所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

経済学部:経済理論・統計

職名 【 表示 / 非表示

講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

経済政策

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

国際課税、移転価格、貿易政策

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:多国籍企業の租税回避戦略と独立企業間価格原則に関する分析:製品差別化の観点から

    研究課題概要:

 

写真

氏名

大越 裕史 (オオコシ ヒロフミ)

OKOSHI Hirofumi

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

講師

性別

男性

ホームページ

http://hirofumi-okoshi.net/

研究分野・キーワード

(日)国際課税、移転価格、貿易政策

(英)International taxation, Transfer pricing, Trade policy

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:学習院大学

    学校の種類:大学

    学部名:経済学部

    学科名:経済学科

    卒業年月:2013年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:Ludwig-Maximilians Universiät München

    研究科名:経済学研究科(Munich Graduate School of Economics)

    修了課程:博士課程

    修了年月:2020年09月

    修了区分:修了

    所在国:ドイツ連邦共和国

  • 大学院名:一橋大学

    研究科名:経済学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:2015年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(経済学)

    学位の分野名:経済政策 (Economic policy)

    学位授与機関名:一橋大学 (Hitotsubashi University)

    取得方法:課程

    取得年月:2015年03月

  • 学位名:学士(経済学) (Bachelor of Art (Economics))

    学位の分野名:経済政策 (Economic policy)

    学位授与機関名:学習院大学 (Gakushuin University)

    取得方法:課程

    取得年月:2013年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2020年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際財政学会(International Institute of Public Finance) (International Institute of Public Finance)  /  ドイツ連邦共和国 ( 2018年02月 ~ 継続中 )

  • 日本国際経済学会 (The Japan Society of International Economics)  /  日本国 ( 2015年05月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経済政策 (Economic policy)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • IELTS アカデミック・モジュール Band7.0(CEFR C1相当) (IELTS Academic module Band score 7.0 (C1))

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:多国籍企業の租税回避戦略と独立企業間価格原則に関する分析:製品差別化の観点から (Analyses on Multinationals' Tax Avoidance and the Arm's Length Principle: Viewpoints from Product Differentiation)

    キーワード:移転価格、独立企業間価格原則、製品差別化、研究開発投資 (Transfer pricing, Arm's length principle, Product differentiation, Research and Development)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2020年10月 ~ 2022年03月

    専門分野(科研費分類):経済政策

    専門分野(researchmap分類):経済政策(含経済事情)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    授業科目:基礎研究(4学期)

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:基礎研究(3学期)

    担当期間:2020年10月 ~ 2020年12月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:基礎研究(1学期)

    担当期間:2020年04月 ~ 2020年06月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:国際経済学2

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:卒業研究(3・4学期)

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Tariff elimination versus tax avoidance: Free trade agreements and transfer pricing

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:Munich Discussion Paper

    発行年月:2020年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Tax havens and cross-border licensing

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:RIETI Discussion Paper Series

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Production location of multinational firms under transfer pricing: The impact of the arm's length principle

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Tax and Public Finance26巻 4号 (頁 835 ~ 871)

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Hayato Kato, Hirofumi Okoshi

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10797-018-9523-2

  • 論文題目名:Economic integration and agglomeration of multinational production with transfer pricing

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:Munich Discussion Paper Series

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):Hayato Kato, Hirofumi Okoshi

    共著区分:共著

    DOI:10.5282/ubm/epub.62013

  • 論文題目名:Rules of origin and consumer-hurting free trade agreements

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:Munich Discussion Paper Series

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Hiroshi Mukunoki, Hirofumi Okoshi

    共著区分:共著

    DOI:10.5282/ubm/epub.61759

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    件数:1件

    学術雑誌名:International Tax and Public Finance

  • 年度:2019年度

    件数:2件

    学術雑誌名:International Tax and Public Finance

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Bulletin of Economic Research

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Public Economic Theory

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:76th Annual Congress of International Institute of Public Finance

    開催期間:2020年08月

    題目又はセッション名:Tariff elimination versus tax avoidance: Free trade agreements and transfer pricing

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ETSG 2019 Bern

    開催場所:University of Bern

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:Tariff elimination versus tax avoidance: Free trade agreements and transfer pricing

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ERSA 59th Congress

    開催場所:University of Lyon

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名:Economic integration and agglomeration of multinational production with transfer pricing

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:IIPF 75th Annual Congress

    開催場所:University of Glasgow

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名:Innovation for tax avoidance: Product differentiation and the arm's length principle

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:Summer Workshop on Economic Theory

    開催場所:Otaru University of Commerce

    開催期間:2019年08月

    題目又はセッション名:Tariff elimination versus tax avoidance: Free trade agreements and transfer pricing

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(スタートアップ)

    研究題目:多国籍企業の租税回避戦略と独立企業間価格原則に関する分析:製品差別化の観点から

    研究期間:2020年10月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:企業の国際的な経済活動の活発化に伴い、多国籍企業による租税回避行動が顕在化しグローバル化の弊害も散見されている。多国籍企業の国境を越えた利潤移転による租税回避は、企業間取引価格(移転価格)によって行われている。OECDガイドラインは、独立企業間価格原則に従って、移転価格が適正水準かどうかを判断することを規定している。しかし、企業間取引で取引される財が十分に差別化されている場合、比較可能な取引価格が不透明であるため、多国籍企業は租税回避のための製品差別化を行う誘因が生じる恐れがある。
    このような制度的背景を踏まえて、本研究では現行の国際課税の枠組みに対して、理論的な示唆を得ることを目的とする。