所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

グローバル・パートナーズ

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

英語教育、ソーシャルラーニング、国際交流

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

英語教育、ソーシャル・ラーニング、ピア・ラーニング、留学生教育

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:自律学習促進のためのTAを活用したEFLライティングフィードバックの研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:ソーシャル・ラーニング・スペースにおける英語習得の研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名: “Five years at the L-café: The secret of its success"” in 『A social space for language learning: Stories from the L-café』

    出版機関名:Palgrave Macmillan

    発行日:2015年06月

    著者名:Garold Murray, Naomi Fujishima, and others

    著書形態:編著

  • 論文題目名:言語習得のためのソーシャル・ラーニング・スペース:グローバル教育のグローカル化

    掲載誌名:ことばと文字6号 (頁 107 ~ 115)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):マーリーギャロルド、宇塚万里子、フジシマナオミ

  • 著書名:”Semiotics of place: Autonomy and space.” In 『Social dimensions of autonomy in language learning』

    出版機関名:Palgrave Macmillan

    発行日:2014年10月

    著者名:Garold Murray, Naomi Fujishima, Mariko Uzuka

    著書形態:共著

全件表示 >>

 

写真

氏名

宇塚 万里子 (ウヅカ マリコ)

UZUKA Mariko

所属専攻講座

全学教育・学生支援機構

職名

教授

性別

女性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中2-1-1 岡山大学 一般教養棟C-302

(英)General Education Buid C-302, Okayama University 2-1-1 Tsushima-naka Kita-ku OKAYAMA

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)英語教育、ソーシャル・ラーニング、ピア・ラーニング、留学生教育

(英)English Educaiton, Social Learning, Peer learning, Internationational Education

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:上智大学

    学校の種類:大学

    学部名:文学部

    学科名:史学科中国史専攻

    卒業年月:1991年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:インディアナ大学

    研究科名:経営学修士課程(MBA)

    専攻名:経営(人事)戦略、マーケティング

    修了課程:修士課程

    修了年月:2002年05月

    修了区分:修了

    所在国:アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:経営学修士(MBA) (Master of Business Administration)

    学位の分野名:経営学 (Business Adminisatration)

    学位授与機関名:インディアナ大学(アメリカ合衆国) (Kelley School of Business, Indiana University (U.S.A))

    取得方法:課程

    取得年月:2002年05月

  • 学位名:文学士 (Bachelor of Arts )

    学位の分野名:史学一般 (Major in History, concentration in Chinese History)

    学位授与機関名:上智大学 (Sophia University)

    取得方法:課程

    取得年月:1991年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:グローバル・パートナーズ

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2014年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 留学生教育学会 (JAISE)  /  日本国 ( 2016年05月 ~ 継続中 )

  • 国立大学留学生指導研究協議会 (COISAN)  /  日本国 ( 2016年05月 ~ 継続中 )

  • 大学英語教育学会 (Japan Association of College English Teaching)  /  日本国 ( 2013年05月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 英語教育、ソーシャルラーニング、国際交流 (English Education, Social Learning, Cultural Exchange )

  • 留学生教育/国際教育 (Global Education)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:自律学習促進のためのTAを活用したEFLライティングフィードバックの研究

    キーワード:英語教育、自律学習、ピアティーチング、ライティング

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学技術振興調整費による生活・社会基盤研究

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):外国語教育 、教育学

    専門分野(researchmap分類):言語学・音声学

  • 研究課題名:ソーシャル・ラーニング・スペースにおける英語習得の研究 (Investigation on English learning at social learning space)

    キーワード:ソーシャルラーニングスペース、英語教育、語学習得 (Social Learning space, English Education, LanguageLearning)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学技術振興調整費による生活・社会基盤研究

    研究期間:2011年04月 ~ 2015年03月

    専門分野(科研費分類):外国語教育 、言語学

    専門分野(researchmap分類):言語学・音声学 、英語・英米文学 、教育・社会系心理学

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 桃太郎フォーラム  ( 2016年09月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:留学生支援ボランティア実習

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:TEFL入門4

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:EPOKプロジェクト(日本研究)Extension B2

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:EPOKプロジェクト(日本研究)C-Development1

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:日本事情D

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:素顔の京都を学ぶ(実地研修)

    担当期間:2016年12月 ~ 2017年03月

    講義内容またはシラバス:教育到達目標:第3学期の授業で学んだことをベースに、京都への実地研修を行う。またその体験と事前リーサーチをもとに自国の歴史的都市とも比較しながらレポートにまとめる。
    評価基準:授業態度、プレゼンテーション、レポート

  • 年度:2016年度

    科目名:素顔の京都を学ぶ

    担当期間:2016年10月 ~ 2016年12月

    講義内容またはシラバス:教育到達目標:京都の文化や歴史、産業やまちづくりについて学ぶ。京都のそれぞれのテーマについてディスカッションをしながら理解を深め、自国の歴史的都市とも比較しながらレポートにまとめる。
    評価基準:授業態度、プレゼンテーション、レポート

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    本年度は、メンタルへルス関連のセミナー2つに出席するとともに、全学TA研修会にも参加し、留学生及び日本人学生の指導に役立てた。

    また、桃太郎フォーラムに出席し、アクティブラーニングについての理解を深めた。

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:「グローバルな社会を生きる」『岡山大学全学ガイダンステキスト2017年度版』岡山大学出版会

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:「グローバルな社会を生きる」『岡山大学全学ガイダンステキスト2016年度版』(pp10-16)岡山大学出版会

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:留学生相談室

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:岡山大学留学生支援ネットワークピーチ、世話人

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:その他

    学生活動支援:桑の木寮RA及び岡山大学国際シェアハウス日本人学生相談・指導

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:留学生相談室

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:桑の木寮RA及び岡山大学国際シェアハウス日本人学生相談・指導

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    ODAPUS 短期受入プログラム(歯学部)特別授業 (平成28年1月10日)“Welcome to Okayama, JAPAN: Momotaro & Okayama culture”

  • 年度:2016年度

    中国・四国工学教育協会大学教育部会研究会 発表 (平成28年12月1日)「岡山大学におけるグローバル人材育成の取組み」

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:留学生の交通関連問題発生状況とその対策に関する実証的研究(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要2号 (頁 117 ~ 134)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):藤本真澄,宇塚万里子,岡 益己

    共著区分:共著

  • 論文題目名:国立A大学におけるムスリム学生への支援(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:留学生教育22号 (頁 41 ~ 48)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):岡益己, 宇塚万里子

    共著区分:共著

  • 論文題目名:ボランティアによるチュータリングの現状と課題―留学生に対するアンケート調査結果を踏まえて―(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要1号 (頁 133 ~ 152)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):宇塚万里子, 岡益巳

    共著区分:共著

  • 論文題目名:言語習得のためのソーシャル・ラーニング・スペース:グローバル教育のグローカル化

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ことばと文字6号 (頁 107 ~ 115)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):マーリーギャロルド、宇塚万里子、フジシマナオミ

    共著区分:共著

  • 論文題目名: 「新入留学生への支援に関する実践研究」(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:大学教育研究紀要 11 号 (頁 183 ~ 198 )

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名: “Five years at the L-café: The secret of its success"” in 『A social space for language learning: Stories from the L-café』

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Palgrave Macmillan

    発行日:2015年06月

    著者名:Garold Murray, Naomi Fujishima, and others

    著書形態:編著

  • 著書名:”Semiotics of place: Autonomy and space.” In 『Social dimensions of autonomy in language learning』

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Palgrave Macmillan

    発行日:2014年10月

    著者名:Garold Murray, Naomi Fujishima, Mariko Uzuka

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第14回 Symposium on Second Language Writing(SLW)

    開催場所:ニュージーランド、オークランド大学

    開催期間:2016年07月

    題目又はセッション名:“Training Peer Writing Tutors: Practice and Perspectives”

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:愛媛大学平成26年度英語教育改革セミナー

    開催場所:愛媛大学

    開催期間:2016年03月

    題目又はセッション名:岡山大学でのPeer Teaching の事例

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:自律学習促進のためのTAを活用したEFLライティングフィードバックの研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:外国語(英語)ライティング力を伸ばすためにはタイムリーで的確なフィードバックが重要と言われているが、その中でも、同じ学生TAによるどのようなフィードバックが受け手側の学生にとってどのような学習効果をもたらすか分析・検証する。

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年06月 ~ 2016年03月

    研究費名:カリキュラム開発経費

    課題名:第2学期を利用したサマープログラム開発

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    『2017年度 留学生相談室活動報告書』作成

    留学生における相談の件数やその分類、その他の活動報告書を執筆・編集

  • 年度:2017年度

    『2016年度 留学生相談室活動報告書』作成

    留学生における相談の件数やその分類、その他の活動の他、留学生協会、留学学生支援ボランティアサークルWAWAなどの年間の活動報告書を執筆・編集

  • 年度:2016年度

    『2015年度 留学生相談室活動報告書』作成

    留学生における相談の件数やその分類、その他の活動の他、留学生協会、留学学生支援ボランティアサークルWAWAなどの年間の活動報告書を執筆・編集

  • 年度:2015年度

    『2014年度 留学生相談室活動報告書』作成

    留学生における相談の件数やその分類、その他の活動の他、留学生協会、留学学生支援ボランティアサークルWAWAなどの年間の活動報告書を執筆・編集

 

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山南高校

    実施日時,時間数:2月1回 3時間

    活動内容:留学生と交流、日本文化についての体験学習

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:創志学園高校

    実施日時,時間数:1月1回 3時間

    活動内容:和食の調理実習を通した異文化・高校生と大学の交流

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    久米南町おかやま元気集落への見学と上之町活性化員会との交流

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:国際学術都市構想会議

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:国際学術都市構想会議にGPの代表として出席。岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山県内の教育機関など幅広い出席者と共に、岡山を国際学術都市にするために協議した。また、関連シンポジウムにも積極的に参加し、大学内の認知向上に努めた。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:国際学術都市構想会議

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:国際学術都市構想会議にGPの代表として出席。岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山県内の教育機関など幅広い出席者と共に、岡山を国際学術都市にするために協議した。また、関連シンポジウムにも積極的に参加し、大学内の認知向上に努めた。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:国際学術都市構想会議

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:国際学術都市構想会議にGPの代表として出席。岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山県内の教育機関など幅広い出席者と共に、岡山を国際学術都市にするために協議した。また、関連シンポジウムにも積極的に参加し、大学内の認知向上に努めた。

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:留学生のまちづくり事業
    留学生や日本人学生を積極的に地域に連れていき、地域の人々との交流や地域文化体験を通して、現代日本や地域社会、日本人への理解を深める学びのきっかけづくりとした。また、地域社会にとっては、留学生を地域に受入れてもらうことにより、国際交流の促進や国際理解を深めるきっかけづくりとした。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:留学生のまちづくり事業
    留学生や日本人学生を積極的に地域に連れていき、地域の人々との交流や地域文化体験を通して、現代日本や地域社会、日本人への理解を深める学びのきっかけづくりとした。また、地域社会にとっては、留学生を地域に受入れてもらうことにより、国際交流の促進や国際理解を深めるきっかけづくりとした。

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:GP修学等支援事業実施担当

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    日本留学拠点推進事業(アセアン)プロジェクトマネージャー 
                    
     
                    

  • 年度:2017年度

    留学コーディネーター配置事業(ミャンマー)プロジェクトマネージャー 
                    

  • 年度:2017年度

    岡山大学職員SD「若手塾」講師 (平成26年度~29年度)
    授業「Study of Japan」を利用した職員のための国際交流を企画

  • 年度:2016年度

    留学コーディネーター配置事業(ミャンマー)WG及びプロジェクトマネージャー(12月~3月) 
                    

  • 年度:2016年度

    岡山大学職員SD「若手塾」講師 (平成26年度~29年度)
    授業「Study of Japan」を利用した職員のための国際交流を企画