:委員長

    任期:2012年04月 ~ 2013年03月

    貢献の実績:文学部のFD活動を推進した

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:文学部将来構想検討協議会

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 2013年07月

    貢献の実績:文学部の将来構想について検討した