職名 【 表示 / 非表示

講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

矯正・小児系歯学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

骨代謝研究

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:歯科矯正学的歯の移動に対する骨細胞の役割

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Ex vivo real-time observation of Ca(2+) signaling in living bone in response to shear stress applied on the bone surface.

    掲載誌名:Bone

    発行年月:2012年12月

    著者氏名(共著者含):Ishihara Y, Sugawara Y, Kamioka H, Kawanabe N, Hayano S, Balam TA, Naruse K, Yamashiro T.

  • 論文題目名: In situ imaging of the autonomous intracellular Ca2+ oscillations of osteoblasts and osteocytes in bone

    掲載誌名:Bone50巻 4号 (頁 842 ~ 852)

    発行年月:2012年04月

    著者氏名(共著者含):Yoshihito Ishihara, Yasuyo Sugawara, Hiroshi Kamioka, Noriaki Kawanabe, Hiroshi Kurosaka,Keiji Naruse, Takashi Yamashiro

  • 論文題目名:Hormonal, pH, and calcium regulation of Connexin 43 mediated dye transfer in osteocytes in chick calvaria.

    掲載誌名:Journal of Bone and Mineral Research23巻 3号 (頁 350 ~ 360)

    発行年月:2008年03月

    著者氏名(共著者含):*Yoshihito Ishihara, Hiroshi Kamioka, Tadashi Honjo, Hirotaka Ueda, Teruko Takano-Yamamoto, Takashi Yamashiro

 

写真

氏名

石原 嘉人 (イシハラ ヨシヒト)

ISHIHARA Yoshihito

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)骨代謝研究

(英)Bone biology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:歯学部

    卒業年月:2004年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:歯学研究科

    専攻名:歯科矯正学分野

    修了課程:博士課程

    修了年月:2008年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:歯学博士

    学位の分野名:矯正・小児系歯学 (Orthodontic/infant odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2017年11月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学 (Orthodontic/infant odontology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯科学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:歯科矯正学的歯の移動に対する骨細胞の役割

    キーワード:骨細胞 歯根膜 歯牙移動

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2016年09月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):矯正・小児系歯学

    専門分野(researchmap分類):歯科学

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Modification of dentofacial growth associated with Goldenhar syndrome

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Medica Okayama, Acta. Medica Okayama, Acta medicinae Okayama, Acta medica Okayama71巻 5号 (頁 437 ~ 443)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Ei Ei Hsu Hlaing,Yoshihito Ishihara*,Chikako Hara,Hiroshi Kamioka*

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Ex vivo real-time observation of Ca(2+) signaling in living bone in response to shear stress applied on the bone surface. ( Ex vivo real-time observation of Ca(2+) signaling in living bone in response to shear stress applied on the bone surface.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bone

    発行年月:2012年12月

    著者氏名(共著者含):Ishihara Y, Sugawara Y, Kamioka H, Kawanabe N, Hayano S, Balam TA, Naruse K, Yamashiro T. ( Ishihara Y, Sugawara Y, Kamioka H, Kawanabe N, Hayano S, Balam TA, Naruse K, Yamashiro T.)

    共著区分:共著

  • 論文題目名: In situ imaging of the autonomous intracellular Ca2+ oscillations of osteoblasts and osteocytes in bone ( In situ imaging of the autonomous intracellular Ca2+ oscillations of osteoblasts and osteocytes in bone)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bone50巻 4号 (頁 842 ~ 852)

    発行年月:2012年04月

    著者氏名(共著者含):Yoshihito Ishihara, Yasuyo Sugawara, Hiroshi Kamioka, Noriaki Kawanabe, Hiroshi Kurosaka,Keiji Naruse, Takashi Yamashiro ( Yoshihito Ishihara, Yasuyo Sugawara, Hiroshi Kamioka, Noriaki Kawanabe, Hiroshi Kurosaka,Keiji Naruse, Takashi Yamashiro)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Hormonal, pH, and calcium regulation of Connexin 43 mediated dye transfer in osteocytes in chick calvaria.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Journal of Bone and Mineral Research23巻 3号 (頁 350 ~ 360)

    発行年月:2008年03月

    著者氏名(共著者含):*Yoshihito Ishihara, Hiroshi Kamioka, Tadashi Honjo, Hirotaka Ueda, Teruko Takano-Yamamoto, Takashi Yamashiro

    共著区分:共著

 
 

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:学部生臨床実習ライター担当

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:学部生臨床実習ライター担当