所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

環境管理センター

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

環境技術・環境材料

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

環境化学工学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:溶媒浮選法による排水処理

    研究課題概要:溶媒浮選法は気泡吸着分離法の一つで、通常のエアーストリッピングによる除去に加え、水相の上部に設けた有機相を気泡が通過する際に気泡界面に吸着した有機化合物を除去するものである。本研究では、有機塩素化合物の除去について、除去モデルの提案と実験による検証を行った。

  • 研究課題名:大学における環境マネジメント

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:溶媒浮選法による有機塩素化合物の処理

    掲載誌名:環境制御26号 (頁 13 ~ 16)

    発行年月:2004年12月

    著者氏名(共著者含):「加瀬野悟」「 宮原敏郎」

  • 論文題目名:Lateral Solid Mixing in a Centrifugal Fluidized Bed

    掲載誌名:Journal of Chemical Engineering of Japan21巻 5号 (頁 493 ~ 497)

    発行年月:1988年10月

    著者氏名(共著者含):「Satoru Kaseno」他

  • 著書名:Hazardous Waste Control in Research and Education (共著)

    出版機関名:Lewis Publishers

    発行日:1994年04月

    著者名:

    著書形態:共著

 

写真

氏名

加瀬野 悟 (カセノ サトル)

KASENO Satoru

所属専攻講座

環境管理センター

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-Naka, Kita-ku,Okayama-shi, Okayama 700-8530 Japan

研究室電話

(日)086-251-7279

(英)+81-86-251-7279

研究室FAX

(日)086-251-7279

(英)+81-86-251-7279

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)環境化学工学

(英)Environment Chemical Engineering

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:工業化学

    卒業年月:1980年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:工業化学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1982年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:工学博士

    学位の分野名:化工物性・移動操作・単位操作 (Chemical engineering materials properties/transfer operation/unit operation)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:1990年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境管理センター

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本水環境学会中国四国支部役員 /  日本国 ( 2017年04月 ~ 2018年03月 )

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    活動内容:日本水環境学会中国四国支部の運営を行った。

  • 日本水環境学会中国四国支部役員 /  日本国 ( 2016年04月 ~ 2017年03月 )

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    活動内容:日本水環境学会中国四国支部の運営を行った。

  • 日本水環境学会 /  日本国 ( 2001年01月 ~ 継続中 )

  • 化学工学会 /  日本国 ( 1985年01月 ~ 継続中 )

  • 環境科学会 /  日本国 ( 1985年01月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境技術・環境材料 (Environmental technology/environmental material)

  • 反応工学・プロセスシステム (Reaction engineering/process system)

  • 化工物性・移動操作・単位操作 (Chemical engineering materials properties/transfer operation/unit operation)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境工学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:溶媒浮選法による排水処理 (Wastewater Treatment by Solvent Sublation)

    キーワード:溶媒浮選法,排水処理 (Solvent Sublation,Wastewater Treatment)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1996年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境技術・環境材料 、化工物性・移動操作・単位操作

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般

    研究内容:除去実験を気泡塔を用いて行い、モデルとの比較検討を行った。様々な有機塩素化合物につて検証を行った。

  • 研究課題名:大学における環境マネジメント

    キーワード:環境マネジメント,大学

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境影響評価・環境政策

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般

 

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:教養教育科目「サステイナブル・キャンパスを目指して」

    担当期間:2018年01月

    講義内容またはシラバス:これからのキャンパスは、地球環境に配慮した教育研究環境を整備し、環境マネジメントの正しい知識の下に安全で健康かつ快適なキャンパス・ライフが営めるよう工夫されなければならない。そのためには、「環境」との和を学び、キャンパス自体が省エネ・新エネルギーを駆使した低炭素社会の実践の場となる技術や知見を習得する必要がある。従って、学生自らが環境マネジメントや安全衛生指針を理解し、行動できるための知識を具体的な事例を基に教授し、サステイナブル・キャンパスを目指した先端技術が展開できる素養を付与する。 

  • 年度:2016年度

    科目名:基礎実験開始時の環境安全講義(各学部への出前講義)

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年10月

    講義内容またはシラバス: 理系学部生が、実験・実習等を始めるに当たり、廃液管理、排水管理、廃棄物管理及び安全管理を熟知させる。

  • 年度:2016年度

    科目名:農学部総合農業科学科専門科目「実験実習指針」

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年05月

    講義内容またはシラバス:実験・実習を行うに当たり、必要な一般的知識の習得とと注意軸について講義する。 1)一般説明 2,3)環境管理 4)防火講習会 5)動物実験関連 6)植物実験関連 7)圃場関連 8)植物関連 9)野外調査関連 10,11)遺伝子・RI実験関連 12)物理関連 13)化学実験関連 14,15)まとめ・アンケート の1,2)環境管理を担当している。 

  • 年度:2016年度

    科目名:農学部総合農業科学科専門科目「総合農業科学入門」

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年05月

    講義内容またはシラバス:実験・実習を行うに当たり、必要な一般的知識の習得とと注意軸について講義する。 1)一般説明 2,3)環境管理 4)防火講習会 5)動物実験関連 6)植物実験関連 7)圃場関連 8)植物関連 9)野外調査関連 10,11)遺伝子・RI実験関連 12)物理関連 13)化学実験関連 14,15)まとめ・アンケート の1,2)環境管理を担当している。 

  • 年度:2016年度

    科目名:農学部総合農業科学科専門科目「総合農業科学入門」

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年05月

    講義内容またはシラバス:実験・実習を行うに当たり、必要な一般的知識の習得とと注意軸について講義する。 1)一般説明 2,3)環境管理 4)防火講習会 5)動物実験関連 6)植物実験関連 7)圃場関連 8)植物関連 9)野外調査関連 10,11)遺伝子・RI実験関連 12)物理関連 13)化学実験関連 14,15)まとめ・アンケート の1,2)環境管理を担当している。 

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:「岡山大学排水管理ガイド」

  • 年度:2015年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:「岡山大学における流しの取り扱い」
    「岡山大学における廃液の取り扱い」

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:エコナイト実行委員会主催エコナイト行事支援

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:岡大生協学生委員会主催クリーンキャンパス支援

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:エコナイト実行委員会主催エコナイト行事支援

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:岡大生協学生委員会主催クリーンキャンパス支援

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:溶媒浮選法による有機塩素化合物の処理

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:環境制御26号 (頁 13 ~ 16)

    発行年月:2004年12月

    著者氏名(共著者含):「加瀬野悟」「 宮原敏郎」

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Lateral Solid Mixing in a Centrifugal Fluidized Bed ( Lateral Solid Mixing in a Centrifugal Fluidized Bed)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Chemical Engineering of Japan ( Journal of Chemical Engineering of Japan) 21巻 5号 (頁 493 ~ 497)

    発行年月:1988年10月

    著者氏名(共著者含):「Satoru Kaseno」他

    共著区分:共著

  • 論文題目名:気固系撹拌流動層の撹拌所要動力と圧力損失

    記述言語:未設定

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:化学工学論文集14巻 2号 (頁 184 ~ 194)

    発行年月:1988年07月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:新規化学物質管理規程による化学物質管理の強化について

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:環境制御36号 (頁 20 ~ 23)

    出版機関名:岡山大学環境管理センター

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):加瀬野悟

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:大学のISO14000-大学版・環境マネジメントシステム-

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:研成社

    発行日:2004年07月

    著者名:*加瀬野悟

    著書形態:単著

    担当部分:岡山大学環境管理センターにおける環境マネジメント

  • 著書名:Hazardous Waste Control in Research and Education (共著) (Hazardous Waste Control in Research and Education )

    記述言語:英語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:Lewis Publishers (Lewis Publishers)

    発行日:1994年04月

    著者名:

    著書形態:共著

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本水環境学会中国四国支部役員

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    活動内容:日本水環境学会中国四国支部の運営を行った。

  • 日本水環境学会中国四国支部役員

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    活動内容:日本水環境学会中国四国支部の運営を行った。

  • 日本水環境学会中国四国支部役員

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    活動内容:日本水環境学会中国四国支部の運営を行った。

  • 日本水環境学会中国四国支部役員

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    活動内容:日本水環境学会中国四国支部の運営を行った。

 

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    高圧ガス保安協会製造保安責任者講習 講師

  • 年度:2015年度

    高圧ガス保安協会製造保安責任者講習 講師

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    他機関名:高圧ガス保安協会中国支部

    活動内容:高圧ガス製造保安責任者講習

  • 年度:2016年度

    他機関名:高圧ガス保安協会中国支部

    活動内容:高圧ガス製造保安責任者講習

  • 年度:2015年度

    他機関名:高圧ガス保安協会中国支部

    活動内容:高圧ガス製造保安責任者講習

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会化学物質管理専門部会

    役職:部会長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:座長として「岡山大学における化学物質管理指針の提言」をとりまとめた。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:委員として岡山大学における環境マネジメントについて審議した。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会化学物質管理専門部会

    役職:部会長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:座長として「岡山大学における化学物質管理指針の提言」をとりまとめた。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:委員として岡山大学における環境マネジメントについて審議した。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:委員として岡山大学における環境マネジメントについて審議した。

全件表示 >>

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:津島地区水質管理責任者としての業務を行った。岡山大学化学物質管理システムのシステム管理者としてシステムの運用、管理を行った。全学の化学物質管理体制の構築に貢献した。岡山大学職員初任者研修において初任者安全教育を行った(1回)。化学物質管理講習会を開催し、説明を行った(3回)。排水管理講習会を開催し、説明を行った(3回)。環境管理員講習会を開催し、説明を行った(1回)。廃液技術指導員講習会を開催し、説明を行った(1回)全学の廃液管理、廃棄物管理、排水管理、化学物質管理の統括を行った。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:津島地区水質管理責任者としての業務を行った。岡山大学化学物質管理システムのシステム管理者としてシステムの運用、管理を行った。全学の化学物質管理体制の構築に貢献した。岡山大学職員初任者研修において初任者安全教育を行った(2回)。化学物質管理・水質管理講習会を開催し、説明を行った(4回)。排水管理講習会を開催し、説明を行った(4回)。廃液技術指導員講習会を開催し、説明を行った(2回)。化学物質管理監査の説明会で説明を行った。化学物質管理監査を行った(3部局)。全学の廃液管理、廃棄物管理、排水管理、化学物質管理の統括を行った。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境管理センター放射線障害防止委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:委員として貢献した。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:環境管理センター放射線障害防止委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:委員として貢献した。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:環境管理センター放射線障害防止委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:委員として貢献した。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:環境管理センター放射線障害防止委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:委員として貢献した。

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:環境管理センター業務の排水管理の業務を行った。環境管理センターの廃棄物管理の業務を行った。環境管理センターの環境マネジメント部門の業務を行った。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:環境管理センター業務の化学物質管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センター業務の廃液管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センター業務の排水管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センターの廃棄物管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センターの環境管理責任者としての業務を行った。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:環境管理センター業務の化学物質管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センター業務の廃液管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センター業務の排水管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センターの廃棄物管理の管理運営の主任的業務を行った。環境管理センターの環境管理責任者としての業務を行った。

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    貢献の実績:2003年3月ISO14001の認証取得をした環境管理センターの環境マネジメントシステムを環境管理責任者として運用した(2007年3月より自己宣言方式で運用)。

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    貢献の実績:2003年3月ISO14001の認証取得をした環境管理センターの環境マネジメントシステムを環境管理責任者として運用した(2007年3月より自己宣言方式で運用)。

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    貢献の実績:2003年3月ISO14001の認証取得をした環境管理センターの環境マネジメントシステムを環境管理責任者として運用した(2007年3月より自己宣言方式で運用)。